Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

EV

きれいな環境で英語留学!多国籍留学生構成のスパルタ校 EV Academy

CEBU EV Academy

EV Academyはセブ島に位置した短期集中コース専門スパルタ校です。2002年に創設され、フィリピン留学システム創世記にセブにできた英語スクールの中の一つです。しかしスパルタ方式の留学生管理の必要性を感じて、2004年からスパルタ校として運営方針を変えました。ただし、通常のスパルタ式とは異なり『よく学びよく遊びよく学ぶ』が学校のコンセプトの為にただ、勉強漬けの生活に浸るのではなくスクール内の様々なアクティビティにより留学生の勉強で溜めたストレスや疲れを癒します。

EVプログラムの特徴の一つは毎朝実施される単語テストと毎夕実施される文章作成テストです。学業の緊張感を維持するのが目的で導入されたテストではありますが日本、中国、ベトナム、中東からの学生は選択制であり、強制参加ではありません。これらに参加される学生の一日のタイムテーブルは一気にきつくなりますが、参加されない方にとってはそれほどきつい学校ではなくなります。EVのスパルタ強度位置づけは強制テストに参加しない人たちにとっては特別強くもなく特別弱くもなく中くらいです。

EVは2004年から留学生の要求に合わせて教育活動を持続的に拡大し、2009年には200名規模の新築キャンパスに移転しました。学校長であるDavid Chateleは法学と教育学を専攻していた方で(ダブルメジャー)、セブの英語スクールの中で唯一の西欧圏外国人校長です。

EVを選択した留学生たちは短期間に英語力を高める目的で、アジア全域(韓国,日本,台湾,中国など)から英語留学のために来ています。EVの留学カリキュラムはTOEIC点数向上、より良い就職先、外国の大学への入学、海外旅行やワーキングホリデーの準備をするための英語実力向上のために構成されています。

学校名 EV Academy
住所 Gov Mariano Cuenco Avenue, Barangay Kasambagan, Cebu City 6000
設立年度 2002年
定員 200人
承認関連 TESDA及び教育庁正式認可
留学コース Intensive English(ESL)、TOEIC、TOEFL、IELTS、Business
講師 100人(フィリピン)、3人(アメリカ, イギリス, ニュージーランド)
日本人スタッフ 2人
日本人割合 30~40%
学校施設 ロビー、相談室、マンツーマン教室(約70室)、グループ教室(26室)、研究開発室(R&D)、図書館
寮施設 シャワー(温水器)、冷蔵庫、クローゼット、トイレ、机、ベッド、本棚など
附帯施設 プール、マッサージ店、小劇場、バスケットコート、バドミントンコート、ジョギングコース、ジム(GYM)、卓球台、カフェテリア、ビリヤード台

留学訪問記:毎朝6時に点呼する老舗スパルタセブ島EV 
2014/11/29

留学訪問記:毎朝6時に点呼する老舗スパルタセブ島EV みなさんこんにちは、フィルイングリッシュの神谷です。 この度、セブ島の大規模な老舗スパルタ学校「EV Academy」を訪問する機会に恵まれました。 EVアカデミーは、2004年にスパルタ校として開校し、経営陣はスパルタ式のカリキュラムを開発した第一人者でもあります。現在は数多く存在するスパル タ校ですが、2005年当時はEV AcademyとSMEAGのみが、セブで唯一スパルタ校として開校していました。     学校長はフィリピンで唯一フランス人の Davidさん Davidさんはフランスやイギリス、また韓国で英語の教育に携わっていた事もあり、ご自身の経験をもとにプログラムの開発や試行を行いながら、他の学校とはひと味違う英語教育を自信を持って提供されています。   毎朝6時に点呼する学校 5:55にマネージャーの点呼があるので、学生のみんなは部屋の外で待機します。 「点呼」と聞くと、軍隊を思い出しますが、その通りです。 当校のルールは軍隊から引き継いでいます。 その他、たくさん厳しい決まりがありますが、それは後半で紹介します。 さて、次にEV Academyのコンセプトを紹介します。   世界中から来た学生とともに学習ができる。 現在の学生の国籍比率は日本人20〜25%、韓国人60%、その他20%が台湾人、ベトナム、モンゴル、中国人です。スタッフも、日本、韓国、ニュージーランド、ベトナム、フランス人校長と、全体的にインターナショナルな学校となっています。 (左から)EVアカデミー卒業生で、現在日本人スタッフであるYUKARIさんと韓国人スタッフ 東南アジアの中心に位置する英語スピーキング国で英語学習ができる フィリピンは、英語公用語の国で世界3位との統計情報(経済産業省より)があります。 個人的にフィリピンのマニラ、バコロド、イロイロ、バギオ、クラーク、セブへ行きましたが、どこの地域でも99%の確率で日常英会話ができました。   普通の語学学校よりも早く英語を学ぶ事ができる。 フィリピン留学の最大の利点といえば、”豊富マンツーマン授業”と思われる方が多いと思いますが、当校はそう考えていません。ESL、TOEIC、 IELTSコースを始め、どのカリキュラムもマンツーマン3時間, 小グループ3時間, 大グループ3時間です。見て分かるように、グループレッスン多めで編成されています。 当校の考えは、グループレッスンで英語を学び、セルフスタディーで落とし込む。 マンツーマンで分からないところを復習し、最終的にテストを経て自分のレベルを客観的に見て評価します。 (左から)プレゼンクラスとマンツーマンクラスの様子 小グループレッスンでは、日本人が特に苦手とするプレゼンテーションを毎日実施します。授業開始と同時に、トピックが書いてあるカードを引き、1分後には みんなの前に立ってプレゼンをします。講師や学生は、プレゼンテーションで最も重要とされる3つの構成1、Introduction(何を説明するの か?)2、Body(根拠を具体的に説明)3、Conclusion(まとめ)が出来ているかをチェックします。初級者の学生は、1日おいて、翌日プレゼ ンをします。 このプレゼンについて、学生からは評判が悪いそうです(笑)   練習してなんぼ。経験を積み重ね、場をこなしていくことで上達していくもの。 どのレベルの学生も、最終的には「プレゼンやって良かった。自信がついた」と胸を張って帰国されるそうです。 EVアカデミー卒業生で、現在日本人スタッフであるYUKARIさんはいいます。 「マンツーマン授業はあくまでも実践する場所で、学ぶ場所ではありません。英語を学ぶうえで、人のミスを聞く事も大事で、人の口から聞く単語もとても大事なんです」 一歩進んだ教育実践により、英語コミュニケーション力のある学生を育てあげるのでしょう。   勉強とレジャーをバランスよく楽しめる。 例えば、8週間の留学の場合、16日間がお休みです。パーセンテージで表すと、25%が休暇となります。この25%は旅行をするもよし、1日寝るもよし、クラブに行くもよし。 そして、75%は、徹底的に勉強に集中する。学生が勉強と余暇をバランスよく過ごす「集中学習」が最も効果的だと、学校長は実感されています。 (左)ランチ。当校のシェフは、セブ五つ星のインペリアルホテル(現在はJ park Hotel)で10年以上コックをされていた女性の韓国人です。日本食〜西洋料理までなんでも作れます。さすが、舌の肥えたフランス人校長が厳選したシェフです。 (右)24時間利用可能なジム […]

留学訪問記:外国人と接する心構えを鍛えるセブ島EV 
2014/01/27

留学訪問記:外国人と接する心構えを鍛えるセブ島EV セブ島スパルタ語学学校EV Academyレビュー いろいろな学校を訪問しているとたまに自分の学校や地域がいかに優れているか延々と営業トークする校長に出くわします。長い話に具体的な統計や尺度はありません。あるのはマンツーマン授業物量数のアピールと自画自賛のオンパレードです。そしてそういう学校に限って大したレベルではありません。どうやって嫌な顔をせずに話を聞き流すか苦労する時があります。 一方カリキュラムは地味でインパクトは弱いですが学生の高評価を維持し続けるいぶし銀のような学校もあります。セブの中心地にあるEVという学校がその典型です。この学校はマンツーマン授業3時間、グループ授業6時間の基本構成となっており、マンツーマン授業の数が呼び物商品となっているフィリピン留学業界であえてご時勢に逆らった道を突き進む異端児です。ですが一見地味に見えるEVのカリキュラムには緻密な計算と根拠が潜んでおります。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。学校関係者の中でセブのスパルタで優秀な学校の一つとしてEVの名前がよく挙がります。表面では見えにくいこの実力派学校に潜む魅力的な『隠しお宝』を探りに行ってきました。 プレゼンテーションと言えばEVの代名詞です。この学校では小グループと大グループ授業にプレゼンテーションクラス(ディベートクラス)があります。小グループクラスではくじを引いてそこに書いてある題目を見て3分ほど準備時間をもらって2分ほど皆の前で持論を披露いたします。スピーチが終わると講師のリードにより質疑応答や議論が始まります。私が参観したプレゼンテーションは初級から数えて2段目のレベルのクラスでしたから皆英語はそれほどうまくありません。ですがたどたどしい英語ながらも自分の考えを何とか伝えようとする努力がひしひしと伝わってきます。 人と母国語以外の言葉でコミュニケーションをする上で一番重要な物は何か。それは人に何かを伝えようとする姿勢だと思います。『文法間違ってないかな』とか余計な事を考えて結局外国人を相手に黙ってしまう日本人がいます。度胸さえあれば中学高校の英語力でも最低限の会話はできるはずなのにもったいないです。複数の人数の前で自分の考えを披露したり、他人の主張に意見をぶつけたりするコミュニケーションの訓練の場は将来英語をいかに使っていくかという実践の段階で確固たる礎となります。 『言葉に詰まっても周りが助けてくれるので何とか前に進めます。彼らとはクラス以外でも一緒に外に遊びにいきます。』フィルイングリッシュの男性お客様が訪問時にそう話してくれました。 グループ授業やプレゼンテーションクラスはもう一つ鍛えてくれる物があります。『未知なる意見との遭遇とその対処方法』です。たまにですが外国人と話していてとんでもない意見や主張と出くわします。私が大学時代を過ごし慣れ親しんだアメリカでも宇宙人に見える輩がいました。ですが英語を使い続ける以上そのような人たちともうまく応対できるに越した事はありません。何らかの利害関係が発生する場合は特に重要になってきます。グループ授業やプレゼンテーションは違う文化と違う考え方を吸収できる格好の場となります。マンツーマン授業の先生だけとの会話でしたら感情を左右するほどの葛藤は生まれません。EVは韓国人、日本人、ベトナム人、台湾人、中国人、アラブ人などで構成される数少ない多国籍学生学校の一つでもあります。 EVのマンツーマンキューブは先生と学生が向かい合うスタイルではなく、隣同士座りあうスタイルです。こちらのほうが聞き取りやすく教科書のページを双方で確認しやすいとEVのフランス人校長デビッドが考案した配置です。 『会話はいつも二人だけに限ったわけではない』というのがデビッド校長の持論です。EVのマンツーマン授業はグループ授業やプレゼンテーションで自分の意見をうまく伝えられなかった部分を補う補助的役割も担います。 EVの3時間あるマンツーマン授業は①文法(又は発音矯正)、②総合テキスト(リーディング、スピーキング、ライティングが1つのテキストの中に項目別に分かれている)③アクティビティ(先生と学習分野を相談)で構成されます。 ちなみに3時間の小グループは①ライティング、②プレゼンテーション、③文法、大グループはリスニング(レベルにより変更あり)、②実用表現(サバイバルイングリッシュ)、③ディベートの構成です。 学術担当責任者であるニュージーランド人のメグさんによりますとEVの科目構成やレベル判断はすべてCLTメソッドがベースとなっているとの事。CLTメソッドはイギリスで考案され、ヨーロッパ、アメリカ等で主に用いられている英語コミュニケーション教授方法です。選択科目を自由に変更すること(=CLTメソッドから外れる事)はマンツーマン授業枠の1時間以外認められておりません。 もう一つEVのアカデミックな特徴をあげるなら講師陣の優秀さです。講師全員が校内トレーニングをへた正規雇用講師であり、ほとんどが大学生卒です。専攻は英文学部と教育学部に集中しております。又全講師の15%は大学院卒となります。 EVはESLコースの他にTOEIC、IELTS、TOEFL、ビジネスなどの特化コースを提供しております。 EVは食事がおいしいと評判の語学学校でもあります。高級ホテルで数年間勤務されていた料理人が厨房長を勤めています。本日はメンチかつ定食。さっそく試食。『日本の定食屋レベル!』でした。わかめスープもいけました。昨年EVで12週学習なされたフィルイングリッシュの女性お客様はおかわりばっかりして期間中5kg太ったそうです。 EVの1人部屋の様子。部屋には絵が飾られていておしゃれです。デビッド校長のセンスです。キャンパス内には有料のマッサージ店もあります。(写真右下) EVから徒歩5分くらいでセブ屈指のビジネス産業中心街であるITパーク(写真左)やセブの最高級ホテルウォーターフロントがあります。この界隈には外資系企業のオフィスも集中しておりますがレストランや各種ショップなども多いです。徒歩15分から20分でセブでは一番おしゃれな大型ショッピングモールであるアヤラがあります。(写真右)ここで一日過ごせます。少し遠出になりますが30~40分歩けばガイサノカントリーモールやASフォーチュナという繁華ストリートにたどり着くこともできます。EVの立地はかなり便利だと言えます。 但し、EVは2015年12月にセブ郊外のタランバンという町に引越し予定です。新キャンパスは現在建設中です。今のキャンパスは今年限りで見納めとなる点ご了承くださいませ。 ■ まとめ この学校は複数の人々との対話の中で競い合い、助け合い、切磋琢磨して英語を伸ばしていくという独自の路線を歩みます。アプローチは特殊ですがカリキュラムの枠組みはスパルタですので入学すれば厳しいスケジュールに追われる事になります。この学校は英語の基礎を固めるのにいい学校です。ですが語学とは別に外国人と接する心構えを育ててくれる学校だとも思います。値段設定高め。

留学訪問記:セブ島スパルタEVで英語基礎力をアップ
2014/01/19

留学訪問記:セブ島スパルタEVで英語基礎力をアップ 英語初心者向けセブ島スパルタ語学学校 EV Academyについて こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。8月2日にセブではスパルタの大御所的な存在として知られるEVを訪問いたしました。セブで一番強烈なスパルタとして有名なEVはあらゆる面で王道を歩いております。 まず講師とマネージャーは全員正職員です。アルバイト中心の学校が多い中でEVの全社員化は他ではまねのできない実行力です。講師の給与はセブでは一番高く、集まってくる講師も粒ぞろいです。各大学のCum Lauda(最優秀成績ゾーンの卒業生)が講師の42%を占め、修士課程修了者も22%にのぼります。マネージャー達は4ヶ月毎に1ヶ月の有給をいただきます。このような学校の心遣いは当然講師やスタッフの心にも染みわたり彼らの愛校心は学生への奉仕という形であらわれます。マネージャー達は24時間体制で途切れることなく待機しております。こういう学校でなんら事故が起こる可能性は非常に少ないでしょう。さらにEVは受付締め切りの早さがセブでは5本の指に入ります。しかし他の学校と違いこの学校はエージェントの大幅学割を禁止していますので実質的にはセブの一番人気校と見ても差し支えないでしょう。 それでは写真でEVをご案内いたします。校内を案内してくれたのはデビットシャトレー校長です。フランス人であり、フィリピン語学学校ただ一人の欧米出身校長でもあります。 EVはリゾート型キャンパスです。広々とした敷地を悠々散歩できます。セブのリゾートキャンパスは他にSMEスパルタキャンパスがあります。しかし後者は郊外に位置し、EVは都心にあります。そこに立地上の価値が見出せます。セブで一番モダンで格好いいアヤラショッピングモールまでタクシーで5分~10分くらいです。学校の設計は校長ご自身でなさったと言っていました。たしか校長の大学の専攻は法学と教育学のダブルメジャーだったはずですが。多才です。うらやましい。。。 お部屋やトイレ、シャワールームは見ての通り本当に綺麗です。女性にも安心してお勧めできます。施設、部屋、校舎の綺麗さ、清潔さは全国のベスト5にははいると思います。EVは2~3人部屋のみで1人部屋はありません。 スパルタは平日外出禁止です。表に出られない分キャンパス内でストレスを発散される立派な付帯設備がなければなりません。EV学校関係者はその単純な道理をよくわかってらっしゃるようです。○○○バックスならぬEVバックスがあります。のり巻き、うどん、コーヒー、アイスクリームから始まって薬までいろいろ置いてます。あの味を期待してEVバックスでコーヒーを買いましたがちょっと違いました。残念。又語学学校としては珍しく有料のマッサージパーラーがあります。(写真右下)ボデイマッサージ1時間180ペソと相場の半額くらいです。校長によると儲けは一切考えてないそうです。平日は夜12時まで利用可。その他ミニシアター並みの映画館、ホテル備えてあるようなトレーニングジムなど立派な付帯施設が並んでおります。 EVのマンツーマンクラスは机横並び配置です。過去6年間いろいろな形を試し一番無駄がなく、効果的で集中力が増すマンツーマン授業スタイルは机の横並びだという結論に至ったそうです。校長いわくこれからスパルタという言葉は使わないとの事。スパルタという言葉はネガテイブなイメージがあるのでこれからはIEP(Intensive English Program=集中英語プログラム)という言葉を用い、広めていくとの事です。ですがやっている事はセブ最強のスパルタです。 ■ まとめ 現在フィリピンには350くらいの語学学校があります。その9割は初級者を初中級、中級へと引き上げるプログラムの学校です。そしてコース運営の巧みさ、講師のレベル、施設の清潔さ、マネージャー達の真摯なケアなどあらゆる面でEVはその集団の先頭を走っていると思います。 Evは初級や英語スターターが多く集まる学校です。プログラムは一日マンツーマン3時間グループ6時間とグループ重視です。ですから回りと歩調が合わなくなるので中級者にはあまり向きません。EVのカリキュラムはスピーキング、リーデイング、リスニング、ライテイングを均等に引き上げるバランスのとれたプログラムです。ですから将来欧米圏などで大学を目指す方には非常にいい学校です。ですがスピーキングだけを特化して勉強しようとする方にもあまり向きません。 EVはつらく、厳しい学校です。ですが感動も与えてくれる学校です。苦労した分自分に返ってくるものも大きいでしょう。

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して
2013/02/15

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して フィルインリッシュ顧客担当統括梶野章と申します。 フィリピン留学を考える方のほとんどが1)マンツーマン授業の効果、2)欧米留学に比べ費用が安い、3)それと想像以上の学校側のサポートを期待していると思います。 さてそれでは皆様方がフィリピン留学情報を求めた場合そのニュースソースは何になりますか?おそらくヤフーやグーグル検索で紹介される留学エージェントの紹介内容やブログなどではないでしょうか。 現在ウェブ上ではフィリピン留学関連コンテンツやブログが氾濫しております。でも知っておられますか?皆様が接するほとんどの文章は留学エージェントが『検閲』したり、管理したりしているという事実を。実際フィリピン留学校のホームページ90%以上をエージェントが管理しています。従って皆様が接するほとんどの情報は『清書された文章』あるいは『エージェントが望む内容の文章』なのです。 当たり前の事ですが学校とエージェントは至極ビジネス的な関係を形成します。学校の全セールス権限を付与されるエージェントもあれば、エージェントの社長が実は学校長だという驚くべき話もあります。実際学校に行ってみると提供を受けた内容とかけ離れていたという声をよく聞きます。猜疑心を持って注意深く情報をつかみ相談を受けたとしても全体像が『エージェントがお客に来てもらうために加筆した情報』なので結局その方向に流されます。 『○○学校の講師たちは本当にすばらしい!』等の卒業生のブログは見ることがあっても悪口を書いているブログはあまり見ません。ほとんどの場合エージェントが直接あるいは間接的に誘導する学校についていきます。 それでは一体このような状況がフィリピン留学を長期的な目で見た場合プラスになっているのでしょうか?僕はマイナスだと思っています。短期で見れば問題点をありのままに指摘すればその学校が改善させ、発展させる手助けとなります。(もちろん指摘された学校は嫌がりますが)長期で見れば学生たちによりフィリピン留学市場が良い方向に発展すると思います。 数週間前僕は面白いホームページを見つけました。いくつかの学校に対する冷静な診断と評価、改善点などを掲載しています。否定的な文に慣れていないので始めはちょっと戸惑いましたが、このような体験談は留学する方々に本当に必要だと思います。詳細はこちら http://englishcebu.com/mango.html をご覧下さいませ。 正直に告白しますが僕もたくさんのフィリピン学校長と顔見知りであり、よくその学校に入れてくれと頼まれたりします。しかし顧客一人一人には事実をきっちり伝えないといけないと思っております。それは僕が留学エージェントという仕事が『お客様のよりよき近未来』と繋がっていると思っているからです。 最近あるお客様から『特定の学校への営業もせず、問い合わせた学校の長点、欠点をきちっと伝えてくれてありがとう』と言われました。僕はこの言葉を千金にも値する貴重なものと捉えこれからもそのようなお褒めの言葉をいただくよう頑張るつもりです。もちろん僕より優れたエージェントはいくらでもいます。皆がお客様に対し現実を客観的評判と事実を持って伝えていただくと期待しております。

 / 2
 / 1
セブ留学 EV 留学感想 総まとめ〜卒業〜
2015/06/01

セブ留学 EV 留学感想 総まとめ〜卒業〜

こんにちは! EVに留学していたSAKIです♪ 18日にEVを卒業しました〜〜〜(T T)
今回で私のEVの留学ブログは最後となります! 読んでくださったみなさんありがとうございました♪
卒業する前は正直、毎日学校に缶詰だったので 「もう十分かな〜」なんて思った時期もありましたが 「まだまだEVで勉強したかった・・・みんなともっと一緒にいたかった」 というのが今の気持ちです。 EVで勉強してよかった!!!! と胸を張って言えます♪
最後の土曜日に友達がサプライズでお祝いしてくれました〜〜T T
場所はTOP HILLという夜景が綺麗なところです♡
それでは、今回の総まとめでは ・自己採点 ・学校に対する自分からの評価 ・学校に対する他の学生からの評価 ・学校に送る言葉 を書きたいと思います〜♪
【 自己採点 】 自分で自分に点数を付けるとするなら89点です。
私は留学前の目標としてこの2つを一番に掲げていました。 「ある程度自分のことを伝えられる会話力をつけること」 「聞き取りは100%理解できるようになること」 ある程度の自分のことを伝えられるようになったか、というと できるようになりました!! まだまだ単語力が不足していて自分の考えを正確に伝えられるわけではないのですが 今では言いたいことは相手に伝わっている気がします。 そして何より変わったことといえば、 留学する前の友達からの私の性格は「明るい、優しい」など ほとんどの人に当てはまるようなことを言われていたのですが EVの友達からは「明るい、しっかりしてる、アホ、ストイック、真面目」 など日本人の友達にも言われるようなことを言われました! このことは、私にとって一番嬉しかったことです! (アホと言われるのが嬉しいわけではありませんよ笑) 日本人からの印象と外国人のからの印象が一緒ということは 言葉の壁が明らかに低くなってますよね!!? 自分の考えをちゃんと伝えられるようになった証拠な気がします♪ 外国人に英語を話す壁はすっかり消えました〜^^ フィリピン人はフレンドリーで知らない人でも話かけてくる人がいるのですが(特に店員さん) どんな人とも普通に会話ができるようになりました♪ タクシードライバーや店員さんと話ができるっていうことがすごく嬉しいかったです^^ 周辺マーケット情報で紹介したmooncafeというEVの学生が飲みによく行くレストランでは ウェイターさんとコックさんとも友達です^^ そこに行くと「Hi! Where did you go today?」みたいな感じで話が始まります♪ 最後の土曜日にもそこに行ったのですが彼らにもちゃんとお別れを言えました^^ これも留学前では考えられない出来事です!!! かなり賑やかなレストランでもちゃんと会話ができるようになっているのは大きな成長です♪ (前は相手の言っていることがクリアに聞こえないと聞き取れませんでした) 2つ目の目標としては 「聞き取りは100%理解できるようになること」 というのをあげていましたが上の記事にもあるように 誰とでも会話ができるようになっているので フィリピンではほぼ100%です! 先生のことはもちろん、ショップ店員、ドライバーなどの言葉も理解できます。 この前、日帰りツア—を申込むために電話したのですが、そちらも問題なく予約できました!! ツア—内容でわからないこと、聞きたいことも聞いて理解することができました♪ ルームメイトとは約6週間一緒に過ごしたのですが 彼女からも「SAKIの英語力はかなり伸びてるね!特にリスニングはほぼできるようになったね〜!」 と言ってもらえました♪ 彼女は留学経験があり、EVのトップクラスに所属している学生なのでしっかり会話ができるくらいのレベルがあるのですがルームメイトになった当初は彼女の言っていることが理解できない事が多々ありました。 しかし、最近では彼女と噂話をしたり誰が一番かっこいいか、 など女子ならではの会話を楽しんでいました(笑) これも大きな成長です!! EV内、フィリピン人とは会話が聞き取りがほぼ間違いなくできるのですが 外にでるとまだ聞き取れない、ということがあります。 実は今シンガポールの友達の家に遊びに来ていて、その家にイタリアの友達もいますが 彼らの言葉はたまに難しかったりします。 前よりは明らかに会話ができていますが、一度で聞き取れないこともあります。 問題はやはり「単語」です。 フィリピン人よりも彼らの方がきっと日常的に英語を使用しているので 単語の幅が広い気がします。 私に足りないのは「単語力」です(T T) これは留学する前から自分で身につけられるものなのに やってこなかった私を恨みます。笑 これは留学経験者、誰もが言うことでフィルイングリッシュさんからもアドバイスとしてして言われていたのに・・・ この記事を読んでいて、今留学を控えているみなさん!!!! 私からも言わせてください!! 「単語をしっかり覚えてから留学してください!!」 単語を知っていればリスニングもできます。 単語を知っていれば文法がぐちゃぐちゃになっても会話ができます。 単語を知っていれば自分のことを正確に伝えられます。 留学する前、「日本の単語帳なんてどうせ覚えても役にたたないよ〜」 なんて思っていたのですがこれも間違いでした。 EVには毎日単語テストがあって本自体は日本のものなのですが 授業中に新しい単語がでてきて 「Ahhhhh It’s today’s Voca!!! I forgot its meaning!!!! Ahhh」 なんて必死に単語を思い出そうとしている、という場面が必ず一日1度はあります。笑 一日一度はこういった場面があるくらいなので 単語帳の単語が実用的なのがわかりますよね。 ですので、これから留学するみなさん、一冊くらいは一度暗記していくことをおすすめします!!! 私の自己評価が89点で残りの11点はほぼ単語の不足です。 単語は日本でも勉強することができるので、これからも勉強し続けたいと思います!! 7月からは英語が必要になるお仕事につくのでもっと会話がスムーズにできるように 昇進していきたいと思います!! 【 学校に対する自分からの評価 】 EVへの評価は85点です。 EVは学生がしっかり勉強できる環境が整っていますし 講師の質も高いと言えると思います。 講師にフィリピン訛りが強い人、というのはいない気がいます。 この前バスに乗っていたときに隣の人が 他の学校で講師をしていた、という人だったのですが訛りが強くて聞き取りが難しい時もありました。 私の中では講師=流暢に話せる、と思い込んでいたのですが これはEVの中での常識のようです。 授業数も9コマ+110分自習という一日の合計時間560分という 恐ろしいくらいの勉強時間なのですが講師が面白いので問題なくこなせます! 日本で受けていた授業とは違ってかなり自主的に発言できる雰囲気だったり 先生が名指しで質問しながら授業を進めていくので自発的に学ぶことができます。 なので学習面で評価できるのは「講師」です!! EVの講師は質が高いです!!! 生活面では「清潔」「解放的」なところが評価できます! 部屋の清掃は週3回あるので部屋の掃除を自分でやる必要もありません。 もし特別汚くなってしまってすぐに掃除してほしければ申請すればその日にすぐ対処してくれます。 以前、トイレが詰まってしまったときにお願いしたらすぐに解決してくれました♪ 解放的なところというのは、 ジムやシアター、バスケットコート、卓球、プール、プール横のベンチなど リゾート感のある空間なので一日を終えた夜にのんびり友達と楽しめる場所です♪ これもなかなか他のスパルタコースの学校にはない施設なのではないでしょうか?? 学校から出れない分、こうしてストレスを発散できる空間があるのは評価できるポイントです^^ 以上の点から85点という点数を付けさせてもらいました^^ 他の15点はというと、韓国人と他の学生との扱いの差です。 韓国人以外の学生は、単語テストやセンテンステストを辞めたければ自主的に辞めることができるのですが観光人には選択肢がありません。 ここはどの学生も平等なルールを定めてくれたらいいな〜と思う点でした。 センテンステストのテキストも韓国人のものは正式なものですが、 他の学生は翻訳されているだけなので、解説が省かれている、などいうこともありました。 この差は是非改善してくれたらな〜と思います。
【 学校に対する他の学生からの評価 】 友達からの意見を聞くと、満足してるかどうかは人それぞれです。 評価が高い点はやはりスパルタで勉強をする時間がたっぷり確保されていることのようです。 単語テスト、センテンステストは人気がないと思いきや、日本人学生からは結構評価が高いです。 日本の学校とは違ってテストが全て口頭式なので 実用的でその日覚えた単語、センテンスをその日に使えることが良くある、 という友達の意見を何度も聞きました♪ ですが、これは日本人からの評価であって韓国人の友達は不満があるようです。 それも多分、韓国人の学生はテストを自主的に辞めることができないので 強制的にやらされている、という気持ちになってしまうからだと思います。 私の学校に対する評価にもあったように、友達もこの扱いの差に対する不満がありました。 リピーター率ですが、私が知り合った中で2度EVに入学している学生は1人でした。 リピーターというよりは、他の学校へ通ったことがあって 2校目としてEVに入学した、という学生は多々いました。 これもEVの質が高いから2つ目の学校として選ぶ人が多いのではないかと思います。
【 学校へ送る言葉 】 EVのみなさん、ありがとうございました!! EVは勉強するには快適な学校で、EVで2ヶ月間勉強できたことを誇りに思います! もしまたセブを訪れることがあったらEVに顔を出したいと思います^^ 2ヶ月間ありがとうございました!!!
【 フィルイングリッシュの皆様 】 フィルイングリッシュの皆様、 留学を考え初めてから卒業するまでの数ヶ月間ありがとうございました! EVを決めるまでの間、多数の学校で悩んでいてたくさん質問してご迷惑おかけしましたが 丁寧に答えてくださったおかげで、EVを最終的に選ぶことができ、 そして満足のいく留学生活を終えることができました!! もし私の周りで留学を考えている人がいたら、フィルイングリッシュを勧めさせていただきます♪ 本当にお世話になりました!!ありがとうございました!
セブ留学 EV 国籍比率&英語使用頻度
2015/05/28

セブ留学 EV 国籍比率&英語使用頻度

2014年4月24日 こんばんわ! セブEVのSAKIです♪ もう今週から5週目です! はやい・・・・・ 1ヶ月たったところで、国籍の比率などなんとなくわかってきたので 今回は国籍や英語の使用頻度について書きたいと思います♪
(この写真は金曜の授業が終わったあとにみんなでご飯にいった時の写真です。韓国人はかなり写真をネットにあげることに敏感なので友達の写真はすべてぼかしてあります。雰囲気が掴みにいく写真ですいません;;)
EVの国籍はというと現在 韓国人65% 日本人25% 中国人3% ベトナム人7% ってくらいです。 グループクラスには日本人が私以外に1人いるか、私だけといったような比率です。
日本人学生の良いところは『英語』を話そうとするところです。 授業中はもちろん、休憩時間、食事の時間、フリータイムも友達の中に他の国籍の子がいれば日本人同士でも英語で会話しています。 ついつい日本語で話かけてしまっても、英語がある程度話せる人は英語で答えてくれたりします! その一方、韓国人は割と韓国語を話している印象があります。 先生が厳しくないと授業中も韓国語で話してしまっています。
(同じ母国語を持った友達と母国語で話してしまうのはやっぱり普通のことなのかもしれませんね。ですが、最近この教室のonly Englishという制度が緩くなってきているのをオフィスが懸念して、少しでも英語以外の言葉を話すとどの先生もすぐに注意するように徹底されはじめています!)
この日本人と韓国人の少し違いがあるのは、考え方の違いのように感じます。 やっぱり日本人は相手への思いやりから英語を話している感じがあります。 日本人と他の国籍の友達がいる前で日本人同士で日本語で話したら理解できない友達に申し訳ないっていうのが日本人の考え方のように思います。
どうしても説明できないことがあって日本語を話すときは周りの友達に「日本語使ってごめんね」というように断りをいれる日本人はいます。 韓国人にはそういう断りを入れる人はまだ見たことないです。 これも文化の違いなんですかね~?ですが!!
最近、韓国人の友達が英語に慣れてきたのと少しずつ意識が変わってきたような印象があり、 以前よりはかなり英語を話してくれるようになりました^^
私も韓国人同士で盛り上がっているときに「英語で話して」って言うのが申し訳なく感じしてまっていて何も言わないようにしていたのですがそれじゃだめだな~と思って「英語で話しほしい」ということを伝えるようにしています。 そうしたら最近はランチタイムも極力、英語を話してくれるようになりました♪ 「なんで英語はなしてくれないんだろう」って思うんだったら自分の意見をちゃんと伝えてたり、相手の意見を聞いて相手の気持ちを受け入れることが大事だな~ってつくづく思います。 なんだか今日書いたことは文化の違いみたいな記事になってしまいましたが、 書いたことはあくまで私の周りの印象ですのでご参考までに~^^;
それではまたつぎの記事をお楽しみに~♪
セブ留学 EV 学校施設のご紹介
2015/05/24

セブ留学 EV 学校施設のご紹介

セブ島のスパルタ学校と言えば、真っ先に思い浮かぶのがEV Academy! 今回はそんなEVの施設を紹介しようと思います。 フィリピン留学を考えられている方が一番最初に直面するのが 留学地域をどこにするか、という問題だと思います。 バギオ、スービック、クラーク、マニラ、バコロドなど… どの地域にも特徴があるので、フィリピン留学の地域を選ぶことは何よりも重要です。 今回紹介するEVがあるセブ。 フィリピン・セブは、東南アジアでも指折りの観光都市であり、多様な娯楽も多い街です。 セブをフィリピン留学先にするのなら、無条件スパルタ学校を選ぶのが正解でしょう。 (ギャンブルや風俗にはまって、勉強より遊ぶ時間が多くなる危険性があるからです。) EVだったら?そんな心配は全く無用! なぜならEVは、タイトなスケジュールと厳格な学生管理で有名なスパルタ校だからです。 EVってどんな学校? フィリピンEVは、セブ初のスパルタ式の学校として2004年に開校しました。 数ある学校の中で、最も注目すべき成長を遂げたフィリピンの語学学校と言われます。 正直、開校当初EVの認知度は決して高くはありませんでした。 しかし、 2009年に現在のキャンパスに移動してから フィリピン・セブ留学界で、超絶HOTな学校に。 セブの中心部という好立地でアクセスも良く、周辺環境も静か。最高の環境が揃っています。 さぁそれでは、そんなEVの学校施設を見て行こうと思います。 EVのキャンパスマップ順に、一つ一つ施設説明させていただきます^^
EV施設のご紹介!
EV校舎
EVの授業は、すべてこの校舎で行われます。
授業は、マンツーマン授業3時間、少人数グループレッスン3時間、大人数グループ授業3時間 正規授業が終わった後、オプション授業が2時間あります。 毎日、単語・作文のテストが朝と夕方に行われます。 学生が最も嫌がるEVの単語・作文テスト。 それでも、毎日コツコツテストを行うことによって実力は確実に伸びているんです。 このようなタイトなスケジュールのおかげで、EVはあっという間に認知度を上げていきました。 EVは、最高の施設とタイトなスケジュール、高水準な講師陣と厳格な学生管理が調和して、 フィリピン留学NO.1と呼ばれるようになったのではないでしょうか。
ここは校舎の隣にある、多様な設備が揃う建物です。 EVのオフィスもこの建物の中にあります。 何かあればここにあるオフィスで相談してください。 その場ですぐ対応・解決してくれるはずです! では、この建物に何が入ってるか見てみましょう~^ ^
フィリピン、セブのEVは、スパルタ式なので平日は外出・外泊はできません。 なので、セブ留学中色々と楽しめるよう、校内に様々な設備が用意されています。 レストラン、図書館、ジム、映画館、マッサージショップなどが入っているんです!
EVBUCKS
フィリピンのセブEV校内にある売店です。名前は「EVBUCKS」。 食堂のご飯も美味しいと評判ですが、毎日食べてると飽きちゃいますよね。 フィリピン・セブ留学中、買い食いしたい時は、この売店を利用するといいでしょう! (このEVBUCKS、想像以上に売上がいいらしいです。 ) つい先日、嵐のため崩壊してしまったそうです・・・ 1日も早く再建されることを祈ります・・・。
EV Academy 寮
ここがEVの寮です。 1~3人部屋まであります。
寮の目の前にあるプールです。 ヤシの木もあるので、リゾートみたいですね^^ しかしこのプール、寮からの眺めがいいので夜の利用をお勧めします(笑) フィリピン留学で疲れた心身を夜間水泳でリフレッシュ! 平日に泳ぐ時間があるかは疑問です・・・^^ フィリピンでは多くのスパルタ学校がありますが、 設備の面ではEVがトップクラスだと思います。 平日は外出・外泊できませんが、こんな設備があれば十分にストレス解消できますよね
ビリヤード台の横には、このようにバスケットボールフルコートがあります。
ここではバドミントンもできます^^
今回は、セブEVのキャンパスマップをもとに、施設をご紹介しました。 いかがでしたでしょうか? これだけ設備が揃ってれば、勉強も頑張れそうですよね! 英語勉強に集中したい、厳しい環境で勉強したい、という方にお勧めできる学校、それがEVです。
セブ留学 EV ネット環境について
2015/05/24

セブ留学 EV ネット環境について

こんばんわ! セブ島EVのSAKIです♪ 今日は学校のインターネット環境について書きたいと思います! EVのネットゾーンは食堂周辺と食堂の上にあるライブラリー周辺だけです。 (ちなみにライブラリーには本はありません、いわゆる自習室です) これもスパルタの一貫らしく、部屋にはwifiがありません。 私はネットも電話もこっちでは契約していないので、 インターネットを使いたいときは食堂のある建物にいかなかればなりません(泣) ちょっと不便を感じるときもありますが、部屋でだらだらネットサーフィンをすることもなく 慣れれば問題ありません。ポジティブに考えましょう~ ここが食堂とライブラリーがある建物です! 一階のここか
二階のここで使えます。
ネットの繋がりやすさはというと・・・・・・ 時間帯によります。 何しろ、ルーターが2台しかないので、 数十人が食堂やライブラリーにいる場合繋がるまで 何度も試さないといけません。 繋がらないときは1時間くらい試し続けているので結構いらいらします笑 特にランチタイムと夜のフリータイムが始まった直後は繋がりにくいです。 ですが、一度繋がると途切れることもなく使えます。 メールは問題なく送れます。 ネットサーフィンは日本のようにサクサクは動きませんが、いらいらしない程度です(笑) この前、日本にいる友達とwifiが混み合っていない時間にLINEで電話してみたのですが 一応会話ができました! 動画は数人しかいないときは見れましたが、 数十人いるとなかなか読み込んでくれませんでした。 あとブログの写真をアップするのに時間がかかります・・・・ 1枚2分~3分くらい? なのでこのブログをアップするときは深夜近くに書いていることが多いです.. そして画質が低くしてアップしています(すいません・・・) 一眼レフで写真を撮ることもあるのですが、とてもじゃないですがアップできません(笑) 携帯電話は韓国人はほとんどSIMフリーなので、 現地の通信を使っていますが、 日本人はポケットwifiをもっていることが多いです。 ですので、学校のwifiが使えないときは友達にお願いしてwifi使わせてもらっています(笑) 部屋でも、ルームメイトの韓国人がとても優しくて、 「wifi必要なときは私にいってね~」といってくれているので助かっています♪ (この前部屋を変更してルームメイトが韓国人になりました!このことについては又詳しく書きますね~) そんな感じで、特にネット環境については私は問題を感じいません♪ でもツイッターやフェイスブックなど常にみないと気が済まない・・・ みたいな人は現地でポケットwifiを買ったほうがいいかもしれませんね。 ちなみに大きなショッピングモールやお洒落なレストランではfree wifiが使える場合も多いです^^ こんなところで、ネット環境についての記事は終わりたいと思います~♪ ではまた次の情報をお楽しみに♪ 追記(5月8日) この記事を書いた時はかなりまだましだったのですが、 最近2階のwifiの繋がりがとても悪くなってしまいました・・ ほとんどいっていいほど、平日は繋がらず、困ってます・・・ ライブラリーで勉強していて調べものがしたくてもできない!ということがしばしば、、 これもスパルタシステムの1つだそうです。 なのでインターネットが一日中繋がらない!ということも覚悟してください。 もしこの状況が絶対に絶えられない、という人であれば間違いなくポケットwifiを購入することをおすすめします! 毎月3000円前後だと聞いています^^
セブ留学 EV 公式TOEICを受けるまで
2015/05/24

セブ留学 EV 公式TOEICを受けるまで

こんばんわ! EVのSAKIです♪ 昨日、公式のTOEICを受けてきました^^ 私のEVのコースはESLですがTOEICを申し込むことができます♪ 公式TOEICは月に1度なので、 自分の滞在期間と試験日をあらかじめ確認しておく必要があります。 最終的には無事に試験を受けれたのですが、 申し込む時も試験当日もハプニングが3つありました・・・・。 ▼ ハプニング1~申込締め切り~ ▼ 3月28日に日程を調べたら4月12日が試験日だと知って、 余裕だと思っていたらまさかのその日の17;00が申込の締め切り日でした!! (それに気づいたときは13:00でした...) しかも、EVは公式会場ではないので、オフィスで申込ができません・・・・ 申込にはSMEという別の学校に行かなければならないのですが もちろん午後も授業がびっちりでした。 急遽、授業を休んで申込に行こうとしたのですが、 (今回のTOEICを逃すとフィリピンで受けるチャンスが私にはなかったので) 韓国人のマネージャーさんがSMEに頼んでくれて土曜日まで待ってもらえることになりました! EVのマネージャーさんたちはみんな対応も良く、臨機応変に行動してくれました♪ ▼ ハプニング2~帰りの住所を忘れる~ ▼ マネージャーさんのおかげで、授業を休まず次の日学校へ申込に行きました♪
TOEICを受けるのは私だけだと思っていたので(実際には1人他にいました) 一人で初めてタクシーに乗ってSMEに行きました♪ 行きは無事についたのすが、、、EVの住所を忘れました。笑 EVはメインロードに面していなく、 タクシードライバーはほとんど「EV Academy」を知りません。 「クロスロードセンティナル」言ういうように 言われていたのですが、それを私は忘れました。笑 タクシーに乗ったはいいものの、「あれ?なんだっけ?クロス...センター?」 みたいな感じで似たような単語をドライバーに言っていったら 勘の良いドライバーで「あークロスロードセンティネルね!」みたいな感じで 分かってもらえました笑 無事にEV到着。この日はドライバーに助けてもらいました~ ちなみに受験料は2200ペソでしたので、だいたい5000円くらいですね。 日本と変わらないです(T T) ▼ ハプニング3~パスポートを持っていない~ ▼ 試験当日、朝7:45集合だったので渋滞も見込んで6:50に もう一人の受験者と学校に向かいました♪ 朝早かったので7時10分くらいには学校につきました。
時間があったので、近くのセブンイレブンにいってゆっくり朝ご飯を食べて いざ受付に行くと「パスポートは?」と聞かれて 私はコピーを見せて、もう一人は画像データを見せると 「パスポートがないと受けれないよ~。でもまぁ今回はいいよ。次から持ってきてね」 と言われたので安心して試験が始まるのを待っていたら 一番偉い人?っぽい人がきて 「申し訳ないけど、パスポートがないと受けれないの。次の試験に振替できるからまた次来てね」 と言われて 「えぇぇ.....さっきはいいよって言っていたのに・・」 もう一人の学生は来月も受けれるのですが 私は来月は日本に帰ってしまうので今回絶対受けないといけませんでした。 「今から取りにいきます!!」といって急いで学校をでてタクシーを見つけて EVにパスポートを取りにいくことにしました。 さっきまで時間がたっぷりあったのにこの時点で7:40。 試験は8:00スタート。 タクシードライバーに「時間がないから急いで!!!!!!」 といったらカーゲームに乗っているかのようなスピードで クラクションをぶーぶーならしながら前にいる車やタクシーを追い抜いてくれました.... (あまりのも強引に抜いていくので正直怖かったですけど笑) 片道20分くらいかかる道をまさかの7分くらいで到着。 タクシードライバーに「すぐに戻ってくるから待ってて~~~~」 と言って待っててもらい、 急いで日本人マネージャーさんがいる部屋にいって パスポートを出してくださいと頼みました・・・ マネージャーさんがドミトリーに住んでくれていたので助かりました。 (他のマネージャーは別の場所に住んでいるので土日にオフィスをあけるようには頼めないので・・・) パスポートをゲットして急いでタクシーに乗り込んで ドライバーの運転技術がすごく すいすい追い抜いてEVを出発したのは50分すぎでしたが 8:00ぴったりにSMEに戻ってくることができました(笑) ほんとにありがとう~~~タクシードライバー!!!!! きっと彼じゃなかったら間に合っていませんでした(笑) 本当に慌ただしい朝でしたが、無事に試験を受けることができよかったです。 とにかく今回学んだことは準備は余裕をもってすること。笑 試験申込締め切りや持ち物をちゃんと確認しておけばこんなことにはならなかったはず~。 まぁTOEICは無事に受けれたので結果おーらいです。 あとはスコアが返ってくるのを待つだけです♪
セブ留学 EV 食事について
2015/05/24

セブ留学 EV 食事について

こんばんわ! セブEVのSAKIです♪ EVにきてから2週間がすでに経ちました! ホームシックなども全くなく(でも、家のわんちゃんに早く会いたい笑) 毎日楽しく過ごしているいます!
ただこの前一日だけ「もう2週間が経とうとしてるのに本当にこのままで英語が伸びるのかな・・・・」 なんて考えていたらとっても気分がブルーになって落ち込んでいたのですが 明るい先生や友達が励ましてくれたり、日本食を食べにいって完全に復活しました!笑
今はとっても元気です!笑
とこで今日はEVの食事について紹介したいと思いま~す♪ フィリピン留学は「ごはんが美味しくない」で有名?だと思うのですが EVの料理は美味しいです♪ 入学前は「ご飯が不味くて食べれない=ダイエットできる」 なんて期待していたのですが、そんなことはありませんでした・・・。 毎日もりもり食べています。笑
一週間の献立はこんな感じでした♪
残念ながら朝は毎日同じメニューです。 ・トースト ・数種類のジャム ・スクランブルエッグ ・コーンフレーク(プレーンとチョコレート2種類) ・おかゆ?
トーストは全部オーブントースターで焼いてだしてくれるので、 焼き上がるタイミングで取りにいくといい感じの焼き具合のパンが食べれます! ですがすぐに固くなってしまうパンなので、 焼いてからすばらく経ったものは正直美味しくはないです笑 セブ島EV Academyの食事!1週間の献立 【月曜日】 お昼
牛肉とシーフードとはるさめ炒め/キムチ/オイキムチ/白菜みそ汁/ライス あんかけ風の炒めものは味がとても濃いめでしたが、海鮮もたくさん入っていてとても美味しかったです♪ オイキムチができて、さらにいつものキムチがでてくるのには驚きました・・・ 夜
フライドチキン)/海鮮サラダ/ナムル/キムチ/薄味味噌スープ/ライス (盛り方が汚くてすいません笑) このフライドチキンは結構お気に入りです♪ソースもマイルドで美味しかったです。 食堂で海鮮サラダが食べれるとは思っていなかったので嬉しかったです〜^^ ですが、日本のレタスなどとは違って新鮮な野菜な感じではないです笑
【火曜日】 昼
スペアリブ/ポテトサラダ/キュウリ/キムチ/コチュジャン/ワカメみそ汁/ライス スペアリブは味つけが珍しく濃すぎず惜しかったです♪ ポテトサラダも日本で食べる味付けに近く、美味しい〜^^ ですが他のメニューは質素で今日は物足りない感じでした(笑) 夜
スパム/トマトとグリーン野菜和え/こんにゃくみたいなあえもの/キムチ/大根スープ/ライス スパムが大好きなので食べれて幸せです〜♪ こんにゃくみたいな和え物も酢で和えてあったので、夏でも食欲をそそる味でした♪
【水曜日】 昼
辛みチキン/豆腐と柔らかいこんにゃくみたいな煮込み/わかめとキュウリの酢和え/アサリのスープ/ライス
チキンがとても惜しかったです〜♪少し辛い感じがありますが、お気に入りのメニューの1つです。 わかめとキュウリの酢和えも夏にぴったりです♪ 夜
もやしと肉とピーマンの炒め物/ほうれん草?の和え物/フルーツ和え/卵スープ/ライス 炒め物はめずらしく味付けが濃すぎず、日本でも似たようなものを食べたことがあるような味でした! ほうれん草?なのかよくわからない野菜は少し癖のある味付けでいまいちでした・・・・ フルーツ和えはとってもおいしい〜〜♪ マンゴーやバナナなどフレッシュなフルーツをヨーグルトで和えていていくらでも食べれそうです!!
【木曜日】 昼
焼き肉/カボチャポテトサラダ/キムチ/スイカ/わかめとキュウリの酢のスープ/ライス
焼き肉は日本で良くある味付けで焼き肉のタレで簡単に炒めたような味でした♪おいしかったです! カボチャサラダがとても好きなので多めに盛りつけてもらいました♪ 味もいい感じです♪ 右上のものはスイカですが、私はスイカが好きではないので写真のために少し盛りつけました笑 実際はみんな4つ5つ取ってむしゃむしゃ食べてました♪ 夜
ビビンバ/コチュジャン/チヂミ/大根スープ
この日はTHE 韓国料理!って感じでした♪ 野菜がたっぷりだったのでとても嬉しいメニューです♪ 味もとっても美味しい!!!コチュジャンで辛みをつけてかき混ぜてから食べました♪
【金曜日】 昼
親子丼/スンドゥブ/フルーツ和え/キムチ/ この日はまさかの親子丼でした〜〜〜!!! 見てもわかる通り、味がとにかく濃かったです。笑 ですが、チキンも周りに衣がついていてあげてから更にたまごと混ぜていたり以外と手が込んでいます。 カロリーはすごく高そうですが・・・・・笑 夜
肉じゃが/春雨さらだ/茄子を醤油で味付けしたもの/キムチ/大根とあげ豆腐のスープ/ライス
左上のものは肉じゃが?といえるのかわからないですが、味付けは肉じゃがでした♪ 珍しくあっさりしたメニューで惜しかったです♪
【土曜日】 写真がなくてすいません。 昼: ひじきの炊き込みごはん/目玉焼き 夜: 日本のカレーライス
土曜日のご飯は割と、いつもと違って簡単なメニューでした。 ですが、炊き込み御飯がでてくるとは思わなかったのでとても興奮しました! 味付けもちょうどよく、豆やひじき?の味が感じられました。 夜のカレーライスはなんと日本カレー! かなり辛口でしたが、久しぶりに食べた日本カレーだったのでたくさん食べ過ぎました・・・
【日曜日】 写真がなくてすいません。 昼: しょうが焼/肉じゃが/ドレッシングで和えたトマト/ライス/大根とあげ豆腐の味噌汁 夜: ソーセージ/スイカ/キムチ/かぶスープ/ライス/
生姜焼きは固めでしたが美味しかったです。 肉じゃがは結構濃いめの味で多くは食べれませんが結構お気に入りです♪ 日本の肉じゃがのように優しい味だったらもっと良いですが・・・・ 気候が熱い地域なので濃い味付けは避けられないのかもしれないですね。 でも味噌汁は薄味で日本の味付けとあまりかわりません。 夜にでてきたソーセーゾはお肉自体は美味しいですが、 醤油入れすぎて失敗した!ってくらい味が濃かったです。笑 まとめ&評価 はじめにも書いたとおり、すでにEVに来てから2週間以上経ちましたが メニューが被ったことがいまのところないです! どれだけの種類メニューがあるのかまだわかりません・・・・ どれも美味しいので今後のご飯も楽しみです♪ 周りの友達の評価も高く、まずいと言っている人を見たことがないです! はじめは韓国料理に偏っているのかな~と思いましたが、 そんなこともなく日本食もでることもあればパスタなんかもでてきます。 ですが何料理だろうとキムチは毎日必ず用意されています。 韓国人の友達によるとここのキムチはおいしいそうです♪ ですが、日本人の私からするとちょっと酸味がありすぎかな~・・・ 日本でもあまりキムチを好んで食べないので、ここでも食べないことが多いです。 食堂のシステムは小学校の給食のように長い机に料理が並んでいて、自分で盛りつけます。 ですが、食事は混んでいるときは、食堂のスタッフの人がどんどん盛ってくれます。 それでもお願いすれば量も調整してくれるので、自分の好きなものを好きなだけ盛って食べれる感です! 食堂にスタッフさんもすごく感じがよく、食事の時間は癒しの時間でもあります~~♪
それではまた次回の更新をお楽しみに~♪
セブ留学 EV 平日の日課
2015/05/24

セブ留学 EV 平日の日課

(この文章は金曜日に書いていたのですがアップ出来ていまさらになってしまいました。すいません) こんばんわ! 今日は待ちにまったHappy Fridayです! 月曜日から木曜日は一切外出できないのでみんなこの日を楽しみに頑張っているようです。 授業を終えてセンテンステストを受けた後は、 19時にならないと外に出れないのでみんな門の前で待ち構えていました笑 門限は0時なので無駄にはできません!笑 久しぶりに外に出て楽しい時間を過ごしましたが、今日は一日の日課について書きたいと思います。 ざっと一日のスケジュールはこんな感じです。
授業の間の休憩は2コマに1度です。 さすがのスパルタです(笑) ここからは一日の流れを時系列に書いていきたいと思います! できるだけ詳細を書きますので一日の流れをイメージしてみてください♪ 起床時間は5:50。 学校中に大きなチャイムが鳴り響いて目が覚めます! 重たい体を無理矢理起こしてドアに向かいます(笑) なぜなら、5:55までにドアを開けてマネージャーがチェックにくるのを待っていなければなりません笑 最初はこのルールには驚きましたが慣れると辛くはないですよっ! 健康的です!(ポジティブに捉えましょう〜笑) 起床チェックが終わったらすぐに洋服を着替えたり、 メイクをしたりしますがパジャマのままで朝食を食べにいく学生もいます。 私は一日の準備が終えてから6:30頃に朝食を食べにいって、 食べながら単語テストの勉強をします(笑) 単語テストは7:45には単語テストが始まるので朝から休む暇がないです。 みんな単語帳片手に食堂へ行きます! 残念ながら朝食は毎日同じです。
パン・スクランブルエッグ・コーンフレーク(あとスープがつきます!写真になくてすいません) 朝食の味は普通です。 パンも一枚一枚トーストしてだしてくれているのですが 固いのであまり好きではないです。 なので私はいつもコーンフレークと買ったフルーツを食べてます!
朝食を食べ終えたあとも単語を勉強します。 単語テストはテスト範囲の日本語が印刷された紙が配られて、 6人くらいが机に座って番号を先生が言うのでその英単語を答える感じです。 ですので勉強法としてはスペルを覚えるというよりは発音と意味を覚えます。 日本の学校では割と単語テストは書かせることが多いですが、 私はこの単語テストの方法がすごく気に入っています! スペルを覚えようとするとローマ字読みで覚えたり、 カタカナ読みで覚えてしまって結局会話では通じない!ということになりかねないですからね... 単語テストが終わってすぐ1コマ目がスタートです。 1コマ目は6人のグループレッスンのリスニングです! (韓国人4人・日本人2人)
先生がとても面白い人で常にジョークを言ってます(笑) 生徒の人が眠くてぼーっとしていると 「あなたの身体はここにあるけど、心は韓国のガールフレンドのところにあるのね〜ハハハ」 みたいな感じです。笑 テキストはこれをつかっています!
日本のリスニングと同じように英語を聞いて問題を解いたり、 その問題の会話を実際にペアで練習したりします。 音楽を聞いて、歌詞の穴埋めをしたりです。 この前はブルーノマーズの「Marry Me」の穴埋めをしたのですが みんなで楽しく歌いながら問題を解きました。 とにかく笑いが絶えない授業です♡ 2コマ目も同じメンバーで違う先生のリスニングの授業です♪ このクラスの先生は他の先生よりルールには厳しいです。
結構、授業の中で分からないことがあると 韓国人同士は韓国語であーだこーだ言って話しているのですが この授業では他の言語を話すとペナルティが与えられます。
でも厳しいだけでなく、先生はとっても可愛くて面白いので1コマ目と同様楽しいです♡ リスニングの方法は1コマ目と変わらないです。 ショッピング中の会話の問題が出てきたら、 実際にペアで店員とお客の会話を考えてみんなの前で演技をすることもあります! みんな面白い演技で態度の悪い店員を演じたりするので面白いです♪ 2コマ目が終わるとブレイクタイムがあります。 10分間だけですが、みんなこのラウンジで友達と休憩してリフレッシュしています♪
3コマ目はSpeak Upクラスといって発音を重点的に学びます。 グループのメンバーは変わりせん。 (私のクラスがたまたまずっと同じメンバーですが、クラスごとにメンバーが変わる人もいるようです) 3コマ目の先生もとっても楽しいです! [sad] [said]などの[a]の発音の違いを練習したりします。
テキストは使わずに先生が毎回プリントを配ります。
発音のゲームなどをして負けると英語の早口言葉をみんなの前で言わされたりします(笑) とても訳にたつペナルティなので、負けても逆に嬉しいです(笑)
発音を重点的に学びますが、このようなカードに書かれた質問をプレゼンすることもあります! プレゼンテーションの授業に似ています♪
4コマ目はマンツーマンです。 先生はとても優しくていつも笑っています。
1つ目のマンツーマン単語を重点的にやるクラスなので 自分で単語について教えてもらいたいことがあれば教えてもらえます。 テキストは特にありません。 私は自分から聞きたいことが見つからなかったので 毎回先生が口頭で言う英単語のスペルを書いたりします。 RなのかLなのかを音で理解する練習になったりするのでこの問題方法が結構気に入っています。 これも日本ではなかなかない練習方法のように思います。 他には先生が 「もし明日が最後の日だったら何をする?」 「あなたは幽霊を信じる?」 など自分の意見や理由を答えるような質問をされます。 英語で答えられる能力も必要なのですが、自分の考えをもっていることも必要に思います。 答えが「わからない」では会話も続かないので(笑) ここでまた休憩です♪
5コマ目もマンツーマンです。 2つ目のマンツーマンはグラマーを重点的に行います。
テキストを使いながらリスニングを解いて、そのあとにグラマーを学ぶという感じです。 先生はサバサバしている人で勉強しているというより先生とおしゃべりしてるという雰囲気です。 (もちろん勉強はしてますよ!) 授業内容はグラマーが簡単すぎて聞くことがないです(笑) でも会話がとても練習になっているので4/10のレベルアップテストが終わるまで 変えたいと言うつもりもないです。 午前中に5コマの授業をこなしてやっとランチです!!!!
6時半には朝食を食べているので毎日腹ぺこです。笑 EVのご飯は朝ご飯以外はとっても美味しくて食べ過ぎてしますくらいです〜笑 フィリピンダイエット!とか思っていたのでそう簡単にはダイエットできないようです笑
ランチを食べ終わった後は韓国人の友達とのんびりアイスを食べたりおしゃべりして休憩しています。
そして午後授業は6コマ目もマンツーマンから始まります。 3つ目のマンツーマンはアクティビティクラスということで 会話が重点的です!
先生がとっても教えるのが上手くて、間違えた英語を使ってしまった時はすぐに直してくれるし わからないところを質問せずにわかったふりするのは絶対ダメ!という感じなので 徹底的に勉強できます! この授業では会話が多いので私のボケ?バカ?が連発してしまい常に大笑いしています(笑) 例えばこの前、「あなたの習慣はなに?」って聞かれたので 「ご飯をたべること」って答えたら 「それは習慣って言わないよ!それは生きるために必要なことだろ!」みたいな感じです(笑) とにかく面白いです。 7コマ目はまたグループレッスンに戻って今度はプレゼンテーションを学びます。
メンバーは朝と一緒です。
プレゼンの授業ではプレゼンの方法を学んだり、 基本的には毎回テーマを渡されて それについてプレゼンを用意してきて 3分ほどのプレゼンを授業内でするといった感じです。 テーマは「あなたのホームタウン」「生きるのに必要なアイテム」などいろいろです。 こんな感じでカードを引いてテーマが決定します。 プレゼンの先生もとにかく面白いです笑 「あら〜あなたのバッテリーはもう10%しかないようね〜」 とか常に冗談でみんなを笑わせています。 1人ずつみんなの前でプレゼンをするのですが、 終わったあとは間違った発音や文法をすぐに口頭で教えてくれます。 他にもプレゼンの構成についてもアドバイスをくれてとてもためになります。 大好きな授業の1つです。 8コマ目はグループレッスンのライティングです。 こちらはメンバーも変わりませんが5人になって、もう1人の日本人は別のクラスです。 グラマーの先生はとてもおっとりしている人で可愛いです。
この授業ではセンテンスの書き方を学ぶのと実際にテーマを与えられて文章を書きます。
先生がそれをチェックしてくれて、みんなが間違えやすいところをボードをつかって教えてくれたりします。 先生の雰囲気のようにゆ〜〜〜っくりした授業です。 9コマ目は8コマ目の先生とは真逆の常にテンションが高い先生です。 「ガハハハ〜〜〜」と豪快に笑うけどとっても綺麗な先生です。笑 グラマーのクラスではテキストを使って毎回説明を受けてから問題を解きます。
内容は中学2年生くらいなので少し退屈ですが、先生が面白いので授業はとっても面白いです。
一日の授業が終わるとすぐ夕食です。 正直、早すぎてお腹がすいてません笑 なので夕食はパスしたり少しだけ食べます。 夕食はとっても美味しいのでもったいない・・・・
一時間の夕食時間を終えると 今度は強制自習です・・・・・。 18:00には指定された教室にいって座っていないといけません。 この時間は復習したり宿題をします。警備員が建物の入り口にいるので抜け出すことはできません(笑)
強制的に自習しないといけないので勉強の時間を確保できるので必要な時間です♪ 19:50になるやっとフリータイムです! この時間はプールに入るひとや バスケをしたり卓球したり、ジムにいったり、マッサージを受けたり友達と話したり 一緒に勉強したりします。 そして火曜日と木曜日は9:00~10:00はズンバクラスがあります! このクラスについてはまた今度書きたいと思います〜♪ そんな感じで一日が終わります。 文章にしてみたら相当のハードな一日のようですが 濃密すぎてあっと言う間に時間がすぎます! そんな感じでだいたい夜の12時くらいに就寝です。 すっごく長い文章になってしまいましたが、 読んでくださってありがとうございます(笑) 先生が面白いのものありますが、韓国人の友達がみんな個性豊かで笑いが絶えません! クラスメイトに恵まれていて授業も休み時間も楽しく過ごせています♪ それではまたEV LIFEの報告楽しみにしておいてください〜〜♪
セブ留学 EV ヘッドティーチャーインタビュー&新カリキュラム
2015/05/24

セブ留学 EV ヘッドティーチャーインタビュー&新カリキュラム

セブ留学 EV ヘッドティーチャーインタビュー&新カリキュラム 2014年5月17日 こんばんわ! CEBU EVのSAKIです♪ 現在時刻は1:30ですが、 映像のアップロードがなかなか終わらず やっと投稿することができました〜〜〜 ちなみに今日で授業は最後でした!!! あっという間に2ヶ月が終わってしまいました。 (この投稿の次は総まとめのブログを書く予定です!) 今回はEVのカリキュラムをつくっているベリーにインタビューしました! 彼はEVで唯一のカナダ人です。 正確にはティーチャーではなく授業内容を構成するトップにいる方です。 彼は普段スタッフオフィスにいるため、話すことがほとんどなく廊下などですれ違う程度です。 いつも始まりのタイムが鳴ると彼が廊下に立ってよく生徒を観察しているので とても怖い人かと思いきや、気さくで突然のインタビューも受けてくれました!笑 映像を撮ったので是非ご覧ください♪
https://youtu.be/vurtCs3igZ8
彼の話や、 以前記事に投稿した講師インタビューのチャットも発言していたように EVのカリュキュラムは日々改善されています。 彼がその中心となって、いろんな意見を取り入れながら革新的なカリキュラム組んでくれています! 報告が遅れてしまいましたが、今週EVの時間割が少し変更されました! こちらが新しい時間割です。
以前は2コマ毎に10分休みだったのですが 今週から1コマ毎に5分休みが取れるようになりました。 移動時間が確保されたことはとてもよかったのですが、 トイレにいっても5分では並びきれなかったり、ドミトリーに荷物を取りにいく時間がなかったりで 少し評判が悪いようです・・・ ですが、こういった事情も取り入れてくれる体制があると思うので また何か改善されたものが発表されるのではないかと期待しています♪ 来月からはトップのクラスにはネイティブスピーカーの講師がくると聞いています!! EVには今までネイティブの講師はいなかったのですが、 これもまた革新していこうというEVの取り組みのような気がします! それでは次の総まとめの記事をお楽しみに〜〜♪
 / 3
セブEV 語彙テストの詳細
2017/04/20

セブEV 語彙テストの詳細

セブ「EV」と、他の学校との最大の違いは何でしょうか?   それは洗練された快適な施設と、マッサージ/劇場/ヨガ/フィットネスなどの放課後の活動、健康に配慮され調理された食事ですしかし、なんといってもEVの最大の魅力は、経験豊かなレベルの高い教師陣と、朝と夕方に行われる毎日のテストではないでしょうか( ゚∀゚ )!!!   さっそく毎日のテストについてお話します。   EVでは10年前から毎日2回のテストが行われてきました。朝起きてからすぐに語彙(vocabulary)テストが行われ、学生のレベルに応じて、約50〜100個の単語が出題されます。つまり朝目覚めるたびに「英語」を考えながら、一日を始めることになるのです     すべての授業が終了し、夕食を食べた後に、午後8時から文章(sentence)テストが行われます。朝の語彙テストに関連した単語を、パターンに沿って覚える方法です。文章のテストでは、6〜10人が一緒のグループになります。約15分かかります。     2つのテストは、日本、ベトナム、中国人の学生は必ず受けないといけないというわけではなく、 選択科目となります。EVに入学後に学校スタッフとの面談の中で、毎日のテストを受けるか受けないかを選択できます。注意しなければならないのが、機会は面談時の一度だけということです。つまり、面談時に一度受けないという選択をした後で、後日から受けるということができません。   英語を効率的に学べる「EV」を選択する理由は明らかです。現在ほとんどの留学生は初心者で、限られた留学期間内で、中級あるいは中上級の英語レベルを目指す方々です。 EVで行われる毎日のテストは、一日の始まりから一日の終わりまで最高の英語環境をあなたにご提供します したがって、EVを選択するなら、毎日のテストに是非参加することをおすすめします  
セブEV徹底取材
2017/03/03

セブEV徹底取材

フィリピン・セブには多くのスパルタ校がありますが、その中でもEV英語スクールはフィリピン・セブで最初にスパルタ校として始め、今まで高い評判をキープしています。英語スクールの施設、フィリピン人講師、マネジメント、スクールの雰囲気、食事すべてで常に高いレベルを保ち、特にマネジメントについていえば10年以上のキャリアを持つマネージャーさんがいらっしゃいます。蓄積されたノウハウと柔軟なマネジメントが優れた歴史のある英語スクールです。   【学習カリキュラム】 EV英語スクールが最も大切にするポイントは、『短期間で英語力の向上』です。学習カリキュラムとして授業を一日10時間(週45時間)、毎週の模擬TOEICテスト、毎日の英単語と英作文テスト、2時間の自習に必ず参加しなければなりません。テストの回数と学習時間はフィリピン・セブのスパルタ校の中で一番強度が高い英語スクールです。毎日、午前中に英単語のテスト、午後に英作文のテストがありますが、そのおかげで初心者でも英語基礎力はとても上がります。   【EOPの徹底】 フィリピンの英語スクールは初心者が多く英語だけを使う雰囲気を作りづらいですが、EVは徹底したEOPを行っています。私が学校を訪問させていただいた時にはボディラングリッジを使いながら英語で伝えようとする光景が多く見られました。EOPの文化が染みついている証拠だと思います。ちなみにEV英語スクールでは母国語を使ったときにペナルティーとして罰金(少額)があります。   【EVのフィリピン人講師の質】 EV英語スクールの一番の魅力は教師の質です。EVのフィリピン人講師たちは徹底的なマネジメントや講師教育を受けております。そのため、EVのフィリピン人講師たちの授業はきっちりと時間を管理して、世間話をせずカリキュラムのスケジュールに従って授業を進めます。EV卒業生の授業に対する評判はかなり高い英語スクールです。   【スクールの施設】 平日は外出が禁止のため、スクール内には様々なアクティビティ施設が用意されています。プール・バスケットボールコート・小劇場・マッサージショップ・ジョギングコースなどスクール内で留学生の皆さんが快適な生活を送れるよう運営されています。   【EV英語スクールがオススメの方】 今、英語レベルが初級〜中級の方で、12週間未満の留学の留学を計画されている方がオススメです。もちろん、厳しいルールと長時間の学習に耐えなければなりませんが、(笑)。 ただし、初級・中級・上級といっても人それぞれなので英語スクール選びには卒業生や学校、エージェントとじっくり相談をすることが大切です。   【追加情報】 2017年10月には、EV英語スクールに新しい校舎が完成する予定です。長い工事の上完成したそうなので、高い期待ができそうです。    
2017年 EV ピックアップ指定日, コース別入学指定日案内
2016/12/06

2017年 EV ピックアップ指定日, コース別入学指定日案内

【2017年 指定入学日】 1/13(金)、2/10、3/10、4/7、5/5、6/2、6/30, 7/28、8/25、9/22、10/20、11/17、12/15 (金曜日入寮金曜日退寮の原則)   1)指定入学日は4週毎の金曜日です。3人部屋利用者は必ず指定入学日を守らなければなりません。但し例外として指定入学日の次の日とその次の日の土曜日と日曜日は入学が容認されます。   #  セブマクタン国際空港の到着時間に指定時間はありません。留学生の到着時間にスクール側が合わせます。 # 指定入学金曜日に入学する際には土曜日にオリエンテーションとレベルテストがあり、月曜日の午前から正規授業がスタートいたします。   2)1、2人部屋希望者は指定入学日と共に毎週土日に入学できます。土曜日入寮土曜日退寮、日曜日入寮日曜日退寮の原則となります。 # 土日入学の場合レベルテストやオリエンテーションは日曜日あるいは月曜日午前中に実施されます。 # 1人部屋ご指定の場合スクール側の事情により入学指定日のみに入寮が限定される場合がございます。   3) 1、2人部屋希望でESLコースまたはBusinessコースを選択される方は入学指定日、土日にかかわず入学可能です。ESLコースに関しては平日も入寮できます。(事前に留学カウンセラーにお問い合わせお願いいたします。)   4) TOEIC, IELTS, TOEFLコースの開講日は指定入学日に限定されます。 # 試験対策コースの指定日以外の入学をご希望される場合にはスクール側の事前承認が必要となります。  
EV初日のスケジュール
2016/11/29

EV初日のスケジュール

  EVにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。   【オリエンテーションスケジュール】 EV校では、1人部屋及び3人部屋を希望する際はスクールが指定する空港ピックアップ日(4週ごとの金曜日)に従い入寮を行ってください。 ※2人部屋を希望する際にも空港ピックアップの利用は可能です。   1.ピックアップ利用する場合
曜日 内容
土曜日(午前) ・レベル分けテスト ・オリエンテーション(スクール規定等) ・お買い物及び両替
日曜日 自由外出
月曜日 授業開始
  2.ピックアップ利用しない場合(日曜日到着)
曜日 内容
日曜日 自由外出
月曜日 ・レベル分けテスト ・オリエンテーション(スクール規定等) ・お買い物及び両替
火曜日 授業開始
EV プチ訪問記 on 9/7(水)
2016/09/07

EV プチ訪問記 on 9/7(水)

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。弊社がご紹介しているセブの英語スクールの中でもスパルタ校ならここと言われている程の人気校であるEVに訪問させて頂く機会に恵まれました。   EVではスパルタ校の為に月~金は外出ができません。また、外出が出来ないだけでなく平日は毎朝5~6には起きなければいけない習慣があります。理由は部屋の外で毎朝6時に行われる点呼に間に合う必要があるためです。間に合わないとペナルティをもらってしまいます。   EVでは平日に外出が出来ない、早朝から夜まで勉強漬け、強制自習まで夜には行う必要があります。ただし、勉強だけでは留学生はストレスや疲れを溜めてしまいます。EVでは留学生のストレスや疲れを解消するための様々なアクティビティを行うことが出来ます。 CEBU EV 訪問 cebu_ev02 cebu_ev04 cebu_ev03
セブEV 秋の学費割引留学キャンペーン
2016/09/02

セブEV 秋の学費割引留学キャンペーン

  この度セブEV Academyより学費割引留学キャンペーンが実施されます。   EV Academyはセブのスパルタ名門校です。校長はフランス人で、留学生は多国籍で構成されています。ESLを始めとしてTOEIC、TOEFL、IELTS、ビジネス等、留学生のニーズに合わせた様々なコースが運営されています。   キャンペーン内容 留学期間にかかわらず、授業料+宿泊費総額の5%割引   対象期間 2016年12月31日までに留学を開始される方   留学キャンペーンに関して質問等ありましたら、弊社留学カウンセラーまでお問い合わせ下さい。  
EV 2016年 団体ピックアップ日(資格対策コース含む)
2016/07/29

EV 2016年 団体ピックアップ日(資格対策コース含む)

 

EV校指定入学日につきまして

【指定入学日での入学】

EV校では月に1度の指定入学日が設けられております。TOEIC、IELTS、TOEFLコース等の資格対策コースを受講する際には、必ずこの指定入学日に入学して頂く事になります。
 
【2016年 指定入学日】
1/15(金)、2/12、3/11、4/8、5/6、6/3、7/1、7/29、8/26、9/23、10/21、11/18、12/16、
*基本的には月1度の団体指定入学日(金曜日)による入学を推奨致します。
全てのコース、全てのお部屋タイプを選択可能です。
 
※ピックアップ後、金曜日に宿泊施設に到着。翌日土曜日の午前からレベルテスト/オリエンテーション、午後にはショッピングモールで生活必需品を購入し、両替が可能。
※授業は、月曜日の午前から開始
※金曜日入校時は、金曜日退室。土曜日/日曜日での入校時は、土曜日退室。
 

【指定入学日以外での入学】

なお、指定入学日以外でも毎週土/日曜日に入学することが可能です。
その際はESL/ビジネスコースのみが受講可能で、選択可能なお部屋タイプは2人部屋のみとなります。
 
※日曜日の午前からレベルテスト/オリエンテーション、午後ショッピングモールで生活必需品を購入し、両替が可能。
※授業は、月曜日の午前から開始。ただし、日曜日到着者には月曜日にレベルテストを実施。
※土/日曜日での入校時、土曜日退室。
 
EV Academy オンラインデモクラス スタート
2015/11/19

EV Academy オンラインデモクラス スタート

セブEVは、この度オンラインデモクラスを始めました。以下がオンラインデモクラスの詳細なります、語確認下さいませ。  

【オンラインデモクラスとは?】

オンラインデモクラスとは、まだ留学先をどこにしようか決めていない、決めきれないお客様に対して無料でスカイプを通して、EVアカデミーのクラスを少し(15分~20分)だけ体験して頂くことができるオンラインデモクラスになっております。このオンラインデモクラスを通して、EV Academyの講師達の質や、授業内容などを直接確認して頂ければと思っております。  

◆オンラインデモクラスの流れ

①生徒様ご自身のスカイプIDを作る必要があります。 ②生徒様より、スカイプを通してEVまで連絡して頂きます。 ③デモクラスができる時間をお互いで調整します ④その後、オンラインデモクラスが行われます。  

◆オンラインデモクラスのレッスン内容

レベルの高い方には上級イディオムなどを、レベルの低い方には発音などを教えたりして EVで普段授業中にしているような内容を体験してもらいます。 さらに、どの生徒さんにもセブについて簡単に話してもらいます。 時間は15~20分です。 ※オンラインデモレッスンの回数についてですが、お一人様1回のみです。 ※このEV Academyのオンラインデモクラスについての詳細に関しましては、恐れ入りますが、弊社の留学カウンセラーまでお問い合わせくださいませ。
CEBU EV 12月からコース変更
2015/11/02

CEBU EV 12月からコース変更

セブEVは2015.12月21日から基本4時間のマンツーマン授業を行います。現在4時間のマンツーマン授業を実施するPOWER ESLコースはなくなります。 英語コースはESLとESP (Business English - TESOL)、TOEIC、TOEFL、IELTSテスト対策コースになります。スクールレターによると来年まで授業料はそのままです。   コース変更案内 日課表(拡大は写真タップ)
セブEV アクティビティ情報サイト
2015/08/10

セブEV アクティビティ情報サイト

セブをもっと楽しむ!EV Academy アクティビティ情報サイトオープン! http://funcebu.modoo.at/ f01de784d66
 / 2

よく読まれている留学体験記

バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ

バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ フィリピンの中でスパルタ式の語学学校が多いことで有名なバギオ。セブ島やマニラなどの大都市と比べ娯楽が少なく、フィリピンの中でも英語学習に集中したい真面目な留学生がバギオには多く集まる傾向があります。 ただ、いくらバギオで英語勉強を頑張っても週末くらいは適度に気分転換をしたいですよね。今回はバギオで週末楽しめるスポットをご紹介しようと思います。   目次 バギオでショッピングを楽しむ バギオで外食を楽しむ バギオの自然に癒される バギオのおすすめ日帰り旅行先 バギオのおすすめ週末旅行先   1.バギオでショッピングを楽しむ   バギオSMモール(SM City Baguio) フィリピン全国チェーンの大型ショッピングモールであるSMモールのバギオ店。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものは全て揃っているのでとっても便利です。SMモールはフィリピン各地域にありますが、どの地域であっても留学生の多くは週末をここで過ごします。   住所:Luneta Hill Drive | Upper Session Road, Baguio, Luzon, Philippines   ピュアゴールド(Pure Gold) SMモールよりも規模が小さく価格設定が安めの、フィリピン全土にあるスーパーマーケット。日用品などはほとんど問題なくそろえることが出来ます。フィリピン人も多く利用するため、フィリピンのローカルな雰囲気を感じられるので留学生にも人気です。     バギオナイトマーケット 毎日夜20時頃からオープンするバギオのナイトマーケット。フィリピンや外国から集まった古着や骨董品、B級のグルメが楽しめます。モールよりも数倍安く、本物か定かではないブランド品など、掘り出し物もあり、活気あるディープなフィリピンを味わうことが出来ます。元々はフィリピンの超ローカルな市場ですが、最近はバギオにいる留学生の中にも観光スポットとして人気です。人が多いのでスリに注意しましょう。   2.バギオで外食を楽しむ   日本食レストラン「CHAYA」 日本人の奥様とフィリピン人の旦那さんが経営するバギオで一番有名な日本食レストラン。海鮮丼や手巻き寿司、ざるそば、すき焼きなど日本と同じクオリティの日本食が味わえます。WI-FI、コンセントあり。 フィリピンで日本食を頻繁に食べるとかなりの出費になるので、月に数回の贅沢で行くのがおすすめ。バギオ留学中でも美味しい日本食が食べられる場所があるのは、かなり安心ですよ♪   住所:72 Legarda Rd, Brgy. Campo Sioco, Baguio, 2600 Benguet 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み)   ステーキ屋「TSOKOLATERIA」 […]

・セブ島留学がいま激アツな5つの理由

セブ島留学がいま激アツな5つの理由 <この記事は2017年5月26日に更新されました> セブ島留学という言葉はフィリピン留学と同じくらい認知度が高くなりました。 フィリピン留学は地域ごとにメリットやデメリットが異なりますが、その中で多くの人々を魅了しているのがセブ島留学です。セブ島は留学だけでなく観光地としても有名で、欧米人観光客やアジア人留学生で溢れている都市です。 フィリピン留学の中でも、セブ島留学が今“激アツ”と言われる理由とは何なのでしょうか。 それを探るべく、セブ島留学の5つの理由という観点から、セブ島留学の魅力やメリット、さらにはセブ島留学のデメリットまで包み隠さず明らかにしたいと思います。 セブ島留学の激アツな理由は、次の5つです。 メリハリのある学習スタイル 安心できる環境 料金が安い 便利である 多様性がある 理由1:メリハリのある学習スタイル フィリピン英語留学といえば、韓国式の厳しいスタイルとともに発展してきましたバギオ留学では、いまだに平日外出NGのスパルタ式のスタイルが、根強い人気を誇っています。 >>バギオ留学の魅力はこちら 一方で最近のセブ島留学は、リゾート地であることに加えて、平日外出OKなセミスパルタの学校が増えてきている影響もあり、厳しすぎずゆるすぎない、セブ島独自の「メリハリのある学習スタイル」を確立しつつあります。 メリハリのある英語学習は、日本人にとても合ったスタイルで、英語漬けになりながらも無理しすぎず息抜きも兼ねながら、モチベーションを長く保っていけるのが特徴です。 セブ島では良く学び、よく勉強し、よく遊ぶ事ができますが、おおまかにどのようなメリハリ留学ができるのでしょうか。 セブ島留学でのメリハリのある学習スタイルを以下の6つにまとめました。 セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業 学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 スパルタ・セミスパ関係なくメリハリ留学はできる セブ島の2つの顔、シティー&リゾート 世界一語学学校の選択肢が多いセブ島 短期留学で結果を求めるならセブ島留学 6つの理由の詳細については、【セブ島留学は驚くほど日本人の学習スタイルに適している!? 】にまとめてあります。 メリハリ留学の注意点 自己管理が必要 セブ島留学に行くと、日本ではあまり経験することのできない開放感があります。気分もメンタルも盛り上げる上に、充実に遊べる自然や施設、夜遊びも整っていますから誘惑に負けてしまうと遊びに走る恐れがあります。 一部ではありますが、セブ島の留学生の中には本来の目的を忘れてしまい、恋愛、旅行、お酒にハマってしまう人もいます。 その意味でも語学学校選びは大事です。スパルタかセミスパルタか、自己管理力が強い人に合うか弱い人に合うか規則はどれほど厳しいかをしっかりチェックする必要がありますね。 語学学校の選び方は各々の性格や目標によって変わってきます。 フィルイングリッシュでは、留学の目的や目標、個々人の悩みや弱みに合わせ留学プラン作成及び留学中のサポートを無料で手伝いしています。 >>>LINE@から訪問まで、フィリピン留学相談の種類を選ぶ 理由2:安心できる環境 英語留学のために海外に行くとき、まず前提となるのは「治安面で安心できる」ことです。 もし留学先が、治安が悪いと英語勉強ところじゃなくなりますよね。また、日本人が一人もいない環境であれば、不安ですし情報収集も難しくなります。 セブ島留学の治安はどうでしょうか。 セブ島留学は実際行ってきた日本人が多いため、「たぶん大丈夫かな」という認識と、「東南アジアだから危ないでしょう」という認識があるかと思います。 フィルイングリッシュは、フィリピン現地で留学サポートデスクを運営しており、カウンセラーのフィリピン在住歴平均は7年となります。フィリピン留学専門のフィルイングリッシュが思うセブ島留学が安心できる理由は以下の3つです。 セブ島≒L.A同レベル?実はセブ島の治安はそれほど悪くない セブ島には日本人留学生が多い フィリピン人が平和である ということから安心できる環境で留学生活を送ることができるのです。 安心留学の注意点 セブ島に英語の勉強を目的として留学している人が大きな事件に巻き込まれる可能性は非常に低いです。 ですが、スリや盗難のような軽犯罪はまだまだ多く発生しています。 それらを回避するためには以下のことに気をつけてください。 かばんを前にかける かばんや荷物は自分の手元から離さない 日本の財布は持ち歩かない、小銭入れを使う 財布を持ち歩く場合は、前ポケットもしくはかばんに入れる 派手なブランド物を身につけない セブ島の治安に関する詳細については、【セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話 […]

・セブ島留学が驚くほど日本人の学習スタイルに適している!?

セブ島留学が驚くほど日本人の学習スタイルに適している!? 最近セブ島留学の人気が高まっていますが、セブ島留学の最大の特徴はメリハリのある学習スタイルにつきます。 フィルイングリッシュが、「セブ島留学といえばメリハリ!」と考えるのは以下のような様々なスタイルの留学が実現できるからです。 なんでもできちゃうセブ島留学のメリハリスタイル 勉強するときは がっつりやる 遊ぶときは 死ぬ気で遊ぶ 効率よいインプット +練習のマンツーマン授業 コミュニケーション実践の 小グループ授業 すぐ使える英語を学ぶ 教室外・校外は実践の場 セブシティーは 利便性が良い セブマクタン島は リゾートでリラックスできる 短期留学で 結果を出す 短期留学でも いっぱい遊べる セブ島留学がスパルタよりもゆるめのセミスパルタの学校が多いといっても、 1日6~8時間以上は授業が行われるため、英語学習に慣れない人は疲れてしまいます。 そのため留学中の学習に適度な息抜きは絶対に必要です。 その意味でセブ島留学は、英語漬けの学習環境+個々の努力+適度な休憩で最高の留学生活を送ることができるのです。 ではセブ島でのメリハリ留学の詳細をみていきましょう。 目次 1.セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業 2.学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 3.スパルタ・セミスパ関係なくメリハリ留学はできる 4.セブ島の2つの顔、シティー&リゾート 5.世界一語学学校の選択肢が多いセブ島 6.短期留学で結果を求めるならセブ島留学 セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業! セブ島留学で学習面の最大の特徴を挙げるとすれば、 マンツーマン授業(通常約4時間)+グループ授業(通常3~4時間)/1日 の授業スタイルです。 マンツーマン授業をメインにし、少人数グループ授業があり、バランスが良いのです。 フィリピン留学ほどのマンツーマン授業は、欧米留学や日本国内でも受けることができません。 受けられるとしてもセブ島ほどの量を受けようとすれば非常に高額な授業料がかかることでしょう。 セブ島留学であれば、格安の留学費用でマンツーマン授業を受けることが可能なのです。 英語は言葉ですので受験勉強ように知識ばかりを増やしてもコミュニケーション力は上がりにくいです。 マンツーマン授業では、英語の先生と2人きりの会話形式なので、必然的に学生が英語を話す量が多く、 一番効率よく英語力が伸びることは言うまでもありません。 セブ島留学だからこそできるマンツーマン授業メインの英語学習。実際どうだったのかは多くの方の留学体験談を参考にしてみて下さい。 >>セブ島留学体験談はこちら 学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 マンツーマン授業では、フィリピン人の先生と1対1で授業を進めていきます。 マンツーマン授業で新しい文法、英語パターンを学び使う練習をしたら、 授業外で何度も実践することで自然な英語として定着していきます。何かを覚えて1回使ってみただけじゃ自分のものにはなりません。 英語学習の基本的な目的は、コミュニケーションですので、どれだけ英文法や英単語を詰め込んだとしても、会話で使えなければ価値がありませんよね。 セブ島留学では、マンツーマン授業で学んだ英語を実践できるチャンスがいっぱいあります。 語学学校の少人数グループ授業:通常3~4コマ/1日、4~8人/1クラス 校内での交流:外国人ルームメイト、無料オプションクラス、アクティビティー、食事の時間など […]

・セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話

セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話     フィリピン留学専門エージセントフィルイングリッシュです。 留学のカウンセリングをしていて、セブ島留学を調べ始めた方からこのような質問を頂く事があります。   「セブ島って危険そう」 「東南アジアって治安悪いでしょ!」 「日本人が殺されたニュースを聞いた」   など、セブ島=危険というイメージを持っている人もなかにはいます。 しかし、それは東南アジア/セブ島に対する先入観、誤解が大きいと思います。   本記事では現在のセブ島が安心留学できる留学先であることについてお話します。 前提としては、セブ島と日本と同レベルで安全、治安が良いという訳ではありません。日本は世界トップレベルで安全な国です。どの地域・国に英語留学をしても日本と同レベルに安全なところは非常に少ない事が前提となります。 ご参考までにフィルイングリッシュの留学カウンセラーの平均フィリピン在住期間は7年です。   セブ島留学が安心できる理由は3つあります。 実はセブ島の治安はそれほど悪くない 日本人留学生が多い フィリピン人が平和である   セブ島≒L.A同レベル? セブ島の治安はそれほど悪くない     フィリピンやセブ島留学を検討されている方の質問には、「ドゥテルテで政権が不安定だ」、「日本人が銃殺されたニュースを見た」といった治安に関する不安がやはり多いです。 もちろん日本に比べれば、危険に晒される可能性は高いです。   しかしイメージに反して、セブ島留学で実際に日本人留学生が巻き込まれたという事件は少ないのが事実です。 セブ島滞在で、ちゃんと語学学校の門限規則を守っていれば、留学生が事件に巻き込まれる恐れはほとんどないです。留学生が遭う犯罪は、殺人のような事件ではなく、スリや盗難に合うといった程度の事件です。 以下はセブ島とロサンジェルスの犯罪についての比較データーです。ほぼ同レベルであることが分かります。     以下はロサンジェルスと東京の犯罪についてのデーターです。     犯罪についてのデーターによると、 セブ島とL.Aで一人で歩いた場合の安全度は「高い」、東京は「非常に高い」。※1 セブ島とL.Aを夜一人で歩いた場合の安全度は「普通」、東京は「非常に高い」。※1 東京は時間帯問わず非常に安全な街だということが分かりますが、セブ島であってもロサンジェルスであっても海外の都市では最低限の危機感が必要ですね。   セブ島の治安は、アメリカのL.A以外にもニューヨーク、ロンドンなど他の都市ともそれほど大きい違いはないことを考えると、セブ島って以外と安全な留学先に思えませんか?   ※1出典:Numbeoオンラインデータベース セブ島とL.Aの治安比較:https://goo.gl/CyOV1Z   日本人留学生が多い     フィリピン留学・セブ島留学に行く日本人留学生は2010年の4,000人ほどから2015年には35,000人で約9倍の急速な増加を遂げています。 その中で日本人の半数以上がセブ島留学を選択しているので日本人留学生の増加は言うまでもなく比例しています。   またセブ島のシティーエリア・リゾートエリアは割と狭い地域なので、日本人と出くわす機会が多く、体感としても日本人留学生を多く感じるでしょう。   […]

・セブ島留学がますます便利に! 海外初心者はセブ島留学に行くべき?

セブ島留学がますます便利に! 海外初心者はセブ島留学に行くべき?     あなたの周りにもセブ島留学に行く人が増えていませんか? セブ島留学が人気の理由の一つとして、英語留学をする上でとても便利であることが挙げられます。   そのため海外初心者でも、気軽に行くことができるようになっています。 セブ島留学は、なにが、どのように便利なのでしょうか?   日本から近く、セブ行の直行便が多い 巨大ショッピングモールやスーパーがたくさんある 日本食レストランが多い セブ島関連の情報を仕入れやすい   日本から近く、セブ行の直行便が多い   セブ島へは日本各地から直行便が出ていて乗り換え不要で現地まで行くことができます。 所要時間は、東京-セブ島で4時間、大阪-セブ島で5時間程度と近いです。   料金も格安航空券(LCC)であれば、期間によって大きく変動はしますが、片道20,000円~40,000円あたりで、直行便を用意している会社も多々あり、   フィリピン航空 (区間:東京-セブ島、大阪-セブ島、名古屋-セブ島など) バニラエア航空 (区間:東京-セブ島) セブパシフィック航空 (区間:東京-セブ島、大阪-セブ島、福岡-セブ島) その他 全日空   など多数出ているので、それぞれの会社を比較してチェックすることをおすすめします。 航空券の料金比較はスカイスキャナーというサイトが使えます♪   またセブパシフィックではプロモーションを実施しており、往復で10,000円などと破格の価格でチケットを入手できたりします。 プロモーション情報は、セブパシフィックの公式Twitterでリアルタイムな情報を確認することができます。 ※フィルイングリッシュよりお申込後、セブ行往復航空券のお見積書発行、ご予約の代行も可能です。   巨大ショッピングモールやスーパーがたくさんある     「セブ島のショッピングなんてしょぼいでしょ。」 そう思った方は、セブ島を見くびっています(笑) セブ島のショッピングモールやスーパーでは、基本的に規模がかなりでかいです。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものはほとんど済ませるスタイルですね。   セブ島のショッピングモールは以下のように多数あります。   SMシティーセブ アヤラセンター・セブ ガイサノ・アイランドモール ロビンソン・ガレリア・セブ   その他中小規模のスーパーはほとんどの語学学校から徒歩圏内にあり、日常の買い物に困る事はありません。コンビニは、やや現地化されたセブンイレブンが一番多く、最近はきれいな日本スタイルファミリーマートが増えています。   日本食レストランが多い     日本人にとって海外渡航で意外と大きい悩みが食の問題ですよね。 特に住み込むのであれば、食が合わないことは、留学生活に多大な影響をもたらすでしょう。 […]