Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

CG ESL

ライティングで基礎を固めするセブの伝統的スパルタ校 CG ESL Center

CEBU CG ESL Center

毎日英文を書かせ英語という言語の構造をしっかり把握させる事、そして毎日単語をきっちり覚えさせる事。この二つの英語のつぼをきっちり抑えて、あとは留学生が習いたい授業を好きな通りに選ばせます。これがセブ郊外にある伝統的スパルタCGのスタイルです。

CGでは月曜日から木曜日まで毎晩7時30分から8時の間に英文エッセイを書かせます。最初は英語の基本5文型が中心です。簡単の構文の寄せ集めとなります。ここで英語が成り立っている骨格を把握いたします。慣れてくると接続詞などを使いすこし長めの文章にチャレンジです。この課題もある程度クリアすると今度は論理性があり、説得力のある文章がかけるよう指導します。ここまでくると英語という言語の構造は大体把握できていますね。

そして言語力で一番重要なものが語彙力です。文法力よりも、作文力よりも、リスニング力よりも、スピーキング力よりも大切です。単語を覚えていないと何も始まらないからです。CGでは一日20個の単語試験を実施いたします。15個正解で合格です。1週間の内2回不合格ですと金曜日の夜外出禁止、3回ですと金曜日夜と土曜日外出禁止、4回ですと金土日すべて外出禁止です。スパルタで週末に外出できないと留学生達はたまったものではないので必死に単語を覚えます。不合格者はほとんどいないようです。12週留学ですときっちり960個は覚えられます。日常生活で会話に支障が出ない程度の単語レベルです。

基本4時間のマンツーマン授業は留学生が好きに科目を選べるマッチ式です。但しスピーキング授業とライティング授業は必修となります。
CGはグループ授業の密度も濃いです。提供する科目は16種類。レベルの高さによる規定で受講不可というケース以外は全て参加できます。参加人数は4人限定。

CGの講師は全員正社員です。きちっとした教育を受けている講師陣と規定できます。欠勤率も非常に低いとの事です。

なお、CGはPAP大学付属ESL Centerです。CG本校で英語学習を修了した留学生全員にPAP大学ESL課程を修了したという公式Certificateを発行致します。

CGはセブ中心地から車で15分、距離にして15kmの郊外にあります。セブシティからCGへの道路はアメリカ並みによく舗装されており非常に快適です。周辺は民家が集まる住宅街。治安はよく、警備体制も万全です。CGは地方警察立ち寄り場所にも指定されており、警察官が定期的に巡回します。周りにはフィリピン人経営の小雑貨店くらいしかありませんがトライシクルで5~10分の所にガイサノショッピングモールやロビンソンスーパーマーケットがあるので生活に不便はありません。

学校名 CG(Cebu Globalization) ESL Center
住所 1951-A-1, Uldog Rd, Cansojong, Talisay City, Cebu
設立年度 2004年
定員 150名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL、TOEIC、IELTS、Business English
講師 85名(フィリピン)、1名(アメリカ)
日本人スタッフ 2名
日本人の割合 15~20%
学校施設 Wi-Fi(部屋内で利用可)、マンツーマン講義室、グループ講義室、自習室、インターネットルーム
寮の施設 ベッド、エアコン、冷蔵庫、机、椅子、棚、温水シャワー・トイレ(3人部屋、4人部屋:各部屋内に配置。1人部屋、2人部屋:両部屋で共用)
その他の施設 休憩エリア、カフェテリア、売店、プール、バスケットコート、バドミントンコート、卓球台、ジョギングトラック、簡易ジム

留学訪問記:セブ島スパルタ2校(CPIとCG)の比較
2016/08/18

留学訪問記:セブ島スパルタ2校(CPIとCG)の比較 セブ島のスパルタ校 CPILS、CG語学学校比較 フィリピン留学でいう「スパルタ学校」とは、平日の外出を制限し、学校が学生の1日の学習スケジュールを全て管理するシステムで運営される学校をさします。学習スケジュールの詳細は学校により異なりますが、一般的に出席率・課題提出を管理、単語テスト・参加義務の自習時間などを管理し、一定線を下回った学生にはペナルティーが与えられるなど学校全体の学習雰囲気を維持するため徹底的な管理をしています。 世界的なリゾート地でもあるセブは、観光客も多く誘惑や娯楽も溢れています。休暇を兼ねて英語を学びに来る留学生も多く、週末には気軽にビーチに行ったりマリンスポーツも楽しめ、綺麗で巨大なショッピングモールやお洒落なレストランも多くあり、成長真っ盛りの活気にあふれた街です。 華やかで遊びの誘惑に負けてしまうと、せっかくの時間とお金をかけて留学した本来の目的、「英語力向上」が期待値に達することはできません。そのため、学校に学習管理を全て任せるスパルタ学校の人気が高くなっています。平日はしっかりと勉強をし、週末はセブで楽しく遊ぶ。良いとこ取り、ベストな留学プランです。 今回はセブのスパルタ校の中で、卒業生の満足度が最も高いスパルタ校2校を徹底比較しました。 学校 CPILS CG 校舎 学校規模 最大500人、超大型校 130~150人、中規模校 日本人 スタッフ 斉藤さん アメリカ留学5年の経験を持ち英語が非常に堪能です。 流暢に英語を操り、講師と学生の橋渡しをしながら 日常的なケアや勉強をサポートをしてくれます。 原さん(通称ニコルさん) 日本人学生の学習相談、スケジュール・体調管理といった全般的なケアを担当しています。 自身もセブでの留学経験があり、セブ滞在歴は5年。 校内ではセブの母とも呼ばれています。 スパルタの雰囲気 平日外出禁止(ESLコースの学生のみ平日外出可能) 平日外出禁止(全コース) 授業面 運営 コース ESL、TOEIC、TOEFL、IELTS、ビジネス、TESOL ESL、TOEIC、IELTS General ESL:マンツーマン3時間、小グループ2時間、大グループ2時間 Intensive:マンツーマン4時間、1:4グループ4時間 スパルタ:マンツーマン5時間、小グループ1時間、大グループ2時間 Premier:マンツーマン5時間、1:4グループ3時間 ビジネス:マンツーマン3時間、小グループ3時間、大グループ2時間 TOEIC:マンツーマン4時間、1:4グループ4時間 TOEIC:マンツーマン3時間、小グループ2時間、大グループ4時間、 義務自習2時間 TOEIC Premier:マンツーマン5時間、1:4グループ3時間 TOEFL:マンツーマン3時間、小グループ3時間、大グループ2時間、 義務自習2時間 IELTS:マンツーマン4時間、大グループ1時間、義務自習4時間 TESOL準備:マンツーマン3時間、小グループ2時間、大グループ2時間、義務自習2時間 対応 レベル 初級~上級 初級~中級 授業時間 1コマ45分 1コマ50分 学習量 […]

留学訪問記:単語力と論理性が身につくセブ島CGスパルタ校
2014/10/08

留学訪問記:単語力と論理性が身につくセブ島CGスパルタ校 スパルタにもいろいろスタイルがありますが、セブ郊外にあるCGの場合はライティングを通し英語の基本構造をしっかりつかみとらせ、あとは自由に科目を選択させるようなスタイルをとっております。基礎をしっかり意識した骨太の本格的スパルタです。 こんにちはフィルイングリッシュ梶野章と申します。9月下旬にセブ郊外にあるスパルタ学校CGを訪問いたしました。CGに入ると単語を覚えさせてくれる、毎日課せられるエッセイを通して思考の論理性を鍛えられる事、英語の基本構造をしっかり把握できるようになるなどの長点があります。即効性のあるスピーキング力だけでなく、近未来にさらなる飛躍を果たせる基礎を積ませてくれる学校です。     セブ中心地からCGまでは15km。車で20~30分くらいの距離です。学校まではきちんと舗装された湾岸道路を通り、移動は非常に快適です。道路から200メートル程住宅街に入ると紫の基調をベースとしたCGがあります。周辺にはサリサリ(フィリピン人雑貨店)以外なにもありませんが、トライシクルで5~10分でガイサノショッピングモールやロビンソンスーパーマーケットに行けるので生活に不便はありません。     開放感のある校舎宿舎一体型キャンパスです。プールの隣にはプール利用者用の小さなシャワー室があります。施設のデザインは西洋風です。オーナー自らがデザインしたそうです。   CGで勉強すればどのように伸びるのか→単語が身に付きます。英語の構造を把握できます。論理的な思考法が備わります。 CGは月曜日から木曜日まで毎日20個の単語試験を学生に課します。合格ラインは15個正解。週2回不合格ですと金曜日の夜外出禁止、週3回不合格ですと金曜日夜+土曜日外出禁止、全部不合格ですと金曜日夜+土曜日+日曜日外出禁止となります。スパルタで外出禁止だとかなりきついので皆必死になります。不合格者はほとんどいないようです。1週80単語ですから12週ですと960個の単語をこなせます。960個の単語を使いこなせれば日常英会話は問題ありません。 CGは一日30分のエッセー作成時間を毎晩設けております。まず英語の基本5文型を頭に叩き込ませ、英語がどのように成り立っているかを把握させます。次の段階では接続詞などを使って少しでも長い文章が出来るように訓練させます。最後は文章に論理性を持たすよう指導していきます。毎日課される200文字のエッセーは講師が毎日チェック、校正いたします。     お部屋は1人部屋から4人部屋まで。内装は綺麗です。4人部屋は広々としています。お勧めですね。ベランダが付いているがトイレは部屋を出た廊下にある、部屋にトイレはあるが、ベランダがないなどいろいろなパターンがあります。お部屋でのネット環境は快適でした。     ご飯は小皿に料理別で分けます。学校で一般的であるワンプレートですと洗うほうは便利ですが、学校給食に見えたり、料理汁がごはんに混じるなど不便な部分もあります。手間を惜しまぬ努力に拍手を送ります。料理は私の口には合いました。食事中地元警察官が3名食堂に入ってきて食事を取ってました。学校に毎日定期巡回に来るそうです。 校内雑貨店にではインスタントラーメンも作って出してくれます。アイスクリームやメビウスなど日本のタバコも置いてます。営業時間は朝7時から夜11時まで。   まとめ 講義室の廊下の壁を何気なく触ると弾力があるのに気づきました。日本人マネージャーの原さんに聞いてみると壁の中にスポンジを入れているそうです。ペンキの匂いを緩和させて学生を授業に専心させるための措置だそうです。講師は全員正規職員。グループ授業の定員は最大4人まで。そしてグループ授業も16科目を提供しております。学生から見ると気づかないですがお金が余計にかかるシステムです。講師全員正規職員ですとオフシーズンには人が余ります。グループ授業4人限定で選択科目を多めに設定すると人件費が増えます。 人がわからない部分でも教育の質を確保するために必要だから余計にお金を使う。きちっとした学校だと思います。 訪問時の国籍比率は韓国人75%、日本人20%、中国人5%。学費設定普通。

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して
2013/02/15

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して フィルインリッシュ顧客担当統括梶野章と申します。 フィリピン留学を考える方のほとんどが1)マンツーマン授業の効果、2)欧米留学に比べ費用が安い、3)それと想像以上の学校側のサポートを期待していると思います。 さてそれでは皆様方がフィリピン留学情報を求めた場合そのニュースソースは何になりますか?おそらくヤフーやグーグル検索で紹介される留学エージェントの紹介内容やブログなどではないでしょうか。 現在ウェブ上ではフィリピン留学関連コンテンツやブログが氾濫しております。でも知っておられますか?皆様が接するほとんどの文章は留学エージェントが『検閲』したり、管理したりしているという事実を。実際フィリピン留学校のホームページ90%以上をエージェントが管理しています。従って皆様が接するほとんどの情報は『清書された文章』あるいは『エージェントが望む内容の文章』なのです。 当たり前の事ですが学校とエージェントは至極ビジネス的な関係を形成します。学校の全セールス権限を付与されるエージェントもあれば、エージェントの社長が実は学校長だという驚くべき話もあります。実際学校に行ってみると提供を受けた内容とかけ離れていたという声をよく聞きます。猜疑心を持って注意深く情報をつかみ相談を受けたとしても全体像が『エージェントがお客に来てもらうために加筆した情報』なので結局その方向に流されます。 『○○学校の講師たちは本当にすばらしい!』等の卒業生のブログは見ることがあっても悪口を書いているブログはあまり見ません。ほとんどの場合エージェントが直接あるいは間接的に誘導する学校についていきます。 それでは一体このような状況がフィリピン留学を長期的な目で見た場合プラスになっているのでしょうか?僕はマイナスだと思っています。短期で見れば問題点をありのままに指摘すればその学校が改善させ、発展させる手助けとなります。(もちろん指摘された学校は嫌がりますが)長期で見れば学生たちによりフィリピン留学市場が良い方向に発展すると思います。 数週間前僕は面白いホームページを見つけました。いくつかの学校に対する冷静な診断と評価、改善点などを掲載しています。否定的な文に慣れていないので始めはちょっと戸惑いましたが、このような体験談は留学する方々に本当に必要だと思います。詳細はこちら http://englishcebu.com/mango.html をご覧下さいませ。 正直に告白しますが僕もたくさんのフィリピン学校長と顔見知りであり、よくその学校に入れてくれと頼まれたりします。しかし顧客一人一人には事実をきっちり伝えないといけないと思っております。それは僕が留学エージェントという仕事が『お客様のよりよき近未来』と繋がっていると思っているからです。 最近あるお客様から『特定の学校への営業もせず、問い合わせた学校の長点、欠点をきちっと伝えてくれてありがとう』と言われました。僕はこの言葉を千金にも値する貴重なものと捉えこれからもそのようなお褒めの言葉をいただくよう頑張るつもりです。もちろん僕より優れたエージェントはいくらでもいます。皆がお客様に対し現実を客観的評判と事実を持って伝えていただくと期待しております。

 / 1
セブ留学CG校:8週間の留学総まとめ
2015/12/13

セブ留学CG校:8週間の留学総まとめ

皆様こんにちは! 8週間のCG生活が終わり、数日が経ちましたが 体は日本にあっても心はまだCGになるような、変な感覚です。 それだけ、CGの生活が楽しく、濃い毎日だったのは確か。 あんなに人と関わり、英語を話し続ける環境はなかなかないですね。 とても得がたい8週間でした。 懐かしい私のバッチたち。本当に夢のような毎日でした。 Graguation Ceremonyの時の様子です。 1人1人名前を呼ばれ、Certificateを渡されます。 卒業生はスピーチをしたり、中には歌う人もいますよ。 さて、セブ留学を終えて、英語の面で1番強く思ったのが 「英語はそんなに簡単に上手くならない」 ということです。 えー、じゃあ行っても意味ないじゃない、と思う方、いやいやそれが大ありなんです。 まず自分の英語のレベルを知ることができる。 これだけ英語漬けになることが必要なんだ、これだけの勉強量が必要なんだ、 と気づけたことに価値がありました。 日本でも毎日コツコツ勉強していましたが、実際、何をやれば上手くなるのかさっぱりわかりませんでした。 でも、帰ってきた今なら、勉強の仕方がわかりますし、何より英語に大量に触れたので 英語を勉強することに今までのような心理的な壁の高さを感じません。 もっと気楽に映画やドラマを楽しんでもいいし、聞かなかった洋楽にも手を出し始めました。 そして気に入ったフレーズをとにかく使ってみることが大切だと思います。 今週は週末にあるTOEICとIELTSに向けた勉強をしていますが、 帰国後は英語で日記をつけ始めました。 来週からはオンライン英会話を始めるつもりです。 やっぱり口と耳が英語を忘れているので… とにかく続けることが肝心ですね。 さて、留学前の目標と照らし合わせて、どれだけの進歩があったかを見てみましょう! 目標1:「英語に対する抵抗感がなくなっている」 これは達成できました!今日も街で外国人を見かけ、英語で話しかけたくて、うずうずしている自分を発見。 日常会話はペラペラ、という訳ではありませんが、帰りの空港も機内もNo problem! 以前は外国人を前にすると、話さないですむよう尻込みしていた私が、 英語にもっと触れていたい!と思うようになりました。 目標2:「英文のニュース記事の大筋が掴めるようになっている」 記事によってはそうだったり、そうでなかったり、というところなので達成できず。 とはいえ、時事英語を勉強していたわけではないので、これは当然の結果ですね。 セブにいた時はニュースはBBCやCNNを見るようにしていましたが、何の疑問もなくそうしていました。 それだけ英語を使うことが自然になっていた表れだと思います。 目標3:TOEICスコアを800点台、IELTS6.0に上げること。 今日はTOEICを受けてきましたが、目標にしていた800点は厳しかったかな。 個人的な意見ですが、TOEICは語彙の豊富さと模試を受ける回数の多さが、 ハイスコアに繋がると思います。 CGのTOEICコースでも模試をやるのですが、隔週での実施になります。 私はTOEICコースから最後の2週をまたpremium ESLコースに戻したので 現地でTOEICの模試は1回しか受けていなかったのは、明らかに準備不足でした。 TOEICとIELTSのスコアは英語学習のいい励みになるので、これからも受験し続けます! おまけ 7週目の時点で受けた2回目のレベルチェックテストの結果、 Low Intermediate+にレベルアップすることが出来ました! リスニングとリーディングはMiddle Intermediateの評価、 ライティングはLow Intermediate+、 スピーキングはHigh Beginner+と課題は残りますが 入学当初から比べると、5段階アップしたことになります。 ここまで来たのなら、あと1ヵ月はCGで勉強してさらに上達したかったですね~ 最後にフィリピン留学をして得たことの中で1番大きかったのは、 国籍に関係なく、人と人は親しくなれる、ということを実感したことです。 フィリピン人の先生たち、コリアンやタイワニーズ、ベトナミーズ、ジャパニーズの同級生たちと 本当に色々な話をし、助け合う中で、結局は個人同士の繋がりがあれば 国と国との違いなんて、簡単に乗り越えられるんだ!と気づけたのは 本当に大きな発見でした。 私も途中で体調を崩したり、あまりに英語漬けの毎日に嫌気が差して、 英語を聞きたくもないし、話したくもない!という状況になったり、 TOEICボキャブラリーのあまりの膨大さに、これじゃあ帰国直後のTOEICに間に合わない! と、落ち込んだりしたこともありましたが、そんな時に話を聴いてくれたコリアンのバッチや クラスメート、ルームメイトたちに本当に助けられました。 年明けにはコリアンのバッチメイトが日本に遊びに来ます。 私も韓国に行きたいと思うようになりました。 自分の世界がまた広がったのは、1番の収穫でした。 どうぞ皆さんも、フィリピン留学で自分の限界を超えて、大きな世界へと飛び出してください。 その時はぜひCGへ! 長い間読んで頂き、ありがとうございました。 Hope your dream comes true in Phillippines! Good bye and See you again somewhere in the world!
セブ留学CG校:寮とWi-Fi環境
2015/12/06

セブ留学CG校:寮とWi-Fi環境

皆様こんにちは!
今日は寮とCGのWi-Fi環境についてレポートします。
CGの寮は1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋があります。 いずれも敷地内にあるので、授業の合間の休み時間は部屋に戻ることも可能です。 但し、ベッドに横になったが最後、昼寝して授業をサボることにならないようご注意を。 私もあー疲れた!と横になった瞬間に寝てしまい、気がついたら授業が始まっていたことが…
当然、1人部屋が1番留学費用が高くなります。 CGはドル建てでの計算になっていて、1番ポピュラーなIntencive ESLコースの場合 8週間の留学費用は(フィルイングリッシュさんのHPより) 1人部屋 3200ドル 2人部屋 2900ドル 3人部屋 2800ドル 4人部屋 2700ドル といった具合です。 1人部屋は日本人の、それも企業からの派遣で来る人がよく入っているようです。 私は4人部屋で、コリアン2人(28歳、24歳)と日本人2人(21歳、40半ば)の構成で 前にも書いたように、お互いあまり干渉しないためか、なんとも快適に暮らしています♫ このところ、誕生日が続いたので、ケーキを買ってきて女子会をしたりと、楽しい部屋です。
2人部屋だとすごく仲良くなる可能性もある一方、クーラー問題などで、 1人が寒がり、1人が暑がりな場合は、結局どちらかが1人部屋に移る…なんてこともあるそうです。 どの部屋を選ぶにしても、ルームメートとはお互い譲れるところは譲って、細かいことは気にしない、 おおらかな気持ちでやっていきましょう! 結構、みんなうまくやっていますし、いざとなったら部屋を変えればいいので、心配いりません!
先日、うちの部屋では、帰国する人たちから譲り受けたものを置く、Donation cornerを作りました~ ほかの部屋の人も、気軽に持って行ってもらえるよう、Unitの入口においてあります。 お互い有効利用しましょう!
さて、寮の中を紹介します。 寮はメインの敷地内にある比較的古い寮と、1本道路を隔てた新寮の2つがあります。 CGの寮はヨーロピアン調で特徴がありますね。
こちらはプールサイドにある古い寮。授業の合間に戻る時もすぐです!
こっちは私が住んでいる新寮。比較的新しめです。
1人部屋、2人部屋は2階、3人部屋と4人部屋は1階にあり、 3人部屋は古い寮、4人部屋は新寮に設置されています。 では2人部屋からご紹介します。 2人部屋の写真はご覧のとおり。
ベッドが2つ、机が2つです。 トイレとシャワーは2階にある1人部屋、もしくはもう一つの2人部屋と共有になります。 3人・4人部屋には各部屋にトイレとシャワーがあるので、 一つのトイレとシャワーを共有する人数は個室・2人部屋も同じくらいになりますね。 バッチの男の子にお願いして写真を撮ってもらいましたが、 やっぱり男部屋はシンプルですね~。物が少ないです(笑) 2人部屋にはバルコニーが付いています。 が、おとぎ話のお姫様よろしく、外に出ている人をあまり見たことがありません。 暑いですからね。
こちらは2階の個室と2人部屋用のトイレ&シャワー。 ちなみにCGはトイレとシャワーは分かれていません。
一方、私の住む4人部屋はこちら。
…机が物と服で溢れかえっていますが、まあ女子の身だしなみということでご勘弁を。 4人部屋は1番広く使えて、ベッドと机の間に人が通る十分なスペースが ご覧のようにあります。 シャワーとトイレも1番広いです。
個室と3人部屋の写真はないのですが、3人部屋は古い寮に設置されていて、
結構狭いという印象があります。 でも住んでいる子に聞くと、その狭さがルームメート同士の親密感を作るとか…。
冷蔵庫は各ユニットごとに1台設置されています。 1つのユニットは1階の1室、2階の2室で構成されています。
どの部屋にするかは、1人になる時間が欲しい、安さ重視など それぞれの1番優先することに従って、決めればよいと思います。 私は安さ重視でしたが、結果的に正解でした!
続いては、CGのWi-Fi事情について。 CGは各部屋と自習室でならWi-Fiが繋がります。 この箱に入っているのが、Wi-Fi様…
但し、雨の日や、みんなが一斉に使い出す自習時間や夜などは 繋がりにくいです。私は映像を見たり、ダウンロードするのは諦めて、 朝早くや土日にやっています。
国内並みのWi-Fi環境を求めるのは、フィリピンでは正直キツいかなと思います。
話がそれますが、休日の外出時にWi-Fiを使えるようにするには、SIMフリーの携帯を 選ぶのも手ですが、アヤラモールなどの大きなモールではFree Wi-Fiに繋げられます。 但し、サクサク繋がるわけではありません。
寮にせよ、Wi-Fiにせよ、国内と同じではないことはご承知くださいね。
それでは!
セブ留学CG校:先生方に突撃インタビュー!
2015/12/06

セブ留学CG校:先生方に突撃インタビュー!

皆様こんにちは!
今日はTeacherたちへのインタビュー内容をお伝えします。 3人とも私が本当にお世話になった、大好きなマンツーマンティーチャーです。 インタビューをお願いしたところ、とても熱心に答えてくれました。 それだけ英語を教えることに情熱があるのだと思います。
まず最初にTeacher Shineを紹介します。 Shineは、最初のクラスの時に「Teacherと呼ばないでShineと呼んで」と言われます。 それだけ対等な友人として接してくれます。TOEIC Readingを担当してくれていましたが、 Grammerの説明がものすごく分かりやすいです! 1ヵ月間の付き合いだったのですが、とてもよく話を聴いてくれて何度となく深い話をShineとはしていました。
それでは、Shineへの質問です!
① 日本人の生徒の印象は? 責任感があり、真面目で控えめです。 学生のほとんどは文章が上手で、よくボキャブラリーを知っていますし、 英語を学習するスピードが早い、つまり呑み込みが早いです。 課題は時々受け身な姿勢が見られることと、発音でしょうか。 日本語の特徴のせいか、アクセントがソフトすぎて、英語が伝わりにくい時がありますね。
② 英語を勉強するのに1番よいと思う方法は? とにかく実践すること、特に話すことです。 日本人の学生は、文法もボキャブラリーもよく知っているのですが、 話す上で、その使い方が分からないように見受けられます。 とにかく表現し、質問をどんどんすることで会話も弾んでいきます。
③ 留学する前にやっておいたらいい勉強や心構えは? 英語を勉強する上での姿勢を変えること、つまり、もっとおしゃべりになることです。 私のクラスでは、授業時間の7~8割は、生徒に話してもらっています。
④ 英語を勉強する人、これから留学を考えている人にメッセージをお願いします 間違いを怖がらずに、とにかく話すことです。英語を話す上で1番大切なのは「自信」です。 決して控えめになることなく、自分をどんどん表現していってください。
続いてはTeacher Girly。 Teacher GirlyはSpeakingの授業の担当で、社会的な問題などのtopicsから、 feeling、relationshipなど、自分が普段考えているけれど英語では表現したことがないことを、 たくさん引き出してもらいました。
① 日本人の生徒の印象は? とても真面目で、学びたがっているといった印象です。課題は発音ですね。
② 英語を勉強するのに1番よいと思う方法は? とにかく毎日、いつも英語を話すことです。話すことが1番英語力を発展させます。 発音もよくなりますし、単語力もつきます。 文法や単語を知っていても実際に使ってみないことには、自転車に乗れないのと同じです。 英語を身に付けるにあたって、ちゃんとした英語を話さないと恥ずかしい、と思う気持ちは忘れた方がいいですね。
③ 留学する前にやっておいたらいい勉強や心構えは? 勇気をもって、大胆になる心づもりでいることです。 英語は短い時間で出来るものではないので、続けていく勇気を持つことが大事です。 私も小さい頃から「英語がうまくなりたい!」と思いながら、続けてきました。目的を持つことも大事です。 特にお勧めなのは、自分が英語で話している声を録音して聞いてみることです。 自分の弱点がつかみやすいです。間違いが見つかれば、改善することができます。
④ 英語を勉強する人、これから留学を考えている人にメッセージをお願いします CGは英語を勉強したい人にとって、コミュニケーションスキルを上げるのにとても良い環境だと思います。 ぜひCGにいらしてください。
最後に、いつも明るくて生徒を励ましてくれ、生徒からの人気も高いTeacher Rohdaです。
生徒の希望に合わせた授業をするのが得意で、
こちらからお願いしてTOEICのVocablaryを中心に教えてもらっていました。 私の誕生日を当日に知って、売店のチョコサンドにロウソクを立てて急遽お祝いしてくれた、 とっても心優しいRohdaです。
① 日本人の生徒の印象は? 真面目でいつも時間通りに授業に来ますね。彼らが遅れる時は、おなかが痛い時ぐらい(笑)。 とても頑張り屋でもあって、尊敬しています。 発音ではSとH、SとI、RとLの違いがつけにくい傾向があります。 授業をする上では、彼らが何を求めているのかを注意して捉えようとしています。 とても控えめなので「こうして欲しい」というリクエストがあっても、なかなか言わないことがありますからね。 もっと「こんなことを教えて欲しい」といったように、教師にオープンに提案してくれるといいと思います。 教師と生徒はお互い助け合う関係ですし、ここにいる教師たちは皆生徒に対して心を開いています。 控えめさを克服し、チームメートとしてもっと協力しあえたらいいと思っています。
② 英語を勉強するのに1番よいと思う方法は? 文法や単語を学ぶことが1番大切だと思いがちですが、1番はフリートークだと思います。 英語を話すことは自転車に乗るのと同じで、知識だけあっても乗れるようにはならないのと同じで、 いくら文法や単語の知識があっても、実際に使ってみないことには話せません。 そして、必死に勉強するスタイルはお勧めしません。嫌になっちゃうでしょ? 英語を好きになって楽しむことが1番です。音楽を聴いたり、映画を見たりするのもとてもいいですね。 日常生活に自然に取り入れるのをお勧めします。
③ 留学する前にやっておいたらいい勉強や心構えは? 違う国に行くと水や食べ物、天候が変わるので、体調を整えたり、薬を用意することは大切です。健康は大事ですから。 精神的な部分では、普段の生活とはかなり違う環境に変わることでホームシックにもなるでしょうし、 ストレスもあるでしょう。でも今まで知らないことを知ることが、人間的にも大きく成長させてくれますよ。 勉強は普段から日本人は真面目なので、真面目になりすぎず楽しむようにすればいいと思います。
④ 英語を勉強する人、これから留学を考えている人にメッセージをお願いします 海外で勉強することは、ホームシックやカルチャーショックはつきものですが、 自分と違う考え方を知り、自分を大きく広げさせてくれます。 国籍を超えて、同じ人間同士なんだということにも気づきます。 英語はお互いを知るための共通言語です。勇気をもって、挑戦してみてください!
質問をするまでは、「単語や文法を事前に勉強するといい」という意見が 聞かれると思っていましたが、意外にも3人の先生からは共通して 「もっと話すこと」「大胆になること」といった声が多かったです。
余談ですが、コリアンのクラスメートで、文法はめちゃくちゃでも とにかく話して、自分の言いたいことは100%伝えてきっている子がいました。 間違えないように正確に話さなくちゃ、と思っていた私にはかなりの衝撃! それからは彼女の「伝えたい!」という意欲を真似するように心がけるようになりました。 とにかく英語は実践あるのみ!ですね。
それではまた!
セブ留学CG校:グループクラスについて
2015/11/28

セブ留学CG校:グループクラスについて

皆様こんにちは!
先日は私の誕生日で、バッチメイトやグループクラスのクラスメイト、 ルームメイトなど大勢にお祝いしてもらった素晴らしい1日でした。
留学生活も7週目となると、前からいる子たちとはもう家族のような関係です。 未だに、来週帰国することが信じられません…
さて、今回はグループクラスについてお伝えします。
CGのグループクラスは、現在14のクラスが設けられています。 ざっと紹介すると以下の内容になっています(日本語での説明は学校のClass案内から抜粋しています)。
Public speaking & speech communication  トピックについて話すスピーキングのクラス Suplementary English  熟語や接続詞を上手に使用する能力、適切な動詞の使用などの有効な表現を学ぶクラス Listening & conversation  リスニングと会話のクラス CNN、CNN(Audio-Visual)  CNNで取り上げる時事英語を学び、ディベートスキルを構築する目的のクラス Survival English  現地で出会う様々な状況での会話能力向上を目的としたクラス Debate & Argumentation  ディベートのクラス Structural & Fundamental Writing  ライティング、文法矯正を目的としたクラス Media Class  映画、ドラマ、音楽などを通して一般生活で使う英語に親しむクラス Global business English  プレゼンスキル、ビジネス文書、面接練習などネイティブの先生によるクラス OPIC Class  韓国で行われている意思疎通を評価するOPICテスト準備のクラス Intensive Approach to the new TOEIC Listening  TOEICリスニング対策クラス Tactics for TOEIC Speaking  TOEICスピーキング対策クラス Intensive IELTS preparation class  IELTS対策クラス(午前:リスニング、午後:スピーキング)
グループクラスは、最初は入学時のレベルチェックテスト後に 学校の方で受講クラスを指定されますが、その後は変更可能です。
変更は基本的に毎週水曜日にオフィスに行って、変更希望のリストに名前を記入し、 普段の単語テストやペナルティのポイントを考慮した上で、変更希望の順番が決まります。 指定された日時にオフィスに行って、マンツーマン・グループクラスともに その時に希望したクラスや先生に空きがあれば、希望どおりに変更が可能となります。 私も2回ほど自分の興味や友達からの情報を参考にして、変更しましたが、 前の週の単語テストは高得点を取れるよう、頑張りました! これが、クラス変更の順番表で、この週は9番目を取っていますね。 ちなみに私のEnglish nameはKikiです。
それでは、上記のうち、私が取っている3つのクラスについて、ご紹介します。
Structural & Fundamental Writing 前にもお伝えしたことがありますが、 文法指導で先生や生徒たちから定評があるTeacher Mitchが教えてくれるライティングのクラスです。
授業の前半で文法解説をし、後半は練習問題を解いたり、実際にライティングをします。 このクラスだけは変更せず、入学当初から8週間ずっと取り続けています。 おかげで、ライティングなんて無理…と思っていた私が、英文レターが書けるようになり、 曲がりなりにも、IELTSのグラフ問題やサマライズ(要約)が出来るようになりました! ちなみに現地に行く前に、英語での文法用語を覚えておくと授業での混乱がないです。 形容詞をadjective、名詞節をnoun clausesと言うとか…。 日本語では分かる文法用語も、初めのうちは英語で言われると、一瞬、「?」となるので、 余裕がある方は、一覧にしておくことをお勧めします。
Intensive IELTS preparation class “Don’t worry, be happy!”が決め台詞の、楽しいTeacher Madgeによる IELTSリスニングのクラスです。
1週間で1トピックが終わるような構成で、 トピックに出てくるボキャブラリーを習い、リスニングし、音読練習し、 音読したものを録音して聞くといった、一連の流れとなっています。 そして金曜日は楽しい音楽の日! いま流行りの曲を聴いて、穴埋め問題を解きます。 クラスのメンバーや先生とのフリートーキングも楽しくて、毎日笑いが耐えません! 1日の中でも私のお気に入りの時間です。
Intensive Approach to the new TOEIC Listening CGで1番かっこいいとの評判の、Teacher Miki担当の TOEIC Listeningのクラスです。
Evening ClassのTOEIC Listening Classは実際にどんどんリスニングテストを こなしていくのですが、このクラスではTOEICリスニングテストの「聴き方のコツ」も 教えてくれるので、TOEICのハイスコアを目指している私としては、とても役に立ちます! 例えばPart1の写真問題で、人がいない風景の写真の時に 「The door is being openingみたいにbeingという言葉が聞こえたら、 人の関与を意味しているからその答えは除外だよ」など、 そうか~!と納得の説明をとても丁寧にしてくれます。 今までTOEICのリスニングテストは、何の対策もせず闇雲に聴いていたのですが、 もっと早く取っておけばよかった、と思うほどqualityが高い内容だと思います。
そして、グループクラスを取る時のコツとしては、自分のレベルより一つ上のクラスを取ること! CGのグループクラスは、レベルによって時間割が分かれていて、 自分のレベルより一つ下と一つ上のグループクラスが選択可能となっていますが、 ついていけないかも…なんて不安に思わずにLet’s try! 他の生徒の言い回しやボキャブラリーがとても参考になるので、 一緒にレベルアップしていけます。
グループクラスは、バッチメイトやルームメイト以外の人たちと知り合う場でもあって そこから、知り合いがどんどん増えていきます。 CGはコリアン、日本人ともに和気あいあいとやっていく雰囲気がある学校なので コリアンの友達がたくさん出来るのも、グループクラスの魅力の一つです。
それではまた!
セブ留学CG校:使用テキストについて
2015/11/28

セブ留学CG校:使用テキストについて

皆様こんにちは!
日本はそろそろ寒くなってきたと聞いていますが、 こちらセブは日本で言う真夏の暑さが続いています。 この7週間で、私の足もビーサン焼けが目立つようになりました… そして、いよいよ私のセブ生活も残り1週間。 昨日、2回目のレベルチェックテストも終わったので、 とにかくあと1週間、悔いのないように過ごします! 今日は私が使っているテキストについて、お伝えしますね。
私が取っているコースはプレミアムスパルタ(最近、intensive ESL courseに名前が変わったそうです)で、 グループレッスンが3コマ、マンツーマンが5コマの構成になっています。 一時期、TOEICコースに変えたのですが、2週間で元のコースに変更しました。 コース変更については、またの機会にお伝えしますが、CGはとにかく生徒のリクエストに 応えて柔軟に学習内容を変えられるところが大きな魅力です。
グループレッスンはそのつど先生が用意してくれるプリントを使うことが多いので、 テキストは主にマンツーマンと、夜のイブニングクラスのものになっています。
まずは、こちら。文法の王道テキスト、“Grammer in Use”
私は中級のIntermediateの英語版を使っていますが、痒いところに手が届くような説明の丁寧さが特徴です!
わー、そんなの知らなかった!というような文法知識が知られて、読んでいて勉強していて面白いです。 TOEICを受験する人は、ぜひやるといいと思います。
ちなみに日本語バージョンもあり、「マーフィーのケンブリッジ英文法」という名前で発売されています。 Basicもあります。日本でも買えるので、時間がある方は留学前にやっておいてみては?
こちらはTOEIC Readingのテキスト。
帰国後すぐにTOEICを受験するので、このテキストを使って、文法とTOEICのvocabularyを勉強しています。 Vocabularyは自分でも勉強できますが、文法は先生に教えてもらうと理解が早いです。 毎日、宿題を出してもらって、練習問題を解いた上で、マンツーマンレッスンで先生に分からないところを 確認しています。
続いてはTOEIC Listeningのテキスト
CGは8時間の通常クラスが終わったあと、イブニングクラスというグループクラスがあり、
TOEICリスニング、グラマー、IELTS、セルフスタディの中から選択できます。 私はTOEICリスニングを取っていて、このテキストはイブニングクラスで使っています。 内容はよくあるTOEICリスニングテストそのままですが、内容がテスト本番のものより 難しい気がします…。とにかく耳が鍛えられるクラスです。
そして、マンツーマンのレッスンで使っている、Topic-discussion用のテキストです。
内容は、死期が迫っている人にそれを知らせるべきか否か、
父親が罪を犯し刑務所に入ることを小さい子どもに知らせるべきか、代理母について、 といったかなりシビアなものですが、意見の正しい正しくないではなく、 自分が普段考えていることを、こうして英語で伝える機会がなかったので、 とてもいい訓練になります。私の大好きな授業です。
ほかにも、コミュニケーション用のテキストなど、オフィスにはたくさん用意されているので 眺めてみて、自分がやりたいものがあれば先生に提案するのもありだと思います。 テキストは大体250ペソから500ペソぐらいで購入できます。
私は日本からTOEICのテキストなどを持ってきていたのですが、 やっぱり英英で書いていないと、先生もうまく使って教えることができないので、もっぱら自習用になっています。 とはいえ、普段は授業の復習や宿題に追われて、持参のテキストをやる余裕は全くないので 持参するなら厳選して1冊程度、プラス自分が使っている文法書程度にするとよいですよ。 ちなみに私が持参したのはこの「1億人の英文法」。
日本人の苦手な前置詞や動詞の使い分け(see, look, watchなど)も含め、 文法がイメージしやすく書いてあります。 私は仮定法が苦手だったのですが、この本を読んでからは 意外に簡単かも、と意識が変わり、 日常会話に普通に取り入れられるようになりました。 気楽に読めるので、初心者の方にお勧めです。
それではまた!
セブ留学CG校:英語使用環境と学生の国籍比率
2015/11/19

セブ留学CG校:英語使用環境と学生の国籍比率

皆様こんにちは!
私のCGライフも残すところあと3週間になりました。
毎週何人か卒業していくのですが、親しくなった子たちがいなくなるのは、やっぱり寂しいものですね。
今日はCGの英語環境について、お伝えします。
CGは圧倒的にコリアンが多い学校です。
コリアンにとっては馴染みがある、スパルタ式の環境もあるのかもしれません。
ちなみに今はコリアン8割、日本人15人、台湾人3人、ベトナム人2人の構成になっています。
学校は日中のランチタイム以外の8時~17時まではEOP(English Only Policy)です。
母国語を使うとペナルティがつきます。
スタッフも、学生が母国語を話していないか、休憩時間にチェックしに来ていますが、
日本人だけで集まることはあまりない上、バッチメイトもコリアンが多いので、
自然と英語を使っています。
スタッフはご覧のように、腕に黄色い「EOP」腕章をしています。
食事時間や夕方17時以降は、母国語OKなので、
グループクラスなどの必要な情報は、日本人の友人からも聞けます。
スタッフも日本語が話せる方が2人いるので
病気の時などもまったく支障はありません。
私の今残っているバッチメイトは、コリアン6人、日本人3人の構成ですが
コリアンの中に私ひとり混じってごはんに行く時も
「今日はEOP!」と言ってくれます。優しい…。
この写真は、CGに来て最初の週末のオスロブ観光の時のもの。
すでに懐かしいです…。
コリアンの子たちは基本的に情が厚くて、本当に優しいです。
私が落ち込んでいる時にも、手を差し伸べてくれます。
人と人の距離が近い感じがします。
特にコリアンの男の子たちの、女性への甲斐甲斐しさといったら、こちらが恐縮するほど。
アイランドホッピングや食事に出かける時は、必ず率先してまとめ役をかって出てくれるし、
辛くて食べられない食事があると、代わりに食べてくれるほど。
ルームメイトも英語を話すためには重要な要素です。
私は4人部屋ですが、部屋もコリアン2人、日本人2人なので、基本的に英語です。
先日は、コリアンのルームメイト1人が卒業し、卒業式後にルームメイト同士で写真を撮りました。
元気でやっているかな~?
コリアンのバッチメイトは英語環境を増やしたいからと
「日本人と一緒の部屋にして」と希望を出していました。
確かに英語は使ってなんぼ。
触れる機会が多ければ多いほど、英語がスムーズに出てくると思います。
英語を使う機会が多くなる、CGのような
EOPを採用していて、日本人比率が少ない学校はお勧めです。
とはいえ、たまには日本人同士、日本語で話すことも大切だと思います。
英語だけを使っていると、なかなか自分を表現しきれないので
知らないうちにストレスが溜まっていたりもします。
そんな時には、日本語を話すようにしています。
国内の友達や家族と、LINEやSkypeで連絡を取り合うのも、
メンタルヘルスには必要ですね。
焦らず、牛さんのように一歩一歩進みましょう~
この牛さんたちは、毎朝6時半ごろに私のいる寮の前を通ります。
こんな風景に会えるのは、セブ市内から少し離れているCGの生活環境のおかげですね。
先日は、門の前で遊んでいた地元の中学生たちと仲良くなりました。
年を聞いたら13歳、14歳とか。大人っぽいです~。
それではまた!
セブ留学CG校:学校周辺の施設やレストラン
2015/11/15

セブ留学CG校:学校周辺の施設やレストラン

皆様こんにちは!
今日は学校周辺のお勧めレストランや施設と、利用できる交通について、レポートします。
CGは平日外出禁止のスパルタ校のため、
外出可能になる金曜日の夕方は、野に放たれる野生動物のように?
みんなギラギラしています(笑)
徒歩での外出は禁止されているので、基本的にタクシーかトライシクルという
バイクにサイドカーが付いた乗り物を利用して出かけます。
CGがあるタリサイシティはセブシティから車で30~40分ぐらい離れているので、
セブシティに出かける場合は、タクシーで、
近所のモールやバーに行く時は、トライシクルを使うことになります。
それぞれの料金ですが、CGからセブ・シティーが、場所にもよりますが片道約200ペソ(日本円で600円程度)、
トライシクルは1人8ペソ(24円ぐらい)ですが、6人まで乗れるので、
1人で乗る場合は近場でも40ペソ払ったり、2、3人の時は1人10ペソになったりと変動します。
先日、1人で近所のモールから帰ってくる時は、最初に「50ペソ」と言われましたが、交渉して40ペソにしてもらいました。
さて、ご近所の施設の紹介から。
まずは以前にもご紹介した、CG生御用達のガイサノモール。
日本で言う「イトーヨーカドー」と「イオンモール」を足して割ったような感じでしょうか。
地元の人たちが利用する、近所で一番大きいショッピングモールです。
果物やお菓子といった食料品はもちろん、生活用品や文房具、洋服など一通りのものはここで買えます。
私もここでジーンズを500ペソ(約1500円)で購入しました。
日本に比べればかなり安いのですが、こちらにいると500ペソはかなり高い買い物をした感覚です。
私のルームメイトは190ペソ(約570円)のジーパンを買っていました。
ちなみに、コリアンの女の子たちはミニ丈のワンピースやスカートなど、綺麗な格好をしていますが、
日本人の女の子たちは基本的にTシャツにジーパンだったりします。
私は、こちらで捨ててもいいような服しか持ってこなかったのですが、
コリアンの子たちの服装を見ていて、1枚小奇麗な服を持って来ればよかったと少し後悔しました。
なので、服が欲しくなったらガイサノへどうぞ。
フィリピンで有名なハンバーガーチェーン「Jollibee」、スパゲティやラザニアが食べられる
イタリアンのファストフード店も入っています。
今はフィリピンのクリスマスシーズンなので、店員さんたちも気分を盛り上げています。
ガイサノモールから100m近くのところには、ロビンソンという新しいモールもあります。
中に入ると、びっくりの綺麗さでした!
ここには、スーパーマーケット、薬局のほか、CG生出没率の高いタイ・マッサージサロンや
ヘアサロン、レストラン、カフェなどが入っています。
ロビンソンでのお勧めは、やっぱりタイマッサージとフィリピン料理のお店!
タイマッサージは1時間150ペソ(約450円)、全身をオイルでマッサージしてくれる
スウェーディッシュマッサージで1時間250ペソ(約750円)と日本では考えられない破格の安さです。
私も2回行きましたが、タイマッサージ+背中オイルマッサージ1時間のコース
(180ペソ・約540円)がお勧めです。
ちなみにその隣のヘアサロンではカラーをしました。こちらは500ペソ(約1500円)。
サービスは、日本並みとはとても言えないので、あまり期待しないでくださいね。
ヘアカットだけだと60ペソ(約180円)でやってくれるので、
男の子たちはちょくちょく行っているみたいです。
ロビンソンの中のフィリピン料理店「HUKAD」は、何を頼んでも本当に美味しいです!
バッチメイトたち6人で行って、おなかいっぱい食べて1人270ペソ(810円)ぐらいでした。
あとはフィリピン料理の一つ、「レチョン」(豚のバラ肉や鶏の丸焼き)が食べられる
「BALAMBAN LIEMPO」も美味しいレチョンが食べられますよ!
こちらは味付けしたハーブがまぶしてあって、お肉もジューシーで本当に美味しい…
ごはんと日本でいう生姜漬けのようなサイドディッシュも一緒に食べて、ドリンクを頼んで
1人140ペソぐらい(約420円)です。
ガイサノモールの敷地内にもありますが、モールと大きな道を隔てた反対側を少しCG方面に
戻ったところにある同じお店の方が美味しかったように思います。ぜひトライしてみてくださいね。
緑のお店のカラーが目印です。明るい店員さんたちが待っていますよ!
CGの近くには「Sugar」という東京にあってもおかしくないような、可愛いカフェもあります。
ここでは、チョコレートケーキとスムージーがお勧めです!
休日に寮の食事を食べたくない時に、ルームメートとふらっと出かけたりしています。
ほかにも、近場のバー Betty Boopesは海辺にあるので、サンセット時に行くといいかもしれません。
生バンドも出ます。但し、トイレのフラッシュが流せなくて、水汲み式なので気にしない方はどうぞ。
また、「Lantaw」というSRP(車のみの幹線道路)沿いにあるフィリピンレストランも、
何を頼んでも大概美味しくて、地元の人にも人気です。
海沿いにあって、夜は生演奏が楽しめます。
グループで行って、1人700ペソぐらいあれば十分!
ほかにも、近場のバー Betty Boopesは海辺にあるので、サンセット時に行くといいかもしれません。
生バンドも出ます。但し、トイレのフラッシュが流せなくて、水汲み式なので気にしない方はどうぞ。
また、「Lantaw」というSRP(車のみの幹線道路)沿いにあるフィリピンレストランも、
何を頼んでも大概美味しくて、地元の人にも人気です。
海沿いにあって、夜は生演奏が楽しめます。
グループで行って、1人700ペソぐらいあれば十分!
また、昨日はSRP沿いにある「Food Strip」という屋台村のようなところに行きました。
各お店で好きなものを注文するシステムですが、
クリーミーガーリックシュリンプは絶品でした!
フィリピンのビール、サンミゲル・ライトは40ペソ(約120円)を飲んで、
ほかにも焼き魚や焼豚などお腹いっぱい食べて、1人250ペソ(約750円)程度。
解放感もあって、かなりお勧めです。夜9時半過ぎはバンドも出るようです。
和食が食べたい場合は、セブ・シティに出かける必要があります。
セブシティのアヤラモール内や、セブ市内の日本料理屋さんに行く人もちらほら。
こちらに来てからあまり和食が恋しくなかった私ですが、先日、日本人学生の子たちと行った
お店飲んだ生ビールと久しぶりのお刺身やもつ鍋、うどんの美味しさは感動ものでした。
多分、日本でいえばチェーンの居酒屋さんメニューなのでしょうが、
大満足で、一気に平日の疲れが吹き飛びました!
それではまた!
セブ留学CG校:レベルチェックテスト
2015/11/14

セブ留学CG校:レベルチェックテスト

皆様こんにちは。
日本は秋が深まっている頃でしょうが、こちらは当然ですが毎日が夏。 昼間は本当に暑くてたまりませんが、朝晩は過ごしやすいので 私は早起きして勉強時間にあてています。
先日は5時頃に起きたら、明けの明星がきれいでした。
さて、今日は先日にあったレベルチェックテストについてレポートします。
CGでは、毎月末の金曜日に全生徒を対象とした、レベルチェックテストがあります。 前にも少し触れましたが、スピーキング、ライティング、リーディング、リスニングの 4セクションについて、金曜日の朝8時から12時までの時間をかけてテストを受けます。
クラスのレベル分けは大きく8段階、各レベルの中でさらに2段階に分かれていて Elementary Low Beginner、Low Beginner+ Middle Beginner、Middle Beginner+ High Beginner、High Beginner+ Low Intermediate、Low Intermediate+ Middle Intermediate、Middle Intermediate+ High Intermediate、High Intermediate+ Advance となっています。
ほとんどの生徒は入学時、Low BeginnerからMiddle Beginnerに当てはめられるようです。 横で聞いていて「この人、しゃべれるな~」と感心する人でも Low Intermediateだったりするので、CGのレベル評価は結構辛めなのかもしれません。 Advanceの人には、お目にかかったことがないです。
テストの順番は人によって違っていて、私のテストスケジュールは 8時~9時:リーディング 9時~10時:リスニング 10時~11時:ライティング 11時~12時:スピーキング の順番でした。
レベルElementary~Middle Beginner+までと High Beginner以上のテスト内容は異なるようです。
試験はいつもはセルフスタディに使っている部屋で、分かれて行います。
私が受けたMiddle Beginnerまでのレベルの テストの内容は以下のとおりです。
① リーディング ほぼTOEICのような問題が出ます。 1問1分以内で解くぐらいの時間配分で回答しないと、 時間が足りなくなると思います。 途中でそのことに気づき、少し慌てました。 TOEICに慣れていれば、落ち着いて解けば大丈夫。
② リスニング 最初の数問はTOEICから、その後は数字を聞き取るものや ネイティブのナチュラルスピードの会話を聞いて設問に答える形式でした。 ネイティブの会話は単語しか聞き取れず、ほぼ撃沈しました。
③ ライティング 2題出題されます。 一つは手紙文の作成で、入院した友達に手紙を書け、というもの。 それ以外の設定は自由ですが、但し、友達にどんな治療を今受けているのか、 また友達を励ます内容を盛り込めるよう指示がありました。 もう1題は、文章を読んでサマリー(要約)するという課題。 内容は「てんかん」についての話で、医学用語がかなり出てくるのですが、 単語の意味は分からなくても、まとめることがキモ。
④ スピーキング 面接官の先生2人対生徒1人の面接方式。 与えられたお題に対し、3分ほどのスピーチをします。 数人ずつ待機部屋に集められて、名前を呼ばれたら別室に行き、 課題が書いてある紙を渡されます。 2分ほど考える時間が与えられ、その後は本番です。
今回は「自分が受けた(学校)教育について」で、 何を勉強したか、どんな人が教えていたのか、そこから何を学んだか についてスピーチせよ、という内容でした。 何を話そうか2分間で考えても、いざ先生の前に座った瞬間、頭が真っ白になりました。 スピーチが終わったら、追加の質問がされ、 それに対して自分の意見を答えたら、試験は終了です。
終わった時点で、もうぐったり…。
テスト結果は、ほぼ1週間後の木曜日に手渡されました。 果たして結果は…
Middle BeginnerからHigh Beginnerに上がりました!! 2ランクアップです。やったー!
こちらは1ヵ月前の入学時のレベルチェックテストのもの。
やっぱりスピーキングとライティングがかなり伸びました。
日本にいる時の英語の勉強は、ほぼインプットだけでしたが こっちに来ると、ほぼスピーキング1日に2コマほどライティングといった 具合なので、当然といえば当然かもしれませんが、 やっぱり嬉しいです。 マンツーマンのティーチャーたちも喜んでくれました~
リーディングとリスニングがあまり伸びていないのと ライティングが「書けた!」と思ったわりには意外に点数がいかなかったので これからの課題です。もちろんスピーキングも…。
私の先生たちもテスト前に「スピーキングで大事なのはconfidence!」 と言っていたので、とにかく自信をもって話すようにします!
それではまた! (写真は先日のボランティアワークの時に集まってきた地元の子たちです。可愛い~)
 / 4
CG最新ニュース
2017/02/23

CG最新ニュース

CGのイメージと言えば、『明るく元気な雰囲気』があります。いつも、この英語スクールからは留学生の笑い声と楽しそうな笑顔で溢れています。どうして、スパルタ語学学校にもかかわらず、講師・留学生たちがこんなにも明るく元気なのでしょうか?大きく2つの理由があります。     第1の理由は、CGキャンパスの形にあります。 キャンパスは中央にプールと休憩スペースがあり、休み時間になるといつもたくさんの留学生たちが楽しそうに会話しています。しかし、CG英語スクールには、EOP(英語以外の使用禁止ルール)あり、常に監視され、初級者中心の英語です。それでも、すべての留学生たちが英語で会話をしているのは、キャンパスのオープンな雰囲気と友達が作りやすい環境おかげだと思います。   第2の理由は、原さんという女性マネージャーの活躍です。CGに勤めて、4年以上のベテランマネーシャーで、CGが日本での人気を獲得するために最も大きな貢献をされた方です。今、CGの日本人の割合が35%で、去年の10%と比べると3.5倍の増加をしています。学生に対しすごく親切に接してくれる方で、英語スクールの学習プログラムにも柔軟にする対応してくれます。卒業生たちに大人気で、卒業生たちの口コミでCGに入学する日本人留学生の数が一気に増えました。また、原さんの存在が今の『明く元気なCG』に大きな影響を与えています。   初級者レベルの英語能力で心配されている方には、明るく元気な雰囲気、親切で柔軟なサポートのセブ・CGがオススメです。     授業についての追加情報 CGはセブエリアのCPI、CPILSと並んでスピーキング中心の代表的なスパルタ英語スクールです。 <スパルタ学校は、一般的にスピーキング・リスニング・文法・語彙など約5〜7個のESL科目をバランスよく学習します。> 授業の内容も簡単に変更することができます。例えば、ESLコースでは、マンツーマンの授業を留学生が希望する科目に選べますし、グループレッスンの授業をTOEICなどの試験の科目に変更できます。  
CG 2017年IELTS点数保障コース入学日
2016/12/18

CG 2017年IELTS点数保障コース入学日

2017年度CG ESL CenterのIELTS Guarantee Course開講日及びIELTS正規試験の日程につきましては、下記表をご参照くださいませ。
上記の正規試験日は現地の事情により変更されることがあります。
なお、IELTS No Guarantee Course 及び IELTS Basic Courseは毎週月曜日の入学が可能ですので、ご参考いただければと思います。
CG 初日のスケジュール
2016/12/01

CG 初日のスケジュール

CG校における新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。

  【初日スケジュール】

時間

内容

10:00 ~ 12:00

レベル分けテスト

12:00 ~ 13:00

昼食

13:00 ~ 16:30

オリエンテーション及び両替 ※月曜日

16:30 ~ 18:00

お買い物(GAISANO or Robinsonにて)

18:50 ~

レベルテスト結果及び授業スケジュール発表

※あくまでの予想時間であり、遅延する場合もあります。

CEBU CG IELTSスコア保証コース入学日(2016年)
2016/09/02

CEBU CG IELTSスコア保証コース入学日(2016年)

セブCGのIELTSコースとIELTS スコア保証コースの月1回の入学指定日をお知らせいたします。併せてIELTS公式試験日もお伝えいたします。 留学10週終了後にIELTS公式試験が受けられるように入学日が設定されています。  
入学指定日 IELTS公式試験日
09/10(土)、09/11(日) 11/19(土)
10/1(土)、10/2(日) 12/10(日)
  また、IELTS Basicコースには毎週月曜日から入学可能です。2017年のIELTS公式試験の日程が発表され次第10/03以降の入学指定日が発表されます。
CG 現地マネージャー東京オフィス訪問!!
2016/05/25

CEBU CG 現地マネージャー東京オフィス訪問!!

CGの現地日本人マネージャーNICOLEさんが東京オフィスに来てくださいました!   img_2972 (右奥:NICOLEさん)   早速、CGの最新情報をお伺いしました!  

■現在のCGの留学生国籍比率 2016/5/25現在

-韓国:60%~70% -日本:20%~30% -中国・ベトナム・台湾:約10%  

■IELTS Course 2016/5/25現在

現在では10人の留学生がIELTSコースを受講しており、少人数制での運営をしています。 ●Basic Course:ESL(一般英語)とIELTSの授業が織り交ぜられたIELTS初心者のためのコース。 ●Guarantee Course:12週間の点数保証コース。入学時の保持スコアによって保障点数が決まり、その点数獲得までたとえ12週を過ぎても学費がかからないコース。(寮費と現地費用は別途必要) 2週に1度模擬テストがあり、2回連続で点数が上がれば次の学習レベルへ。点数の上昇が無ければ同じレベルでの授業をまた2週間受講。 ●No Guarantee Course:4週~12週のIELTS専門コース。コース受講にはスコア3.5以上が必要。グループ授業ではESLの授業も受講可能。 ・Vocabulary testとessayではIELTS専用の問題を出題   CGの詳細情報は弊社留学カウンセラーまでお問い合わせください。
CEBU CGパンフレット更新
2016/03/04

CEBU CGパンフレット更新

セブCGのパンフレットや出国前の準備、オリエンテーション資料などが更新されました。 スクールページ下のオンラインパンフレットコーナーからダウンロードできます。
セブCGマネージャー、東京事務所インタビュー
2015/09/03

セブCGマネージャー、東京事務所インタビュー

こんにちは。フィルイングリッシュの佐藤です! セブ最強のスパルタ校の1つCG。1日最大12時間の授業+母国語禁止ルールを実施しているため、「朝から晩まで英語漬けの生活がしたい」、「徹底的に管理されたい」方にお勧めです。   cebu_cg_staff (1)  

【スパルタながら授業編成の自由度は高いCG学校】

●一般英会話+TOEIC・IELTS・ビジネス英語 →「TOEIC・IELTS・ビジネスコースの申込みをして、がっつり勉強したいまでじゃないけど、少し触れたい。出来ればやりたい」という留学生さんも多いです。特に12週間以上留学の方・中級レベル前後の方の希望者が多いですね。 CGでは、一般英会話のコースでテスト対策のグループクラスに参加することが可能です。TOEICコースは特別管理をしていますが、一般英語コースでマンツーマン先生と相談し、一部の授業をTOEICの勉強にすることも認められます。正規の授業以外にも無料のイブニングクラスでTOEIC,IELTS準備コースを提供しているので自力でテスト対策の勉強をしている学生に大人気です。   ●豊富なグループクラス、自由に選択可能 →正規グループクラスは16科目を設置。「CNN」、「Media English」のような、難しそうな科目もレベル別クラスを設置、初心者グループも運営しています。初心者クラスでは初心者用のニュース英語を指導するCGのノウハウがあります。また、希望者の学習意欲を尊重し、1人2人の希望者がいたらグループ授業を開講します(レベル別募集枠はCGから掲示板に案内)   詳細は担当留学カウンセラーまでお問い合わせ下さい。
CG EOP制度(母国語禁止ルール)について
2015/05/22

CG EOP制度(母国語禁止ルール)について

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。弊社フィルイングリッシュのスタッフは先日にセブにある伝統的なスパルタ校で有名なCGに訪問させて頂きました。以下プチ訪問記になります。   CGはセブでは珍しい一日最大12時間の授業を受講する事が可能なスパルタ校となっています。特にライティングや単語力の向上に力を入れています。また朝から夕方の17時まで行われているEOP制度のお陰もありスピーキング力も効率的に上げる事を可能としています。   CGでは、元々EOP(母国語禁止ルール)がありましたが最近では以前よりEOP制度が厳しくなり留学生が授業のない休み時間には毎回、留学生が母国語を使用していないかチェックをする為にスタッフが常時4~5人で監視しております。   監視員に母国語を使用している所を見つかってしまうとペナルティもあり、頻繁にペナルティを重ねて退学になってしまった留学生もいるために非常に厳しい制度となっております。その為もあり休み時間でも国籍関係なく留学生同士が英語で話すのが当たり前の環境となっております。   EOP制度が徹底しているお陰で、効率的にスピーキング力を鍛える事が出来る上にスパルタ式なカリキュラムもあるお陰か、短期間の留学でも確実なレベルアップを可能としています。自分自身の規制が上手でない方にはスパルタ式のCGはおすすめです。   e382abe382a6e383b3e382bbe383a9e383bce382b3e383a1e383b3e38388e794a82 EOP制度の監視人    
セブCG EOPを開始しました!
2015/01/09

セブCG EOPを開始しました!

CGはでは、EOP 【English Only Policy】を3月1日より 正式開始致します。 より一層 校内で英語に対する意識を高め、更なるスパルタ生活、英語漬け生活が提供できるようになります。 平日 7AM ~ 5PM 間  お部屋内、食堂内、 オフィス内 以外の全ての場所では 英語のみ使用して頂く環境となり今まで以上に英語力を伸ばせるようになります。管理方法と致しましては、校内 監視役を決めて EOPが行われて無い場合 注意されます。 この注意を3回されるとされた時点より1週間 外出禁止となります。  
 / 1

よく読まれている留学体験記

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点

スパルタタイプの英語学校のメリットと留意点 ◆スパルタタイプとセミスパルタタイプ フィリピンの英語学校は大きく2つの種類に分けることが出来ます。 スパルタタイプの英語学校とセミスパルタタイプの英語学校です。 ともにスパルタという言葉が含まれており、両タイプとも何かしら厳しい環境で英語留学をするというイメージを持たれる方がいますが、この2つのタイプの特徴は全く異なっています。この2つのタイプの特徴を表にまとめてみました。 タイプ別の特徴 ■スパルタタイプ ■セミスパルタタイプ ・平日外出禁止 ・平日外出可能 ・放課後の強制自習 ・放課後は自由時間 ・学校の規則に管理される 学生の自主性を重んじる 表のように、スパルタタイプの英語学校は規則で学生を管理し、だれもが着実に英語力をつけることが出来るカリキュラムを運営し、セミスパルタタイプの英語学校は学生の自主性を重んじることで、学生の自身のペースで英語学習を進めていけるカリキュラムを運営しています。 セミスパルタタイプの英語学校の中には、参加義務のある放課後の授業を運営しているものもありますが、一般的に平日の外出ができるか否かによってスパルタタイプかセミスパルタタイプかに分類されます。 以上の点から、スパルタタイプの学校の方が英語力を伸ばすことが出来る、と感じる方がいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。これらのタイプは「勉強のスタイル」と言い換えることもできます。 どのように勉強をすればいいかわからない方は、スパルタタイプの英語学校でどのように英語を勉強していきながら良いか常にアドバイスを受けながら英語学習を進めることが出来ます。反対に、自分の学習スタイルをすでにお持ちで自由に英語学習を進めていきたいという方はセミスパルタタイプの英語学校の方が合っていると言えます。自身に合っているスタイルの学校を見つけることが出来れば、英語力を伸ばすことは難しくないでしょう。 今回は、スパルタタイプの学校にフォーカスを当てていきたいと思います。 ◆スパルタタイプのメリット 学校に生活の管理をされるスパルタタイプでは、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ①留学を失敗させる可能性が低い 平日は放課後の外出が制限され、正規授業以外にも出席義務のある授業が多いので、英語学習以外にすることがありません。否が応でも英語学習をしなければいけない環境に置かれるのです。期間中は脇目も振らず英語学習に集中することが出来ます。大変ですが、苦悩の後に結果はついてくるものです。 ②自分で学習プランを立てなくても良い 英語学習をしたいけれどどのようにすればいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。スパルタタイプの英語学校では放課後の授業に、昼間の授業の復習、次の日の授業の予習などでやることがたくさんあります。目の前にあることをやり通せばよいので、学習プランを立てるのが苦手な方でも悩む必要はありません。 以上のように、スパルタタイプの英語学校では詰め込み式で英語を身につけていきます。この方法は特に英語初心者の方に向いてる学習方法です。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングに語彙や文法を総合的に学べるので、英語初心者の方が8~12週間スパルタタイプの英語学校に留学をすれば、英語中級者ほどの英語力を身につけることが出来ると言われています。 では、スパルタタイプの英語学校を選ぶ際の気を付けなければならないことを確認しましょう。 ◆スパルタタイプの留意点 ①自分の勉強スタイルが決まっている方には向かない 学校から生活を管理されるので、自分のペースで英語学習をされたい方にはスパルタタイプは向いていません。 ②英語中級者以上の方には合わないことが多い 英語の基礎を徹底的に固めるスパルタタイプは、特に英語中級者以上でスピーキング中心のプログラムを希望される方には向いていません。ただし、バギオの英語学校などには英語上級者向けスパルタタイプの英語学校もあります。 ③留学期間は最大16週間まで 学習強度の高いスパルタタイプですが、ストレス強度も高いと言えます。スパルタスタイルの学習を続けるには16週間が限度と言われています。それ以上留学をされたい方は、留学の途中でコースや英語学校を変えることでセミスパルタタイプの学習スタイルに変更することをおすすめします。 一見、とても大変そうですが、その分、身に着くことも多いのがスパルタタイプです。自分の目的や英語力、性格なども鑑みて、自分にぴったりの英語学校を見つけましょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するための準備 スパルタタイプの学校に行くことを決めた英語初心者の方は、ぜひ留学前から英語学習の準備をしておくことをおすすめします。時間に追われることが多いスパルタタイプの学習スタイルでは、授業をしっかりと理解することが留学成功の秘訣となります。では、英語初心者が留学を成功させるためにどのような準備をすればいいのでしょうか。 ①中学英語レベルの英単語を覚える 大学生の方なら中学生時代に使っていた単語帳をはじめから覚えておきましょう。社会人や英単語帳を新しく購入しようと考えている方は、書店で英単語長をパラパラとめくってみて、3割ほど自分の知っている単語が載っているものをおすすめします。すべて知らない単語ばかりだと勉強するのが嫌になりやすいですが、知っている単語があると、続けていくモチベーションも維持できます。 ②中学英語レベルの英文法を覚える こちらも大学生なら昔使っていた文法書をやり直しましょう。大体覚えていれば問題ありません。社会人や新しく購入される方は、中学時代使っていたのと同じものか、やりなし英文法のようなものでも良いでしょう。何が良いかわからない場合は直感で決めてしまっても構いません。 フィリピンへ英語留学をして一番多く聞く失敗談は、「英単語や基本的な英文法をちゃんと覚えてくればよかった」です。もちろんわからないことがあれば先生たちは丁寧に指導してくれます。しかし、基礎単語や基礎文法など自分でもできることに留学の貴重な時間を使うのはもったいないです。留学をする前からできることを少しずつ続けることで、意義のある留学にすることが出来るでしょう。 ◆スパルタタイプの英語学校へ留学するときの持ち物 ・使い慣れた英文法書一冊 英語留学前の事前学習で使っていたもので構いません。日本語で解説が記載されている英文法書を一冊お持ちください。留学後に配られるテキストはすべて英語です。英語だけの説明だとどうしても理解できない部分が出てきます。そんなときは日本語で解説を読みしっかりと理解しておきましょう。最初は無理をせず確実に英語力を身につけていくのが肝心です。 ・電子辞書 最近ではスマートフォンに内蔵されている辞書を使用されている方も多いですが、その場合はインターネット環境が無くても使用できるものをおすすめします。フィリピンでは日本ほどにインターネット環境は整っていませんし、教室ではインターネットが使えない英語学校も多くあります。オフラインでも使えるものを用意しましょう。 最後に、特に評価の高いスパルタスタイルの英語学校を紹介したいと思います。 ◆スパルタタイプの英語学校 【セブ地域】 ◆CG セブの中心地から少し離れたところに位置するスパルタスタイルの英語学校。 毎日の単語と文章テストで英語の基礎をたたき込みます。 朝から晩までのみっちりスケジュールにも関わらず学生たちの笑顔が絶えない雰囲気の良いアットホームな英語学校です。 ◆CPILS […]

セブ留学とバギオ留学

『セブ留学とバギオ留学   留学カウンセラーの後藤です。   フィリピン留学を検討されている方からよく聞かれる質問の中に、どの地域を選べばいいですか?というものがあります。 フィリピンの中で最も知名度が高い地域はアジアを代表するリゾート地、セブ。同じく語学学校の数も最も多い地域です。その次に学校が多いのはバギオ。日本での知名度は低いですが、フィリピンでは有名な観光地です。スパルタタイプの学校発祥の土地でもある為、歴史深いスパルタ校が数多くある学園都市でもあるんです。 大体の情報はネットに載っているけど、どちらの地域を選んだらいいか分からないという方に、今回は「セブ留学」と「バギオ留学」の特徴と違いについてまとめてみました。気候や周りの環境以外にも細かい違いがこの二つの地域にはあります。セブかバギオで地域を迷われている方の参考になればいいと思います。   ①大きな特徴 セブ バギオ アジア有数のリゾート地でありフィリピン第二の大都市。 セブ島:活気あふれセブの経済中心地。交通量が多くレストランやショッピングモールが立ち並び利便性が高い。 マクタン島:リゾートが立ち並ぶのんびりとした雰囲気。人口・交通量も比較的少ないため、リラックスできる環境あり。   地域 マニラからバスで6-7時間北上した場所にある、山に囲まれた高山都市。(バスの種類によっては約4時間ほどで移動可能。)平均気温が低い為、避暑地や観光地としてフィリピン国内では知名度が高い。 大学が多くある教育都市であるため、レベルの高い講師を採用しやすい背景もあり、講師の平均的な質が高い地域でもある。   亜熱帯気候に属し、1年を通して日本の真夏に近い暑い気温が続く。年平均気温は26~27℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 気候 標高1500mの高さにあるため、1年を通して日本の初秋のような涼しく過ごしやすい天候が続く。年平均気温は17~19℃。雨期(6~12月)と乾期(1~5月) 観光地であるため治安はかなり安定。外国人や観光客を狙ったスリ等には要注意。 治安 人口の半分が学生である教育都市でもあり、カジノや大きな歓楽街がなく治安は安定。 ・海や外出先で楽しめる環境が揃っている ・日本から直行便が出ている メリット ・勉強にしっかりと集中できる ・涼しく過ごしやすい気候 ・物価が少し高い ・娯楽や誘惑が多い デメリット ・市内に娯楽が少ない ・マニラからの長時間移動が必要(約6-7時間) 英語学習だけでなく、海外での生活も満喫したい人。自分自身をしっかりとコントロールできる人。海やシティが好きな人。 向いてるタイプ 勉強だけに集中したい人。暑いのが苦手な人。自然や田舎が好きな人。 ②留学生活 セブ バギオ 平日外出可能/平日外出禁止の学校どちらもあり。 校風 平日外出禁止の学校がメイン。 ・校内で勉強・運動 ・レストラン・カフェで気分転換 平日 校内で勉強・運動 大型ショッピングモールで買い物、ビーチリゾートでアイランドホッピング等。   週末 自然公園や隠れ家カフェ・レストランでリラックス。   ボホール島・ジンベエザメツアー等1日で行ける観光スポットあり。   […]

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』

『英語ビギナーにはどんな学校がふさわしいか』 言語の上達は、「楽器」と「スポーツ」のやり方と同様と考えます。方法は2つ、「ルール」を覚えてひたすら「練習」することに限ります。これを持続するためには、何かの「動機」が必要となります。動機とは大げさなことではなく、単純に「外人と喋りたい」、「旅をもっと楽しみたい」など、どのようなものでも構いません。もちろんTOEIC・IELTSスコアやビジネス英語力を身につけたいなど、はっきりした目標があった方が比較的上達スピードは速いですが、漠然で純粋な趣味レベルの動機が必要性を超えるケースも多くあります。  <カウンセラー佐藤> こんにちは。フィルイングリッシュ東京所属の佐藤です。 これまで合計9年ほど言語教育に携わり、様々なレベル、様々な目的を持つ言語学習者に出会えて来ました。現在も弊社東京事務所にて月70名ほど、様々な目的を持った方々の留学プラン作りをサポートしております。ほとんどの英語初心者の方は、「何を、どこから」スタートすれば良いかが分からないです。何となく始めても「持続的に」やっていけば英語力は伸びますが、持久力に限界があります。強制されなくても続けられることは、好きで、楽しい事ですよね。英語は教わるものでも勉強するものでもなく、コミュニケーションを取る道具。とりあえず、ビギナーレベルを卒業し、使えるようになったら、勝手にもっともっとやりたくなるものです。 ■ 好き嫌いで相性チェック! 学校タイプ(セミスパルタ・スパルタ)の違いは、英語力向上のための運営方式(アプローチ)の違いなので、どちらがもっと英語が伸びる訳ではありません。   好きなこと 嫌い・心配なこと おすすめタイプ ✔自分のリズム ✔オリジナル、カスタマイズ ✔強制・拘束 ✔ルール・規則が厳しい セミスパルタ ✔きっちりした体系型システム ✔ミニマム結果保証 ✔自己管理が苦手 ✔周りに流されること スパルタ ■  学校ピックアップの前提条件 ☑レベル:TOEIC400以下のビギナー ☑目標:これっと言った目標はない、なんとなく必要じゃないかと思う ☑年齢:19~30歳 ☑地域・期間:セブ・8~12週 おすすめ① Philinter:外人と英語がしゃべりたい人、現場に行こう! 日本での独学の一番つまらないところと言えば、使い道のないものを永遠と続けなければいけない事。国際色豊かな英語使用環境に身を置き、その日習った事をその日使っていきましょう。英語使用環境に加え、セブスパルタ学校のモデル的存在で教育のクオリティーには定評がある学校です。多国籍留学生、信頼度No1、2か国留学向け、4週158,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ② Cebu Blue Ocean Academy:「ザ・セブリゾート」でちょっとリッチな英語留学 日常で絶対出会えなさそうな人と話す。旅の魅力の1つではないでしょうか。海外気分を満喫し、心に余裕を持って毎日英語を学び、使っていく環境です。自分をゴールに合わせる「必要」がある方には、きつきつのスパルタ姉妹校(PINES)、英語を自分に合わせて身につけたい方には、この学校。講師優秀、施設・付帯施設優秀、大人向け141,000円~ >>学校詳細を見る おすすめ③ CG:徹底的に基礎を叩き込む。校内母国語禁止で初心者でも恥ずかしくない 英語初心者の素朴な悩みの一つ、「知ってることでも口から出すのが恥ずかしい」。しかし、英語は自分の言いたい事を伝えるためであって正しく話さなきゃいけないものではないことに気づいたら、何とかコミュニケーションを取ろうとする姿勢になります。CGは、とりあえず学校の指示に従がって課されたものをクリアしていけば良い「がちがちのスパルタ学校」です。規則厳し目、学習量・課題多め、和気藹々、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る おすすめ④ CPI:全ての科目が会話中心、多くの学習選択肢を提供するのびのびスパルタ 「オール英語の授業ってついていける?」英語初心者の方の留学前の心配の1つ。CPIの授業は、文法及び読・書・聞・話全ての授業が学生のスピーキング(発話)を軸に設計されています。授業での「会話式」進行の割合が他行より多め、初心者でも安心できます。施設・食事レベル超優秀、国籍比率良い、テスト対策に繋げやすい、4週1,350ドル~  >>学校詳細を見る ■ ビギナー向け選定学校のまとめ 学校タイプ 学校名 定員 日本人割 人気・おすすめコース セミスパルタ Philinter 150名・中規模 40%未満 IPS(スピーキング特化)、Business 多国籍留学生、教育の信頼度トップ、便利な立地 Cebu Blue Ocean […]