Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

MONOL

復習を重視する留学プログラムを展開する大型校

バギオMONOL

フィリピンでスパルタ校として認知度が高い学校はセブのSMEAG、EV、バギオのPINES、MONOLとHELP等があります。各スパルタ学校にはいろいろなカラーがありますがMONOLの特徴は復習重視教育です。また、MONOLは2015年から、学習面ではスパルタシステムを維持しつつ、生活面では平日の外出を一部許可することで、セミスパルタに近いシステムを取り入れました。校内での英語使用(EOP)、出欠の管理、レベル向上は厳しく管理され、これらの条件がクリア出来ていない留学生は平日の外出が禁止され、その代りに自習やオプション授業への参加が義務付けられるセミスパルタシステムです。

MONOLは4週の間に10冊のテキストを消化いたします。5冊は通常の教材、そして残り5冊は復習用テキストです。 正規授業以外は朝の自由参加リスニング、夜のオプションなどがありますが、基本は義務自習です。その時間にその日ならった事を復習用テキストを用いて反復いたします。MONOLの授業ボリュームは多くありませんが、『習ったものを忘れさせない』というスタンスを徹底させています。その歯止め的な効果がその日の内の復習テキストと復習時間となります。

MONOLのカリキュラムは非常にシンプルで、授業のレパートリーがもりだくさんの他のスパルタ校より留学プログラムの選択の幅において見劣りする部分は確かにあります。ですがその分復習に力を入れ、帰国しても忘れなくなるような教育を目指しているのがこの英語スクールの良さです。MONOLの夜のオプション授業は学術系としてはTOEICスピーキング、IELTSスピーキング、ビジネス、体育系ではヨガ、フィットネストレーニング、ゴルフなどがあります。留学生の参加不参加は自由です。但し学術系のクラスに参加する場合には事前登録が必要です。

学校名 MONOL International Education Institute
住所 Purok 9, Tacay Road, Pingsao Proper, Baguio City, Philippines
設立年度 2003年
定員 350名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営プログラム ESL、TOEIC、IELTS、Business
講師 約250名
日本人スタッフ 2名
日本人の割合 25~35%未満
学校施設 校舎、宿舎、食堂および付帯施設が一体型の13階建物。自習室(24時間開放)
宿舎施設 除湿機、冷蔵庫などが備え。各部屋にシャワー室とトイレ。二部屋ごとにルータを設置し、フィリピン英語学校の中で最もWI-FIが速い方。2016年全室改装(個人空間を確保した間取り
その他の施設 パソコン室、公衆電話ブース、カンファレンスルーム、ビリヤード場、バドミントン場、卓球場、休憩室(24時まで)、ジム、バスケットボール場、ヨガ場(*女性専用ランニングマシン)、サウナ室、カフェテリア、ATM(ロビーにあります。VISA, Maestro, Cirrus, Masterカード)、洗濯機利用(ドラム式洗濯機・24時間利用可能)、保健室運営(24時間対応/看護師3人交代勤務)、ゴルフ練習場(無料ティーチング、平日の午後5~9時)

バギオMONOL留学体験談:スパルタプログラムで朝から晩まで11時間の英語勉強
2017/05/05

バギオMONOL留学体験談:スパルタプログラムで朝から晩まで11時間の英語勉強 Ryo(男性20代) コース: Regular ESL お部屋:6人部屋 期間:12週 EOPがあることでMONOLを選びました。実際にバギオに来てみるととても過ごしやすく、満足です。また、バギオは世界遺産への中継点としても立地が良く、休日も楽しむこともできます。 私はMONOLでは、Regular ESLコースを受講していました。理由は、他のコースよりも多くの授業を受けられる点と基礎をしっかり固めたいと考えたためです。MONOLでは、オプションクラス、グラマークラスも追加で受講できるので、自身に合った勉強ができる点はとても良かったと思います。悪かった点は、テキストがオリジナルなので、間違えている箇所もあるということです。 私は先生には恵まれていたと感じていて良かったです。人によっては合う、合わないがあるとは思いますが、もし自分に合わない場合には先生を変えてくれるので、自身に合う方法を選ぶことで充実した生活を送れると感じました。発音に関してはそれほど気にはなりません。 学校の規則に関しては特に意識したことはありませんでした。ペナルティも一度ももらうことはなかったです。門限にだけ注意すれば普通に楽しい生活を送れます。 私は3カ月でMONOLの施設を十分に活用していました。特によかったのは、ジムが毎日無料で使える、ランドリーや部屋の掃除があるから勉強に集中できました。私は、生活リズムをつくること、体作り、英語力の向上を主に意識して生活を送っていたので、この3カ月でしっかり基礎をかためることができたのかなと感じています。不満があるとすれば、Wi-Fiのスピードが日本に比べて遅いことです。 私は最初の1か月、勉強に集中したかったため、スパルタプログラム(平日義務自習)に参加しました。そのおかげで、MONOLでの勉強のリズムを作ると同時に英語力を伸ばすことができたと思います。基本的に朝から晩まで約11時間は勉強していました。私の場合、他の生徒に比べて英語力が不足していたため、最大限時間を作り勉強しました。3カ月目にはストレスなく英会話ができるようにはなりましたが、まだまだ細かい発音や文法に問題があるので、今後の課題に向けて、この英語学習の習慣を継続してひとつひとつクリアしていこうと思います。目的をもって勉強すれば、いい結果を必ず得ることができる、MONOLは学習に集中できる環境です。

大学生がリアルに感じたMONOL留学体験記
2017/04/01

大学生がリアルに感じたMONOL留学体験記 大学生がリアルに感じたMONOL留学体験記 この春、一カ月の間、山口大学・愛知学院・明治大学の学生さんがバギオにあるMONOL英語スクールにご留学されました。その大学生の皆さんが肌で感じたMONOL留学について語って頂きました。 お名前:WING 英語コース:ESLコース 留学期間:4週 お部屋:4人部屋 【留学を決めた理由】 最初、MONOLを知ったのは私の大学の教授の推薦があったからでした。その後、自分で調べてみると卒業された方の口コミがかなりよかったのでMONOLに決めました。その時、私が重要視したのは水がきれいであること、食べ物が美味しいこと、虫などが施設内にいないことでした。加えて、英語講師の質が良いのは、私が調べた中ではMONOLでした。 【学習カリキュラムについて】 実際、授業に参加してみるとどの授業も非常によく考えられており、充実した学習カリキュラムでした。例えば、スピーキングのクラスで学んだ表現やトピックが、次のリーディングのクラスで使われていたりすることが何度もありました。これは偶然じゃなくて、MONOLの講師陣の教材研究の賜物だと思いました。日本人にとってはリーディングが簡単すぎるかなとも思いましたが、他の国の人のレベルにもあわせているだろうからそんなには気にならなかったです。MONOL講師のほとんどの先生が素晴らしかったです。私のつたない英語を一生懸命、理解しようとしてくれて本当に感謝しています。私のスピーキングの先生は素敵な先生だったのですが、少し生徒に対して差別意識があったかもと思いました。私は差別されるようなことはなかったのですが、見ていてちょっとPittyでした…。また、私の大学とMONOL校が独自で行ったセルフスタディープログラムはすごくよかったです。面倒くさくても自習をやらないといけなかったので、きちんと宿題を終わらせることができ、夜のフリータイムは復習、予習にたくさんの時間を費やせました。 【MONOLの生活について】 MONOLのサービスについてはやはり、日本と比べてしまうと不満な点がいくつかありました。私が感じたのは3つの点です。 MONOLのランドリーサービス 月曜に洗濯物を頼むと水曜に届き、そして次の洗濯物を出せるのが金曜になります。このペースだと服がなかなか洗えません。もう少しハイペースにしてくれたら助かるなと思いました。 ジムの設備 卓球台が一台壊れやすくなっているのでいつか直ったらいいなと思います。 部屋の国籍割合 自分の部屋は多国籍だったから良かったのですが、同じ大学の学生の3+1部屋が3人全員日本人だったり、6人部屋でもトータル4人のうち、3人が日本人だというのを聞いたので、MONOLのHPに書かれていることと少し違うなと思いました。 でも、Wi-Fiは想像していたよりもスムーズに繋がったので快適でした。ここにきて、英語を使う機会がとても増えたので言いたいことが英語で言えるようになりました。しかし、マンツーマン授業を受けていると分からなくてもなんでも問い返せるため、普通の生活でも一回で聞かなくては!という意識が下がってしまった気もします。 お名前:MAHO 英語コース:ESLコース 留学期間:4週 お部屋:3+1部屋 【留学を決めた理由】 元々、留学を考えていたのですが、大学主催のカナダ・オーストラリア・イギリスの留学は40万円以上費用がかかるので迷っていました。その時に教授の紹介によりフィリピン留学を知りました。フィリピン留学が欧米の留学に比べて2分の1の価格で提供されていることは本当に驚きました。そのうえでさらに費用、総学習時間、気候、生活場所などを考慮した結果、どこをとってもMONOLに勝る英語スクールはなく、MONOLでの留学を決めました。 【学習カリキュラムについて】 学習カリキュラムの組み方はとても良いと思いました。そして、先生方についてもがやる気のある方ばかりだと思います。 しかし、たまにやる気をそぐような行動をする英語講師がいます。せっかく毎晩発音の練習をして、頑張ろうとしているのに授業中に冗談でもばかにされるのはやる気がなくなりました。それ以外は本当に良かったです。初めの方は発音を頑張っていたのに、今は授業に出るのも憂鬱になっちゃいました、ごめんなさい(笑) ルームティーチャーのメイは、毎日私たちに英語の勉強や学校生活の様々なことを教えてくれました。私の苦手とする発音の練習を夜遅くまで付き合って教えてくれました。疲れていたときも、彼女のおかげで努力を続けることができました。 リスニングの授業は途中で先生が変更して驚きましたが、MJもフェリスもとても良い先生で、私の苦手なところを徹底的に向き合って授業をしてくれました。 ライティングのケイとスピーキングのJaneはいつも褒めてくれました。何度も質問しも真摯に教えてくれました。 平日は2時間半~3時間半ほど勉強したと思います。第一週目よりも、第二週目のほうが、リスニング力があがったと思います。おかげで先生の話も理解しやすくなりました。試験は受けていないのでどれだけ変わったかはわかりませんが、日本にいたころよりは、「英語で話そう!表現しよう!!」と努力するようになりました。英語スクールの外に出てしまえばまわりはタガログ語、英語だらけなので自分たちでどうにかするしかありません。初めは戸惑ったけど、今はいろいろな表現方法がわかってよかったです。ただ物価が安いので、買い過ぎには注意してください。よく考えてから買い物しないと私みたいに買いすぎてしまいますよ。 【MONOLの生活について】 MONOLの生活は先に調べていた通り快適でとても過ごしやすかったです。でも、少し改善してほしいと思ったことがあります。 1.  MONOLのシステム 先生の評価アンケートのペースは週一回にしてほしいです。なかなか時間が取れないので白紙の提出も許可してほしいです。 2.  ランドリーサービス 朝預けることは出来ますが、私は午後1時~5時の間に授業があるのでなかなか受け取りに行くことができませんでした。 3.  部屋の設備 部屋のトイレが流れにくいです。シャワーはなれれば、平気になりました。卓球台が真っ二つになったのは驚きました。それ以外は許容範囲です。ただ、MONOLのB6~B4にトイレが一つずつしかなくて休み時間に並ぶはしんどかったです。 もちろん満足したこともあります。ランドリーの受付の人が優しく、服の種類を教えてくれました。MONOLのペナルティや門限については大学生の私たちにとっては羽目を外し過ぎない良い薬になったと思います。 お名前:TOMMY 英語コース:ESLコース 留学期間:4週 お部屋:4人部屋 【留学を決めた理由】 私の場合一番の決め手となったのは安いということです。他の国に留学した際の学費、宿泊費、生活費と比べてフィリピン留学はとても安く、お金にあまり困らないからです。他の理由としては、MONOLはマンツーマンの授業が充実していると聞いていたので英語でのトーク力を伸ばせると思いました。 【学習カリキュラムについて】 授業数は多いのですが、一コマ一コマが長すぎず、ちょうどいい時間なので散漫せず集中して受けることができます。授業の内容もそれほど難しいものではないので、抵抗感なく楽しく学ぶことができました。もちろん、時々MONOL講師の話している内容が聞き取れず、ポカーとしたときもありましたが、全体的に親切でわかりやすかったです。自分の中で一番好きだった先生はReadingの先生です。いつも授業のたびに私が話すのでなかなか進まず、少し迷惑だったかもしれないのに、いつも楽しそうに自分の話につきあってくれました。さらに、先生は日本に興味があったらしく、多くの情報交換を英語でしました。私の場合、一日におよそ3~4時間は自習をしていました。日中は基本英語で話さないとといけないので、少しはSpeaking力がついたと思いました。日本に戻っても、ときどき勉強して英語力を落とさないようにしようと思います。 【MONOLの生活について】 MONOLの生活についてはランドリーステーションに行ったとき、たまに作動したのにエラーになったり動いていなかったりすることや部屋のWi-Fiが弱すぎてSNSが使えないことは困りましたが特に問題なく快適に生活することができました。 私の留学生活は簡単にいうと平日は一日中勉強して、週末は思い切り遊ぶというものでした。週末は自由時間がたくさんあったので、その時間を利用してバギオ周辺の観光地に行って様々な経験ができました。やはり、留学に来たからには休みの日はいろいろな場所に行ってたくさん楽しむべきだと思います。学校ではたくさん話してたくさん友達を作ってください。その上で平日はしっかりと勉強するこのリズムが大切だと思います。 今度は山口大学、愛知学院大学、明治大学の学生の方々のご厚意でMONOL留学の体験談をお書きすることができました。改めまして弊社にご協力いただいたこと誠にありがとうございました。  

MONOLの学生レポーターによるレポート②
2017/01/11

MONOLの学生レポーターによるレポート② 弊社フィルイングリッシュが運営する「フィリピン留学 レポーター支援制度」に応募された、フィリピン英語スクールによる留学レポートです。 ⑤話題の6人部屋が気になる?実際に過ごしてみた感想 今回は私が生活している6人部屋について解剖したいと思います! まず、私が6人部屋をチョイスした理由について言いますと…1番の理由は「1番安いから」 安いに越したことはない!そして、デメリットが思いつかなかったからです。 多国籍で友達がいっぱいできるんじゃないかな♪とワクワクして来ました。 ただ実際生活してみると、デメリットに感じる部分も…もちろんメリットも沢山!そこでまず、デメリットからお伝えしていこうと思います。 デメリット①日本人が多い 実際、私が来た当初は私含め5人(台湾人2+日本人3)思ったより日本人多めでガックシ…でも、これ以上同国籍が増える心配はないんです!(Monolだけが提供している同国籍は部屋人数の半分までという制限があるからです。)せっかく語学を学びに日本を出たにもかかわらず、日本人だけというのは、悲しいですからね…大事。 デメリット②靴箱が足りない そして、まずドアの扉を開けると7足収納可能な靴箱があります。最初7足って沢山ある!と思いましたが、実際皆サンダル1足、靴1足は必ず持ってきています。それ以上持ってきているルームメイトもいます。なので、靴箱と玄関口は常に履物で溢れています。ドアを開けると履物がドアに持って行かれ、ぐちゃぐちゃに(汗)履くものだけ置いておきます。 デメリット③学習環境 次に、最大人数部屋で感じる事は当然ながら正直5人は苦しいという事。 1番の理由は、勉強机の配置です。ぱっと見良い感じなのですが、いざ座ってみると…勉強をする時カーブになっている机の人同士、椅子を気にしなければなりません。なので、なるべく勉強は授業と授業の間や自分の空き時間にやってしまい、夜はみんな英語でお喋りタイム! また、部屋は当然の事Wi-Fiが繋がり、家族や友達と連絡が取る事が出来ます。皆家族や友達と連絡を取ったりしています。日本人の価値観と他の国の価値観が違うのだと思いますが、結構普通に大きな声で話すルームメイトも…この様なシチュエーションを受け入れられない人は、極力人数の少ない部屋をおすすめします。 デメリット④収納スペースが高い 続いて、収納スペースですが、机の上に各自の収納スペースがあります。しかし、位置が高い気がします。6人部屋だから収納スペース確保となると、こうなる事は承知の上ですが…身長178㎝の私ですが、椅子に乗って奥の物を取る時には背伸びをしています(汗)なので、一般の可愛い女性は手が届きにくい時もあるかもしれません(汗)でも、収納スペースの多さは大満足なので、6人部屋でも物で溢れ返る事はないです。 デメリット⑤洗濯物が乾きにくい セルフで洗濯物をするルームメイトがいると、部屋に洗濯物がいっぱいで乾きにくいです。除湿器はフル稼動!(部屋に除湿器が設置されているのはMonolだけ!)除湿器がないことを想像すると恐ろしいです…除湿器に感謝(笑)なるべくランドリーサービスを利用して、自分の部屋で干す量は減らす工夫が必要です!また、屋上にも共有の物干し竿があるので、エレベーターで屋上へGo! 写真右が除湿器・左が冷蔵庫 ※共有冷蔵庫ですが、スナック菓子などを机の上に広げっぱなしにしていると、アリが沢山来るので、食べかけの食べ物は冷蔵庫に! 続いては、6人部屋にしてよかったメリットについてお話します。 メリット①シャワートイレ別 6人部屋に限らず、Monolはシャワートイレ別!日本人にとっては当たり前かもしれませんが、海外は結構一緒が多いのでとても快適です。 トイレは被ると皆無言でまだかまだかと待っています(笑) 私の部屋では、朝は洗面台が混んでいるとシャワールームの鏡を使って、髪の毛を整えたりしているルームメイトもいます。6人部屋だとなおさら別でよかった…。 メリット②ベッドの配置 私は勉強の次に大事だと感じるベッドですが、来た当初、その配置に感心しました。3段ベッドの経験は初めてで窮屈に感じるかと思いきや、とても快適です。寝ることに関しては、寝てしまえば6人いようが平気です(笑) 因みに私は3段ベッドの真ん中です。※場所の選択権はないです。来た時にベッドメイキングされているところが自分の所になります。ただ、正直どこであっても快適です!ルームメイト皆が快適に過ごしています。 メリット③ルームメイトに影響される 他の6人部屋の友達の話を聞くと様々です。ルームメイトは皆勉強熱心で、部屋で勉強しかしていないから、自然と感化されて勉強しかしていないという友達もいます。また、レベルの高い留学生があれば、勉強で分からない事を聞いたりできて、とっても助かるという声も!部屋の雰囲気は大事だと思いました。これは、6人部屋の最大の魅力だとも感じています。6人部屋を選んだ限りは、お互い切磋琢磨して、そして共に楽しもう! メリット④寝坊しない そして、朝寝坊の心配なし!朝ご飯や授業の時間は大体一緒なので、他の人の準備の音で起きると思います。なので、朝が苦手な方は6人部屋おすすめ! メリット⑤掃除が楽 部屋の掃除は申請をすると、その時間にスタッフが来てくれます。感動!…その分勉強だけに集中しなさいという事ですね(汗)掃除の際には1人は必ず部屋に待機していなければなりません。6人部屋だとルームメイトで分担すれば、自分の番は6回に1度なので、その点も楽! という感じで、以上6人部屋についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか? ここまでを踏まえて私が思う、こんな方には6人部屋がオススメ! ・とにかく留学コストを抑えたい! ・他国籍の友達を増やしたい! ・一緒に留学生活することで様々な文化や価値観を共有したい! ・神経質でなく、臨機応変に対応できる人 ※なぜなら、他のお部屋より多くの刺激を受けることができるからです。 実際に来てみると不便に感じることや気遣いももちろんありますが、ぶっちゃけると「住めば都」、1番安いことを考えたらお得!最後まで6人部屋を満喫したいと思います! ⑥フィリピン留学するならスパルタ! こんにちは!学生レポーターのKeiです。 先日、MONOLでクリスマスパーティーが催されました。素敵なクリスマスをフィリピンで迎えられました。先生たちが沢山イベントを準備してくださり、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。バギオスパルタアカデミー代表のMonolではありますが、それを忘れさせてくれるイベントも沢山あります。 Christmas Partyでは、ビンゴゲームやくじ引き、先生や留学生の素敵な歌や演奏、ダンスのプレゼント!最高でした!Graduation Party(A/B学期それぞれ4週間に1回)やPenalty Party(ペナルティで集められたお金を還元するパーティー)等色々なパーティーが定期的にあります。フィリピンのお菓子など、これでもかという程、沢山用意されて、フィリピン人はお菓子好きだな~といつも思います。私はバナナチップスが大好きです。 Christmas Partyでのパンシッ(フィリピン版焼きそば)とチキン。 前置きが少し長くなりましたが、今回の本題、MONOL校のスパルタについてご紹介します。 […]

  / 6
留学訪問記:バギオMONOLの施設と3+1人部屋を検証
2016/08/08

留学訪問記:バギオMONOLの施設と3+1人部屋を検証 バギオトップクラスの学校施設と1+3人部屋レビュー スパルタ学校がひしめくバギオ地域に名を馳せる3つの英語学校があります。スパルタ学校の大御所PINES、バギオにスパルタシステムをもたらしたHELP、そして3校中唯一のセミスパルタ学校で大型学校のMONOLです。   (MONOL校舎外観)   MONOLはもともとスパルタシステムの学校として開校しました。現在ではセミスパルタシステムを運営していますが、カリキュラムや学校ルールの随所にスパルタシステムの要素を残し、より洗練された学校運営をしています。   みなさんこんにちは、フィルイングリッシュの名取です。 2016年7月14日、フィルイングリッシュ日本人、中国人、ベトナム人スタッフがMONOLに定期訪問いたしました。   MONOLの最大の特徴は、その細部まで管理された学校システムです。オフィスには細分化された部署が並んでいます。IELTSやビジネス英語のコースの運営をする部署、学校施設の管理をする部署、学生の生活をサポートする部署など様々です。   (細分化された部署)   カリキュラム面も徹底的に管理されており、MONOLで使われるテキストは全て、学校独自で作り上げたオリジナルのものです。 テキストには授業用と復習用があり、ともに1タームですべて勉強し終えられるように作られています。授業ではその時間に学ぶ内容と量が決められており、講師によって授業の質に差が生まれないようしてあります。また、復習する内容も学校側が管理することで、学生の学習進度を調整し、みんなが同じスピードで英語を学べるように工夫されています。ゆえにMONOLのカリキュラムは“復習型”と呼ばれています。授業のボリュームは他校より劣ってしまう部分がありますが、一度習ったことは確実に身に付ける授業を行っています。   (MONOLオリジナルのテキスト)   また、MONOLはセミスパルタ学校ではありますが、平日の門限は21時までとなり、夜間のオプションクラスを受講すると外出はほぼできません。実際に多くの学生は外出せず、オプションクラスを受講したり、学内の施設を利用したりして過ごしています。ゆえに、ほとんどスパルタ校ともいわれることがあります。   (定期模擬試験の様子)   今回は、MONOLの学校施設と3+1人部屋について伺いました。 進化し続けるバギオトップクラスの学校施設 長い留学期間、休みなく勉強していると、どうしても息切れをしてしまいます。英語の勉強だけに集中したいという方でも、たまにはストレスを発散させなければ、勉強の効率が下がってしまうこともあり得ます。MONOLでは学生たちにキャンパス内でもストレスを発散し、快適に過ごしてもらえるよう、施設の充実にも注力しています。   夜のオプションクラスではスポーツクラスも開講され、ヨガやピラティス、ゴルフ、ジムでは無料でトレーナーやコーチのレッスンを受けることができます。   (ジムとゴルフの打ちっぱなし場)   他にも、卓球台やダーツスタンド、バスケットコートにサウナなども使うことができます。また、つい先日バーベキュー場と温室が新しく設置されました。バーベキューは誕生日パーティーなどで月に2,3回行われています。MONOLの学生とスタッフ専用ですので周りを気にすることなくバーベキューを楽しめます。温室では試験的ですが野菜が育てられています。将来MONOL産の野菜が食事に出ることがあるかもしれません。  (バーベキュー場と卓球台)    さらに、最近ではサービス面にも力を入れています。   食事には毎日3食必ずサラダバーが提供されます。他校でも野菜が全く提供されないわけではありませんが、生の野菜がこれほどの種類提供されるのはMONOLだけでしょう。おかずの種類も多く、2種類以上のスープも提供されます。毎日の食事ですから、この点でも学生に満足してもらえるようにしています。セブにフィリピンで1番食事の豪華な英語学校がありますが、その次にランクインするほど豪華な食事だと感じました。運動とバランスの取れた食事で留学中でも健康的に過ごすことができます。   (バランスの取れた豪華な食事) 24時間英語漬け。フィリピン講師と過ごす3+1人部屋 MONOLの特徴的な部屋タイプに3+1人部屋があります。 4人部屋にフィリピン人講師1人と学生3人が一緒に住むことのできる、特別な部屋タイプです。授業が終わった後も先生と一緒に過ごすことによって、寮内でも自然と英語を使う機会を増やすことができます。学生同士だとお互いに知っている知識でしか英語での会話ができませんが、先生がいれば知らなかった表現や授業では教わらない日常的な英会話を教えてもらうことができます。また、この部屋タイプだけの特別特典として、一緒に住んでいる先生の特別クラスを受けることができます。   (3+1人部屋での特別クラス)   授業内容は自由です。フリートーキングだったり、テーマを決めてディスカッションを行うなど様々です。希望があればその内容で授業を行うこともできます。普段の授業とは違い、ルームメイトと楽しみながら英語の勉強ができ、24時間英語漬けの環境にできるので、学生の満足度も高く、人気のある部屋タイプです。 最後に MONOLはESL(一般英語)だけでなく、TOEICやIELTS、ビジネス英語にも定評があります。MONOLの講師はまず、最も基本的なマンツーマンのリーディング、リスニングのトレーニングを受け、クラスを受け持ちます。ほかの科目は教えません。その後、スピーキング、ライティング、発音など段階的にトレーニングを行い、教えられる科目を増やしていきます。つまり、その科目の教壇に立ってもよいと認められなければ、授業を持つことができないという事です。   またMONOLの講師は全員が正社員です。英語学校の中には繁忙期に臨時の講師を増やす学校がありますが、MONOLではそのようなことはしません。そのため、講師全員が体系的なトレーニングを受けることができ、また、在籍年数が長い講師が多いのです。 訪問時(7月14日)の学生国籍比率は、日本20%、台湾30%、韓国20%、中国15%、その他5%(タイ、モンゴル、サウジアラビア、イエメン)からの学生です。  

留学プログラム解剖:バギオMONOLのIELTSコース
2016/04/23

留学プログラム解剖:バギオMONOLのIELTSコース 近年IELTSフィリピン留学の人気はうなぎのぼりで、フィルイングリッシュへのお問い合わせもその件数でTOEICを上回るようになりました。 日本で特に注目されるようになったのは2年くらい前。海外での需要が一気に高まった時期と重なります。 試験のための英語勉強ではなく、試験対策=英語力アップという実用性が高い部分で英語基準検定としての高い評価を受けてきましたが、フィリピン留学業界が本格的にIELTSに取り組み始めだしたのはここ2~3年の事です。世界のIELTS需要普及の伸び率と連動いたします。 このような状況の中でIELTSの可能性にいち早く気づき、ブーム以前から準備対応してきた殊勝な学校がフィリピンにいくつかあります。 CNSII(IELTS専門学校創業10年)、SMEAGクラシック(IELTSコース設立9年)、そして本文で紹介するMONOL(IELTSコース設立8年)です。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。本日はIELTS最古参のひとつMONOLのIELTSコースを解剖いたします。(訪問日2016年4月14日) Intro to IELTS, IELTS Proper, IELTS保証コース 必修授業 グループ授業(2~5名) Reading Lecture (1時間) Listening Lecture (1時間) Speaking Lecture (1時間) Writing Task 1 Lecture (1時間) Writing Task 2 Lecture (1時間) 選択授業 マンツーマン授業 *Elective Practice (1時間) *Elective Practice (1時間) *Elective Practice (1時間) ・MONOLのIELTS留学プログラムはマンツーマン授業3時間とグループ授業5時間です。Intro to IELTS(入門コース), IELTS Proper(一般), IELTS保証コースとも科目構成はすべて同じです。 ・グループ授業はIELTSの全4セクションすべてをカバーいたします。 ・ライティング部門はTASK1とTASK2二つのテーマがありますので、グループ授業で1時間ずつに振り分けられます。 ・グループ授業の定員は2名から5名まで。グループ授業の平均参加数は2名~3名です。 ・マンツーマン授業3時間は在学留学生の自由選択です。留学生はIELTS学習で特にマンツーマン授業の効果が高いスピーキングとライティング科目を選択する傾向にあります。 […]

留学プログラム解剖:バギオMONOLのESLコース
2015/05/07

留学プログラム解剖:バギオMONOLのESLコース バギオMONOL語学学校のGeneral ESL英語授業体験レビュー こんにちは、フィルイングリッシュ麻生です。今回、復習を重視するバギオのセミスパルタ英語学校MONOLを訪問し、「授業を解剖する」目的で実際に授業を体験してきました。どんな授業が行われているのか、気になっている方々への参考になれば幸いです。どうぞご覧ください。 ※ESL(English as a Second Language)とは、英語を母国語としない人に対する第2言語としての英語教育のことを言います。 General ESLコース概要 *英語スクールMONOLのGeneral ESLコースはEssential ESL、Foundational ESL、Intensive Speakingコースで区切られております。今回の記事の内容はマンツーマン授業3時間+小グループ授業4時間+オプション授業3時間30分(夜間クラス2時間+モーニングクラス30分)で構成されているEssential ESLおよびFoundational ESLの解剖シリーズとなります。本記事では以後まとめてGeneral ESLとしてご紹介させて頂きます。   ■コース説明 ○ General ESL のタイプ:全部で3段階。 大きくは「Foundational ESL」と「Essential ESL」の2段階に分かれており、その中で Foundational ESLは初級、Essential ESLは初級・中級・上級と5段階に分けられています。(初日にレベルテストが実施されます。) ○ 科目数:マンツーマン授業3時間、グループ授業4時間、モーニングクラス30分、夜間クラス2時間まで選択可 ○ テキスト: 1授業につき、授業用教科書1冊・復習用教科書1冊の計2冊。4週間で終了するようになっています。 ■コース詳細 コース名 A)マンツーマンクラス B)グループ(1:4)クラス C)モーニングクラス D)夜間クラス General ESL 3クラス 4クラス 1クラス(30分) ※選択制 A) マンツーマンクラス:Listening(2時間)、Readingの2教科 (+有料で追加授業Discussionの1教科。) B) グループクラス:Writing、Speaking(2時間)、Pronunciationの3教科(先生1人対生徒4人) C) モーニングクラス:朝の30分間のみ。ダイニング・ホールで行われ、熟語や発音といった授業を行います。(隔週)多人数参加型で実施されます。申込制。 D) […]

  / 2
・バギオ留学のプレミアム校MONOL校長を突撃インタビュー
2017/06/10

バギオ留学のプレミアム校MONOL校長を突撃インタビュー この記事は2017年5月26日に作成されました。 こんにちは。フィルイングリッシュ留学相談デスクの高橋です。 この度はバギオ留学の人気校MONOLの校長先生であるMr.Choiにインタビューする機会に恵まれました!質問や回答が長くなったので、特徴をまとめる形でまとめました。 バギオMONOLでの英語学習 ESL, IELTS専門校MONOL MONOLの大部分の留学生はESL(一般英語、一般英会話)もしくはIELTSコースを受講しています。 ESLコースは全体の約60%, IELTSコースは約30%、多い時は40%もいます。最初はESLコースで入学し、現地でIELTSコースに変更する留学生もいますし、20週以上の長期留学の場合ESL 12週 +  IELTS 8週もしくは12週のプランで入学される方もいます。 特に IELTSは授業を効率よく進めるために、小グループ授業は必ず必要です。グループ授業の国籍比率は、日本、韓国、ベトナム、中国など異国の留学生が一緒になるように組まなければなりません。授業内容に加え自然と英語での討論、議論に慣れていきますので、留学生にとっても効果が大きいのです。 一方、TOEIC, Businessコースの留学生は全体の少数派です。レベル別に小グループを組むことが難しいため、マンツーマン授業のみ7コマで時間割を組んでいます。勿論担当の英語講師はちゃんといるので安心してください(笑) ESLコースで、2週間~4週間の短期留学の場合、マンツーマン授業だけの時間割を希望することも可能です。ただし、留学お申込みの際に必ずその旨をお伝えいただかなくてはなりません。追加費用は2週で100ドル、4週で200ドルになります。 △小グループ授業の様子。定員は3〜4人。グループ授業はマンツーマン授業では得られない留学生同士の英語交流の場であり、英語力向上に大きな役割を果たしているとMONOLは考えています。 マンツーマン+小グループのバランスを重視するMONOL MONOLのESL, IELTSコースではマンツーマン授業3コマ、小グループ4~5コマで進行されます。 英語力向上のためには複数人数での会話やinteraction(相互コミュニケーション)が必ず必要となります。一方、スピーキング練習のように、マンツーマン授業を使って学生が発する量を多くすることが望ましい領域もあります。 MONOLは、リスニング、ディスカッション、IELTSスピーキング、IELTSリーディングなど多くのー科目を、長年の研究に基づいて最も適切なクラスの形で提供するようにしています。マンツーマン授業は1日3時間、小グループ授業は他校よりはやや多い方ですが、1日4~5時間、その他無料オプションクラスで8名以上の大グループ授業を提供しています。 8名以上の大講義は全てオプションクラスで開催されています。 マンツーマン授業の量は他校に比べやや少ないので、マンツーマン授業多めの語学学校を希望されている方には少し不満かもしれません。しかし、実際にMONOLで勉強を始めた留学生からは、現地でマンツーマン授業のコマ数が少ないことは全く問題ないと口をそろえて言います。MONOLはマンツーマン授業と小グループ授業を上手く組み合わせた授業運営をしているからです。 歴史とノウハウが集約されたMONOLのオリジナル教材 MONOLのESL, IELTS, TOEIC等全てのコースで使われている全教材は、MONOLの研究チームが作ったオリジナルのものを使用しています。完成するまでに5年という歳月がかかり、現在でも毎年改訂され続けています。 留学生はMONOLに入学すると授業用5冊、宿題用に5冊、総10冊を4週間で消化することになります。英語学習計画に沿って、毎日割り当てられた教材と進度で授業が進み、授業で習った内容を必ず宿題で復習できるようにカリキュラムが組まれています。放課後の過ごし方は自由ですが、勉強量は決して少ない方ではありません。ESLで約2~3時間は復習が出来るようにデザインされています。 体系的な教材に沿った英語授業、学んだ内容を直ぐに宿題に出す「復習型MONOL」。フィリピンの中でも、しっかりと英語力全般を伸ばしたい方や自分で勉強の仕方が分からない方、基礎をしっかりとつけられる語学学校をお探しの英語初心者にお勧めしたいです。 復習中心のMONOLですが、放課後宿題が嫌な方にはIntensive Speakingコースがおすすめです。なんと放課後は宿題がありません(笑) △MONOLの教材倉庫の中。Essential ESLコースのSpeaking教材。   MONOLの英語講師について ご存知かもしれませんが、セブ島エリアでは6〜7年前から、バギオエリアでは2年前から英語講師の離職率が急激に高くなりました。実力のある英語講師が引き抜かれ語学学校を転々としているからです。しかし、フィリピン有名大学、大学生が多いバギオでは、英語が上手く優秀な講師を採用しやすいというメリットがあります。またMONOLではトレーニング部門部署を別途運営、人事評価などの権限を与え英語講師の質を高めています。 現時点のMONOLで働いている英語講師の指導歴は、5〜6年の方が約35%、2〜3年の方が50%程、1年〜新入の方が15%程度。授業を受け持って半年に満たない新人の英語講師には、随時授業の進め方や指導法をチェックし、トレーニングを受けさせています。 特にMONOLでIELTS、Businessコースを受け持つ英語講師は、非常に専門的な知識と指導力が必要になるため、全員ベテラン講師が担当しています。講師に対する待遇も良いため、ゆくゆくはIELTS、Businessコース担当を目指す新人講師も多いです。 バギオMONOLの放課後について MONOLのスペシャルクラスって何? MONOLではオプションクラスのことをスペシャルクラスと呼んでいます。正規授業ではない自由参加の英語授業で、たいてい8~12名以上のグループで行われます。授業内容は発音、イディオム、文法など。英語初級者には出来るだけ出席するよう促しています。特に夜間のスペシャルクラスはIELTSスピーキング、TOEICスピーキング、ジョブインタービューなど、どのコースの留学生にも対応できるよう幅広い英語科目を準備。英語科目の種類はかなり充実しており、8週ごとに少しずつ変更、アップグレードしています。。 基本的にスペシャルクラスは強制参加ではありません。留学生が自主的に自分の好きな英語授業に参加できます。放課後はバギオ市内に外出する人もいますし、MONOL校内に残りスペシャルクラスに参加する人もいます。 多様なスポーツアクティビティといえばMONOL 適度な運動、体調の管理は英語留学に必須と考えます。 ご存知かもしれませんが、フィリピンでここまで運動できる施設を持つ語学学校は珍しいです。MONOLのジムは深夜まで空いているので好きな時間に自由に利用できますし、女性留学生のために別途でランニングマシーン等の運動器具をヨガルームに置いています。運動後にサウナに入りたいという意見があったので、男女別のサウナも完備しています。 MONOL留学生は放課後毎日、専門の講師の指導の下、ゴルフ、ヨガ、ピラティス、ボクシングなど様々な運動クラスに参加することが出来ます。もちろんジムでランニングマシーンやダンベルを使って自主筋トレをしても問題ありません。運動クラスや施設利用は全て無料です。 △掲示板に張られているMONOLの放課後運動クラスのスケジュール。午後5時から9時まで、ゴルフ、ヨガ、ピラティス、ボクシングなどの運動クラスに自由参加できます。 セブ島や他地域に比べると、バギオ地域の語学学校では週末アクティビティの定期開催はしていないところが多いです。しかしバギオMONOLでは2週間に1回は週末アクティビティを開催し、留学生に英語学習以外にフィリピンで色々なことを吸収してもらえる機会を提供しています。アクティビティ活動の内容は、旅行やボランティア。自由参加で、内容によっては有料になることもあります。MONOL専用のバスがあるので、遠出するときも気楽に移動できます。 ワーキングホリデー準備はMONOLサービスクラスで 最近は欧米圏への留学やワーキングホリデーの前に数か月フィリピン留学をされる方が増えてきています。特にワーホリを準備する留学生の多くは英語初心者で、フィリピン留学を通して英語基礎をしっかり固めて英会話力をつけるか、求職のためIELTSのスコアを目指しています。 MONOLにはフィリピン留学後にワーキングホリデーを控えた留学生が多く、そのための特別プログラムを提供しています。正規授業、スペシャル授業の他にワーキングホリデープログラムを運営しており、担当の英語講師が履歴書や自己紹介文の作成、英語面接の練習、その他ワーキングホリデーに向けたアドバイスやカウンセリングを行います。留学生は添削指導やカウンセリングを自分の空き時間に参加することが出来ます。 […]

  / 1
バギオ留学MONOL*IELTSコースについて③
2017/06/13

バギオ留学MONOL*IELTSコースについて③

Hello!! フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです。 先週末…まさかのダウンで金曜日末のテストも受けれず、ずっと寝てばかりの週末を過ごして居ました。さて、オフィシャルテストも申し込みできなかったので、わたしは帰国した月の29日に日本で受けることにしました!!それまでに本気でreading とwriting を伸ばさないとwww そして、本日月曜日は祝日で語学学校はお休みだったので、火曜日からのスタートになります。恐ろしいぐらい月日が経つのって早いですよね。私もなんや言って、ついに来ました!!ラストターム!!!恐ろしいですwww テストについてはだいぶ分かってきましたがなかなか、strategy の全攻略までできていません。むしろ30%ぐらい…残りのラストタームは少し授業を変更いたしました。

では今回はまた、MONOL英語スクールのIELTSコースについて。

前回も紹介いたしましたが… IELTS コースは3マンツーマンクラスと5グループクラスの構成になっています。 この授業にマンツーマンの授業を増やすときは5000pesoで1ヶ月追加できます! 私が行ったのはreading のグループクラスをマンツーマンクラスに変えました。この変更は2500pesoでできます。 なので、

マンツーマン(writing TASK1&2, speaking, reading)

グループクラス(writing Task1&2, listening, speaking)

になります。 最後なので自分の弱いリーディングをマンツーマンに変えてみました。実はこの増やせるやり方、聞くまで知らなかったんですよね〜。 ちなみに、聞いたところでは、プロナウンスが弱い留学生さんはオプションでプロナウンスの授業をマンツーマンでとってるとか…結構相談してみると自分の弱いところに特化してやってくれるみたいです(←additional feeかかりますが…笑)     ←毎回このようにtimetablesが張り出されます。私のラストタームの先生も本日発表されていました。まさかの最初のときにspeakingで次にreading もってもらった先生がwriting になりました。もはや、すごい確率でしかないと思います。一度も当たらなかった先生がたくさんいる中で全てのタームでもってもらうなんて…笑 さて、切り替えてラストタームは本当に悔いのないように集中きらさないように、頑張って行きたいとおもいます!!!  

【スポーツ】

      ←今日は朝の8時に集合して、みんなでバスケをやりました!!朝から汗を流すのは本当に気持ちいいですし、ちゃんと朝に起きれるので、午後を有意義に過ごせる!という利点があります。ただ疲れて昼寝するのがオチなのですが…笑 いつも男子たちのバスケにルームメイトのミオと混じってplayしてるのですが、彼女、本当に上手いんです。彼女がいるからわたしもここのバスケ会に参加できていると思う… スポーツは本当にnationality 関係なく楽しめるので友達作りにすごいいい機会かと思われます!!!

【お別れ】

そろそろわたしたちのバッチメイトもお別れの時期になってきました…わたしの1番仲良かった友達も先週土曜に帰国してしまいました。すごく寂しかったですが、ここMONOLで会う留学生たちはみんな帰国しても会える距離だと思うのでkeep in touchして、いつか会えたらいいな〜とおもいます。たまに辞められる先生もいるのですが…本当に先生も寂しいです。     ←わたしのwriting  task2のマンツーマンの先生!この先生は本当に日本人のことよく分かってくれていて、わたしの精神面の悩みまで沢山聞いてくださいました!あと2週間いるか居ないか、、、でも先生が変わるので最後にパシャりと…いつも、背中を押してくれしときには本当に刺さる言葉を言ってくれる…嘘つかれてあげられるより、そっちの方が信用できたので、すごくセカンドタームでは頼ってました。まだまだみてもらいたかったのですが…わたしももう少し頑張って英語を勉強します!!先生にいい報告ができるように!!!!!   フィリピン留学MONOL学生レポーターKANAでした。
バギオ留学MONOL*ビザトリップとおすすめのBAR
2017/06/07

バギオ留学MONOL*ビザトリップとおすすめのBAR

Hello!! フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです! 明日からまた学校が始まります〜〜土日本当にゆっくり過ごせました!!! また切り替えて勉強集中していきたいとおもいます〜〜!!!そして耳寄り情報なのですが、今週末に台湾人新入生が100人来るとか…来ないとか…確実ではないのですが。数に驚いています。笑

さて、本日は週末に訪れたRedlion(Bar)とビザトリップについて~

【娯楽04

タクシーでだいたい20分ぐらいでいける24時間営業のバー!《red lion》は日本食レストランの山下ラーメンと併設されているため、中で注文ができちゃうんです!!!テンションがあがって3人で1人1杯ラーメンを注文し、あとはフィリピン料理のシシグ!とポテトフライ!もちろんRed horseのビールも! わたしのラーメンは塩をオーダーしたのですが、久々に日本の味を感じました!普通にラーメンだった!!!あとは味噌と醤油を友達は頼んでいたのですが、全て美味しかったです!あと、衝撃的に美味しかったのが、シシグ!!これは美味しすぎる!!ニンニクとお肉とタマネギと… 好きなものが勢揃いwww ビールのつまみに100%合うんです!!
←シシグとラーメン。ここのシシグを食べに絶対また来るんだろうなと思っております。ちなみに今回一緒に行ったこのメンバーは全て日本人のバッチメイトです!!私の仲良い友達です!この2人が居なければ、頑張れなかったかも…と言っても過言でないぐらい…頼りまくっています。笑 でも、右側の彼女は来週帰国してしまうのです。寂しいですが、同じナショナリティなので、また会えることを願って…いや、絶対会います!! 残りの日々を大事に過ごします!笑

visa trip

Monol英語スクールでは、最初に到着したときに2ヶ月分のVISAを支払うのですが、3ヶ月以上いる留学生は1ヶ月目の終わりにえ延長するから旅行に行くか決めます!なぜなら1ヶ月延長するのに6200pesoかかるのですが、だいたいそのお金で台湾あたりは行けちゃうんです!!一度フィリピンから出て帰ってくると、また1ヶ月はVISAなしで滞在できるので旅行にいく留学生もたくさんいます。 ちなみに写真の彼も今週の木曜日から来週の月曜日までマカオに友達に会いに行くと行っていました!こういうときは休みをとることができるらしいです!!私はVISAを延長したので、Monolに残る組です。 実は来週の月曜日は祝日なので3日間の連休で旅行にいけるなと計画をたてていたのですが、オフィシャルテストも近いので外出控えることにしました!!タームAのともだちはvisaトリップでマレーシアに野生のチンパンジーを見に行ってたりしていました!!ここ、モノールで仲良くなった他国の留学生と旅行にいけるいいチャンスだとおもいます。私もIELTS のコースでなければ、絶対行っていただろう…笑 日本に帰ると、海外に出るタイミングが難しいので、留学中に海外から海外旅行にいくのは気持ち的にいい気がします!
フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAでした。
バギオ留学MONOL*ルームメイトと今後の授業
2017/06/05

バギオ留学MONOL*ルームメイトと今後の授業

Hello!! フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです! ここ1週間で晴れの日が2日もありました!!久々に天気がよかったので、やっとバスケをすることができました!!!  体を動かすと本当に気持ちもスッキリします。こけて青アザもたくさんつくりました。現在24歳にして青アザだらけの膝です。(笑) それはそうと、私たちの部屋のトイレが壊れてしまったため、なんと3人部屋の部屋で生活しております!!!本当に快適で、ベットも寝やすいし、広いし、、、全てが6人部屋よりまさっております。笑

本日は、私のルームメイトと今後のクラスについて

←みんなくつろぎタイムです。笑 机もイス同士があたることなく快適に勉強ができます!!!ただすごくくつろげるため、少しlazyになってきている気がします。笑 ですが、ここの部屋のシャワーが水しか出ないためすごく困っております。それ以外は全て完璧です!笑

【ルームメイト】

私の部屋には同い年の日本人の女の子が1人と韓国人のnew student の子がいるんですが、今日は日本人の女の子の紹介〜〜!!彼女は日本で5年間美容師として働いていて、海外でも美容師として働く夢を抱えてフィリピンで英語の勉強をしているのですが、最近、MONOL英語スクールの美容師としても活躍しています。笑  ハサミが専用のハサミじゃないという理由でお金を一切貰わないんです…なんていい子…今日も3人既にカットしてたので最後の人だけ私も立ち会いました!!!!
←いつもこんな感じでカットしています。合計で25人ぐらい切ったと言っておりました。だいたい1時間ぐらいで仕上げてくれます!ちょっとしたmonolのヘアサロンです。彼女はあと3週間の滞在なのですが、もう予約でいっぱいだとか…笑 わたしも帰る前に切ってもらいたかったです。十分短いんですけどね!笑

IELTS PLACTICE

1ヶ月のレクチャーが終わり、プラクティスも3週間がすぎました。今マンツーマンではWRITING TASK1•2とSPEAKING をとっているのですが、つぎのタームでどの授業をグループとマンツーマンでとるか今決めないといけないのです。完全にわたしが弱いのはReading なのでリーディングをマンツーマンでとるかすごく迷っております。リーディングだとself study でできることを配慮すると、やはりライティングとスピーキングにするべきなのか…と悩んでおります。一応明日までに決めてマネージャーにしないといけないのですが、ものすごく迷っております。わたしも残すところあと5週間になってしまい、少し慌てています。リーディングができないのはボキャブラリーのなさなので、すこしボキャブラリーを集中して覚えていこうと考えております。そんな急にボキャブラリーが増える訳ではないので、やはりスピーキングとライティングをマンツーマンするべきなのか!!また、同時にクラス替え、先生も変わります。今のスピーキングの先生は前にも紹介したジェニファーなんですが、私は彼女のおかげで、スキルが上がった気がしています。今の全ての教科が完璧なのでこのままがいいなと思いつつ…笑 とりあえず2ターム目のラストの週!集中していきたいとおもいます!!
←ちなみに、モノールのMONOLテストのスコア基準です。リスニングとリーディングはこの表に従ってスコアが出ます!ちなみにオフィシャルよりも厳し目につけているとか…なので本番は0.5から1.0アップすることも多々あるみたいです。6.0をmonolで取り続けることができたら本番も言うことなし!ということですね!!!
フィリピン留学MONOL学生レポーターKANAでした。
バギオ留学MONOL*フィリピンフードとビール
2017/05/31

バギオ留学MONOL*フィリピンフードとビール

Hello!! フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです! そして、週末、いつもよりお出かけしすぎて風邪ひいてしまいました。Again…..フィリピンきてまだ1ヶ月と半年なのに…すでに2回目wwww 体調管理はしっかりといたしましょう!笑笑 でないと、鼻水のせいで授業集中できないとか…ここ週末でトイレットペーパー3つ分、鼻かんで消費しました。笑
Speakingの授業でストリートフードのトピックがあり、話し合いをしてから

皆でフィリピンのストリートフードを食べに行こう!!!ということになり、先生含めて昨日行ってきました!!!

【ストリートフード】

ストリートフードといっても、ナイトマーケットとかで食べれるような感じの食べ物ではないのですが、クラスメイトの1人が前にホールチキン(フィリピンのトラディショナルフード)を食べた!!ということを聞き、みんなでトライしに行きました!! 不運にも大雨の中、フィリピン人先生と待ち合わせてバギオシティまで!!!クラスメイトはわたし含めて3人とも留学生の日本人です!!先生と息子さんもきてくれました〜〜!フィリピンの子供達…ほんとに可愛いです…目がクリクリで、アイラッシュがすごく長くて…会ってすぐハグしてくれました!笑 屋台のようなとこなのですが、お酒を持ち込んでもいいとお店の許可を得れたので近くのセブンイレブンでビールを購入し、お店で飲みました!本当は許されていないとか…笑
←この量で2羽。実際は3羽食べました。左の1番奥がteacher ジェニファー

【オススメの先生】

私たちのスピーキングの先生です!!!そして、わたしが受けたIELTS の先生の中ベスト3に入るぐらい素敵な先生です!スピーキングのグールプ授業をもってもらってるのですが、教科書通りに進んでるのに、一度も退屈な授業だと感じたことがないし、何よりも楽しい…そして、発音もハッキリしているので100%聞き取れるんです!スピーキングがすごく苦手だったのですが、今じゃ1番楽しみの授業です!!!次のタームも是非もってもらいたい!!!ずっと先生に伝えてます。常にポジティブで、何を言おうとしているのか全て理解しようとしてくれます。みなさんにも一度も体験してもらいたいです!笑 すごくオススメ!!!

【フィリピンビール】

右のRed Horseはフィリピンのビールです!ちなみにアルコール度数が7%と高めです!!飲みすぎると頭痛くなります。(体験済み)笑 どこのお店にも置いてあるとおもいます!!1リットルのビール瓶もあります!!笑 だいたいスモールで60pesoぐらい…ちなみに学校の前のコリアンレストランでこのビール飲むと50pesoで飲めます!! お土産で持って帰りたいほど好きではないですが、不味くはないです笑 来た当初はお酒飲むことをやめていたのですが、やはり長くは持たなく1週間で断念www 金土しか飲めないし、ここの生活の一つの楽しみになっています!笑 ワインの美味しいお店を次は探したいとおもいます〜〜!笑

new roommates

新たにまた2人のルームメイトさんが来られました〜〜! 合計で今5人いる状態です!!!日本人3人➕中国人1人➕韓国人1人です。 やっとnationality がミックスされました〜〜!まさかのIELTSの子たちが2人も!私も含めると3人ですね〜〜!!これからが楽しみになってきました〜〜!!また新しい日々の始まり〜〜!!
フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAでした!
バギオ留学MONOL*クリニックと施設について
2017/05/30

バギオ留学MONOL*クリニックと施設について

Hello!!!! フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです! 今日は尋常じゃない量の雨が降り、雷がなっていました。ナイトマーケットに行く予定だったのですが、天気のせいで行けなく、バスケットボールを外でやるはずだったのですが、雨のせいでできなくて…ひたすら寝る土曜日を過ごしてしまいました。(笑) 前の日にルームメイトの1人がサヨナラだったので、MONOL前のコリアンレストランでサヨナラ会と言う名の飲み会の疲れをひたすら寝て癒した。と言う感じです。
←大好きなルームメイトがまた1人帰ってしまいました。 そして、本日!new roommate が来られました〜〜!!まさかの日本人! これで私の部屋は現在100%日本人です!笑 また、日曜日の朝方に2人留学生が来られるみたいです!ワクワクしてます〜〜! 新しいルームメイトの子はなんとMONOL留学 2回目!!ということで、全て慣れていました!!部屋も全く同じ場所だとか…笑 前回はgeneral Englishだったらみたいで、今回はIELTS のテスト勉強をしにこられたみたいです!しかも、なんと!20歳!!!若いのにしっかりしてて、中国語もペラペラなんだとか……私も教えてもらいたい。笑

本日はMONOL英語スクールのクリニックと施設について。

クリニック】

MONOLのクリニックは先生、留学生関係なく誰でも訪れることができます!なんてったってクリニックの人たち2人が交替勤務で働いているのですが、2人とも優しくて親切で綺麗なんです!!笑 私はフィリピンきてすぐに水やら空気やらが合わなくてアレルギー発症したときも薬塗ってもらったり、ウォーターサーバーのお湯が意外にも熱くて火傷したときも、風邪ひいてしまったときも…かなり利用させていただいてます。日本から持ってきた風邪薬飲んでも。やっぱりこっちで、ひいた風邪はこっちの薬の方が合う気がするんですよね〜〜。時間も朝から夜12時まで空いてるんで、とても通いやすいんです!ただ土日は在住されていないのですが…本当に助かっています。あとはビタミン剤を何回かもらいました!! ご飯がオイルっぽいので、ニキビがすごく発症するんです…。。これは来てからずっと悩んでいることです。笑 ただニキビの薬はここにはないと言われました。

【娯楽03

以前にもご紹介した通り!MONOLは施設が充実しております!!! バスケットボールができる立派なコートや、12時まで空いてるジム等… 最近私自身も宿題に追われつつもなんとか自分の時間を作れるようになりました!そして、最近はまっているのが、コレ!!
←ゴルフです!この写真はルームメイトだったフェイなんですが…彼女はめちゃくちゃ上手でした!わたしは初めてだったので、フェイに教えてもらいつつ打っております。日々英語の勉強ばっかりで、ゴルフは本当にスカッとすることができるのですごくオススメです!私はゴルフの授業をとる時間(5:00-7:00p.m.)がないので、勝手に夜行って打ったりしています。笑 先生にもお会いしましたが、イケメンです!! (自分でも認識されていました。笑) うちすぎると手の皮がめくれます。わたしもめくれました!既に…ゴルフのグローブが必要になってきます!ゴルフの先生から500pesoで買えるみたいなのですが、まだ趣味にもなっていないのでもうちょっと完全にハマりだしてから購入する予定です!笑 ストレスを感じたら打ちに行こうとおもいます!! 次こそ先生とのショットをあげたいとおもいます!!!!!
←仲良すぎたルームメイトでした!2人とも帰国して寂しいけど、keep in touchしていけたらな!と思っております。
フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAでした。
バギオ留学MONOL*学校のごはんとカフェ
2017/05/24

バギオ留学MONOL*学校のごはんとカフェ

Hello!! フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです。 やっと蛾が減ってきた気がします…というのも、ここ2週間私たちの語学学校は、部屋で大量の蛾に侵略されていました。笑 2週間ぐらいずっと飛び回っていて、何度も部屋に入ってきて困りましたが、ようやく減ってきた気がします。大きさは500円玉ぐらいか、もう少し大きいか…虫が大の苦手な私にとったら蛾も天敵です。この前なんて部屋で英語の勉強をしていると拳ぐらいの大きさのクモが現われ…ルームメイト全員巻き込んで、さらに管理人さん巻き込んで退治いたしました…笑笑 その2日後、マンツーマンの教室でまた拳ぐらいの大きさのクモが現われ……本当に恐ろしかったです。やはり、フィリピンなので、虫は日本より多い気がします。ニュージーランドよりも、多い気がします。笑 先生曰くゴキブリを食べてくれるからクモはありがたい!ということらしいです。どちらも私にとったら恐ろしいものでしかないのですが…。 さて。

本日はMONOL英語スクールのご飯と先日行ったカフェをご紹介します〜

【学校ブュッフェ】

←生野菜、茄子の天ぷら、お肉の甘辛煮、手前がピリ辛お味噌汁 最近MONOLのご飯のクォリティが上がってる気がします! いや、かなりあがっています!笑。 以前は本当に唐揚げもフライドポテトもスパゲティも出なかったのですが、最近かなりの頻度ででてきます。スープも美味しいです!白ご飯も日本米のように美味しいかと言いますとそうではないのですが、かなり柔らかく進化しています!!フルーツも毎回たべれるし生野菜も好きなだけ食べれるし…あとはキッチンのスタッフの方々みんなフレンドリー。追加で持ってきて〜と言ったらすぐに持ってきてくれたりと、本当に優しい方々です!!

【娯楽02

学校の周りに出る機会が多くなってきて、いろんなところ行ったりしています!!本日は朝4時半に起きてルームメイトの子2人とあとは留学生の友達計6人で日の出を山の上のカフェから見るというプランで出発いたしました!!!予定通りにタクシー2台学校の前で拾い、運転手さんに目的地を伝えていざ!!!!! だいたいタクシーで35分から40分ぐらいだと運転手さんに言われ、、朝早いけどワクワクしながら乗っていました。
だいたい35分ぐらいのったとこで、タクシの運転手さんに降りて!と言われみんな降りたのですが、どうやらその山の先が現地の人しか行けない!と警察の方に言われ…カフェに電話してもやはり許可はおりず、、諦めかけてUターンしていると現地のおじちゃんに声かけられ、1人100pesoで往復送ってあげるよ!と言われせっかくきたのに日の出見れないなんて嫌だと思い…その話のったー!!と交渉し、のけていただくことに!!また警察の前通るからドキドキしながら隠れつつ…ようやくスルーでき、カフェに到着!!! やっと見れる!!と思ったところで、まさかの霧wwwwww
本当であれば、この写真がとれるはずだったのですが…仕方なくカフェでみんなで朝ごはんを食べて帰ってきました。10分ほど前に来られてた方は霧が抜けた瞬間があったので、景色がみることができたらしいですが…不運なことに。。。山の上なので気候もすごく変わりやすし、今の時期だから余計に…でも、早起きしてみんなでワイワイ朝ごはん食べれたのでよかったです。(目的が変わっている気がするが…)すごい綺麗なところなので、是非!! Café in the skyです!!
フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAでした。
バギオ留学MONOL*先生とルームメイトについて
2017/05/22

バギオ留学MONOL*先生とルームメイトについて

Hello!! フィリピン留学MONOL学生レポーターKANAです。 最近は朝から雨がずっと降っています!!わたしの友達も何人か体調崩したりして気候にやられております。気温はずっときた時から涼しいぐらいで寒すぎず、暑すぎず…^_^ さて!2ヶ月目のターム始まりました!!そして、今日も金曜日なので模擬テスト受けてきました。なんやかんやいって5回目なんですよね…オフィシャルテストで失敗しないためのトレーニングといっても、すっごい緊張します。笑 他の留学生の子達は金曜日は早く終わるしただテスト受けるだけだから楽〜って言うのですが、まだ私は慣れていないのでしょう…笑

本日はMONOL英語スクールのIELTSの先生とルームメイトについてお伝えします。

IELTSの先生について】

IELTSの先生たちを少しご紹介します〜!! 1タームでもってもらった先生は2ターム目当たる確率少ないと聞いていたのですが、私の場合8時間中3人同じ先生でした!!笑 でも科目は違います。スピーキングの先生だった人がリーディングの先生になったり、リーディングの先生がライティングの先生になったり…最初は違和感ありましたが、どの先生も全ての教科を的確に教えてくれます。さらに、MONOLではIELTSの先生になるのが最も難しいとされており、試験も受けなければいけないし、何よりもIELTSに対しての戦略をし熟知しておかないといけません。なので、先生になって1年未満の人は1人もいません。最初はISLで教えて経験を積んでから移ってくる人たちばかりです。中にはベテランの先生たちもたくさんいます。 本当にIELTSに力を入れている語学学校の一つだと思います。 最初からIELTSのスコアを取るための語学学校として選んだこと、すごい良かったな〜とおもいます。 来週に先生とお出かけ予定なので、写真と一緒に投稿いたします〜!!!!!

【ルームメイト】

ルームメイトをご紹介します〜!!! わたしは今、6人部屋で生活しております〜!でもずっと4人です 笑 私がきた時は5人だったのですが、日本人の女の子が1人帰国してからは新しいルームメイト来ていません。なので快適にすごしております〜〜! 一応同じ国籍が2人以上重ならないように分けられています。
←ルームメイトの1人が帰国だったので、フェラレルパーティーとして、サムギョプサルを食べに行ってきました〜!!実は明日もここのサムギョプサルを食べにいく予定です。 また、詳しく場所とお店の名前とのせますね〜!!
どこのルームメイトも仲良しだとおもうのですが、本当に私はこのメンバーで良かったなと改めておもいます。一緒に生活を共にする仲間なので、相性ってすごく大事なんですが、この部屋のメンバーはだいたい同じ生活習慣なので、夜も12時過ぎには消灯し、朝もそんなに早い人もいません。生活習慣がほぼ一緒だと本当にリラックスできますよね!気も使わないですし。 あ、国籍は中国人1人、韓国人1人、日本人2人の比率です。でも、 来週に韓国の人と中国の人…帰国しちゃいます。本当と悲しいです。
←左の子は日本人です!真ん中のフェイは来週帰国です(泣)右は私。
これはこの前鼻に人を描いて流行りのnose danceをしてました!笑
たった1ヶ月、2ヶ月しか一緒に居ていないけど、同じ部屋っていうだけでやはり一番近い存在になります。ご飯行ったり出掛けたりできるのもあと少しなので、毎日大切に過ごします〜! 海外に出てすごく思うのは、出会いもたくさんあるけどその分お別れもたくさん経験します。IELTSの勉強だけできたらいいや!と思ってこの語学学校に来たのですが、やっぱり周りにたくさん刺激を受けました。みんなここにくる目的も時期も違うけど、それぞれ強い意志をもって英語を学びに来ています。 私のルームメイトの人たちは本当にhard workなので、いつも英語の勉強をしています。その姿に私も刺激され勉強を続けてこれています。たまに自分の中でなんで勉強してるのか分からなくなったり、もうやめてしまいたい!とか、テスト悪くて落ち込んだりしていると、本当に彼女たちに励まされてきました。そんな素敵な人たちに出会えて本当に良かったです!!
…となぜかシンミリなってしまいました。笑 そんな大好きな私のルームメイトでした!笑
フィリピン留学MONOL学生レポーターKANAでした。
バギオ留学MONOL*IELTS
2017/05/18

バギオ留学MONOL*IELTS

Hello!!!! フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです。 明日から新しい先生と新しい教科書と!!!新しいグループで授業が始まります。前にももってもらってた先生もいるし、初めてみた名前の先生も!とりあえず少しワクワクしております^^
最近のバギオシティーは雨ばっかりです!完全に来てしまいました。Rain シーズン… 先生方曰く、、、8月、9月台風シーズンがかなり大変みたいです。 停電もかなり頻繁にあるみたいで、、、フィリピンにきて実際に私も何度か停電に遭遇しましたが、やはり普通の大雨でも起こります。すぐに回復されるからいいのですが、日本ではそんなに頻繁に起こらないので最初びっくりしました。 台風シーズン渡航をお考えの皆様お気をつけください!ただ停電するだけだと先生も言っておりました!!!

IELTSを勉強してる人たち】

1ヶ月MONOLで過ごしてきて、色んな人になぜIELTSを勉強しようとおもったのか?やスコアをとった後どーしたいのか等を聞く機会が多かったので少しご紹介いたします。 私みたいに、留学をする目的を最初からIELTSのスコア6.5獲得!!と目標を決めてるタイプの留学生と、ESLで英語を何ヶ月か勉強してから残りの半分をIELTSコースで試す!!とか、残りの1ヶ月だけ!!とか色んな人たちが居ます。 だいたい移動してきた人たちの目的は

→今の英語のスキルを飛躍的に伸ばしたい!

→自分の英語のレベル、現状を数字で確認したい!

→どんなものなのか試してみたい

と、スコアを気にせずにレベルアップを意識して移動してくる人たちも居ました。そういう方たちは大体アカデミックの方ではなく、ジェネナルのコースを受けてる傾向があるとおもいます。前にもお伝えしましたが、アカデミックコースは大学進学等を目指す方向けになります。また、中には、最初からきたかったけど、先にESLで基礎をやってから変更してきた人たちも居ます。 アカデミックコースの中の方には

→マレーシアの大学進学

→オーストラリアの大学院

→海外で看護婦を!!!

という志の方達もいました〜〜!!だいたい大学にもよるのですが、6.0以上が必要となってくるので、数字に追われる生活をしています。(←私も含めて)

【私の現状】

毎週金曜に行われるmonk testで一応スコアがはっきり提示されます。 1ヶ月が終わって
  • speaking 5.0 •listening. 5.5 •reading 5.5 • writing 6.0
が一番最近のスコアになります!OFFICIALテストの方がもう少し緩いみたいなので多少、公式とは一異なりますが、一応ご参考になればとおもい、載せておきますね。 Speaking は 一つ前に6.0をいただいたのですが、今回はオフトピックをしてしまい…この結果に(笑) listening は 何回やってもこの結果…spelling のミスが足を引っ張っている現状です。 Reading は 多少トピックによってバラツキがあるような気がします。 Writing は テストを重ねるごとに上がっています!書き方を覚えるが一番大事かとおもいます!!!
全然満足できる結果ではないので、もう少し本腰入れて英語を勉強していきたいとおもいます。 1ヶ月目より2ヶ月目!慣れからくる怠けにならないように、せっかくきてるので時間を無駄にしないように取り組みます!!!

息抜きの場】

とはいっても、私も息抜きはします!ON OFFハッキリしています!なので、先週の金曜日!素敵なお店に飲みにいってきました〜!!! ★Baguio Craft Brewery★ ルームメイトの留学生からオススメされ、先生から情報をあつめて!絶対行くと決めていた場所の一つ!!!ここ、ビールがタップで飲めるんです!たくさんの種類のビール!!! あとは、ポークリブ!めっちゃくちゃ美味しかったです!!
←ポークリブ!!キャンパスから16分!タクシーですぐです。私たちのタクシーの運転手さんは迷ってしまいましたが…笑
←色んな種類のビール!試飲ももちろんできます!!! 素敵な夜を過ごせました〜〜!★
フィリピン留学MONOL学生レポーター KANAでした。
  / 4
なぜMONOLをおすすめ出来るのか?
2017/05/04

なぜMONOLをおすすめ出来るのか?

➀学術指導レベルが高いから

MONOLはPINES、HELPと並びフィリピンで学術レベルが最も高いとされるバギオの三大名門校のひとつです。講師は基本大学卒業生となります。在学生、卒業生のMONOLに対する評価と満足度は高く学術指導面での不平不満がほとんど出ません。

➁カリキュラムで勝負しているから

MONOLの教科目はすべて連動しています。リーディング科目を受講しても他の講師が担当するスピーキング科目で同じ表現や語彙が同じ進度で出現いたします。『カリキュラムならMONOL』と言われるほど洗練されており、どのくらい勉強すればどのくらい伸びるか緻密に計算されております。

➂頭に残りやすい復習重視型指導だから

MONOLESLプログラムのテキストはオリジナルテキストとオリジナルテキストに対する復習テキスト2冊を使います。昼間にならった事を夜復習テキストで繰り返します。頭に長く残りやすい体系的システムです。

➃ESL+試験対策のオールインワン教育が可能だから

ESLだけでなくIELTS、TOEIC、ビジネスなど専門コースも評判なので英語初級者が卒業時には何らかの公認英語資格を持ち帰る事も可能です。

➄施設が綺麗で、Wifiがよくつながり、学費が安いのでコストパフォーマンスが優秀だから

MONOLの施設は綺麗です。ゴルフ練習場やヨガフロア、トレーニングジム、サウナ、軽食コーナーなど付帯施設も充実しております。お部屋にもWifiが通っておりよくつながりやすい環境です。学費はフィリピン留学業界では低め設定であり、6人部屋を選ぶ場合には恐らく業界最廉価です。

➅治安の心配をしなくていいから

バギオはフィリピンでは最も安全な都市のひとつです。凶悪犯罪などの心配はほとんどありません。

留意点

授業欠席などに対するルールが厳しく、罰則なども適用されます。自由な時間や自主性を重んじる方には向いてないかもしれません。 MONOLの教育プログラムは英語全体力を引き上げる指導です。試験対策には理想的ですがスピーキング向上だけに特化した方には向いておりません。
MONOL 多国籍のルームメイト割り当て
2017/04/29

MONOL 多国籍のルームメイト割り当て

MONOLでは、ルームメイトが一つの国籍に偏らないよう手配いたします。

MONOLは近くにある、HELP MartinsやPINES Chapisに比べて、EOPルール(母国語使用禁止ルール)のペナルティが強く課されることはありません。そのため、学校側はEOPに頼らずに、宿泊施設並びに学校で「英語を使うしかない環境作り」に力を入れています。

【MONOL校のルームメイトの国籍割合の基準】

・2人部屋    : 全員が他の国籍のルームメイト ・3人部屋    : 全員が他の国籍のルームメイト ・3+1人部屋     : 最大2名まで、同じ国籍のルームメイト ・4人部屋    : 最大2名まで、同じ国籍のルームメイト ・6人部屋    : 最大3名まで、同じ国籍のルームメイト
以上の基準に関しましては、MONOLスクールでは厳格に守られています。 それ以上の受入を行う場合、予め既にお部屋にいる学生様の了承を得るお約束しております。
2017-2018年 団体ピックアップ日
2017/03/21

2017-2018年 団体ピックアップ日

バギオMONOL校では、2週間ごとに、マニラ空港から団体ピックアップ(土曜日①16時-19時、②22時-25時、日曜日③3時-6時、④16時-19時、⑤22時-25時 合計5回)をしています。
※日曜日③便をご希望の場合、ピックアップはマニラターミナル3でのみ行っています。もし他のターミナルにご到着される場合、ご自分でタクシーなどを利用しターミナル3の待ち合わせ場所にまで向かう必要があります。
※日曜日夕方の④⑤便にやむを得ず参加することも可能ですが、スケジュール進行上、土曜日25時までにお越し頂ける便を強くおすすめいたします。 2017年&2018年、バギオMONOL校のマニラ空港団体ピックアップ日程は以下の通りです。

【バギオMONOLマニラ空港団体ピックアップ日程】

2017

4/1(土)、4/2(日)、4/15、4/16、4/29、4/30、5/13、5/14、5/27、5/28、6/10、6/11、6/24、6/25、7/8、7/9、7/22、7/23、8/5、8/6、8/19、8/20、9/2、9/3、9/16、9/17、9/30、10/1、10/14、10/15、10/28、10/29、11/11、11/12、11/25、11/26、12/9、12/10、12/23、12/24

2018

1/6(土)、1/ 7(日)、1/20、1/21、2/3、2/4、2/17、2/18、3/3、3/4、3/17、3/18、3/31、4/1、4/14、15、4/28、4/29、5/12、5/13、5/26、5/27、6/9、6/10、6/23、6/24、7/7、7/8、7/21、7/22、8/4、8/5、8/18、8/19、9/1、9/2、9/15、9/16、9/29、9/30、10/13、10/14、10/27、10/28、11/10、11/11、11/24、11/25、12/8、12/9、12/22、12/23
※団体ピックアップの利用が難しい方は、月曜日の現地到着も可能ですが、授業日程の関係もあるので、できる限り団体ピックアップが実施される指定日ににご入学されることをお勧め致します。
※MONOLに5~7週間にて留学を行う際の注意点があります。MONOLでは基本的に4週単位でカリキュラムが組まれております(4週、8週、12週など)。従って6週、7週、10週の様な4週単位ではない留学の場合、 4週単位での留学以外の期間はグループ授業の代わりにマンツーマン授業に変更されます。 (例グループ授業4~5時間分→マンツーマン授業2時間に変更) 例: 1、)Essential ESLコース10週間の登録をした場合、最初の8週間は正常授業のカリキュラム編成になり、残り2週間のグループ授業4時間がマンツーマン授業2時間に変更されます。 2、)ESL 2週間+ IELTS 8週間の場合、最初の2週間のESL はグループ授業を受ける事が出来ない為に、グループ授業があるEssential ESLコースの代わりにマンツーマン授業のみのIntensive Speakingコースを受講する事となります。

【学校よりマニラ空港送迎サービス】

内容:MONOL校正門前よりマニラ空港(ターミナル不問)までの送迎。 詳細: 1)日程:土曜日のピックアップ日の同日10時発 ※時間については状況に応じて変更をする場合がございます。 2)費用:700ペソ 3)申請方法:帰国1週間前までにスクールオフィスへ申請
MONOL語学学校の努力
2017/02/21

MONOL語学学校の努力

フィリピン留学はほとんどの英語スクールが語学学校 + 寮の形態で経営をしております。語学学校は英語の向上を指すことと同様に、学生の生活のための寮の管理と食事提供に注意が必要です。   安心のできるフィリピン語学留学とは何を意味するのでしょうか。組織的プログラムによる卓越性した教師を維持することは基本です。また在校生たちが学業に集中できるように、学生の生活が便利になるように丁寧なサポートをする必要もあります。   バギオ留学を検討している場合、MONOL がどのように生活利便性向上のために努力しているかにスポットを当てて見る必要があります。 さまざまなスポーツ設備、衛生設備、水の管理、環境に優しいリラクゼーション施設、より良い食事提供等を常日頃から徹底した管理を行い、改善に取り組む姿は目を見張るものがあります。   また、留学中にお気に召さない場合、残りの留学期間に合わせた授業料全額返金という自信を持って提供する経営方針は、数多くある語学留学市場全体でも、数少ない特徴ある顧客サービスです。濃厚な留学プログラムで手頃な費用および信頼性の高いフィリピン語学留学を検討されている場合は、迷わず MONOL を推奨致します。   1.環境に優しいリラックス空間 (学生寮)。友達との雑談などを楽しむことができるスペース。   2.食堂:多国籍学生のためにフュージョンメニューを導入。   3.バギオ地区の旅行やアクティビティ等で観光地に向かう為に、MONOL は月平均2回程、学校専用の車で手頃な価格のアクティビティを提供しています。   4.こちらは掲示板の前です。マンツーマンレッスンスケジュール、テストスケジュールを確認している様子です。   5.湿気の多いバギオでは特に設備の錆防止の管理に細心の注意を払っています。その為にかフィリピンの語学学校では珍しい最新鋭の乾燥機が設置されています。   6.個人でランドリー設備の使用を希望する方のために洗濯機をご用意 (屋外に設置)。有料で小型乾燥機もご利用可能です。   7.女性専用ランニングマシン。   8.最近、利用客が増加中のゴルフ練習場です。こちらでは、ゴルフコーチによるご指導を無料で受けることが出来ます。掲載しております画像では MONOL の学校の責任者がゴルフスウィングをご披露しています。
2017年 バギオ地域 TOEIC試験日程
2017/02/08

2017年 バギオ地域 TOEIC試験日程

  2017年のバギオ地域TOEIC公式試験日程の情報を頂きましたので、みなさまにご案内させて頂きます。TOEICコースを受講希望者で現地にて公式試験を受けたい場合、下記の日程を参考にし入学予定日を決める事を推奨します。  

【2017年バギオ地域のTOEIC公式試験日程】

リスニング&リーディング

スピーキング&ライティング

1/14(土) 1/15(日)
2/11(土) 2/5(日)
3/18(土) 3/18(土)
4/22(土) 4/22(土)
5/20(土) 5/21(日)
6/17(土) 6/17(日)
7/22(土) 7/22(土)
8/19(土) 8/19(土)
9/16(土) 9/16(土)
10/14(土) 10/14(土)
11/11(土) 11/11(土)
12/9(土) 12/9(土)
 

【申請時に準備するもの】

パスポートサイズのID写真2枚、パスポート、受験料2,000ペソ  

【追加情報】代理申し込み

現地スクールスタッフが代理でTOECI公式試験の申し込みを行っています。通常、試験日の10日前までに、2×2サイズの証明写真と受験料2,200ペソ(送料込。約5,500円)をスクールオフィスに提出します。   試験場所は、バギオ市内の試験会場となります。また、テスト結果はスクールに郵送するまでに、まず7~10日間ほどかかりますのでご了承下さい。  
MONOL がマニラ空港までのセンディングサービスをスタート
2016/12/07

MONOLがマニラ空港までのセンディングサービスをスタート

20160923_124112  20160923_142612
バギオのMONOLが2週毎に学校からマニラ空港までのセンディングスタートを開始いたしました。MONOL留学生は入学指定日に入寮し、2週、4週、6週など偶数単位の留学をなさる場合にこのサービスをご利用できます。
バスは隔週土曜日午前10時に学校を出発。マニラ空港到着は18~19時です。交通渋滞遅延による飛行機乗り遅れを避けるため利用者は土曜日午後21時以降のフライト便乗客者限定となります。
センディングバス利用料は700ペソ。 センディングバスの実働日は入学指定日と同じ日になります。
20160923_142547本センディングサービスと帰国便のタイミングが合わない留学生の皆様は通常バギオから民間のジョイバスを使ってマニラ空港まで移動いたします。直行便であり一日6本ほど出ています。料金は700ペソ。MONOLセンディングサービスはご利用の1週間前から予約できます。
初日のスケジュール
2016/10/25

初日のスケジュール

  MONOLでは2週間ごとにマニラ空港での団体ピックアップ日を設定しております。下記スケジュールは、土曜日の指定ピックアップ日に入学された留学生を対象としたものです。  

土曜日

マニラ空港着後にピックアップスタッフと合流しバギオのMONOLに向かう。  

日曜日

06:00~    … MONOL着 07:00-08:00 … 朝食 08:00-12:00 … 休憩 12:00-13:00 … ランチ 13:00-15:00 … 簡易オリエンテーションおよびSSP申請書作成、英語名の申請 15:00〜   … スクール案内とシティツアーの後の自由時間(門限の21:00までに必ず帰宅)  

月曜日

08:00-11:30 … レベル分けテスト (リスニング、文法/書き込み、スピーキング/リーディング) 12:00-13:00 … ランチ 13:00-15:00 … 公式オリエンテーション 15:00-16:00 … 現地費用お支払い、教材購入 16:00-18:00 … 国籍別懇談会と追加の授業申し込み、自由時間 18:00-19:00 … 夕食 21:00〜 … 新入生歓迎会とピザパーティー(12週に1回)  

火曜日

08:00〜 … 正規授業開始。
MONOL校での自習について&最新国籍比率
2016/08/06

MONOL校での自習について&最新国籍比率

【MONOL校での自習方法】

MONOLでは授業に使われていない空いている教室を、自習室として24時間開放しています。マンツーマンキュービクル、グループ教室等が全て利用可能になります。多くの学生が自分のお部屋もしくは教室で自習されていますので、集中して自習できるスペースは確保されています。

*最新国籍比率(2016/08/06時点)

台湾30%、日本25%、韓国25%、中国15%、その他(ベトナム、タイ、モンゴル、サウジアラビア、カザフスタン、スペイン)5%となっています。
MONOL ルームメイト割り当て基準について
2016/07/17

MONOL ルームメイト割り当て基準について

MONOLスクールでは、ルームメイトの割り当てを特定の国籍が偏らないように割り当てられます!

 
ルームメイトの割り当てを決定する際に、同じ年代、受講コース等で割り当てるのではなく、多国籍になることを一番の基準として割り当てられます。
 
特に2人、3人、3+1人部屋は日本人一人になる可能性が上がります。4人部屋6人部屋でも同じ国籍が2名以上にならないように割り当てられます。
 
上記の情報に関しましては、MONOLの方針であり時期や国籍比率等によって変動いたしますので、確証できかねますことをご了承くださいませ。
 
MONOL 日本人マネージャー東京事務所訪問!
2016/05/17

MONOL 日本人マネージャー東京事務所訪問!

フィルイングリッシュの名取です。 各科目のプロフェッショナル講師、考え抜いて作り上げられたオリジナルのテキスト、そして充実した校内設備が整ったバギオ最大規模の英語学校MONOL International Education Institute。そんなMONOLの日本人マネージャーである西岡(アメリ)さんがフィルイングリッシュ東京オフィスに来てくださいました! MONOLの現在をインタビューさせて頂きました。 monol_e382aae38395e382a3e382b9e8a8aae5958f600

●MONOL学校の学生国籍比率 2016年5月14日付

韓国:51% 台湾:17% 日本:17% 中国:12% その他:3% ベトナム、ヨルダン、サウジアラビア、タイ、パキスタン、ロシア 最近では特に台湾の留学生が増えてきています。また、中東やヨーロッパからの学生がフィリピンへ英語留学をするようになり、学内の国際色が豊かになってきています。

●ワーホリ準備クラブ

ワーキングホリデーを希望する留学生のために情報交換や仲間との出会いの場を提供するクラブ活動が開設されました。正規授業が終わった後に行われるこのクラブでは、ワーホリの目的や理由などをスクールスタッフがコンサルティングし一人ひとりに合ったワーキングホリデーのアドバイスをしてくれます。また、同じ志を持つ仲間たちとつながる場にもなっています。 さらに詳しいスクール情報等は弊社カウンセラーにお問い合わせください。
  / 2

よく読まれている留学体験記

・【フィリピン留学卒業生コラム】 フィリピン留学で人生が変わった人たち

【フィリピン留学卒業生コラム】 フィリピン留学で人生が変わった人たち 記事作成日:2017年6月20日 「フィリピン留学に行くと人生が変わる」 これはフィリピン留学に行った人たちがひそかに口にすることです。 どーも、フィルイングリッシュの卒業生の千田です。 前回は「フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!!」で衝撃デビューを飾らせていただきました。(衝撃かどうかはまったくの主観なのでご了承ください) フィリピン留学に行く人の目的は様々。 ちょっと英語がしゃべれるようになりたい 「交換留学前のTOEFL、IELTSの点数ゲット」 「就職活動でTOEIC800点が必要」 「外資系に就職したい」 「海外で活躍したい」 「世界中を旅行したい」 「外国人の彼女がほしい」 こんな感じで「英語の向上」をベースに人生を変えようとしている人が多いと思います。 もちろん、旅行がてら行くという人も増えていることでしょう。 今回は、フィリピン留学のもっと深いところに切り込みます。 そう、フィリピン留学はもっと深いんです(笑) それが今回のメッセージです。 もっとわかりやすく言えば、英語の向上だけがフィリピン留学ではないということです。 僕の周りにいる人のフィリピン留学で人生が変わった人たちの体験談をもとにして、 フィリピン留学で人生がどう変わるのかをまとめてみました! フィリピン留学の体験談は浅すぎる! すみません、いきなり批判的で。 フィリピン留学の体験談を見ていると、 「TOEICが300点伸びました!」とか、 「交換留学できました!」とか、 「○○の語学学校はカリキュラムがしっかりしていました!」 「ご飯が美味しかったです。」 英語伸びました系、英語学習系の体験談が多いわけです。 もちろん、それはそれで素晴らしい体験談に違いはないですし、 フィリピン留学の体験談を読む人は、まずは「どの程度英語が伸びるのか」「学校はしっかりしているのか」に興味を持つであろうことを考えると、役に立つ読み物ではあるはずです。 しかし、僕はここに一石を投じたい! 浅い!と言いたいのです。 英語の向上はスキルの話であって、大事なのは留学でその人の人生がどう変わったのかを知りたいですよね。 繰り返しますが、英語の向上はフィリピン留学の一部分に過ぎないです。 こういう留学体験談を投稿している人も、もっと良い体験をしてるはずです。 でも自分の人生がどう変わったかなんて体験談で言うのは、恥ずかしいことだという風潮があるらしく、あまり表に出てきてないだけなんですね。 フィリピン留学の実態! 本当の体験談 実際、フィリピン留学に行った人の生の声を聞くと、 もっとエグーイ、いや深いでしたね、 そう深い話が出てくるんです。 それを紹介したいんですね。 本当に深いかは保証できませんが、僕の知人の例から挙げましょう。 彼らの特徴は、もともとは英語がそこまでできるわけでもなく、とりわけ優秀でもなかったということです。 そして勘違いして頂きたくないのが、「僕の知人がすごいぜ!」ということを言いたいわけではなく、こういう事例がフィリピン留学のスタンダードであり、それが真実であるということを伝えたいということですね。 世界を飛び回るボランティア人 フィリピン留学当初は英語がほとんど話せかったY君。 大学生だったのでフィリピン留学前にある程度の文法と単語の知識は持っていましたが。。 でもフィリピン留学を何度も繰り返し(いくつもの学校を渡り歩き)、英語を必死に勉強していました。 留学後には、ボランティアとしてフィリピンの公立学校で英語の先生体験をするなど、世界をまたいでボランティアを行う青年へと成長を遂げました。 ちょうど今週来た報告だと、英語とITの教育を展開する会社に就職が決まったとの事。 大学での専攻とは関係なく、というよりそれを乗り越えた夢につながったのです。 彼のような人が社会を変えていくんでしょうね。 […]

・フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!!

フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!! 「日本での英語勉強は何をしたら良いのだろう?」 フィリピン英語留学に行くことが決まった、もしくは検討している人であれば、必ず考えることではないでしょうか。 はじめまして、僕は3年前にフィリピン留学を経験したフィルイングリッシュの卒業生、千田と申します。 簡単に本記事に関する僕の情報をまとめますと、 職業:大学生 フィリピン留学前の英語レベル:おそらくTOEIC500点レベル? 英語留学経験:無し 得意:英文法、英単語の知識は比較的持ってる方 苦手:スピーキング、リスニング こんな感じの超普通の大学生の英語レベルでした。 フィリピン英語留学に行ってみて、実際に勉強しておけばよかったことがたくさんありました。 周りの友人ももっと日本で英語の勉強をしておけばよかったと後悔している人も多かったのが印象的でした。 英語の勉強ってほんとにいろんな方法があって何をすればよいかわからないですよね。 これからフィリピン留学に行く人には、そんな後悔をしてほしくないので、今回は冒頭の問いに対して実際の体験談と周りの声を踏まえて、フィリピンに行く前に日本でやっておきたかった英語勉強について共有していきたいと思います。 目次 1. フィリピン英語留学で苦労したこと 2. 英語の基礎体力を作る 3. 英単語 4. 英文法 5. 英語脳を作る 6. リスニング 7. 瞬間英作文 8. オンライン英会話 9. 英語勉強の計画を立てて、後悔のない英語留学を! フィリピン英語留学で苦労したこと フィリピンに行ったばかりの頃、僕自身2週間は苦労しました。 それ以降はもう楽しくて仕方なかったのですが、苦労した原因を探ると、 英語が聞き取れない→圧倒的なリスニング力不足と、 英語が出てこない→英語のアウトプット不足 が原因だとわかりました。 フィリピンでの英語授業は基本的にフィリピン人講師による、全てが英語で行われます。 使う教材も英語、説明も英語。 つまり、英語がある程度は、わかる、聞ける、話せる状態でないと、 マンツーマン授業でフィリピン人の先生が何を言っているかわからない グループ授業で生徒が言っていることがわからない 教材に書いてあることがわからない 自分の言いたいことが全く伝わらず授業が進まない といったことが起きてしまうわけです。 ※もちろんアルファベットからの超初心者クラスもありますが、 折角受験英語まで勉強した経験がある方には下準備にちょっと時間をかけるだけで効果が全然違ってくるんです! 僕の場合、TOEIC500点程度の英単語・英文法は知っていたので、教材の内容や授業の内容自体は理解できたのですが、 先生が言っていること、生徒が言っていること、これが2週間は掴めずにいました。 伝えられることも、単語の羅列がほとんどで、ネイティブの赤ちゃんレベルだったわけです。 どうなることやら…と焦っていたのですが、2週間後には、耳が英語に慣れたせいかだんだんと聞き取れるようになりました。 また同じタイミングで、英文法が瞬時に頭でつながるようになり、英語を聞いて意味で理解し英語で返せるようになってきました。 […]

・【バコロド留学】良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ

【バコロド留学】良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ   こんにちは。フィルイングリッシュの留学カウンセラー高居です。 私はフィリピン留学の中でも非常にレアなところ、バコロド、イロイロにある語学学校を定期的訪問し、これらの地域への留学を考えている方々のカウンセリングを担当しています。   セブ島、マニラのようなメジャーなところを避け、バコロド留学を検討されている方は、良い意味で個性が強い方、アクティブな方が多いです。また、バコロド留学が選ばれる理由は、英語力に加え本当の意味でのローカルなフィリピンを経験したい方、旅人、日本人が少ない地域を好む方が集まる留学先でもあります。   しかし、バコロド地域はネット上の情報が非常に少なく、バコロドの語学学校を取り扱いしていないエージェントも多いです。そこで本コラムでは、バコロド留学のおすすめ理由、おすすめ対象についてご紹介致します。   バコロド留学がおすすめの5つの理由 1, 留学費用が安い!!   バコロドの語学学校の多くは10~11万、もしくは10万以下で1ヵ月(4週の学費)の留学が可能です。尚且つ、ただ安いだけでなく豊富なマンツーマン授業でカリキュラムが構成されている語学学校がほとんどです。留学先として人気の高いセブ島では平均学費が14~16万。他の国への英語留学に比べたら十分格安ではありますが、セブ島に比べてもバコロド留学は格安な学費設定となります。さらに格安な費用で英語留学したい方におすすめです。 バコロド地域の語学学校の中でも特に人気の高い留学先であるILPでは、コースによって10万以下で留学が出来ますしオールマンツーマンで構成されているカリキュラムが定番です。 >>>バコロド留学人気校ILPの詳細はこちら    2, 安定したフィリピン人講師のレベル!!!   バコロド地域の各語学学校に在籍する講師陣のレベルは、比較的バラツキがなく安定したレベルを保っている傾向にあります。バコロド地域がちょっとした学園都市であること、コールセンター産業が盛んになっている事により、安定したレベルの講師陣を雇いやすい為かと思われます。特にコールセンターで働いた経験のあるフィリピン人講師に関しては、英語の発音、会話の専門トレーニングを受けており、英語レベルが非常に高いのでスピーキング力向上を望む留学生にはうってつけです。   3, 自分のペースで英語を学べる!   大都市とは異なるアットホームな環境が特徴の語学学校が多いバコロド。語学学校だけではなく、地域全体がゆったりとした和やかな空気を醸し出しています。平日の授業終わりには講師や他の学生達と外食や飲みに行くのは当たり前であり、お休みの日には旅行に出かけたりなどもします。授業で学んだ事をプライベートの日常でいっぱい使用出来る環境があります。   そのような特徴から、バコロドには常に机の前で英語勉強を強制的に集中させられるようなスパルタ式の語学学校はりません。自分のベースで楽しく英語を学ぶ事を望む方に向いています。   4, 日本人の留学生が少ないバコロド   日本人にとってバコロド地域は留学先としてマイナーな地域の為に、他地域と比べて日本人留学生が少ないです。語学学校にもよりますが日本人率が学生全体の1割も満たない場合もあります。その様な環境だからこそ外国人の友人を作りやすいですし、何より半強制的に日本語を使用せず英語を使用する事となるので、英語コミュニケーション力を鍛える場としては最高の環境です。   5, ワーキングホリデー前の留学先としておすすめのバコロド留学   実は不思議な事に、他地域に比べてもバコロド留学後、欧米へのワーキングホリデーに行く留学生がたくさんいます。欧米でのワーキングホリデーでお金がかかる為に、フィリピン留学では費用を抑えたいと考えれる方が多いのです。また、語学学校やインターンシップ先に縛られず自由に英語を学んで旅をしたい方々にバコロドが魅力的な選択肢だったと思います。   格安な上に実践的なスピーキング力を鍛える事が出来るバコロド留学は、ワーホリ前の学生さんには本当におすすめです。また、現地にて同じくワーホリを検討している在学生達からワーホリに関しての情報交換もできます。   バコロド留学はこんな方におすすめ 1.アットホームな環境でフィリピン留学したい!!   バコロド地域にほとんど語学学校が十数人から二十数人程の小規模で運営されています。そのため、留学生1人1人に手厚いサポートが可能で、留学生ケアに関して多くの卒業生のお褒めの言葉を戴いております。   また、小さなコミュニティーのため、先生も留学生も学生マネージャーの方もお互いの名前や顔をすぐに覚えやすい。気さくな土地柄と相まって留学生同士や、留学生とフィリピン英語講師の絆が作りやすいです。留学中の悩み事や学習相談などがスタッフや講師に話しやすいので、自分から話しかけることが苦手な方でも温かく受け入れてくれます。大規模の語学学校では受けられない英語学習にプラス@したサービスを求める方には是非おすすめ致します。   2, 豊富なマンツーマン授業を求めるならバコロド留学!!   バコロドの語学学校では、カリキュラムがオールマンツーマン授業、または8~9割マンツーマン授業という個人指導を重点に置いた構成となっています。 通常、すべての授業をマンツーマンで受けようとすると、欧米では中古車が買えるぐらいの費用は掛かりますし、フィリピンの他地域でもスタンダードコースよりは割高な学費設定となってしまいます。しかし、バコロドでは1カ月10~12万以内で提供する留学先がざらにあります。   マンツーマン授業は従来のグループ授業での一番の欠点だった分からないところが分からないまま進むということが全くありません。自分のペースで理解できるまで何度でも聞き返すことができます。つまり、授業を自分でカスタマイズして進めることができるという贅沢な学習カリキュラムなのです。そのマンツーマン授業をすべてのクラスで尚且つ10~12万で提供できるのはフィリピンでもバコロドとイロイロ地域のみです。   3.スピーキングに特化!! […]

・バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ

バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ フィリピンの中でスパルタ式の語学学校が多いことで有名なバギオ。セブ島やマニラなどの大都市と比べ娯楽が少なく、フィリピンの中でも英語学習に集中したい真面目な留学生がバギオには多く集まる傾向があります。 ただ、いくらバギオで英語勉強を頑張っても週末くらいは適度に気分転換をしたいですよね。今回はバギオで週末楽しめるスポットをご紹介しようと思います。 目次 バギオでショッピングを楽しむ バギオで外食を楽しむ バギオの自然に癒される バギオのおすすめ日帰り旅行先 バギオのおすすめ週末旅行先 1.バギオでショッピングを楽しむ バギオSMモール(SM City Baguio) フィリピン全国チェーンの大型ショッピングモールであるSMモールのバギオ店。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものは全て揃っているのでとっても便利です。SMモールはフィリピン各地域にありますが、どの地域であっても留学生の多くは週末をここで過ごします。 住所:Luneta Hill Drive | Upper Session Road, Baguio, Luzon, Philippines ピュアゴールド(Pure Gold) SMモールよりも規模が小さく価格設定が安めの、フィリピン全土にあるスーパーマーケット。日用品などはほとんど問題なくそろえることが出来ます。フィリピン人も多く利用するため、フィリピンのローカルな雰囲気を感じられるので留学生にも人気です。 バギオナイトマーケット 毎日夜20時頃からオープンするバギオのナイトマーケット。フィリピンや外国から集まった古着や骨董品、B級のグルメが楽しめます。モールよりも数倍安く、本物か定かではないブランド品など、掘り出し物もあり、活気あるディープなフィリピンを味わうことが出来ます。元々はフィリピンの超ローカルな市場ですが、最近はバギオにいる留学生の中にも観光スポットとして人気です。人が多いのでスリに注意しましょう。 2.バギオで外食を楽しむ 日本食レストラン「CHAYA」 日本人の奥様とフィリピン人の旦那さんが経営するバギオで一番有名な日本食レストラン。海鮮丼や手巻き寿司、ざるそば、すき焼きなど日本と同じクオリティの日本食が味わえます。WI-FI、コンセントあり。 フィリピンで日本食を頻繁に食べるとかなりの出費になるので、月に数回の贅沢で行くのがおすすめ。バギオ留学中でも美味しい日本食が食べられる場所があるのは、かなり安心ですよ♪ 住所:72 Legarda Rd, Brgy. Campo Sioco, Baguio, 2600 Benguet 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み) ステーキ屋「TSOKOLATERIA」 バギオでもリーズナブルな価格で、ボリュームのあるフィリピン風のステーキを楽しめるレストラン。肉類以外にもアフタヌーンティーセットやデザート類、ドリンク類も充実。バギオメインストリートであるセッションロード沿いにあるのでアクセスも便利でお勧めです。フィリピンでガッツリ肉を食べたくなったらココ! 住所:Igorot Stairs, Upper Session Rd, Baguio, Benguet, 2600 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み) 隠れ家カフェ「OH […]

・セブ島留学がいま激アツな5つの理由

セブ島留学がいま激アツな5つの理由 <この記事は2017年5月26日に更新されました> セブ島留学という言葉はフィリピン留学と同じくらい認知度が高くなりました。 フィリピン留学は地域ごとにメリットやデメリットが異なりますが、その中で多くの人々を魅了しているのがセブ島留学です。セブ島は留学だけでなく観光地としても有名で、欧米人観光客やアジア人留学生で溢れている都市です。 フィリピン留学の中でも、セブ島留学が今“激アツ”と言われる理由とは何なのでしょうか。 それを探るべく、セブ島留学の5つの理由という観点から、セブ島留学の魅力やメリット、さらにはセブ島留学のデメリットまで包み隠さず明らかにしたいと思います。 セブ島留学の激アツな理由は、次の5つです。 メリハリのある学習スタイル 安心できる環境 料金が安い 便利である 多様性がある 理由1:メリハリのある学習スタイル フィリピン英語留学といえば、韓国式の厳しいスタイルとともに発展してきましたバギオ留学では、いまだに平日外出NGのスパルタ式のスタイルが、根強い人気を誇っています。 >>バギオ留学の魅力はこちら 一方で最近のセブ島留学は、リゾート地であることに加えて、平日外出OKなセミスパルタの学校が増えてきている影響もあり、厳しすぎずゆるすぎない、セブ島独自の「メリハリのある学習スタイル」を確立しつつあります。 メリハリのある英語学習は、日本人にとても合ったスタイルで、英語漬けになりながらも無理しすぎず息抜きも兼ねながら、モチベーションを長く保っていけるのが特徴です。 セブ島では良く学び、よく勉強し、よく遊ぶ事ができますが、おおまかにどのようなメリハリ留学ができるのでしょうか。 セブ島留学でのメリハリのある学習スタイルを以下の6つにまとめました。 セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業 学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 スパルタ・セミスパ関係なくメリハリ留学はできる セブ島の2つの顔、シティー&リゾート 世界一語学学校の選択肢が多いセブ島 短期留学で結果を求めるならセブ島留学 6つの理由の詳細については、【セブ島留学は驚くほど日本人の学習スタイルに適している!? 】にまとめてあります。 メリハリ留学の注意点 自己管理が必要 セブ島留学に行くと、日本ではあまり経験することのできない開放感があります。気分もメンタルも盛り上げる上に、充実に遊べる自然や施設、夜遊びも整っていますから誘惑に負けてしまうと遊びに走る恐れがあります。 一部ではありますが、セブ島の留学生の中には本来の目的を忘れてしまい、恋愛、旅行、お酒にハマってしまう人もいます。 その意味でも語学学校選びは大事です。スパルタかセミスパルタか、自己管理力が強い人に合うか弱い人に合うか規則はどれほど厳しいかをしっかりチェックする必要がありますね。 語学学校の選び方は各々の性格や目標によって変わってきます。 フィルイングリッシュでは、留学の目的や目標、個々人の悩みや弱みに合わせ留学プラン作成及び留学中のサポートを無料で手伝いしています。 >>>LINE@から訪問まで、フィリピン留学相談の種類を選ぶ 理由2:安心できる環境 英語留学のために海外に行くとき、まず前提となるのは「治安面で安心できる」ことです。 もし留学先が、治安が悪いと英語勉強ところじゃなくなりますよね。また、日本人が一人もいない環境であれば、不安ですし情報収集も難しくなります。 セブ島留学の治安はどうでしょうか。 セブ島留学は実際行ってきた日本人が多いため、「たぶん大丈夫かな」という認識と、「東南アジアだから危ないでしょう」という認識があるかと思います。 フィルイングリッシュは、フィリピン現地で留学サポートデスクを運営しており、カウンセラーのフィリピン在住歴平均は7年となります。フィリピン留学専門のフィルイングリッシュが思うセブ島留学が安心できる理由は以下の3つです。 セブ島≒L.A同レベル?実はセブ島の治安はそれほど悪くない セブ島には日本人留学生が多い フィリピン人が平和である ということから安心できる環境で留学生活を送ることができるのです。 安心留学の注意点 セブ島に英語の勉強を目的として留学している人が大きな事件に巻き込まれる可能性は非常に低いです。 ですが、スリや盗難のような軽犯罪はまだまだ多く発生しています。 それらを回避するためには以下のことに気をつけてください。 かばんを前にかける かばんや荷物は自分の手元から離さない 日本の財布は持ち歩かない、小銭入れを使う 財布を持ち歩く場合は、前ポケットもしくはかばんに入れる 派手なブランド物を身につけない セブ島の治安に関する詳細については、【セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話 […]