Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール
2017/02/13

2週間の超短期間でビジネス英語やスピーキング力を上げるための留学をしたい!

qaIconQ

僅か2週間の短期期間で留学出来るおすすめのスパルタ式の語学学校はありますか?プライベートを大事にしたいので1人部屋希望です。また、出来ればクオリティの高いジムや施設が整っている学校がいいです。また、就職活動や海外就職役に立つに有効となるビジネス英語を勉強したいです。わがままなお願いですが更にスピーキングに集中した留学希望です。私の現在の英語力は初心者~中級者の間です。

qaIconA

2週間の超短期留学をスパルタ校にてご検討中との事ですね。

まず、スパルタ式の語学学校は朝早くから夜遅くまで英語学習に半強制的に身を置く事となります。平日も外出禁止となります。従って、スケジュール的にはハードですが確実に効率的な英語力向上を望めるのが強みです。1日中、英語学習に時間を割くために総合的な英語力(特にスピーキング力)を効率良く向上する事を可能とします。

【2週間留学の注意点】

2週間の留学をご検討なされる場合の注意点をご説明させて頂きます。

まず、フィリピンにありますほとんどの英語学校は初日の月曜日がオリエンテーションおよび

学校案内の為に授業がありません。また、祝日などは休校日にもなりやすい傾向にありますので、

ご希望の留学予定週に休校日がないか以下のURLでご確認頂けると幸いです。

2017 フィリピンの祝

http://phil-english.com/about-philippines/2017-philippines-holidays/

上記の件も踏まえ授業数を気にする場合、弊社が扱っている英語学校の中で初日の月曜日から授業を提供している学校もしくは、追加費用をお支払いになれば月曜日から授業が受講な学校を選ぶのもありかもしれません。

早速ですがお客様の現在の大体の英語力を考慮した上で2週間の超短期留学を検討する場合、ビジネス英語入門コース、一般ESLコース、もしくは超短期留学専門コースを選ぶのが妥当です。

取り急ぎセブエリアの学校の中で上記を考慮し尚且つジム施設が整っている学校3校ほどご紹介させて頂きます。

以下の各ポイントに定評がありますのでおすすめです。

  • CPIRapidコース選択時、初日の月曜日(午前もしくは午後)から授業受講可
  • 安価な学
  • 厳しめの環境(スパルタ式
  • 講師陣の質
  • 卒業生の満足度
  • 超短期から長期留学まで期間関係なくおすすめな学
  • 治安の良さ
  • 学生へのサポート力(学生マネージメント

【コース案内】

2週間留学の場合、以下の各コースを選択して頂く事を推奨いたします。

CPI:

Rapid 60

2週間の短期留学生者専用のコースです。1週間30時間、2週間で60時間の授業時間が確保されており、休日がある場合は必ず補講が行われます。また専用の教科書があり、全ての科目が1冊の教科書で済むようになっています。マンツーマン授業も6時間あり、短期滞在者には効率的に英語力を伸ばせるコースです。科目指定も自由に出来ますので、特にスピーキングを伸ばしたいといったようなご要望にも柔軟に対応。留学前にインタビューテスト必須。

Business Bridge

ビジネス英語に関心が高い初心者の為のコースです。一般英語とビジネス英語の科目が一緒になっております。カリキュラムは以下の様に構成されております。

マンツーマン授業(4時間):Speaking、Grammar(Writing)はビジネス関連科目。

Listening、Readingは、一般英語の科目を学ぶ事となります。

1:4小グループレッスン(2時間):一般英会話1時間、オフィス英語1時間。

1:8グループレッスン(1時間):一般英会話もしくはフォーマルなアカデミックライティング

オプション授業(30〜2時間)は自由参加。ただし、午後5時25分から開始するInterview Englishの授業は義務参加。Interview Englishの授業では、履歴書、自己紹介書、雇用のための面接の練習などを行います。

CPILS:

Sparta

朝8時から午後7時30分までの計10コマを学ぶ事となります。

尚且つ、夜の9時30分からは義務自習もある為に本当に意味で1日中英語漬けになります。

カリキュラムの内の大グループ授業は欧米ネイティブ講師が担当するのも特徴です。

Business

ビジネス英語コースは主に様々なビジネスシチュエーションで、

対応可能なコミュニケーション力に重視したバランス良いカリキュラムを提供しています。

マンツーマン授業でビジネス英語の基本的なスキル学び、小グループでの実践し、
1:8の大グループではネイティブ講師の指導の下、中級レベルの留学生同士で英語コミュニケーション力を鍛えることが出来ます。

*CPILSのビジネス英語コースの受講希望者ははTOEICで約500点以上の英語力が必要。

EV:

General ESL

厳格な学習環境で語彙、文法、発音、スピーキングなど一般英語科目を集中的に学びます。

EVでは外出が出来ないだけでなく平日は毎朝5~6には起きなければいけない習慣があります。その際に点呼します。そこから朝食や単語テストを受ける事となるのでスパルタの中でも特に厳しめなスパルタ式です。

Business English

EVのビジネス英語コースでは学生の希望に合わせ専門分野の学術か実績的英語スキルを鍛えるカリキュラム構成です。ビジネス、教育、観光、会計、工学、医学等の特定分野の実務英語習得に焦点を当てています。

*CPILSのビジネス英語コースの受講希望者ははTOEICで約500~600点以上の英語力が必要。

【指定入学日について

各語学学校には指定入学日が設けられております。ピックアップを使用する為、

およびカリキュラムに多少なりとも支障を出さない為にも指定入学日での入学を推奨いたします。

CPICPILS(全コース

毎週土曜日もしくは日曜日

EV(General ESLもしくはBusiness English)

EVではGeneral ESLもしくはBusiness Englishコースを1人部屋で希望の場合、

毎週土曜日もしくは日曜日での入寮が可能となります。

もし、ご希望であれば各学校のご見積書を発行させて頂きます。また、1人部屋が空いているかを確認させて頂くためにご検討中の入学日をお教え頂けると幸いです。

その他、ご質問等がありましたらいつでも気軽にお問い合わせください。

何卒宜しくお願い致します。

フィリピン短期留学プラン

フィルイングリッシュが、フィリピン短期留学に行かれる方におすすめしている語学学校をご紹介します。

1週間から2週間の超短期留学の方の様々なニーズに柔軟に対応できる語学スクールを選定しました。(2017.1.31更新)

>>>フィリピン短期留学プラン詳細を見る

ビジネス英語留学プラン

メール、電話、会議、接待などビジネスに役立つ実践ビジネス英語を短期間で学習。よくお客様にビジネス英語コースの有無について聞かれますが、ビジネス英語コースを設けているフィリピン語学学校はそれほど多くありません。ちょっと意外に思えますがビジネスの需要はフィリピンでは少ないのです。

>>>ビジネス英語留学プラン詳細を見る

よく読まれている留学体験記