Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

为什么要选斯巴达?选择斯巴达学校需要注意哪些方面?(在日中国人向け)

本资料是针对利用日本网站的中国国籍者准备。
如果希望了解更多中文资料,请访问Phil English中文网站 www.philenglish.cn

chonchon

中国武漢事務所 LOU CHENG

一、什么是斯巴达?
在众多菲律宾语言学校的介绍中,经常会看到斯巴达学校或者斯巴达课程,刚接触菲律宾游学的人通常都会产生疑问,究竟什么是斯巴达?
斯巴达,用我们比较熟悉的词语来解释就是:半军事化管理。顾名思义,斯巴达学校最突出的特点就是管理严格,如:平时不能外出校门、EOP(English Only Policy)制度、义务自习、迟到缺席惩罚制度等,且课时安排紧凑,每天学习时间长,一般至少在8个小时以上。所以,斯巴达课程的学员学习压力较大,但英语综合水平的提升效果也非常显著。

二、为什么要选择斯巴达?
斯巴达学校无一例外,都遵守着同一个原则,那就是“在有限的时间内,将学习效果最大化”,其管理制度、课程安排,也都紧紧围绕着这个主旨来制定。

1、高素质的师资队伍
无论是什么管理模式的学校,师资力量必定是第一要素,因为讲师的教学水平直接决定了学员的学习效果。斯巴达学校的讲师团队都比较稳定,而且教学经验丰富,在HELP Martin,约30%以上的讲师拥有8年以上的教学经验,半数以上的讲师任课时间超过5年,其中雅思课程的讲师需定期参加雅思官方考试,且分数不得低于7分。PINES对于新讲师的聘用,从简历筛选、面试、培训、考核、再到试讲、日常培训,前后耗时几个月,可见校方为了保证教学质量,对讲师的要求也丝毫没有放松。作为宿务老牌斯巴达学校,CPILS讲师的教学水平更是有口皆碑,从CPILS走出来的讲师,在其他学校也很受欢迎,甚至被委以教学重任。

2、平时禁止外出
为了让学员能够专注学习,保证适度紧绷的、良好的、持续的学习状态,斯巴达学校的学员平时不能外出校门,每天的授课结束之后,还需参加义务自习。即使周五、周末外出,也需遵守严格的门禁时间。这项规定也是斯巴达学校和其它学校的最大区别。部分学校也会组织一些英语相关的活动,让学员参加,调动学习英语的积极性。

3、授课内容全面
斯巴达学校安排的一对一授课和小组授课课时相对比较平均,主要包括语法、词汇、发音、会话、写作等内容,旨在全面地提升学员的综合英语水平。

4、日程安排紧凑
从每天的日程安排来看,斯巴达学校普遍从早晨7:30至夜间22:00,学员除了用餐时间,都是在学习当中,学习时间至少在8小时以上。除了常规的一对一授课、小组课、团体课以外,学校还充分利用早晚的学习时间,帮助学员记忆单词,消化当天所学内容。比如HELP Martin 的晨间阅读课,单词小测试;SMEAG Sparta的早晚斯巴达课;CG的单词测试和作文课,以及各斯巴达学校都严格规定的夜间义务自习。值得一提的是,在节奏较快、强度较大的学习安排下,自习的时间尤为重要,如果学员不能将当天所学知识有效地吸收和消化,那么再多的授课也是徒劳。

5、严格的EOP制度
斯巴达学校和其它学校的另一个显著区别就是:在校内,规定的时间及场所禁止使用母语,只能用英语交流。这项制度旨在为学员营造一个良好的英语会话环境。不同于以口语提升为主的学校,斯巴达学校的课程安排注重全面提升,所以除了正规授课时间,需要学员自觉地使用英语,进行口语锻炼。为了彻底地执行此项规定,学校采取了相应的强制措施,学员如被发现没有按照规定使用英语交流,会被罚以现金或自习等。其中规定最为严格的,当属CIJ Sparta校区,学员如果被发现没有说英语,会收到一张E-Ticket,上面写有学员姓名和犯规日期。另附一张贴在学校的公告栏上,不仅学员自己知道违规了,学校所有的人都会知道谁违规了多少次。第一次违规,会被罚一个小时的自习,在公告栏上显示为绿色标记;第二次违规罚一个小时自习,周末不能外出,在公告栏上显示为黄色标记;第三次罚一个小时自习,一周不能外出,在公告栏上显示为红色标记。超过三次会收到学校的 warning paper,4周之内收到超过3张warning paper,学员就将面临退学。

6、其他管理制度
部分斯巴达学校对学员的课堂出勤、测试成绩还制定了奖罚制度,例如CG,学校采用积分制管理,学员迟到、缺席等都会被扣罚积分;一周之内累计两次单词测试未通过,周五授课结束后也不能外出……

可以看出,斯巴达学校管理严格,课程安排紧凑,注重全面提升,学员在选择学校的时候,需要明确自身是否能够适应以上几个特点。

三、选择斯巴达学校的注意事项
因为斯巴达学校教学管理严格,教学水平高,学员水平提升快,所以一直备受日、韩学员的青睐。特别是准备出国留学,备考雅思托福的学员,和想在短期内尽快提高英文水平的人,都以斯巴达学校作为第一选择。当然,每个斯巴达学校也有各自的特点,教学侧重点不同,所以建议打算选择斯巴达学校的学员先进行详细咨询,根据自身情况制定最适合、最有效的学习方案。

以下是选择斯巴达学校的几个注意事项:

  1. 自身英语水平。大部分斯巴达学校适合初、中级英语水平的学员,通过词汇、语法、会话、发音等方面的学习,能够扎实英语基础,全面提升。当然如果是中高级学员,备考雅思、托福等考试课程,可以选择HELP Martin、PINES Chapis这样的中高级学员专门校区,既有严格的斯巴达管理,又能针对性地提升考试弱项。
  2. 学习时长。综合学校的管理风格和学员的提升幅度等因素,建议学员选择8-12周的斯巴达课程。因为如果时间较短,学员刚刚适应斯巴达学校的节奏就结束学习,无法实现有效地提升;但如果时间过长,毕竟斯巴达学校的管理严格,在长期紧绷枯燥的学习环境下,学员如果没有强烈的学习意愿、明确的学习目标以及对自身的严格要求,很容易产生厌学情绪,这样反倒违背了最初选择到菲律宾学英语的初衷。
  3. 学习目的。斯巴达学校的一对一授课和小组课的课时安排比较均衡,一对一授课虽然也可按照学员的意愿选择授课内容,但需要兼顾基础巩固和综合水平的提升。小组课的定员平均在5人左右。不太适合想要专门着重提升口语的学员。
  4. 是否能够接受斯巴达学校的管理风格。其实中国学生对斯巴达管理风格并不陌生,因为斯巴达学校与国内的寄宿制学校并无二致,而且我国初中、高中学校每天的学习安排比斯巴达学校有过之而无不及。所以,重点在于,成人学员经历了大学,工作了之后,是愿意继续选择强度较大、节奏较快的斯巴达学校,还是学习环境相对更轻松、自由的其他学校。

四、综合评价较好的斯巴达学校简要介绍
Cebu—CG
距市内约15分钟车程,远离尘嚣,安静闲适。校内建筑风格清新典雅,设施完善,堪称“现代度假村型的校园”。
CG是一所注重英语基础巩固,兼顾各方面综合提升的传统斯巴达学校。开设课程包括ESL(一般英语)、雅思、商务英语等。在管理上实行积分制,严格控制学员的迟到、缺勤等;教学上,在保证口语和写作课堂的前提下,学员可自行选择一对一授课内容,接受针对性地教学。
周一至周四,学员每天需进行20个生词,10个句子的记忆,一篇作文写作训练、2课时强制自习。一对一授课、小组授课、夜间小组授课、单词测试、再加上自习,每天共计12课时的学习时间。

Cebu—CPILS
立足宿务英语培训行业15年的老牌名校,通过长年的经营和教学,从创立起至今,已累计培训5万余学员。
CPILS长期保持10-15名外籍讲师,在宿务地区,拥有两位数以上外籍讲师的学校,只有CPILS。同时开设ESL、商务英语、雅思、托福、托业、TESOL等课程。其中雅思课程每天的正规授课加义务自习时间,共计11课时。
学校虽然是斯巴达学校,但是也有平时可外出的半斯巴达ESL课程供学员选择。学校被指定为托业官方考场,学员可在自己熟悉的环境中参加考试。学校距最近的购物商场5分钟车程。

Cebu—CPI
CPI位于市郊,距宿务市中心15分钟车程。教学、生活设施完善、高档,堪称菲同类学校最高水准。
虽建校时间不长,但绝大部分讲师来自PELIS、EV以及SMEAG SPARTA校区,是宿务地区著名的斯巴达式学校。开设课程包含ESL一般英语和雅思、托福等考试准备课程。在全面提升学员英语水平的同时,注重日常会话能力的培养。雅思、托福集中课程每天的共计10课时的学习时间。
平时不得外出,但并没有安排强制自习和过多的测试,课后学员可以相对自由地安排时间,选择参与免费特别课堂、体育运动和多种多样的文化交流活动。是菲律宾少有的偏向于轻松管理的斯巴达式学校。

Cebu—SMEAG Sparta
SMEAG Sparta校区位于宿务市中心,拥有在职多年、经验丰富的讲师队伍。
平时禁止外出,早晚的Sparta授课强制参与,彻底实行EOP制度,一般英语ESL课程的学员满意度较高。每天的学习量较其他学校更大,课时安排紧密(学习时间可达630分钟),学习氛围浓厚,能够保证学员能在短时间内高效率地提升英语。
校外宿舍有可与英语讲师共同起居的房间类型,能够保证24小时英语学习环境,且每天21:00起安排有‘teatime’时间,更有助于培养学员地道的英语口语表达。

Cebu—EV

EV Academy 位于宿务市中心,校内地势开阔,环境优雅。优质的讲师,完备的设施,属宿务地区最值得信赖的学校之一。

全体讲师参加ITAA(International TESOL Accreditation Authority)开办的TESOL课程并顺利结业。开设课程包括ESL、雅思、托福、商务英语等。从早点名到晚间强制自习,课时安排得很紧凑。正规授课8课时,常规授课前有单词记忆,课后有句子记忆。

校园内绿化较好,还有健身房、迷你电影院等设施,尊巴舞、瑜伽等课程也定期开设,学员即使平时不能外出,也不会感觉有太大压力。学校距最近的购物商场10分车程。

Baguio—MONOL

位于碧瑶市的MONOL是一所集教室、办公室、宿舍、食堂、后勤服务于一体化的学校,背倚山林,安静清幽。学校设施完备,自备发电机、净水器、ATM等,学员生活便利,餐食丰盛,WIFI条件较好,是碧瑶地区综合评价最高的学校之一。

开设课程包括ESL、雅思、商务英语等,雅思课程除了每天正规8课时授课外,还有早晚3节选修课,共计11课时的学习时间。MONOL注重巩固复习,督促学员在自习时间消化吸收当天的学习内容。此外,学校也重视学员的均衡发展,学员无论选择了ESL课程还是IELTS等考试课程,都需要努力平衡自身的弱项跟强项。

校内有健身房、瑜伽室、高尔夫练习场等,定期开办免费授课,学员在课余可以选择参加。

Baguio—HELP Martin

Martins校区位于高级住宅区内,治安良好。校内设施相对较为陈旧,但时刻维持着干净整洁的状态。

HELP Martins所开设教学课程、讲师评价等均享有较高评价。为了营造最好的学习氛围,校规较为严苛,讲师变更相对麻烦,但比起其他斯巴达式学校,一对一课时安排得更多。每天晨间阅读所有学员必须参加,单词测试、阅读测试、模拟测试等如缺席或不合格,会受到相应的处罚。

整个校园内周一至周五禁用母语,24小时彻底执行EOP制度,在菲同类学校当中做得最好的。Martins校区是碧瑶地区雅思官方考试指定考场,入学本校区须事先通过电话或在线面试。

Baguio—HELP LONGLONG

LongLong校区宽敞明亮,教学设施设备齐全,崭新的一对一透明玻璃教室,温馨的校园诊所,器材完备的健身房,颇有国内现代化大学的气质。而且学校位于距市中心较远的山上,视野开阔,风景宜人,是个寓学于景的好去处。

开设课程包括ESL,雅思、托福预读课程等,一对一授课和小组课外,还有晨间阅读课1课时;单词测试,包含50个新单词和50个之前学习过的单词,以录音方式提交;强制自习2课时。作为初、中级学员校区,通常以考试刺激鼓励学员学习,向中、高级学员专门校区Martin迈进。

Baguio—PINES Chapis

学校位于高级住宅区,治安良好,校内安排有几名安保人员,安全有保障。Chapis为新建校区,环境干净舒适,设施先进。

PINES共拥有290名高水平讲师,严格挑选了80名在Chapis任教。每天安排11课时的授课,并强制自习2小时。学校设有研究开发部门,长期致力于真题分析,学员测试结果分析,雅思托福考试信息搜集等。无论从教学课程、师资力量以及宿舍来看,都称得上菲律宾英语培训行业内最优秀的学校之一。

学员入读Chapis校区需通过电话面试,入学英语水平须达到中级或以上。校园内严格执行EOP制度,英语会话环境好。

Baguio—PINES Cooyeesan

PINES Cooyseesan校区分两个教学部:Refresher和Bridging。根据学员入学测试英语水平的不同,Refresher主要以Level 1-3的学员为主,Bridging则是Level4-5的学员。不同学习阶段的授课 地点、课程都有明显的区别,一定程度上给予了学员紧张感和学习动力。

开设课程包括ESL、雅思、托福预读课程等,每天的授课时间9-11课时,自习2小时。根据学员英语水平的变化,对入门到初级的学员,进行口语和听力授课;对初级到中级的学员,进行口语、听力、写作等授课。

学校租用的原酒店客房,房间宽敞。楼内有超市、健身房等,学员虽然平时不能外出,但是生活非常便利。

よく読まれている留学体験記

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析 こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。 フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。     1年3万人以上が英語留学に行くフィリピンですが、欧米への英語留学に比べるとまだそれほど知られていないのも事実。 「格安留学を調べていて、フィリピン英語留学を初めて知りました」、 「フィリピン英語留学に行ってきた友だちに聞いて初めてしりました」など、 フィリピンで英語留学をすることについてまだまだ違和感を感じる方々が多いようです。   一昔前は費用が高額、期間が長期、遠いなどの制約で誰にでもできるものではなかった『英語留学』。 そのの常識を覆したのがフィリピン英語留学です。しかし、フィリピン人英語講師、フィリピンという国の英語についてイメージがわかないかたも多いかと思います。   そこで今回はフィルイングリッシュのシニア留学カウンセラー梶野章より、フィリピンの英語、フィリピン人の英語はどうなのかというテーマでインタビューし、Q&A形式でまとめました。   留学カウンセラー梶野章の簡単紹介    フィルイングリッシュ統括責任者・共同代表。 東京都出身。アメリカミズーリ州セントラルメソジスト大学英文科卒。 英語留学カウンセラーとして過去4年間に2,200名のお客様を日本からフィリピン語学学校に送客。   Q:そもそも、何でフィリピンに英語留学にいくのですか? A:もちろん留学費用が安いというのもあります。別々の友人の娘さん3人が現在カナダの高校に通っていますが年間の費用は1名が900万円、もう1名が700万円、もう一名が600万円と聞きました。フィリピンですと200万円はかからないでしょう。それと飛行機の移動時間もフィリピンは4時間30分、欧米は12時間。移動するのも一苦労です。   ただ『留学費用が安い事』が一番の理由ではないと思います。 結果を出しているという事がすべてでしょう。フィリピン英語留学ですと12週間あれば英語初級者が日常生活で困らないほどの英会話力を、ほとんどの受講者が身に付ける事ができます。あちこちで披露されるフィリピン英語留学での成果と自慢話が人を呼び日本人のフィリピン留学生の数は2010年に年間4,000名から2015年にその約9倍にあたる35,000人にまで膨れ上がりました。      >>>フィリピン英語留学4週の費用まとめを見る   Q:フィリピン人はなぜ英語が話せるんですか? A:フィリピンは多言語民族です。フィリピン国内に172の言語が存在します。タガログ語をしゃべるマニラっ子とセブアナ語を話すセブっ子では言語が違うので意思疎通ができません。そこで共通語として英語が公用語となりました。   フィリピンでは幼稚園から大学まですべて英語の教科書が使われます。授業内では基本(幼稚園、小学校低学年を除く)オール英語で進行いたします。高校を卒業したものであれば基本日常生活で英語のコミュニケーションには困らなくなります。   △フィリピン、バギオ地域の幼稚園。英語科目ではない授業でも英語で行われる。   Q:フィリピン英語留学で英語はホントに伸びますか? A:欧米諸国にもフィリピン同様様々な英語学校があります。ですがフィリピンにあって欧米諸国にないものが二つあります。手頃な価格で集中的に受講できる『マンツーマン授業システム』とカリキュラム通りに学生のレベルが上がるかどうかをチェックする『管理システム』です。   △フィリピン人講師とのマンツーマン授業の様子。セブ島セブブルーオーシャン校   人間それぞれ適正がありますのでその人にあったオーダーメイドの授業内容を1対1で進行させていく指導方法は極めて有効です。学生は受身で聞き流すだけの姿勢が許されないシステムに組み込まれます。   もう一つは学校が一つになって学生の英語レベル進化を確認相談しながら前に進むシステム。毎週のミニテスト、月間のレベルテスト、毎授業毎の宿題など先生はすべてチェックし、進歩が遅れている学生に対しては手段をこうじます。放課後が自由放任主義の欧米学校よりもはるかにきつい規律と規則とノルマと罰則が存在するという事です。   アメリカでは語学学校に1~2年滞在しているにも関わらず英単語を一つ二つ発してなんとかコミュニケーションするレベルの日本人がゴロゴロいます。実際に見ました。フィリピン留学生では希少価値の存在です。   Q:フィリピン英語留学でどんな事が学べますか? A:フィリピン英語教育で強い部分は二つ。 『英語の基礎固め』と『英語試験対策』。   フィリピンで12週勉強すれば日常英会話力がつくという話はだいぶ知れ渡ってきましたが、コミュニケーション力だけにとどまりません。12週間まじめに勉強すれば英語の基礎がしっかり備わるという付加価値がついてきますのでどの英語検定試験にも突入できる英語基盤が出来上がります。   英語の基礎がある人間がフィリピンの英語検定が強い語学学校で学べば、4週平均でTOEICは70~100点、TOEFL10~13点、IELTS(初期段階)0.5点のペースで上がって行きます。 […]

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由 フィリピン留学最安値、しかし費用だけじゃないイロイロ留学の魅力   フィリピン留学の隠れスポットイロイロ留学。イロイロ留学のほとんどの語学学校は日本でマーケティングをせず、口コミだけで日本人留学生を受け入れてきました。日本事務所や日本語パンフレット、ウェブサイトもない語学学校がほとんどです。それでもイロイロを経験した日本人留学生からの口コミが広がり、日本人留学生が70%以上に達したこともあります。   最近はイロイロ留学も、より多くの日本人にイロイロ留学の魅力を伝えるため語学学校のブサイトやブログ、パンフレットなど情報配信をしているところもあります。日本人留学生をサポートするスタッフを配置する、辛いもの中心の献立を一新するなど留学環境の整備もどんどん良くなっています。   そんなイロイロ留学。『これが決め手だった!』という卒業生たち声をフィルイングリッシュスタッフがまとめました。   検証済み!イロイロ留学がおすすめの5つの理由 学費が安い 物価が安い レベルの高いフィリピン人英語講師 レベルの高いフィリピン人講師陣! アットホームな留学環境     1.学費が安い もともとフィリピン留学は格安の費用とマンツーマン授業で英語力を伸ばすものとして人気になりました。しかし、フィリピンの中でも地域による費用の違いはあります。それは、利便性が良く土地、地域の物価にもよるものです。   例えば、フィリピン留学で一番人気のセブ島留学の平均学費が1ヵ月(4週)で約14~16万に比べ、イロイロ留学の平均学費は約10~12万円と割安。語学学校によっては4週10万以下で留学可能な超格安の留学先もあります。特にフィリピン留学最廉価の1つWe Academy校に関しては、4週10万以下で留学できるコースがある上に、講師の質が高いと評判です。 >>>イロイロ留学人気校We Academyの詳細はこちら     2.物価が安い   イロイロはフィリピンの地方都市です。ちなみにフィリピン国内で大きい順でいうと首都のマニラ、その次が一番人気の留学先セブ島、そしてミンダナオ島にあるダバオです。中小規模の地方都市イロイロは大都市と比較すると約2~3割ほど物価が安い。   生活物価が安いのは留学生にもお得。留学先で出会った友人や講師と外食した時にかかる食事代は高くとも一人でだいたい150~250ペソ(約320~550円)ほどです。なんと、お酒代なども含めてです。留学生が留学中に1度以上は行くフィリピンのマッサージショップでの費用は1時間約200ペソ(約420円)で受ける事が出来ます。   ※イロイロでも和食レストラン、韓国レストランなどはローカルの物価より高いです。   3.レベルの高いフィリピン人講師陣   イロイロの各語学学校の大きい自慢の1つは、レベルの高い講師陣。1つの語学学校に在籍年数3年以上の講師も珍しくありません。学園都市として認知度が高いイロイロでは、他地域と比べ語学学校側が特別な事をしなくとも高レベルの講師が勝手に集まってきます。そして、イロイロ地域の語学学校は規模が小さい分、講師達への管理がしっかりと行き届いています。そのような理由で長い間1つの学校に滞在し続けるベテラン講師が多いのです。   4.アットホームな留学環境   フィリピンだけではありませんが、地方都市は大都市と比べ地元の人がフレンドリーで学校施設はアットホームなところが多い傾向にあります。イロイロ地域もフィリピンの大都市とは異なり、アットホームな語学学校が多い。語学学校スタッフ、セキュリティガード、講師陣まで全員が暖かく学生のケアを行うのが当たり前の雰囲気のところばかりです。週末には講師と生徒みんなが一緒になって外出する事も珍しくないです。留学生活で授業の中ではもちろんフィリピン人講師と人間的に仲良くなる留学生がほとんどというのもイロイロ留学の特徴です。   5.留学生の希望に合わせるカスタマイズ式   語学学校が一人ひとりの留学生の希望に合わせてカリキュラムを組むことは容易ではありません。特に規模が大きい語学学校、スパルタ式の語学学校はその傾向が強く、語学学校独自のカリキュラムに沿って英語学習をしていくことになります。   フィリピン留学はマンツーマン授業が中心ということもあり、他の国に比べるとカスタマイズ式カリキュラムを提供する語学学校が非常に多いです。特にイロイロ留学の多くの語学学校では、学生から授業に対しての要望に可能な限り対応します。例えば、通常のESLコース(一般英会話)を学びながらも1~2コマはTOEIC科目を受講したい、ビジネス英語を学びたいなどの要望も受け入れてくれます。全ての授業をスピーキングにしたいなどのワガママも叶える事が出来るのがイロイロ留学の魅力です。   ※コース混合の割合、対応可能科目は語学学校によって異なります。詳細は担当カウンセラーまでお問い合わせ下さい。 >>>イロイロ留学のおすすめ語学学校一覧に戻る   おすすめの留学コンテンツ セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る […]

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由   フィリピン留学といえばセブ島留学が有名ですが、実はじわじわ人気上昇中のバギオ留学。 フィリピン留学を知ったばかりの人にとっては、バギオ留学が何のことかよくわからないのではないでしょうか。 バギオはフィリピンの地域名のことで、フィリピン留学業界では、フィリピンの各地域で留学することをそのまま〇〇留学と呼ぶ傾向にあり、セブ島留学、バギオ留学、クラーク留学、その他バコロド留学、ダバオ留学の順番に人気があります。 特にセブ島留学とバギオ留学は、フィリピン留学業界ではライバルといっても過言ではないくらいの人気を争っています。   「なぜセブ島留学ではなく、わざわざバギオ留学に行くの?」   そんな風に疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 フィリピン留学のエージェントに相談すると、“結果にコミットする”ならバギオ留学に行きなさいと言われます。   “結果にコミットするバギオ留学!?”   どこかで聞いたことのあるフレーズですね。笑 今回は、その謎と人気の秘訣を探るべく、バギオ留学のメリットとデメリットを明らかにし、バギオ留学とセブ島留学の違いをまとめてみました。   バギオ留学≠スパルタ留学 バギオ留学は朝から晩まで勉強漬けのスパルタ留学、英語試験のハイスコアをとろうする本気でガリ勉の人しか集まらないんじゃ・・・ちょっと怖い・・・と思われている人もいると思いますが、実は意外なことにバギオ留学=スパルタ留学ではないんです。バギオにも平日外出が可能な留学生の自主性を尊重するセミスパルタタイプの語学学校は存在します。   それ以外にも、英語初心者だから英語勉強の日本語サポートがほしい、ワーホリ対策コースでしっかりと準備してオーストラリアで働きたい、ネイティブ講師の英語に触れたいなど、さまざまなニーズに合ったコースを運営して、且つスパルタタイプではない語学学校もあります。   バギオ留学が激アツな8つの理由 なぜ今バギオ留学が注目を浴びているのでしょうか。その理由8つを下にまとめました。 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結 娯楽、遊ぶ場所が少ない=誘惑がない 真剣な留学生が多い 真剣で、レベルの高い英語講師 涼しい気候でのフィリピン留学 治安が抜群に良い 留学費用が安い 物価が安い   1. 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結   もともとバギオはフィリピンの中でも有名大学が多く集まる学園都市として有名でした。そこに作られたのが、韓国人の親が子供を勉強するためだけに送り込む語学学校です。韓国の教育熱心な文化から出来たスパルタ語学学校が、「一定の期間で必ず英語力を上達させる、成果を出させる」という実績から他国の留学生にも受け入れられ、今日に至りました。   また、バギオにはスパルタ語学学校だけでなく、IELTS、TOEIC、TOEFLの試験対策に特化した語学学校も多数存在しています。試験対策に特化したコースは、一般的に専門性の高い知識や指導法が必要であり、全ての語学学校で運営出来るわけではありません。しかし、バギオは教育水準が高く優秀な人材が多いことから、そういった試験対策コースを運営できる語学学校が多いのです。   バギオ地域のスパルタ学校では朝6時30分から7時に正規授業が開始されます。一部は選択制、学校によっては義務参加となっており、出欠管理も徹底しています。正規授業はだいたい17時~18時に終わり、夕食後にはその日学んだことを復習するための自習時間があります。自習時間も出欠チェックをしている語学学校が多く、その日の授業で学んだことの復習を怠ることなく見直す勉強の習慣をつけることができます。 このように朝から晩までの学習スケジュール、自習時間が設定されているので時間を無駄にしたり遠回りすることなく、まっすぐレベルアップに向けて学習することができます。 ■ バギオ留学 スパルタ留学おすすめ校 ■ バギオ留学 テスト対策・ビジネス英語おすすめ校 ■ バギオ留学 中級レベル以上専門校   2.遊ぶ場所が少ない=誘惑が少ない   フィリピン留学に限ったことではないのですが、留学で失敗する留学生の特徴は、日本と違う環境で開放的になり、遊びに走ってしまうことです。 […]