Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

フィリピン留学レポート

学生レポーターの留学感想!学校到着から留学最後まで生の声をお届けします。

フィリピン留学レポーターは、弊社の学費サポートを受けて語学学校で留学中の学生のことで、授業や生活全般に関して学生目線で感じたことをレポートします。 フィリピン留学レポーター案内はこちら!


Cebu | CPI
セブ留学CPI*1:1リーディングクラスについて

セブ留学CPI*1:1リーディングクラスについて   こんにちは! セブ留学CPI学生レポーターの一ノ瀬です。   今回は 1:1のリーディングクラスについて 紹介していきたいと思います。   IELTSのリーディングについて まず、初めにみなさんに テスト形式をざっと紹介していきたいと思います。   IELTSのアカデミックテストでは 60分間で3つのリーディング問題を解いていいきます。 つまり、60÷3=20分 1パートにつき20分で解いていかなければなりません。   まず、私が初めの授業で先生に言われたこと、それは 「これは時間との戦いだ」ということです。 読むスピード、理解するスピードが求められます。 また、IELTS特有の「言い換え」問題や穴埋め問題があるので 単語力だけでは解決できません。 全体を把握して問題を解く必要があります。   使っている教材はこちらです。 5−8と書いてありますが、長期滞在をする留学生は 8以降の教材も準備されているそうです。     今週でフィリピン留学6週目となりますが、 半分ほど進みました。 最近読むスピードが上がったのか授業後半に時間があまり 次のパッセージに進むことがあるので これからはもう少し減るのが早くなるかもしれません。 中身はこんな感じです。     大体各セクションに2ページの文章量があります。 それに対して13〜14問の問題に答えていく形です。     スコアを伸ばすには?   アカデミックコースを選ぶということは、 つまり、、、点数の向上を目指していかなければなりません。   このリーディングのクラスでは毎日毎日ひたすら問題を解いていきます。 最初は読むだけで集中力が途切れていましたが 回数をこなすごとに、だんだん慣れてきました。   日本人はどちらかといえばリーディングは他のスキルに比べると 点数が高い傾向にあるようですが、 私はこのリーディングがかなり苦手です。   […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*週末の過ごし方について

セブ留学セブブルーオーシャン*週末の過ごし方について こんにちは! セブ留学中の学生レポーターSae です。 今日は 週末の過ごし方について ご紹介します(*^^*)   普段は近場でゆっくり過ごすことが多いのですが(マッサージ、スパ、ショッピングなど)、今回はダイビングのライセンスを取りに行った土曜日のことを時系列でまとめてみました!     ⚫8:10 起床-身支度•朝食 EGI(セブブルーオーシャンアカデミーとわたしが滞在しているホテルがある施設)に併設されているダイビングショップ、Mango Drive で申し込んだので朝はゆっくり目でした。 この時間だと朝食もいつも通りアカデミーで食べれます。 実はMango Driveよりももう少し安いところに一週間前に問い合わせしたのですが、既に満員で予約出来なかったためMango Driveに変更。 しかし結果的にそれで良かったです。 オーナーさんは韓国人のおじさん(お兄さん?笑)ですが、すごく陽気で面白くて優しい! 金額もそこまで差があったわけでもないですし、何より移動がないのでめちゃくちゃ楽でした。 ダイビングは想像以上に体力が奪われるので、練習後に移動があるかと思うとゾッとします。笑 セブブルーオーシャンの学生でダイビングのライセンスを取りたい人にはMango Driveがオススメです‼︎ ⚫9:00 集合-座学 最初に申請書を書いたり、基礎を習ったりします。 基本的に英語で説明ですが、簡単な英語を使ってくれるので大丈夫です! ⚫10:30 EGI内のプールで練習 ここからは実技です。 (書いてて思いましたが、座学の割合めちゃくちゃ少なかったです笑) 練習はまたまた施設内のプールを使うので移動はほぼ無しです! ここで ダイビングで必要な道具の使い方 酸素が外れたらどうするか マスクに入った水の抜き方 耳抜きの方法 などを習い、練習します! ⚫12:00 ランチ-休憩 本来ランチ休憩は1時間あるそうなのですが、時間が押したため30分休憩でした! ランチはもちろんアカデミーで頂きます。 着替える時間もないしそもそも脱ぎ着が大変なので、みんなででウェットスーツを着たまま食堂に行きました笑 ⚫12:30 プールで練習 またEGI内のプールで練習です! 午前中に習ったことの復習がメインでした。 プールは一番深いところでも2mしかないのですが、それでも耳が痛くなり耳抜きの大切さを痛感しました。。 ⚫14:30  海でダイビング!   ついに海で実践です。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*バケーションについて

バギオ留学HELPロンロン*バケーションについて   こんにちは! バギオ留学、学生レポーターのkaitoです!   今回は バケーションについて レポートを紹介したいと思います。   (バケーションとは) 規則 HELPロンロン校 平日は外出禁止 外出は週末のみで毎日点呼有りで外泊禁止   こういった厳しい規則があるアカデミーなのですが、プログラムの最終週に外泊可能なバケーションというものがあります。みんな最後の週はこの為に頑張っています。 金曜の夜から外泊可能で日曜の点呼までに帰って来れば OKです! ただし事前に申し込みが必要なので提出期限内に名前と目的地を書いて提出します。   今回私はsagadaというバギオからバスで5-6時間程かかる町に行ってきました!   (sagadaについて) sagadaはフィリピン人にも人気のスポットらしく、どのフィリピン人の先生に話しても知っていました。私がsagadaに行ったのはもちろんフィリピンは海が有名ですが山も日本と違った景色が見られるのではないかと考えたのと、私は4月からセブのアカデミーに行くのですが、その時に海は楽しめるかなと考えたので今回は山にいってきました。 もちろんバギオの近くにも綺麗なビーチがありますので、海にも行きたいという人にはバギオはいい場所かもしれません。またフィリピン留学ではセブ留学が有名です。人気な理由はやはり綺麗な海があることが一つあると思います。ですがバギオは山も海も楽しめて、なおかつ物価も安いのでバギオは本当にオススメです。   (sagadaの観光について) sagadaにはバスで行くことになります。バギオのバスターミナルから5-6時間かけ行きます。途中で2回程休憩がありますので、そこまで体への負担は感じませんでした。そしてバスは基本的に時間に沿って動きますが、人数が揃えば出発することもあるそうなので早めにバスへ乗っておくことを勧めます。 なぜなら席は自由席で順次埋まっていきますので、補助席になると少し辛い道のりになると考えられるからです。 また帰りのバスも人数が揃い次第出発しますので早めの行動を心がけてください。   Sagadaは観光地として有名で町には何軒かレストランやバーがありますので夜もそれなりに楽しむことができます。ただここは日本ではないということを忘れずに行動してください。店はバーでも10時ぐらいには閉まりますのでもしまだ飲み足りないようであれば、店で購入することも可能ですので買ってホテルで飲むようになると思います。 地元の人はお店が早く閉まることを知っていますので、早寝早起きです。 私たちについてくれたガイドは7時に寝て朝5時ぐらいに起きるそうです。すごく健康的な生活をしているなと思いました。   (観光地について) sagadaにはいくつか観光名所があります。まず教会ですが、大きくはないですが綺麗に整備されており独特な雰囲気を持った場所だと感じました。     次にcoffineとよばれる棺桶があるのですが宙につられています。初めて見た時はなかなか衝撃でした!文化が違えば考え方も違い新鮮でした。フィリピン留学ではこういった日本では感じることのできない様々な違いを感じることができますので人生の経験としてとてもためになり、刺激を与えてくれるものだと感じます。     そして私が行った洞窟ですが、日本では道が整備され安全に進んでいけるようになっていますがここはほとんどそのままの形で残っておりかなりエキサイティングになっています。 ここに行く際はしっかりとした準備ををして行くことを勧めます。特に女性は少しハードな道のりになると思いましたので、しっかりと休養をとって行ってください。所要時間は2時間ぐらいは見ていたほうがいいです。 洞窟に行った後ご飯に行きましたが皆なくたびれた様子でした。       今回sagadaに行って感じたのは日本にいて得ることのできない貴重な経験を得ることができとても満足しています。みなさんも是非このバケーションを有効に活用してバギオだけでなく色々な場所に行ってみてください!   今回はここまでで、また次回もよろしくお願いします!   :フィリピン留学 HELPロンロン校 留学生レポーター kaito

>> More

Cebu | cboa
セブ留学セブブルーオーシャン*規則について

セブ留学セブブルーオーシャン*規則について   こんにちは!   セブ留学中の学生レポーターSae です。 今日は セブブルーオーシャンの規則について ご紹介します(*^^*)     ⚫学習規則 《自習》 ブルーオーシャンでは授業を休むとその分自習が義務付けられてます。 また15分以上遅刻するとその授業を受けることは出来ませんので、同じく自習をしなくてはなりません。(5分まではセーフらしいです。) そして自習はカフェで行っても受け付けてもらえず、マンツーマン教室でする必要があります。   《ドロップ》 まずは正規の授業についてですが、3回以上欠席するとその授業はドロップになります。 つまりもう出席できません。 オプションクラスは正規授業よりも厳しく、2回以上の欠席でドロップです。 でも正規授業とオプションクラスはクラス編成の期間が違っていて、正規授業は4週間、オプションクラスは2週間ごとにクラス編成があります。 しかし… 3回休んでもマネージャーを通して、正規授業をそのまま受けている生徒もいます。 そしてオプションクラスも先生によっては2回休んでも受け入れてくれる先生もいるようです。 結局は先生次第と言うところですが、ちゃんとしたルールは上記の通りです。   ちなみに授業を無遅刻無欠席で4週間乗り切るとセブブルーオーシャンのTシャツかランドリークーポンかカフェクーポンが貰えます! 4週間終わってそのまま帰る人はTシャツを、まだ残る人はクーポンを貰う傾向があります♪ でも中にはもらったTシャツを普段から着ている人もいますよ(*^^*) わたしも最初の1ヶ月目はランドリークーポンを貰いました! そして2ヶ月目でTシャツを貰って帰ろうかと思ったのですが、最終週に発熱しはじめて授業を休んでしまいました…。 実はこっちにきて最初の週にも熱を出してしまったのですがその時はタイミング良く(?)週末でした。なので、授業を休まずに乗り切れたのですが最終週はガッツリ平日に発熱。 熱にはじまり熱に終わってしまいました ˆ ˆ ; でも普段はとても元気なんですけどね。 こちらでも保険を使って病院にはいけますが、少しくらいの不調ならわざわざ病院に行くのも大変なので、日本から薬の持参をオススメします! ちょっと脱線してしまいましたが学習規則はこんな感じでそこまで厳しいものはありません。   ⚫生活規則 《門限》 セブブルーオーシャンでは門限が設けられてます。 月曜日ー木曜日,日曜日は22:00まで。 金曜日、土曜日は24:00まで。 毎日ガードマンが点呼をとりに部屋まで来てくれます。この時間よりも早く寝たい時は前もって自分からガードマンに会いにいってチェックしてもらうことも可能です。 また自習室は24時まで開放されているので、必ず部屋にいなくてはならないわけではなく、カフェや教室にも点呼をとりに来てくれます。   《旅行》 日をまたいで旅行などに行く時は前もって旅行計画をマネージャーに提出する必要があります。 そして平日は基本的に休みはとれません。 家族が遊びにくるときにかぎって特例で許可が貰えますが、家族が予約したeチケットを提示する必要があります。 しかし中には友達と旅行にいってる学生もチラホラ… セブブルーオーシャンはセミスパルタなので、ルールはあるけど、守るか守らないかは自分次第って感じもしますね。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*フィリピン人講師について

バギオ留学HELPロンロン*フィリピン人講師について   こんにちは! バギオ留学、留学生レポーターのkaitoです!   今回は フィリピン人の先生たちについて レポートを紹介したいと思います。   (授業について) 授業は個室で行われます。 最初見たときは壁も薄そうで音漏れがすごそうだなと感じましたが、意外とあまり気になりません。笑 授業は基本的に教科書を利用し進めていきますが、もちろん自分が持っているものや先生が持っている教材を使用し授業を受けることができます。 その場合は最初の授業で先生に伝えてもいいですし、途中で変更することも可能です。私は何度か変更しましたが嫌な顔をする先生は一人もいませんでした。皆さんも何かあれば先生と相談して授業内容を変更するなりしてもらうことをお勧めします。   おそらく皆さんも限られた時間と資金を使いここに来ると思いますので、あまり問題を抱えたままやっていくことはやめたほうがいいと思います。   フィリピン留学では多くの人が短期の留学で集中して勉強し結果を出したいと考えている人が多いと思います。せっかくの留学なので自分が授業をアレンジして自分にあった授業を作っていってください。   (教室の様子について)   教室は最初の頃は狭いと感じましたが、慣れてしまえばちょうどいいかなと今では感じています。壁がとても薄く音漏れが心配でしたが全くそんなことはなく授業を受けられています。 教室はこのようになっています。(階によって多少違いはありますが作りは一緒です)     先生たちには自分の部屋が与えられてそこで授業を行うのですが、先生によって本当に個性が出ます。少し気になるのが匂いです。先生によっては香水をつけすぎて少し残念な部屋もあります。 ですが全体的に清潔感があり、先生たちも掃除をしているようです。   (フィリピン人の先生について)   先生は基本的に選べませんが、以前も紹介した通りランキングトップ10の生徒は先生を選択できるんですが……   今回のプログラムから変更がありIELTSを教えている先生は受けることができなくなりました。泣   なーんだそんなことかと思う方もいるかもしれませんが、これはかなり変わってきます。なぜなら優秀な先生はみんな例外なくIELTSの先生だからです。もちろんESLの先生方も優秀な人ばかりですが、実際に授業を受けてみるとやはり違いに気づくことになると思います。 IELTSの先生の授業は教え方がうまいのか、わかりやすく、そして何よりも受けていて楽しいです。 また知識が豊富でどんな質問でも素早く明確に答えてくれます。   いままではあまり気にしていなかったのですが、今回のプログラムになって分けられたことで違いを大変感じます。   ですがやはり一部の生徒からは不満の声もあるようです。何故ならせっかく頑張ってポイントを貯めてランキングに入っても自分の選びたい先生がIELTSの先生だと選ぶことができないからです。 今後も継続してこの形をとるかはわかりませんが現在はこういった形になっています。   話は少し違いますが、TOEIC/IELTSの模試がいままではマーティンスキャンパスで行われていたのですが4月からロンロンキャンパスでの受験が可能になりました。ですが料金は高くなりました。   現在100ペソ→今後400ペソ   移動の負担が減るので少し受けやすくなるのかなと思います。   少しだけ先生を紹介しておきます。   Teacher:Olga     この先生は少し聞き取りにくい英語を喋る先生だったので、最初は抵抗がありましたが、少しづつ聞こえるようになってきました。時折こういった先生がいますがこれも練習だと思って取り組んでいければ苦になることはありません。 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI*CPIの規則&マネジメントについて

セブ留学CPI*CPIの規則&マネジメントについて   こんにちは! セブ留学CPI学生レポーターの一ノ瀬です。   今回は勉強の分野を少し離れて CPIでのフィリピン留学生活について 深く掘り下げていこうと思います   門限について まず、触れておかなければならないこと、それは門限と外出禁止についてです。 CPIはセミスパルタの語学学校で基本的には平日は外出禁止です。 外出は金土日だけ許可されていますが、そこにも門限があります。   土曜日、金曜日は23:00まで 日曜日は21:00までに帰らなければなりません。 日曜日は21:10から健康チェックと点呼も行われます。   土日は届けを出せば外泊も可能です。 友人と小旅行に行ったり、夜遅くまでお酒を楽しみたいという時にこの許可をもらう必要があります。   この外泊届けを提出していても門限の時間から翌朝7:00までは構内に入ることができません。 私は門限までに必ず帰るの大丈夫なのですが、万が一、明け方まで外で遊ぶようなケースの場合は7:00まで門の外で待つことになります。   ここで塀を登って学内に侵入したりすると1週間の外出禁止が課せられます。 再度違反があった場合は2週間、3週間とペナルティーが伸びていきます。     退学処分となる場合 一つは異性間の部屋の出入りです。 基本的に学内にはセキュリティーカメラがありとあらゆるところに設置されています。 バレないことがまずないと思うので気をつけてください。   また水着未着用のまま、プールに飛び込むような行為も退学処分の対象となりますのでご注意ください。     その他注意事項   CPIでは学内での飲酒はできません。 持ち込みも不可能です。 もし見つかった場合はこちらも厳しい処分の対象になります。   当たり前のことですが、喫煙エリア以外での喫煙や、学内で大騒ぎするなどの迷惑行為、モラル違反は注意やペナルティーの対象になります。   学内を巡回している警備員からの注意を受けることになります。   特に週末は普段飲めないアルコールが入って羽目を外してしまいそうですが、あくまで宿泊しているのが語学学校の敷地内で、未成年や小さな子供も留学に来ていることを理解した上での生活が必要だともいます。     規則の中で生活している感想   正直あまりストレスは感じません。 遊びに来ているは訳ではなく、英語勉強が目的で来ているので週末だけの外出で十分だと感じています。   外に出れば楽しいもの、美味しいもの、誘惑がたくさんあるのですが、でなければ誘惑されることもありません。 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI*キャンパス周辺情報&休日の過ごし方について

セブ留学CPI*キャンパス周辺情報&休日の過ごし方について こんにちは! セブ留学CPIレポーターYUMEです!!   キャンパスの周辺や休日の過ごし方について ご紹介させていただきます^^   近くにある買い物スポット   最寄りにはJYスクエアという複合施設があります。 服や生活雑貨が揃う他、写真の印刷や郵便物の発送も可能です。 もちろん敷地内にはスーパーもあるので遠くのモールに行くのが面倒な場合は大体ここですみます。 ラーメン屋やマクドナルドも入っています。 ローカルなところなので、あまり品質は期待しない方がいいかと思います。   もう一つはITパークという綺麗なレストランが立ち並ぶ ビジネスパーク周辺です。 こちらには大きなスーパーはありませんが、小売店や、換金所があります。 私はここを週末に頻繁に利用しています。 カフェやレストランなどでゆったりしたい時はここがオススメです。   フィリピン産のコーヒーが楽しめるBO’S コーヒーや、ハワイアンレストラン SHAKAがオススメです。 こちらに写真を載せておきます。 どちらも日本人留学生と行きましたが、高評価でした。 特にSHAKAは半野外の店内で生演奏を楽しみながらトロピカルな食事をすることができます。       マッサージに行くなら   東南アジアにいるなら、やはり言っておきたいのは格安のマッサージです。 セブはリゾート地ということもあって日本語や韓国語が使えるようなスパもあります。   ここでオススメを紹介しておきます。   一つはNUA THAI というセブなら至る所にあるマッサージ屋さんです。 利点はたくさんの支店があるので、どこかに遊びに行った帰る道などに気軽に寄ることができ、待ち時間も少ないところです。   もう一つはカバフグストリート沿にあるサローラインターナショナルホテルの向かいに位置するミンタイスパです。 こちらはインターネットで評判が良かったので行ってみたのですが私の好みに合っていたのでほぼ毎週通っています。 料金もドライ、オイル、ローションマッサージなどが1時間330ペソとお手頃価格で楽しめると思います。   タクシーの運転手にホテルの名前を伝えるとスムーズに連れて行ってもらえます。     ショッピングモールへのアクセス CPIから最もアクセスしやすいのはアヤラモールです。 タクシーで20分ほど、ジプニーでも徒歩を交えて30分ほどでたどり着きました。   ジプニーの乗り継ぎについてはgoogleマップで出発地と目的地を入力した上で、交通手段の欄の電車のマークを押すと乗り継ぐべきジプニーの番号を調べることが可能です。   SMシティーやシーサイドについても問題なくタクシーで行くことができますが、シーサイドはCPIから少し離れたところにあるので行き際は友達と乗り合って行きことをオススメします。 […]

>> More

Cebu | CPILS
セブ留学CPILS*キャンパス周辺マーケティング&休日アクティビティ

セブ留学CPILS*キャンパス周辺マーケティング&休日アクティビティ   こんにちわ! セブ留学、CPILSに留学中のTOMOKOです。 今日は 周辺環境や休日について レポートしたいと思います(^^)/   【周辺環境】 まずCPILSの歩いてすぐ近くにセブンイレブンがあります。 セブのコンビニでは、お店の中に椅子おテーブルが置いてあり、自由に中で飲んだりカップラーメンを作って食べたりできます(^^)/ 週末になると、夜はCPILSの生徒達で賑わっています。 一緒にお酒を外で飲んだりして友達を増やすことも可能です。     このセブンイレブンで売られている15ペソのソフトクリームはとても人気です(^^)     そしてキャンパスのすぐ近くにはロビンソンモールという、そこそこ大きくて綺麗なモールがあります。 CPILSからは歩いて10分ぐらいで着くので、タクシー代金の節約になります。     そしてセブの中でも有名なのはアヤラモールとSMモールです! タクシーを使って渋滞していなければ10分ぐらいで到着できます(^^) どちらのモールも、何でも揃っているのでフィリピンでの生活に困ることはありません(^^)     しかしわたしのオススメのモールは、コロンにあるエリザベスモールです! ここは本当に安くて、なかなか大きなモールになります。 私は300ペソのワンピースをゲットすることができました(#^^#) アヤラモール、SMモールがとても高く感じるほど安いので、是非足を運んでみてください♡   【オススメの飲食店】   Mooon Cafe     このお店はメキシコ料理のお店で、安くて本当に美味しいです! 8人で飲んでお腹いっぱい食べて、なんとお値段400ペソでした(^^) フィリピンでも有名なお店みたいで、アヤラモール以外の場所にもあります!   YAKSUK     このお店もチェーン店で、私はマンゴーストリートの近くのYAKSUKに行きました! フィリピンのバーベキューっぽい感じで、チキンやポークの串、砂肝とレバーも食べることができます♡ 味も美味しくてなんと驚くことに、一人120ペソでした!|д゚)   Banana Leaf     こちらのお店はタイ料理のお店で、フィリピン人の先生がオススメして頂いたので行ってきました! 噂通り、美味しすぎです!! […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*グループクラスについて

バギオ留学HELPロンロン*グループクラスについて こんにちは! バギオ留学HELPロンロンの学生レポーターのkaitoです! 今回はアカデミーの グループクラスについて レポートを紹介したいと思います。 (グループクラスについて) グループクラスとは1日に1コマはある授業です。 少人数で時期にもよりますが4−5人で行います。 内容はレベルや自分が選択するものによって違います。 プログラムの前にプリントが配られ、グラマークラスとアクティビティーがありクラスを選べます。 グラマークラスは基本的にしっかりと授業を毎日行っていきます。 アクティビティークラスはレベルにもよりますが写真や動画をとって短いストーリーを作っていきます。 私はアクティビティーのクラスをとりました。 私はマンツーマン授業を1日に5コマ取っているのですが合間に息抜きが出来るクラスが欲しかったため選びました。 みんなでストーリーを考え写真をとって、短いストーリーを作っていきます。 内容は自由ですが、どのグループもラブコメディのような内容になっています。 やはりどの国でもこの話しは盛り上がります。笑 先日ちょうど発表が終わったのでその様子を少し紹介したいと思います。 (発表について) プログラム最終週に発表を行います。 どのグループも色々と考えてあり、完成度はかなり高く、すごく楽しむことができました! やはりグループ内にPCを扱える人がいるグループは他のグループよりも見所がたくさんあり、面白かったです。 グループ内に誰か扱える人がいるととても心強いです。 私のグループ内には扱える人がおらず最終的に先生が仕上げてくれてとても助かりました。笑 なので私たちは写真を撮るだけでよかったです。 少しだけ写真を紹介しておきます。 写真は一部ですが、私たちの発表したクラスの内容は “saraというベトナム人の留学生が色々な男性に好意を寄せるもことごとく失敗し、最終的にイケメンの男性と結ばれる” という内容です。 ウケはそこそこだったのではと思います。笑 写真は多くはなかったのですが先生の素晴らしい編集のおかげでかなり良くなっているように感じました。 私たちのグループは写真で特に時間の制限などはなく比較的簡単でした。 しかし、レベルが上のグループは時間制限もあったり、動画を編集しなくてはならずとても忙しくしていました。 少し写真を載せておきます。 こういった形で前に出て代表の人が “どんな話しで誰がどの役をやっていたか” などを簡単に説明していきます。 もちろん英語でしますので、事前に準備が必要です。 あと発表が終わっても時間が余ります。 ここで先生からのムチャ振りがあり前で歌うことになります。 もちろん母国語で歌ってもいいですがやはり英語の歌を歌える人はとてもウケがよかったです。 あとフィリピンにきて感じたのですがフィリピンの先生はどの先生も歌が上手いです。笑 出てくる先生みんな上手いので次に歌いにくいぐらいです。 あとから聞いたのですが日本人の留学生はピコ太郎のPPAPをやったみたいです。 しかも2回も。 日本人はとりあえずPPAPをやっているように感じます。 私もこの授業ではないですが、他の授業でやらされたのを覚えています。 私はこの授業で指名され前で歌うことになりました。 英語で歌える歌がなかったので、先週日本人留学生の誕生日があってちょうどその人が会場にいましたのでみんなでハッピーバースデーを歌いました。笑 なんとかやり通したのではと思います。 フィリピン留学では日本の学校と違うところがたくさんあります。 なかでもフィリピン人の先生たちが明るくアクティビティーが多いように感じます。 もちろん普段は真面目に授業をしているのですが、プログラムの中で何度か急にアクティビティーが始まったりします。 これは多分日本ではあまりないかと思います。 […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*学習環境について

セブ留学セブブルーオーシャン*学習環境について こんにちは! セブ留学中の学生レポーターSae です。 今日は セブブルーオーシャンの学習環境について ご紹介します(*^^*) ⚫国籍別比率 日本人…55% 韓国人…25% 台湾人…15% 中国人,スペイン人、ベトナム人etc…5% 正確な数字はわかりませんが、ざっとこんな感じです。 今は日本の大学の春休みと時期が被っているため日本人の比率がめちゃくちゃ高いです。 わたしは日本人少なめのアカデミーを探していたので(CBOAは20-30%だと思っていました)、想像よりもはるかに日本人が多くて最初戸惑いました笑 しかし春休みや夏休みの時期でなければまた比率も変わってくると思います。 韓国人経営でもここまで日本人が多くなるのかと驚きましたが、それだけ日本人からの需要があるとも言えると思います。 そして日本人の比率が高くても、わたしは日本人だけで過ごすことは滅多にありません。 昨日は金曜日だったのでアカデミーのプールサイドで5人で飲んでましたが日本人はわたし1人でした。 日本人の比率が低いところに行っても日本人だけでかたまる可能性もあります。 最近は何事も自分次第だと感じてます! ⚫留学生数 今は繁忙期のため、留学生数はすごく多いです。 定員が150名らしいですが、満員だと聞きました。 (それ以上いるんじゃないかと疑ってます笑) 学生数が多くて困ることと言えばランチとカフェ(自習室)の席取りと、誰がバッチメイト(同じタイミングで入ってきた生徒)なのか分からないことくらいです。 先生がすごく忙しそうで少し可哀想だなーと思ってましたが、”生徒が多いとその分稼げるから頑張る!”って先生が言っていました。 先生にとっては良いことのようです笑 3月が終わると日本人留学生が減るので、生徒数も落ち着くようです。 ⚫英語使用環境 普段学生は同じ国籍同士で喋る時は母国語を使ってることがほとんどです。 しかしEOPを生徒自身で選択できます。 生徒は毎日IDをつけなくてはいけないのですが、そのIDのストラップを変更することによってEOPの意思表示ができます! 最初IDをもらったときは青なのですが、スタッフの方に言って赤に変更するとアカデミー内では同じ国籍の人と話をするときも母国語禁止になります! わたしは3週間目からストラップを赤に変えてます(*^^*) またグループ授業では99.9%が英語です。 残りの0.1%は…どうしても英語で表現できないときに母国語で助けを求めることがあるからです笑 先生は生徒と話すときはもちろん英語ですが、先生同士で話をするのきはタガログ語などで話していることも… でも生徒が1人でもいたら絶対英語を使ってくれます! ⚫学習環境 アカデミーの学習環境は整ってると思います。 カフェと教室が自習室として使用できます。 さらに24時まで開放されています。 もちろん冷房も管理されているので快適です。 (むしろ寒すぎることがあるので、羽織れるものがあると便利なくらいです。) 休み時間のカフェはどうしても騒がしくなりがちですが、それ以外の時間は比較的静かです。 音読などをしたい人はマンツーマン教室を利用できます。 勉強したい人は好きなだけできる環境です! ………… 留学先選びは本当に迷うところだと思うので、レポートが検討中の方の参考になればとても嬉しいです。 しかし、正直アカデミーの環境はその時にいる生徒に左右されることが多いと思います。 そしてセブ留学を実りあるものにするにはやはり自分自身の努力も必要だと感じます。 ちなみにわたしは日本で働いていたときよりもはるかに毎日が充実しています(*^^*) ◆次回はセブブルーオーシャンの食事についてレポートします◆ フィリピン留学セブブルーオーシャンアカデミー学生レポーター:Sae

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*スペシャルクラスについて

バギオ留学HELPロンロン*スペシャルクラスについて こんにちは! バギオ留学留学生レポーターのkaitoです! 今回は HELP校のスペシャルクラスについて レポートを紹介したいと思います。 (スペシャルクラスについて) スペシャルクラスとは通常授業以外に自分が選択して取れる授業です。 この授業は様々なコースがあり選択肢が広くあります。 個人授業とは別に自分が不足していると感じるものを補うことができます。 大変魅力ある授業です!! 日本人は2時間ある授業から最低1つは取らなければなりません。 他の国籍の方は取らなくてもいいようです。 ですがみんな必ず1つは取っているようです。 最近は留学生の人数が増えてきてコースの種類も以前より増えてきたみたいです。 フィリピン留学では恐らくどのアカデミーもスペシャルクラスがあり、自由に選ぶことができると思います。 ただアカデミーによってコースは様々です。 留学先を決める際に選択肢の1つとしてどんなスペシャルクラスがあるのかも選択肢に入れてみてもいいかもしれません。 (スペシャルクラスの詳細について) プログラムのはじめに各担当の先生が教室でコースの説明をしてくれます。 そこでコースの内容を知ることができます。 コースの種類が書いてある部屋になります。 実際にコースの説明のあった教室です。 その後掲示板にコースの時間や場所を載せた紙が張り出されます。 そこで確認し各教室へ向かいます。 プログラム最初の週の月曜から水曜まで自由にクラスへ行くことができ、クラスの様子を知ることができますが木曜からは固定されてしまいます。 なのでみんな何個か違うクラスを受けてみて決めます。 途中から変更ができないのが少し不便です。 そして、最近知ったのですがクラスには定員があり、定員を超えて授業を受ける事が出来ません。 そしてもし定員を超える人数が集まると出席した回数が少ない人が除かれていきます。 ですからもし他に受けたい授業がなくその授業が人気であるなら何回か出席しておくことをお勧めします。 最近は人数も多くなりギタークラスというユニークなコースも作られています。 ここのコースは人数が少ないようで英語を学ぶというよりもギターをしっかり学ぶことができます。笑 ですがみんな楽しみながら学べているように感じています。 ほとんどの人が弾いたことがない人ばかりなので入っていきやすいようです。 (私が受けたコースについて) 私が受けたコースは 『How to make longer sentences』 という文章を長く続けるためのものになっております。 これを選んだ理由は短い文章を作ることは少しずつ慣れてきたのですが、続けて長い文章を作ることができなかったのでこのコースを選びました。 このコースを選んだ理由はもう1つあり、先生がとても面白い人だからです。 実際この理由で選んだ人は多くいます。 やはり人気の先生にはそれだけ理由があります。 先生自身が面白いのも確かですが、授業も面白く分かりやすく説明してくれます。 こういったことから自分の好きな先生がいる授業を取ることは全然ありだと思います。 実際に私が取った授業はとても楽しく授業を受けることができました。 フィリピン留学ではアカデミー規模にもよりますがたくさんの先生が相性とかもありますのでしっかり見極める必要があると思います。 (授業の内容について) 少しだけ授業内容に触れておきます。 授業は毎回少しずつ違うものを行なっていきます。 最初に先生が簡単に例題を作りその後実際に自分たちで文章を作っていきます。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*バギオ生活での服装について

バギオ留学HELPロンロン*バギオ生活での服装について こんにちは! バギオ留学HELPロンロン留学生レポーターの kaitoです! 今回は アカデミーでの服装について レポートを紹介したいと思います。 このテーマにした理由は私がバギオに行く際に一番迷ったのが服についてだからです。 行く前に色々調べたのですがあまりこれといったものが見つかりませんでした。 是非皆さんには万全の準備でバギオ留学に行ってもらいたいのでこのテーマにしました。 では早速行ってみましょう! まずは男性から! 最初はこの人に協力していただきました。 男性① 彼は某大学(国公立)の大学生2回生です。 フィリピンには1ヶ月ほど滞在予定です。 来週にはフィリピン留学が終了してしまうようでとても寂しく感じています。 彼は私と同じ広島出身なのでまた広島で会えたらなと感じています。 大学の教育の一環でこちらに来ているのですが彼は韓国人の女性から大変モテると聞いております。 話してみると柔らかい雰囲気を持っており、そこが彼のモテる秘訣かなと感じます。 緩めのTシャツと黒のパンツと黒のスニーカーで統一感のある服になっています。 バギオはいつもは霧?雲?のようなものが出てきて時折肌寒く感じます。 しかし、この日は日差しも強く暖かかったので全体的に夏服が多かったように感じています。 では次行ってみましょー!  男性② 彼も先ほどの方と一緒の大学で同じ時期に来た方です。 今後は大学院に進むようで3回生なのですがフィリピンに来られたようです。 彼はいつも薄着です。 今日はいつにも増して夏らしい格好で登場してくれました。 これから出かけるようですがサンダルを履いています。 バギオでは街の中にサンダルを履いている人を多くは見かけることはありません。 なぜならバギオは山に街があります。 どこに行ってもアップダウンの連続でしかも道もあまり良くありません。 ですので多くの方がスニーカーや歩きやすい格好をしています。 バギオの街中でヒールを履いている女性は未だ見たことはありません。 まあでも彼は若いのでまだあまり気にならないのかもしれません。笑 男性③ 男性陣最後は大学生のこの方です! 彼も今まで登場した彼らと同じ大学です。 彼らと同時期にフィリピンに来ました。 他の方よりもやや厚着です。 やはり人によって気温の感じ方が違いますのでこういった格好の方も良く見かけます。 バギオでも最近は徐々に暖かくなってきたのですがその分朝晩の寒暖差が広がったように感じています。 彼は最初にフィリピンに来た際に風邪をひいてしまったようです。 最初の頃はだいぶ苦労したようですが徐々に環境に慣れてきて留学生活も楽しめるようになってきたようです。 今まで紹介してきた彼らは来週にはフィリピン留学を終えて帰ってしまうようで一気に日本人が減ってしまい少し寂しい気がします。 1ヶ月という短い留学期間でしたがそれぞれ英語の上達を感じられたようでまだフィリピンに残りたいという方もいるほどです。笑 次は女性の方行ってみましょう! 女性① この方は日本人の留学生で白を基調とした爽やかな装いになっています。 笑顔がとても素敵な方だと感じています。 写真を撮る際も快く笑顔で受け入れてもらえました。 女性② 次は台湾人の留学生です。 この方は私と同じ時期にフィリピンに来たバッチメイトの方です。 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI:国籍別比率、英語使用環境、学習環境について

セブ留学CPI:国籍別比率、英語使用環境、学習環境について こんにちは! セブ留学CPI学生レポーターの 一ノ瀬です。 今回は CPIの留学生の割合や授業環境について 紹介していきたいと思います。 国籍比率について CPIは韓国資本のアカデミーのため、やはり韓国人が多いです。 普段でも50%以上は韓国人だと思います。 韓国の夏休みと冬休みの時期は親子留学で 韓国キッズのパーセンテージが急上昇します。 8月と1〜2月は小学生ぐらいの子供達が多く賑やかですが。 3月に入り、ほとんどのキッズ達は帰ってしまいました。 今現在は、台湾人と日本人大学生が多くなっています。 やはり、長期休暇の時期は人数が増え、 私の入学当初は200人以上の学生が在籍していました。 毎週コンスタントに入学者は入ってきていますが、 2月末に80人ほど(多くが韓国人の親子留学)が卒業したので 今は先月より、人が少なめな印象です。 ただ、3月も日本と台湾からの留学生が来るようなので また賑やかになりそうです。 毎週金曜日が近くなると、留学卒業生用に写真撮影があります。 この日はプールで撮影をしていました。 英語使用環境について 私の場合、授業中には全く日本語は使いません。 1:1の授業はもちろん、グループワークでも ほとんど日本人と IELTSコースで関わることがないので 授業中は100%英語です。 友人にESLコースの環境も聞いてみましたが、 人や状況によっては(同じ国の生徒が何人も集まるなど) クラスで日本語が聞こえたり、他の国の言葉が聞こえることも あるようですが、その場合、先生の注意が入ります。 英語使用環境については まず初めに自分自身の意識が肝心かと思いますが もし、グループクラスでそのことが気になった場合は クラス変更も1週間以内にできるので 困った時はオフィスに相談してみるといいと思います。 私は先週からグループワークに一人の日本人が入ってきましたが 彼も英語を話せることもあって、 私たちの会話に日本語が混ざることはありません。 また、授業以外の面では 一人部屋以外を選んだ場合、 日本人留学生以外と部屋が一緒のなる場合があります。 この場合、授業以外でも英会話のチャンスがあります。 ただ、ルームメイトの英語力や自分自身の会話能力によっては 意思疎通するのに一苦労する場合や、 自分以外のルームメイトが同じ国籍で、会話に加わりにくいなど 相部屋にはそれなりのDisadvantageもありますが、 せっかく多国籍の語学アカデミーにいるなら いろんな経験をするチャンスだと思って 大部屋を使ってみるのもいいかもしれません。 私の部屋は全員日本人留学生で 部屋に帰れば日本語ですが、宿題を助け合ったり、 […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*マネージメントについて

セブ留学セブブルーオーシャン*マネージメントについて こんにちは! セブ留学中のセブブルーオーシャン留学生レポーター Sae です。 今日は セブブルーオーシャンのマネージメントについて ご紹介します(*^^*) ⚫日本人スタッフ 現在セブブルーオーシャンには3名の 日本人スタッフが駐在しています。 ・男性1人 ・女性2人です。 *マネージャーさん紹介 2人いるうちの女性の1人は、 学生として1日数コマ授業をうけながら、 日本人生徒のフォロー業務を行っています。 先日一緒にホテルに遊びに行った際に いろいろ話を聞いてみました。 毎日多忙そうでした^^; でも今は大学生の春休みとかぶってて 留学繁忙期なので仕方ないのかもしれませんね。。 マネージャーになった経緯と理由も聞いてみたのですが、 答えはシンプルでした・ “たまたま知り合いからセブの英語語学アカデミーでスタッフを 探していることを耳にしました。 それで来てみよっかなと思って来た!” みたいな感じでした!笑 以前カナダでワーキングホリデーも経験しているようで、 フットワークの軽い方だから実現できたのかな、 と思いました(*^^*) どこでどんな出会いがあるかわかりませんね。 何かあった時は基本的に日本人は日本人スタッフに、 韓国人は韓国人スタッフに、 という感じでその国のスタッフに対応してもらうことが多いです。 セブ留学ではどこのアカデミーにも日本人スタッフがいることが多いので とても心強いですね! でもちょっと何かを聞くくらいなら 他の国のスタッフに聞くこともありますし、 みなさん優しく対応して下さります(*^^*) ⚫その他スタッフ 日本人スタッフの他には 韓国人スタッフ、 台湾人スタッフ、 あとはもちろんフィリピン人スタッフもいます! *フィリピン人ヘッドティーチャー 私はフィリピン人のヘッドティーチャーとは ほとんど会話をしたことがないですが、 私の担当のフィリピン人講師からの話によると 厳しい方のようです。 見た目も厳しそうなのですが、 以前アクティビティですごく楽しそうにしてるところを見て、 ちょっと印象が変わりました。笑 ヘッドティーチャーが直接留学生と関わることは滅多にありませんが、 先生を変更したりするときには最終的に […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*寮について

バギオ留学HELPロンロン*寮について こんにちは! バギオのHELPロンロン 留学生レポーターの kaitoです! 今回は 寮の部屋と環境について レポートを紹介したいと思います。 (寮の部屋について) *部屋のタイプ :1人部屋 :2人部屋 :3人部屋 :4人部屋 部屋は4種類あります。 日本人留学生は1人部屋もしくは2人部屋を 取っている方が多いように感じます。 *大人数部屋のデメリット 部屋にもよると思いますが3・4人部屋は人数が多いため、 特にシャワーの待ち時間などに気を使わなくてはならないため 少し不便なこともあるようです。 また共同生活なため、 夜遅くに帰ってきてシャワーを浴びたり、 同じ国籍の若い留学生が多い部屋だと夜遅くまで部屋で遊んでいたり、 と色々あるようです。 これは他の留学生の人に聞いたのでどこまでどうだったかはわかりませんが 人によっては苦労する人もいるようです。 *大人数部屋のメリット ですが、大部屋を選ぶメリットもあります。 まず友達が増えることは間違いないと思います。 それも普段会うことがない友達です。 なぜなら授業はチームとレベル分けによって分かれているため、 普通に生活している中で他のチームやレベルの違う人とは会うことは まずありません。 なので交友関係を広めたいという人はオススメです! フィリピン留学では日本に居る時には出会うことのなかった人と 出会うことができます。 国籍も違えば年齢も違い、 目標も人によって全く異なります。 ですから私は大部屋をオススメします。 後これは個人的な感想なのですが、 私の選んでいる3人部屋は3人部屋なのですが 半分ぐらいは1人でいるように感じます。笑 多分これは3人部屋を選ぶ人が少ないのが理由の1つなのだと思います。 なのでもしかしたら3人部屋は狙い目かもしれません。 (部屋の様子) 自分以外の部屋に入ることは禁止されていますので 自分がいる3人部屋の様子を載せておきます。 基本的に他の部屋も作りは同じなので 4人部屋だと2段ベッドが2つあると考えてもらって大丈夫です。 部屋の大きさはどこも同じなので 1人部屋の人は相当快適だと思います。 ☆クローゼット 1人につき1つありますので荷物は十分に入れられると思います。 ハンガーは基本的に個人で持ってきた方がいいと思います。 私は持ってきていなかったので留学卒業した人からもらいました。 […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*フィリピン人講師について

セブ留学セブブルーオーシャン*フィリピン人講師について こんにちは! セブ留学中の留学生レポーター Sae です。 今日は ブルーオーシャンのフィリピン人講師について ご紹介します(*^^*) ⬆ フィリピン人講師が愛用しているペンケースです! フィリピン人の中で流行ってるのか、このような動物のペンケースを持ってる 先生がたくさんいます!笑 ではでは、 今正規の授業を担当してくれている7人のフィリピン人講師を紹介しますね。 ⚫T. ROMMEO グループクラスのリスニングを担当してくれているRommeo。 セブ留学では基本的にアメリカ英語にフォーカスすることが多いと思いますが、 Rommeoはアメリカ英語とブリティッシュ英語の使い分けができる先生で、 それぞれの発音の仕方を教えてくれます。 とっても面白い先生で、いつも明るく授業をすすめてくれます。 そして授業中にいきなり歌いだしたり、踊り出したりします笑 他の生徒からも人気のフィリピン人講師です♪ ⚫T. Cherry 若いけどしっかりしているT.cherry。 教えるのもすごく上手です。 セブブルーオーシャンでは毎月人気講師のランキングが発表されますが、 今回Cherryは1位をとってました(*^^*) わたしはこの授業では先生のオススメでもう一つ上のレベルの教科書を使っています。 ライディングやリーディングよりもスピーキングを教えるのが専門らしく、 そっちの教科書の方がスピーキングが身につくとのことで変更しました! 生からこのような提案をしてもらえるのはありがたいですね。 ⚫T. Cindy イディオムの先生です。 明るくて面白いし、よく褒めてくれます! 褒めて伸びるタイプの私にはぴったりです笑 中々意識しない単語の使い分けや、他の先生よりもよく文法の説明などもしてくれます。 あとは時々ひっかけ問題をいきなりだしてくるのですが、それがとても面白いです笑 程よく雑談もあり、全体を通してメリハリをつけて授業を進めてくれます! ⚫T. Nina スピーキングを担当してくれてる先生です。 正直わたしはこのグループクラスがあまりすきではないのですが(^^;)、 先生がすごく明るく授業をしてくれるのでなんとかやれてます笑 とにかくクラスを楽しくしようと盛り上げてくれます。 題のテーマがちょっと難し目ですが、それ意外は嫌な部分は全くありません!笑 教室の前に立って発言しないといけないことが多いです。 その際、 どこが良かったのか、 どこが悪かったのか、 しっかり観察してフィードバックしてくれるので人前で話す練習にもなってます! ⚫T.Rolph Rolphはリーディングの先生で、見た目が強面です。笑 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI:グループワーククラスについて

セブ留学CPI:グループワーククラスについて こんにちは! セブ留学CPI留学生レポーターの 一ノ瀬です。 今回は先週お伝えした通り、 グループワーククラスについて お伝えしていきたいと思います。 CPIでは1:1のクラスの他に、 2つのグループワークのクラスがあります。 IELTSの生徒の場合、 一つがディスカッションクラス、 もう一つがWriting Task1 の授業に振り分けられます。 今日はその二つの授業について 紹介していきたいと思います。 ディスカッションクラスの内容 ディスカッションとだけ聞くと、難しく聞こえてしまいますが、 このクラスは様々なトピックについて3〜5人の生徒とフィリピン人講師で 話し合う形で授業を進めていきます。 IELTSの生徒にとって、この授業は唯一、アカデミックテストの問題から 離れることのできる時間でもあります。 トピックは多種多様です。 基本的に正解がないお題について (例えば、人生の意味、死刑や中絶、お金の意味、ジェンダーなど) 自身の意見を発し、他者の意見を聞くことで、 ディスカッションの力をつけていきます。 雰囲気について 一緒に授業を受ける生徒によっても大きく異なってくると思いますが、 私のグルーブワークのクラスは割と年齢層が高めのことが多く、 生徒の多くが真剣に考え、答えていきます。 もちろん、真面目な雰囲気の中でも、時々笑い声が上がり、 和やかな雰囲気です。 グループワークなので毎週のように 生徒が卒業し、新しい留学生が入ってきます。 私は今まで韓国人、台湾人、ベトナム人とも一緒に 授業を受けてきました。 国籍も様々ですが、年代も私の両親の年代から、高校卒業したての歳まで 幅広い人と社会問題について話し合っていくので、 国の文化、年代によっての考え方の違いまで 英語以外にも学ぶことの多い授業です。 他の生徒がいるので、私目線で首から下を写しました。 一つの机を先生と生徒で囲んで賑やかなクラスです。 Writing Task 1 のグループワークの授業 以前の記事で紹介したかと思いますが、 IELTSのWritingテストには、2つのセクションが存在します。   1:1のクラスでは250文字分の社会問題ついての エッセイに特化して学んでいきますが、 ここではもう一つのセクション、 与えられたグラフや図について150字以上で論述するテストについて対策していきます。   […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*授業のプログラムについて

バギオ留学HELPロンロン*授業のプログラムについて こんにちは! バギオ留学生レポーターのkaitoです! 今回は 授業のプログラムについて レポートを紹介したいと思います。 (私が取っている授業について) 現在私がコースがESL➖5 というコースです。 このコースは50分のマンツーマン授業が5コマあります。 その他にグループクラスとスペシャルクラスが1コマずつあります。 全部で7コマです。 ●マンツーマン● マンツーマンはまず最初の授業の日に自分がどんな授業を受けたいか先生に相談して決めていきます。 私は5コマありますのでこのように取っています。 1コマ目  READING 2コマ目  LISTING 3コマ目  SPEAKING 4コマ目  WRITING 5コマ目  SPEAKING 私はスピーキングを特に練習したかったのでスピーキングを多めに入れていきました。 先生によってこの分野は得意とかがあるので最初は得意なものにしてみてもいいかもしれません。 先生の中には全部できるという方もいらっしゃいますが。 もし授業を実際に受けて少し違うなと感じれば授業の変更は可能です。 これは留学生をサポートするフィリピン人講師に言われたのですが、 授業はあなたが自由にアレンジしていっていいので何かあればすぐに先生に提案して欲しい ということでした。 これを聞いてからは授業内容で自分の中でこうしたいというものがあれば提案しています。 もちろんそれで嫌な顔をする先生はいません。 これはフィリピン留学で他のアカデミーも同じだと思うのですが、 基本的に何かあればこちらから提案しない限り相手側から何かしてくれるということはあまりありません。 ですのでもし何かあればどんどんこちらから提案することをお勧めします。 日本人留学生でマンツーマンクラスを8コマ取っている方もいますが、本当に尊敬します。 私は続けられないと思います。汗 基本的に韓国人留学生は一番少ない4コマで 日本人留学生ぐらいが5コマ〜8コマ取っているみたいです。   ●グループクラス● グループクラスですが8コマ授業がある方はグループ授業がないようです。 一緒に来たバッチメイトの人はイレギュラーで最初は受けていましたが基本的にはないようです。 なのでその人も次のタームではグループクラスはなくなりました。 スペシャルクラスとグループクラスについて はまた後日詳しくレポートしていきたいと思っています。     (教科書について) 教科書は基本的にアカデミーのオフィスで買い揃えます。 レベルによって使用する教科書が違いますので自分の割り振られたレベルの教科書を買い揃えます。 ですが、教科書は全部揃えて購入すると大きな出費になります。 なんとか出費を少しでも抑えたいという方は 友達から譲ってもらうか! 中古の物を購入するかどちらか! になります。 これで私はまだHELPにきて100ペソしか払っていません。 本当に譲ってくれた友達に感謝しています。 譲ってもらう場合もですが中古で買う場合も中身をしっかり確認してから購入しましょう。 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI校:レベルテストとフィリピン人講師について

セブ留学CPI校:レベルテストとフィリピン人講師について こんにちは! セブ留学CPI留学生レポーターの 一ノ瀬です。 今回は アカデミックコースの留学生用のレベルテストについて 紹介していきたいと思います。 頻度、時間について IELTSの生徒には毎日2コマ分(45×2)の 模擬テストが行われています。 何度かTOEFLの生徒が模擬試験をしているのを見たことがあるので 他のアカデミックコースでも同じような時間が設けられているのではないか、 と思います・・・ 「え!?毎日するの?」 と思われる方もいるかと思います。 私も最初の1週間はかなり疲れてしまいました。 毎日と言っても全てのテストをこなすのではなく、 Reading 、 Writing 、 Listening、 Speaking の4スキルより1日に、1つをテストするという形式です。 (Speaking) 1:1なので時間がかかります。 ですので、月曜日と金曜日の中で くじ引きによって割り振りを決まられます。 余った時間は自習室で追われている課題の消化に使っています。 このような教室でテストを行っています。 スピーキングの待ち時間はこちらの自習室で勉強をしています。 内容について 実際のIELTSの形式に沿ってのテストです。 テストに使っている教材は全部で3種類あるらしく、 少々難易度のばらつきがあるようですが、 先生のチョイスできまっています。 生徒は黙々と取り掛かるのみです。 テストは長くても1時間で終わります。 残りの時間は全体でのレビューに使います。 Listeningであれば難易度のますSection3,4, Reading は重要部分にラインが引かれた用紙と、答案が配られ、 それを見直しいていきます。 Speakingはその場で採点、Writingは翌週に添削付きで返ってきます。 効果について 私が一番感じているのは、集中力が続くようになったことです。 最初は慣れない難問に集中力が持ちませんでしたが、 最近は途切れることなく、解くことがでいます。 また、アカデミックテスト経験者なら 言わずと知れたことかもしれませんが、 「何度も解いて慣れる!」 というのが点数アップへの近道ではないかと思っています・・・ 実際に最初はできなかった時間のコントロールや 全体的に頻出するパラフレーズ(言いかえ問題)に 悩まされていましたが、テストの傾向を掴むことで […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*キャンパス周辺について

セブ留学セブブルーオーシャン*キャンパス周辺について こんにちは! セブ留学セブブルーオーシャン留学校生レポーター Sae です。 今日は キャンパス周辺について ご紹介します(*^^*) ⚫スーパー セブブルーオーシャンの近くには2つのスーパーがあります。 ①Save more 徒歩約3分 (以前の記事でも紹介した外部寮Ocean cruiseの隣にあります。) ②Metro 徒歩10分弱 Save moreの方が近いのでセブブルーオーシャンでの生活に慣れるまでは 1人で行くならSave moreの方が楽です。 しかし、Metroの方が大きくて、値段も少し安いので慣れてきたら使い分けをオススメします♪ もちろん両替はどちらでも可能です(*^^*) そしてどちらのスーパーもアカデミーの向かい側の道沿いにあります。 つまり、道路を横断する必要がありますが、写真の通り横断歩道がありません。 そもそもこの辺りでは横断歩道をみかけません笑 車も横断する人に慣れてるので止まってくれますが、慣れるまでは少し怖かったです^^; ⚫コンビニ セブンイレブン 徒歩約5分 Save moreよりは遠く、Metroよりは近い距離にセブンイレブンがあります。 そして先ほど紹介した2つのスーパーとは違いアカデミーと同じ道沿いにあるため、 道路を横断する必要はありません!!笑 ちなみにSave moreとMetroはアカデミーから逆方向に位置していて、 セブンイレブンはMetro方面にあります。 セブブルーオーシャン到着初日、晩御飯を買いにルームメイトとここまで行こうとしたのですが 野良犬と車と人が怖くて辿りつけませんでした。。笑 今では1人でも余裕です。笑 が、先日友達がこのセブンイレブンでiPhoneをすられました…。 油断しすぎはだめですね。 セブ島はフィリピンの中では比較的治安がいいと思いますし、わたし自身セブ島にきて約1カ月、 一度も危ない目にあったことはありませんが、あくまで海外だということを忘れてはいけませんね! ⚫マッサージ 3位 Thai Thai 徒歩約3分 Thai Thaiはハッピーアワーがあります。 この時間を狙っていくと半額で施術が受けられます! オイルマッサージが1時間400円いかないのでとても安いです! 中はまあまあ清潔なので潔癖症とかでなければ抵抗ないと思います。 (そもそも潔癖症の人はフィリピン留学自体が厳しいかもしれません…) […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*バギオのお祭りについて

バギオ留学HELPロンロン*バギオのお祭りについて こんにちは! フィリピン留学HELP longlong校学生レポーターの kaitoです。 今回は授業のプログラムについてレポートを紹介しようと思っていましたが、 先週にバギオのフラワーフェスティバルに行ってきましたので そのことについて紹介しようと思います。 (フラワーフェスティバルについて) このお祭りはフィリピンでも有名なお祭りらしく 他の都市や海外からも人が訪れる バギオの一大イベント になっております。 もちろん地元のフィリピン人も参加されるようです。 このお祭りは、 2月の第2週の土曜日から始まり1週間かけて行われます。 この祭りの名前のPanagbengaとは地元の言語であるカンカナイ語で 開花の季節あるいは花真っ盛り というような意味だそうです。 英語では Baguio Flower Festival とされています。 土曜日はダンシングパレード 日曜日はフラワーフロートパレード と決まっています。 その後1週間はバギオで有名な通り、セッションロードが 歩行者天国になり多くのお店と観光客で賑わいます。 (フェスティバルまでの道のり) フィリピン人講師からお祭りの話を聞いたのですが、 先生方は行かないそうです。 それは各地から多くの人が訪れるため普段でも渋滞しているのにより渋滞が激しくなるため 先生方は家でゆっくりされるようです。汗 確かに私も地元にもバギオと同じ名前のフラワーフェスティバルがありますが、 数えるほどしか行ったことがありません。笑 案外こういう大きな祭りは地元の人は行かない人が多いと思いました。 ですが、 今回を逃すともう見ることができないかもしれない!! と考え朝の渋滞も考慮し朝7時にHELPの校を出るジプニーに乗りました。 またジプニーにはほとんど日本人だけでした。 他の留学生はあまり興味がないのか、 早起きが苦手なのか。。。 韓国人の留学生は週末はゆっくり朝は起きて、行動し始めます。 朝早く出たのが良かったのかほとんど渋滞に巻き込まれることなく すんなりダウンタウンに着きました。 すこしほっとしたのも束の間、、、 街にはたくさんの人がおり道を歩くのもやっとでした。 なんとか座れる場所を見つけゆっくり落ち着いていたら急にパレードが始まりました。 フィリピン人講師から 「時間は一応決まっているけどここは日本じゃないからいつ始まるかはわからない」 と言われていました。 しかしほんの数分遅れでパレードが始まりました。 少し拍子抜けしました。 海外に初めてこんなに長期でいるのですが […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI校:スピーキングクラスについて

セブ留学CPI校:スピーキングクラスについて こんにちは! セブ留学CPI学生レポーターの 一ノ瀬です。 今回は スピーキングクラスについて の紹介をしていきたいと思います。 多くの日本人が苦手意識を抱えているスピーキング。 一体どのように授業が行われているのか・・・ ここで紹介していきます!!! IELTSのスピーキング IELTSのコースを選択した場合、 ここでも少々アカデミックなお題を要求されます。 ご存知の方には申し訳有りませんが、 ここでIELTSのスピーキングテストの形態について説明しておきます。 テストは全部でパート3まであり、 パート1 答えが一人称[ I ]から始まるような会話のテストです。 例えば、、、 「Student」 について、「あなたは学生ですか?」というような 会話がしやすいトピックから始まります。 パート2 課されたお題について4つほどの簡単な質問(5W1Hが含まれている)に 2分間の持ち時間を使って一人で話続けなければなりません。 私はこの前は、、、 「Cooking」について! 誰、どこで、どうして、どうやって、 を含んだ文を答える練習をしました。 パート3 パート2でのお題からもう一歩踏み込んだお題を 出題され、面接官からの質問に答えていきます。 私の課題は、 だんだんお題が難しくなるにつれて、頭の中の母国語情報を 活性化させて話すときに、文法や発音にミスが生じることです。 時々母国語でも答えるのが難しいトピックもあります。 ただ、テストの時にトピックは選べません。 多くのトピックに触れて自分のアイデアをきちんと整理しておく必要があります。 授業内容 1:1のクラスではガラス張りの小教室で フィリピン人講師と対面式で授業をしています。 スピーキングのクラスでは 先ほど紹介した通り、たくさんのピックの中から 何が出題されるかわかりません。 日々アウトプットを繰り返してどう話していくかの 文構成を身につけていくしかありません。 そこでクラスでは毎日フィリピン人講師の選んだトピックについて 講師からの質問に答えながら、議論していきます。 ただトピックについて話すだけでなく、 発音ミスやボキャブラリー、 文法には必ずチェックが入ります。 私の講師は 月〜木は講師とのディスカッションスタイル、 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI*1:1リーディングクラスについて

セブ留学CPI*1:1リーディングクラスについて   こんにちは! セブ留学CPI学生レポーターの一ノ瀬です。   今回は 1:1のリーディングクラスについて 紹介していきたいと思います。   IELTSのリーディングについて まず、初めにみなさんに テスト形式をざっと紹介していきたいと思います。   IELTSのアカデミックテストでは 60分間で3つのリーディング問題を解いていいきます。 つまり、60÷3=20分 1パートにつき20分で解いていかなければなりません。   まず、私が初めの授業で先生に言われたこと、それは 「これは時間との戦いだ」ということです。 読むスピード、理解するスピードが求められます。 また、IELTS特有の「言い換え」問題や穴埋め問題があるので 単語力だけでは解決できません。 全体を把握して問題を解く必要があります。   使っている教材はこちらです。 5−8と書いてありますが、長期滞在をする留学生は 8以降の教材も準備されているそうです。     今週でフィリピン留学6週目となりますが、 半分ほど進みました。 最近読むスピードが上がったのか授業後半に時間があまり 次のパッセージに進むことがあるので これからはもう少し減るのが早くなるかもしれません。 中身はこんな感じです。     大体各セクションに2ページの文章量があります。 それに対して13〜14問の問題に答えていく形です。     スコアを伸ばすには?   アカデミックコースを選ぶということは、 つまり、、、点数の向上を目指していかなければなりません。   このリーディングのクラスでは毎日毎日ひたすら問題を解いていきます。 最初は読むだけで集中力が途切れていましたが 回数をこなすごとに、だんだん慣れてきました。   日本人はどちらかといえばリーディングは他のスキルに比べると 点数が高い傾向にあるようですが、 私はこのリーディングがかなり苦手です。   […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*週末の過ごし方について

セブ留学セブブルーオーシャン*週末の過ごし方について こんにちは! セブ留学中の学生レポーターSae です。 今日は 週末の過ごし方について ご紹介します(*^^*)   普段は近場でゆっくり過ごすことが多いのですが(マッサージ、スパ、ショッピングなど)、今回はダイビングのライセンスを取りに行った土曜日のことを時系列でまとめてみました!     ⚫8:10 起床-身支度•朝食 EGI(セブブルーオーシャンアカデミーとわたしが滞在しているホテルがある施設)に併設されているダイビングショップ、Mango Drive で申し込んだので朝はゆっくり目でした。 この時間だと朝食もいつも通りアカデミーで食べれます。 実はMango Driveよりももう少し安いところに一週間前に問い合わせしたのですが、既に満員で予約出来なかったためMango Driveに変更。 しかし結果的にそれで良かったです。 オーナーさんは韓国人のおじさん(お兄さん?笑)ですが、すごく陽気で面白くて優しい! 金額もそこまで差があったわけでもないですし、何より移動がないのでめちゃくちゃ楽でした。 ダイビングは想像以上に体力が奪われるので、練習後に移動があるかと思うとゾッとします。笑 セブブルーオーシャンの学生でダイビングのライセンスを取りたい人にはMango Driveがオススメです‼︎ ⚫9:00 集合-座学 最初に申請書を書いたり、基礎を習ったりします。 基本的に英語で説明ですが、簡単な英語を使ってくれるので大丈夫です! ⚫10:30 EGI内のプールで練習 ここからは実技です。 (書いてて思いましたが、座学の割合めちゃくちゃ少なかったです笑) 練習はまたまた施設内のプールを使うので移動はほぼ無しです! ここで ダイビングで必要な道具の使い方 酸素が外れたらどうするか マスクに入った水の抜き方 耳抜きの方法 などを習い、練習します! ⚫12:00 ランチ-休憩 本来ランチ休憩は1時間あるそうなのですが、時間が押したため30分休憩でした! ランチはもちろんアカデミーで頂きます。 着替える時間もないしそもそも脱ぎ着が大変なので、みんなででウェットスーツを着たまま食堂に行きました笑 ⚫12:30 プールで練習 またEGI内のプールで練習です! 午前中に習ったことの復習がメインでした。 プールは一番深いところでも2mしかないのですが、それでも耳が痛くなり耳抜きの大切さを痛感しました。。 ⚫14:30  海でダイビング!   ついに海で実践です。 […]

>> More

Cebu | cboa
セブ留学セブブルーオーシャン*規則について

セブ留学セブブルーオーシャン*規則について   こんにちは!   セブ留学中の学生レポーターSae です。 今日は セブブルーオーシャンの規則について ご紹介します(*^^*)     ⚫学習規則 《自習》 ブルーオーシャンでは授業を休むとその分自習が義務付けられてます。 また15分以上遅刻するとその授業を受けることは出来ませんので、同じく自習をしなくてはなりません。(5分まではセーフらしいです。) そして自習はカフェで行っても受け付けてもらえず、マンツーマン教室でする必要があります。   《ドロップ》 まずは正規の授業についてですが、3回以上欠席するとその授業はドロップになります。 つまりもう出席できません。 オプションクラスは正規授業よりも厳しく、2回以上の欠席でドロップです。 でも正規授業とオプションクラスはクラス編成の期間が違っていて、正規授業は4週間、オプションクラスは2週間ごとにクラス編成があります。 しかし… 3回休んでもマネージャーを通して、正規授業をそのまま受けている生徒もいます。 そしてオプションクラスも先生によっては2回休んでも受け入れてくれる先生もいるようです。 結局は先生次第と言うところですが、ちゃんとしたルールは上記の通りです。   ちなみに授業を無遅刻無欠席で4週間乗り切るとセブブルーオーシャンのTシャツかランドリークーポンかカフェクーポンが貰えます! 4週間終わってそのまま帰る人はTシャツを、まだ残る人はクーポンを貰う傾向があります♪ でも中にはもらったTシャツを普段から着ている人もいますよ(*^^*) わたしも最初の1ヶ月目はランドリークーポンを貰いました! そして2ヶ月目でTシャツを貰って帰ろうかと思ったのですが、最終週に発熱しはじめて授業を休んでしまいました…。 実はこっちにきて最初の週にも熱を出してしまったのですがその時はタイミング良く(?)週末でした。なので、授業を休まずに乗り切れたのですが最終週はガッツリ平日に発熱。 熱にはじまり熱に終わってしまいました ˆ ˆ ; でも普段はとても元気なんですけどね。 こちらでも保険を使って病院にはいけますが、少しくらいの不調ならわざわざ病院に行くのも大変なので、日本から薬の持参をオススメします! ちょっと脱線してしまいましたが学習規則はこんな感じでそこまで厳しいものはありません。   ⚫生活規則 《門限》 セブブルーオーシャンでは門限が設けられてます。 月曜日ー木曜日,日曜日は22:00まで。 金曜日、土曜日は24:00まで。 毎日ガードマンが点呼をとりに部屋まで来てくれます。この時間よりも早く寝たい時は前もって自分からガードマンに会いにいってチェックしてもらうことも可能です。 また自習室は24時まで開放されているので、必ず部屋にいなくてはならないわけではなく、カフェや教室にも点呼をとりに来てくれます。   《旅行》 日をまたいで旅行などに行く時は前もって旅行計画をマネージャーに提出する必要があります。 そして平日は基本的に休みはとれません。 家族が遊びにくるときにかぎって特例で許可が貰えますが、家族が予約したeチケットを提示する必要があります。 しかし中には友達と旅行にいってる学生もチラホラ… セブブルーオーシャンはセミスパルタなので、ルールはあるけど、守るか守らないかは自分次第って感じもしますね。 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI*CPIの規則&マネジメントについて

セブ留学CPI*CPIの規則&マネジメントについて   こんにちは! セブ留学CPI学生レポーターの一ノ瀬です。   今回は勉強の分野を少し離れて CPIでのフィリピン留学生活について 深く掘り下げていこうと思います   門限について まず、触れておかなければならないこと、それは門限と外出禁止についてです。 CPIはセミスパルタの語学学校で基本的には平日は外出禁止です。 外出は金土日だけ許可されていますが、そこにも門限があります。   土曜日、金曜日は23:00まで 日曜日は21:00までに帰らなければなりません。 日曜日は21:10から健康チェックと点呼も行われます。   土日は届けを出せば外泊も可能です。 友人と小旅行に行ったり、夜遅くまでお酒を楽しみたいという時にこの許可をもらう必要があります。   この外泊届けを提出していても門限の時間から翌朝7:00までは構内に入ることができません。 私は門限までに必ず帰るの大丈夫なのですが、万が一、明け方まで外で遊ぶようなケースの場合は7:00まで門の外で待つことになります。   ここで塀を登って学内に侵入したりすると1週間の外出禁止が課せられます。 再度違反があった場合は2週間、3週間とペナルティーが伸びていきます。     退学処分となる場合 一つは異性間の部屋の出入りです。 基本的に学内にはセキュリティーカメラがありとあらゆるところに設置されています。 バレないことがまずないと思うので気をつけてください。   また水着未着用のまま、プールに飛び込むような行為も退学処分の対象となりますのでご注意ください。     その他注意事項   CPIでは学内での飲酒はできません。 持ち込みも不可能です。 もし見つかった場合はこちらも厳しい処分の対象になります。   当たり前のことですが、喫煙エリア以外での喫煙や、学内で大騒ぎするなどの迷惑行為、モラル違反は注意やペナルティーの対象になります。   学内を巡回している警備員からの注意を受けることになります。   特に週末は普段飲めないアルコールが入って羽目を外してしまいそうですが、あくまで宿泊しているのが語学学校の敷地内で、未成年や小さな子供も留学に来ていることを理解した上での生活が必要だともいます。     規則の中で生活している感想   正直あまりストレスは感じません。 遊びに来ているは訳ではなく、英語勉強が目的で来ているので週末だけの外出で十分だと感じています。   外に出れば楽しいもの、美味しいもの、誘惑がたくさんあるのですが、でなければ誘惑されることもありません。 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI*キャンパス周辺情報&休日の過ごし方について

セブ留学CPI*キャンパス周辺情報&休日の過ごし方について こんにちは! セブ留学CPIレポーターYUMEです!!   キャンパスの周辺や休日の過ごし方について ご紹介させていただきます^^   近くにある買い物スポット   最寄りにはJYスクエアという複合施設があります。 服や生活雑貨が揃う他、写真の印刷や郵便物の発送も可能です。 もちろん敷地内にはスーパーもあるので遠くのモールに行くのが面倒な場合は大体ここですみます。 ラーメン屋やマクドナルドも入っています。 ローカルなところなので、あまり品質は期待しない方がいいかと思います。   もう一つはITパークという綺麗なレストランが立ち並ぶ ビジネスパーク周辺です。 こちらには大きなスーパーはありませんが、小売店や、換金所があります。 私はここを週末に頻繁に利用しています。 カフェやレストランなどでゆったりしたい時はここがオススメです。   フィリピン産のコーヒーが楽しめるBO’S コーヒーや、ハワイアンレストラン SHAKAがオススメです。 こちらに写真を載せておきます。 どちらも日本人留学生と行きましたが、高評価でした。 特にSHAKAは半野外の店内で生演奏を楽しみながらトロピカルな食事をすることができます。       マッサージに行くなら   東南アジアにいるなら、やはり言っておきたいのは格安のマッサージです。 セブはリゾート地ということもあって日本語や韓国語が使えるようなスパもあります。   ここでオススメを紹介しておきます。   一つはNUA THAI というセブなら至る所にあるマッサージ屋さんです。 利点はたくさんの支店があるので、どこかに遊びに行った帰る道などに気軽に寄ることができ、待ち時間も少ないところです。   もう一つはカバフグストリート沿にあるサローラインターナショナルホテルの向かいに位置するミンタイスパです。 こちらはインターネットで評判が良かったので行ってみたのですが私の好みに合っていたのでほぼ毎週通っています。 料金もドライ、オイル、ローションマッサージなどが1時間330ペソとお手頃価格で楽しめると思います。   タクシーの運転手にホテルの名前を伝えるとスムーズに連れて行ってもらえます。     ショッピングモールへのアクセス CPIから最もアクセスしやすいのはアヤラモールです。 タクシーで20分ほど、ジプニーでも徒歩を交えて30分ほどでたどり着きました。   ジプニーの乗り継ぎについてはgoogleマップで出発地と目的地を入力した上で、交通手段の欄の電車のマークを押すと乗り継ぐべきジプニーの番号を調べることが可能です。   SMシティーやシーサイドについても問題なくタクシーで行くことができますが、シーサイドはCPIから少し離れたところにあるので行き際は友達と乗り合って行きことをオススメします。 […]

>> More

Cebu | CPILS
セブ留学CPILS*キャンパス周辺マーケティング&休日アクティビティ

セブ留学CPILS*キャンパス周辺マーケティング&休日アクティビティ   こんにちわ! セブ留学、CPILSに留学中のTOMOKOです。 今日は 周辺環境や休日について レポートしたいと思います(^^)/   【周辺環境】 まずCPILSの歩いてすぐ近くにセブンイレブンがあります。 セブのコンビニでは、お店の中に椅子おテーブルが置いてあり、自由に中で飲んだりカップラーメンを作って食べたりできます(^^)/ 週末になると、夜はCPILSの生徒達で賑わっています。 一緒にお酒を外で飲んだりして友達を増やすことも可能です。     このセブンイレブンで売られている15ペソのソフトクリームはとても人気です(^^)     そしてキャンパスのすぐ近くにはロビンソンモールという、そこそこ大きくて綺麗なモールがあります。 CPILSからは歩いて10分ぐらいで着くので、タクシー代金の節約になります。     そしてセブの中でも有名なのはアヤラモールとSMモールです! タクシーを使って渋滞していなければ10分ぐらいで到着できます(^^) どちらのモールも、何でも揃っているのでフィリピンでの生活に困ることはありません(^^)     しかしわたしのオススメのモールは、コロンにあるエリザベスモールです! ここは本当に安くて、なかなか大きなモールになります。 私は300ペソのワンピースをゲットすることができました(#^^#) アヤラモール、SMモールがとても高く感じるほど安いので、是非足を運んでみてください♡   【オススメの飲食店】   Mooon Cafe     このお店はメキシコ料理のお店で、安くて本当に美味しいです! 8人で飲んでお腹いっぱい食べて、なんとお値段400ペソでした(^^) フィリピンでも有名なお店みたいで、アヤラモール以外の場所にもあります!   YAKSUK     このお店もチェーン店で、私はマンゴーストリートの近くのYAKSUKに行きました! フィリピンのバーベキューっぽい感じで、チキンやポークの串、砂肝とレバーも食べることができます♡ 味も美味しくてなんと驚くことに、一人120ペソでした!|д゚)   Banana Leaf     こちらのお店はタイ料理のお店で、フィリピン人の先生がオススメして頂いたので行ってきました! 噂通り、美味しすぎです!! […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*学習環境について

セブ留学セブブルーオーシャン*学習環境について こんにちは! セブ留学中の学生レポーターSae です。 今日は セブブルーオーシャンの学習環境について ご紹介します(*^^*) ⚫国籍別比率 日本人…55% 韓国人…25% 台湾人…15% 中国人,スペイン人、ベトナム人etc…5% 正確な数字はわかりませんが、ざっとこんな感じです。 今は日本の大学の春休みと時期が被っているため日本人の比率がめちゃくちゃ高いです。 わたしは日本人少なめのアカデミーを探していたので(CBOAは20-30%だと思っていました)、想像よりもはるかに日本人が多くて最初戸惑いました笑 しかし春休みや夏休みの時期でなければまた比率も変わってくると思います。 韓国人経営でもここまで日本人が多くなるのかと驚きましたが、それだけ日本人からの需要があるとも言えると思います。 そして日本人の比率が高くても、わたしは日本人だけで過ごすことは滅多にありません。 昨日は金曜日だったのでアカデミーのプールサイドで5人で飲んでましたが日本人はわたし1人でした。 日本人の比率が低いところに行っても日本人だけでかたまる可能性もあります。 最近は何事も自分次第だと感じてます! ⚫留学生数 今は繁忙期のため、留学生数はすごく多いです。 定員が150名らしいですが、満員だと聞きました。 (それ以上いるんじゃないかと疑ってます笑) 学生数が多くて困ることと言えばランチとカフェ(自習室)の席取りと、誰がバッチメイト(同じタイミングで入ってきた生徒)なのか分からないことくらいです。 先生がすごく忙しそうで少し可哀想だなーと思ってましたが、”生徒が多いとその分稼げるから頑張る!”って先生が言っていました。 先生にとっては良いことのようです笑 3月が終わると日本人留学生が減るので、生徒数も落ち着くようです。 ⚫英語使用環境 普段学生は同じ国籍同士で喋る時は母国語を使ってることがほとんどです。 しかしEOPを生徒自身で選択できます。 生徒は毎日IDをつけなくてはいけないのですが、そのIDのストラップを変更することによってEOPの意思表示ができます! 最初IDをもらったときは青なのですが、スタッフの方に言って赤に変更するとアカデミー内では同じ国籍の人と話をするときも母国語禁止になります! わたしは3週間目からストラップを赤に変えてます(*^^*) またグループ授業では99.9%が英語です。 残りの0.1%は…どうしても英語で表現できないときに母国語で助けを求めることがあるからです笑 先生は生徒と話すときはもちろん英語ですが、先生同士で話をするのきはタガログ語などで話していることも… でも生徒が1人でもいたら絶対英語を使ってくれます! ⚫学習環境 アカデミーの学習環境は整ってると思います。 カフェと教室が自習室として使用できます。 さらに24時まで開放されています。 もちろん冷房も管理されているので快適です。 (むしろ寒すぎることがあるので、羽織れるものがあると便利なくらいです。) 休み時間のカフェはどうしても騒がしくなりがちですが、それ以外の時間は比較的静かです。 音読などをしたい人はマンツーマン教室を利用できます。 勉強したい人は好きなだけできる環境です! ………… 留学先選びは本当に迷うところだと思うので、レポートが検討中の方の参考になればとても嬉しいです。 しかし、正直アカデミーの環境はその時にいる生徒に左右されることが多いと思います。 そしてセブ留学を実りあるものにするにはやはり自分自身の努力も必要だと感じます。 ちなみにわたしは日本で働いていたときよりもはるかに毎日が充実しています(*^^*) ◆次回はセブブルーオーシャンの食事についてレポートします◆ フィリピン留学セブブルーオーシャンアカデミー学生レポーター:Sae

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI:国籍別比率、英語使用環境、学習環境について

セブ留学CPI:国籍別比率、英語使用環境、学習環境について こんにちは! セブ留学CPI学生レポーターの 一ノ瀬です。 今回は CPIの留学生の割合や授業環境について 紹介していきたいと思います。 国籍比率について CPIは韓国資本のアカデミーのため、やはり韓国人が多いです。 普段でも50%以上は韓国人だと思います。 韓国の夏休みと冬休みの時期は親子留学で 韓国キッズのパーセンテージが急上昇します。 8月と1〜2月は小学生ぐらいの子供達が多く賑やかですが。 3月に入り、ほとんどのキッズ達は帰ってしまいました。 今現在は、台湾人と日本人大学生が多くなっています。 やはり、長期休暇の時期は人数が増え、 私の入学当初は200人以上の学生が在籍していました。 毎週コンスタントに入学者は入ってきていますが、 2月末に80人ほど(多くが韓国人の親子留学)が卒業したので 今は先月より、人が少なめな印象です。 ただ、3月も日本と台湾からの留学生が来るようなので また賑やかになりそうです。 毎週金曜日が近くなると、留学卒業生用に写真撮影があります。 この日はプールで撮影をしていました。 英語使用環境について 私の場合、授業中には全く日本語は使いません。 1:1の授業はもちろん、グループワークでも ほとんど日本人と IELTSコースで関わることがないので 授業中は100%英語です。 友人にESLコースの環境も聞いてみましたが、 人や状況によっては(同じ国の生徒が何人も集まるなど) クラスで日本語が聞こえたり、他の国の言葉が聞こえることも あるようですが、その場合、先生の注意が入ります。 英語使用環境については まず初めに自分自身の意識が肝心かと思いますが もし、グループクラスでそのことが気になった場合は クラス変更も1週間以内にできるので 困った時はオフィスに相談してみるといいと思います。 私は先週からグループワークに一人の日本人が入ってきましたが 彼も英語を話せることもあって、 私たちの会話に日本語が混ざることはありません。 また、授業以外の面では 一人部屋以外を選んだ場合、 日本人留学生以外と部屋が一緒のなる場合があります。 この場合、授業以外でも英会話のチャンスがあります。 ただ、ルームメイトの英語力や自分自身の会話能力によっては 意思疎通するのに一苦労する場合や、 自分以外のルームメイトが同じ国籍で、会話に加わりにくいなど 相部屋にはそれなりのDisadvantageもありますが、 せっかく多国籍の語学アカデミーにいるなら いろんな経験をするチャンスだと思って 大部屋を使ってみるのもいいかもしれません。 私の部屋は全員日本人留学生で 部屋に帰れば日本語ですが、宿題を助け合ったり、 […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*マネージメントについて

セブ留学セブブルーオーシャン*マネージメントについて こんにちは! セブ留学中のセブブルーオーシャン留学生レポーター Sae です。 今日は セブブルーオーシャンのマネージメントについて ご紹介します(*^^*) ⚫日本人スタッフ 現在セブブルーオーシャンには3名の 日本人スタッフが駐在しています。 ・男性1人 ・女性2人です。 *マネージャーさん紹介 2人いるうちの女性の1人は、 学生として1日数コマ授業をうけながら、 日本人生徒のフォロー業務を行っています。 先日一緒にホテルに遊びに行った際に いろいろ話を聞いてみました。 毎日多忙そうでした^^; でも今は大学生の春休みとかぶってて 留学繁忙期なので仕方ないのかもしれませんね。。 マネージャーになった経緯と理由も聞いてみたのですが、 答えはシンプルでした・ “たまたま知り合いからセブの英語語学アカデミーでスタッフを 探していることを耳にしました。 それで来てみよっかなと思って来た!” みたいな感じでした!笑 以前カナダでワーキングホリデーも経験しているようで、 フットワークの軽い方だから実現できたのかな、 と思いました(*^^*) どこでどんな出会いがあるかわかりませんね。 何かあった時は基本的に日本人は日本人スタッフに、 韓国人は韓国人スタッフに、 という感じでその国のスタッフに対応してもらうことが多いです。 セブ留学ではどこのアカデミーにも日本人スタッフがいることが多いので とても心強いですね! でもちょっと何かを聞くくらいなら 他の国のスタッフに聞くこともありますし、 みなさん優しく対応して下さります(*^^*) ⚫その他スタッフ 日本人スタッフの他には 韓国人スタッフ、 台湾人スタッフ、 あとはもちろんフィリピン人スタッフもいます! *フィリピン人ヘッドティーチャー 私はフィリピン人のヘッドティーチャーとは ほとんど会話をしたことがないですが、 私の担当のフィリピン人講師からの話によると 厳しい方のようです。 見た目も厳しそうなのですが、 以前アクティビティですごく楽しそうにしてるところを見て、 ちょっと印象が変わりました。笑 ヘッドティーチャーが直接留学生と関わることは滅多にありませんが、 先生を変更したりするときには最終的に […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*フィリピン人講師について

セブ留学セブブルーオーシャン*フィリピン人講師について こんにちは! セブ留学中の留学生レポーター Sae です。 今日は ブルーオーシャンのフィリピン人講師について ご紹介します(*^^*) ⬆ フィリピン人講師が愛用しているペンケースです! フィリピン人の中で流行ってるのか、このような動物のペンケースを持ってる 先生がたくさんいます!笑 ではでは、 今正規の授業を担当してくれている7人のフィリピン人講師を紹介しますね。 ⚫T. ROMMEO グループクラスのリスニングを担当してくれているRommeo。 セブ留学では基本的にアメリカ英語にフォーカスすることが多いと思いますが、 Rommeoはアメリカ英語とブリティッシュ英語の使い分けができる先生で、 それぞれの発音の仕方を教えてくれます。 とっても面白い先生で、いつも明るく授業をすすめてくれます。 そして授業中にいきなり歌いだしたり、踊り出したりします笑 他の生徒からも人気のフィリピン人講師です♪ ⚫T. Cherry 若いけどしっかりしているT.cherry。 教えるのもすごく上手です。 セブブルーオーシャンでは毎月人気講師のランキングが発表されますが、 今回Cherryは1位をとってました(*^^*) わたしはこの授業では先生のオススメでもう一つ上のレベルの教科書を使っています。 ライディングやリーディングよりもスピーキングを教えるのが専門らしく、 そっちの教科書の方がスピーキングが身につくとのことで変更しました! 生からこのような提案をしてもらえるのはありがたいですね。 ⚫T. Cindy イディオムの先生です。 明るくて面白いし、よく褒めてくれます! 褒めて伸びるタイプの私にはぴったりです笑 中々意識しない単語の使い分けや、他の先生よりもよく文法の説明などもしてくれます。 あとは時々ひっかけ問題をいきなりだしてくるのですが、それがとても面白いです笑 程よく雑談もあり、全体を通してメリハリをつけて授業を進めてくれます! ⚫T. Nina スピーキングを担当してくれてる先生です。 正直わたしはこのグループクラスがあまりすきではないのですが(^^;)、 先生がすごく明るく授業をしてくれるのでなんとかやれてます笑 とにかくクラスを楽しくしようと盛り上げてくれます。 題のテーマがちょっと難し目ですが、それ意外は嫌な部分は全くありません!笑 教室の前に立って発言しないといけないことが多いです。 その際、 どこが良かったのか、 どこが悪かったのか、 しっかり観察してフィードバックしてくれるので人前で話す練習にもなってます! ⚫T.Rolph Rolphはリーディングの先生で、見た目が強面です。笑 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI:グループワーククラスについて

セブ留学CPI:グループワーククラスについて こんにちは! セブ留学CPI留学生レポーターの 一ノ瀬です。 今回は先週お伝えした通り、 グループワーククラスについて お伝えしていきたいと思います。 CPIでは1:1のクラスの他に、 2つのグループワークのクラスがあります。 IELTSの生徒の場合、 一つがディスカッションクラス、 もう一つがWriting Task1 の授業に振り分けられます。 今日はその二つの授業について 紹介していきたいと思います。 ディスカッションクラスの内容 ディスカッションとだけ聞くと、難しく聞こえてしまいますが、 このクラスは様々なトピックについて3〜5人の生徒とフィリピン人講師で 話し合う形で授業を進めていきます。 IELTSの生徒にとって、この授業は唯一、アカデミックテストの問題から 離れることのできる時間でもあります。 トピックは多種多様です。 基本的に正解がないお題について (例えば、人生の意味、死刑や中絶、お金の意味、ジェンダーなど) 自身の意見を発し、他者の意見を聞くことで、 ディスカッションの力をつけていきます。 雰囲気について 一緒に授業を受ける生徒によっても大きく異なってくると思いますが、 私のグルーブワークのクラスは割と年齢層が高めのことが多く、 生徒の多くが真剣に考え、答えていきます。 もちろん、真面目な雰囲気の中でも、時々笑い声が上がり、 和やかな雰囲気です。 グループワークなので毎週のように 生徒が卒業し、新しい留学生が入ってきます。 私は今まで韓国人、台湾人、ベトナム人とも一緒に 授業を受けてきました。 国籍も様々ですが、年代も私の両親の年代から、高校卒業したての歳まで 幅広い人と社会問題について話し合っていくので、 国の文化、年代によっての考え方の違いまで 英語以外にも学ぶことの多い授業です。 他の生徒がいるので、私目線で首から下を写しました。 一つの机を先生と生徒で囲んで賑やかなクラスです。 Writing Task 1 のグループワークの授業 以前の記事で紹介したかと思いますが、 IELTSのWritingテストには、2つのセクションが存在します。   1:1のクラスでは250文字分の社会問題ついての エッセイに特化して学んでいきますが、 ここではもう一つのセクション、 与えられたグラフや図について150字以上で論述するテストについて対策していきます。   […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI校:レベルテストとフィリピン人講師について

セブ留学CPI校:レベルテストとフィリピン人講師について こんにちは! セブ留学CPI留学生レポーターの 一ノ瀬です。 今回は アカデミックコースの留学生用のレベルテストについて 紹介していきたいと思います。 頻度、時間について IELTSの生徒には毎日2コマ分(45×2)の 模擬テストが行われています。 何度かTOEFLの生徒が模擬試験をしているのを見たことがあるので 他のアカデミックコースでも同じような時間が設けられているのではないか、 と思います・・・ 「え!?毎日するの?」 と思われる方もいるかと思います。 私も最初の1週間はかなり疲れてしまいました。 毎日と言っても全てのテストをこなすのではなく、 Reading 、 Writing 、 Listening、 Speaking の4スキルより1日に、1つをテストするという形式です。 (Speaking) 1:1なので時間がかかります。 ですので、月曜日と金曜日の中で くじ引きによって割り振りを決まられます。 余った時間は自習室で追われている課題の消化に使っています。 このような教室でテストを行っています。 スピーキングの待ち時間はこちらの自習室で勉強をしています。 内容について 実際のIELTSの形式に沿ってのテストです。 テストに使っている教材は全部で3種類あるらしく、 少々難易度のばらつきがあるようですが、 先生のチョイスできまっています。 生徒は黙々と取り掛かるのみです。 テストは長くても1時間で終わります。 残りの時間は全体でのレビューに使います。 Listeningであれば難易度のますSection3,4, Reading は重要部分にラインが引かれた用紙と、答案が配られ、 それを見直しいていきます。 Speakingはその場で採点、Writingは翌週に添削付きで返ってきます。 効果について 私が一番感じているのは、集中力が続くようになったことです。 最初は慣れない難問に集中力が持ちませんでしたが、 最近は途切れることなく、解くことがでいます。 また、アカデミックテスト経験者なら 言わずと知れたことかもしれませんが、 「何度も解いて慣れる!」 というのが点数アップへの近道ではないかと思っています・・・ 実際に最初はできなかった時間のコントロールや 全体的に頻出するパラフレーズ(言いかえ問題)に 悩まされていましたが、テストの傾向を掴むことで […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*キャンパス周辺について

セブ留学セブブルーオーシャン*キャンパス周辺について こんにちは! セブ留学セブブルーオーシャン留学校生レポーター Sae です。 今日は キャンパス周辺について ご紹介します(*^^*) ⚫スーパー セブブルーオーシャンの近くには2つのスーパーがあります。 ①Save more 徒歩約3分 (以前の記事でも紹介した外部寮Ocean cruiseの隣にあります。) ②Metro 徒歩10分弱 Save moreの方が近いのでセブブルーオーシャンでの生活に慣れるまでは 1人で行くならSave moreの方が楽です。 しかし、Metroの方が大きくて、値段も少し安いので慣れてきたら使い分けをオススメします♪ もちろん両替はどちらでも可能です(*^^*) そしてどちらのスーパーもアカデミーの向かい側の道沿いにあります。 つまり、道路を横断する必要がありますが、写真の通り横断歩道がありません。 そもそもこの辺りでは横断歩道をみかけません笑 車も横断する人に慣れてるので止まってくれますが、慣れるまでは少し怖かったです^^; ⚫コンビニ セブンイレブン 徒歩約5分 Save moreよりは遠く、Metroよりは近い距離にセブンイレブンがあります。 そして先ほど紹介した2つのスーパーとは違いアカデミーと同じ道沿いにあるため、 道路を横断する必要はありません!!笑 ちなみにSave moreとMetroはアカデミーから逆方向に位置していて、 セブンイレブンはMetro方面にあります。 セブブルーオーシャン到着初日、晩御飯を買いにルームメイトとここまで行こうとしたのですが 野良犬と車と人が怖くて辿りつけませんでした。。笑 今では1人でも余裕です。笑 が、先日友達がこのセブンイレブンでiPhoneをすられました…。 油断しすぎはだめですね。 セブ島はフィリピンの中では比較的治安がいいと思いますし、わたし自身セブ島にきて約1カ月、 一度も危ない目にあったことはありませんが、あくまで海外だということを忘れてはいけませんね! ⚫マッサージ 3位 Thai Thai 徒歩約3分 Thai Thaiはハッピーアワーがあります。 この時間を狙っていくと半額で施術が受けられます! オイルマッサージが1時間400円いかないのでとても安いです! 中はまあまあ清潔なので潔癖症とかでなければ抵抗ないと思います。 (そもそも潔癖症の人はフィリピン留学自体が厳しいかもしれません…) […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI校:スピーキングクラスについて

セブ留学CPI校:スピーキングクラスについて こんにちは! セブ留学CPI学生レポーターの 一ノ瀬です。 今回は スピーキングクラスについて の紹介をしていきたいと思います。 多くの日本人が苦手意識を抱えているスピーキング。 一体どのように授業が行われているのか・・・ ここで紹介していきます!!! IELTSのスピーキング IELTSのコースを選択した場合、 ここでも少々アカデミックなお題を要求されます。 ご存知の方には申し訳有りませんが、 ここでIELTSのスピーキングテストの形態について説明しておきます。 テストは全部でパート3まであり、 パート1 答えが一人称[ I ]から始まるような会話のテストです。 例えば、、、 「Student」 について、「あなたは学生ですか?」というような 会話がしやすいトピックから始まります。 パート2 課されたお題について4つほどの簡単な質問(5W1Hが含まれている)に 2分間の持ち時間を使って一人で話続けなければなりません。 私はこの前は、、、 「Cooking」について! 誰、どこで、どうして、どうやって、 を含んだ文を答える練習をしました。 パート3 パート2でのお題からもう一歩踏み込んだお題を 出題され、面接官からの質問に答えていきます。 私の課題は、 だんだんお題が難しくなるにつれて、頭の中の母国語情報を 活性化させて話すときに、文法や発音にミスが生じることです。 時々母国語でも答えるのが難しいトピックもあります。 ただ、テストの時にトピックは選べません。 多くのトピックに触れて自分のアイデアをきちんと整理しておく必要があります。 授業内容 1:1のクラスではガラス張りの小教室で フィリピン人講師と対面式で授業をしています。 スピーキングのクラスでは 先ほど紹介した通り、たくさんのピックの中から 何が出題されるかわかりません。 日々アウトプットを繰り返してどう話していくかの 文構成を身につけていくしかありません。 そこでクラスでは毎日フィリピン人講師の選んだトピックについて 講師からの質問に答えながら、議論していきます。 ただトピックについて話すだけでなく、 発音ミスやボキャブラリー、 文法には必ずチェックが入ります。 私の講師は 月〜木は講師とのディスカッションスタイル、 […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*ネット環境について

セブ留学セブブルーオーシャン*ネット環境について こんにちは! セブ留学セブブルーオーシャン校レポーター Sae です。 今日は ネット環境について ご紹介します(*^^*) ⚫Wi-Fiについて Wi-Fiはセブ留学するにおいて気になる点ですよね。 今回は各場所を10段階評価でご紹介します! ※0:全く使えない→10:いつでも使える ①ホテル(EGI) 部屋の中 メール… 3 ネット…2 動画…….1 廊下 メール…8 ネット…7 動画…….5 ロビー メール…10 ネット…10 動画…….7 ホテルでは上記の通り部屋ではWi-Fiは繋がりにくいです。 ドアの前かトイレまで移動すると使えることが多いです. でもそこまで移動するならもう廊下に出ちゃった方がいいです笑 なので、ベッドの上で使えるかどうかで評価しています。 ほんと稀に動画サクサク!って日もあります!笑 廊下まで出るとたくさんWi-Fiが拾えるので どれも使えないってことはあまりありません。 そして全ての場所を含めてホテルのロビーはWi-Fiが強いです。 ソファも置いてあります。 長くネットを使用する必要があるときにはここに滞在します♪ ※前回の記事でも記載した通り、 EGIの生徒はOcean cruiseに入ることはできません。 なので、Wi-Fiの調査はできませんでした…。 Ocean cruiseの生徒に聞いてみました。 動画もみれるそうです! が、時々ネットが繋がりにくいこともあるようです。 Wi-Fi環境ははるかにEGIよりも良いと思います。 ②学校 教室 メール…2 ネット…1 動画…….0 カフェテリア メール…8 ネット…8 動画…….6 カフェ […]

>> More

Cebu | CPILS
セブ留学CPILS*国際比率、英語環境について

セブ留学CPILS:国際比率、英語環境について こんにちわ! CPILSでセブ島留学中の TOMOKOです。 ☆フイリピンの祝日は休日です^^☆ 今日のフィリピンは 「エドゥサ革命の日」 という祝日で、三連休を頂いてます!(^^) みんな旅行や買い物に出かけており、 めずらしく校内がシーンとしています。 ☆私の三連休☆ 実は私、風邪を引いてしまい外出を控えている状態です(:_;) この三連休でしっかり休んで、月曜日からまた頑張りたいと思います! みなさんも体調崩さないように気を付けてくださいね! 今日は 国籍別比率や英語使用環境 学習環境について レポートしたいと思います! 【国籍別比率】 ☆普段のCPILSの比率☆ CPILSはだいたいが、 韓国人 70~80% 日本人 20% その他(中国人、台湾人、ベトナム人、ロシア人) 10% となっております。 ☆1月のCPILS☆ 私が入学したのは1月後半です。 その時は、ほとんどが韓国人でした。 ☆2月のCPILS☆ 二月に入った今、いきなり日本人が増えております。 韓国人生徒さん達は、大量に帰国したりしております! 理由としては、 韓国は3月から新しい学期が始まるから とのことです。 日本では4月から新学期なので、今は春休みを利用して来ている 大学生、専門学校生が多いです(^^) Wi-Fiスポットに行ったとき、ほとんどが日本人だったときもあります。 4月に入ったら、今度は社会人の方が増えるみたいです(^^) 時期によっては比率が変わってくるみたいです! ☆CPILSはこんな方におすすめです^^☆ 時期によって違うとは言っても やはりほとんどが韓国人の留学生さん達です。 ですので、 日本人ばかりの環境が嫌な方 韓国人と友達になりたい方 K-POPが好きな方 におすすめの学校です。 多国籍メンバーで遊びに行きました♡ 韓国 フィリピン 中国 日本 【英語使用環境】 ☆授業中☆ 普段の学校生活では、授業中はもちろん英語を使用しています! […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*キャンパスと寮の施設について

セブ留学セブブルーオーシャン*キャンパスと寮の施設について こんにちは! セブ留学中の学生レポーターSae です。 今日は セブブルーオーシャンの校舎とその付属施設について ご紹介します(*^^*) ⚫EGI HOTEL セブブルーオーシャンのほとんどの生徒は同じ敷地内のEGI Hotelに滞在しています。 1人部屋 2人部屋 3人部屋 から選べます! わたしは3人部屋なので、3人部屋の写真でご紹介しますね♪ ちなみにセブブルーオーシャンではオーシャン側とシティ側があります 3人部屋はオーシャン側に面しています! そしてわたしは部屋からの景色が大好きです♡ 部屋の設備をご紹介します。 トイレ バスタブ シャワー 机   シンク クローゼット ざっとこんな感じです! 水周りは日本の綺麗なビジネスホテルなどは想像しないで下さい笑 でもわたしはそんなに汚いとも思いません。 あくまでフィリピンということをふまえると十分だと思います。 ちなみにトイレの床が黒いのはカビとかではなく、 靴のまま入るので靴の泥がついてしまっているためです。 週に2回、掃除に入ってくれるのでそうすると綺麗になります♪ あとトイレの向かいに大きな鏡と流し台があります(*^^*) 部屋の設備は机とクローゼットが3人分きちんとあるので収納スペースとしては満足です。 正直あまり部屋にいる時間は長くないので、部屋のことはそこまで気になりません笑 ⚫Ocean Cruise セブブルーオーシャンは外部寮があります。 学校のスタッフさんたちもここに住んでいるそうです。 わたしはEGIなので中に入ったりは出来ないので外観だけご紹介しますね。 1人部屋専用のホテルで、EGIより少し値段が高いため、その分年齢層も比較的高いです。 Wifiがビュンビュンで部屋は綺麗な上、土日は美味しいbranchもあるということで値段のことだけあるようです。 しかし…時々ゴキ○リが出るらしく私はEGIでよかったと思っています笑 あ、でももし出現したときはガードマンがすぐに退治してくれるようなのでこちらに滞在される予定の方も安心して下さいね! ⚫教室 教室は主にマンツーマンクラスとグループクラスを使用します。 マンツーマン教室 グループ教室 テストを受ける時はもう少し大きめの 講義室のような教室も用意されています。 マンツーマンとグループクラスは大きさが違うだけで基本的な作りは同じです。 机がブルーで壁は白と薄いグリーン。 もちろん壁にはホワイトボードも必ずあります。 […]

>> More

Cebu | CPILS
セブ留学CPILS*施設および寄宿舎の説明&Wi-fi事情

セブ留学CPILS:施設および寄宿舎の説明&Wi-fi事情 こんにちは! セブ留学CPILS校の学生レポーター TOMOKOです☆ セブ島に来てから、今の季節(1月~2月ぐらい)は思ったよりも涼しくて過ごしやすいです!(^^)/ 今日は ●●学校寮や施設の説明●● をしたいと思います! 【学校寮について】 CPILSの学校の寮は古いと聞いていたのですが、想像以上に古いと思いました! まず学校の建物は、昔ホテルだった建物を改装したと聞きました! なので、築年数は結構たっていると思います。 ★寮の部屋割り 1人部屋(デラックスルーム) 1人部屋(スタンダードルーム) 二人部屋 三人部屋 四人部屋 の種類に分かれており、私は4人部屋を選びました。 理由としては、やはり料金が安くなるということと、 友達を作りやすいかなと思い、四人部屋を選びました。 ★私のルームメイト 韓国人が2名 中国人が1名 日本人が1名(私) の四人になります。 実際に三週間暮らしてみて、やはり文化の違いというか、 トイレの使い方や部屋の使い方など、気になる部分があります。 シャワー室の様子です。 【気になる点】 一番気を使ってしまうのは、 シャワーを使う時間です。 ルームメイトが4人もいるので、順番に入らないといけないし、 もし部屋に戻って来た際にルームメイトが寝ていたりしたら、 ドライヤーの音などで起こしちゃうかな?と気を使ってしまい、 その日はシャワーをせずに次の日の朝に入ったりしています。 少し散らかっておりますが、 4人部屋の様子です! もう一つ気になったのは、 トイレについてです。 ハウスキーパーが週に一回部屋の掃除やゴミ捨てをしてくれるのですが、 フィリピンのトイレは、トイレットペーパーを水に流せないので、 トイレの横にゴミ箱が置いてあります。 4人もいると、一週間でかなりの量のゴミが貯まりますし、匂いもやはり気になります、、、。 私が気になったのはそのぐらいで、あとはルームメイトとも仲良く暮らしています。 しかし、ルームメイトも当たり外れがあるみたいなので、よく考えて部屋を選んでください(^^) ちなみに、私の友達は一人部屋に住んでいて、一人部屋は自分の部屋からWi-Fiも繋がるみたいです! 【学校の設備について】 Snack Bar(売店) ランドリー クリニック ジム プール 自習室 […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI校:スペシャルクラスとオプションについて

セブ留学CPI校:スペシャルクラスとオプションについて 皆さん★ こんにちは。 セブ留学のCPI学生レポーター 一ノ瀬です!!! 今回は前回もお知らせした通り、 学校が行なっている特別クラスについて 紹介していきたいと思います。 早起きは三文の徳?  【CNNクラス】 こちらは毎朝6:50から行われているリスニングのクラスです。 この開始時間を見ると、多くの方が 「朝早過ぎて起きられないのではないか」 と思うかもしれません。 私も初めは起きることができるか不安でしたが、 毎朝起きて行こう! と一人のバッチメイトと約束して 2週間以上無遅刻無欠席で通っています。 私のWeakest Point であるListeningの能力を高めるために参加していましたが、 授業で流れてくる単語も勉強になることが多く、 今はボキャブラリーの容量を増やすためにも毎日通うようにしています。 (授業のすすめかた) 授業は2日1組で行われます。 ★一日目★ 単語調べ、4択問題のリスニング、ブランク埋めと 同じ問題がスピードアップしていく中、答えを埋めていくスタイルで行われています。 ★二日目★ 前日に調べておいた単語の中から10問ほどの 選択問題と、前日とは内容の異なるリスニング問題と解きます。 2日を1セットとして行われるので、 頭に単語が定着しやすく、 問題の中にはTOEFL iBT レベルの問題も含まれているので 自分のためにも毎日頑張って起きるようにしています。 プリントで勉強しています。 話せるようになりたいならココ!! 【SSPクラス】 こちらは平日の2時台から夕食後10時あたりまで ダイニングスペースで行われているコースです。 実際にCPIで教えている先生たちとフリートークをして 英語のアウトプットの練習をするクラスです。 私は宿題の都合上数回程度しかまだ行けていませんが、 話しやすい雰囲気の先生といつも冗談交じりの会話を楽しんでいます。 時間は通常授業と同じく45分ですが早めに入りあげることも、 次の生徒が待っていなければ、45分以上続けることも可能です。 今回の留学が初めての海外で英会話に自信がない、 45分間も話し続けられる自信がない、などなど 最初は先生との1:1の会話を心配に思う方もいると思います。 そんな時は友達と複数人での参加もできますし、 先生が話しやすいトピックを考えて、 答えやすいような質問から始めてくれるので大丈夫です。 私の友人はこのSSPが大好きで毎日のように通っています。 […]

>> More

Cebu | CPILS
セブ留学CPILS*スクールでの食事について

セブ留学CPILS:スクールでの食事について こんにちわ!! セブ島留学CPILS校の学生レポーター TOMOKOです。 いよいよセブ島留学生活も一か月経ちました! この一か月間はあっという間に過ぎていっちゃいました。 だってセブ島留学、、、 楽しすぎます!! それでは今日は ●●CPILS校の食事について●● レポートしていきたいと思います(^^) 【学校のダイニングで食べれば節約も可能!】 CPILS校では毎日、 朝ごはん 昼ごはん 夜ごはん をダイニングエリアで食べることができます。 しかも食べ放題です♡ だから、もしセブ島留学中に金欠でどこにも遊びに行けない!(:_;) ってなっても大丈夫!! CPILS校に引きこもっていれば、なんとか生きていけます!(^^) いや!! でも、その前にお金の使い方は計画的にしてくださいね♡ 【毎日の基本的なメニューはこんな感じ♥】 ごはん お肉 野菜 キムチ、野菜の漬物、コチュジャン(←必ず毎食でます!) たまにバナナ、りんご、パイナップルなどのフルーツ 汁物(韓国風の味付けが多いです) そして、朝ごはんには毎日パンがでます♡ その中でもチョコパンは大人気で、毎朝争奪戦です。 【一か月の献立はこんな感じ♡】 ①韓国料理風(煮物) 辛い煮物 辛くない煮物(辛いのが苦手な人用) の両方でてきます。 私は辛い食べ物が好きなので、毎日コチュジャン多めでたべてます♡ ②中国料理風 焼きそば♡ マーボー豆腐♡ この日は中国料理っぽい感じでした♡ ③日本料理風   日本風の かぼちゃの煮つけ 牛丼 です! こんな風に自分の好きな分だけ取って食べれます(^^) ④韓国料理風(ビビンパ) 大人気メニューのビビンパです♡ 本当においしいですよ!(^^) 韓国人の友達も、日本人の友達もみんな大絶賛しています! ⑤韓国料理風(ポッサム) CPILS校のご飯の中で一番すきなメニューの、ポッサムです♡ […]

>> More

Cebu | CPI
セブ留学CPI校:ライティングクラスと1日のスケジュールについて

セブ留学CPI校:ライティングクラスと1日のスケジュールについて みなさん、こんにちは!! セブ島のCPI校!学生レポーターの一ノ瀬です。 今日は マンツーマンレッスンのライティングについて と、 IELTS Generalコースの生徒が送っている一日の流れについて 紹介していきたいと思います。 【1:1 ライティングクラスの内容 】   フィリピンIELTSの生徒には 英語の4SKILL(Listening, Reading,Speaking, Writing) に対してマンツーマンレッスンが用意されています。 このライティングのクラスではIELTSのTASK2の 250字エッセイへの対策をしていきます。 アカデミックな内容で 【賛成論・反対論などの比較】 が必要とされる難易度高めの課題ですが、 ライティングに秀でたフィリピン人講師が 毎回の授業で訂正、改善をして、スコアアップを目指していきます。 【課題について】 このクラスでは基本的に授業の最後に次回のテストまでの課題が出されます。 つまり、ほぼ毎日250字のエッセイが課題として課されます。笑 文字数はそこまで多くはないですが、論ずるトピックが 社会問題など母国語でもまとめるのが大変な内容なので、 私は全授業が終了した後、即この課題に取り掛かるようにしています。 (一度、本当にアイディアが浮かばず、2時間近く悩みました。笑) そして、クラス内で 宿題の添削作業をしていきます。 正直、毎日の課題は楽とは言えませんが、 これは確実に力がつく!! と信じ日々立ち向かっています。 これは今まで書いてきたレポートたちです。 【教材について】 教科書(問題集)は全教科の中で一番分厚いです。 写真はこんな感じ・・ 授業内では、上手な書き出しの仕方や、同意語の確認など IELTSで重要になってくる課題に取り組んでいます。 私のウィークポイントはグラマーとボキャブラリー。 しっかり改善していきたいと思います。 はじめに添削してもらったエッセイはこんなにも真っ赤です。笑 フィリピン留学終了までに余白がいっぱい見えますように・・・ 毎日ノートにエッセイを書くのでライティング用のノートを 一冊用意しておくと良いかもしれません。 【一日のスケジュールについて】 フィリピン留学生活が始まって、早くも2週間が過ぎました。 最近は生活リズムか決まってきたので 平日の過ごし方について紹介していきたいと思います。 私のスケジュールはオリエンテーションの日にもらったもので 満足しているので、それをそのまま使っています。 ●●学校から配られたスケジュールがこちら●● 私は全部で8つのクラスがあり、 […]

>> More

Cebu | CBOA
セブ留学セブブルーオーシャン*授業のコースについて

セブ留学セブブルーオーシャン*授業のコースについて こんにちは! セブ留学セブブルーオーシャン校、学生レポーターのSae です。 今日はセブブルーオーシャンのコースについてご紹介します(*^^*) ⚫コースの種類 1)Light ESL ⇨マンツーマン授業3時間、グループ授業2時間 2)General ESL ⇨マンツーマン授業5時間、グループ授業2時間 3)Survival ESL ⇨マンツーマン授業4時間、グループ授業2時間 4)Intensive ESL ⇨マンツーマン授業7時間 5)Premium ESL ⇨マンツーマン授業9時間 6)Pre-IELTS ⇨マンツーマン授業5時間、グループ授業2時間 7)Pre-TOEIC ⇨マンツーマン授業5時間、グループ授業2時間 8)IELTS ⇨マンツーマン授業5時間、グループ授業2時間 9)TOEIC ⇨マンツーマン授業5時間、グループ授業2時間 10)Business ⇨マンツーマン授業5時間、グループ授業2時間 11)Family Course for Parents ⇨マンツーマン授業4時間 12)Family Course for Children ⇨マンツーマン授業5時間、グループ授業2時間 現在セブブルーオーシャンでは上記のように多彩なコースが併設されています。 圧倒的に人気なのは ②General ESL です。 (General ESLについて) わたしもこのコースですが、前回も言った通り7コマに満足しています。 5コマは少なすぎますし、これ以上となると大変です。 もちろんオプションクラスの選択もできるので、5コマにして 朝と夜にオプションクラスをとると言うのも一つの手かもしれません。 また一般英語以外にも、すでに基本的な英語はできてビジネス英語が学びたいとか、 TOEICやIELSのスコアが必要とか、それぞれのニーズに合わせたコースが用意されています。 ⚫講師変更 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*バケーションについて

バギオ留学HELPロンロン*バケーションについて   こんにちは! バギオ留学、学生レポーターのkaitoです!   今回は バケーションについて レポートを紹介したいと思います。   (バケーションとは) 規則 HELPロンロン校 平日は外出禁止 外出は週末のみで毎日点呼有りで外泊禁止   こういった厳しい規則があるアカデミーなのですが、プログラムの最終週に外泊可能なバケーションというものがあります。みんな最後の週はこの為に頑張っています。 金曜の夜から外泊可能で日曜の点呼までに帰って来れば OKです! ただし事前に申し込みが必要なので提出期限内に名前と目的地を書いて提出します。   今回私はsagadaというバギオからバスで5-6時間程かかる町に行ってきました!   (sagadaについて) sagadaはフィリピン人にも人気のスポットらしく、どのフィリピン人の先生に話しても知っていました。私がsagadaに行ったのはもちろんフィリピンは海が有名ですが山も日本と違った景色が見られるのではないかと考えたのと、私は4月からセブのアカデミーに行くのですが、その時に海は楽しめるかなと考えたので今回は山にいってきました。 もちろんバギオの近くにも綺麗なビーチがありますので、海にも行きたいという人にはバギオはいい場所かもしれません。またフィリピン留学ではセブ留学が有名です。人気な理由はやはり綺麗な海があることが一つあると思います。ですがバギオは山も海も楽しめて、なおかつ物価も安いのでバギオは本当にオススメです。   (sagadaの観光について) sagadaにはバスで行くことになります。バギオのバスターミナルから5-6時間かけ行きます。途中で2回程休憩がありますので、そこまで体への負担は感じませんでした。そしてバスは基本的に時間に沿って動きますが、人数が揃えば出発することもあるそうなので早めにバスへ乗っておくことを勧めます。 なぜなら席は自由席で順次埋まっていきますので、補助席になると少し辛い道のりになると考えられるからです。 また帰りのバスも人数が揃い次第出発しますので早めの行動を心がけてください。   Sagadaは観光地として有名で町には何軒かレストランやバーがありますので夜もそれなりに楽しむことができます。ただここは日本ではないということを忘れずに行動してください。店はバーでも10時ぐらいには閉まりますのでもしまだ飲み足りないようであれば、店で購入することも可能ですので買ってホテルで飲むようになると思います。 地元の人はお店が早く閉まることを知っていますので、早寝早起きです。 私たちについてくれたガイドは7時に寝て朝5時ぐらいに起きるそうです。すごく健康的な生活をしているなと思いました。   (観光地について) sagadaにはいくつか観光名所があります。まず教会ですが、大きくはないですが綺麗に整備されており独特な雰囲気を持った場所だと感じました。     次にcoffineとよばれる棺桶があるのですが宙につられています。初めて見た時はなかなか衝撃でした!文化が違えば考え方も違い新鮮でした。フィリピン留学ではこういった日本では感じることのできない様々な違いを感じることができますので人生の経験としてとてもためになり、刺激を与えてくれるものだと感じます。     そして私が行った洞窟ですが、日本では道が整備され安全に進んでいけるようになっていますがここはほとんどそのままの形で残っておりかなりエキサイティングになっています。 ここに行く際はしっかりとした準備ををして行くことを勧めます。特に女性は少しハードな道のりになると思いましたので、しっかりと休養をとって行ってください。所要時間は2時間ぐらいは見ていたほうがいいです。 洞窟に行った後ご飯に行きましたが皆なくたびれた様子でした。       今回sagadaに行って感じたのは日本にいて得ることのできない貴重な経験を得ることができとても満足しています。みなさんも是非このバケーションを有効に活用してバギオだけでなく色々な場所に行ってみてください!   今回はここまでで、また次回もよろしくお願いします!   :フィリピン留学 HELPロンロン校 留学生レポーター kaito

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*フィリピン人講師について

バギオ留学HELPロンロン*フィリピン人講師について   こんにちは! バギオ留学、留学生レポーターのkaitoです!   今回は フィリピン人の先生たちについて レポートを紹介したいと思います。   (授業について) 授業は個室で行われます。 最初見たときは壁も薄そうで音漏れがすごそうだなと感じましたが、意外とあまり気になりません。笑 授業は基本的に教科書を利用し進めていきますが、もちろん自分が持っているものや先生が持っている教材を使用し授業を受けることができます。 その場合は最初の授業で先生に伝えてもいいですし、途中で変更することも可能です。私は何度か変更しましたが嫌な顔をする先生は一人もいませんでした。皆さんも何かあれば先生と相談して授業内容を変更するなりしてもらうことをお勧めします。   おそらく皆さんも限られた時間と資金を使いここに来ると思いますので、あまり問題を抱えたままやっていくことはやめたほうがいいと思います。   フィリピン留学では多くの人が短期の留学で集中して勉強し結果を出したいと考えている人が多いと思います。せっかくの留学なので自分が授業をアレンジして自分にあった授業を作っていってください。   (教室の様子について)   教室は最初の頃は狭いと感じましたが、慣れてしまえばちょうどいいかなと今では感じています。壁がとても薄く音漏れが心配でしたが全くそんなことはなく授業を受けられています。 教室はこのようになっています。(階によって多少違いはありますが作りは一緒です)     先生たちには自分の部屋が与えられてそこで授業を行うのですが、先生によって本当に個性が出ます。少し気になるのが匂いです。先生によっては香水をつけすぎて少し残念な部屋もあります。 ですが全体的に清潔感があり、先生たちも掃除をしているようです。   (フィリピン人の先生について)   先生は基本的に選べませんが、以前も紹介した通りランキングトップ10の生徒は先生を選択できるんですが……   今回のプログラムから変更がありIELTSを教えている先生は受けることができなくなりました。泣   なーんだそんなことかと思う方もいるかもしれませんが、これはかなり変わってきます。なぜなら優秀な先生はみんな例外なくIELTSの先生だからです。もちろんESLの先生方も優秀な人ばかりですが、実際に授業を受けてみるとやはり違いに気づくことになると思います。 IELTSの先生の授業は教え方がうまいのか、わかりやすく、そして何よりも受けていて楽しいです。 また知識が豊富でどんな質問でも素早く明確に答えてくれます。   いままではあまり気にしていなかったのですが、今回のプログラムになって分けられたことで違いを大変感じます。   ですがやはり一部の生徒からは不満の声もあるようです。何故ならせっかく頑張ってポイントを貯めてランキングに入っても自分の選びたい先生がIELTSの先生だと選ぶことができないからです。 今後も継続してこの形をとるかはわかりませんが現在はこういった形になっています。   話は少し違いますが、TOEIC/IELTSの模試がいままではマーティンスキャンパスで行われていたのですが4月からロンロンキャンパスでの受験が可能になりました。ですが料金は高くなりました。   現在100ペソ→今後400ペソ   移動の負担が減るので少し受けやすくなるのかなと思います。   少しだけ先生を紹介しておきます。   Teacher:Olga     この先生は少し聞き取りにくい英語を喋る先生だったので、最初は抵抗がありましたが、少しづつ聞こえるようになってきました。時折こういった先生がいますがこれも練習だと思って取り組んでいければ苦になることはありません。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*グループクラスについて

バギオ留学HELPロンロン*グループクラスについて こんにちは! バギオ留学HELPロンロンの学生レポーターのkaitoです! 今回はアカデミーの グループクラスについて レポートを紹介したいと思います。 (グループクラスについて) グループクラスとは1日に1コマはある授業です。 少人数で時期にもよりますが4−5人で行います。 内容はレベルや自分が選択するものによって違います。 プログラムの前にプリントが配られ、グラマークラスとアクティビティーがありクラスを選べます。 グラマークラスは基本的にしっかりと授業を毎日行っていきます。 アクティビティークラスはレベルにもよりますが写真や動画をとって短いストーリーを作っていきます。 私はアクティビティーのクラスをとりました。 私はマンツーマン授業を1日に5コマ取っているのですが合間に息抜きが出来るクラスが欲しかったため選びました。 みんなでストーリーを考え写真をとって、短いストーリーを作っていきます。 内容は自由ですが、どのグループもラブコメディのような内容になっています。 やはりどの国でもこの話しは盛り上がります。笑 先日ちょうど発表が終わったのでその様子を少し紹介したいと思います。 (発表について) プログラム最終週に発表を行います。 どのグループも色々と考えてあり、完成度はかなり高く、すごく楽しむことができました! やはりグループ内にPCを扱える人がいるグループは他のグループよりも見所がたくさんあり、面白かったです。 グループ内に誰か扱える人がいるととても心強いです。 私のグループ内には扱える人がおらず最終的に先生が仕上げてくれてとても助かりました。笑 なので私たちは写真を撮るだけでよかったです。 少しだけ写真を紹介しておきます。 写真は一部ですが、私たちの発表したクラスの内容は “saraというベトナム人の留学生が色々な男性に好意を寄せるもことごとく失敗し、最終的にイケメンの男性と結ばれる” という内容です。 ウケはそこそこだったのではと思います。笑 写真は多くはなかったのですが先生の素晴らしい編集のおかげでかなり良くなっているように感じました。 私たちのグループは写真で特に時間の制限などはなく比較的簡単でした。 しかし、レベルが上のグループは時間制限もあったり、動画を編集しなくてはならずとても忙しくしていました。 少し写真を載せておきます。 こういった形で前に出て代表の人が “どんな話しで誰がどの役をやっていたか” などを簡単に説明していきます。 もちろん英語でしますので、事前に準備が必要です。 あと発表が終わっても時間が余ります。 ここで先生からのムチャ振りがあり前で歌うことになります。 もちろん母国語で歌ってもいいですがやはり英語の歌を歌える人はとてもウケがよかったです。 あとフィリピンにきて感じたのですがフィリピンの先生はどの先生も歌が上手いです。笑 出てくる先生みんな上手いので次に歌いにくいぐらいです。 あとから聞いたのですが日本人の留学生はピコ太郎のPPAPをやったみたいです。 しかも2回も。 日本人はとりあえずPPAPをやっているように感じます。 私もこの授業ではないですが、他の授業でやらされたのを覚えています。 私はこの授業で指名され前で歌うことになりました。 英語で歌える歌がなかったので、先週日本人留学生の誕生日があってちょうどその人が会場にいましたのでみんなでハッピーバースデーを歌いました。笑 なんとかやり通したのではと思います。 フィリピン留学では日本の学校と違うところがたくさんあります。 なかでもフィリピン人の先生たちが明るくアクティビティーが多いように感じます。 もちろん普段は真面目に授業をしているのですが、プログラムの中で何度か急にアクティビティーが始まったりします。 これは多分日本ではあまりないかと思います。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*スペシャルクラスについて

バギオ留学HELPロンロン*スペシャルクラスについて こんにちは! バギオ留学留学生レポーターのkaitoです! 今回は HELP校のスペシャルクラスについて レポートを紹介したいと思います。 (スペシャルクラスについて) スペシャルクラスとは通常授業以外に自分が選択して取れる授業です。 この授業は様々なコースがあり選択肢が広くあります。 個人授業とは別に自分が不足していると感じるものを補うことができます。 大変魅力ある授業です!! 日本人は2時間ある授業から最低1つは取らなければなりません。 他の国籍の方は取らなくてもいいようです。 ですがみんな必ず1つは取っているようです。 最近は留学生の人数が増えてきてコースの種類も以前より増えてきたみたいです。 フィリピン留学では恐らくどのアカデミーもスペシャルクラスがあり、自由に選ぶことができると思います。 ただアカデミーによってコースは様々です。 留学先を決める際に選択肢の1つとしてどんなスペシャルクラスがあるのかも選択肢に入れてみてもいいかもしれません。 (スペシャルクラスの詳細について) プログラムのはじめに各担当の先生が教室でコースの説明をしてくれます。 そこでコースの内容を知ることができます。 コースの種類が書いてある部屋になります。 実際にコースの説明のあった教室です。 その後掲示板にコースの時間や場所を載せた紙が張り出されます。 そこで確認し各教室へ向かいます。 プログラム最初の週の月曜から水曜まで自由にクラスへ行くことができ、クラスの様子を知ることができますが木曜からは固定されてしまいます。 なのでみんな何個か違うクラスを受けてみて決めます。 途中から変更ができないのが少し不便です。 そして、最近知ったのですがクラスには定員があり、定員を超えて授業を受ける事が出来ません。 そしてもし定員を超える人数が集まると出席した回数が少ない人が除かれていきます。 ですからもし他に受けたい授業がなくその授業が人気であるなら何回か出席しておくことをお勧めします。 最近は人数も多くなりギタークラスというユニークなコースも作られています。 ここのコースは人数が少ないようで英語を学ぶというよりもギターをしっかり学ぶことができます。笑 ですがみんな楽しみながら学べているように感じています。 ほとんどの人が弾いたことがない人ばかりなので入っていきやすいようです。 (私が受けたコースについて) 私が受けたコースは 『How to make longer sentences』 という文章を長く続けるためのものになっております。 これを選んだ理由は短い文章を作ることは少しずつ慣れてきたのですが、続けて長い文章を作ることができなかったのでこのコースを選びました。 このコースを選んだ理由はもう1つあり、先生がとても面白い人だからです。 実際この理由で選んだ人は多くいます。 やはり人気の先生にはそれだけ理由があります。 先生自身が面白いのも確かですが、授業も面白く分かりやすく説明してくれます。 こういったことから自分の好きな先生がいる授業を取ることは全然ありだと思います。 実際に私が取った授業はとても楽しく授業を受けることができました。 フィリピン留学ではアカデミー規模にもよりますがたくさんの先生が相性とかもありますのでしっかり見極める必要があると思います。 (授業の内容について) 少しだけ授業内容に触れておきます。 授業は毎回少しずつ違うものを行なっていきます。 最初に先生が簡単に例題を作りその後実際に自分たちで文章を作っていきます。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*バギオ生活での服装について

バギオ留学HELPロンロン*バギオ生活での服装について こんにちは! バギオ留学HELPロンロン留学生レポーターの kaitoです! 今回は アカデミーでの服装について レポートを紹介したいと思います。 このテーマにした理由は私がバギオに行く際に一番迷ったのが服についてだからです。 行く前に色々調べたのですがあまりこれといったものが見つかりませんでした。 是非皆さんには万全の準備でバギオ留学に行ってもらいたいのでこのテーマにしました。 では早速行ってみましょう! まずは男性から! 最初はこの人に協力していただきました。 男性① 彼は某大学(国公立)の大学生2回生です。 フィリピンには1ヶ月ほど滞在予定です。 来週にはフィリピン留学が終了してしまうようでとても寂しく感じています。 彼は私と同じ広島出身なのでまた広島で会えたらなと感じています。 大学の教育の一環でこちらに来ているのですが彼は韓国人の女性から大変モテると聞いております。 話してみると柔らかい雰囲気を持っており、そこが彼のモテる秘訣かなと感じます。 緩めのTシャツと黒のパンツと黒のスニーカーで統一感のある服になっています。 バギオはいつもは霧?雲?のようなものが出てきて時折肌寒く感じます。 しかし、この日は日差しも強く暖かかったので全体的に夏服が多かったように感じています。 では次行ってみましょー!  男性② 彼も先ほどの方と一緒の大学で同じ時期に来た方です。 今後は大学院に進むようで3回生なのですがフィリピンに来られたようです。 彼はいつも薄着です。 今日はいつにも増して夏らしい格好で登場してくれました。 これから出かけるようですがサンダルを履いています。 バギオでは街の中にサンダルを履いている人を多くは見かけることはありません。 なぜならバギオは山に街があります。 どこに行ってもアップダウンの連続でしかも道もあまり良くありません。 ですので多くの方がスニーカーや歩きやすい格好をしています。 バギオの街中でヒールを履いている女性は未だ見たことはありません。 まあでも彼は若いのでまだあまり気にならないのかもしれません。笑 男性③ 男性陣最後は大学生のこの方です! 彼も今まで登場した彼らと同じ大学です。 彼らと同時期にフィリピンに来ました。 他の方よりもやや厚着です。 やはり人によって気温の感じ方が違いますのでこういった格好の方も良く見かけます。 バギオでも最近は徐々に暖かくなってきたのですがその分朝晩の寒暖差が広がったように感じています。 彼は最初にフィリピンに来た際に風邪をひいてしまったようです。 最初の頃はだいぶ苦労したようですが徐々に環境に慣れてきて留学生活も楽しめるようになってきたようです。 今まで紹介してきた彼らは来週にはフィリピン留学を終えて帰ってしまうようで一気に日本人が減ってしまい少し寂しい気がします。 1ヶ月という短い留学期間でしたがそれぞれ英語の上達を感じられたようでまだフィリピンに残りたいという方もいるほどです。笑 次は女性の方行ってみましょう! 女性① この方は日本人の留学生で白を基調とした爽やかな装いになっています。 笑顔がとても素敵な方だと感じています。 写真を撮る際も快く笑顔で受け入れてもらえました。 女性② 次は台湾人の留学生です。 この方は私と同じ時期にフィリピンに来たバッチメイトの方です。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*寮について

バギオ留学HELPロンロン*寮について こんにちは! バギオのHELPロンロン 留学生レポーターの kaitoです! 今回は 寮の部屋と環境について レポートを紹介したいと思います。 (寮の部屋について) *部屋のタイプ :1人部屋 :2人部屋 :3人部屋 :4人部屋 部屋は4種類あります。 日本人留学生は1人部屋もしくは2人部屋を 取っている方が多いように感じます。 *大人数部屋のデメリット 部屋にもよると思いますが3・4人部屋は人数が多いため、 特にシャワーの待ち時間などに気を使わなくてはならないため 少し不便なこともあるようです。 また共同生活なため、 夜遅くに帰ってきてシャワーを浴びたり、 同じ国籍の若い留学生が多い部屋だと夜遅くまで部屋で遊んでいたり、 と色々あるようです。 これは他の留学生の人に聞いたのでどこまでどうだったかはわかりませんが 人によっては苦労する人もいるようです。 *大人数部屋のメリット ですが、大部屋を選ぶメリットもあります。 まず友達が増えることは間違いないと思います。 それも普段会うことがない友達です。 なぜなら授業はチームとレベル分けによって分かれているため、 普通に生活している中で他のチームやレベルの違う人とは会うことは まずありません。 なので交友関係を広めたいという人はオススメです! フィリピン留学では日本に居る時には出会うことのなかった人と 出会うことができます。 国籍も違えば年齢も違い、 目標も人によって全く異なります。 ですから私は大部屋をオススメします。 後これは個人的な感想なのですが、 私の選んでいる3人部屋は3人部屋なのですが 半分ぐらいは1人でいるように感じます。笑 多分これは3人部屋を選ぶ人が少ないのが理由の1つなのだと思います。 なのでもしかしたら3人部屋は狙い目かもしれません。 (部屋の様子) 自分以外の部屋に入ることは禁止されていますので 自分がいる3人部屋の様子を載せておきます。 基本的に他の部屋も作りは同じなので 4人部屋だと2段ベッドが2つあると考えてもらって大丈夫です。 部屋の大きさはどこも同じなので 1人部屋の人は相当快適だと思います。 ☆クローゼット 1人につき1つありますので荷物は十分に入れられると思います。 ハンガーは基本的に個人で持ってきた方がいいと思います。 私は持ってきていなかったので留学卒業した人からもらいました。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*授業のプログラムについて

バギオ留学HELPロンロン*授業のプログラムについて こんにちは! バギオ留学生レポーターのkaitoです! 今回は 授業のプログラムについて レポートを紹介したいと思います。 (私が取っている授業について) 現在私がコースがESL➖5 というコースです。 このコースは50分のマンツーマン授業が5コマあります。 その他にグループクラスとスペシャルクラスが1コマずつあります。 全部で7コマです。 ●マンツーマン● マンツーマンはまず最初の授業の日に自分がどんな授業を受けたいか先生に相談して決めていきます。 私は5コマありますのでこのように取っています。 1コマ目  READING 2コマ目  LISTING 3コマ目  SPEAKING 4コマ目  WRITING 5コマ目  SPEAKING 私はスピーキングを特に練習したかったのでスピーキングを多めに入れていきました。 先生によってこの分野は得意とかがあるので最初は得意なものにしてみてもいいかもしれません。 先生の中には全部できるという方もいらっしゃいますが。 もし授業を実際に受けて少し違うなと感じれば授業の変更は可能です。 これは留学生をサポートするフィリピン人講師に言われたのですが、 授業はあなたが自由にアレンジしていっていいので何かあればすぐに先生に提案して欲しい ということでした。 これを聞いてからは授業内容で自分の中でこうしたいというものがあれば提案しています。 もちろんそれで嫌な顔をする先生はいません。 これはフィリピン留学で他のアカデミーも同じだと思うのですが、 基本的に何かあればこちらから提案しない限り相手側から何かしてくれるということはあまりありません。 ですのでもし何かあればどんどんこちらから提案することをお勧めします。 日本人留学生でマンツーマンクラスを8コマ取っている方もいますが、本当に尊敬します。 私は続けられないと思います。汗 基本的に韓国人留学生は一番少ない4コマで 日本人留学生ぐらいが5コマ〜8コマ取っているみたいです。   ●グループクラス● グループクラスですが8コマ授業がある方はグループ授業がないようです。 一緒に来たバッチメイトの人はイレギュラーで最初は受けていましたが基本的にはないようです。 なのでその人も次のタームではグループクラスはなくなりました。 スペシャルクラスとグループクラスについて はまた後日詳しくレポートしていきたいと思っています。     (教科書について) 教科書は基本的にアカデミーのオフィスで買い揃えます。 レベルによって使用する教科書が違いますので自分の割り振られたレベルの教科書を買い揃えます。 ですが、教科書は全部揃えて購入すると大きな出費になります。 なんとか出費を少しでも抑えたいという方は 友達から譲ってもらうか! 中古の物を購入するかどちらか! になります。 これで私はまだHELPにきて100ペソしか払っていません。 本当に譲ってくれた友達に感謝しています。 譲ってもらう場合もですが中古で買う場合も中身をしっかり確認してから購入しましょう。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*バギオのお祭りについて

バギオ留学HELPロンロン*バギオのお祭りについて こんにちは! フィリピン留学HELP longlong校学生レポーターの kaitoです。 今回は授業のプログラムについてレポートを紹介しようと思っていましたが、 先週にバギオのフラワーフェスティバルに行ってきましたので そのことについて紹介しようと思います。 (フラワーフェスティバルについて) このお祭りはフィリピンでも有名なお祭りらしく 他の都市や海外からも人が訪れる バギオの一大イベント になっております。 もちろん地元のフィリピン人も参加されるようです。 このお祭りは、 2月の第2週の土曜日から始まり1週間かけて行われます。 この祭りの名前のPanagbengaとは地元の言語であるカンカナイ語で 開花の季節あるいは花真っ盛り というような意味だそうです。 英語では Baguio Flower Festival とされています。 土曜日はダンシングパレード 日曜日はフラワーフロートパレード と決まっています。 その後1週間はバギオで有名な通り、セッションロードが 歩行者天国になり多くのお店と観光客で賑わいます。 (フェスティバルまでの道のり) フィリピン人講師からお祭りの話を聞いたのですが、 先生方は行かないそうです。 それは各地から多くの人が訪れるため普段でも渋滞しているのにより渋滞が激しくなるため 先生方は家でゆっくりされるようです。汗 確かに私も地元にもバギオと同じ名前のフラワーフェスティバルがありますが、 数えるほどしか行ったことがありません。笑 案外こういう大きな祭りは地元の人は行かない人が多いと思いました。 ですが、 今回を逃すともう見ることができないかもしれない!! と考え朝の渋滞も考慮し朝7時にHELPの校を出るジプニーに乗りました。 またジプニーにはほとんど日本人だけでした。 他の留学生はあまり興味がないのか、 早起きが苦手なのか。。。 韓国人の留学生は週末はゆっくり朝は起きて、行動し始めます。 朝早く出たのが良かったのかほとんど渋滞に巻き込まれることなく すんなりダウンタウンに着きました。 すこしほっとしたのも束の間、、、 街にはたくさんの人がおり道を歩くのもやっとでした。 なんとか座れる場所を見つけゆっくり落ち着いていたら急にパレードが始まりました。 フィリピン人講師から 「時間は一応決まっているけどここは日本じゃないからいつ始まるかはわからない」 と言われていました。 しかしほんの数分遅れでパレードが始まりました。 少し拍子抜けしました。 海外に初めてこんなに長期でいるのですが […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*キャンパスでのお食事について

バギオ留学HELPロンロン*キャンパスでのお食事について こんにちは! バギオHELPの留学生レポーター kaitoです。 今回は HELP校の食事について 紹介したいと思います。 お食事状況は留学先をきめる上でも 1つの選択になってくるのではないでしょうか?? 私はフィリピンに来て、 「本当に食事は大事なものだな」 と感じました。 (韓国資本の食事について) 韓国人が8割ほど占めるHELP校です。 HELPでは 韓国料理 フィリピン料理 が半々ぐらいの割合で出ます。 そして必ずキムチが出ます。 これはフィリピン人講師から聞いたのですが フィリピン人もキムチが好きらしく よく食べるようです。 なのでキムチは欠かせないものとなっているようです。 韓国料理が好きな人!! 辛い食べ物が平気な人!! 全く問題ないと思います。 ちなみに、フィリピンの他のアカデミーで留学経験のある方がこの前来ていたのですが、 「HELP校の食事は美味しい」 とのことです!! 他のアカデミーでは量が少なかったり 味付けがあまりされていない ということがあったそうです。 しかし、HELP校では量もしっかり出ますし味もいいようです。 私はフィリピンに来て3週間経ちます。 まだまだ慣れてきません。 フィリピン留学では韓国資本と日本資本の語学学校がほとんどだと思います。 韓国資本ではこういった韓国料理がメインになってきます。 食事は留学先を決める中で重要なものの1つであると思いますので 辛い物が苦手な人は日本資本の学校にするのも全然ありだと思います。 ですがフィリピン留学は色々なことを経験出来るチャンスだと思いますので チャレンジする!!!! という意味で韓国資本を選ぶのもアリなんじゃないかと思います。 また、HELP校ではバイキング形式になっております。 自分の好きな物を好きなだけ取れるというのはかなり大きいことだと感じています。 私は辛い物が苦手なので極力取らないようにしています。 こういったことができます!! なので、もし行きたい学校が韓国資本で辛い物が多く出る場合でも あまり悲観的にならないようにしてください。 特にHELP校を検討中の方。 こちらの写真を見てください。 全体的にどこかしらに赤いものが入っています。 (フィリピン料理について) フィリピン料理は基本的に塩気が強く辛いです。 なのでご飯は進みます。笑 フィリピンのご飯は留学に来る前は長細く赤茶色を想像していましたが普通に白米が出てびっくりしたのを覚えています。 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*キャンパスの様子について

バギオ留学HELPロンロン*キャンパスの様子について こんにちは! フィリピン留学HELPロンロンの 留学生レポーターのkaitoです!! 今回は 【キャンパスの様子について】 紹介したいと思います。   キャンパスの様子といっても色々あると思いますので、 まずキャンパスのおおまかな全体像をお伝えして行こうと思います。 (運動場について) キャンパスの外にはバスケットコートがあります。 ここで主に韓国人の学生が バスケ バドミントン サッカー をして息抜きをしています。 平日の夜遅くにもよくやっている姿を見かけます。 本当に韓国人はよく遊ぶなと思います。 たまに日本人も見かけますが本当にまれです。 ちなみに私はまだやったことはありません。 ですが機会があれば韓国人に混ざってやってみようと思います。 フィリピン留学では多くの学校でこういった環境があると思いますが、 この環境はとてもありがたいです。 ★スパルタ校にとってのオアシス★ スパルタの学校では平日は朝から夜遅くまで勉強しなければなりません。 ですので、息抜きが出来るこの場所は本当に大事だと思います。 (テラスについて) また外にはテラスがあります。 ここで 勉強する人 ご飯を食べる人 皆んな自由に使っています。 また、ここにはwifi環境があります。 ですので、だいたいここで家族や友人、彼氏彼女へ電話しています。 ★テラスの難点★ あと最近になって思ったのが虫についてです。 今までは本当に寒くて、学校が山の上にあるにも関わらず 虫をあまり見かけませんでした。 しかし、バギオも少し暖かくなってきて虫が出てき初めました。 少し気になりますが開放的な環境で勉強することで落ち着いて勉強に取り組むことが出来ます。 ★音読の大事さ★ 私は文章を音読する時にテラスを利用します。 こっちに来て気づいたのですが音読はとても大事な勉強法だと気付きました。 (売店について) この売店は学生や先生たちにとっても非常に大事な場所になっています。 なぜなら近くに歩いて行ける店がないからです。汗 ★売店で購入出来るもの★ 日用品 教材 ジュース お菓子 などが売っており、いつも多くの人で賑わっています。 学生に韓国人が多いためか韓国のヌードルも売っており試しに買って食べてみました。 …….意外といけました! […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*バギオでの週末の過ごし方について

バギオ留学HELPロンロン*バギオでの週末の過ごし方について こんにちは! 学生レポーターのkaitoです。 今回は、バギオ留学中の、 【週末の過ごし方について】 レポートを紹介したいと思います。 (HELP校の週末の日程について) HELP校では基本的に 平日に授業 土日とフィリピンの祝日が休み となります。 フィリピン留学では急に祝日になる日があるそうで 突然授業がなくなることがあるそうです。 私はフィリピンに来て日が浅いのでまだないですが。 (各国の学生たちの休日) 韓国人は遊ぶのが大好きで週末にはだいたいの人が外出します。 台湾や他の国の人も出かけますが韓国人程ではないように感じます。 韓国人の人数が多いせいもあるかもしれませんが。 (HELP校の外出の校則について) ●●平日●● HELPロンロン校はスパルタになっており平日に外出は出来ません。 毎日宿題や自習するので出かける時間もないです。 ●●土曜●● 夜の12時に点呼がありますのでそれまでに帰ってくれば大丈夫です。 ●●日曜●● 門限は6時までとなっており、もし遅れた場合はペナルティがあります。 これは本当に重いのでみんな気を付けて行動しています。 (とある休日) この日は韓国人の友達が 「明日出かけるから一緒に行こうと」 誘ってくれたので行ったのですが、 びっくりしたのは私以外全員韓国人でした。汗 どうやらこの日は韓国人だけで行くイベントの日だったらしく 日本人はおろか他の国の人もいませんでした。 ですが韓国人学生マネージャーが大変親切にしてくださり 同じジプニーに乗せてもらい一緒に行くことになりました。 下は韓国人の友達と撮った写真です。 みんなよくしてくれますのでもしみなさんが日本人一人で 英語を全然喋れなくてもNo ploblemです。笑 【 SMモールについて】 バギオにあるモールではおそらく最大のモールだと思います。 またフィリピン留学では必ずと言っていい程何回も利用することになると思います。 モールにはたくさんのお店が入っており 有名ブランド フィリピンのローカル店 本当にたくさんあります。 値段ですがお店によっては日本より安く買えます。 この日にナイキやアディダスが入った店に行ったのですがさほど違いは感じませんでした。 ほんの少し、安い程度でした。 その後韓国人の友達が学校のIDに使用する写真が必要ということで写真を撮りに行ったのですが そこでパインスの日本人学生と出会いました。 バギオで他の日本人にあったのは初めてでした。 おそらくバギオにいる日本人は数はあまり多くはないと思うのですが、 […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*初日の過ごし方

バギオ留学HELPロンロン*初日の過ごし方 こんにちは! 学生レポーターのkaitoです。 今回は 授業開始までのレポート を紹介したいと思います。 (オリエンテーション)  ●●ENGLISH NAME●● まず到着後すぐにofficeで書類の記入と簡単なオリエンテーションを受け、 English name を作成します。 これはフィリピン留学に限ったことではなく、 欧米に留学した時でも言えることです。 特にフィリピン留学ではフィリピンに来ている留学生が ほとんどアジア圏で、憶えにくかったり、 発音が難しい名前もあります。 ですので個人で自由に作成します。 私の韓国人留学生の友達にウッディーという名前の人がいるのですが、 彼はアニメのトイストーリーに出てくるウッディーというキャラクターが好きらしく その名前にしたらしいです。 本当に自由です。 なんでもいいので考えてくることをお勧めします。 日本人の名前だと難しい名前もあるそうです。 私は3文字と短いため、ENGLISH  NAMEを使わずに そのまま日本の名前にしました。 ●●写真は初日に貰った資料です●● (plecement testというレベル分けのテスト) これが約1時間あり speaking listening reading writing を全てやります。 私の場合speakingのテーマは自己紹介でした。 初日の移動の疲れで頭が働かない状態でしたので結構辛かったですが なんとかやり終えることが出来ました。 写真は筆記のテストを行った部屋です。 普段は自習室となっており、 たくさんの留学生が利用しています。 (ショッピングモールへ) その後韓国人留学生以外の人たちとショッピングモールへ 買い出しとお金の両替をしに行きました。 ここでお金の両替をします。 ですので、日本で大金を両替する必要はないと思います。 レートもフィリピンでした方がいいらしいです。 私は特に必要な物はなかったので飲み物だけ買いました。 このショッピングモールはかなり大きく、 たくさんの人が利用しています。 正直バギオはすごい田舎だと想像していた私には ビックリする大きさでした。 これはショッピングモールから撮った写真です。 いたるところで工事を行っていました。 バギオの街並み↓↓ […]

>> More

Baguio | HELP longlong
バギオ留学HELPロンロン*キャンパスまでの道のり

バギオ留学HELPロンロン*キャンパスまでの道のり   こんにちは! HELPロンロン留学生レポーターの kaitoです。 第二回目の記事は 日本出発からフィリピンの学校までの道のり について、紹介しようと思います。 これは広島駅で出発する時に撮った写真です。 (ピックアップ) 私はピックアップを依頼しましたので決められた時間に 決められた場所へ行かなければなりませんでした。 ★場所 :マニラ ニノイ・アキナ空港 ターミナル3 バーガーキング前 ★時間 :22:00〜0:30   (飛行機について) 飛行機は色々と調べてみたのですが時間と価格を考慮し セブパシフィック航空に決めました。 ★理由1 時間についてですが、私は広島に住んでおり関西空港か福岡空港の二択になります。 もちろん広島空港からもでていますが乗り継ぎがあるなど、 初めて1人で飛行機に乗る私には少し不安なところもあり 直通便が出ている空港にしました。 また便数も数回ありますので時間を選択できるのが良いと思い探すと 22:40に着く便があった福岡空港のセブパシフィック航空にしました。 ★理由2 価格についてですがやはりLCCということで安いです。 大手の航空会社と比較してもだいたい半額ぐらいだと思います。 そして、もしセブパシフィック航空を利用されるなら できるだけ早く購入すること! そして、プロモーションというイベントが不定期で開かれているのですが これは要チェックだと思います。 なぜならプロモーション期間の航空チケットが普段の半額や5000円、 1月に出たチケットは東京〜マニラが100円でした。笑 多分これはめったにないことだと思うのですが、 それでもプロモーション期間のチケットは激安です! 情報はホームページやツイッターなどで出ていますので こまめにチェックするしかないと思います。   ただ本当に安いので発売してもすぐに売り切れます!! フィリピンへの出発まで時間があり 利用しようと考えられている方は粘り強くチェックしてください。 (ちょっと寄り道) 広島から新幹線で福岡まで行き飛行機の時間まで余裕がありましたので 博多にいる友人と太宰府天満宮へ行ってきました! もう、とにかく英語を上達させたかったので神様におねがいしました。 普段は全然神社に行かないのですがこういう時だけ参拝します。 都合の良い時だけ参拝してすいません。笑 太宰府天満宮へ行く参道にたくさんお店があるのですが この日は雨で冷えていましたのでスタバでコーヒーを買いました。 ここのお店の方がとてもフレンドリーでこんなことを書いてくれました。 これだけでなんだか少し暖かくなった気がします。笑 […]

>> More

Baguio | HELP LongLong
バギオ留学HELPロンロン*自己紹介

バギオ留学HELPロンロン*自己紹介 初めまして! 2/5からフィリピンのバギオにあります、 HELロンロンへの英語語学留学をします kaitoです。   HELPロンロンの留学レポーターとして、 この記事を見てくださった方の力になれればと思います。 この写真は去年に宮古島へ行った際の写真です! 宮古島から他の島へ渡る際の複数ある内の1つで、 この橋は宮古島と伊良部島を結ぶ橋で本当に長く、 また少しの起伏があり、 違う角度で綺麗な海や空を眺める事が出来て最高でした!   この日は曇りでしたが、 それでもやっぱり沖縄の景色は綺麗だとかんじました。 まずは第一回目の記事になりますので簡単に   【私のことについて】 年齢:26歳 出身地:広島 英語レベル:挨拶程度(文章では難しく、単語を並べる程度です。笑) 留学目標:IELTSスコアの獲得(目標は5〜5.5) 趣味:旅行 フィリピン留学に行く前に私は日本で理学療法士という仕事をしていました。 多分あまり普段耳にすることのない言葉だと思います。 ざっくり説明すると怪我をした人に対してリハビリをする人です。 またリハビリという言葉自体もよくわからないと思う人がいると思いますが、 とりあえず私の仕事の話はここまでで。 生まれも育ちも広島。 生粋の広島人です。 今までほとんど一人暮らしの経験もありません。 ましてや長期間広島を離れたこともありません。   【こんな私がなぜフィリピン留学に行くことになったか】 理由は色々とあります。 まず、専門学校時代にネットで留学に関しての記事を読んだことが深く関わっていると思います。 元々海外の文化には興味がありこれを見たときから いつか行きたい。 行かなければ後悔する。 と思い、今回まずは英語留学をするという形になりました。   【フィリピン留学までの英語勉強】 フィリピン留学に行くまでの英語の勉強は 週に1回英会話教室に約1年通いました。 仕事が終わってからや休みの日に少しですが勉強していました。   ただこれも人によると思うのですが、なかなか週に1回や個人の勉強では 継続してやり続ける難しさを感じました。 ですがやはり、やらないよりかはやったほうが確実に力になると思いますので 少しずつでも日々勉強していくことを私はおすすめします。 実際に授業の中でも覚えた単語がでたり、 英会話教室に通っていたことで、 英語で英語を学ぶことへ少しですが慣れることができました。   […]

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*2ヶ月コース終了

バギオ留学TALK ENE*2ヶ月コース終了 こんにちは!! バギオ留学TALK ENE校レポーターAMYです!! 2ヶ月のフィリピン留学を終えましたので、感想をレポートします! ◉全体的な結果と感想: フィリピン留学エージェントのフィルイングリッシュさんのご紹介でTALKでの2ヶ月カリキュラムを実際に体験させて頂き、自分なりにTALK校での出来事、他の留学生からの評価、授業の内容、2ヶ月前とTOEICの点数がどう変化したか?をレポートさせてもらいます!  【カリキュラム】 平日の月~金まで、マンツーマン6時間+単語テスト1時間+模擬テスト2時間+自習4時間の計12時間を2ヶ月続けました。 学習の時間は結構取れていて、集中して勉強できる環境でした。最初の1~2週間は寝不足と模擬試験中に2時間集中力が続かず大変でしたが、慣れてしまったあとは少しずつ点数が伸びていくのに喜びを感じ、明確に自分の今のレベルを毎日点数に出してもらい確認ができたので、モチベーションがずっと高いままTOEICに向き合う事が出来ました。その日のテストで点数800以上になると翌日の掲示板で名前を張り出してくれます。800点以上となると実際の公式でも同じくらいが期待でき、自信を持って試験に挑めますね!!!!実は、毎日の模擬テストは難易度が少し違い、その半分以上がほとんどが実際のTOEICより難しくなっています。少し負荷をかけていますので、より実際の公式では実力が出せるのではと思います。週に1~2回は鬼のように難しい回があり、毎回その翌日には留学生間でブーブーと議論しがちです。 それもボキャブラリーを増やしたり、自分の苦手なところの強化になるので、良いと思いました。カリキュラムは本当にTOEIC用になっています。自習場所は自室が一番静かで落ち着いてできます。ただ、WIFIが使えなくて、どうしても意味の解けない問題にぶち当たった時、韓国のスクリプトを翻訳アプリを使って翻訳できず、ちょっと不便を感じた事が何回かありました。 それが難点です。   模擬テストで使われたBOOK。4~5種類のTOEIC用参考書から事務の方が選別し、冊子にして毎日ご用意してくれます。 ありがたいですね~   【授業】 授業のカスタマイズは自由度が高いです。リスニングが得意な先生、リーディングが得意な先生と、それぞれ先生によってかなりスタイルが違います。 良い意味で遊びの要素が入っていたり、宿題を出して生徒に授業の振り返りのための復習をさせ、理解を深めるように少し厳しく指導される先生など本当に様々です。 その分、自分と相性が良いか、先生側の意図をどう汲み取るべきか、自分がしたい授業はどういったものか、またそれは先生側や学校側が用意できるかなど、毎日の授業の質で、自分の伸びややる気が大きく変わるので、真剣に見極めて、本当に必要な事を選ぶ必要がありました。ですので、私の場合は先生を2回変更し、時には授業料はそのままで自習に変更する事もありました。すべて自分の意思で変更ができ、TALK校側も柔軟に受け入れてくださいました。本当に感謝ですね! 前回ご紹介させて頂いた先生方もそうなのですが、生徒の要望には基本すぐ応えてくれます。例えば文法の問題で、自分ですでに復習が終わったボキャブラリーの問題はスキップしたいと伝えれば、パターンの選択肢になっている問題だけをピックアップして教えてくれます。自分の場合、本当に文法の構成や基礎ができていませんでしたので、見直すものが多く、難易度が比較的低めの瞬殺できるような問題から説明してもらえたのは本当に助かりました。 あと、フィリピン人講師たちは2ヶ月に一度生徒がやっているよりはるかに難しいTOEIC試験を受け800点をキープするよう義務付けられています。 そして、それだけの先生たちを用意するのには、結構大変なようで、たまに先生不足になるほどです。そんなアカデミー側の苦労の中キープされている水準を満たしているフィリピン人講師方には、当然自信がありますし、私たち留学生よりもはるかにTOEICの大先輩とも言えますので、そんな方達に囲まれて実際にTOEICの見直しを一緒にできた事は、貴重な経験になりました。 これでこの授業料か・・・と毎回得した気分です^^♬ 【他の生徒からの評価】 TALKでは約90%が韓国の留学生さん、残り5人くらいが日本人で、3人ほど台湾人、中国人。といった感じです。 特に韓国の生徒さんは、韓国人マネージャーの対応に大変満足されているようでした。私も主に食堂でよく見かけ、留学生さんたちと本当に仲良く話をされているところを見かけました。自分の時間を割いて積極的に生徒の相談にのっている姿を見て、すごく親切な方だと思いました。韓国の生徒さんに話を聞きましたが、全員が声を揃えていかに良い人かを説明してくれました。 授業に関してですが、少しフィリピン人講師の良し悪しに落差があるようです。評判の良い先生(名前が挙がるのは19人中5人ほど)はめちゃくちゃ良いし、悪い先生(特に集中して名前の挙がる先生は2人ほどあとはバラバラです。)は本当に悪い事しか言われません。これは、日々の授業内容を担当の先生個人に任せているせいでもあると思います。確かに、新しく入っていらした先生に対して最初は研修い授業の内容統一を行うようなのですが・・・ただTALK校の求めるTOEICの点数(800)を満たしているので、単純に指導の仕方の問題だと思うのですが・・・。 スピーキング伝える力はまた別のスキルのようです。あとは、長年教師をされている方のなかでは、結構ひどく生徒にパッパをかける先生がいらっしゃり、TOEICの点数を1ヶ月で600点伸ばした生徒(日本人の可愛い女の子です)もその先生でかなり泣くまで指導を受けていたようです。 あと、韓国の女性は特に美容にかなり気を使われていて、シャンプーやリンス、化粧水など身の回りのケアはすべて自国から持ってこられていました。韓国の女の子がシャワーを終えたあと部屋に戻ってきた時にめっちゃ良い香りです^^ 【点数の変化】 いままで私は試験のための勉強を高校受験以外した事がありませんでした。そしてこの2ヶ月、自分は本当に限界まで頑張れたのか・・・とちょっと後悔がありますが、周りの励ましもあり、何とか自分を見失わず、ゴールの設定もブレずにやってこれました。しかし、私のゴールの800点(公式)まであと215点ほど足りませんでした。私の最初の模擬テスト(旧式)は460点くらいだったと思います。なので2ヶ月で100点ちょっと・・・模擬テスト(新公式)ではもう少し点数を取った経験があるのですが、2ヶ月でだいたい100点ほどのアップになります。ちょっと形式が違ったり、実際に受けるTOEICの点数と難易度が違うかもしれませんが、点数はちょっと伸びたと思っております。 伸び率の違いは、英語の基礎、暗記能力、正確な処理能力、単語力が揃っている方ほど伸びられていました。自分なりに計画性をもって毎日TOEICに取り組んでいる生徒と、どこからやったらいいか分からない・・・とアドバイスを求める人とは効率性が違いました。 あと、現役の大学生の方!は平均して200~300は2ヶ月で伸ばされています。脳の処理能力の高さなのか、受験対策に慣れているのか、すでに学校で基礎英語を習得されているのか、私は大学生でないので推測しか出来ないのですが、伸びやすい方は日頃から勉強の仕方をよく熟知している人が本当によく伸びていました。肝心の自分は、まだまだ単語の種類、文の読み間違い、質問の意図、TOEICの用意した引っ掛け問題がきちんと読み取れず、四苦八苦しています。反復練習を大切に、目標の800までまた再チャレンジしたいと思っています。 勉強の向き合い方、モチベーションの保ち方について本当に思うところがあり、長い戦いになりそうですが、TALKで学んだ事を、継続していきたいと思います!!!! 今回で最後のレポートとなります。 私にとって最高の機会をくださったTALK校、先生、留学生さんたちに感謝するとともに、 日本から応援してくれた友達、家族、そしてこのような機会をくださいましたフィリピン留学エージェント「フィルイングリッシュ」さん   本当に今までありがとうございました!!!!   フィリピン英語留学TALK ENEレポーター:AMY

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*バギオに必要な持ち物

バギオ留学TALK ENE*バギオに必要な持ち物 こんにちは! 2ヶ月のフィリピン留学を終え、日本に帰国しました! バギオ留学TALK ENEレポーターのAMYです!!   オーストラリア半年+フィリピン3ヶ月の長旅を終えて、約9ヶ月ぶりの日本です! やっぱり日本での生活は最高!   ◉おすすめ持ち物の紹介: フィルエングリッシュさんのご紹介でTALKへ行ってみて、自分なりにフィリピン生活・留学生活での困ったことをご紹介し、オススメの持ち物を記載していきます。 他の留学生さんたちも同様に困っていた内容順にかいていきます。   困ったこと 第1位! 健康面の低下   留学先では平日は毎食、土日は2回提供されますが、圧倒的に炭水化物が多く、野菜不足に陥ります。 そこで韓国の留学生さんにご紹介頂いたのがこちら。   カラマンシと呼ばれるレモンやライムの一種の柑橘系フルーツです。 ビタミンCを多く含んでおり、食事の時に摂取する糖分の過剰摂取を抑えてくれ、風邪や肌の老化を防ぎ、食欲の促進もしてくれます。 こちらはジュースにして飲むのがオススメ。粉や凝縮バージョンもあり、毎日1袋を水か炭酸水(お湯もOK)に溶かして頂くとよいです!!! 多くの留学生さんは、自国から胃薬を持ってきていました。 が、サプリメントなどの栄養補助食品がなく困っていました。 私もフィリピンでの生活で、食事面はかなり低下し、何回かお腹を壊してしまいました。 こちらのカラマンシーは値段も安く1杯だいたい10ペソほどなので、お財布にも良いしお手軽です!   おすすめアイテム:第1位!日本の食料、サプリ 必要度 ★★★★☆ 栄養不足で肌あれ、寝不足、体力不足になってしまっては、せっかくのTOEIC漬け生活もだいなしです!   持ち物:サプリメント、味噌汁などのインスタント食品、緑茶、正露丸などの胃薬 困ったこと 第2位! 学習で使う道具   毎日の授業で必ず使うのが電子書籍とパソコン(リスニング音声を聞くためのもの)。 それに加えて、日本語の参考書(特にリーディングパート)! 海外への英語留学では当然毎日英語での学習になります。 私の場合TOEICの点数が600点に満たないほどのスキルですので、どうしても英語では理解できない部分、または説明をしてもらっても活用出来ない(戦略の意図を上手く汲み取れない)事が出てきます。 そんな時に必要なのが、日本語の解説付き TOEICの参考書です。 絶対に役に立ちますので、持って行きましょう!!!! もしくは電子書籍でダウンロード!!!!   パート5、6担当の先生が書き出してくれたthat,whichの説明。目的語と主語をそれぞれ説明するパターン   おすすめアイテム:第2位!日本の参考書 必要度 ★★★★☆ すでにTOEICの対策を日本で長く学習したことのある方。700点以上ある方は必要ないかもしれません。   持ち物:ETSのTOEIC公式問題集 (TOEICの毎日受ける模試では、回答用紙は韓国語になっていますので、私たち日本人は解説を翌日の授業で聞き取らなければなりません。グーグル翻訳アプリで翻訳すれば、大まかな解説は理解できます。おすすめアプリです!) 単語帳(TOEICの単語テストを毎日1時間受けますが、その単語テスト(韓国輸入品を簡単に和訳したもの)での参考書が必ずしも自分の学びたい単語とは限りません。 実際の使ったTOEIC用単語帳は、解説も特になく、単語一語に日本語で意味が一文字書いていて、例文が和訳なしで一行。 […]

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*カフェテリア

バギオ留学TALK ENE*カフェテリア   こんにちは! バギオ留学TALK ENEレポーターAMYです!! TALKの食堂での食事1週間のメニューをレポート ★感想★ 12月の初めからこちらのアカデミーにお世話になりましたが、本当にいつも食事を用意するのは大変だなと思っています。 従業員の方は2、3人ほどしかいらっしゃらないので、少ない人数で毎回バリエーションを変えていくのは私にはとても無理だなと思うので、本当に感謝しています。 味付けは、やはり韓国人の留学生さんが多いので辛いものは必ず出てきました。 でも日本食やフィリピンの味付けもあり、ミックスされています。 基本的にごはん、メインのおかず、副菜2種、汁物、キムチの6種類です。 おかわりは、配膳の時間が始まってから20分後にできます。 メインのおかずは人気なのでなくなっている場合もしばしばあります。 月曜日 朝:おかゆ、のり、煮卵、ズッキーニのような緑野菜の和え物、味噌風味のお汁 昼:ごはん、とんかつ、キャベツ、キムチ、貝と大根のお汁 晩:ごはん、唐揚げ、もやし、じゃがいも、キムチ、貝のキムチスープ   火曜日 朝:パン(いちごジャムやアーモンドバターなど付けて)、キャベツ、目玉焼き、スライスチーズ、シチュー 昼:ご飯、豚肉と野菜炒め、辛いソース付きわかめ、唐キャベツ、キムチ、豚汁 晩:ご飯、イカフライ、カレー、緑野菜の炒め物、大根とタコのコンソメスープ   水曜日 朝:おかゆ、のり、煮卵、キムチ、コンソメスープ 昼:ご飯、鶏肉と生姜の煮物、ヨーグルトのフルーツ盛り合わせ、大学芋、きゅうりの酢漬け、キムチ、卵と野菜のお汁 晩:ご飯、とんかつ、緑野菜の炒め物、キムチ、コンソメ大根スープ   木曜日 朝:スキップ 昼:ごはん、焼きそば、ヨーグルトのフルーツ盛り合わせ、緑野菜の炒め物、甘辛ソースのソーセージ、ムール貝のスープ 晩:ご飯、チャプチェ、ちぢみ、キャベツの味噌炒め、キムチ、味噌風の野菜のお汁   金曜日 朝:スキップ 昼:ごはん、骨つき豚肉とじゃがいもの煮物、春巻き、緑野菜の炒め物、キムチ、キムチ風貝汁 晩:スキップ   土曜日 ブランチ:食パン、ミートパスタ、大学芋風のサツマイモ、クラムチャウダーのような野菜スープ 晩:スキップ   日曜日 ブランチ:ご飯、そうめんと骨つき豚肉のスープ、卵焼き、キャベツともやしの炒め物、キムチ 晩:ご飯、牛肉の煮付け、緑野菜の揚げ物、煮卵、キムチ、キムチスープ   フィリピン英語留学TALK ENE校レポーター:AMY

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*フィリピン人講師インタビュー②

バギオ留学TALK ENE*フィリピン人講師インタビュー②   こんにちは! バギオ留学TALK ENEレポーターAMYです!!   ◉TOEICパート1、2(リスニング)をご担当して頂いている、JODAN先生にインタビューしました。 ユーモアがあって表現が豊かなフィリピン人講師です! インタビューの内容をご紹介します!!!   ①How far do you live from here? 「ここから家までどれぐらいかかるんですか?」 朝早くに起きて支度をして、ジプニー(バンのような長細い車)を2回乗り継いでTALK校に向かいます。 授業に間に合うように毎日朝早くに起きないといけないんだ。 だからTALK校からは結構遠いよ。 ②What do you do on your weekend? 「休日はなにをしてますか?」 その時の予定によるね。 友達と会ったり、何もしなかったり、どこかへ出かけたり、暇だったり。 ③Can you tell me a little bit about yourself? 「自己紹介してください。」 シンプルに言うよ。 Jordan D。TALKアカデミーのフィリピン人講師です。 スポーツ観戦が好きで、特にバスケと野球。 それに映画やドキュメンタリーも見ます。ドキュメンタリーは動物や歴史関係が好きだよ。 ④Have you ever worked with a native English […]

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*フィリピン人講師インタビュー①

バギオ留学TALK ENE*フィリピン人講師インタビュー① こんにちは!! バギオ留学TALK ENE レポーター、AMYです!! ◉フィリピン人の JO先生にインタビューしました。 他の生徒の勧めでJO先生へ変更 TOEICのコースは、先生の知識と、授業のスピードによって大きくテストの効果が変わってきます!!!! いつも他の生徒と授業について話をする時、話題にするのが先生の授業のスピードについてです。 授業のスピードが早ければその分復習出来る問題の量が増えます。 ですが一方で自分が完全に理解するためには初心者の場合特に、相性の良い先生が必要です。 TOEICでは、だいたい2∼3週間で先生の変更を受け付けています。 少し遅めの対応となるので、希望の先生は早めに目星をつけて、計画的になるべく早め早めの判断で考える事を強くお勧めします。 詳しくはまた別の記事で記載しますね。   さて、ここから私のオススメするJO先生へのインタビューの内容をご紹介します。   So now, I am going to ask you couple of simple questions about yourself. 今から、あなたにあなた自身について簡単な質問をします。   Can you tell me a little about yourself? 自己紹介してくださいますか? Hi there, I like learning new skills/knowledge and I love traveling […]

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*TOEIC公式試験に挑戦!

バギオ留学TALK ENE*TOEIC公式試験に挑戦    こんにちは! バギオ留学TALK ENEレポーターAMYです!!   ◉バギオで行われたTOEIC公式試験に挑戦してきました!   会場はシティからやや外れた大きなデパートの2階でした。 2017年1月14日、今年初めてのTOEIC公式試験が行われ、私も含み約20名ほどの参加者でした。 今年からフィリピンも日本や韓国のように、試験内容が新公式に変更との噂があり、事前の知らせが無いまま、受験する形になりました・・・・   が、結果は・・・・   旧式でした∼。まあ今年始めそうそうに新公式の準備をするのも大変でしょうしね・・・。 いつ新公式に切り替わるかは相変わらず分かりませんが、TALKアカデミーではいつも新公式で模擬を受けていたので、少し拍子抜けしてしまいました。 逆にとても複雑な気分での受験となり、プレッシャーと高得点への変な期待が入り交じり、「集中しろ~!」「落ち着け~」と自分の頭が交互にプレッシャーをかけてきて、リスニングの試験中は頭が真っ白で数問聞き逃しのミスをしてしまいました・・・。 今ではとても悔やまれます・・・。     さて、試験について一通りの手順をご案内します。 TOEIC試験の手続き フィリピンでは毎月TOEICの公式が受験できます。 TALKの日本人マネージャーへ相談と共に、1~2週間前までに学校の事務所へ2,200ペソを支払います。 学校側が基本的には全て申し込みをしてくれますので、特に手続きに関してはすることがありませんでした。 TALK側が、料金の割引をしてくれることがありますので、必ず確認してみて下さい。 少しでも料金が浮いた方がお得ですし、その浮いたお金でもう一度受けられますしね! TOEIC試験の手続き会場名:クイサンホテル TOEIC試験の手続き 住所:Naguilian cor. Asin Rd., Baguio City 当日の持ち物 ID(パスポート)、お財布、以上。 持ち物はパスポートと交通費だけで大丈夫です。 鉛筆や時計を気にされる方が多かったですが、試験会場に鉛筆は2本個々の机に用意されていますし、時計は2つ試験会場の壁にかかっています。 試験会場はCooyeesan Hotel Plaza(クイサンホテルプラザ)内にある2階の会場で行われました。 他にも会場がありますが、私の受験した会場はこじんまりとしており、時計もえんぴつもリスニングの音声も何も問題なく良好でした。 試験の大まかな流れ 開始の30分前に必ず会場へ行きましょう! でも、別に試験の始まるギリギリまで会場へは入らなくても大丈夫です。 エントリーは、パスポートを持って会場の扉の前にいる受付の方に自分の名前を伝え、署名するだけです。 まずエントリーを終わらせて、会場のそばにあるソファに腰掛けて試験開始まで最後のチェックとして問題集に目を通して待ちましょう∼。 荷物は会場の外にある細長いテーブルの上に置いてください。 持ち物は極力貴重品は持っていかない方が無難かもしれません。 会場に入ったあと、試験管が会場の前に設置されたスクリーンでエントリーシートの案内をしてくれます。だいたい30分ほど。わからないことがあれば、すぐに試験管に手を上げて相談してください。親切に教えてくれます。 そのあとに、一度だけテストでリスニングの音声が数秒流れ、そのあと、いよいよ試験が開始となります。 試験中のマナーについて少し注意点 ◎絶対に試験の問題用紙には何も記入しないこと。 […]

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*6階建ての縦長キャンパスのご紹介!

バギオ留学TALK ENE*6階建ての縦長キャンパスのご紹介!   こんにちは! バギオ留学TALK ENE留学生レポーターのAMYです! TALKは涼しく快適に過ごせる避暑地バギオにあります。 TAKLのキャンパス探検してきました!! 6階建て縦長の校舎   ロケーション: ・校舎の下にDACANAYというショップがあり、日用品や食料を取り揃えています。 ・徒歩5分でセブンイレブン ・タクシー10分でSM(バギオでも一番大きなショッピングモールでなんでも揃えることができます。)   ◉1階:受付(セキュリティーの方もいます。24時間体制)、DACANAY ◉2階:お食事用フロア ◉3~5階:生徒寮 ◉6階:学習部屋(約35部屋)、スタッフルーム ※WIFI環境はあまりよくありません。 というのも、ここら辺一帯の電波自体が弱いせいでもあります。 【移動について】 移動についてですが、私はクラークからバギオに移動してきました。 移動はシャトルバスです。 あらかじめ予約しておくと、1100ペソでバギオまで乗せて行ってくれます。 出発は深夜になります。 長距離の移動の際は、車内がちょっと寒いので、毛布かパーカーを座席に置いておくと良いと思います。 あと、必ずお釣りが要らないように!!!!   バスでもタクシーでもジプニー(フィリピンでは主流の乗り合い式のバンのような形をした車)でも運転手さんはお釣りを持っていません! (たまに持ってますが期待しない方が無難です。)   私はこれで何回も同じ学校の留学生に助けられました・・・。 大した金額じゃないから私が払っておくよと・・・ 相乗りした人がめっちゃいい人でよかった。   【バギオの気候】 気候ですが、クラークはバギオと比べると結構ムシムシします。 特に男子留学生は、年中半袖半ズボンでした。 暑くて有料のクーラーを使ったりもしました。 でもバギオではぜんぜん違います。 バギオの良い所はなんといっても過ごしやすさだと思います。 夜は少し寒いくらいです。 長袖のパーカーを持ってくることをお勧めします! クラークにある一番大きなショッピングモールSM。 この日はスケートリンクが設置されていました。 地元の子供達が遊んでいます。 【TALKの校舎案内】   ●1階● 受付とセキュリティーの人が立っています。 常に24時間体制で警備されています。 「DACANAY」というショップも併設されており、地元の方も多く買い物に来られています。 チョコレート、スナック類、カップ麺、パンなど、だいたいの食料品や日用品を取り揃えていました。 ただ冷蔵されていないので、もし気になる方はキャンパスから徒歩5のセブンイレブンに行きましょう。 […]

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*バギオ勉強向けカフェ

バギオ留学TALK ENE*バギオ勉強向けカフェ こんにちは! バギオ留学TALK ENEレポーターAMYです!! バギオ周辺の自主勉強向けおすすめカフェをご紹介します! ◉search point◉ お店の雰囲気、店員さんの親切さ、おすすめのメニュー、設備の項目でご紹介します。 外で勉強したいときは、いつもwifiの使えるカフェに一人で向かいます。 ですので、私の知っている中で一番勉強向きだったカフェをご紹介します! 一番最後のお店以外、紹介する全てのカフェでWIFIが使えます。 【OH MY GuLaY】 緑色のビルの最上階にある隠れ家ベジタリアンレストラン お店は緑色のビル一番上にあります! 見ただけで癒される空間と、テーブルごとに工夫された内装。  入り口前の写真。 このスペースでご飯を頂きました。 店員さんおすすめのサラダ、オムレツwithライス。 サンドイッチ。 テラス席。 美味しいドリンクと明るい店内 BRANS TALK 雰囲気 ★★★★☆ 店員さんの親切さ ★☆☆☆☆ ご飯の美味しさ ★★★★☆ 設備 WIFI使用できます。ソファ席2箇所とテラス席も4~6席設けら れています。特に学生さんや若い客層に人気です。 勉強向きかのオススメ度 ★★★★★ エピソード  コーヒー薄くないですここのは!^^ちゃんと淹れてるので菓子 パンやケーキなどと一緒に一息つくのに良いですよ! 私はベルベットケーキを一切れ頼みました。かなり量が多くて 食べきれないくらいです。でもめっちゃ美味しかったです。ベル ベットのスポンジ生地の間にベイクドチーズケーキの層があり、 私はチーズケーキに目がないので一口食べた時に驚ましたし、め っちゃ得をした気分でした。普通にチーズケーキをそのままベル ベットに挟んだ感じで、とにかくボリュームが凄かったです!! 接客は笑顔がありません目も合わせてくれません・・・。店員 さんの数は4人で十分なのに・・・。ただ作業はスムーズにされ ています。 感想 人気店の為、ちょっとWIFIが繋がりにくい事があります。数分 とかなのですが・・・全体的に居心地は良いと思います。ただた まに店員さんがモップするのにめっちゃ椅子の下を集中的に掃除 (攻撃)してこられます。 お店情報 […]

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*日本食レストラン

バギオ留学TALK ENE*日本食レストラン   こんにちは!! バギオ留学 TALK ENEレポーター AMYです!!   フィリピンの人を含めバギオ中の人が知っている日本食レストランへ行ってきました。 ◉新鮮な刺身を食べるならここ!!!!     「CHAYA」の全メニューを大公開!!    海鮮丼や手巻き寿司など揃ってます!!   フィリピンのグルメな人なら誰でも知っています。 特に有名なのは新鮮な刺身です。 日本と同じクオリティーで食べられます!! TALKの食事に飽きてきた私には ちょうどよいリフレッシュになりました!   今回はこちらのレストランの 全メニュー!! を大公開します。 【APPETIZER】    【RICE BOWL】    【ALA CARTE】   【SUSHI】    【SASHIMI】    【SWEETS】    【DRINK】   私はサーモンが大好きで、フィリピンで食べれると思っていませんでしたので、本当に嬉しかったです。   友達に勧められて2回ほど訪れましたが、TALKの留学生や他のアカデミーの留学生など全員が訪れるほどの有名店です。   バギオに来たなら是非立ち寄ってみてください!! お昼から豪華な食事! 食器も日本的で素敵でした。 手巻きなので、好きな具材をのせていただきます。 刺身はどれも新鮮で美味しかったです。 手巻き680ペソ3~4人用。   傘付きのチョコパフェいただきました。 チョコが濃厚で最高! CHAYAのお店情報 […]

>> More

Baguio | TALK ENE
バギオ留学TALK ENE*バギオ周辺のステーキレストラン調査を敢行!

バギオ留学TALK ENE*バギオ周辺のステーキレストラン調査を敢行! こんにちは!   バギオ留学TALK ENEレポーターのAMYです!!   ◉バギオ周辺のステーキレストランを調査してきました!   リブステーキ食べれますよ! バギオシティ内にあるレストラン「TSOKOLATERIA」   外観も内装も見た目高そうなバギオ市内のレストランです。 が、ご安心ください! さすがフィリピン内でも物価が安いと評判のバギオ。 コスパ最高でした! さて、店内を見てみましょう! ランプのデザインが上品ですね~   こんなテーブルセットも素敵です~   後ろからもパシャリ。 フィリピンのデザインって独特・・・ なんだあの男の人たち・・・   団体客が多かったです。   さて、メニュー見ましょうか! S400、M803、L1040ペソ 今のレートだと100ペソ237円なので240円くらい。 Sサイズ960円、Mサイズ1,920円、Lサイズ2400円。 悪くないですよね!   というか、いかにも高そうな外観だったんで、普通くらいでほっとしました。 フィリピンからすると高いかもですが、たまにはいいかな! 串は200~380ペソまでのもの。 プレートセットは940ペソ スパムおむすびもありました。303ペソ   フルーツの器に入ったデザート!180~210ペソ アフタヌーンティーのような軽食セット!425ペソ わ~い!ありがとうございます! 私たちが頼んだのはリブのMと海鮮のフライ(えび、白身、たこなど) だいたい20分くらいで登場しました。 別アングルで。素晴らしいボリュームです! 私はリブが大好きなんです・・・。 このリブはほんとうに柔らかいんです。 リブの上に乗っているのは皮ごとついたパイナップルです。 甘ダレがかかっているのでそのままいただきます。 パイナップルと一緒にいただきます。 このタレはフルーツを使っているものでした。 大満足の食事でした! SMの近くです。 よかったら行ってみてください! このお店から降りてすぐにカフェもあります。 […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP: 魅惑のサリサリについて【おまけ】

クラーク留学CIP: 魅惑のサリサリについて【おまけ】   この素っ気ない店先から鉄格子のドアを開けるとそこにサリサリがあります 皆さんこんにちは!keitaです。 今回で学生レポーターとして最後の記事になります! 最後はCIPを語る上ではかかせない サリサリについて ご紹介したいと思います! サリサリの存在はCIPを選ぶ上でとても大きなメリットです。 サリサリがあるからCIPを選んだという人がいても不思議ではありません! そんな素敵な場所サリサリについてご紹介いたします。 (サリサリとは) サリサリとはフィリピン全土にある庶民向けのコンビニのようなお店です。 飲み物 ちょっとした食べ物 ヌードル お菓子 シャンプー等の生活必需品 お酒 タバコ などなどが売られています。 サリサリはそこらじゅうにありまして、日本のコンビニぐらいの頻度で見かけます。   (そもそも何故こんなに存在しているのか) ちょっと気になって調べてみたのですが、フィリピンの人にとってサリサリはスモールビジネスの様です。 サリサリの仕組みを簡単に説明しますと、スーパーマーケットなどで大袋に入った商品を大量に購入し、 小分けにしたものをちょっと値段を上乗せして自分のお店で売る事で利益を生み出しているそうでした。 確かにスーパーマーケットに行くと時々大きなショッピングカートに商品を山盛りにしているお客さんを見ました。 それは仕入れ作業だったのですね。 業者用の市場などで仕入れているわけでは無く、普通のスーパーで仕入れるのも興味深いです。 サリサリは利益を増やすのがなかなか厳しいそうなのですが ここはすごい儲かってそうです (CIP生にとってのサリサリ) そんなサリサリがCIPから徒歩1~2分のところに一店あります。 さらにそこはCIPの生徒を意識しているのか外に テラス席(といっても小汚いテーブルと椅子が置いてあるだけですが)が多く設置されていて 購入した物を自由にそこで飲んだり食べたりできます。   お酒はとても安いのでビール3本飲んでつまみのお菓子も買って300円しないくらいです(※2016/06現在)。 そしてここはCIPの生徒にとっては絶好の会話の練習場所+コミュニケーション場所になっていまして、 新しい友達を探したり、友達の仲を深めるのに多くの生徒が利用しています。   このサリサリの存在はCIPを選ぶ一つの大きなメリットになっていると感じます。 普段話さない人ともここで会話することができますし、 お酒の力も借りれて本当に良い場所ですね。   フィリピンティーチャーやネイティブティーチャーも生徒とのコミュニケーション場所として 利用しているので、先生を捕まえて話す事もできます。   週末は特に先生も生徒もサリサリに押し掛けて騒いでいます。 金曜の22時~門限の1時までがピークで多い日だと30~40人はいるのではないかと思う日もあります。   平日も門限の23時までは誰かしら飲んでいるそうなので一人でふらっと行っても大丈夫そうです。 この日は平日の夜中だったので数人しかいませんでしたが […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP : フィリピン留学について総まとめ

クラーク留学CIP : フィリピン留学について総まとめ ジプニー(乗り合いバス)は窓が横長なので普段の風景が映画っぽく見えて好きです 皆さんこんにちは! keitaです。 私はトータルで16週通う予定なのですが、 学生レポーターは8週間までなので、今回と次の記事で最後になります! 今回の記事は フィリピン留学についての総まとめ です。 前述の通り私は残り8週間ありますが 現時点での目標の到達具合 どのくらいの英語力が身に付いたか 学校に対する評価 などご紹介できればと思います。 【フィリピン留学での英語について】 英語は短期間で身に付く物ではないと思いますが、フィリピン留学はその時間を最小限にしてくれるよい経験だと私は思います。 とはいえ時間は必要で、3ヶ月で日常会話はできるようになるとは言われていますが、 本当に努力次第、英語の取り組み方次第で結果は大きく変わると感じています。 中学生英語レベルからのスタートであれば3ヶ月で日常会話ができるようになるのはおそらく結果としてはMAXです。 つまり3ヶ月でゼロスタートからそれ以上の結果を出すのは時間が足りなくて難しいです。 私は今2ヶ月フィリピンにいておそらくそのレベルには達成できるかなと思いますが それ以上の結果はもっと時間が必要です。 またフィリピンティーチャーとの日常会話とネイティブティーチャーとの日常会話は 種類が違うことについても把握する必要があると思います。 つまりフィリピンティーチャーと会話できても英語が母国語の国では上手く会話できない可能性があります。 CIPはその点各国のネイティブティーチャーが多く在籍しているので彼らと会話できるかを リトマス紙にする事ができてとてもいい環境です。 【僕の英語力の到着具合について】 私はフィリピンに来て2ヶ月たちましたが、確実にレベルアップは実感できています。 が、まだ十分ではありません。 リスニングについては聞こえるようになって来たなという実感はあります。 CIP来たばかりの時はネイティブの話しは全然理解できず、 フィリピンティーチャーの話しもかなり聞きづらく感じていたのですが、 1ヶ月を過ぎた辺から耳が慣れて来て、フィリピンティーチャーであれば 7~8割は聞き取れるようになってきました。 ネイティブの話しは5割くらいでしょうか。 ネイティブは発音というより独自の言い回しや短縮がわからず聞き取れない事が多いと感じます。 フィリピンティーチャーはシンプルな英語なので理解できる感じです。 【これからフィリピンにくる皆様へのアドバイス】 現在はスピーキング、ボキャブラリーの点で苦労しています。 特にボキャブラリーは短期間でなんとかなる物ではないので、これからフィリピンに来る方は コツコツとボキャブラリーを増やすことを本当におすすめします。 具体的に言うと、これは個人的な感想なので参考までに聞いてもらいたいのですが、 キクタンBASIC4000やDuo3.0に出て来るような単語は本当に頻出してくるので、 これらの単語帳に出て来る全部のワードが、聞いて一瞬で意味が浮かぶレベルであれば 日常会話でのボキャブラリーは困らないと思います。 また文法についてもフィリピンに来る前にある程度こなせるようにしておくのも必須です。 英語での文法クラスもありますが、文法を英語で勉強するのは回りくどいですし、 分からない部分を細かく先生に伝えるのもそれなりにスキルが必要なので、 文法に関しては日本で学ぶより余計時間がかかると思います。 また最初の頃、私は英語で話す事に対して、上手く喋れないのもあって、なかなか普段から使う事ができませんでした 。一ヶ月程過ぎると慣れて来てなんとも思わなくなりましたが、 この気恥ずかしさをいかに早く取り去れるかというのも大切なのではないかと思います。 […]

>> More

Clark | CIP
クラークCIP : 休日の過ごし方

クラークCIP : 休日の過ごし方 スコールの様子です 激しさが伝わりますでしょうか? 20~30分程ざばざば降り続けます 皆さんこんにちは!keitaです。 今回は週末の過ごし方についてご紹介したいと思います。 このトピックについて詳細に書く自身があまりないのですが、というのもセブと違ってクラークにあるCIPの周りにはあまり遊ぶ所がなくて、週末は持て余していることが多いです。もちろん外出はできますし、泊まりで旅行を計画する事もできますが、私はあまりお金を使いたくなかったので、近くのカフェで過ごす事が多いです。とりあえずCIP周辺で可能な過ごし方をいくつか整理してみましたので、ご紹介します。 1. カフェで勉強 日本ではカフェで勉強する人も結構いると思いますが、フィリピンではあまりその文化が無いみたいです。フィリピンティーチャーはカフェで勉強するのは日本人の変わった習慣と思っているみたいでした。というのもあり、長居しやすいカフェが少ないです。スタバも近くにあってトライシクルで40ペソで行く事ができますが、wifiが無いのと、何かを書いたりできるちょうどいい席が少ないです。私がよく行くのはスタバの近くにあるK-cafeというレストラン/カフェでwifiもあります。ただ昼間いつもは空いていてお客さんが誰もいない事も多いのでちょっと長居しにくいです。アメリカンコーヒーは65ペソ(150円程*2016/06時点)、マンゴースムージーは120ペソ(280円程)という感じです。また、最近見つけた所でこれもスタバの比較的近くにあるのですがBRICK HOUSEというカフェがあってここも良くいきます。ここは比較的ハイスピードなwifiがあってアメリカンコーヒーは70ペソ(160円程)、スムージーは95ペソ(220円程)です。ここでCIPの生徒は見た事無いので、穴場的な場所だと思います。店員さんも愛想が良くおすすめの場所です。 BRICK HOUSEのIced tea froatです 甘くて冷たい飲み物の選択肢はたくさんあります 2. 映画鑑賞 CIPから行けるSMモールには映画館があります。SMモールへは毎週土曜日にCIPから無料バスが出ているのでそれに乗れば20~30分程で到着します。CIP出発は13時、SM出発は17時です。SMからはジプニーやトライシクルを使えばいつでも自力で戻れるので帰りの時間はあまり気にする必要はありません。映画館では、私はまだチャレンジしたことないのですが、普通の映画だと200ペソ、IMAXだと400ペソ程で見れるそうです。ただ当然英語字幕は出ないので自分のリスニングスキルが試される事になります。でも日本と比べてかなり安いので気軽にチャレンジできると思います。 3. SMモールでショッピング SMモールは結構広いので初回であれば一日中楽しめるかもしれません。服を見て、お土産コーナーをみて、フードコートでデザートを食べ、日用品を買って、レストランに行ってビールを飲む的な楽しみ方が可能です。ただやはり何度も行くと飽きてしまいます。私は最近はSMに着いたらカフェに直行して迎時間になったら戻るという感じです。そういえばゲームセンターもあるそうなので、ゲーセン好きであればそこで楽しめるかもしれません。ちなみにモールをはしごする事をmallingというらしいです。 SMにあるcafe veneです ここは韓国資本のコーヒーショップでスタバより席が広くwifiもあるので重宝しています 4. CIPで勉強 → 夜になったらサリサリに行ってビールを飲む 皆やっている王道の過ごし方はこれだと思います。やはりCIPには勉強しに来ているのでおとなしく勉強が一番しっくりきます。休日はマンツーマンルームが使えないので一人で発音練習など好きに声を出すのは難しいですが、週末はルームメイトも出かけている事も多いので自分の部屋で発音練習できるタイミングもあります。日曜日は朝にオプショナルクラスがあってグループ授業を受ける事もできます。夜は息抜きにサリサリ(駄菓子やお酒、ヌードルを売っているCIPの近くにある小さなお店)に行けばリラックスできてストレスも溜まりません。サリサリについては後ほどまとめて記事にしますのでお楽しみに! 以上でしょうか。もうちょっと楽しみ方があるかなと思ったのですが、本当にこれくらいしか思いつかなかったので長期で来る方は覚悟した方がよいです。あとはマッサージ(フィリピンでは格安でマッサージを受けることができます)に行くか、ナイトライフが好きであればバリバゴにいけばクラブなどで遊べるそうですが、休みの前の日でも門限の前に帰るとなると12時過ぎには帰宅する準備をしないといけないですし、アンヘレス・クラーク地域では外泊できないので微妙な感じだと思います。 いかがでしょうか?学校選びの参考になれば幸いです。

>> More

Clark | CIP
クラークCIP : 学校の規則について

クラークCIP : 学校の規則について 皆さんこんにちは!keitaです。 今回は学校の規則についてご紹介しようと思います。 CIPには秩序を保つため様々なルールが学生に課せられています。これらのルールは入学時に冊子で渡され、学生はそれらを全て把握していないといけません。もしルールを破った場合、罰則がいくつかあり、最悪返金無しの強制退学になります。そのためか校内はいつも健全で平穏が保たれています。基本的に皆さん勉強しに来ているのでまじめに生活しており、罰則をうけたという話しもあまり聞きません。とはいえ過去には強制退学になったかたもいるそうなので、気をつける必要があります。 まず罰則について説明します。 罰則は4回警告システムというもので、4回目にルールを破ると強制退学になります。仏の顔も三度までということですね。各罰則は以下の通りです。 1回目:3日間の強制夜間自習(月~木)、学生マネージャーとの面談 2回目:3日間の強制夜間自習(月~木)、マネージャーとの面談 3回目:4日間の強制夜間自習(月~木)、5日間の外出禁止措置、ジェネラルマネージャーとの面談 4回目:返金無し退学 強制夜間自習は19時から~22時までです(とはいえ大抵の生徒はその時間自習しているので罰則という程でもないのですが)。出席確認もしっかりするそうです。もしこの強制自習にも参加しなかったり、更に罰則を破ったりした場合、累計で罰則が重なるシステムになっているそうです。 次にいくつかメジャーな規則ををご紹介します。 ・喫煙について CIPは外にいくつか喫煙所があり、そこで喫煙することができます。それ以外の場所では禁止されています。もし室内での禁煙が見つかった場合、罰則(罰金$100)または退学処分になるそうです。一度、喫煙所の範囲が曖昧だったため、喫煙できる範囲外で吸っている人がいて、ポスターで注意を促されていました。現在は喫煙エリアには黄色のラインが引かれ、一歩でも出たらアウト感がでています。私は喫煙しないのですが、喫煙スペースは先生や生徒の良いコミュニケーション場所にもなっているみたいで、よく会話しているのを見ます。(とはいえそのために喫煙するわけにもいかないですが、、) ・外出について 外出する時は必ず校門の近くにある守衛室のログシート(入退出記録)に、名前、部屋番号、何時に外出したか、何時に戻ったか、サインを記入し、部屋鍵とIDカードを渡さなければなりません。守衛室にはいつも守衛さんがいて、他人の名前を書いたり、嘘の記述がされないように見張っています。もし他人の名前を書いたりした場合、罰則か退学処分の対象になります。ここはすごい厳密に管理されているので、門限を過ぎたらあきらめるしかありません。 入退出はこのログシートで厳密にチェックされています ・外泊について 金曜日の放課後から日曜日の門限前までで外泊が許可されています。また例えば金曜日が祝日で三連休の場合は木曜の放課後から外出が可能です。外泊する時は金曜日または祝日の17時までにオフィスに外泊届け(いつからいつまで何処に行くのか)を出さなければなりません。また学校近く(アンヘレス地区)の外泊は禁止されています。というのもアンヘレスには有名なバリバゴというナイトライフスポットがあり、そこでの夜遊びのための外泊は禁止されているためです。外泊届けは日本人スタッフに渡してはんこを貰います。 ・お酒について CIPでは校内での飲酒は禁止されています。もし持ち込んだ場合は違反の対象になります。ただCIPから徒歩1~2分の場所にサリサリ(駄菓子やお酒、ヌードルを売っている小さなお店)があって、平日でも門限前であればそこでお酒を飲む事ができ、週末になれば多くの生徒がお酒を楽しんでいます。サリサリはCIPを選択する上での最重要ポイントなので後ほどまとめてご紹介しますが、とにかく近場にお酒を飲むところはあります。 金曜日10時頃のサリサリは多くのCIPの生徒がお酒を飲んでいます ・異性間の部屋の出入り これはとても強く禁止されています。もし一歩でも入った場合強制退学になるそうです。入学日のオリエンテーションでも強く説明されました。 これ以外にも細かい規則が色々ありますがメジャーな部分は以上になります。 学校選びの参考になれば幸いです。

>> More

Clark | CIP
クラークCIP : 国籍別比率、英語使用環境について

クラークCIP : 国籍別比率、英語使用環境について 現在フィリピンは雨期なので雨がかなりの量降ります それを見越してか最近校内に屋根が追加されていました 校内であれば傘をささずに濡れないで移動できます 皆さんこんにちは!keitaです。 今日は国籍別比率、英語使用の環境についてご紹介します。 まず国籍別比率ですが、現在の割合は大体、 韓国:30% 日本:30% 台湾:25% ベトナム:10% タイ/中国/その他:5% 以上になります。グループクラスでは大体5~6人中、1~2人日本人がいて他は他国の生徒という感じです。自分が気をつけていれば授業中に日本語を使う事はありませんし、皆さんも気をつけているのか日本語で話しかけて来る人はほとんどいません。普段の生活も他国の話し相手を見つけやすい環境だと思います。私は三人部屋で、ルームメイトが韓国人とベトナム人なので必然的にやり取りは英語になります。ただやはり同国の人でかたまって母国語で話している人達も見られます。とはいえ、母国語を使うかどうかは自分でコントロールできるので、絶対に母国語を使わないぞという雰囲気でいれば周りもそういう人達が集まりますし、母国語で話していると何をしにここに来たの的な雰囲気になるので、そういう点ではEOPは厳密と言えると思います。 また教科書の購入、部屋の備品についてスタッフの方と話す時、申請書類等は全て英語で記述する必要があるので必然的に英語を使う必要性が出て来ます。日本人スタッフとの会話も自分がそうしたいのであれば英語で会話できます。自分の生活の100%を英語にする事も可能です。 また個人的な意見で、各国籍別の英語の発音についてですが、日本人が相手だとイントネーションで伝わる事も多いので聞き取りが楽です。韓国人、台湾人もやはり似ているところがあるのか、比較的聞き取りやすく感じます。ベトナム人の発音は少し難しいです。(相手の発音スキルによるところも多いですが..)。とはいえお互い勉強しに来ているので英語でコミュニケーションを取ろうと頑張ってくれますし、必死に聞いてくれます。セブと違ってクラークは特に面白い所もなく、遊びにもいけないのでCIPには勉強しに来ているんだという雰囲気を強く感じます。 またCIPにはEOPチャレンジというシステムがあります。これは2週間の母国語を使わず英語オンリーで過ごすというものです。このチャレンジをしている最中はEOPチャレンジ中ですというカードを首からかけて過ごします。もし一度でも母国語を話しているところをスタッフや先生に見られたらその時点でチャレンジは失敗になります。無事2週間英語を使わずに過ごす事ができれば賞状を貰う事ができます。 他にもプレゼンテーションチャレンジというものもあり、これはお昼休みに開かれるプレゼンテーションタイムで皆の前で発表するというものです。自分でスライドを作成してプロジェクターで写しながらプレゼンします。発表する内容は好きなものを選んでよく、例えば好きな映画について、個人的な趣味について(ダンス、ボクシング、サッカー、etc..)、英語を勉強してみての感想など様々です。 かなりの人数の前で喋ります プレゼンテーションタイムの参加は強制ではないのですが 多くの生徒が見に来ています この点でも生徒の真面目さが伺えると思います このようにCIPには英語を勉強する環境を作ろうという努力をとても感じるので、フィリピン留学の中でも特に精度の高い学校だと思います。 学校選びの参考になれば幸いです 今回の記事とは関係ないですが 風邪をひいてしまったときに食堂の方がおかゆを作ってくれました 生徒一人一人のケアがちゃんとなされていると感じます

>> More

Clark | CIP
クラークCIP : 食事について

クラークCIP : 食事について 一回だけ巻き寿司&おにぎりが出た事がありました 日本人への配慮が感じられます 皆さんこんにちは!keitaです。 今回はCIPの食事について紹介します。 おそらく、食事は皆さんがフィリピンへ留学するにあたり一番気にしている所だと思いますので、写真多めで細かくお伝えできればと思います。 結論から言うと、CIPの食事は美味しいし、栄養もしっかり取れると思います。美味しさの感覚は人それぞれなので、個人的な意見になりますが、不味すぎて食べられない、ふりかけが絶対いる、毎日カップラーメンになる等との心配はいらないと思います。シェフの方も日々、色々工夫してくれているようで、日本食(っぽいもの)も出してくれたり、ピザやパスタなど洋食もたまにあります。私は食事に関してはあまり気にする必要は無いと思っています。 とは言え、よその国なので全てが満点で日本クオリティということでは無いです。まずご飯は少しパサパサしていて単独で美味しく食べれる程おいしくはないです。またやはり韓国資本の学校なので時々味付けがかなり辛いものが出ます。魚はあまり出なくて、肉は鶏>豚>牛の順で多いです。 CIPの食堂はブッフェ形式なので比較的好きなものを選んで食べる事ができます。ただ品数はライス(朝食はパン)+汁物+メイン+副菜2種+サラダ+果物+漬け物2種(どちらも辛い)が基本なので、選択肢が多くあるわけではありません。基本メインと副菜は量の調節のためかスタッフの方が取り分けます。ただもっと食べたい時はお願いすれば多めに取り分けてくれます。 種類別に少し紹介したいと思います。 まずライスは前述の通りです。週1~2回ピラフorチャーハン的なライスがでます。 次にメインと副菜です。メインは肉&野菜の炒め物、チャーシュー的な豚肉、鳥の揚げ物といった感じで、副菜はインゲンの炒め物、茹でポテト、きんぴら、ビーフン、オニオンリング、春巻き、チヂミ等等です。 汁物は大根スープ、トマトスープ、もやしスープ、クラムチャウダーみたいなものが主です。みそ汁も時々でますが、かなりしょっぱいのがつらいです。時々かなり辛いスープも出ます。 サラダはレタス、キャベツ千切り、玉葱、トマトスライス、キュウリスライスの中から2~3種類出てます。レタスキャベツ類はスタッフの方が取り分けてくれて、その他の物はトングで自分でのせる事ができます。サラダドレッシングも2~3種あって好きな物をかけることができるのですが、ただ全て甘い味のドレッシングなので、日本人には合わないかもしれません。私はどれもダメだったので塩とコショウを振って食べています。塩コショウは常備されています。 果物はリンゴ、パイン、オレンジ、マンゴー、スイカ、バナナなどです。 漬け物2種は韓国人向けなのか両方ともかなり辛いです。なので私はいつも食べていません。 時々サプライズ的に巻き寿司、おそば、参鶏湯、自家製ポテトチップス、ハンバーガーなど工夫を感じられるメニューを出してくれるので、ちょっとした楽しみも提供してくれます。 そして、百聞は一見に如かずという事で、私この記事を書くためにご飯の写真をたくさん取り貯めておりました!写真から味をご想像してくださいませ。参考になれば幸いです。 私個人的な意見ではCIPの食事は問題無いかなと思っています。 大満足とまではいきませんが、フィリピンの食は外食でも口に合わない事も多々あり、CIPの食事の方が美味しいと感じる事もあります。参考になれば幸いです。

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP : マネージメント関連

クラーク留学CIP : マネージメント関連 今日も良い夢を見てそうな猫に癒されます 猫好きにCIPはかなりおすすめです 皆さんこんにちは! クラーク留学生レポーター keitaです。 今回は マネージメント関連について ご紹介したいと思います。 現在CIPには二人の日本人スタッフがいます。 彼らはとても親切で、敬語で丁寧に対応して頂けます。 もしもの時はいつでも頼る事ができるので、 安心して留学生活を送る事ができています。 留学初日に日本人向けのLINEグループに入れて頂けます。 二人の日本人スタッフともLINE友達になれるので、 風邪で授業を休むときなど個人的な連絡をLINEを使って送る事もできます。 例えば、私の友達で、朝起きてみたらお腹の調子が悪く、 ちょっと熱もあるので休みたいという事があったときに LINEで日本人スタッフに伝えました。 後の先生方への連絡はスタッフの方がやってくれるので、 わざわざ校内を探したりしなくて済みとても助かったそうでした。   回復した後も体調を気遣ってくれたり、 金曜日に来る往診サービスについての情報を教えてくれたり とても優しいです。 また、入学して2週間後ぐらいに一度日本人スタッフの方に呼ばれ、 留学生活や先生の事で困っている事はないか、 授業はついていけているか、 さらに休日オススメの過ごし方(映画館やカフェ、レストラン、マッサージの情報など) を会話する機会を設けて頂けました。   とても留学生について考えて頂けていると感じます。 スタッフの棟は別連になっています ここで教科書を購入や印刷、コピー、両替、授業の変更など行います 各国別のスタッフがいます 時々新しいスタッフを応募しているようでその旨の張り紙をみます 日本人スタッフ以外にも関わる人達もいます。 まず一番関わる事が多いであろうと思うのが校門の守衛さんです。 外出するときは必ずこの方に鍵を預け、出発時間を記入します。 守衛さんが全生徒の外出を管理しているようで、 門限を過ぎた場合は容赦ありません。 いつも怒っているように見えてかなり怖いですが時々、 どこいくの? などにこやかに聞いてくる事もありギャップがあります。 体育館の備品(ボールやバトミントンラケット)を借りるときも この守衛さんから借ります。 守衛さんはトップガンばりの黒いサングラスをかけていて恐いです!! 一度バトミントンのラケットを借りに行ったらBROKEN!! と怒鳴られてしまいました… (他の生徒が壊してしまったよう)   他にも校内で両替するときや、 教科書を購入するとき、 […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP : 先生について

クラーク留学CIP : 先生について 掲示板には全先生のスケジュールが貼り出されています 現在の先生の数は68名(内ネイティブ13名)です 皆さん こんにちは! クラークCIP校レポーター keitaです。     今日は 先生方について ご紹介したいと思います!   CIPの先生は皆さん個性的な人ばかりで興味深いです。 私はIntensiveAというコースなので、グループクラスを含めると毎日 ネイティブティーチャー4人 フィリピンティーチャー3人 と話す機会があります。   今回は一人ずつご紹介したいと思います。 【1時間目の先生】 ネイティブティーチャーのRobです。 彼はアメリカ生まれ。 コンピュータサイエンスをメジャーとしています。 青い目が印象的です。   (Robの授業) 私はまだ初心者なので、ゆっくり聞き取りやすい英語を話して貰えます。 彼はRPGが好きらしく、彼のオプションクラスではなんと英語でテーブルトークRPGをするそうです! 面白そうなのでチャレンジしてみたいと思っています。 また合気道の心得があり、時々恩師の「サイトーセンセー」の話しをしてくれます。 一度合気道を見せて貰うため試しにパンチをしてみたのですが、軽くいなされてしまいました。       【2時間目の先生】 ネイティブティーチャーのDannyです。 彼もアメリカ生まれのネイティブです。 彼はとてもノリが良く、全てをオーバーアクションで説明してくれるので飽きる事なく話を聞けます。 彼の奥さんはフィリピンの方でなんと7カ国語!話す事ができるそうです。 一度Dannyのグループクラスで食事に行く機会があり、そのときにお会いしました。 このようにCIPでは時々先生達と食事会が開かれるので、 授業外でもネイティブティーチャーと英語で会話するチャンスもあります。 【3時間目の先生】 フィリピンティーチャーのKimmyです。 彼女は英語教師としてのキャリアも長く、とても安定した授業をして貰えます。 過去に日本人の生徒も多く教えていた事があるそうで、日本語の単語も少しわかるそうです。 「ガッカリダヨ!」と良く言っているのを聞きます。 私が間違った英語を使ったときはしっかり指摘してくれるので満足度が高いです。 【4時間目の先生】 ネイティブティーチャーのSimonです。 彼はイギリス人ティーチャーなのでイギリスの発音で英語を話します。 私は英語初心者なのでかなり聞き取りが難しいです。 […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP : 周辺のショッピング情報

クラーク留学CIP : 周辺のショッピング情報 CIP近くのカフェランチ オシャレでそれなりに美味しいです 皆さん こんにちは! クラークCIPレポーター keitaです!!! 今日は CIP周辺のショッピングについて ご紹介したいと思います。 CIP周辺には大きなショッピングモールがいくつかあり、 そこでほとんどのものを手に入れる事ができます。 よく行くモールをご紹介します。 ・Nepo Mall(通称ネポ) 【手段】 徒歩15~20分 トライシクル3分(片道40ペソ) 毎週月曜日17時発-20時迎で学校からバスがでます(無料) 学校から一番近く、おそらくどの学生も一番利用頻度が高いと思います。 他のモールは比較的、外国人や、やや中級層向けなのに対し、 こちらのモールは現地の人も数多くいます。 【購入できるもの】 ・スーパーマーケットでコーヒーやジュースなどの食料品 ・シャンプー、石けん、トイレットペーパー、歯磨き粉などの日用品 ・電気屋も数店鋪あるのでSIMカードや現地の携帯も購入できます。 ・文房具も2店鋪あり大抵は事足ります。 またこのNepo Mallの近くにはNepo Quadという綺麗目な外国人向けのレストランが10店鋪程並んだ通りがあります。 ・Nepo Quad この辺にいるとフィリピンにいる感覚が無くなります。 食事は200~400ペソ程、 飲み物が70~150ペソ程です。 スタバもここにあります。 スタバは120~250ペソ程です。 ネットが使えるカフェも数店有るので重宝しています。 ただフィリピンのカフェの飲み物はほとんどが驚く程甘いので 私はアメリカンコーヒーくらいしか選択肢がありません。。 甘党の人はいいかと思いますが。 特に甘くない紅茶(アイスティー、ミルクティー、レモンティーなど)は フィリピンでは飲めないと思います。 よく行くカフェK-cafeの店内。 明るい昼間はライトはついていません。 冷房が死ぬ程かかっているので長袖必須です。 外国人向けレストランが並んだNepo Quad。 ここが無かったらCIPの生活はかなりつらい物になっていたと思います… 感謝 他のお店のパスタ。 パスタは学校ではほとんど出ないので外で食べる時はつい頼んでしまいます つぎにもう一つのモールについてご紹介します。 […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP : コースと授業内容について

クラーク留学CIP : コースと授業内容について   校内の壁に色を塗っている人を結構な頻度で見ます。 基本ビビットカラー。 ちなみに私の部屋の色はモスグリーンです。 皆さん こんにちは!   クラークCIP校レポーター keitaです!!!!! 今回は   コースと授業の内容について   書きたいと思います。 コース+授業内容は個々で皆違うので 一つのモデルケースとして参考にして頂ければ幸いです。 【コースについて】 まずコースについてです。   ●コースの違い● ネイティブティーチャーのマンツーマン フィリピンティーチャーのマンツーマン グループクラスをそれぞれどのくらいの割合で何コマ取るのか の違いになります。 (TOEIC、IELTS、ビジネスコースはまた違うのかもしれませんが ちょっと周りにそのコースの方がいないので情報をお伝えできません。。) 基本的なコースの情報はフィルイングリッシュのCIPのページに載っている通りでした。   私はIntensiveAコースなので、 ネイティブ2コマ(1コマ45分です) フィリピン3コマ ネイティブグループ2コマ の計7コマです。   個人的な感覚では実際に二週間こなしてみて、7コマはちょうどよい量、 時々、もうちょっと授業があってもいいかなと感じます。   もし足りない場合は、まだオプションクラスは試してみていないのですが、 それもプラスで無料で受ける事もできるので疲労具合によって調整ができそうです。 ●コースの人気度● 話を聞いて見ると、やはりIntensiveAとIntensiveCが多いイメージがします。 また個人的な意見ですが、英語初級者の方は最初はStart Leanerで数ヶ月後から Intensiveに切り替えるのも有効な手だと思います。   ネイティブティーチャーはやはりリスニングの難易度が少し高いです。 ネイティブティーチャーも私みたいな初級者相手にはレベルを合わせて ゆっくり簡単な英語で話してくれるのですが、 個人的にはフィリピンティーチャーの方がよりシンプルでわかりやすい印象を受けました。 【授業内容】  ●1限目● ネイティブティーチャーの1to1授業です。 […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP : 一日のスケジュール

クラーク留学CIP : 一日のスケジュール   皆さん こんにちは!   クラークCIP校レポーター keitaです!!!!!! フィリピン留学が開始して2週間目です。   フィリピンでの生活には少し慣れて来て、 一人でトライシクルに乗れるレベルにはなりました。 ※トライシクル→バイクタクシーみたいなもの   今回は 私の平日1日のスケジュール を紹介したいと思います。     フィリピン留学生たちが毎日どのように過ごす事になるのか 気にしている人も多いと思うので、参考になれば幸いです。 【平日1日のスケジュール】 起床 まず朝は7時頃起きます。   朝食 一時間目開始が8時50分。 それまでにシャワーを浴びて朝食を取ります。   朝食の時間:7時半〜9時   9時になると閉まります。 それまでに食べ終わらないといけません。   ある日の朝食 食事については、 あとでまとめて記事にしますが 普通に美味しいので心配する必要は無いです。 午前授業開始 8時50分からは、私の場合4つ続けて授業があります。   45分授業 + 5分休憩が4セットです。   各自スケジュールはバラバラです。 午前は何も授業が無いという人もいます。 休憩時間の様子 授業と授業の間の休憩時間にはたくさんの生徒が エントランスで会話したり 次の教室に向かったりしています お昼休み 4つ授業が終わると12時5分になり、お昼休みです。   […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP : 学校の印象について

クラーク留学CIP : 学校の印象について   CIPには大きい体育館があり、 放課後はバトミントン、卓球、バレー、 バスケットなどができます。 皆さん こんにちは!   クラークCIP校レポーター keitaです!!!!! フィリピン留学生活が始まって1週間がたちました。   先週の金曜日は朝からプログレステストがありました。   プログレステストは午前中で全て終わり、 午後はフリータイムでした。   プログレステストの事はまた別の機会に書こうと思います。 今回は 学校到着後の印象について   書こうと思います。   学校の紹介文だけではわからない所も多いと思いますので、 細かい所を紹介していければと思います。 【結論】 CIPは規則がしっかりしている 校内も整備が行き届いている とても感じのいい印象を受けました。 中庭 日陰にベンチがあります。 プールもありました。 時々塩素消毒をしているみたいです。 時々入って遊んでいる人がいます。 到着日にまずオリエンテーションが書かれた A4のプリントの束を貰います。 (日本語だったので安心しました)   まず、読んでいない事による不利益は保証しないと表紙にあります。 中には在学中に守らないといけない規則が書かれています。   それを破ると罰則がある事も書かれていました。   【罰則について】 数日間強制自習や外出禁止 4回罰則を破ると返金なしの強制退学 になるそうです。   生徒は規則はしっかり守らないといけません。 「読んでいない事による不利益は保証致しません」 恐い。。 【かなり小言な規則】 口臭や汗臭くならないように気をつけて下さい […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP : 日本の空港から学校まで

クラーク留学CIP : 日本の空港から学校まで 出発地の成田第3ターミナル サインが陸上トラックの様で面白い! 皆さんこんにちは! CIP校レポーターkeitaです。 フィリピンに着いて5日目になりました。 まだまだ慣れない事も多いですが引き続き頑張ります! 今回は初日の、 日本の空港から学校に着くまでの間の出来事 をご紹介しようと思います。 (トラブルがあって結構大変でした、、)   初めての体験で不安な方もいると思うので、 この記事で少しでも学校までの道のりや雰囲気を掴んで頂けたら幸いです。 【航空券について】 まず航空券ですが、私はなるべく安い航空券を探しました。 一般的に早く取った方が安いと言われているようなので、 行く予定の方はすぐ探す方がオススメです。 私はフィリピンへの出発3ヶ月くらい前からチェックして、 安い便が出たタイミングで購入しました。   私が購入したのは、   ★行き★ ジェットスター 成田11:35発→関西経由→マニラ23:25着 ★帰り★ セブパシフィック マニラ05:20発→成田10:35着   の航空券を購入しました。 往復で4万3千円程でした。 ジェットスターの公式サイトは料金を設定し、 それを下回る航空券がでたらメールが来るシステムがあり便利だったのでオススメです。 私は地元の新潟から出発。 (前の日に深夜バスに乗って東京入り) 東京駅から成田空港バスで成田第3ターミナル行き。   ここで一つトラブルがありました。   【深夜バスでのトラブル】 大きいスーツケースが載せられない深夜バスという事に直前で気づきました。 (トランクに乗せられるサイズが3辺合計120cmまででした。。) 出発6時間前ぐらいに別のバスを予約しました。 念のため皆さんもご注意ください! 【東京→成田空港】 東京駅から出発する成田空港バスは1000円程で、ネットで予約できました。 予約無しでも乗れそうでしたが、予約者の方が優先で乗れる感じでした。 念のためバスのwebサイトをご確認ください。 乗ったのは7時10分のバスで、ほぼ満員でした。 【成田空港第3ターミナル】 無事に成田空港に着き、チェックインも済ませて荷物も預けました。 出発は第3ターミナルでした。 […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP : 自己紹介

クラーク留学CIP : 自己紹介 本日CIPに着きました 結構森の中にあります    【ご挨拶】 皆さん はじめまして! 阿部啓太と申します。 今回フィルイングリッシュさんから入学手続きをして頂いた ●●クラークCIP校●● で学生レポーターをすることになりました。   皆さん、これから どうぞよろしくお願いいたします。 ↑自画像 この記事を読む人は   CIPを検討している人 フィリピン留学は決めていて学校を選んでいる最中の人 まだ行くのは決まっていないけどちょっと興味があって調べてるという人 がいると思います。   今回は、 フィリピン留学に興味があって、実際どういう人が行くのかしら??? とお悩みの人向けに書こうと思います。 【自己紹介】 出身は新潟。 年齢は27歳。   入学時の英語レベルは中学生程度。 現在進行形でかなり大変な思いをしています。 これから頑張って伸ばして行こうとしています。 【留学期間について】 留学期間は4ヶ月にしました。   フィリピン留学について調べていたところ 3ヶ月が一つの目安という情報が多くあり、 私は少し不安だったので+1ヶ月して4ヶ月にした感じです。   ただ4ヶ月もいると飽きるのではないかという不安もあり、 それについては今後報告して行きたいと思います。 【フィリピン留学を決めたきっかけ】 私が何故フィリピン留学に行こうと決断したか言います。   人が留学に行きたくなる理由は様々だと思うのですが、   僕の場合は 手っ取り早く英語に慣れたかった 人生で一度は海外で働いてみたい欲求が昔からあった 今27だし行くなら今かなと思い切った という感じです。   フィリピン留学後はワーホリビザでカナダに行く予定でいます。 […]

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP校:食事について

クラーク留学CIP校:食事について 今回はCIPの食事をご紹介したいと思います。 とりあえず食事ができる時間をご紹介するとこのようになっています。 朝食:7:30am-8:30am 昼食:11:30am-1:00pm 夜食:5:30pm-6:50pm 土日や祝日は朝食と昼食の時間が平日とは異なるので注意が必要です。 朝食:8:00am-9:00am 昼食:10:00am-1:00pm 百聞は一見如かずということで、二日分の朝昼晩ごはんの写真でご紹介していきます。 朝食(水曜日) ビビンバ、鶏の揚げ物、豚肉、チップ、サラダ 昼食(水曜日) チキンマヨ サラダ スイカ いもの天ぷら 夜食(水曜日) ごはん スープ 鳥のからあげ 豚肉とたまねぎ パパイヤ 朝食(木曜日) オムレツ スープ ミートボール サラダ きゅうりの酢漬け 昼食(木曜日) ガーリックライス からあげ ポテトフライ ピザトースト 味はけっこうおいしくて、日によって日本人向けのご飯や韓国人向けのご飯、フィリピン料理などバラエティ豊かな食事が提供されるので、飽きることなく食事を楽しむことができています。 またCIPではビュッフェ方式となっているため、お腹いっぱいになるまで何度でもおかわりを楽しむことができます。いっぱい食べたい私にはとてもうれしいサービスです。 人によっては日本からふりかけやお茶漬けを持参して楽しんでいる人もいます。 日本人だけでなく、中国や韓国からも食べるラー油や韓国のりを持参してきている人がいるので、分けてもらったりして楽しんでいます。 食事の雰囲気はいつもこんな感じで、みんな適当に集まって楽しく食べます^^ それでは本日はこの辺で失礼いたします。

>> More

Clark | CG
セブ留学CG校:寮とWi-Fi環境

セブ留学CG校:寮とWi-Fi環境 皆様こんにちは! 今日は寮とCGのWi-Fi環境についてレポートします。 CGの寮は1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋があります。 いずれも敷地内にあるので、授業の合間の休み時間は部屋に戻ることも可能です。 但し、ベッドに横になったが最後、昼寝して授業をサボることにならないようご注意を。 私もあー疲れた!と横になった瞬間に寝てしまい、気がついたら授業が始まっていたことが… 当然、1人部屋が1番留学費用が高くなります。 CGはドル建てでの計算になっていて、1番ポピュラーなIntencive ESLコースの場合 8週間の留学費用は(フィルイングリッシュさんのHPより) 1人部屋 3200ドル 2人部屋 2900ドル 3人部屋 2800ドル 4人部屋 2700ドル といった具合です。 1人部屋は日本人の、それも企業からの派遣で来る人がよく入っているようです。 私は4人部屋で、コリアン2人(28歳、24歳)と日本人2人(21歳、40半ば)の構成で 前にも書いたように、お互いあまり干渉しないためか、なんとも快適に暮らしています♫ このところ、誕生日が続いたので、ケーキを買ってきて女子会をしたりと、楽しい部屋です。 2人部屋だとすごく仲良くなる可能性もある一方、クーラー問題などで、 1人が寒がり、1人が暑がりな場合は、結局どちらかが1人部屋に移る…なんてこともあるそうです。 どの部屋を選ぶにしても、ルームメートとはお互い譲れるところは譲って、細かいことは気にしない、 おおらかな気持ちでやっていきましょう! 結構、みんなうまくやっていますし、いざとなったら部屋を変えればいいので、心配いりません! 先日、うちの部屋では、帰国する人たちから譲り受けたものを置く、Donation cornerを作りました~ ほかの部屋の人も、気軽に持って行ってもらえるよう、Unitの入口においてあります。 お互い有効利用しましょう! さて、寮の中を紹介します。 寮はメインの敷地内にある比較的古い寮と、1本道路を隔てた新寮の2つがあります。 CGの寮はヨーロピアン調で特徴がありますね。 こちらはプールサイドにある古い寮。授業の合間に戻る時もすぐです! こっちは私が住んでいる新寮。比較的新しめです。 1人部屋、2人部屋は2階、3人部屋と4人部屋は1階にあり、 3人部屋は古い寮、4人部屋は新寮に設置されています。 では2人部屋からご紹介します。 2人部屋の写真はご覧のとおり。 ベッドが2つ、机が2つです。 トイレとシャワーは2階にある1人部屋、もしくはもう一つの2人部屋と共有になります。 3人・4人部屋には各部屋にトイレとシャワーがあるので、 一つのトイレとシャワーを共有する人数は個室・2人部屋も同じくらいになりますね。 バッチの男の子にお願いして写真を撮ってもらいましたが、 やっぱり男部屋はシンプルですね~。物が少ないです(笑) 2人部屋にはバルコニーが付いています。 が、おとぎ話のお姫様よろしく、外に出ている人をあまり見たことがありません。 暑いですからね。 こちらは2階の個室と2人部屋用のトイレ&シャワー。 ちなみにCGはトイレとシャワーは分かれていません。 一方、私の住む4人部屋はこちら。 …机が物と服で溢れかえっていますが、まあ女子の身だしなみということでご勘弁を。 4人部屋は1番広く使えて、ベッドと机の間に人が通る十分なスペースが ご覧のようにあります。 シャワーとトイレも1番広いです。 個室と3人部屋の写真はないのですが、3人部屋は古い寮に設置されていて、 […]

>> More

Clark | CIP
クラークCIP 各コースについて

クラークCIP 各コースについて 本日は各コースについて紹介したいと思います。 CIPには様々なコースが存在しており、入学する段階でどのコースが良いか迷ってしまうかと思います。そこで今回は学生数名にインタビューを行い、自分のコースについてどう感じているか調査をしてみたいと思います。 まず事前知識としてCIPには大きく分けてコース(目的?)が4つ存在します。 ・ESL(English as a second language: 第二言語としての英語)・ ・TOEIC ・TOEFL ・IELTSです。 自分が何を目指すかである程度は決めることができるのではないでしょうか? 私はというと将来のためにビジネスコースを選択しており、ビジネスで使う英語やビジネス用語、ロールプレイングなどを先生と取組み、実践的な英語を学習しています。 長所は一対一でのネイティブクラスが2コマ受講できることと、毎週水曜日に行われるシミュレーションテストを無料で受講できることです。 (各テスト点数保証をうけている全ての生徒も無料で受講可能です) 残念ながらCIPでビジネスコースを受講している生徒は2人のみとなっており、情報の共有が限られてしまっていることです。 現在は、7割ほどの生徒がESLコースを選択しており、3割がTOEICやTOEFLなどの特殊コースを選択している状況になっています。 それでは他の生徒にインタビューをした結果を見てみましょう。 以下が質問群です ① どうしてCIPを選んだのですか? ② どのくらいCIPに在籍する予定ですか? ③ あなたのコースは何ですか? ④ 自分のコースの良いところは何ですか? ⑤ 自分のコースに満足していますか? 韓国の男の子(KEY) ① スパルタ校ほど厳しくなく、カリキュラムが整った学校を探していたときに、CIPのウェブサイトを見つけました。他のホームページと比較して、コンテンツも充実しておりカリキュラムも確立されていたので選びました。 他国籍というのもとても魅力的でした。また、ネイティブ講師が在籍しているということはあまり重視していませんでした。 ② 3ヶ月です ③ Intensive Cです。 ④ CIPでのフィリピン留学を経験した友人にintensive Cコースは他コースと比較してコストパフォーマンスが良いと聞いたからです。 ⑤ はい、ネイティブ講師との一対一のクラスは一つだけですが、オプショナルクラスで彼らの発音になれる訓練ができるので満足しています。 ベトナムの女の子(HANNAH) ① もちろんネイティブ先生がいるからです。私の目標の一つは発音の強化なので、CIPはとても魅力的でした。また、環境も他と比較して良さそうだったからです。 ② 11週間です ③ 序盤はIntensive Cを選択しており、現在はIntensive Aを選択しています。 ④ […]

>> More

Clark | CIP
クラークCIP レベルチェックテストについて

クラークCIP レベルチェックテストについて 本日はプログレステストについてご紹介したいと思います。 まずプログレステストとは言いかえるとレベル分けテストのことで、CIPでは月に一度(最終週の金曜日)行われるものです。毎月比較することで、自分の英語がどれだけ向上したかを確認できます、また、このテストは入学したときのレベルチェックテストとしても行われます。 テストは受講しているコースごとに異なり、ビジネスコースを受講している私はTOEICのテストを受けてきました。(あくまで教材からの出題で、結果はオフィシャルなものではありません) テスト形式について簡単にまとめると TOEICコース→TOEICテスト ビジネスコース→TOEICテスト TOEFLコース→TOEFLテスト IELTSコース→IELTSテスト ESLコース、その他→オリジナルテスト(グラマー、ボキャブラリー、ライティング、リスニング、リーディング、スピーキングの6テスト) となっています。 テストを受けた感想としては、日本で受けるTOEICよりもリスニングの速度が速く、レベルが高いテストとなっているため、良いトレーニングにはなりますが、オフィシャルテストでの本当の実力が分からないなと思いました。 (毎週水曜日にシミュレーションテストというアンオフィシャルなテストが行われ、速度も実際のものと同じなので実力はそこで確認できます。) 当日の午後には結果が掲示板に張り出されます。夕食頃には学生がぞろぞろ集まりテスト結果を話の種に盛り上がります。点数の公開方法ですが、名前ではなく学生IDでの確認なので、個人的な点数を知られる心配はなく、友達同士のみで共有することもできます。 写真暗くてすみません!! ちなみに私のTOEICスコアは同じテストを受講した生徒の中で一番でした! 私の友達も満足のいく結果だったようで、喜んでいました。 それでは今日はこれで失礼いたします。また次回の更新をお楽しみに!

>> More

Clark | CIP
クラークCIP 国際比率

クラークCIP 国際比率 こんにちは、先週は友達とアラヤに山登りに行ってきました! 頂上までの道のりは大変急で皆へとへとでしたが、天候と気温に恵まれて、リフレッシュできる一日となりました。 さて、本日はCIPの国際比率についてご紹介したいと思います。 まず一番初めに私が感じたことは国際色豊かな学校だということです。 前回の留学で滞在していたMMBSでは日本人と韓国人が5:5くらいの割合で在籍しており、国際色も乏しいものでした。そのため、授業外では日本語を使いがちになり、せっかくの留学という機会を活用できていない感じもありました。 しかし、ここCIPでは国際色が信じられないくらい豊かなものとなっており、英語を使う機会だけでなく、お互いの文化を知り合うこともできるので、とても良い経験ができています。 まず、その国籍を紹介すると、「日本人30%、韓国人30%、台湾人20%、ベトナム人10%、タイ人2%、香港人2%、ロシア人2%、スペイン人2%、ドイツ人2%」となっています。 これに先生も加えると、「フィリピン人、アメリカ人、イギリス人、オーストラリア人」となり、10か国を余裕で超えています。 そのため、どこか出かける時も、必ずと言えるほど他国から来た生徒と一緒になり、英語を使ったコミュニケーションが求められます。また、国によりアクセントが異なるため、リスニングの強化には最適です。 特に私はビジネスコースを選択しており、将来ビジネスで英語を使うことを意識しているため、世界中の英語の発音を聞くことができることにとても満足しています。 初めは苦手だったベトナム人の発音も最近になってようやく慣れてきたように思います。 ルームメートも多国籍になるように意識されているようで、私の部屋には私の他にベトナム人と韓国人が配置されています。 校内でも私は特に他国から来た人と積極的にコミュニケーションをとろうと心がけているため、私の場合、生活の80~90%は英語を使用できているのではないかと思います。 彼らが母国語で会話を始めてしまうこともあるので、理解できずに退屈な時間を過ごすこともありますが、そんな時は「それどういう意味?今何と言ったの?」と英語以外の言語も教えてもらうようにしています。 逆もまた然りで他国からの生徒も日本語を学ぼうとしてくれるため、CIPの生徒は英語だけでなく中国語や韓国語、日本語で自己紹介できる人が少なくありません。 これは本当に面白いなと感じた点で、CIPならではなのではないでしょうか。 このようにCIPには様々な国から様々な人々が集まるため、本当に面白いコミュニティが出来上がっています。是非CIPに入学してこのコミュニティに混ざってみませんか。 それでは本日はこの辺で失礼します。また次回の投稿をお楽しみに!

>> More

Clark | CIP
クラークCIP 講師について

クラークCIP 講師について こんにちは本日はCIPの講師についてご紹介したいと思います。 まずこれまでの記事でもご紹介したように、CIPの大きな特徴として、英語を第一言語として使用するネイティブの先生が12人在籍しており、スラングや自然なイディオムといった、より実践的な英語を学ぶことができます。 以下が現在在籍しているネイティブ先生の写真です。 他にもフィリピン人講師が数多く在籍しており、どの先生も十分な英語能力で楽しく英語を教えてくれます。 今回はその中でも私が個人的にお気に入りの先生をネイティブ講師、フィリピン人講師から一人ずつピックアップしてインタビューをしてみました! まず初めにフィリピン人講師のジェーン先生です。(写真 左) ジェーン先生はCIPで英語講師として9年間も在籍しており、かなりのキャリアがあります。 Q‐英語を教えるうえで最も重要視していることは何ですか?? A‐知識の持続性です。授業が終わった後も生徒が外で実践的に使える英語の教育を重要視しています。 Q-沢山の生徒を教えるうえで重要なことは何だと思いますか? A-生徒にあったレッスンプランを立てることです。生徒によって性格だったり、効率的な指導方法というものが異なるので、この作業はとても大切にしています。 また生徒のモチベーションをキープすることも大切にしています。高いお金を払ってきてもらっているので、がっかりさせないように、やりがいのある楽しい授業を心がけています。 Q‐CIPへの入学を考えている人たちに何かメッセージをいただけませんか? A‐私たちCIPの教育プログラムは他と比べても誇れるものだと思います。私はTOEICやTOEFLなどの強化を主に担当しているのですが、どの生徒さんにも大変満足していただいており、リピーターとして戻ってくる生徒さんも少なくありません。先生もとてもフレンドリーでモチベーションの高い先生ばかりなので、後悔することは無いでしょう。私たちと一緒にCIPで勉強しましょう。 次にネイティブ講師であるイギリス人のサイモン先生にも聞いてみました。この先生は先月ベストティーチャー賞を受賞しています。 Q-英語を教えるうえで最も重要なことは何ですか A-イギリス人という私の特徴を活かして、英語だけでなく私の国に関する様々なことを知ってもらうように心がけています。ヨーロッパについてや、IELTSテストなどについても詳しいので英語を使いながら様々な文化に触れてもらえるように気をつけています。 Q-なぜフィリピンで英語講師になろうと思ったのですか? A-まず自分の知識や経験を活かしてイギリスではない海外で働きたいと思っていたからです。そして、オンラインの職業テストで私に最適な仕事は講師であると診断されたため、CIPで講師として働くことを決めました。現在はとても楽しく講師という誇らしい仕事ができています。 Q-CIPへの入学を考えている人たちに何かメッセージをいただけませんか? A-最近では英語は世界の主要言語として位置付けられているため、どの国にとっても英語を勉強し、使いこなすことはとても重要です。 バックグラウンドに関係なく、私たちはどんな人でも歓迎します。一緒に英語を勉強して新たなステップを踏み出しましょう。あなたの成功は私たち先生の成功でもあるのですから! 今回インタビューを受けていただいた先生に限らず、どの先生もそれぞれポリシーを持っており、私たち生徒の目線でわかりやすい授業を全力で行ってくれるため、満足のいく留学となるのではないでしょうか。 それでは本日はこれで失礼いたします。次回は国際比率についてご紹介します!お楽しみに

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP校:グループクラスについて

クラーク留学CIP校:グループクラスについて 実はこの間の13日は私の誕生日で、22歳の誕生日を迎えました。 サプライズケーキを用意してもらったり、沢山の友人からプレゼントをもらったりすることができて、とても思い出に残る日となりました。 特に香港から来た友達に“どん兵衛”をいただいたのが一番興奮しました。こちらでは高価で手が出ないので大事にいただきました。 さて、今回は私の受けているグループクラスについて紹介したいと思います。 ここCIPのグループクラスは、ネイティブスピーカーが担当しており、属しているコースに拘わらず、全ての生徒がネイティブの先生の授業を受けることができます。 私は1日に2つのグループクラスをうけており、Zarah先生から”Speaking and Expression”の授業、Rob先生から”Ted Talk”の授業をうけています。 まずZarah先生のクラスでは主に一つのトピックについて、みんなでディスカッションをします。これまで行ったディスカッションについて例をあげると、罪と刑罰について、社会問題について、恐怖症について、などニュースを見るうえで重要になりそうな重要単語とともにスピーキングを学んできました。 Zarah先生はとてもテンションが高い先生でいつでも明るく授業をおこなってくれます。たまにはさんでくる冗談や変顔でいつも良い雰囲気で授業を受けられています。週に2回ほどはみんなでジェスチャーゲームをしたり、ボードゲームをして英語を使いながら楽しんでいます。 次にRob先生のグループクラスです このクラスでは”Ted talk”となっていますが、実際にはニュースの記事を読み合わせて、それに沿ってディスカッションするクラスとなっています。 これまで話し合ったトピックは”金持ち病”、”apple music”、”世界の認知症の割合”などです。Rob先生はとても穏やかな性格の先生で全ての生徒にわかりやすいようにゆっくりと授業を進めてくれます。 私はディスカッションが苦手で自分から発言することが中々できないのですが、このクラスではターン制で発言する機会が用意されているので、助かっています。 他にも様々なグループクラスが存在し、自分のレベルに合わせてコースを変更することができるようになっています。 それでは本日はこの辺で失礼いたします。また次回の更新をお楽しみに!

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP校:学校周辺

クラーク留学CIP校:学校周辺 みなさんこんにちは私の留学も半分が過ぎ、いよいよ残すところ1ヶ月となりました。 日本ではそろそろ本格的に寒くなり冬入りといったところでしょうか。 フィリピンはというとイメージどおり暑い日が続いており、現在でも気温25度以上で毎日暑さとの戦いです。 さて今回は学校周辺の施設を紹介したいと思います。 オフィシャルウェブサイトでもなかなか詳しく情報が、公開されていない貴重な情報かと思います。そのため今回みなさんがCIPでの生活をイメージできるようにご紹介できればと思います。 まずこちらはCIPから一番近いネポモールです。(トライシクル:約5分-40ペソ) このなかでは様々なお店が入っており、食料品から洋服、靴、電子機器など手に入ります。また、換金所もあり、多くの新入生がここで両替を済ませます。 距離によって交通費も変わってくるので、だいたいの日用品はこちらで買っています。CIPからもネポモールまでの無料の送迎バスがでておりますので、私はいつもそちらを利用して買い物に行っています。 ちなみにネポモール周辺にはたくさんのレストランが存在します。 学校の食堂の料理に飽きた生徒たちがよく訪れており、私も先日友達とピザを食べにいきました。 次に紹介したいのはSMクラークです。 SMはフィリピンで一番に有名な大型ショッピングモールでスポーツ用品店や、大型家電店までそろえており、ネポモールでは手に入らないものも揃えています。私個人的には訪れることは少ないのですが、CIPから無料の送迎バスもでているため、ショッピング好きな女性には良いのではないでしょうか。SMについての情報は他でも見つけることできますので、詳しい情報は是非そちらをご覧ください。ここで私が紹介したいのはSMモールからすぐ近くのバスターミナルです。 SMの近くにはジプニー(フィリピンのバス:基本的に8ペソ)が集まるターミナルがあります。そこからクラーク空港やDAUバスターミナル、アラヤマウンテンなど様々な場所に行くことができるので、交通費を安く抑えた旅行を考えている人にはおすすめです。 次に紹介したいのは、エル・カバヨです。 エル・カバヨとはタガログ語で、聖なる馬という意味で、乗馬を楽しむ場所となっています。 クラーク空港の近くにあり、CIPからもさほど距離がないため、休日のレジャーには最適です。私も先日訪れ、日本ではなかなかすることのない乗馬を楽しんできました。が、その料金は意外にも高く、なかなか長時間楽しむことはできませんでした。 それでもエル・カバヨの近くには他にもダイナソー・パークやジップライン等、乗馬に比べ比較的安く楽しめる施設があるので、色々と楽しむことができるのではないでしょうか。 ここまではトライシクルのみでも行くことができますが、ジプニー(フィリピンのバス)を使うと更に安く済ませることができます。こちらを利用する場合は、SMクラークのバスターミナルでピクニックフィールドと書かれたジプニーに乗ることで行くことができます。 他にも私が調べた限りでは、ボクシングジムや、ボルダリングを楽しめる施設もあるそうです。 SMモールから徒歩5分のところにはYu Fu In(湯布院)というレストランがあり、寿司や牛丼など日本食を楽しむことができます。先日友達とディナーを楽しんできましたが、そのクオリティの高さに驚いたのを覚えています。 いかがだったでしょうか。だいたい自分が良くいく場所を紹介したつもりですが、まだまだ探せば楽しめる場所はたくさんありそうです。ぜひフィリピンへ訪れて、探検してみてください!

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP*英語の使用環境

クラーク留学CIP*英語の使用環境     こんにちは! クラーク留学CIPのレポーター YUTAKAです!!   本日は CIPでの英語環境について ご紹介したいと思います。 私のCIPでの留学生活を振り返ると、80%~90%は英語を使用しているような気がします。 これは私が努力してそうしているのではなく、自然の成り行きでそうなっているように感じます。 というのもここCIPの日本人比率も30%くらいです。 日本人だけのグループというのが珍しく、外に出ると必ず他国の留学生も一緒に話すことになるからです。 つまり国籍に関係なくみんな仲良く一緒に出掛けるってことです。 フィリピン人先生と台湾人とタイ人と日本人でマクドナルドでディナーを楽しみました。 韓国人とベトナム人と台湾人と日本人で果物を食べました。 韓国人と日本人で乗馬に行った帰りのランチです。 私が過去に通っていたTarlacのMMBS校と比較したときに感じる大きな違いがここにあります。 MMBS校では国籍比率が日本人比率50%、韓国人比率50%だったため、日本人だけのグループができてしまっていたからです。 英語を話したいのと反対に日本語でのコミュニケーションを求められることもあったので、MMBSでは悩まされることもありました。 また私がアメリカ、オレゴン州に留学していたときも同様です。 日本人比率も少なくなかった為、同じ国から来た人同士のグループができており、授業以外では日本語を使うことが多かったように思います。 一方で、CIPでは日本人同士でも英語を使うことが当たり前という認識があるため、 「日本人同士なのに英語なんて恥ずかしい」 と思うことも少ないのではないでしょうか。 その意味で、英語のスピーキングでいえばCIP校はとても優れたアカデミーなのではないかと思います。 もちろん、日本人スタッフも4人ほど在籍しているため、困ったときには日本語で相談に乗ってくれます。 なにか問題があれば解決もしてくれるので安心してください。 また、ルームメイトの振り分けも考えてくれているようで、同じ国の留学生同士になることはないそうです。 私は3人部屋に住んでいるのですが、他2人が韓国人とベトナム人と国際色豊かな組み合わせとなっております。 他の部屋も同様なようです。 なので部屋の中では英語の使用が不可避です。 日常の中で一番コミュニケーションをとるので、英語のスピーキング強化にはとても役に立つのではないでしょうか。 ちなみにこの二人、とても勉強熱心で毎日協力しながら一生懸命に英語力向上に励んでいます もちろん使用言語は英語です 。 英語で英語を学ぶ。 かっこいいですね。 CIPにはEOP(English Only Policy)という制度があります。 このプログラムに参加すると2週間英語以外の言語を使用することを禁止されます。また、このプログラムの最終日には英語でのプレゼンテーションが課されるとのことです。 そして見事2週間やり遂げるとCIPからオリジナルTシャツが贈呈されるそうです、自分用のお土産にぴったりですよね。多くの生徒が自身の留学プランの後半に挑戦されるそうなので、私も近いうちに挑戦したいと考えています。Tシャツゲットできたら、こちらでも写真にてご紹介しますね。 それでは本日はこれで失礼いたします。

>> More

Clark | CIP
クラーク留学CIP*寮とWIFI

クラーク留学CIP*寮とWIFI   こんにちは! クラーク留学CIPのレポーター YUTAKAです!!     先週はハロウィンでしたね! みなさんはどのように過ごされたのでしょうか。 私はというと、CIP内で開催されたハロウィンイベントに参加しました。 ダンスチームを組み、ゴーストダンスを披露しました。 4チームが参加し、見事2位になることができました。 他の留学生との仲も深まり、とても楽しいイベントとなりました。 さて、今回は 私の寮とWifiの環境 をご紹介したいと思います。     まずこちらが、私が暮らしている寮となります。 3人部屋です。 他よりも比較的広い作りとなっています。 ・机 写真をみてもらうとドアをくぐって、正面左側にそれぞれテーブルが振り分けられております。 そこに私物を管理したり、勉強をしたりします。 ・クロゼット また、入り口すぐ左側にはクローゼットが備えられております。 洋服はここに管理しています。 右側には各自のベッドがあります。 入り口すぐ右にはトイレとシャワールームがあります。 ・冷蔵庫 そして私がCIPの寮について一番感動したことは冷蔵庫が備え付けられていることです。 前回フィリピン留学したMMBSでは無かったものなので感動しました! 大好きなコーラを冷やして飲めるので大満足しています! 他にもアイスクリームを冷凍したりもできます。 常夏のフィリピンではとても重宝しています。 またエアコンもフィリピンでの必須アイテムですね。 これがないと暑くて眠ることができません。 テレビも備え付けてありますが、一度も使ったことありません。 友達も同様で、基本的に節電のためにコンセントを抜いているそうです。 このように、普通に生活する分には十分な家具が備え付けてあります。 しかし、電気代は各自で支払うことになるので、節約したい人は考えて使用する必要がありますね。 私の場合は考えずにガンガン使用してしまっていますが。 ・トイレとシャワールーム こちらはユニットバスのようになっています。 どの留学生レポートでも言われていることですが、フィリピンのインフラは日本の十分に整っていません。 トイレットペーパーを流すことはできません。 隣にあるゴミ箱に捨てます。 最初は気持ち悪かったです。 が、もう慣れました。 ちなみにこちらは友人の部屋で女子寮となります。 散らかってますね。。 最後にWifi環境です。 CIPではみんなが快適にWifiを利用できるように大きいデータファイルのダウンロードやオンラインゲームをしないように注意しています。 そのため、ネットサーフィンやyoutube動画の視聴くらいでしたら朝昼晩関係なく、何時も快適に使用できます。 建物や部屋によっては私の部屋のように […]

>> More

Manila |
⑯C21での8週間の留学生活のまとめ

⑯C21での8週間の留学生活のまとめ こんにちはC21学生レポーターの市川です。 今回の記事で、私が作成させていただいた記事は16個目を迎えました。マニラに来てからは8週間がちょうど過ぎ、授業の回数は約40日分こなしたことになります。そして今回は一旦記事のお仕事は終了なので【C21での8週間の留学生活のまとめ】に関して書かせていただきます。 <C21を選んだキッカケは?> そもそも私がC21に留学するキッカケとなったのは、フィルイングリッシュさんのホームページで学生レポーターと記載された項目を発見したからです。そして、フィルイングリッシュさんが募集している学校の中で一番自分の条件に合った学校がC21だと感じたのでC21にすることに決めました。 私がC21に最初に抱いていたイメージは、講師のスキルが高く生徒が大勢いて、日本人以外の留学生も多数在籍しているということでした。もちろんそれだけではなく、立地や治安、価格、口コミなど何度もチェックしていました。学校の情報の中でも口コミはリアルな声なので一番留学生にとって重要な情報だと感じていました。そのため、私はフィルイングリッシュさんのサイトだけではなく、他社の留学サイトで口コミなども確認しました。 C21にする!っと決めてからのフィルイングリッシュさんのメールの対応も早く、きちんと24時間以内、遅くても翌日にはメールの返信をいただけておりました。また、私の留学する期間が少し遅れるようになってしまいレポーター業務の期間を相談したところご配慮をしてくださり大変嬉しく感じたことを覚えています。 <2カ月間滞在して感じたC21の良いところと悪いところを本音で伝える> ・良いところ それでは、まず良いところをご説明していきます。個人的にこれはいいな〜っと思ったところを書きます。 ①英語寮から見える夕日がきれい。真っ赤に染まる日に涼しい風を浴びているとゆっくり流れる時間を感じれるので落ち着きます。 ②トイレットペーパーが流せる。学校では流せないのでたまに便器に紙を落としてしまったりなんかするともう最悪ですよね。自分で紙を回収しないといけませんので。私は3回ほどミスしたことがあります。ただ、英語寮では日本同様に利用できるので安心してください。 ③水道水が意外と大丈夫。私がカンボジアやベトナムに行った際には水道水なんか口にするとけっこう簡単にお腹を壊してしまうんですが、フィリピンの水道水はうがい程度でなら全く問題ありません。 ④学校と英語寮にウォーターサーバーがある。もしウォーターサーバーがなかったら毎回ペットボトルを購入しなくてはいけませんので、お金はかかる上にかなり手間ですよね。学校と寮にはウォーターサーバーがあるので私はとても嬉しかったです。 ⑤イベントが多い。スポーツ、ボランティア、外食、卒業パーティーととにかく思い出作りができ、新しい経験のできる学校です。 ⑥講師のスキルが高い。先生によってもちろん指導レベルが異なります。私もそうでしたが、いざ講師変更をするといってもどの先生が適しているのかわかりませんよね。その場合、スケジュールを管理している先生が自分に合った 先生をオススメしてくれます。お試し期間が数日あり相性が合わなかったら相談することも可能です。 ⑦融通が利く。講師変更、授業変更、食事の変更など環境に関することでご相談した場合、C21はとても親切に対応してくれ、数日後には反映してくれます。 ⑧EOP制度がある。基本的に英語しか話してはいけませんので、勝手に会話の引き出しが増えていきます。 ・悪いところ ①Wifiが繋がらないときがある。日本に比べたらもちろん悪いです。(以前私が掲載した記事にもWifiに関して載せてあります。)Wifiが止まったり、動いたりします。ただ、繋がっているときは快適に使えます。Wifiがなかなか繋がらないときは時間を置くか、部屋を移動するかして工夫しなくてはいけません。 ②食事が美味しいとまではいかない。苦しむことなく平然と食べられるレベルなので、毎日嫌な思いをすることはないと思います。日本の味が恋しくなるのでふりかけやスープ等持参してくるといいかもしれません。料理される方は、ウェイパーなどの調味料があれば便利かと思います。 ③寮と学校まで車で移動する。1日2往復(片道10〜20分)します。お昼の時間にはご飯を食べに戻るだけなので面倒に感じることはあります。私の場合すぐ慣れましたし、移動時間も音楽を聴いて勉強したり、考え事したりと時間を工夫して使っていました。 悪いところもありますが、Wifiはたまに繋がらなくなるときがあるだけで基本的に使えますし、食事も改善してくれますし、移動時間もそんなに苦に感じることはありません。すごく嫌だ!二度と来たくない!という風に思うことはないと思います。 <2カ月間滞在して思うこと> ①英語で話す抵抗感がなくなった。始めはほとんどの会話が続かず声をかけても話が弾まないので苦労しました。ただ、現在は文法をよく間違えますが日常的な会話ができるようになってきたので誰とでも気軽に話せます。 ②朱に染まった。もともとC21はスパルタではないので超スパルタを希望していた僕は徐々に勉強の密度が薄くなっていきました。目的を持ってハードにこなしている生徒が少数いれば、宿題のない日は自習をあまりしない生徒もいます。注意すべきなのは自分の目線、比べる対象を自然と周りの人にしてはいけないということ。何の為に来たのか、どこまで英語力を伸ばしたいのか、そのために何をすべきか、自分に問いただして自分の目的を見失わないことが大事だと思います。そう毎日サボりそうな自分に言い聞かせています(笑) ③留学前に徹底的に中学英語の文法と単語は学んでおくべき。日常英会話の基本的な文法は中学英語がわかれば問題ありませんし、単語も中学英語で十分です。日本で学んだことをフィリピンに来て会話の中で使っていけば、落とし込みができ自分に定着していきます。 ④日本でもう少しお金を節約しておけばよかった。思った以上に費用がかかってしまい、フィリピンに来て節約するようになってしまいました。フィリピンの方が物価が安いですし、土日などはカフェに行って集中したり観光したりとこっちでお金を使えばよかったと感じました。 <最後に一言…> 短い2カ月間という期間でしたが記事をご拝見してくださった方々ありがとうございます。また、記事作成の経験を詰ませていただいたこと、学費の免除の適用等フィルイングリッシュさんには感謝しております。もしご縁がありましたらまた留学の際にはフィルイングリッシュさんを経由させていただきたいと思います。 これで【C21での8週間の留学生活のまとめ】に関する記事は終了します。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

>> More

Manila | C21
⑮C21の学生マネジャーのご紹介

⑮C21の学生マネジャーのご紹介 こんにちは C21学生レポーターの市川です。 今回の記事ではC21の学生マネジャーに関してご紹介させていただきます。 みなさんは留学をされる前に、誰も知らない人がいる環境で不安にはなりませんでしょうか? もちろん学校には先生方がいるので学生マネジャーと同様に親切に対応してくれます。ただ、先生方は日本語が喋れないので緊急の用事などは日本人学生マネジャーのナオトに相談することになります。また、学校以外のプライベートな面でも学生マネジャーは同じ寮に住んでいる際に留学生のサポートをしてくれるので、買い物や外食をしたい際には相談をするといいかもしれません。私は、留学当初買い物に付き合ってもらったり、寮の規定事項の確認など学生マネジャーさんに気軽に確認することができたのでとても安心でした。 現在、c21には学生のマネージャーが2名おり、韓国人1人、日本人1人で構成されています。私と同じ英語寮1に住んでいるマネジャーは韓国人マネジャーのダニーと日本人マネジャーのナオトです。今回は身近にいるそんな2人のことをご紹介させていただきます。 ・韓国人マネジャー:ダニー ダニーは、C21に4カ月間滞在しており学校では3時間勉強、6時間オフィスでワーカーとして働いています。ダニーは普段から明るく留学生の面倒見がよく先生からも生徒からもとても信頼をされています。私が初めて寮を訪れた際にはダニーが優しく案内してくれたことを覚えています。 ・C21の良いところとは? ダニー「C21は先生が良い。生徒に英語を教えるスキルが高いし、性格も良い先生ばかりです。それにC21ではアクティビティが豊富に行われていて、生徒達が交流できる仕組みがたくさんあります。それはC21の大きな魅力だと思う。生徒が卒業する際には学校のみんなで生徒を祝い、ムービーや写真を撮ってもらえる文化が学校にあるのもC21の魅力です。」 ・日本人マネジャー:ナオト ナオトは、C21に今年の5月から来年(2016年)2月までC21のマネジャーとして滞在予定となっておりベテランの日本人マネジャーです。ダニーと同様にナオトも面倒見がよく留学生が困ったときには助けてくれます。私の場合は近くのATMまで案内してもらったり、施設の利用環境やルールを教えてもらったりしていました。 ・C21の良いところとは? ナオト「C21には良い講師陣がそろっていて、生徒ひとりひとりのレベルに合わせた指導をしてくれます。C21はとても融通が効くので、講師陣の変更や授業内容、食事内容の変更など他の学校よりかは比較的早く対応してくれ生徒に耳を傾けてくれる学校です。」 ・留学してくる人にアドバイス! 長く滞在しているナオトから留学してくる人へのアドバイスをお願いしてみました。 ナオト「留学をする前には、最低限の文法と単語を学んでくることをオススメします。最低限というのは中学英語レベルの英語で、そのレベルだと日本で学ぶことが十分に可能だからです。」 今回2人にインタビューをお願いしたところ快く受け入れてくれて助かりました。^^ みなさんいかがでしたでしょうか?学生マネジャーの印象が持てましたでしょうか?私が2カ月間過ごした感想でコメントをしますと、マネジャーさんのサポート面では問題はありません。それに加え学校もかなりサポート的なので、留学をなされるみなさんは安心していらしてください。 それでは今回の記事のC21学生マネジャーの紹介は終了します。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:学生マネジャーのご紹介

マニラ留学C21校:学生マネジャーのご紹介 こんにちは C21学生レポーターの市川です。 今回の記事ではC21の学生マネジャーに関してご紹介させていただきます。 みなさんは留学をされる前に、誰も知らない人がいる環境で不安にはなりませんでしょうか? もちろん学校には先生方がいるので学生マネジャーと同様に親切に対応してくれます。ただ、先生方は日本語が喋れないので緊急の用事などは日本人学生マネジャーのナオトに相談することになります。また、学校以外のプライベートな面でも学生マネジャーは同じ寮に住んでいる際に留学生のサポートをしてくれるので、買い物や外食をしたい際には相談をするといいかもしれません。私は、留学当初買い物に付き合ってもらったり、寮の規定事項の確認など学生マネジャーさんに気軽に確認することができたのでとても安心でした。 現在、c21には学生のマネージャーが2名おり、韓国人1人、日本人1人で構成されています。私と同じ英語寮1に住んでいるマネジャーは韓国人マネジャーのダニーと日本人マネジャーのナオトです。今回は身近にいるそんな2人のことをご紹介させていただきます。 ・韓国人マネジャー:ダニー ダニーは、C21に4カ月間滞在しており学校では3時間勉強、6時間オフィスでワーカーとして働いています。ダニーは普段から明るく留学生の面倒見がよく先生からも生徒からもとても信頼をされています。私が初めて寮を訪れた際にはダニーが優しく案内してくれたことを覚えています。 ・C21の良いところとは? ダニー「C21は先生が良い。生徒に英語を教えるスキルが高いし、性格も良い先生ばかりです。それにC21ではアクティビティが豊富に行われていて、生徒達が交流できる仕組みがたくさんあります。それはC21の大きな魅力だと思う。生徒が卒業する際には学校のみんなで生徒を祝い、ムービーや写真を撮ってもらえる文化が学校にあるのもC21の魅力です。」 ・日本人マネジャー:ナオト ナオトは、C21に今年の5月から来年(2016年)2月までC21のマネジャーとして滞在予定となっておりベテランの日本人マネジャーです。ダニーと同様にナオトも面倒見がよく留学生が困ったときには助けてくれます。私の場合は近くのATMまで案内してもらったり、施設の利用環境やルールを教えてもらったりしていました。 ・C21の良いところとは? ナオト「C21には良い講師陣がそろっていて、生徒ひとりひとりのレベルに合わせた指導をしてくれます。C21はとても融通が効くので、講師陣の変更や授業内容、食事内容の変更など他の学校よりかは比較的早く対応してくれ生徒に耳を傾けてくれる学校です。」 ・留学してくる人にアドバイス! 長く滞在しているナオトから留学してくる人へのアドバイスをお願いしてみました。 ナオト「留学をする前には、最低限の文法と単語を学んでくることをオススメします。最低限というのは中学英語レベルの英語で、そのレベルだと日本で学ぶことが十分に可能だからです。」 今回2人にインタビューをお願いしたところ快く受け入れてくれて助かりました。^^ みなさんいかがでしたでしょうか?学生マネジャーの印象が持てましたでしょうか?私が2カ月間過ごした感想でコメントをしますと、マネジャーさんのサポート面では問題はありません。それに加え学校もかなりサポート的なので、留学をなされるみなさんは安心していらしてください。 それでは今回の記事のC21学生マネジャーの紹介は終了します。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:休日に訪れたい近隣のショッピングモールまとめ8選

マニラ留学C21校:休日に訪れたい近隣のショッピングモールまとめ8選 こんにちは C21学生レポーターの市川です。今週の週末はどのように過ごそうかと悩みながらも、先生と生徒達で買い物とアミューズメントパークで遊んできました。それ以外の時間は部屋で寝転がったり勉強したりとゆっくり時間を過ごしていました。みなさんが留学した際には、週末はどのように過ごそうとお考えでしょうか?買い物に行く、観光をしにいく、勉強をする、ごろごろするなど、それぞれの休日の過ごし方があるかと思います。そこで今回はいざ休日にお出かけしたいと考えたときにC21の英語寮からだとどれくらい時間がかかるのか、どのショッピングモールが近いのかなどショッピングモールをまとめてみたいと思います。 それでは、順々にご説明していきますが、私が実際に足を運んだことのあるショッピングモールなどはご説明させていただきますが、申し訳ありませんがまだ足を運んだことのないモールは感想を控えさせて頂きます。ご了承ください。 GateWay Mall 営業時間:9:00〜22:00 住所: Beside Araneta Coliseum Araneta Center, Quezon City, Luzon, Philippines 距離:3.3km 時間(タクシー):14分 こちらは、C21の英語寮1に住む学生は買い物の際によく利用しています。比較的近い場所にあるのでとても便利です。 私も一度ゲートウェイに足を運んだことがありましたが、たくさんの種類のお店があり、ここに来れば何でも購入でき、 日本でたくさんの荷物を持ってくる必要がないようにも感じました。 スターバックスもあります。近場のトイレを利用する際には10ペソかかるそうでカルチャーショックでした。笑 SONYだってあります。 バーガーキング有名ですよね^^ ここでバーガーキングを食べるのは面白くないので私はフィリピンの料理にトライしてみました。 ご飯はぱさぱさしすぎでした。海老をあげた赤いものとチキンは甘過ぎました。野菜が不味くない味でした。 あまり美味しいと感動することは正直ありませんでしたが、英語で注文したり、外国と日本の食文化を実際に感じる ことができるので色々試してみることをお勧めします。 eatwood mall 住所:Bagumbayan, Quezon City, Metro Manila 時間(タクシー):22分 イーストウッドには、レストラン、カフェ、映画館、洋服店、ショップが立ち並んでおりまして買い物際に利用しております。また前回訪れた際には美味しいご飯を食べたかったので一人1200円ほどでお食事を楽しみました。 トマトソースベースのパスタです。 サラダです!こんなサラダフィリピンで初めて見ました。なんと言ってもフィリピンに日本のようなサラダがありません。 寮でもこのような美味しいサラダは食べられないので幸せでした。休日はこのように栄養補給しつつ美味しい食べ物を楽しむのもいいかもしれません。 生ハムの上にチーズがあります。これも日本の料理並にとても美味しかったです。 下記ショッピングモールはC21の寮から比較的近場でどれも20分程度で行くことができます。 料金はそれぞれ異なりますが基本的に100ペソ以内で移動することが可能かと思います。 eatwood cyber mall 住所:No. 188, E. Rodriguez Jr. Avenue Bagumbayan, Libis Qeuzon […]

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:<場所別に案内するWifi環境>

マニラ留学C21校:<場所別に案内するWifi環境> こんにちは C21学生レポーターの市川です。マニラに来てから今日でちょうど7週間が経過しました。そして、私がC21で学習させて頂く期間も残り5週間となって参りました。7週間が経つと友人と連絡したり、ユーチューブでリスニングの練習をしたりと頻繁にインターネットを使うことが多くなってきます。今回は私がWifiを使う際にどのように工夫をしてインターネットを利用しているのかをご紹介したいと思います。 まず、Wifiはどんなときにみなさん使われますか? ・連絡するとき:SNSのLINE、Fecebook、mailなど ・勉強をするとき:勉強の仕方を調べたり、ユーチューブで音楽を聴いたりリスニングの練習 ・趣味や観光するとき:マニラの観光地や美味しいお店など今だからこそ知りたい情報があると思います。 一般的にはこのようなことで利用することが多いのではないでしょうか。 それでは早速、WIFIの環境がどうなのか?というところから説明します。 <場所別に案内するWifi環境> ・学校 繋がりやすさ:★★☆☆☆ 学校でのWifiはエントランスの1階フロアのみで学校のフリーWifiを自由に利用できます。 繋がるときと繋がらないときがありまして、Wifiスポットの近くであれば、もちろん比較的つなぎやすくなります。Wifiスポットは通常部屋の上部に設置されてありますのでご確認ください。ただ、どの学生も学校では各授業の10分程度の少ない時間でしか空き時間はありませんので、特に必須でなければ英語で友達と話すか、音楽を聞きながらリラックスするほうがよいかと個人的に感じます。Wifiを携帯で利用される方がほとんどかと思いますが、PCで利用したときの方が繋がりやすいです。 ・寮の食堂 繋がりやすさ:★★★★☆ 学校の食堂にはwifiが置いてあり、比較的繋がりやす印象があります。私の場合は夜に友達とスカイプ通話などしたいときに利用しています。パソコンも携帯も快適に利用できます。 ・study room 繋がりやすさ:★★★☆☆ 基本的に繋がりやすいですが、それはパソコンでつなぐ時のみです。携帯ではwifiを繋げることは難しいかと思います。 ・寮の自分の部屋 繋がりやすさ:★★★☆☆ 私達の寮では、勉強しているリビングルームでパソコン・携帯と両方ともWifiを利用できます。寝室ではパソコンだと繋がりますが、携帯だと難しいです。寮内でWifiを使用する際に、時々かなりつながりが悪くなるときがありストレスに感じます。ただ、少し待てば繋がりやすくなりますし4階に下りて食堂でインターネットを利用すれば問題はありません。 日本と違いフィリピンなのでWifi環境が良くはないかもしれませんが、ユーチューブなども見れますし、ネットが繋がらない日々に苦しむということはないかと思います。 また、もし留学をすることになった場合、勝手にWifiのパスワードの変更やリセットボタンをなどは控えるようにお願いします。また、Wifi環境が悪く困った際には、寮のマネジャーにご相談ください。 以上でC21のWifi環境に関しての案内は終わります。 ここまでお読み頂きありがとうございました。

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:留学先でこんな体験もできる?C21のボランティアとは

マニラ留学C21校:留学先でこんな体験もできる?C21のボランティアとは こんにちは C21学生レポーターの市川です。 今回はボランティアの内容を一部紹介したいと思います。 今回私たちが体験したものは、C21から1時間離れた学校で日本語や韓国語を中学生に教えるということと、田植えの体験でした。日本でもそうですが、小さい子供と話す経験や田植えは機会がないとなかなか参加しませんよね。そう思い、私は今回こちらのボランティアで良い思い出を作ろうと参加しました。 まず7時にドミトリーを出発しC21へ向かいました。その後、朝食を済ませ目的地に向かうというスケジュールです。こちらが、1日の全体のスケジュールが記載されてある用紙となります。 ジプニーを貸し切って向かいました。 <田植え> 学校に着くと小さな子供がバレーボールで遊んでおり、それだけで癒されました。笑 そして、少し休憩してから田植えの場所へと徒歩3分ほど行き向かいます。 初めて田植えを経験する人もいました。田植えのクオリティーはともかくみんな真剣に楽しみながら田植えができていました。残念ながらドロドロの田んぼの中に足を取られて転けるような人はいませんでしたが、もしそんなことが起きたときのために着替え・タオルを用意しておくことをオススメします! <ランチタイム> ランチは、ハンバーガーorラーメンでした。このような日にはみんなで協力して食事の準備をします。 ラーメンは、辛い物と辛くないものとで分けてくれており学校の先生方がとても気を使ってくれました。 <日本語・韓国語Teaching!!> お昼過ぎには、学校の子供が続々と集まってきており絵の書き方を教えていました。子供達は少し緊張しているようでした。 最後にはプレゼントを渡して終了しました。 その次には、中学生がそろいましたので早速留学生とペアになって一緒に日本語、韓国語を勉強しました。 日常英会話で使うフレーズを学びますが、子供達はまじめに取り組んでくれましたし、日本語、韓国語で「愛してる」の言葉をみんなの前で言う場面がありましたがとても賑やかなムードになりました。 最後には、参加されたC21の先生と生徒で集合写真を取りました。 みなさん、いかがでしたでしょうか? みなさんが留学をする際には是非このような経験もされることをオススメします。^^ C21では、今回のボランティア以外にも異なる種類のボランティアを行っていますのでC21ホームページなどで一度拝見してみてください。 これで今回の私のボランティアに関する記事は終了します。ここまで読んでいただきありがとうございました。

>> More

Manila |
⑪C21 英語寮の食事1週間分をご紹介!

⑪C21 英語寮の食事1週間分をご紹介! こんにちは C21学生レポーターの市川です。 今回の記事では、マニラにある語学学校C21で提供されている食事をご紹介いたします。 みなさんは、留学先でのお食事のメニューは気になりませんでしょうか? フィリピンに来たことのない方も一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、日本と違いフィリピンで出される食事は全く異なる味と なっております。私が留学する前は、食事などは気にしていなかったのですが、実際留学をしてフィリピンで1カ月以上を過ごすと 日本の味も恋しくなってきます。ぜひ留学する前にどんな食事をこれから毎日いただくようになるのか、ご拝見していただければと思います。ちなみに、私は1カ月以上過ごしておりますが、一度もお腹を下すようなことはありませんでした。 まず、前提として食事には白菜キムチ、大根のキムチがあります。こちらはお召し上がりになりたい方が自由にとれるようになっております。 また、浄化された冷たいお水が飲めますのでお飲物もご安心ください。 ▼月曜日 ・朝 月曜日の朝ご飯になります。ナスの料理に、卵焼き、白ご飯、トマトです。 卵焼きは味が薄めです。ご飯はふりかけがあるので合わせて食べています。 ・昼 これは取りたい分だけ野菜をどんぶりの中にいれ、ソースと絡ませながら食べます。左のたれはコチュジャン、右のソースはオリーブオイルです。辛くはないので安心してください。 ・夜 白ご飯、肉と野菜炒め、わかめスープ、ナスの天ぷら わかめスープは塩分が効き過ぎです。野菜炒めは美味しいので好きです。 ▼火曜日 ・朝 フレンチトースト、アイスティー(イチゴ味) フレンチトーストは味が薄いです。アイスティーは味が甘すぎです。 ・昼 白ご飯、焼きそば、わかめスープ、ジャガイモとベーコンの炒め 焼きそばの面は、寒天のような食感ですが変な味ではありません。 ジャガイモとベーコンの炒めは日本で食べる物と味が似ていますし美味しいです。 ・夜 白ご飯、唐揚げ、サラダ、マンゴー 唐揚げはジューシーさがありません。サラダはドレッシングがいつも効きすぎております。 マンゴーは美味しいのでぜひ食べてみてほしいです。 ▼水曜日 ・朝 白ご飯、マッシュルームとタマネギのコンソメ風味、スープ、卵焼き、トマト マッシュルームとタマネギのコンソメ風味のものは、味が少し濃いですが美味しいです。 ・昼 白ご飯、ゆでたまご煮、春巻き 留学生に春巻きは人気です。みなさん基本的にケチャップをつけて食べられております。 ・夜 白ご飯、肉と野菜炒め、わかめスープ、メロン、スイートポテト 肉と野菜炒めはご飯と合うので留学生の中でもかなり人気です。メロンもとても美味しいです。 ▼木曜日 ・朝 ホットケーキ、ウインナー ホットケーキは味が薄いので、シロップをかけて食べます。 ・昼 チャーハン、野菜炒め(コンソメ味)、お味噌汁 日本のチャーハンとは味が少し異なっており味が薄いです。留学生の中では人気です。 そして個人的にこの日の野菜炒めは、野菜をたくさん摂取できるので気に入っています。 ・夜 白ご飯、インゲンの炒め物、たまごスープ、トマト味ベースの人参とお肉の炒め物 インゲンの炒め物は日本のものと同じ味です。たまごスープは塩味が濃い目です。お肉は少し固めではありますが、ご飯がすすみます。 ▼金曜日 ・朝 白ご飯、ジャガイモとウインナーの炒め物、キムチ味スープ、マッシュルーム(コンソメ味) […]

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:国籍別比率、学習環境について

マニラ留学C21校:国籍別比率、学習環境について こんにちはC21学生レポーターの市川です。 今回はC21の国籍別比率、英語使用環境、学習環境に関して紹介します。 ほとんどの生徒さんが留学先の学校を決める際に生徒の人数を考慮した上で留学先を決めるのではないでしょうか。 私の場合も人数は考慮していましたが、あまり重用視していませんでした。ちなみにC21も含めいくつかの留学サイトに記載されてある学生の人数はデータと大きく異なっている場合があります。それは、シーズンによって学生の人数が変わるからです。ですので、留学先を決定する際に人数を重用視される方はシーズンを考慮したほうがよいかと思います。 もしくは、留学先の日本人スタッフに連絡をとることをオススメします。 それでは、学生の人数から紹介していきます。 ▼生徒の人数 生徒の人数はよく変動しますが、現在はおよそ50〜60人ほどになります。 韓国人37人、日本人11人 、中国人9人(台湾含め2人) ▼英語の使用環境 英語の使用環境によっては、90%英語といったところだと思います。というのも、100%英語だと入学当初で英語の聞き取りが難しい生徒さんもいらっしゃりますのでそういった方には、伝える手段として母国語で一時的に対応するケースもあります。 学校の時間以外の休日の外出時には、母国語の使用も認められております。 また勉強に集中できる環境としてはC21では宿泊先を英語寮にすることが可能となっており、24時間英語を喋る環境が整っています。 ▼学校の雰囲気 学校の勉強できる雰囲気としては、生徒は基本的に真面目に授業を受けていますし、授業をサボるような生徒はいません。 先生方は、親切で冗談の言って笑わせてくれるような先生ばかりでとても賑やかです。 C21にはイベントがたくさんあり、生徒のみなさんはよく参加しています。そのため、勉強以外にリフレッシュできるような環境があります。 これでC21の国籍別比率、英語使用環境、学習環境などに関する記事は終了します。 ここまで読んで頂きありがとうございました。

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:フィリピンから日本に郵便物を届ける手順と注意点

マニラ留学C21校:フィリピンから日本に郵便物を届ける手順と注意点 こんにちは C21学生レポーターの市川です。 C21に私が着てから今日で5週間目が経とうとしており、英語もこちらに着たときよりかは数段レベルアップしように感じています。 今回はフィリピンから日本へ郵便物を届ける際の手順と注意点をお伝えしようと思います。 みなさんは、フィリピンに留学したときに誰かに手紙や、荷物、プレゼントを贈りたいと思ったことはありますでしょうか。その際、日本から外国に荷物を送るのならまだしも、フィリピンから荷物を日本に送ると考えるとどのような手順を通して手続きをすればいいか不安になりますよね。 つい先日私はC21からトライシクルで5分の郵便局を利用してきましたので、そちらの流れをご説明させて頂きます。 まず、私が送ろうと考えていたものは「手紙」です。そして今回利用した郵便局は「LBC」という会社になります。 LBCはプライベートカンパニーであり、信頼性が十分にあり、3日で配送することができます。ただ、料金が少し高かったです。 こちらが料金表となっております。 こちらの記入用紙(シール)を配られますので情報を記載していきます。 その後は、どのような料金プランで配送するか等を話し、手続きは完了となります。比較的、手続きはスムーズに進みましたし、店員の方もとても親切だったので個人的には好印象でした。 こちらが私が利用した料金表で、手紙と写真で1250ペソお支払いしました。 私が利用したLBCはかなり料金としては高いので、安く済ましたい方はお勧めしません。 また、耳にしたことですが比較的安く提供している会社では配送するまでに時間がかかったり、紛失する可能性もあるそうです。所要時間は15分〜20分ほどです。 全体の写真も撮りましたのでみなさんがご利用する際には、参考にしていただけると幸いに思います。 LBCの近くにはATMがありますし、もしお金を準備していなくてもすぐに引き落とすことができます。 また写真をプリントアウトすることができるお店があり、もしマニラで取った写真等をプリントアウトしてプレゼントして送りたい場合には手間をかけずに終えることができると思います。 私は35ペソほどで3つの写真をプリントアウトしました。その際、USDメモリをお店の人に渡して注文をしましたが、フィリピンではUSBメモリのことを「フラッシュドライブ」と呼びますので来店の際には気をつけてください。 所要時間は5分ほどです。 これでフィリピンから日本に郵便物を届ける手順と注意点に関しての記事は終了とさせていただきます。 ここまで読んでいただきありがとうございました。

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:留学前に読んでおきたいC21のルール

マニラ留学C21校:留学前に読んでおきたいC21のルール こんにちは、C21学生レポーターの市川です。 今回書かせて頂きますのは留学先C21の規定事項(一部抜粋)に関してです。 私の場合は留学する前は学校の記載事項がたくさんあり、正直目を通す事が面倒でした。 ただ、その中でも覚えておきたいことや、3週間たった今だからこそわかることをコメントを含めて分かりやすく紹介していこうと思います。 <学校の規定事項> 【EOP】 C21にはEnglish Only Policyという学校の規定事項があります。そして、私たち学生はほとんどの場所において必ず英語を使用しなくてはいけません。ただし、重要な用事や必要に応じては、指定されたFREE SPEAKING ZONEにて母国語の使用が可能です。C21の教師、職員の方はENGLISH ZONEでの母国語の摘発・取り締まりを行い、ペナルティーを課します。 ペナルティー:1次摘発時100ペソ|2次200ペソ|3次400ペソ|4次800ペソ|5次退学及び退室 ※ペナルティーの金額は100%学生の為に使われるそうです。 ・学生レポーター市川の意見 EOPが高いか低いかに関しては私は比べる事ができません。というのも、C21ただひとつしか留学をしたことがないからです。そのため今回はどのようにEOPが成り立っているのかについてお話しさせて頂きます。EOPの意識は先生方がよく学生に伝えているからこそEOPを無視するような事態が起こらず、生徒一人一人がEOPを守る事ができているのだと思います。また、留学生の中でどうしても英語を聞き取る事ができない場合などは日本語の使用が特別に認められるケースもあります。ですので、まだ留学をされていない方でご不安な方も授業に全くついていけなくなるという事は発生しないかと思いますのでご安心ください。 【授業と講師の変更】 授業と講師の変更は4週間単位で授業が再編成されます。その際、自分の希望する授業と先生に変更したい場合はC21事務所で要請でき、正当な理由であれば交代できます。 ・学生レポーター市川の意見 実際に私はこちらに関して先生から質問されたことはありますが、現状に満足していたので変更は行いませんでした。先生からの質問は、各授業の先生はどうか?といった内容でした。もし、先生の変更を希望する場合は遠慮なく伝える事をお勧めします。 【欠席及び遅刻関連事項】 無断欠席及び遅刻(遅刻3回は無断欠席1回とカウント)の場合以下のようなペナルティーが発生します。 1回目:100ペソ|2回:200ペソ|3回:400ペソ、保護者連絡(無断欠席の場合)|4回:800ペソ|5回:自動退学措置 ・学生レポーター市川の意見 授業はチャイムが鳴ってからみんな教室に向かうようにしています。もし万が一遅刻や欠席をする場合は早めにマネジャーに連絡しましょう。 <寮の規定事項> 【門限】 C21の寮の門限は曜日によって変わっています。 月火水木:24:00まで|金土日 :26:00まで 門限に違反した場合には下記のペナルティーが課されます。 1回:警告書|2回:警告書、保護者通報及び副院長相談|3回:返金なしで退学、退室処分 ・学生レポーター市川の意見 こちらに関しては比較的みなさん守れているかと思います。金曜日の夜や日曜日の夜に飲みに行ったり遊びに行く学生もいますが門限が26:00と遅い時間帯まで許されておりますので、それまで帰宅されています。また平日に飲みに行きたい!となった場合でも近くにお酒が飲めるお店がありますので門限を破るようなことはまずないかと思います。 ちなみに、寮内へのお酒の持ち込みは禁止とされております。 【電気代・水道代規定】 電気代、水道代は別途部屋ごとのルームメイトと使用した料金を分けて頂く事になります。 部屋の電気、扇風機、水道等使いすぎないようルームメイトとよく話し合って気をつけてください。実際にどれほどの電気料金がかかるかというと大体が400〜600ペソ(1000〜1300ほど)です。 ・学生レポーター市川の意見 部屋を出るときに、部屋の電気や扇風機が回っていないかなど確認するように気をつけています。 【寮内禁止事項】 寮内で他人に被害を与える喫煙及び飲酒及び持ち込みは禁止。発見時には警告なしで退学・退室処分といたします。また寮内での男女の混宿・賭博・飲酒・暴行行為をした場合、返金なしで警告なしで退室・退学処分と致します。 ・学生レポーター市川の意見 こちらはみなさん守れております。もしこの規定を知らない学生が持ち込みした場合には自己責任かとは思いますが、英語寮などは先生がルームメイトとなりますので発見した場合には早急に注意されるかと思います。またその他に関しては、生徒間の中もよいですし全くそのようなことが起こるとは思えません。 【食堂】 ED1では土日も含め毎日食堂でご飯をいただくことが可能となっております。ただ、平日等は一度学校から寮に戻り食事に戻ってこなくてはなりません。それが面倒な方や、たまには食事がしたいという方は外食することもできます。その際は、外食する旨をマネジャーに伝えてください。 また食堂内での炊事は禁止です。ただし、ラーメンのみ12時まで例外的に許可されています。食堂内にある冷蔵庫を勝手に開けることも禁止されています。また食堂内にある食器類を食堂以外の場所に持ち出す事も禁止とされています。食堂の時間以外に使った食器類は洗わなければなりません。これらを守る事ができなかった場合、警告処分とされます。 ・学生レポーター市川の意見 学生がラーメンをよく作り、各自で食器を洗っているのをよく見かけます。基本的にみんなルールを守っていますし、ルールを知らないと思ったら注意し合えています。 【服装】 寮内では露出度の高い服装はなるべく控えさせて頂いております。 ・学生レポーター市川の意見 普通に服を着ていれば大丈夫です。厚いからといって下着ひとつで部屋の外に出ると注意されると思われます。 以上でC21語学学校及び寮内でのルールに関してのご紹介は終了となります。 今回は抜粋してご案内させていただきましたが、留学をなさる際には変更している可能性もありますので、一度しっかり目を通しておくようお願い致します。また、今回ご案内させていただいた項目以外にも規則等がありますので、資料をご覧の際にはこの記事を参考にしていただくことをオススメします。 […]

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:4000ペソで1泊2日旅行ができるミンドロ島って?

マニラ留学C21校:4000ペソで1泊2日旅行ができるミンドロ島って? こんにちは C21学生レポーターの市川です。 Manilaに来て25日が経ちました。こちらの環境にも慣れ毎日充実した日々を送らせて頂いています。 つい先日、ミンドロ島という島にC21留学生12人で観光に行ってきましたので今回はそちらを紹介したいと思います。まずミンドロ島の良いところは、格安でホワイトビーチでの観光ができることです。 私たちはC21の留学生12人でミンドロ島に行きました。今回は日本人留学生の方が旅行を企画してくださり集まったメンバーで旅行をすることとなりました。 それでは早速、ミンドロ島に関して時系列順にご紹介していきます。 〜ミンドロ島1泊2日の旅〜 4:00|起床 5:00|寮を出発、タクシーでバス乗り場へ。 なかなか捕まらないときがあるのでなるべく時間に余裕を持っておきましょう。 5:15 |バス停到着 まず始めにバス乗り場に行き【Jam Buss COBAO transit(バタンガス港行き)】のバスに乗ります。車内はすでに満席状態でしたが、なんとか後部座席にみんなで座る事ができました。 ・料金は1人あたり片道:175ペソ(約472円) ・移動時間:2時間30分(前後します) ※ちなみにバスは30分ごとに出ており、2:45am〜11:00pmで利用可能です。 ※バスに乗ってから料金をお支払いします。 ☆POINT ・車内に何か食べ物や飲み物を売りに来る人たちがいるので、購入される場合は食中毒などには気をつけてください。 ・車内で支払いをするので前もって準備しておくことをオススメします。 ・車内では財布を盗まれる可能性もあるので十分注意してください。 ・車内は寒いです。半袖だけだと風邪を引きかねないので軽い上着なんかあるといいと思います。 ・このときには飲み物は持参しておきましょう。 5:30〜8:00|バスで船乗り場まで移動 数時間ぐっすり睡眠をとってようやく到着しました。まず、バスを降りてからは少し歩いて【White Beach】行きのチケットを買います。 私たちは水色のユニフォームを着た男性に案内されました。 ・チケット料金1人あたり(往復):500ペソ(1350円) ・その他料金:30ペソ+50ペソ=80ペソ(216円) →Terminal Fee30ペソ、Environ mental User’s Fee 50ペソ ・移動時間:1時間30分 ☆POINT ・チケット売り場はたくさんあります。どの会社が良い条件なのか前もってインターネットや先生に聞くなどして調べておきましょう。C○LLENGEという会社はあまりおすすめではないとのことなのでご注意ください。 ・下車後は多くの人が勧誘で声をかけてきますが臆することなくチケット売り場までいきます。 8: 00〜9:45|船で移動、島に到着 こちらが船となります。 酔いそうかなと心配していましたが、私たち12人含め体調を悪くしている人は見当たりませんでした。 ☆POINT ・他の島を経由する可能性があるので自分達が降りる島を確認してから降りるようにしてください。 9:45〜10:00|ホテルまで車で移動、ホテルにチェックイン 島に到着してからは、車に誘導されますので大きめの車にみんなで乗って移動しました。 10:45〜11:45|昼食 ホテルに到着しました。 ▼ホテル情報 名前:Sea […]

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:毎日笑顔で溢れる3つの理由

マニラ留学C21校:毎日笑顔で溢れる3つの理由 こんにちは! C21学生レポーターの市川です。 Manilaに来てからもう3週間が経とうとしており残り9週間となりました。 英語が喋れるようになってきた一方で、卒業が近づくので寂しいですね。 それでは早速ですが今回掲載させていただく記事の内容に関して紹介していきます。 みなさんは、自分が留学する学校がどんな雰囲気の学校なのか気になりませんか?私はとっても気になりました。 ・3カ月もの長い時間を見ず知らずの人たちと一緒にいられるのか。 ・毎日暗い気持ちで通う事にならないか。 ・先生や生徒はどんな人がいるのか。 留学前はみなさんそれぞれ疑問や不安に思うことを抱いていると思います。今回はそんな不安や気になる事がなくなるようにイメージしやすく記事を書かせて頂きます。 現在私はC21にいるわけですが、C21の学校の雰囲気はとても良いです。毎日生徒と先生の笑顔で溢れており、C21の学校を思い浮かべると楽しくみんなが笑っている様子が思い浮かべられます。そんなC21が笑顔で溢れる理由を3つまとめました。 <1.スポーツアクティビティ!> まず始めにスポーツアクティビティに関してご紹介させて頂きます。毎週金曜日の20:00〜21:00にはマリキナスポーツセンターでスポーツアクティビティが行われます。ここでは、卓球、バトミントン、ランニング、ズンバ(ダンス)が楽しめます。 実は週に一度行われるこの行事は先生も生徒も参加しており、授業の時間に限らずスポーツを通してみんなで交流することができます。スポーツを通して初めて話す友達や先生ができますし、言葉の壁があったとしても一緒に遊んでいればお互いに笑顔が生まれてきます。初めて私が参加したときは先生とズンバやバトミントンを楽しみました。ズンバをするときは恥ずかしかったですが、日本では体験しないことを経験できて良かったです。 このようにC21では、誰もが仲良くなれる、楽しめるような環境が用意されています。 こちらは卓球です。よくダブルスで楽しんだり、日本VS韓国で勝負していたりしました。 <2.金曜日の恒例行事> 毎週金曜日には1Fで17時〜18時までさまざまな行事が行われています。私が知っているものをご紹介させていただきます。 ・生徒によるプレゼンテーション ・卒業生によるプレゼンテーション ・生徒が各チームに分かれて単語を当てるゲーム ・生徒が出した問題(各国の文化)に先生が○×で答えるゲーム ・生徒や先生による演奏 ・生徒や先生によるダンス 他にもたくさんあるようですが、私が滞在している間に行われたものは以上のような内容となります。 この時間は基本的に生徒も先生も1Fに集まってみんなでワイワイするような時間となっています。このイベントでは先生達がとても雰囲気を盛り上げてくれますのでみんな笑顔で溢れています。 卒業する生徒が最後のプレゼンテーションを行います。 生き残った生徒のチームが次の問題を待っている場面です。 こちらは英語寮1のみんなで妖怪ウォッチを踊ったときの写真です。これは場を盛り上げる為にみんなでダンスしよー!っと先生が妖怪ウォッチを踊り出した為にみんなで踊る事になりました。すごく恥ずかしくてみんな笑顔でした(笑)個人的にはまたこのようなダンスなどみんなでできたらいいなと思います。 このようにC21では生徒と先生が同じ空間でひとつの行事を楽しむことができます。 ※ C21では動画なども配信していますので、ぜひそちらも拝見していただければと思います。 <3.毎日の共同生活> 実はC21には英語寮というものがあり私はそこに生徒と先生と宿泊しています。 (宿泊環境に関しては過去に私が記事(③)を書いておりますので、気になった方はぜひご覧ください。) 通常であれば生徒は学校の時間のみ先生と時間を過ごしますが、C21ではお風呂と寝るとき以外は基本的に同じ時間を過ごしています。そのため、他の生徒や先生はルームメイトとなりとても親しくなる事ができます。また先生は生徒の体調や悩み、分からないことなどをすぐにサポートしてくれます。例えば、私の経験では風邪を引いたときに薬をくれたり、買い物に付き合ってくれたりと親切です。留学生活が心配な方でもC21ならきっと楽しい時間を過ごせると私は思います。 以上で【C21が毎日笑顔で溢れる3つの理由】の紹介は終了です。 まだまだたくさんC21の魅力はありますので、気になった点なども含めてわかりやすく案内させていただきます。 今回の記事を読んでいただきありがとうごいざました。

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:留学生の1日の過ごし方

マニラ留学C21校:留学生の1日の過ごし方 こんにちはC21学生レポーターの市川です。 今回は留学生の【平日一日の流れ】に関して書かせて頂きます。 実際にC21に留学するとどんな一日の流れを自身が過ごすのかイメージしやすい内容となっており、私自身がC21に通った始めの1週間で感じた、学生や先生、学校の雰囲気なども記載しています。 C21には各コースがありどのコースを選ぶかによって時間割が異なります。私が選んだものは【ESL Intensiveコース】でした。 マンツーマン4時間、グループレッスン2時間、義務自習1時間、夜グループレッスン2時間の合計9時間1日勉強しているコースになります。私がこのコースを選んだ理由は将来自分が海外で生活、仕事をすることができるようにスピーキングを中心に伸ばしたいと考えていたからです。当初の私の英語力は単語を並べながらも身振り手振りで話したりするようなレベルで、TOEICもおそらく400点ほどかと思います。 まずは、基本的な1日のタイムスケジュールを案内致します。 上記のものが基本的な1日の流れとなっております。 詳細は下記に記載します。 7:00〜8:50:朝食・移動 朝食はフレンチトーストでした。味は不味くはありませんし、誰でも口に合うと思います。 ドリンクはアイスティーで、日本のものよりも甘いです。 9:00〜9:50:ライティング この時間にはその日に与えられたテーマに沿って文章を書きます。 特に書かなければいけない量は決まっていません。私は1ページ分毎日書くようにしています。書き終えた後はボックスに提出し、翌朝先生から添削されたノートを見ることができます。 10:00〜10:50:マンツーマン(スピーキング) この時間はTeacher MEGの授業です。この授業の始め4週間はテキストを使わず会話のみとなります。日常英会話を先生がわかりやすく教えてくれますし、聞き取れない内容であっても分かるように話してくれるので、生徒に合わせて授業は進んでいきます。またとても気さくで明るい先生なので初めての方でもすぐに授業にも慣れると思います。 11:00〜11:50:マンツーマン(スピーキング) この時間はTeacher KENTの授業です。こちらも日常英会話を学びます。先生は発音をよく指摘してくれる先生で、音の出し方や違いをわかりやすく教えてくれます。また、先生は英語の学び方としてよくないことも指摘してくれます。例えば「ヒアリングするときに頭の中で文章を日本語に変換してはいけない」といいます。それは英語は耳で聞いて反応できるようにならないと話すようにはならないからです。 12:00〜12:50:マンツーマン(リーディング) この時間はTeacher ELLEの授業です。この授業では、この自分のレベルに合ったテキストを使用し授業を進めていきます。主に文章の読み進め方を教えてくれます。こちらの先生も明るい先生で日本語が少し話せる先生です。文章を読む際も発音のおかしい単語などはすぐ指摘して丁寧に教えてくれます。 ・13:00〜13:50:昼食・移動 個人的にジャガイモとベーコンのコンソメ味の料理が好きです。少し味が濃くてご飯と一緒に食べています。わかめスープは塩が多いと思います。ただ、その分ご飯が食べられます。(笑)焼きそばは日本の焼きそばの麺とはまた異なり、こんにゃくのように少しぷりっとしていますが気になるほどではないのでご安心ください。 14:00〜14:50:マンツーマン(スピーキング) この時間はTeacher ROYの授業です。とても優しい先生で冗談を言ったりしても冗談で返してくれるような面白い先生です。また、どのように説明すればいいかわからないときにすぐ調べるのではなく、一度トライしてみることが大事と言っており、生徒の前向きな姿勢を支えてくれる先生だと感じます。 15:00〜15:50:グループレッスン(リスニング) この時間はTeacher SASAの授業です。この授業では生徒6人で構成されています。自分のリスニング力と他の学生とのレベルの差を測ることができ、自然とやる気が出てしまいます。また先生だけでなく他の生徒とも知り合う機会になりますし、授業の雰囲気はいつも賑やかです。教材はこのような教材を使用します 16:00〜16:50:グループレッスン(文法) この時間はTeacher MICKEYの授業です。この授業は生徒10人で構成されています。この授業はどの授業よりも参加されている学生が多く賑やかです。みんな授業に対する姿勢もよく、先生が生徒ひとりひとりに話をしたり話題を変えて雰囲気を盛り上げたり工夫されています。 17:00〜17:45:移動・自由時間 学校から寮に車で移動し、私はお風呂を済ます時間にしています。 17:45〜18:45:夕食 水分の少ない唐揚げですが、塩味が効いていて好んで食べています。サラダはあまり美味しいとは思えません。少しドレッシングが多く、ドレッシングの味はマヨネーズとケチャップを混ぜた味です。そして、デザートのマンゴーは美味しいです!甘さと少ししょっぱさがあり、食べた事のない味でした。みなさんも一度食べてみては?^^ 18:45〜20:30:自由時間 この自由時間は英語の勉強をしています。各授業の宿題や予習復習など1日の中の貴重な時間なので私は大切な時間だと思います。 20:30〜21:20:グループレッスン この時間はTeacher MCの授業です。ゲーム感覚で文章を作りながら英語が学べるとても楽しい授業です。 ※基本的にナイトアクティビティ(夜の授業)は宿泊している学生の人数によって前後します。私の場合は2〜3人でした。週ごとにどの先生の授業を受けるか変更があります。 21:30〜22:20:グループレッスン この時間はTeacher Mickeyの授業です。この授業も基本的に生徒2人〜3人で構成されています。 Teacher Mickeyの授業は文法や発音を学ぶ事ができると思います。 22:30〜:自由時間 夜間授業が終わったあとは自由時間です。 <私のスケジュールに関して> 自由時間がおよそ3〜4時間ほどあります。私の場合は、「この時間は単語を勉強する。」というように時間は固定化し、継続的に勉強できるようにしています。また、空き時間でも勉強できるように携帯のメモ帳に英単語やフレーズなんかをストックしています。 […]

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:【初登校】学校の印象、初日のスケジュールについて

マニラ留学C21校:【初登校】学校の印象、初日のスケジュールについて こんにちはC21学生レポーターの市川です。 今回は【学校到着直後の学校に対する印象や感じたこと】に関して書かせて頂きます。 私も実際そうでしたが、初めて学校に行く日はどんな生徒や先生がいてどんな施設でこの先勉強して行くのか心配になると思います。また初日にはレベルテストというものがありあまり詳しくは記載できませんがどんなものがテストに出ていたのかを記載させて頂きます。 ▼到着前 それではまず初日の流れから案内していきます。 初日は8:30に寮を出て9:00までに学校に着きます。 これが学校の写真です。マンツーマンの授業は2Fで行われます。 これがエントランスで1Fのフロアになります。普段生徒が授業前に集まったり待機している場所になります。 ここでは、休み時間に生徒が先生にサポートされながら自己紹介をしたり、先生が音楽をながしたりなどとても賑やかな印象があります。 ▼到着後 私は早速空き室に案内され、15分程度C21の学校の規定事項に関する案内を受けます。 テストの内容は主に、スピーキング、リーディング、ライティング、リスニングと分かれています。 私個人としてはリスニングが一番難しかったです。ラジオの音質が悪く聞こえづらいというのもありますが、スピードが早くなかなか聞き取ることができませんでした。その他に関しては、中学、高校レベルの英語力があれば簡単なものかと思います。このテストの結果に応じて各クラスに分けられます。ただ、テストで点が取れなくてもその後にレベルアップテストがありますので挽回することも可能です。 その後は、オリエンテーションがあり日本人スタッフのNaotoが日本語で案内してくれました。 まず、内容に関しては【C21各寮の規定事項】、【英語学校 研修案内資料】、【C21学校規定事項】の3点を資料に目を通しながら説明を受けます。 これらの資料の説明を60分ほど受けます。 記載されてあるようにC21と寮に関する規定事項ですね。重要なことが書かれてありますし初日にこちらで案内を受ける前に目を通しておくことをオススメします。 その後は初期費用の支払いをしなくてはいけません。 まず私の予定に関しては、 ・私はビザを日本で発行せずにフィリピン現地で発行するようにしていました。 ・12週間マニラに滞在予定その後、セブに行きます。 始めにお支払いする初期費用としては、15680ペソ。日本円で42336円ほどです。 この際にお金を持っていない場合は、お昼から近くの「ゲートウェイ」へ行きATMでお金を引き出せますし、買い物などもできます。日本でいうイオンモールと同じくらいの大きさかと思います。また、何らかの理由ですぐに引き出せない場合でも寮の近くにはATMがありますのでご安心してください。引き出し方は、寮の日本人留学生や寮マネジャー、学校マネジャーなどに聞けば教えてくれます。 フィリピンビザは月々更新していく仕組みとのことで、ビザの料金は月末払いとなっています。 こちらに料金表を記載させて頂きます。 <初期費用:期間別費用> ※日本円換算しているものは7/12現在のレートで計算しています。(ペソ→日本円:レート=2.72…) ※【3530ペソ※】31日以上滞在する場合、ビザを延長しなくてはいけません。 ※ビザ申請費は初期費用としてお支払いする必要はございません。 みなさんそれぞれ滞在予定期間によってお支払いする料金が異なります。私の場合は9週間以上の料金が適用されましたので合計ペソに2.7を掛けて料金をおおよそ見積もっていました。 <ビザ> こちらはビザの料金表となっております。ビザは更新制なので月末に3500ペソほどお支払いする形になります。 もし分からないことがあったとしても日本人スタッフのNaotoがサポートしてくれますのでご安心ください。 証明写真が必要ですが100ペソほどでC21にて作成することができます。私はC21で写真を取ってもらいました。 以上が初日の流れとなっておりました。以上で【学校到着直後の学校に対する印象や感じたこと】関しては C21に来られる方は安心していらしてください!

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:寮に到着直後の英語寮・生活環境について

マニラ留学C21校:寮に到着直後の英語寮・生活環境について こんにちは!C21学生レポーターの市川です。 今回の記事では寮に到着してからの流れを案内していきたいと思います。 寮によっては流れが前後するかもしれませんがご了承ください。私が寮に到着後に どのように感じたのか、事前に知っておきたかったことを書きます。 7月4日16:00に関西空港を出発し、17:00にニノイアキノ空港に到着。 そこから、ピックアップされて18:00に英語寮に到着いたしました。 マニラ近郊は車の渋滞も激しくビルが建ち並んでいましたが 私が済む寮のエリアはあまりビルが立ち並んでおらず、娯楽施設が少ないように思います。 寮の外観は大きな集合住宅です。 1Fからエレベーターで4Fに案内されると韓国人マネジャーのダニーが迎え入れてくれました。 ピックアップしてくださった運転手さんとはここでお別れし、自習室でダニーに英語寮(ED1 )やC21の初日までの 流れを英語で案内してもらいました。基本的に明日(日曜日)、明後日(月曜日)になにをするのかの説明を受けました。とても優しく落ち着いた20代半ばの男性スタッフです。 寮では自分の部屋か自習室で勉強します。 ダニーからの案内が終わったあとはダニーと一緒に夕食をいただきました。フィリピン人女性の方が作ってくださったカレーで、辛くはないですし不味くもありませんので安心しました。毎日食卓にはキムチが並ぶそうで、そのキムチは少しピリ辛ではあるもののちょうどいい辛さに感じました。 次は自分の部屋に案内していただきました。 私の部屋は706号室で7階でした。自分の部屋の鍵を渡されますのでその鍵をなくさないようにしなくてはいけません。またドアは閉めるとロックされるようにしている場合とロックされないようにすることができます。私は毎日ポケットか首にストラップ付きの鍵をつけています。 こちらは部屋からの眺めです。 7階ということもあり朝晩涼しい風を浴びることができ、近隣一帯を眺めることができます。 次はリビングになります。 リビングは10畳ほどあり第一印象として「かなり広い」と感じました。 ここには冷蔵庫、勉強机、大きなベッドが置いてありました。部屋の中では土足厳禁ですが、裸足だと足が汚れます。スリッパやサンダルを部屋用として使います。 冷蔵庫はみんなで共同で使っています。私は4Fの食堂に浄水器があるのでそこのお水(無料)をペットボトルに入れてこの冷蔵庫に入れています。少し冷えすぎるくらい冷却効果はあります。 次は寝室についてです。 これが私の寝室で十分満足な寝室でした。 私が到着した日はたまたま蒸し暑くエアコンの効き目がないことが少し残念でした。ただ、エアコンも涼しい風は出てきますし、扇風機、窓からの風も入ってくるのでそこまでストレスには感じません。7Fということもあり虫が入ってこないことが嬉しかったです。ベッドはそれほど堅くもなく、シーツも奇麗でした。英語寮では寮の食事を作ったりしてくれているフィリピン人女性がお部屋の清掃や洗濯物も無料で行ってくれますので、清潔面では保たれているかと感じます。 次はユニットバスについてです。 あまりきれいではないですが、温水があり水圧は弱め、水も臭くありません。トイレットペーパーは近くのスーパーで購入し、トイレに流すこともできます。お風呂はトイレと一緒でユニットバスとなっています。私はお風呂用のサンダルを一つ購入しました。1週間生活した感想としては慣れてしまえば全く問題ありません。ユニットバスのデメリットはトイレに行きたいときに誰かがシャワーを使っていたらトイレをすぐ使えないということです。 部屋を案内してもらった後はダニーに徒歩5分のスーパーまで案内してもらいました。 夜は一人だと危険だそうです。スーパーではシャンプー、ボディソープ、歯ブラシ、トイレットペーパー、箱ティッシュを購入しました。日本とさほど変わらない品質なのでこちらで購入すると入国時の荷物は軽減できます。ただ、私は歯ブラシを忘れたのでフィリピンの歯ブラシを買いましたが、歯ブラシケースと一緒になったものがないのでこれは日本で購入すべきかと思います。 渡航前に寮の近くにスーパーがある場合はわざわざ日本で購入する必要もないですし、私自身安心して買い物ができました。寮に戻った後は、疲労が溜まっていましたのですぐに寝ました。 以上で寮に到着直後の英語寮に対する印象や感じたことに関しての記事は終了です。 次回も細かな気になったところもなるべく記載していきますので、ぜひご覧ください。

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:渡航前には知っておきたい当日の流れ(関西空港→ニノイアキノ空港)

マニラ留学C21校:渡航前には知っておきたい当日の流れ(関西空港→ニノイアキノ空港) こんにちは! C21学生レポーターの市川です。 7/4関西空港からニノイアキノ空港まで直通便で移動してきました。 初めて飛行機に乗る方や久しぶりに乗る人は、搭乗手続きから入国手続きなど、どんな手続きをどの手順でこなせばいいのかわからず不安になりませんか?私は、今回で2度目の国際線だったので登場手続きで知っおきたかったことが多々ありました。私の経験を通して感じたことを書き留めさせていただきます。 <航空会社はどこにしたのか?> まず、私が利用した空港会社は「ジェットスター航空」でした。 理由は一番安かったからです。インターネットで出発予定時刻の48時間前から2時間前まででウェブチェックインを完了させることができるので、当日までの変更や予約内容の確認・変更もインターネット経由で行っていました。ジェットスター航空は搭乗日の数日前にはリマインドメールをしてくださり、受託手荷物や時間に変更がないかなど確認のメールをくださりますので、忘れがちな方にはオススメです。 <必須準備物> ・パスポート ・お金(カードで引き出せるようにしていれば2000~3000ペソほど。円は渡航前の食事や受託手荷物追加料金など余分に必要になりそうな場合は余分に持っておく) ・ウェブ搭乗引換券 ・旅程表 <当日の流れ> フライト時刻は、【関西空港:12:55】→【ニノイアキノ空港:16:00】 関西空港へはバス一本で向かいました。その際、席のポケットに両替割引とゆうものがありましたので空港到着後に使用させて頂き、お得に両替ができました。 ※両替は第一ターミナル1Fで行うことができます。 時間が少し残っていましたので、第一ターミナル2Fで海鮮丼を食べました。他にもお店はたくさんあって、衣服や生活用品等をお忘れの方でも空港には幅広く準備できる環境が整っておりますので安心していただけます。 私が行った当日の搭乗手続きを簡単にまとめると下記のようになります。 場所はすべて第一ターミナル4Fでした。 ▼搭乗前の流れ ①チェックインカウンターEにてウェブシェックインを行う。 この際、航空券の情報が記載してあるウェブ搭乗引換券や旅程表などの印刷を忘れないようにしてください。 ※ジェットスター航空のウェブチェックイン手続きの中で取得することができます。 ②ウェブチェックインカウンターにてウェブ搭乗引換券と旅程表、パスポートを提出し、受託手荷物の受付終了後に搭乗券を受け取る。この際に重量オーバーだった場合は追加料金が発生致します。ウェブチェックインで予約番号を発行する際に変更しておくと追加料金は安くなります。 ③保安検査通過後、出国検査を受ける。 パスポートと搭乗券を確認され、スムーズに通過。 ④搭乗ゲートまで進む。 40分前には待機しておきましょう。 ▼搭乗後の流れ いよいよ機内に入り、飛行機が飛び立つかどうか見守っていました。 機内はシートとシートの間が少し狭く感じました。始めの気温は適温でしたが半袖だった私は少し肌寒くブランケットを借りるか上着を着るかすればよかったと後悔しました。また、機内では時間をつぶす為に本などを持参することをオススメします。 搭乗の半ばにさしかかる頃に添乗員さんから税関申告書と入国申告書を受け取ります。ボールペン一本も持っていなかったので私は到着後に記載しましたが、これらの記載は基本的に搭乗中に書くと手間がかかりません。みなさんにはボールペン一本お持ち頂くことをオススメします。 ニノイアキノ空港到着後には、まず機内で記載した健康チェック用紙を手渡します。その後、受託手荷物を自分の便名の場所から自分で取ります。 ▼空港からピックアップまでの流れ これであとはC21のプラカードを持ったマネジャーさんの元に向かうだけです。 私は前もって配布されていた資料を元に、マネジャーさんを探しました。 こちらの通り進めば大丈夫ですし、この道以外の間違いそうな道はありませんでした。 ただ一つ注意点があります。フィリピン人のタクシー運転手の方から「タクシー?」っとたくさん声を かけられる可能性がありますので、間違えてそちらに乗らないようにしてください。 マップの道順に沿っていくとピックアップ場所に到着します。 私はC21のプラカードを持った方をすぐに見つけることができ、かなりスムーズに終えることができました。 ここでも注意点があります。「C21」と記載されたプラカードが配布された資料とデザインが少し異なっている可能性があります。 ちなみに、このデザインではありませんでした。似たようなデザインで【C21】と記載されてあります。 私の場合はデザインが異なっていたのでとても不安でした。ただ、マネジャーさんの名前と資料に記載されてある名前が一致していたということと、乗車後にC21の日本人スタッフとすぐに連絡をとることができたことで安心することができました。 ニノイアキノ空港から寮までの距離は約60分で、夜の18:00頃到着。 寮に到着後の案内は次回へ! ここでもまた色々準備しておいたほうがよかったものがありましたので次回記事でご紹介させていただきます。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ^^

>> More

Manila | C21
マニラ留学C21校:学生レポーター:1自己紹介

マニラ留学C21校:学生レポーター:1自己紹介 はじめまして、こんにちは。 この度、学生レポーターをさせていただきます市川大輔と申します。記事をご覧頂いているみなさんにとって為になる情報を提供していきます。 それでは、自己紹介からさせていただきます! <自己紹介> 私は、現在大学4回生で関西の大学に在籍しております。 在学中は学生向けのイベントの開催や、飛び込み営業、路上の靴磨き商売、某ベンチャー起業のインターンなど好奇心旺盛だったのでたくさんのことを経験させていただいておりました。そして、今回は学生最後に留学をすることを決意いたしました。趣味は美味しいお店巡りで、関西では美味しいものを毎日探してました。(笑)友人から聞きましたが、フィリピンはマンゴーがとても美味しいらしいので一度食べてみたいです。 <なぜ留学したいと思ったのか?> 私が今回留学を決めた理由は2つあります。1つ目は、日本だけではなく世界中の絶景や文化を実際に見て感じたいと思い、語学力があるのとないのとでは圧倒的に得られる物が変わると思ったからです。2つ目は、世界中の人々に喜んでもらえるサービスを作りたいと思ったからです。 <なぜフィルイングリッシュにしたのか?> 学生レポーターという学費免除が適用される補助があり、スパルタでEOP制度のある学校が選択できたからです。また相談させて頂いた際の対応が迅速で丁寧だったので個人的に好印象でした。 <なぜC21を選んだのか?> 口コミの評価がよく、勉強する環境が自分の望んだ環境と近かったからです。スパルタやEOPが厳しい学校を選んだ理由は、語学力が最も伸びやすい環境下だと考えたからです。もっというとインプットとアウトプットが多く、周りの環境からして継続して勉強ができるからです。 <3カ月後の自分はどうなっているのか?> 3カ月後には日常的な英語が身に付いており、ストレスなく誰とでもスムーズに会話ができるようにします。日本のことを自分の言葉で説明したり、自分の夢や、見て感じたことなど留学生達と言葉を交わせることが私のゴールです。 <この留学をどんな時間にしたいのか?> 自分の可能性を広げる時間にしたいです。何もやらなければ何も変わりません。だから、私は毎日毎日コツコツ誰よりも勉強して自分の夢に少しでも近づけるようにしたいです。 <最後に> 私は今回の語学留学が初めてで今まで本格的に英語を勉強したことがありませんでした。TOEICも中学校で受けたきりですし、現在400点あるのかどうかもわかりません。ただ、私の場合は不安というよりワクワクといった感情のほうが遥かに高いです。この学生レポーターの記事作成をさせていただきながら、私自身が留学を通して知ってよかったことなど書いていきますのでよろしくお願いします。

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP学生レポーター 16留学を終えて

バコロドILP学生レポーター 16留学を終えて こんにちは! フィリピン留学を終え、私は既に日本に帰国しています。今回はILPでの留学を振り返ってみたいと思います(^ ^) *生活面 この4月から2ヶ月間滞在したのですが、ILPでの生活は想像以上に快適でした!!始めは寮の施設や環境にかなり不安を感じていたのですが(部屋が汚かったり、田舎過ぎてお店がなかったらいやだなーとか…)、全く問題ありませんでした。ILPの周りには店や施設が密集しているので、寧ろ日本より快適でした(笑)難点があるとすれば、暑さと虫位でしょうか。でも、私は日本の夏よりは過ごし易いと感じました。4〜5月が夏季なので、私は一番暑い時期に滞在していた訳ですが思っていたよりは暑くありませんでした。 *授業、 先生に関して 授業はオールマンツーマンなだけあって、やはり発言する機会が多いです。会話力を向上させたい人、自分からは積極的に話すことが出来ない人には本当にお勧めしたいです。特に初心者の方は、周りの人のレベルを気にしなくていいので授業が受けやすいのではないでしょうか。実際、ILPの生徒さんは初心者の方がかなり多い印象を受けました。マンツーマン授業だと、分からない所をすぐに聞けますし、先生も生徒が理解するまでしっかりと教えてくれます。 私は1日に7時間授業をとっていたのですが、意外としんどくはありませんでした。1コマ50分授業ですので、先生と話しているとあっというまに時間が経ちます。7時間といっても、先生が毎回変わるので飽きることなく最後まで続けることが出来ました^ ^私は授業終わり、なかなか自主的に勉強できなかったりするので7時間で丁度良かったです。それに、たくさんの先生と仲良くなれますしね!! 先生方はとてもフレンドリーな方が多く、正直授業中もうるさかったりします(笑)一緒にご飯を食べに行ったり、週末に旅行に行ったりと、先生と生徒の距離がとても近い学校だと感じました。やはりマンツーマン授業と学校自体が小規模ということが大きいのではないかと思います。 *学校に関して ILPは自由度の高い学校です。校則も厳しくなく、とても過ごし易かったです。ただ、少し残念だったのは殆どの生徒が日本人だったということです。やはり、日本人同士だとどうしても日本語で話してしまいますので、普段は殆ど日本語を使っていました。あと、私は2人部屋でしたが、結局最後までルームメイトは入って来ませんでした。これらは本当に時期によります!4〜5月はかなり生徒が減る時期らしいので(^^;; まあ、皆と仲良くなれて少人数も楽しかったですよ!この時期は長期休暇が被らない為、学生が少なく、留学に来ている人の殆どが社会人の方でした。うるさい環境や、若い学生のノリが苦手な方はこの時期を選ぶのも良いかもしれません。社会人の方々は色んな経験をされていて、まだ大学生の私にとってはとても勉強になりましたし、多くのお話を聞けてとても楽しかったです。違う世代の方と接することも大切だと改めて感じました!! *学習面 留学を終えて改めて思ったのは、ボキャブラリーの重要さです。会話中に単語が思い浮かばなくもどかしく思ったことは数しれません。単語だけでも分かれば先生は何となく私の言いたい事を汲み取って理解してくれます。なるべく留学前に単語を頭につめておくと良いと思います。あとは、文法は一通り事前に学習しておくことをお勧めします!せっかく外国に来ているのに、授業中文法の勉強で終わってしまうのは勿体無いです。短期間で英語力を最大限に伸ばすには日本で出来る限りの事はやっておくべきだと感じました。 何点か後悔した事もありますが、私はフィリピン留学にとても満足しています。本当に人にお勧めしたいです。特にバコロドの街は治安が良く、人もとても暖かいので是非皆さんにも行って頂きたいです!またいつか、もう一度この街、ILPに訪れたいなと思っています(*^^*) それでは、これで最後のレポートを終わりたいと思います。皆さんの為になるような情報をお伝え出来たかは分かりませんが、少しでもこの記事がお役に立てればと思います。2ヶ月間、私の拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました! そして、ILPの先生、スタッフの皆さん、仲良くして下さった生徒の皆さん、本当にありがとうございました(^o^)/

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP学生レポーター 15フィリピン生活情報

バコロドILP学生レポーター 15フィリピン生活情報 今日はフィリピンでの生活での注意点等役立つ情報をご紹介しますね! *家電製品 フィリピンでは日本と電圧が異なるので、日本で使用している家電製品は使えません。変圧器を買うか、海外対応の物を持参しましょう。ヘアドライヤー等は現地で安く買えるので、持って来なくても大丈夫だと思います。 次にプラグの形ですが、地域によって異なります。ILPの寮内は日本と同じ形の物が使えますので、気にしなくても大丈夫ですよ!寮内のコンセントはベッド側の壁に2つ、冷蔵庫の横に2つあります。1人で使用するには十分な数ありますが、もっと必要な方は延長コードを持って行かれることをお勧めします。 *ネット環境 フィリピンの飲食店やモールではwifiが使えることもありますが、日本と比べると回線速度がかなり遅いです。また、時間帯によってはwifiが使用出来ないこともあります。ILPのカフェテリアでは24時間問題なくwifiが使用出来ますよ(^ ^)動画もきちんと見ることが出来ます。寮の2階は部屋によって繋がることもありますが、基本的には使えません。3階の女子寮では全く使えないので、常にネットを使いたい方は現地でSIMカードを購入するのが良いと思います。 *トイレ フィリピンの公共トイレではトイレットペーパーが置いていないことがよくあります。外出する際は常にポケットティッシュ等を持ち歩くことをお勧めします。 *日用品 シャンプーやリンス、石鹸等は重さもありますので現地で買われることをお勧めします。日本の製品も何種類か売っているので心配いりませんよ。化粧品はなかなか日本の物はありませんので、ご自分の肌に合った物を日本から持ってくるのが良いと思います。あと、化粧品は割と値段が高く、日本とあまり変わらない印象を受けました! *食品 近くのモールでは日本食を買うことが出来ますが、値段は日本の2〜3倍します(;_;)”日本から醤油を持ってくれば良かった”と言う生徒さんもいたので、お好きな調味料を持って来るのもいいかもしれません。学食が口に合わなかった時の為に、ふりかけを持って来ている学生さんも多かったですよ。 *衣料品 フィリピンでは服や靴が安くで買えます。服は最低限の物で大丈夫だと思います。ただ、下着は十分な数持って来た方がいいかもしれません。こちらでは日本とサイズ表記が違うらしく、結局買うことが出来なかった学生さんもいらっしゃりました。 あと、お気に入りの服や高価な物は持って来ないようにしましょう。ごくたまにですが洗濯物が無くなったりすることもあるみたいなので(^^;; あっという間に2ヶ月が経ち、次回で最後の更新となります。 また帰国後に総まとめの記事を更新しますね! それでは、もうしばらくお付き合い下さい(^ ^)

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 体験レポーター 13学生インタビュー

バコロドILP 体験レポーター 13学生インタビュー こんにちは! 今回は、ILPの学生さんにお話を伺ったのでご紹介したいと思います! インタビューさせて頂いたのは日本人女性のNさん。Nさんは今年2月から約4ヶ月間、ここILPに在学していて、今いる生徒の中で最も長期間滞在している生徒さんです(^^) Q. 留学の目的は何ですか? A. この後に行くワーキングホリデー(ニュージーランド)の為の事前留学。いきなり欧米圏に行っても全然喋ることが出来ないと思ったので、まずフィリピンで英語に慣らそうと思ったから。 Q. ILPの印象は? 学校だけど堅苦しくなく、自由。校則自体も厳しくないので。アットホームで先生と生徒の距離が近い。オールマンツーマン授業というのも理由の一つかも。 Q. ILPを選んだ理由は? と にかく学費が安い。あと、都会よりは田舎の学校に行きたかったから。都会だと遊ぶ場所が多く、勉強よりも遊びに走ってしまいそうだったから。物価の安さと 治安の良さも決めての一つ。他の理由としては、オールマンツーマン授業が受けられること。私はグループ授業だと他の人に発言を任せてしまうタイプだけど、 マンツーマンだと喋らざるを得ないので。 Q. 留学前にやっておくべきことは? A. 中学レベルの基礎文法は学んでおくこと。私は元々英語をしっかり勉強していた訳ではないので、初めの2ヶ月間は基礎文法を学んで終わってしまった。基礎文 法は自分で勉強出来る範囲のことだし、ここでは英語で教えてもらうので自分で勉強した方が解り易く効率的だと思う。 インタビューの内容は以上です! ILP を選んだ理由としては、私も似たような感じです。また、今までの学生さんを見ていると、この後にワーキングホリデーに行く人がかなり多いです。やっぱり フィリピン留学は短期間で英語に慣らす為には良いと皆さんお考えのようです^ ^(特にILPはオールマンツーマンですし!) それでは、今回は学生さんの声を紹介させて頂きました。快くインタビューを引き受けて下さったNさん、貴重なお話ありがとうございましたー!! ↑Bacolod ILPはこの6月で10周年を迎えるそうです。今朝来たら1階が デコレーションされてました(*^^*) フィリピン留学体験談 バコロドILP英語学校レポーター: 日本人女性の留学感想インタビュー

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP学生レポーター12 学校周辺環境〜2

バコロドILP学生レポーター12 学校周辺環境〜2 こんにちは! 今回は学校から少し距離のある場所を紹介したいと思います!! 交通手段はジプニーというバスのような乗り物で、料金は一律6ペソ(約18円)になります。(学生以外、一般料金=7ペソ)かなりの数のジプニーが日中は走行しているので、特に時間を気にすることもなく好きな時に利用することができます。 今回紹介する場所は全て、ジプニーで学校から5〜15分程で行くことができます。 <SMモール>   この辺りでは1番大きなショピングモールで、ジプニーで10分程の距離です。建物は道を挟んで2つに分かれていて、様々なショップやレストランが入っています。日本のデパートと大差なく、店内はとても綺麗で人で賑わっています。2枚目の画像はモール内の巨大なスーパーマーケットです。1枚目の画像の建物前に停まっている赤い乗り物がジプニーです。 キャッシュパスポートをご利用の方は、SMモール内ATMでお金を引き出すことをお勧めします!前回紹介したロビンソンモールでも引き出せるのですが、3000(4000?)ペソ程しか一度に引き出せません。毎回手数料がかかるので、私は一度に10000ペソ引き出せるSMモールを利用しています。 SMモールの近くにあるマヌカカントリーというチキンのお店もお勧めです。チキン専門店が何店舗も連なった場所になります。チキンはフィリピンの定番料理でもあるので是非行ってみて下さい!価格もかなり安く、私が行ったお店はチキンとライスのセットで90ペソ(約270円)でした(^^) <チャイナタウン(888)> SMモールよりも学校よりに位置し、道が混んでいなければ5〜10分程で行くことが出来ます。規模は小さいですが、商品が多く全体的に低価格です。服や鞄、靴等を安く揃えたい時にいいかもしれません。 <ロードバイロン>   ここだけ歩いても行ける位置にあります。徒歩約5分程で、前回紹介したCAFE BOB’sの向かい側にあります。 バコロドではバックリブ(スペアリブのような感じです)も定番料理で、このお店は学生さん達にも人気があります(^ ^)一人前150ペソ(約450円)でした。   ILP周辺にはたくさんのカフェ、ケーキ屋さんがあるのですが、中でも1番人気なのがここcaleaです。フィリピンの料理は全体的に甘めなのですが、ここのケーキは甘過ぎないので日本人の口に合うようです。現地の人にも人気があり、ロビンソンモールにも店舗があります。ラクソンストリート沿いにある店舗は内装がとても可愛いらしく、女性の方はテンション上がる事間違いなしです! 学校周辺には他にもたくさんお店があるので、是非いろんな場所へ行ってみてくださいね(^o^)/ フィリピン留学体験談 バコロドILP英語学校レポーター: SM Bacolodなど周辺環境

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 体験レポーター11 授業について〜マンツーマンクラス〜

バコロドILP 体験レポーター11 授業について〜マンツーマンクラス〜 今日は授業についてお話ししたいと思います。 バコロドILPにはwritingやspeakingといったような決まったプログラムはありません。 最初に教科書は支給されますが、自分自身で授業内容を決めていく形になります。自分が勉強したい事を伝えると、それに合わせて講師の方々は独自のスタイルで授業を進めて下さります。私は会話力を向上させたいので、speakingを重点的に教えてもらっています。ただ、1日7時間もspeaking授業だとしんどいので、何時間かはreadingやgrammarクラスを作ってバランスをとっています(^^)ILPでは自分の不得意分野を重点的に学べ、自分で自由に授業内容を決められるのがポイントです! 私が普段授業で行っている内容は以下の通りです。 *speaking・listening(4時間) 会話ベースの授業が多いです。与えられた質問やテーマに関して自分の意見を伝え、話を展開していくといった授業や、日常会話で役立つ熟語や表現方法を学ぶ授業等があります。私が話した文章が文法的に間違っていた場合先生は指摘し、より適切な言い回しを教えて下さります。 先生は皆よく喋るので、授業中の会話で自然とリスニング力は身に付くと思います(笑) *writing・grammar(2時間) 私は毎日日記を書いて、それを添削して貰っています。日記を書くことは日常的によく使う表現や単語を身につけることが出来るので個人的にはお勧めです。また、自分の弱点も見つけ易いので効率よく勉強出来ます。あとは、新しい熟語・単語を使って例文作成をする授業もあります。私は文法メインの授業をあまりして貰っていません。正直、文法に関しては先生に英語で説明して貰うより、日本語の文法書を読んだ方が明らかに分かり易いと私は思うので…(^^;;文法の基礎は自分で勉強し、分かりにくい部分は質問するようにしています。 *reading(1時間) 教科書に沿って勉強しています。教科書によって内容は変わってくるとは思いますが、ショートストーリーや記事を読んでそれに関する問題を解いたり、話の内容を理解出来ているか確認する為に自分で要約するといった事をしています。 これらはあくまでも私の希望に合わせた内容ですので、他にも方法は色々あります。皆さんは自分でベストな方法を選んで満足のいく学習にして下さいね(*^^*) フィリピン留学体験談 バコロドILP英語学校レポーター:マンツーマン英語授業

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 体験レポーター10 授業について〜グループ授業〜

バコロドILP 体験レポーター10 授業について〜グループ授業〜 こんにちは(^^) 今日は授業に関する報告が1つあります! なんと、来週からグループ授業が開始されることになりました!! ILPでは授業数が1日5〜9時間までの間で選択することが出来、これらは全てマンツーマン授業でした。 来週からは、元々自分が取っていた授業に追加する形にはなりますが、2週間単位でグループ授業を受けることができます。1人の講師に対して3〜6人の生徒、また、生徒のレベルに合わせてグループ分けをして授業が行われるようです。時間は毎日午後4〜5時の間の50分間です。 ただ、追加授業になるので余分にお金が必要になります。金額は2週間で1500ペソ(約4200円)です。もしグループ授業を受けたければ、一時間授業数を減らして申し込むのがいいかもしれませんね。入学後に授業数を減らすことも出来るのですが、返金はされません。また、1時間90ドル(1ヶ月間)で授業を追加することも出来ます。 ILPではオンライン英会話授業も行われています。帰国後に英語の勉強をし続けたい人にはもってこいですね(*^^*) 授業は1日20分間、月〜金曜日の週5日間の授業で1ヶ月9000円です。先生の話を聞いた限りでは時間は大抵夕方〜夜が多いようです。初回2レッスンは無料で受けられるみたいですよ! それでは、今回は授業に関するお知らせでしたー! フィリピン留学体験談 バコロドILP英語学校レポーター:英語授業、グループクラス

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 体験レポーター⑨国籍比率と校内規則

バコロドILP 体験レポーター⑨国籍比率と校内規則 こんにちは! 今日は生徒の国籍比率、校内規則、雰囲気等についてお話ししたいと思います。 まず、国籍比率ですが、現在は日本人がかなり多いです。日本人7割、韓国人3割といったところでしょうか。あとは台湾人が1名在学中です。そもそもこの時期は生徒数が少ないらしく、現在の生徒数は約20人とかなり減ってきています。また、時期によって国籍比率もかなり変わってきますので、そこも考慮して留学期間を決めるのもいいかもしれませんね(^^)夏場(7月以降)は韓国人が一気に増えるみたいです。やはり長期休暇間(夏季:7〜9月)は短期留学に来る大学生も多いので全体的に生徒数が増えるようです。 あと、ILPは年齢層が高めな印象を受けました。ほとんどが社会人の方々で、大学生は私を含めて現在2人程しかいません。平均年齢は20代後半位だと思います。30代の方も結構います。 次に、校内規則ですが、ここILPは校則がゆるめです。校内では授業以外は皆母国語を話しています。もちろん日本人しかいない訳ではありませんので、積極的に英語を使うことで英語環境はそれなりに自分で作ることは出来ます!あとは休み時間に講師の方々と会話するのもいいかと思います。 ←この1階フロアで休み時間には皆寛いでいます。 門限は日曜日〜木曜日が1時、金・土曜日が2時までとなっています。この時間を過ぎると寮が施錠され、入れなくなってしまうので要注意です‼︎ 校内は飲酒禁止ですので、お酒を飲む時は外へ出かけます。学校のすぐ横にバーベキューショップ(屋台)がありますので、皆よくそこで飲んでいます。 ILPの校風はかなり自由だと感じています。そして、小規模な学校ですので、アットホームな雰囲気がお好きな方にはお勧めですよ(^^) フィリピン留学体験談 バコロドILP英語学校レポーター:留学生の国籍割合、学校規則

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 学生レポーター⑧休日の過ごし方〜sipalay旅行〜

バコロドILP 学生レポーター⑧休日の過ごし方〜sipalay旅行〜 こんにちは! 先週の金曜日が祝日だったので、この3連休を利用して旅行に行って来ました。行き先はsipalay(シパライ)という海辺の田舎町で、バコロドからバスで約5時間の場所にあります。今回は、ILPの先生方と生徒の総勢10名で2泊3日の旅に出かけました(^ ^) 早朝5:15分発のバスに乗ってsipalayへ。運賃は209ペソでした。このバスターミナルへは学校からタクシーで5分程で行くことが出来ます。 sipalayはとってものどかな田舎町で、お店も小さな露店のような物が多く、バコロドにあるようなファストフード店もありません。とても有名なリゾート地と言う訳ではありませんが、バコロド住民の間では名の知れた場所のようです。 今回私達はホテルではなく民宿のようなロッジに宿泊。10人一部屋で一泊130ペソ(約370円)と激安でした。キッチンも自由に利用出来ます。ただ、設備はあまりよろしくありませんので私はお勧めはしません(笑)   一日目はビーチに行って、夕食は宿泊先で自炊。先生方がフィリピンの家庭料理を振舞って下さりました!今回の旅行は全て先生方が計画して下さり、食事等も含め色々と至れり尽くせりのおもてなしをして頂きました!!何もしなさ過ぎて申し訳なる位でした…(^^;; ←フィリピンの家庭料理(チキンやポークリブ等) 買い出しは近くのマーケットで。 2日目は海辺のレジャー施設へ。プールやハイキングの出来る小島、宿泊施設等が固まってあります。海は透明度が高くとても綺麗でした!宿泊先からは少し離れている為バイクで移動、運賃は2人乗りで80ペソでした(1人40ペソ)。   当初の予定ではアイランドホッピング(色んな島をボートで巡る)をする予定だったのですが、少しトラブルがあったようで出来ませんでした。午後からは昨日と同じビーチへ。これでもかという位ビーチを満喫出来ました(笑) sipalayにはビーチが何ヶ所かあり、シュノーケリングやダイビングが楽しめる場所もあります。洞窟探検も有名みたいなので、色々と楽しめると思いますよ。小さな町で、海以外にはレジャー施設もあまりないので、個人的には1泊2日位が丁度良いかと思います! 今回2泊3日の旅行でかかった費用は約1500ペソ(4000円程)でした!驚きの安さです…先生方が毎食調理し、費用を安く抑えて下さったおかげです!!本当に感謝の一言に尽きますm(__)m フィリピンだと1泊2日の旅行に5000円もあれば十分行けると思いますので(飛行機を利用すると無理ですが…)、休日は是非観光を楽しんでみて下さい^ ^ フィリピン留学体験談 バコロドILP英語学校レポーター: sipalay(シパライ)旅行

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 学生レポーター⑦学校周辺環境〜1

バコロドILP 学生レポーター⑦学校周辺環境〜1 こんにちは! 今日は学校周辺をご紹介したいと思います。学校を選ぶうえでかなり重要な項目でもありますよね(^ ^) バコロドは田舎ではありますが、ILPは町の中にある為日常生活で困ることはほぼないと思います。学校の道向かいにはアイマートというコンビニがありますし、学校の隣にはカフェが3つもあります! 徒歩5分の距離に大きなデパート(ロビンソン)もあるのでとっても便利です。ロビンソンはフィリピンではメジャーなモールのようで、中にはスーパーや服屋、飲食店が多数入っています。大抵のものはここで買い揃えることができます。 <ロビンソン>   これもまた徒歩5分程の距離に学生に人気のカフェがあります。CAFE BOB’Sというカフェなのですが、チェーン店でフィリピンの至る所で見られます(ロビンソンの中にもあります)。ケーキの種類が豊富で値段もお手頃なので、講師にも人気のようです。wifiも使えるので、PCを使いたい時にも良いですね(^ ^) CAFE BOB’Sのすぐ近くには無料で利用出来るジムがあります。様々な運動が体験出来、特に最近日本でも流行っているバイクエクササイズ”SPINNING”が学生には人気です。ここでは自由にフィットネスマシーンを使用出来るだけでなく、ヨガやズンバ、ボクササイズ等のプログラムもありますので女性にも嬉しいですね! 学校のすぐ側にはマッサージ屋もあります。私はまだ行ったことはありませんが、足つぼやオイルマッサージ等いろんな種類があるみたいですよ。値段は1時間280ペソ(800円弱)とかなりリーズナブル!   学校の隣にあるカフェの中で私のオススメはTOM N TOMS COFFEEです。韓国のチェーン店らしく、韓国版スターバックスと言ったところでしょうか。店内はとても綺麗で人もそんなに多くなく、勉強するのに最適です。他のカフェと比較すると値段は少し高めで、コーヒー1杯が約300円弱程です。画像左の奥に見える大きい建物がTOM N TOMS、手前にあるのがBASCOM CAFE。 すぐ側にはバーベキューショップ(屋台)もあり、週末は皆そこで遅くまで飲んだりしています。焼き鳥が1本数十円で食べられます! 学校周辺にはまだまだ様々な施設やショップがあり、かなり便利な場所です!今回は徒歩圏内にあるお店ばかり紹介しましたが、また後日少し学校から離れた所にあるおすすめスポットも紹介しますね(^o^)/ フィリピン留学体験談 バコロドILP英語学校レポーター

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 体験レポーター ⑥講師変更とレベルチェックテスト

バコロドILP 体験レポーター ⑥講師変更とレベルチェックテスト こんにちは! ILPに来てから3週間が経ち、大分こちらでの生活にも慣れて来ました。本日は月1回のレベルチェックテストがありました!というとで、今回はこのレベルチェックテストについてご紹介しますね(^ ^) レベルチェックテストは毎月1回、最終金曜日に行われます。内容はグラマーテスト30分間(50問)+スピーキングテスト約3分間です。スピーキングテストの内容は、質問の書いてあるカードを一枚引いてその質問に対して回答するというスタイルです。質問の難易度は様々で、今回私は始めてテストを受けるのでbeginnerレベルの質問を引きました。2回目以降は前回のテスト結果に応じたレベルの物を引きます。 ←スピーキングはこの部屋で講師2名対生徒1名で行われます やっぱり普段授業で話しているといっても、試験となると緊張しますね(^^;; せめて印象だけでも良くしようと、明るくテンション高めで話しました(笑) グラマー50点+スピーキング50点の総合得点でレベル分けされ、月曜には掲示板に結果が張り出されます。順位や点数までは張り出されないので安心して下さい(^ ^) このテストは必須ではないのですが、受けていないと講師変更ができません。 受け損ねると1ヶ月間講師変更が出来ないので要注意です!! 講師は毎週金曜日に変更することが出来ます。掲示板に現在の講師の空き時間が掲示されるので、それを参考に生徒は時間割を調整します。講師変更用紙も一緒に掲示板に貼ってあるので、用紙に記入して午前中にオフィスへ提出する必要があります。人気講師は受講希望者が複数いる場合がありますので、その時は公平にくじ引きで決めるみたいです。 ILPはオールマンツーマン授業で、講師の数も多いです。初めは講師選択でかなり迷いましたが、私の場合他の受講者の意見がとても参考になりました!!金曜日が近づくとよく生徒同士で情報交換をしています。講師が合わなければ無理に継続せずにいろんな授業を試してみて、より自分の勉強スタイルに合う講師を見つけて下さいね! フィリピン留学体験談 バコロドILP英語学校レポーター

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 体験レポーター ⑤食事について

バコロドILP 体験レポーター ⑤食事について こんにちは ! 今回は学校の食事についてお話ししたいと思います。食事は毎日三食、朝7:30〜8:30、昼12:00〜13:00、夜18:00〜19:00の時間帯で提供されます。この時間内であればいつでも食べることが出来ます。それでは、1週間とまではいきませんが、今週3日間の食事をご紹介します(^o^)/ 〜1日目〜 <朝食> バナナ、ナムル(?)、厚揚げの炒め物、ハンバーグ、イカのスープ(ピリ辛)、ご飯 <昼食> ビビンバ、ワカメスープ <夕食> スイートポテト、ワカメの和え物、大根の漬物、豚肉の炒め物、味噌汁、ご飯 〜2日目 〜 <朝食> パンケーキ、スクランブルエッグ、トマト、パイナップル、コーンスープ <昼食> チヂミ、ブロッコリーとパプリカの炒め物、白菜キムチ、豚肉の炒め物、お吸物、ご飯 <夕食> さつま揚げの炒め物、キムチ、ナムル、鳥の竜田揚げ(?)、味噌汁、ご飯 〜3日目〜 <朝食> オムライス、ナムル、トマト、味噌汁 <昼食> 茄子の天ぷら、キュウリのキムチ、大根の漬物、イカの炒め物(ピリ辛)、かき玉スープ、ご飯 <夕食> さつま揚げの炒め物、大根の漬物、卵焼き、コロッケ、ワカメスープ、ご飯 基本的には韓国料理が多いので、味付けも全体的に辛めです。食べられない程辛いものは今のところ出ていません。たまに出る洋食は朝食のことが多く、サンドイッチやパスタも出ますよ。ご飯は日本のものより少しパサパサしていますが、味はそんなに変わりません。今までの食事で不味いと感じたことはありませんし、結構日本料理に近いものも多いので美味しく頂けると思いますよ(^ ^) 銀のプレートタイプの食事の時はバイキングのような感じで自分で好きな量を入れることが出来ます。何品かはスタッフさんが入れてくれたりしますが、おかわりは自由です。パンケーキやオムライス等も、もう一皿おかわりすることも出来るみたいです! ここへ来る前は食事の心配もありましたが、私は辛いものが結構好きなので特に問題ありませんでした。辛いものが苦手な方は食べられるおかずが少し減ってしまうかもしれませんが、全品辛いなんてことはないのでなんとかなります!学校の近くには飲食店もたくさんあるので(ケンタッキーやマック等も!)、食事面では困ることはないと思いますよ(^-^) フィリピン留学体験談 バコロドILP英語学校レポーター

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 体験リポーター ④1日のスケジュール

バコロドILP 体験リポーター ④1日のスケジュール こんにちは! 今日は1日のスケジュールをご紹介したいと思います。 バコロドILPは1コマ50分授業で、全てマンツーマン授業です。授業後に毎回10分休憩を挟み、1時間間隔で授業が行われます。私は1日に7コマ授業を取っていますが、他の生徒さんを見ると6コマ取っている人が1番多いようです。 *1日のスケジュール* 6:45 起床 7:30〜8:30 朝食 授業は最も早くて8時から始まります。寮隣の建物の2階と3階に約50程の小部屋があり、生徒はそこでマンツーマン授業を受けています。 9:00〜9:50 授業① 教科書のショートストーリーを読み、そのストーリーを自分の言葉で説明する。 10:00〜10:50 授業② 主にボキャブラリー強化。新しく教わった単語、熟語を用いて自分で例文を作成。 11:00〜11:50 授業③ 教科書に沿った文法問題、イラストを見て英語で状況説明。 12:00〜13:00 昼食 13:00〜13:50 授業④ 新聞記事を読み、その後に続く問題に取り組む。内容理解、文法、語彙力を伸ばす。 14:00〜14:50 授業⑤ ひたすら会話をしたり、教科書を使う時も。日常的に使うフレーズを学ぶ。 15:00〜15:50 授業⑥ 教科書に沿って問題を進める。特定のトピックについての意見交換など。 16:00〜16:50 授業⑦ 主に教科書のテーマに沿って会話。与えられたテーマを基に自分でストーリーを作り、文章におこす。 17:00〜18:00 自由時間 私は大抵自習の時間に充てています。 18:00〜19:00 夕食 19:00〜 私は宿題をしたり、部屋で映画を見たりと自由に使っています。宿題の量は今のところ、1〜2時間もあれば十分出来る程です。 食堂は冷房が効いていて涼しいので、夕食後は食堂で勉強している人をよく見かけます。飲みに近くのバーへ出かけたりする人も。 入浴 24:00 就寝 以上、1日の流れはこんな感じです。 現在私が授業で使用している教科書は以下の3冊です。 初日のレベルテスト後に、自分に合った難易度の教科書を支給してもらえます。教科書が合わなければ変更も可能ですし、教科書を使用せずに授業を進める講師もいます。講師の方々は、生徒が何のスキルを改善したいか、どのような授業内容がいいかをちゃんと聞いて進めてくださります。もし要望があればどんどん伝えていきましょう! ちなみに私は7コマとも全員違う講師です。初日に講師・時間割を自動的に割り振られますが、翌週から変更は可能です。講師変更等についてはまた後日詳しく書きたいと思います!! それでは、また(^o^)/

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 体験レポーター ③初日オリエンテーション・寮内設備

バコロドILP 体験レポーター ③初日オリエンテーション・寮内設備 こんにちは、aliです! 今回は初日(月曜日)の流れについて書きたいと思います。 初日は午前中にオリエンテーションとレベル分けテスト、午後からは早速授業が始まります。 まずはテストから、50問の文法問題(30分間)とスピーキングテストを行いました。スピーキングテストでは留学の理由等、簡単な質問をいくつか聞かれました。 オリエンテーションでは簡単に校則等の説明があります。私が語学学校を探していた時、ILPには日本人マネージャーはいないとホームページには記載されていたのですが、校内には日本人マネージャーさんが!!最近ILPに学生マネージャーとして来られたみたいです。オリエンテーションも日本語で説明してくださりました(^o^)/ 午前中はこんな感じで解散、午後からは授業に移ります。私はオリエンテーション後に近くのモールへ買い出しに連れて行ってもらいました。到着日に時間があれば、その日の内に皆さん買い出しに行かれるみたいです。 今回入学した生徒数は4名、全員日本人でした。ILPは今まで日本人は2割位しかいなかったそうですが、最近急激に日本人生徒数が増え、今では約5割が日本人です。もちろん時期にもよるとは思いますが、日本人が少ないことは期待しない方がいいと思います(^^;; 続いては学生寮を紹介したいと思います! 寮は2階が男子寮、3階が女子寮になっています。 ←これは2階の男子寮です。各階廊下にはウォーターサーバーが設置されています。   寮の部屋はこんな感じです。 比較的綺麗で、私は2人部屋なのですが結構広さもあります。収納も十分あり、冷房、簡易冷蔵庫が各部屋付いています。 バスルームはユニットバスになっています。たまにフィリピンではシャワーの温水が出ないこともあるみたいですが、今のところ温水はちゃんと出ていて問題はありません。 寮の隣の建物1階が食堂になっています。隣といっても、中で繋がっているのでほぼ同じ建物です。wifiは食堂でのみ使用できるみたいですが、部屋でもなんとか繋がります。ただ回線速度は遅いです。近くにはwifiの使えるカフェなどもたくさんあるので、ネットを長時間使用したい時は外に出るのもアリだと思いますよ!フィリピンは物価が安いので頻繁にカフェに行ってもそんなにお金かかりませんし(^^) 以上、初日の流れと学生寮の紹介でしたー!!

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP体験レポーター ②関西空港から学校到着まで

バコロドILP体験レポーター ②関西空港から学校到着まで こんにちは、aliです!! 今日は日本からバコロドまでの行き方を紹介したいと思います(^ ^) 私は大阪在住の為関西国際空港からフィリピンへ。 ・大阪→マニラ ジェットスター 12:55発 16:00着 ・マニラ→バコロド セブパシフィック 18:45発 19:55着 遅れることもなくマニラに無事到着。入国ゲートへと向かいます。 ”FOREIGN PASSPORT”と青い看板が出ているのでそちらへ行き、あっさりとした入国審査を受けて荷物を取りに。 日本からバコロドまでとめてセブパシフィック航空で予約した場合も、荷物は必ず一旦マニラで受け取らなくてはいけません!セブパシフィックの場合直接バコロドまでは届けてもらえませんので要注意です!! マニラでの国内便乗り継ぎの際、フライト時間にも要注意です。マニラ(ニノイ・アキノ空港)は第1〜4のターミナルがあるのですが、各ターミナル間が結構遠いです。 今回私が利用したジェットスターは第1ターミナル着、セブパシフィックは第3ターミナルです。乗り換え時間が約3時間なので確実に着くタクシーで移動することにしました。今回は道も混んでいなかったので15分程で到着、タクシー代は200ペソでした。 シャトルバスもありますが時間に正確ではないので、時間がない場合はタクシーをおすすめします!出来ればターミナルを移動しなくても良い便を使うのが一番簡単で確実だとは思います。今回はマニラまで予定時間通りに着き、入国審査もスムーズにいったのでかなり時間に余裕がありました。 マニラ空港のターミナル3は3階がチェックインカウンター、出国ゲートになっていて、4階にはショップや飲食店が並ぶフロアになっています。中は綺麗でwifiも繋がっていたので、長時間のトランジットでも問題なく過ごせると思います(^ ^) バコロド空港はとても小さく、迷うこともないと思います。空港を出てすぐにILPのボードを持ったスタッフさんが出迎えてくれました。 車で空港から移動すること約15分程で学校へ到着!バコロドILPへの道のりはこんな感じでした。 次回はILPの学校施設・オリエンテーションについてお伝えしたいと思います! それでは、また(^o^)/

>> More

Bacolod | ILP
バコロドILP 学生レポーター ①自己紹介

バコロドILP 学生レポーター ①自己紹介 はじめまして! 4月から2ヶ月間バコロドのILP校をレポートさせて頂きます、aliです。 私は元々英語に興味があったのですが、決して得意ではありません。とにかく英語が話せるようになりたい!という気待ちだけは強く、学生のうちにやりたいことをやっておこうと思い今回留学を決意しました。 *なぜフィリピン留学なのか 最初は欧米圏に半年程留学しようと思っていたのですが、学費が高いため断念。私の中でフィリピン留学の決め手は、費用が安く、マンツーマンレッスンが多いことでした。 実は、私はフィリピンで2ヶ月過ごした後、カナダへ3ヶ月留学する予定です。私はそこまで積極的に話せるタイプではないので、いきなり欧米圏のグループ授業に参加しても殆ど発言できないのではないかと思いました。そこで、フィリピンでマンツーマンレッスンを受けて会話力を向上させてからカナダへ渡った方が、確実に効率がいいと考えこの2ヶ国留学を決意しました。もちろん、金銭的な理由もかなり大きいのですが(笑) とにかく、”短期間で効率良く英語力の向上が期待できる”のがフィリピン留学だと思います。 *バコロドILPについて それでは、ここで少し、私がこれからお世話になるILPについてお話ししたいと思います。 ILPはバコロドにある比較的小規模な学校です。授業はオールマンツーマン(グループ授業は現在行われていないそうです)で、学費はかなりリーズナブルです。授業時間は選択可能で、私は一日7時間コースを選択しました。バコロドはセブやマニラと比べると少し田舎になるとは思いますが、その分物価が安く治安も良いみたいですよ(^ ^) フィリピン留学というと、治安や訛りが気になる人も多いかと思いますが、昨年フィリピンに留学していた友人によると殆ど気にならなかったそうです(もちろん個人差はあると思います)。最近では企業の英語研修でフィリピンを利用することも多いそうですし、それだけフィリピン留学に定評があるということではないでしょうか。 それでは、今回はこの辺りにして、次回からはILP留学情報を発信していきたいと思います。留学を考えている方々に、少しでも参考にして頂けたらと思いますので、これから2ヶ月間よろしくお願いします!

>> More

Bacolod |
セブCG 留学リポーターGAISANOモール

セブCG 留学リポーターGAISANOモール ハロー!今回はCGから一番近いモールを紹介しますよ~♪   ◆GAISANOモール◆ GAISANOモールはCGからトライシクルで約5分で行けるショッピングモールです( ^^) アヤラモールと比べると小さいですが食料品、衣料品、文房具等何でもそろっているのでCG生みんな一週間に一度はGAISANOモールでショッピングしています。私は毎週フルーツと大量のお菓子を買うために通っています。毎日頭をフル回転させて今までにないくらい勉強しているのでお腹が異常にすくんですよ((+_+))毎時間ってくらいお菓子食べてますが頭フル回転させてカロリー消費しているのでまったく太りません!女子にとっては天国ですね( *´艸`)笑 アヤラモールは値段が高いしタクシー乗らないといけないので気軽に行ける感じではないなぁと感じたのですがGAISANOは地元に愛されているスーパーという感じですね。外国人が珍しいのか行くとジロジロ見られます(笑)でもきちんとしたモールですので外国人だからといってわざとお金を多くとろうとはしないので安心して買い物できますよ!レジスタッフもお釣りを渡す時に丁寧にゆっくり見せながら数えてくれるので安心!値段は日本で買うのと変わらないものもありますが(消しゴム、デザインが良い洋服など)安いものはびっくりするぐらい安いです( ゚Д゚)留学生にとって必須のノートは12ペソぐらいで買えちゃうんです。ノートの質は日本と比べ落ちますが自習用単語殴り書きノートにはちょうど良いですよ!それとマンゴー!!1キロで90ペソです!!マンゴーキロ買いって贅沢ですよね。リンゴは1キロで165ペソだったので、リンゴよりマンゴーの方が安い。奇跡ですね( ゚Д゚)すぐに食べられるのと2,3日後に食べごろになるマンゴーが置いてあるので買い分けたら平日外に出られないCG生でも毎日マンゴー生活送れますよ

>> More

Iloilo | C&C
イロイロから公式TOEIC受験3

イロイロから公式TOEIC受験3 ◯番外編 ・ セブのおすすめスポット 「Royal Concourse」:Ayalaモールの近くにあるビュッフェです。ランチもディナーもひとり238ペソです。日本の食べ放題みたいな感じでした。 「Larsian BBQ」:庶民感すごくて躊躇しがちですが、店員(オネエ)が親切で、しかもかなりかなり美味しくて最高です。あと安い。二回食べに行きました。 「Tree Shade Spa」:3年前にも行って、すごく良かったのでまた行きました。今回は試験会場近くに支店が出来ていたのでテスト前日に行きました。60分間の全身オイルマッサージが360ペソ(学生証を持って行きましょう) 「Carbon Market」:巨大な野外マーケットです。フィリピン初心者には恐怖かもしれません。行くなら午前中に、最低限の荷物でどうぞ。 「Colon Street」:フィリピンで最も古く短い道路らしいのですが、どこが?って感じでした。まあ記念にどうぞ。 「Sky Experience Adventure」:高層ビルの屋上で出来るスカイアクティビティ。値段もそんな高くないので(200ペソ〜)、上空からセブを見下ろしたければどうぞ。 「Tops」:山の上の方にあります。ここまではタクシーで行くしかありません。夜だと夜景が見れてオススメなので、5時とかに向かうといいです。 「Captain A’s Seafood Grill」:Boodle fightっていうフィリピン伝統の軍隊式食事方法を体験できます(イロイロでも出来る)。大きなバナナの葉に直接食事が置かれていて、素手で食べます。(もちろんスプーン・フォークで食べることもできます。) ・ セブのおすすめお土産 「Golden Sana Banana Chips」:こんなに美味しいバナナチップなかなかないですよ。私てきには世界一。3年ぶりの遭遇につい大量購入。フィリピン人の口にもかなり合うようで、チューター通販で買ってた笑 ちなみに300gで100ペソ、500gで165ペソくらいです。売ってる場所によって多少値段違います。SMのジプニー乗り場の近くのエントランス付近が最安でした。 「Peter Paul Virgin Coconuts Oil」:このココナッツオイルめっちゃ良いらしいです(ネット情報)。私はSMのスーバーで買いました。250mLで165ペソくらい。日本では同じ商品が2000円するそうです。これを毎日リプトンに入れて飲んでるんですが、すごいですね。効果抜群です(何にとは言いませんがトイレ的な何か笑)。 「Human nature」:SM

>> More

Iloilo | C&C
イロイロから公式TOEIC受験2

イロイロから公式TOEIC受験2 ◯ホテル予約 申込と交通手段が確定したら宿泊場所を確保しなきゃですね! フィリピンのTOEICは日本と違って、午前中(しかも7時半集合)なので前泊が必須になっています。 そこで、試験前日に私が本気でおすすめしたいホテルは… 「S Hotel and Residences」です。 一部屋一泊たったの1350ペソで、新築みたいに綺麗なホテルです。 しかもなんと、試験会場であるSMEAGキャピタルキャンパスまで徒歩3分程。 当日の交通渋滞のことも考えなくていいので、非常にいいと思います。 私のお気に入りポイントは、シャワーとトイレの間にガラスの壁が設置されていること! どこからどこまでも綺麗で、部屋も広くて、人も親切で満足です。 あと徒歩圏内にガイサノモールがあるので飲み物とかもろもろ買えますよ。 ジョリビーもチョーキングもピザ屋さんも。 ちなみに、ホテルまでポートからジプニーでも行けます。 セブのジプニーは、アルファベットと数字でルートが決められています。 ポート近くからホテル(試験会場)近くまでは、「06B」が一番良いと思います。 料金は7ペソで、お金を払うときと降りるときに言う言葉はイロイロと同じです。 ただ、セブでは降りるときにコインでカンカンまたは天井をノックするのが主流でした。 <補足> テスト後の宿泊場所。 もし土曜の夜の船でイロイロに帰るなら宿泊する必要がありません。 私はセブにもう2泊しました。 TOEICの会場はGuadalupeというちょっと中心部から離れているところにあるので、連泊はあまり好ましくないと思います。 2泊目:Quest Hotel Cebu プールバーとかついてるようなゴージャスなホテルです。 日本でこんなところ泊まったら3万とかしそうですね… 想像以上にすごかったです。 ちなみに一部屋一泊7500ペソ…のところ、3406ペソでとりました!(^^)/ 場所は、アヤラモールというセブで2番目?に大きいショッピングモールの目の前です。 3泊目:Richmond Plaza Hotel 二泊目のホテルめっちゃ良かったんですが、贅沢しすぎなので、3泊目は少し控え目に。 まあまあって感じですね。 二泊目のインパクトがすごすぎて、記憶にありません(実際、私寝落ちしてました…10時くらいに…) ◯試験当日 受験票のようなもの(メールで来る)には試験時間が「8:00-10:30」って書いてあるのですが、 ちゃんと読んでいくと、30分前には到着しないと行けないみたいです。 また、済みから済みまで受験票を読むと、「サンダル禁止・短パン禁止」って書いてありました。 なので、私は長ズボンとスニーカーを履いて、7:20に到着しました。 ですが…みんな短パンでサンダルやないかーーーーい!しかも何時間待たせるねんーー!! って感じになりました。 でも決まりを守ってれば何の問題も起きないはずなので後悔はありません(長ズボン暑かったし重かったけど) 試験会場についたら、受付して、荷物預けて(消しゴムしか持ち込みできない) ひたすら待って待って待って… ようやくテスト始まって、終わってから時計見たら…なんと12時!!笑 1時間半も遅れちゃってたんですね。 まあそんなこんなでTOEIC終わりました。 結果は一週間後に来るはずなので、本来ならもう届いてるはずなんですが 今、台風が来るとか来ないとかで天気めちゃくちゃ悪くて遅延してます。 […]

>> More

Iloilo | C&C
イロイロから公式TOEIC受験

イロイロから公式TOEIC受験 お久しぶりです、Lillyです。もうこっちに来て22週間が経ちました。 あと2週間くらいでここC&Cともお別れです… TOEICコースが終わってからESLに戻りまして、楽しい日々を取り戻しました!笑 やっぱりTOEICはプレッシャーがすごくて… TOEICコースの成果を確認するために、8月6日にTOEIC公式試験を受けてきました。 残念ながらイロイロでは公式試験が開催されないので、セブまで行く必要がありました。 (ごくたまにC&Cでも開催されます。理由は省略。) 今回はフィリピンでのTOEICについて書いていきます。(時系列) ◯TOEIC申込 日本の場合は、2ヶ月くらい前に申込をしないといけないと思いますが、フィリピンでは10日前くらいまで受け付けています。 噂によると、試験日程が変更になる可能性があるらしいので、直前の申込の方がいいかもしれないらしいです。 ちなみに私は、2週間くらい前に準備して、全ての工程が終わったのは〆切日でした。 申込方法に関しては「フィリピン TOEIC」とかで検索していただければわかりやすい日本語の解説があるので、そちらを参考にしてください。 受験料を支払うために、銀行に行って振込をする必要があるのですが、振込の出来る銀行はBDOかBPIです。 でも銀行は基本的に平日の夕方4時までとかしか空いていないので行けないですよね… 土日もやってる銀行はSMにあるBDOなんですが、長蛇の列らしいのです。 そこで私が見つけたのが…ダウンタウンのBDO!! ジプニーでロビンソンの辺りまで行って、少し歩くと中華街があるんですが、そこです。 週末もやってます!(ネットで調べても出てこなかったんですが、歩いてたら見つけました) インターネット申込をして、銀行振込をしたら、オデットに証明写真と銀行でもらった控えを渡せば完了です。 TOEIC直前の水曜日にTOEICからメールが届きます。 (フィリピンあるあるで、たまに届かないらしい) ◯セブまでの道のり 申込が完了したら交通手段の確保ですね。手段としては基本的に 1、飛行機 2、船 のどっちかです。 船とバスの組み合わせもありますが、乗り換えが面倒なのでオススメしません。 私は、船で行きました!12時間かけて!笑 船なんて利用する外国人いませんでしたよ、みんなフィリピン人。 でも、たったの880ペソです。しかもイロイロ出発が夜7時なので寝てれば着きます。 もちろんベッドで寝れるし、エアコンありです。 (エアコンなしは800ペソ) 私は木曜日夜7時のCokalinogという会社の船に乗り、 金曜日の朝7時前のセブに到着しました。 帰りも同様に船を使ったんですが、気をつけなければいけないのが、日曜日は船がないこと。 なので、土曜日の夜か月曜日の夜に帰るか、飛行機を使うかです。 私は、月曜日の夜6時のTrans-Asiaという会社の船を利用し、火曜日の朝6時にイロイロに到着…するはずでした。 が、天候が悪すぎて、船がかなり遅れたので実際着いたのは10時30分頃でした。 Cokaliong Trans-Asia <補足> 船のチケットを買う方法。 もちろんポートで買えます。でも直前まで何も持ってないのは不安ですよね。 だからといってわざわざポートまで買いに行くのも面倒ですよね。 実は、SMで買えます。 SMのジプニー乗り場の手前にあるSM外のトラベルセンターです。 クレジットカードは使えないので、現金を持参しましょう。 <補足> イロイロの港まで行く方法。 セブに行く船がいるのは「Iloilo Domestic Port」です。(ギマラスとは違います) […]

>> More

Iloilo | C&C
食事について

食事について こんばんは!Lillyです。 ついに7週目に突入しまして、ESLコースは残り1週間ちょいになりました。 今回は食事について書いていきます! 学校選びで食事ってかなり重要なポイントだと思いますが、 安心してください、まずくないですから(もうコレ流行ってないのかな…笑) まず、朝食について 朝食は基本的に毎日同じです!!笑 だけど私は朝食が一番好きです。 食パン、おかゆ、ハム、ソーセージ、たまご、スイカ、千切りキャベツ、キュウリ が基本的にあって、たまにスイカがなかったり、キュウリがなかったりします。 あとたまにバナナが出たり、ジャガイモを薄く切って揚げたものが出たりします! 私はいつも食パンにハム、ソーセージ、たまごを挟んで食べてます。 食パンは鉄板で焼いてくれているのでカリッとしていておいしいです!! おかゆも付け合わせの小魚(を辛みそであえたもの)を投入して食べると美味しいです。朝から満足です。 ちなみに朝食の時間は0730-0800の30分間で、私は8-9時の授業がないので0745くらいに行ってゆっくり食べてます。 朝食。 次に昼食と夕食について 昼食・夕食はおかず2-3品、スイカ、キムチ、ライス、スープ をベースにおかずとスープが毎回変わります。 おかずは、骨付きチキンを辛いソースで味付けしたものやチヂミみたいなもの、チキンカツ、肉じゃがみたいなもの、 餃子みたいなもの、ジャガイモをクラムチャウダー味にしたもの、酢豚、ビビンバなど、ぜんぶ美味しいです! フィリピン人が作っているので、「〜みたいなもの」って表現になってしまいましたけど、安心してください。 特に、じゃがいも料理には外れがなくて、本当に本当に美味しいです! ただ、豚肉が嫌いな人は高確率でメインのおかずがなくなります(笑) ちなみに、毎回キムチが出るんですが、ココのキムチ私は嫌いです!笑 私の好きなおかずランキング 1. クラムチャウダー味のじゃがいも 2. 酢豚 3. チキンカツ(串に刺さっているほう) 昼食1 (餃子みたいなやつ。このたまごスープ本当に美味しい!) 昼食2 (このチキンカツ本当に美味しい!!) 昼食3 (真ん中の鶏肉、出現度高め。いつもじゃがいも多くもらってます笑) 夕食1 (この日はなんかしょぼい) 夕食2 (左上の酢豚本当に美味しい!!!) 夕食3 (左上のお肉辛すぎて毎回鼻汗すごくなる笑) こんな感じで美味しく頂いています。 よっぽど好き嫌いがない限り大丈夫だと思います。 想像より美味しいのでふりかけもみそ汁も持ってきたのに消費できてません… ちなみに今朝体重をはかったら…変わってませんでした…痩せたと思っていたのにな… ともかく、食事は心配しなくて大丈夫だと思います。 他の日本人数人にも聞いてみましたが、みんな美味しいって言っているので! 以上、食事についてでした。 Lilly

>> More

Iloilo | C&C
現地費用について

現地費用について こんばんは、Lillyです! みなさまいかがお過ごしでしょうか。 私はこっちに来てから既に8週間が経とうとしています。 まだまだ帰りませんけどね〜 来週からTOEICコースにチェンジします!!目指せオーバー900点!! そういえば昨日は、授業を2コマ休んでImmigration officeに行ってきました。 初回だけ行けなきゃいけないらしい。 何したかと言うと,写真撮影と指紋登録。 もちろん学校のマネージャーが連れてってくれるので(手数料払ってるしね)簡単です。 場所はロビンソンの近くのところでした。こんなところ。 気をつけなければならないことは、靴と長ズボンを履き、袖のある服を着ることです。 ぶっちゃけなんでもいけそうな雰囲気あったけど(笑) そんなこんなで、今回は現地での費用について書いていきます。 実際、日本で支払う学費と滞在費以外に結構かかるので参考になればと思います。 まあトータルしても安いんですけどね。 まず、こっちに到着してすぐに支払わなければならないのが SSP(Special Study Permit):フィリピンで勉強するための許可のようなもの。6000ペソ(+C&Cの場合、申請代行手数料300ペソ) ACR-I(Alien Certificate of Registration Identity):外国人登録証。59日以上の滞在者のみ。3000ペソ(+300ペソ) Visa:一ヶ月以上滞在する人のみ。滞在期間によって料金は異なる。(+300ペソ) これがマジで高い… 寮保証金:50ドル 送迎費用:50ドル 学制証:300ペソ 買い物手数料:300ペソ(自分で行ければたったの28ペソ?) ドル表記のものもペソで支払いできるので、ドルの用意は必要ありません。 ちなみに私は20週間の滞在で30000ペソ近く払った気がします(書類見つけたら正確に記載します) その後かかる費用は、教科書と電気代です。 教科書は最初に1300ペソくらいで、約1ヶ月は買う必要ありません。 リーディングとボキャブラリーは薄い教科書なので、終わったら買い足す感じです。(それぞれ200-300ペソ) 8週間の滞在なら2000ペソを予算としておけばいいでしょう。 電気代に関しては、本当に人次第って感じです。 電気代は、翌月の5日くらいにマネージャーから紙が渡されて、それを持ってセクレタリーに行き、支払うシステムです。 ちなみに先月はこんな感じでした。 このとき私はルームメートがいなかったので、クーラーをつけずに生活していました。 ただ、冷蔵庫を使っていたので少し高めになったんだと思います。 クーラーなしで汗かきながら耐えてたのに、あんまり安くなくてがっかりしたのを覚えています… そして今月はこんな感じでした。 この部屋では冷蔵庫を使わずに、22-翌7時半まで27度設定で冷房をつけた結果です。 やっぱりルームメートいると安いね! 私は4人部屋に滞在しているので、実際に4人集まったら相当安くなるんだろうなって思ってます。 清潔感ある人カモン!!って感じです。 (以前、韓国人と同室だったけど汚すぎて部屋変えた笑) これでも電気代高いと思うけど、他の人はまさかの2500ペソとか取られてます。 休み時間(1時間)に部屋戻ってクーラーつけてるらしいです…そりゃ高いわ…笑 ついでに現地の外食費用について書いていきます。 簡単に言うと…一食350ペソあれば超豪華に食事できます笑 普通の食事なら150ペソで十分です。 ・チキンバーベキュー […]

>> More

Iloilo | C&C
休日の過ごし方

休日の過ごし方 (一回書いたのにアップできなかった…2回目…) こんばんは。Lillyです! 相変わらずこっちは猛暑です。焼けるような暑さ。 日本の気温ってどれくらいなんでしょうか… まあ前置きは置いといて… 今回は、休日の過ごし方について紹介していきます。 C&Cでは金曜の夜から日曜の20時まで外出可能(強制自習がない)です!! で、休日に何をするかというと……ぶっちゃけないです(笑) なので私は週末になるといつも「ああ、お金払ってもいいから授業受けたい…」って思ってます。 部屋のクーラーつけっぱなしにすると電気代がすごいことになるのでライブラリーにいるんですが 自習する気分にもならなくて、とても退屈なので、いつも出かけます。 でも後で(水曜くらいに)後悔するんですよね、予習進めておけば良かったって…笑 休日やることをあげるとすれば 1. 旅行 2. 買い物 3. 休憩 4. 勉強 ですかね。 まず、旅行に関してですが、 イロイロからフェリーですぐのところにあるギマラスは割とオススメです! 私は3月に一回だけ行ったことがあるんですが、なんと言っても「行きやすくて安い」。 フェリーポートまでジプニーで2ライド(14ペソ?)からのフェリー14ペソ!! フェリーが14ペソってヤバいですよね(笑)元取れてるのか?! ギマラスはこの辺の人たちの遊び場って感じなのでボラカイとか観光地に比べて安いです。 ギマラスについたらリゾート(たくさんあるので好きなところへ)までジプニーを貸し切っていくと良いです。 なので7-8人とかで行くと割り勘したら安いのでいいかもしれません。 ギマラスなら日帰りで行けるので気軽に休日にいけますよ!予算は700ペソ(7人で行って) また、3連休を利用したり、1日欠席したりすればもっと遠くへ旅行に行けます。 有名どころと言えばボラカイですかね、私は言ったことないんですけど。ただ高いらしいです。 でもせっかくイロイロに来たからにはボラカイは行かないと損な感じです。 日本から行くとなると行き方がいろいろめんどくさそうなので… ボラカイの代わりと言ってはなんですけど、ギガンテスも良いかもしれません。 3000ペソあればC&Cから往復交通費もアクティビティーも宿泊(3食つき)も出来ます! ただし、ネットは通じないので携帯依存症の人はやめておきましょう(笑) 昨日はチューター(教わってないけど)のホームタウンに招待していただいて、 1時間半くらいかけて小旅行してきました。 ジプニー(2ライド)でTicud terminalというバンのターミナルに向かって そこからバンでDumangasというところに行きました。(30ペソ) 着いたらトライシクルに乗って(15ペソ)、お家へ。 こんな風に実家にまで呼んでくれるチューターがいるのがC&Cの良いところ! とにかくみんなフレンドリー!しかも習ってないのにね。 フェニスタということで、みんなでランチ!シドニー(チューター)のお母さんありがとう。美味しかった! ココナッツのサラダ。甘くてハロハロと同じ味がしたのでデザート感覚で食べた! チューターたくさんと家族留学の家族(Korean)と私 次に、買い物について 買い物はイロイロスーパーマートorロビンソンorSMですね。 詳しくは前の記事に書いてあります。 食料はイロイロスーパーマート、文房具や衣服はロビンソンorSMって感じです。 毎週、新入生とマネージャーがSMに学校のバンで行くので私はいつも便乗してます(笑) […]

>> More

Iloilo | C&C
学校の規則

学校の規則 こんばんは!Lillyです。 猫が嫌いな私ですが…C&Cには猫が住み着いていまして…つい最近さらに増えました…笑 また別の猫さんが妊娠中です…もうそろそろ生まれそう… 今日は月末のレベルテストがありました。2回目です〜 テストの出来は…微妙です(^^;)笑 来月からTOEICコースなので全力で挑むはずだったんですが… リスニングの機器が不調で、途中の10個近く聞き取れず…なのにやり直しなく…って感じです… さて、前置きが長くなりましたが…今回は学校の規則について紹介していきます! ◯テストについて 1. Weekly test 授業内でチューターから出題されます。ESLコースの授業はSpeaking, Reading, Vocabulary, Buddy(Grammar+Writing)のマンツーマンがあります。私の場合、BuddyとVocabularyでのみWeekly testが実施されています。人によってはReadingでもテストをする人もいるみたいなので、チューターによるのかなって感じです。Speakingの授業では基本的にテストはないと思います。テストとはいっても、その週に勉強したところからの出題なので、勉強すればいい点数取れます。特にVocabularyは覚えないといけないので、暗記嫌いな私にとって非常に良い刺激になっています。私のVocabularyのチューターは私にのみスパルタなので、毎週めっちゃ頑張って覚えてます。彼女は私の実力を考えた上でのスパルタなので、それに応えようとやる気がみなぎります。 グループ授業でもたまにテストが行われますが、余裕です。ちなみにグループはInteractive, Speech(Pronounciation), Grammar, Conversationがあって、そこから3コマです。私はInteractive, Speech, Grammarを取っています。 2. Monthly test (通称: Level test) 月末の金曜日に一日かけて行われるテストです。午前中に模擬TOEICを受けて、午後からライティングとインタビューです。良い成績を取った人は表彰されます(先月、表彰されました)。ライティングは、ライブラリーの自分の席で書いて提出なので、時間もたくさんあるし余裕です。インタビューは生徒6-10人1グループにチューター3人が審査員としていて、ひとりひとり違う質問に答えていく感じです。審査員は、文法, 発音, 語彙力, リスニング力を審査しています。みんなのインタビューが終わったら、一旦部屋を出て、ひとりひとり呼ばれ、評価を言われます。めっちゃほめてくれます。 各グループから1人ずつベストスピーカー候補が選出され、後日、候補者と複数のチューターでファイナルインタビューが行われます。めっちゃこわかったです(笑)オデットというTOEICコースのボスやマネージャー数人などが真顔で質問してくるんですもの… とりあえず、レベルテストは多分みんな嫌いなんじゃないかなって私は思っています。ちなみに欠席すると保証金返ってきません。 ◯プレゼンテーションについて 毎週水曜日の授業後に開かれます。発表者は、その週もしくはその次の週に帰る人です。テーマは決まっていないので、自分で決めることが出来ます。自分の国の紹介や過去に旅行した場所の紹介、イロイロで経験したこと、自分の好きなもの(ゴディバ, ゲーム等)の紹介など様々です。プレゼンテーションを行わなかった場合、保証金(100ペソ?500ペソ?100ドル?)の返還はありません。また、卒業証書ももらえません。そんな堅苦しいプレゼンテーションではないので気軽に発表できるし、英語のプレゼンってなかなかやる機会ないので(私は大学院でやってますが…)良い経験になると思いますよ! ◯ルール (重要!!) 1. 無断欠席 病気や旅行などのためにマネージャーに言った場合は大丈夫ですが、何も言わずに欠席するとアウトです。3回以上無断欠席をすると警告がつきます。今のところ警告もらっている人は見てません。ちなみに20分遅刻すると欠席と同じ扱いなので気をつけねばなりません。特に8-9時の授業!ゆっくり朝ご飯食べてたらアウトです。 2. 自習 C&Cでは日曜-木曜の20-22時が強制自習です。自習前30分から指紋認証でログインを行い、22-24時の間に指紋認証でログアウトをしなければなりません。これを3回以上忘れてしまうと警告です。実際、私は20-22時だけではなく基本的にいつも勉強しているので指紋認証がめっちゃ邪魔で仕方ありません(笑) 18時から勉強していても19時半過ぎに一旦外に出て、指紋認証をしなければなりません。そして指紋認証の時間がたまに狂ってて、23時45分にログアウトしに行ったのに、既に0:10とかで焦りました。速攻マネージャーにメッセージ送りましたよ… 3. 外出許可 月に2回まで発行可能です。これは、自習をせずに済む届けです。どうしても行きたい場所があるときに使います。事業後から自習まで3時間しかないので、遠くに買い物だったり、食事だったりに行きたい場合は出しましょう。ただし、24時に門が閉まるので、それまでに帰ってこなければなりません。(ぶっちゃけちゃうと、門は閉まらないので、誰かの送迎会がある日はみんな余裕で2時とかに帰ってきます。私は24時にジプニー乗って最寄りのセブンイレブンにアイス食べに行きました笑) しかし、チューターいわく…韓国のミドルスクールがキャンプに来る時期(6月)は厳しくなるらしい。 4. 寮について 規則としては、23時以降に騒音を立てた場合警告, 異性の部屋に入ったら警告ってことになっています。あくまでも建前上…笑 私はいい子なので守ってますが(破る理由もないしね)、異性の部屋に入っている人ふつうにいます。うるさくする人はいないのでちゃんと練れます。うるさいのは鶏だけ。ただ、廊下に防犯カメラついてるので、気をつけたほうがいいですよ! あと、寮内での飲酒と自炊は禁止されています。リゾート内のプールサイドでは飲酒可能なので、あくまでも寮内で騒ぐなってことだと思います。自炊禁止は単純に防災の観点かな。カップラーメンとかはもちろん大丈夫ですよ。 […]

>> More

Iloilo | C&C
講師について

講師について こんにちは!Lillyです。 日本は地震が続いているようですね… こっちにいるとあまりリアルな情報が得られないので把握しきれていませんが、フィリピン人の先生が知っているくらいなのでかなり大きな被害がでているのではないかと思っております…はやく元の生活に近づけますように。 そして私の皮膚も元に戻りますように…日焼けしすぎてすごいことになっています… 今回は、担当講師(チューター)について書いていきます!(時間割順) 1. ウェスリー (男, 28歳) 2つのグループ授業でお世話になっています。1つはInteractive group class、もう1つはSpeech group classです。 Interactiveでは、アメリカ人がよく使う表現だったり、◯◯(良い人とかコレは難しいとか)を表現するときに使う言い回しだったりを教えてもらっています。 彼はとってもとっても生徒思いで、みんなから信頼されています! 顔はイケメンです、割と本気で。甘い顔してます(笑)たまにふざけて甘いこと言ってきます(笑)あとよく冗談言ってます。 授業中は、説明した後に生徒(7人)みんなに「OK??」「Any questions??」って聞いてくれて、質問もしやすいし、理解できてなさそうならまた説明してくれるのでいい人だなあって思っています。 2. ソル (女, 22歳) 彼女は私のBuddy tutorという担任の先生のような人で、科目はWritingとGrammarです。 Writingは毎日の課題であるtopic(ESLコースは強制)のチェックをしてもらっています。 Grammarは自分で予習してって気になったところだけ聞いてます。 ソルは私の一番のお気に入りのチューターで、ふざけて毎日いちゃいちゃしてます(笑) いろんな相談したり、ソルの彼氏(日本で働いてる)の話聞いたり、楽しく勉強してます。 休み時間はだいたいソルの部屋でリリー(同じ名前のチューター)とリチェル(習ってないけど)とお話してます。 こんな感じでとってもフレンドリーなのですごく楽しいです! 3. カルメル (女、推定35歳) 彼女はGrammar group classでお世話になっています。 授業時間が昼食後の1-2時なので、私は早めに教室に行って自習しているんですが、カルメルも毎回少し早く来るので、お話したり、文法の質問したりしています。 カルメルの授業の範囲でない質問をいつもしてますが、的確にスピーディーに答えてくれて非常に助かっています。 文法のグループ授業ははっきり言って、周りのレベルが低すぎるため、超絶ひまな時が多いですが、彼女は教科書に載っていないこととかも教えてくれるので、授業受ける価値があるなあって思っています。 彼女もみんなの理解度を考えながら授業してくれる良い先生です! 口癖は「Correct!!」と「Let’s proceed 〜〜」です(笑) 4. シイラ (女、推定40歳) 彼女にはReadingの授業をしてもらっています。 彼女めっちゃクール!!だけどたまにおちゃめ!プーさんが好きらしいです(笑) いつもは基本的に雑談はせず、ひたすら勉強してます。たまに「By the way 〜〜」って感じで雑談しますが。 科目的に彼女から教わることがあまりないのですが、文中のイディオムの説明してもらって、私とシイラそれぞれ例文を作ったりしながら進めています。 […]

>> More

Iloilo | C&C
Gigantes island旅行

Gigantes island旅行 こんばんは!Lillyです。 日本では4県で真夏日を観測したようですね。当たり前ですがこっちは毎日、真夏日です。 そして今、私は日焼けで全身が痛いです… なぜかと言うと… 今週末(金曜日〜日曜日)を利用して、ギガンテスへ旅行に行ったからです!!! ちなみにギガンテス、めっちゃ遠かったです。 行き方は… Punta Villa Resort(学校)を出て、Iloilo city行きのジプニーに乗り(6ペソ)、 UP(University of Philippines)で降りて、 Leganes行きのジプニーに乗り換えて(10ペソ)、 Tagbak bus terminalで降ります。 (このバスターミナルはボラカイ行くときと同じらしいので、そっち行く際も参考にしてください!) ターミナルに着いたら、バンかバスを選びます。 安くすませたいならバン一択でしょう! バンはC&Cの学割が聞くので(ID見せなくてもいけた)130ペソになります。 ちなみに乗車時間は2時間半程度。2時間半乗って300円程度って…安すぎる!! だけど、本来3人席の所に4人と荷物を詰め込みます(笑) ちなみにバンは人数が集まらないと発車しないのでお気をつけて。 まあもちろん私たちはバンで行きました! Estancia行きのバンに乗って、2時間半…ようやく到着して、そこからトライシクルで港まで移動です。 ちなみにトライシクルはバイクの横に人が乗るカゴがついてる乗り物です。(1台60ペソ、最大6人) Estancia portに着いたら、船(5ペソ)を払って入船!!(なぜか帰りは誰も払ってない…タダなのかな…) で、船に揺られること(リアルに揺られる)2時間半程度でギガンテスに到着です!!!! ギガンテスに到着したら、モーターサイクルに乗って、リゾートへ。 バイクに3人乗りしました(笑)風が気持ちよかったのと、スリルがすごかった(笑) 今回お世話になったリゾートは Las Marias island resort というところです。 最初にウェルカムドリンクのジュースとスナックが出てきました! 部屋の設備はクーラー(一応)とベッド(2人で1つ)、塩水がたまってるバケツ(これで体洗う)、流れないトイレ(笑)です。 書き出すとひどいけど、なんだかんだ受け入れられた自分に感動しています(笑) ちなみに、宿泊とご飯、アクティビティー含めて2200ペソなので文句なしです〜 交通費含めて3000ペソ程度で二泊三日の旅行に行けるってすごいなあ… ボラカイは観光地なのでめっちゃ高いらしいけど(前回、胃腸炎でいけなかった…) ギガンテスでは、 1日目15時頃到着して、Right houseに行き、鉄塔?にのぼって写真を撮ったり、海見たりしました。 その後、夕食を食べて(シーフード)、20時くらいに寝ました(笑) 2日目は6時前に起床して、コーヒーブレイクからのケービングツアー(洞窟)へ。 正直、洞窟なめてた…ただ入るだけだと思ってたのに、まじのロッククライミングだった… 幸い私は脚力・腕力ともに優れているので容易でしたが、貧弱な子たちは大変そうでした(笑) 良い汗をかいて、リゾートに戻って、朝食を。 […]

>> More

Iloilo | C&C
受賞!!

受賞!! こんにちは!Lillyです!ついにこっちにきてから4週間になりました…早いなあ…帰りたくないな…(あと16週間あるけど笑) これはC&Cについてではなく私事ですが、3月のレベルテストにてベストスピーカーとベストライターにダブルノミネートしました!!!ちなみに、こっちに来てからたった1週間でテストを受けたうえに、テスト当日は胃腸炎でダウンしてました笑 候補者3人の中からさらに1人を選ぶんですが、ベストスピーカーは学校マネージャーたちによるファイナルインタビューをさらに受けます。ここで私は1位になれなかったんですが、ライターの方は1位になることができました!! 先日授賞式が行われ、賞状と賞金をいただきました!次の日が私の誕生日だったので、すてきなプレゼントがもらえたなーって感じです(^^)来月もなんかしらもらえるように頑張っていきたいです!!実際のところ、私は工学部なので大学で英語やってませんし、もちろん喋れるとは思っていないので、嬉しさより驚きがまだ勝っています笑 今回は学校のレポートではないのでこれにて終了です!C&Cは本当に楽しいし、たくさん勉強できるし、熱心なチューターもいるので、オススメです!!文章だけじゃ伝わらないので、是非来てみてください!

>> More

Iloilo | C&C
部屋について

部屋について こんにちは!Lillyです〜 最近勉強で忙しくて更新遅くなってしまいました、申し訳ありません。 ちなみに昨日は私の誕生日でした!先生も友達もみんな祝ってくれて、夜はプールサイドでパーティーでした!!楽しかったです♡ 今回はドミトリーについて書いていこうと思います! C&Cには2つのドミトリーがあって、NEWとOLDです。OLDは授業の教室と同じ建物にあります。NEWは校舎から部屋まで歩いて3分くらいです(敷地内)。どっちの建物も3階建てになっています。 ◯NEWドミトリーについて 私が暮らしているのがこっちのNEWです。私は4人部屋を希望したので、NEWドミトリーになりました。OLDには4人部屋がないようです。こっちの建物は1階から3階まで全て部屋になっています。不便なことに、ウォーターサーバーが1階にしかないので、毎回取りにいっています(私は2階在住)。 実際、NEWとOLDの差はほとんどないんですが、NEWの良いところはトイレとシャワーの間にドアがあるところです!!私、かなり潔癖な方で、特に水回りが気になるので、床が濡れずに済むのでありがたいです。あと、NEWは虫が少ないです!!あ、でも私の部屋(寮の裏側)はWi-Fiがない… まとめ ・ シャワーとトイレの間にドアがある ・ 虫が少ない ・ ウォーターサーバーが1個しかない ・ 部屋によってはWi-Fiがない ◯OLDドミトリーについて 授業の教室と同じ建物の3階にあります。この建物は1階が自習室とオフィス、教室で、2階が全て教室、3階が全て部屋です。部屋から教室まで階段を降りるだけなので、日焼けもしないし、忘れ物取りに行きやすいし、部屋で休憩できるしうらやましいです。でも虫(主にアリ、トカゲ)がいらっしゃるので,私はNEWで満足しています!それにNEWは教室から部屋まで外を数分歩かなければならないので、自習室にこもって勉強できるし、私にとってもあっています! まとめ ・ 教室から部屋まで1階あがるだけ ・ 運が良ければめっちゃ強いWi-Fi使える ・ 虫が多い ・ シャワーとトイレの仕切りがカーテン ちなみに私事ですが、先日ルームメイトができまして… 他の部屋から移ってきた日本人と韓国人です!!今まで4人部屋を1人で使っていたのですが、3人でシェアになりました。私は人気者ですね…笑 正直、潔癖な私には韓国人の部屋の使い方が耐えられません。シャワー浴びたらトイレの床まで濡らすし(せっかくドアあるのに…)、しかも土足でその水の上を歩くので砂がついて床めっちゃ汚くなるし、ベッドの上に全荷物を広げるから見た目も汚いし…話しだしたら止まらない笑 でも以前セブの学校いたときのルームメイト(韓国人)はそんなことなかったので、この子だけなのかも。性格も見た目も男っぽい子なので…もし本当に耐えられなくなったら、今度は私が部屋を変えてもらおうと思います!結構みんな頻繁に部屋を変えていますよ〜 それに私、一人部屋のときはクーラーつけてなかったんですよ。でもルームメイトが出来てからクーラーつけなければいけないのできっと電気代も上がりますし、メリットないっす!笑 ちなみにこっちの電気代本当に高いです…日本以上!! 最後の方、マイナスなことばかりになってしまったんですが、国籍問わず性格は人それぞれなので、決して全ての国民をけなしているわけではありませんよ!1人部屋ではなく4人部屋を選択したのは私ですから、少しは我慢しなければって感じです。 今日は土曜日!もちろんお休みなのでどこか出かけてこようと思います!それではまた(^^)/

>> More

Iloilo | C&C
[5/1更新] 周辺のお店

[5/1更新] 周辺のお店 こんにちは!Lillyです(^^)/ そろそろ日本は桜が咲き始め、暖かくなったころでしょうか。イロイロはもちろん暑いですよ〜バギオの方は涼しいのかな…うらやましい。ルームメイトがいないので電気代を気にしてクーラーつけてないんですよ…笑 今回のブログでは、周辺のお店について書いていきます! 1. Breakthrough (飲食店) 徒歩10分ほど。 シーフードからチキン、ハロハロまでそろっている。 とってもおいしいのでオススメ! 私はココに既に3回行きました!Breakthoughマスターです笑 メニューがイロンゴで書かれていますが、ウェイターが優しく教えてくれます。 まあ私は簡単なイロンゴをこっちで覚えたのでなんとかなってます笑 価格はひとり400ペソあれば十分かな。こっちではまあまあリッチなお店。     2. Iloilo supermart (一番近いスーパー ジプニーで5分くらい。徒歩なら20分くらい。 一通りの日用品や食料品は調達可能。 Mang Inasalが2階にあるので是非! ただし、20時に閉店するのでお気をつけて〜 目の前にセブンイレブン(24時間)もある。 3. Jolibee Molo (飲食店) ジプニーで15分ほど。 一番近くのJolibee!愛しのJolibeeを求めてよく行きます。 ハンバーガー、フライドチキン、スパゲッティ、パイ、サンデー… おすすめはなんと言ってもチャンプバーガー!満足度高いです。 ちなみにフィリピンのスパゲッティは甘いです笑 200ペソあればお腹いっぱい!一番安いyumバーガーは30ペソ。 目の前にIloilo supermartもある。 4. SM city Iloilo ジプニー2ライド。 最初にマネージャーと買い物に行くところ。 大きなスーパーがあるので大体買える。 飲食店は一通りあるのでオールジャンル食べられる。 5. Robinsons place Iloilo ジプニー1ライド、30分くらい。 内容的にはSMと同じような感じです。 乗り換えなしで行けるのでこっちに私はよく行くかな 6. […]

>> More

Iloilo | C&C
コース・授業変更・テストについて

コース・授業変更・テストについて maayong hapon!(この地域で使われているイロンゴで”こんにちは”) Lillyです。 日本のみなさま、どうお過ごしでしょうか?私は非常に暇な日を過ごしております…今週はHoly Weekでして、木曜日から日曜日までHolidayなんです。もちろん学校もお休み、なんならお店もお休み、みんなお休み!日本のお店だったら連休って稼ぎ時だと思うけど、この国はみんなで休む笑 そんなところが私は大好きです!ひまですけど… ちなみに現在C&Cには生徒が5人しかいません。みんなボラカイ旅行に行ってしまいました。私も本当は行く予定だったんですが、ある諸事情でキャンセルしました(;_;) 前置きが長くなりましたが、今回のブログでは「 コース、講師変更、テスト」について書いていきます! ◯コースについて C&Cには、ESL、TOEIC、IELTSの3つのコースがあります。それぞれを簡単にまとめると… ESL:スピーキング、リーディング、ライティングを学習。英語初心者でも大丈夫! TOEIC:主にリスニングとリーディングだけど、TOEIC speakingの授業もある。いらなければ変えられると思う。就職活動でスコアが必要な人や数値で実力を知りたい人向け! IELTS:こちらの試験は4技能(リスニング、リーティング、スピーキング、ライティング)が要求されるため、難易度高い。大学院留学とか移住したい人向け! ざっくりと各コースの国籍比率を述べると、 韓国人はESL、日本人はTOEICって感じで、IELTSはおそらく現在誰もいないかな。この前までは台湾人の方がIELTSだったけど帰国しました。私は、TOEICで良いスコアが欲しいなって思っているけど、まずは喋れるようになりたいなーと思って8週間ESL、12週間TOEICにしました!ESLコースでは和気藹々と楽しく授業を受けています(^^)TOEICコースはスコアアップに向けて少しガツガツしている印象。 ◯授業変更について 授業の変更は、変更希望の用紙にやめたい授業と受けたい授業、その理由を書くだけです。木曜日の17時までにマネージャー(Winnie)にその紙を出せば、翌週の月曜日から新しい授業を受講できます。来て最初の週に、もう既に変えたいって授業があれば、次の日から変えてもらえます!私はこのパターンでした笑 初日に「ちょっとこの感じ無理…」ってなって、念のため次の日も受けてみましたが微妙だったので変えました!こういうのって日本人は遠慮して我慢しちゃう人多いと思いますが、おそらく生徒も先生も気にしてないですし、すっぱりと変えちゃいましょう! ちなみに変えた理由は、クラスメートがずっと韓国語で話していて、授業が全然進まなかったからです。先生が若くて可愛い人なので止めることができない感じでした。ちなみにクラスメートたちはとってもいい子ですよ! あと、マンツーマンの先生1人が、ちょっとフィリピン訛りが入ってる上に超早口で聞き取りにくいし、スマホいじること多々ある(こっちでは仕事中にスマホはむしろ普通で、お店ではみんないじってます。ただC&Cのほとんどの先生はそんなことしません。)しで嫌だなって思ってるけど、逆にこれに勝てるように頑張ろうとか思ってます笑 負けず嫌い! まあ何度も言ってますけど、「Winnieがなんとかしてくれます」笑 Winnie本当に優しいし、かわいいし、だいすきです 🙂 ◯テストについて C&Cには2種類のテストが存在します。 ・ Weekly test ・ Monthly test まあ名前の通り、週か月ごとに行われるテストです。Weekly testはマンツーマンの先生が曜日を指定し、その日に毎週テストが行われます。所要時間は人によると思いますが、30分もかからないと思います。Monthly testは最終週の金曜日(祝日の場合は変更する)に行われ、午前中に模擬TOEIC、午後にインタビューテストとライティングテストがあります。 インタビューテストは生徒10人程度のグループが複数つくられ、そのグループに3人の審査員がつきます。全員が同じに集合し、ひとりずつ順番に質問に答えていく流れです。質問の内容は様々で、「過去二年間に幸せを感じた瞬間は?」とか「過去五年の間であなたの国で最も重要な社会問題はなにか?」とか「あなたをある1つの形容詞に例えるとなにか?その理由は?」とかです。どれに当たるかは運です。複数の人の前で話すのって緊張しますよね、ましてや英語!でもみんなそれは同じです。すらすら喋れる人はここに来ないだろうし、留学行くなら欧米とかの大学行ってるんじゃないかな。気楽に構えましょう。ライティングテストは辞書使えるし、時間たくさんあるし、余裕です。 私は熱があって、超絶悪いコンディションでしたが、なんとかMonthly testを乗り越えました… グループ分け 審査員 ◯最後に まあ、結局こっち来たらなんとかなるんですよ!実際、本当に喋れない&聞き取れないっていうちょっと年上の方いらっしゃいますけど、やっていけてます。別に誰も何も言わないですし、帰るときに少しでも向上していればいいじゃないですか!って私は思いますね。難しいことは考えずに、ただ日本の今の環境から一時逃亡したいって理由でもいいと思います。C&Cはスパルタ校でもないので、もし勉強に疲れてしまっても(良い意味で)十分手を抜けますし、勉強に集中したいなら好きなだけできますしオススメですよ!迷っている人はとりあえず来ちゃえばいいです!笑 それにしてもひまだなあ…暇すぎてつらいので、このレポーターのお仕事があって良かったです。笑 それでは勉強します! Lilly

>> More

Iloilo | C&C
平日の時間割

平日の時間割 こんばんは!Lillyです。まだ火曜日ですが、今日で今週の授業は終わりです。なぜかと言うと…本来は月末の金曜日に実施されるレベルアップテストなんですが、来週の金曜日は4月だし、今週末が祝日なので明日やります。そのため、今日で授業が終わって、明日テスト受けて、明後日からHoliday〜♪レベルアップテストについては後日、受けた感想などもふまえて書きますね。 先週も3連休だったんですが、今週末(木〜日曜日)は4連休なんですよ。フィリピンは本当に祝日が多いので、日本の忙しいビジネスマンに分けてあげたいですね笑 私としては授業をもっとたくさん受けたいですが、5ヶ月いるのでまあ良しとしましょう!短期留学の人は祝日をチェックしてから申し込むといいですよ!フィリピンは島によっても祝日が異なるので要注意です。 本日は1日のスケジュールについて書いていきます。(ESLもTOEICもIELTSも基本的にはスケジュールは同じです。) 授業はマンツーマン4コマ、グループクラス3コマの合計7コマです。1コマ50分であっという間です。私は朝一の授業が空きコマなので、9時から授業スタートです。以下に時間割をあげておきます。紫色のは使用している教科書 ◯平日 0700-0720 起床 0730-0800 朝食 0800-0855 自習 0900-0950 Interactive group 1000-1050 Speaking (1:1) (Talk Talk Talk 1) 1100-1150 Speech group  (English Pronunciation for International Student) 1200-1230 昼食 1300-1350 Grammar group (Basic grammar in use) 1400-1450 Reading (1:1) (Reading Advantage 1) 1500-1550 Vocabulary (1:1) (Can you believe it?) 1600-1650 Grammar + Writing (Buddy)  (Basic grammar in use) 1800-1830 夕食 2000-2200 強制自習 教科書代結構かかります。 でもフィルイングリッシュを選んだおかげでかなり学費が浮いたので気にしてません! Buddyというのは担任の先生みたいな感じです。毎日、学校のモニターにWritingの課題が映し出されていて、それについて自由に英作文を作り、それをBuddy teacherに添削してもらいます。例えば、こんな課題↓ 『ある人は外食を好む。またある人は自炊を好む。あなたはどちらが好きか。例えなどを使って、その理由を述べなさい。』 授業を受けてみて、初日から思ってたんですが、簡単すぎるんですよね…今、閑散期で生徒が30人くらいしかいなくて、細かいクラス分けが出来てないのかなとか思っています。特にGrammarが簡単すぎます。なので、マンツーマンでは、宿題じゃないところもやって無理矢理先に進めてます笑 簡単だけと無駄にはなっていなくて、日本の学校ではwatch-watchedとかrun -runとかstop-stoppedとかひたすら書かせて覚えさせますよね。でも先生は、何故stopは過去形になった時にtが2つなのかってところまで教えてくれます。なので、もし知らない単語が出てきても対応できるようになりました! VocabularyとReadingの授業は、暗記の嫌いな私にとって非常に役立っています!先生がイディオムを一度説明してくれて、その後「じゃあ例文つくって」ってなるので、覚えざるを得ません。前は、Take […]

>> More

Iloilo | C&C
3/13(sun.)-3/19(sat.)

3/13(sun.)-3/19(sat.) こんばんは!Lillyです。続けて、今回のブログでは今週やったこととかについて書きます。ほぼ個人的な日記みたいですが、もしイロイロに来るならMust goな場所が知れるかもです!ちなみに写真のupが難しすぎて苦戦してます…本当はもっとたくさん載せたいのにな。圧縮機能の調子が悪いみたいなので、あとで写真を追加しますね。 ⇒追加しました! ◯日曜日 朝0930にイロイロ国際空港到着!C&Cのお迎えで学校に着いて、日本人マネージャー(という名のフィリピン人)Winnieが学校とドミトリーの案内をしてくれました!もちろん全部英語での説明になりますが、Winnieの英語はとっても綺麗で聞きやすいし、とっても可愛くて優しいので大丈夫です!英語わかんないって人は、7/31までなら私を呼んでください笑 Lillyって言ってくれればWinnieが察します、きっと。 その後は、眠いよね?ってなって、一旦部屋で寝かせてくれて、1230に学校のカフェテリアでご飯食べました!日本人の女の子を発見して食べてたら、Winnieも来て3人で食べました!想像より普通に美味しくて感動した。セブでつらかったご飯…身構えてたけど余裕でした!そのあとはシャワー浴びて、16時からSMにお買い物!SSPとかビザとかのための証明写真を撮ったり、両替したり、日用品買ったり。まあ全てWinnieに任せるといいです笑 あ、証明写真は圧倒的にこっちで撮るべきです。なんと!6枚で60ペソ(150円)のみ! そんなこんなで初日終了。 ◯月曜日 授業開始!いきなりグループクラスでビビってたけど、先生イケメンで優しくて発音きれいだし、クラスメートも韓国人2人と日本人1人という少人数ですごく良かったです。その後6コマ受けて1650には授業終了!セブのスパルタに比べてゆるゆるだけど、長期だしちょうどいいなって感じです。先生もフレンドリーでとってもよかった〜 ◯火曜日 同じく授業を受けて、授業後はジプニーでC&Cから一番近いIloilo supermartとMang Inasalに行って、pork BBQ(99 peso)を食べました!このお店はマンツーマンの先生(Tina)がオススメしてくれたところです。おいしい! ◯水曜日 おそらくおとなしく学校内にいたと思う。敷地内の売店でアイス買ったくらいかな。大好きなUbe味のやつ!20peso!紫芋みたいな味で美味しいので是非亜試しあれ ◯木曜日 授業が終わってから、歩いて10分くらいのBreak throughへ!ここではシーフードやチキン、ハロハロなど色々食べられます!なんと生きた魚や蟹をすくって調理してくれますよ!値段もリーズナブル!そして店員さんがとっても親切〜!こっちではタガログ語でメニューが書いてあって、paaとかpechoとかなんやねんって感じですが、聞けば英語で教えてくれますよ〜おいしかった。リピーターになります。 ◯金曜日 パナイ島の祝日で学校が休み!Robinsons place iloiloに行ってきました!両替も出来ますし、Jolibee(ハンバーガー)もJ.CO(ドーナッツ)もDAISO(88pesoだから高いけど笑)もあって、1日楽しめます!3年間Jolibeeを心待ちにしていたので、思いっきり食べました笑 Amazing Aloha(ビープパティとベーコンとパイナップルと野菜類が入ったBIGバーガー)とCrispy Chicken(ご飯付き)とポテトとジュースで260pesoでした!最高! ちなみにこっちにも世界的に有名な某ハンバーガーや日本でメジャーな某ドーナッツやがありますが、フィリピン発祥のJolibeeとJ.COが人気みたいですよ。Jolibeeは一日中ずっと行列!   ◯土曜日 もちろんお休み!台湾人4人、韓国人(何故か日本語も中国語も話せる!)1人、日本人3人、イロイロ在住のフィリピン人1人でお隣のギマラス島に行って参りました。学校からジプニー2ライド(12 peso)で港まで行って、フェリー(14 peso)乗って、ミニジプニー貸し切って(みんなで1050 peso)行きました。The Pitstopでマンゴーピザとマンゴージュース(ひとり120 peso?)を頂いて、マンゴーリサーチセンターを見て、Raymen beach resortへ!リゾートへの入場料が25 pesoで、アイランドポッピングとシュノーケリングで200 pesoでした。ご飯は、Pork with Rice & DrinkとHam & Cheese Sandwichで155 pesoでした。ギマラスはボラカイと違って観光地って感じじゃないので安いです。おすすめ! マンゴージュース!マンゴー100%で超濃厚でした!! マンゴーピザ!韓国人の子は「おいしくない〜」って言ってたけど、これはこれでアリかなって感じでした! Raymen Beach Resort!一番有名なリゾート。ここ行けば問題ない。 中には、レストラン、着替える部屋、シャワー(20 peso)がありました。 […]

>> More

Iloilo | C&C
C&Cまでのアクセス、ドミトリー、ネットについて

C&Cまでのアクセス、ドミトリー、ネットについて こんにちは!Lillyです。C&Cに来て約1週間が経ちました!2回目のレポートです。とりあえず毎日充実しています!今回は、羽田空港からC&Cまでのアクセスとドミトリー (+インターネット)について書こうと思います。 ◯アクセス 私は横浜在住なので、空港は成田空港と羽田空港が選べます。前回セブ島留学した2013年は羽田空港にフィリピン航空が就航していなかったので、選ぶことが出来ませんでしたが、現在は両空港から行けます。成田空港からの方が少し安いですが、成田空港は駅からターミナルまでが遠いし、3つもターミナルがあるし、そもそも横浜から成田空港遠いしってことで羽田空港から飛び立つことにしました。羽田空港は電車を降りたらすぐに空港です!国際線ターミナルは数年前にできたので綺麗だし、小さくて移動も楽なのでオススメです。航空券代を浮かせたい人は成田空港からセブパシフィックを利用するのがいいと思います!よくセールをやっていて、成田〜マニラが往復2万円とかいう破格の値段で運行していたりします。ちなみに私が購入した羽田〜イロイロ(フィリピン航空)は片道38000円くらいだったかな。羽田発なので日本人クルーがいるかなって思ったけどいなくて、私が日本人だからか機内食のチキンカレーをお箸で食べさせられました… 羽田空港のデッキにて マニラ行きのゲート 機内食(深夜2時) マニラ到着 GATEにTBAって書いてありますが、こんなゲートは存在しません。未定ってことです笑 イロイロ到着!!!!! 注意事項!出発前に私が調べてもわからなかったこと。 ・ 羽田で預けた荷物はイロイロまでそのまま行くのか?マニラで受け取るのか? (フィリピン航空で同日乗り換えの場合 @ターミナル2) ⇒勝手には行ってくれない。調べてもよくわからなかったので、事前にフィリピン航空に電話したんですが、正確な回答が得られず、「おそらく行きます」と言われました。実際は行かなかったんですが、受け取ると言っても、ターンテーブルから一旦取って、端っこのターンテーブルで再び預けるだけです。マニラは税関がうるさいらしく、このような仕組みになっているようです。日本の空港で航空会社の人に聞くといいです! ・ 荷物の重量規定はマニラ〜イロイロ間は国内線基準なのか? ⇒基本的には国際線基準になる。ただし、搭乗と乗り継ぎが違う日になったらわからないらしい。フィリピン航空で同日乗り継ぎの場合、23 kgの受託荷物が2個、7 kgの機内持ち込み手荷物1個まで可能です。詳しくはチケットを確認しましょう。 マニラにて国内線に移動したら、手荷物検査とボディーチェックを受けます。チェックインは必要ありません。国際線から国内線へは、国際線の出口を出て、左側の階段をのぼったところにあります。マニラは怖いってよく聞きますが、私は2回とも平和な乗り継ぎでしたよ!ターミナルの移動がある人は要注意なので出来れば同じ航空会社でチケットを取りましょう! 前回もだけど、今回も国内線の出発ゲートが決まっていなくて直前に「ココでイロイロ行きの搭乗手続きするから〜」って放送が流れました。ちなみにイロイロ行きの飛行機に日本人は私しかいなかったです。爆睡して起きたら、目の前にツナパンが置いてありました。正直、深夜にチキンカレー食べたので体が受け付けませんでした。(ドミトリー着いてから美味しく頂きました) イロイロ国際空港に到着し、C&Cのピックアップの人を探します。セブ島留学の時は、たくさんの語学学校のピックアップとかぶってて探すのが難しかったけど、今回はすぐに見つけることができました。むしろ日本人が私しかいなかたので向こうから話しかけてくれました!おそらくお迎えに来てくれるのは、私たちの部屋を綺麗にしたり、洗濯したりしてくれるJulietです!ちなみにイロイロ国際空港は日本の政府開発援助(ODA)で建設された比較的新しい空港なので、おしゃれで綺麗でした! まとめ ・ 荷物についてはチェックイン時に職員に聞くこと ・ 安心を求めるなら、フィリピン航空を使うこと(セブパシフィックは英語サイトで予約) ・ 深夜便はイロイロの朝に着けるので、機内食がきついことを除けばとっても良い ◯ドミトリー 私は4人部屋を選択したので、「あぁ〜コリアン3人と私かな〜」ってちょっと恐れてたんですが…なんと!ひとり!!後から誰かしらくると思いますので、そのときにルームメイトについては書きますね。設備は写真で見ていた通りでした。一応、NEWドミトリーってことになってますが、OLDドミトリーの子に見せてもらったけど新旧の違いがわかりません。同じです笑 NEWの良いところはトイレとシャワーの間に仕切りがあるところです!!!あと、虫がいないところかな?OLDはよくアリさんが歩いています。アリさんがいても、こっちのスーパーにアリが入れないようにするチョークが売ってるのでまあなんとかなるでしょう!NEWドミトリーの欠点を述べると…毎朝鶏が超うるさいこと(私の部屋が鶏さんのお家側)とWi-Fiが通ってないことです。 ※ネットに関して補足 私はsimを買って、ネットし放題にしてます!マネージャーのWinnieに聞いたところ、globeが圧倒的に良いみたいです。プリペイドsimが40peso、30日間使い放題が999pesoです。プランが他にもあるので安くもできます。ちなみに、ロードと言われるものを買って、チャージして、sms経由でプランを決めるんですが、ロードは学校で買えます。まあ、Winnieがやってくれます笑 まとめ ・ よっぽど潔癖な人でない限り大丈夫。というかこれが無理ならフィリピンに来るのをやめた方がいいかも。 ・ こっちに来てから知ったんですが、4人部屋があることを知らない人がいるので、案外穴場かもしれない。4人部屋の料金で一人部屋!笑 ・ 音に敏感な人は部屋を変えてもらいましょう。相談すれば変えてもらえます。 ・ ネットはないと不便なので買っちゃいましょう。ジプニー乗っててもmapで居場所が確認できると安心ですよ。バス停のようなものはないので自分で止めないといけませんから…注意することは、日本のスマホのsimはロックされてるのでsimフリースマホかWi-FiモデルではないiPadを持参しましょう。iPadは海外に行くとsimフリーになります。2016年3月からsim規制がなくなる(なくなった?)ので、解除できるなら解除してきましょう!私のiPhone6sは買ってからまだ半年経ってないのでiPadで今は代用してますが、来月解除予定です!ネットから手続きできます。詳しくは各携帯会社へ!) 続けて、今週のハイライト記事をupします。食事情報が豊富ですよ!是非!笑 Lilly

>> More

Iloilo | C&C
自己紹介とか初日の感想とか

自己紹介とか初日の感想とか こんにちは、Lillyです。本日から授業開始でした! 今回のブログでは自己紹介やフィリピン留学を決めた理由、フィルイングリッシュを通して申込した理由など書きます。 ◯自己紹介 先週、制服ディズニーしてました(23歳…) ※もちろん料金は大人で払いましたよ! もちろんLillyは本名ではありません。外国人にとって本名が結構呼びにくいようなのでバリバリのイングリッシュネームにしてみました。悩みに悩んで、可愛いのと呼びやすさでLillyにしました笑 私は、都内の某国立大学大学院に通うリケジョ(23)です。大学の専攻は応用化学で、大学院でも材料化学を専攻しています!簡単に言うと、「フィルムの研究」といった感じです。特技は、楽器(バイオリン/ピアノ/トランペット)の演奏、スノーボード、睡眠です笑 休日は20時間くらい寝ているので、特技に入れてもいいかなって笑 性格は、めっちゃシャイで、ネガティブ思考、だけどフットワーク軽いって感じです。シャイすぎて、マネージャーのWinnnie (かわいい) に「シャイだね」って会って2時間以内に言われた… 英語は全然得意じゃなくて,リスニングはソコソコだけど、シャイな性格も相まって、話せない。今回の留学では「フィリピン人のような陽気さを得ること」、「すらすらと言いたいことを言えるように」、「間違えを恐れずに挑戦すること」、「TOEIC900」を目標に頑張ります! ◯フィリピン留学・イロイロC&Cにを決めた理由 簡単に言うと、 ・ 学費, 滞在費が安い ・ マンツーマン授業がある ・ 物価が安くて暮らしやすい です。実は大学3年生の夏休みを利用して、セブ島短期留学(3週間)に行ったことがあります。当時は英語に苦手意識を持っていて、留学に一切興味もなかったです。が、確かネットサーフィンをしていたとき横に出てきた「セブ島留学」の広告に、「セブ島?あのリゾート地?そこで留学?」と疑問を持ち、クリックしてみたことがきっかけだったと思います。詳しく見ていくと、意外にもスパルタなことを知り、また、留学なのにかなり安いことを知りました。自己紹介にも書きましたが、私は理系なので周りで留学をしている人なんていませんでしたし、留学について何も知りませんでした。そこでメジャーなオーストラリアやカナダ留学について調べてみたら、集団授業ばかりで、英語に苦手意識を持っていた超シャイな私は、迷うことなくページを閉じました(笑)フィリピンならマンツーマン授業が多いから私でも大丈夫かなって思いと、リゾート地に何週間も滞在できてこの値段なら行ってみようかなって思って行くことにしました。もちろん一人では心配なので友達を巻き沿いに。どこが良いかわからなかったのでとりあえずセブ島の某巨大学校のTOEICコースに入学しました。TOEICを受けたことがなかったので留学による数値として効果は実感できていませんが、行きと帰りの飛行機で英語のアナウンスの聞こえ方が違ったのは気がつきました。帰国後初めてTOEICを受けたとき、想像より高い点数が取れたのは嬉しかったです!ちなみにそれから2回TOEICをうけましたが、その点数を超えたことはありません(笑)普段は研究室にこもって実験ばかりしているので英語の勉強を一切していないのが原因かな… セブ島留学では英語の学習はもちろんのこと、日本以外の国(主に韓国と台湾)を知ることができました。実はこの経験がきっかけで今回2度目のフィリピン留学をしています!日本は、高校・大学(and大学院)・就職はセットで、基本的にはみんな順々に間をあけずに進んでいきます。また、就職したら基本的に同じ会社でずっと働くのがメジャーです。でもこれってつまらなくないですか?やりたいことをやりたいときにやりたいだけ出来る環境って日本にはないと思います。韓国や台湾では、割とフレキシブルに人生設計が出来るようです。高校卒業、現役で大学入学、そして大学院進学という履歴書だけはエリートっぽい私ですが、特別な誇れるスキルはないし、タスクのような人生だったなあって思って、思い切って自分のやりたいことをやることに決めました。それが今回の留学です!いわゆるエリート的な道から一旦外れて、大学院を休学することにしました。 イロイロを選んだ理由は ・ 治安がいいらしい ・ 語学学校の数が少なく、優秀な先生が揃っているらしい ・ セブ島に比べて日本人が少ないらしい ・ イロイロ?変な名前だなあ(笑) って感じですね。上から3つまでは近隣のバコロドと似ていて、迷ったのですが、イロイロのC&CはTOEICの実績がすごいらしいのでココに決定しました。TOEICの実績があるってことはそこにいる生徒のやる気があるってことだと思うので、その環境の中で勉強してみたいなと思いました。 ちなみに日曜の午前中に到着した私は、昼からガイダンスと簡単なテストを受けて、買い物(SMモール)に連れてってもらいました!初日の感想としては、セブと違って、生徒が少ないので、対応が手厚いなって実感しています。ガイダンスも個人的にやってくれたし、買い物も両替もWinnieが全部ついてきてくれて、すごく助かりました!しかも帰りも学校のお迎えがありました。これだけですごく嬉しかったです。セブの時は、「じゃあ8時までに帰ってきてね〜」って感じでしたし。また、ほとんどの学校では最初の月曜日がガイダンス等でつぶれると思いますが、C&Cは月曜の朝一から授業が受けられるのでとても良いです!!日本人は男子4人、女子2人(自分含めて)なのでかなり少ないです! ガイダンスで時間割もらいました! SMで買ったものたち(シャンプーとリンスのシリーズ間違えた。ちなみに真ん中のお菓子超おいしいです!) ◯フィルイングリッシュを選んだ理由 実は最初、他のエージェントさん(以下、A)に相談していました。私は、日本人が少なくて、価格も低めなところがいいなって思っていて、セブ以外の場所を知らなかったので、セブにある大学付属の語学学校を希望していたのですが、セブ以外の場所をおすすめしてくれて、C&Cにたどり着きました。セブ島留学は割と有名なので日本人が多いし、都市部なのでイロイロなどの地方に比べて高めです。そのままオススメしてくれたC&Cに申込をする予定だったのですが、1社でしか見積をもらっていなかったので相場を知るために、フィルイングリッシュさん(以下、F)に見積を依頼してみました。Fさんを選んだ理由は、ぶっちゃけるとなくて、たまたまでした。しかし、見積を依頼してからすぐに返信があり、価格がAさんに比べてなんと…20万円くらい安かった記憶があります。さらにFさんのHPを見ているとなんと…学生レポーターで1ヶ月分割引!!これはココにするしかないって思い、即決でした。メールでのみのやり取りですが、返信は早いし、質問にも的確に答えてくれますし、満足です。さらに、C&Cのキャンペーンで1ヶ月分割引をやっていたので、3ヶ月分以下の費用で5ヶ月滞在できることになりました。幸せです! ◯最後に 到着から今まで全部順調です!ご飯もセブの語学学校より美味しいし、部屋も快適だし、先生たち優しいしすごくいいです。ちなみにですが、日本人のマネージャーはいませんでしたが、綺麗な発音で聞き取りやすいし、たくさん話しかけてくれたり、わからない単語があったら日本語の辞書で調べてくれたりとっても優しいです。なにより、かわいい笑 あとグループクラスの先生がイケメン!M井理さん風な感じです笑 最後にご飯をあげておきます。見た目は美味しくなさそうなんですが、食べてみると美味しいんですよ!笑 夜ごはん(右上のお肉美味しかった) 朝ごはん(全体的に美味しかった) 夜ごはん(スイカ横のジャガイモ美味しすぎた) お昼撮り忘れたけど、酢豚かなり美味しかった!!!!! セブのご飯まずかったから想像以上で余計美味しく感じてるかも笑 ふりかけとドレッシング持参したけどまだお世話になっていません。 それでは、宿題やってきます! Lilly

>> More

Iloilo | MK
イロイロ留学MK Education校:留学終了後の自己評価

イロイロ留学MK Education校:留学終了後の自己評価 こんにちは!イロイロMKの学生レポーターIU(アイユー)です(´▽`*) ついに3か月の留学が終了しました。感想を一言で述べると「あっという間」です。 3か月滞在したはずなのに、一瞬だったように感じます。でも、確かに大きなものを得て帰ってきたという実感もあります。内容を分けて評価してみようと思います! 英語力 総合的な英語力は向上したと思います。ただ、やはり言えることは3か月では十分でないということです。MK卒業後に一週間フィリピン国内を旅してまわったのですが確かに以前より理解できるようになっていると感じましたが、オーストラリアやイギリスから来ていたネイティブスピーカーと実際に会話すると、やはりまだまだだと思い知らされました。早すぎて聞き取れないこともしばしば、、、(;^ω^)単語を拾い集めて会話はできましたし、以前より自分の意見を言える度胸はついたと思いますが、自分の目標であった海外で仕事をできるだけの英語力には到達できていません。もう一度MKに戻ってもう3か月勉強したいと心から思います(笑)テキストも持って帰ってきましたし、英語の勉強方法のコツみたいなものも掴んで帰ってきたので、また日本でも英語学習を継続していきたいと思います。 フィリピンなまりも確かにあるとは思いますが、それはどこの国も同じで独特ななまりやアクセントをもっています。フィリピーノがネイティブとスムーズに会話しているところをみると、フィリピンなまりを気にする前にまずジャパニーズイングリッシュの矯正が必要だなと感じたくらいです。 MKイロイロの良かった点 ・日本人が少ないことです。友人によると他校(別地域)は日本人学生150人程が在籍しているそうです。私は英語環境に身を置きたくてフィリピン留学を決意したので、日本人学生率の少ないMKイロイロを選んで正解だったと思います。サマーキャンプなどで一時的に日本人学生数が増加した時期があり校内で日本語を聞く機会が増えたのですが、日本人学生に対しても英語を使うように努力しました。意図的にフィリピン人講師や韓国人・台湾人学生と多く関わるようにもしていたので充実した英語漬けライフを送ることができましたし、何より国境を越えてかけがえのない友情を築けたことは私にとって大きな財産となっています。 ・講師陣にも大変満足しています。分からないところは分かるまで教えてくれますし、特にマンツーマン授業では生徒一人一人のレベルに応じた関わり方のメゾットを持っているように思います。担当の先生はもちろん、話したことのない先生までとってもフレンドリーで親切にしてくださいました。校長先生も毎朝玄関に立って生徒や講師に挨拶をされていたり、私がケガをした際にも毎日大丈夫かと気にかけてくれ、ツボパッチまでくださいました(笑)MKイロイロには、親しみやすく温かい環境が整っています。 校長先生がくれたツボパッチ、なんかうれしくて写真を撮っておきました(笑) ・以前にも書きましたが、MKイロイロはウエストウッドという高級住宅街の中に位置しています。入り口のガードマンがウエストウッドの敷地内に入る車やトライシクルを全てチェックしているため安全です。夕方、夜とウエストウッド内を散歩したことがありますが、住人の皆さんは笑顔で挨拶をしてくれるほどです(笑) またイロイロは物価が安い街として知られています。特にフルーツが安く、マンゴーや旬のマンゴスチンを毎日のように食べていました!ハロマーケット(トライシクルで15分くらい、8ペソ)に韓国人の友人と週4で通ったこともあるほどです(笑)ちなみに水曜日はハロマーケットデーですよぉ(*^^*) 改善してほしい点 ・他の学生に聞くと一様に「食事!」と言いますが、以前の記事でもお伝えしたように食事は私には何の問題もありませんでした(笑) 私的改善希望第一位は、「自習室をキッズと別にしてほしい!」です。もちろん親御さんやマネージャーが注意をしてくれますが、相手は何といっても子供ですので時々キッズ団体様が自習室内を走り回っています。私はいわゆるイラチというタイプなのでうんざりすることもありました。いつもじゃないんですけどね…(;´・ω・) ・あとはやはりWi-Fiです。THE不安定!です。停電以外でも時々使えません。ある程度は仕方がないと分かっていますが、調べ物をしたいときに限って繋がらないんですよね!(笑)もう少し安定してくれるとより快適だなと思います。 最後になりますが、フィリピンはとってもいいところです! 確かに日本と比較すると不便なこともありますし、虫やトカゲさんも身近にいます。しかし、フルーツは安くておいしいですし、旅をすれば美しい景色もたくさん見ることができます。何よりフィリピーノは親切でパワフルでたくましいので大好きです(笑) スパルタと言ってもフィリーピーノスタイルであることは否めません。しかし、「日本語は使わない!」と強い意志を持って挑めば英語力は十分向上させられる環境は整っていると思います。よく学び適度な息抜きができる場所、フィリピンに留学できてよかったです! 今回でMKイロイロの学生レポーターIUの記事は最後となります。 拙い文章と絵(笑)にお付き合いいただきありがとうござました! 皆さまの留学が有意義なものになりますように(#^^#) P.S. MKイロイロの滞在終了後1週間フィリピンのパラワンとセブ、ボホールを旅しましたのでその写真も添付しておきます。どちらもイロイロから飛行機で1時間程度で行けますよー(^O^)/ ボホール ボホール、チョコレートヒル パラワン、プエルトプリンセサ、アンダーグラウンドリバー パラワン、エルニド、ビッグラグーン

>> More

Iloilo | MK
イロイロ留学MK Education校:講師インタビュー!

イロイロ留学MK Education校:講師インタビュー! こんにちは!イロイロMKの学生レポーターIU(アイユー)です(´▽`*) 更新が遅くなってしまい申し訳ありません… それでは早速、インタビューに移ります(=゚ω゚)ノ 一人目はティーチャー シェリル でーす(/・ω・)/ ちょっ!!!早速似ていない…(笑) 本物はもっと美人です... 痛々しいほどのクオリティ…許してくれたシェリルの心の広さをお察しいただけるかと思います(笑) シェリルはグループクラスとマンツーマン授業の両方を担当してくれています。 フィリピーノの文化やパーソナリティ、地元情報などをたくさん教えてくれるのでかなり楽しいです!見た目も若く1児のママにはとても見えません! インタビュー! ① MKの印象を教えてください。 →とても楽しいところです。学生にとっても私にとっても成長できる素敵な場所だと思います。 ② 授業にするにあたり気を付けていることはありますか。 →生徒一人ひとりのレベルを把握し、レベルに応じた授業をこころがけています。初級の生徒にはシンプルな単語や絵を描くなどしてコミュニケーションを図っています。上級レベルの生徒に対しては少し難しめの文章を用いたり、私自身もより深く勉強して授業に臨んでいます。 ③ 英語を上達させる最もよい方法は何だと思いますか。 →英語で映画を観る、英語の小説を読むことです。文章をなぞれば、言い回しや発音、アクセントの練習にもなり、スピーキング能力も上達します。 ④ 日本人学生の印象を教えてください。 →学びたいという意識が強く、勤勉な印象です。時間の使い方をよく理解していると感じます。怠惰な日本人学生は見たことがありません(笑)ですので日本人学生のレベルアップは最も早いです。 ⑤ MKに来る前にどのような事前学習をしておくとよいですか。 →基本的なあいさつや、シンプルな文章、日常で使うような言葉を知っているとコミュニケーションはとれます。また、全て英語で授業を受けることになるので、リスニングは耳を慣らす程度でいいので練習しておくといいと思います。 ⑥ MKを選ぶか否か悩んでいる生徒にメッセージをお願いします。 →最初は全く英語が話せなかった学生も、MK滞在後は英語でコミュニケーションをとり、ジョークまで理解して旅立っていきます。MKなら楽しく英語を学べますよ!英語上達にむけて一緒に頑張りましょう♪ 2人目はティーチャー ネル です(/・ω・)/ またしてもIUクオリティーの似顔絵で失礼いたします( ;∀;) 似顔絵と言っていいのかももはや謎ですね(笑) ネルはグループクラスを担当してくれている先生です。 紫外線を嫌っているのでフィリピーノには珍しく色白です!彼自身、とても優秀であらゆる知識を持っています。授業も工夫されていますし、生徒からの信頼も厚いです。そして何より、タイ映画の真似が上手です(笑) インタビュー! ① MKの印象を教えてください。 →MKは快適に英語学習を受けられるよう環境を整えているという点で、他校よりも優れていると思います。 ② より良い授業にするために心がけていることは何ですか。 →生徒ごとに異なります。まず、生徒自身が一番伸ばしたいと思う能力を明確にし、それぞれの弱点を解決していけるよう関わっています。 ③ 日本人学生の印象を教えてください。 →日本人学生はとても勤勉だと思います。説明・解説をすれば容易かつ確実に理解して進んでいきます。また、私自身、日本人学生の学習に対する姿勢や、先生に対して敬意を払った行動をとれる点について深く感心しています。 ④ MKに来る前にどのような事前学習をしておくとよいですか。 →旅立つ前に、他国の生徒に紹介できるだけの自国に関する風潮、気候、文化、人々、食べ物について学んでおくといいと思います。また、目標を明確にしておくことも大切です。 ⑤ MKを選ぶか否か悩んでいる生徒にメッセージをお願いします。 →挑戦することに誤りはありません。変化は人生のスパイスです。 勇気を出して一歩踏み出してみましょう! 最後にティーチャー ステラ です(/・ω・)/ やっと写真掲載の許可がおりました( […]

>> More

Iloilo | MK
イロイロ留学MK Education校:病院受診エピソード!

イロイロ留学MK Education校:病院受診エピソード! こんにちは!イロイロMKの学生レポーターIU(アイユー)です(´▽`*) 前回の記事でもお伝えしましたが、現在私は右足捻挫中です(笑) 週が明けても痛みが軽減しなかったため、イロイロのドクターズという病院へ行ってきました。 レントゲンを撮って診察してもらいましたが、骨は無事です(・ω・)! 片足を引きずりながらではありますが、何とかMK生活を継続できそうです(´・ω・`)よかった~! 足よりもですね、私はフィリピンの病院に興味津々で、ずっとキョロキョロしてしまいました。きっと不審な外国人だったとことでしょう(笑) ナースの端くれとして、他国の病院事情、実に気になります|д゚)笑 日本ではお会計は診察、検査が全て終了してから行うのが普通ですよね♪ フィリピンでは異なるシステムでした! IU例) 診察1回目(他の診察室前はかなりの患者さんが待っていました) →指示箋を持ってレントゲン待合へ。住所や生年月日などを記入。 →先にレントゲン代(およそ700ペソ)を近くの窓口で支払い、レシートを持って再度レントゲン待合へ →レントゲン検査 →レントゲンフィルムを受け取り →診察室へ持参する →診察終了後すぐに診察代(500ペソ)を支払い →処方箋を持って院内外の薬局へ(院外の方が安い。病院のすぐ横にあります。) →薬剤受け取り、薬代支払い(およそ300ペソ) もちろん電子カルテではありません。 診察室もドアに手書きで「○○科 Dr.誰々 ○時~○時」と書かれた紙が貼ってあり、午後からは全く別の科のDr. が使用するシステムのようです。あまりにも混んでいたらほかの該当科の診察室を探して時間が合えばそちらでも受診できます。 私の場合はフィリピン人スタッフ(ナース)と日本人マネージャーさんが同行してくれたためスムーズに診察を受けることができました( ;∀;) 数週間前に腹痛、下痢症状で病院受診をした日本人の方がいらっしゃったのですが、腹部エコー(4000ペソ)、点滴やその他検査、診察でトータル(10,000ペソ程)を現金支払いされたそうです!! この話を聞いて、「レントゲンは一体いくら取られるんだろう(;´・ω・)」とかなりビビりながら受診しましたが、トータル5000円以下で済んだのでお財布へのダメージは比較的少なかったです(笑)それにしても保険の大切さ、身に沁みますね、、、 留学は旅行よりも期間が長くなります。ケガ、病気なく留学を終えられれば最高ですが、何かあれば、頼るところはやはり病院です。私も貴重な経験をさせていただいたので、少しでも参考になればと思い、記事としてアップさせていただきました(´・ω・`) イロイロ ドクターズ ホスピタル  http://iloilodoctorshospital.webs.com/ *イロイロには他にも何か所か大きな病院があります。 MKの場合、ドクターズかメディカルシティという病院に行くことが多いようです。他院の状況(受診の流れ)が同様かは、申し訳ございません、リサーチ不足です。あくまでも参考程度になさってください。 本当は「講師紹介」の記事をアップするつもりでしたが、記事が長くなってしまったため、次回に延期させていただきますね♪ 今回も読んでいただきありがとうございます(=゚ω゚) また次回お会いしましょう(^O^)

>> More

Iloilo | MK
イロイロ留学MK Education校:休日の過ごし方

イロイロ留学MK Education校:休日の過ごし方 こんにちは!イロイロMKの学生レポーターIU(アイユー)です(´▽`*) 今回は休日の過ごし方についてご紹介いたします!! 休日は金曜日の夜から始まります(*’▽’)♪ ランチタイムのうちに今晩はどこへ行こうかと会議を済ませてあります(笑) 学校の周辺情報でお伝えしたレストランやバー、先生から新しいお店情報仕入れた際はそちらへ向かうこともあります!節約も兼ねて、ごはんは学校のカフェテリアで食べて、そのあと飲みに繰り出すというのもしばしばです(V)o¥o(V) 日本で働いていた時は不規則な仕事でしたので「?花金?」状態だったのですが、今なら分かります、花金の素晴らしさ!(笑)私は授業終了2時間ほど前からふわふわ浮き足立っています(笑) 土日の過ごし方は人それぞれですが、SMモールやロビンソンでショッピングや映画鑑賞、ダウンタウン探検、ハロマーケットや教会巡り、プール、部屋でDVD鑑賞や自習室で勉強などでしょうか♪みんな思い思いにイロイロ生活を楽しんでいます(*’ω’*) また、祝日などで3連休があるとほとんどの生徒が旅行を計画します! 私もこれまでセブ、ボラカイ、ヒガンテスへ行きました(*^▽^*) ☆セブ旅行(2泊3日)(7人) ・イロイロ空港からマクタン・セブ空港まで飛行機(Php3200 ギリギリに予約したのでお高めです;;) ・セブ空港からはバンをチャーター(Php800)し、船でオランゴ島へ。ビーチを楽しみました♪(港やビーチはエントランス料が必要です。島内移動にはトライシクルを利用しました。) ・2日目はバン(1日チャーターPhp800/人)でオスロブへ。ジンベイザメと泳ぎ写真を撮りました!(Php1200) ・近くにツマログという大きな滝があるのでそちらも見に行きました!(バイクタクシー利用) ・バンで2時間、シマラ教会へ。 ・セブに戻ってトップヒルへ。帰りのバイクタクシーで火傷しました( ;∀;)こんなところに激熱のマフラーあるなんて知りませんでした…(常識でしたらすみません(笑))フィリピンではバイクタクシーを利用する機会も多いと思います。皆さまお気を付けください!! ・その夜はマンゴースクエアで飲み会(笑) ・3日目はホテル近くのSMセブでお買い物→マクタン・セブ空港へ ・イロイロ空港からMK ・ドミトリー2泊600ペソ ☆ボラカイ旅行(2泊3日) MKのパッケージツアーに参加しました。(Php10,000 交通費、ホテル代、食事代、2アクテビティ)かなりお高いとは思いましたが、間もなく雨季に入ってしまうこと、他エージェントのキャンペーンでほとんどの生徒がこの機会にボラカイに行ってしまうため自分で企画しても人数が集まらないだろうと思い、渋々参加を決めました。結果的にはお天気にも恵まれ、スケジュールのほとんどはマネージャーが手配してくれていたので、とても快適に過ごせました。ただ、新しい生徒は次々来るので自分で企画しても人数は集まったと思います(笑) ・1日目はサンセットセーリング ・2日目午前中はアイランドホッピングとシュノーケリング 午後は自由時間だったので自費でパラセーリングとフライフィッシュというアクテビティを追加しました。(たくさんの斡旋人が話しかけてくるので自分達で値段交渉します。3人でPhp5000)その後ショッピングやバーへ。 ・3日目はサンライズ→お昼寝→帰路へ着きました。 ・ボラカイは世界的にも有名な観光地なのですべてのお値段も観光地価格です。 ・お土産物屋さんもほとんどは値段交渉に応じてくれます。 ☆ヒガンテス旅行(1泊2日)(6人) ・MKからタクシーでタグバックバスターミナルからエスタンシャ港へ(Php169) かなり揺れます。3時間揺られ続けますので、酔い止め必須です。 ・ガイドと落ち合い、バス停からトライシクルで港へ。港から小型ヨットで2時間半…この日は波が高くかなりきつかったです。船酔いされる方、酔い止め必須です。 ・宿泊リゾートへ(1泊1部屋Php1700)食事はシーフードのみ!おいしいですが飽きます(笑)未開発の島なので夜中は停電しますし、シャワーはないので桶で水浴びです(笑) ・1日目はみんな疲れ果てダウンしていたため休息で終わりました! ・2日目はアイランドホッピングを楽しみました。 ・高い岩からジャンプしたら思いのほか浅くて足を捻挫しました!おかげで一番きれいな写真が撮れる場所に私だけいけませんでした;;浅いところで飛び込んではいけません(これは常識です(笑)) ・ヨットは2日チャーターでPhp1000/一人 週末の過ごし方についてダイジェスト版でお伝えしてみましたが、いかがでしたか(*’ω’*)? 旅行計画はネットや先生からの情報をそれぞれ持ち寄って計画しました!計画する人、人数、時期、運によって何百何千通りの旅プランになると思います♪ それにしても私、ケガしすぎですね…(泣) 友人たちも「何でIUは旅に行くとケガするんだ?」と不思議がっています(笑) この機会に、もう少し落ち着いた大人の女性を目指してみようかと思います(*´з`) 冗談です(笑) 今回も読んでいただきありがとうございます♪ それではまた次回お会いしましょう(^O^)/

>> More

Iloilo | MK
イロイロ留学MK Education校:日本人マネージャーさんについて

イロイロ留学MK Education校:日本人マネージャーさんについて こんにちは!イロイロMKの学生レポーターIU(アイユー)です(´▽`*) 前回の記事で雨ばかりとお伝えしましたが、その翌日さっそく晴れました!笑 久しぶりのお日様がうれしくてハウスキーパーさんにお願いするつもりだった洗濯物も自分で洗って干しちゃいました(*´▽`*)お天気なだけでテンションが上がる…MKは今日も平和です(笑)来週末もどうか晴れますように!あぁ、もうそればっかり!笑 それでは早速日本人マネージャーさんの紹介に移ります(*^▽^*) Rubyさんでーーーーす! (ちょっ、、(笑)公開していいクオリティーの絵でないことは百も承知でございます(;´Д`)Rubyさんより写真掲載の許可をいただけなかったのですが、なんとか雰囲気だけでもお伝えしたかったので描いてみました(笑)絵も一応Rubyさんにチェックしてもらっています(笑)が、本物はこの数百倍かわいらしい方です!!どうかご理解ください!!(笑)) Rubyさんは5月中旬からMKにいらっしゃった日本人マネージャーさんです。 とても親切で、話しかけやすい雰囲気をお持ちの方です(*’ω’*) 講師変更や事務手続きについて相談した際も、迅速丁寧に対応していただきました。マネージャーに就任されてから日は浅いですが、分からないことはベテランの韓国人マネージャーさんに確認して速やかに解決できるよう尽力してくれています。 半月ほど前に、数人の日本人学生が体調を崩していたのですが、付き添って看病し、病院へもフィリピン人スタッフとともに同行されていました。 続いて、Rubyさんにインタビューのコーナーです!! ☆マネージャーになったきっかけを教えてください。 MK EDUCATION 日本事務所で働いていて、現地の様子を知るための長期出張という形で来ています。MK イロイロに行きたいと伝えていたので念願が叶いました! ☆日本人マネージャーさんの業務について教えてください。 ・生徒対応(質問・要望に応える、病院付き添いなど) ・新入生対応(空港出迎え、オリエンテーション、買い物付き添い) ・日本事務所からの質問対応 ・日本事務所の仕事  などです。 ☆MKの印象を教えてください。 ・良い点:スタッフも生徒さんも優しくていい方たちばかりだと思います。 ・悪い点:部屋に虫が出るのが辛いです。特にアリは毎日のように出るので… IU(*’ω’*)→確かに虫は多いですね…甘いものを開けたまま置いておくと、どこからともなくアリがやってきます(笑)定期的に駆除は行われていますが、完璧に虫のいない環境というのは、フィリピンでは難しそうです(;^ω^) ☆マネージャーとして気を付けていること、意識していることは何ですか。 常に笑顔であいさつを欠かさないことです。生徒さんと仲良くなり、質問・要望など話しかけやすいようにしています。 ☆この仕事をやっていてよかったこと、大変なことは何ですか。 よかったこと・楽しかったことは、生徒さんとお話ししたり出かけたりできることです。マネージャーという立場上私からは誘いにくい部分もあるので、生徒さんから声をかけていただいた時は本当にうれしいです。マネージャーとして信頼されているのかなと実感でき、もっと頑張ろうと思えます。 大変なことは、英語での意思疎通です。伝わりにくい時もあるので苦労しています。 また、休日でも空港お迎えや生徒対応が入るので、ちゃんとしたお休みが取りにくいことです。 IU(*’ω’*)→マネージャーさんがきちんとしたお休みなく、待機していてくださるおかげで、私たちは安心して生活していられるんですね( ;∀;)いつもありがとうございます!! ☆MKのために今後どんなことをやっていきたいですか。 →日本人の生徒さんをもっと増やしていきたいと思っています。そのためにも、食事やサービス内容をもっと向上していきたいです。 IU(*’ω’*)→確かに食事に対して満足していない生徒は少なくないですね(´・ω・`)私はいまだにおいしくいただいてますが…(笑)おいしい日本食が出る学校はフィリピンには多くないはずなので、かなり有力なセースルポイントになりそうです! ☆最後に、MKに留学を考えていらっしゃる方々にメッセージをお願いします。 海外での生活は不安に思うこともあると思いますが、MKの先生・スタッフ・生徒はもちろん、イロイロの方はみんな優しく親切なので、安心して留学できます。 MKで楽しく英語を勉強しましょう!! Rubyさん!!お忙しい中、快くインタビューにご協力いただきありがとうございます(*´з`) いかがでしたでしょうか。ちょいちょいIUが登場しましたね、でしゃばりです、すみません(笑)(笑) このインタビューで、Rubyさんのお人柄や、MKのフレンドリーさを少しでも感じていただけたら幸いです(笑) 今回も読んでいただきありがとうございます! それでは、また次回お会いしましょう(^O^)/

>> More

Iloilo | MK
イロイロ留学MK Education校:学校の規則について

イロイロ留学MK Education校:学校の規則について こんにちは!イロイロMKの学生レポーターIU(アイユー)です(´▽`*) 日本は梅雨明け間近だと思いますが、体調など壊されていませんか? フィリピンはまだまだレイニーシーズンです(´・ω・`) 近頃は台風が3つ続けてやってきたこともあり、常に曇り空と雨模様。こんな天気じゃ気持ちも滅入る…なんてことはなく毎日元気に過ごしています!!風邪も流行していますが、私は一番乗りで風邪を引いたクチなので今はとっても元気です(笑)来週末にギガンテス旅行を計画しているので、何としても晴れてほしい、台風ちょっと休憩しなさい、そんなことばかり考えています(*´Д`)笑 それでは早速、MKの規則についてご紹介します。 詳しくは到着後のオリエンテーションで聞けるので、ここではポイントを絞って説明させていただきますね(*’ω’*) ☆授業について ・授業は50分、休憩は10分が基本となります。先生や学校の都合で休講となった際は「メイクアップクラス」という形で補講を受けられます。 ・授業開始から5分遅れた場合は「遅刻」、15分以上の遅刻は「欠席」となります。 ☆講師の変更について ・スマイルカードと授業変更申請用紙の提出によって可能です。(授業開始から3日以内は例外) ☆テストについて ・マンスリーテストは毎月最終週の金曜日に行われます。TOEIC、IELSコースも同様です。 ・ウィークリーテストは原則毎週金曜日の1時間目に行われます。(私は英単語の覚えが悪いため先生と相談し土日を使ってしっかり覚え、月曜日にテストをしてもらっています(笑)) ☆スマイルカードの使い方 ・すべての授業に無遅刻無欠席かつ毎日の自習に遅れずに参加すると、その翌週にスマイルカードが1枚もらえます。 ・無断欠席によって与えられたペナルティをスマイルカード3枚から6枚で解消することができます。 ・スマイルカード5枚で300ペソの教科書1冊と交換が可能です。(350ペソの教科書はスマイルカード6枚が必要です) ☆寮生活について ・寮内での喫煙、アルコールの持ち込み、飲酒は禁止されています。 ・異性間の部屋の出入りは禁止です。 ・洗濯、掃除は週に3回依頼できます。シーツは週に1回交換してもらえます。 シーツの柄がかわいいので毎週写真を撮っています(笑) ・門限は月曜日から木曜日は20時まで、金、土曜日は2時まで、日曜日は22時まで、です。 ・カフェテリア(食堂)、エントランスでは英語の使用を義務付けられていますが、母国語を使ったからと言って特にペナルティーはありません。 書き出してみるとたくさんあるように思いますが、普通に生活していれば特に不自由を感じることなく過ごせます(#^^#) 思っていたよりも規則は厳しくないですが、英語を勉強しにここまで来ているという共通の意識を持つ友人に恵まれたので、環境に不満はありません(*^▽^*) 今回はMKの規則についてざっくりとお伝えしました! 現在、講師・マネージャーさんのインタビューに挑戦しています♪(写真の掲載も交渉中です(笑)) 次回の記事でお伝えできればと思いますので、お楽しみに(*’ω’*) 読んでいただきありがとうございます^^

>> More

Iloilo |
国際比率・英語環境について

国際比率・英語環境について こんにちは!イロイロMKの学生レポーターIU(アイユー)です(´▽`*) 先日フィリピンに来て2回目の熱を出しました!! 日本にいるときは体調不良といえば肩こりと寝不足くらいで、病気とは一切無縁だったのですがここにきて1か月に2回も!!何で!!と自問自答を繰り返しています(笑) チューター曰く、レイニーシーズンは天気が変わりやすく多くのフィリピーノも病気をするようです。「ビタミンをしっかり摂りなさい」というアドバイスをいただきました! 食べ物も悪くなりやすいですし、停電で冷蔵庫も使用できないことがありますので食品の管理にも注意が必要ですね♪ 嘔吐で食事が摂れない日もありましたが、日本人マネージャーさんと一人の日本人の方にポカリスエットの粉末(水に溶かして自分で作るやつ)をいただき生き返りました( ;∀;)発熱、嘔吐や下痢といった症状もしんどいですが、それによって起こる脱水という状態の方が危険で深刻です… 粉末のポカリスエットというアイデアは私にはなかったので、次回からは旅の常備薬に「ポカリスエット」を加えようと心に決めました!!笑 前置きが長くなってすみません(笑) MKの国籍比率のレポートをさせていただきます(^O^)/ ☆国籍別比率(IU調べ) 韓国:台湾:日本:香港=9:0.5:0.4:0.1 現在、韓国は長期休暇の時期で大勢の大学生が留学に来ています。 大学単位で来るので、最近は毎週末30~40人ずつ増えていました(笑) MARSの影響で150名のキャンセルが出たようですが、それでも広いカフェテリアがすべて埋まるほどの賑わいようです!! レギュラースチューデント(一般生徒)とユニバーシティスチューデント(大学経由で申し込んでいる短期留学の韓国人学生)は授業が分かれていますし自習室も別です。 今の時期は上記のような比率ですが私が入学した6月1日ごろはカフェテリアの3分の1くらいの生徒数でした。また、日本人学生は10名前後いましたが、現在は4~5名になっています(*’▽’) ☆英語使用環境 一応、エントランスロビーとカフェテリアはイングリッシュゾーンと書いてありますが、英語を使わなくても特にペナルティーはありません。多くの韓国人は韓国人同士でつるみ、韓国語で話しています。もちろん日本人や台湾人と積極的に話し、交友を深めようとする韓国人たくさんいます!台湾人も中国語で話していますが、生徒人口自体が少ないですし、日本人と一緒にいることも多いので英語もよく使っている印象です。日本人も、全員日本人というシュチュエーションであれば日本語を使いますが、そのような環境はほぼありません(笑)カフェテリアでごはんを食べるときなども、日本人同士でも英語で会話することはしばしばあります。 学校の規則やポリシーというよりは、日本人が少ない環境という点で、英語使用環境はまずまず整っているといえるのではないでしょうか(´・ω・`)笑 ちなみに、先生同士ではイロンゴ(イロイロの言語)が話されています! 韓国語、中国語、イロンゴ、日本語!インターナショナル感がありますね!!笑 ☆学習環境 授業はもちろん英語です。グループワークでは、たまに韓国語や中国語で相談している風景を見かけますがすぐに英語に戻ってきてくれるので気になるほどではありません(笑) 食事や遊んでいる時に韓国語で盛り上がり始めたら、「イングリッシュプリーーーズ(*´Д`)」と言えば大丈夫です!英語で解説してくれますし、ついでに韓国語や中国語を教えてくれるときもあります(笑) 家族留学で子供もたくさん来ています。騒がしい時もありますが、ほとんどの場合は親御さんが注意しています。自習室で子供や騒がしい人がいる時は、韓国人マネージャーがいれば注意してくれますし、いなくても集中して勉強したい人が自習室を利用しているので、誰かしらが注意します(笑) 目標や目的がある人、わざわざ海外に来て英語を勉強する意味を分かっている人は外国人とよくつるみ、積極的に英語を話します。授業でも遊びでも英語をたくさん使います。会話特有の言い回しは、会話の中で何度も使って覚えますし、授業で習った英単語も会話の中で実際に使って練習すれば繰り返し書くよりも定着している気がします。新しい単語をつかって言いたいことを表現できると幅が広がると言うのでしょうか、、その感覚がなんとも心地がいいのです(笑) そうして仲良くなった友人たちが一人、またひとりと帰国または第三国へ出発していきます(´・ω・`)お見送りはたいそう悲しいですが、みんな新しいステップに向かって進んでいるのでかっこいいです!きっとまたどこかで会えると信じています!! あぁ…また話がそれてしまいました((+_+)) 最近はとっても仲良くしてくれた友人たちが、次々とMKを旅立っていくので少々センチメンタルです。きっと雨季のせいです(´・ω・`) 冗談はおわりにいたしまして、今回はMKに国籍別比率、英語環境についてお伝えしました!国籍別比率は絶えず変動しています。かつ今回の結果もIU調べであることをどうかご理解ください( ;∀;) それではまた次回お会いしましょう! 今回も読んでいただきありがとうございます(^^)/♪

>> More

Davao | EDA
ダバオEDA 学校周辺の買い物

ダバオEDA 学校周辺の買い物 こんにちは。きょうは、EDA周辺の買い物スポットなどをお知らせします。 EDAは、寮のある建物の隣に、校舎2棟が建っているというつくりになっています。寮はコの字型になっていて、男性寮と女性寮の間にカフェテリアがあります、寮は2階建てで、2階のみ居住スペースになっています。1階はいろいろなテナントが入っていて、そのうちの一つがレンタカー会社です。旅行に行く時は、お世話になるかもしれません。 寮から学校に移るのは、ほぼ敷地内を移動するだけです。ですが、1階は普通のテナントが入っているので、一般のフィリピン人の方にも会って挨拶したりします。寮から学校までは3分くらいなので、トイレなんかも自室にもどってすませる感じです。 寮内と教室のある建物には、ウォーターサーバーが設置されているので、飲み物に困ることはありません。ウォーターサーバーは熱いお湯も冷たい水も両方でます。 教室のある建物には、小さな食堂のような場所があり、先生方がお昼に食事をそこで買って食べています。生徒も利用でき、コーヒーの自動販売機(紙コップ)もあります。5ペソと大変安いのですが、とても甘いのが難点です。ローカルのちょっとした食べ物も売っています。 また、隣にあるガソリンスタンドもスナックを売っていて、少し種類が多いです。空港のほうへ3-5分くらい歩くと、小さなドラックストアもあります。日用品、スナックなどを販売しています。 あと、学校の目の前のフルーツスタンドは、他と比べてもリーズナブルなので、いいですよ。今の季節はポメロしか売ってないのですが、キロ70ペソ。モールではキロ120ペソくらいです、モールのポメロは見栄えの良い物をそろえているっていうのもあるのですが。難点はフルーツスタンドと学校の間にある道で、6車線で交通量が多く、信号がありません。私は休み時間か、学校終了後に学校の先生に頼んで一緒に渡ってもらっています。 ◇ジプニーやタクシーを使って 学校の目の前の道は、ハイウェイです。と、言っても日本の高速道路とは違い、幹線道路というイメージです。交通量が多いので、乗り合いバスのようなジプニーやタクシーがよく通ります。タクシーで100ペソ前後でSMモールやアブリーザというハイクラスのモールに行くことができます。これらのモールでは、日本と変わりないものが買えます。 もう少し離れた場所にあるのが、ヴィクトリアモールとG(ガイサノ)モールです。SMやアブリーザよりも庶民的なものが置かれています。ヴィクトリアは若干、ばったものが多いので、購入の際はご注意を。 モールに行くには、ジプニーを利用するともっと安くいけます。こちらも学校の前の道路を往来しています。時間や曜日によっては少なくなります。道路の端に立つと小型トラックのようなジプニーが止まってくれるので、行き先を確認してから乗り込みます。慣れていないうちは、運転手に「アブリーザに行きますか?」と尋ねてから乗るようにしていました。アブリーザへ10ペソ、Gモールへは13ペソくらいで行けます(いずれも今現在の価格)。初乗り8ペソでその後、一定距離ごとに金額が上がっていくのですが、たまーにおつりをくれない運転手がいるので値段は覚えておくと安心です。まあ、親切で正直な運転手さんがほとんどなんですけどね。タクシーのほうがよっぽど、チップ、チップと言われる確率が高いです。フィリピン人先生によると、「タクシーでのチップはあげなくていいし、あげても端数の5ペソ以下ですよ」とのことです。 ちなみにSMモールへは乗り継ぎが必要です。最短距離で乗り継ぐと、16-17ペソくらいで行けます。

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 学校の規則について

ダバオE&G 学校の規則について こんばんは!ダバオE&GレポーターのYukaです。最近は毎日晴天の日が続いているダバオです。 E&Gは海の目の前の学校なので、特に晴れた日は海風が吹いてとても気持ちが良いです♪ ダバオに来て一番驚いた事は夜がとても涼しい事です。海風の影響か凄く過ごしやすいです♪ さて!本日は学校の規則についてレポートしたいと思います。 <門限について> セルフスタディを取っている生徒以外は月曜日から木曜日は22:00まで外出が可能です。 金曜日は1:30まで、土曜日は1:30、日曜日は22:00まで外出が可能です。 門限を破るとペナルティとして次週の外出が不可になります。 また、外出する際はガードマンに報告してから出かけます。 <授業、講師の変更について> 授業は一コマ50分、休憩は10分です。 講師の変更は木曜日までにヘッドティチャーまたはマネージャーに相談して翌週の月曜日から変更する事が出来ます。 <掃除、洗濯について> 掃除、洗濯は一週間に三回、シーツも出せば洗ってくれます。雨の日が続いた際はなかなか乾かないので洗濯物が戻ってくるのが遅い事もありますが、、基本は月曜日に出すと火曜日の夜には受け取る事が出来ます。 <寮生活について> 寮内でのアルコールの持ち込み、飲酒、喫煙は禁止されています。異性間の部屋の出入りも禁止されています。 <カフェテリア、共有スペースについて> カフェテリア、共有スペースはAM1:00まで利用出来ます。夕食後は勉強していたり、生徒同士で喋ったり皆自由に過ごしています。 母国語を喋っても特に問題は無いです。 基本的にE&Gはセミスパルタなのでそこまで規則は厳しくありません。生徒の自主性に任せている印象があります。そのおかげで私達はのびのびと勉強、遊びを自分のペースで楽しむ事が出来ます。 さて私の留学生活も残り5日となりました。凄く寂しいですが次回はまとめの回として感想などをお届け出来たらと思います! 写真はE&Gの目の前のビーチです。昼休みはここで休憩するのがお勧めです♪

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 2ヶ月を振り返って

ダバオE&G 2ヶ月を振り返って 皆様こんばんは!ダバオE&G学生レポーターのYukaです。ついに7/16に学校を卒業、17日、18日と休日を楽しんで本日日本に無事に帰国しました。2ヶ月を振り返ってみるとあっという間の濃い時間でした。 という事で、学生生活や英語の上達など振り返ってみたいと思います。 私がここに来る前に掲げていた目標は以下の通りです。 ☆目標:TOEIC840点, 海外ドラマを字幕なしで理解出来る様になる,スピーキング力の向上!友人を作って沢山コミュニケーションを取る。そして無事に帰国する。 ☆TOIECについてはまだ受けてないので分からないのですが、これから受けようと考えています。 ☆海外ドラマを字幕なしで理解出来る様になる:これについては、見る映画によります。こちらに来て色々と映画館で映画を観ましたが、正直アニメ以外の映画は話すスピードが速く理解するのは厳しいです。アニメになると子供向けにシンプルな英語で話す事が多いので、割と理解出来る様になったと思います。 ☆スピーキング力の向上:スピーキング力は渡航前に比べると確実に上達したと思います。来た当初は文の構造や文法を無視して話していた事が多かったのですが、中盤から文法を意識して話す事が出来る様になりました(まだまだミスは多いですが、、)担当の先生も「前より上達したよ!」と嬉しい言葉をかけてくれました。 ☆友人を沢山作る:日本人、ベトナム人、韓国人、中国人と色んな国の友達が出来ました。英語の上達だけでなく、皆、様々な世代、色々なバックグラウンドを持っているので話していてとても刺激的でした。皆で夜遅くまで外で風に当たりながら将来の事や他愛も無い話をしたのは凄く良い思い出です。とても楽しかった! <E&Gについて> E&Gは決して大きな学校では無いですが、その分生徒同士や先生との距離がとても近いです。先生とカラオケに行く事もありますし、生徒同士もとても仲が良いです。私はこの学校にして本当に良かったと思っています。また、生徒の意識もとても高いので、平日はしっかり勉強、週末はしっかり遊ぶと良いメリハリをつける事が出来たと思っています。先生もとても熱心に教えてくれます。 また学校のロケーションもとても大きなポイントです。海が目の前にあるのでとても気持ちが良いです。いつも海風が吹いています。勉強に疲れた時は海まで散歩に行く事も出来ますし、朝日を浴びたり、夜は南十字星を見る事も出来ました。 正直始めは馴染めるか不安でしたが、今振り返ってみるととても楽しく充実した2ヶ月間でした。私はこの2ヶ月の事を一生忘れないと思います。 毎日8時間の授業のおかげで英語に対してもモチベーションが上がりました。これからも勉強は継続していきたいと思います。やはり一番の宝物は沢山の大切な友達、先生と出会えた事です。やはり人との出会いは何にも代えがたい物だと思いました。 またダバオの都市についても、とても安全で安心して日々を過ごす事が出来ました。人々は優しく、ご飯、フルーツは美味しくて街も綺麗でとても素敵な街だと思いました。フィリピンの治安に不安を抱いている方には強くダバオをお勧めしたいと思います。 私もいつかダバオをもう一度訪れてみたいと思います!本当に今回フィリピンに留学して良かったです。 最後にこの様な貴重な機会を与えて下さったフィルイングリッシュさん、本当にありがとうございました。 そしてつたない記事を読んで頂いてありがとうございました。    

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 食事について

ダバオE&G 食事について こんにちは!ダバオE&G学生レポーターのYukaです。とうとう私のダバオでの滞在期間が後10日になってしまいました(><)本当に早いなーーと感じます。寂しいですが日々を大切に過ごしていきたいと思います(*^_^*) さて!本日は大事な「食事」についてレポートしたいと思います。E&Gはオーナーが韓国人なので韓国料理がよく食事に並びます。たまに凄く辛い事もあり辛いのが苦手な私は頑張って食べてますが、笑 そこを除けば基本的には凄く美味しいです♪ただ少し日本の感覚と比べると塩辛いかもしれません。 マンゴーやパパイヤなどのフルーツなどが出る事も多く、他校から来た友達は「ここが 一番ご飯が美味しい!」と言ってました。 特にフルーツは甘くて美味しいです♪ 一週間の献立はこんな感じです。 月曜日:朝食 ごはん、ツナサラダ、肉じゃが、スープ 昼食 海鮮風ビビンパ 夕食 ごはん、野菜の醤油痛め、アスパラガスの和え物、スパイシー具だくさんスープ 火曜日:朝食 食パン、パンプキンスープ、サラダ、バナナ、目玉焼き 昼食 チャーハン、スープ、バナナ 夕食: スパイシーチキン&ポテト、パイナップル、かきたま汁 水曜日: 朝食: ごはん、野菜炒め、スープ 昼食: 名前入りオムライス 夕食: ご飯、フライドチキン、スープ、野菜炒め 木曜日: 朝食: ごはん、卵焼き、玉ねぎカレー炒め、スープ、 昼食: 海鮮丼、スープ、マンゴー 夕食:ごはん、プルコギ、スープ、 金曜日: 朝食:食パン、パンプキンスープ、サラダ、バナナ、目玉焼き 昼食:ビビンパ、スープ、マンゴー 夕食:ごはん、ナスの甘辛炒め、サラダ、スープ    オムライスの日は生徒一人一人の名前を書いてくれます♪あと週末は麺類が出る事が多くとても美味しいです☆   キッチンスタッフの皆さんはとても優しくて、自分でフルーツを買ってカットが必要な時は頼めば剥いてくれたりします♪またアレルギーなどがある場合は事前に言えば、特別にメニューを作ってくれたりします。 総合的にご飯には凄く満足しています♪美味しいご飯のおかげで今日も勉強を頑張れています(*^_^*)

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G お勧めレストランについて

ダバオE&G お勧めレストランについて こんばんは!ダバオE&G学生レポーターのYukaです。つい最近は親子留学の方が入学してきました♪小さな子供は凄くエネルギッシュで可愛くて早くも皆の人気者です☆今日は夕ご飯後に皆でバスケットをして遊びました♪英語も凄くペラペラなので見習いたい所です。。笑 さて!本日はダバオE&G近辺のお勧めレストランをご紹介したいと思います。ダバオに来て早6週間。色んなレストランを先生や友達から紹介して貰って皆で行ってきました♪学校近辺は美味しいレストランが沢山あります☆ 一つ目は学校から歩いて行ける距離にある「マンマ・マリア」こちらはイタリアンピッツァのお店で出来立ての美味しいピザを食べる事が出来ます。このレストランの一番の売りは大きさです!絶対大人数で行く事をお勧めします!!! 生地から作ってくれます♪作っている所を見る事も出来ます。 そして出来上がったピザがこちらです☆ とても大きいです。フレーバーも4種類選べるので皆で楽しく食べる事が出来ますよ。一番大きいサイズを頼む場合は7人くらいはいた方がいいです。 さて次はフィリピンのチェーン店「Penong’s」をご紹介します。安くて美味しいフィリピン料理を食べたい時は是非行って見て下さい♪先生方や地元のフィリピン人でいつも賑わっているお店です。何店舗もありますが学校から一番近い所だとジプニーで15分程です。   このセットはバーベキューポークかチキンか選ぶ事が出来て、ご飯とスープがついています。大体300円くらいです。このお店の一番の売りはご飯がUnlimited(食べ放題)な事です。お代わりを何杯しても大丈夫です♪そしてこのセット以外にもキニラオ(ツナのお刺身と野菜をお酢であえたもの。とても日本人好みの味です♪)やフィリピン風焼きそばなど地元フィリピン料理をお手軽に楽しむ事が出来ます。 最後は美味しくて2回も行ってしまったシーフードレストラン「Boiling」です。学校からはジプニーで25分くらいです。   こちらの売りは看板にもある様にShrimps(海老)です!なんとビニール袋に入って出てきます♪笑   ソースはガーリック&スパイシーでやみつきになる味です!ビールに良く合います笑 ソースをご飯に付けて食べるのもお勧めです☆ 海老は皮を剥かずにそのまま食べても大丈夫です♪♪ 他にも韓国レストランや日本食レストラン、ビュッフェなども学校近辺で楽しむ事が出来ます(*^_^*) 皆、週末美味しいご飯を食べる為に勉強を頑張っています!笑 ダバオE&Gに来る際は是非、トライしてみて下さい!私もまだまだ色々トライしてみたいと思います♪

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 学習環境、国籍別比率について

ダバオE&G 学習環境、国籍別比率について こんばんは!ダバオE&G学生レポータ―のYukaです(^_-)今日もダバオは快晴でした♪少し前まで雨が続いていたので凄く嬉しいです☆ さて本日はE&Gの現在の国籍別比率、学習環境などについて正直にレポートしたいと思います。 私は5月末からE&Gで勉強していますが先週までは、生徒のほとんどが日本人でした。90%は日本人、中国人1名、韓国人6人、ベトナム人1人という国籍比率でした。 日本人は多かったですが、生徒全員が仲が良いので他国出身の生徒とも積極的にコミュニケーションを取りますし、正直そんなにデメリットには感じませんでした(^_^)ただ、やはり日本人同士でいると日本語を喋ってしまう事は多かったです。 ただ今週から韓国のホリデーシーズンの影響か韓国の学生が一気に増えて賑やかになりました!また中国人の生徒も新しく入ってきました♪ヘッドティチャーに話を聞くとこれからどんどん韓国の生徒が入学してくる予定との事です。そしてベトナム人の生徒もこれから増える予定との事です。 現在は全校生徒の数は44名です。韓国人と日本人の割合が今後半々になる予定です。 やはり他国出身の生徒が増えると必然的に英語でコミュニケーションを取る様になるので、以前よりも休憩時間などに英語を使う機会は増えた気がします。 <グループ授業での英語使用環境について> 基本的にグループ授業は英語オンリーで進んでいきます。たまにどうしても分からない時など日本人生徒同士で「この意味ってこうだよね、、?」といった感じの日本語を使う事はありますが、皆、必要最小限にとどめています。 <学習環境について> E&Gはセミスパルタの学校です。月曜日から木曜日までの夜7時から10時までセルフスタディタイムというものがあり、こちらを選択している生徒はその時間自習室で勉強をします(外出は出来ません。)韓国人の生徒はセルフスタディタイムは強制です。 日本人の生徒は選ぶ事が出来ます。現在は数名の日本人生徒がこのセルフスタディタイムを取っていて、その他の生徒は自室かダイニングルームで勉強しています。 宿題も結構出る事が多いので平日に遊びに出る事はあまりないです。平日しっかり勉強して金曜日からは楽しむといったスタイルです。この様な環境なので凄く勉強に集中出来ます。 <毎週金曜日のボキャブラリーテストについて> 希望制ですが毎週金曜日のお昼に日本人向けのボキャブラリーテストを受ける事が出来ます。生徒によって問題数は異なりますが最低80問、最高で240問の単語テストです。このテストに合格する事が出来ないと土日のどちらかが外出禁止になるので、皆一生懸命勉強しています。希望制ですがほとんどの生徒がこのテストを取っています。 私も160問のテストにチャレンジしています。覚えた単語は授業で出てくる事も多いので為になっていると思います(*^_^*) 私の感想としてはE&Gの生徒は凄く勉強への意識が高いので、日々刺激を貰っています。凄く勉強に集中出来る環境です。 写真はダイニングルームで勉強している友人の様子です。 では本日はこの辺で!

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 留学中の息抜き お菓子編

ダバオE&G 留学中の息抜き お菓子編 おはようございます♪最近天気の悪かったダバオですが今日は久々に朝から晴天です(^^)やっぱりお天気だと天気が良いですね☆★☆ ダバオでの生活も残すところ3週間になりました。。!は、早い。。一日一日をしっかり過ごしていきたいと思います♪ さて本日は忙しい学生生活の息抜きお菓子♪についてレポートしたいと思います。毎日8時間勉強しているので小腹が空く事もしばしば。 そんな時は近くのスーパーに行ってお菓子を買います☆とても安いので、ほぼ毎日行く事も、、笑 その中でもいくつかお気に入りのお菓子をご紹介してみたいと思います☆ まずはこちらMagicシリーズ! クラッカーにチョコレートが挟まっているもので、フレーバーもチョコレート、ホワイトチョコレート、ストロベリー、キャラメルなど沢山出ています。私のお気に入りはこの写真のホワイトチョコレートです☆大きい袋と小さい袋のものがあり小さい袋(約10個くらい入っています)が40ペソ、大きい袋でも60ペソ程です♪大体皆買い貯めをして休憩時間などに食べています☆ 次はこちら!ミニスナックシリーズ☆   こちらは一つ約5ペソと破格の値段です。袋は小さくて手のひらサイズなのですが、このサイズがちょっと小腹が減った時にぴったりです☆ 他にも沢山種類があるので、是非お気に入りを見つけてみて下さい(*^_^*) そして10ペソで沢山入っていてお得なお菓子がこちら!一袋がちょうどおつまみに良いサイズです♪ HAPPYっていう名前も可愛いですよね♪色んなフレーバーを選ぶ事が出来ます。 最後にドリンクシリーズ!   左は水に溶かして飲むタイプで一袋で1リットルのトロピカルジュースを作る事が出来ます。この他にも色んな種類の粉があってお土産にも良さそうです! 右はフィリピンではポピュラーな粉ミルクです!日本だと赤ちゃんの飲み物という感じですが、こちらでは大人も粉ミルクを飲みます。水に溶かしても良し、お湯に溶かしても良し。私はお湯に溶かして飲んでいます。ホットミルクの味と同じでとても美味しいです♪こちらは一袋1杯分です。 お菓子が本当に安いフィリピン、、ついつい手が伸びてしまいます。体重の事を考えると恐ろしいですが、、笑 これからもお菓子を食べて勉強をしっかり頑張りたいと思います(^_-) では今回はこの辺で☆

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 学生マネージャーインタビュー

ダバオE&G 学生マネージャーインタビュー こんばんは!ダバオE&GレポーターのYukaです♪6月も気付けば残り5日!こっちに来てから時間の進み方がとても早く感じます。 気づけば留学生活も折り返し、、残りの生活も精一杯楽しみたいです♪ さて、本日は私達生徒の生活を支えてくれている学生マネージャーをご紹介します。 日本人学生マネージャーのLouieさんは私達と同じ様に授業を受けながら、学生マネージャーの仕事をしています。 そんなLouieさんに学生マネージャーの仕事についてインタビューしてみました。 ○学生マネージャーになったきっかけは何ですか? ―元々学生としてE&Gに留学していました。その時にマネージャ―に誘われた事がきっかけです。 ○一日の業務を教えて下さい。 ―沢山ありますが、主に学生の空港ピックアップ、オリエンテーション、ブログ更新、各エージェントへのメール対応、書類作成、そして学生のケアです。 ○学生マネージャーをやっていて大変な事は何ですか? ―学生の本音を引き出す事です。特に日本人は本音をなかなか言わなかったりするのでどれだけ本音を引き出せるか日々考えています。 またオフィスと学生、学生と先生の架け橋になれる様に努力しています。 ○この仕事をやっていて良かったこと、楽しい事を教えて下さい。 ―学生と一緒に長い時間過ごす事が出来る事です。E&Gは年齢も国籍も様々な人が留学しているので、沢山のそういった人達と関われる事がとても楽しいです。また韓国人の生徒からは韓国語を学ぶ事も出来ます♪笑 ○これからE&Gへ留学を考えている学生へメッセージをお願いします。 ―E&Gは数多くある学校の中でフィリピン一のロケーションです。こんなに海が近くにある学校は他に無いです!そしてドミトリーがとても綺麗で充実しています。また安価な学費が魅力です。 「楽しみながら英語を学べるのはココしか無い!!」 Louieさんはとてもフレンドリーで話しやすくて皆の人気者です♪ダバオに詳しいので何を聞いても答えてくれます。 Louieさんのおかげで私達日本人学生は安心して毎日生活を送れています(^^)

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 日本人学生インタビュー

ダバオE&G 日本人学生インタビュー こんばんは!レイニーシーズンが到来していまいち天気の良くないダバオです。でも気温はぐっと下がって過ごしやすいので、先生達の中にはこの気候が好き~という人もいます!日本から来ている私達にとっては晴天の日が恋しい所ですが、、☆ さて!今日はE&Gで共に勉強を頑張っている日本人生徒にインタビューしてみました!実際の生の声をお届けします♪ ○留学期間:2ヶ月 ○フィリピン留学を決めたきっかけ ―もともと海外留学に興味があり、友人の姉からフィリピン留学を勧められた事がきっかけです。最初はマニラ、セブ、バギオ、ダバオを勧められました。 ○その中でもダバオにしたきっかけは何ですか? ―雨期が無く、台風も来ないと聞いたからです。 ○ダバオの中でE&Gを選んだ理由は? 韓国資本の学校なので、日本人が少ないと思ったのと、寮の部屋がとても綺麗だったからです♪ ○実際にE&Gに来てみてどうでしたか? ―I am so satisfied! とっても満足しています。先生は皆明るく良い人ばかりです!授業も文法がやりたい場合はマンツーマンの先生に言って内容を変えて貰う事が出来たり、自分の好みにアレンジ出来る所が凄く良いと思います。 また生徒も週末遊ぶときはしっかり遊んで平日は自主的にしっかり勉強する雰囲気が出来ているので、とてもメリハリがあります。 授業も文法がやりたい場合はマンツーマンの先生に言って内容を変えて貰う事が出来たり、自分の好みにアレンジ出来る所が凄く良いと思います。 ○ダバオの街はどうですか? ―適度に田舎と都会がMIXしていてとても過ごしやすいです♪ ○留学する前と今とで英語力は変わりましたか? ―私はE&Gに入学してから1ヶ月と1週間が経った所ですが、英語で喋る事に抵抗がなくなりました。 今はこちらの生活が楽しくて日本に帰りたくない気持ちです。笑 ○最後に現在フィリピン留学を考えている人へメッセージをお願いします。 ―本当に英語が上手になりたいなら、フィリピンに来る前に日本で基本的な勉強(文法など)をしておけば、後悔せずにすみます!ダバオE&Gは先生も生徒も仲が良く勉強に集中出来る環境なのでとてもお勧めです! 忙しい中インタビューと写真掲載を快く承諾してくれたKathさんありがとうございました♪(写真右側がKathさんです☆) では今回はこの辺で!

>> More

Davao | ダバオE&G
ダバオE&G 週末の過ごし方ビーチ編♪

ダバオE&G 週末の過ごし方ビーチ編♪ こんばんは!ダバオE&GレポーターのYukaです♪最近のダバオはRainy Seasonだそうで、、夜はスコールの様な雨が降る事が多くなりました。でも昼間は晴れている事が多いです(^^)☆ 今回は先週末に行ってきたイスラレータというビーチについてレポートします! 行ったことある友人が皆口を揃えて「あそこのビーチは綺麗だった。。本当に!」というイスラレータ。行く前から凄くわくわくしてました! 学校からの行き方ですが、まずTaxiでマクサイサイポートという港まで行きます。 ここでハプニングが!私達は今回5人だったので、タクシーを2台使っていきました。が!付いてきていると思っていた別タクシーの友人2人が来ない!連絡を取ると、タクシーの運転手さんが間違えて真逆の方向の港に行ってしまっていた様です。。笑 結局その後タクシーを乗り換えて、無事船の出発ぎりぎりに皆間に合う事が出来ました。 ※タクシーを利用する時は念入りに確認!がお勧めです。 色々ありつつ、船に乗り込み1時間程でイスラレータビーチに到着します。 船の中では、偶然隣に座っていたフィリピン人女性が話しかけてくれて、楽しくお話をしている間に到着しました♪ フィリピン人は基本的に皆明るくて、すごく優しいです。 ビーチは今まで行ったどのビーチよりも一番綺麗と私は感じました! こんなに透明です!   少し泳いで顔を付けるだけで、ニモとか色とりどりの魚を見る事が出来ます☆☆☆まるでスキューバーダイビングをしているみたいでした♪ 本当に綺麗なので皆でずーーーっと泳いでいました。 イスラレータビーチは広いビーチでビーチ以外にも自然がいっぱいです。 村も近くにあり、大きなバナナの葉っぱや、ブタが寝ている所を見る事が出来る様です。私達はビーチに夢中で村までたどり着く事が出来ませんでしたが、、笑 帰りはこんな船乗り場から3時発の便で帰ります(1日1本の様です。) イスラレータには宿泊施設もあるので宿泊している現地の方も多かったです♪(*^_^*) 私達は9:15発の便で行って3:00の便で帰ったのですが、かなり満喫出来ました♪♪ かかった費用ですが、往復のフェリー代が160ペソ(片道80ペソ)、イスラレータの入場料が100ペソとかなり格安でした。 ご飯や飲み物を持っていくのがお勧めです。 ビーチはバナナボートなどのアクティビティなどは無いのでとにかく綺麗な海でシュノーケリングやゆっくり過ごしたい人向けだと思いました。 こんな感じで勉強しつつ週末は思い切り遊んで充実した日々を過ごしています♪ では今回はこの辺で!またレポートします!!

>> More

Davao | ダバオE&G
ダバオE&G Wifi環境について

ダバオE&G Wifi環境について こんばんは!ダバオE&G学生レポーターのYukaです。先週末は金曜日が祝日だった事もあって3連休でした☆ その連休を利用してまたビーチに行ってきたのですが、、そのビーチがとてもとても綺麗でした。 今まで生きてきた中で一番!ぐらい綺麗なビーチでした。また次回レポートします!! 本日はE&GのWiFi環境についてレポートしてみたいと思います♪ <ドミトリー(寮)のWiFi環境について> 正直言ってWiFi環境は部屋によります。私の部屋はドミトリーの2階の真ん中なのですが、WiFiはかなり遅く繋がりにくいです。 LINEなどはぎりぎり出来ますが、動画を見るのは難しいです。 別の部屋の子に話を聞くとまあまあ繋がると言っていた子もいるので、部屋によると思います。 ただ、海が見えるドミトリーの方は全く繋がらないらしいです。景色を取るか、電波を取るか(それでも遅いですが、、)と言った感じです。 <カフェテリアのWiFi環境について> カフェテリアのWiFi環境は良好です。youtubeなどの動画も比較的スムーズに見ることが出来ます。 このブログもカフェテリアで書いています♪ <教室について> こちらも繋がる部屋と繋がらない部屋があります。最近少しWiFi環境が整備されてきて繋がる教室も多くなって来ました♪ 授業中は勿論携帯は使わないので、特にWiFiが使えなくても不便は無いです。 ただ、自習室として使う時は繋がった方が多少便利なので、使える部屋に移動したりしています。 まとめるとWiFi環境は日本程は良くないです!笑 でもそれがフィリピンなので、、たまには携帯から離れた生活も良いかもしれません☆どうしても使いたい場合はWiFiのルーターを持ってくるのがお勧めです!実際持ってきている友人も何人かいました。ルーターを持っている人が一人でもいると、休日外出した際などに電波を借りて連絡を取りやすいので便利です☆ (学校外でもWiFiスポットはあまり多くないです。一部のカフェなどは利用出来ます。) では今回はこの辺で♪また次回レポートします☆ 写真は夜のE&G周辺のジョリビーです♪

>> More

Davao | ダバオE&G
ダバオE&G 学校周辺環境について

ダバオE&G 学校周辺環境について こんばんは!E&GレポーターのYukaです♪今週は金曜日が祝日らしく明日の授業が終われば3連休です☆ 先生も生徒も心なしかうきうきしています笑 今日はE&Gの学校周辺情報をお届けしたいと思います 一日8時間勉強して頭をしっかり使っているせいか凄く凄くお腹が空きます! 授業後、夕ご飯まで待てない、もしくは夕ご飯後何かつまみたい、、! そんな時に便利なのがCHOICE MART(チョイスマート)です。 学校から徒歩5分の位置にあるスーパーです♪お菓子が8ペソ(約25円)、ノートも10ペソ(約30円)で買えたりと日本で買うよりも格安! という事でちょくちょく授業終わりに友達と行っています その中でも、私のオススメはこちらのCALAMANSI(カラマンシー)ジュースです! CALAMANSIというのはカボス、スダチを小さくした様なフィリピンの果実で味もカボスジュースの様な感じで、酸味と甘みが絶妙にマッチしていますとにかく暑いフィリピン!このCALAMANSIジュースがとっても合うんです☆私はほぼ毎日飲んでいます♪ 是非、フィリピンに来る際は試してみて欲しいです。 後、フィリピンと言えば外せないのがファーストフード店Jollibee(ジョリビー)! このお店がほぼフィリピンのファーストフード業界を独占しています☆あの天下のマクドナルドをほぼ見ません!笑 先生達もしきりに「 ジョリビーのチキンは美味しい!You shoud try it!」と言っていたのでこの間行ってきました。 ジョリビーもチョイスマートのすぐ近くにあり徒歩で行く事が出来ます。 注文をして一つ驚いたのが「It will take about 15minutes, ok?(約15分かかります。)」と言われた事! えぇ~15分?ファーストフードですよね。。?と思いました笑 これぞフィリピンタイム☆そして実際は15分より早く来ました♪笑 これがジョリビーチキンWithスパゲッティセットです。約300円くらいでした。   これがフィリピンの至る所で見かけるジョリビーマークです☆ 味ですが、チキンはサクサクしていてジューシーでとても美味しかったです♪グレービーソースもついていてこれも癖になりそうな味☆ スパゲッティもミートソースの様な味で私は好きです。 値段も安いしクーラーも聞いているので勉強しに来るのも良いなぁと思いました。私は多分また食べに行きます! この他にも徒歩圏内にマッサージショップ、ネイルショップ、ローカルのマーケット、レストランなど色々あります☆ 学校から近いので平日の授業終わりにふらりと散歩感覚で行けるので、私はとても満足しています。 ネイルショップはまだ未体験なので是非体験して、ここで感想を報告したいと思います(*^_^*)

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 週末の過ごし方について

ダバオE&G 週末の過ごし方について こんばんは!E&G学生レポータ―のYukaです。 学生生活も早くも3週目です。ここに来て毎日が過ぎるのがとても早い気がします。残り5週間、もっと成長出来る様に頑張りたいです。 しかし、、今日は何だか眠い一日でした。。笑 さて!本日は週末の過ごし方についてレポートしたいと思います☆ フィリピンと言えば島国。島国といえば海!という事で先週末、学校の友人とビーチへ行ってきました。 実は私は海が大好きでE&Gに決めたのも学校の目の前が海!という所が一番の決め手でした☆ ここダバオからはパラダイスビーチ、マキシマ、パールファムビーチ、チェマスビーチなど様々なビーチへアクセスが可能です♪ その中でも今回は人が少なくて穏やかというチェマスビーチへ行ってきました。 アクセス方法ですが、まず学校から徒歩10分程で行けるウォーターフロントホテルへ行きます。 そこのフロントで人数を告げ、チェマスビーチへの予約をして貰います(チェマスビーチはリゾート地の為、人数制限がある様です。私達は11人で行ったのですが無事予約を取る事が出来ました。 そしてウォーターフロントホテルの中を抜け、、 こんな素敵なプールがあります。(ここも入りに行く事が出来る様なので今度行ってみたいと思っています(^^)) この桟橋から船に乗って約15分~30分程でチェマスビーチに到着です。 チェマスビーチですが、、、予想以上に綺麗でした!! 遠浅のビーチなので泳げなくても大丈夫です。 水もこんなに透明です☆ こんな風に屋根の下で寝っころがる事も出来ます。 食べ物は注文しておけば、後で近くにある建物の2階のレストランで取る事が出来ます。 ただ、フィリピンタイムなので出来上がるまでにかなり時間がかかります(私達は注文してから2時間後くらいにランチを食べる事が出来ました笑)なので早めの注文がオススメです。 ランチはフィリピン料理のバーベキューポークやスープなどを皆で頼んでシェアしたのですが、凄く美味しかったです。 また節約したい方は事前に何か買って持っていくのも良いかと思います♪ 今回かかった費用ですが、入場料200ペソ、往復の船代200ペソ、ランチ200ペソのトータル600ペソ(日本円で1800円くらい)でした。 リゾート地なので食べ物の値段は少し高めですが、大勢でシェアすればこれくらいに押さえる事が出来ます。 朝から行って昼過ぎに帰って来て、シャワーを浴びてお昼寝コースが個人的にオススメです♪ ダバオに行く機会があれば是非行ってみてください♪ ダバオにはまだまだ沢山の綺麗なビーチがあると友人に教えて貰ったので、帰国までに沢山ビーチを楽しみます☆ ’週末はしっかり遊んで平日はしっかり勉強!’E&Gではまさにそんな生活を送る事が出来ると思います。

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 寄宿舎について

ダバオE&G 寄宿舎について こんばんは!学生レポーターのYukaです。ダバオは今日も良いお天気でした☆ 一日三食食べてしっかり勉強する生活にも徐々に慣れてきました♪頭を使っているからか、凄くお腹が空きます。なのでモリモリ食べています。日本に帰る時には今より一回り大きくなって帰りそうです。。笑 今日は夕方から学校内でBBQパーティがありました♪サムギョプサルスタイルの焼き肉でE&Gの2階の海を見下ろせる所にテーブルと椅子を置いて皆でわいわい楽しくご飯を食べました。普段クラスが別の生徒とも話す事が出来、開放的な空間で食べるBBQはとても美味しかったです!こういったイベントがあるととても楽しいですね♪ さて!今日は私が住んでいるドミトリー(寮)を紹介したいと思います。私は現在2人部屋に住んでいます。もともと3人部屋だったのを2人で使っているのでかなり広い印象です。到着して一週間はルームメイトがおらず、、広い部屋を持て余し気味でした。笑 今は韓国人の生徒とシェアしています。 これが玄関横にあるキャビネット(洋服や小物など日本から持ってきた物を入れています)です。 そしてベットと勉強机です。お部屋はとても綺麗です。   全体的にとても清潔で新しい印象です。学校自体が2006年創立と新しいからかもしれません。 トイレ、洗面台、シャワールームは一緒になっています。こちらも清潔でちゃんとお湯も出ます。 また週に3回掃除もしてくれるのでずっと綺麗に保たれています。 やはり部屋は長期滞在の留学では重要だと思います。E&Gでは清潔なお部屋でしっかり勉強、そしてくつろぐ事が出来ます。 今のところお部屋に不満は一つも無いです。 これからもこのお部屋で留学生活を楽しんでいきたいと思います。 では!また次回はダバオの周辺情報などお伝えしますね~。

>> More

Davao | E&G
ダバオ E&G 平日のスケジュール

ダバオ E&G 平日のスケジュール こんばんは!E&G学生リポーターのYukaです。ダバオは今日も一日晴れていて暑い一日でした。 こちらにいると日増しに黒くなっている気がします。。笑 夜は風も吹いて凄く過ごしやすいです♪ さて今日は私が普段どんな一日を過ごしているか紹介してみたいと思います。 スケジュールは大まかに言うと下記の様になっています。 7:00~7:40 朝食 8:00~8:50 1時限 9:00~9:50 2時限 10:00~10:50 3時限 11:00~11:50 4時限 11:50~12:30 昼食 12:50~13:40 5時限 13:50~14:40 6時限 14:50~15:40 7時限 15:50~16:40 8時限 8時限後は夕食までフリータイムなので部屋でゆっくりしたり、ちょっと近所を散歩したり皆リラックスして過ごしています☆ グラウンドでは先生と生徒が一緒にバレーボールをして楽しんでいます。(私も何回か参加しました♪) 18:00~18:40 夕食 その後夜間自習を取っている生徒は19:00~22:00まで専用の自習室で勉強します。この夜間自習ですが韓国人の生徒は必修になっていて、日本人の生徒は任意で選択する事が出来ます。 現在はほとんどの日本人生徒は選択せずに自分の部屋や、カフェテリアで勉強しています。 <授業について> 私のスケジュールと授業内容は今現在こんな感じで進んでいます。マンツーマンクラスが4つ、グループクラスが4つとなっています。 ○1時限 READING テキストを使って英文を読みながら英文読解のスキルを勉強します。黙読だけではなく音読もするので、間違った発音などを先生が指摘してくれて練習する事も出来ます。イディオムやスピーキングの練習も合わせて行います。 ○2時限 SPEAKING テキストに沿いながらスピーキングの練習をします。何故そう思うのか、何が好きなのかなど先生から沢山質問が飛んでくるので、頭の中で英文を組み立てて話す訓練になります。間違った文法などは先生がその都度訂正してくれます。 ○3時限 POP(グループクラス) 洋楽を通じて発音を学びます。かなり歌うのは難しいですが、とても楽しいクラスです。実際のネイティブの発音も学ぶ事が出来、また色んな洋楽を知ることも出来ます。 ○4時限 PATTERN(グループクラス) 英語のイディオムやフレーズを学ぶクラスです。まず始めに先生がフレーズを教えてくれ、それから実際に英文を作成します。ライティングのスキルアップにも繋がるクラスです。 ○5時限 WRITING ライティングの方法を学びます。毎日先生から与えられるトピックに合わせて英文を作成します。その後、先生が添削をしてくれるので、分からない所などはその場で質問する事が出来ます。 ○6時限 SURVIVAL(グループクラス) 郵便局、バーなどシチュエーションに沿ってこの場合は何と言ったらいいか?など生きた英語を学びます。ロールプレイをして学んだ英語を使えるかどうか実際に練習します。 ○7時限 GRAMMER(グループクラス) テキストを使いながら文法を学びます。分からない所はすぐ先生が教えてくれるので、一人で文法を勉強するよりも更に知識が深まります。 ○8時限 LISTENIG テキストを使いながらリスニングを学びます。ただCDを聞いて問題に答えるだけではなく、ディクテーション(聞こえた英文を書き取る作業)や、イミテーション(CDを聞きながら一緒に発音する作業)などもするので、リスニングのスキルをUPさせる事が出来ます。 こういった感じで授業は進んでいます。皆、明るく優しい先生ばかりなのでとても楽しく勉強出来ています。昼食後の授業は少し眠くなる事もありますが。。笑 もし合わない授業があったり他に取ってみたい授業などがあれば、マネージャーに相談して他のクラスに変える事も出来ます。実際に変えている人もいましたがスムーズに変更出来ている様です。 私はまだ2週目なのでしばらくこのスケジュールで頑張ってみようと思っています。 写真は今回の記事とは関係ないですが、ハロハロというフィリピンのデザートです☆ かき氷の上にアイスやゼリーの様なものが乗っていてとても美味しかったです! 次回は私が暮らしている寮を紹介したいと思います。では!

>> More

Davao | E&G
ダバオE&G 学校到着後の流れ

ダバオE&G 学校到着後の流れ こんばんは!ダバオE&GレポーターのYukaです。 こっちに来て初めての週末を迎えています。正直最初の一週間は慣れない環境や授業に戸惑う事も多かったです。 が!少しずつ楽しくなってきているのを実感しています☆今しかない貴重な時間を一生懸命楽しみたいと思います♪ さて!本日は学校到着後、月曜日の初日のスケジュールについてご紹介したいと思います。 朝食は毎日午前7:00~7:40分までに食堂で皆で食べます。味付けは少し濃いめですが割と美味しいです(^^)キムチは必ず毎日付いてきます!ご飯の日もあればパンの日もあります。 朝食を食べた後午前8:00からその日入学の新入生が一緒にレベルテストを受けます。(私の時は閑散期のせいか新入生が私一人でした。)レベルテストは始めにスピーキングテスト、そしてリーディング、ライティング、リスニング、ボキャブラリーなどでした。ライティングはテーマを選んでそれに沿って書くのですが、結構難しかったです。 その後施設をぐるっと案内して貰い、教室や洗濯の方法などの説明を受けます。洗濯は掃除と同じく週3回で所定の入れ物に洗濯したいものを入れ、外にある洗濯場の入口に置いておくだけです。大体次の日の夕方までに部屋の前に綺麗にたたんだ状態で係りの人が置いてくれています。 一旦解散、お昼ご飯を食べた後(お昼ご飯は午前11:50~12:30分です。)、日本人マネージャーさんと一緒に車でSMモールへ行きます。この時にSSP(フィリピンの語学学校で学ぶ場合必ず必要になるVISAの様なもの)に必要な証明写真を撮ります。 そしてこの日は解散です。 SMモールはとても広く近代的でForever21や可愛い雑貨屋さん、映画館などあり、日本から忘れてきたものがあっても何でも揃うかと思います。帰りはモールの前からタクシーで帰りました。80ペソ程でした。 初タクシーでドキドキしていたのですが、さすがフィリピン一治安が良いと言われているダバオシティ。特に怖い目に合う事も、騙される事も無く、親切なドライバーさんのおかげで無事学校に辿り着く事が出来ました♪ 画像は私の1週間のスケジュールです。(Viviと書いてあるのが私の授業スケジュールになります。) さて火曜日からの授業についてですが、それは次の記事で書きたいと思います!

>> More

Davao | E&G
ダバオ E&Gまでの道のり

ダバオ E&Gまでの道のり こんにちは!学生レポーターのYukaです 昨日5/24の深夜にダバオに到着しました!ダバオ暑いです!日本の真夏という感じで部屋ではクーラーをガンガンかけています。 私は2人部屋の利用なのですが、今はルームメイトが丁度いないという事で(閑散期だからかな?)一人で広い部屋を伸び伸び使わせて頂いています。来週ルームメイトが入って来るかも!?との事です。 実は広いお部屋で一人は少し寂しいのでルームメイトが入って来るのも楽しみです♪ 本日は日本からダバオまでのアクセス方法などをご紹介したいと思います。 私は九州在住なので福岡空港からフィリピン航空を利用して福岡→マニラ、マニラ→ダバオとやってきました☆ 他にも関空からLCCでセブパシフィック航空などを利用すれば安く行ける様でしたが、、私が何故フィリピン航空を選んだかと言うと以下の二つの理由が大きいです。 ○マニラでターミナル間の移動がない フィリピン航空だと福岡からマニラはターミナル2へ到着、マニラからダバオも同じターミナル2から乗り換える事が出来ます。 マニラの空港はとても大きく到着ターミナルと出発ターミナルが異なるとタクシーやシャトルバスで移動をしないと行けなくなります。このタクシーですがインターネットの情報などによるとぼったくりなどもある様です。。 決して治安が良いとは言い難いマニラなので、安全面も考慮してフィリピン航空を選びました。 ○マニラで長時間待たなくても良い フィリピン航空は乗り継ぎ時間も約3時間程だったのでその点もフィリピン航空にした理由の一つです。 まず福岡空港のカウンターでフィリピン航空のEチケットを提示すると、福岡―マニラ、マニラ―ダバオまでの搭乗券を貰う事が出来ます。※ただ荷物は一回マニラの手荷物受取所で引き取り、再度そこにいるスタッフに「ダバオまで」と告げて預ける必要があります。 私は荷物がダバオ受取かマニラで受取か分からなかったのでカウンターの方に聞きました。航空会社や出発空港によってはダバオまで受け取らなくて良い所もある様なのでチェックインの際に必ず確認してみて下さい。 そしてマニラに到着。マニラまでのフライトの機内食はシーフードかチキンと選べ私はシーフードにしてみました♪ 結構おいしかったです。 マニラ到着後はTransferの案内に従って進んで行き、入国審査、手荷物受取&、再度預け、税関審査を通ったら出口を出て左側に進みDepartureの文字に従って進んで行くと、2回手荷物検査がありそれを抜けると乗り継ぎカウンターです。 スムーズに書いてますが、空港内が広いため少し迷いました。近くの係員の方に搭乗券を見せ質問すると皆優しく教えてくれ、何とか辿り着きました!笑 そしてダバオ到着後預け荷物を受け取って外に出た所にE&Gの日本人マネージャーの方とドライバーさんが待っていてくれて深夜にも関わらず無事学校に到着する事が出来ました。 明日からいよいよ授業が始まります。次回は授業内容について書いてみたいと思います。

>> More

Davao | EDA
ダバオEDA 総まとめ

ダバオEDA 総まとめ 長いようで、あっという間の2か月間が過ぎました。今日は、総まとめと帰国時のことについてお話します。 英語の勉強の成果について 英語のレビュー用紙。詳細なレビューを受けられます。 EDAでは月末の金曜日にTOEICの試験があります。なので、月初めにEDAに入学すると、うまくいくと、初回のTOEIC、1か月目終わり、2か月目終わりと3回TOEICテストを受けられることになります。なお、月末TOEICの1週間前に入学すると、初回テストとの期間が短いため、月末TOEICのときに詳細レビューがもらえないそうです。 私の3回目のTOEICテスト結果は、Eメールでもらえることになっていますが、今のところ返ってきていません。なので、実感的なものですが、やはり毎日8時間近く英語で話し、文章を読み、問題を解くことを繰り返すと、2か月前とは読むスピードが変わり、耳も確実に良くなると思います。私の弱点はボキャブラリーと正確な文法なので、2か月ではまだ練習が必要かなと思っています。 ちなみに、最後のほうで習っていたのは、「subjunctive mood」。その中でも、特定の動詞を使用した場合、that以下の動詞が原型になる、という受験生にはおなじみの文法です。「あーそういえばそんなの習った覚えがある~」とかすかな記憶をたどってメモを取っていました。文法は、正直日本語の解説を聞いた方が楽です。ただ、わからないことを質問しつつ、英語なりの解釈を聞いてから日本語で復習をするというやり方のほうが、私にはあっていました。日本語で、いきなり、「仮定法現在、緊急、重要、要求などを表す特定の動詞のあとにくるthat節の中の動詞が原形になる」と習うと、もはや英語学習ではなくて、日本の法律用語を覚えているような気分になってしまうので、英語で解説を聞いて理解しようとするのもいいと思います。基本的に、日本で培った知識を実践で使いつつ、自分の中に定着させるのがフィリピンでの上手な学習方法かなと思います。 生活全般について 生活で一番気になったのが、車の音です。というのも、EDAのすぐ前が幹線道路なので、やはり音が気になりました。あと、排ガスも気になっている人が多かったです。空港が近いのですが、飛行機の音はほとんど気になりません。地方空港なので、便数が少ないのではないかと思います。 あとは、これはEDAに限ったことではないと思うのですが、フィリピン留学に来る韓国人はほぼ大学生くらいの若い人が多く、よくも悪くも元気がありあまっているという感じです。そして、グループ作る人多いなあ、欧米とは環境が違うなあという印象を持ちました。 私は、2人部屋で、途中でルームメイトが変わりました。一人目は若い学生で、本人の性格は別に悪くないのですが、BFがいたため、よく男性が遊びに来るのは嫌でした。二人目は社会人で、落ち着いた感じで、よく2人で遊びに行くなどとても楽しい時間を過ごすことができました。2人部屋は基本的に楽しいし、あまり学校に変な人は来ないと思うのですが、勉強に集中したい人は、一人部屋のほうが楽だと思います。たまに、停電や断水があるので、2人部屋だと、その間はトイレは外に行くことになりました。 付け足しですが、ダバオ市の上水は日本と同じ塩素消毒を行っているそうで、基本的に水道水はかなりきれいです。とはいえ、路上のお店や綺麗じゃないお店は避けたほうがいいとは思います。 ダバオ 留学期間中にあったダバオのお祭り。 留学するにあたって、このダバオを選んだのは、大正解だったと思います。市長の強権により、安全が確保されているため、夜でも女性が道を歩くことができるフィリピンの唯一の町だと思います。 ダバオはフィリピン人にとっても、騙されることも少なく、危険な目にあう確率が低い都市です。ということは、「(人を騙してお金を取ろうとする)みせかけの善意」か本当の善意かいちいち人を疑う必要が少なく、ひいてはみんなのんびり、ゆとりがある人が多いと感じました。時期によって、他所から来る物乞いの人が増えて、時には背中をつかまれたり鞄に触られたりする時はあるのでこれは注意してください。路上たばこ禁止、深夜のお酒販売禁止など、ルールを守る必要はありますが、留学生にとっては良い街だと思います。 帰国 EDAは、基本的に空港まで車で送り届けてくれます。ただ、私は最後の1日を外泊してホテルに泊まったので、自分でタクシーに乗って空港まで行きました。ちなみに、6時半出発の飛行機にしたため、ホテルを朝4時半に出発となり、さらにマニラ空港で6時間待ち、日本に帰ってきたときはヘトヘトになってしまいました。マニラ空港(フィリピン航空利用)のマッサージは、マッサージ終了後にすこし眠ることができますが、市価の3倍以上の値段で、技術はまあまあ。。。少し高くても乗継の良い便にすればよかったと後悔しました。 先生への手紙 韓国人学生は、写真をコラージュして、手紙と一緒に色紙に貼って渡しています。私にはその発想がなかったのですが、そういうのが得意な人は、道具を持って行って作って渡すのもいいと思います。日本人学生は最後に、自分の先生にプレゼントを渡す人が多かったです。 EDAはどんな人におすすめか 英語学習と言っても、それをどこで使うのか。EDAはワーホリに行く前に利用している人が多かったです。なので、 ・環境の変化に強い人 ・何事も楽しめる人 ・上記2項目のような人になりたい人 にとって最適な学校かと思います。多くの学生が次はオーストラリア、NZ、カナダに留学するということで、ここで出会ってまたほかの国でも会いましょうね~などと約束する人も多いです。 将来的に、外国で暮らしたい、あちこち旅をするために英語を学ぶ人は、ここでまず英語と異文化を体験してみるといいと思いますよ。日本では考えられなかったことが起きるのがフィリピンです。旅行先として人気のタイなんかはフィリピンより、いろんな面で日本に近いですが、犯罪率はダバオのほうが低く、南国の食べ物、習慣、ハプニングを経験するにはちょうど良いと思います。ただ、長期で留学を考えている方は、最初は2か月くらいにしておいて、様子をみて延長のほうがいいと思います。2か月を超えると諸費用が大きく変わるため、その辺りは、フィルイングリッシュさんによく聞いておいたほうがいいと思います。

>> More

Davao | EDA
ダバオEDA ミニ旅行とマッサージ

ダバオEDA ミニ旅行とマッサージ 英語学校というと、週末のアクティビティーが楽しみの一つですが、こちらフィリピンでは学校主催の週末アクティビティーはありません。ただ、遊ぶところはたくさんあるので、正直、2か月の留学では、行ききれませんでした。EDAは、放課後の外出OKですし、週末は簡単な届出を出すと、外泊もできるので、フィリピンのよいところを満喫できますよ~ ■ビーチ 青い海に白い砂浜、そんなビーチがダバオのすぐ近くにたくさんあります。ダバオ市内にある港から、船に乗り、サマール島やタリクド島にあるリゾートに行くのが一般的です。白い砂浜があるビーチはだいたいプライベートビーチで、入場料を払って入ります。日本だとビーチは無料のイメージがあると思いますが、こちらはシステムが違うようです。一番簡単に行けるパラダイスビーチは、SMラナンの先にある専用の波止場から小さな船に乗ってビーチに行きます。船は何便も出ているので、フラッと船に乗って遊びに行けます。乗船料は片道15ペソくらい。入場料は200ペソくらいでした。ただ、砂浜に設置されているテーブルを使ってご飯を食べると、テーブルチャージが高くつきます。軽い食事と飲み物で500ペソくらいかかりました。 一方、タリクド島にあるイスラレタビーチは、乗船料に80ペソくらい、入場料に100ペソと少し。入場料は島に降りてから帰路の船代と一緒に払います。島にはやはりテーブルがいくつか用意されているのですが、チャージのかからないテーブルもあるので、そこを狙って行くといいですよ。ただし、行きの船は1日2本くらいしか出ていないので要注意。帰りの便は3時くらいの1本だけです。3時に出航のはずなんですが、帰りの便を予約したひとが全部乗船すると船が出てしまうようです。私が行った時も、2時くらいにフィリピン人が乗船をはじめ、2時35分くらいに出航しました。案内する人は2時半に乗船、3時に出航と言っていたのですが。。。 そのほかにもビーチがたくさんありまして、パールファームビーチは、この辺りで一番のリゾートのせいか、日帰り利用で3000ペソほどします。その目の前を通っただけなので、実際のビーチがどうなのか、よくわからないです。バナナボートなど遊び系が充実したビーチもあるそうです。ビーチはたいてい宿泊施設があるので、週末の一泊旅行にもいいです。ただ、今はフィリピンの夏休み時期というのもあってか、3日前くらいに電話しても予約が取れませんでした。パールファームビーチは2週間前に予約しようとして取れなかったです。 あと、アイランドホッピングなんですが、学校でアレンジしてくれるツアー会社よりサンタアナ港の近くの地元のダイビングショップでお願いしたほうが、かなり安かったです。350ペソで連れて行ってもらった場所は、浅瀬にサンゴ礁が広がるとても美しい場所でした。いろいろなツアー会社がひとつの船に相乗りしていくつかの場所を案内してもらえます。 ■山 ダバオ市のすぐ近くに、フィリピンで一番高い山、アポ山があります。富士山級の山です。そのふもとには公園がありまして、ダバオが一望できます。アポ山のふもとと言っても非常に広く、さまざまな山々が連なっています。そのひとつ、タロモ山にあるエデンパークは、学生にもとても人気です。特に、高い場所にロープが張られて綱渡り感を味わいながら自転車を漕ぐスカイサイクルとターザンのようにロープにぶら下がってすべり降りていくスカイライダーです。大人は、広大な敷地の庭園を案内してもらえるシャトルツアーに乗って景色を楽しむという方法もあります。私が行った日は珍しく暑い日だったのですが、通常はダバオ市よりも高いところにあることもあって、すこし肌寒い感じだそうです。ここのサラダはオーガニックで非常においしいです。お土産用に販売もしています。 ■マッサージ マッサージは、週末でも放課後でもどちらでも楽しめます。ビクトリアモール周辺やダバオホスピタル近くのダウンタウン辺りに有名どころが点在しています。ネットなどで情報を探して有名店にいくのも良いのですが、学校の近くの穴場的なお店を紹介します。現在のマッサージの相場は1時間300ペソ前後です。 SCENTS&OILS MC こちらは、フィリピン内に数店舗のお店があるチェーン店です。EDAからは、ジプニーに乗って最初の信号の手前で降りて、ハイウェイ(ダイバーションロード)の反対側に渡り、さらにブハギンミランのほうへ先に進んで、信号から2,3分の所にあります。ほかのお店に比べても、内装がきれいです。初回に名前を登録し、以後は名前だけで入れます。夜はよく門の鍵がかかっていますが、OPENと書いてあれば、ドアの傍にいくと中から開けてくれます。セラピストによって、力の強さがかなり違うので、お気に入りの人が見つかったら、とてもいいですよ。ヒーリング系の音楽がかかっているのもいい雰囲気を出しています。 Hilot ヒロットとは、フィリピンの伝統的なヒーリングテクニックです。こちらはヒーリングというよりは、ヒロットの手技を使ったマッサージを提供しています。今年の3月にできたばかりだそうで、まだいろいろ発展途上だそうです。ご夫婦のオーナーともう一人のセラピストがいます。私はオーナーレディにいつもお願いしていました。メニューにはヒロットというのがないのですが、ヒロットマッサージと指圧のコンビネーションでお願いしています。肩と胸、それにヒップの辺りのマッサージが上手で、痛いけど効く感じがします。お茶も販売していて、リーズナブルで健康によさそうなティーバックを買うことができます。場所はEDAからジプニーで10分ほど。ダイバーションロードの右手、ピンクの看板が目印です。ブハギンミランの交差点から行くと、徒歩で7、8分の左手になります。

>> More

Davao | EDA
ダバオEDA 放課後のアクティビティー

ダバオEDA 放課後のアクティビティー EDAのいいところのひとつは、クラスが終わったら自由行動ができるということだと思います。机での勉強より英語を実地で使ってみたいと思う人や一人で歩くのが好きという人なんかには特にいいと思います。 なぜなら、ダバオは一人歩きが普通にできる都市だからです。 ここで気をつけるべきは、人混みでのスリと交通事故くらいです。まあ、日本の田舎でも凶悪犯罪は起きるので、そのくらいには気を付けたほうがいいと思いますが。普段から大都市に住んでいて、周囲に一定の注意を向けられる人なら、ほぼ問題ないと思います。 というわけで、今日は放課後でも行けるちょっとした場所についてお知らせします。 ◇飲むところ◇ まず、結構なひとが気にしていると思われる、ちょっと飲むところについて。 学校から1分くらいのところに、フィリピン名物の「サリサリストア」があります。サリサリストアはなんでも屋さん。コンビニを地域密着型にしたお店です。外見はいまいちですが、毎週末、ここで飲む学生も。ルームメイトがこの間、初めてお店に行ってみたところ、何人も会ってびっくりしたと話していました。サリサリストアでは、缶ビールとスナックを買ってお店の前のテーブルで飲めます。2ペソでカラオケも楽しめます。少し古めの英語の曲がライナップされています。 もう一つは、歩いて10分くらいのところにある「パープルビーン」。洋食のカフェと、バーが1,2階に分かれて設置されています。なぜか、ガソリンスタンドの奥に、お店があります。私は言ったことがないのですが、アメリカンスタイルのバーで、味もおいしいとのこと。フィリピン人チューターとルームメイトの両方からそう聞いているので、間違いないでしょう。サリサリストアとは逆側にあり、学校を背後にして、ダイバーションロードを右側に歩き、10分ほど行くと、道の反対側にガソリンスタンドがあり、その後ろにあります。道を渡るときは気を付けて。 ◇ハロハロ◇ 地元民にも、留学生にも人気なのが「アイスジャイアント」。フィリピンで必ず食べておきたい、ハロハロ(かき氷にアイスをトッピングしたデザート)を、いろいろなトッピングで楽しめます。まずは基本のハロハロを食べた後に、フルーツをトッピングしてはいかがでしょう。マンゴーハロハロにスイカをトッピングしてみたところ、とてもおいしかったです。帰る前にドリアントッピングも挑戦したいところです。チェーン店のようで、GモールとSMモールの近くにあります。 ◇Buko◇ ブコは、ココナッツのことです。1個まるまる20-30ペソくらいで売っています。道端の露天商は、ぬるいのでイマイチです。ブコジュースは冷やして飲んだほうがおいしいですよ。地元民に人気なのは、ブコシェーク。こちらは基本的に牛乳ではなく、粉乳(スキムミルク)をつかっていてさっぱり味なので、日本人でも十分に楽しめます。シェークはモールなのでも売っているのでこちらで買ったほうが安全です。 東南アジアに旅行したことがある方は、マンゴーやスイカなどのフレッシュジュースがあるのではと、期待を持っているかもしれませんが、なぜかフィリピンではそういうフレッシュジュースのスタンドが見当たりません。リンゴやオレンジといった、こちらの人に珍しく、日本人には珍しくないフレッシュフルーツジュースはモールなどで売っています。先生に聞いたところ、「マンゴーやなんかは、買うのじゃなくて近所の人からもらうものだから、あえてジュースを買って飲むという考えに至らない」とおっしゃっていました。 ◇フィリピン料理◇ 基本的に、フィリピンの味付けは塩味が濃いです。先生おすすめの「Penang’s」(SMモールやGモールの近くなど複数店舗がある)なんかは塩味が濃かったです。味の好みは千差万別なので、ここは個人的な感想ですが、アブリーザやSMモールの中にある「hukad」はフィリピン料理のお店の中でも、味が洗練されて美味しかったです。どうもシェフの味付けにムラがあるようで、塩味が濃い日もあります。ここのブコジュース、ガーリックライスは特におすすめです。 ◇オーガニック◇ 日本ではやりのオーガニックフードですが、フィリピンにもお店があります。これまでに2つ、お店を見つけました。一つは、アブリーザモールの1階、出入り口のすぐわきにあります。値段は日本と変わらないので、フィリピン価格では相当高いと思います。 もう一つは学校の前のハイウェイ(ダイバーションロード)を「ブハギンミラン」の方向へまっすぐ進み、さらにミランを超えてまっすぐ進んだダイバーションロード右手にある「エコショップ」。ジプニーで行くには乗り継ぎが必要です。カフェが併設されていて、フレッシュサラダやスムージーが楽しめます。値段は日本と変わらない感じです。

>> More

Davao | EDA
ダバオEDA インターネット環境

ダバオEDA インターネット環境 こんにちは。きょうは、インターネット環境についてお知らせします。 EDAでは、生徒は3つのアクセスポイントを利用できます。 寮内に2つ、学校内に1つあります。私は、iphoneとレノボのタブレットを持参し、利用しています。 ◇寮内では 2つのアクセスポイントのうち、より強く電波を拾えるポイントを選択し、パスワードを入力してネットが利用できるようにします。パスワードは学校に到着するとすぐもらえます。部屋内でも、カフェテリアでも利用できます。スピードは遅いです。動画などは時々止まります。このブログをあげるときも若干、苦労しています。ただ、LINEやメールなどには問題ありません。たぶん、寮内にいる人の多さでスピードが変わります。LINE電話などは使えるので、便利です。 ◇学校内では EDAでは、授業で携帯を使えます。どうしても説明したい、画像があったりするときは助かります。電波は、たぶん先生+生徒で人数が多い分、悪いようです。たまにぜんぜん入らない時もあります。学校内には、PCが設置されていますが、こちらの電波も同じようです。2台設置されているものの、1台は故障中です。基本的に韓国語か英語入力です。 日本語入力もできるようなのですが、日本語設定がすぐ消えてしまいます。スタッフの方に言うと日本語入力ができるようになりますが、しばらくすると入力できなくなってしまうので、またお願いして打ち込みをするする必要があります。 ◇学校の外では アブリーザモールやSMモールではフリーWi-Fiが使えます。ただ、アブリーザモールでは私のiPhone5sはまだ一回も接続に成功していません。まあ、成功している人もいるので、この辺は機械の相性か、細かい設定かどちらかのようです。 一方、しゃれたカフェやレストランなどの多くで、パスワード付のフリーWi-Fiが使えます。お店の人に聞くと、パスワードを書いた紙を渡してもらえます。日本人が行くようなカフェやレストランはかなりの確率でフリーWi-Fiがあるようです。パソコンを持ち込んでカフェで勉強しているフィリピン人の大学生も多いとか。ちなみに、韓国人留学生は携帯のSIMを交換して電話はどこでもつかえるそうです。うらやましい。

>> More

Davao | EDA
ダバオEDA TOEICの模擬テストについて

ダバオEDA TOEICの模擬テストについて 3月末にテストがあり、その成績と1カ月のレビューが返ってきました。 というわけで、今日は、テストについてお話します。 EDAでは毎月、最終金曜日にTOEICテストの模擬試験を受けることができます。全生徒が対象ですが、 受けたくない人は受けずにお休みにすることができます。 ちなみに、私はTOEICのリーディングとリスニングの授業だけを受けていますが、せっかくなので、ライティングとスピーキングのテストも受けました。生徒の中には、ライティングだけ受けた、という人もいました。 テストを受けるか、どのテストを受けるかは、授業時間に尋ねられます。何を受けたいかを事前に伝えておくと、テスト前日に細長い紙を渡されます。それに、試験会場と時間が書かれています。 試験会場と言っても、EDAにあるやや大きめの部屋を指定されるだけです。今回は2か所に分かれてテストを受けました。私の部屋は最大8人入れるところに、5人の生徒が集まって試験を受けました。席は自由なので、早めに行くと、好きな場所がとれます。 ◇リスニング リーディング 私の利用した部屋は、コンクリート製で窓のない部屋だったので、音が若干反響します。こちらでは音を大きく設定しがちなので、試験が始まる前の説明の時点で音を少し下げてほしいとお願いしました。それ以外は普通の試験と同じように始まり、終わります。 ◇ライティング ライティングは受験する人数が少なくなったようで、1番大きな部屋に皆が集まって行いました。本番を受けたことがないので、実際は 分からないのですが、PCのモニターを見ながら、文章を考えたり、制限時間内にエッセーを仕上げたり、多分本番と同じです。 ◇スピーキング 本番と同じように、時間を図りながら、与えられたテーマに沿って話します。小さな紙に書いてある時間に間に合うように、教室に行きます。1問目が終わったら次の教室に移って2問目を解きます。3つ目の教室で終了です。問題はダバオに関することだったので、模擬試験というより、TOEICの試験方式で、スピーチテストを受けられるという感じです。 試験が終わると、お昼からは自由時間です。平日の自由時間は貴重なので、なんだかウキウキしますよ! ◇試験結果 次の週の火~水曜日くらいに点数が返ってきます。そのほか、弱点と強みについて、それにこれからどういう点を気をつけたらいいか、アドバイスも返ってきました。わたしは結構、直す点がいっぱい書かれててへこみました。

>> More

Davao | EDA
ダバオEDA もしも病気になったら

ダバオEDA もしも病気になったら こんにちは。ダバオは夏季にはいったものの、なぜか短い時間の雨もよく降り、少し湿度が高い日が続いております。さて。留学したいと希望している方の心配ごとの一つは病気ではないでしょうか。だいたい留学して2週間目くらいに体調を崩す人が多いそうです。単純な風邪といっても、日本とは違う症状になってしまう気がします。ちょうど私も2週間目に体調を崩して風邪をひいてしまい、念のために病院にも行ったので、そのあたり、詳しく紹介しようと思います。 まず風邪の初期。私の場合、鼻の奥が腫れました。風邪というよりはアレルギーが発症したのでは!?と思っていました。(今のところ花粉などのアレルギーは持っていないのですが、あれは突然なると聞いていたので)そのうち、鼻水が出て、のどが痛い感じになりました。フィリピン人の先生に聞いたところ、そういう時は、フルーツの「ポメロ」か、「カラマンシーの生絞りジュース」(カボスに似ている)を取るといいそうです。それらを買って食べたり飲んだり、日本から持っていたサプリを服用して1週間様子を見ました。少しずつよくなるものの、1週間たっても鼻水が止まらなかったので、病院に行くことにしました。 ◇病院に行く前に◇ 病院に行く時には、先生に付き添ってもらえると聞いていたので、お願いしました。保険に入っていれば、病院にいる「ジャパニーヘルプズデスク」が基本的に対応してくれます。万が一、保険に入らずにフィリピンに来たのなら、午前中に診察予約をしておかないと、すごく待たされるそうです。 ◇病院で◇ 案内板 アレンジしてもらった病院は、ダバオドクターズホスピタルです。留学生はここに行くことになると思います。先生と一緒に来たのですが、「ジャパニーズヘルプデスク」のある場所は先生も知らなかった!ので、2人で探すことになってしまいました。ジャパニーズヘルプデスクは5階の526号室にあると事前に電話で聞いておいてもらったものの(これは、この時の情報なので、変更する可能性があります)、上階は別々の棟に分かれているそうで、違うエレベーターに乗ってしまうとたどりつけません。私たちは結構迷ってしまいました。ちなみに、ジャパニーズデスクに行くには、メディカルタワーを目指します。そのエレベーターの近くにはカフェがありました。メディカルタワー近くの入口から入ると、迷わずに行けます。違う入口から入ると、ちょっと分かりずらいです。 エレベーターの近くのカフェ ◇ジャパニーズヘルプデスク◇ ジャパニーズヘルプデスクの部屋の前には、日本語で案内が書かれています。しかし、担当者は日本語が話せません。英語は堪能です。前は日本人のアシスタントがいたそうなのですが、やめてしまい、しばらくはこのままだそうです。保険の書類には日本語が書かれています。風邪の症状をここで書き込みますが、ここで書いたものは診察の時には関係ないといわれました。 ◇診察へ◇ 書類を書いた後、ジャパニーズヘルプデスクと共に診察へ。ちなみに先生は用事があるそうで、書類を書いたあたりで帰ることに。まずエマージェンシー・デパートメントの受付で熱、血圧、体重、身長など基本的な項目を検査します。もし、熱を下げる薬を飲んでいたら、最後に飲んだのはいつかも聞かれます。 その後は、順番待ちの機械からカードをひいて、順番が来るのを待ちます。この辺りは、ジャパニーズヘルプデスクが全部やってくれました。順番を待って呼ばれたら受付に行って、その後、診察室に行きます。2,30分は待ちました。 診察室では自分で症状を言って、アレルギーかもしれないと心配していると話すと血液検査をすることに。また別の場所の機械からカードをひいて、しばらくすると血液を検査。検査結果は1時間後なので、ヘルプデスクと1時間後に待ち合わせをして再び診察室へ。今度は違う先生が出てきて、鼻の症状は、風邪の治りかけで、それがのども刺激して咳が出ているだけと、丁寧に説明してもらえ、薬を処方してもらいました。帰りには、EDAのマネジャーが来ていて、一緒に帰ることになりました。この辺りはそうしてくれると決まっているわけではないのですが、先生が早く帰ったと聞いて、臨機応変に対応していただいたみたいです。ありがたかったです。 それから1週間ほどたちまして、今は元気になりました。それにしても、フィリピンの風邪はなかなか手ごわかったです。健康が一番、でも何かあった時、こちらが参考になれば幸いです。

>> More

Davao | EDA
ダバオEDA これがあると便利!持ち物リスト

ダバオEDA これがあると便利!持ち物リスト 2015年3月28日 必要最低限、持っていくもののリストは、フィルイングリッシュさんからもらえます。ただ、1か月以上、こちらで過ごすなら、生活に余裕ができるよう、こんなものを用意してはいかがでしょう。日本から持ってくればよかったと思ったものをリストアップしました。多分、30代以上の人向けかな。自分の経験と留学仲間からの口コミ情報です。 ベットサイドのコンセント。横向きについています 【コンセント】 2人部屋に限った話ですが、電源が窓際ベットの頭側に2口、窓際側の机の下に1口(1口は冷蔵庫が使用)しかありません。前に韓国人の生徒が5口くらいついているプラグを持ってきているのを見ました。日本にそのようなプラグがあるのかちょっとわからないのですが、あると便利だと思います。ちなみに、フィリピンは200ボルトなので変電の必要があります。ただ、差し込み口の形は同じです。 うがい薬。ドラッグストアで売っています。 【うがい薬】 フィリピンはまだ排ガス規制が行われていないようです。のどが弱いとイガイガするかも。そして、こちらのうがい薬(イソジンみたいなもの)は、高いです。たしか2,300ペソくらい。味は日本のよりいいですけどね。薄めないタイプです。ちなみに、病院に行っても処方してもらえません。もし、日本で鼻うがいをしている方は持って行ってもいいと思います。ほこりや排ガスを吸ったあとは、鼻うがいがしたくなりました。。。 【マスク】 上記と同じ理由で。PM2.5対応の強力なのがいいかも。あと、フィリピン人はマスクをする人が少ないです。ドラックストアの棚に陳列されていません。カウンターで頼むと、奥から出してくれます。種類は1種類で、選択の余地はありません。1枚いくらで売っている薬局と、パッケージで売っている薬局があります。値段は安いです。 【アリコロリ】 以前の日記にも書きましたが、お菓子を食べたら、必ず現れます。しかし、原因不明で現れることもあります。なんでだろう。。。 【耳栓】 こちらの耳栓はあまり遮音されません。幹線道路が近いので、道路の音が気になる人も多いです。また、意外に隣の部屋のエアコンの音や冷蔵庫のファンなど、やはり発展途上国の設備なので、音が気になる人も多いです。 【毛布、温かい服】 学校から支給されるのは薄いブランケット1枚です。ブランケットは追加してもらえません。フィリピンですから、昼はもちろん暑いです。でも、夜は涼しくなります。夜寝苦しい日も、朝方は冷えてしまうので、冷え性の方はこちらでブランケットを購入されています。 あと、2人部屋だと相方がクーラーつけっぱなしで寒いということもあります。私は薄手のパーカーを持ってきていたので、夜はそれを来ています。 【エッセンシャルオイル】 EDAの寮内は火気厳禁です。生徒の中には、香り系で癒しをしようとインセンスを持ってきたものの、使えない方が。。。。慣れない環境だと眠りが浅くなりやすいという方は、火を使用しない、リラックスグッズがあるとよりよいかも。 【小さなスプーン】 お茶などを自分で淹れる方は必要です。大きなスプーンはモールで買えます。ただし日本で買えるのとは何か質感が違います。 【緑茶】 こちらで買うと非常に高いです。あと、コーヒー好きの方は好きなブランドのものを持っていたほうがいいです。数十年前の日本と同じで、インスタントコーヒーか、甘いコーヒーがメーンです。モールにはスタバがあります。

>> More

よく読まれている留学体験記

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点 ◆スパルタタイプとセミスパルタタイプ フィリピンの英語学校は大きく2つの種類に分けることが出来ます。 スパルタタイプの英語学校とセミスパルタタイプの英語学校です。 ともにスパルタという言葉が含まれており、両タイプとも何かしら厳しい環境で英語留学をするというイメージを持たれる方がいますが、この2つのタイプの特徴は全く異なっています。この2つのタイプの特徴を表にまとめてみました。 タイプ別の特徴 ■スパルタタイプ ■セミスパルタタイプ ・平日外出禁止 ・平日外出可能 ・放課後の強制自習 ・放課後は自由時間 ・学校の規則に管理される 学生の自主性を重んじる 表のように、スパルタタイプの英語学校は規則で学生を管理し、だれもが着実に英語力をつけることが出来るカリキュラムを運営し、セミスパルタタイプの英語学校は学生の自主性を重んじることで、学生の自身のペースで英語学習を進めていけるカリキュラムを運営しています。 セミスパルタタイプの英語学校の中には、参加義務のある放課後の授業を運営しているものもありますが、一般的に平日の外出ができるか否かによってスパルタタイプかセミスパルタタイプかに分類されます。 以上の点から、スパルタタイプの学校の方が英語力を伸ばすことが出来る、と感じる方がいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。これらのタイプは「勉強のスタイル」と言い換えることもできます。 どのように勉強をすればいいかわからない方は、スパルタタイプの英語学校でどのように英語を勉強していきながら良いか常にアドバイスを受けながら英語学習を進めることが出来ます。反対に、自分の学習スタイルをすでにお持ちで自由に英語学習を進めていきたいという方はセミスパルタタイプの英語学校の方が合っていると言えます。自身に合っているスタイルの学校を見つけることが出来れば、英語力を伸ばすことは難しくないでしょう。 今回は、スパルタタイプの学校にフォーカスを当てていきたいと思います。 ◆スパルタタイプのメリット 学校に生活の管理をされるスパルタタイプでは、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ①留学を失敗させる可能性が低い 平日は放課後の外出が制限され、正規授業以外にも出席義務のある授業が多いので、英語学習以外にすることがありません。否が応でも英語学習をしなければいけない環境に置かれるのです。期間中は脇目も振らず英語学習に集中することが出来ます。大変ですが、苦悩の後に結果はついてくるものです。 ②自分で学習プランを立てなくても良い 英語学習をしたいけれどどのようにすればいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。スパルタタイプの英語学校では放課後の授業に、昼間の授業の復習、次の日の授業の予習などでやることがたくさんあります。目の前にあることをやり通せばよいので、学習プランを立てるのが苦手な方でも悩む必要はありません。 以上のように、スパルタタイプの英語学校では詰め込み式で英語を身につけていきます。この方法は特に英語初心者の方に向いてる学習方法です。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングに語彙や文法を総合的に学べるので、英語初心者の方が8~12週間スパルタタイプの英語学校に留学をすれば、英語中級者ほどの英語力を身につけることが出来ると言われています。 では、スパルタタイプの英語学校を選ぶ際の気を付けなければならないことを確認しましょう。 ◆スパルタタイプの留意点 ①自分の勉強スタイルが決まっている方には向かない 学校から生活を管理されるので、自分のペースで英語学習をされたい方にはスパルタタイプは向いていません。 ②英語中級者以上の方には合わないことが多い 英語の基礎を徹底的に固めるスパルタタイプは、特に英語中級者以上でスピーキング中心のプログラムを希望される方には向いていません。ただし、バギオの英語学校などには英語上級者向けスパルタタイプの英語学校もあります。 ③留学期間は最大16週間まで 学習強度の高いスパルタタイプですが、ストレス強度も高いと言えます。スパルタスタイルの学習を続けるには16週間が限度と言われています。それ以上留学をされたい方は、留学の途中でコースや英語学校を変えることでセミスパルタタイプの学習スタイルに変更することをおすすめします。 一見、とても大変そうですが、その分、身に着くことも多いのがスパルタタイプです。自分の目的や英語力、性格なども鑑みて、自分にぴったりの英語学校を見つけましょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するための準備 スパルタタイプの学校に行くことを決めた英語初心者の方は、ぜひ留学前から英語学習の準備をしておくことをおすすめします。時間に追われることが多いスパルタタイプの学習スタイルでは、授業をしっかりと理解することが留学成功の秘訣となります。では、英語初心者が留学を成功させるためにどのような準備をすればいいのでしょうか。 ①中学英語レベルの英単語を覚える 大学生の方なら中学生時代に使っていた単語帳をはじめから覚えておきましょう。社会人や英単語帳を新しく購入しようと考えている方は、書店で英単語長をパラパラとめくってみて、3割ほど自分の知っている単語が載っているものをおすすめします。すべて知らない単語ばかりだと勉強するのが嫌になりやすいですが、知っている単語があると、続けていくモチベーションも維持できます。 ②中学英語レベルの英文法を覚える こちらも大学生なら昔使っていた文法書をやり直しましょう。大体覚えていれば問題ありません。社会人や新しく購入される方は、中学時代使っていたのと同じものか、やりなし英文法のようなものでも良いでしょう。何が良いかわからない場合は直感で決めてしまっても構いません。 フィリピンへ英語留学をして一番多く聞く失敗談は、「英単語や基本的な英文法をちゃんと覚えてくればよかった」です。もちろんわからないことがあれば先生たちは丁寧に指導してくれます。しかし、基礎単語や基礎文法など自分でもできることに留学の貴重な時間を使うのはもったいないです。留学をする前からできることを少しずつ続けることで、意義のある留学にすることが出来るでしょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するときの持ち物 ・使い慣れた英文法書一冊 英語留学前の事前学習で使っていたもので構いません。日本語で解説が記載されている英文法書を一冊お持ちください。留学後に配られるテキストはすべて英語です。英語だけの説明だとどうしても理解できない部分が出てきます。そんなときは日本語で解説を読みしっかりと理解しておきましょう。最初は無理をせず確実に英語力を身につけていくのが肝心です。 ・電子辞書 最近ではスマートフォンに内蔵されている辞書を使用されている方も多いですが、その場合はインターネット環境が無くても使用できるものをおすすめします。フィリピンでは日本ほどにインターネット環境は整っていませんし、教室ではインターネットが使えない英語学校も多くあります。オフラインでも使えるものを用意しましょう。 最後に、特に評価の高いスパルタスタイルの英語学校を紹介したいと思います。 ◆スパルタタイプの英語学校 【セブ地域】 ◆CG セブの中心地から少し離れたところに位置するスパルタスタイルの英語学校。 毎日の単語と文章テストで英語の基礎をたたき込みます。 朝から晩までのみっちりスケジュールにも関わらず学生たちの笑顔が絶えない雰囲気の良いアットホームな英語学校です。 ◆CPILS […]

セブ留学とバギオ留学

『セブ留学とバギオ留学   留学カウンセラーの後藤です。   フィリピン留学を検討されている方からよく聞かれる質問の中に、どの地域を選べばいいですか?というものがあります。 フィリピンの中で最も知名度が高い地域はアジアを代表するリゾート地、セブ。同じく語学学校の数も最も多い地域です。その次に学校が多いのはバギオ。日本での知名度は低いですが、フィリピンでは有名な観光地です。スパルタタイプの学校発祥の土地でもある為、歴史深いスパルタ校が数多くある学園都市でもあるんです。 大体の情報はネットに載っているけど、どちらの地域を選んだらいいか分からないという方に、今回は「セブ留学」と「バギオ留学」の特徴と違いについてまとめてみました。気候や周りの環境以外にも細かい違いがこの二つの地域にはあります。セブかバギオで地域を迷われている方の参考になればいいと思います。   ①大きな特徴 セブ バギオ アジア有数のリゾート地でありフィリピン第二の大都市。 セブ島:活気あふれセブの経済中心地。交通量が多くレストランやショッピングモールが立ち並び利便性が高い。 マクタン島:リゾートが立ち並ぶのんびりとした雰囲気。人口・交通量も比較的少ないため、リラックスできる環境あり。   地域 マニラからバスで6-7時間北上した場所にある、山に囲まれた高山都市。(バスの種類によっては約4時間ほどで移動可能。)平均気温が低い為、避暑地や観光地としてフィリピン国内では知名度が高い。 大学が多くある教育都市であるため、レベルの高い講師を採用しやすい背景もあり、講師の平均的な質が高い地域でもある。   亜熱帯気候に属し、1年を通して日本の真夏に近い暑い気温が続く。年平均気温は26~27℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 気候 標高1500mの高さにあるため、1年を通して日本の初秋のような涼しく過ごしやすい天候が続く。年平均気温は17~19℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 観光地であるため治安はかなり安定。外国人や観光客を狙ったスリ等には要注意。 治安 人口の半分が学生である教育都市でもあり、カジノや大きな歓楽街がなく治安は安定。 ・海や外出先で楽しめる環境が揃っている ・日本から直行便が出ている メリット ・勉強にしっかりと集中できる ・涼しく過ごしやすい気候 ・物価が少し高い ・娯楽や誘惑が多い デメリット ・市内に娯楽が少ない ・マニラからの長時間移動が必要(約6-7時間) 英語学習だけでなく、海外での生活も満喫したい人。自分自身をしっかりとコントロールできる人。海やシティが好きな人。 向いてるタイプ 勉強だけに集中したい人。暑いのが苦手な人。自然や田舎が好きな人。 ②留学生活 セブ バギオ 平日外出可能/平日外出禁止の学校どちらもあり。 校風 平日外出禁止の学校がメイン。 ・校内で勉強・運動 ・レストラン・カフェで気分転換 平日 校内で勉強・運動 大型ショッピングモールで買い物、ビーチリゾートでアイランドホッピング等。   週末 自然公園や隠れ家カフェ・レストランでリラックス。   ボホール島・ジンベエザメツアー等1日で行ける観光スポットあり。   […]

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』 言語の上達は、「楽器」と「スポーツ」のやり方と同様と考えます。方法は2つ、「ルール」を覚えてひたすら「練習」することに限ります。これを持続するためには、何かの「動機」が必要となります。動機とは大げさなことではなく、単純に「外人と喋りたい」、「旅をもっと楽しみたい」など、どのようなものでも構いません。もちろんTOEIC・IELTSスコアやビジネス英語力を身につけたいなど、はっきりした目標があった方が比較的上達スピードは速いですが、漠然で純粋な趣味レベルの動機が必要性を超えるケースも多くあります。  <カウンセラー佐藤> こんにちは。フィルイングリッシュ東京所属の佐藤です。 これまで合計9年ほど言語教育に携わり、様々なレベル、様々な目的を持つ言語学習者に出会えて来ました。現在も弊社東京事務所にて月70名ほど、様々な目的を持った方々の留学プラン作りをサポートしております。ほとんどの英語初心者の方は、「何を、どこから」スタートすれば良いかが分からないです。何となく始めても「持続的に」やっていけば英語力は伸びますが、持久力に限界があります。強制されなくても続けられることは、好きで、楽しい事ですよね。英語は教わるものでも勉強するものでもなく、コミュニケーションを取る道具。とりあえず、ビギナーレベルを卒業し、使えるようになったら、勝手にもっともっとやりたくなるものです。 ■ 好き嫌いで相性チェック! 学校タイプ(セミスパルタ・スパルタ)の違いは、英語力向上のための運営方式(アプローチ)の違いなので、どちらがもっと英語が伸びる訳ではありません。   好きなこと 嫌い・心配なこと おすすめタイプ ✔自分のリズム ✔オリジナル、カスタマイズ ✔強制・拘束 ✔ルール・規則が厳しい セミスパルタ ✔きっちりした体系型システム ✔ミニマム結果保証 ✔自己管理が苦手 ✔周りに流されること スパルタ ■  学校ピックアップの前提条件 ☑レベル:TOEIC400以下のビギナー ☑目標:これっと言った目標はない、なんとなく必要じゃないかと思う ☑年齢:19~30歳 ☑地域・期間:セブ・8~12週 おすすめ① Philinter:外人と英語がしゃべりたい人、現場に行こう! 日本での独学の一番つまらないところと言えば、使い道のないものを永遠と続けなければいけない事。国際色豊かな英語使用環境に身を置き、その日習った事をその日使っていきましょう。英語使用環境に加え、セブスパルタ学校のモデル的存在で教育のクオリティーには定評がある学校です。多国籍留学生、信頼度No1、2か国留学向け、4週158,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ② Cebu Blue Ocean Academy:「ザ・セブリゾート」でちょっとリッチな英語留学 日常で絶対出会えなさそうな人と話す。旅の魅力の1つではないでしょうか。海外気分を満喫し、心に余裕を持って毎日英語を学び、使っていく環境です。自分をゴールに合わせる「必要」がある方には、きつきつのスパルタ姉妹校(PINES)、英語を自分に合わせて身につけたい方には、この学校。講師優秀、施設・付帯施設優秀、大人向け141,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ③ CG:徹底的に基礎を叩き込む。校内母国語禁止で初心者でも恥ずかしくない 英語初心者の素朴な悩みの一つ、「知ってることでも口から出すのが恥ずかしい」。しかし、英語は自分の言いたい事を伝えるためであって正しく話さなきゃいけないものではないことに気づいたら、何とかコミュニケーションを取ろうとする姿勢になります。CGは、とりあえず学校の指示に従がって課されたものをクリアしていけば良い「がちがちのスパルタ学校」です。規則厳し目、学習量・課題多め、和気藹々、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る おすすめ④ CPI:全ての科目が会話中心、多くの学習選択肢を提供するのびのびスパルタ 「オール英語の授業ってついていける?」英語初心者の方の留学前の心配の1つ。CPIの授業は、文法及び読・書・聞・話全ての授業が学生のスピーキング(発話)を軸に設計されています。授業での「会話式」進行の割合が他行より多め、初心者でも安心できます。施設・食事レベル超優秀、国籍比率良い、テスト対策に繋げやすい、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る ■ ビギナー向け選定学校のまとめ 学校タイプ 学校名 定員 日本人割 人気・おすすめコース セミスパルタ Philinter 150名・中規模 40%未満 IPS(スピーキング特化)、Business 多国籍留学生、教育の信頼度トップ、便利な立地 Cebu Blue Ocean […]