Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

航空券と旅行者保険について

日本国パスポート

語学学校から入学許可書が発行されましたら

フィリピン行きの航空券、旅行者保険の加入に進みます。

航空券手配の際には、語学学校の指定ピックアップ日(入寮日)及び退寮日に合わせて購入する必要があります。

旅行者保険は義務ではありませんが、渡航前の加入を強くおすすめしております。

>>>出入国・航空券に関する質問まとめ

>>>フィリピン留学に行くときの保険について

両方の手続きはお客様ご自身での手配もしくはフィルイングリッシュ提携代理店への依頼が可能です。

以下の情報を提携代理店「CAN TOUR(キャンツアー)」にお送りすることで、お見積り発行及び代行お手続きが可能です。


航空券及び旅行者保険の代行担当


  • 営業所名:CAN TOUR(キャンツアー)

  • 担当:青木克洋(海外旅行営業部 総合旅行業務取扱管理者)

  • E-mail:aoki@cantour.co.jp


送付が必要なお客様情報


  1. お名前:

  2. ローマ字(パスポート通り):

  3. 性別:

  4. 生年月日:

  5. お電話番号:

  6. Email:

  7. 住所:

  8. 出国・帰国日:

  9. ご利用空港:

  10. その他の希望事項など:

※航空券はLCCを含む航空会社から最適最安値のものをご案内致します。

※旅行者保険は、3か月以内の留学の場合は格安TRAVEL SAFETY PLAN、その他メジャーな保険会社を合わせてご紹介致します。

※ご希望の航空会社、保険会社がございましたらお気軽にお申し付けください。ない場合は、担当の者より最適なものを選定させて頂きます。

留学期間の延長を考えていますが、学校事務所に直接言うのでしょうか。

cebu_genius_school_students

現地で留学期間の延長を考えているのですが、学校事務所に直接言うのでしょうか。
また、手持ちのお金で延長分の授業料を支払えないのですが、帰国してからの支払いは可能でしょうか。

【お手続きについて】

留学生活に満足され、留学期間の延長をご検討頂き誠にありがとうございます。延長の手続きは学校事務所または弊社までお知らせ下さいませ。

留学期間の延長手続きは、新規申し込みと同様、一切の手数料など発生致しません。なお、下記事項のご確認を頂ければ延長分の御見積書を発行させて頂きます。

■延長希望期間(週単位)
■部屋タイプ
■ご希望のコース

【お支払について】

フィリピン滞在の理由で日本円の学費お支払が難しい場合、弊社後払い制度のご利用が可能です。

弊社後払い制度ご利用は、お客様の留学費用を弊社が一時的に建て替えるものです。
延長分のお支払は留学終了後、1週間以内に弊社指定口座までお願いしております。

本サービスご利用に関しては弊社カウンセラーが詳細をご案内致しますので【オンライン相談】までお問合せ下さい。

学費が少し遅れても大丈夫ですか

schoolfee

カウンセリングの後、学校を決めて入学許可書ももらっています。入学日を変更したくはありませんが、個人的な事情があり、期限日までに学費の振込みが出来ないかもしれません。学費の振込みが入学より少し遅くなっても大丈夫ですか。

フィルイングリッシュでは、原則として留学する学校の入学許可書をお送りする日から2週間以内の学費のお支払いをお願いしております。しかしお客様の事情により特定の日のお支払いをご希望される場合は、希望日の入金でも問題ございません。

学費のお支払いに関しては、学校到着後に振込みをする「フィルイングリッシュ学費後払い制度」、「分割お支払い」も可能です。もちろんお客様の入学に問題がないように、フィルイングリッシュから学校側に学費を先払いしております。
海外に滞在され、送金が難しいお客様の場合、留学が終わってからのお支払いになるケースもあります。

学費のお支払い期限に関しては担当のカウンセラーにお問合せ頂ければご案内致します。

安心フィリピン留学 フィルイングリッシュのメリット

フィルイングリッシュはバリエーションのあるキャンペーンを通し学費割引留学を実現させております。なるべく無駄な経費を削減し、その分学費割引率を高め、たくさんの登録者を受け入れる事でバランスを保つよう努力いたします。弊社は基本的に郵便物の発送及び印刷物も発行いたしません。すべてウェブ上必要情報はホームページでカバーいたします。

>>>フィルイングリッシュのメリットについて読む

授業料振込期限の猶予について

philfee

授業料のお支払いについては原則、日本国内にある弊社指定の銀行口座へ、入学許可書が発行されてから2週間以内のお振込を依頼しております。

ただし相応の事情がある場合、事前にご相談頂けましたら猶予することも可能です。2 回に分けての分割払いも可能となっております。

またオーストラリアなど、海外から直接フィリピンに向かわれる場合、入学後もしくは留学終了後までお支払いを猶予することも検討可能です。

その他にも、後払い・分割払いとは別に、一度フィルイングリッシュで授業料を立替えてお支払いさせていただき、入学後3日間以内にお振込みをしていただく「学費後払い制度」を導入しており、ある程度柔軟にお客様の要望にお応えすることが可能です。

詳細は担当カウンセラーにご相談くださいませ。

15歳未満の方の留学に必要なWEG申請について

clark_aelc_junior04

フィリピン国籍以外の15歳未満の未成年者は、有効な査証を有しても、単独または親(離婚している場合は親権者)の付き添い無しにフィリピンへ渡航する場合、Waiver of Exclusion Ground(WEG)が必要です。

フィリピン到着時、入国管理局に「扶養・保証に関する同意宣誓供述書 (Affidavit of Support and Guarantee with Consent) を提出し、WEG申請を行います。

これを申請するにあたり、上記の未成年者の父母または親権を持つ方は、未成年者の単独渡航、もしくは同行者との渡航、その他に滞在先を記した、同意宣誓供述書をフィリピン大使館にて申請して下さい。

フィリピン入国管理局は現在、一人あたり3,120ペソのWEG申請料を徴収しています。

15歳未満の未成年者のフィリピン単身渡航について

フィリピン大使館HP案内

http://tokyo.philembassy.net/ja/consular-section/services/visa/waiver-of-exclusion-ground-weg/

親子留学・ジュニア留学プラン

近年、親子留学のお問い合わせ、そして実際に留学に行かれる方が増えています。
お子様一人で外国に留学に行かせることが心配で、親が一緒についていくというケースは以前にもありました。しかし、フィリピン親子留学の最大のメリットは、お子様だけでなく、ご両親も同じ時間帯に授業を受けることが可能という点です。子育てをしながら留学に行ける機会は殆どないのが現状です。お子様の英語学習だけではなく、ご両親の英語学習にも焦点をあてているのがフィリピン親子留学なのです。

>>>親子留学・ジュニア留学プランの詳細を見る

払い戻し規定と返金時に手数料は必要ですか?

dsc03808

こんにちは。フィルイングリッシュカスタマーチームです。

ご検討されている学校がある場合は、必ずその学校の学校規定を確認して下さい。
学校規定の中には、ルールの他に返金規定も記載されています。 (学校の規定は、各学校コンテンツ内にございます)

学校入学前のキャンセルの場合、入学から30日前までにキャンセル申請をした場合、手数料(ペナルティ)は発生しません。
すでに授業料をお支払い頂いた場合でも、100%の払い戻しを受けることが出来ます。もしキャンセル申請時が30日以内の場合、入学金等が手数料として、学校から請求になることがございます。いくつかの学校は、規定が厳しく、例えば入学の2週間前や1週間前で請求される料金が異なります。学校ごとに差がございますので、返金規定を必ずご確認お願い致します。

学校入学後のキャンセルは、基本的に学校の規定に従います。欧米圏の留学同様にフィリピン留学も、留学をキャンセルする場合、学校側は新入生をすぐに補充できない理由から、お客様への返金額が大幅に少なくなります。従って、返金規定を熟知するだけでなく、何よりも学校を選択する際、自分の留学期間と留学目的に合った学校を慎重に選択することをお勧め致します。

参考までに、弊社では24週間以上の長期留学を積極的にお勧め致しません。学校によっては、12〜16週間でまずは入学申請を行い、その学校が自分に合っているかの適正を判断した上での延長をお勧め致します。マンツーマン中心のフィリピンの学校生活は、学習強度が欧米圏の留学に比べて高くなります。そのため、24週間または30週間以上の留学の場合、当初の計画よりも早く目標に達する割合が約20%あります。実際の留学生活をしてみて、予想よりも早く英語力が向上する場合、専門コースへの変更やそれに伴う学校変更を希望する場合もございます。
また、1校での長期留学は、倦怠感が生じる場合が多いです。

24週間以上の留学の場合、自分の英語の目標、またはIELTS、TOEFLなどの具体的に必要な点数がある場合、2校を選択した場合に失敗する確率はほとんどありません。
フィル·イングリッシュのカスタマーチームは、顧客の新規入学や売上金額だけでなく、いかにお客様に満足した留学生活を送られるかを優先に考え、対応させて頂いております。

フィルイングリッシュの安心留学保証サービス

2011年から始まった「学費後払い制度」とは、フィルイングリッシュを通して安心してご留学していただくために始めた業界初のサービスです。ご入学前に入学金のみをお支払いいただき、語学学校へ入学して3日間以内に残りの学費をお支払いいただくことが可能な制度です。実際に語学学校に入学してから学費をお支払いいただくので、留学自体を不安に感じている方や、お申し込み後、すぐに留学費用のお支払いが難しい方にご利用いただいております。

>>>フィルイングリッシュの安心留学保証サービス

留学開始日を変更する事は可能ですか?

SAM_8606

留学開始日の変更について!いつまでに申請すればよいですか?

こんにちは。フィルイングリッシュのカスタマーチームです。

留学開始日の変更を希望される方がいらっしゃいます。基本的に開始日の6週間前までに連絡をお願いします。

入学予約(登録)した後は、学校から入学許可書が発行されます。
個人的な事情で入学日(留学開始日)を変更したい場合は、留学開始日の6週間前までに変更申請をする必要があります。
学校によっては30日前か2週間前でも可能な場合もありますが、急な留学開始日の変更ですと、学校側も他の学生の入学を受け入れが難しくなります。

留学開始日の変更は変更申請費用が問題ではなく、学校側に迷惑がかかってしまう恐れがあります。
留学開始日の変更を希望される場合、なるべく6週間前までにはお願い致します。

開始日の変更に伴う手数料は発生しません。

フィリピン語学留学の流れ –  簡単手続きはフィルイングリッシュにお任せ

フィルイングリッシュはフィリピン語学留学をサポートするフィリピン留学専門のエージェントです。フィリピン語学留学を思い立った瞬間から出国までの全ての手続きを無料でサポート致します。お手続き、海外送金、現地サポートに一切手数料を取らない、さらにはフィリピン語学留学応援キャンペーンでお得に留学できることの秘密は、後半でご説明致します。

>>>フィリピン語学留学の流れを見る

現在オーストラリアにいます。学費納付はどうしたらいいですか?

swiming_pool

オーストラリアに住んでいらしゃっても、弊社の指定の口座に送金していただくのが原則です。

個人のオンラインバンキングを利用して送金したり、家族の方にお願いして送金していただきます。
ただし、お手持ちのドルでしか納付できない場合、学校へ直接納付するという方法も可能です。

しかし一部の学校は学生からの学費を直接は受け取らない場合もありますので状況に応じて変わる場合もございます。
一部のお客様は弊社の学費納付規定から外れた方法も可能です。

個人の状況を考えて、オーストラリアなどの外国に滞在中の方はフィリピン留学生活が完了された後の送金(学費納付)も可能です。

フィリピン語学留学の流れ –  簡単手続きはフィルイングリッシュにお任せ

フィルイングリッシュはフィリピン語学留学をサポートするフィリピン留学専門のエージェントです。フィリピン語学留学を思い立った瞬間から出国までの全ての手続きを無料でサポート致します。お手続き、海外送金、現地サポートに一切手数料を取らない、さらにはフィリピン語学留学応援キャンペーンでお得に留学できることの秘密は、後半でご説明致します。

>>>フィリピン語学留学の流れを見る

入寮日は土曜日?日曜日ですか?

clark_help_review03\

一般的にフィリピンの英語学校の授業開始日は月曜日です。
月曜日の午前中からオリエンテーションやレベル分けテスト等が行われます。

その為、入寮は土曜日または日曜日となります。
どちらのご到着でも構いませんし、お客様の到着時間に合わせてピックアップのお手配をしますので、ご到着時間は何時でも構いません。

飛行機の空席状況により、土曜日または日曜日の到着便が予約出来ない場合、金曜日または月曜日の到着便をご予約下さいませ。

この場合、事前にカウンセラーまでご連絡をお願い致します。学校の了承を得る必要がございます。
かなり少ないですが、平日受け入れ可能な学校もございます。

ちなみにバギオの学校、セブ島のいくつかの学校は入学日を指定しています。
詳細についてはカウンセラーまでお問い合わせ下さいませ。

カード決済は可能ですか?

creditcard
フィルイングリッシュは割引専門エージェントですからクレジットカードによる学費清算は受け付けておりません。カードで清算すると手数料がかかり学費割引が出来なくなるからです。

クレジットカード決済を望まれる理由として以下のようなケースがあります。

1)海外在留のため学費送金が難しい場合
2)リボ払いなど分割払いを望む場合
3)銀行での送金手続きの面倒をはぶきたい場合

当社は学費割引だけでなく学費送金方式にたいしてもお客様のニーズに応えようと努力してまいりました。現在当社は学校到着後に学費を納付する後払い納付サービスを運営しており、海外在留をしながら直接フィリピンに入国される方にはケースにより日本帰国後の完全後払い学費送金も認めています。
学費送金方法で別途にご相談がある場合、担当カウンセラーにお気軽にお問い合わせくださいませ。

よく読まれている留学体験記