Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

フィリピン英語留学で就職・転職が有利に?
就職活動に困ったらフィリピン留学へ!

フィリピン英語留学には、

  • 社会人
  • 大学生
  • シニア
  • ジュニア
  • 主婦
  • 経営者

などほんとに様々な層の人たちが行くようになりました。

フィリピンというまだまだニッチな英語留学にもかかわらず、これほどまでにフィリピン留学が流行ったのは、英語へのニーズが高まっているからです。

日本企業でも、英語が話せる人材はこれからますます求められるようになるでしょう。
また、英語力はこれまで以上に転職活動にも必要になります。

結論から述べますと、フィリピンに英語留学をすることで、就職/転職活動が有利になります。
もちろん、フィリピン留学に行けば良い企業に必ず入れるわけではありません。

フィリピン英語留学だけでなく、そんなマジックはどこにも存在しませんが、フィリピン留学を活用することで、就職活動を有利に進めることができるようになります。
その理由をここでは明らかにしたいと思います。

フィリピン留学が就職活動に有利な3つの理由


コミュニケーション能力の向上


コミュニケーション能力は、就職活動でもっとも重要な要素になります。英語もしくは日本語だけの言語能力ではなくコミュニケーションの能力です。

コミュニケーション能力といっても、いろんな軸がありますが、日本ではなかなか築くことができない人間関係をフィリピン留学築けることについてお話します。

その秘訣は、ナナメの関係
ナナメの関係とは、横でもなく、縦でもない関係のことです。

これは、元リクルート出身で、杉並区立和田中学校の校長先生として、
話題になっている藤原和博さんが提唱しているコミュニケーション方法で、
これからはナナメの関係に強い組織が生き残ると言っています。

話がそれましたが、なぜフィリピン英語留学でナナメの関係が築けるのか説明しましょう。

冒頭でも述べた通り、フィリピン英語留学にいきますと、

  • 社会人
  • 大学生
  • シニア
  • ジュニア
  • 主婦
  • 経営者

と幅広い年齢層、様々な職種の方がいます。

フィリピン留学の学校内では、年齢という概念を意識している人が少ないため、
大学生とシニアが一緒に遊びに出かけるなんてことも普通にあります。

日本にいても職場などである程度年齢が違う人とコミュニケーションを取るチャンスはあるでしょう。
しかし日本の職場でのそれとフィリピン英語留学での違いは、フランクなコミュニケーションが取れる点です。

フィリピン留学中には、日本社会のように堅苦しい上下関係がないので、
世代を超えて本音トークが繰り広げられています。

この本音トークこそが、コミュニケーションの本質です。

本音で世代の垣根を越えたコミュニケーションの経験が、コミュニケーション能力を圧倒的に伸ばし、
その力は就職活動の面接でも大いに発揮されることでしょう。
外国人留学生との交流となると、世代も国境も超えていきます。留学生同士でこれほど世代の垣根を越えたコミュニケーションの経験ができるのは、フィリピン留学以外に思い浮かびません。


TOEICで高得点の獲得


日本企業ではいまだにTOEICで英語力を測る傾向にあります。
楽天など英語使用に力を入れている企業ではTOEIC800点以上を全社員に課していることからこれは明らかです。つまり、日本で英語力を証明するためにはTOEICスコアが必要となります。

IELTSやTOEFLなども英語力を測る試験としては、精度が高く、海外ではとても格の高い英語資格ですが、
日本ではまだまだTOEICが断トツで、認知度が高いです。

就職活動/転職活動で英語力をアピールしたい方は、まずはTOEICで800点以上を獲得することを目標とすることをおすすめします。

TOEICスコアの向上は、独学でも700点、800点を取っている人も多く、独学でもできるでしょうと、簡単に思う人もいると思います。TOEICはしょせん、選択肢が与えられる試験ですのでちゃんと対策をすれば独学でも高得点を取る事ができます。それは事実です。
但し、机に向かって正解を選ぶ練習ばかりをして取ったスコアと、英語でコミュニケーションを取りながらTOEICスコアと同等の英語力を身につけることには違いがあります。さらに、いくら独学が出来る試験とは言え、一定時間を効率的に投資しなければならないものです。一般的には100点アップに300時間ほどかかると言われています。

フィリピン英語留学は、短期集中的にTOEICコースを受講し、ターゲットスコアを獲得することが容易なシステムになっています。TOEIC特化コースはもちろんですが、一般英会話コースを受講しながらも1日一定時間を割いてTOEICに当てこつこつスコアを上げていく学生も多数います。それは、日本のように何かで忙しい毎日ではなく、英語の勉強に没頭できる環境が整っているからです。

TOEICスコア獲得のためのフィリピン英語留学については、フィリピン留学TOEICスコアUPプランに詳しくまとまっているので、参考にしてみると良いですよ♪


キャリアに対して楽観的になる


日本で就職活動/転職活動をしていると、価値観が同一化してしまいます。

日本社会は同調圧力がとても強く

  • 大きな会社、有名な会社に就職しなければならない

  • みんなと同じ時期に就職活動しなければならない

  • 給料が高い方が良い

  • 親にほめられる仕事をする

  • 就職活動に失敗したら終わり

  • フリーターはアウトローだ

  • ブラック企業に入ったら大変

こういった固定観念がはびこっています。
一部、自分の価値観と社会の同町圧力が一致していれば良いのですが、周りばかりを気にして自分を失ってしまう事は避けたいです。
こんな状況の中で好きな仕事、やりたい仕事を見つけるのは極めて難しいはずです。

しかしフィリピン英語留学に来ている人は、良い意味でとても楽観的な人が多いです。
ほとんどの場合、自国でのキャリアと関係なく英語というものを目的に留学に来ている人同士で、○○についてどう思うか、なぜそう思うかといった純粋な議論が多いです。
またフィリピンという南国で過ごすだけでも、リラックスして過ごせるので、落ち着いてキャリアについて考えることができます。

こういった環境日本にはない環境に身を置くことで、キャリアに対して本質的な見方ができるようになり、本当に好きなことややりたいことが見えてくるかもしれません。

少なくとも日本の就職活動のおかしな点には築くことができるはずです。

まとめ

フィリピン英語留学は、言語を超えたコミュニケーション力の向上、日本での英語力証明に使えるTOEICスコアの獲得、キャリアに対しての価値観の変化といった観点からとてもポジティブな影響があります。
海外に出たら、考え方が変わる、視野が広がると言われますが、それは留学を通して得られる「英語」という言語を超えて、自分自身の価値観が変わるからなのです。みなさんも、気軽に行ける、急成長のアジアでのフィリピン英語留学から、グローバルへの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

フィリピン留学コラム一覧

留学プランや手続きではないフィリピン英語留学の様々な話。セブ島留学は何でそんな人気なの?バギオ留学で遊べるとこはある?フィリピン留学で人生が変わった人?など様々なトピックのフィリピン英語留学を語ります。

>>>フィリピン留学コラム覧を見る

フィリピン英語留学のカウンセリング

お気軽LINE相談、Eメールで詳細を聞く、電話で話を聞くなどご統合に合わせて選べる留学カウンセリング。フィリピン英語留学と英語のプロが留学についてのなんでも答えます!

>>>無料!カウンセリングの種類を選ぶ

よく読まれている留学体験記