Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール
2017/04/22

老練な初級者向けの 英語語学学校HELPロンロン校

2015年にリーニューアルをした HELPロンロン校は、安定的な教育体系を取り揃えた英語初級者の皆様におすすめの語学学校です。

 

 

おすすめポイントの1つ目は、教師の安定性でございます。

 

フィリピンの語学学校では英語講師の離職率が高い傾向にございます。そんな中で、HELPの講師離職率は年5%以下であり、フィリピン語学学校の中で一番低い割合にあります。 離職の低い理由が  ‘講師としての経歴の長さ’ であり、経験豊富なベテラン教師からの安定した授業を受けることが出来ます。

 

2つ目は、管理者のサポート力でございます。

 

HELPでは学生 30名当たり に1人の管理者がサポートするというシステムになっておりますので、トラブルや不便事項が発生した際に素早い対処が行われます。

 

3つ目は、整った勉強環境でございます。

 

HELPロンロン校では毎日単語テストが行われます。ただ単語を記憶するだけでなく、発音したものを録音するという、HELP校独自のテスト方法で、毎日新しい単語50個、復習単語50個の100個の単語が出題されます。こちらのテスト方法は、頭で記憶するだけでなく、口でも慣れさせるということを目的としております。

 

 

4つ目は、徹底した教育プログラムでございます。

 

HELPロンロンでは毎日 21時から 23時30分までの自主、課題の提出、テストの参加が義務付けられたプログラムで構成されております。特に復習を重視したプログラムになっております。

 

5つ目は、中高級レベルのマーティン(Martins)キャンパス校と連携した留学が可能であるということです。

 

HELPロンロン校は入学する 90%以上の学生たちが初級レベルです。 4~8週間留学する方々もいますが、多くは IELTS, TOEICなどの点数取得まで考慮した 16~24週間の学生であります。 HELPロンロン校で 8~12週間、会話能力と英語の基礎能力を身に着け、その後マーティン(Martins)で、より高級な英会話と特化コースを履修することができます。 同じ学校なので学業情報も連携されており、SSP費用の付帯費用を免除することも可能です。

 

もちろんHELPロンロン校にも短所はあります。 全体的に授業量がやや少ないという点、ドミトリーでの2段ベットの使用、立地條件が悪く外出外泊が制限されているという点です。

 

初級者を対象にした語学学校は多くありますが、教育プログラムと教師陣のクオリティー、安定的な留学生活を考慮したら HELPロンロン校は良い選択となります。

 


 

 

よく読まれている留学体験記