Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

超ローカル!フィリピン留学生の交流の場、サリサリって知ってる?

「フィリピン英語留学中、放課後は何をして過ごすんですか?」よくこんな質問をいただきます。

フィリピン留学の放課後の過ごし方は校風やフィリピン語学学校の立地によって大きく左右されますが、

留学生は英語の学習が本業。しっかり自習をする時間を取りたいですよね!

しかし今回は、「机上での英語学習」ではなく、フィリピン語学留学というメリットを思いっきり利用した「実践英会話が出来る放課後の過ごし方」についてご紹介したいと思います。

こんにちは。フィルイングリッシュインターンの大山です。

今回ご紹介するフィリピンのサリサリは、オシャレなバーやレストランのような華やかさはないですが、古き良きフィリピンの文化が多く残ったどこか懐かしい光景や出会いを期待している方必見です!では早速、フィリピンローカル文化×フィリピン英語留学生の交流の場である「サリサリ」について見ていきましょう!

目次

  1. フィリピンのローカル文化!サリサリって何?
  2. クラーク留学生の溜まり場、サリサリに行ってみた!
  3. クラーク留学生に聞いた!サリサリの魅力って何?
  4. クラーク留学生独特の、サリサリの楽しみ方
  5. フィリピン留学生に教えたい!サリサリ豆地域

フィリピンのローカル文化!サリサリって何?

まず、フィリピン留学で誰もが出会える「サリサリ」とはどういう場所なのか説明していきましょう。


フィリピのコンビニ?!サリサリって何?


フィリピン留学中に1回は必ず耳にするであろう「サリサリ」。

サリサリ(Sarisari)とは、フィリピン現地の言葉であるタガログ語で「色々」という意味を持つフィリピンの簡易コンビニを指します。飲料水やお菓子、カップヌードル、果物、野菜や卵などの食品、洗剤や文房具や生理用品など、フィリピン人の生活に必要な「色々」なものが売られているフィリピン独特の小さなストアです。

10年前フィリピンにセブンイレブン等のコンビニがなかった当時は、スーパー以外で色々な商品を取り揃えているのはサリサリだけでした。その名残で今でも街中や住宅街に多くあり、コンビニやスーパーよりも値段が安く家から徒歩圏内にあることから、サリサリはフィリピンの多様な地域で、地元のフィリピン人の生活に溶け込んでいます。


フィリピン独自の文化!広いサリサリとご近所付き合い!


フィリピン·サリサリには、「街中にあり、物を売っているだけのサリサリ」と「住宅街など敷地の広い場所にありテーブルがあるサリサリ」に分かれます。フィリピン市内中心部のサリサリは物を売っているだけですが、フィリピン住宅街など敷地の広い場所にあるサリサリには、多くの場合テーブルとイスが置いてあり買ったものをその場で飲食でき、近所のフィリピン人の人々の憩いの場所になっています。子供から老人まで、多様な年代のフィリピン人がいます。

もともと大家族が多いフィリピン人は家族だけでなく近所の人とも助け合い子育てをし、付き合いが深いのです。

△フィリピン、ルソン島のクラーク地域にあるサリサリ。ストアの横に、買ったものをその場で飲食できるスペースがあります。屋根もついており荒れやすいフィリピンの天気に関係なく利用できるようになっています。結構広めですね!

△クラークのサリサリには鮮やかな緑色にペイントされた机とイスが数台置かれています。フィリピンでは赤や緑、ピンクや黄色などの原色など派手な色に塗装された建物や壁紙をよく目にします。

△昼間からクラークに住むフィリピン人少年たちがジュース選んではしゃいでいます。

△クラークのサリサリの内部はこんな感じ。食品から日用品など何でも売っています。フィリピンでスーパーに行くのが億劫なとき、外出先で何か急に必要になった時に大活躍です。

△1回用のシャンプーやボディソープ、石鹸、洗剤や柔軟剤などの日用品が見えます。他にもフィリピンでよく飲まれているインスタントコーヒーの粉、ピーナッツバター、調味料やガムなども売られていますね!

△クラークで生まれクラークで育ち何十年の、オーナーのフィリピン人おばちゃん。たまに見せる笑顔が可愛いと留学生からも人気です。

クラーク留学生の交流の場:サリサリに行ってみた!

フィリピン、クラーク地域のアンヘレス市にある、とある超ローカルサリサリが超アツいという噂を聞きつけ、フィルイングリッシュが一番盛り上がる金曜日夜を狙い、潜入捜査をしてきました。


華金にクラークの人気サリサリに潜入してみた!


金曜日の放課後、午後8時に早速クラークのサリサリを訪れたフィルイングリッシュスタッフ。外から既に、英語での話し声と音楽が聞こえてきます。盛り上がってるみたいでワクワクしてきました!中をのぞき込むと、既に10人以上の留学生や英語講師と思われる人々がお酒片手に談笑しています。

中は広くはありませんが椅子とテーブルが数台置かれており、座ってお酒やお喋りを楽しむことが出来ます。BGMは日によって異なるそうで、EDMやフィリピン歌謡などが交互に流れていました

△クラーク留学生や地元のフィリピン人の姿が見えます。クラークには歴史的背景からネイティブの方も多く在住している地域なので、お客さんのなかにちらほらネイティブの方もいました。

あたりを見回すと、クラーク地域の留学生や英語講師とじっくりお酒やご飯を食べながら語っています。がっつりフィリピンのお酒を楽しむことも出来ますし、自習後のちょっとした時間でサクッと飲むことも出来そう。金曜日の夜だったので、身動きが取りにくいくらい沢山の留学生が押し寄せていました。

テーブル席は満員、サリサリの外まで人が溢れかえり、ビールを片手に立ち飲みで飲んでいる人も。その様子はさながらスタンディングバー!基本的に夜間は夕方から24時過ぎまで営業していますが、21~23時がピークでしたね。クラーク留学だけではありませんが、フィリピンの語学学校の99%は門限がありますのでご注意を!お開きになった後、寮に戻る人もいれば、まだ門限まで時間があるのでバーやクラブが多くあるクラーク·アンヘレスの夜の街に繰り出す人もいました。

△華金のクラーク・サリサリに訪れた男女:お酒を片手に様々な話が飛び交います。


クラーク人気サリサリのフードメニュー


ドリンクやフードのオーダーの仕方はいたってシンプル。最初にサリサリ内に置いてある大きな冷蔵庫に行き、自分が好きな飲み物を取り出します。中にはフィリピン地ビールと韓国の焼酎が。お酒を飲めない留学生や未成年の留学生はジュースを選びましょう。飲み物やおつまみを選び、フィリピン人の店員さんに代金を支払って空いている席に座り飲み始めます。

△写真左:アップル味のビールをドヤ顔で見せるベトナム人来客。/写真右:ビールが苦手な方の為に、ジュースやカクテル系のお酒も常備されています。

通常のサリサリには、飲み物はジュースやフィリピンを代表するサンミゲル社のビール数種類、甘めのお酒やブランデー等が置いてあります。食べ物はフィリピンのお菓子数十種類やおやつが置いてあり、注文すればフィリピンのローカルフードを楽しむことが出来ます。食べたいときにオーダーと支払いをすれば問題ありません。

日本人留学生に人気なのは、フィリピン版の串焼きであるバーベキュー。もも肉やミミガーなど、様々な種類の様々な部位を取りそろえ、1本ずつオーダーできます。料金は1本10~15ペソ(約25~40円)ほど。東南アジア独特の、さっぱりとした飲みやすいフィリピンビールのおつまみとしてピッタリです。

△クラーク・のサリサリのフィリピン一品料理料金表。フィリピン風焼きそばやひき肉・玉ねぎなどをニンニクなどと一緒に炒めたシシグというフィリピン料理から選ぶことが出来ます。料金は45~110ペソ(約100~250円)ほど。フィリピン人の店員さんがオーダー後に作ってくれます。ここはクラークですが、地方によってフィリピン料理も少し異なるそうなので、フィリピン旅行でサリサリを巡るのも楽しそうですね。

△クラークのサリサリにおいてあるお菓子類。甘いものから塩気があるものまで味が多様なフィリピンのお菓子は選ぶのも楽しいです^^「Oishi」というタイ発の食品会社が出しているお菓子はフィリピンでも大人気。個人的に、日本にはないビネガー味のお菓子がお勧めです。

△クラークのサリサリにおいてあるカップラーメンや缶詰類。フィリピン、クラーク留学中でも、飲んだ後のしめラーメンが可能です!(笑)

クラーク留学生に聞いてみた:サリサリの魅力って何?

活気あふれるフィリピンのサリサリですが、何がそんなに魅力なのかをまとめてみました。


フィリピン人や留学生と英語で話すことが出来る! 


フィリピン留学中は、校内で一緒に時間を過ごすバッチメイト、ルームメイト、クラスメイトと特に仲良くなるケースが多いです。それ以外で接点がない留学生とは、なかなか喋る機会が持てません。

ただし、ここサリサリでお酒が入ればいつもより口数が増え、気軽に英語で会話が出来るようになります。特に混んでいる金曜日の夜だと、グループという枠がなく、留学生と留学生の距離が近いです。ふと、隣にいる人に気軽に英語で話しかけて交遊を広げる風景をよく見かけます。

また、フィリピンで英語勉強している留学生や英語講師以外にも、場所によっては地元のフィリピン人が多く飲みに来るサリサリもあります。教室ではない場所で、英語講師ではない人たちと英会話に身を投じるのもフィリピン英語留学の醍醐味です。フィリピン人は人懐っこくお喋りが大好きなので、放課後や週末も積極的に英語を使って交流してみましょう。

★クラークのサリサリを利用されている方に電撃インタビュー

△クラークのサリサリをこよなく愛するクラークCIPの重鎮Sさん(仮名):こちらのポーズでクラークのみならずフィリピン東西南北を見定めているとの事です。(笑)

PE:この度はインタビューを快く受けてく下さりありがとうございます!Sさん。

S:かまわないよ少年!フィリピン·クラークのこと、サリサリのこと、なんでも聞きなさい。

PE:ありがとうございます!早速ですが、サリサリには週に何回のペースで来られていますか?

S:来ない日は無いよね、クラークのサリサリを愛しているから。

PE:驚きました、毎日ですか!?それでは、毎日どの商品をこのクラークのサリサリではいただいていますか?

S:ジュース以外は全て飲んだね。僕としては気分に合わせてお酒を選ぶ、それが良いんだ。

PE:なるほど、大人のお酒の飲み方ですね!とても参考になります、フィリピン・クラークでのお酒の嗜み方まだまだ未熟者ですが頑張りたいと思います。それではズバリ聞きます!フィリピン・サリサリの魅力とは何ですか?

S:フィリピンのサリサリでは、留学生同士は勿論だけど、近くに住んでいるフィリピン人たちも訪れるから、気軽に英語を使える機会があるんだ。特にここクラークだと欧米圏の人も多くいる!色んな国籍の人と、語学学校でフィリピン人の先生から学んだ英語をここサリサリで実際に使う!フィリピンの、そしてクラークのサリサリは英語学習のアウトプットの場所さ!生きた英語を学びたかったら、クラークのサリサリに来な、共に英語を学ぼう。

この度は、クラークのサリサリについて真剣にその情熱を語ってくださったSさん。私たちフィルイングリッシュ取材中も何度も撮影に協力してくださいました。私達にいろんなことを教えて下さった後、人知れずクラークの夜の街へと足を運ばれたとの事です。本当にありがとうございました。

>>>サリサリ交流が盛ん!クラーク留学の詳細を見る

>>>クラーク留学はこんな方におすすめ!


フィリピンならではのお酒を飲み比べして楽しめる!


フィリピンの定番のお酒、サンミゲルには様々な種類があります。アルコール度数の低い順から時計回りに

Lemon, Apple, Light, Premium, Pilsen, Dry, Red houseと並びクラークのサリサリでは常に常備されています。それでは、フィルイングリッシュが体当たり取材といたしまして実際に飲み比べをしてみました。

  1. サンミゲルLemon

さわやかな酸味とキレのいい炭酸のお酒です。アルコール度数は3%とかなり低めなのでお酒が苦手という方にオススメの商品。弊社の女性スタッフいわく、ちょっと味が濃い目のスナック菓子との相性が非常にいいとのことです。

  1. サンミゲルApple

クラークのサリサリを利用されていた女性留学生の一番人気のお酒です。アルコール度数は3%。ほんのりと甘い味で、ビール独特の苦みがないのでとても飲みやすいです。ほろ酔いしたい方にはオススメです。

  1. サンミゲルLight

サンミゲルのレギュラードリンクで、フィリピンでお酒初心者の方はまずサンミゲルLightを飲んで、体の調子を確かめる事を推奨します。純粋なビールの味がしてアルコール度数は5%です。日本のビールと比べるとサラッとしており、非常に飲みやすいです。

  1. サンミゲルPremium

サンミゲルLightよりも少しまろやかな落ち着いた味のお酒。アルコール度数は5%で、サンミゲルラインで最も強めの価格設定がされている分、一番日本人の舌に合っている美味しいビールです。サリサリやローカルな飲食店では置かれていないことも多々ありますが、クラークのサリサリには常備されていますよ!外出した際も、少し高めのレストランやバーで年配の客さんが良く飲まれている印象でした。ゆっくりと話しながらお酒を楽しみたいという方にオススメの商品です。

  1. サンミゲル Pilsen

東南アジアのビールにしては苦みと飲みごたえがあるビール。アルコール度数は5%で、ライトの次にポピュラーなサンミゲルビールです。日本のビールに一番近い味で、大人の男性に人気です。

  1. サンミゲルDry

こちらはサンミゲルの生ビールバージョンです。フィリピンでは生ビールは少しお高い値段になってしましますのでおサイフ事情が笑えない方は控えた方がよろしいかと思われます。正直な意見、味はサンミゲルLightと変わりません。

  1. Red horse

(僕から見た)Red horseはただ酔いたい、ただアルコールが欲しいという方だけが飲むべきお酒です。アルコール度数は7%。よく真昼間から地元のフィリピン人のおっちゃん達が飲んでる姿を目にします。クラークのサリサリはビンタイプで量も多いので飲む時には誰か頼れる人をそばにおいてください。

フィリピン留学生に教えたい!:サリサリの豆知識


フィリピンではボトルのキープも出来る!?


基本的に持ち込みは暗黙のルールでNGですが、仲良くなれば自分が買ってきたお酒のボトルをキープしてもらうことも出来るかも?スーパーで安く購入して、フィリピン人の店員さんにお願いすればできる人もいるそうです。こちらのボトルキープは店員さんにいかに気に入られるかが大切だとのこと。クラークに長く滞在されている方でも簡単には出来ないんだとか!


フィリピンでは商品を1本·1個単位で買える!


タバコ、卵、女性の生理ナプキンなど、日本では箱パックで売られているものがほとんどですが、フィリピンのサリサリでは1本·1個単位で購入することが出来ます。外出先で急に必要になったときや多くは要らない時に箱で買うと、邪魔だし高いですよね。そんな時は、是非サリサリを探して購入してください。

また、フィリピンでは1回用の洗剤やシャンプー、柔軟剤も多く売られています。必要な時にその都度小さく安いものを買うことが、フィリピン人が最もお得と考える買い方なのだとか。サリサリはフィリピン全土にあるので、旅行の際も現地で気軽に購入が可能。わざわざ重たい荷物を持っていく必要がないので、とっても便利です。


実はフィリピンの隠れ名スイーツ売り場


お酒のことを沢山書いてきましたが、実はサリサリはフィリピンのスイーツ天国でもあるんです♬

フィリピンの街中にあるレストランでは、ハロハロやマンゴーシェイクなどお洒落で日本人にも馴染みがあるものを売っていますが、いかんせん料金が高い!(※高いと言っても150~500円程度です。)

ここで、サリサリに売っているスイーツはもっと美味しくて安いよ!ってこと声を大にして伝えたいです!!!料金もレストランと比較できないくらい安く、フィリピン人のおばちゃんが手作りで作った既製品ではない美味しさがそこにはあります。

△フィリピン風かき氷である「ハロハロ」。日本のものと違い、タピオカやゼリー、アイスクリームなど様々な具材が入り練乳をかけて食べます。私は行きつけのクラークのサリサリで好きな具材を多めに入れてもらっています。(写真はイメージです)

フィリピン留学サリサリ:まとめ

今回はクラーク留学生に愛されているサリサリを取材しましたが、サリサリ自体はフィリピン各地にあり第2の留学生活の場として愛されています。フィリピン·サリサリのメリットは以下の通り!

  • 英語のアウトプットができる!
  • フィリピンのローカル文化を体験できる!
  • 日用品を便利に安く購入できる!

フィリピン留学中、クラーク留学中はぜひ、英語コミュニケーションの場として利用してみてくださいね!

インタビューに協力してくださった店員さん、お客さん本当にありがとうござました!

>>>フィリピン留学コラム一覧を見る

>>>気になることをLINEで聞いてみる

△ページのTOPに戻る

 

クラーク/アンへレス留学

クラーク地域は、フィリピンの首都であるマニラから、車で約2時間ほど北上したパンパンガ州の中にあります。日本からのアクセスが良く1~2週の短期留学にぴったり。過去に米軍基地があったことから英語ネイティブが多く、講師・留学生が多国籍のバラエティーあふれる留学先としてオススメです。

>>>クラーク留学オススメ語学学校一覧を見る

フィリピン・クラーク留学はこんな方におすすめ!

「フィリピン留学+欧米留学」が体験できるのは、ここクラーク留学だけ。日本の英会話塾に通ったり欧米留学に行く費用とは比べ物にならないほど格安の留学費用でネイティブ講師のマンツーマン授業を受けることができます。ネイティブ講師の授業では主に本場の英語発音トレーニングや英語の言い回し、また英語圏の文化を学ぶことが出来ます。

>>>クラーク留学オススメ語学学校一覧を見る

よく読まれている留学体験記