Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

为什么要选斯巴达?选择斯巴达学校需要注意哪些方面?(在日中国人向け)

本资料是针对利用日本网站的中国国籍者准备。
如果希望了解更多中文资料,请访问Phil English中文网站 www.philenglish.cn

chonchon

中国武漢事務所 LOU CHENG

一、什么是斯巴达?
在众多菲律宾语言学校的介绍中,经常会看到斯巴达学校或者斯巴达课程,刚接触菲律宾游学的人通常都会产生疑问,究竟什么是斯巴达?
斯巴达,用我们比较熟悉的词语来解释就是:半军事化管理。顾名思义,斯巴达学校最突出的特点就是管理严格,如:平时不能外出校门、EOP(English Only Policy)制度、义务自习、迟到缺席惩罚制度等,且课时安排紧凑,每天学习时间长,一般至少在8个小时以上。所以,斯巴达课程的学员学习压力较大,但英语综合水平的提升效果也非常显著。

二、为什么要选择斯巴达?
斯巴达学校无一例外,都遵守着同一个原则,那就是“在有限的时间内,将学习效果最大化”,其管理制度、课程安排,也都紧紧围绕着这个主旨来制定。

1、高素质的师资队伍
无论是什么管理模式的学校,师资力量必定是第一要素,因为讲师的教学水平直接决定了学员的学习效果。斯巴达学校的讲师团队都比较稳定,而且教学经验丰富,在HELP Martin,约30%以上的讲师拥有8年以上的教学经验,半数以上的讲师任课时间超过5年,其中雅思课程的讲师需定期参加雅思官方考试,且分数不得低于7分。PINES对于新讲师的聘用,从简历筛选、面试、培训、考核、再到试讲、日常培训,前后耗时几个月,可见校方为了保证教学质量,对讲师的要求也丝毫没有放松。作为宿务老牌斯巴达学校,CPILS讲师的教学水平更是有口皆碑,从CPILS走出来的讲师,在其他学校也很受欢迎,甚至被委以教学重任。

2、平时禁止外出
为了让学员能够专注学习,保证适度紧绷的、良好的、持续的学习状态,斯巴达学校的学员平时不能外出校门,每天的授课结束之后,还需参加义务自习。即使周五、周末外出,也需遵守严格的门禁时间。这项规定也是斯巴达学校和其它学校的最大区别。部分学校也会组织一些英语相关的活动,让学员参加,调动学习英语的积极性。

3、授课内容全面
斯巴达学校安排的一对一授课和小组授课课时相对比较平均,主要包括语法、词汇、发音、会话、写作等内容,旨在全面地提升学员的综合英语水平。

4、日程安排紧凑
从每天的日程安排来看,斯巴达学校普遍从早晨7:30至夜间22:00,学员除了用餐时间,都是在学习当中,学习时间至少在8小时以上。除了常规的一对一授课、小组课、团体课以外,学校还充分利用早晚的学习时间,帮助学员记忆单词,消化当天所学内容。比如HELP Martin 的晨间阅读课,单词小测试;SMEAG Sparta的早晚斯巴达课;CG的单词测试和作文课,以及各斯巴达学校都严格规定的夜间义务自习。值得一提的是,在节奏较快、强度较大的学习安排下,自习的时间尤为重要,如果学员不能将当天所学知识有效地吸收和消化,那么再多的授课也是徒劳。

5、严格的EOP制度
斯巴达学校和其它学校的另一个显著区别就是:在校内,规定的时间及场所禁止使用母语,只能用英语交流。这项制度旨在为学员营造一个良好的英语会话环境。不同于以口语提升为主的学校,斯巴达学校的课程安排注重全面提升,所以除了正规授课时间,需要学员自觉地使用英语,进行口语锻炼。为了彻底地执行此项规定,学校采取了相应的强制措施,学员如被发现没有按照规定使用英语交流,会被罚以现金或自习等。其中规定最为严格的,当属CIJ Sparta校区,学员如果被发现没有说英语,会收到一张E-Ticket,上面写有学员姓名和犯规日期。另附一张贴在学校的公告栏上,不仅学员自己知道违规了,学校所有的人都会知道谁违规了多少次。第一次违规,会被罚一个小时的自习,在公告栏上显示为绿色标记;第二次违规罚一个小时自习,周末不能外出,在公告栏上显示为黄色标记;第三次罚一个小时自习,一周不能外出,在公告栏上显示为红色标记。超过三次会收到学校的 warning paper,4周之内收到超过3张warning paper,学员就将面临退学。

6、其他管理制度
部分斯巴达学校对学员的课堂出勤、测试成绩还制定了奖罚制度,例如CG,学校采用积分制管理,学员迟到、缺席等都会被扣罚积分;一周之内累计两次单词测试未通过,周五授课结束后也不能外出……

可以看出,斯巴达学校管理严格,课程安排紧凑,注重全面提升,学员在选择学校的时候,需要明确自身是否能够适应以上几个特点。

三、选择斯巴达学校的注意事项
因为斯巴达学校教学管理严格,教学水平高,学员水平提升快,所以一直备受日、韩学员的青睐。特别是准备出国留学,备考雅思托福的学员,和想在短期内尽快提高英文水平的人,都以斯巴达学校作为第一选择。当然,每个斯巴达学校也有各自的特点,教学侧重点不同,所以建议打算选择斯巴达学校的学员先进行详细咨询,根据自身情况制定最适合、最有效的学习方案。

以下是选择斯巴达学校的几个注意事项:

  1. 自身英语水平。大部分斯巴达学校适合初、中级英语水平的学员,通过词汇、语法、会话、发音等方面的学习,能够扎实英语基础,全面提升。当然如果是中高级学员,备考雅思、托福等考试课程,可以选择HELP Martin、PINES Chapis这样的中高级学员专门校区,既有严格的斯巴达管理,又能针对性地提升考试弱项。
  2. 学习时长。综合学校的管理风格和学员的提升幅度等因素,建议学员选择8-12周的斯巴达课程。因为如果时间较短,学员刚刚适应斯巴达学校的节奏就结束学习,无法实现有效地提升;但如果时间过长,毕竟斯巴达学校的管理严格,在长期紧绷枯燥的学习环境下,学员如果没有强烈的学习意愿、明确的学习目标以及对自身的严格要求,很容易产生厌学情绪,这样反倒违背了最初选择到菲律宾学英语的初衷。
  3. 学习目的。斯巴达学校的一对一授课和小组课的课时安排比较均衡,一对一授课虽然也可按照学员的意愿选择授课内容,但需要兼顾基础巩固和综合水平的提升。小组课的定员平均在5人左右。不太适合想要专门着重提升口语的学员。
  4. 是否能够接受斯巴达学校的管理风格。其实中国学生对斯巴达管理风格并不陌生,因为斯巴达学校与国内的寄宿制学校并无二致,而且我国初中、高中学校每天的学习安排比斯巴达学校有过之而无不及。所以,重点在于,成人学员经历了大学,工作了之后,是愿意继续选择强度较大、节奏较快的斯巴达学校,还是学习环境相对更轻松、自由的其他学校。

四、综合评价较好的斯巴达学校简要介绍
Cebu—CG
距市内约15分钟车程,远离尘嚣,安静闲适。校内建筑风格清新典雅,设施完善,堪称“现代度假村型的校园”。
CG是一所注重英语基础巩固,兼顾各方面综合提升的传统斯巴达学校。开设课程包括ESL(一般英语)、雅思、商务英语等。在管理上实行积分制,严格控制学员的迟到、缺勤等;教学上,在保证口语和写作课堂的前提下,学员可自行选择一对一授课内容,接受针对性地教学。
周一至周四,学员每天需进行20个生词,10个句子的记忆,一篇作文写作训练、2课时强制自习。一对一授课、小组授课、夜间小组授课、单词测试、再加上自习,每天共计12课时的学习时间。

Cebu—CPILS
立足宿务英语培训行业15年的老牌名校,通过长年的经营和教学,从创立起至今,已累计培训5万余学员。
CPILS长期保持10-15名外籍讲师,在宿务地区,拥有两位数以上外籍讲师的学校,只有CPILS。同时开设ESL、商务英语、雅思、托福、托业、TESOL等课程。其中雅思课程每天的正规授课加义务自习时间,共计11课时。
学校虽然是斯巴达学校,但是也有平时可外出的半斯巴达ESL课程供学员选择。学校被指定为托业官方考场,学员可在自己熟悉的环境中参加考试。学校距最近的购物商场5分钟车程。

Cebu—CPI
CPI位于市郊,距宿务市中心15分钟车程。教学、生活设施完善、高档,堪称菲同类学校最高水准。
虽建校时间不长,但绝大部分讲师来自PELIS、EV以及SMEAG SPARTA校区,是宿务地区著名的斯巴达式学校。开设课程包含ESL一般英语和雅思、托福等考试准备课程。在全面提升学员英语水平的同时,注重日常会话能力的培养。雅思、托福集中课程每天的共计10课时的学习时间。
平时不得外出,但并没有安排强制自习和过多的测试,课后学员可以相对自由地安排时间,选择参与免费特别课堂、体育运动和多种多样的文化交流活动。是菲律宾少有的偏向于轻松管理的斯巴达式学校。

Cebu—SMEAG Sparta
SMEAG Sparta校区位于宿务市中心,拥有在职多年、经验丰富的讲师队伍。
平时禁止外出,早晚的Sparta授课强制参与,彻底实行EOP制度,一般英语ESL课程的学员满意度较高。每天的学习量较其他学校更大,课时安排紧密(学习时间可达630分钟),学习氛围浓厚,能够保证学员能在短时间内高效率地提升英语。
校外宿舍有可与英语讲师共同起居的房间类型,能够保证24小时英语学习环境,且每天21:00起安排有‘teatime’时间,更有助于培养学员地道的英语口语表达。

Cebu—EV

EV Academy 位于宿务市中心,校内地势开阔,环境优雅。优质的讲师,完备的设施,属宿务地区最值得信赖的学校之一。

全体讲师参加ITAA(International TESOL Accreditation Authority)开办的TESOL课程并顺利结业。开设课程包括ESL、雅思、托福、商务英语等。从早点名到晚间强制自习,课时安排得很紧凑。正规授课8课时,常规授课前有单词记忆,课后有句子记忆。

校园内绿化较好,还有健身房、迷你电影院等设施,尊巴舞、瑜伽等课程也定期开设,学员即使平时不能外出,也不会感觉有太大压力。学校距最近的购物商场10分车程。

Baguio—MONOL

位于碧瑶市的MONOL是一所集教室、办公室、宿舍、食堂、后勤服务于一体化的学校,背倚山林,安静清幽。学校设施完备,自备发电机、净水器、ATM等,学员生活便利,餐食丰盛,WIFI条件较好,是碧瑶地区综合评价最高的学校之一。

开设课程包括ESL、雅思、商务英语等,雅思课程除了每天正规8课时授课外,还有早晚3节选修课,共计11课时的学习时间。MONOL注重巩固复习,督促学员在自习时间消化吸收当天的学习内容。此外,学校也重视学员的均衡发展,学员无论选择了ESL课程还是IELTS等考试课程,都需要努力平衡自身的弱项跟强项。

校内有健身房、瑜伽室、高尔夫练习场等,定期开办免费授课,学员在课余可以选择参加。

Baguio—HELP Martin

Martins校区位于高级住宅区内,治安良好。校内设施相对较为陈旧,但时刻维持着干净整洁的状态。

HELP Martins所开设教学课程、讲师评价等均享有较高评价。为了营造最好的学习氛围,校规较为严苛,讲师变更相对麻烦,但比起其他斯巴达式学校,一对一课时安排得更多。每天晨间阅读所有学员必须参加,单词测试、阅读测试、模拟测试等如缺席或不合格,会受到相应的处罚。

整个校园内周一至周五禁用母语,24小时彻底执行EOP制度,在菲同类学校当中做得最好的。Martins校区是碧瑶地区雅思官方考试指定考场,入学本校区须事先通过电话或在线面试。

Baguio—HELP LONGLONG

LongLong校区宽敞明亮,教学设施设备齐全,崭新的一对一透明玻璃教室,温馨的校园诊所,器材完备的健身房,颇有国内现代化大学的气质。而且学校位于距市中心较远的山上,视野开阔,风景宜人,是个寓学于景的好去处。

开设课程包括ESL,雅思、托福预读课程等,一对一授课和小组课外,还有晨间阅读课1课时;单词测试,包含50个新单词和50个之前学习过的单词,以录音方式提交;强制自习2课时。作为初、中级学员校区,通常以考试刺激鼓励学员学习,向中、高级学员专门校区Martin迈进。

Baguio—PINES Chapis

学校位于高级住宅区,治安良好,校内安排有几名安保人员,安全有保障。Chapis为新建校区,环境干净舒适,设施先进。

PINES共拥有290名高水平讲师,严格挑选了80名在Chapis任教。每天安排11课时的授课,并强制自习2小时。学校设有研究开发部门,长期致力于真题分析,学员测试结果分析,雅思托福考试信息搜集等。无论从教学课程、师资力量以及宿舍来看,都称得上菲律宾英语培训行业内最优秀的学校之一。

学员入读Chapis校区需通过电话面试,入学英语水平须达到中级或以上。校园内严格执行EOP制度,英语会话环境好。

Baguio—PINES Cooyeesan

PINES Cooyseesan校区分两个教学部:Refresher和Bridging。根据学员入学测试英语水平的不同,Refresher主要以Level 1-3的学员为主,Bridging则是Level4-5的学员。不同学习阶段的授课 地点、课程都有明显的区别,一定程度上给予了学员紧张感和学习动力。

开设课程包括ESL、雅思、托福预读课程等,每天的授课时间9-11课时,自习2小时。根据学员英语水平的变化,对入门到初级的学员,进行口语和听力授课;对初级到中级的学员,进行口语、听力、写作等授课。

学校租用的原酒店客房,房间宽敞。楼内有超市、健身房等,学员虽然平时不能外出,但是生活非常便利。

よく読まれている留学体験記

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点 ◆スパルタタイプとセミスパルタタイプ フィリピンの英語学校は大きく2つの種類に分けることが出来ます。 スパルタタイプの英語学校とセミスパルタタイプの英語学校です。 ともにスパルタという言葉が含まれており、両タイプとも何かしら厳しい環境で英語留学をするというイメージを持たれる方がいますが、この2つのタイプの特徴は全く異なっています。この2つのタイプの特徴を表にまとめてみました。 タイプ別の特徴 ■スパルタタイプ ■セミスパルタタイプ ・平日外出禁止 ・平日外出可能 ・放課後の強制自習 ・放課後は自由時間 ・学校の規則に管理される 学生の自主性を重んじる 表のように、スパルタタイプの英語学校は規則で学生を管理し、だれもが着実に英語力をつけることが出来るカリキュラムを運営し、セミスパルタタイプの英語学校は学生の自主性を重んじることで、学生の自身のペースで英語学習を進めていけるカリキュラムを運営しています。 セミスパルタタイプの英語学校の中には、参加義務のある放課後の授業を運営しているものもありますが、一般的に平日の外出ができるか否かによってスパルタタイプかセミスパルタタイプかに分類されます。 以上の点から、スパルタタイプの学校の方が英語力を伸ばすことが出来る、と感じる方がいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。これらのタイプは「勉強のスタイル」と言い換えることもできます。 どのように勉強をすればいいかわからない方は、スパルタタイプの英語学校でどのように英語を勉強していきながら良いか常にアドバイスを受けながら英語学習を進めることが出来ます。反対に、自分の学習スタイルをすでにお持ちで自由に英語学習を進めていきたいという方はセミスパルタタイプの英語学校の方が合っていると言えます。自身に合っているスタイルの学校を見つけることが出来れば、英語力を伸ばすことは難しくないでしょう。 今回は、スパルタタイプの学校にフォーカスを当てていきたいと思います。 ◆スパルタタイプのメリット 学校に生活の管理をされるスパルタタイプでは、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ①留学を失敗させる可能性が低い 平日は放課後の外出が制限され、正規授業以外にも出席義務のある授業が多いので、英語学習以外にすることがありません。否が応でも英語学習をしなければいけない環境に置かれるのです。期間中は脇目も振らず英語学習に集中することが出来ます。大変ですが、苦悩の後に結果はついてくるものです。 ②自分で学習プランを立てなくても良い 英語学習をしたいけれどどのようにすればいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。スパルタタイプの英語学校では放課後の授業に、昼間の授業の復習、次の日の授業の予習などでやることがたくさんあります。目の前にあることをやり通せばよいので、学習プランを立てるのが苦手な方でも悩む必要はありません。 以上のように、スパルタタイプの英語学校では詰め込み式で英語を身につけていきます。この方法は特に英語初心者の方に向いてる学習方法です。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングに語彙や文法を総合的に学べるので、英語初心者の方が8~12週間スパルタタイプの英語学校に留学をすれば、英語中級者ほどの英語力を身につけることが出来ると言われています。 では、スパルタタイプの英語学校を選ぶ際の気を付けなければならないことを確認しましょう。 ◆スパルタタイプの留意点 ①自分の勉強スタイルが決まっている方には向かない 学校から生活を管理されるので、自分のペースで英語学習をされたい方にはスパルタタイプは向いていません。 ②英語中級者以上の方には合わないことが多い 英語の基礎を徹底的に固めるスパルタタイプは、特に英語中級者以上でスピーキング中心のプログラムを希望される方には向いていません。ただし、バギオの英語学校などには英語上級者向けスパルタタイプの英語学校もあります。 ③留学期間は最大16週間まで 学習強度の高いスパルタタイプですが、ストレス強度も高いと言えます。スパルタスタイルの学習を続けるには16週間が限度と言われています。それ以上留学をされたい方は、留学の途中でコースや英語学校を変えることでセミスパルタタイプの学習スタイルに変更することをおすすめします。 一見、とても大変そうですが、その分、身に着くことも多いのがスパルタタイプです。自分の目的や英語力、性格なども鑑みて、自分にぴったりの英語学校を見つけましょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するための準備 スパルタタイプの学校に行くことを決めた英語初心者の方は、ぜひ留学前から英語学習の準備をしておくことをおすすめします。時間に追われることが多いスパルタタイプの学習スタイルでは、授業をしっかりと理解することが留学成功の秘訣となります。では、英語初心者が留学を成功させるためにどのような準備をすればいいのでしょうか。 ①中学英語レベルの英単語を覚える 大学生の方なら中学生時代に使っていた単語帳をはじめから覚えておきましょう。社会人や英単語帳を新しく購入しようと考えている方は、書店で英単語長をパラパラとめくってみて、3割ほど自分の知っている単語が載っているものをおすすめします。すべて知らない単語ばかりだと勉強するのが嫌になりやすいですが、知っている単語があると、続けていくモチベーションも維持できます。 ②中学英語レベルの英文法を覚える こちらも大学生なら昔使っていた文法書をやり直しましょう。大体覚えていれば問題ありません。社会人や新しく購入される方は、中学時代使っていたのと同じものか、やりなし英文法のようなものでも良いでしょう。何が良いかわからない場合は直感で決めてしまっても構いません。 フィリピンへ英語留学をして一番多く聞く失敗談は、「英単語や基本的な英文法をちゃんと覚えてくればよかった」です。もちろんわからないことがあれば先生たちは丁寧に指導してくれます。しかし、基礎単語や基礎文法など自分でもできることに留学の貴重な時間を使うのはもったいないです。留学をする前からできることを少しずつ続けることで、意義のある留学にすることが出来るでしょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するときの持ち物 ・使い慣れた英文法書一冊 英語留学前の事前学習で使っていたもので構いません。日本語で解説が記載されている英文法書を一冊お持ちください。留学後に配られるテキストはすべて英語です。英語だけの説明だとどうしても理解できない部分が出てきます。そんなときは日本語で解説を読みしっかりと理解しておきましょう。最初は無理をせず確実に英語力を身につけていくのが肝心です。 ・電子辞書 最近ではスマートフォンに内蔵されている辞書を使用されている方も多いですが、その場合はインターネット環境が無くても使用できるものをおすすめします。フィリピンでは日本ほどにインターネット環境は整っていませんし、教室ではインターネットが使えない英語学校も多くあります。オフラインでも使えるものを用意しましょう。 最後に、特に評価の高いスパルタスタイルの英語学校を紹介したいと思います。 ◆スパルタタイプの英語学校 【セブ地域】 ◆CG セブの中心地から少し離れたところに位置するスパルタスタイルの英語学校。 毎日の単語と文章テストで英語の基礎をたたき込みます。 朝から晩までのみっちりスケジュールにも関わらず学生たちの笑顔が絶えない雰囲気の良いアットホームな英語学校です。 ◆CPILS […]

セブ留学とバギオ留学

『セブ留学とバギオ留学   留学カウンセラーの後藤です。   フィリピン留学を検討されている方からよく聞かれる質問の中に、どの地域を選べばいいですか?というものがあります。 フィリピンの中で最も知名度が高い地域はアジアを代表するリゾート地、セブ。同じく語学学校の数も最も多い地域です。その次に学校が多いのはバギオ。日本での知名度は低いですが、フィリピンでは有名な観光地です。スパルタタイプの学校発祥の土地でもある為、歴史深いスパルタ校が数多くある学園都市でもあるんです。 大体の情報はネットに載っているけど、どちらの地域を選んだらいいか分からないという方に、今回は「セブ留学」と「バギオ留学」の特徴と違いについてまとめてみました。気候や周りの環境以外にも細かい違いがこの二つの地域にはあります。セブかバギオで地域を迷われている方の参考になればいいと思います。   ①大きな特徴 セブ バギオ アジア有数のリゾート地でありフィリピン第二の大都市。 セブ島:活気あふれセブの経済中心地。交通量が多くレストランやショッピングモールが立ち並び利便性が高い。 マクタン島:リゾートが立ち並ぶのんびりとした雰囲気。人口・交通量も比較的少ないため、リラックスできる環境あり。   地域 マニラからバスで6-7時間北上した場所にある、山に囲まれた高山都市。(バスの種類によっては約4時間ほどで移動可能。)平均気温が低い為、避暑地や観光地としてフィリピン国内では知名度が高い。 大学が多くある教育都市であるため、レベルの高い講師を採用しやすい背景もあり、講師の平均的な質が高い地域でもある。   亜熱帯気候に属し、1年を通して日本の真夏に近い暑い気温が続く。年平均気温は26~27℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 気候 標高1500mの高さにあるため、1年を通して日本の初秋のような涼しく過ごしやすい天候が続く。年平均気温は17~19℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 観光地であるため治安はかなり安定。外国人や観光客を狙ったスリ等には要注意。 治安 人口の半分が学生である教育都市でもあり、カジノや大きな歓楽街がなく治安は安定。 ・海や外出先で楽しめる環境が揃っている ・日本から直行便が出ている メリット ・勉強にしっかりと集中できる ・涼しく過ごしやすい気候 ・物価が少し高い ・娯楽や誘惑が多い デメリット ・市内に娯楽が少ない ・マニラからの長時間移動が必要(約6-7時間) 英語学習だけでなく、海外での生活も満喫したい人。自分自身をしっかりとコントロールできる人。海やシティが好きな人。 向いてるタイプ 勉強だけに集中したい人。暑いのが苦手な人。自然や田舎が好きな人。 ②留学生活 セブ バギオ 平日外出可能/平日外出禁止の学校どちらもあり。 校風 平日外出禁止の学校がメイン。 ・校内で勉強・運動 ・レストラン・カフェで気分転換 平日 校内で勉強・運動 大型ショッピングモールで買い物、ビーチリゾートでアイランドホッピング等。   週末 自然公園や隠れ家カフェ・レストランでリラックス。   ボホール島・ジンベエザメツアー等1日で行ける観光スポットあり。   […]

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』 言語の上達は、「楽器」と「スポーツ」のやり方と同様と考えます。方法は2つ、「ルール」を覚えてひたすら「練習」することに限ります。これを持続するためには、何かの「動機」が必要となります。動機とは大げさなことではなく、単純に「外人と喋りたい」、「旅をもっと楽しみたい」など、どのようなものでも構いません。もちろんTOEIC・IELTSスコアやビジネス英語力を身につけたいなど、はっきりした目標があった方が比較的上達スピードは速いですが、漠然で純粋な趣味レベルの動機が必要性を超えるケースも多くあります。  <カウンセラー佐藤> こんにちは。フィルイングリッシュ東京所属の佐藤です。 これまで合計9年ほど言語教育に携わり、様々なレベル、様々な目的を持つ言語学習者に出会えて来ました。現在も弊社東京事務所にて月70名ほど、様々な目的を持った方々の留学プラン作りをサポートしております。ほとんどの英語初心者の方は、「何を、どこから」スタートすれば良いかが分からないです。何となく始めても「持続的に」やっていけば英語力は伸びますが、持久力に限界があります。強制されなくても続けられることは、好きで、楽しい事ですよね。英語は教わるものでも勉強するものでもなく、コミュニケーションを取る道具。とりあえず、ビギナーレベルを卒業し、使えるようになったら、勝手にもっともっとやりたくなるものです。 ■ 好き嫌いで相性チェック! 学校タイプ(セミスパルタ・スパルタ)の違いは、英語力向上のための運営方式(アプローチ)の違いなので、どちらがもっと英語が伸びる訳ではありません。   好きなこと 嫌い・心配なこと おすすめタイプ ✔自分のリズム ✔オリジナル、カスタマイズ ✔強制・拘束 ✔ルール・規則が厳しい セミスパルタ ✔きっちりした体系型システム ✔ミニマム結果保証 ✔自己管理が苦手 ✔周りに流されること スパルタ ■  学校ピックアップの前提条件 ☑レベル:TOEIC400以下のビギナー ☑目標:これっと言った目標はない、なんとなく必要じゃないかと思う ☑年齢:19~30歳 ☑地域・期間:セブ・8~12週 おすすめ① Philinter:外人と英語がしゃべりたい人、現場に行こう! 日本での独学の一番つまらないところと言えば、使い道のないものを永遠と続けなければいけない事。国際色豊かな英語使用環境に身を置き、その日習った事をその日使っていきましょう。英語使用環境に加え、セブスパルタ学校のモデル的存在で教育のクオリティーには定評がある学校です。多国籍留学生、信頼度No1、2か国留学向け、4週158,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ② Cebu Blue Ocean Academy:「ザ・セブリゾート」でちょっとリッチな英語留学 日常で絶対出会えなさそうな人と話す。旅の魅力の1つではないでしょうか。海外気分を満喫し、心に余裕を持って毎日英語を学び、使っていく環境です。自分をゴールに合わせる「必要」がある方には、きつきつのスパルタ姉妹校(PINES)、英語を自分に合わせて身につけたい方には、この学校。講師優秀、施設・付帯施設優秀、大人向け141,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ③ CG:徹底的に基礎を叩き込む。校内母国語禁止で初心者でも恥ずかしくない 英語初心者の素朴な悩みの一つ、「知ってることでも口から出すのが恥ずかしい」。しかし、英語は自分の言いたい事を伝えるためであって正しく話さなきゃいけないものではないことに気づいたら、何とかコミュニケーションを取ろうとする姿勢になります。CGは、とりあえず学校の指示に従がって課されたものをクリアしていけば良い「がちがちのスパルタ学校」です。規則厳し目、学習量・課題多め、和気藹々、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る おすすめ④ CPI:全ての科目が会話中心、多くの学習選択肢を提供するのびのびスパルタ 「オール英語の授業ってついていける?」英語初心者の方の留学前の心配の1つ。CPIの授業は、文法及び読・書・聞・話全ての授業が学生のスピーキング(発話)を軸に設計されています。授業での「会話式」進行の割合が他行より多め、初心者でも安心できます。施設・食事レベル超優秀、国籍比率良い、テスト対策に繋げやすい、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る ■ ビギナー向け選定学校のまとめ 学校タイプ 学校名 定員 日本人割 人気・おすすめコース セミスパルタ Philinter 150名・中規模 40%未満 IPS(スピーキング特化)、Business 多国籍留学生、教育の信頼度トップ、便利な立地 Cebu Blue Ocean […]