Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

★「セット価格で勝負」24週でIELTS 6.0人材を作るキャンペーン

フィリピンIELTS留学

フィリピンIELTS留学チャンス!IELTSスコア 6.0取得をサポートします。

IELTS主催機関の公式ホームページ(https://www.ielts.org)でIELTS 6.0以上の人材を求める企業のリストを検索したところ200数社の企業の名前が現れました。6.0で受け入れ可能な大学を見ると6,000校を上回ります。募集先はアジア、ヨーロッパ、中東、アメリカに及びます。

外国に行って見て回るだけでなく、仕事についたり、高度教育をうけたり、移民として永住するためにはIELTSの点数は必要不可欠な条件になってきています。世界の受け入れ口は6.5かそれ以上がより幅が広いですが6.0でも企業や大学で募集需要はたくさんあります。まずは6.0を獲得し仕事や学校を探すのもよし、あるいは6.0を第一段階ととらえ、そこから12週以内で獲得できると予想される6.5の道へ進むのもよしです。

フィルイングリッシュは本日より『24週で英語初級者をIELTS 6.0に作り上げるキャンペーン』を実施いたします。協力していただける学校はセブのCPIとバギオのMONOLとなります。

英語初級者を何が何でも24週で6.0点(オーバーオール)を保有者に作り上げるために、学校にもこのコース専用の特別プログラムで協力していただきます。

登録期間

2017年7月31日(入学開始日は2017年12月31日まで)

対象者

■英語初心者で24週間の留学を行いIELTS 6.0取得希望者(24週IELTS 6.0保証)
■必要に応じて学校側のスカイプインタビューを受け受講可能な確認する必要あり(現在の英語力がIELTS3.0またはTOEIC350点以下の場合)

キャンペーンコラボ学校の割引特典

学校

特典1

特典2

バギオMONOL

約80,000~100,000円の学費割引

公式IELTS受験料支援
(20,000円相当)

バギオ CNS2

セブ CPI

セブ CELLA UNI

留学期間及びコース編成

留学期間:24週
コース編成:初級の場合一般的にIELTS入門コースあるいはESLコースで8週ほど学習され、その後にIELTSコースに移行いたします。但し、入学後に学校の判断でコース期間が変更される場合がございます。

例)ESL 8週 + IELTS 16 / IELTS Preparatory 8週 + IELTS General 16

IELTSスコアアップ

本コース受講に対する学校の特別対策

■毎日2時間以上の分量の宿題提出
■本コース受講生の特別模擬テスト実施(試験スケジュールと方法は学校が決定)
※本コース受講者は平日外出禁止の措置がとられ、義務自習及び学校指定プログラムに参加します。ただし、CELLA UNIでは平日外出が可能。
※その他カリキュラムは一般IELTSコースやIELTS保証コースと同じです。

保証内容及び注意点

■保証内容:IELTS 6.0点/24週(Academic、Generalどちらでも)

IELTS 6.0点獲得の基準は公式IELTS試験あるいは学校が実施する模擬試験結果いずれかといたします。
・学校の模擬試験は本試験よりも難易度を高く設定しているので模擬試験で6.0を取れれば通常は本試験で6.0を獲得できます。
・24週の期間中に見事6.0点を獲得できても設定期間である24週の滞在は認可されます。
・本コース受講者の本試験日程はスタートから20週~23週の間に設定されます。IELTS試験費用1回分は免除となります。(フィルイングリッシュ負担)
本コースの受講者が24週を超えて6.0点を獲得できなかった場合には、学校に残ってIELTSコースを継続受講できます。その場合、学費はフィルイングリッシュが負担いたします。但し、延長期間分の寄宿舎滞在費、現地費用、本試験受験料は受講者に負担していただきます。
・延長期間は4週を区切りに設定され、本試験あるいは模擬試験6.0点の結果とともに終了となります(但し4週区切り期間は点数取得後も滞在可能)。
・本コースの受講者は期間中出席率95%以上、課題提出率95%以上、模擬テスト受験率95%以上の条件を満たされなければなりません。この条件をクリアできない場合でも24週の学習は保証されますが、延長特典権利は消失いたします。

その他留意点

・本コースと他のキャンペーンとの併用適用はございません。
・本コース受講者は学費後払い制度をご利用できません。

キャンペーンコラボ学校詳細

学校名

MONOL[学校詳細を見る]

コース名 IELTS
・詳細はこちら!
授業編成 IELTS (マンツーマン3時間、小グループ5時間、特別授業3時間30分)
カリキュラムが秀逸な事で評価の高い学校。少数人数限定のグループ授業5時間でIELTSリーディング、スピーキング、リスニング、ライティングTask1、ライティングTask2をすべてカバーいたします。正規マンツーマン授業3時間では学生が強化したいIELTS科目を指定して決める事ができます。最初の4週はIELTS試験の出題傾向、くせ、点数を落とさないための要点などスキル部分をメインにカリキュラムが進み、5週目からは模擬試験が授業内容の中心となります。

MONOLはスパルタ式のカリキュラムですが、夕方5時から9時まで平日外出が許されているセミスパルタです。施設がきれいでWi-fi環境がよく、学費が比較的廉価なのでコストパフォーマンスに優れています。

学校名

CPI[学校詳細を見る]

コース名 IELTS General、IELTS Intensive
・詳細はこちら!
授業編成 IELTS General(マンツーマン4時間、小グループ2時間、模擬テスト2時間)

IELTS Intensive (マンツーマン5時間、小グループ2時間、模擬テスト2時間)

CPIはマンツーマン4時間(Intensiveコースでは5時間)授業でIELTSの4つのセクションであるリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングをすべてカバーいたします。その他に毎日各セクションごとの模擬試験が2時間(1時間の模擬試験+1時間のレビュー)が実施されます。火曜日から木曜日の夜は2時間のモニタリング付き自習時間があり、そこで模擬試験でわからなかった問題などを当直講師に直接聞いて教えてもらう事ができます。
この学校は施設がホテル並みに立派で食事もホテル並みに豪勢ですので体調を管理しやすいです。平日外出禁止のスパルタ。講師陣の質、カリキュラム、豪華な施設、ビュッフェ式の食事等などの総合的な評価が高い上に卒業生の満足度も高いです。
学校名

CNS2[学校詳細を見る]

コース名 IELTS
・詳細はこちら!
授業編成 IELTS(マンツーマン4時間、小グループ3時間、特別授業1時間)
CNS2はIELTSを学習される学生の目標スコアごとにPre、A、B、Cと受講カリキュラムが分かれております。CNS2はIELTSの各分野(Writing、Listening、Speaking、Reading)で最善の学習方法を提供しており、特にスピーキングに関してはグループ授業でできる学習(ブレインストーミング)とマンツーマン授業でできる学習(テストパートの対処)で勉強方法を分けています。学生たちの学習の目的を明確化することで、どう英語を鍛えるかを理解した上でIELTSを学ぶことが出来ます。

CNS2はIELTS専門校として最もIELTSの実績を出している学校です。CNS2に在籍している講師はスコアを8.0以上持たれている方も多く学習指導の質はフィリピン語学学校の中でも圧倒的です。

学校名

CELLA UNI

コース名 IELTS Preparation、IELTS Intensive
授業編成 IELTS Preparation(マンツーマン4時間、小グループ4時間、特別授業1時間)
IELTS Intensive(マンツーマン6時間、小グループ4時間、特別授業1時間)
CELLAはマンツーマン授業を4時間(Intensiveコースは6時間)でWriting、Reading、Listening、Speaking(Intensiveコースはさらに模擬テストとテストのレビューも行う)のIELTSの必要技能をすべて学びます。加えて、グループ授業ではListeningとSpeakingを2時間ずつ(Intensiveコースは1時間ずつ)と多くの日本人が弱い部分を補強します。あえて、オプションクラスで映画鑑賞を入れることで、IELTSを学ぶその先の目標を学生たちに持たせます。

また、CELLA UNIは2017年1月に開校したばかりの新しい校舎をご利用することが出来ます。学校と寮が一緒になっているコンドミニアムタイプでCELLA Premiumに比べて料金プランも安めに設定されているためより留学への足が運びやすくなりました。

IELTS概要とIELTS 6.0に要求される英語レベル

IELTS(アイエルツ:International English Language Testing System)はアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド等英語圏国家の学校入学、就職、移民のための英語使用能力を評価する試験です。試験方法としては英語のスピーキング、リスニング、ライティング、リーディング4つの分野で個別に試験を行い、その総合点数(オーバーオール)とセクション別点数(イーチ)で評価します。

リスニング部門は出題テープを聴き、答えを書き込むスタイルの試験です。返答方式は穴埋め、複数例題からの正しい答えの選択(マルティプルチョイス)がメインです。40問の出題がなされ、40問中23点正解で6.0です。

リーディング部門は書籍、新聞記事、雑誌などから3つの文献が提示され文献関連の40問の質問が出されます。40問中23点正解で6.0です(Generalは30問)。文献ジャンルは社会、政治、歴史、科学、化学、IT、芸術など多岐にわたります。

スピーキング部門は試験官との対面方式で実施され試験官が提示する3つのパートの質問に答えていきます。即興のプレゼンテーションや反射的な対応力が要求されます。質問に沿って一定時間しゃべる事ができる事、自分の主張と関連したボキャブラリーを使用できる事、単調な文とやや複雑な文の使い分けができる事、相手が理解できる発音を身につけている事などができていれば6.0を獲得出来ると言われています。

ライティング部門(アカデミック)はTask1とTask2の二つのセクションに分かれ、Task1ではグラフ、表、図表の描写・説明を求められる技術系、Task2では出されたテーマに対して自分の考えを求められる創作系となります。Task1と2の採点割合は1対2。Task1は決まった表現を憶えて実践で活用できれば6点以上の高い点数を取れます。Task2では、論理的なエッセイ作成能力、文章の一貫性と論理性、幅広く適切な語彙の使用、文法的知識と構文力が検証されます。4つの試験部門では一番点数が取りにくいセクションです。

関連記事IELTSの時代が来た!

お問い合わせ

・【こんな人にこんな学校キャンペーン】 最大20%引き!

【こんな人にこんな学校キャンペーン】 最大20%引き! 簡単紹介:5つのポイント フィルイングリッシュの学校評価、ここが違う! ■ 1つの学校しか分からない卒業生体験談とは深みが違う! ■ 英語専門家の経験に基づいた評価はレベルが違う! ■ 月平均200名フィリピン留学申込者からのフィードバックは規模が違う! ■ 社名を掲げての評価は責任感が違う! ■ 現地の留学サポートスタッフ10人規模は心が違う! 失敗しないフィリピン留学は目的に合った学校選びから! すべての人に満足できる学校は存在しません。学校にはそれぞれ特色があり、留学者にもそれぞれ目標、方向性、趣向があるからです。 学生の希望に合わせて学力を伸ばそうとする学校があります。自校の決まりに徹底的に従わせながらも学生を一定レベルに導いてくれる学校があります。廉価でケアが優秀な学校があります。施設が日本のホテル並みでフィリピンでも快適な生活を過ごせる学校があります。一日中勉強しなければならない学校があります。 英語初心者がいます。スピーキング力がめっぽう弱い上級者がいます。日本の企業就職対策を考えておられる方がいます。海外で働く事を夢見ている方がいます。 世界一周を計画している方がおられます。ビジネスで外国人との交渉術が必要な方がいます。海外永住を計画されている方がおられます。 すべての条件をクリアできる学校などありません。たとえ有名校、人気校であってもすべての要求を十分に満たす学校は存在しません。 フィルイングリッシュは今回フィリピン留学希望者の目的や方向性にあった学校を整理選別し、お客様ご自身の適正に合う学校選びを補助させていただく目的で 『こんな人にこんな学校キャンペーン』 を実施させていただきます。 期間 2017年5月22日~8月31日まで(入学登録日基準) *入学開始予定日は2018年3月までとする。 対象 ■ 4週以上の留学生 ■ 1~3週留学生の方は『フィリピン短期留学』を参照下さい。 割引額 ■ 4週以上の留学から入学金+授業料の割引と適用させて頂きます。留学期間と学校に応じて最大20%割引を 適用させて頂きます。紹介手数料の額が学校により異なるからです。 ■ 特定の学校はエージェントの割引を一切禁じており学費の割引ができない点、ご了承くださいませ。(例:SMEAG, QQ English, C2 Ubec) 1~3週間の短期留学の場合でも入学金免除もしくは入学金+学費割引が適用されます。 ただし、1~3週間の短期留学の学校選定においては、学費割引よりも短い留学期間でどれほどの成長が見込めるか、どれほどの授業数が確保出来るかを重視する必要があります。フィリピンのほとんどの英語学校では、入学後最初の月曜日にレベルテスト、オリエンテーション及び学校案内が行われるため正規授業は翌日の火曜日からとなります。しかし短期留学生を積極的に受け入れており、授業数保証や入学日からの授業を提供する学校もあります。留学予定時期の短期留学の詳細に関しては、弊社のカウンセラーにお問い合わせて頂けると幸いです。 その他事項 ・当キャンペーンの適用を受けたとしても一般の方と学校での待遇は全く同じです。授業時間数が1時間少ない、提供されるご飯の内容が違うなどその他一切の不都合はありません。 ・当サービスを受けられる方は他のお客様と全く同じ現地サービスと学費補償サービスが適用されます。 ・学費納付方法にて弊社の後払い又は分割払い制度を使用可能。海外在留者で送金が難しい場合には留学終了の帰国後に日本での送金も可能です。 ・学校紹介で表示させていただいたSからCまでのランキングはSが『非常に良い』でそれを最良の基準にして徐々に下がっていきます。 ・『対応』とは受講する学生の英語力を意味します。『レベル』 とは学校のコース運営力、講師のレベルを意味します。各学校の審査基準は、フィリピンで英語講師5年以上の勤務経験がある弊社スタッフ及び英語学校の管理者経験3年のカウンセラーを含む弊社スタッフ陣が学校を訪問し評価したものです。直接インタビューすることもあれば壁際でこっそり授業を立ち聞き調査する事もございます。 こんな人にこんな学校リスト 1)とにかく厳粛な学習環境で朝から晩まで時間をおしむほど英語学習に没頭したい 学校名 場所 タイプ […]

>> More
★お友達ご紹介&お友達と留学キャンペーン

★お友達ご紹介&お友達と留学キャンペーン こんにちは! フィルイングリッシュ留学相談センターです。 2015年3万5千人の日本人が利用したフィリピン留学は 今年2016年もその勢いは留まることを知らず、さらに知名度を広げていきました。 特に今年からは、「知り合いが行ってきて良かったと聞いた」、「友達がフィリピンでIELTSのハイスコアをゲットした」、「オーストラリアに行ったらフィリピン留学経験者はレベルが高くて羨ましかった」など、周りの人の紹介や結果に影響され、フィリピンにいらっしゃった方が多くいらっしゃいました。 どの年齢、どのレベルでもぴったりの学校が存在するフィリピン留学。お友達に紹介して、お友達と一緒に留学して、プレゼントをもらっちゃいましょう!フィルイングリッシュは「お友達ご紹介&お友達と留学キャンペーン」と称して、期間限定なく下記のようなプレゼントをご用意いたしました。 ■対象 ① フィリピン留学卒業生で、お友達やご家族をご紹介いただいた方(卒業生及びお友達お二人様) ② 2名以上のお友達同士で留学される方(親子留学は対象外) ■対象学校・期間 対象学校:フィルイングリッシュを通してお申込された学校全て 留学期間:1週から(詳細は下記内容参照) ■キャンペーン内容 Amazonギフトカード、Appleギフトカードから選択 東京事務所ご訪問の方のみ図書カードで提供可能 4週以下留学:1,000円分プレゼント 5週以上留学:2,000円分プレゼント ■適用方法 ① カウンセリングフォームに、「お友達キャンペーンを見ました!」とご記入ください。 ② ご紹介のお友達、一緒に留学するお友達のお名前を担当カウンセラーまでお伝えください。 ■キャンペーン活用 Amazon 数ある英語学習書の中、まず始めてみたい本を選んで、事前学習に取り組みましょう。迷ったら、英語のベストセラーから。単語、フレーズ、文法、学習法などAmazon書庫から選び放題。ペーパー、Kindle版両方でご利用可能です。 Apple せっかく気に入ったアプリをちょっと使ってみるとApp内課金があったりしますよね。様々な英語学習アプリからお選びいただけます。まず、プレゼントでもらったギフトカードで有料版を体験し、自分に合うと思ったら引き続き学習に活用して下さい。 ☞ぴったりの留学プランを聞いてみる  ☞おすすめの留学プランを見る 

>> More
「終了」セブ島「英会話特訓」応援キャンペーン

「終了」セブ島「英会話特訓」応援キャンペーン 2017年こそしゃべれるようになる+往復航空券が当たる!   フィリピン留学専門フィルイングリッシュの2017年初の留学応援キャンペーンは、セブ島でスピーキング力UP留学を応援する、その名は、「セブ島英会話特訓 応援キャンペーン」となりました! フィリピン留学の魅力と言えば、「格安」、そして短期間でも話せるようになる「マンツーマン授業」です。教室に学生が1人、先生が1人。学生がしゃべらないと授業は進められません。教室の1人の学生のために授業が行われるため、学生の留学目的はもちろん学生の弱みや強み、好き嫌い、感性にあった授業ができます。 しかし、全ての学校が学生にカスタマイズした授業を提供している訳ではありません。語学学校は英語教育に関するそれぞれ違うアプローチをします。今回のキャンペーンは、セブ島にある100以上の語学学校から、しゃべれるようになりたい方向けに選定させて頂きました。 キャンペーン語学学校の選定基準 項目1. どちらかというと強い点は、 □ バランス良い英語力の向上      ✔ スピーキング力アップ 項目2.語学学校のタイプは、 □ 学生の勉強を管理するスパルタ型  ✔ 学生の学習をサポートするセミスパルタ型  項目3. 留学環境は、 □ 全生徒わいわいのアットホーム風  ✔ 自分の時間も大事にする大人留学風 キャンペーン対象 ①留学及び適用期間 キャンペーン語学学校の8週以上のお申込の方 2017年4月30日まで申込み完了、2017年に留学を開始される方 ②英語レベル 英語初心者~中級者TOEIC800点未満もしくは800点相応のスピーキング力がない方 ※英語力が超初心者の方は、別途おすすめコースご案内を致します。 キャンペーン語学学校 セブブルーオーシャン (CBOA) CPI JIC 多様なアクティビティが豊富、リゾート地での留学が味わえる! 治安良好な地域に構えている上に濃厚にカスタマイズされた留学プログラムが強み! セブシティの中心地に位置している上に柔軟なプログラム運営に定評あり! >高レベルの講師陣 >超初心者専門の学習プログラムあり(Survival ESL) >多くのコースがある為に長期留学にも対応可。 >セミスパルタ式(平日外出可) >ビーチの前にあるリゾート地に位置。 >高水準の施設環境(ジム、プール、カフェ等) >マッサージショップあり >日本人マネージャーによる学生ケアに定評あり >会話中心のカリキュラム構成 >可能な限り留学生のリクエストをなどを聞き入れる体制。 >放課後に受ける義務自習(メンタリング)で、その日に学んだ事を復習。 >スパルタ式(平日外出不可) >セブの語学学校の中でも最高級のリゾートタイプの施設を保有。 >高水準の施設環境(ジム、プール、カフェ等) >ビュッフェ式の食事(多国籍) >厳格な規定はなく自主性重視の学習プログラムの運営。 >セミスパルタ式(平日外出可) >セブ中心地に位置しているので、徒歩圏内の場所にショッピングモールあり >セブの語学学校の中で最も手軽な費用で留学が可能な学校(4人部屋、6人部屋のみ) >日本人マネージャーによる学生ケアに定評あり >アットホームな環境だからこそ学生のリクエストなどには融通が利く CELLAプレミアム SMEAG キャピタル QQ […]

>> More

よく読まれている留学体験記

バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ

バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ フィリピンの中でスパルタ式の語学学校が多いことで有名なバギオ。セブ島やマニラなどの大都市と比べ娯楽が少なく、フィリピンの中でも英語学習に集中したい真面目な留学生がバギオには多く集まる傾向があります。 ただ、いくらバギオで英語勉強を頑張っても週末くらいは適度に気分転換をしたいですよね。今回はバギオで週末楽しめるスポットをご紹介しようと思います。   目次 バギオでショッピングを楽しむ バギオで外食を楽しむ バギオの自然に癒される バギオのおすすめ日帰り旅行先 バギオのおすすめ週末旅行先   1.バギオでショッピングを楽しむ   バギオSMモール(SM City Baguio) フィリピン全国チェーンの大型ショッピングモールであるSMモールのバギオ店。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものは全て揃っているのでとっても便利です。SMモールはフィリピン各地域にありますが、どの地域であっても留学生の多くは週末をここで過ごします。   住所:Luneta Hill Drive | Upper Session Road, Baguio, Luzon, Philippines   ピュアゴールド(Pure Gold) SMモールよりも規模が小さく価格設定が安めの、フィリピン全土にあるスーパーマーケット。日用品などはほとんど問題なくそろえることが出来ます。フィリピン人も多く利用するため、フィリピンのローカルな雰囲気を感じられるので留学生にも人気です。     バギオナイトマーケット 毎日夜20時頃からオープンするバギオのナイトマーケット。フィリピンや外国から集まった古着や骨董品、B級のグルメが楽しめます。モールよりも数倍安く、本物か定かではないブランド品など、掘り出し物もあり、活気あるディープなフィリピンを味わうことが出来ます。元々はフィリピンの超ローカルな市場ですが、最近はバギオにいる留学生の中にも観光スポットとして人気です。人が多いのでスリに注意しましょう。   2.バギオで外食を楽しむ   日本食レストラン「CHAYA」 日本人の奥様とフィリピン人の旦那さんが経営するバギオで一番有名な日本食レストラン。海鮮丼や手巻き寿司、ざるそば、すき焼きなど日本と同じクオリティの日本食が味わえます。WI-FI、コンセントあり。 フィリピンで日本食を頻繁に食べるとかなりの出費になるので、月に数回の贅沢で行くのがおすすめ。バギオ留学中でも美味しい日本食が食べられる場所があるのは、かなり安心ですよ♪   住所:72 Legarda Rd, Brgy. Campo Sioco, Baguio, 2600 Benguet 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み)   ステーキ屋「TSOKOLATERIA」 […]

・セブ島留学がいま激アツな5つの理由

セブ島留学がいま激アツな5つの理由 <この記事は2017年5月26日に更新されました> セブ島留学という言葉はフィリピン留学と同じくらい認知度が高くなりました。 フィリピン留学は地域ごとにメリットやデメリットが異なりますが、その中で多くの人々を魅了しているのがセブ島留学です。セブ島は留学だけでなく観光地としても有名で、欧米人観光客やアジア人留学生で溢れている都市です。 フィリピン留学の中でも、セブ島留学が今“激アツ”と言われる理由とは何なのでしょうか。 それを探るべく、セブ島留学の5つの理由という観点から、セブ島留学の魅力やメリット、さらにはセブ島留学のデメリットまで包み隠さず明らかにしたいと思います。 セブ島留学の激アツな理由は、次の5つです。 メリハリのある学習スタイル 安心できる環境 料金が安い 便利である 多様性がある 理由1:メリハリのある学習スタイル フィリピン英語留学といえば、韓国式の厳しいスタイルとともに発展してきましたバギオ留学では、いまだに平日外出NGのスパルタ式のスタイルが、根強い人気を誇っています。 >>バギオ留学の魅力はこちら 一方で最近のセブ島留学は、リゾート地であることに加えて、平日外出OKなセミスパルタの学校が増えてきている影響もあり、厳しすぎずゆるすぎない、セブ島独自の「メリハリのある学習スタイル」を確立しつつあります。 メリハリのある英語学習は、日本人にとても合ったスタイルで、英語漬けになりながらも無理しすぎず息抜きも兼ねながら、モチベーションを長く保っていけるのが特徴です。 セブ島では良く学び、よく勉強し、よく遊ぶ事ができますが、おおまかにどのようなメリハリ留学ができるのでしょうか。 セブ島留学でのメリハリのある学習スタイルを以下の6つにまとめました。 セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業 学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 スパルタ・セミスパ関係なくメリハリ留学はできる セブ島の2つの顔、シティー&リゾート 世界一語学学校の選択肢が多いセブ島 短期留学で結果を求めるならセブ島留学 6つの理由の詳細については、【セブ島留学は驚くほど日本人の学習スタイルに適している!? 】にまとめてあります。 メリハリ留学の注意点 自己管理が必要 セブ島留学に行くと、日本ではあまり経験することのできない開放感があります。気分もメンタルも盛り上げる上に、充実に遊べる自然や施設、夜遊びも整っていますから誘惑に負けてしまうと遊びに走る恐れがあります。 一部ではありますが、セブ島の留学生の中には本来の目的を忘れてしまい、恋愛、旅行、お酒にハマってしまう人もいます。 その意味でも語学学校選びは大事です。スパルタかセミスパルタか、自己管理力が強い人に合うか弱い人に合うか規則はどれほど厳しいかをしっかりチェックする必要がありますね。 語学学校の選び方は各々の性格や目標によって変わってきます。 フィルイングリッシュでは、留学の目的や目標、個々人の悩みや弱みに合わせ留学プラン作成及び留学中のサポートを無料で手伝いしています。 >>>LINE@から訪問まで、フィリピン留学相談の種類を選ぶ 理由2:安心できる環境 英語留学のために海外に行くとき、まず前提となるのは「治安面で安心できる」ことです。 もし留学先が、治安が悪いと英語勉強ところじゃなくなりますよね。また、日本人が一人もいない環境であれば、不安ですし情報収集も難しくなります。 セブ島留学の治安はどうでしょうか。 セブ島留学は実際行ってきた日本人が多いため、「たぶん大丈夫かな」という認識と、「東南アジアだから危ないでしょう」という認識があるかと思います。 フィルイングリッシュは、フィリピン現地で留学サポートデスクを運営しており、カウンセラーのフィリピン在住歴平均は7年となります。フィリピン留学専門のフィルイングリッシュが思うセブ島留学が安心できる理由は以下の3つです。 セブ島≒L.A同レベル?実はセブ島の治安はそれほど悪くない セブ島には日本人留学生が多い フィリピン人が平和である ということから安心できる環境で留学生活を送ることができるのです。 安心留学の注意点 セブ島に英語の勉強を目的として留学している人が大きな事件に巻き込まれる可能性は非常に低いです。 ですが、スリや盗難のような軽犯罪はまだまだ多く発生しています。 それらを回避するためには以下のことに気をつけてください。 かばんを前にかける かばんや荷物は自分の手元から離さない 日本の財布は持ち歩かない、小銭入れを使う 財布を持ち歩く場合は、前ポケットもしくはかばんに入れる 派手なブランド物を身につけない セブ島の治安に関する詳細については、【セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話 […]

・セブ島留学が驚くほど日本人の学習スタイルに適している!?

セブ島留学が驚くほど日本人の学習スタイルに適している!? 最近セブ島留学の人気が高まっていますが、セブ島留学の最大の特徴はメリハリのある学習スタイルにつきます。 フィルイングリッシュが、「セブ島留学といえばメリハリ!」と考えるのは以下のような様々なスタイルの留学が実現できるからです。 なんでもできちゃうセブ島留学のメリハリスタイル 勉強するときは がっつりやる 遊ぶときは 死ぬ気で遊ぶ 効率よいインプット +練習のマンツーマン授業 コミュニケーション実践の 小グループ授業 すぐ使える英語を学ぶ 教室外・校外は実践の場 セブシティーは 利便性が良い セブマクタン島は リゾートでリラックスできる 短期留学で 結果を出す 短期留学でも いっぱい遊べる セブ島留学がスパルタよりもゆるめのセミスパルタの学校が多いといっても、 1日6~8時間以上は授業が行われるため、英語学習に慣れない人は疲れてしまいます。 そのため留学中の学習に適度な息抜きは絶対に必要です。 その意味でセブ島留学は、英語漬けの学習環境+個々の努力+適度な休憩で最高の留学生活を送ることができるのです。 ではセブ島でのメリハリ留学の詳細をみていきましょう。 目次 1.セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業 2.学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 3.スパルタ・セミスパ関係なくメリハリ留学はできる 4.セブ島の2つの顔、シティー&リゾート 5.世界一語学学校の選択肢が多いセブ島 6.短期留学で結果を求めるならセブ島留学 セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業! セブ島留学で学習面の最大の特徴を挙げるとすれば、 マンツーマン授業(通常約4時間)+グループ授業(通常3~4時間)/1日 の授業スタイルです。 マンツーマン授業をメインにし、少人数グループ授業があり、バランスが良いのです。 フィリピン留学ほどのマンツーマン授業は、欧米留学や日本国内でも受けることができません。 受けられるとしてもセブ島ほどの量を受けようとすれば非常に高額な授業料がかかることでしょう。 セブ島留学であれば、格安の留学費用でマンツーマン授業を受けることが可能なのです。 英語は言葉ですので受験勉強ように知識ばかりを増やしてもコミュニケーション力は上がりにくいです。 マンツーマン授業では、英語の先生と2人きりの会話形式なので、必然的に学生が英語を話す量が多く、 一番効率よく英語力が伸びることは言うまでもありません。 セブ島留学だからこそできるマンツーマン授業メインの英語学習。実際どうだったのかは多くの方の留学体験談を参考にしてみて下さい。 >>セブ島留学体験談はこちら 学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 マンツーマン授業では、フィリピン人の先生と1対1で授業を進めていきます。 マンツーマン授業で新しい文法、英語パターンを学び使う練習をしたら、 授業外で何度も実践することで自然な英語として定着していきます。何かを覚えて1回使ってみただけじゃ自分のものにはなりません。 英語学習の基本的な目的は、コミュニケーションですので、どれだけ英文法や英単語を詰め込んだとしても、会話で使えなければ価値がありませんよね。 セブ島留学では、マンツーマン授業で学んだ英語を実践できるチャンスがいっぱいあります。 語学学校の少人数グループ授業:通常3~4コマ/1日、4~8人/1クラス 校内での交流:外国人ルームメイト、無料オプションクラス、アクティビティー、食事の時間など […]

・セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話

セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話     フィリピン留学専門エージセントフィルイングリッシュです。 留学のカウンセリングをしていて、セブ島留学を調べ始めた方からこのような質問を頂く事があります。   「セブ島って危険そう」 「東南アジアって治安悪いでしょ!」 「日本人が殺されたニュースを聞いた」   など、セブ島=危険というイメージを持っている人もなかにはいます。 しかし、それは東南アジア/セブ島に対する先入観、誤解が大きいと思います。   本記事では現在のセブ島が安心留学できる留学先であることについてお話します。 前提としては、セブ島と日本と同レベルで安全、治安が良いという訳ではありません。日本は世界トップレベルで安全な国です。どの地域・国に英語留学をしても日本と同レベルに安全なところは非常に少ない事が前提となります。 ご参考までにフィルイングリッシュの留学カウンセラーの平均フィリピン在住期間は7年です。   セブ島留学が安心できる理由は3つあります。 実はセブ島の治安はそれほど悪くない 日本人留学生が多い フィリピン人が平和である   セブ島≒L.A同レベル? セブ島の治安はそれほど悪くない     フィリピンやセブ島留学を検討されている方の質問には、「ドゥテルテで政権が不安定だ」、「日本人が銃殺されたニュースを見た」といった治安に関する不安がやはり多いです。 もちろん日本に比べれば、危険に晒される可能性は高いです。   しかしイメージに反して、セブ島留学で実際に日本人留学生が巻き込まれたという事件は少ないのが事実です。 セブ島滞在で、ちゃんと語学学校の門限規則を守っていれば、留学生が事件に巻き込まれる恐れはほとんどないです。留学生が遭う犯罪は、殺人のような事件ではなく、スリや盗難に合うといった程度の事件です。 以下はセブ島とロサンジェルスの犯罪についての比較データーです。ほぼ同レベルであることが分かります。     以下はロサンジェルスと東京の犯罪についてのデーターです。     犯罪についてのデーターによると、 セブ島とL.Aで一人で歩いた場合の安全度は「高い」、東京は「非常に高い」。※1 セブ島とL.Aを夜一人で歩いた場合の安全度は「普通」、東京は「非常に高い」。※1 東京は時間帯問わず非常に安全な街だということが分かりますが、セブ島であってもロサンジェルスであっても海外の都市では最低限の危機感が必要ですね。   セブ島の治安は、アメリカのL.A以外にもニューヨーク、ロンドンなど他の都市ともそれほど大きい違いはないことを考えると、セブ島って以外と安全な留学先に思えませんか?   ※1出典:Numbeoオンラインデータベース セブ島とL.Aの治安比較:https://goo.gl/CyOV1Z   日本人留学生が多い     フィリピン留学・セブ島留学に行く日本人留学生は2010年の4,000人ほどから2015年には35,000人で約9倍の急速な増加を遂げています。 その中で日本人の半数以上がセブ島留学を選択しているので日本人留学生の増加は言うまでもなく比例しています。   またセブ島のシティーエリア・リゾートエリアは割と狭い地域なので、日本人と出くわす機会が多く、体感としても日本人留学生を多く感じるでしょう。   […]

・セブ島留学がますます便利に! 海外初心者はセブ島留学に行くべき?

セブ島留学がますます便利に! 海外初心者はセブ島留学に行くべき?     あなたの周りにもセブ島留学に行く人が増えていませんか? セブ島留学が人気の理由の一つとして、英語留学をする上でとても便利であることが挙げられます。   そのため海外初心者でも、気軽に行くことができるようになっています。 セブ島留学は、なにが、どのように便利なのでしょうか?   日本から近く、セブ行の直行便が多い 巨大ショッピングモールやスーパーがたくさんある 日本食レストランが多い セブ島関連の情報を仕入れやすい   日本から近く、セブ行の直行便が多い   セブ島へは日本各地から直行便が出ていて乗り換え不要で現地まで行くことができます。 所要時間は、東京-セブ島で4時間、大阪-セブ島で5時間程度と近いです。   料金も格安航空券(LCC)であれば、期間によって大きく変動はしますが、片道20,000円~40,000円あたりで、直行便を用意している会社も多々あり、   フィリピン航空 (区間:東京-セブ島、大阪-セブ島、名古屋-セブ島など) バニラエア航空 (区間:東京-セブ島) セブパシフィック航空 (区間:東京-セブ島、大阪-セブ島、福岡-セブ島) その他 全日空   など多数出ているので、それぞれの会社を比較してチェックすることをおすすめします。 航空券の料金比較はスカイスキャナーというサイトが使えます♪   またセブパシフィックではプロモーションを実施しており、往復で10,000円などと破格の価格でチケットを入手できたりします。 プロモーション情報は、セブパシフィックの公式Twitterでリアルタイムな情報を確認することができます。 ※フィルイングリッシュよりお申込後、セブ行往復航空券のお見積書発行、ご予約の代行も可能です。   巨大ショッピングモールやスーパーがたくさんある     「セブ島のショッピングなんてしょぼいでしょ。」 そう思った方は、セブ島を見くびっています(笑) セブ島のショッピングモールやスーパーでは、基本的に規模がかなりでかいです。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものはほとんど済ませるスタイルですね。   セブ島のショッピングモールは以下のように多数あります。   SMシティーセブ アヤラセンター・セブ ガイサノ・アイランドモール ロビンソン・ガレリア・セブ   その他中小規模のスーパーはほとんどの語学学校から徒歩圏内にあり、日常の買い物に困る事はありません。コンビニは、やや現地化されたセブンイレブンが一番多く、最近はきれいな日本スタイルファミリーマートが増えています。   日本食レストランが多い     日本人にとって海外渡航で意外と大きい悩みが食の問題ですよね。 特に住み込むのであれば、食が合わないことは、留学生活に多大な影響をもたらすでしょう。 […]