Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

Genius(ジーニアス)

プライベートビーチのあるリゾートホテル型のセブ語学学校 Genius

cebu-genius700

リゾート地セブ島で英語研修と言えば日本では何かエメラルド色の海のパノラマを背景にデラックスな施設で優雅にお勉強と想像なされる方も多いと思います。ですが一般的には街中にある語学学校から車で40分くらい移動してビーチやアイランドホッピングを楽しむというパターンです。それはセブが大都会のセブシティとリゾート地のマクタン島に分かれ、語学学校はセブシティに集中しているからです。

そんな中で最初に紹介した優雅なイメージにぴったりの環境を提供しているのがリゾートホテル型語学学校のGeniusです。コンドミニアム型のホテルの敷地内にはプライベートビーチがあり、マリンスポーツを楽しむにも車の移動は必要ありません。ダイビング、ジェットスキー、シュノーケリング等を徒歩数分以内の場所で行う事が出来ます。寮となるお部屋は、やや広めの部屋の豪勢な作りで高級ホテルのイメージです。他校では珍しいキッチン付きやバスタブ付きのお部屋もあります。

ロシア系資本の学校ですのでロシア人、アラブ人、モンゴル人、台湾人、日本人、ベトナム人等と、多国籍な留学生構成で、韓国人比率が低かったりと、出身国籍のバリエティが独特となっております。ネイティブ講師が4名おりグループ授業を担当しております。フィリピン人講師の教育も行き届いており講師達の英語レベルは高いです。

学校名 Genius English Proficiency Academy
住所 EGI Hotel Bldg. 1, Looc, Maribago, Lapu-Lapu City, Cebu 6015 Philippines
設立年度 2013年
定員 130名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL, TOEIC, IELTS, TOEFL, Business
講師 約20名(フィリピン)、4名(アメリカ人2名、オーストラリア人1名、カナダ人1名)
日本人スタッフ 1名
日本人の割合 約35~40%
学校施設 Wi-Fi(校内全域および部屋内で利用可)、マンツーマン講義室、グループ講義室、自習室
寮の施設 ベッド、エアコン、冷蔵庫、机、椅子、棚、セキュリティーボックス、温水シャワー・トイレ(部屋によってはバスタブあり)
その他の施設 カフェテリア、売店、プール、屋外休憩エリア、卓球台、ジム、自習室(23時まで、Wi-Fi利用可能)

 / 1
留学訪問記:マクタンのリゾートホテル型ロシア資本ジーニアス
2015/11/10

留学訪問記:マクタンのリゾートホテル型ロシア資本ジーニアス フィリピン語学学校取材!セブ・マクタン島Genius(ジーニアス) 訪問レビュー セブ・マクタン空港から車で20分程のリゾート地にあるGenius(ジーニアス)は学校の裏手に綺麗なビーチがあり、とても穏やかな場所に位置していま す。学校はEGIリゾートというホテルの敷地内にあり、エリア入口には警備員が待機しており、常に敷地内を巡回しているので安全面に優れています。 また校舎と学生寮は元ホテルを改装して出来ており、その造りはヨーロッパ風で静かで落ち着いた環境です。オーナーがロシア人女性ということもあり、お部屋 はオシャレで比較的広く、ベッドの規格もヨーロッパの学生を意識しており大きく、海を眺めながら贅沢で快適な生活を送れます。 学生の国籍はロシア、スペイン、フランス、イタリアからのヨーロッパ人、そしてアラブ諸国から日本、台湾、ベトナム人などです。フィリピンでは珍しく韓国人の学生は国籍比率からして1番少ないです。日本人比率は20%程になります。とても個性的な国籍比率が特徴です。 英語教育機関としてこの2年で沢山の賞を受賞しています。アカデミックの部門でカリキュラムをしっかりと運営し、学生の英語力アップに最善を尽くしている証拠です。 それでは気になるジーニアスの学校内を、この訪問記をご覧のみなさんと一緒にスクールツアーをしてみたいと思います。 ジーニアスの校舎、学生寮がどのようになっているのか見てみましょう。 ① エントランス (写真左:学校エントランス 右:レセプション) ここは学校の入口になります。左側がレセプション、クラスルーム、ダイニングエリアへ通じています。レセプションにはフィリピン人スタッフが待機しており、授業に関することや様々な変更手続き、何か問題があった時はここで解決してくれます。 真ん中の通路は学生寮に通じており、右側には学校オフィスがあります。 それでは最初に真ん中の通路から学生寮へ行きましょう。 ゴージャスなお部屋が沢山あります。 ② 学生ドミトリーの入口ホール 入口には警備員が24時間在駐しています。 ホールから上を見渡すと、、、 この様に吹き抜けになっていて開放感があります。 各階へはエレベータで基本移動しますが、この階段やビルの造りはとてもオシャレでヨーロッパにいるような雰囲気があります。 ③ お部屋内部 まずオーシャンビューが見渡せるお部屋を見学しましょう。 こちらの部屋タイプはシングルルームです。 クイーンサイズの大きなベッドにソファもついています。 その他お部屋設備は勉強机、冷蔵庫、冷房などがあります。 そしてバスルームにはなんとバスタブが付いており、日本人としてはとても有り難い設備です。 そしてセーフティビックスも完備されていますので、貴重品の管理に便利です。 これだけで優雅な生活を送れますが、1番の見どころはオーシャンビューです。 ベランダがついていますので、ここから海が一望出来ます。 リラックスするのも良いですいし、天気の良い日は朝日が見れるそうです。 その他ダブルルームとトリプルルームも見学致しました。 リビングに大きなベッドがある感じで、広い部屋でルームメイトとゆっくり寛げます。 フィリピンの語学学校の寮でこれほど大きなサイズのゆったりしたお部屋は珍しいのでこちらで滞在されるとホテルと代わり映えしないお部屋を利用出来ます。 このように各部屋が1つのコンドミニアムのような造りになっています。 安全上の観点からキッチンは使用出来ませんのでご了承下さい。 ④ 最後に屋上広場とジムへご案内致します。 屋上は広々としていて喫煙スペースなどがございます。 また屋上からも海が見れますのでリゾート気分を味わえます。 こちらはジムになります。スペースが広く、運動マシンの数も多めです。 週末の日中はこちらで汗を流されている学生さんも多いそうです。 それでは次はクラスルームにご案内します。 その前にジーニアスのカリキュラムについて見てみましょう。 ■コース及びカリキュラム コース 正規授業 General A フィリピン人マンツーマン4時間、ネイティブグループ2時間 General […]

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して
2013/02/15

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して フィルインリッシュ顧客担当統括梶野章と申します。 フィリピン留学を考える方のほとんどが1)マンツーマン授業の効果、2)欧米留学に比べ費用が安い、3)それと想像以上の学校側のサポートを期待していると思います。 さてそれでは皆様方がフィリピン留学情報を求めた場合そのニュースソースは何になりますか?おそらくヤフーやグーグル検索で紹介される留学エージェントの紹介内容やブログなどではないでしょうか。 現在ウェブ上ではフィリピン留学関連コンテンツやブログが氾濫しております。でも知っておられますか?皆様が接するほとんどの文章は留学エージェントが『検閲』したり、管理したりしているという事実を。実際フィリピン留学校のホームページ90%以上をエージェントが管理しています。従って皆様が接するほとんどの情報は『清書された文章』あるいは『エージェントが望む内容の文章』なのです。 当たり前の事ですが学校とエージェントは至極ビジネス的な関係を形成します。学校の全セールス権限を付与されるエージェントもあれば、エージェントの社長が実は学校長だという驚くべき話もあります。実際学校に行ってみると提供を受けた内容とかけ離れていたという声をよく聞きます。猜疑心を持って注意深く情報をつかみ相談を受けたとしても全体像が『エージェントがお客に来てもらうために加筆した情報』なので結局その方向に流されます。 『○○学校の講師たちは本当にすばらしい!』等の卒業生のブログは見ることがあっても悪口を書いているブログはあまり見ません。ほとんどの場合エージェントが直接あるいは間接的に誘導する学校についていきます。 それでは一体このような状況がフィリピン留学を長期的な目で見た場合プラスになっているのでしょうか?僕はマイナスだと思っています。短期で見れば問題点をありのままに指摘すればその学校が改善させ、発展させる手助けとなります。(もちろん指摘された学校は嫌がりますが)長期で見れば学生たちによりフィリピン留学市場が良い方向に発展すると思います。 数週間前僕は面白いホームページを見つけました。いくつかの学校に対する冷静な診断と評価、改善点などを掲載しています。否定的な文に慣れていないので始めはちょっと戸惑いましたが、このような体験談は留学する方々に本当に必要だと思います。詳細はこちら http://englishcebu.com/mango.html をご覧下さいませ。 正直に告白しますが僕もたくさんのフィリピン学校長と顔見知りであり、よくその学校に入れてくれと頼まれたりします。しかし顧客一人一人には事実をきっちり伝えないといけないと思っております。それは僕が留学エージェントという仕事が『お客様のよりよき近未来』と繋がっていると思っているからです。 最近あるお客様から『特定の学校への営業もせず、問い合わせた学校の長点、欠点をきちっと伝えてくれてありがとう』と言われました。僕はこの言葉を千金にも値する貴重なものと捉えこれからもそのようなお褒めの言葉をいただくよう頑張るつもりです。もちろん僕より優れたエージェントはいくらでもいます。皆がお客様に対し現実を客観的評判と事実を持って伝えていただくと期待しております。

 / 1
 / 1
セブ留学Genius*まとめ!
2015/06/01

セブ留学Genius*まとめ!

 
ただいま! ということで昨日、約8週間のセブ島Geniusでの留学を終え、日本に帰国しました。 振り返ってみると本当にあっという間でしたが、非常に充実した留学だったと胸を張って言えます。英語力の向上を実感できたのみならず、たくさんの方と出会い、精神的にも成長できたのではないかと思います。 普段の旅行で二ヶ月同じ場所に滞在するということはあまりありません。2ヶ月同じホテルに住み、同じ学校で学び、一緒に飲みに行き、旅行に行き… 短い期間ではありましたが、他の生徒・先生方と非常に濃関係を築くことができました。間違いなく今後の人生の財産となることと思います。 ビジネス英語6時間コースを2ヶ月間受講した成果として、 ・自信を持って英語を話せるようになった。 ・自分の意見等をシンプル・ロジカルに伝える訓練ができた。 ・フォーマルな英語を使う癖がついた。 ・ビジネス(特にマーケティング)の基礎知識や英単語が身についた。 ・ミーティングやプレゼン、ネゴシエーション、電話対応などの基礎を学べた。 ビジネス英語コースの利点はなんといっても英語でビジネスを学び、交渉・スピーチスキルを向上できることです。MBAの基礎科目を英語で受講している感覚でした。 英語をツールとして何かを学ぶということはもちろん簡単ではありませんが、その分リターンは大きいですし、英語上達スピードも早いと思います。 また、文法・発音・単語等に特化した授業は受けていませんが、どのクラスでもその都度修正していただいていました。ミスを流す先生もいますが、スピーキングの修正はマンツーマンのクラスでしかできないので、積極的に修正してもらうべきです。 結論として、ビジネス英語コースはかなりお勧めです!ある程度英語力のある方は是非挑戦してみるべき! そして、Genius Englishは英語を学ぶのに素晴らしい環境です。 以前にも何度か言及したように、他の学校との大きな違いは国籍の多様性です。 生徒はロシア・サウジアラビア・ヨルダン・エジプト・ポーランド・イタリア・トルコ・台湾など様々な国や地域から来ているので、授業外でも異文化を学びながら、実際に英語を使う機会が溢れています。 また、ネイティヴスピーカー講師が3〜4人いるので、ネイティヴのナチュラルな英語にも慣れることが可能です。 こうした多様性の面でGeniusはフィリピンの語学学校で1番だと改めて思います。 それにもう一つ付け加えるならば、なかなか日本では関われない世代・職業の日本人学生と親しくなり、人脈を広げられたのは大きな財産でした。 僕はまだ大学生ですが、30〜50台の方と同じ学校・クラスで一緒に学ぶという機会はなかなかありません。英語力の向上という共通の目標のため、年齢や職業に関係なく仲間・友人として過ごせたのはとても良い経験となりました。 最後に、Geniusに限らずセブ島留学そのものに関してですが、物価の安さから誘惑が多いです!笑 お酒・タバコの嗜好品はもちろん、クラブや旅行費、食費も安いので是非享受すべきですが、英語を学びにきているからには節度をもって付き合い、自分でコントロールしないと何も学ばずに帰国ということになりかねません。 授業をただ受けるだけでなく、宿題はもちろん復習や自習をしっかりしてはじめて英語力は伸びていきます。 これから留学する方はしっかりそのことを頭に入れ、全力で遊び、全力で学んできてください! ありがとうございました。
セブ留学Genius*卒業式 アクティビティについて
2015/05/26

セブ留学Genius*卒業式 アクティビティについて

卒業式は毎週金曜日の放課後に行われます。卒業する生徒のムービーをそれぞれ流し、卒業証書の授与、スピーチやダンス、歌を披露したり、写真を撮ったりして別れを惜しみます。 僕はギターの弾き語りと軽いスピーチをさせられ…しました笑 卒業生でなくても、たまに無茶振りでスピーチをさせられることもありますので気をつけてください笑 卒業式の後は先生・生徒で食事に出かけることが多いです。 また、月に約2回ほど金曜日の午後アクティビティーが行われます。(15〜18時ごろが多いです) バレンタインデーパーティでは 先生や生徒が楽器演奏やダンス・歌の披露。 スポーツデイには、体を動かしながら英語を使ったゲーム。 トークショーのアクティビティーの際には、生徒が有名人やヒーローになりきってインタビューを受け、それを撮影・編集しました。僕はリーダー・司会者として参加したので、英語でのリアクションや進行に戸惑いましたが、今思うといい経験になりました笑 人前で話すのが得意でない上、英語を使って、しかもカメラの前で他のキャラクターを演じたので正直かなり緊張しました…ただ、その分成長できたと思います。 アクティビティーは実質任意参加とはなっていますが、普段教わっていない先生やスタッフ、他の生徒との交流ができる上、人前で英語を話す練習にもなります。チャレンジングなことも多いですが、是非参加してみてください!!
セブ留学Genius*文化や生活について
2015/05/24

セブ留学Genius*文化や生活について

 
フィリピンはいわゆる発展途上国といわれる地域です。 セブシティはいわゆる都会で、高層ビルも少なくなく、高級なレストランやクラブもあります。 しかし、一歩街の外へ出ればそこはフィリピンの田舎町。均一でない道路、トライセクルやジプニーという現地の乗り物、絡まった電線、ボロボロの建物。 様々なところで国の貧しさを感じることがあるかもしれません。初めてセブの地を踏んだとき、何十年も前の世界にタイムスリップしたかのような気分でした。 それにも関わらず、現地のフィリピン人の方々は陽気、楽観的、ホスピタリティーが高い! 先生方は皆明るい方が多いですし、食事や旅行などに誘ってもらうこともあります。 20台の若い先生が多いにも関わらず、みなさん家族思い!家族への仕送りや兄弟の学費を援助をしている方がたくさんいました。 ただ、逆に解釈すれば不真面目、無責任、おせっかい、時間にルーズ… 現地の方と待ち合わせをして30分待たされるのは普通だと思ってください笑 通りのお店はもちろん、ショッピングモールの店員の接客は超スロースピードです。 また、トイレはバケツで流さないといけないいけないところもありますし、地元の方の家にはエアコンや扇風機がないとこもあります。 最初は文化や生活レベルの違いに驚きましたが、日本での普段の生活やテクノロジーに感謝し、本当に必要なものは何か考える良い機会となりました。 異国の文化やローカルの人々に触れ合うことこそ、旅の一番の楽しみ。積極的に学校の外に出てみてください! もちろんGeniusやEGIホテルの設備はしっかりしていて、普通の生活ができますので安心してください。
セブ留学Genius*勉強方法について
2015/05/24

セブ留学Genius*勉強方法について

勉強の仕方は人それぞれだとは思いますが、個人的にお勧めなのはズバリ『録音』学習です。 僕は以下の3つの理由から、ネイティヴとマンツーマンの授業は毎回録音し、夜もう一度聞き直すようにしています。 ①リスニング 語学学校の欠点は先生が皆ゆっくり話すことです。(フィリピンに限らず…)このスピードに慣れてしまうと、実際にネイティヴスピーカーと話した時に絶望します笑 僕は幸いネイティヴスピーカーとマンツーマンの授業があるので、先生にナチュラルスピードで話してもらい、録音しています。正直一度では聞き取れないこともありますが、録音を聞いて聞き取れなかった部分を中心に確認・復習します。 リスニングは慣れの部分が大きいので、ネイティヴのスピードに触れる事はかなり重要だと思います。 フィリピン人の先生にも、なるべくナチュラルスピードで話してもらって録音し、聞き取れなかった単語や文章を復習してみてください。 ②真似る ネイティヴの言い回しや発音・イントネーションは徹底的に真似するべきです。 ネイティヴの先生でなくても、自分の目標とする先生の授業を録音してボキャブラリーや発音を真似することはかなり有効だと思います。 ③自分のレベルを知る・改善する また、自分の英語を客観的に聞けることも録音の大きなメリットです。マイクを通した声と、自分自身で聞いている声は全く異なります。 自分では正しい発音・文法で話していると思っていても、実はなかなかできていないものです。自分のレベル・欠点を把握して初めて改善が可能になります。 自分の英語を聞くのは正直照れ臭いですが…慣れてください笑 以上の理由から、録音学習を推します。 全コマ録音しても聞き直す時間がないと思うので、1日1コマ録音・再生し、自分の成長具合を逐一チェック・改善していけば必ず成長を感じられるはずです。
セブ留学Genius*1日のスケジュール
2015/05/24

セブ留学Genius*1日のスケジュール

〜平日〜 7:30 起床してシャワーを浴びて朝食をとるとだいたい8時を回ります。 8:00〜10:00 フリータイムです。朝寝をするか、ベランダで音楽を聴きながら宿題をすることが多いです。最近はなるべく筋トレに当てています笑 10:00〜12:00 午前授業 ①ビジネス関する記事を読んで先生と議論する授業。 ②トランジションワードやビジネス英単語・表現を口頭でひたすら練習する授業。 12:00〜13:00 昼食を取ったあと、自室か表のベンチで友達とくつろぎます。 13:00〜17:00 午後授業 ③プレゼン・ミーティングの授業。ケーススタディ、ロールプレイング形式のことも。 ④マーケティング・ビジネスをテキストや記事を使って学ぶ授業。 ⑤ネイティヴ講師とトピックを決めて話し合い、間違った文法・用法を記録して練習する授業。 ⑥早口なネイティヴ講師と一対一でディスカッション・講義。リスニングの練習になります笑 17:00〜19:00 ・夕食 寮か近場のピザ屋へ食べに行くとが多いです。 ・夕食後は表のベンチでしばらく友達と団欒。 ・近くのBO’s coffeeで一息つくことも。 19:00〜22:00 宿題や勉強に当てています。 22:00〜1:00 ・平日に2〜3度はホテルから3分ほどのバーで友人と飲みます。店主が気さくなフランス人とクールなイギリス人で、1人で飲みに行っても楽しめます&英語の勉強になります!笑 ・飲みに行かないときは1人でくつろぐか友人と雑談したりして過ごします。 2:00 遅くてもこの時間までには就寝するようにしています。 〜休日〜 旅行等ない場合 11:00 起床。 週末は明け方までクラブにいることがおおいので、この時間まで寝ています。 12:00 昼食 寮でとります。 14:00〜18:00 併設されたプールでお酒を飲みながら宿題や友人の雑談、昼寝等々。。 18:00〜20:00 夕食 休日は友人と外に食べに行くことが多いです。 20:00〜22:00 勉強 週末なかなか勉強する時間がないので夜に2時間を目標にしてます。 22:00〜 バーやクラブで飲んで騒ぎます笑
写真は先日トップスに行った際のセブシティの夜景です。画質が悪くて上手く伝わらないのが残念ですが、滅茶苦茶綺麗でした!
セブ留学Genius*休日の過ごし方
2015/05/24

セブ留学Genius*休日の過ごし方

セブ留学の楽しみといえば休日のアクティビティ! この6週間で色々なところへ出掛けました。セブシティの大きなクラブに行ったり、オスロブ島でホエールウォッチングをしたり、トップスでセブの夜景を一望したり、ボホール島でジェットスキーやダイビングに行ったり… 他国の文化やライフスタイルを知ることは国際人には不可欠。セブに来たからには全力で勉強して全力で遊ぶべきです! セブには綺麗な海や浜辺がたくさんあります。先にも書いた島々の他にも地元で入れるビーチやプールが近くにあるので是非探してみてください。 ちなみに僕は週末は日中ショートトリップに出かけ、夜は地元かセブシティのクラブに行くことが多いです。地元のクラブには週2で通ったので、地元の友達がたくさんできました笑 クラブのエントランス料は基本100ペソでワンドリンク付きです。安い! 学校・ホテルにプールも併設されているので、暇な日はプールサイドでビールをのみながら宿題や昼寝をしているとセレブになった気分になります笑 僕はローカルの方と旅行に行くことが多く、穴場スポットに低価格でいける上、休日も英語を使えるのでお勧めです。 楽しみ方はあなた次第! もちろん宿題も忘れずに。予習復習も時間のある休日のうちに済ませてしましましょう。
セブ留学Genius*英語コースについて
2015/05/24

セブ留学Genius*英語コースについて

2015年3月15日 コースは大きく分けて下記の3つあります。1General English、2Business English、3IELTS・TOEIC・TOEFLE。公式にはそれぞれ6・8時間のコースがありますが、2・4時間だけ授業を取っている生徒もいます。8時間コースではネイティブスピーカー講師のグループクラスが2時間、ローカル講師のマンツーマン授業が6時間。6時間コースではそれぞれ2時間、4時間のスケジュールとなります。
画像はグループクラスの教室のひとつです。グループレッスンでは1~6人程度の生徒と講師一人で行われます。マンツーマンレッスンは小さなブース内で行います。
はりきって8時間コースを受講する生徒が多いですが正直なかなかしんどいと思います。自学や復習もしっかりしたいなら6時間コースが個人的にはお勧めです。特にBusinessコースではプレゼンの準備等にも時間を割かなければならないため、体力的も精神的にもキツイかも。 ほとんどの生徒はGeneral Englishを受講しています。このコースではその名の通り日常英会話をメインに学びます。文法の基礎や挨拶の仕方から教えてもらえるので、英会話初心者の方はこのコースで間違いありません。 また、英語力判定テストで目標スコアを達成したいなら、IELTS・TOEIC・TOEFLEのコースでそれぞれに特化した学習が可能です。
僕はBusiness English6時間のコースを受講しています。ビジネスの知識が全くない状態からのスタートだったので、マーケティングの基礎からプレゼンのコツまで0から教わっています。英語を学んでいるというよりは、ビジネスを英語で学んでいるという感覚です。講師はグローバル企業での就業経験がある方なので、英語力もビジネス知識も豊富なので安心して生のビジネス英語を学べます。 Business Englishコースは、ある程度英語力のある方には非常にお勧めです。英語をツールとして使うことが一番の近道であると個人的には思っていて、英語で他の教科を学ぶことは英語力の強化にも非常に効果的です。
どのコースを選んだにせよ、スケジュールや学習内容・講師の変更は柔軟に対応してもらえます。個人的なアドバイスとしては、より多くのことを学ぼうとするより、学んだことをしっかり消化することを心掛けたほうがいいです。単語や文法を使えるレベルまで底上げしなければ、それを知らないのと同じです。 全力で授業についていけば間違いなく力がついてきます。
セブ留学Genius*食事
2015/05/24

セブ留学Genius*食事

朝食 7:00〜8:00 昼食 11:50〜13:00 夕食 17:00〜18:00 基本は上記の時間帯に食事が出ます。多少時間を過ぎても大丈夫です。 朝食はサンドウィッチやコーンフレーク、フルーツ、パンケーキ等が多いです。 昼・夕食は米を主食にチキンや魚、サラダ、スープ、パスタ等が出ます。 ほとんどの料理は美味しいので安心してください。他の学校と比べるとかなり恵まれているかと思います。 夕飯が17〜18時と早いので、夜中お腹が空くことが多く、近くのピザ屋やバーに行ったり、軽食を買ってきたりすることも多いです。外食しても日本と比べるとかなり安く済みます! ビールはスーパーやコンビニで買えば100円くらいで、クラブやバーでも200円程度です。 おすすめはレッドホースというビールで、アルコール6.9%と高めなのですぐに酔っ払えます笑 フィリピンの有名?な食べ物といえばバロットです。見た目はゆで卵ですが、中のひよこが成長していてなかなかグロテスクです… 味は産卵後の日数によりますが、チキンテイストのゆで卵を食べてるような感覚で、美味しいです。 フィリピンに来たら是非バロットに挑戦してみてください。
 / 2
GENIUS初日のスケジュール
2016/10/25

GENIUS初日のスケジュール

GENIUSにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。   【オリエンテーションスケジュール】 7:00 ~ 8:00朝食
時間 内容
9:00 ~ レベル分けテスト及びオリエンテーション
12:00 ~ 13:00 昼食及び自由時間
13:00 ~ お買い物及び両替
15:30 ~ 現地費用支払い
17:00 ~ 18:00 夕食
18:30 ウェルカムパーティー
 
Genius 早わかり(FAQまとめ)
2016/10/10

Genius 早わかり(FAQまとめ)

マクタン島のリゾート地に位置するジーニアスアカデミーが<GENIUS早わかり>(よくあるお問い合わせ集)を発行しました。   こちらからPDF閲覧、またはDLできます。 GENIUS早わかり 2016.10 (PDF閲覧)
CEBU GENIUS プチ訪問記(自習室解放!)
2016/09/08

CEBU GENIUS プチ訪問記(自習室解放!)

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。本日は、弊社がご紹介している英語スクールの中で唯一のロシア資本の学校であるGENIUSに訪問させて頂く機会に恵まれました。   GENIUSでは在学留学生達の為につい先日から自習室が開かれる事となりました。以前までは授業で使用して頂いた教室を自習室として在学留学生には使用して頂いておりましたが今後は本格的な自習室を使う事が出来ます。平日、土日、祝日関係なく朝の9時から夜の11時までご利用いただく事が可能です。   dsc06532   Wi-Fi環境も整っている上にノートパソコンをお持ちでない方の為に自習室にはパソコンが2台、用意されております。エアコンも常時、ご利用頂けます。   快適な自習室にて英語自習を行う事が出来ますのでGENIUSにて留学される場合、自習室をフル活用して頂くことをおすすめします。
GENIUS 2016/2017 年末年始スケジュール
2016/09/06

GENIUS 2016/2017 年末年始スケジュール

CEBU GENIUSより、年始年末スケジュールに関する最新情報を得ましたので、お知らせ致します。2016年/2017年の年始年末スケジュールになっております。   【2016/2017 年始年末スケジュール日程】 休講日 2016年12月30日(金) 2017年1月2日(月)、1月3日(火)   *現時点では上記に記載させて頂いた祝日等(休校日)の為の補講や保証はありませんので、ご理解頂けると幸いです。フィリピンの祝日は変動する事がありますのでご了承ください。
Genius ジム・自習室設置およびピックアップ諸注意
2015/08/11

Geniusピックアップ諸注意

  genius_gym   セブ空港ピックアップの諸注意として、深夜~朝の時間帯、具体的には午前0時~10時までは対応することができません。 もし午前0時~10時までにセブ空港に到着される航空便を利用の場合、翌日午前10時以降の最も早く到着される留学生様ご到着まで空港内で待機していただく必要がございますこと、予めご了承下さいませ。   ご参考までに、ピックアップを利用せず、ご自身でスクールまで来られる場合、事前に午前10~18時までの間で、ご到着予定時間を弊社までご連絡下さいませ。スタッフはピックアップ対応等で現地オフィスに滞在していない場合があり、ご対応できない可能性がございます。  
 / 1

よく読まれている留学体験記

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析 こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。 フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。     1年3万人以上が英語留学に行くフィリピンですが、欧米への英語留学に比べるとまだそれほど知られていないのも事実。 「格安留学を調べていて、フィリピン英語留学を初めて知りました」、 「フィリピン英語留学に行ってきた友だちに聞いて初めてしりました」など、 フィリピンで英語留学をすることについてまだまだ違和感を感じる方々が多いようです。   一昔前は費用が高額、期間が長期、遠いなどの制約で誰にでもできるものではなかった『英語留学』。 そのの常識を覆したのがフィリピン英語留学です。しかし、フィリピン人英語講師、フィリピンという国の英語についてイメージがわかないかたも多いかと思います。   そこで今回はフィルイングリッシュのシニア留学カウンセラー梶野章より、フィリピンの英語、フィリピン人の英語はどうなのかというテーマでインタビューし、Q&A形式でまとめました。   留学カウンセラー梶野章の簡単紹介    フィルイングリッシュ統括責任者・共同代表。 東京都出身。アメリカミズーリ州セントラルメソジスト大学英文科卒。 英語留学カウンセラーとして過去4年間に2,200名のお客様を日本からフィリピン語学学校に送客。   Q:そもそも、何でフィリピンに英語留学にいくのですか? A:もちろん留学費用が安いというのもあります。別々の友人の娘さん3人が現在カナダの高校に通っていますが年間の費用は1名が900万円、もう1名が700万円、もう一名が600万円と聞きました。フィリピンですと200万円はかからないでしょう。それと飛行機の移動時間もフィリピンは4時間30分、欧米は12時間。移動するのも一苦労です。   ただ『留学費用が安い事』が一番の理由ではないと思います。 結果を出しているという事がすべてでしょう。フィリピン英語留学ですと12週間あれば英語初級者が日常生活で困らないほどの英会話力を、ほとんどの受講者が身に付ける事ができます。あちこちで披露されるフィリピン英語留学での成果と自慢話が人を呼び日本人のフィリピン留学生の数は2010年に年間4,000名から2015年にその約9倍にあたる35,000人にまで膨れ上がりました。      >>>フィリピン英語留学4週の費用まとめを見る   Q:フィリピン人はなぜ英語が話せるんですか? A:フィリピンは多言語民族です。フィリピン国内に172の言語が存在します。タガログ語をしゃべるマニラっ子とセブアナ語を話すセブっ子では言語が違うので意思疎通ができません。そこで共通語として英語が公用語となりました。   フィリピンでは幼稚園から大学まですべて英語の教科書が使われます。授業内では基本(幼稚園、小学校低学年を除く)オール英語で進行いたします。高校を卒業したものであれば基本日常生活で英語のコミュニケーションには困らなくなります。   △フィリピン、バギオ地域の幼稚園。英語科目ではない授業でも英語で行われる。   Q:フィリピン英語留学で英語はホントに伸びますか? A:欧米諸国にもフィリピン同様様々な英語学校があります。ですがフィリピンにあって欧米諸国にないものが二つあります。手頃な価格で集中的に受講できる『マンツーマン授業システム』とカリキュラム通りに学生のレベルが上がるかどうかをチェックする『管理システム』です。   △フィリピン人講師とのマンツーマン授業の様子。セブ島セブブルーオーシャン校   人間それぞれ適正がありますのでその人にあったオーダーメイドの授業内容を1対1で進行させていく指導方法は極めて有効です。学生は受身で聞き流すだけの姿勢が許されないシステムに組み込まれます。   もう一つは学校が一つになって学生の英語レベル進化を確認相談しながら前に進むシステム。毎週のミニテスト、月間のレベルテスト、毎授業毎の宿題など先生はすべてチェックし、進歩が遅れている学生に対しては手段をこうじます。放課後が自由放任主義の欧米学校よりもはるかにきつい規律と規則とノルマと罰則が存在するという事です。   アメリカでは語学学校に1~2年滞在しているにも関わらず英単語を一つ二つ発してなんとかコミュニケーションするレベルの日本人がゴロゴロいます。実際に見ました。フィリピン留学生では希少価値の存在です。   Q:フィリピン英語留学でどんな事が学べますか? A:フィリピン英語教育で強い部分は二つ。 『英語の基礎固め』と『英語試験対策』。   フィリピンで12週勉強すれば日常英会話力がつくという話はだいぶ知れ渡ってきましたが、コミュニケーション力だけにとどまりません。12週間まじめに勉強すれば英語の基礎がしっかり備わるという付加価値がついてきますのでどの英語検定試験にも突入できる英語基盤が出来上がります。   英語の基礎がある人間がフィリピンの英語検定が強い語学学校で学べば、4週平均でTOEICは70~100点、TOEFL10~13点、IELTS(初期段階)0.5点のペースで上がって行きます。 […]

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由 フィリピン留学最安値、しかし費用だけじゃないイロイロ留学の魅力   フィリピン留学の隠れスポットイロイロ留学。イロイロ留学のほとんどの語学学校は日本でマーケティングをせず、口コミだけで日本人留学生を受け入れてきました。日本事務所や日本語パンフレット、ウェブサイトもない語学学校がほとんどです。それでもイロイロを経験した日本人留学生からの口コミが広がり、日本人留学生が70%以上に達したこともあります。   最近はイロイロ留学も、より多くの日本人にイロイロ留学の魅力を伝えるため語学学校のブサイトやブログ、パンフレットなど情報配信をしているところもあります。日本人留学生をサポートするスタッフを配置する、辛いもの中心の献立を一新するなど留学環境の整備もどんどん良くなっています。   そんなイロイロ留学。『これが決め手だった!』という卒業生たち声をフィルイングリッシュスタッフがまとめました。   検証済み!イロイロ留学がおすすめの5つの理由 学費が安い 物価が安い レベルの高いフィリピン人英語講師 レベルの高いフィリピン人講師陣! アットホームな留学環境     1.学費が安い もともとフィリピン留学は格安の費用とマンツーマン授業で英語力を伸ばすものとして人気になりました。しかし、フィリピンの中でも地域による費用の違いはあります。それは、利便性が良く土地、地域の物価にもよるものです。   例えば、フィリピン留学で一番人気のセブ島留学の平均学費が1ヵ月(4週)で約14~16万に比べ、イロイロ留学の平均学費は約10~12万円と割安。語学学校によっては4週10万以下で留学可能な超格安の留学先もあります。特にフィリピン留学最廉価の1つWe Academy校に関しては、4週10万以下で留学できるコースがある上に、講師の質が高いと評判です。 >>>イロイロ留学人気校We Academyの詳細はこちら     2.物価が安い   イロイロはフィリピンの地方都市です。ちなみにフィリピン国内で大きい順でいうと首都のマニラ、その次が一番人気の留学先セブ島、そしてミンダナオ島にあるダバオです。中小規模の地方都市イロイロは大都市と比較すると約2~3割ほど物価が安い。   生活物価が安いのは留学生にもお得。留学先で出会った友人や講師と外食した時にかかる食事代は高くとも一人でだいたい150~250ペソ(約320~550円)ほどです。なんと、お酒代なども含めてです。留学生が留学中に1度以上は行くフィリピンのマッサージショップでの費用は1時間約200ペソ(約420円)で受ける事が出来ます。   ※イロイロでも和食レストラン、韓国レストランなどはローカルの物価より高いです。   3.レベルの高いフィリピン人講師陣   イロイロの各語学学校の大きい自慢の1つは、レベルの高い講師陣。1つの語学学校に在籍年数3年以上の講師も珍しくありません。学園都市として認知度が高いイロイロでは、他地域と比べ語学学校側が特別な事をしなくとも高レベルの講師が勝手に集まってきます。そして、イロイロ地域の語学学校は規模が小さい分、講師達への管理がしっかりと行き届いています。そのような理由で長い間1つの学校に滞在し続けるベテラン講師が多いのです。   4.アットホームな留学環境   フィリピンだけではありませんが、地方都市は大都市と比べ地元の人がフレンドリーで学校施設はアットホームなところが多い傾向にあります。イロイロ地域もフィリピンの大都市とは異なり、アットホームな語学学校が多い。語学学校スタッフ、セキュリティガード、講師陣まで全員が暖かく学生のケアを行うのが当たり前の雰囲気のところばかりです。週末には講師と生徒みんなが一緒になって外出する事も珍しくないです。留学生活で授業の中ではもちろんフィリピン人講師と人間的に仲良くなる留学生がほとんどというのもイロイロ留学の特徴です。   5.留学生の希望に合わせるカスタマイズ式   語学学校が一人ひとりの留学生の希望に合わせてカリキュラムを組むことは容易ではありません。特に規模が大きい語学学校、スパルタ式の語学学校はその傾向が強く、語学学校独自のカリキュラムに沿って英語学習をしていくことになります。   フィリピン留学はマンツーマン授業が中心ということもあり、他の国に比べるとカスタマイズ式カリキュラムを提供する語学学校が非常に多いです。特にイロイロ留学の多くの語学学校では、学生から授業に対しての要望に可能な限り対応します。例えば、通常のESLコース(一般英会話)を学びながらも1~2コマはTOEIC科目を受講したい、ビジネス英語を学びたいなどの要望も受け入れてくれます。全ての授業をスピーキングにしたいなどのワガママも叶える事が出来るのがイロイロ留学の魅力です。   ※コース混合の割合、対応可能科目は語学学校によって異なります。詳細は担当カウンセラーまでお問い合わせ下さい。 >>>イロイロ留学のおすすめ語学学校一覧に戻る   おすすめの留学コンテンツ セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る […]

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由   フィリピン留学といえばセブ島留学が有名ですが、実はじわじわ人気上昇中のバギオ留学。 フィリピン留学を知ったばかりの人にとっては、バギオ留学が何のことかよくわからないのではないでしょうか。 バギオはフィリピンの地域名のことで、フィリピン留学業界では、フィリピンの各地域で留学することをそのまま〇〇留学と呼ぶ傾向にあり、セブ島留学、バギオ留学、クラーク留学、その他バコロド留学、ダバオ留学の順番に人気があります。 特にセブ島留学とバギオ留学は、フィリピン留学業界ではライバルといっても過言ではないくらいの人気を争っています。   「なぜセブ島留学ではなく、わざわざバギオ留学に行くの?」   そんな風に疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 フィリピン留学のエージェントに相談すると、“結果にコミットする”ならバギオ留学に行きなさいと言われます。   “結果にコミットするバギオ留学!?”   どこかで聞いたことのあるフレーズですね。笑 今回は、その謎と人気の秘訣を探るべく、バギオ留学のメリットとデメリットを明らかにし、バギオ留学とセブ島留学の違いをまとめてみました。   バギオ留学≠スパルタ留学 バギオ留学は朝から晩まで勉強漬けのスパルタ留学、英語試験のハイスコアをとろうする本気でガリ勉の人しか集まらないんじゃ・・・ちょっと怖い・・・と思われている人もいると思いますが、実は意外なことにバギオ留学=スパルタ留学ではないんです。バギオにも平日外出が可能な留学生の自主性を尊重するセミスパルタタイプの語学学校は存在します。   それ以外にも、英語初心者だから英語勉強の日本語サポートがほしい、ワーホリ対策コースでしっかりと準備してオーストラリアで働きたい、ネイティブ講師の英語に触れたいなど、さまざまなニーズに合ったコースを運営して、且つスパルタタイプではない語学学校もあります。   バギオ留学が激アツな8つの理由 なぜ今バギオ留学が注目を浴びているのでしょうか。その理由8つを下にまとめました。 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結 娯楽、遊ぶ場所が少ない=誘惑がない 真剣な留学生が多い 真剣で、レベルの高い英語講師 涼しい気候でのフィリピン留学 治安が抜群に良い 留学費用が安い 物価が安い   1. 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結   もともとバギオはフィリピンの中でも有名大学が多く集まる学園都市として有名でした。そこに作られたのが、韓国人の親が子供を勉強するためだけに送り込む語学学校です。韓国の教育熱心な文化から出来たスパルタ語学学校が、「一定の期間で必ず英語力を上達させる、成果を出させる」という実績から他国の留学生にも受け入れられ、今日に至りました。   また、バギオにはスパルタ語学学校だけでなく、IELTS、TOEIC、TOEFLの試験対策に特化した語学学校も多数存在しています。試験対策に特化したコースは、一般的に専門性の高い知識や指導法が必要であり、全ての語学学校で運営出来るわけではありません。しかし、バギオは教育水準が高く優秀な人材が多いことから、そういった試験対策コースを運営できる語学学校が多いのです。   バギオ地域のスパルタ学校では朝6時30分から7時に正規授業が開始されます。一部は選択制、学校によっては義務参加となっており、出欠管理も徹底しています。正規授業はだいたい17時~18時に終わり、夕食後にはその日学んだことを復習するための自習時間があります。自習時間も出欠チェックをしている語学学校が多く、その日の授業で学んだことの復習を怠ることなく見直す勉強の習慣をつけることができます。 このように朝から晩までの学習スケジュール、自習時間が設定されているので時間を無駄にしたり遠回りすることなく、まっすぐレベルアップに向けて学習することができます。 ■ バギオ留学 スパルタ留学おすすめ校 ■ バギオ留学 テスト対策・ビジネス英語おすすめ校 ■ バギオ留学 中級レベル以上専門校   2.遊ぶ場所が少ない=誘惑が少ない   フィリピン留学に限ったことではないのですが、留学で失敗する留学生の特徴は、日本と違う環境で開放的になり、遊びに走ってしまうことです。 […]