Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

バギオMONOL留学体験談:MONOL IELTS留学コースで学んだ2人の留学生


バギオMONOL留学 MONOLのIELTS留学カリキュラム


お名前:Toshi

留学コース:IELTS

留学期間:8週間

MONOLのIELTSコースのどの英語講師もとても分かりやすく熱意を感じました。カリキュラムは1日8時間で毎日程よい忙しさでした。グループ・個別ともに良く出来ていて、最高のIELTSカリキュラムだと思います。特に、日本人はライティングとスピーキングが苦手なので、そのふたつに多くの時間をかけられるのは良いと思います。リスニングは復習できないので辛い…。MONOLの教科書は余計なことが書いていなくてとても分かりやすいので、一生使っていくと思います。


バギオMONOL留学 IELTSコースの講師陣


担当してくれたIELTSコースの英語講師全員が分かりやすかったです。雑談で終わることはなく、点数を取るために熱意をもって教えてくれます。どのように解けばよいのかを教えてくれてとても役立ちます。経験豊富な英語講師が多いです。MONOLでは特に困った経験はありません。Wi-Fiは聞いていた通り、本当によくつながります。3人部屋でしたが、動画も見られます。IELTSコースのフロアは少し臭います…。ライティングの宿題が2,3つ出るので、初めは宿題だけで4時間とかかかりますが、次第に慣れて早く終わるようになります。そのため、自習自体は1日に3時間くらいしていました。MONOLのIELTSコースは特にIELTS初心者の留学生におすすめです。初めの1か月はレクチャーが中心で、IELTSについて完璧に教えてくれます。

模試 OA L R W S
4/7 5.0 3.5 6.0 5.0 5.5
4/14 5.0 4.5 5.0 5.0 6.0
4/21 5.5 5.5 6.0 6.0 5.0
4/28 5.5 5.0 5.5 6.0 5.5
5/5 6.0 5.5 5.5 6.0 6.0
5/12 5.5 5.5 6.0 5.0 5.0
5/19 6.0 5.5 5.5 6.0 6.0
5/26 6.0 5.5 6.5 6.5 6.0

バギオMONOL留学 MONOLのIELTSを学んで


お名前:Mell

留学コース:ESL+IELTS

留学期間:20週間

MONOLのIELTSコースでは、Writing, Listening, Speaking, Readingのすべての面で成長を感じられるような授業内容でした。ただ、毎週模試があるのは少し多いと感じました。2週に1回で十分かと…。全体的にはIELTSの英語講師について満足でした。多くの講師が誇りをもって仕事をしていましたが、中にはやる気のないIELTSの英語講師や発音に癖のある英語講師もいて会話を理解することが難しい時もありました。もし、合わない講師がいたら変えるという選択肢もありましたが、性格的に言い出すことができませんでした。ただ、多くのIELTSの英語講師がフレンドリーでとても楽しく過ごせました。


バギオMONOL留学での生活!


雨が降るとWi-Fiがとてつもなく遅くなります。LINEのメッセージ1つ送るのにも結構な時間がかかるくらい。ヨガルームのマットはみんな土足で使っているし、見た目も衛生的にもあまりよくなさそうと感じました。また、週末のご飯がひどくて食べるのを避けていたのですが、平日のみで食べていた感想としては、最初のころの2,3か月はおいしくなかったんですが、最近はメニューが変わってとても美味しくなったと思います!!私自身EOPを意識することによって、日常生活での会話や分を頭の中で組み立てるスピードが身につけられたのではないかと感じています。本当に勉強するなら、MONOLのEOPはとても良いと思います。もしほかの人が守っていなかったとしても自分には厳しくすると上達も早くなります。

バギオHELPロンロン留学体験談:バギオHELPロンロンの各授業の様子!


バギオHELPロンロン留学の授業と英語勉強のヒント!


お名前:キム・キョンソン

留学期間:12週間

留学コース:ESL-5

こんにちは、バギオのHELPロンロンに通って3週目となります、キム・キョンソンと言います。今回は実際に私が通っているバギオHELPロンロン校の授業スケジュールと英単語を覚えるためのヒントを紹介しようと思います。この情報はこれから来る留学生に対してもとても有益な情報だと思います。(実際に私は留学の初めの頃はこのスケジュールについていくのに苦労しました笑)

※GrammarもWritingの教科書を使い学習をしていきます

HELPロンロンでは5冊の独自の教科書を使って授業をしていきます。実際に英語講師と授業する時間は6コマです。(ライティングとグラマーの教科書が一緒のため)授業はマンツーマン授業がリディング、スピーキング、ライティング、リスニングであとグループ授業とMRC(Morning Reading Class)があります。また、全てのレッスンはレベル別に分かれて学習をします。


バギオHELPロンロンの1日のタイムスケジュール


次にHELPロンロンのクラスのタイムテーブルを紹介してきます。HELPロンロンでは毎朝、07:00からスタートします。一番初めの授業はMRCです。MRCとはシャドーイング(音源から流れる音声をすぐに口に出して朗読すること)をメインに英単語、文章の理解、発音を同時に学んでいくことを目的にしている授業です。

そのあと、08:00~17:00までスケジュールに従ってマンツーマンクラスとグループクラスを受けていきます。また、一人一人に授業がありますのでそこは注意してくださいね!授業と授業の間には休憩も取る事ができます。ただスパルタ校のため、授業の数は結構多いです。(そこは大変ですけど( ;∀;))17:00には全ての授業が終わり、夕食の後18:20から授業がスタートします。スペシャルクラスでは、ディスカッションのクラスや発音のクラス、映画ディクテーションのクラス、ズンバダンスのクラスなど楽しみながら授業を受ける事が出来ます。必ず最低でも、1クラス選ばなければいけません。

スペシャルクラスが終わった後、20:20から単語テストが開始されます。単語テストは自分で発生した音をレコーディングしてそれを聞いて、問題を解いていきます。毎日25~50個です。(レベルに合わせて数は変わります。)加えて、その後にパターンスタディ(英語の文章のパターンを覚えて、それをテストし、間違えがないかチェックされます)があり、それで一日の授業が終わります。


バギオHELPロンロンで英単語の簡単な覚え方のコツ!


HELPロンロンキャンパスのほとんどの留学生は英単語テストとパターンスタディの結果によってはペナルティを受ける可能性があります。かなりストレスです😢(ペナルティは罰金などがあります。)そのため、今回、皆さんに簡単に英単語を覚えられるヒントを教えようと思います!まず最初にノートを半分に分けてください。半分には母国語、片方には英語を書きます。そして、以下がそのステップです

1.英語と母国語の両方を書いてさらッと確認する。

2.次に母国語の方を隠して、英語を見ながら意味を書きます。

3.次は反対で英語を隠して、母国語を見ながら英語を書きます。

4.テストと同じ形で英語を聞いて、英語を答えます。

5.これを5回ほど続けると簡単に覚えることができます。

ぱっとみたらすごく長い様に感じますが、実際にしてみると30分もかかりません。短い時間で効果は抜群です!セルフテストは自ら聞いたり口で言ったりしなければなりません。パターンも同じで方法で2~3回繰り返すと覚える事ができます。分からない文章は赤いマーカーでチェックしておくとよりスムーズに覚える事が出来ます。


バギオHELPロンロンを留学して思うこと


ここまでで、クラスのスケジュールと英語を覚えるためのヒントを伝えてきましたが、実は最初はバギオのHELPロンロンのスケジュールについていけるか!とずっと思っていました。どんなに時間が経ってもなれないだろうと思っていた矢先、気づけば最初の3週間の留学でピッタリ適応していました(笑)3ヵ月もなれば、そこに住んでいたかのように快適に留学生活していると思います。www確かに最初は苦しいですが、1週間もしないうちにHELPロンロンのキャンパスが、マシになりますよ!


バギオHELPロンロン、グループアクティで感じた大切なもの


お名前:オジョンギル

留学期間:12週間

留学コース:ESL-5

私はオジョギルと言います。2017年の5月中旬にバギオのHELPロンロンに留学に来て早、3週間経ちます。早今回私はバギオHELPロンロン校のグループスタディアクティビティについて紹介したいと思います。グループ活動は通常3~6人ほどの人数で行い、スピーキング、リスニング、グラマーの授業を行います。また、ときどき、あるテーマをもとにプレゼンテーションを行う時もあります。


バギオHELPロンロンプレゼンテーション[Cooking Show]


今回、私たちが行ったプレゼンテーションのテーマは『Cooking Show』です。私たちのチームはスンドゥブチゲを作るプレゼンをしました。食べモノの紹介と材料、作る過程をHELPロンロンの英語講師や他の留学生に紹介しました。実際にスンドゥブチゲを作ってみんなで試食したりもしました。このプレゼンをするためにチームの仲間で一緒にバギオのマーケットに食材を買いに行ったり、レシピを英語で説明できるように台本に書いてみんなで練習をしました。食品を調理するプロセスも英語で設枚しないといけないため、何度も何度も英語の表現の仕方について英語の壁にぶつかりました。でも、そのおかげでとても多くの英単語や英語のフレーズを覚えました。


バギオHELPロンロンの留学で手にした経験


もちろん、人前でプレゼンテーションをする事は本当に緊張しました。しかし、その経験が、英語に対する自信を付けてくれたと思います。グループスタディを通して思い出を作ってきましたが、英語を使うということの恐怖心の克服や、グループに積極的にコミュニケーションを取るという経験はこれからの敬語学習の向上並びに人生の大きな財産になったと思います。

セブ島CELLA留学体験談:ACEフライトアテンダントコースで留学した女子留学生のCELLA UNI体験談


セブCELLA UNIでの4ヵ月の留学!


お名前:LINA

留学コース: Power ESL7+ACEフライトアテンダント

留学期間:16週間

 

こんにちは!CELLAのユニキャンパス(Uni campus)でACE(フライトアテンダント専門)コースを受講していたLinaです。実は私は、語学留学先の国をどこにするか選ぶ中で最初はフィリピンを選ぶ考えは全くありませんでした。そんな私がなぜフィリピンを選んだかと言うと、セブ島のCELLAにはフライトアテンダント養成専門コースがあったからです。フライトアテンダントに興味はありましたが、私の専攻は航空系とは全く関係ない分野でした。語学留学を機に少しでも知識を付けることが出来たら、もしかすると将来の就職に少しでも役に立つかもしれないという思い、CELLAに留学を決意したのです。最初は英語の基礎を固めなければならないので、最初の1か月はPower ESL7コースを、残りの3か月はACEフライトアテンダント養成コースを受講することになったのです。


CELLA UNI のAECキャビンアテンダントコースとは?


CELLAの公式ホームページに記載されている説明文を拝借すると、フィリピンで初めてのフライトアテンダント養成コースであり、韓国のANC客室乗務員専門塾との業務提携した、「航空会社の就職にフォーカスを合わせた就職準備コース」です。授業は一日に8コマあり、ESL科目マンツーマン2コマ、ACE科目マンツーマン2コマ、ESL科目グループ2コマ、ACE科目グループ2コマ、そしてセルフスタディ1コマの時間割で構成されています。 ACEコースの授業は、フライトアテンダントの就職活動の際に必要とされるInterview、Essay writing、Group discussion、Panel interviewの対策を中心に構成されています。ESLコースや他のコースとの最大の違いここにあります。


AECキャビンアテンダントコースの授業


1) 授業

私の時刻割は、4コマESL科目+4コマACEコースの授業で構成されています。 ACEフライトアテンダント養成コースでは、Flight announcement、Panel interview、Writing、Article readingを学びます。 2コマのグループ授業がありますが、現在CELLAのUNIキャンパスではフライトアテンダント養成コースを受講する留学生が私一人なので、グループ授業はマンツーマン授業に代えられています。午前のグループ授業では、Flight announcement、Panel Interviewに関する授業が行われ、午後には記事を読んでSummary、Opinion、Experience、Conclusionの練習をします。

2) Flight announcement & Article reading

Flight announcementは、実際の航空会社で使用しているさまざまな状況の機内放送を使い授業が行われます。普段私は、英語の文章を読むか、または話をするときのイントネーションや区切り方、発音に自信がなく、最初はFlight announcementの授業が一番心配でした。しかしスマートフォンの録音機能を使って、自分が読んだ英文の強制を根気強く先生としていく中でかなり改善でき、自信に繋がりました。Articlereadingは新聞記事を読んで、それに応じSummary、Opinion、Experience、Conclusionをフライトアテンダントという職業と関連させて作成し、発表を行うことになります。最初は即座に記事を読み、記事と私の考えを一度にまとめて英語で話すということが非常に難しく苦労しましたが、この授業を通し自分の英語の癖(例えば長文を話すときにandを使いすぎている等)を知ることができました。また、先生が小さいミスを毎回逃さず丁寧にフィードバックをしてくれたので、自分の弱点を集中して矯正することができ、練習を重ねるごとに考える時間も短縮され、英語も正しい文法を使いよりナチュラルに話ができるようになりました。 Article readingの授業では、面接対策だけでなく英語の基礎力も鍛えられたと思います。

3) Panel interview & Assignment

Panel interviewはすぐにACEのフライトアテンダントの面接英語の対策授業です。実際に面接に出てくる質問の回答の仕方を練習します。私の専攻は航空系とは全く関係のない分野なので、今まで考えたこともなかったトピックについて考えることができました。どのよう言えば、どんな単語を使えば上手く英語で表現できるか?もっと適切な表現はないか?いつも悩んで回答を作成します。同じ単語や表現を連続して使わないようにすると、その分語彙力や文法力が豊かになり表現力も高度なものになります。フライトアテンダントという職業と資質について考える機会にもなり、モチベーションの維持にも繋がりました。

毎週金曜日に行われるAssignmentは正~言葉実際の面接のような雰囲気で行われます。この日だけは、実際の面接に臨むようにメイクや服装にも気を使い出席しなければなりません。普段仲の良い先生が真剣な表情で座っていた最初の授業の面接練習では、とても怖くてその場から逃げ出したいとまで思いました。この授業の面接練習の際に泣き出した留学生も多くいたという話をたくさん聞いていたので、とても怖かったのです。最初の面接練習では、どのよう面接に臨んだかさえ記憶から飛ぶほど緊張してミスも多かった気がします。自信がなくなり、ここまで出来ない自分が恥ずかしく悔しかったのを覚えています。しかし、毎日面接の練習を繰り返しながら、最初に比べると不安要素もどんどん消え、緊張感も克服することができました。準備をすればするほど、より良くしたいという欲も強くなりなり自信もついてきました。

4) Writing

ACEフライトアテンダントコースのWritingの授業では、エッセイとカバーレターと履歴書の書き方について学びます。先生によって授業の方法に少しずつ違いはありますが、私の場合、一日一つのテーマに基づいてエッセイを作成し、それをもとにフィードバックを受ける授業が行われています。 ESLコースと比較すると、普段あまり使っていなかった英語を使用し、単語や文法のレベルが上がったことを実感することができました。より体系的にエッセイを書くという印象です。カバーレターと履歴書の書き方は、来月から学ぶ予定です。


現在まで、ACEフライトアテンダントコースを留学して思ったこと


先生何人かが私にACEコースの留学生はストレスを受けると思います。」と聞かされました。実際にESLコースと比較すると、宿題も多く、準備しなければならない課題もあります。平日は外出が出来ないくらい勉強量が多く、ストレスの連続でした。平日に外出をしてしまうと、寝る時間を削り宿題をしなければなりません。本当に英語力が上がっているのだろうかと悩み、ESLコースに戻ろうともしました。しかし、悩みながらもこれは2度と出来ない経験だと言い聞かせ、あきらめず勉強を続けました。間違いだらけだった赤ペンのしるしがどんどん減り、答える時間も短くなったことを実感したときは、今までの時間は無駄ではなかったのだと本当に嬉しかったです。早く一日が終わればいいのにと思っていた毎日から、自分の可能性に期待できる日々が始まりました。私はまだCELLAでフライトアテンダント養成コースを受講している途中ですが、漠然としたフライトアテンダントという夢に少しずつ近づいていく実感があります。受講生が多くないこともあり、私を担当してくれる先生一人一人の愛情を感じながら集中的に勉強の管理をしてもらえるのも大きなメリットだと思います。他のコースに比べて課題も多く、ストレスも多いですが、その分やりがいがあり貴重な経験をしていると心から感じます。留学も後半に差し掛かり、本格的にフライトアテンダントの就職準備を進めています。必ず後には内定をもらって、いつかこの留学体験談の後日談をかける日が楽しみです。

バギオTALK留学体験談:TALK ENEのIELTSコースの留学とTOEICコースの体験談


バギオTALK ENEでIELTS留学!


お名前:Edward Lee

留学コース:Intensive IELTS

僕は、フィリピンのバギオにあるTALK語学学校でIELTS対策の留学をしました。オーバーオールで6.0のスコアが必要だった僕は、自分の性格上留学中の生活面と勉強面をしっかり管理してくれる語学学校が向いていると思い、スパルタ式の語学学校の聖地であるTALKのENEセンターを選びました。

フィリピンという国が初めてでもあったため、いざバギオに来てみると慣れないことも多々ありました。IELTSを韓国で勉強していた時のスコアは4.0で、目標スコアである6.0には程遠い状態。韓国の塾ではグループ授業で他の学生と一緒に勉強するので、自分が質問したいことや分からないことを一つずつ解決していくことは不可能でした。そういった理由もあり、マンツーマン授業をメインに受けられるフィリピン留学に興味を持ち始めたのです。実際に留学してみると、特にIELTSスピーキングとライティングを1対1で個別に指導してくれるのは非常に効果的で、3か月で目標スコアを達成できました。


バギオTALK ENEでIELTSコースの授業カリキュラム


TALKではIELTSコースは、マンツーマン授業6コマ、小グループ授業が1コマ(留学生4人に先生がひとり)の時間割で行われます。夕食が終わると、毎週月曜日、水曜日、金曜日にIELTSのWriting task2を練習します。火曜日と木曜日はListeningのテストを受けます。一番苦手で面倒くさい分野ですが、放課後の時間に集中的に授業が行われることによって効果的にスコアを上げれたと思います。

IELTSは語学学校の専門講師が指導してくれるからという理由だけでスコアが伸びるものではありません。本人の努力が何よりも重要な試験です。特に、Readingは英語で授業が行われるため、自分の母国語で勉強するよりもむしろ時間がかかることもあります。ただし一般的な英語試験とIELTSが違う点は、英単語の意味を色々な意味を知っていなければならない点です。そういったIELTSの試験の特性からも、英語で英語の試験を対策することは非常に役に立ちました。授業はもちろん生活の色々な面で英語に触れるので、固定観念から抜け出し、単語が持つ多様な意味や表現を知ることが、ハイスコア獲得につながったと思います。


バギオTALK ENE留学の最後に!


TALKのマネージャーさんたちの留学生に対するケアには特に感謝したいです。マネージャーさんがIELTSのスコアを上げるコツを直接伝授してくれるわけではありませんが、留学中の精神的に落ちている時に話を聞いてくれモチベーションを上げてくれたり、勇気付けてくれたりと、とてもお世話になりました。マネージャーさんのケアがあったからこそ、英語勉強だけに集中できたのだと思います。IELTS対策でフィリピン留学を検討されている方の中でも、しっかりとしたケアや個別のサポートを必要としている人にお勧めしたいです。


バギオ TALK ENEでTOEIC留学!


ご留学者:女子大学生

留学コース:Intensive TOEIC

私がバギオ・TALK ENEに留学を決めた一番の理由は、基礎英語力・スピーキング力を向上させるためです。ただ、同世代の人達が少しずつ就活を始めている中で来ているので、この留学が無駄にならないように確実に結果として残るTOEICのスコアが必要でした。また、6か月も同じ環境にいると怠けてしまうので、同じ語学学校の中で校舎とコースが変えられることがTALKを選ぶ大きな決め手となりました。

先日受験した公式TOEICで、過去のスコアより200点以上上がり目標点数を大幅に上回ることができました。TOEICコースに変更して間もないですが、4か月間のESLコースで英語力が上達しスコアアップにつながったのだと実感しています。はじめは授業中に先生が何を言っているのか理解できなかったし、自分の英語も理解してもらえないということが多々ありました。時間が経つにつれて理解できるようになり、今では先生とコミュニケーションをとりながら楽しく授業を受けています。


バギオTALK ENEでTOEICコースの授業カリキュラム


TOEICコースの最大の特徴は、月曜日から金曜日まで毎晩TOEICの模擬試験を受けることです。そして次の日に先生と一緒に間違った問題を復習します。体力的にはかなりきついですが、これをこなすことで2時間という長い試験時間に慣れるし、出題傾向を把握することができます。また、韓国の模擬問題が多いため、復習をするときにスクリプトが読めません。わからない単語の意味を調べたり、答えの手がかりを自分で探したりすることでより実力がつきます。


バギオTALK ENE留学の最後に!


TALKは真剣に英語を勉強するのに適していると思います。洗濯や掃除、食事の準備は全部スタッフがしてくれるので勉強に集中できます。エアコンのいらない快適な気候も大きな魅力です。日本人マネージャーが在中しているので、何か問題があった時はすぐに相談できるし解決してくれます。また、勤勉な留学生が多いので夜遅くまで勉強したり、土日もずっと勉強していたりする姿を見ると自分も勉強しようという気持ちになります。苦労の多い留学生活ですが、その分しっかりと結果が出ます。TOEICを集中して勉強したい人におすすめの語学学校です。

セブ島CEBU STUDY留学体験談:セブスタディで学んだ5人の留学生へインタビュー!


セブ島セブスタディで4週間の短期留学!


お名前:JULIE

留学期間:4週間

留学コース:PREMIUM ESL

Q.セブスタディを選んだ理由を教えてください。
親戚の紹介でセブスタディを選びました。

Q.セブスタディの最大の魅力ポイントはなんですか?

全部屋1人部屋利用

学費が格安

語学学校の規模が小さく、雰囲気がアットホームでご飯が美味しい。

Q.英語の勉強の仕方、どうやって努力したかおしえてください!
予習復習を徹底して、暇な時間は洋画を沢山見ました。フィリピン人英語講師たちと外出も沢山して、英会話の時間を持とうと努力もしました。

Q.一番記憶に残っている英語講師を教えてください。
ゾナ先生 : 留学生の会話力を引き出す授業をしてくれる
エルシー先生 : 勉強をしながら、分かりやすく発音や文法などの訂正をしてくれる

フランク先生 :生活に必要な表現を沢山教えてくれる

ジェーン先生:細かい部分をしっかりと教えてくれる

Q.セブスタディの食事、清掃、洗濯サービスはどうでしたか?
食事はフィリピンの語学学校ということを考えたらかなり良い札と思います。部屋の掃除も綺麗にしてくれましたが、エアコンのフィルターの掃除も毎回してくれたら嬉しいかったです。

Q.最後に、セブスタディの未来の留学生に一言お願いします!

フィリピンの語学学校は、セブスタディには英語の勉強をしに来る場所です。

平日には頑張って勉強して、週末にはセブ島を思いっきり楽しむことが出来ます。他の留学生の邪魔をせず、


セブ島セブスタディの小人数+ストレスフリーの留学


お名前:JOO

留学期間:8週間

留学コース:General ESL

Q.セブスタディを選んだ理由を教えてください。

知人の紹介で

Q.セブスタディの最大の魅力ポイントはなんですか?

家族のような雰囲気

多様な年齢層

全部屋1人部屋

Q.英語の勉強の仕方、どうやって努力したかおしえてください!

セブ島で留学生の人たちとは、一緒に旅行に行ったりセブ市内で遊んだりしました。フィリピン人英語講師たちと過ごす時間も多く、教室ではない場所で日常的な場面で使える英語の表現を多く学びました。人によって勉強法は違うと思いますが、私は電話でデリバリーピザの注文など様々なシュチュエーションで使う実践英語レッスンをしました。楽しみながら自然に習得できる良い方法だったと今になって思います。


Q.一番記憶に残っている英語講師を教えてください。

留学中に英語講師を変更したことが1回あるだけで、あとは全員とても良い英語講師で気持ちよく授業を受けることも出来ました。全員が情熱を持って教えてくれたのが記憶に残っています。

Q.セブスタディの食事、清掃、洗濯サービスはどうでしたか?

セブ島にある他の語学学校で留学したことがあるのですが、清掃は綺麗にしてくれましたが洗濯は週に2回だけ、食事の質もかなり悪かったです。

セブスタディは少人数の語学学校なので食事に関してストレスを受けたり、食べれない日はありませんでした。洗濯物は毎日出すことができ、その日に洗い上がるのでとても便利で快適に過ぎせました。

Q.英語勉強以外で記憶に残っているセブ島の思い出はありますか?

勉強に集中できないときは、旅行によく行きました。気分転換にもなり、以降の勉強も集中して出来るようになりました。セブスタディの友達と一緒にボホールに行ったのはいい思い出です。

Q.最後に、セブスタディの未来の留学生に一言お願いします!

一般的にフィリピン英語留学に来ている人の大部分は学生ですが、セブスタディは社会人留学やフリーランサーのような方におすすめできると思います。セブスタディの校風は厳しくありませんし、少人数制なので要望も比較的柔軟に通してくれます。年齢で英語留学を迷われている人におすすめしたいです。


セブ島セブスタディ16週間の大人留学


お名前:HIDE

留学期間:16 週間

留学コース:Premium ESL

Q.セブスタディを選んだ理由を教えてください。

友達の知り合いの紹介

Q.セブスタディの最大の魅力ポイントはなんですか?

セブ島市内の中心地にあり、放課後の外出がとても便利
スパルタではない自由度が高めで伸び伸びした校風

スキューバダイビングショップを経営してるので、安くライセンスが取れる

Q.英語の勉強の仕方、どうやって努力したかおしえてください!

語学学校以外の場所では、居酒屋などに行き英語を話せる外国人の友達やフィリピン人の友達をつくりフリートーキングで会話力を鍛えた

Q.一番記憶に残っている英語講師を教えてください。
ビエンナ先生、エルシー先生、ジェム先生の3人

ビエンナ先生・・・教え方が上手く、会話も面白い

エルシー先生・・・友達みたいに優しく教えてくれる

ジェム先生・・・活発で明るい性格で授業に飽きないように工夫してくれる

Q.セブスタディの食事、清掃、洗濯サービスはどうでしたか?

掃除100点
洗濯75点。最初は完璧でしたが、スタッフが変わって少し雑になりましたが、仕上がりに問題はありませんでした。食事は80点。日本食、韓国食、フィリピン食、代わりばんこに出てきて飽きず良かったです。


Q.最後に、セブスタディの未来の留学生に一言お願いします!

正直セブスタディの施設は少し古いですが、自由度と全部屋一人部屋で気楽な留学生活を送りたいのであればセブスタディは最高の選択だと思います。特にスキューバダイビングをセブ島でしたい人には、セブスタディを選べば安く丁寧な指導のもとライセンスを取ることが出来ます。


セブ島セブスタディで超初心者からの英語留学


お名前:NAOKO

留学期間:16週間

留学コース: General ESL


Q. セブスタディに留学初めはどうでしたか?

4ヶ月間滞在しました。セブ島行きの飛行機の中で満足に Yes,please も言えませんでしたが、今では友達と英語で話し、普通に遊びに行けるようになり、日常生活で英会話に困ることはなくなりました。少人数制の学校なので英語講師やマネージャーを含め、本当に家族のようでした。セブスタディのオーナーのトミーさんをはじめ、とても親切な方ばかりなので何かあればすぐに相談することができ、すぐに対処してくれます。

Q. セブスタディの英語環境はどうでしたか?

日本人の割合が10%程度なのも、自然と日常生活で英語を使える環境です。留学生間の距離が近くアットホームで、なおかつ個室なので、丁度いい距離感で居心地が良かったです。部屋でWi-Fiが使えるのも大きなポイントです。建物は新しくありませんが、掃除が行き届いていて、ご飯も美味しかったです。多くの留学生が延長、リピートしている事に納得しました。

Q.最後にセブスタディの留学の感想をお聞かせください!
私自身もまたここへ戻って来たい気持ちで一杯です。大型ショッピングモールが近い立地で買い物にとても便利です。週末はダイビングに通いました。時間が合えばオーナーにダイビングショップまで送って頂ける事ができます。こういった所もアットホームな学校ならではで楽しかったです。英語の勉強はもちろん、人との繋がりをとても大切にしている学校なので素晴らしい経験ができました。セブの学校で迷っている方には、自信を持っておすすめしたいです。


セブ島セブスタディ感謝の留学!!!


お名前:TAKA

留学期間:11週間

留学コース: Premium ESL

Q. セブスタディのサービスはいかがでしたか?

私セブスタディに 11 週間滞在しました。宿舎兼学校は同じ建物内で、新しい建物ではないけれど教室や個人部屋はとても清潔です。public spaceやトイレ、シャワールームは掃除のスタッフが毎日掃除をしてくれます。食事はセブのAcademyの中では美味しい方だと思います。私は以前セブの他のAcademyにも滞在したことがありますが、そこよりも美味しかったです。それから、セブスタディのマネージャーやスタッフは皆親切なので、学校生活や授業のことなど何でも親身になって相談に乗ってくれます。また、友人は体調が悪くて病院に行かなくてはいけなくなった時マネージャーが病院まで付き添ってくれました。


Q. セブスタディの授業はどうでしたか?

classは英語講師やclassmateにもよりますが、私の場合は1:1もグループもどちらのclassもとても楽しかったです。ただ、英語ができるようになるかどうかはそれぞれの頑張り次第だと思います。


Q. 最期にセブスタディの良さは何だと思いますか?

セブスタディの良いところは、全員個人部屋を持っているので自分のプライベートを保てるところです。これが相部屋となるとなかなか難しいと思います。なので、自分の意思をしっかり持って勉強に取り組めば、きと英語は伸びると思います。私はもしもう一度セブで勉強することが出来るなら、次もセブスタディを選ぶと思います。セブスタディには本当に感謝しています。ありがとうございました

フィリピン留学 セブ島地域

セブ島留学は、フィリピン留学のことを「セブ島留学」と呼ぶ人もいるほど、フィリピンで最も人気な留学先です。東京・大阪・名古屋・福岡からセブ島への直行便がありアクセスがよいことから1週間からのの短期留学にもおすすめ。

>>>フィリピン留学 セブ地域

フィリピン留学、格安特集!

「フィリピン留学は、格安で留学できる」という噂を聞いてフィリピン留学を知った人は多いのではないでしょうか。今でこそ、人気のセブ島は物価上昇などにより、留学費用が比較的高くなってきてはいますが、まだまだフィリピン留学は格安なんです。

>>>フィリピン留学格安特集全文を見る

バコロドILP留学体験談:バコロドILPで手にした最高の経験!


最高の2か月!ILPでの英語留学


△日本人留学生3人と韓国人留学生1人の計4人でシラバイという場所に出かけたときの写真。

 

お名前: VIVIA

留学期間: 8週間

留学コース:Basic 6 Hours

こんにちは。私はILPに留学したVIVIAと申します。「バコロド」がフィリピンのどこにあるかも分からずにILPに留学選んだのですが、2か月経った今、あの時の選択が正しかったことを確信し、このフィリピン留学体験談を書くことに決めました。初めてフィリピン・バコロドに英語留学に行くと決めたとき、周りの知り合い皆から治安は大丈夫なのか、危なくないのかと心配されました。私も若干の不安はあったものの、実際にバコロドに留学に来てみてそんな心配は杞憂だったことを実感します。


フィリピンのバコロドという地域


バコロドはフィリピンの中でも地方の都市なので、観光客自体が少なく地元のフィリピン人たちは外国人にとても好意的で親切に接してくれます。目が合っただけで笑いかけてくれ、挨拶の言葉を英語でかけてくれます。街中がそんな雰囲気なので、バコロド市内に出かける度に幸せな気持ちになれます。

ILPはバコロド市内中心部に位置します。ILPから歩いて5分の場所にロビンソンというモールがあり、ジプニーで5分の距離にチャイナタウンとSMモールがあります。平日や週末にも気軽に遊ぶに行けますし、物価も安いので思う存分楽しめます。

ILPにいるフィリピン人英語講師たち、オフィスにいるマネージャーの方、スタッフの方みんな、明るくて親切で、何か留学生活で困ったときも直ぐに助けてくれます。人見知りの私でも、ILPに入学すると周りの雰囲気に溶け込み直ぐに友達が出来ました。


バコロドでの休日の過ごし方と観光


△プールとスカイダイビング、そしてジップラインができるCAMPUESTYHAもおすすめです。大きなキングコングの像が有名で、みんなで必ず記念撮影をしています。

平日は英語学習に励み、週末は留学生の友達と一緒に旅行によく行きました。みんな初めて行く場所だったので、迷ったりと色々大変でしたが、だからこそ良い思い出になったと思います。旅行を通して、外国人の友達ともっと仲良くなり沢山話をしました。シパライは海も綺麗でスキューバダイビングも出来ます。滝が綺麗で有名なGUINTUBDANは、バコロドに英語留学に来たら一度は行ってみて欲しい場所です。

△英語を教えてくれたフィリピン人講師達と一緒に食事をしに行った時の写真です。留学中にはバコロド市内のレストランに出かけたり、フィリピン式のバーべーキューをしたりしました。

ILP語学学校で毎食出る食事は、想像よりもずっと美味しく留学生の友達同士で色々な会話が出来る貴重な時間でした。フィリピンで英語留学先を探している方には、是非バコロドのILPをお勧めしたいと思います。


バコロドで3か月留学!私がILPをおすすめする理由


お名前: ANGIE

留学期間: 12週間

留学コース: Intensive 7 Hours

フィリピン、バコロドには英語の語学学校がいくつかあります。わたしがILPを選んだ理由は、他の語学学校とは違い少人数制で留学生の満足度が高いという評判を聞いたからです。バコロドの市内の便利な場所にあるILP語学学校。今、心からILPを選んでよかったと思っています。

フィリピン留学に来る前は、英語を流暢に喋れないのにどうやってフィリピン人英語講師たちと英会話で意思疎通をするのか、どうやって授業を受けられるのか不安で悩んだこともありました。留学初日、フィリピンのセブ島経由でバコロドに到着した私は、バコロド空港でILPマネージャーであるルナさんと会い、ピックアップでILPに移動しました。ILPにつくと、簡単なオリエンテーションをしてくれ、そのあと留学生活に必要になる日用品を買いに出かけました。留学二日目、いよいよクラス分けの英語レベルテストを受けました。ライティング、スピーキング、、英語初心者なので正直とても大変でした。

△ILP学生寮の2人部屋の様子。


バコロドILPのアットホームな心地いい雰囲気


フィリピンには定員が300人を超えるような大規模な語学学校もあるそうですが、私は家族のような雰囲気の小規模校であるILPを選びました。アットホームで居心地がよく、自分の性格には合っていたと思います。

他校で留学してからILPに来た留学生もいましたが、ILPの雰囲気は本当に良いと言っていました。

△ILPのマンツーマン教室の様子。

フィリピン人英語講師たちは全員とても親切に授業をしてくれるので、英語が聞き取れない、喋れないと萎縮する必要は全然ありません。ILPでは清掃も毎日してくれますし、洗濯物も週に3回洗ってくれます。正直フィリピンでの生活はとっても楽で過ごしやすかったです。ILPではマンツーマン授業が中心に行われているので、英語初心者におすすめです。周りを気にせず英会話が出来るので、ためになります。


バコロドILPの週末のお出かけ


バコロド留学中は、旅行でルイスという場所に遊びに行ってきました!まだ知り合って間もない外国人の留学生友達と初めて旅行した場所でもあるので、とても思い出に残っています。

ILPでは昼食を食べ終えた後や授業後は、フィリピン人英語講師たちと会って外出したり学校でお喋りしたり自由気ままに楽しい時間を送ることが出来ます。

△フィリピン英語講師達と一緒にカフェに行った時の写真です。マンゴーチーズケーキの美味しさにびっくりした記憶があります。(笑)

バコロドはフィリピンの中でも地方都市ですが、意外と旅行する場所は沢山あります。ぜひ留学中は、色々な場所に遊びに行ってみてください。きっと語学学校のマネージャーさんやフィリピン人英語講師たちが良い場所を沢山知っているはずです。

週末はフィリピン人英語講師たちと会うことが多く、一緒に過ごしているうちにどんどん仲良くなっていきました。


バコロドILPで3か月留学を終えて


△ILPのカフェテリアの様子。

朝食、昼食、夕食3食の提供がされます。夕食は19時以降には留学生が集まり勉強できるようになります。留学生活の思い出の場と言っても過言ではない場所です。

3か月と言うバコロドのILP留学生活は、あっという間に過ぎてしまいました。あまりにも楽しく思い出が沢山出来た3か月。英語力も伸び、新しい友達も沢山でき、とっても幸せな3か月でした。

フィリピン留学 バコロド地域

フィリピン留学の留学先としては認知度が低いバコロド地域ですが、学費や物価が大都市と比べると安いです。バコロドのいくつかの語学学校ではコースカリキュラムのほとんどをマンツーマン授業で占めています。そのため、マンツーマン授業中心の自由な英語学習を希望される方にバコロド留学はおすすめできます。

>>>フィリピン留学バコロド地域

良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ

バコロド地域はネット上の情報が非常に少なく、バコロドの語学学校を取り扱いしていないエージェントも多いです。そこで本コラムでは、バコロド留学のおすすめ理由、おすすめ対象についてご紹介致します。のセブ島は物価上昇などにより、留学費用が比較的高くなってきてはいますが、まだまだフィリピン留学は格安なんです。

>>>フィリピン留学コラムの続きを見る

イロイロWE ACADEMY留学体験談:WE Academy に留学した学生と学生マネージャーのレビュー

お名前:瀬賀健斗

留学コース:ESL Cコース
留学期間:12週間


イロイロWE ACADEMYに留学しようと思った理由


私が、WE ACADEMYに留学を決める際に以下のポイントを重要視しました。

  1. 値段
  2. 講師の質
  3. 治安

イロイロWE ACADEMYはこのポイントに当てはまるピッタリな語学学校でした!


イロイロWE ACADEMYの留学カリキュラムや講師の質


事前に英語講師の方の質が良いと伺っていましたが、その通りだと思いました。発音はどの英語講師の方も綺麗で、授業の内容を変えたいと言えば、柔軟に対応して頂けました。ただ英語の知識を教えてるだけでなく、政治の話やフィリピンの話など、色々な知識を持った英語講師の方が多いと思います。


イロイロWE ACADEMYのお部屋や食事サービス


お部屋は、週に2回ヘルパーの方が掃除をして下さるので、何も問題はありませんでした。しかし、部屋によってはシャワーの出が悪かったりするので、運次第な部分もあります。僕の部屋もシャワーの出が悪かった時期がありましたが、申し出るとすぐに修理をして下さったので、大いに助かりました。Wi-Fiはありますが、基本的に遅いので期待しない方が良いです。日本と同じ感覚で使いたい方は、SIMフリーの携帯を持って行き、現地でSIMを買うことをお勧めします。

食事に関しては、元々好き嫌いが無いのもあり、特に不満を抱くことはありませんでした。

ですが、韓国資本の語学学校故に辛い食べ物が出ることが多いので、苦手な方は留意する必要があると思います。


イロイロWE ACADEMYの休日の過ごし方


基本的にはイロイロにあるショッピングモールに行くか語学学校で勉強をしたり、たまに旅行やフィリピン人の友達を作り遊んだりしました。イロイロは娯楽があまり無いので、そこに関しては期待しない方が良いと思います。


イロイロWE ACADEMYに留学されたい方へアドバイス


僕はこの語学学校を上記の理由だけで選びましたが、留学を成功に導けるかどうかは自分次第であると強く思いました。何故なら、この語学学校はセミスパルタなので、勉強に関して自己管理が求められるからです。

特に長期で留学される方は、目標設定をしっかりした方が良いと思います。そうでないと、途中で確実にダラけます。We Academyで勉強を真面目にやれば間違いなく力は付くので、そこに関しては何も心配は要らないと思います。

お名前:久保田桃子

役職:スチューデントマネージャー

留学期間:3ヵ月間


イロイロWE ACADEMYにスチューデントマネージャーを決めた理由


みなさんこんにちは!本日はマネージャー目線からの語学学校レビューを書かせていただきたいと思います。私自身、2年前に学生として3か月ほどこの語学学校に滞在していました。その時の決め手は、

  1. 治安がよい
  2. 留学費が安い
  3. 英語講師の質の高さ(レビューなどを読んで) でした。

イロイロWE ACADEMYの留学カリキュラムや英語講師の質


他の語学学校へ行った事がないので、一概には言えないのですが、we academy の講師陣の質は高いと思います。また、経験のある英語講師が多く、採用基準も高いです。しかし、自分で、これが勉強したい!という目標がないと、授業がだんだん薄い内容になっていく気がします。また、教え方はとても上手で、明るい英語講師が多く、たのしく英語を学ぶことができるのですが、あまりIELTSやTOEICなどに特化した英語講師がいないことなどもあり、教科書などに沿って勉強をしない限り、自分できちんと自己主張をしないと、だらだらとクラスを続けることになってしまうことがあると思います。皆さんが一番懸念しているであろう発音についてですが、私的にはフィリピンなまりのある英語講師はいなく、とてもきれいな発音で聞き取りやすいと思います。


イロイロWE ACADEMYのお部屋や食事サービス


東南アジアに慣れていることもあると思うのですが、私的には普通に快適でした。クーラーは一切使わずに、扇風機のみで過ごしていましたが、寝苦しく思ったとこは特にありませんでした。ただし、たまにシャワーの水圧が弱かったりすることはあります。週に2回清掃も入るので、部屋は常にきれいな状態でした。また、洗濯が週に4回も出せるので、とても助かりました。

食事については野菜もきちんと出るので、比較的健康的だと思います。たまに、フライドチキンなどもでて、女性陣からしたら脂っこいな、と思う日もありますが、基本的にはおかず・サラダ3-4種類+お米+キムチ+スープの組み合わせで、バランスのとれた食事になっています。味が濃い・質素・まずい などとレビューで書かれることも多々あるのですが、たしかにフィリピン料理の特徴的に味の濃いおかずが出る日もありますが、毎日ではなく、私自身一度も、質素、やまずい、と感じたことはありませんでした。韓国料理もよく出ますが、辛い物が苦手でなければ普通に食べれる辛さです。お味噌汁や日本のカレー等も出ることがあります。ヘルパーさんたちは、ベトナム人・台湾人・韓国人・日本人マネージャーと相談し、メ日々新しいメニューを取り入れるなどながく滞在する留学生に飽きないように気を使ってくれています。最近では、韓国の朝ごはんの定番?のそうめんのようなものや、ベトナムのチキン料理などがメニューに追加されました。また、東南アジアのお米はぱさぱさなイメージがあるかと思いますが、フィリピンのお米はぱさぱさしておらず、お箸で食べることができます。


イロイロWE ACADEMYでの休日の過ごし方


ILOILOの近くには、ギマラス島やボラカイ島など、有名なビーチリゾートもあり、一番近いギマラス島はおおよそ40分前後、往復でも500円程度で行くことができます。私はあまりビーチなどに興味がなく、土日はお部屋で読書をしたり、近所のタイマッサージ屋さんでタイマッサージやフットマッサージを毎週受けていました。1時間500円程度なので、日本から比べると破格値ですよね。また、徒歩圏内にロビンソンモールもあるので、映画を見に行ったり、日本食レストランへ行ったりもしていました。また、最後の二か月は、ハロチャーチ近くにある会館にズンバしによくっていました。毎朝05:00-(日曜日は休み)・毎晩06:00-から開催されていて、料金は20ペソです。晩御飯が17:00-とはやく、その後間食をあまりしていなかったからというのも大きな要因ではあると思うのですが、ズンバとwe academyの食事のおかげで二か月ほどで5Kg以上痩せました(笑)


イロイロWE ACADEMYに留学をされたい方へアドバイス


施設についてですが、やはりここまで学費が安いので、あまり期待はしないほうが良いと思います。特に、トイレなどはトイレットペーパーが流せなかったりと、東南アジアがはじめて、という方は驚かれる方が多いです。英語を勉強しにきている、ということを忘れずに、EOP(英語オンリーポリシー)を守り、土日にリフレッシュをする方法を見つけられる方にはとても向いている語学学校だと思います。どこの語学学校に行っても同じですが、英語を勉強する!という強い意志が必要だと思います。


イロイロWE ACADEMYを最後に


留学生の皆さん、英語講師の方、短い期間でしたが大変お世話になりました!小規模で、みんなが仲の良い学校なので、自信をもっておすすめできる学校です。検討中の方はぜひ、FBやブログもチェックしてみてください。

フィリピン留学 バコロド地域

フィリピン留学の留学先としては認知度が低いバコロド地域ですが、学費や物価が大都市と比べると安いです。バコロドのいくつかの語学学校ではコースカリキュラムのほとんどをマンツーマン授業で占めています。そのため、マンツーマン授業中心の自由な英語学習を希望される方にバコロド留学はおすすめできます。

>>>フィリピン留学バコロド地域

フィリピン留学、格安特集!

「フィリピン留学は、格安で留学できる」という噂を聞いてフィリピン留学を知った人は多いのではないでしょうか。今でこそ、人気のセブ島は物価上昇などにより、留学費用が比較的高くなってきてはいますが、まだまだフィリピン留学は格安なんです。

>>>フィリピン留学格安特集全文を見る

バギオMONOL留学体験談:MONOL Essential ESLコース8週間留学の2人の卒業生の感想

 

お名前:HINA

留学コース:Essential ESL

留学期間:8週間


バギオMONOLに留学しようと思った理由


私は大学のセンパイにすすめられてMONOLを選びました。特に、バギオは避暑地として有名な涼しい街なので日本人にとって過ごしやすい環境だと思います。私は虫が苦手なのですが、バギオに来てから一度も虫が出てくることはありませんでした。虫が苦手な人にはバギオはオススメの地域です!私は2ヶ月MONOLに滞在しましたが、学期ごとにコースを変えることにしました。最初の一ヶ月はEssential ESLという全体的にレベルを上げることのできるコースで英会話の基礎を身につけました。このコースはOne-to-Oneとグループクラスに分かれているのが特徴で長い時間をかけて先生としっかりと学んでいます。


バギオMONOLの英語講師達


基本的にフィリピンの先生方はとてもフレンドリーな人が多いです。私はけっこう人見知りするタイプなのですが、その心配はなく、あっという間にとけこめました。休み時間は先生と雑談したり、たまにごはんを食べに行ったりなどとても有意義な時間を過ごせました。この2ヶ月、英語の勉強がまったく退屈しなかったのは先生方のおかげです。


バギオMONOLの英語環境、生活環境


MONOLの規則は少し厳しいなと感じましたが、「EOP」という母国語を話してはいけない環境なので、いやでも英語を話すことが出来ます。ストイックな環境が好きな方、日本語を話す環境が嫌な方にはMONOLはオススメです。時々、学校のWi-Fiが遅く感じましたが、動画も普通に見ることが出来たのであまり不満はありませんでした。MONOLはフィリピンの中でもWi-Fi環境が整っている学校らしいです。シャワーもお湯が出るので、バギオが少し寒くてもあたたまることが出来ました。MONOLの食事は基本食べることは出来ますが、味はあまり私に合いませんでした。時々日本食のようなものも出ますが、日本食を持ってくることをオススメします。


バギオMONOLの留学を終えて


私は最初まったく英語を話すことが出来ないレベルだったのですが、この2ヶ月で日常英会話レベルまで上がることが出来ました。1日の授業時間にプラスして自己学習の時間をしっかり確保し、合計一日10時間ほど勉強していたと思います。フィリピン留学する際には多くの情報を集めて、語学学校の細かい比較をしながら決めていくのが一番いいです。バギオはとても良い街なのでぜひ来てみてください。

お名前:MIHO

留学コース: Essential ESL

留学期間:8週間


バギオMONOLに留学しようと思った理由


私は留学をする上で、選ぶ基準となるのがはっきりしていました。それがこちらです。

  1. 安い

  2. 治安が良い

  3. 冷房が要らない(セブは冷房が効きすぎて、日本人は体を壊すと聞いたため)

  4. <虫が苦手

  5. Wi-Fi環境が優れている

以上から、バギオを留学地として選び、MONOLに決めました。MONOLでは選択肢が多いことが良かったです。また、フリーのモーニングクラスやナイトクラスも充実しています。追加費用さえ払えば、グループ授業をマンツーマン授業へ変更したり、マンツーマン授業を追加したりすることもできます。一番よかったのはナイトクラスのIELTSスピーキングクラスでした。お題も日常生活で使えて、間違えた文章は正しく直してもらえました。木曜にテストがあるので採点してもらえるとよりうれしいです。わからないことがあっても、親身に聞いてくれる先生が多いです。また、正しい文章やより良い表現について教えてもらえます。だが、人によってはスペルを聞いても口頭で言われるだけのこともありました。


バギオMONOL留学は私にピッタリだった!


MONOLのルールはだらけてしまう私にとってこれくらい厳しくて丁度よかったです。学生だとジプニーが7ペソで乗れることや近所にSM以外で行ける観光地など細かい情報を教えてもらえるとより良かったです。Wi-Fi環境は◎です。自分で洗濯できるのは良いのですが、6台あって半分くらい壊れていることもあったのは困りました。バドミントンやゴルフなどリフレッシュも充実している方だと思います。クリーニングやベッドシーツ交換が好きなだけできるのはとてもよかったです。


バギオMONOLで学んだこと


授業時間を含めたら1日10-11時間ほど勉強します。目的がTOEICなど数字が出るものではないので、はっきりとは言えませんが、最初に比べると話せるようになりました。今でも言えないセンテンスはありますが、ボキャブラリーも増え、簡単な言葉で言いまわせるようになりました。特に、must, have toの違いやイディオム、ing, to不定詞の違いは、大学入試の英語では掘り下げて勉強できない部分なのでいい勉強になりました。MONOLでは、文法は英語で説明されるので最低限は日本でやっておかないとこちらで苦労します。私は最初、英語を話す自信がありませんでしたが、今は英語を話すのがとても楽しくて仕方がないです。

セブ島EV留学体験談:EVの留学で感じた大切なもの


セブ島EV留学生活の始まり!


セブ島に初めて到着する飛行機の中で、目に見えたのは真っ青な空でした。空港に降り立つと、新鮮な異国の匂いと熱気が私を歓迎してくれました。空港を出ると直ぐにオレンジ色のTシャツをきたEVのマネージャーと出会い、ピックアップ車を利用して学校へ向かいました。

初めて到着したEVは、大学進学の為に上京してきたような気持ちでした。到着したのは夜12時頃。深夜だったのでその日はマネージャーの簡単な紹介と明日のスケジュール説明を聞き眠りにつきました。

翌日、マネージャーと共に必要なものを買いに近くにある大きなショッピングモールでかい、学校ではレベルテストを受けました。いよいよ明日から本格的に授業開始かと思うと緊張したのを覚えています。


セブ島EV留学生活の日課


EVは朝の6時のベルで留学生が起床します。万が一この時点で起きられなければマネージャーが各部屋を回りながらペナルティを与えます。このペナルティが溜まると、週末もセブ市内へ外出することが出来なくなり、貴重な週末の時間をつぶしてしまうことになります。

6時起床をすることで、8時までの自由時間を得ることになります。この2時間の間に毎日必ずしなければならないこと。それが毎日の20分の単語テストを指定された先生受けなければなりません。朝の自由時間2時間の間に1回だけ単語テストを終えれば、8時からは正規授業が開始されます。


セブ島EVの授業について


EVには大きく分けると6種類の授業が存在します。1つの授業時間は75分。基本的な形態である1対1のマンツーマン授業があり、文法、発表、そして選択のクラスがあります。これらの授業は自分の英語レベルに合わせた内容で行われ、選択クラスはレベルに合わせて選べる科目が異なります。外国人留学生のクラスメイトとの交流を通して、正規授業が終わると6時から8時の間に自習の時間が設けられます。自習が終わると、直ぐに文章テストが開始され、文章テストが終わればEVの1日の日課が終わることになります。明日のマンツーマン授業の予習·復習、単語テスト、文章テスト、プレゼンテーションの準備をしなければならないので個人的な時間を持ちしっかりと勉強することが大事になってきます。留学最初の1週間は、このような生活に適応するのが大変でしたが、人間は慣れる動物という言葉があるように、ここにいる留学生全員はEVのルールのもと毎日勉強し、卒業していきます。また、平日が過ぎれば黄金の週末が待っています。この週末には日本で経験できないような経験や、テレビを通してみたような風景を見に出かけることが出来ます。必要なものがあれば何でも買えるショッピングモールもありますし、格安でマッサージや美味しい食事をすることが出来ます。また、EVはセブ中心地にある為、外出する際の利便性は非常に高く便利です。


セブ島EVに興味を持たれている方に向けて


正直、この体験談を読んで具体的な留学生活をイメージするのは難しいと思います。私もフィリピン、そしてEVに来る前まではそうでした。この体験談を読む人は、外国で英語の勉強を検討している人だと思います。もし英語留学に、フィリピンの語学学校に関心があるのであれば、EVを強くおすすめしたいです。カナダやオーストラリアのような他国に行く予定がある人にも同様に、まずEVで英語留学を少しでもしてから行かれることをお勧めいたします。EVに来る前は、外国人に話しかけられたら直ぐにでも逃げ出したいし、英語を見るだけでアレルギーが出てきてしまうくらいでしたが、周囲の人たちのアドバイスを聞いて長期英語留学をフィリピンですることを決意しました。

単純に外国での生活を経験したい、遊びながら英語をしたいというような考えを持っている人は、フィリピン留学ではなく旅行に行くことをお勧めします。EVには英語を真剣に学びたい人が集まる場所ですから。

私のEVでの留学生活はまだ終わっていませんが、確実に英語を話す自信はついています。セブ島の旅行を通して新しく貴重な経験をし、他国先の多くの友達との出会いと別れを通して新しい価値観や視野を養っています。フィリピンではなくカナダを選んでいたら、私はここまで大きく成長出来ていないと思います。

セブ留学:フィリピンで最も人気な留学先

セブ島留学がフィリピン留学の中心的存在になっている理由の1つは、様々なタイプの語学学校が集まっていることです。セブ島の観光・レジャーと英語留学を両立できるセミスパルタ語学学校、タイトなスケジュールで時間の無駄なく英語勉強にだけ集中できるスパルタ語学学校、TOEIC・IELTSテスト対策専門校など豊富な選択肢があります。

>>>セブ留学について詳細を見る

セブCPI留学体験談:CPI留学体験談Julia

こんにちは!フィリピン、セブ島のCPIで2017年4月8日から6月30日まで12週間の語学留学をしてきたJuliaです!CPIでの英語留学生活がとっても幸せで思い出に残る12週留学だったので、沢山の人にセブ島のCPIを知ってもらいたいと思い留学体験談を書くことにしました。


セブ島CPI留学生活スタート


写真左は私の写真、写真右は初めてセブ島のCPIに到着した日である4/8の写真です。深夜だったのでとても静かでした。日曜日の深夜の飛行機でセブ空港に到着したので、CPIのピックアップで学校に到着した時に自然と自分の口から出た言葉は今でも忘れられません。「うわ、CPIってめちゃめちゃ綺麗じゃん!」

これがセブCPIの私の部屋である、A棟206号室です!清潔でとっても満足です₊·*◟(⌯ˇ- ˇ⌯)◜‧*・1人部屋ではなく3人部屋を選んだのですが、私がCPIに到着した時は他のCPI新入生がまだ到着していない状態でした。部屋のドアに新入生リストが貼ってあったのですが、私以外に中国人1名、台湾人1名の名前が入ってくるようです。新しいフィリピン留学生活!ルームメイトとの出会いが一番ドキドキしますよね?

翌日は快晴!CPIは校舎自体が白いので、晴れた日に写真を撮ると青空に校舎が映えとてもきれいです。セブ島は空が高くて綺麗なので、セブCPIで留学する方は必ずダイニングエリアの横のベンチに座ってセブの空を眺めてみてください!思い出すだけでまた行きたくなります° •°(°`ㅁ´ °)°• °•°


セブ島CPIの食事について


セブ島留学中の食事って気になりますよね(o⊙▽⊙)oセブ島CPIでの食堂はフィリピンでも珍しいブッフェ形式!個人差は勿論あると思いますが、私はCPIの食事には大満足です!CPIに来て約3か月で5キロも太ってしまいました・・・。フィリピン留学中は、語学学校の食事はあまり美味しくないし、英語の勉強を沢山して、痩せると聞いていたのに・・・。CPIのメニューの中で一番好きだったのは朝食で出ていたスクランブルエッグ。私は果物が大好きなので、CPIの食事に毎日フィリピンの申請んな果物が出てくるのもとても嬉しかったです。


セブ島CPIの英語学習について


CPIの英語授業について、私の感想を書いていこうと思います^^一番最初は最も基礎となるESL Generalコースからはじめ、最後の1か月はReading科目をIELTS Writingに変更し受講していました。留学初日の英語レベルテストでは、横にいた台湾人留学生と話したいのに自己紹介もろくに出来なかいレベルでした。TOEICやTOEFL、IELTS科目を勉強するなんて想像も出来なかった私が、どうやって英語を伸ばして行ったかを話していきたいと思います。

CPIには、正規授業とは別に自由に参加できる無料のオプションクラスが沢山運営されています。CNN、アメリカ人講師が受け持つpronunciation, 1:1speaking class (SSP) があります。私は留学最初の1か月、1回も授業を休まずマンツーマン授業に参加しオプションクラスを最大限効率的に使って、沢山英語を話すよう努力しました。CPIの英語の先生たちには、「!Julia is most talkative student in CPI」と言われたこともあります(笑)そのうち、先生の一人が、スピーキング力がかなり伸びたからコース変更をしてみれば?と提案してくれました。最初は英語初心者の私が出来るかな?と不安でしたが、周りの先生の指導のおかげで授業についていくことができ、どんどん自信を持つようになりました。

IELTSの勉強を始めたことで全く夢や未来の計画がなかった私に、「海外の大学進学」という明確な目標ができ、英語学習のモチベーションにも繋がりました。CPIでの英語留学が終わり帰国した後も、IELTSの目標スコア獲得に向けて引き続き英語勉強を頑張っています!

※参考までに、CPIの先生たちの英語授業に対する情熱や教育クオリティは他校と比べ物にならないほど良いと思います!私は1年前、他地域でフィリピン留学の経験があるので、自信を持って言えます!

CPI留学中の、一番最初と最後の英語レベルテストの結果です。最初の英語レベルは公開するのが恥ずかしいくらいですし、最後も決して高いスコアではありませんが、12週間の英語留学を通してどのくらい英語力が上がったか見て取れると思います。


セブ島留学の週末の遊び方について


気になるCPI英語留学の週末の過ごし方をご紹介します!セブ島は綺麗な海が有名ですが、私は泳ぐことも出来ず水自体が怖いカナヅチ・・・(⁄ ⁄•⁄o⁄•⁄ ⁄)ただフィリピン留学中に英語以外の何かに挑戦してみたいという気持ちもあり、決意をしてアイランドホッピングに出かけました。どうだったかと言うと・・・セブ島留学に行かれる方は絶対に一度はアイランドホッピングに行かれることをお勧めします!セブ島の海は本当にきれいで美しい魚が沢山います。私はナルスアン島(Nalusuan Island)のアイランドホッピングに行きましたが、それ以外にもセブ島にはボホールやオスロブ、マラパスクア等おすすめのアイランドホッピング地が多いそうです。セブ島に英語留学に来たら必ず一度は行かれることをお勧めします!私みたいに泳げない人でも十分楽しめること間違いありません!フィリピン人の親切なガイドさんが色々と教えてくれ、助けてくれます。

何気なく撮った写真も、セブ島の海の上ではこんなに素敵な写真に仕上がります!ベストショットを是非たくさん撮ってください♥’v’♥アイランドホッピングなど、アクティビティ系ではなくショッピングが好きなインドアの方には、セブ市内にアヤラモールやSMモール、JYモールなど大きなショッピングモールで楽しむことが出来ます。セブ島には楽しめる場所がいっぱいあるので心配しないでください!(笑)フィリピン料理や日本料理など、美味しいレストランも沢山あるので、週末は思う存分セブ島を楽しんでください!


セブ島CPIのアクティビティについて


CPIのアクティビティについて紹介します。私がCPIに来て驚いたことの一つは、色々なコンテストがCPI校内で開かれているということです。バトミントン、水泳、卓球、ダンス、歌、料理など、12週間の英語留学の間に学祭のような楽しい催しが沢山ありました。多くの留学生が参加するので何時も盛り上がり、友達や先生との仲も深まり思い出に残っています。優勝したら賞金ももらえるんですよ!


セブ島CPI留学生活のまとめ


CPIの愛で溢れた私の部屋の机です( ˘ ³˘)💛思い出が多すぎて毎日とても幸せでした。

何よりも忘れられないのは、12週間CPIで一緒に過ごした留学生の友達と先生たちです。フィリピン英語留学の醍醐味でもある、外国人同士の触れ合いでは色々なことを学び大きく成長出来ました。部屋で休んでいる時でも英語を使うことが出来るのは、本当に大きなメリットだと思います。いつも一緒にいた友達の中で私が一番年下だったこともあり、いつもBaby Girlと呼ばれ可愛がってもらいました。彼らがいてくれたおかげで、私の英語留学生活がより幸せで実りのあるものになったと思っています(♡◕ω◕♡) これからフィリピン留学に行かれる方には、恥ずかしがらずに自分からどんどん話しかけて友達を作ってくださいと言いたいです(▰˘◡˘▰)あ、金曜日や週末に先生たちと一緒に遊びに行くのも、英語を伸ばす良い機会です!

英語学習以外にも、私に沢山の出会いと成長を与えてくれたCPI留学生活。色々な人のサポートのおかげで、CPIでの英語留学生活は本当に快適に楽しかったです。忘れられない思い出を一緒に作ってくれた親切なマネージャー陣、愛らしく賢い先生たち、優しい友達たち、みんなにお礼を言いたいです!

最後まで読んでくれてありがとうございました!フィリピン留学を検討しているのであれば、CPIを心からお勧めします!後悔しない選択だと自信を持って言えます!

以上でJuliaのCPI留学体験談を終わりたいと思います ◟( ˘ ³˘)◞ ~♡⁼³₌₃

セブ留学:フィリピンで最も人気な留学先

セブ島留学がフィリピン留学の中心的存在になっている理由の1つは、様々なタイプの語学学校が集まっていることです。セブ島の観光・レジャーと英語留学を両立できるセミスパルタ語学学校、タイトなスケジュールで時間の無駄なく英語勉強にだけ集中できるスパルタ語学学校、TOEIC・IELTSテスト対策専門校など豊富な選択肢があります。

>>>セブ留学について詳細を見る

よく読まれている留学体験記