Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

フィリピン留学・セブ留学と言えどフィリピンの英語留学先はセブ島を中心にフィリピン全土の7都市に集中しております。このコーナーでは語学スクールを地域別でまとめ、その地域のもつ特性等についてご説明いたします。

フィリピン英語学校レビュー もっと見る

フィリピン語学学校には様々なタイプがあり周辺環境や学術的力点は各々異なります。このコーナーはフィルイングリッシュ留学カウンセラーによる訪問先フィリピン英語スクールの分析解析記事集です。取材テーマは英語留学スクールの全般的な様子、在籍留学生への取材、周辺環境、学術内容概要などを全体的にまとめた『留学訪問記』と学校の教科カリキュラム、実際の授業展開や学習実績など学術面に特化して深く掘り下げた『留学プログラム解剖』の二つに分かれます。

フィリピン留学プラン もっと見る

フィリピン留学で英語を学ぶ目的は様々です。限られた留学期間、 留学費用で最大の効果を出すには、まず語学学校選びが大事。『 フィリピン留学プラン』コーナーでは、 留学プランの立て方から目的別おすすめ語学学校まで20以上のプ ランをご紹介します。 迷ったら今月のベスト留学プランからチェックしましょう。

スピーキング集中8~12週
 
フィリピン短期留学
 
優れた施設/女性留学
 
おすすめスパルタ語学学校
 
TOEIC,IELTS,TOEFLテスト対策
 
ネイティブ英会話おすすめ学校
 

フィリピン留学体験談 もっと見る

フィリピン留学卒業生から聞く英語留学の感想、辛口評価、 おすすめ情報が満載。フィリピン留学体験談コーナーでは、 卒業前の留学生のインタビューを取り、 留学を検討されている皆さまにお届けしています。 フィリピン全国の語学学校からの体験談は250件以上、 毎週更新! 行きたい語学学校のリアルな感想を是非チェックしてみて下さい。

学校関係者インタビュー もっと見る

フィリピンの語学学校では留学生の英語力向上のために様々な国籍 のスタッフが留学生サポートをしています。 フィルイングリッシュの留学カウンセラーは定期的にフィリピン全 国の語学学校を取材し、英語教育の管理者、講師、校長、 そして日本人留学生をサポートする日本人スタッフのインタビュー をしています。

カウンセラーアドバイス もっと見る

フィリピン留学カウンセリング事例の一部をご紹介します。 実際にフィリピン留学を検討中の方から頂いた質問にフィルイング リッシュのベテラン留学カウンセラーが回答するQ&A形式。 フィリピン英語留学に関する疑問ならどれほど細かいお問い合わせ でもすっきりした解決案を出します。

バギオ留学MONOL*IELTSコースについて③ New!

バギオ留学MONOL*IELTSコースについて③ Hello!! フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです。 先週末…まさかのダウンで金曜日末のテストも受けれず、ずっと寝てばかりの週末を過ごして居ました。さて、オフィシャルテストも申し込みできなかったので、わたしは帰国した月の29日に日本で受けることにしました!!それまでに本気でreading とwriting を伸ばさないとwww そして、本日月曜日は祝日で語学学校はお休みだったので、火曜日からのスタートになります。恐ろしいぐらい月日が経つのって早いですよね。私もなんや言って、ついに来ました!!ラストターム!!!恐ろしいですwww テストについてはだいぶ分かってきましたがなかなか、strategy の全攻略までできていません。むしろ30%ぐらい…残りのラストタームは少し授業を変更いたしました。 では今回はまた、MONOL英語スクールのIELTSコースについて。 前回も紹介いたしましたが… IELTS コースは3マンツーマンクラスと5グループクラスの構成になっています。 この授業にマンツーマンの授業を増やすときは5000pesoで1ヶ月追加できます! 私が行ったのはreading のグループクラスをマンツーマンクラスに変えました。この変更は2500pesoでできます。 なので、 マンツーマン(writing TASK1&2, speaking, reading) グループクラス(writing Task1&2, listening, speaking) になります。 最後なので自分の弱いリーディングをマンツーマンに変えてみました。実はこの増やせるやり方、聞くまで知らなかったんですよね〜。 ちなみに、聞いたところでは、プロナウンスが弱い留学生さんはオプションでプロナウンスの授業をマンツーマンでとってるとか…結構相談してみると自分の弱いところに特化してやってくれるみたいです(←additional feeかかりますが…笑)     ←毎回このようにtimetablesが張り出されます。私のラストタームの先生も本日発表されていました。まさかの最初のときにspeakingで次にreading もってもらった先生がwriting になりました。もはや、すごい確率でしかないと思います。一度も当たらなかった先生がたくさんいる中で全てのタームでもってもらうなんて…笑 さて、切り替えてラストタームは本当に悔いのないように集中きらさないように、頑張って行きたいとおもいます!!!   【スポーツ】       ←今日は朝の8時に集合して、みんなでバスケをやりました!!朝から汗を流すのは本当に気持ちいいですし、ちゃんと朝に起きれるので、午後を有意義に過ごせる!という利点があります。ただ疲れて昼寝するのがオチなのですが…笑 いつも男子たちのバスケにルームメイトのミオと混じってplayしてるのですが、彼女、本当に上手いんです。彼女がいるからわたしもここのバスケ会に参加できていると思う… スポーツは本当にnationality 関係なく楽しめるので友達作りにすごいいい機会かと思われます!!! 【お別れ】 そろそろわたしたちのバッチメイトもお別れの時期になってきました…わたしの1番仲良かった友達も先週土曜に帰国してしまいました。すごく寂しかったですが、ここMONOLで会う留学生たちはみんな帰国しても会える距離だと思うのでkeep in touchして、いつか会えたらいいな〜とおもいます。たまに辞められる先生もいるのですが…本当に先生も寂しいです。     ←わたしのwriting  task2のマンツーマンの先生!この先生は本当に日本人のことよく分かってくれていて、わたしの精神面の悩みまで沢山聞いてくださいました!あと2週間いるか居ないか、、、でも先生が変わるので最後にパシャりと…いつも、背中を押してくれしときには本当に刺さる言葉を言ってくれる…嘘つかれてあげられるより、そっちの方が信用できたので、すごくセカンドタームでは頼ってました。まだまだみてもらいたかったのですが…わたしももう少し頑張って英語を勉強します!!先生にいい報告ができるように!!!!!   フィリピン留学MONOL学生レポーターKANAでした。

セブ留学QQ Englishシーフロント*総まとめ

セブ留学QQ Englishシーフロント*総まとめ Hello Everyone! フィリピン留学 QQEnglish学生レポーターのMizukiです^^   早いもので、なんと今回で最後のブログとなります… 行く前は8週間まあまああるなと思っていたのですが、初めてみれば8週間という期間はとてもとても早いものでした。。   さて、そんな最後を飾るテーマは「フィリピン留学QQ Englishシーフロント校の総まとめ」となります。     【自己採点】 私がフィリピンに来る前に自分で課した目標設定は、 「TOEICの点数を150点UPさせる」というものでした。 当初はこれに疑問を持っていなかったのですが、こちらにきて2週間ほど経った時に、実際にコミュニケーションをとる際に、TOEICの点数では英語でのコミュニケーションスキルを測れないということに気がつきました。 なので、途中から目標を 「自分の思ったことを問題なく相手に伝えられるようにする。」に変更しました。     ・目標に到達できたか? 「自分の思ったことを問題なく相手に伝えられるようにする。」 という目標に対し、日常生活においては7割達成することができました! ちゃんとした数値化は難しいのですが(笑) 自分で実感ができるほど、フィリピン留学にきた当初に比べて格段に伝えたいことが伝えられるようになっています。   この変化は私にとってとても嬉しいです!   ですが、ビジネスや専門的な状況ではまだまだ勉強が必要です。日本に戻って引き続き勉強は続けたいと思います。     ・留学前と留学後で自分の英語能力はどれくらい伸びたか?また、実際にどれくらいしゃべれるようになったか?   頭の中では言いたい文法を構築することができるのですが、いざそれを自分の口から声に出す、という段階になると舌が慣れていないのか、なかなかスムーズに出てきませんでした。     例えば、   Hi! How are you Mizuki. What were you doing yesterday?? (やあみづき!昨日は何してたの??)   と聞かれて、   Hi. […]

セブ留学CPILS*総まとめ

セブ留学CPILS*総まとめ こんにちは。セブ島留学CPILS学生レポーターのTOMOKOです。 わたしの記事もいよいよ最後の記事となりました! 私は1月22日から5月18日までセブに滞在していました。この4か月間は本当に長いようで短い4ヵ月でした。 それでは4カ月を振り返っていきましょう! 私は、CPILSに入学した当初は2Mレベルという6段階中下から二番目のレベルでした。正直、英語を最後に勉強したのは高校生、つまり9年前!高校の時も英語の成績が特別良かったわけでもなかったので、このレベルよりも私は下ではないのか?同じレベルの子と授業を受けても、ついていけるのかとても不安でした。 実際に授業が始まると、先生の言っていることがまったく聞き取れない、同じレベルの子たちは流暢に話せているのに、私は言いたいことも言えない状態でした。授業が始まって一週目で日本人スタッフの斎藤さんに相談をして、私のレベルを下げてくれるようにお願いしてみました。しかし、斎藤さんは『これよりもレベルを下げてしまうと、今度は物足りないと思ってしまうかもしれない、もう少し様子を見てみてください』と言われて、そのままレベルを変えずに受けることにしました。 そして一か月後… なんとなく先生の言うことが理解できるようになり、クラスメートとも片言ながらコミュニケーションが取れるようになりました。この時点で私のやる気が更に上がって、もっと話せるようになりたい、聞き取れるようになりたいと思えるようになりました。 そして4か月経った今のレベルは、3M+のレベルをもらいました。 英語のグラマーはほぼ理解できるようになり、先生ともたくさん深いお話をできるようになりました。先生と二人きりでショッピング、カフェにも行きました。もちろん他の国籍の留学生ともたくさん遊びました。まだまだ自分の英語力には満足できるレベルではないですが、確実に前の自分とは違います。そしてなにより、英語が大好きになりました。 日本に帰った今も、CPILS英語スクールで知り合った友達と英語でメッセージのやり取りをしたり、英語のアニメ、ドラマを見てみたり、洋楽を進んで聴くようになりました。 私は6月から、今度は韓国のソウルに留学に行きます。そこでは韓国語を学ぶ予定なのですが、私の行く語学学校には日本人がほとんどいません。中国人が多いみたいなのですが、中には英語圏の留学生もいます。このCPILSでの経験を生かして、せっかく覚えた英語を忘れない為にも、韓国に行っても英語の勉強、積極的に英語圏の友達を作り、TOEICの受験もしてみようと思います。 そしてこのセブ留学は私の貴重な経験になりました。日本にいたらまず知り合えなかった友達、フィリピン人の先生達。フィリピンの文化に触れることもできました。日本で当たり前にできている生活は、フィリピンでは非常識な生活。いつもテレビで見ているストリートチルドレンを目の当たりにして、世界の現実を知りました。この留学は私に英語以外のこともたくさん教えてくれました! もし私に子供ができたら、絶対にフィリピンに留学させようと思いました。もちろんCPILSです(^^) それぐらい胸を張ってCPILSは良い学校だったなと思えます。   もし機会があるなら、またセブ島に留学したいなと思います。 そして、この学生レポーターの機会をくれた留学エージェントのフィルイングリッシュさん、本当にありがとうございました! フィルイングリッシュさんは、他のサイトと比べて価格がとても安いにも関わらず、手厚いサポートをして頂き、本当に感謝しています! 私のレポートを読んでいただいた方に、少しでもセブ島留学の良さが伝わっていただければ幸いです(#^^#) これからセブ島留学に来る皆さんも、私のような楽しい留学生活になることを祈っております! フィリピン留学CPILS学生レポーターのTOMOKOでした。

セブ留学セブブルーオーシャン*フィリピン留学総まとめ

セブ留学セブブルーオーシャン*フィリピン留学総まとめ こんにちは! セブ留学セブブルーオーシャン学生レポーターSae です。 今日はセブブルーオーシャンで8週間のフィリピン留学を終えた総評価をレポートします(*^^*) ↑ セブブルーオーシャン卒業前にプレゼンをしました〜 8週間で合計3回プレゼンがありました! ⚫️自己採点 80点 まずは自己採点から… 学習時間ですが、1日7コマ〜9コマ+予習復習宿題を8週間続けました。 週末は全く勉強に手をつけないこともありましたが、月〜木はほとんどこのルーティンでした。 平日は集中して勉強して、週末は友達と出かけたり近くでリフレッシュして過ごしました! 友達と出かけても英語で喋ることが多いので(日本人だけで行動することはあまりなかったため)、机に向かう時間は少ない分英会話の練習にはなったかな、と思います♪ こんな感じで出来る限りのことはやれたと思う反面、休憩中にお昼寝をしてしまうことも結構あり…笑 この時間にもう少しボキャブラリーの勉強とか頑張れたかなと思うので少しマイナスにしました^^; 続いてフィリピン留学前に設定した目標についてですが、 わたしの目標は”ニュースを聞き取れるようになる“でした。 正直、この目標設定は英語をなめてました^^; 未だにニュースはとても難しいです。 部分的に聞き取れても全て理解するには今後も努力が必要そうです。 先生にニュースの聞き取りが難しいと話したところ、先生も難しいと言っていました笑 一つのゴールとしてこれからも英語学習を頑張っていきたいと思います! だからと言ってリスニングが伸びなかったのかというとそう言うわけではなく、8週間で一番伸びを実感したのはリスニングです。 フィリピンでは日本よりも映画の公開が早く、先日美女と野獣を見に行きましたが、字幕なしでも十分楽しむことができました! 日本の1/3~1/4くらいの料金なのでセブ留学に来た際はぜひ映画を楽しんでみてください♪ セブシティーのSMモールにて⬇︎ ちなみにリスニングだけでなく、 リーディングやスピーキングも成長を感じることができました。 どの分野においても自分自身まだまだだと思いますが、留学前に比べて多少なりとも違いを感じます。 スピーキングでは一つの文を以前より長くすることができるようになりましたし、リーディングでは発音矯正してもらったため以前より日本人訛りが減ったと思います! ⚫セブブルーオーシャンへの採点  75点 概ね学校に対しては満足しています。 先生•カリキュラム•施設•スタッフ対応等、すごく不満な部分と言うのはありません。しかし、それぞれ少しづつ改善してほしい点や不満があります。 先生:やはり先生によって教える能力の差は感じます。しかし合う合わないもあるので、ある人は”〇〇先生が嫌だ。変更してほしい”と思っていても違う人は”〇〇先生が一番熱心で授業も一番楽しい!”と言う人もいます。なので、改善してほしいというのは間違ってるかも知れませんね。どうしてもの時は変更できますし、セブブルーオーシャンにはすごくたくさんの先生方がいるのでそこも強みだと思います。 あとはアカデミー内では先生同士であっても生徒の前では現地語は禁止→英語を徹底してほしいなあ、と思いました。 カリキュラム:文法にフォーカスする授業が少なすぎること。ライティングではもちろん文法を教わりますが、そうでなくスピーキングで文法を正しく使えるよう練習する時間が少ないように感じました。文法は自分ので勉強できますが、喋っているときに正しく文法を使うのが中々難しいので、そこにフォーカスする授業があってもいいのになあと思いました。 施設:部屋のトイレが一週間に3回くらい壊れたことがあってこれは辛かったです^^; その他フィリピンクオリティなのは仕方ないと思うので不満はありません! スタッフ対応:本当に良くして頂いたのですが、VISAの手続きに不備があってわたしが気付いてから発覚したことがありました。(VISAがきれる3日前。)これは今後起きないように気をつけて頂きたいです。 とは言っても、わたしの場合セブブルーオーシャンの後にもう一校行くためのVISA延長の不備だったため、セブブルーオーシャンにずっと滞在する場合このようなことはまず起きないと思います! マイナス点ばかり書いてしまいましたが… わたしはセブブルーオーシャンを選んでほんとに良かったと思っています! まず、オプションクラスがたくさん用意されているのは本当に有り難かったです。これはある程度の規模があるからこその強みだと思います。 グループクラスも同じレベルの人とクラスメイトになることができます。人数が少ないと同じレベルでクラス編成をするのが難しいと思うので、これもセブブルーオーシャンの強みですね! あとは何度も紹介していますが、部屋からのオーシャンビューが最高です。 実はわたしは今セブシティの学校に滞在しているのですが、オーシャンビューどころか窓がなくセブブルーオーシャンがとんでもなく恋しいです。笑 そして国際色豊かなのもセブブルーオーシャンの魅力だと思います。 わたしが滞在していた8週間で生徒でいたのは、 日本人、韓国人、台湾人、中国人、スペイン人、ポーランド人、ベトナム人、コロンビア人です! これはセブの学校の中でも珍しいのではと思います。(もちろん対比はアジアが多くなりますが) セブブルーオーシャンはセミスパルタなので、勉強したい人は勉強に集中できる環境、遊びたい人は遊べる環境があります。 なので、幅広いタイプの人の受け入れが可能だと思います(*^^*) […]

セブ留学CPI*フィリピン英語留学の総まとめ②

セブ留学CPI*フィリピン英語留学の総まとめ② こんにちは! セブ留学CPI学生レポーターの一ノ瀬です。 2ヶ月間、レポートを書いてきまいたが、私のレポートは今日が最後です。 最後ということで、今日は最終的なまとめを書いていきたいと思います。 自己採点 私がセブ留学を決めた理由、 それは自信を持って英語を勉強してきました。と言える 英語のスコアが欲しいからでした。 最初のレポートでも書きましたが このセブ留学の前にタイに約8ヶ月間滞在し、 日常会話は問題なく英語で話せるようになっていましたが、 それを証明できるスコアが私にはありませんでした。 フィリピンで過ごした2ヶ月間、 正直IELTSのための勉強をしないといけない日々は ストレスも感じましたし、 他のESLコースの友人が「先生と今日はこんなことを話したよ〜」と 言う話を聞くと、楽しそうだなと思うこともありました。 もちろん、先生と話すこともありましたが、 基本的にアカデミックコースを選んだ以上、 点数を取らなければならないので 授業中は小難しい単語たちと真剣に向き合っていることが多かったです。 昨日、卒業前のIELTSの模擬テストを受け、 その結果も受け取りました。 目標のOverall 6.5にはこの日届きませんでしたが、 Reading 7.0 Listening 5.5 Speaking 5.5 Writing 5.5 でした。 Overallで6.0 ほどです。 また、リスニングの授業で挑戦したオフィシャルテスト問題では7.0、 別の日のSpeakingテストでは6.0が取れたこともあったので 日本に帰国してから受けるIELTS公式テストへの 自信になりました。 CPIに来て学んだことで短時間で効率よく IELTSのための勉強ができたかと思います。 また特にスピーキングとライティングについては 日本にいると間違っているところを、訂正してくれる人が 英語塾にでも行かないといない、また高いので、 セブ留学でこの勉強ができてよかったなと思っています。 CPIについて 総合的に満足しています。10点満点中9点は超えています。 まず学習面ですが、 私は最初に割り振られた先生を全く変えることなく 2ヶ月走りきりました。 授業内で不満は特にありませんでした。 全体的にフィリピン英語講師の質がいいのが、CPIの評価できる点だと思います。 もちろん、性格の不一致などで […]

バギオ留学HELPロンロン*フィリピン留学のまとめ

バギオ留学HELPロンロン*フィリピン留学のまとめ こんにちは! バギオ留学HELPロンロン学生レポーターのkaitoです! 今回でロンロン校のレポートは最後になりますので、 HELPロンロンでのフィリピン留学について総括 をしてみようと思います。 (英語の変化について) 最初にフィリピンへ来た時は正直ここで2ヶ月過ごすことができるのだろうか、またいたとしてもどれだけ自分の力がつくかとても不安でした。 なぜならここに来ている大学生はほとんどの人が大学受験をしており、ある程度の知識を持ってここに来ており何度も悔しい思いをしましたが、日々自分の英語のスキルが向上していくことを感じてモチベーションが落ちることはなかったです。 日本では簡単な文章を書くことも、話すこともできませんでした。でも今では自分の知っている簡単なパターンなら話すことも、文章を作ることもできるようになってきました。 これは日本にいた時と比べると格段に進歩したところだと思います。また勉強をしていくことで今まで自分はまったく英語のことを知らなかったなと思いました。アカデミーで習ったことはごく一部に過ぎず、まだまだ知らないことがこんなにあったのかと日々驚いています。 そしてこれから英語のスキルが向上していく従い、向上しているかを感じにくくなると思いますのでフィリピン留学のこと思い出しながら自分に負けることなくやっていこうと思っています。 (フィリピン留学で出会った日本人について) HELPロンロンには本当に幅広い年齢の方がいて、皆んな色々な目標を持ってここにきておりいつも刺激をもらっていました。バギオでしかもこのアカデミーを選ぶ人は本当に稀だと思います。なぜならフィリピン留学はセブ留学が日本では有名で、そしてバギオでもHELPロンロンは街から離れておりここを選ぶ人は他のアカデミーに行っている人よりも少し違う考え方をもっており、とても個性的な人ばかりで本当に楽しかったです。 これからも連絡を取り合い、お互いの目標を達成できるように頑張っていけたらなと思います。 (海外の友達について) 初めの頃は友達もおらず、ましてや英語もまったく話せなかったのでコミュニケーションをとることが出来るのか不安でしたがすぐにその心配は無くなりました。なぜなら彼らはとても優しく、フレンドリーに接してくれいつも自分のことを気にかけてくれました。そして毎日のように友達が増えていき、とても充実した留学生活を送ることができました。 また彼らから聞くその国の話や海外での経験を聞き毎日勉強になり、他の国のことに関して以前より興味を抱くようになりました。 そして国ごとに国民性のようものがあり、その違いがとても面白く毎日話していましたが話が尽きることはありませんでした。 そしてもしお互いの国にいくことがあれば連絡して一緒に遊ぼうと約束しました。これもフィリピン留学の魅力の1つだと思います。 なぜなら欧米留学では距離も遠くお互いの国に行くことがなかなかできないと思いますが、フィリピン留学で知り合う人のほとんどが同じアジアでしかも日本から近い国の人ばかりで欧米留学で知り合った友達に会いに行くのと比較するとそんなに難しいことではないのではないかと感じています。特に韓国は広島から沖縄に行くのとあまり違いはないのではないかと思います。 (フィリピン留学で感じたこと) ここでは日本では経験できないようなことをできました。それは日本では当たり前のように友達に会っていましたが、ここで知り合った人たちはアカデミーを離れると今までのように会うことができなくなると言うことです。 これは日本のいた時はあまり感じなかったのですが、これが「一期一会」なんだなと感じました。本当にもしかしたら二度と会うことが出来ないのではないかと思うとすごく悲しい気持ちになりました。本当に色んなことを勉強させてもらいました。 これから出会う人も「一期一会」だと思い、その人たちと過ごす日々を大切にしていけたらなと思います。 最後になりましたがこのアカデミーを紹介し、サポートしてくださったフィルイングリッシュさんにはとても感謝しています。 また引き続きお世話になりますのでこれからもよろしくお願いします。 そしてこのレポートを読んでくださった方々も読んでいただきありがとうございました。拙い文章でこのアカデミーやフィリピン留学の魅力を伝えられたかはわかりませんが、少しでも興味をもっていただけたら幸いです。 私はまた別のセブの学校へ行き、勉強を続けます。これからここに来る皆さんに出会えることを願い、楽しみにしています。 本当にありがとうございました! フィリピン留学HELPロンロンレポーター:KAITO

インターンシップ募集(フィリピン・クラーク支社勤務)
New!
インターンシップ募集(フィリピン・クラーク支社勤務)   弊社フィルイングリッシュのフィリピン現地サポートセンター(クラーク地域)にてインターンシップ生を募集します。半日英語の授業、半日は現地オフィスで勤務というフィリピン留学+海外インターンシップを希望される方に是非、ご検討いただけますと幸いです。 ■フィルイングリッシュインターンシップの詳細 項目 内容 勤務地 フィリピン・クラーク地域、フィルイングリッシュ現地お客様サポートセンター *オフィスは治安の良い高級住宅街内に位置。クラーク地域の治安は他地域と比べ良好です。 *現地オフィスのスタッフの国籍は、日本、韓国、中国、ベトナムとなっています。 待遇 1.毎日3時間の近辺の語学学校での授業を無料で受講。(マンツーマン授業3時間) 2.宿泊場所と3食の食事を無料で提供(食事は韓国、フィリピン、日本食などのフージョン料理) 3.現地費用のSSP費用無料(約15,000円) 業務内容 1.顧客情報の管理 2.弊社HPのコンテンツの作成 3.SNS関連の作業 4.メールの対応 5.カウンセラーのサポート 6.学校訪問 7.その他雑務 採用人数 2名 採用条件 1.日本国籍または日本語を母国語としていること 2.6ヶ月以上勤務が可能な方 3.勤務開始日が2017年7月~2018年2月であること 4.年齢及び性別問わず、弊社の為に勤務して頂ける方 優遇条件 Web並びにSEOのノウハウをお持ちの方は一般応募とは異なり、特別な労働条件となりますのでその際は別途弊社までご連絡下さい。 個人負担費用 往復の航空券、ビザ延長費(月平均8,000~13,000円)、生活必需品、お小遣い ■お問い合せ フィルイングリッシュインターンシップに興味のお持ちの方は、弊社メール(info@phil-english.com)または弊社電話番号:担当、高居(02‐6869-5004)までご連絡下さいませ。
インターンシップ募集(フィリピン・クラーク支社勤務)
インターンシップ募集(フィリピン・クラーク支社勤務)   弊社フィルイングリッシュのフィリピン現地サポートセンター(クラーク地域)にてインターンシップ生を募集します。半日英語の授業、半日は現地オフィスで勤務というフィリピン留学+海外インターンシップを希望される方に是非、ご検討いただけますと幸いです。 ■フィルイングリッシュインターンシップの詳細 項目 内容 勤務地 フィリピン・クラーク地域、フィルイングリッシュ現地お客様サポートセンター *オフィスは治安の良い高級住宅街内に位置。クラーク地域の治安は他地域と比べ良好です。 *現地オフィスのスタッフの国籍は、日本、韓国、中国、ベトナムとなっています。 待遇 1.毎日3時間の近辺の語学学校での授業を無料で受講。(マンツーマン授業3時間) 2.宿泊場所と3食の食事を無料で提供(食事は韓国、フィリピン、日本食などのフージョン料理) 3.現地費用のSSP費用無料(約15,000円) 業務内容 1.顧客情報の管理 2.弊社HPのコンテンツの作成 3.SNS関連の作業 4.メールの対応 5.カウンセラーのサポート 6.学校訪問 7.その他雑務 採用人数 2名 採用条件 1.日本国籍または日本語を母国語としていること 2.6ヶ月以上勤務が可能な方 3.勤務開始日が2017年7月~2018年2月であること 4.年齢及び性別問わず、弊社の為に勤務して頂ける方 優遇条件 Web並びにSEOのノウハウをお持ちの方は一般応募とは異なり、特別な労働条件となりますのでその際は別途弊社までご連絡下さい。 個人負担費用 往復の航空券、ビザ延長費(月平均8,000~13,000円)、生活必需品、お小遣い ■お問い合せ フィルイングリッシュインターンシップに興味のお持ちの方は、弊社メール(info@phil-english.com)または弊社電話番号:担当、高居(02‐6869-5004)までご連絡下さいませ。