Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

クラーク留学CIP*寮と施設について

こんにちは、CIP学生レポーターIBUKIです!

前回はCIPがどんな学校か?についてお話ししましたが、

今回はCIP英語スクールにある施設、設備についてお話しします!

【CIPの設備】

・寮

学校のパンフレットやHPでは寮のリアルな姿をみることは難しいので、僕自身とても気になっていました。

もちろん日本と違って、土足です。なので、汚いことを覚悟の上で行きましたが、、、

意外ときれいでした!!!!

部屋は3人部屋、2人部屋、1人部屋とタイプがあります。

僕は3人部屋を選んだので3人部屋をご紹介しますが、部屋の広さはそんなに狭くないですし、ベッドとベッドの間は70cmくらいあります。

週に1度、害虫駆除をしているので校内ではほとんど虫を見ることもないですし、もちろん部屋に出たこともありません!これが1番の驚きでした!

また、ベッドの向かいに机が1人1個用意されており、本を置く棚、ライト、コンセントもあるので使い勝手がいいです。校内の椅子は固いものが多いのですが、部屋の中にある椅子は柔らかくどっしりとした良い椅子です!

机の距離は近いですが、自習室があり24時間自由に使えるようになっているので部屋で勉強することはほとんどありません。

トイレは以前お話したように、トイレットペーパーは流さずゴミ箱に入れる式です。

シャワーは日本とはかなり違いますが、海外にはありがちなタイプだと思います。

トイレとシャワーに仕切りが1枚で、シャワー後はトイレもビタビタになってしまいますので、慣れないうちは少しショックを受ける方もいるかもしれませんが、慣れてしまえば問題ありません(笑)

そのほかには、テレビや冷蔵庫、さらに各自ロッカーが用意されていて、鍵もかけられるので貴重品の管理もしっかりできます。

・カフェテリア

カフェテリアは2階建てになっていて、学校の門のすぐ隣にあります。

カフェテリアにはスナックバーと呼ばれる売店も入っていて、そこで飲み物やお菓子、アイスなどが買えるようになっています!

また、毎日のご飯もここカフェテリアで食べますが、普段は1階部分しか使いません。

2階はオリエンテーションやプレゼンテーション、毎週開催される卒業式などをやるときに解放されます。

カフェテリアの様子は、学校のご飯についての記事でまた改めてご紹介します!

 

・ジムと体育館

勉強の息抜きに、たまには体を動かしたい方のために!

フィリピン留学の多くの学校が校内にジムや体育館を持っていますが、CIPも体育館とその隅っこにトレーニングマシーンがいくつか用意されていて、留学生だけでなく、先生たちも時々利用しています。

このジムと体育館は、利用するのに予約などがいらないので気軽に利用できるのが良い点だと思います!

また、体育館には卓球台やネットが張られているので、卓球やバトミントン、バレーボールもできます。

さらに、毎週水曜日は「GOGOダンス」というアクティビティが開催され、先生がステージに立って教えてくれます。よく耳にするヒット曲を使ってみんなで踊ります!

(GOGOダンスの様子)

また、毎週木曜日はスポーツデイと言って球技大会のようなイベントが開催されます。

こちらはサインをする必要がありますが、いつも参加者がいて参加すれば友達もすぐにできると思います!

・洗濯機

洗濯は学校のランドリースタッフの方に無料で洗ってもらえますが、自分で洗う人もいます。自分で洗う人用の洗濯機が用意されていますので、その洗濯機を使い洗いますが、洗剤は自分で用意することになります。

ルームメイトも自分で洗っていたので、無料で洗ってもらえるのに、なぜわざわざ自分で洗うのかと聞いたところ、出した洗濯がなかなか返ってこないのが嫌なんだとか・・・

僕は洗濯をしてもらっていますが、週に3回、決められた曜日に出し返ってくるのは翌日か2日後です。それを見越して服を多めに持参すると返却が少しぐらい遅れても安心かもしれませんね!

・プール

ジムと同じように、フィリピン留学の多くの学校が校内にプールを所有しています。

水は業者の方がほとんど毎日きれいにしているのを見ますし、実際入ってみてもとてもきれいでした!

休みの日に外に出るのもいいですが、お金も時間を使ってしまいます。ですが校内のプールはもちろん無料で予約なく、夜の9時まで自由に使うことができるのでお勧めの施設です!!!

それでは今日はここまでです****

フィリピン留学CIP学生レポーターIBUKI

クラーク留学CIP*CIPってどんな学校?

こんにちは、IBUKIです!

入校して2週目に入りましたが少しずつ、学校のことも分かってきたので、

今日は僕の行っているCIP校ってどんな学校?ということについてお話しします!

 

【CIPの基本情報と特徴について】

 

 

  • 名称:CIP(Clark Institute of the Philippines)

  • 所在地:クラーク(クラーク経済特区外)

CIPはクラークに位置する学校で、2007年に創立してからずっと政府公認のもと運営されている安全な学校です。

学校周辺にはサリサリというコンビニと居酒屋の間のようなお店がありますが、ゲートがあり許可を受けないと基本的には立ち入れないようになっているのでとても静かで安全な場所にあります。

基本的にはタクシーも入って来られないほどですが、なぜかトライシクルはあります(笑)

トライシクルはバイクにサイドカーがついた乗り物で、タクシーより安く乗れる乗り物ですが、現地人でないと必ずと言っていいほどぼったくられるのであまりお勧めできません(笑)とはいっても、多くとられていても日本より格安で移動できるので経験したい方は観光料だと思って乗ってみるのもいいかもしれませんが、グラブタクシーというタクシーを使えばトライシクルより安く利用できる場合もありますので、フィリピンに来る前にグラブタクシーというアプリをダウンロードしておくことをお勧めします!!!

グラブタクシーだけ、敷地内に入れるそうなので、道でタクシーを拾う必要もありません。

ただ、クラークに来る前に知っておいたほうが良いのは、CIPはクラーク経済特区と呼ばれるエリアには位置していません!

多くのエージェントでクラークの語学学校は経済特区の中にあるようなニュアンスで説明されてしまうのですが、経済特区と呼ばれる中には調べたところ4校ほどしか存在しないようです・・・

とはいっても、経済特区とそうでないエリアの境目は曖昧で劇的に何か変わるわけでもなさそうですし、CIPは経済特区内ではなくともすぐそばにセキュリティゲートと警備の人が24時間体制でついているので学校付近は安全ですのでご安心ください!

また、クラーク経済特区をはじめとするクラークという街は企業街なので観光地としてではありませんが、マニラやセブと同じように発展している地域ですので、クラークエリアは比較的安全と言えます。

 

次にコースについてですが、CIPには多くのコースが存在し一般英語コースのほかに、IELTSコース、TOEICコース、ビジネスコースなど全部で12コースあり、ジュニア用のコースも加えると13コースにもなります。

その中でも、レベル分けが13段階に分けられていますし、マンツーマンが授業のほとんどを占めますので英語初心者から上級者まで様々な方に対応しています。

また、驚くことにTOEICやIELTSコースの留学生のほとんどがスコアアップに成功しています!スタッフの方に聞いても、このコースをとれば絶対に点数は上がる!と言い切るほどCIPが自信をもって提供しているコースです。

僕が聞いた中での実例を挙げると…

・Aさん(4週間)

TOEIC 500点→700点 200UP!!

・Bさん(5週間)

TOEIC 400点→800点 400UP!!

 

この数字は友達にざっくり教えてもらった数字ですので、本来はもう少し点数があるはずですが、それでも十分すごいですし日本ではまずできない事かと思います。それがここCIPでは普通の現象なのでしょう、、、恐るべしフィリピン留学です。(笑)

 

【CIPの特徴】

 

〔特徴①:ネイティブ講師の多さ〕

CIPの最大の特徴は、何と言ってもネイティブ講師の多さにあります!

CIPには“No.1 Native English School“というスローガンがあるほどネイティブ講師に力を入れています!

ほぼ全てのコースで1コマはネイティブ講師の授業が受けられます!

僕の場合は、全6コマ中2コマがネイティブ講師で内1コマはマンツーマン授業となっています。欧米諸国でネイティブ講師のマンツーマンを受けるとかなり高いオプションですが、ここでは格安で受けられるので、かなり贅沢ですよね。

 

〔特徴②:学生の国籍〕

そのような学校のスタイルもあってか、ここCIPには多くの国から学生が集まります。

前にもお話したように、常勤スタッフですら4カ国のスタッフが約2人ずつ在籍していますので、常に4カ国のスタッフが学校に出勤してくれます。

また、これまで受け持った学生の国籍は、日本、韓国、ベトナム、中国のほかに台湾、ロシア、タイなどもあるという多国籍な学校です。

現在の学生国籍の割合はこのような感じです!

 

 

CIPは韓国資本の学校ですが、こんなにも多くの国籍の学生が在籍しています。

ほかの学校では、全員日本人、全員韓国人というのも珍しくないですし、ほとんどが日本人であと少し韓国人、その逆もありますがそういう学校は多いように思います。

そうするといくら学校が厳しくても、校内言語の英語徹底(EOP:English Only Policy)が守られない危険性があります。特に授業外の寮生活は学校側も管理できないため、EOP適応外としている学校は多いですが、プライベートの時間でさえ必然的に英語を話さなければいけない環境なのがCIPです!

なぜなら、寮の相部屋は国籍が被らないように学校が組んでおり、国籍が偏って大勢入って来ない限り被ることはないと思いますので、是非複数部屋を選んでください!

この環境はかなり練習になりますし、英語で話す習慣を植え付けることになるので、学校内であろうとなかろうと、同じ国籍の人と話そうと基本的には英語を使って話すようになります!

なので、CIPはEOPが自然と守られるような学校になっています!

入学当初は、授業外でも学校外でも英語が飛び交う環境に驚きましたし、そういう環境は勉強にもなり、また刺激にもなります!

 

〔特徴③:二カ国留学とリピート率の高さ〕

CIPにはネイティブ講師がたくさんいますので、その特徴上二カ国留学をする人がとても多いです。ネイティブ講師の授業を格安で受けられるという特徴と、授業数の多さや英語力をぐんと上げてくれるというフィリピン留学×欧米諸国の留学を実現している学校といえますね!!

なので、バケーション感覚で来る学生がほとんどいない比較的、学生の意識やレベルの高い学校ではありますが、欧米諸国での留学費を少しでも抑えたい人や、欧米諸国での留学の前に基礎英語力を底上げしたい人、真剣に勉強したい人には絶対にお勧めです!!

 

また、CIPに来るのは2回目という学生がとても多いというのは知られていないCIPの特徴ではないでしょうか。もちろん、延長をする学生も少なくありません。

決して学校の施設や設備が優れているわけではありません。周辺は安全ですがその分、ショッピングモールも歩いていくには20分かかります。そんな環境にもかかわらず、延長・リピート率がとても高いのは、それほど先生・授業の質が良いという何よりの証拠です。実際授業を受けてみても先生に何一つ不満はありません。フィリピン人講師であろうと、ネイティブ講師であろうと教え方は本当に分かりやすいですし、独学よりはるかに早く英語力は伸びるはずです。

また、延長・リピート率の高さにはもう一つ理由があります。それは多くの学生が口をそろえて言う“居心地の良さ”にあります。

CIPは基本的にスパルタ式の学校ではないので比較的伸びやかな学校ですし、授業後は近くのサリサリに行って学生だけでなく先生も交えてビールを飲んだりしてコミュニケーションを取り続けています。(写真には5カ国の留学生、先生が集まっています!)

 

 

とても親しみやすい先生ばかりですし、学生もとても親切な人が多く溶け込みやすい学校で、授業後に積極的にそのような場所に行けば、すぐに担当の先生以外とも仲良くなれますし、友達もぐんと増えます!仲のいい先生や友達を増やせば増やすほど学校の中で英語を話す機会が増えますので、勉強をしに来たんだから授業後は自習!と1人になるばかりではなく、外にも出てみてください。

CIPなら、どこにいても英語に触れ続けられるので友達と飲み交わすことでさえ英語を話す練習になります。

CIPはあまりガツガツ勉強させるというような学校ではないかもしれませんが(スパルタコースを除く)、どこにいても英語に触れ続けられますし、伸びやかな学校の雰囲気やスタッフの方々のおおらかな雰囲気が作る“居心地の良さ”が驚異のリピート率を生んでいるのです。

 

それでは今日はここまでです***

 

フィリピン留学CIP学生レポーターIBUKI

 

バギオ留学CNS2*講師・マネージャーについて

おはようございます^^

今日は、朝から8時から4時間のEXTRA CLASSがありました。

そのあとは、今日がフィリピン・バギオで過ごす最後の休日だったので、友達とSMモールで買い物をしたり、ご飯を食べに出かけたりしました🌻

友達と、CNS2の近くにあるセッションロードにあるパスタ屋さんでおしゃれランチ🍔🍴

店内もきれいで、とっても美味しくて、びっくりでした・・・

セッション通りには、こんな感じのおしゃれなカフェやレストランがたくさんあるみたいです🌟

そしてこれは、CNS2からタクシーで10分ほどのところにある『CHAYA』という日本食料理屋さんで、

いつも優しくしてくれる台湾人と、仲のいい日本人の友達と行ってきました!

美味しいものばっかり食べて、太りそうですね🐷

明日から、最終週の授業が始まってしまいます・・・

周りの留学生はいい人たちばっかりだし、同じ目標を持つものどうし本当に仲良くなることができて、まだまだ帰りたくないです・・・😢

今日は、CNS2英語スクールの私の担当の講師とマネージャーさんについて紹介させていただきます^^

Leonie先生】

 

スピーキングのグループ授業を担当してくださっているLEONIE先生です!

いつもニコニコ明るく、生徒の発言の場をたくさん設けながら楽しい授業をつくりあげてくれています^^

Q.趣味は何ですか?

—暇なときは映画を見たり、読書をしたりしています。インドアなことが多いです^^

Q. なんの教科を担当していますか?

—スピーキングとリーディングを教えています。

Q. 教師になろうと思ったきっかけはなんですか?

—私がこの仕事において好きなことの一つに、生徒たちが彼らの持つ知識を相手に伝えることで学んでいくのを見ることができることです。

生徒は、他の国から来た他の留学生たちと出会うことで、お互いの異なる文化や考え方をたくさん学ぶことができます。これが、私がこの仕事をしていて楽しいなあと思える理由の一つです。

Q. 留学生たちに何かを教える上で大切なことは何ですか?

—情熱です。情熱がなければ、留学生たちにすべてを理解してもらうのは不可能です。また、教師に情熱がなければ、生徒たちはそれをすぐに感じてしまうと思うので、自分自身の教師という仕事に対する情熱を大切にしています。

という、キュートな見た目とは裏腹に、情熱のあるとってもアツイ先生です!

Q. Leonie先生から見て、CNS2の強みはなんだと思いますか?

—フィリピンにある他の大きな語学学校と比べても、留学生が勉強に集中できる環境づくりがされていることがCNS2の最大の強みだと思っています。

CNS2の雰囲気はアットホームである上に、とっても真面目で真剣な生徒と先生ばかりがそろう環境で、IELTSのスコアをあげたい留学生たちにとって最高の環境だと思っています。

Q. 教師をしていて難しいなあと感じるのはどんなことですか?


—生徒に教えている上で一番難しいのは、生徒の性格によって教え方を工夫をすることです。その人にぴったり合った教え方をしたいなといつも試行錯誤しています。

こんな感じの、毎回楽しくてアットホームな

グループ授業でした^^

Janice先生

私のマンツーマン授業のライティングの担当の先生です。

普通に進めると三ヶ月ほどかかるというライティングの授業を、一ヶ月しか滞在できない私のために、かなりスピードアップして教えて一ヶ月でしっかりカリキュラムを終わらせてくれるようなとってもフレキシブルな先生です。

Q. なんの教科を担当していますか?

— スピーキングとライティングを教えています。

Q.  なぜ先生になろうと思ったのですか?

—元はフィリピンにある大学でPhysiology(生理学)を専攻として学んでいたので、そっちの方面での就職を考えていたのですが、その就職に対して一年間待たなくてはならない状況になってしまい、他のことを仕事にしようと思い、昔から興味のあった「教師」という仕事を選びました。

でも、まさか自分が教師になるとは思ってもみなかったです(笑)

Q. CNS2の先生方は、どのようにして選ばれているのですか?

—CNS2の講師になるには、まずそれぞれレベルテストを受けます。この時点で6.5以上を取れていない場合は先生になれないのだそうです。さらに、その後1〜2週間の授業観察期間があり、その観察を通しての点数が高かった先生から順に正規の講師になることができます。観察期間には、講師たちのフィードバックの時間も設けられていて、他のすべての先生たちから自分の弱点や直した方が良いところを知ることができます。

このように、CNS2の講師になるのは難しく、高いレベルを求められるため、

質の高い講師のみがそろっているのだと思います。

Q. Janice先生の趣味は何ですか?

—暇なときにこれといってやりたいと思える趣味はありません。

なので、休日は家で家事をしているだけなので、生徒にエクストラクラスを頼まれても、いつでも対応することができます(笑)

Aileen先生】

最後に紹介するのは、私のマンツーマンのスピーキングを担当してくれている

ティーチャーAileenです^^

いつも面白くて、スピーキングは一番苦手なはずなのに、毎日楽しみでした!

私が一番仲良くなった先生です^^

Q. なんの教科を担当していますか?

—スピーキングです。

Q. Aileen先生の趣味はなんですか?

—料理をすることです。料理は日々のストレスを発散できますし、また何よりも食べることが好きです!

 

Q. なぜCNS2の先生になろうと思ったのですか?

—生徒たちが英語を勉強することによってゴールや夢を叶えることをサポートしたいと思ったからです。

 

Q. Aileen先生からみたCNS2の強みはなんですか?

—すべての生徒に与えられる教育の質です。私たちは、IELTSのスコア取得を目指してフィリピンにくる留学生達ひとりひとりに合った最高のサポートができます。

IELTSのスコアを取りにくるなら、CNS2がフィリピンで一番の学校だと思っています。

 

Q. CNS2の講師になってよかったなと思ったことはなんですか?

—やはり生徒が目標のスコアを取れたと聞いたときです。授業では、とにかくスコアにつながることだけを考えているので、ゴールスコアを取れたと聞いたときは、この仕事をやっていてよかったなあと思います。

ティーチャーAileenから、帰国日にこんな素敵なプレゼントをもらいました😢

本当に私のスコアを上げるために全力で取り組んでくれた素敵な先生でした。

ティーチャーAileenを始め、私の担当の先生たちはみんな真剣に一ヶ月という短い期間の中でとにかく私のスコアが目標に到達できるかということだけ考えてくれました。

9月にあるIELTSのテストで目標のスコアを取ることができたら、CNS2の先生には1番に報告したいです💪

【日本人のマネージャーさんにインタビュー🌸

CNS2には、S.Tさんという日本人のマネージャーさんがいます。

とても親切で、いつもなにかあると親身になって対応してくださるS.Tさんにインタビューしてきました!

Q. なぜフィリピン留学をすることに決めたのですか?

—ワーホリでオーストラリアにいる時に永住権を申請したいと思ったのですが、IELTSがないとビジネスビザも永住権の申請もできないということを知り、IELTSの勉強を独学で始めてみました。

しかし、独学でスピーキングやライティングの対策をするのは難しい上に、自分一人では集中して勉強するのも難しく、どこかの学校で集中して勉強する方が効率が良いと気づきました。

そんなときに、オーストラリアでフィリピン留学をしてきた日本人と出会い、その人の話す英語が流暢で英語の基礎もしっかりしていたため、自分もフィリピンで英語を勉強したいと思い、フィリピンでIELTSのコースのある学校を探すことにしたんです。

 

Q. なぜCNS2を選んだのですか?

CNS2はIELTSの学校の中で一番長い歴史を持ち、IELTSコースを持つ学校の中では最高峰であると知ったからです。

また、自分の性格上、観光スポットや遊べる場所がたくさんあるセブ島に行ったら遊び呆けてしまうと思ったので、比較的勉強に集中できると言われているバギオへ留学することに決めていました。

 

Q. なぜマネージャーとして留学をすることを決めたのですか?

—もともと、英語を学びたくてオーストラリアにインターンシップに行っていたのですが、そこでは仕事中にあまり英語を使わない上に、仕事から帰ってから英語の勉強という生活サイクルで、疲れてなかなか集中できず、オーストラリアにいてもこれ以上は英語力が伸びないような気がしていました。

そこで、ほかのインターンシップのできる仕事を探しているときに、

フィリピンの語学学校でインターンシップができることを知りました。

語学学校でのインターンシップなら、仕事の合間に授業も受けられて、仕事の中でいやでも英語を使わなくてはならない環境が手に入ると思ったんです。

 

Q. CNS2には何ヶ月滞在の予定ですか?

—去年の12月4日にCNS2へ来て、始めは6ヶ月の予定でしたが、

もっと勉強して高いスコアの取得を目指したくなったので、1年間に伸ばしてしまいました(笑)

留学生の中には、S.Tさんのように期間を延長する人がたくさんいるそうです!

 

Q. IELTSの4科目の中で何が一番得意ですか?

—リーディングです。私は、リーディングの勉強には特に力を入れていて、

ケンブリッジの過去問は1〜11まで全て終わらせ、今は二週目に取り掛かっているところです。

そこで気づいたのは、IELTSにはよく出題されるトピックがあるということです。たとえば、サイエンス、交通機関の話、宇宙、言語、文化などで、リーディングの勉強を通してそれらの知識が増えていくこともIELTSのおもしろさだと思っています。

また、最近はリーディング教材を読んで単純におもしろいと思えるようになり、自分の読解力が上がった証拠だと感じています。

Q. IELTSのスコアを取得して、オーストラリアで永住できたら何がしたいですか?

—まだ専攻など細かいことは決めていませんが、今はオーストラリアのゴールドコーストにある大学院に進んで、さらに学びたいと思っています。

また、サーフィンが大好きなので、その先にはオーストラリアのサーフィン業界で働けたらいいなあとも考えています。

Q. CNS2での生徒の伸び率はだいたいどのくらいだと感じていますか?

—人それぞれですが、私が仲良くしていた生徒で、たった一ヶ月の滞在期間でオーバーオール6.5をとった生徒もいますし、元のスコアが5.5だった生徒が4か月でオーバーオール7.0をとったというのも聞きました。

スコアの伸びはその人の努力にもかかっていますが、CNS2は生徒の努力に対して最大限のサポートができると思っています。

Q. IELTSの試験を受けたことがなくてもCNS2への留学は可能ですか?

—もちろん可能です。そういった生徒のために、CNS2ではプレIELTSコースというものを用意しているので、英語の基礎固めからIELTSコースに移行していただくことが可能になっています。

また、IELTSの受験者数は毎年受験者数は増えてきています。

今後は、世界基準の英語試験としてIELTSが一般的になっていくのではないか

と思っているので、IELTSの学習を始めることはかなりおすすめです。

 

Q. S.Tさんから見たCNS2の強みはなんですか?

—フィリピンのIELTSコースを持つ学校で一番歴史の長い学校であることです。

そのため、他の学校よりも確実に質の高い先生たちがそろっています。

たとえば、IELTSのスコアが6.5以上ないとCNS2の講師にはなれませんし、

中にはネイティブでも取るのが難しいオーバーオール9.0を持つ先生もいます。

また、教材、カリキュラム、講師、勉強に集中出来る環境作りなど、とにかく

全てが生徒の目標スコアのために提供されています。

CNS2は、他の語学学校でIELTSを勉強してきた生徒たちからも厚く支持され、

CNS2でスコアをとれなかったらフィリピンではもうとれないと思った方がいい、と言われるほどです。

CNS2は、フィリピン最強のIELTS専門学校だと胸を張っていえます。

Q. CNS2への留学を決めた人に、来る前にやっておくべきことを教えてください。

—まず、IELTSは単語力を測る試験でもあるので、単語帳を一冊覚えてくるなど、単語力の強化をしておくことは留学に来てからかなりのアドバンスになります。

また、リーディングとリスニングに関しては独学が可能ですが、スピーキングとライティングは独学がなかなか難しいので、来てからCNS2の先生方に教えてもらうことをおすすめします。

Q. IELTSのスコア取得を目指す生徒に一言お願いします。

— ‘’‘Your success is our goal’’

私たちのゴールはあなたの成功です。

CNS2 サバイバルチームはサポートします。

最後に、この学校のカリキュラムは他の語学学校に比べかなり厳しめで、CNS2に来る生徒はよく「大学受験の時みたいだ」と言いますが、本当にそのくらい勉強する覚悟をもっていないと、目標のスコアは獲得できないと僕自身も思っています。

ですが、私たちCNS2の講師、マネージャー陣は、そんな生徒たちを全力でサポートします。CNS2は、IELTSのスコア獲得を目指す留学生に最高の環境を提供できる語学学校です。

どの先生もマネージャーさんも、「CNS2はIELTSのスコア取得を目指す留学生にとって最高の学校だ」と教えてくれました。

私自身、ここに来てから一ヶ月間毎日日本にいるときには考えられないほどの多くの勉強時間を確保できている上に、先生やマネージャーさんは最大限のサポートをしてくれ、ストイックで意識の高い留学生が集まっているため、留学生同士の情報交換も活発で、この学校に来られてよかったなあと実感しています。

IELTSのスコアの取得を本気で考えるなら、CNS2はフィリピンで1番におすすめできる学校だと思っています。

フィリピン留学CNS2学生レポーターHATSUMIでした。

クラーク留学CIP*オリエンテーション・授業・LGBT豆情報

こんにちは、CIP学生レポーターのIBUKIです!

前回は日本からCIP英語スクールまでの道のりをお話しましたので今日はこの3つについてです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • オリエンテーションって何するの?

  • 初授業~フィリピンの授業とは?~

  • LGBT豆情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【オリエンテーションって何するの?】

初日が土曜日の深夜到着だったので、日曜日はスピーキングのレベル分けテストをして自由時間でした。

※レベル分けテストは事前に日本で受けることができ、事前に受けていると月曜日から授業が受けられます!僕は仕事とアメリカのビザ申請に追われて受けられなかったので現地でテストを受けました・・・

事前にテストを終わらせておいたほうがより授業を早くスタートできるのでお得です!!!

(テストはWriting/Reading/Listening/Speakingの4つです。)

~オリエンテーションは月曜日の朝からで、流れは以下の通りです。~

1.各国の担当スタッフによるオリエンテーション

まずは、母国語で学校の規則やシステムを説明してくれますので英語が苦手な方も安心して学校生活をスタートできます!

CIPには多くの国から生徒が集まるので駐在員スタッフも韓国人、日本人、ベトナム人、中国人と国際色豊かです。

2.校内案内

日本人スタッフの方と一緒に校内を歩きながら校内案内を受けます。

校内はそれほど広くはないので、すぐに覚えられるかと思います!

~ランチタイム~

ランチタイムは日本より少し長く、1時間半ほど毎日空きますので初日は学校探索をしていました!!

写真は見たことのない不思議な植物と触れ合っているところです(笑)

3.新入生全員でのオリエンテーション

この時間では、今週からの新しい留学生が一緒に受けるオリエンテーションとなります。

英語でのオリエンテーションですが、内容は午前中に受けたオリエンテーションと同じです。

また、この時間に自己紹介を行います。一人ずつ、簡単な自己紹介を英語で行いますが、いきなりにしては意外とみなさん英語を上手に話していてびっくりしましたので、不安な方は少し準備していくといいかもしれません(笑)

学生の年齢層は学生さんが多いですが、子ども連れのお母さんや上は50代くらいの男性もいらっしゃいますし、25~28歳くらいの生徒さんも思ったよりいるのでチャレンジしている同世代の方がこんなにいるのか!といつも感心します。

4.レベル分け筆記テスト/授業

レベル分けテストを受けていない留学生はこの時間に受けます。

事前に受けた生徒はここから授業に参加できます。

ちなみに、テストの難易度は個人差があると思いますが思ったより難しくて驚きました!

今まではTOEICの勉強が中心だったせいもあるかも知れませんが・・・

TOEICの英語と、日常で使う単語はもちろんかなり違いますし、音響設備も欧米諸国や日本のように優れたものがないので少し聞き取りにくいです。

以上が月曜日のスケジュールでした!

また、時間割は事前にテストを受けていれば渡航前に時間割がもらえますが、現地でテストを受けた生徒は月曜日の17時~18時頃に時間割が完成します。

【フィリピンでの初授業】

いよいよ初授業についてのお話です!

時間割を見ながら授業のあるクラスに移動します。

授業はマンツーマンとグループクラスの2種類あり、コースによってそれぞれの授業数は多少変動しますが、どのコースもマンツーマンが中心なのでコマ数も多いです。

マンツーマンの初授業は自己紹介をしてお互いについて知るため話をひたすらしていました。

僕の最初のクラスはRexというフィリピン人のマンツーマンでした。

そしてRexは僕のバディティーチャーでもあります。

※バディティーチャーとは、各生徒に1人ずつつく担任のような先生で学習面(先生の変更、コースの変更、授業の変更など)はバディティーチャーに相談することができます。毎日の授業で必ず会う先生なので、いつでも気軽に相談することができるのがいい点だと思います!

実際に、最初の週で分かりづらい先生が出てくる生徒さんも少なくありませんでしたので、教え方が分かりづらいな・・・と思ったときはすぐに相談または変更することをお勧めします!

というのも、先生の変更は週に1回までで限られた留学期間をより有効に活用するためには、遠慮は禁物です!

1週間で約25時間以上は授業がありますので、1週間といってもあなどれません。

初授業はどれも自己紹介が中心で、ほかには次から授業で使うテキストの案内などをされるので授業という授業ではありませんが、たくさん話すのでスピーキングのいい練習にはなるかと思います!特にマンツーマンはほかの生徒がいないので、先生も自分のレベルに合わせてくれますし、発言する生徒は自分1人だけですので思う存分話すことができます!

一方、グループクラスはほかの生徒が受けている授業に飛び入り参加するので授業をしっかり受けることができます。

時期によって異なりますが、僕のグループクラスは4人と6人という、とても少人数なクラスなので先生も一人一人と向き合ってくれる印象を受けました。

自由参加なグループクラスもありますが、そのクラスを除けばどのグループクラスも多くて6人ほどなので発言しやすいですし、生徒同士仲良くなりやすいように感じています。

【LGBT豆情報】

LGBT視点からのちょっとしたエピソードもありました!

これは偶然なのか必然なのか・・・(笑)

僕のバディティーチャーRexはゲイティーチャーでした!

そして驚くことに、僕の授業数は全部で6コマあるのですが、ゲイティーチャーはRexを入れて2人もいたのです!!!

I’m lucky man!!!ですね!

正確に言えば、ゲイの先生と、もう一人は僕と同じくトランスジェンダーの先生です。

トランスジェンダーの先生は僕の反対で、男性から女性になる方です。

ゲイティーチャーとの初授業は、それぞれの人生についてトークを繰り広げたのですが、異国の人と意見を交わしたのは初めてだったので、それはそれはとても貴重な経験でした!

また、トランスジェンダーの先生はSpeakingの先生なので、毎回セクシャリティの話をしている気がします(笑)

こんなことで悩まなかった?とか、こんな問題がまだあるよ・・・などなど

フィリピンでの暮らしぶりなど聞くと、日本より大変そうかもと思ったりするときもありますが、周りの先生達は「彼女はとてもかわいいよね、美しいよね、とっても面白いしいい先生だよ」とリスペクトもしていたりして、日本より暖かい人たちが多いなとも感じています。

偏見の目があること、受け入れてくれる環境があることは日本もフィリピンもあまり変わりませんが、フィリピンのほうがもしかしたらセクシャリティの話をよりオープンにできるような気がします。

なので、彼女たちも自然体でいられるのだと思います。

海外の方とこうやっていろいろな意見を交わせるのは本当にいい経験です。

自分を受け入れてくれる人が国は違えど、こうして存在しているということ、そして懸命に生きていることを目の当たりにすると自分の心もなんだか軽くなるような気がします。

と同時に、もっと頑張らないと!と背筋を伸ばされる思いもします!

 

自分というものがまだよくわからない方へ、厚かましいと思いながらも僕からちょっとしたメッセージを届けさせてください。

誰に受け入れてもらうかも大切ですが、とにかく受け入れてもらうこともまた重要なことと思っています。

受け入れてもらえることで、自分らしくいられますし、そういう人が増えれば増えるほど自分が自由になっていきます。

そんな仲間の存在が、時には国境を飛び越えて強い追い風となってくれるはずです。

厚かましい話はここまでにして、まだまだ始まったばかりですが徐々に友達もでき始め、とても楽しい毎日を送れています♪

次回はCIPってどんな学校?ということをお話ししたいと思います!

それでは今日はここまでです!また次回お会いしましょう***

フィリピン留学CIP学生レポーターIBUKI

クラーク留学CIP*日本から学校までの道のり

こんにちは!CIP学生レポーターのIBUKIです~!

無事にCIPまで着きましたので、

本日は日本からCIP英語スクールまでの振り返りをしたいと思います!

 

【日本からフィリピンまでの飛行機事情!】

■航路:【名古屋(セントレア)→韓国(仁川空港)→マニラ】・・・CIP(車で2時間)

■時間:合計約12時間(乗り換え待ち時間は約4時間)

■費用:往復約5万円

 

フィリピンへの直行便は名古屋のセントレア空港からは出ておらず、韓国経由で行きました!直行便だとフィリピンへは4,5時間で行けるようですが今回は乗り換えがあり全部で12時間はかかりました…

 

ですが、乗り換え空港の仁川(インチョン)空港は大きい空港なので待っている時間もゆったり過ごせます♪

仁川空港はとにかくフードが多いです!!!

せっかくなので、トッポギやキンパという韓国料理を堪能してみました♪

 

 

 

また、長旅の疲れもとれるようにと無料のシャワー室や仮眠室も完備されていました。

 

 

【CIPのピックアップサービス】

次はCIPのピックアップサービスについてです!

空港について約束の集合場所は出発数日前にフィルイングリッシュさんからわかりやすく教えてもらっていたので、すんなり到着しスタッフの方とも無事会えることができました。

来てくれたのは日本人スタッフの方で、車にはすでに5人ほどフィリピン留学の新しい生徒さんがのっていました。車内は荷物と人でぎゅうぎゅうですし、フィリピンの道は日本ほど整備されていないのでガタガタ・・・車も当然揺れることが多いです。

それでも時刻はすでに1時過ぎ。新入生はくたくたで車ではほぼ全員が寝ていました(笑)

(*揺れることが多いので乗り物酔いをする方は対策を!!!*)

 

CIPのピックアップサービスはフィリピンの首都マニラ空港まで迎えに来てくれます。

マニラといえば、なんだか怖いイメージですがそこまで来てくれるので安心です♪

また、このピックアップサービスはどんな時間帯でも対応してくれるのでチケットの時間も気にすることなく利用できます!

 

そして、もう1つ嬉しいサービスがありました!

車に乗るや否や、CIPスタッフの方からフィリピン留学スターターキットのようなものを頂きました!

 

 

 

中身は、ひとまずこれからの生活に必要になりそうなトイレットペーパーや水、ジュース、お菓子などが入ったものでした。

飛行機内に水はそれほど多く持ち込めませんので、水はありがたかったです!

また、トイレットペーパーですが実はフィリピンではトイレの中に紙がないことは珍しくありません!そして、この寮では紙は流せない模様です。(笑)

日本ほど水道が整っていないため、紙を流すと詰まってしまうんだとか…。なのでトイレの紙は近くにゴミ箱があるのでそこへ入れます。

ということで、フィリピンに来る際は1ロールだけでいいので持っておくべきです!

ちなみに、月曜日に学校からショッピングモールまでシャトルバスが出ますので、新入生はみんな行くことになります。そこでこれから必要な飲食物の購入や両替(空港でするよりレートが良い!)が出来ます♪

なので数日分の必要品が入ったプレゼントを頂けるのは本当に助かりました!

 

そして、空港から学校まで車で走ること約2時間、時刻は深夜3時を回っていました・・・

CIPへ到着後は深夜ということもあり、明日集合する部屋だけ教えてもらい、各自部屋に案内され、解散となります。

次の日は日曜日だったのでほぼほぼ自由時間でゆっくり過ごせましたが、長旅はやはり疲れるものです…

フライト時間、到着時間を考えたうえで、入寮日を土曜にするか日曜にするか考えたほうがいいかもしれません!

 

では、今日のフィリピン留学レポートはこれまでです***

 

フィリピン留学CIP学生レポーターIBUKI

バギオ留学CNS2*勉強法について

こんにちは。CNS2学生レポーターのHATSUMIです。

今日は、同じフィリピン・バギオ市内にあるPINESと、MONOLという学校に行っている友達とカフェで会うことができました🌼

CNS2の近くにある、バギオ市内でWi-Fiが最強だと言われているLUSSO CAFÉで集まって朝から勉強をしてきました☀

2人は、同じ大学・同じ学部の親友です!

三人で広々使えるほどの大きな机のある居間のようなスペースがあり、とっても快適でした^^

ここで朝から8時間も居すわりました(笑)

飲み物もケーキもすごく美味しいので、本当におすすめです🍴

夜は、CNS2の留学生のみんなでチャイニーズレストランに行って、しゃぶしゃぶのような、中国の伝統料理を食べました!

ひさしぶりに友達にも再会できて、とっても充実した1日になりました^^

今日は、CNS2英語スクールの強みや、学習サポートについて紹介させていただきます🌷

【弱点の補強対策について】

CNS2には、平日の正規授業に加え、ひとりひとりの留学生にあったカリキュラムを組むために、さまざまなサポートや取り組みがなされています!

1)EXTRA CLASS(エクストラクラス)

CNS2のマンツーマン授業は、Writing(ライティング)、Reading(リーディング)、Speaking(スピーキング)の三種類があり、

もしその中で自分が苦手だなーと思う分野があれば、

EXTRA CLASS(エクストラクラス)といって、

平日の夜や土日にマンツーマンの授業を追加することができます!

日程や時間は、自分のマンツーマンの授業の時間に、担当の先生の都合と相談して決めていきます!

私は、一ヶ月という短い滞在期間ということもあり、

特にWriting(ライティング)の勉強が間に合いそうになかったので、

先週と今週に2時間ずつのライティングのEXTRA CLASSを受講しました^^

1クラスにつき平日の18時以降が200ペソ(=約440円)、土日が175ペソ(=約385円)になります。

日本と比べると驚くほどの破格です・・・

※1フィリピンペソ=約2.2円

 2)スピーキングビデオについて

 

CNS2では、週に一回行われるウィークリーテストの際に、留学生ひとりひとりのスピーキングテストの様子をビデオで撮影してくれます。

それを、担当のマネージャーさんに頼めば、自分のUSBにデータを移してくれるので、

マンツーマンの授業の中でそれを見ながら自分の弱点を明確にすることができます。

私もマネージャーさんに頼んで自分のスピーキングテストのビデオを見たのですが、しゃべっている時に思ったよりも下を向いてしまっているとか、話すスピードが遅すぎる、など自分でやっているだけでは気づけないことにたくさん気づくことができて、とてもいい経験になりました。

ただ、自分のビデオを見るのはすごく恥ずかしかったです(笑)

スピーキングのビデオを見るためにUSBカードと自分のパソコンを持参することをおすすめします^^

3)ウィークリーテストについて

毎週金曜日(祝日の関係により土曜日になることもあり)に、ウィークリーテストというIELTSの模擬テストが行われます。

CNS2では、毎週本番さながらのテストを受けることができ、留学生が1週間でどれだけ伸びたかをはかることができます!

ウィークリーテストのWritingの一例です!

このように、IELTSと全く同じ問題形式が用意されます。

テストのある日は、グループ授業がなくなりますが、マンツーマンの授業はテストの間の時間に出席します。

ウィークリーテストの点数は、このように次の週の木曜日までにグラフにして廊下にはり出されます!

グラフにすることで、点数がどう変化して、自分にとって何が弱点なのか一目で知ることができます。

ただ、私は、ウィークリーテストの点数が悪くても、あまり気にせず勉強するようにしています(笑)

4)マンツーマン授業

マンツーマンの授業では、プリントをつくってくれたり、教材を用意してくれたりと、留学生ひとりひとりの弱点に合わせて授業を進めてくれます。

私の場合は、ボキャブラリーの少なさが弱点なので、

リーディングの先生が単語の意味を文章の中でGUESS(類推する)する練習のためのプリントを用意してくれました^^

先生が準備してくれる教材の他に、もし、自分で不安な部分があったり、補強してほしいことがあれば、頼めばできる範囲で対応してくれます。

CNS2は、本当に留学生に合った万全の対策を用意してくれています!

【自分でできる弱点の補強】

CNS2の留学生は、正規授業の他にも、自分の目標スコアに到達するための工夫をたくさんしています。

友達に教えてもらったのですが、学校の近くのSMモールで英語サブタイトルのDVDを買ってみると、ネイティブの発音やイントネーションを学ぶことができるのだそうです!

私も、理解がしやすくてスラングの少なそうなディズニーアニメのDVDを購入してきました!^^

他の留学生も、USBに持っている英語サブタイトルの洋画などを留学生同士で共有して、授業の空きコマや自習時間に見て学んでいます。

また、これは『BBC 6minites English』といって、

それぞれのトピックについての6分間のリスニングができるスマホアプリです。

ディスクリプションもついていて、難しい単語については解説ものっているので、

リスニング教材としておすすめのアプリです!

私も空き時間などに聴くようにしています^^
留学生同士でこういった情報交換ができるのもIELTS専門校であるCNS2の強みだと思います!

また、全員がIELTSのスコアを取るために来ている目標の同じ留学生で、みんな本当にストイックで、お互いに切磋琢磨できる上に、

同じ目標を持つことで仲良くなりやすく、みんなとても優しいので、毎日アットホームな環境で勉強できています^^

明日はフィリピン留学での最後の週末ですが、午前中はEXTRA CLASSがあるので

早く寝て明日に備えようと思います!

午後には友達と日本人の女性の方が経営しているという美味しい日本食屋さんに行く予定なので、それを楽しみに頑張ります^^

フィリピン留学CNS2学生レポーターHATSUMIでした。

クラーク留学*自己紹介

こんにちは、初めましてIBUKI(イブキ)です!

9月からフィリピンのクラーク・アンヘレスにあるCIP英語スクールに留学します。

今日は初めてのブログ投稿なので、こちらの3つについてお伝えしていきます!

 

  • 自己紹介
  • なぜフィリピン留学なの?
  • 学生レポーターを選んだきっかけは?

【1.自己紹介】

 

 

名前:IBUKI(イブキ)

年齢:25歳

出身:名古屋

英語力:TOEIC520点

 

僕は社会人5年目にして2度目の留学をします!

初めての留学は5年前、3か月の短期留学をアメリカでしていましたが、今回は2か月のフィリピン留学8か月のアメリカ留学という長期留学&2か国留学に挑戦します!

 

【2.なぜフィリピン留学なの?】

 

留学する!フィリピンに!というとなんでフィリピンなの?ということをよく聞かれますが、僕がアメリカ留学の前にフィリピン留学を入れた理由は・・・

 

とにかく安くて、朝から夜まで授業があり勉強量が多いから!

留学エージェントの説明会を回っていたときに聞いたことですが、フィリピン留学は欧米留学に比べ約2倍もの授業量があり、費用は約3分の1です!

英語圏での留学の授業は午前中で終わってしまうものが多いので、フィリピン留学は僕にとって衝撃でした!

また、マンツーマンが多く受けられるのもフィリピン留学の特徴ですが、欧米でマンツーマンは本当に高いですし、基本的にはオプション扱いです。

もちろん、「留学=英語学習」だけではありませんので英語圏での留学は、残りの半日は異文化に触れるためそれはそれでいい経験が積めると思います。しかし、前回アメリカへ行って分かったことは、英語がさっぱりだと何もわからない!楽しみ切れない!ということでした(笑)

ということで、アメリカでしっかりと異文化に触れていけるように、ホストファミリーと楽しい思い出を作れるように、基礎英語をがっちり固める準備体操いう感覚でフィリピン留学を入れました。

 

【3.学生レポーターで伝えたいこと】

 

この度は、フィルイングリッシュさんの学生レポーターとしてフィリピン留学に行くわけですが、何を皆さんにお伝えしたいのか?

もちろん学校のこと、フィリピンのことをお伝えすることは当然ですが今も今までもフィリピンへ、今回入学するCIPという語学学校へ行かれた方は多いはずです。あまり同じことでもいけませんので、現地の様子+僕にしか伝えられない事として以下の視点を2つ加えてお伝えしたいと思います!

 

  • 社会人留学・2か国留学について

学生の留学は当たり前の時代になりつつありますが、社会人の留学はマイナスに見られがちです。僕も周りに散々言われながら留学を決意しています(笑)

日本は特に、学生は勉強!それが終われば働き続けるという選択肢しかあまり用意されていない国でもあります。

「社会人の学び直し」この比率が世界的に見て日本は極端に低いです。よって学生よりはるかに留学を決意するのが難しい社会人の皆さんの背中を少しでも押せたらと、おこがましく思いながら書かせていただきます(笑)

 

また、最近増えてきている「2カ国留学」ですがフィリピンが最初の国に選ばれることが多いのでフィリピンでやっておくべき準備・勉強など書いていけたらと思います!

 

  • LGBTの留学について

こちらの視点は必要な方に届くようにと願い書いていきますが・・・

実は僕は女性として生まれ、3年ほど前に女性から男性へと性別を変えている、いわゆる性同一性障害というものなんです。

一般的には性同一性障害のほかに、GIDと呼ばれることもあります。

 

 

僕は現在治療もしていますし、とにかく当事者の留学情報が不足していて不安点を全く解消できなかったので留学はずっと出来ないと諦めていました。

そんなことがないように、微力ながらに情報を残していきたいと思います!

これからの情報が僕と同じような当事者の方まで届くこと、そしてこのことが理由で留学という人生の分岐点ともなり得る貴重な機会を失うことのないよう願いながら記事を書かせて頂きます!

 

それでは、最初の記事はここまでです!

次回はフィリピンからお届けしますのでよろしくお願いします!

 

フィリピン留学CIP学生レポーターIBUKI

バギオ留学CNS2*学校の規則について

こんばんは〜〜🌜CNS2学生レポーターのHATSUMIです。

今日は、3回目のウィークリーテストが終わってしまいました〜〜

もう来てから3週間経つなんて信じられないほど時が経つのが早くて、寂しいです・・・

 

テストも、自分の思っていたようにはできず、少し後悔が残ってしまっていますが、

あと1週間あるので、ここから巻き返していきたいです💪

 

先ほど、テストが終わってすぐに、フルーツが食べたくなったので先週も行った近くのパブリックマーケットというところに買いに行きました!

みかんが1キロ約160円という驚きの安さ・・・

フィリピンはとにかく食べ物が安いので、買いだめしたものを毎日たくさん食べてしまっています(笑)

 

 

先週の週末に行った、バギオ大聖堂です!

 

天気が良くなかったので写真は暗いですが、

すごく迫力があって、とてもきれいでした!

 

CNS2から、歩いて10分ほどのところにありました!

週末にこうして友達と近くに少し出かけられるのが楽しみで、平日は頑張ることができています^^

 

今日は、CNS2英語スクールの学校の規則や留学マネジメント関連の説明をさせていただきます!

CNS2では、勉強に集中できる環境や雰囲気をつくるためのルールがいくつか設定されています!

 

【外出に関するルールについて】

 

 

・CURFEW(夜間外出禁止)

CNS2では、基本平日の夜間(月〜金)の外出は禁止です。

ただし、

12:20〜13:30のランチタイム

18:20〜19:50のディナータイム

には外出が許されているので、その時間に外に食べに出かけたり、スーパーに生活用品を買いに行く人もいます^^

 

また、平日授業の最終日にあるウィークリーテストの日(原則金曜日)の強制自習時間のあと(22:20〜)からはもう休日扱いなので、次の日の朝4時までにCNS2に帰れば、自由に外出することができます!

 

休日は、外出したら次の日の朝4時までに帰ることができれば大丈夫ですが、

休日最終日の日曜日(祝日があれば月曜日)は、次の日の授業のために夜の9時までに帰ることがルールになっています!

 

このルールを破ると、10分につき100ペソの罰金が科されてしまうそうで、

過去に20分遅れてしまったという友達はしっかり200ペソ取られてしまったそうです。

時間に関しては厳しいようですが、ランチやディナーの時間には外に出られますし、

私は、週末以外は学校にほとんどこもりっきりですが、特に不自由を感じたことはありません^^

 

この規則のおかげで、CNS2内の勉強に向かえる雰囲気がつくられています!

 

また、どうしても外に出なくてはならない用事がある時には、韓国人マネージャーのALLENに許可をもらえれば、外出することができるみたいです!

 

【EOP(English Only Policy)について】

 

 

EOP(English Only Policy)とは、簡単に言えば学校内での英語以外の言語使用禁止制度です。

 

フィリピンのスパルタと言われる語学学校ではこの制度がよく使用されていて、日本語に触れる時間をなくすためにはとってもいいルールです!

 

私がCNS2を選んだ理由の1つが、このEOP制度です。

 

そんなこと言っても、日本人は日本人どうしでかたまってしまうのでは?と少し疑っていましたが、来てみてびっくりでした。

日本人どうしでかたまってしまうことはほぼなく、むしろ他国籍の人と一緒にいる人が多いので、とにかく英語を喋る機会が豊富です。

毎日友達とたくさん英語でしゃべることで、SPEAKINGのテストでナチュラルに話せるようになることにもつながっているような気がします!

 

多国籍な留学生からなるCNS2では、韓国人や台湾人、中国人、日本人など、本当に国籍関係なく仲良くできる環境です。

 

 

仲良くなった台湾人のYURIです^^

 

カナダに一年留学していたらしく、話す英語も流暢で、たくさん刺激を受けています!

 

 

他国籍の留学生には、勉強のしかたから英語のスキル、その国の文化や食べ物など、いろんなことを教えてもらっていて、とにかく毎日刺激でいっぱいです。

 

英語を通してたくさんの新しいことに触れることができるのは、留学をすることの大きなメリットですね^^

 

罰金も規定されているようですが、まだ一度も罰金を取られているのを見たことがないほど、みんな徹底して英語を使っています^^

 

ただ、もし困ったことがある時には、国籍ごとにマネージャーが1人づついるので、

日本語で質問したり説明を受けたりすることはできるので安心です。

 

 

【洗濯物について】

 

 

CNS2では、週に3回洗濯物を出せるタイミングがあります。

6階の部屋の人は月、水、土

7階の部屋の人は火、木、土に

部屋に置いてあるバケットに洗濯物を入れて朝の8時半までに部屋の前に置いておくと、洗濯して3〜4日後までに返してくれます^^

 

返ってくるまで少し長いので、下着類は多めに持って行くことをおすすめします(笑)

 

【支払い関連について】

 

 

学校に到着してから払わなければならない代金の一覧です!

 

VISA代は8週間の留学からかかるようになっていて、料金は表のとおりです!

SSPが6300ペソ、Deposit(帰国前に帰ってきます)が2500ペソ、Management Fee(ピックアップなど)が一ヶ月につき1000ペソ、Textbook Fee(教科書代)が500ペソ〜1000ペソになります!

 

私は、一ヶ月のみの滞在なので、VISA代は抜いて、

だいたい全部で10000ペソ(約22000円)を支払いました!

※1フィリピンペソ=約2.2円

 

【ライブラリー(自習室)の使用について】

 

 

ライブラリー(自習室)では、基本的に自由に自分の席を決めて滞在中ずっと使うことができます!

留学生はみんな自分の勉強道具を全て自分の席に置いています^^

自習室は24時間利用可能です!

 

【セルフスタディ(強制自習について)】

 

 

セルフスタディの時間は、基本的に平日月〜金の19:50〜22:20までです!

これが終わると、各々自由に時間を使うことができます^^

留学生はみんなかなり真剣にこの時間を使って勉強しています。

 

 

また、授業の空きコマの時間は部屋には戻らずに、ライブラリーで自習をするのが原則になっています。

 

【ドミトリー(部屋)の使用について】

 

 

CNS2では、

ランチタイムとディナータイムを除いて、

授業開始の8:30から強制自習時間終了の22:20まで部屋に戻ることはできない

というルールがあるので、日中は基本的に授業の教室か自習室で勉強することになります!

 

明日は、同じフィリピン・バギオ市内のPINES(チャピス校)というところに行っている大学の友達とカフェで会う約束をしたのでとっても楽しみにしています🌼

今週は最後の休日なので、友達との外出も楽しみながら、ラストスパートとなる勉強のほうも頑張りたいと思います!

 

フィリピン留学CNS2学生レポーターHATSUMIでした。

 

バギオ留学CNS2*平日1日のスケジュール

こんにちは。CNS2学生レポーターHatsumiです!

三連休の中日である昨日は、友達と「TAJIMAYA」というフィリピン・バギオにある日本食焼肉のお店に行ってきました^^

 

 

お肉とサラダとご飯が食べ放題で1人500ペソ(約1200円)という破格!!

店内もとってもきれいで、入るのに15分ほど並ぶ人気店!

CNS2からタクシーで20分ほどのところにあります!

 

大好きな牛タンも食べたのですが、日本食というだけあって、単品は1700ペソ(約3700円)とお高めでした(笑)

そして今日は、三連休最終日だったので、明日から再開する授業のために勉強時間をたくさんとることができました!

 

夕方には、仲の良い友達と近くのパブリックマーケットというところに買い物をしに!

 

 

パブリックマーケットは、「地元の人が集まる市場」というローカルな感じで、野菜やフルーツ、魚、フィリピンの伝統工芸品やジャム類、お土産品など、豊富に取り揃えてあります!たっくさんのお店が迷路のように連なっていて、迷子になりそうでした(笑)

 

 

パブリックマーケット周辺の町も散策してきました〜^^観光客はほとんどいないフィリピンの‘’The ローカル‘’‘な雰囲気を味わえて、とっても楽しかったです!

 

 

フワッフワの焼きたてパンを1つ4円でゲットできました^^

小銭がちょうど18ペソあったので、9個も買ってしまいました(笑)

という感じで、フィリピン・バギオにはセブほどではないですが、楽しめるスポットが程よくあり、三連休友達と平日の勉強の息抜きをたっぷりすることができました!

 

今回は、CNS2英語スクール留学生の平日の1日スケジュールを紹介させていただきます!

 

【7:00 起床🌞】

 

7:20〜リスニングの小テストがあるので、それに間に合う時間に各々起床します!

 

もっと早くに起きてライブラリーで自習する留学生もちらほら。

私も6時頃に起床しているのですが、この時間に部屋の外のベランダに出るととっても気持ち良いです〜^^

 

【7:20〜7:30 リスニング小テスト】

 

10分間で10問程度のディクテーションの小テストがあります。

短いテストなので、朝早くてもそれほどきつくないと思います^^

 

【7:30〜 朝食】

 

 

2階のカフェテリアで朝食を食べます^^

朝はたいていバナナが出てきます!

 

【8:30〜 授業開始】

 

 

このように、掲示板にそれぞれの時間割が貼られていて、これに沿って授業に参加します!

 

 

自分の時間割表と、先生の部屋割りの表とを照らし合わせることで、自分の教室がわかるようになっています!

 

【12:20〜 昼食】

 

 

午前の授業が終わると、同じく2階のカフェテリアで昼食の時間です^^

 

この日はみんなちょっと疲れ気味ですね。笑

 

【13:30 〜 授業再開】

 

13:30〜 午後の授業がスタートします!

昼食の時間の12:20〜午後の授業開始までの時間は外出OKなので、

必要なものがある人は、この時間にCNS2スクールの目の前にあるスーパーやモールに行って買い物をします。

 

 

また、人によって時間帯が変わりますが、

一時間の授業の空きコマの時間には、

ライブラリーで自習をします。

 

【17:30〜18:20 リスニングのオプションクラス】

 

グループとマンツーマンのクラスがひととおり終わると、

リスニングのオプションクラスがあります。

オプションクラスという名前ですが、留学生は原則みんな参加しています^^

 

【18:30〜 夕食】

 

 

同じく2階のカフェテリアでの夕食です。

 

この日は、ビビンバ丼のようなもので、

とっても美味しかったです!

勉強が大変な分、学校で食べるご飯が毎回楽しみです〜^^

 

【19:50〜22:20 強制自習】

 

この時間は、ライブラリーでの強制自習の時間で、留学生は授業内で出た宿題や、自分の弱点を克服するための勉強を進めています。

 

私は毎回この時間に眠くなってくるのですが、そうすると毎回、隣の台湾人の友達がお菓子を渡して励ましてくれます(笑)

 

【22:20〜 自由時間】

 

強制自習の時間が終わると、ライブラリーに残って自習を続けたり、ジムに行って運動をしたり、次の日の授業に向けて早めに就寝したり、自由に時間を使って過ごしています。

 

【24:00 就寝🌛】

 

人によって異なりますが、私の場合は、次の日の授業のために24:00には就寝できるようにしています^^

 

平日の1日の流れはお伝えできたかなと思います^^

 

明日から3週目の授業がスタートするので、また頑張ろうと思います!

 

フィリピン留学CNS2学生レポーターHatsumiでした^^

バギオ留学CNS2*施設紹介と周辺施設

こんにちは。CNS2学生レポーターのHatsumiです。

今日、2回目のウィークリーテストを終えたので、みんなで息抜きに近くのナイトマーケットというところに買い物しに行ってきました〜^^

 

 

ナイトマーケットで可愛すぎるボールペンを見つけて購入したところ、名前を入れてもらえました!!

可愛すぎるので友達の分も買ってしまいました。笑

1つ35ペソというフィリピンならではのリーズナブルさ。

 

写真がグロテスクすぎて載せられないのですが、

バロットというフィリピンフードで、中に成長過程のヒヨコが入った卵をみんなで買ってきて食べたんです・・・!

味は見た目とは裏腹に結構美味しかったです。

 

外国には知らない食べものたくさんあるんだなあ・・・って衝撃体験でした。

日本からとっても近い国なのに、不思議ですね。

 

ウィークリーテストのある金曜日(土曜日の場合もあり)はこういう楽しみがあるので、テストも頑張れます!笑

 

勉強はとにかく大変ですが、CNS2の生活にも先週以上に慣れてきて、留学生の友達はいい人ばっかりで毎日楽しくて、あと2週間で帰りたくないなあって思い始めてきています(笑)

 

今日は、CNS2英語スクールの施設について紹介させていただきます!

 

【寄宿舎について】

 

CNS2には、1人部屋、2人部屋、3人部屋があります。

部屋の設備(1人部屋、2人部屋)

 

 

1人部屋の友達にとってもらった部屋の写真です!

3人部屋にはないデスクもついていて、

この広さを1人で使えるのは羨ましいですね(笑)

私は3人部屋で、他の人の部屋に入ることはできないので、

部屋の設備は3人部屋の場合で説明させていただきます^^

 

基本的に設備はどの部屋パターンも同じで、

違うのは1人部屋と2人部屋にだけ冷蔵庫が設置されていることだけだそうです!

 

・部屋の設備(3人部屋)

 

 

部屋の全体的な内装です!

バギオの中では設備が汚い方だとフィルイングリッシュのスタッフの方から聞いていましたが、

想像よりぜんっぜんきれいです!!

3人で過ごすのに十分な広さですし、

日中は日も差し込むので、気持ちいいです〜

 

 

3人部屋のベッドです。

私は一番奥を使わせてもらってます(笑)

ベッドの間にライトも台もついていて、携帯を充電しながら寝ることもできて快適です!

月に一度シーツを全取り換えしてくれる上に、

掛け布団は毎日きれいにたたんでおいてくれます!

 

 

鏡は部屋に大きいものが2つついているので、

ルームメイトとかぶることなく使えています!

あまり整頓されていなくてすみません(笑)

 

 

部屋に1人1つずつクローゼットが設置されていて、何でもここに収納することができます!

部屋は基本的に何でも十分に揃っているので

本当に快適です!

ただ、ハンガーははじめ2,3個しか付いていなかったので、必要な方はハンガーを持参したほうがいいですね^^

 

 

シャワーとトイレです!

正直に言うと、お湯が出るまでに2分かかりますし、

出てもちょろちょろ〜って感じです(笑)

 

でも、これは最低価格留学のできるフィリピンで感じる唯一のデメリットと言えるほど他に不自由はないので、

このくらいは少し我慢して使っています!笑

 

 

靴棚と、2つ目の鏡です。

写真からもわかるように、外には大きなベランダもあって、朝起きて外に出るととっても気持ちがいいです!

 

窓も大きいので、部屋の空気も常に入れ替えられていて、

快適です^^

 

【校舎について】

 ・マンツーマンブース

 

 

レセプション(受付)が3階で、階段を半階上がったところに、こんな感じにずらっとマンツーマンブースが並んでいます!

 

 

マンツーマン授業で使う個別ブースです。

扉も付いていて完全個室なので、周りの音もシャットアウトされて、かなり集中できるようになってます!

 

・ウィルソンホール

 

 

ここが、3階のウィルソンホールという学校で一番広い教室です!

グループの授業やウィークリーテストで使われています。

机がとにかく大きいです!笑

 

・スピーチラボ

 

 

ここは、朝のリスニングテストやウィークリーテスト、グループの授業で使われている、スピーチラボという教室です!

グループの教室と自習室は、全て3階に揃っています。

 

・ライブラリー(自習室)

 

 

ここが3階の自主室です!

平日の19:50〜22:20までの強制自習の時間と、

授業の空き時間などに自習する場所です。

24時間空いているので、朝早くから来たり、夜の強制自習時間後も残ったりして勉強している人もいます。クーラーがとても効いていて少し寒いので、ブランケットがあると便利です!

 

 

机の上には、このような棚がついていて、

留学生はみんな自習時間中に食べるお菓子やコーヒーなどを入れてます^^

勉強中にここからお菓子を好きなだけとって食べられるので、とても幸せです。

 

・トイレ

 

 

自習室(ライブラリー)の横あたりにトイレがあります。自習室と近くて便利なのですが、トイレットペーパーはないので、みんな自習室にティッシュを置いています!

 

・ウォーターサーバー

 

 

ウォーターサーバーは、上記3階のトイレの前と、

部屋のある6階、2階のカフェテリアに設置されています!

熱湯も出るので、留学生はコーヒーやティーを入れて自習中などに飲んで頑張っています^^

 

・レセプション

 

 

3階にあるレセプション(受付)です。

授業の変更や期間の延長、料金の支払いなど留学関連の全ての手続きがここで行われます!

 

 

レセプション横にあるスペースです。

ちなみに、Wi-Fiは、レセプションから出ているので、ここが一番Wi-Fiが強いスポットです(笑)

 

・カフェテリア

 

 

ここが2階にあるカフェテリアで、朝・昼・夜とここでご飯を食べます!

 

 

食事は基本韓国料理のビュッフェ形式です!

味は期待していなかったのに、

かなり美味しくてびっくりしています(笑)

 

・ジム

 

 

ジムは5階にあります。

ここも、24時間自由に使えます!

私もたまに使ってます^^

 

・エレベーター

 

 

CNS2にはエレベーターもあり、

1階から部屋のある6階までこのエレベーターで行くことができ、とっても楽をしています。

ちなみに、バギオは標高2400メートルに位置しているので、6階まで階段で行こうとするとちょっときついです(笑)

 

【周辺施設について】

 

・CAFÉ LUSSO

 

 

フィリピン・バギオ市の中で最もWi-Fiが強いと言われているカフェです(笑)

今日は休日なのでこのレポートを書きに友達とルソーカフェに来ています!

 

 

中はかなりオシャレな雰囲気で、ソファも大きな席もコンセントも揃っています。

カフェもケーキもどれもかなり美味しくて、

クオリティの高いカフェなのでオススメです!

 

・タピオカ屋さん

 

 

CNS2のエレベーターで1階に降りると、目の前にタピオカ屋さんがあります!!

毎週ウィークリーテスト終わりにごほうびとして飲んでいるという友達が、この日ごちそうしてくれました!

ミルクティー味で、甘さが強めですがかなり美味しく、サイズも大きく、どのサイズも100ペソ以下というお得感!

 

・Centre Mall(センターモール)

 

 

なんと学校の前にショッピングモールがあります!!!

地下には、456マーケットというスーパーマーケットもあり(左写真)、休憩時間に行って日用品やお菓子などを揃えることができます^^

私もかなりの頻度で行ってます!笑

 

・SMモール

 

 

学校から徒歩13分ほどのところに

SMモールという大きなショッピングモールがあります!

ここに行けば基本的に何でもあるので、

週末にここに買い物に行く人が多いです^^

 

・ナイトマーケット

 

 

学校から5分ほど歩いたところに、ナイトマーケットという21:00〜1:00限定のフリーマーケットのような市場があります!

上の写真のような屋台がたくさん並んでいて、焼き鳥やラーメン、揚げ物やフィリピンフードが何でも食べられます!奥の方では、バギオTシャツなどのお土産や、スリーハンドくらいの古着も売られていました(笑)

 

・パブリックマーケット

 

これもキャンパスから徒歩5分くらいのところにあるみたいなのですが、

まだ行ったことがないので写真がありません・・

中ではたくさんの野菜やフルーツなどが低価格で売られているようで、

今日友達がいちごを買ってきてくれました🍓

 

 

今週はフィリピンの休日が月曜日にあり、三連休なのでおのおのゆっくりしたり

出かけたり勉強したりと、みんな自由に過ごすみたいです^^

私は、一ヶ月という短い滞在期間なのでとにかくやることと時間に追われていますが、友達と周りのカフェを開拓したりお買い物したり息抜きもしつつ、三連休を使ってしっかり勉強したいと思います!

 

フィリピン留学CNS2学生レポーターHatsumiでした。

 

よく読まれている留学体験記