Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

フィリピン留学・セブ留学と言えどフィリピンの英語留学先はセブ島を中心にフィリピン全土の7都市に集中しております。このコーナーでは語学スクールを地域別でまとめ、その地域のもつ特性等についてご説明いたします。

フィリピン英語学校レビュー もっと見る

フィリピン語学学校には様々なタイプがあり周辺環境や学術的力点は各々異なります。このコーナーはフィルイングリッシュ留学カウンセラーによる訪問先フィリピン英語スクールの分析解析記事集です。取材テーマは英語留学スクールの全般的な様子、在籍留学生への取材、周辺環境、学術内容概要などを全体的にまとめた『留学訪問記』と学校の教科カリキュラム、実際の授業展開や学習実績など学術面に特化して深く掘り下げた『留学プログラム解剖』の二つに分かれます。

留学プラン別おすすめ語学学校 もっと見る

フィリピン留学の目的は様々です。英会話を身につけたい方、短期間に弱点をピンポイントで強化されたい方、TOEIC・IELTSなど英語試験対策や欧米へ留学を準備する方など英語学習の目的は人それぞれです。このコーナーでは短期留学からネイティブ英語、英語資格対策など留学目的に合わせておすすめフィリピン英語学校を比較できます。

スピーキング集中8~12週
 
フィリピン短期留学
 
優れた施設/女性留学
 
おすすめスパルタ語学学校
 
TOEIC,IELTS,TOEFLテスト対策
 
ネイティブ英会話おすすめ学校
 

フィリピン留学体験談 もっと見る

このコーナーはフィリピン留学体験談のまとめです。ほぼ1~2週に一度更新されます。気になるフィリピン学校情報を学習者の目線から知る事ができます。

学校関係者インタビュー もっと見る

このコーナーはフィリピン留学先である英語学校の校長、講師、日本人マネージャーたちとのインタビューをまとめたものです。

セブ留学CPI*キャンパス周辺情報&休日の過ごし方について New!

セブ留学CPI*キャンパス周辺情報&休日の過ごし方について こんにちは! セブ留学CPIレポーターYUMEです!!   キャンパスの周辺や休日の過ごし方について ご紹介させていただきます^^   近くにある買い物スポット   最寄りにはJYスクエアという複合施設があります。 服や生活雑貨が揃う他、写真の印刷や郵便物の発送も可能です。 もちろん敷地内にはスーパーもあるので遠くのモールに行くのが面倒な場合は大体ここですみます。 ラーメン屋やマクドナルドも入っています。 ローカルなところなので、あまり品質は期待しない方がいいかと思います。   もう一つはITパークという綺麗なレストランが立ち並ぶ ビジネスパーク周辺です。 こちらには大きなスーパーはありませんが、小売店や、換金所があります。 私はここを週末に頻繁に利用しています。 カフェやレストランなどでゆったりしたい時はここがオススメです。   フィリピン産のコーヒーが楽しめるBO’S コーヒーや、ハワイアンレストラン SHAKAがオススメです。 こちらに写真を載せておきます。 どちらも日本人留学生と行きましたが、高評価でした。 特にSHAKAは半野外の店内で生演奏を楽しみながらトロピカルな食事をすることができます。       マッサージに行くなら   東南アジアにいるなら、やはり言っておきたいのは格安のマッサージです。 セブはリゾート地ということもあって日本語や韓国語が使えるようなスパもあります。   ここでオススメを紹介しておきます。   一つはNUA THAI というセブなら至る所にあるマッサージ屋さんです。 利点はたくさんの支店があるので、どこかに遊びに行った帰る道などに気軽に寄ることができ、待ち時間も少ないところです。   もう一つはカバフグストリート沿にあるサローラインターナショナルホテルの向かいに位置するミンタイスパです。 こちらはインターネットで評判が良かったので行ってみたのですが私の好みに合っていたのでほぼ毎週通っています。 料金もドライ、オイル、ローションマッサージなどが1時間330ペソとお手頃価格で楽しめると思います。   タクシーの運転手にホテルの名前を伝えるとスムーズに連れて行ってもらえます。     ショッピングモールへのアクセス CPIから最もアクセスしやすいのはアヤラモールです。 タクシーで20分ほど、ジプニーでも徒歩を交えて30分ほどでたどり着きました。   ジプニーの乗り継ぎについてはgoogleマップで出発地と目的地を入力した上で、交通手段の欄の電車のマークを押すと乗り継ぐべきジプニーの番号を調べることが可能です。   SMシティーやシーサイドについても問題なくタクシーで行くことができますが、シーサイドはCPIから少し離れたところにあるので行き際は友達と乗り合って行きことをオススメします。 […]

セブ留学CPILS*キャンパス周辺マーケティング&休日アクティビティ New!

セブ留学CPILS*キャンパス周辺マーケティング&休日アクティビティ   こんにちわ! セブ留学、CPILSに留学中のTOMOKOです。 今日は 周辺環境や休日について レポートしたいと思います(^^)/   【周辺環境】 まずCPILSの歩いてすぐ近くにセブンイレブンがあります。 セブのコンビニでは、お店の中に椅子おテーブルが置いてあり、自由に中で飲んだりカップラーメンを作って食べたりできます(^^)/ 週末になると、夜はCPILSの生徒達で賑わっています。 一緒にお酒を外で飲んだりして友達を増やすことも可能です。     このセブンイレブンで売られている15ペソのソフトクリームはとても人気です(^^)     そしてキャンパスのすぐ近くにはロビンソンモールという、そこそこ大きくて綺麗なモールがあります。 CPILSからは歩いて10分ぐらいで着くので、タクシー代金の節約になります。     そしてセブの中でも有名なのはアヤラモールとSMモールです! タクシーを使って渋滞していなければ10分ぐらいで到着できます(^^) どちらのモールも、何でも揃っているのでフィリピンでの生活に困ることはありません(^^)     しかしわたしのオススメのモールは、コロンにあるエリザベスモールです! ここは本当に安くて、なかなか大きなモールになります。 私は300ペソのワンピースをゲットすることができました(#^^#) アヤラモール、SMモールがとても高く感じるほど安いので、是非足を運んでみてください♡   【オススメの飲食店】   Mooon Cafe     このお店はメキシコ料理のお店で、安くて本当に美味しいです! 8人で飲んでお腹いっぱい食べて、なんとお値段400ペソでした(^^) フィリピンでも有名なお店みたいで、アヤラモール以外の場所にもあります!   YAKSUK     このお店もチェーン店で、私はマンゴーストリートの近くのYAKSUKに行きました! フィリピンのバーベキューっぽい感じで、チキンやポークの串、砂肝とレバーも食べることができます♡ 味も美味しくてなんと驚くことに、一人120ペソでした!|д゚)   Banana Leaf     こちらのお店はタイ料理のお店で、フィリピン人の先生がオススメして頂いたので行ってきました! 噂通り、美味しすぎです!! […]

フィリピン留学HELPロンロン*クループクラスについて New!

フィリピン留学HELPロンロン*クループクラスについて こんにちは! バギオ留学HELPロンロンの学生レポーターのkaitoです! 今回はアカデミーの グループクラスについて レポートを紹介したいと思います。 (グループクラスについて) グループクラスとは1日に1コマはある授業です。 少人数で時期にもよりますが4−5人で行います。 内容はレベルや自分が選択するものによって違います。 プログラムの前にプリントが配られ、グラマークラスとアクティビティーがありクラスを選べます。 グラマークラスは基本的にしっかりと授業を毎日行っていきます。 アクティビティークラスはレベルにもよりますが写真や動画をとって短いストーリーを作っていきます。 私はアクティビティーのクラスをとりました。 私はマンツーマン授業を1日に5コマ取っているのですが合間に息抜きが出来るクラスが欲しかったため選びました。 みんなでストーリーを考え写真をとって、短いストーリーを作っていきます。 内容は自由ですが、どのグループもラブコメディのような内容になっています。 やはりどの国でもこの話しは盛り上がります。笑 先日ちょうど発表が終わったのでその様子を少し紹介したいと思います。 (発表について) プログラム最終週に発表を行います。 どのグループも色々と考えてあり、完成度はかなり高く、すごく楽しむことができました! やはりグループ内にPCを扱える人がいるグループは他のグループよりも見所がたくさんあり、面白かったです。 グループ内に誰か扱える人がいるととても心強いです。 私のグループ内には扱える人がおらず最終的に先生が仕上げてくれてとても助かりました。笑 なので私たちは写真を撮るだけでよかったです。 少しだけ写真を紹介しておきます。 写真は一部ですが、私たちの発表したクラスの内容は “saraというベトナム人の留学生が色々な男性に好意を寄せるもことごとく失敗し、最終的にイケメンの男性と結ばれる” という内容です。 ウケはそこそこだったのではと思います。笑 写真は多くはなかったのですが先生の素晴らしい編集のおかげでかなり良くなっているように感じました。 私たちのグループは写真で特に時間の制限などはなく比較的簡単でした。 しかし、レベルが上のグループは時間制限もあったり、動画を編集しなくてはならずとても忙しくしていました。 少し写真を載せておきます。 こういった形で前に出て代表の人が “どんな話しで誰がどの役をやっていたか” などを簡単に説明していきます。 もちろん英語でしますので、事前に準備が必要です。 あと発表が終わっても時間が余ります。 ここで先生からのムチャ振りがあり前で歌うことになります。 もちろん母国語で歌ってもいいですがやはり英語の歌を歌える人はとてもウケがよかったです。 あとフィリピンにきて感じたのですがフィリピンの先生はどの先生も歌が上手いです。笑 出てくる先生みんな上手いので次に歌いにくいぐらいです。 あとから聞いたのですが日本人の留学生はピコ太郎のPPAPをやったみたいです。 しかも2回も。 日本人はとりあえずPPAPをやっているように感じます。 私もこの授業ではないですが、他の授業でやらされたのを覚えています。 私はこの授業で指名され前で歌うことになりました。 英語で歌える歌がなかったので、先週日本人留学生の誕生日があってちょうどその人が会場にいましたのでみんなでハッピーバースデーを歌いました。笑 なんとかやり通したのではと思います。 フィリピン留学では日本の学校と違うところがたくさんあります。 なかでもフィリピン人の先生たちが明るくアクティビティーが多いように感じます。 もちろん普段は真面目に授業をしているのですが、プログラムの中で何度か急にアクティビティーが始まったりします。 これは多分日本ではあまりないかと思います。 […]

バギオ留学TALK ENE*2ヶ月コース終了

バギオ留学TALK ENE*2ヶ月コース終了 こんにちは!! バギオ留学TALK ENE校レポーターAMYです!! 2ヶ月のフィリピン留学を終えましたので、感想をレポートします! ◉全体的な結果と感想: フィリピン留学エージェントのフィルイングリッシュさんのご紹介でTALKでの2ヶ月カリキュラムを実際に体験させて頂き、自分なりにTALK校での出来事、他の留学生からの評価、授業の内容、2ヶ月前とTOEICの点数がどう変化したか?をレポートさせてもらいます!  【カリキュラム】 平日の月~金まで、マンツーマン6時間+単語テスト1時間+模擬テスト2時間+自習4時間の計12時間を2ヶ月続けました。 学習の時間は結構取れていて、集中して勉強できる環境でした。最初の1~2週間は寝不足と模擬試験中に2時間集中力が続かず大変でしたが、慣れてしまったあとは少しずつ点数が伸びていくのに喜びを感じ、明確に自分の今のレベルを毎日点数に出してもらい確認ができたので、モチベーションがずっと高いままTOEICに向き合う事が出来ました。その日のテストで点数800以上になると翌日の掲示板で名前を張り出してくれます。800点以上となると実際の公式でも同じくらいが期待でき、自信を持って試験に挑めますね!!!!実は、毎日の模擬テストは難易度が少し違い、その半分以上がほとんどが実際のTOEICより難しくなっています。少し負荷をかけていますので、より実際の公式では実力が出せるのではと思います。週に1~2回は鬼のように難しい回があり、毎回その翌日には留学生間でブーブーと議論しがちです。 それもボキャブラリーを増やしたり、自分の苦手なところの強化になるので、良いと思いました。カリキュラムは本当にTOEIC用になっています。自習場所は自室が一番静かで落ち着いてできます。ただ、WIFIが使えなくて、どうしても意味の解けない問題にぶち当たった時、韓国のスクリプトを翻訳アプリを使って翻訳できず、ちょっと不便を感じた事が何回かありました。 それが難点です。   模擬テストで使われたBOOK4~5種類のTOEIC用参考書から事務の方が選別し、冊子にして毎日ご用意してくれます。 ありがたいですね~   【授業】 授業のカスタマイズは自由度が高いです。リスニングが得意な先生、リーディングが得意な先生と、それぞれ先生によってかなりスタイルが違います。 良い意味で遊びの要素が入っていたり、宿題を出して生徒に授業の振り返りのための復習をさせ、理解を深めるように少し厳しく指導される先生など本当に様々です。 その分、自分と相性が良いか、先生側の意図をどう汲み取るべきか、自分がしたい授業はどういったものか、またそれは先生側や学校側が用意できるかなど、毎日の授業の質で、自分の伸びややる気が大きく変わるので、真剣に見極めて、本当に必要な事を選ぶ必要がありました。ですので、私の場合は先生を2回変更し、時には授業料はそのままで自習に変更する事もありました。すべて自分の意思で変更ができ、TALK校側も柔軟に受け入れてくださいました。本当に感謝ですね! 前回ご紹介させて頂いた先生方もそうなのですが、生徒の要望には基本すぐ応えてくれます。例えば文法の問題で、自分ですでに復習が終わったボキャブラリーの問題はスキップしたいと伝えれば、パターンの選択肢になっている問題だけをピックアップして教えてくれます。自分の場合、本当に文法の構成や基礎ができていませんでしたので、見直すものが多く、難易度が比較的低めの瞬殺できるような問題から説明してもらえたのは本当に助かりました。 あと、フィリピン人講師たちは2ヶ月に一度生徒がやっているよりはるかに難しいTOEIC試験を受け800点をキープするよう義務付けられています。 そして、それだけの先生たちを用意するのには、結構大変なようで、たまに先生不足になるほどです。そんなアカデミー側の苦労の中キープされている水準を満たしているフィリピン人講師方には、当然自信がありますし、私たち留学生よりもはるかにTOEICの大先輩とも言えますので、そんな方達に囲まれて実際にTOEICの見直しを一緒にできた事は、貴重な経験になりました。 これでこの授業料か・・・と毎回得した気分です^^♬ 【他の生徒からの評価】 TALKでは約90%が韓国の留学生さん、残り5人くらいが日本人で、3人ほど台湾人、中国人。といった感じです。 特に韓国の生徒さんは、韓国人マネージャーの対応に大変満足されているようでした。私も主に食堂でよく見かけ、留学生さんたちと本当に仲良く話をされているところを見かけました。自分の時間を割いて積極的に生徒の相談にのっている姿を見て、すごく親切な方だと思いました。韓国の生徒さんに話を聞きましたが、全員が声を揃えていかに良い人かを説明してくれました。 授業に関してですが、少しフィリピン人講師の良し悪しに落差があるようです。評判の良い先生(名前が挙がるのは19人中5人ほど)はめちゃくちゃ良いし、悪い先生(特に集中して名前の挙がる先生は2人ほどあとはバラバラです。)は本当に悪い事しか言われません。これは、日々の授業内容を担当の先生個人に任せているせいでもあると思います。確かに、新しく入っていらした先生に対して最初は研修い授業の内容統一を行うようなのですが・・・ただTALK校の求めるTOEICの点数(800)を満たしているので、単純に指導の仕方の問題だと思うのですが・・・。 スピーキング伝える力はまた別のスキルのようです。あとは、長年教師をされている方のなかでは、結構ひどく生徒にパッパをかける先生がいらっしゃり、TOEICの点数を1ヶ月で600点伸ばした生徒(日本人の可愛い女の子です)もその先生でかなり泣くまで指導を受けていたようです。 あと、韓国の女性は特に美容にかなり気を使われていて、シャンプーやリンス、化粧水など身の回りのケアはすべて自国から持ってこられていました。韓国の女の子がシャワーを終えたあと部屋に戻ってきた時にめっちゃ良い香りです^^ 【点数の変化】 いままで私は試験のための勉強を高校受験以外した事がありませんでした。そしてこの2ヶ月、自分は本当に限界まで頑張れたのか・・・とちょっと後悔がありますが、周りの励ましもあり、何とか自分を見失わず、ゴールの設定もブレずにやってこれました。しかし、私のゴールの800点(公式)まであと215点ほど足りませんでした。私の最初の模擬テスト(旧式)は460点くらいだったと思います。なので2ヶ月で100点ちょっと・・・模擬テスト(新公式)ではもう少し点数を取った経験があるのですが、2ヶ月でだいたい100点ほどのアップになります。ちょっと形式が違ったり、実際に受けるTOEICの点数と難易度が違うかもしれませんが、点数はちょっと伸びたと思っております。 伸び率の違いは、英語の基礎、暗記能力、正確な処理能力、単語力が揃っている方ほど伸びられていました。自分なりに計画性をもって毎日TOEICに取り組んでいる生徒と、どこからやったらいいか分からない・・・とアドバイスを求める人とは効率性が違いました。 あと、現役の大学生の方!は平均して200~300は2ヶ月で伸ばされています。脳の処理能力の高さなのか、受験対策に慣れているのか、すでに学校で基礎英語を習得されているのか、私は大学生でないので推測しか出来ないのですが、伸びやすい方は日頃から勉強の仕方をよく熟知している人が本当によく伸びていました。肝心の自分は、まだまだ単語の種類、文の読み間違い、質問の意図、TOEICの用意した引っ掛け問題がきちんと読み取れず、四苦八苦しています。反復練習を大切に、目標の800までまた再チャレンジしたいと思っています。 勉強の向き合い方、モチベーションの保ち方について本当に思うところがあり、長い戦いになりそうですが、TALKで学んだ事を、継続していきたいと思います!!!! 今回で最後のレポートとなります。 私にとって最高の機会をくださったTALK校、先生、留学生さんたちに感謝するとともに、 日本から応援してくれた友達、家族、そしてこのような機会をくださいましたフィリピン留学エージェント「フィルイングリッシュ」さん   本当に今までありがとうございました!!!!   フィリピン英語留学TALK ENEレポーター:AMY

フィルイングリッシュセブ出張所オープン
フィルイングリッシュセブ出張所オープン     こんにちは。フィルイングリッシュお客様サポートデスクです。 お陰様でフィルイングリッシュは、留学情報、カウンセリング、その他留学に関するサービスにおいて業界最高のエージェントと評価されております。弊社は、より正確で迅速な情報提供、そしてお客様サポートのために2013年からフィリピン、クラーク地域にお客様サポートデスクを運営してまいりました。   2017年、より良いお客様サポートのため、セブ出張所(セブ留学生サポートデスク)をオープン致します。 セブ出張窓口のお客様サポート内容は下記の通りです。   ■緊急時の対応、安心: 留学前に予想できなかった緊急事項や不便事項で困った場合、迅速に対応致します。在学中の学校側の対応に加え弊社現地スタッフがいるので安心!   ■空港ピックアップトラブル、安心: セブ空港で学校スタッフに会えなかった場合、迷ってしまった場合、すぐにフィルイングリッシュ非常時の連絡先にメッセージを下さい!   ■セブ地域の正確な情報: セブ留学に役立つ正確な情報をリアルタイムで提供します!   ■病気・怪我の対応、安心: 深刻な病気や怪我になった場合、学校・セブ現地病院と協力しご対応致します。   ■フィルイングリッシュセブ留学生会: 定期的にフィルイングリッシュ留学生会を開きます。週末を使って留学ナカマを増やしていきましょう。帰国後、英語に加え貴重な財産となります。   ■その他留学サービス: ―現地で延長を検討される方に出張カウンセリングサービスを提供します。延長お他2校/3校目の留学プランもご案内致します。 ―ご希望のお客様にセブの提携ダビングショップ、提携レストランの割引券、クーポン提供。   セブ出張所は2017年3月オープンとなります!  
大学生のバギオHELP ロンロンで留学体験談
大学生のバギオHELP ロンロンで留学体験談   キャンパス: HELP Longlong 滞在期間: 4 weeks (Feb 20 ~Mar 17,2017) コース: ESL-5   *一番左で帽子を被っているのが僕です。なお、一番右下に写っている美人なお姉さんはフィルイングリッッシュのカウンセラーの方です。カウンセラーの方が偶然、HELPロンロンに訪問している時に一緒に撮った写真です。   まず最初に受けた印象は日本人が少ないということでした。元々知っていたのですが、他の学校に比べると少ない方だと思いました。一見悪いように思えるけれど、日本人が少ないとそれだけ海外の方と会話できるということであり、またイングリッシュオンリーポリシーにより常に英語を喋らなければならない状況に身を置くことができるので英語をしゃべるという点においては環境は非常にいいと思いました。しかし実際は母国語をしゃべっている人たちもいました。   また 生活面ではなかなかストレスを感じました。シャワーの水圧が弱い、バスルームの匂いが強いことや、何かしら破損、故障がありました。これらの問題は部屋ごとによって違いますが築 10 年近いということもあって老朽化が進んでいるのだなと感じました。また食生活では、毎日韓国料理ばかりで、かなりそれがストレスに繋がりました。2 週目からはカンティーという売店に通い詰め、毎日日本食やパスタなどを食べていました。売店の店員さんはみんな元気がよく、通うほどに仲良くなり色々な話をしたりしていい思い出になりました。もう一度フィリピンに留学するならカンティーンのために HELP 校を選ぶといえるくらい、いい思い出になりました。   留学の際に注意すべき点は、事前の予習、あらかじめ自分の目的(スピーキングがしたい、TOEIC取りたいなど)をはっきりさせておく事だと思います。これは長期、短期問わず貴重な留学期間を無駄にせず、有意義なものにするためのポイントであるとおもいます。また授業数は自分の基礎的な英語力(グラマー)に自信があるのであれば多くのコマをとればいいと思うけれど、基礎的な英語力に自信がなければ授業数はあまり多く取らない方がいいと感じました。グラマーが不十分であるうちは授業をうけてもストレスにかんじることが多いと思います。グラマーに自信がないままコマ数を多く取っていた自分の場合では、授業での疑問の解消、自主学習の時間がうまく取れなかったので、授業数を減らせばよかったと思いました。様々な貴重な経験を体験できたことで本当に価値観も変わり、人間的にも成長できたと感じています。今回の留学は本当に良いものでした。   山口大学  山田耕輝   ~HELP ロンロン校 紹介動画~ HELPロンロンの一日