Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール
2015/05/17

【Philinter】最新ニュース♪

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。先日弊社のスタッフはセブにある語学学校Philinterを訪問する機会に恵まれました。その際に様々なお話を学校関係者や現地留学生からお聞きする事が出来ました。今回は訪問の際に手に入れたPhilinterの最新情報をご紹介いたします。

 

フィリピンで最初に多国籍学校の構成に目を付けロシア、ベトナム、韓国、中国、台湾、日本、モンゴル、中国、中東南部など様々な国籍の留学生が学んでいる事で有名なセブマクタン島の名門校Philinterで学生国籍比率に大きな変化がみられるとの事です。

 

それは台湾留学生の人数が急増中との事です。以前までは韓国が4割、日本3割を主力に、残り3割をその他台湾、中国、ベトナム、モンゴル、アラブなどで国籍比率が構成されていましたが、最近では、台湾人留学生の数が著しく伸び韓国や日本人留学生の人数を超える見込みです。

 

実際に7月には45人程の台湾人が既にPhilinterに登録済みです。最近の台湾では英語ブームが起きており、先日にはフィリピン政府が台湾のビザ申請者に対しインターネットでのビザ発行を新たに認可いたしました。

日本人もしくは韓国人が、在籍している留学生の多くを占めている語学スクールが多い中、台湾人の学生が増え更に国籍比率に磨きがかかっているPhilinterは日本人にとっては魅力的な国際交流環境が整っています。

 

Philinterは、単に英会話だけを向上するだけでなく、英語のスピーキング会話能力を向上しながらも英語の全般的な能力を効率的に上げる事が出来る硬派で正統派な英語スクールです。だからこそ最近では、台湾人の学生が増えていく傾向にあるのかもしれません。

 

e382b3e383a1e383b3e38388e794a82e382b3e383a1e383b3e38388e794a84
プレゼンテーションルーム&訪問時に取らせて頂いたPhilinterの副校長と日本語が堪能な韓国人マネージャーとの写真です。

よく読まれている留学体験記