Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール
2015/05/22

CG EOP制度(母国語禁止ルール)について

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。弊社フィルイングリッシュのスタッフは先日にセブにある伝統的なスパルタ校で有名なCGに訪問させて頂きました。以下プチ訪問記になります。

 

CGはセブでは珍しい一日最大12時間の授業を受講する事が可能なスパルタ校となっています。特にライティングや単語力の向上に力を入れています。また朝から夕方の17時まで行われているEOP制度のお陰もありスピーキング力も効率的に上げる事を可能としています。

 

CGでは、元々EOP(母国語禁止ルール)がありましたが最近では以前よりEOP制度が厳しくなり留学生が授業のない休み時間には毎回、留学生が母国語を使用していないかチェックをする為にスタッフが常時4~5人で監視しております。

 

監視員に母国語を使用している所を見つかってしまうとペナルティもあり、頻繁にペナルティを重ねて退学になってしまった留学生もいるために非常に厳しい制度となっております。その為もあり休み時間でも国籍関係なく留学生同士が英語で話すのが当たり前の環境となっております。

 

EOP制度が徹底しているお陰で、効率的にスピーキング力を鍛える事が出来る上にスパルタ式なカリキュラムもあるお陰か、短期間の留学でも確実なレベルアップを可能としています。自分自身の規制が上手でない方にはスパルタ式のCGはおすすめです。

 

e382abe382a6e383b3e382bbe383a9e383bce382b3e383a1e383b3e38388e794a82

EOP制度の監視人

 

 

よく読まれている留学体験記