Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

セブ ブルーオーシャン (CBOA)

バギオの王者がセブで始動!マクタン島リゾートホテル滞在、セブブルー オーシャン

CBOA(Cebu Blue Ocean Academy)

フィリピン全土にある約400の英語スクールはセブ、マニラ、バギオ、ダバオ、バコロドなど大まかに7つの地域に集中しておりますが、その中で講師や留学カリキュラムの平均レベルが一番高い地域は学園都市バギオであるという事を知る人はよく知っております。そしてその中でキングオブキングスとして定評のある優秀校がPINESアカデミーです。

バギオはスパルタの総本山。バギオのスクールが多数のマンツーマン授業と自由度の高いカリキュラムを提供するスタイルが主体のセミスパルタ王国であるセブに進出する事はありませんでしたが、PINESはフィリピン留学業界の代表的2地域の垣根を超え第3キャンパスであるCebu Blue Ocean Academy(セブ・ブルーオーシャン・アカデミー)を開校する事となりました。(2015年6月28日オープン)

セブブルーオーシャンの特徴は大まかに3つです。

フィリピンでトップランキングを誇る優秀な講師陣。マンツーマン授業を多数提供する柔軟なセミスパルタ留学プログラムの提供。そして大海原を見渡せるリゾートホテルでの快適な生活環境。

セブブルーオーシャンに赴任する80名の講師中50名の主力はPINESの優秀講師陣から選抜。PINESチャピス校は弊社が昨年(2014年) 160回にわたり、59のフィリピン語学スクールを訪問した中で講師のレベルや学習面の満足度で一番の総合評価点数を獲得した英語学習教育機関でもあります。

セブブルーオーシャンの第二の特徴はマンツーマン授業多めの留学カリキュラムと自由度の高いセミスパルタシステムです。1日9時間のマンツーマンコースはセブではマンツーマン授業数最多を誇ります。受講科目もなるべく留学生の要望を受け入れてくれる柔軟性を持ちます。生活面では平日放課後外出自由。自由なカリキュラムと校風-ここがバギオの本家PINESと大きく異なる点です。

セブブルーオーシャンの第三の特徴はゴージャスなホテル住まいを核とする快適な生活環境です。セブのマクタン島に密集する高級リゾートホテル群。その中で東海岸を見渡すEGIホテルの敷地内に校舎を新築し、寄宿舎はホテルルームを使います。留学生はEGI施設内にあるプライベートビーチ、3つのプール(一つはミニバー付)、ホテル屋上のスカイラウンジなどを自由に利用することができます。

セブブルーオーシャンの掲げるスローガンは、「Nothing Compares-これまでなかった英語スクール、誰もが夢見ていた英語スクール」です。講師はトップレベル、留学カリキュラムは検証済み、立地はセブのリゾート地。学費はホテル利用としては廉価。国際リゾート地の知名度に頼ってぬるま湯に漬かってきた風のあるセブ留学界に新しい息吹を吹き込む事は間違いないでしょう。初級者から上級者まで対応できるオールインワン型キャンパスです。

学校名 Cebu Blue Ocean Academy (セブ・ブルーオーシャン・アカデミー)
住所 EGI hotel Resort, Maribago, Lapu lapu city 60l5, Cebu
設立年度 2015年 (2002年に創設されたPINESの第3キャンパス)
定員 150名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL、IELTS、TOEIC、Business、親子留学
講師 約93名
日本人スタッフ 3名 (正規マネージャー2名)
日本人割合 日本人30~40%
学校施設 ジム、ロビー、学生休憩室、洗濯所(コインランドリースタイル)、マンツーマン講義室、グループ講義室、セミナー室、養護室/Wi-Fiは特定エリアで可能
寮の施設 EGIホテルを利用。部屋はオーシャンビューとシティビューで区分。ベッド、机、エアコン、タンス、冷蔵庫、トイレ、シャワー、ベランダ。Wi-Fiは特定エリアで可能。ホテルタイプ寄宿舎の最上階にはスカイラウンジがあり大海原を展望できます。
その他の施設 ホテルロビー、プール(3つ)、野外休憩所、ビーチ、カフェ、食堂、ダイバーズショップ等。

留学訪問記:セブマクタンのリゾート型英語留学スクールCBOA校の現況
2017/01/09

留学訪問記:セブマクタンのリゾート型英語留学スクールCBOA校の現況   フィリピン英語留学の激戦区であるセブ——–既存のフィリピン英語留学スクール、新規参入するフィリピン英語留学スクール、多くのライバル校が凌ぎを削るセブにおいて、人気校として君臨しているCebu Blue Ocean。フィリピン留学生に広く知られたその人気の秘訣を探るべく、この度はフィルイングリッシュ・フィリピン英語留学カウンセラーである私阿部が、特に学術面、フィリピン人英語講師面にスポットライトを当てるべく、突撃密着取材を敢行してきました!     【Cebu Blue Ocean ESLコース概説】 Cebu Blue Oceanでは4つのESLコースを提供しますが、その違いを簡潔にご紹介します。 コース名 マンツーマン グループ オプション Light ESL (以下L-ESL) 3時間 2時間 約3時間 General ESL (G-ESL) 5時間 2時間 約3時間 Intensive ESL (I-ESL) 7時間 無し 約3時間 Premium ESL (P-ESL) 9時間 無し 約3時間   授業時間はコース毎に上記のようになります。平均すると80%の学生がG-ESLを選択し、10%~15%の学生がI-ESLを選択されるそうです。残りの10~5%はTOEICやIELTSも含めた他のコースを選択するとのことで、CBOAは英語資格対策を狙う留学生よりも基礎的英語力を高めたいと考えている留学生に愛されていることが分かります。   L-ESLは比較的年配な方、レベルの高い留学生が好んで受講する傾向にあります。英語勉強よりもリラックスや自分の時間を持ちたい留学生に適しているコースです。   P-ESLは4週くらいまでのフィリピン短期留学の留学生、集中して英語勉強したい留学が多く受講されます。同じオールマンツーマンコースであるI-ESLと違い、P-ESLでは3時間を上限としてIELTS、TOEIC、Business等のあらゆる英語試験クラスにカスタマイズ変更可能です。L-ESL、G-ESL、I-ESLでは、あくまでESL科目の中でのみ授業内容の変更が可能です。   IELTS、TOEICコース受講留学生は、全留学生の10~5%未満の少数派ですが、フィリピン人講師レベルの高いCBOAでは英語資格対策コースについても高い潜在的英語教育力を秘めています。バギオチャピス校にて英語資格コースの教育経験があるフィリピン人英語講師もいますので、周りの留学生を気にせずにCBOAで英語試験対策に望むのも良いでしょう。   【オプションクラス】 CBOAのオプションプログラムは頻繁に変更される傾向がありますので2016年末頃の情報ですが、下記のようになっています。   朝のオプションクラス(7:00~7:50): […]

留学訪問記:リゾート環境とハイレベルの教育を提供するマクタンCBOA
2015/06/03

留学訪問記:リゾート環境とハイレベルの教育を提供するマクタンCBOA セブ最強のリゾート校 Cebu Blue Ocean Academyレビュー その時セブの語学学校関係者の中で衝撃が走ったに違いありません。昨年夏PINESがマンツーマン授業を中心としたキャンパスをセブに新設する発表した『その時』です。学校名はセブ・ブルーオーシャン(Cebu Blue Ocean)。スパルタ学校PINES初のセミスパルタキャンパスです。 バギオPINESはその講師の優秀さとカリキュラムの秀逸さからフィリピン留学業界王者の異名をとります。私は昨年夏にバギオのPINESクイサンキャンパスで30数名の団体日本人大学生が研修最後の日に一人残らず感動して泣いていたのを目撃しました。凄みのある学校と言っていいでしょう。 現在ウェブ宣伝合戦がヒート気味なセブで実力主義で名声を勝ち取ってきたPINESが一体どんな旋風を巻き起こすのか - セブ語学学校関係者の間でしばらく緊張が続くと思います。 セブ・ブルーオーシャンはセブ・マクタン島東海岸の高級ホテルが連なるリゾートの一角にあるEGIホテルの中にあります。写真はEGIホテル最上階からのアングル。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。バギオの名門PINESがふるいをかけて選んだスーパー講師達を引き連れて6月にセブデビューすると聞き、事前見学に行ってまいりました。 Cebu Blue Ocean Academyの特徴は大まかに4つ。①マンツーマン授業を多数提供する自由度のあるスピーキング中心型カリキュラム。②本家バギ オPINESから厳 選され優秀な人材をメインとする講師陣編成。③大海原の見えるゴージャスなホテルでの快適な生活環境。④平日外出自由のセミスパルタ校風です。 それでは以下にセブブルーオーシャンの立地、周辺環境、校舎、寄宿舎、付帯施設などに対する実地検分を報告させていただきます。 周辺環境 EGI ホテルの前は商店街となっており500メートルくらい離れた隣のJパークアイランドホテルまで続きます。この通りには日本料理屋、韓国料理屋、コンビニ、 日本人経営お風呂屋、カフェ、マッサージショップ、両替屋、フルーツショップなど生活するに必要な施設が揃ってます。EGIからJパークアイランドホテル までは徒歩6~7分ほどです。またEGIからJパークの反対方面を1分ほど歩くとセーブモールという中型スーパーがあります。 スーパーとマッサージ店。 両替屋とコーヒーショップ 日本人経営飲食店等。 銭湯がありましたので取材中に一風呂浴びました。1時間300ペソ。サウナもあります。湯船は若干ぬるめ。バスタオル、タオル無料レンタル。シャンプーと石鹸も備え付けられております。1時間毎に男女交代制となっておりますが、同じ湯船を使うので女性には抵抗感がありそうです。Jパークホテル前に所在します。 ※EGI リゾート & ホテルとJパークホテルを結ぶ商店街通りにはホテル滞在の観光客を目当てとした客引きが頻繁に声をかけてきます。誘いに乗ればぼったくられる可能性がかなり高いので無視が最良策です。 コーヒーブレイク①:新キャンパス、セブブルーオーシャンの教育レベルはなぜ不安がないのか PINESの講師レベルには定評があります。業界で疑問を持つ人もほとんどいないと思います。 気づきにくい事ですがPINESのスター講師軍団はすでに出来上がった経験豊富な人材を厳選して集めて構成されたわけではなく、普通の志願者を育てて作り上げた組織です。ここにプライスレスな真価があります。 あるPINESチャピスキャンパス現役講師は教壇に立つ前の研修期間に実施された発音なまりを矯正させられる過程を『地獄のようにつらい訓練の日々』と表現したそうです。私のお客様学生が教えてくれました。そして『今があるのはその時の苦労のおかげ』とも。 自分の学校の講師達をむらなく育ててきた実績と豊富な経験があるので、学生もむらなく育てられるという事であり、千差万別の伸び悩み病状もその度うまく処方治療できるという事になります。 学校運営は優秀な講師をいろいろな所から集めたからといって必ずしもうまくいくというわけではありません。マネージメントが教育理論に基づいた体系的な指導力を持っていなければ先生まかせになりがちですし、先生のレベルの実力のばらつきにつながります。 セブ・ブルーオーシャンの主力はバギオ組ですが3割か4割は地元セブの志願者を採用いたします。そして地元組の比率は将来どんどん高くなっていくでしょう。ですが PINESの検証された講師養育システムが維持発展されていく限り、学生に対する学習指導面では不安要素はないでしょう。 セブ・マクタン島EGIビーチリゾートホテルの内側 正面玄関を入るとすぐ手前左側にブルーオーシャンの校舎があります。新築です。訪問時建物は完成しておりましたが、内装は工事中でした。 校舎の奥に見える左側の10階建てのビルの8~10階が学生達の寄宿舎となります。 正門から寄宿舎のあるホテル建物の下をくぐると専用プールとプライベートビーチがあります。プライベートビーチでは遊泳もできますが桟橋があるのでここからボートに乗ってアイランドホッピング遠征も可能です。 ホテルの1階には複数のダイバーズショップ、マッサージ店、レストランなどが並びます。 その中の一つドリーマーズ・ウォーター・ワールドは日本人経営。オーナーの川村さんはこの場所で20年間頑張っているセブ日本市場開拓の草分け的存在。こ ちらのオープンウォーターライセンス取得費用は3万円。相場の5割~7割くらいで破格の値段です。ダイビングライセンス取得希望留学生には『買い』だと思 います。新校舎の目と鼻の先に位置します。 コーヒーブレイク②新システムへのチャレンジ 本家PINESのカリキュラムの 大きな魅力の一つが正規グループ授業の充実です。最大参加人数4人、参加のすべてがある程度の発言権、責任感および主導的役割を持つPINESのグループ 授業はいろいろなアングルから多くの事を学生に気づかせてくれます。先生だけでなく他人に自分の英語がきちんと伝わるかどうかを確かめるのは英会話学習に おいて必要不可欠なプロセスです。単に15~20人の学生をひとつの教室に集めてテープを流してテキストの質問とにらめっこさせる受動的アプローチだけが グループ授業ではありません。 […]

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して
2013/02/15

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して フィルインリッシュ顧客担当統括梶野章と申します。 フィリピン留学を考える方のほとんどが1)マンツーマン授業の効果、2)欧米留学に比べ費用が安い、3)それと想像以上の学校側のサポートを期待していると思います。 さてそれでは皆様方がフィリピン留学情報を求めた場合そのニュースソースは何になりますか?おそらくヤフーやグーグル検索で紹介される留学エージェントの紹介内容やブログなどではないでしょうか。 現在ウェブ上ではフィリピン留学関連コンテンツやブログが氾濫しております。でも知っておられますか?皆様が接するほとんどの文章は留学エージェントが『検閲』したり、管理したりしているという事実を。実際フィリピン留学校のホームページ90%以上をエージェントが管理しています。従って皆様が接するほとんどの情報は『清書された文章』あるいは『エージェントが望む内容の文章』なのです。 当たり前の事ですが学校とエージェントは至極ビジネス的な関係を形成します。学校の全セールス権限を付与されるエージェントもあれば、エージェントの社長が実は学校長だという驚くべき話もあります。実際学校に行ってみると提供を受けた内容とかけ離れていたという声をよく聞きます。猜疑心を持って注意深く情報をつかみ相談を受けたとしても全体像が『エージェントがお客に来てもらうために加筆した情報』なので結局その方向に流されます。 『○○学校の講師たちは本当にすばらしい!』等の卒業生のブログは見ることがあっても悪口を書いているブログはあまり見ません。ほとんどの場合エージェントが直接あるいは間接的に誘導する学校についていきます。 それでは一体このような状況がフィリピン留学を長期的な目で見た場合プラスになっているのでしょうか?僕はマイナスだと思っています。短期で見れば問題点をありのままに指摘すればその学校が改善させ、発展させる手助けとなります。(もちろん指摘された学校は嫌がりますが)長期で見れば学生たちによりフィリピン留学市場が良い方向に発展すると思います。 数週間前僕は面白いホームページを見つけました。いくつかの学校に対する冷静な診断と評価、改善点などを掲載しています。否定的な文に慣れていないので始めはちょっと戸惑いましたが、このような体験談は留学する方々に本当に必要だと思います。詳細はこちら http://englishcebu.com/mango.html をご覧下さいませ。 正直に告白しますが僕もたくさんのフィリピン学校長と顔見知りであり、よくその学校に入れてくれと頼まれたりします。しかし顧客一人一人には事実をきっちり伝えないといけないと思っております。それは僕が留学エージェントという仕事が『お客様のよりよき近未来』と繋がっていると思っているからです。 最近あるお客様から『特定の学校への営業もせず、問い合わせた学校の長点、欠点をきちっと伝えてくれてありがとう』と言われました。僕はこの言葉を千金にも値する貴重なものと捉えこれからもそのようなお褒めの言葉をいただくよう頑張るつもりです。もちろん僕より優れたエージェントはいくらでもいます。皆がお客様に対し現実を客観的評判と事実を持って伝えていただくと期待しております。

 / 1
セブCBOA 総まとめ
2015/11/01

セブCBOA 総まとめ こんばんは! ちょうど昨日で留学生活8週間がおわりました! 今回が最後の記事です… 毎日が楽しくてあっという間で本当に充実した8週間でした‼ では8週間の総まとめを! *自己採点* まず、私の目標は「躊躇なく英語を話せるようになる」でしたが、 これは達成できました\(^o^)/ 文法はめちゃくちゃでも、伝えたい‼っていう気持ちだけはあって、 だから英語を話すことへの抵抗はないです! 正直日常会話はまだまだですが… でも‼ここにきた当初を思い返してみると とれるコミュニケーションの量は確実に増えたと思います‼ 来たばかりの時は「暑い?」という問いかけすら理解できない レベルだったけど、今は軽い冗談を言い合えたり お買い物でもわからないことがあれば聞きにいけたり 外で現地人や他の外国人に話かけられても平気です!(^^)! ディープな会話は難しいですが、話しかけられることや 話すことへの抵抗はないです♪ 海外へ旅行に行っても、英語の対応は全部友達任せだった私にとっては すっごく大きな成長だと思います‼笑 今は英語でコミュニケーションがとれることが楽しくてしかたなくて 憧れだった外国人との会話ができるようになれて本当に嬉しくて 何よりも異文化って本当に面白いです‼ 同じ日本人同士でも育ってきた環境でそれぞれ個性があるけど 文化が違えばその差がもっと大きくて、考え方や習慣もちがうし、 素敵だなと思うこともあれば、ん?と思うこともあるけど それを知って自分の価値観がかわったり視野が広がったり… 本当に楽しくて面白いです‼ 日本をでてみたら新しい発見が本当にたくさんあって まだまだ知らないことだらけだな…と思ったら、もっともっと色んな世界を見て もっともっと色んなことを知りたい‼っていう気持ちがわいてきました‼ なので、コストの面でこのあとのワーホリを諦めていましたが ワーホリでオーストラリアへ行く‼というのが次の目標です。 そこから日本に帰っても、何かしら英語を使う仕事に就きたいなとも 思っていて、まだまだ今後のことはわかりませんが、今はそんな感じです。 留学前にやっておけばよかったと思うことは… 単語の勉強‼‼ ボキャブラリーはあるにこしたことはないです‼ むしろこっちで覚える時間がもったいないです‼ 基本的な文法とボキャブラリーがあれば、ぐんっ‼‼と伸びること 間違いなしだと私は思います‼ *学校に対する評価 Blue Oceanに点数をつけるとしたら… 80点‼ 根拠は… ・自分のペースで勉強できるここのスタイルが私には合っていた ・スタッフさんの対応が迅速で親身 ・周りに海しかなく休日と平日の切り替えができる ・近くにスーパーや飲食店がある ・学生も先生もスタッフさんもみんなフレンドリーで親切 ・のびのび自由な雰囲気 […]

セブCBOA 文化の違いについて
2015/10/30

セブCBOA 文化の違いについて おはようございます! ここでの生活ももう2ヵ月が終わろうとしています。 Time flies!! 何度も言ってしまいますが、本当にほんっっとうにあっという間なのです(>_<) まだ1ヵ月残っていますが、すでに寂しくて寂しくて… 残りの時間も悔いのないように過ごしたいです‼ 今日は私の留学生活で感じた文化の違いをお伝えします\(^o^)/ まず、私は他国籍の人と一緒に生活をするのは今回の留学が初めてです! 留学前は、できるだけ他国籍の人達と一緒に過ごすようにしたいと思いながらも 英語が全く話せないから、多分日本人の友達をつくってずっと一緒に行動 してるんだろうな…なんて思っていました。 けど、最初のルームメイトの韓国人学生2人のおかげで、日本人よりも 韓国人学生と一緒に過ごすことがほとんどで、日本人の学生に韓国人だと 勘違いされていたくらい(笑) 実家を出たこともない私が、いきなり異文化の中で生活をするのはとても 不安でしたが… 大丈夫でした‼ どの国籍の友達もみんな本当に親切です‼ はじめてのグループクラスはオール韓国人。 日本人がいないと分かった瞬間、チーン…。となりました(笑) 韓国語が飛び交うことになるんだろうな… という不安も一瞬でなくなるくらいみんなパワフルで優しくて、 もちろん授業中は英語を使用しますし 国籍の違いに違和感が感じられませんでした! 韓国人がほとんどなので、異文化といっても韓国の文化を感じることが ほとんどですが、韓国人はすっごくアクティブで仲間意識が高いです! 韓国人がもつ日本人のイメージは、「個人主義」だそうです。 「韓国人はなんでもシェアするけど、日本人は自分のものは自分のモノ。」 「日本人は一人で行動することが好き」 と、韓国人の友達に日本人のイメージをきいた時に言っていました。 同じ日本人でもそれぞれ色々な性格が違うけど、韓国人の団結力は想像以上です! その分、仲間を思いやる気持ちも本当に強いです! でも逆に仲間でなければ基本的には無関心というのが韓国人スタイルだと 韓国人の友達が言っていました。 実際、私もそう感じることもありましたが、男女ともにすごく親切!という 印象のほうがやっぱり強いです!(^^)! あと、韓国人男性はレディーファーストや気配りが本当に素晴らしいです‼(笑) 文化の違いとか大丈夫かな…と心配もありましたが、 ここではあまり異文化にストレスを感じることなく生活できるはずです^^ 画像はアカデミーがあるEGI HOTEL敷地内のコリアンレストランにて♪ 話はかわりますが… 先日学校ではハロウィンの仮装大会がありました\(^o^)/ 画像は表彰式の様子です♪ この日は一日、仮装するか、赤・黒・白・オレンジの 服を着るというドレスコードがあって、私もあわてて黒いワンピースを 購入してきました!(強制ではないです) 優勝者には2000ペソの賞金が用意されていたので、はりきって 仮装したりハロウィンメイクをしたり…♪ もし留学期間にイベントがあるなら、何か考えてきてもいいですね\(^o^)/ グッズはフィリピンでも安く購入できます! Blue Oceanではこれといってアクティビティがあるわけではないですが、 […]

セブCBOA マネジメント関連
2015/10/29

セブCBOA マネジメント関連 こんばんは! もうすぐハロウィンですね\(^o^)/ いまアカデミー内はハロウィンの飾りつけがされています! 今日はマネージメント関連をご紹介しますが、その前に! Cebu Blue Oceanで私のお気に入りの場所をご紹介します!(^^)! それは寄宿舎であるEGIホテルの屋上です\(^o^)/ 行き詰ったとき、疲れたとき… モヤモヤがたまった時にはここに癒されに来ます。 雲がなければ星がすっごくきれいに見えるんです‼ みんなでゴロンと寝そべっておしゃべりしたり♪ 時にはただただぽけーーっとしたり。 こういう雰囲気だからか、いつも深い話になって時間を忘れて つい喋りすぎてしまいます(^^ いつでも行けるおすすめスポットなので、時間があれば 一度行ってみてくださいね♪ では、マネージメント関連をご紹介! Cebu Blue Oceanには日本人スタッフ2名と韓国人スタッフ2名 あとはフィリピン人スタッフの方で運営されています。 私は日本人マネージャーの方にお世話になることがほとんどですが、 どのスタッフの方も優しくて、迅速な対応をしてくれます! 以前、トイレの水がとまらなかった時リクエストシートに記入したら すぐに修理にきてもらえました! あと、私が一番お世話になっているのが、やっぱり日本人スタッフさんです! 学生のことを本当によくみていて、声をかけてくれたり 生活のことや勉強のことなど、悩みをきいてくれて一緒に考えてくれます! 私は初めての一人海外・留学・英語だったので、行き詰ったり悩むことも多く いつでも相談にのってもらえるっていうのは本当に心強いです‼ もし病気になって病院に行きたいときは、スタッフの方が付き添って もらえるそうなので、その面も安心ですね!(^^)! 私は病院にかかることはありませんでしたが、風邪がなかなか治らなかったとき 私はまったく英語が話せなかったので、アカデミー内のナースでしたが 日本人スタッフの方が付き添ってきてくれて通訳してくれました! あと、ビザの延長はフィリピン人スタッフさんが一緒にきてくれて、 私は遊動されるがままで、手続きはすべてスタッフの方が済ませてくれました! 人数が多いと待ち時間がすごく長いので、暇つぶしに本など持っていくといいです! ちなみに私は10人で2時間半くらいかかりました^^; 最後に、日本人スタッフのYUUKIさんに インタビューをしたのでご紹介します\(^o^)/ ①なぜBlue Oceanのスタッフになったのですか? 以前、バギオにある姉妹校のPINESで学生をしていて、一旦は日本に帰りましたが どうしても仕事として英語を使ってみたい、英語の勉強をもっとしたいと思っていたところ チャンスをいただけたのでチャレンジしました! ②おすすめの英語の勉強法を教えてください 英語を好きになること・こつこつ勉強することはもちろん、ぜひおすすめしたいのが インターネットをフル活用することです。ネット上には微妙なニュアンスの違いの類似語や リアルなスラングなどをわかり易く説明されたサイトがたくさんあります。 あと携帯アプリの活用です。おすすめは「Real英会話」と「THE WISDOM」です。 […]

セブCBOA 休日の過ごし方
2015/10/26

セブCBOA 休日の過ごし方 こんばんは! 今日は月曜日! もうすでに週末が待ち遠しい私です(笑) もちろん遊んでばかりではないです‼ 週末を楽しみに平日はしっかり勉強しています‼ 宿題に復習に予習に… 一日があっという間に終わってしまいます‼ そしてあっという間に週末がくるのです\(^o^)/ 週末の過ごし方はお出かけしたり、ちょっと遠出をしたり 気のすむまで寝たり…ゆっくり休息をしたりと色々です♪ 今日はある休日の一日をご紹介します!(^^)! 行先は DANASAN ECO ADVENTUER PARK!! ここはジップラインや逆バンジーやバギーなどなど、 色々なアクティビティーがある施設です♪ 私たちはウェイクボードをしにこのパークに来ました\(^o^)/ この施設が学校からこんなに遠くて時間がかかるとも知らず…(笑) なので出発は学校でお昼ご飯を食べてから! 12:50 学校の前でTAXIをつかまえようとすること30分。 どのTAXIも行先が遠くて、帰りに乗せて帰るお客さんが いないという理由で乗せてくれず、仕方なく乗り換えで行くことに! マンダウェイというところまで約45分で246ペソ。 13:35 TAXIを降りたはいいけど、またまたTAXIがつかまらず、 たまたま通りかかった窓なしの観光バスぐらいの大きさのバスが通りかかり 40ペソと言われたので安っ‼と感激しながら即乗り込み、爆睡すること50分。 14:25 ダナポートという港に到着! ここでTAXIをひろうのは難しいとTAXIドライバーに言われたのを 押し切って乗り換えでここまできたけど… 本当にTAXIが通らない‼ そんな私たちに続々と寄ってくるバイクドライバー達。 はじめは断ってたけど、もう乗るしかない!と諦めて値段交渉。 250ペソで目的地まで。 まさか体験するとは思いもしなかった3人乗りバイク。 もちろんヘルメットなし。安全の保障なし(笑) 15:15 しぶしぶ乗ったバイクでしたが、これが1番楽しかったと思うくらい エンジョイできました!目的地が山の上にあるなんてことも想定外で、 今にも止まりそうなバイクでどんどん山道を登っていくこと55分‼ 無事に目的地に到着\(^o^)/ 色々なアクティビティがあったけど、時間も時間だったので予定通り ウェイクボードだけを380ペソでトライ! 台風の影響もあってかお客さんは少な目で、待ち時間もなしでラッキーでした♪ 18:30 十分に満喫して、帰宅時間! パークの方がとても親切で、帰りの交通手段をもっていなかった私たちを スタッフさん達のバンに200ペソで同乗させてもらえました(>_<) 20:30 セブシティにあるタイムズスクエアに到着してディナー! 4人でモリモリ食べて800ペソ程! サイドが歯車みたいになっていて、勝手に串が回ってます! 美味しくて安くて満足でした\(^o^)/ お店の名前は忘れてしまいましたが、タイムズスクエアの1階右サイドのお店です! 22:00 ジプニーに乗ってアカデミーへ。 長距離だったので一人15ペソずつ。 […]

 / 5
CEBU BLUE OCEAN初日のスケジュール
2016/12/01

CEBU BLUE OCEAN初日のスケジュール

【初日スケジュール】
ピックアップ利用

あり(土曜日より参照)

なし(日曜日より参照)

日時

内容

土曜日   ・日曜日昼食までは予定はございません。 ・24時までに帰寮ください。
日曜日 8:00 朝食
12:00 昼食
13:00 レベル分けテスト(面接、リーディング、リスニング)
17:00 Saveモールにて両替(徒歩5分圏内)
月曜日 9:00 オリエンテーション:スクール方針
11:00 教材費、現地費用支払い
12:00 選択授業申請
13:00 授業開始
19:00 選択授業開始
  日曜日13時以降に到着した生徒様は、月曜日午前中にオリエンテーションをさせていただきます。また、午後よりプレイスメントテスト及び通常授業を開始していただきます。
Cebu Blue Ocean 外部寮(1人部屋)について
2016/10/24

Cebu Blue Ocean 外部寮(1人部屋)について

cboa-new-room   弊社がご紹介しているフィリピン英語スクールの中で講師陣の質、施設面の質、学生マネージメント等の総合的な評価が最も高いスクールの内の1校である上にリゾート地マクタン島(セブ)に位置するCebu Blue Ocean。そんなCebu Blue Ocean で1人部屋限定となりますが外部寮を先日から設ける事となりました。ホテル敷地内キャンパスから徒歩3分以内の場所に位置しています。申し込みの留学期間が4週以上の方のみ外部寮を指定できます。   現時点では専用の資料は用意できておらず、現在作成中となります。 写真など下記サイトを参照くださいませ。 https://www.facebook.com/oceancruisehotel/photos/   【行き方】 CBOA から外部寮まで(地図)   【注意点】 Wi-Fi環境はLINEやSNS等を使用する程度であれば問題なし。ただし、動画鑑賞やお仕事で使用して頂くのは難しいです。洗濯や食事には関しては通常の寮(EGIホテル)で住んでいる留学生と同様にアカデミーの方で洗濯を出し、食事も取って頂く事になります。テレビとタオルは標準装備ですし週2回の清掃もあります。清掃時にタオルも交換。   外部寮の事でご質問等がありましたら気軽に弊社留学カウンセラーにお問い合わせください。  
Cebu Blue Ocean 2016年後期&2017年入学日
2016/08/29

Cebu Blue Ocean 2017年入学日

Cebu Blue Ocean Academyは、効率的なスクール運営のために2週間(土・日曜日)ごとにピックアップ日を指定しています。 ピックアップ該当日は時間帯に関わらずスクール関係者の空港ピックアップを受けることができます。2017年CBOA空港ピックアップ日は以下の通りです。
2017年(Cebu Blue Ocean)空港指定ピックアップ日程 1月7日、8日、21日、22日、 2月4日、5日、18日、19日、 3月4日、5日、18日、19日、 4月1日、2日、15日、16日、29日、30日、 5月13日、14日、27日、28日 6月10日、11日、24日、25日 7月8日、9日、22日、23日 8月5日、6日、19日、20日 9月2日、3日、16日、17日、30日、 10月1日、14日、15日、28日、29日、 11月11日、12日、25日、26日、 12月9日、10日、23日、24日
*上記に書かれている土曜日に到着する場合は、日曜日午後にレベルテスト、月曜日午前にオリエンテーションを受けることになります。この際に、両替案内もしております。通常の授業は月曜日の午後から開始されます。
*もしも指定ピックアップ日の日曜日午後に到着する場合は、上記の日程に従わず月曜日にレベルテストとオリエンテーションが行われます。通常の授業は火曜日から実施されます。
<注意点> CBOAでは原則として2週間に1度の指定入学日での入学を推奨しています。ですがどうしてもスケジュールを変更できない人は、指定日以外での入学も可能です。但し下記3条件に同意して頂く必要があります。
・ピックアップ費用1000ペソ現地払い ・1週目のグループレッスン2時間をマンツーマン1時間に差替え ・1週目の無料オプションクラス受講不可
留学カリキュラムが指定入学日基準で設定されているため、このような措置が取られています。予めご了承ください。
2017 CBOA pick up information
CBOA IELTS/TOEICテスト対策コース新設
2016/04/20

CBOA IELTS/TOEICテスト対策コース新設

セブ・ブルーオーシャン・アカデミーではIELTS, TOEIC初心者のための入門コースとスコアアップのためのIELTS, TOEICコースを新設しました。   テスト対策コースは指定日入学となります。 入門者のためのPre-IELTS/ Pre-TOEICコースは最大4週まで受講可能で、IELTS/ TOEICコースは4週以上からの登録となります。 詳細はCBOAスクールページを参照ください。
Cebu Blue Ocean学校マップ
2016/04/07

Cebu Blue Ocean学校マップ

cboa_map   Cebu Blue Oceanがひと目でわかる校内マップと女性スタッフのおすすめです。文字が小さい校内マップはPDFを拡大(125%以上)してみてください。   CBOA校内マップを見る! 女性スタッフのおすすめは?
Cebu Blue Ocean 2016年度入学日
2015/09/30

Cebu Blue Ocean 2016年度入学日

セブブルーオーシャン(Cebu Blue Ocean)は、円滑な学校運営のために、2週間(土曜日)ごとにピックアップ日を指定しています。ピックアップ日当日、どの時間でもスクール関係者の出迎えを受けることができます。2016年ブルーオーシャン空港送迎事の詳細は以下の通りです。  

【2016年(Cebu Blue Ocean) 空港指定ピックアップ日程】

2016 年 1/9(土)、1/23、2/6、2/20、3/5、3/19、4/2、4/16、4/30、5/14、5/28、6 / 11、6/25、7/9、7/23、8/6、8/20、9/3、9/17、10/1、10/15、10/29、11/12、11/26 、12/10、12/24   上記に書かれている土曜日に到着する場合は、日曜日午後にレベルテスト、月曜日午前にオリエンテーションを受けることになります。この際に、両替案内もしております。通常の授業は月曜日の午後から開始されます。   *もし、日曜日午後到着(指定ピックアップ日の翌日)した場合は、上記の日程に従わず、月曜日にレベルテストとオリエンテーションが行われます。通常の授業は火曜日から実施されます。   <注意点> ・Cebu Blue Oceanでは上記の指定入学日以外での入寮は出来ませんのでご注意ください。   <ブルーオーシャン追加情報> ・宿泊施設の入室日が土曜日、日曜日関係なく、宿泊施設の退室日は土曜日になっております。 ・入学後のコース変更は自由になっております。学生マネージャーと相談の後、コース変更が、可能になります 。  
Cebu Blue Ocean WIFI環境について
2015/09/08

Cebu Blue Ocean WIFI環境について

Cebu Blue Oceanではお部屋にWIFIは備えられておらず、スクールとしてはポケットWIFIの貸出サービスを有料にて行っております。 料金プランとしては、5日間使い放題で200ペソ(約600円)、30日間使い放題で1,000ペソ(約2,800円)となります。 なお、寮ホテルロビーおよび校舎内でフリーWIFIを利用可能です。
校舎・ホテル施設・講師紹介 Cebu Blue Ocean
2015/08/10

校舎・ホテル施設・講師紹介 Cebu Blue Ocean

  セブ・マクタン島 EGI ビーチリゾートホテル敷地内の新設校 Cebu Blue Ocean Academyニュースレーター。校舎及びホテル施設、英語講師紹介   Vol.1 校舎施設紹介 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDZFQzVXBPY19XazQ/view?usp=sharing   Vol.2 ホテル施設紹介 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDOWhPQU56UzhkMzA/view?usp=sharing   Vol.3 英語講師紹介 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDczdCdWZlU2FSUWM/view?usp=sharing   Vol.4 留学カリキュラム紹介 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDQUFBTllKWWw3QXc/view?usp=sharing   Vol.5 スクール規定 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDcGE2ZC1SaFpJOG8/view?usp=sharing   Vol.6 キャンバス周辺紹介 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDbmVzVUlzSTBGWjA/view?usp=sharing   Vol.7 オプションクラスについて https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDai0ySTFqSzRJREk/view?usp=sharing   Vol.9 Kids Actvity について https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDWUVUbk5OUlptek0/view?usp=sharing   Vol.10 食事について https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDTXJwellQZk5sdms/view?usp=sharing   Vol.11 サービスについて https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDbkU5UWZBVTNTVzQ/view?usp=sharing   Vol.12 卒業生の声 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDdGhQSkFOMmVBZDA/view?usp=sharing   2015
初日の日程 Cebu Blue Ocean
2015/08/04

初日の日程 Cebu Blue Ocean

Cebu Blue Ocean Academy では指定入学日の土曜日及び日曜日にセブ空港にて留学生をお迎えに上ります。 現地到着後お部屋にて休んでいただき、食事も学食で提供致します。 土日の過ごし方は自由です。前泊費はかかりません。 月曜の午前9:00~レベルチェックテスト、午後 1:30~オリエンテーションを行い、火曜日からの授業開始となります。   https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDUUNncEpkeUM3TEU/view?usp=sharing   *土曜日入寮でも前泊費はかかりません。 原則的に退寮日は留学最終週の土曜日となっており、日曜日に退寮したい場合は延泊費がかかります。   ”入学前のレベルテスト” セブブルーオーシャン(Cebu Blue Ocean)では、入学前のレベルテスト希望者にスカイプレベルテストを提供しています。テストは会話中心ですが、基本的な会話スキルに加えて発音、文法、語彙、リスニング力を測定します。事前テストに参加した留学生は、入学後の月曜日から授業参加が可能です。  
Cebu Blue Ocean英語コースについて
2015/06/06

Cebu Blue Ocean英語コースについて

Cebu Blue Ocean Academyはオープン後はしばらくの間 ESLを中心とした留学カリキュラムを推進していきますが、秋にはIELTSやTOEICなどの専門コースを新設して行く予定です。   一方マンツーマン授業を多数提供するPremiumコース(9時間)、 Intensiveコース(7時間)ではクラス内容の一部をIELTSやTOEICに変更する事も可能です。 スピーキングなどご自身が希望する分野を集中学習しながらも、同時にIELTSやTOEICなどの試験対策もある程度準備していくという方法となります。 バギオPINESによりますと、PINESチャピスキャンパスでIELTS分野で一番人気の高い講師もセブブルーオーシャンに移動されるとの事です。  
 / 2

よく読まれている留学体験記

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点 ◆スパルタタイプとセミスパルタタイプ フィリピンの英語学校は大きく2つの種類に分けることが出来ます。 スパルタタイプの英語学校とセミスパルタタイプの英語学校です。 ともにスパルタという言葉が含まれており、両タイプとも何かしら厳しい環境で英語留学をするというイメージを持たれる方がいますが、この2つのタイプの特徴は全く異なっています。この2つのタイプの特徴を表にまとめてみました。 タイプ別の特徴 ■スパルタタイプ ■セミスパルタタイプ ・平日外出禁止 ・平日外出可能 ・放課後の強制自習 ・放課後は自由時間 ・学校の規則に管理される 学生の自主性を重んじる 表のように、スパルタタイプの英語学校は規則で学生を管理し、だれもが着実に英語力をつけることが出来るカリキュラムを運営し、セミスパルタタイプの英語学校は学生の自主性を重んじることで、学生の自身のペースで英語学習を進めていけるカリキュラムを運営しています。 セミスパルタタイプの英語学校の中には、参加義務のある放課後の授業を運営しているものもありますが、一般的に平日の外出ができるか否かによってスパルタタイプかセミスパルタタイプかに分類されます。 以上の点から、スパルタタイプの学校の方が英語力を伸ばすことが出来る、と感じる方がいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。これらのタイプは「勉強のスタイル」と言い換えることもできます。 どのように勉強をすればいいかわからない方は、スパルタタイプの英語学校でどのように英語を勉強していきながら良いか常にアドバイスを受けながら英語学習を進めることが出来ます。反対に、自分の学習スタイルをすでにお持ちで自由に英語学習を進めていきたいという方はセミスパルタタイプの英語学校の方が合っていると言えます。自身に合っているスタイルの学校を見つけることが出来れば、英語力を伸ばすことは難しくないでしょう。 今回は、スパルタタイプの学校にフォーカスを当てていきたいと思います。 ◆スパルタタイプのメリット 学校に生活の管理をされるスパルタタイプでは、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ①留学を失敗させる可能性が低い 平日は放課後の外出が制限され、正規授業以外にも出席義務のある授業が多いので、英語学習以外にすることがありません。否が応でも英語学習をしなければいけない環境に置かれるのです。期間中は脇目も振らず英語学習に集中することが出来ます。大変ですが、苦悩の後に結果はついてくるものです。 ②自分で学習プランを立てなくても良い 英語学習をしたいけれどどのようにすればいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。スパルタタイプの英語学校では放課後の授業に、昼間の授業の復習、次の日の授業の予習などでやることがたくさんあります。目の前にあることをやり通せばよいので、学習プランを立てるのが苦手な方でも悩む必要はありません。 以上のように、スパルタタイプの英語学校では詰め込み式で英語を身につけていきます。この方法は特に英語初心者の方に向いてる学習方法です。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングに語彙や文法を総合的に学べるので、英語初心者の方が8~12週間スパルタタイプの英語学校に留学をすれば、英語中級者ほどの英語力を身につけることが出来ると言われています。 では、スパルタタイプの英語学校を選ぶ際の気を付けなければならないことを確認しましょう。 ◆スパルタタイプの留意点 ①自分の勉強スタイルが決まっている方には向かない 学校から生活を管理されるので、自分のペースで英語学習をされたい方にはスパルタタイプは向いていません。 ②英語中級者以上の方には合わないことが多い 英語の基礎を徹底的に固めるスパルタタイプは、特に英語中級者以上でスピーキング中心のプログラムを希望される方には向いていません。ただし、バギオの英語学校などには英語上級者向けスパルタタイプの英語学校もあります。 ③留学期間は最大16週間まで 学習強度の高いスパルタタイプですが、ストレス強度も高いと言えます。スパルタスタイルの学習を続けるには16週間が限度と言われています。それ以上留学をされたい方は、留学の途中でコースや英語学校を変えることでセミスパルタタイプの学習スタイルに変更することをおすすめします。 一見、とても大変そうですが、その分、身に着くことも多いのがスパルタタイプです。自分の目的や英語力、性格なども鑑みて、自分にぴったりの英語学校を見つけましょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するための準備 スパルタタイプの学校に行くことを決めた英語初心者の方は、ぜひ留学前から英語学習の準備をしておくことをおすすめします。時間に追われることが多いスパルタタイプの学習スタイルでは、授業をしっかりと理解することが留学成功の秘訣となります。では、英語初心者が留学を成功させるためにどのような準備をすればいいのでしょうか。 ①中学英語レベルの英単語を覚える 大学生の方なら中学生時代に使っていた単語帳をはじめから覚えておきましょう。社会人や英単語帳を新しく購入しようと考えている方は、書店で英単語長をパラパラとめくってみて、3割ほど自分の知っている単語が載っているものをおすすめします。すべて知らない単語ばかりだと勉強するのが嫌になりやすいですが、知っている単語があると、続けていくモチベーションも維持できます。 ②中学英語レベルの英文法を覚える こちらも大学生なら昔使っていた文法書をやり直しましょう。大体覚えていれば問題ありません。社会人や新しく購入される方は、中学時代使っていたのと同じものか、やりなし英文法のようなものでも良いでしょう。何が良いかわからない場合は直感で決めてしまっても構いません。 フィリピンへ英語留学をして一番多く聞く失敗談は、「英単語や基本的な英文法をちゃんと覚えてくればよかった」です。もちろんわからないことがあれば先生たちは丁寧に指導してくれます。しかし、基礎単語や基礎文法など自分でもできることに留学の貴重な時間を使うのはもったいないです。留学をする前からできることを少しずつ続けることで、意義のある留学にすることが出来るでしょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するときの持ち物 ・使い慣れた英文法書一冊 英語留学前の事前学習で使っていたもので構いません。日本語で解説が記載されている英文法書を一冊お持ちください。留学後に配られるテキストはすべて英語です。英語だけの説明だとどうしても理解できない部分が出てきます。そんなときは日本語で解説を読みしっかりと理解しておきましょう。最初は無理をせず確実に英語力を身につけていくのが肝心です。 ・電子辞書 最近ではスマートフォンに内蔵されている辞書を使用されている方も多いですが、その場合はインターネット環境が無くても使用できるものをおすすめします。フィリピンでは日本ほどにインターネット環境は整っていませんし、教室ではインターネットが使えない英語学校も多くあります。オフラインでも使えるものを用意しましょう。 最後に、特に評価の高いスパルタスタイルの英語学校を紹介したいと思います。 ◆スパルタタイプの英語学校 【セブ地域】 ◆CG セブの中心地から少し離れたところに位置するスパルタスタイルの英語学校。 毎日の単語と文章テストで英語の基礎をたたき込みます。 朝から晩までのみっちりスケジュールにも関わらず学生たちの笑顔が絶えない雰囲気の良いアットホームな英語学校です。 ◆CPILS […]

セブ留学とバギオ留学

『セブ留学とバギオ留学   留学カウンセラーの後藤です。   フィリピン留学を検討されている方からよく聞かれる質問の中に、どの地域を選べばいいですか?というものがあります。 フィリピンの中で最も知名度が高い地域はアジアを代表するリゾート地、セブ。同じく語学学校の数も最も多い地域です。その次に学校が多いのはバギオ。日本での知名度は低いですが、フィリピンでは有名な観光地です。スパルタタイプの学校発祥の土地でもある為、歴史深いスパルタ校が数多くある学園都市でもあるんです。 大体の情報はネットに載っているけど、どちらの地域を選んだらいいか分からないという方に、今回は「セブ留学」と「バギオ留学」の特徴と違いについてまとめてみました。気候や周りの環境以外にも細かい違いがこの二つの地域にはあります。セブかバギオで地域を迷われている方の参考になればいいと思います。   ①大きな特徴 セブ バギオ アジア有数のリゾート地でありフィリピン第二の大都市。 セブ島:活気あふれセブの経済中心地。交通量が多くレストランやショッピングモールが立ち並び利便性が高い。 マクタン島:リゾートが立ち並ぶのんびりとした雰囲気。人口・交通量も比較的少ないため、リラックスできる環境あり。   地域 マニラからバスで6-7時間北上した場所にある、山に囲まれた高山都市。(バスの種類によっては約4時間ほどで移動可能。)平均気温が低い為、避暑地や観光地としてフィリピン国内では知名度が高い。 大学が多くある教育都市であるため、レベルの高い講師を採用しやすい背景もあり、講師の平均的な質が高い地域でもある。   亜熱帯気候に属し、1年を通して日本の真夏に近い暑い気温が続く。年平均気温は26~27℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 気候 標高1500mの高さにあるため、1年を通して日本の初秋のような涼しく過ごしやすい天候が続く。年平均気温は17~19℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 観光地であるため治安はかなり安定。外国人や観光客を狙ったスリ等には要注意。 治安 人口の半分が学生である教育都市でもあり、カジノや大きな歓楽街がなく治安は安定。 ・海や外出先で楽しめる環境が揃っている ・日本から直行便が出ている メリット ・勉強にしっかりと集中できる ・涼しく過ごしやすい気候 ・物価が少し高い ・娯楽や誘惑が多い デメリット ・市内に娯楽が少ない ・マニラからの長時間移動が必要(約6-7時間) 英語学習だけでなく、海外での生活も満喫したい人。自分自身をしっかりとコントロールできる人。海やシティが好きな人。 向いてるタイプ 勉強だけに集中したい人。暑いのが苦手な人。自然や田舎が好きな人。 ②留学生活 セブ バギオ 平日外出可能/平日外出禁止の学校どちらもあり。 校風 平日外出禁止の学校がメイン。 ・校内で勉強・運動 ・レストラン・カフェで気分転換 平日 校内で勉強・運動 大型ショッピングモールで買い物、ビーチリゾートでアイランドホッピング等。   週末 自然公園や隠れ家カフェ・レストランでリラックス。   ボホール島・ジンベエザメツアー等1日で行ける観光スポットあり。   […]

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』 言語の上達は、「楽器」と「スポーツ」のやり方と同様と考えます。方法は2つ、「ルール」を覚えてひたすら「練習」することに限ります。これを持続するためには、何かの「動機」が必要となります。動機とは大げさなことではなく、単純に「外人と喋りたい」、「旅をもっと楽しみたい」など、どのようなものでも構いません。もちろんTOEIC・IELTSスコアやビジネス英語力を身につけたいなど、はっきりした目標があった方が比較的上達スピードは速いですが、漠然で純粋な趣味レベルの動機が必要性を超えるケースも多くあります。  <カウンセラー佐藤> こんにちは。フィルイングリッシュ東京所属の佐藤です。 これまで合計9年ほど言語教育に携わり、様々なレベル、様々な目的を持つ言語学習者に出会えて来ました。現在も弊社東京事務所にて月70名ほど、様々な目的を持った方々の留学プラン作りをサポートしております。ほとんどの英語初心者の方は、「何を、どこから」スタートすれば良いかが分からないです。何となく始めても「持続的に」やっていけば英語力は伸びますが、持久力に限界があります。強制されなくても続けられることは、好きで、楽しい事ですよね。英語は教わるものでも勉強するものでもなく、コミュニケーションを取る道具。とりあえず、ビギナーレベルを卒業し、使えるようになったら、勝手にもっともっとやりたくなるものです。 ■ 好き嫌いで相性チェック! 学校タイプ(セミスパルタ・スパルタ)の違いは、英語力向上のための運営方式(アプローチ)の違いなので、どちらがもっと英語が伸びる訳ではありません。   好きなこと 嫌い・心配なこと おすすめタイプ ✔自分のリズム ✔オリジナル、カスタマイズ ✔強制・拘束 ✔ルール・規則が厳しい セミスパルタ ✔きっちりした体系型システム ✔ミニマム結果保証 ✔自己管理が苦手 ✔周りに流されること スパルタ ■  学校ピックアップの前提条件 ☑レベル:TOEIC400以下のビギナー ☑目標:これっと言った目標はない、なんとなく必要じゃないかと思う ☑年齢:19~30歳 ☑地域・期間:セブ・8~12週 おすすめ① Philinter:外人と英語がしゃべりたい人、現場に行こう! 日本での独学の一番つまらないところと言えば、使い道のないものを永遠と続けなければいけない事。国際色豊かな英語使用環境に身を置き、その日習った事をその日使っていきましょう。英語使用環境に加え、セブスパルタ学校のモデル的存在で教育のクオリティーには定評がある学校です。多国籍留学生、信頼度No1、2か国留学向け、4週158,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ② Cebu Blue Ocean Academy:「ザ・セブリゾート」でちょっとリッチな英語留学 日常で絶対出会えなさそうな人と話す。旅の魅力の1つではないでしょうか。海外気分を満喫し、心に余裕を持って毎日英語を学び、使っていく環境です。自分をゴールに合わせる「必要」がある方には、きつきつのスパルタ姉妹校(PINES)、英語を自分に合わせて身につけたい方には、この学校。講師優秀、施設・付帯施設優秀、大人向け141,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ③ CG:徹底的に基礎を叩き込む。校内母国語禁止で初心者でも恥ずかしくない 英語初心者の素朴な悩みの一つ、「知ってることでも口から出すのが恥ずかしい」。しかし、英語は自分の言いたい事を伝えるためであって正しく話さなきゃいけないものではないことに気づいたら、何とかコミュニケーションを取ろうとする姿勢になります。CGは、とりあえず学校の指示に従がって課されたものをクリアしていけば良い「がちがちのスパルタ学校」です。規則厳し目、学習量・課題多め、和気藹々、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る おすすめ④ CPI:全ての科目が会話中心、多くの学習選択肢を提供するのびのびスパルタ 「オール英語の授業ってついていける?」英語初心者の方の留学前の心配の1つ。CPIの授業は、文法及び読・書・聞・話全ての授業が学生のスピーキング(発話)を軸に設計されています。授業での「会話式」進行の割合が他行より多め、初心者でも安心できます。施設・食事レベル超優秀、国籍比率良い、テスト対策に繋げやすい、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る ■ ビギナー向け選定学校のまとめ 学校タイプ 学校名 定員 日本人割 人気・おすすめコース セミスパルタ Philinter 150名・中規模 40%未満 IPS(スピーキング特化)、Business 多国籍留学生、教育の信頼度トップ、便利な立地 Cebu Blue Ocean […]