Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析

こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。
フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。

フィリピン英語

1年3万人以上が英語留学に行くフィリピンですが、欧米への英語留学に比べるとまだそれほど知られていないのも事実。

「格安留学を調べていて、フィリピン英語留学を初めて知りました」、

「フィリピン英語留学に行ってきた友だちに聞いて初めてしりました」など、

フィリピンで英語留学をすることについてまだまだ違和感を感じる方々が多いようです。

一昔前は費用が高額、期間が長期、遠いなどの制約で誰にでもできるものではなかった『英語留学』。

そのの常識を覆したのがフィリピン英語留学です。しかし、フィリピン人英語講師、フィリピンという国の英語についてイメージがわかないかたも多いかと思います。

そこで今回はフィルイングリッシュのシニア留学カウンセラー梶野章より、フィリピンの英語、フィリピン人の英語はどうなのかというテーマでインタビューし、Q&A形式でまとめました。

留学カウンセラー梶野章の簡単紹介 

フィリピン英語

フィルイングリッシュ統括責任者・共同代表。

東京都出身。アメリカミズーリ州セントラルメソジスト大学英文科卒。

英語留学カウンセラーとして過去4年間に2,200名のお客様を日本からフィリピン語学学校に送客。

Q:そもそも、何でフィリピンに英語留学にいくのですか?

A:もちろん留学費用が安いというのもあります。別々の友人の娘さん3人が現在カナダの高校に通っていますが年間の費用は1名が900万円、もう1名が700万円、もう一名が600万円と聞きました。フィリピンですと200万円はかからないでしょう。それと飛行機の移動時間もフィリピンは4時間30分、欧米は12時間。移動するのも一苦労です。

ただ『留学費用が安い事』が一番の理由ではないと思います。

結果を出しているという事がすべてでしょう。フィリピン英語留学ですと12週間あれば英語初級者が日常生活で困らないほどの英会話力を、ほとんどの受講者が身に付ける事ができます。あちこちで披露されるフィリピン英語留学での成果と自慢話が人を呼び日本人のフィリピン留学生の数は2010年に年間4,000名から2015年にその約9倍にあたる35,000人にまで膨れ上がりました

フィリピン英語

 >>>フィリピン英語留学4週の費用まとめを見る

Q:フィリピン人はなぜ英語が話せるんですか?

A:フィリピンは多言語民族です。フィリピン国内に172の言語が存在します。タガログ語をしゃべるマニラっ子とセブアナ語を話すセブっ子では言語が違うので意思疎通ができません。そこで共通語として英語が公用語となりました。

フィリピンでは幼稚園から大学まですべて英語の教科書が使われます。授業内では基本(幼稚園、小学校低学年を除く)オール英語で進行いたします。高校を卒業したものであれば基本日常生活で英語のコミュニケーションには困らなくなります。

フィリピン英語

△フィリピン、バギオ地域の幼稚園。英語科目ではない授業でも英語で行われる。

Q:フィリピン英語留学で英語はホントに伸びますか?

A:欧米諸国にもフィリピン同様様々な英語学校があります。ですがフィリピンにあって欧米諸国にないものが二つあります。手頃な価格で集中的に受講できる『マンツーマン授業システム』とカリキュラム通りに学生のレベルが上がるかどうかをチェックする『管理システム』です。

フィリピン英語

△フィリピン人講師とのマンツーマン授業の様子。セブ島セブブルーオーシャン校

人間それぞれ適正がありますのでその人にあったオーダーメイドの授業内容を1対1で進行させていく指導方法は極めて有効です。学生は受身で聞き流すだけの姿勢が許されないシステムに組み込まれます。

もう一つは学校が一つになって学生の英語レベル進化を確認相談しながら前に進むシステム。毎週のミニテスト、月間のレベルテスト、毎授業毎の宿題など先生はすべてチェックし、進歩が遅れている学生に対しては手段をこうじます。放課後が自由放任主義の欧米学校よりもはるかにきつい規律と規則とノルマと罰則が存在するという事です。

アメリカでは語学学校に1~2年滞在しているにも関わらず英単語を一つ二つ発してなんとかコミュニケーションするレベルの日本人がゴロゴロいます。実際に見ました。フィリピン留学生では希少価値の存在です。

Q:フィリピン英語留学でどんな事が学べますか?

A:フィリピン英語教育で強い部分は二つ
『英語の基礎固め』と『英語試験対策』

フィリピンで12週勉強すれば日常英会話力がつくという話はだいぶ知れ渡ってきましたが、コミュニケーション力だけにとどまりません。12週間まじめに勉強すれば英語の基礎がしっかり備わるという付加価値がついてきますのでどの英語検定試験にも突入できる英語基盤が出来上がります。

英語の基礎がある人間がフィリピンの英語検定が強い語学学校で学べば、4週平均でTOEICは70~100点、TOEFL10~13点、IELTS(初期段階)0.5点のペースで上がって行きます

フィリピン英語

△IELTS専門のSMEAGクラシック校の教材。フィリピンの英語学校は英語試験対策が得意。

フィリピンではこのくらいの期間にこのくらいのカリキュラムをこなせばこのくらい伸びるという計算がついているからです。語学学校の点数上昇バックアップ体制、試験対策データ班、過去の経験から累積された試験対策カリキュラム、試験情報に精通した講師の存在など、他国の留学では見られない有利な条件がそろっております。

実際アメリカやイギリス、オーストラリアなどから試験対策目的でフィリピンに引越し留学される方が年々増加しております。

英語力は高いがスピーキング力がめっぽう弱い方やスピーキング部門やライティング部門など自宅の自習では補えない部分をピンポイントで強化される短期集中型の英語留学も増加しております。

>>>2週以下、超短期留学おすすめ校一覧を見る 

>>>英会話マスタープランを見る

Q:フィリピン人の英語は訛りがあるという話もあります。間違えた英語が身についてしまうと心配される方もいらっしゃいますが。。。

A:フィリピン英語留学というとなまりを槍玉に挙げる人が私の周りにもいます。フィリピン人の場合、生まれ育った時に身に付いたタガログ語やセブアナ語の発音やアクセントを引きずるケースです。

例えば日本語では『リ』という言葉は一つですが英語では『Ri』と『Li』に区分されます。日本人にしてみれば似たように思えますが、明確な差があり、ネイティブは一瞬で聞き分けます。それとBとVの区分け、語尾のN(例えばJapan(=ジャパン)の発音がジャパングになるなど)が弱い傾向にあります。こういうのがなまりです。

フィリピン英語

△英語スピーキングに特化したコースを運営するセブ島CPI校の講師陣

フィリピン人英語講師の中にもこもっているような英語を使う人をたまに見かけます。講師たるもの綺麗な発音で指導される事が望ましいですが、問題視するほどひどい程度ではなく、すこし耳に違和感があるくらいの感じです。槍玉にあげられるほどの元凶には思えません。

そもそも英語圏の中に千差万別のなまりがあります。アメリカ英語とイギリス英語は明確にアクセントが違います。私が東京四谷にある英会話学校に通っていた時のアメリカ人先生は『イギリス英語は大富豪奥様の「上流階級」言葉のようにくすぐったく聞こえる』とこき下ろしていました。

又同じ国内でも地域によって英語のアクセントやイントネーションが違います。私のいたミズーリ州は標準に近いと言われますが、南側に下ってルイジアナ州あたりの南部にいきますと発音もイントネーションもかなり違ってきます。

フィリピン英語

△各国の英語の特徴を教育するフィリピン講師トレーニング資料の一部。バギオTALK校

イギリス人やオーストラリア人は地方によっては『テイ』を『タイ』と発音したります。オーストラリア人がトゥデイ(Today)をトゥダイと発した時には思わず『Speak English(英語で話せ)』と言いたくなりました。

フィリピン人の中になまりのある人間も存在しますが、度合いが強いものではなく許容範囲くらいに思えます。ただなまりの問題を事前トレーニングで徹底クリアさせている語学学校もありますので、こだわりのある方に対してはそのような語学学校を紹介する事もできます。

以下、フィルイングリッシュ取材チームが撮影したビデオ。実際フィリピン語学学校で英語を教えている先生たちのスピーキングコース紹介の動画です。普通の英語ですが、日本人に聞き取りやすいと思います。ご参考下さい。


△フィリピン英語留学3か月で英会話マスターを目指す!

 


△フィリピン英語留学の代表、セブ島留学の紹介動画
ナレーションはネイティブ、学生インタビューが含まれています)

Q:フィリピン留学で学んだ英語は他の国でもちゃんと通じますか?

A:日本と違い英語には明確なモデル基準がないので国や地域によって英語の発音に違いがあります。メディアや映画、ウェブ情報で様々な英語を比較してもフィリピン英語発音はかなり理解されやすく、くせが少ないです。フィリピン人英語のバックボーンはアメリカ英語ですが、アメリカ英語をもう少しソフトでゆっくりした語調にした感じを受けます。

言葉は生き物ですから国や地域によって変化していきます。アメリカ英語もイギリス英語も、他国では使われない独自の表現の使い回しが国内で一般化されていきます。ですがフィリピン英語は地域変化や地方なまりが取り込まれる前の元の英語がメインです。英語の基本を教えますので世界中どこにいっても通じます

フィリピン英語

△オーストラリアと同様のTESOL(英語教授法、英語の教員になるためのコース)修了が出来るセブ島CELLA校

Q:フィリピン英語留学のデメリット・注意点は何ですか?(外的要素)

A:語学学校外と学校内にあります。

外部面では『治安』と『学術面での限界性』の問題です。

フィリピンはアメリカ同様、治安については細心の注意を支払わなければならない国です。

但し、治安の悪い場所はマニラとセブ当の一部の地域にほぼ限定されます。それと犯罪は特定の地域又は深夜に集中します。ですからこういう部分で特に気をつけていれば、留学生が大きなトラブルに巻き込まれる可能性は非常に低くなります。マニラ・セブ島で留学される方はある程度緊張感をもたれた方がいいです。

フィリピン英語△英語講師と共に生活するプレミアム寮を運営するセブ島SMEAGスパルタ校

フィリピン留学は英語初心者を中級者や上級者に育て上げてくれる達人です。英語関連の試験対策も非常にうまいです。ただいざハイレベルに達してしまうと次のステップの道が開かれておりません。欧米諸国の英語地留学のように、英語を通して世界最先端の技術や理論を提供してくれる場がありません。オーストラリアのテーフのように、その料理学校を卒業できれば世界中のテーフ系列飲食店で働けるような道も開かれておりません。フィリピン英語留学は、あくまでも英語上級者になる事や、資格で高得点を獲得する事、つまり『英語力』そのものが最終ゴールとなります。

フィリピン英語△ワーホリ準備に特化した英語コースを運営、インターンシップまで出来るバギオA&J校

Q:フィリピン英語留学のデメリット・注意点は何ですか?(内的要素)

A:語学学校内部の問題としては以下の3点が挙げられます。

  • フィリピン人講師レベル格差の問題
  • フィリピン人講師の欠勤の問題
  • ネイティブ英語表現力の問題

フィリピン人も日本人と同じで生まれついたときから英語で話すという環境ではありません。

最初は家族が使うその地域の言葉をおぼえ幼稚園に入ってから本格的に英語教育をスタートさせます。幼稚園から大学まで教科書を含むすべての事柄が英語で進行しますが、大学に行くものはより深い部分を英語で考え、学術的に追求しレポートでまとめてプレゼンテーションを実施するなどの経験を積んでいきます。一般的に大卒と高卒のフィリピン人講師では英語レベルに開きがあります。

英語力の格差に対して語学学校がどう対応するかが語学学校のポイントを大きく上げ下げする部分の一つです。良い語学学校は、学生に当たらせる前に徹底的に訓練します。期間内に基準値の英語力に達しない志願者は正規講師になれません。そうでない語学学校は、基本的な英語力そのまま指導に当たらせて実践で鍛えさせようといたします。消費者にとって後者より前者が好ましい事は言うまでもありません。

フィリピン英語△英語講師採用後、授業を持つまでの講師トレーニングの様子。バギオTALK校

フィリピン人講師はよく遅刻したり欠勤します。国民性という一言で片付けたくはないですが、そういう事が許される雰囲気がフィリピン人の中にあります。英語講師だけでなく、一般的にそうです。怒鳴ったりしかったりすれば泣いてしまって学校をやめてしまうような講師も少なくないです。怒られる事に慣れてないのです。この部分は大小の差はあれフィリピン語学学校で経験される事と思われます。他の先生がピンチヒッターになったりしますが、カリキュラムの統一性が保証されません。語学学校のシステム的変革を期待します。

最後はネイティブの英語表現に関する注意点です。フィリピン英語は基本に忠実な、世界どこでも通じる綺麗な英語です。英語表現も基本に忠実です。ただ欧米圏内でだけ使用される特定表現などは期待できません。例えば『You look sharp today』というスラングがあります。『今日の服装ばっちり決まっているね』という意味です。アメリカなら子供でも知っています。ですが高度教育を受けたフィリピン人ですら知らない場合が多い英語表現です。一部、アメリカ映画やドラマなど好きな講師がそのような英語表現(英語スラングなど)を教えるケースはありますが、一般的には基本的な英語表現、英語熟語となります。

これはそのようなスラングが使われている環境で育っていないからという単純明快な理由です。彼女たちのスタンダード英語力が劣るわけではありません。要はフィリピン英語留学で欧米の生活スラングなど特定地域の特殊表現を期待するのは的外れという事です。

フィリピン英語

△フィリピン人のマンツーマン授業、ネイティブグループ授業がバランスよく取れるセブ島CPILS校

Q:フィリピン人の英語とネイティブ(アメリカ・イギリスなど)英語の違いを教えて下さい。

A:イギリス英語はアクセントがサクサク強調されて区切られている感があり、アメリカ英語はなめらかです。そのような差はありますが英語を話すスピードはめっぽう早いですね。目が回りそうです。フィリピン英語はアクセントやイントネーションはアメリカ英語に近いですがスピードはゆっくりです。

フィリピン英語

△フィリピン人講師のマンツーマンに加えネイティブ講師のマンツーマン授業が受講できるクラークCIP校

私はアメリカ大学時代2年間同じ部屋で共同生活したアメリカ人の友達がいます。彼らと話す分にはコミュニケーションの問題はまったくありません。ただ彼らが友達を呼んできて7~8人のパーティーになりネイティブスピードモードに入りますとついていけない時がありました。ハリウッドの戦争映画など汚い俗語がオンパレードするものは正直半分くらいしかわかりません。他国からやってきたものが年輪の刻まれた地域文化と言語をそうやすやすと吸収できない難しさです。

ただそこまで把握できる英語レベルまで持っていくべきかどうかは別問題です。英語中級者、上級者であればネイティブも含めた世界中の英語人口とコミュニケーションが十分とれます。通訳、翻訳、言語学者などは地域特性や地域言語歴史、地域文化の領域にも踏み込んでいかなければなりませんが一般的な人たちがそこまですべきかどうかはわかりません。

世界の英語人口は17億5千万人。イギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなど主な白人英語圏の人口を合わせると4億5千万人くらい。白人欧米諸国の英語を無視する事はできませんが、それでもすべてではないです。そしてそれらのどの一つの国の英語も世界標準となっているわけでもありません。

とりあえずフィリピン英語のような基本に近い英語で自分を武装する。そして必要に応じて対処していくくらいの感覚でいいと思います。

フィリピン英語

△ロシア、中近東などの英語非ネイティブ国々からの留学生が集まるセブ島Genius(ジーニアス)校

>>>フィリピンでネイティブ先生の授業が受けられるおすすめ校一覧

Q:フィリピンに短期でも英語留学にいくのと、日本の英会話スクールに長期で通う、どちらが伸びますか?

A:外国の語学習得というのは結局自分との戦いになります。外国に出ずとも独学で英語がうまくなる人もいますし、アメリカに4~5年いて基礎ができてない人もいます。やる気と忍耐と持続性がテーマです。

短期でもフィリピン英語留学のほうが日本の英会話スクールより上達のスピードは早いです。単純に詰め込み期間が短いからです。

フィリピン英語

△フィリピン英語学校は校舎・寮一体型。夕食後も自然に自習室で勉強する校内雰囲気。セブ島Philinter校

1科目30時間のカリキュラムだといたしましょう。2科目ですと60時間で消化。フィリピンですと1日6時間の授業で週30時間。2週で60時間なので完了です。英会話スクールですと1週間に3時間の英語レッスンを受けたとしても終了するまで4ヶ月半かかります。それと、英語授業外でもルームメートは外国人ですし、外を歩くにも英語を使わなければならない環境に身を置かなければいけないのでフィリピンの英語学習環境はいいです。

Q:フィリピン英語、フィリピン人講師の英語についてのまとめ

  • フィリピン英語留学は年々増えてきている、理由は英語力の上達が容易なシステム、そして格安の留学費用
  • フィリピンは英語が公用語、その他多くの地域言語があることから幼稚園から共通言語の英語を用いて教育する
  • フィリピン英語留学の最大の強みは、英語の基礎固めと英語試験対策
  • フィリピンの英語は地域言語に影響されたアクセント、イントネーション(訛り)がある
  • フィリピン英語の訛りは世界基準で見て問題視できるレベルではない、英語圏の英語の訛りも千差万別
  • v語学学校によっては、フィリピン人英語の訛りを矯正してから授業を持つようにする
  • フィリピン英語はスラングや地域特性を反映して使いまわしが無く、世界に通じる基本の英語を話す
  • フィリピン英語留学で外部的なデメリットは、治安と学術面での限界
  • フィリピン英語留学で内部面でのデメリットは、英語講師のレベルの格差、講師の欠勤、ネイティブならではの表現の習得
  • フィリピン英語は、イギリス英語・アメリカ英語と比べスピードがゆっくり目
  • 短期であってもフィリピンに英語留学に行った方が、日本の英会話スクールより伸びが早い

フィリピン英語フィリピン英語留学、足で調べました!
留学カウンセラーの取材レビュー

フィルイングリッシュの留学カウンセラーが語学学校を取材して作成する記事なので、
語学学校の深い情報、評価が気になる方におすすめです。
最新情報はもちろん、授業内容の詳細(コース解剖シリーズ)、似ている語学学校徹底比較、
そしてデメリット、注意点をまとめています。

>>>フィリピン英語学校取材レビュー一覧

フィリピン英語フィリピン英語留学、実際どうだった?
留学体験談を見る

フィリピン英語留学を経験した日本人留学生のみなさまからの感想文です。
気になる語学学校の評判、口コミ、直接取った語学学校・先生の写真や
改善点まで、率直なご感想を是非ご参考下さい。

>>>フィリピン英語留学体験談一覧

フィリピン英語どんな語学学校がある?
英語留学の目的から探す

英会話力アップ、英語テスト対策、ビジネス英語、ワーホリの英語対策など、フィリピンに英語留学する目的は人さまざま。
留学目的を叶えてくれる語学学校を選びましょう。

>>>フィリピン英語留学プラン一覧

△TOPに戻る

よく読まれている留学体験記

・【フィリピン留学卒業生コラム】 フィリピン留学で人生が変わった人たち

【フィリピン留学卒業生コラム】 フィリピン留学で人生が変わった人たち 記事作成日:2017年6月20日 「フィリピン留学に行くと人生が変わる」 これはフィリピン留学に行った人たちがひそかに口にすることです。 どーも、フィルイングリッシュの卒業生の千田です。 前回は「フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!!」で衝撃デビューを飾らせていただきました。(衝撃かどうかはまったくの主観なのでご了承ください) フィリピン留学に行く人の目的は様々。 ちょっと英語がしゃべれるようになりたい 「交換留学前のTOEFL、IELTSの点数ゲット」 「就職活動でTOEIC800点が必要」 「外資系に就職したい」 「海外で活躍したい」 「世界中を旅行したい」 「外国人の彼女がほしい」 こんな感じで「英語の向上」をベースに人生を変えようとしている人が多いと思います。 もちろん、旅行がてら行くという人も増えていることでしょう。 今回は、フィリピン留学のもっと深いところに切り込みます。 そう、フィリピン留学はもっと深いんです(笑) それが今回のメッセージです。 もっとわかりやすく言えば、英語の向上だけがフィリピン留学ではないということです。 僕の周りにいる人のフィリピン留学で人生が変わった人たちの体験談をもとにして、 フィリピン留学で人生がどう変わるのかをまとめてみました! フィリピン留学の体験談は浅すぎる! すみません、いきなり批判的で。 フィリピン留学の体験談を見ていると、 「TOEICが300点伸びました!」とか、 「交換留学できました!」とか、 「○○の語学学校はカリキュラムがしっかりしていました!」 「ご飯が美味しかったです。」 英語伸びました系、英語学習系の体験談が多いわけです。 もちろん、それはそれで素晴らしい体験談に違いはないですし、 フィリピン留学の体験談を読む人は、まずは「どの程度英語が伸びるのか」「学校はしっかりしているのか」に興味を持つであろうことを考えると、役に立つ読み物ではあるはずです。 しかし、僕はここに一石を投じたい! 浅い!と言いたいのです。 英語の向上はスキルの話であって、大事なのは留学でその人の人生がどう変わったのかを知りたいですよね。 繰り返しますが、英語の向上はフィリピン留学の一部分に過ぎないです。 こういう留学体験談を投稿している人も、もっと良い体験をしてるはずです。 でも自分の人生がどう変わったかなんて体験談で言うのは、恥ずかしいことだという風潮があるらしく、あまり表に出てきてないだけなんですね。 フィリピン留学の実態! 本当の体験談 実際、フィリピン留学に行った人の生の声を聞くと、 もっとエグーイ、いや深いでしたね、 そう深い話が出てくるんです。 それを紹介したいんですね。 本当に深いかは保証できませんが、僕の知人の例から挙げましょう。 彼らの特徴は、もともとは英語がそこまでできるわけでもなく、とりわけ優秀でもなかったということです。 そして勘違いして頂きたくないのが、「僕の知人がすごいぜ!」ということを言いたいわけではなく、こういう事例がフィリピン留学のスタンダードであり、それが真実であるということを伝えたいということですね。 世界を飛び回るボランティア人 フィリピン留学当初は英語がほとんど話せかったY君。 大学生だったのでフィリピン留学前にある程度の文法と単語の知識は持っていましたが。。 でもフィリピン留学を何度も繰り返し(いくつもの学校を渡り歩き)、英語を必死に勉強していました。 留学後には、ボランティアとしてフィリピンの公立学校で英語の先生体験をするなど、世界をまたいでボランティアを行う青年へと成長を遂げました。 ちょうど今週来た報告だと、英語とITの教育を展開する会社に就職が決まったとの事。 大学での専攻とは関係なく、というよりそれを乗り越えた夢につながったのです。 彼のような人が社会を変えていくんでしょうね。 […]

・フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!!

フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!! 「日本での英語勉強は何をしたら良いのだろう?」 フィリピン英語留学に行くことが決まった、もしくは検討している人であれば、必ず考えることではないでしょうか。 はじめまして、僕は3年前にフィリピン留学を経験したフィルイングリッシュの卒業生、千田と申します。 簡単に本記事に関する僕の情報をまとめますと、 職業:大学生 フィリピン留学前の英語レベル:おそらくTOEIC500点レベル? 英語留学経験:無し 得意:英文法、英単語の知識は比較的持ってる方 苦手:スピーキング、リスニング こんな感じの超普通の大学生の英語レベルでした。 フィリピン英語留学に行ってみて、実際に勉強しておけばよかったことがたくさんありました。 周りの友人ももっと日本で英語の勉強をしておけばよかったと後悔している人も多かったのが印象的でした。 英語の勉強ってほんとにいろんな方法があって何をすればよいかわからないですよね。 これからフィリピン留学に行く人には、そんな後悔をしてほしくないので、今回は冒頭の問いに対して実際の体験談と周りの声を踏まえて、フィリピンに行く前に日本でやっておきたかった英語勉強について共有していきたいと思います。 目次 1. フィリピン英語留学で苦労したこと 2. 英語の基礎体力を作る 3. 英単語 4. 英文法 5. 英語脳を作る 6. リスニング 7. 瞬間英作文 8. オンライン英会話 9. 英語勉強の計画を立てて、後悔のない英語留学を! フィリピン英語留学で苦労したこと フィリピンに行ったばかりの頃、僕自身2週間は苦労しました。 それ以降はもう楽しくて仕方なかったのですが、苦労した原因を探ると、 英語が聞き取れない→圧倒的なリスニング力不足と、 英語が出てこない→英語のアウトプット不足 が原因だとわかりました。 フィリピンでの英語授業は基本的にフィリピン人講師による、全てが英語で行われます。 使う教材も英語、説明も英語。 つまり、英語がある程度は、わかる、聞ける、話せる状態でないと、 マンツーマン授業でフィリピン人の先生が何を言っているかわからない グループ授業で生徒が言っていることがわからない 教材に書いてあることがわからない 自分の言いたいことが全く伝わらず授業が進まない といったことが起きてしまうわけです。 ※もちろんアルファベットからの超初心者クラスもありますが、 折角受験英語まで勉強した経験がある方には下準備にちょっと時間をかけるだけで効果が全然違ってくるんです! 僕の場合、TOEIC500点程度の英単語・英文法は知っていたので、教材の内容や授業の内容自体は理解できたのですが、 先生が言っていること、生徒が言っていること、これが2週間は掴めずにいました。 伝えられることも、単語の羅列がほとんどで、ネイティブの赤ちゃんレベルだったわけです。 どうなることやら…と焦っていたのですが、2週間後には、耳が英語に慣れたせいかだんだんと聞き取れるようになりました。 また同じタイミングで、英文法が瞬時に頭でつながるようになり、英語を聞いて意味で理解し英語で返せるようになってきました。 […]

・【バコロド留学】良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ

【バコロド留学】良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ   こんにちは。フィルイングリッシュの留学カウンセラー高居です。 私はフィリピン留学の中でも非常にレアなところ、バコロド、イロイロにある語学学校を定期的訪問し、これらの地域への留学を考えている方々のカウンセリングを担当しています。   セブ島、マニラのようなメジャーなところを避け、バコロド留学を検討されている方は、良い意味で個性が強い方、アクティブな方が多いです。また、バコロド留学が選ばれる理由は、英語力に加え本当の意味でのローカルなフィリピンを経験したい方、旅人、日本人が少ない地域を好む方が集まる留学先でもあります。   しかし、バコロド地域はネット上の情報が非常に少なく、バコロドの語学学校を取り扱いしていないエージェントも多いです。そこで本コラムでは、バコロド留学のおすすめ理由、おすすめ対象についてご紹介致します。   バコロド留学がおすすめの5つの理由 1, 留学費用が安い!!   バコロドの語学学校の多くは10~11万、もしくは10万以下で1ヵ月(4週の学費)の留学が可能です。尚且つ、ただ安いだけでなく豊富なマンツーマン授業でカリキュラムが構成されている語学学校がほとんどです。留学先として人気の高いセブ島では平均学費が14~16万。他の国への英語留学に比べたら十分格安ではありますが、セブ島に比べてもバコロド留学は格安な学費設定となります。さらに格安な費用で英語留学したい方におすすめです。 バコロド地域の語学学校の中でも特に人気の高い留学先であるILPでは、コースによって10万以下で留学が出来ますしオールマンツーマンで構成されているカリキュラムが定番です。 >>>バコロド留学人気校ILPの詳細はこちら    2, 安定したフィリピン人講師のレベル!!!   バコロド地域の各語学学校に在籍する講師陣のレベルは、比較的バラツキがなく安定したレベルを保っている傾向にあります。バコロド地域がちょっとした学園都市であること、コールセンター産業が盛んになっている事により、安定したレベルの講師陣を雇いやすい為かと思われます。特にコールセンターで働いた経験のあるフィリピン人講師に関しては、英語の発音、会話の専門トレーニングを受けており、英語レベルが非常に高いのでスピーキング力向上を望む留学生にはうってつけです。   3, 自分のペースで英語を学べる!   大都市とは異なるアットホームな環境が特徴の語学学校が多いバコロド。語学学校だけではなく、地域全体がゆったりとした和やかな空気を醸し出しています。平日の授業終わりには講師や他の学生達と外食や飲みに行くのは当たり前であり、お休みの日には旅行に出かけたりなどもします。授業で学んだ事をプライベートの日常でいっぱい使用出来る環境があります。   そのような特徴から、バコロドには常に机の前で英語勉強を強制的に集中させられるようなスパルタ式の語学学校はりません。自分のベースで楽しく英語を学ぶ事を望む方に向いています。   4, 日本人の留学生が少ないバコロド   日本人にとってバコロド地域は留学先としてマイナーな地域の為に、他地域と比べて日本人留学生が少ないです。語学学校にもよりますが日本人率が学生全体の1割も満たない場合もあります。その様な環境だからこそ外国人の友人を作りやすいですし、何より半強制的に日本語を使用せず英語を使用する事となるので、英語コミュニケーション力を鍛える場としては最高の環境です。   5, ワーキングホリデー前の留学先としておすすめのバコロド留学   実は不思議な事に、他地域に比べてもバコロド留学後、欧米へのワーキングホリデーに行く留学生がたくさんいます。欧米でのワーキングホリデーでお金がかかる為に、フィリピン留学では費用を抑えたいと考えれる方が多いのです。また、語学学校やインターンシップ先に縛られず自由に英語を学んで旅をしたい方々にバコロドが魅力的な選択肢だったと思います。   格安な上に実践的なスピーキング力を鍛える事が出来るバコロド留学は、ワーホリ前の学生さんには本当におすすめです。また、現地にて同じくワーホリを検討している在学生達からワーホリに関しての情報交換もできます。   バコロド留学はこんな方におすすめ 1.アットホームな環境でフィリピン留学したい!!   バコロド地域にほとんど語学学校が十数人から二十数人程の小規模で運営されています。そのため、留学生1人1人に手厚いサポートが可能で、留学生ケアに関して多くの卒業生のお褒めの言葉を戴いております。   また、小さなコミュニティーのため、先生も留学生も学生マネージャーの方もお互いの名前や顔をすぐに覚えやすい。気さくな土地柄と相まって留学生同士や、留学生とフィリピン英語講師の絆が作りやすいです。留学中の悩み事や学習相談などがスタッフや講師に話しやすいので、自分から話しかけることが苦手な方でも温かく受け入れてくれます。大規模の語学学校では受けられない英語学習にプラス@したサービスを求める方には是非おすすめ致します。   2, 豊富なマンツーマン授業を求めるならバコロド留学!!   バコロドの語学学校では、カリキュラムがオールマンツーマン授業、または8~9割マンツーマン授業という個人指導を重点に置いた構成となっています。 通常、すべての授業をマンツーマンで受けようとすると、欧米では中古車が買えるぐらいの費用は掛かりますし、フィリピンの他地域でもスタンダードコースよりは割高な学費設定となってしまいます。しかし、バコロドでは1カ月10~12万以内で提供する留学先がざらにあります。   マンツーマン授業は従来のグループ授業での一番の欠点だった分からないところが分からないまま進むということが全くありません。自分のペースで理解できるまで何度でも聞き返すことができます。つまり、授業を自分でカスタマイズして進めることができるという贅沢な学習カリキュラムなのです。そのマンツーマン授業をすべてのクラスで尚且つ10~12万で提供できるのはフィリピンでもバコロドとイロイロ地域のみです。   3.スピーキングに特化!! […]

・バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ

バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ フィリピンの中でスパルタ式の語学学校が多いことで有名なバギオ。セブ島やマニラなどの大都市と比べ娯楽が少なく、フィリピンの中でも英語学習に集中したい真面目な留学生がバギオには多く集まる傾向があります。 ただ、いくらバギオで英語勉強を頑張っても週末くらいは適度に気分転換をしたいですよね。今回はバギオで週末楽しめるスポットをご紹介しようと思います。 目次 バギオでショッピングを楽しむ バギオで外食を楽しむ バギオの自然に癒される バギオのおすすめ日帰り旅行先 バギオのおすすめ週末旅行先 1.バギオでショッピングを楽しむ バギオSMモール(SM City Baguio) フィリピン全国チェーンの大型ショッピングモールであるSMモールのバギオ店。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものは全て揃っているのでとっても便利です。SMモールはフィリピン各地域にありますが、どの地域であっても留学生の多くは週末をここで過ごします。 住所:Luneta Hill Drive | Upper Session Road, Baguio, Luzon, Philippines ピュアゴールド(Pure Gold) SMモールよりも規模が小さく価格設定が安めの、フィリピン全土にあるスーパーマーケット。日用品などはほとんど問題なくそろえることが出来ます。フィリピン人も多く利用するため、フィリピンのローカルな雰囲気を感じられるので留学生にも人気です。 バギオナイトマーケット 毎日夜20時頃からオープンするバギオのナイトマーケット。フィリピンや外国から集まった古着や骨董品、B級のグルメが楽しめます。モールよりも数倍安く、本物か定かではないブランド品など、掘り出し物もあり、活気あるディープなフィリピンを味わうことが出来ます。元々はフィリピンの超ローカルな市場ですが、最近はバギオにいる留学生の中にも観光スポットとして人気です。人が多いのでスリに注意しましょう。 2.バギオで外食を楽しむ 日本食レストラン「CHAYA」 日本人の奥様とフィリピン人の旦那さんが経営するバギオで一番有名な日本食レストラン。海鮮丼や手巻き寿司、ざるそば、すき焼きなど日本と同じクオリティの日本食が味わえます。WI-FI、コンセントあり。 フィリピンで日本食を頻繁に食べるとかなりの出費になるので、月に数回の贅沢で行くのがおすすめ。バギオ留学中でも美味しい日本食が食べられる場所があるのは、かなり安心ですよ♪ 住所:72 Legarda Rd, Brgy. Campo Sioco, Baguio, 2600 Benguet 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み) ステーキ屋「TSOKOLATERIA」 バギオでもリーズナブルな価格で、ボリュームのあるフィリピン風のステーキを楽しめるレストラン。肉類以外にもアフタヌーンティーセットやデザート類、ドリンク類も充実。バギオメインストリートであるセッションロード沿いにあるのでアクセスも便利でお勧めです。フィリピンでガッツリ肉を食べたくなったらココ! 住所:Igorot Stairs, Upper Session Rd, Baguio, Benguet, 2600 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み) 隠れ家カフェ「OH […]

・セブ島留学がいま激アツな5つの理由

セブ島留学がいま激アツな5つの理由 <この記事は2017年5月26日に更新されました> セブ島留学という言葉はフィリピン留学と同じくらい認知度が高くなりました。 フィリピン留学は地域ごとにメリットやデメリットが異なりますが、その中で多くの人々を魅了しているのがセブ島留学です。セブ島は留学だけでなく観光地としても有名で、欧米人観光客やアジア人留学生で溢れている都市です。 フィリピン留学の中でも、セブ島留学が今“激アツ”と言われる理由とは何なのでしょうか。 それを探るべく、セブ島留学の5つの理由という観点から、セブ島留学の魅力やメリット、さらにはセブ島留学のデメリットまで包み隠さず明らかにしたいと思います。 セブ島留学の激アツな理由は、次の5つです。 メリハリのある学習スタイル 安心できる環境 料金が安い 便利である 多様性がある 理由1:メリハリのある学習スタイル フィリピン英語留学といえば、韓国式の厳しいスタイルとともに発展してきましたバギオ留学では、いまだに平日外出NGのスパルタ式のスタイルが、根強い人気を誇っています。 >>バギオ留学の魅力はこちら 一方で最近のセブ島留学は、リゾート地であることに加えて、平日外出OKなセミスパルタの学校が増えてきている影響もあり、厳しすぎずゆるすぎない、セブ島独自の「メリハリのある学習スタイル」を確立しつつあります。 メリハリのある英語学習は、日本人にとても合ったスタイルで、英語漬けになりながらも無理しすぎず息抜きも兼ねながら、モチベーションを長く保っていけるのが特徴です。 セブ島では良く学び、よく勉強し、よく遊ぶ事ができますが、おおまかにどのようなメリハリ留学ができるのでしょうか。 セブ島留学でのメリハリのある学習スタイルを以下の6つにまとめました。 セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業 学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 スパルタ・セミスパ関係なくメリハリ留学はできる セブ島の2つの顔、シティー&リゾート 世界一語学学校の選択肢が多いセブ島 短期留学で結果を求めるならセブ島留学 6つの理由の詳細については、【セブ島留学は驚くほど日本人の学習スタイルに適している!? 】にまとめてあります。 メリハリ留学の注意点 自己管理が必要 セブ島留学に行くと、日本ではあまり経験することのできない開放感があります。気分もメンタルも盛り上げる上に、充実に遊べる自然や施設、夜遊びも整っていますから誘惑に負けてしまうと遊びに走る恐れがあります。 一部ではありますが、セブ島の留学生の中には本来の目的を忘れてしまい、恋愛、旅行、お酒にハマってしまう人もいます。 その意味でも語学学校選びは大事です。スパルタかセミスパルタか、自己管理力が強い人に合うか弱い人に合うか規則はどれほど厳しいかをしっかりチェックする必要がありますね。 語学学校の選び方は各々の性格や目標によって変わってきます。 フィルイングリッシュでは、留学の目的や目標、個々人の悩みや弱みに合わせ留学プラン作成及び留学中のサポートを無料で手伝いしています。 >>>LINE@から訪問まで、フィリピン留学相談の種類を選ぶ 理由2:安心できる環境 英語留学のために海外に行くとき、まず前提となるのは「治安面で安心できる」ことです。 もし留学先が、治安が悪いと英語勉強ところじゃなくなりますよね。また、日本人が一人もいない環境であれば、不安ですし情報収集も難しくなります。 セブ島留学の治安はどうでしょうか。 セブ島留学は実際行ってきた日本人が多いため、「たぶん大丈夫かな」という認識と、「東南アジアだから危ないでしょう」という認識があるかと思います。 フィルイングリッシュは、フィリピン現地で留学サポートデスクを運営しており、カウンセラーのフィリピン在住歴平均は7年となります。フィリピン留学専門のフィルイングリッシュが思うセブ島留学が安心できる理由は以下の3つです。 セブ島≒L.A同レベル?実はセブ島の治安はそれほど悪くない セブ島には日本人留学生が多い フィリピン人が平和である ということから安心できる環境で留学生活を送ることができるのです。 安心留学の注意点 セブ島に英語の勉強を目的として留学している人が大きな事件に巻き込まれる可能性は非常に低いです。 ですが、スリや盗難のような軽犯罪はまだまだ多く発生しています。 それらを回避するためには以下のことに気をつけてください。 かばんを前にかける かばんや荷物は自分の手元から離さない 日本の財布は持ち歩かない、小銭入れを使う 財布を持ち歩く場合は、前ポケットもしくはかばんに入れる 派手なブランド物を身につけない セブ島の治安に関する詳細については、【セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話 […]