Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール
2017/03/03

QQイングリッシュの魅力

セブには日本人資本の学校の中でも特に魅力的な学校があります。セブの中心街のマクハマタマカン前にあるQQイングリッシュです。

QQイングリッシュは、日本人向けオンライン英語講座ナンバーワンシェアを誇る、フィリピンでも有名な学校です。

今日はQQイングリッシュの特徴をポイントごとに紹介していきます。

【便利な立地と施設】

QQ English ITパーク校は、セブの中心部であるIT Parkに在ります。 IT Parkにはスターバックス、ボスコーヒー、カサベルデなどの有名店や外資系企業、コールセンターが集まっています。治安は、セブの中で最も安全です。校舎が入っているIT Parkのスカイライス(skyrise4)の設備は、セブの語学学校の中でもトップクラスで、ヨーロッパやアメリカの英語スクールと比べても見劣りしません。

【自由な英語スクール】

フィリピンのほとんどの学校が夜中に外出することを禁止して、週末に外泊するとなれば許可証をもらわなければなりません。しかし、QQイングリッシュには、そのようなルールはありません。QQイングリシュ英語スクールは勉強と同じくらい、外に出てフィリピン文化と触れ合ったり、異国の人々と交流したりすることも大切だと考えているからです。また、放課後は近くのホテルでプールとフィットネスセンターを無料で利用できます。 (QQ IT Park場合、近くにあるウォーターフロントホテルでプール、フィットネスセンター、ヨガ、エアロビクスを利用可能。QQ Seafront場合は近くにあるホテルでプールとフィットネス器具を利用可能)

【魅力的な二つのキャンパス】

QQイングリシュはセブに二つのキャンパスを持っています。一つはIT Parkにあるキャンパス、もう一つはSeafrontのキャンパスです。二つのキャンパスとも、マンツーマン中心の学習カリキュラムや門限を作らないなど同じ部分もあります。しかし、IT Parkの方ではセブ中心の繁華街のにぎやかさを味わえるのに対して、Seafrontの方ではフィリピン文化交流と特別なレクリエーションを楽しむことができます。もし、両方の金パスで留学できるのであれば、Seafrontでセブの有名なビーチや自然を楽しんだ後、IT Parkでセブの都心の快適な生活を過ごされることをオススメします。

【レベルの高いフィリピン人講師陣とマンツーマン中心の学習カリキュラム】

フィリピン英語スクールの花はなんといっても「マンツーマン授業」です。オーダーメイドで作られる学習カリキュラムは、初心者で英語を勉強される方でも安心して勉強に取り組むことができます。欧米のグループレッスンに比べて4倍以上のスピードで英語上達するという結果も証明されています。そして、マンツーマン授業で英語の上達を左右する一番のキーポイントが「フィリピン人講師のクオリティ」です。フィリピン人講師の実力にあまり違いはないと思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。フィリピン人講師のレベルはエリアによって異なり、校長の意志に基づいて大きな差を見せたりします。実際に2016年からセブエリアの「フィリピン人講師のクオリティ」が落ちています。最近、フィリピン政府が公立学校の教師の大幅な人員増加とオンライン英語講座の需要の増加で実力のあるフィリピン人講師が英語スクールをやめ、公立学校の教師とオンライン英語講座の講師に転職するというケースが増えています。公立学校とオンライン英語講座の収入は、英語スクールに比べて約40%以上も高く、英語スクールの収入は今までほとんど変化がありません。

しかし、QQイングリッシュの「フィリピン人教師のクオリティ」はセブでもトップクラスです。理由は簡単で、QQイングリッシュの講師陣は全員がオンライン英語講座の先生だからです。そして、QQイングリッシュはマンツーマン授業中心の学習カリキュラムを立てているため“マンツーマン授業のクオリティが低かった”、“英語の上達が感じられない”などの評価を留学生の方々から受けてしまうと、英語スクールの評判を落とすことになってしまいます。そのため、QQイングリッシュはフィリピン人講師のクオリティを保つために給料については惜しまずに講師の方々にお渡ししています。また、参考までにQQイングリッシュのフィリピン人講師はTESOLの資格を保有することが条件となっております。

【その他】

ここまで、QQイングリッシュの魅力を紹介してきましたが、マイナスポイントもあります。 一つはQQ IT Parkキャンパスの外部ホテルのクオリティです。トイレ・シャワーが共有あることやその他の設備で見劣りすることがあります。もう一つは在学生の80%以上が日本人ということです。そのため英語スクール・ホテル内での英語の使用量には限界があります。

よく読まれている留学体験記