Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話

フィリピン留学専門エージセントフィルイングリッシュです。

留学のカウンセリングをしていて、セブ島留学を調べ始めた方からこのような質問を頂く事があります。

「セブ島って危険そう」

「東南アジアって治安悪いでしょ!」

「日本人が殺されたニュースを聞いた」

など、セブ島=危険というイメージを持っている人もなかにはいます。

しかし、それは東南アジア/セブ島に対する先入観、誤解が大きいと思います。

本記事では現在のセブ島が安心留学できる留学先であることについてお話します。

前提としては、セブ島と日本と同レベルで安全、治安が良いという訳ではありません。日本は世界トップレベルで安全な国です。どの地域・国に英語留学をしても日本と同レベルに安全なところは非常に少ない事が前提となります。

ご参考までにフィルイングリッシュの留学カウンセラーの平均フィリピン在住期間は7年です。

セブ島留学が安心できる理由は3つあります。

  1. 実はセブ島の治安はそれほど悪くない
  2. 日本人留学生が多い
  3. フィリピン人が平和である

セブ島≒L.A同レベル? セブ島の治安はそれほど悪くない

フィリピンやセブ島留学を検討されている方の質問には、「ドゥテルテで政権が不安定だ」、「日本人が銃殺されたニュースを見た」といった治安に関する不安がやはり多いです。

もちろん日本に比べれば、危険に晒される可能性は高いです。

しかしイメージに反して、セブ島留学で実際に日本人留学生が巻き込まれたという事件は少ないのが事実です。

セブ島滞在で、ちゃんと語学学校の門限規則を守っていれば、留学生が事件に巻き込まれる恐れはほとんどないです。留学生が遭う犯罪は、殺人のような事件ではなく、スリや盗難に合うといった程度の事件です。

以下はセブ島とロサンジェルスの犯罪についての比較データーです。ほぼ同レベルであることが分かります。

以下はロサンジェルスと東京の犯罪についてのデーターです。

犯罪についてのデーターによると、

セブ島とL.Aで一人で歩いた場合の安全度は「高い」、東京は「非常に高い」※1

セブ島とL.Aを夜一人で歩いた場合の安全度は「普通」、東京は「非常に高い」※1

東京は時間帯問わず非常に安全な街だということが分かりますが、セブ島であってもロサンジェルスであっても海外の都市では最低限の危機感が必要ですね。

セブ島の治安は、アメリカのL.A以外にもニューヨーク、ロンドンなど他の都市ともそれほど大きい違いはないことを考えると、セブ島って以外と安全な留学先に思えませんか?

※1出典:Numbeoオンラインデータベース

セブ島とL.Aの治安比較:https://goo.gl/CyOV1Z

日本人留学生が多い

 

フィリピン留学・セブ島留学に行く日本人留学生は2010年の4,000人ほどから2015年には35,000人で約9倍の急速な増加を遂げています。

その中で日本人の半数以上がセブ島留学を選択しているので日本人留学生の増加は言うまでもなく比例しています。

またセブ島のシティーエリア・リゾートエリアは割と狭い地域なので、日本人と出くわす機会が多く、体感としても日本人留学生を多く感じるでしょう。

同じ地域にある程度の日本人が多いと、以下のようなメリットがあります。

  • セブ島についての日本語情報が多いので正確に情報をゲットすることができる

  • 事件に巻き込まれても助けを求めやすい

日本人留学生が多いことは、英語学習ではデメリットと言われることもありますが、このように考えようによってプラス面に変えることができるのです。

特に海外初心者にとって同じ日本人がたくさんいることは、不安要素を消してくれることでしょう。

フィリピン人が平和である

フィリピン人に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?

フィリピン人は、非常に明るい性格の人が多く、穏便な人種です。

フィリピンはキリスト教信者が全人口の9割を超えており、信仰心が深い人が非常に多い国です。

実はフィリピンは「世界幸福度ランキング2017」で世界2位にランクインしている幸せ大国。性格は明るくポジティブで人懐っこく、争うことを嫌う穏便な性格の方が多いです。ちなみに日本の順位は世界25位。※2

このようなフィリピン人の国民性もあり、英語初心者や子どもの英語教育には英語ネイティブよりフィリピン人の方が合うとも言われてます。

※2 米国の世論調査会社ギャラップ・インターナショナルとWINによる共同調査

原文記事Huffington Post:https://goo.gl/EZXSM0

安全なセブ島留学のための注意点

セブ島は大きな事件は少ないですが、スリや盗難はまだまだ多く発生しています。

それらを回避するためには以下のことに気をつけてください。

  • かばんを前にかける

  • かばんや荷物は自分の手元から離さない

  • 日本の財布は持ち歩かない、小銭入れを使う

  • 財布を持ち歩く場合は、前ポケットもしくはかばんに入れる

  • 派手なブランド物を身につけない


かばんを前にかけ、目を離さない


日本ではありえないことですが、かばんが後ろにあると、スリからすれば格好の餌食となってしまいます。

リュックであろうが前にかけていつでも自分の目から見える位置にかばんを持つようにしましょう。

1人でカフェやレストランに行ったときには、かばんや荷物を手元、足元に置くようにしましょう。

トイレや喫煙所などへ移動する場合は、財布だけは持っていくか店員に見てもらいましょう。


財布は極力持ち歩かない


セブ島のみならず日本以外の都市では、油断すると財布はすられてしまいますので特に気を付けてください。

日本で使っている財布は寮のセキュリティーボックスやスーツケースに入れ、持ち歩かないようにしましょう。その日に必要な最低限のペソを、しっかりと蓋が出来る小さ目の小銭入れに入れて外出するようにしましょう。そうすれば万が一すられた場合でも数ペソで済みますが、日本の財布を盗まれるとクレジットカードやキャッシュカード、財布そのものの値段もありますのでダメージが大きいです。

それでも財布を持ち歩きたい場合は、かばん・リュックの中にしまってかばんに常に目が届くよう注意しましょう。ズボンのポケットやリュックの外ポケットに財布を入れて出歩くのは避けてください。


派手なブランド物を身につけない


海外に行ったときに、現地人が最も狙うのが、「お金を持っていそうな人」です。

ただでさえ日本人=お金持ちのイメージがありますので、すりやぼったくりなど軽犯罪に狙われやすいのです。

ブランド物の鞄やアクセサリー、服を身にまとって一人で歩くのは控えるようにしてください。

たまにおしゃれしてクラブや飲み会に行くこともあるかもしれませんが、その時は語学学校からタクシーに乗り、目的地で降り、遅い時間に一人でふらふら街を歩く事は避けましょう。

まとめ:一歩を踏み出そう

もし英語初心者+海外初心者であっても、セブ島留学であれば、安心して留学生活を送ることができます。

欧米留学やワーキングホリデーに行く前の準備としても利用されることも多いのです。

勇気を踏み出してセブ島留学に行ってみませんか?

まだまだ不安な方は、気軽にご相談ください。フィリピン留学に関する相談はなんでも受け付けています🎵

セブ島留学についてもっと知りたい方は、カウンセリングまで

フィリピン留学無料カウンセリング

お客様はEメール、お電話、ライン、スカイプにていつでも英語とフィリピン留学の専門カウンセラーより無料でご相談を受けられる事ができます。

>>>フィリピン留学カウンセリング種類を選ぶ

セブ島留学のページを見る

セブ留学、フィリピン留学専門の留学エージェントフィルイングリッシュが厳選したおすすめ校一覧

>>>セブページの詳細を読む

 


関連記事


セブ島留学がますます便利に?

海外初心者、英語初心者こそセブ島留学がぴったりな理由をまとめました

>>>コラムの続きを読む

セブ島留学は超グローバル!

多様性を受け入れるフィリピン留学のホットスポットセブ島。

セブ島で出会うアジア人、欧米人、フィリピン人、そして日本人の魅力とは?

>>>コラムの続きを読む

よく読まれている留学体験記