Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

TALK ENE

英語初心者からTOEIC高得点獲得まで一気に解決!短期間でTOEICスコアアップ!

Baguio TALK ENE Center

2007年開校したTALK ENEセンターはフィリピンのバギオに位置する英語スクールです。フィリピンで点数アップを重視したTOEIC専門学校と言えばTALK ENEセンターと呼ばれるほどコース運営留学プログラムの完成度が高いです。 

TALK ENEセンターは韓国、台湾でTOEICプログラム専門校として広く知られています。TOEICコースは一日マンツーマン授業6時間が進行いたします。TOEICに初めてチャレンジする人々に対してTOEIC全般に対する理解をさせますが、400点くらいのレベルからは毎日模擬テスト(夜)を実施し、次の日のマンツーマンで復習するパターンを繰り返します。コースは実践感覚を育て、弱点を補強する所に重点を置いております。TOEICコース受講者の点数アップ力を見ると、300点数の方々が8~10週くらいで700点くらいまで伸ばし、500点台の留学生は800前半台を獲得するケースもあります。点数アップ幅はすごく大きいです。 

TALK ENEセンター受講生の約半数はESLコースを選択いたします。ほとんどは英語ビギナーですが、ESLコース修了後TOEICコースに移行する場合が多いです。通常ESLコースを4~8週程度勉強し、英語の全般的な力を伸ばしたあとにTOEICに進むパターンです。TALK ENEセンターのESL、TOEICコースの満足度は高いです。特にフィリピン講師陣のレベルとマネージャー(フィリピン現地の日本人スタッフ)の対応とケアに対する評判がいいです。過去1年間問題となっていた辛すぎる料理とちょぼちょぼしか出ないシャワーのお湯問題も改善されているようで最近あまり不平を聞きません。

 
学校名 Talk Academy E&E Center
住所 Lot A Imelda Marcos Barangay, Marcos Highway, Baguio City
設立年度 2007年
定員 57名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL、TOEIC
講師 28名(フィリピン人)、1名(欧米ネイティブ)
日本人スタッフ 駐在
日本人の割合 30%程度
学校施設 マンツーマン講義室、グループ講義室、休憩室
寮の施設 鏡、シャワー、温水器、冷蔵庫、タンス、机、ベッド、サイドテーブル、インターネット(2Fカフェテリアのみ使用可能)
その他の施設 カフェテリア、卓球台及び簡単な運動施設
日本人スタッフ 駐在
日本人の割合 30%程度
学校施設 マンツーマン講義室、グループ講義室、休憩室
寮の施設 鏡、シャワー、温水器、冷蔵庫、タンス、机、ベッド、サイドテーブル、インターネット(2Fカフェテリアのみ使用可能)
その他の施設 カフェテリア、卓球台及び簡単な運動施設

留学訪問記:バギオTALKで英語初心者がTOEIC850点取る方法を調べる
2014/12/12

留学訪問記:バギオTALKで英語初心者がTOEIC850点取る方法を調べる TOEIC専門のバギオTALK ENEセンター合同インタビュー 英語初心者がTOEIC850点を取るためには? こんにちはフィルイングリッシュです。今回のTALK訪問記は「TOEIC850点をどのように獲得するか」というテーマに沿った合同インタビュー形式でおおくり致します。 12月5日(金)、学校の6階にあるオフィスで、フィルイングリッシュのカウンセラー2人とTALKの学生2人、そしてマネージャー1人を交えた合同インタビューを行いました。 インタビュー参加者は以下の通りです。 ●ギムヤングン君/以下英語名:SQUIRE君(韓国人男性/留学7週目) ●RIEさん(日本人女性/留学5週目) ● TALK ENEマネージャーJUNEさん(韓国人) ● 後藤(フィルイングリッシュ、カウンセラー) ● 高橋(フィルイングリッシュ、カウンセラー) 正直TOEICのスコアアップは、決して簡単なことではないかと思いますが・・・実際に留学してみてどうですか? SQUIRE)そうですね・・・僕は入学当初のTOEICスコアが325点だったんです(笑)もともとの英語レベルが本当に低くて最初は授業についていくのでさえ大変でした。入学から3・4週間は本当に辛かったです(笑)。 RIE)私はあまり・・・(笑)そこまで大変ではなかったですね。基本的な単語や文法はある程度勉強して来ましたし、ある程度TOEICについての知識もあったので・・。 入学当初はTOEIC325点だったSQUIRE君は、昨日の模擬テストで900点、今日は910点を獲得したそうですね。RIEさんは、たった5週間でTOEIC590点から915点までスコアアップ。スコアが上がった最大の理由は何だと思いますか? SQUIRE)んー、語彙力ですかね。TALKでは単語を毎日暗記しなければならないので、暗記した単語が増えるにつれて、英語に対して自信が持てるようになりました。授業で先生が何を言っているか聞き取りできるようになって、TOEICリスニングやリーディングでも答えられる質問がどんどん増えていきました^^ RIE)毎日の模擬テストと単語テストのお陰だと思います。テストに慣れることでパターンがつかめますし、単語テストも繰り返しやることで記憶に定着するんですよね。 「単語」力について語って頂きましたが・・・ マネージャーJUNEさん、具体的に説明して頂けますか? JUNE) はい、TALKでは月曜日から金曜日まで、平日は毎日夜の7時から1時間、単語テストを行っています。出題される単語数は160個、1日の暗記量は40個で、残りの120個は3日前に出題されたものが続けて出されるという形式です。テストは1個の単語ごとに、米国、英国、オーストラリアの計3種類の発音を学生に聞かせ、スペルと意味を書き出させます。最近はこの3か国の発音が混ざって出題される傾向があるので、うちではその対策も兼ねているって訳です。日本で先月購入したTOEIC単語本と、TALKが自主制作した単語本の2種類どちらかを選べます^^ SQUIRE) 僕もこの単語テストは本当にためになっていると思います。4日間暗記した単語が繰り返し出されるので、頭にしっかり残るんですよ。 RIE) 4回繰り返しテストに出されるので、完璧に覚えられるようになります。意味やスペルだけじゃなく、聞き取れるようにもなるので、実際のテストでも本当に役に立ちます。 写真左:RIEさんの単語テスト答案用紙。自分で答え合わせをし、マネージャーに正解数を報告します。/右:単語テストに使われている単語帳。 TOEIC高得点、850点以上取るのに、最も大事だと思うことは何ですか? SQUIRE) 僕は、単語力とリスニング力がある程度ついてからは授業の聞き取りや先生との会話で困らなくなりました。大体その時点でTOEIC700点くらいだったと思うんですが・・・。ここからTOEIC800点を越えるために一番大事なのは「復習」だと思います。今日910点取れたのは、毎日の復習の賜物ですよ絶対! RIE) 私も「復習」だと思います。単語テストは、夕食後7時から1時間を行って自分で採点します。模擬テストは8時から10時までで、終わったらすぐに採点してもらえるので、どこを間違ったかすぐに確認できるんです。リスニングの音声ももらえるので、答えられなかった単語もちゃんと聞き直せるんですよね。分からない問題は、翌日の授業ですぐ聞けますし、解きっぱなしにならないってことが一番重要だと思います^^ 高得点獲得の理由が「復習」と、意見が一致しましたが、どんな方法で行っているのですか? SQUIRE) 毎日授業後に行われる模擬テストの内容を、翌日のマンツーマン授業中に4〜5時間かけて復習するんです。間違った問題を徹底的に分析するんです。TOEIC700点台後半の時は2〜3時間くらいしか復習に使いませんでしたが、870点を超えたぐらいから復習により時間をかけるようになりました。ENEはTOEIC専門の先生ばかりですし、ほとんどの学生がTOEICのために留学しているので、復習するにも色んな人から教わることが出来ます。 JUNE) 正規授業のマンツーマン6時間は、学生のTOEICレベルとニーズに応じて割り当てられる科目は変わり、カスタマイズが可能です。例えばTOEIC500点レベルの学生は、TOEICリーディング2時間、リスニング2時間、残りの2時間は昨日の模擬テストで間違った問題の文法、単語、リスニング、リーディング別に分析して復習に当てることが出来ます。実戦感覚を磨くためにもスコアが上がれば上がるほど、模擬テストで間違った問題により集中的な復習が必要だと考えています。 正規授業+単語テスト+模擬テストの1日9時間というスケジュール。かなりきつくないですか? SQUIRE) 正直、正規授業6時間が終わって、夕食後すぐに単語テスト、模擬テストとなると、最初はかなりきつかったです(笑)最少は空き時間や部屋に帰ってからも必死で単語を覚えてましたが、最近はもう慣れちゃいました。 ERI) TALKはTOEICスコアを本当に必要としている人ばかりなので、真面目に勉強しようという良い雰囲気があると思います。きついですが、耐えれば耐えた分だけスコアは上がりますよ(笑) 正規授業マンツーマン6時間+単語テスト+模擬テストの1日9時間というスケジュールが進行されるTALK。単語テストと模擬テストに備えた自習時間も含めると、かなり学習量は多くなります。写真はTOEICリスニング授業の様子。学生のレベルが低い場合、TOEIC教材を使用しパート別で授業が進められますが、英語のレベルが上がるにつれ前日の模擬テストの復習時間が多くなります。 TALK留学生は平均的にどれくらいスコアが上がりますか?具体的に、TOEIC500点の学生が12週留学をすれば何点アップが可能なのか正直に教えてください! JUNE) どの学生も、8週間で200〜250点、12週だったら300〜400点はアップします。 TOEIC500点台の前半だと、850点は取れるはずです。SQUIRE君とERIさんのスコアアップは他の生徒に比べてかなり速い方ではありますね~。あえてTOEICスコア保証コースを選択する必要は正直ないと・・・思います・・・(笑)実際ちゃんと上がるので。 TOEIC正規試験はどこで受けるんですか? JUNE) バギオ市内のHELPマーティンスが試験会場です。毎月1回は行われるので、留学中に1回は受験されることをお勧めしますね。留学中何回も受験してる学生も多いです。今年からHELPマーティンスのステップがTALKまで直接来て申し込みを受け付けてくれるので、かなり便利になったと思います。申し込みは受験日の10日前までで、会場はTALKからタクシーで約10分かかります。 先生はどうでしょうか? […]

留学訪問記:フィリピンTOEIC留学に有力なバギオENEの紹介
2014/01/19

留学訪問記:フィリピンTOEIC留学に有力なバギオENEの紹介 TOEICを受験する管理者の態度が良い学校バギオTALK E&Eセンター フィリピンの大部分の学校はTOEICコースを運営しています。実際に在学生が程度在籍し、TOEICに対する講義のノウハウが有無に係わらず、まるであたりまえのようにTOEICコースを開設しています。なぜでしょうか? これは学校の利益と在学生の大部分を占めているESLの学生からの変更が容易だからです。ESL コースが1つしかなければ学校が貧弱なように見え、ESL, TOEIC, IELTSなどのコースをずらっと並べれば、良い学校のように見えます。もちろんESLの学生達が70~99%を占めています。ただ実際に留学を考えて いるみなさんは、その学校のTOEICコースがどうやって運営されているか証明された内容を知ることが難しいです。 なぜか? みなさん御存じの通り、インターネット上ではいつでも「こっそり」ねつ造が可能だからです。笑 TOEICコースはTOEICという英語公認試験準備をするコースです。徹底的に目標点数の獲得を目指しプログラムが運営される側面があるわけです。学生 の現在のレベルから決められた留学期間の間、どれだけ多くのTOEIC点数を上げるかが鍵です。期待以上の点数アップを達成するという事が全てとなりま す。それならばTOEICコースを運営していると宣伝して、相談をして、講師を準備すればいいのか? もちろんそうではありません。 目標点数のため、いや、目標以上の点数を獲得するためには「これが必要だ!」 TOEICのノウハウと経験がある専門講師陣、TOEICコースの学生をうまくケアできる経験のあるマネージャー、学校全体の勉強に対する雰囲気、定期的 に行われるテストとフィードバック、TOEIC試験に対する情報と最新ニュースまで、これらの全てを揃えていなければなりません。 この中でも私はマネージャー(学校関係者)の努力とサポート能力とTOEIC専門講師の方が一番重要だと考えています。TOEICコース運営のために基本的な事ですが一番重要なポイントを揃えている学校を紹介すること。インターネット上の広告ではなく、実際感動するTOEIC教育が行われている場所を捜し出すこと…これがフィルイングリシュの役割だと考えています。 今回はバギオに位置しているTALK ENEセンターを訪問いたしました。TALKはバギオに合計3つのキャンパスを運営しています。こ の中でENEセンターは定員約50名以内の少数精鋭のTOEIC専門の学校です。1日6時間(50分授業,10分休憩)のマンツーマン授業だけの正規授業 が行われ、夕食後1時間の単語テスト、2時間の実戦TOEIC模擬テストが行われます。テスト結果は翌日の授業時間を使って復習します。マンツーマンでの み授業が行われ、学習者の個人的な特性と弱点部分に対して補完が可能という点、そして毎日2時間のTOEIC模擬テストで実戦感覚を養ってテストに慣れる という点がこの学校の長所といえます。 ■ ではTALKのENEセンターを見て行きましょう! 学校の外壁はピンクの6階建ての建物です。1階は地元の米屋兼スーパー、2階は食堂、3階と4階は男性寮、5階は女性寮と洗濯室、6階は講義棟とオフィス があります。学生達は昼間は6階講義室か2階の食堂で自習をしたり自分の部屋でお昼寝をしています。インターネットは3,4,5階のソファーのある休憩ス ペースと6階の講義室、2階の食堂で利用可能です。 TALK ENEセンターはTOEIC専門学校らしく講師の質を一番重要としています。講師の採用方法も英語が達者な事はもちろん、試験問題に対してどれだけ学生に 上手く説明でき、理解させられるかという部分もしっかりチェックをしています。現在講師は35名程度で、毎月全ての講師はTOEIC試験を受験しなければ ならず、TOEIC点数950点以上の講師は常に20名程度在籍しています。もちろんその他の15名もほぼ900点以上だそうです。 マンツーマン授業の様子。講師の名前は忘れましたがこの方もTOEIC990点の満点保有者だといいます。昨年に10回受験し、8回満点を獲得したそうですね…うらやましいです。 6階の講義室の外の様子です。マンツーマン講義室は、夜10時以降個人的な自習部屋となり、必要な方には24時間開放しています。マンツーマン講義室の横にはテラスがあり、教室での授業に飽きた方の中にはテラスで授業をする人もいるそうです。 講師のインタビューを担当するフィルイングリシュ新井氏の後姿です。インタビューした内容や映像は TALKのページで確認することができます。授業中だったので学生に写真撮影の許可を貰ってインタビューを行っていますが改めてこちらでお礼を申し上げま す。(右側はENEセンター長で日本語堪能なCarrick氏) 学校の全体的な雰囲気はさわやかな印象を受けました。学生が50名なので学生はお互いに仲良さげに挨拶を交わし、学校のスタッフも学生の名前を覚えて、気 軽に呼んでいました。一般的に試験コースが活性化された学校は、まじめだったり重苦しい印象を受けるんですが、やっぱり定員が少ないのでアットホームな雰 囲気でした。 ■ では寮の方を見ていきましょう! TALK ENEセンターは以前はホテルだった建物を改築し使用しているので、各部屋ごとに雰囲気が違います。部屋の良しあしは運によりますが、部屋の大きさは期待以上に大きいでしょう。 3人部屋の様子です。ドアを開けるとすぐにテーブルと長椅子、鏡が目に入ります。中には各自の机、クロー ゼット、棚、ベッドがそれぞれ分かれて設置されています。3人部屋がこのように広い場所はセブのSMEクラシックキャンパス以外には見たことがありませ ん。トイレは勿論部屋の中にあります。シャワー室とトイレが分かれており、朝の授業を準備する時にはかなり助かりますね。 では、次は2人部屋を見て見ましょう(参考ですがこの写真は演出ではないですよ!笑)ドアを開けると個室 があり個室は2個の個室の共有のスペースです。部屋は充分な広さでここで話をしたり、個人的な仕事も可能だと感じました。左上の写真に写っているのが ENEセンター長のCarrickさんです。韓国人ですが日本に8年住んでいたので、日本語が流暢で親切な方です。 2人部屋の大きさは全般的に適切な大きさです。講義室や食堂で自習するのが嫌な方は部屋で充分に勉強する雰囲気を作り出せます。 階段を使って移動しますが、階段周辺には休憩スペースがあります。喫煙は禁止されていますが、Wi-Fiの使用ができます。授業の合間や授業後には学生達がここに集まって雑談しています。 食堂の写真です。食事の時間以外にも自習のために、たくさんの学生が訪れる場所です。24時間開放されて […]

 / 2
 / 1
フィリピン留学TALK ENE校:2ヶ月コース終了
2017/02/09

フィリピン留学TALK ENE校:2ヶ月コース終了 こんちには!! 2ヶ月のフィリピン留学を終えましたので、感想をレポートします!   ◉全体的な結果と感想: フィルイングリッシュさんのご紹介でTALKでの2ヶ月カリキュラムを実際に体験させて頂き、   自分なりに学校での出来事、 他の学生からの評価、 授業の内容、 2ヶ月前とTOEICの点数がどう変化したか?   をレポートさせてもらいます!     【カリキュラム】   模擬テストで使われたBOOK4~5種類のTOEIC用参考書から事務の方が選別し、冊子にして毎日ご用意してくれます。   ありがたいですね~   平日の月~金まで マンツーマン6時間 +単語テスト1時間 +模擬テスト2時間 +自習4時間の   計12時間を2ヶ月続けました。   学習の時間は結構取れていて、集中して勉強できる環境でした。   最初の1~2週間は寝不足と模擬試験中に2時間集中力が続かず、大変でしたが、慣れてしまったあとは少しずつ点数が伸びていくのに喜びを感じ、明確に自分の今のレベルを毎日点数に出してもらい、確認ができたので、モチベーションがずっと高いままTOEICに向き合う事が出来ました。     その日のテストで点数800以上になると翌日の掲示板で名前を張り出してくれます。 800点以上となると実際の公式でも同じくらいが期待でき、自信を持って試験に挑めますね!!!!   実は、毎日の模擬テストは難易度が少し違い、その半分以上がほとんどが実際のTOEICより難しくなっています。 少し負荷をかけていますので、より実際の公式では実力が出せるのではと思います。   週に1~2回は鬼のように難しい回があり、毎回その翌日には生徒間でブーブーと議論しがちです。 それもボキャブラリーを増やしたり、自分の苦手なところの強化になるので、良いと思いました。   カリキュラムは本当にTOEIC用になっています。   自習場所は自室が一番静かで落ち着いてできます。   ただ、WIFIが使えなくて、どうしても意味の解けない問題にぶち当たった時、韓国のスクリプトを翻訳アプリを使って翻訳できず。   ちょっと不便を感じた事が何回かあり、それが難点です。         […]

フィリピン留学TALK ENE校:バギオに必要な持ち物
2017/02/09

フィリピン留学TALK ENE校:バギオに必要な持ち物 こんにちには!! 2ヶ月のフィリピン留学を終え、   日本に帰国しました! オーストラリア半年+フィリピン3ヶ月の長旅 を終えて、約9ヶ月ぶりの日本です! やっぱり日本での生活は最高! ◉おすすめ持ち物の紹介: フィルエングリッシュさんのご紹介でTALKへ行ってみて、自分なりに生活・学校での困ったことをご紹介し、オススメの持ち物を記載していきます。 他の学生さんたちも同様に困っていた内容順にかいていきます。   困ったこと第1位! 健康面の低下   韓国の学生さんから紹介してもらった CALAMANSI(カラマンシ)   学校では平日は毎食、土日は2回提供されますが、圧倒的に炭水化物が多く、野菜不足に陥ります。 そこで韓国の学生さんにご紹介頂いたのがこちら。 カラマンシと呼ばれるレモンやライムの一種の柑橘系フルーツです。 ビタミンCを多く含んでおり、食事の時に摂取する糖分の過剰摂取を抑えてくれ、風邪や肌の老化を防ぎ、食欲の促進もしてくれます。 こちらはジュースにして飲むのがオススメ。 粉や凝縮バージョンもあり、毎日1袋を水か炭酸水(お湯もOK)に溶かして頂くとよいです!!! 多くの学生さんは、自国から胃薬を持ってきていました。 が、サプリメントなどの栄養補助食品がなく困っていました。 私もフィリピンでの生活で、食事面はかなり低下し、何回かお腹を壊してしまいました。 こちらのカラマンシーは値段も安く1杯だいたい10ペソほどなのでお財布にも良いしお手軽です! おすすめアイテム:第1位!日本の食料、サプリ 必要度 ★★★★☆ 栄養不足で肌あれ、寝不足、体力不足になってしまっては、せっかくのTOEIC漬け生活もだ いなしです! 持ち物:サプリメント、味噌汁などのインスタント食品、緑茶、正露丸などの胃薬 ↑ パート5、6担当の先生が書き出してくれたthat,whichの説明。 目的語と主語をそれぞれ説明するパターン 毎日の授業で必ず使うのが電子書籍とパソコン (リスニング音声を聞くためのもの)。 それに加えて、日本語の参考書(特にリーディングパート)!海外への留 学では当然毎日英語での学習になります。私の場合TOEICの点数が60 0点に満たないほどのスキルですので、どうしても英語では理解できな い部分。または説明をしてもらっても活用出来ない(戦略の意図を上手く 汲み取れない)事が出てきます。そんな時に必要なのが、日本語の解説付 き TOEICの参考書です。絶対に役に立ちますので、持って行きましょ う!!!!もしくは電子書籍でダウンロード!!!!   おすすめアイテム:第2位!日本の参考書 必要度 ★★★★☆ すでにTOEICの対策を日本で長く学習したことのある方。700点以上ある方は必要ないか もしれません。 持ち物:ETSのTOEIC公式問題集 (TOEICの毎日受ける模試では、回答用紙は韓国語になっていますので、私たち日本人 は解説を翌日の授業で聞き取らなければなりません。グーグル翻訳アプリで翻訳すれ ば、大まかな解説は理解できます。おすすめアプリです!) […]

フィリピン留学TALK ENE:バギオ勉強向けカフェ
2017/02/09

フィリピン留学TALK ENE:バギオ勉強向けカフェ バギオ周辺の自主勉強向けおすすめカフェをご紹介します! バギオ勉強向けカフェ ◉search point◉ お店の雰囲気、店員さんの親切さ、おすすめのメニュー、設備の項目でご紹介します。 外で勉強したいときは、いつもwifiの使えるカフェに一人で向かいます。 ですので、私の知っている中で一番勉強向きだったカフェをご紹介します! 一番最後のお店以外、紹介する全てのカフェでWIFIが使えます。 【OH MY GuLaY】 緑色のビルの最上階にある隠れ家ベジタリアンレストラン お店は緑色のビル一番上にあります! 見ただけで癒される空間と、テーブルごとに工夫された内装。 入り口前の写真。 このスペースでご飯を頂きました。 店員さんおすすめのサラダ、オムレツwithライス。左下はサンドイッチ、右下はテラス席の写真。   ヘルシーな料理とかなり広々としたお店 OH MY GuLaY 雰囲気 ★★★★☆ 店員さんの親切さ ★☆☆☆☆ ご飯の美味しさ ★★★★☆ 設備 WIFI使用できます。ソファ席2箇所とテラス席も4~6席設けら れています。特に学生さんや若い客層に人気です。 勉強向きかのオススメ度 ★★★★★ エピソード  コーヒー薄くないですここのは!^^ちゃんと淹れてるので菓子 パンやケーキなどと一緒に一息つくのに良いですよ! 私はベルベットケーキを一切れ頼みました。かなり量が多くて 食べきれないくらいです。でもめっちゃ美味しかったです。ベル ベットのスポンジ生地の間にベイクドチーズケーキの層があり、 私はチーズケーキに目がないので一口食べた時に驚ましたし、め っちゃ得をした気分でした。普通にチーズケーキをそのままベル ベットに挟んだ感じで、とにかくボリュームが凄かったです!! 接客は笑顔がありません目も合わせてくれません・・・。店員 さんの数は4人で十分なのに・・・。ただ作業はスムーズにされ ています。 感想 人気店の為、ちょっとWIFIが繋がりにくい事があります。数分 とかなのですが・・・全体的に居心地は良いと思います。ただた まに店員さんがモップするのにめっちゃ椅子の下を集中的に掃除 (攻撃)してこられます。 お店情報 住所: MTP […]

フィリピン留学TALK ENE:カフェテリア
2017/02/08

フィリピン留学TALK ENE:カフェテリア TALKの食堂での食事1週間のメニューをレポート ★感想★ 12月の初めからこちらの学校にお世話になりましたが、本当にいつも食事を用意するのは大変だなと思っていました。 従業員の方は2、3人ほどしかいらっしゃらないので、少ない人数で毎回バリエーションを変えていくのは 私にはとても無理だなと思うので、本当に感謝しています。 味付けは、やはり韓国人の生徒さんが多いので辛いものは必ず出てきました。 でも日本食やフィリピンの味付けもあり、ミックスされています。 基本的にごはん、メインのおかず、副菜2種、汁物、キムチの6種類です。 おかわりは、配膳の時間が始まってから20分後にできます。 メインのおかずは人気なのでなくなっている場合もしばしばあります。 月曜日 朝:おかゆ、のり、煮卵、ズッキーニのような緑野菜の和え物、味噌風味のお汁 昼:ごはん、とんかつ、キャベツ、キムチ、貝と大根のお汁 晩:ごはん、唐揚げ、もやし、じゃがいも、キムチ、貝のキムチスープ 火曜日 朝:パン(いちごジャムやアーモンドバターなど付けて)、キャベツ、目玉焼き、スライスチーズ、シチュー 昼:ご飯、豚肉と野菜炒め、辛いソース付きわかめ、唐キャベツ、キムチ、豚汁 晩:ご飯、イカフライ、カレー、緑野菜の炒め物、大根とタコのコンソメスープ 水曜日 朝:おかゆ、のり、煮卵、キムチ、コンソメスープ 昼:ご飯、鶏肉と生姜の煮物、ヨーグルトのフルーツ盛り合わせ、大学芋、きゅうりの酢漬け、キムチ、卵と野菜のお汁 晩:ご飯、とんかつ、緑野菜の炒め物、キムチ、コンソメ大根スープ 木曜日 朝:スキップ 昼:ごはん、焼きそば、ヨーグルトのフルーツ盛り合わせ、緑野菜の炒め物、甘辛ソースのソーセージ、ムール貝のスープ 晩:ご飯、チャプチェ、ちぢみ、キャベツの味噌炒め、キムチ、味噌風の野菜のお汁 金曜日 朝:スキップ 昼:ごはん、骨つき豚肉とじゃがいもの煮物、春巻き、緑野菜の炒め物、キムチ、キムチ風貝汁 晩:スキップ 土曜日 ブランチ:食パン、ミートパスタ、大学芋風のサツマイモ、クラムチャウダーのような野菜スープ 晩:スキップ 日曜日 ブランチ:ご飯、そうめんと骨つき豚肉のスープ、卵焼き、キャベツともやしの炒め物、キムチ 晩:ご飯、牛肉の煮付け、緑野菜の揚げ物、煮卵、キムチ、キムチスープ フィリピン留学TALK ENE校レポーター:AMY

 / 4
2017年 バギオ地域 TOEIC試験日程
2017/02/08

2017年 バギオ地域 TOEIC試験日程

  2017年のバギオ地域TOEIC公式試験日程の情報を頂きましたので、みなさまにご案内させて頂きます。TOEICコースを受講希望者で現地にて公式試験を受けたい場合、下記の日程を参考にし入学予定日を決める事を推奨します。  

【2017年バギオ地域のTOEIC公式試験日程】

リスニング&リーディング

スピーキング&ライティング

1/14(土) 1/15(日)
2/11(土) 2/5(日)
3/18(土) 3/18(土)
4/22(土) 4/22(土)
5/20(土) 5/21(日)
6/17(土) 6/17(日)
7/22(土) 7/22(土)
8/19(土) 8/19(土)
9/16(土) 9/16(土)
10/14(土) 10/14(土)
11/11(土) 11/11(土)
12/9(土) 12/9(土)
 

【申請時に準備するもの】

パスポートサイズのID写真2枚、パスポート、受験料2,000ペソ  

【追加情報】代理申し込み

現地スクールスタッフが代理でTOECI公式試験の申し込みを行っています。通常、試験日の10日前までに、2×2サイズの証明写真と受験料2,200ペソ(送料込。約5,500円)をスクールオフィスに提出します。   試験場所は、バギオ市内の試験会場となります。また、テスト結果はスクールに郵送するまでに、まず7~10日間ほどかかりますのでご了承下さい。  
TALK ENE 初日のスケジュール
2016/10/29

TALK ENE 初日のスケジュール

TALK ENE における新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。   【初日のスケジュール】
時間 内容
6:00 ~ 7:00 TALK ENE 到着
7:00 ~ 8:00 朝食
8:00 ~ 12:00 休憩
12:00 ~ 13:00 昼食
13:00 ~ 15:00 レベル分けテスト
15:00 ~ 17:00 オリエンテーション
18:00 ~ 18:30 夕食
18:30 ~ 20:30 お買い物及び両替
※スクール側の諸事情によりレベル分けテスト、オリエンテーションの時刻が反転することがございます。 1. 新入生は初日の6時から7時までの間にTALKへ到着します。 2. 到着した留学生は、7時から8時までの間に朝食をお取りいただきます。 3. 12時昼食の時間まで、休憩をしていただきます。 4. 12時から13時までの間に1階のレストランで昼食お取りいただきます。 5. 13時から15時までPlacement Testを実行します。 (登録コースに応じて、テスト終了時間は異なる場合があります) 6. テストを終えた生徒様は16時まで休憩をしていただきます。 7. 15時より6階オフィスにて集合していただき、ENEセンターオリエンテーションを約2時間行います。 8. オリエンテーション終了後、18時まで休憩をしていただきます。 9. 18時になりましたら、夕食を18時30分までに夕食をお取りいただきます。 10. 18時30分に新入生は2階ダイニングエリアに集まり、マネージャー引率でバギオSMモールにてペソ両替と生活必需品の購入をしていただきます。 11. SMモールでの両替と購入は20時30分までとなます。20時30分にマネージャー引率SMでENEセンターへ戻ります。
2016年 TOEIC 奨学金留学プログラムのご紹介 TALK ENE
2016/01/13

2016年 TOEIC 奨学金留学プログラムのご紹介

この度、バギオ地域にあるTOEIC教育専門学校 TALK ENE校より、奨学金留学プログラムを実施致しましたのでご紹介させて頂きます。   こちらの奨学金留学プログラムの目的は、お客様の経済的サポートはもちろんのこと、お客様の学習モチベーションを保つことで、フィリピン留学成功につながるためのプログラムになっています。以下が、TALK ENE校の奨学金留学プログラムの詳細になります。  

【2016年TALK ENE校の奨学金留学プログラム】

対象者:TOEIC初級者~TOEIC 780点以下の方 留学期間:8週間もしくは12週間 奨学金支給の条件:規定TOEIC奨学金支給規定スコアの達成者のみ   <TOEIC奨学金支給規定スコア> ・入学時スコアよりTOEICスコア100点以上の向上(8週間留学) ・入学時スコアよりTOEICスコア150点以上の向上(12週間留学) ※上記の奨学金支給規定スコアは、TALK ENE校80%以上の卒業生が達成されたスコアになっております。   ★奨学金★:60,000円(8週間)、90,000円(12週間)   本留学プログラムは2016年12月まで、毎月先着3名様限定とさせて頂きます。 詳細に関しては、留学カウンセラーまでお問合せ下さい。   また、奨学金留学プログラムのご案内は下記URLよりご覧になれますので何卒宜しくお願いします。 ⇒奨学金留学プログラム
TALK ENE バギオ地域 2016年TOEIC公式試験日程
2015/12/02

TALK ENE バギオ地域 2016年TOEIC公式試験日程

TALK ENEは、TOEIC専門校になっており、多くのTOEIC高得点者を輩出しています。この度、TALK ENE校より、2016年のバギオ地域TOEIC公式試験日程の情報を頂きましたので、みなさまにご案内させて頂きます。   【2016年バギオ地域のTOEIC公式試験日程(月1回、土曜日午前)】 4月9日、5月7日、6月4日、7月2日、8月20日、9月3日、10月1日、11月5日、12月3日   【申請時に準備するもの】 パスポートサイズの写真2枚、パスポート、受験料2,000ペソ   【追加情報】TOEIC代理申し込み TALK ENEでは、フィリピン現地学校スタッフが代理でTOECI公式試験の申し込みを行っています。通常、試験日の10日前までに、2×2サイズの証明写真と受験料2,200ペソ(送料込。約5,500円)をスクールオフィスに提出します。   試験場所は、バギオ市内の試験会場となります。また、テスト結果はTALKに郵送するまで約1週間ほどかかりますのでご了承下さいませ。  
TALK 2016年&2017年 マニラ空港ピックアップ日
2015/10/14

TALK 2016年&2017年 マニラ空港ピックアップ日

  TALKでは、2週間に1度、マニラ空港からの団体ピックアップを行っています。   ピックアップは22時から深夜の26時の間に行われ、貸切バスで移動します。バギオ到着は月曜の早朝になり、13時からスケジュールが始まります。あまりお待ちになりたくない場合は、夜の22時以降にマニラ空港着の航空券をご購入してください。   【2016-2017年TALKの団体ピックアップ日】 2016年 10/16(日), 10/30, 11/13, 11/27, 12/11, 12/25 2017年  1/8(日), 1/22, 2/5, 2/19, 3/5, 3/19, 4/2, 4/16, 4/30, 5/14, 4/28, 6/11, 6/25, 7/9, 7/23, 8/6, 8/20, 9/3, 9/17, 10/1, 10/15, 10/29, 11/12, 11/26, 12/10, 12/24   *団体ピックアップ日以外のご到着を検討されている皆さまへ TALK ENEセンターはマンツーマン中心の授業編成がされていますので、団体ピックアップ日にご到着出来ない場合でも授業日数に大きな支障はございません。その際、個人的にバギオまでバスやその他の交通機関を利用して直接向かうことも可能です。   または、弊社が取扱っております、フィルイングリッシュ送迎サービスの申請もすることが可能です。弊社の送迎サービスをご利用される場合は、弊社のフィリピン留学担当カウンセラー)に問い合わせをお願いしております。   *1ヶ月20日間の授業保証 TALKは月の初日から末日までを基準に、1ヶ月20日間の授業日数を保障しております。フィリピン祝日は一般的なフィリピン英語スクールでは休校となりますが、祝日が多い月に授業数が極端に減ってしまう場合につきましては、土曜日や祝日に通常授業を行い、1ヶ月最低20日の授業を行うことを保証しております。   *帰国される際に関する情報 施設の退寮日は日曜日の午後1時までです。バギオからマニラへ行く方法は、主に空港バス(バギオで毎日午後2時出発)または市外バス(毎時出発)を利用していただいております。   留学終了1~2週間前にフィリピン滞在の現地スクール管理者が退室方法及びマニラまで行く手段に関して案内をしてくれます。
TALK バギオからマニラ空港までの行き方
2014/12/10

TALK バギオからマニラ空港までの行き方

TALKでの留学終了後、マニラ空港への行き方は以下の通りです。TALK 側は留学生の帰国便に合わせて、マニラ空港行の出発時間やバス会社を詳しく案内してくれます。   1)スクールのピックアップバス利用 TALKは2週間に1回の日曜日、マニラ空港に向かう送迎車を出しています。留学生付近から午後2時に出発し、マニラ空港には午後9時頃到着します。日曜日午後22時30分以降の便を利用する方にお勧めしてます。ターミナル1~3まで周り、費用は1,300ペソです。   2)JOYバス(高級バス)利用 マニラ空港ターミナル3へ向かうバスです。座席が大きく、バス内にトイレもあります。土・日曜日共に毎日12:30、15:00、20:00、22:00、00:30、2:00、6:00、9:00に出発し、1〜2日前に予約が必要です(マネージャーから案内があります)。ターミナル 1もしくは2を利用する方は、ターミナル3からタクシーで移動します。 費用700ペソ、所要時間約5〜6時間。   3)ビクトリーライナー(Victory Liner)バス利用 バギオ - マニラ間の移動利用で最も本数が多い市外バスです。毎日毎時間運行しており、マニラのパサイ(Pasai)ターミナルで下車し、タクシーでマニラ空港まで行く必要があります。バス車両ごとに値段が異なり、費用は450〜750ペソ。パサイターミナルから空港までタクシー料金は約150〜250ペソ。   20141206_1537123  
 / 1

よく読まれている留学体験記

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点 ◆スパルタタイプとセミスパルタタイプ フィリピンの英語学校は大きく2つの種類に分けることが出来ます。 スパルタタイプの英語学校とセミスパルタタイプの英語学校です。 ともにスパルタという言葉が含まれており、両タイプとも何かしら厳しい環境で英語留学をするというイメージを持たれる方がいますが、この2つのタイプの特徴は全く異なっています。この2つのタイプの特徴を表にまとめてみました。 タイプ別の特徴 ■スパルタタイプ ■セミスパルタタイプ ・平日外出禁止 ・平日外出可能 ・放課後の強制自習 ・放課後は自由時間 ・学校の規則に管理される 学生の自主性を重んじる 表のように、スパルタタイプの英語学校は規則で学生を管理し、だれもが着実に英語力をつけることが出来るカリキュラムを運営し、セミスパルタタイプの英語学校は学生の自主性を重んじることで、学生の自身のペースで英語学習を進めていけるカリキュラムを運営しています。 セミスパルタタイプの英語学校の中には、参加義務のある放課後の授業を運営しているものもありますが、一般的に平日の外出ができるか否かによってスパルタタイプかセミスパルタタイプかに分類されます。 以上の点から、スパルタタイプの学校の方が英語力を伸ばすことが出来る、と感じる方がいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。これらのタイプは「勉強のスタイル」と言い換えることもできます。 どのように勉強をすればいいかわからない方は、スパルタタイプの英語学校でどのように英語を勉強していきながら良いか常にアドバイスを受けながら英語学習を進めることが出来ます。反対に、自分の学習スタイルをすでにお持ちで自由に英語学習を進めていきたいという方はセミスパルタタイプの英語学校の方が合っていると言えます。自身に合っているスタイルの学校を見つけることが出来れば、英語力を伸ばすことは難しくないでしょう。 今回は、スパルタタイプの学校にフォーカスを当てていきたいと思います。 ◆スパルタタイプのメリット 学校に生活の管理をされるスパルタタイプでは、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ①留学を失敗させる可能性が低い 平日は放課後の外出が制限され、正規授業以外にも出席義務のある授業が多いので、英語学習以外にすることがありません。否が応でも英語学習をしなければいけない環境に置かれるのです。期間中は脇目も振らず英語学習に集中することが出来ます。大変ですが、苦悩の後に結果はついてくるものです。 ②自分で学習プランを立てなくても良い 英語学習をしたいけれどどのようにすればいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。スパルタタイプの英語学校では放課後の授業に、昼間の授業の復習、次の日の授業の予習などでやることがたくさんあります。目の前にあることをやり通せばよいので、学習プランを立てるのが苦手な方でも悩む必要はありません。 以上のように、スパルタタイプの英語学校では詰め込み式で英語を身につけていきます。この方法は特に英語初心者の方に向いてる学習方法です。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングに語彙や文法を総合的に学べるので、英語初心者の方が8~12週間スパルタタイプの英語学校に留学をすれば、英語中級者ほどの英語力を身につけることが出来ると言われています。 では、スパルタタイプの英語学校を選ぶ際の気を付けなければならないことを確認しましょう。 ◆スパルタタイプの留意点 ①自分の勉強スタイルが決まっている方には向かない 学校から生活を管理されるので、自分のペースで英語学習をされたい方にはスパルタタイプは向いていません。 ②英語中級者以上の方には合わないことが多い 英語の基礎を徹底的に固めるスパルタタイプは、特に英語中級者以上でスピーキング中心のプログラムを希望される方には向いていません。ただし、バギオの英語学校などには英語上級者向けスパルタタイプの英語学校もあります。 ③留学期間は最大16週間まで 学習強度の高いスパルタタイプですが、ストレス強度も高いと言えます。スパルタスタイルの学習を続けるには16週間が限度と言われています。それ以上留学をされたい方は、留学の途中でコースや英語学校を変えることでセミスパルタタイプの学習スタイルに変更することをおすすめします。 一見、とても大変そうですが、その分、身に着くことも多いのがスパルタタイプです。自分の目的や英語力、性格なども鑑みて、自分にぴったりの英語学校を見つけましょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するための準備 スパルタタイプの学校に行くことを決めた英語初心者の方は、ぜひ留学前から英語学習の準備をしておくことをおすすめします。時間に追われることが多いスパルタタイプの学習スタイルでは、授業をしっかりと理解することが留学成功の秘訣となります。では、英語初心者が留学を成功させるためにどのような準備をすればいいのでしょうか。 ①中学英語レベルの英単語を覚える 大学生の方なら中学生時代に使っていた単語帳をはじめから覚えておきましょう。社会人や英単語帳を新しく購入しようと考えている方は、書店で英単語長をパラパラとめくってみて、3割ほど自分の知っている単語が載っているものをおすすめします。すべて知らない単語ばかりだと勉強するのが嫌になりやすいですが、知っている単語があると、続けていくモチベーションも維持できます。 ②中学英語レベルの英文法を覚える こちらも大学生なら昔使っていた文法書をやり直しましょう。大体覚えていれば問題ありません。社会人や新しく購入される方は、中学時代使っていたのと同じものか、やりなし英文法のようなものでも良いでしょう。何が良いかわからない場合は直感で決めてしまっても構いません。 フィリピンへ英語留学をして一番多く聞く失敗談は、「英単語や基本的な英文法をちゃんと覚えてくればよかった」です。もちろんわからないことがあれば先生たちは丁寧に指導してくれます。しかし、基礎単語や基礎文法など自分でもできることに留学の貴重な時間を使うのはもったいないです。留学をする前からできることを少しずつ続けることで、意義のある留学にすることが出来るでしょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するときの持ち物 ・使い慣れた英文法書一冊 英語留学前の事前学習で使っていたもので構いません。日本語で解説が記載されている英文法書を一冊お持ちください。留学後に配られるテキストはすべて英語です。英語だけの説明だとどうしても理解できない部分が出てきます。そんなときは日本語で解説を読みしっかりと理解しておきましょう。最初は無理をせず確実に英語力を身につけていくのが肝心です。 ・電子辞書 最近ではスマートフォンに内蔵されている辞書を使用されている方も多いですが、その場合はインターネット環境が無くても使用できるものをおすすめします。フィリピンでは日本ほどにインターネット環境は整っていませんし、教室ではインターネットが使えない英語学校も多くあります。オフラインでも使えるものを用意しましょう。 最後に、特に評価の高いスパルタスタイルの英語学校を紹介したいと思います。 ◆スパルタタイプの英語学校 【セブ地域】 ◆CG セブの中心地から少し離れたところに位置するスパルタスタイルの英語学校。 毎日の単語と文章テストで英語の基礎をたたき込みます。 朝から晩までのみっちりスケジュールにも関わらず学生たちの笑顔が絶えない雰囲気の良いアットホームな英語学校です。 ◆CPILS […]

セブ留学とバギオ留学

『セブ留学とバギオ留学   留学カウンセラーの後藤です。   フィリピン留学を検討されている方からよく聞かれる質問の中に、どの地域を選べばいいですか?というものがあります。 フィリピンの中で最も知名度が高い地域はアジアを代表するリゾート地、セブ。同じく語学学校の数も最も多い地域です。その次に学校が多いのはバギオ。日本での知名度は低いですが、フィリピンでは有名な観光地です。スパルタタイプの学校発祥の土地でもある為、歴史深いスパルタ校が数多くある学園都市でもあるんです。 大体の情報はネットに載っているけど、どちらの地域を選んだらいいか分からないという方に、今回は「セブ留学」と「バギオ留学」の特徴と違いについてまとめてみました。気候や周りの環境以外にも細かい違いがこの二つの地域にはあります。セブかバギオで地域を迷われている方の参考になればいいと思います。   ①大きな特徴 セブ バギオ アジア有数のリゾート地でありフィリピン第二の大都市。 セブ島:活気あふれセブの経済中心地。交通量が多くレストランやショッピングモールが立ち並び利便性が高い。 マクタン島:リゾートが立ち並ぶのんびりとした雰囲気。人口・交通量も比較的少ないため、リラックスできる環境あり。   地域 マニラからバスで6-7時間北上した場所にある、山に囲まれた高山都市。(バスの種類によっては約4時間ほどで移動可能。)平均気温が低い為、避暑地や観光地としてフィリピン国内では知名度が高い。 大学が多くある教育都市であるため、レベルの高い講師を採用しやすい背景もあり、講師の平均的な質が高い地域でもある。   亜熱帯気候に属し、1年を通して日本の真夏に近い暑い気温が続く。年平均気温は26~27℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 気候 標高1500mの高さにあるため、1年を通して日本の初秋のような涼しく過ごしやすい天候が続く。年平均気温は17~19℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 観光地であるため治安はかなり安定。外国人や観光客を狙ったスリ等には要注意。 治安 人口の半分が学生である教育都市でもあり、カジノや大きな歓楽街がなく治安は安定。 ・海や外出先で楽しめる環境が揃っている ・日本から直行便が出ている メリット ・勉強にしっかりと集中できる ・涼しく過ごしやすい気候 ・物価が少し高い ・娯楽や誘惑が多い デメリット ・市内に娯楽が少ない ・マニラからの長時間移動が必要(約6-7時間) 英語学習だけでなく、海外での生活も満喫したい人。自分自身をしっかりとコントロールできる人。海やシティが好きな人。 向いてるタイプ 勉強だけに集中したい人。暑いのが苦手な人。自然や田舎が好きな人。 ②留学生活 セブ バギオ 平日外出可能/平日外出禁止の学校どちらもあり。 校風 平日外出禁止の学校がメイン。 ・校内で勉強・運動 ・レストラン・カフェで気分転換 平日 校内で勉強・運動 大型ショッピングモールで買い物、ビーチリゾートでアイランドホッピング等。   週末 自然公園や隠れ家カフェ・レストランでリラックス。   ボホール島・ジンベエザメツアー等1日で行ける観光スポットあり。   […]

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』 言語の上達は、「楽器」と「スポーツ」のやり方と同様と考えます。方法は2つ、「ルール」を覚えてひたすら「練習」することに限ります。これを持続するためには、何かの「動機」が必要となります。動機とは大げさなことではなく、単純に「外人と喋りたい」、「旅をもっと楽しみたい」など、どのようなものでも構いません。もちろんTOEIC・IELTSスコアやビジネス英語力を身につけたいなど、はっきりした目標があった方が比較的上達スピードは速いですが、漠然で純粋な趣味レベルの動機が必要性を超えるケースも多くあります。  <カウンセラー佐藤> こんにちは。フィルイングリッシュ東京所属の佐藤です。 これまで合計9年ほど言語教育に携わり、様々なレベル、様々な目的を持つ言語学習者に出会えて来ました。現在も弊社東京事務所にて月70名ほど、様々な目的を持った方々の留学プラン作りをサポートしております。ほとんどの英語初心者の方は、「何を、どこから」スタートすれば良いかが分からないです。何となく始めても「持続的に」やっていけば英語力は伸びますが、持久力に限界があります。強制されなくても続けられることは、好きで、楽しい事ですよね。英語は教わるものでも勉強するものでもなく、コミュニケーションを取る道具。とりあえず、ビギナーレベルを卒業し、使えるようになったら、勝手にもっともっとやりたくなるものです。 ■ 好き嫌いで相性チェック! 学校タイプ(セミスパルタ・スパルタ)の違いは、英語力向上のための運営方式(アプローチ)の違いなので、どちらがもっと英語が伸びる訳ではありません。   好きなこと 嫌い・心配なこと おすすめタイプ ✔自分のリズム ✔オリジナル、カスタマイズ ✔強制・拘束 ✔ルール・規則が厳しい セミスパルタ ✔きっちりした体系型システム ✔ミニマム結果保証 ✔自己管理が苦手 ✔周りに流されること スパルタ ■  学校ピックアップの前提条件 ☑レベル:TOEIC400以下のビギナー ☑目標:これっと言った目標はない、なんとなく必要じゃないかと思う ☑年齢:19~30歳 ☑地域・期間:セブ・8~12週 おすすめ① Philinter:外人と英語がしゃべりたい人、現場に行こう! 日本での独学の一番つまらないところと言えば、使い道のないものを永遠と続けなければいけない事。国際色豊かな英語使用環境に身を置き、その日習った事をその日使っていきましょう。英語使用環境に加え、セブスパルタ学校のモデル的存在で教育のクオリティーには定評がある学校です。多国籍留学生、信頼度No1、2か国留学向け、4週158,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ② Cebu Blue Ocean Academy:「ザ・セブリゾート」でちょっとリッチな英語留学 日常で絶対出会えなさそうな人と話す。旅の魅力の1つではないでしょうか。海外気分を満喫し、心に余裕を持って毎日英語を学び、使っていく環境です。自分をゴールに合わせる「必要」がある方には、きつきつのスパルタ姉妹校(PINES)、英語を自分に合わせて身につけたい方には、この学校。講師優秀、施設・付帯施設優秀、大人向け141,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ③ CG:徹底的に基礎を叩き込む。校内母国語禁止で初心者でも恥ずかしくない 英語初心者の素朴な悩みの一つ、「知ってることでも口から出すのが恥ずかしい」。しかし、英語は自分の言いたい事を伝えるためであって正しく話さなきゃいけないものではないことに気づいたら、何とかコミュニケーションを取ろうとする姿勢になります。CGは、とりあえず学校の指示に従がって課されたものをクリアしていけば良い「がちがちのスパルタ学校」です。規則厳し目、学習量・課題多め、和気藹々、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る おすすめ④ CPI:全ての科目が会話中心、多くの学習選択肢を提供するのびのびスパルタ 「オール英語の授業ってついていける?」英語初心者の方の留学前の心配の1つ。CPIの授業は、文法及び読・書・聞・話全ての授業が学生のスピーキング(発話)を軸に設計されています。授業での「会話式」進行の割合が他行より多め、初心者でも安心できます。施設・食事レベル超優秀、国籍比率良い、テスト対策に繋げやすい、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る ■ ビギナー向け選定学校のまとめ 学校タイプ 学校名 定員 日本人割 人気・おすすめコース セミスパルタ Philinter 150名・中規模 40%未満 IPS(スピーキング特化)、Business 多国籍留学生、教育の信頼度トップ、便利な立地 Cebu Blue Ocean […]