Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

QQ English シーフロント校

高級ホテルを改築したリゾート校としては最大級のQQ Englishシーフロント校

CEBU QQ Englishシーフロント校

日本資本の語学学校 QQ EnglishはセブシティのITパーク校、マクタン島にシーフロント校を構え、二つのキャンパスの合計留学生定員数は550人。

QQシーフロント校が運営面で特に好ましく思える部分はフィリピン人講師に対する計画性のある投資です。採用された講師は経験の有無に関わらず1か月のQQ教師トレーニングを受けさせ、TESOL(英語教授法)修了証を取得させてから教壇に立たせます。フィリピン人講師はすべて正規職員です。実践指導前に遊び期間を設け一定の基準まで引き上げてから指導させるという方法はフィリピンスクールの悪弊の一つである講師の英語力のバラツキを無くす有効な方法です。

QQ Englishシーフロント校は、セブのリゾート地マクタン島の東海岸沿いに位置しています。セブのビジネスの中心地ITパークに位置する本校(ITパーク校)との違いは生活環境。名前通りシーフロント校の目の前にはエメラルドグリーンの海が広がっています。キャンパスは、プライベートビーチにつながるリゾートホテルを改築した施設を使っており、南国の落ち着いた雰囲気を満喫しながら留学されたい方におすすめです。

当校は、長年スピーキング力向上のための英会話教育の研究を続け、特に英語スピーキング対する抵抗感が強い超初心者から初心者レベルの留学生におすすめです。シーフロント校の基本的な留学カリキュラム、コースの構成、使用する教科書は本校ITパーク校と同様、オリジナルのものを使用します。ただし、英会話に重点を置く3つのコースのみ運営しており、超短期集中プラン及びTOEIC点数保証コースご希望の方はITパーク校への入学となります。

学校名 QQ English シーフロント校
住所 Looc Maribago Lapu-Lapu city, Cebu
設立年度 2015年
定員 250名
承認関連 SSP認定及びTESDA登録学校
運営留学プログラム ESL、ESL+カランメソッド(Callan Method)/TOEIC/IELTS/Business
講師 フィリピン人講師700名(2つのキャンパス合計)
日本人スタッフ 約7名
日本人割合 60%
学校施設 マンツーマン教室・ブース、グループ教室、自習室
寮の施設 机、椅子、ベッド、クローゼット、エアコン、温水シャワー、鏡、冷蔵庫(レンタル)、ドライヤー(レンタル)、Wi-Fi
付帯施設 プール、プライベートビーチ、ビリヤード、カフェテリア、売店、学生ラウンジ

 / 0
留学訪問記:人がやらない事をやるセブ島QQ English
2016/04/15

留学訪問記:人がやらない事をやるセブ島QQ English フィリピン留学日本人経営のセブQQ English訪問レビュー 多国籍の留学生!フィリピン最大規模の日系英語スクール フィリピン英語スクールレビュー:Cebu QQ English ITパーク校、シーフロント校 人がやらない事をやる。ビジネスの鉄則です。人がやらない部分が消費者のニーズにマッチしている。成功の秘訣です。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。 近年フィリピン留学ブームにより資本フィリピン英語スクールの創立ラッシュが続いております。私が聞いているだけでも現在セブに37の日本人資本校があります。 フィリピンにある日本人語学スクールの存在はまったく英語ができない方、英語初級者にいいです。日本人留学生の比率は平均90%以上。セブ空港に着けば日本人スタッフに迎えられ、ルームメートは日本人、キャンパス内も日本人です。初めての外国の方、外国が不安な方、親御様が心配される方、家族連れ、短期留学者などに最適な留学先候補だと判断いたしま す。   但し講師以外異文化交流がないという弱点があります。グループ授業で日本では想像もしていな かったあっと驚くような他国留学生の意見に出くわすのも勉強ですし、他国のルームメートとつるんで遊んだり、ぶつかりあったりするのも自身の文化力を養う貴重な体験です。 日本人経営QQ Englishは多国籍スクールを目指します。現在非日本人留学生の比率は3割から4割を推移しており、中国、台湾、韓国等のフィリピン留学定番組の他、スペイン、ロシア、アラブ、モンゴル、ブラジル等普段の生活ではあまりお目にかかれない国の留学生たちもいたりします。   近年盛況なフィリピン留学と言えどまだまだ知名度も吸引力もありません。英語留学スクールをフィリピンにオープンさせたからと言って各国から留学生が自動的に入ってくるほど甘くないという事です。   在留学生多国籍スクールにするためにはトップマネージメントの決断、外国人に向けた宣伝活動や誘致活動の実施、フィリピン現地のエージェントと信頼関係の構築などが要求されます。たゆまぬ努力を怠らないフィリピン留学スクールだけがクリアできる高いハードルです。多国籍校を確立、維持される事ができましたらそれ自体異文化交流と英会話鍛錬の最強のツールに変化いたします。大変な手間となりますがそのくらいの価値があるという事です。実際QQ Englishの校長は年間の半分を外国で過ごし、誘致活動を行っているそうです。時間と経費に見合うかどうかわからない未知の旅になる事が多い事でしょう。でもやらなけば在籍留学生多国籍化は遠のきます。   多国籍構成以外で特に目を見張る点としてはフィリピン人講師に対する教育指導徹底システムです。QQでは厳選して採用したフィリピン人講師を4週間にわたり集中教育いたします。集中教育が終わり最終合格通知を受けるまでは学生を教える事ができません。このような方式を実施すればフィリピン留学の慢性的悪弊である講師レベルのバラツキを未然に防げる事ができます。このやり方は非常にお金がかかりますが在学留学生には非常にありがたいシステムです。 Philinter、PINES、CPILSなど少数の名門校しか採用しておりません。さらにQQはすべての講師に対してTESOL(国際認定英語教授法、オンライン簡易資格取得バージョン)の取得を義務付けております。費用はQQ校が負担しています。講師は全員正規職員です。 QQ Englishはセブビジネス街のど真ん中にあるITパーク校とマクタン島のリゾート地にあるシーフロント校、2つのキャンパスを構えます。どちらもシステム、料金などは基本同じです。 以下2016年3月31日の訪問記となります。   ◆QQ English ITパーク校 QQ English ITパーク校の定数は250人。Skyrise高層ビル(写真左上)の7階から10階がITパーク校です。 ITパークはセブビジネス産業の心臓部です。野球場二つ分くらいはある広さの特設区域に高層ビルが立ち並び、外資や地元産業が事務所を構えビジネスを展開しております。オフィスだけでなくカフェやレストランなども密集しているので昼も夜も人通りが多いです。アヤラショッピングモール、SMモール、AS Fortuna繁華街通り、オスメニアンサークル、マゼランクロスなどセブを代表する施設へのアクセスは車で5~15分くらいですのでロケーションは抜群にいいです。   ITパークキャンパスは7階と10階にマンツーマンブースが設置されておりますが、雰囲気ががらっと変わります。10階フロアはおしゃれなカフェテリアをイメージしたオープン式です。実際コーヒーを購入できるカフェもあります。こちらは実践を想定しております。外に一歩でれば多少なりとも雑音も聞こえてきます。あくまでも自然な形をカフェのようなリラックスモードで体感しながら授業を進行させていきます。 7階のフロアは通常のフィリピン留学スクールのような完全個室型です(写真右上)。ただ少し違うのは各部屋とも完全防音になっている事。それとテキストをPC画面で学びます。QQ English(ITパーク校、シーフロント校共)ではカランメソッドを応用した独自のDMEメソッドという教授方法を実施しております。講師の質問に対して間髪を入れず返答させて頭の中で翻訳する間を与えず英語思考でしゃべらせるという訓練法です。ものすごいエネルギーと集中力が必要になってきます。ですから部屋を密封して集中しやすいようにしています。 この訓練法は非常に体力を消耗するのでQQでは一日1~2時間の受講を推奨しております。 ITパーク校の建物の前でQQのイラン人マネージャー(写真右上)と会いました。QQには日本人、台湾人、韓国人、イラン人、中国人、ロシア人、ブラジル人、カザフスタン人のマネージャーがいます。今まで私が訪問した英語留学スクールの中では最多国籍マネージャーとなります。またQQ海外拠点地としてロシア、イラン、中国、韓国、ブラジルに支局があります。グローバル化戦略の意気込みを感じます。 ITパーク校の寄宿舎は校舎から少し離れています。徒歩6~7分(実測)です。校舎と寄宿舎を結ぶシャトルバスが朝夕でておりますが、近いので徒歩で行き来される方が多いようです。 ITパーク敷地を出て200メートルくらいの地元商店街の中にあります。途中QQの外部ホテルもあります。割高ですがホテルの施設は綺麗で立派です。ホテルではカップル使用も可能となっております。 寄宿舎のお部屋は他のフィリピン英語スクールに比べて狭いです。(写真上右と左)それとトイレは他の部屋と共同になります。ただ1階に皆でくつろげるリビングがあります。(写真左下)QQ IT校舎内ではWi-Fiは繋がりませんが、寄宿舎内は使えます。夜10時までは飲酒も可能です。語学学校の寄宿舎としては珍しいほうです。施設はビレッジと呼ばれるお金持ち集団団地内にあります。地元の人もハウスユニット別で生活しております。ビレッジ正門には24時間門番がおり、ビレッジ内にもQQの警備員が配置されています。ビレッジ内に調理コーナーと洗濯コーナーがありますので宿泊者は利用できます。寄宿舎の建物の状態は全体的に老巧化が目に付きます。 ITパーク校にジムやプールなどの付帯施設はありません。ですがITパーク正面玄関前にウォーターフロントという高級ホテルがあり、QQ在学留学生はそちらを無料で利用できます。   ◆QQ English シーフロント校 セブの出島マクタン島では南西側にリゾートホテルが集中しておりますが、その一角にシーフロント校が所在いたします。日本人が一般的にイメージしているセブのリゾート地域です。元はホテル改造したキャンパスとなります。その名残か施設内に二つのマリンスポーツショップが運営されておりました。キャンパスは波止場とそのままつながっております。ジムはありませんが、隣のブルーウォーターという高級ホテルのジムをQQ在学留学生は無料で利用できます。 PCを使って寿司をテーマに勉強しておりました。寿司と言えば今や世界的グルメ、日本を代表する健康食です。禅の道に進んだあとは野菜と果物以外一切口にしなかったスティーブジョブスでさえ寿司と日本そばだけは特別扱いでアップル本社の社員食堂に自分専用の特設コーナーを作ったほどです。 […]

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して
2013/02/15

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して フィルインリッシュ顧客担当統括梶野章と申します。 フィリピン留学を考える方のほとんどが1)マンツーマン授業の効果、2)欧米留学に比べ費用が安い、3)それと想像以上の学校側のサポートを期待していると思います。 さてそれでは皆様方がフィリピン留学情報を求めた場合そのニュースソースは何になりますか?おそらくヤフーやグーグル検索で紹介される留学エージェントの紹介内容やブログなどではないでしょうか。 現在ウェブ上ではフィリピン留学関連コンテンツやブログが氾濫しております。でも知っておられますか?皆様が接するほとんどの文章は留学エージェントが『検閲』したり、管理したりしているという事実を。実際フィリピン留学校のホームページ90%以上をエージェントが管理しています。従って皆様が接するほとんどの情報は『清書された文章』あるいは『エージェントが望む内容の文章』なのです。 当たり前の事ですが学校とエージェントは至極ビジネス的な関係を形成します。学校の全セールス権限を付与されるエージェントもあれば、エージェントの社長が実は学校長だという驚くべき話もあります。実際学校に行ってみると提供を受けた内容とかけ離れていたという声をよく聞きます。猜疑心を持って注意深く情報をつかみ相談を受けたとしても全体像が『エージェントがお客に来てもらうために加筆した情報』なので結局その方向に流されます。 『○○学校の講師たちは本当にすばらしい!』等の卒業生のブログは見ることがあっても悪口を書いているブログはあまり見ません。ほとんどの場合エージェントが直接あるいは間接的に誘導する学校についていきます。 それでは一体このような状況がフィリピン留学を長期的な目で見た場合プラスになっているのでしょうか?僕はマイナスだと思っています。短期で見れば問題点をありのままに指摘すればその学校が改善させ、発展させる手助けとなります。(もちろん指摘された学校は嫌がりますが)長期で見れば学生たちによりフィリピン留学市場が良い方向に発展すると思います。 数週間前僕は面白いホームページを見つけました。いくつかの学校に対する冷静な診断と評価、改善点などを掲載しています。否定的な文に慣れていないので始めはちょっと戸惑いましたが、このような体験談は留学する方々に本当に必要だと思います。詳細はこちら http://englishcebu.com/mango.html をご覧下さいませ。 正直に告白しますが僕もたくさんのフィリピン学校長と顔見知りであり、よくその学校に入れてくれと頼まれたりします。しかし顧客一人一人には事実をきっちり伝えないといけないと思っております。それは僕が留学エージェントという仕事が『お客様のよりよき近未来』と繋がっていると思っているからです。 最近あるお客様から『特定の学校への営業もせず、問い合わせた学校の長点、欠点をきちっと伝えてくれてありがとう』と言われました。僕はこの言葉を千金にも値する貴重なものと捉えこれからもそのようなお褒めの言葉をいただくよう頑張るつもりです。もちろん僕より優れたエージェントはいくらでもいます。皆がお客様に対し現実を客観的評判と事実を持って伝えていただくと期待しております。

 / 1
 / 0
セブ留学QQ Englishシーフロント*授業の変更について
2017/04/25

セブ留学QQ Englishシーフロント*授業の変更について

  皆さんこんにちは。   フィリピン留学 QQEnglishシーフロント学生レポーターのMizukiです^^        

今回の記事テーマは『授業の変更はスムーズに実行されるか。』です。

    フィリピン留学だけに限らず、どの国に留学するにしろ先生との相性や授業のレベルと自分のレベルがあっているかどうかは重要なことだと思います。   もし合わなかった場合、本当に短期留学ならわかりませんが、 ある程度期間がある場合、ずっと我慢するのは厳しいですよね>< 勉強のモチベーションも下がってしまう可能性があります。     そんな時、QQ English英語スクールではどのような対応がされているかをご紹介します。    

【授業変更のやり方】

まず、授業を変えたい!と思い立ったらQQ カウンターに行きましょう。     ここには日本人インターンの人もいるので日本語対応も可能です。   ですが、せっかくフィリピン留学をしているので英語で行きましょう。   「I want to change my teacher」   で、全然通じます。   そうするとスタッフの人から「Class Change Application」がもらえます。 先生を変える場合でも授業を変える場合でもこの用紙に記入します。   ここに、下記を記入します。   日付 自分の名前 先生の名前 クラスの時間 週に何回その先生に教わっているのか 変更したい理由     もちろん英語で記入です^^   書き終わったら再度QQカウンターに提出して完了です!    

【変更手続きが可能な日】

この授業の変更ですが、実はいつでもできるわけではありません>< 以下の日時になります!  

<受付日時>

時間毎週水曜日と木曜日  

<受付時間>

午後13時か〜午後17時   この日を逃すとまた翌週の水曜日木曜日まで変更できませんので、 忘れないようにしてくださいね^^    

・実際に変更される日

変更届けを出した週の翌週の月曜日から先生や授業が変更されます!     申請を出したのにも関わらず、変えてもらえなかった…   という留学生さんは未だ見たことがないので、 よほどの理由ではない限り、スムーズに先生を変えてくれるようです^^    

【私の変更例】

実際に私は2週目と1週目に合計3回、先生の変更をお願いしました。   理由としては、<先生の英語の発音が聞き取れないことが理由>です。   フィリピンの英語は綺麗なのですが、やはり中には少し訛りの強い先生もいます。 頑張って聞き取ろうとするのですが、英語が流暢に話せるではないので聞き取るのに四苦八苦してしまいました...   スタッフの人に相談したところ、そういう場合は先生を変更したほうがいいとアドバイスをもらったので、申し訳ない気持ちを押しとどめて変更させていただきました。   私だけではなく結構みんな自由に変更をしているので、 今思えばそこまで深刻に悩む必要はなかったです^^;    

・前のスケジュール

 

・現在のスケジュール

先生が変わっているのが見てわかるかと思います^^    

【結論】

授業及び先生の変更はスムーズに行えます!!     それでは!   フィリピン セブ留学 QQEnglishシーフロント学生レポーターのMizukiでした。
セブ留学QQ Englishシーフロント*規則のまとめ
2017/04/24

セブ留学QQ Englishシーフロント*規則のまとめ

【ご挨拶】

みなさん、こんにちわ! フィリピン留学QQ Englishシーフロント学生レポーターのMizukiです^^
QQEでは、留学生を守るための滞在規則が細かく決められています。 今回はその規則についてお伝えしたいと思います。

【禁止行為について】

宿泊者、または留学生は以下の禁止されている行為を行なってはいけません。 1、パソコン&オーディオ機器の視聴、演奏 2、共有スペースにある備品を個人の部屋に持ち込み 3、建物、設備の改造(落書きや釘打ち) 4、調理 5、トイレットペーパーをトイレに流す 6、他の留学生、および近隣住居者の迷惑になる行為 7、部屋に「生もの」や「密封されていない食物」を放置 8、校舎での飲酒
以上を破ってしまうと、1度目は書面での警告処分、2度目は退学処分となってしまいます。
また、以下の迷惑行為があった場合は警告なしで退学処分という厳しい処罰を受けてしまいます。 1、異性への部屋への立ち入り 2、留学生以外の人を宿泊場所へ入れること、または宿泊 3、契約時に指定された部屋以外を無断で使用 4、許可された以外の場所での喫煙 5、法律違反 6、犬、猫、その他の動物の飼育 7、暴力および賭博行為 8、宗教的、人種的、言動による差別行為
以上の規則を破ってしまうと、 1度で退学になってしまいますので気をつけてください!

【門限について】

QQEでは門限が設けられていませんので、自己責任で外出や外泊が出来ます。外出の際のルールとして、帰国予定時間をカウンターで記入します。3回守れなかった場合は罰則が発生してしまいま>< また、安全性を考えて18歳以下の人の場合は成人の引率者がいない限り外出はできません。

【QQE校内ルールについて】

・校舎

シーフロントに入館する際は、IDカードが必要になりますので無くさないようにしてください。また、基本的に先生や事務の人がいるオフィスへは立ち入り禁止です。

・服装

キャミソールや胸の谷間が大きく空いた服など、極端に露出の多い服装は禁止されています。

・携帯電話

授業の際は、必ずマナーモードか電源はOFFにしてください。

・飲食

各教室への飲食及び食べ物の持ち込みは禁止されています。キャップのついた飲み物(水など)なら持ち込みOKです。 また、基本的に飲食は指定エリア(1階のQQカフェ)でのみ可能です。 食べ終わったら綺麗に片付けましょう^^

・電子マネー

入校時にもらえるIDカードには電子マネーの機能が備わっており、アカウントエリアにてチャージが可能です^^ ただし、返金対応をしていないのでそこだけ注意です。

・教科書

教科書はオフィススタッフに希望の教材名を伝えるともらえます。全ての教材は有料ですので、必要な教科書だけ購入するのが良いかと思います^^

・コピー

印刷物に関しては、A4サイズ1枚1ペソでしてくれます。

・プールと海

それぞれ使用できる時間帯が決まっています。 プール → 6:00-22:00(12:00-13:00は清掃のため使用不可) 海 → 6:00-18:00
使用する際には水着を着用ください^^ また、危険ですので飛び込みは禁止です。

・洗濯

ハウスキーパーには依頼ができませんので、洗濯は各自で行います。 1階のキッズルームの横にランドリーエリアがあり、そこに干すスペースがあるのでそこで干せます。

<アドバイス! >

湿度があるためかランドリーエリアではなかなか乾きません>< なので、部屋干しを推奨します!
また、水や洗剤は日本の製品と違いますので、何度か使用していると色あせしてしまう可能性があります。高級なものやデリケートな洋服は持ってこない方がいいかと思われます。

・ゴミ

燃えるゴミ燃えないゴミの分別はしましょう! また、ゴミ箱がいっぱいになった場合は部屋の前に出しておくとハウスキーパーさんがゴミを持って行ってくれます^^特に曜日は決まってないので、いつでも大丈夫です。 カビや蟻などが発生してしまいますので、食べ物のゴミは厳禁です。

・インターネット

インターネットは無料で使用できます。 Winny、Share、Torrent系のソフトウェアは使用禁止になっていますので気をつけてください。

・断水と停電

フィリピンでは唐突に断水や停電になることがよくあります。 断水に備えて普段からペットボトルの水などを持っておくと良いかと思います。 また、QQEでは万が一停電になった場合、発電機が作動しますので少し待てば大丈夫な場合が多いです。

・火災予防

建物内部は禁煙です。プールサイドの一角に喫煙スペースが設けられていますので、ここでのみタバコを吸えます^^
また予防のため、外出時には電気製品のコンセントは抜いてください。

【各部屋について】

・部屋の鍵

最初に自分の部屋のカードキーが貸与されるので、盗難などの防止のため、外出する際には必ずカードキーを携帯してください! 万が一、携帯するのを忘れてしまいインロックしてしまった場合は受付のスタッフに言うと開けてくれます^^
また、鍵をなくした場合やドアノブなどを破損した場合は修理代として1,000ペソを請求されてしまうので、皆さん気をつけましょう。

・貴重品

もし、紛失や盗難が発生した場合、QQEは責任を取ってくれませんので、各自の貴重品入れを使用してください!

・レンタル

各部屋に冷蔵庫は付いていないのですが、以下の値段で有料でレンタルができます。 → 週 / 500ペソ
ヘアドライヤー → 週 / 200ペソ(デポジット100ペソ)

・掃除

個人部屋の掃除は基本的に自身で行います。 ※箒などの掃除用具は共有スペースで借りることができます^^ 一週間に一度、ハウスキーパーさんがお掃除を行なってくれます。 デラックスやエグゼクティブの人は毎日掃除が入ります!
ベットシーツや枕カバーの交換も自身で行います。 1階のWEST館エレべーターの横にあるランドリールームにシーツを持って行くと新しいシーツをもらえます。目安は週1回ほどが推奨されています^^

・シャワー、トイレなどの水回り

気になる水回りですが、正直シャワーの勢いはそんなに強くありません>< また、フィリピンでは排水管のパイプが細いため水はけもあまりよくありません。髪の毛などを放置するとすぐに詰まって流れなくなってしまうので、使用後は自分で取り除くなどの処置をしましょう。
トイレに関しても水流が弱いため、流れにくくなっています。 トイレットペーパーなどは詰まりの原因になってしまいますので、流さないようにしましょう!

【授業について】

15分以上遅れた場合は自動的に欠席扱いになってしまいます。 また、体調不良などやむを得ない場合は、フロントのスタッフに欠席すると伝えましょう。 また、先生が欠席した場合は代理の先生が変わって教えてくれますが、5分以上経っても先生がこない場合はフロントのスタッフに知らせましょう。

【教師変更について】

クラスの変更は毎週水曜日の午後から木曜日の午後5時までにフロントデスクにて申し込みができ、翌週の月曜日から変更が適用されます。

【キャンパス変更について】

留学期間中にキャンパスをシーフロント校からITパークへ変更する場合、12000円を支払えば可能です。

【チェックアウトについて】

帰国の際のチェックアウトは土曜日の午前10時までとなっています。最後に鍵を閉めて、ルームキーや南京鍵はフロントスタッフまで返却します。 また、不要になった衣類、日用品や文房具は寄付をすると喜ばれます^^

【延泊について】

延泊を希望する場合は、チェックアウトの2週間前にフロントのスタッフに申し込みをしてください。1泊につき下記の料金で止まることが可能です^^
エグゼクティブ 3800ペソ デラックス 3200ペソ 1人部屋 1500ペソ 2人部屋 1300ペソ 4人部屋 1000ペソ 6人部屋 800ペソ

【出国する際の注意】

フィリピンでは出国する際に、空港使用料として一律750ペソがかかるのでペソを使い切らずに残しておきましょう。

【最後に】

QQEを支えてくださっているスタッフの皆さんのご紹介です^^

オフィススタッフの皆さん↓↓↓

ユーティリティスタッフの皆さん↓↓↓

インターンシップの皆さん↓↓↓

フィリピンは日本と違いインフラ面でも安全面でもまだまだ安心して暮らしていくレベルではないと思っています。
私たちの留学生活をより良いものにしてくれているスタッフさんたちには頭が上がりません。
いつもお務めご苦労様です^^ 今後とも宜しくお願いします!
フィリピン留学QQ Englishシーフロント学生レポーターのMizukiでした!
セブ留学QQ Englishシーフロント*学習プラン
2017/04/22

セブ留学QQ Englishシーフロント*学習プラン

  フィリピン留学QQ Englishシーフロント学生レポーターのMizukiです^^ 今回はQQ Englishの学習プランをご紹介していきたいと思います。 ちなみに、私は学習を満遍なく網羅できる「スタンダードコース」を選びました!

【学習プランの種類】

現在、シーフロント校では4つの学習プランが運営されています。
①スタンダードプラン ②スーペリアプラン ③ライトプラン ④親子留学プラン
さらにその中でも、スタンダードとスーペリアのプランは詳細にコースが分かれていますので、一つずつ特徴を見ていきましょう!

【一番人気!スタンダードプラン】

・1日のレッスン時間

6時間マンツーマン+2時間グループ(+2時間サービスグループ)

・期間

1週間 ~(3ヶ月以上の場合特典有り)

・このプランがおすすめな人

しっかりとしたスキルアップを考えている学生及び社会人 欧米留学前のプレ留学をお考えの方 ワーキングホリデーの準備留学をお考えの方
1日6時間、カランメソッドを含むマンツーマンと2時間のグループで学習するプランで、読む・聞く・書く・話すの4技能をまんべんなく学習することができるバランスのいいコースです。 このスタンダードプランは、QQ Englishの一番のおすすめプランだそうです!
また、学習の目的に合わせて以下のコースから選ぶことができます。
1、Basic Conversation 2、Pre Basic Conversation 3、TOEIC 4、Callan Method 5、Business 6、IELTS

・授業や先生を変えたい場合

授業の場合 → 直接担当の先生に授業を変えたい旨を伝えるとその日から変えてくれます。 先生 → 毎週水曜日と木曜日にQQEのデスクへ行って変更の申請を出すと翌週の月曜日から変更してくれます。

【短期で集中!スーペリアプラン】

・1日のレッスン時間

8時間マンツーマン (+2時間サービスグループ)

・期間

1週間 ~

・このプランがおすすめな人

短期集中し効果を出したい方 1週間以上休暇の取れる社会人の方
スーペリアプランは、1日に8時間のマンツーマン授業を受けれるプランです。短期でスピーキング力を上げたい方や、自分だけの授業にこだわりたい方に向いていそうです^^
こちらも学習の目的に合わせて、以下のコースより選ぶことができます。
1、Basic Conversation 2、Pre Basic Conversation 3、TOEIC 4、Callan Method 5、Business 6、IELTS
スタンダードとの違いは、グループレッスンがあるかないかの違いのみです。 スーペリアプランは8時間全てマンツーマンのクラスです。

・授業や先生を変えたい場合は、スタンダードプランと同じ

授業の場合 → 直接担当の先生に授業を変えたい旨を伝えるとその日から変えてくれます。 先生 → 毎週水曜日と木曜日にQQEのデスクへ行って変更の申請を出すと翌週の月曜日から変更してくれます。

【ビギナーはこれ!ライトプラン】

・1日のレッスン時間

6時間マンツーマン(+2時間サービスグループ)

・期間

1週間 ~

・このプランがおすすめな人

英会話留学を体験してみたい方 フィリピン留学を試してみたい方
ライトプランは、1日6時間で会話を中心とした授業を受けれるプランです。授業の内容はフリートーキングが中心なので、初心者の方で、まずは英会話に触れてみたい!という方に向いています^^
1日のうちに結構フリーな時間が取れるので、各自自習をしたり、プールに入っていたりと基本自由に過ごしているように見受けられます。 せっかくのフィリピン留学なので、空いた時間でビーチで泳いでる方もいます^^

【シーフロント校限定!親子留学プラン】

・1日のレッスン時間

こども:1日6時間のマンツーマン 親  :1日6時間のマンツーマン+2時間サービスグループレッスン

・期間

1週間 ~

・このプランがおすすめな人

親も子供(小学生)も同時に留学したい 英会話初心者の子供に学習させたい 子供は勉強しているが親は英会話初心者
このプランはシーフロント校限定の学習プランだそうです。 なんと、親御さんは子供と一緒に宿泊することができ、一緒に授業を受けることができます!自分の子供とフィリピン留学なんて楽しそうですよね!
このプランにだけ、以下の特典がついています。
①ウエルカムフルーツ ②お部屋でのお食事 親子留学プランのみのサービスとして夕食に限り、お部屋にて家族だけで夕食を食べることができます。 ※ちなみに、他のお部屋は原則禁止されています。
今回残念ながら、こちらのプランで留学をしている人はいませんでした。。

【人気のプラン】

以上4つのプランをご紹介いたしましたが、やはり人気と唄っているだけあり、スタンダードプランを取っている人が8割以上でした!フィリンピン留学ならではの、マンツーマンレッスンは楽しいのですが、マンツーマンで習った英語をグループで使うのが楽しいので、やはりオススメはスタンダートプランかと思います。
次に多く見受けられたのは、意外にもライトプランかと思います。 リフレッシュを兼ねて英語の勉強をしにきている留学生の人がちらほらいました^^
自分の時間も取りつつ、勉学にも励みたい方は絶対にライトプランがオススメです!
フィリピン留学QQ Englishシーフロント学生レポーターMizuki  
セブ留学QQ Englishシーフロント*Bohol Islandツアー
2017/04/18

セブ留学QQ Englishシーフロント*Bohol Islandツアー

皆さんこんにちわ! フィリピン留学QQ Englishシーフロント学生レポーターのMizukiです^^

QQ Englishに入学して初めての週末は、英語スクールのアクティビティカウンターにて総勢11名のパッチメイトとBohol Islandに行ってまいりました!

Bohol Islandとは、フィリピン中部ビサヤ諸島の島で国内10番目の大きさを持つ大きな島です。
【Bohol Islandツアー】 今回は頑張って参加者メンバーを11名ほど集めることに成功しましたので1人あたり3,000ペソでツアーに行くことができました^^

朝の6:30 に学校を出発し、1時間ほどかけてタグビララン港フェリー乗り場に行きます。

大きな船に約80名ほどが相乗りをして、約2時間をかけてBohol Islandに行きます! 結構遠いので飲み物やスナックを持参して行くといいかと思います^^
他の学校に通っている留学生さんたちもたくさんツアーに参加していました^^ここでさらに色々な留学生の人と交流を持てるかと思います。

10:00 Bohol Island到着!

Bohol Islandの海です。すっごく綺麗でした!
到着したら30分ほどかけて血盟同盟記念碑へ行きます。 1565年、スペイン総督レガスピはフィリピンと友好条約を結ぶためにこの地に上陸し、その証として島の首長シカツナと互いの腕をナイフで傷つけて滴る血をワインに注いで飲んだそうです。
血の盃ですね!

11:45 ロボック川に到着

屋形船に乗って大きな川をクルーズしながらのランチタイムです。 バンドも乗り込み楽しい雰囲気の中ビュッフェ式のランチをいただきます。 フィリピン料理です。
ソフトドリンクが1つサービスでつきます。 ビールやカクテル、シェイクなどは別途お金を払えば飲めます^^
私はココナッツシェイクをいただきました。 晴れていたので景色がよかったです!
途中で小さな島に上陸し、昔ながらのフィリピンの生活風景を音楽に合わせて紹介してくれます。
子供達がめちゃめちゃ可愛いかったです^^
クルーズが終わり、 いよいよチョコレートヒルズに向けて出発です!

14:00 チョコレートヒルズ到着

チョコレートヒルズとは、円錐形の丘が地平線まで広がっており、乾季には木々が茶色く色づくことからこの名前がつけられたそうです。 貝殻が多く出土していて大昔は海底だったと言われているがまだまだ謎も多い場所です。
世界遺産にも登録されているそうなので、気になった方はぜひツアーに参加して見にいってみてくださいね!
ここでトイレやドリンクを買ったりと休憩時間が取れます。

15:30  ターシャ保護地域到着

ここでは世界最小のメガネザル、ターシャが生息しています。
体重は120g、体長20~30cmと手乗りサイズで、顔の半分はあろうかという程の大きな目が印象的な夜行性の動物です。 基本みんな寝ているのですが、唯一この子だけ目が開いていました! かわいかったです^^
ここではターシャ関連グッズを購入することができます。 私はポーチとTシャツを買っちゃいました!
値段↓↓
ポーチ 50ペソ Tシャツ 300ペソでした。
今回は道が交通事故で通ることができなかったアクシデントがあり、 スケジュールが押してしまったために以上でツアーは終わりです><
時間があれば、教会を見に行ったり、大きなスライダーがあるアクティビティスポットに行くことができるそうです。

20:30 セブ到着

以上でツアーは終了です! お疲れ様でした。

【夜ご飯】

夜ご飯はツアーについていないため、私たちは「Gold mango Grill & Restaurant」というフィリピン料理やさんに行きました^^ マンゴーサラダ
とり肉とチーズのパイ包み
フィリピンエッグソテー
ガーリックシュリンプ
カニのトマトクリームパスタ
クリームカレーパスタ
カルボナーラ
フィリピンBBQ
7人でたくさん食べました。笑
ここのレストランにも他の学校の留学生さんらしき人がたくさんいました!人気店だそうです^^

22:00 QQ English到着!

1日目いっぱい遊べました! Bohol Islandオススメです^^ もし時間がある人は1泊して海などに行ってみるのもいいかと思います。
それでは!
フィリピン留学QQ Englishシーフロント学生レポーターのMizukiでした^^
セブ留学QQ Englishシーフロント*一日のスケジュール
2017/04/15

セブ留学QQEnglishシーフロント*一日のスケジュール

みなさんこんにちわ! フィリピン留学QQEnglishシーフロント学生レポーターのMizukiです^^
QQ Englishに入学してすでに2週間たちましたが、 毎日充実していて月日が経つのが本当に早いです。
さて。 フィリピンに語学留学をしたい方は、やはり一日の動きは気になるところですよね。 最近、一日のスケジュールが染みついてきましたので、みなさんにも紹介したいと思います^^

【一日のタイムスケジュール】

7:00 起床

私の場合、授業が朝8時にスタートなので、 起きるのが少し早めです。
中には朝早くに起きてカフェで本を読んだり、ジムで走っている留学生もたくさんいます!
シーフロント校では、朝一でズンバダンスをすることができるので、 朝から汗をかいてスッキリすることができます^^ ズンバダンスは1日2回朝と夜にプロを招いて校内で踊ることができ、どの学生もその場で気軽に参加できるおもしろいイベントです。 ズンバダンスの風景です。

7:30 朝食

QQカフェで食事をお願いしている方は、毎日3食を元ホテルのシェフが手がける料理を食べられます。 食事はビュッフェスタイルで、毎回メニューが豊富なので、飽きちゃう心配はなさそうです^^
留学生の健康をちゃんと考えてくれているので、全体的に野菜を使った料理が多く、新鮮なサラダが食べられるのが特徴です。味付けもどちらかというと日本人好みにしてありました^^ サラダ、ミソスープ、ナスとひき肉の辛味噌あえ、パン
QQカフェで食事をお願いしていない人は、近くのお店で食事を買って食べている人もいます。
私は朝はご飯を食べるか、QQカフェでマンゴースムージーを飲んでます^^
・学校の近くのカフェをご紹介 CIVET COFFEE フィリピンで最初のシベットコーヒー店です。 値段は少々高いですが、世界最高級といわれているシベットコーヒーを味わえます。

9:00 授業スタート

午前の授業のスケジュールです。↓↓
8:00~8:50 Speaking A 9:00~9:50 News 10:00~10:50 Group 1 11:00~11:50 Callan 1
・Speaking A この授業では、教材中にあるシーンを英語で説明し、 そのあと間違っていたセンテンスや単語を一つづつ学習していきます。
・News この授業では、まず過去のニュースを読み上げて、サマリーを英語で説明します。 そのあと、ニュースについてどう思うかをディスカッションします。
・Group 1 先生から出されたトピックスについてそれぞれの考えをディスカッションしたり、留学生同士で質問をしあったり、時にはみんなで楽しくゲームをしたりします。人数は隔週で変わります。
・Callan 1 カランメソッドとは、イギリスから来た英語脳を作る訓練方法で、強制的かつ瞬時に英語で答えることで、母国語で翻訳するといったプロセスをストップさせます。
最初はそのスピードの速さにびっくりしてしまうのですが、慣れれば言葉が自然に出てくるようになって進歩を感じることができます。

12:00 昼食

サラダ、ブロッコリーのクリーム煮、中華スープ、シチュー、 麻婆豆腐、フライドチキン、フライドポテト、パイナップル。
私は朝食は少なめにして、お昼ご飯をたくさん食べるようにしています^^
朝食と同様、QQカフェで食事をお願いしている方は、QQカフェで食事をとります。大半の先生や他の留学生さんもこのQQカフェでご飯を食べているので、休み時間の間も英語でのコミュニケーションができます。
集中力を一旦リセットしたい方は、一人で食べていたり、外にランチに行くのもありです!

・英語スクールの近くのレストランをご紹介

allegro ランチビュッフェがおすすめです。

13:00 授業スタート

午後の授業のスケジュールです。↓↓
13:00~13:50 Speaking B 14:00~14:50 Callan 2 15:00~15:50 Group 2 16:00~16:50 Reading
・Speaking B
私の先生は一番初めに質問を書いたメモを選んでその質問に答えることから始まります。 そのあとは教材にそって写真の説明を英語でしたり、その日に習った単語を使い例文を考えたりします。
・Callan 2 午前と一緒で、先生の後に続いて最速で英語を読み上げます。 慣れるまではなかなか難しいですがレベルが上がっていくにつれてその効果を実感できるらしいです!
・Group 2 グループレッスンのクラスは、レベルにあわせて編成されますので、同じ英語レベルの仲間と気兼ねなく自分の言葉でコミュニケーションの訓練を行えます^^
みんなでゲームをしたりコミュニケーションをとったりと、実践的な英語を学べるのでとても楽しいです。

18:00 授業終了

さて、みなさんお疲れ様でした! 私は始まりが早いので17時で一日の授業は終わりです^^
余裕がある人は19時からあるフリー参加のグループレッスンに出たり、 自習スペースで復習予習をしたりしています。

18:30 夜食

ここからは完全に自由なので、 留学生たちとQQカフェや周辺にある飲食店で夜ご飯を食べます。 他にもジムやプールに行く人もいます^^

英語スクールの近くのレストラン&BARをご紹介

・Maribago Chicken Grill & Restaurant ジャングルの中にあるコテージを感じさせる店内は雰囲気が抜群です。 南国気分を楽しみながら、お手頃な価格でフィリピンBBQが楽しめます。
・Cebu White Sands Beach ResortのレストランBAR リゾートの夜景を楽しみながらお酒が飲めます。雰囲気も抜群です!

20:30 宿題&復習

授業によっては宿題が出るので、 その日のうちに全て終わらせちゃいましょう! 自習室も夜まで空いてます^^

22:00 入浴

私はズンバに参加した時は朝に、 ジムに行った時は夜にお風呂に入ります。
基本入浴の時間は自由ですが、 夜に入っている人が多いように感じます。

24:00 就寝

毎日の起床が早いので、24時には寝るようにしています^^
いかがでしたでしょうか。
たまに起きれなくて寝坊もしたりしますが(笑)、 これが私の1日のスケジュールです^^
みなさんのフィリピン留学の決め手の一つになることができればいいなと思っております。
それではまた!
フィリピン留学QQEnglishシーフロント学生レポーターのMizukiでした^^
セブ留学QQ Englishシーフロント*キャンパス探索
2017/04/11
高級ホテルだった建物を改築してできた語学スクールです。 目の前は海なので、潮風を感じつつ英語の学習ができるフィリピンでは数少ないリゾート校です。

セブ留学QQ Englishシーフロント*キャンパス探索

ご挨拶

みなさま、こんにちわ! セブ留学QQ EnglishレポーターのMizukiです^^ QQ English シーフロント校にて授業を受け始めてはや2週間目に突入しました。 フィリピン留学生活にも慣れてきましたので、シーフロント校を探索してみました! シーフロント校の全てをお届けさせていただきます^^

QQ English シーフロント校の特徴

高級ホテルだった建物を改築してできた語学スクールです。目の前は海なので、潮風を感じつつ英語の学習ができるフィリピンでは数少ないリゾート校です。 QQ Englishのシーフロント校は、また、校舎とドミトリーは併設されているので、遅刻の心配はありません^^

寄宿舎

シーフロント校のドミトリーは白を基調とした清潔感のあるお部屋になっています^^

寮の部屋割り

1人部屋 2人部屋 4人部屋 6人部屋 ※全てのお部屋に留学生さんがいるので写真は撮れませんでした。

デラックスルーム&エグゼクティブルーム

寮だと満足できない!または、ご夫婦やお子様がいるファミリーがいる方は、ホテルのスイートルームをそのまま使ったお部屋がおすすめです^^
窓からは海が一望できます! ベッドも寮のものより上等です!羨ましいですー。
全てのお部屋内に、シャワー・トイレ・エアコン・セキュリティボックスが完備されています。 エグゼクティブルームのみバスタブ付だそうです^^

私が泊まっている6人部屋の詳細

他のお部屋にはそれぞれ泊まっている留学生さんがいるので、私が泊まっている6人部屋の詳細をご紹介します。 お部屋の写真です。

各部屋の鍵

部屋の鍵はオートロックになっています。 外側 部屋側

鍵付きロッカー

私は6人部屋なので、ロッカーが6個付いています。
中を開けるとこのような感じになっています。 ハンガーと洗濯かごは自由に使うことができるので、 日本から持ってこなくても大丈夫です^^
ちなみに私のロッカーは現在このようになっております。 結構大きなロッカーなので、たくさん物が入って使い勝手がだいぶいいです。

部屋に備わっている机

お部屋の備え付けの机です。ここでいつでも勉強できます!

トイレ

6人部屋のトイレは部屋付きで、共用トイレになっています。 トイレットペーパーは流せませんので気を付けてくださいね。

シャワー

トイレと同じスペースにあるのがシャワーです。 残念ながらバスタブはありません。
カーテンを閉めるとこんな感じです。
初日にシャワーを浴びた時にシャワーヘッドが壊れていたので、 新しいものに取り替えていただきました。 ありがとうございます。 水圧に関しては、やはり日本と比べるとかなり弱く感じるのが実際のところです。
こればっかりはどうしようもないので、毎日時間をかけて浴びています。下の蛇口部分からはしっかりと水が出るので、桶を買っているツワモノもいました。笑

アメニティ

アメニティはタオル、歯ブラシなどはなく、トイレットペーパーが初回のみ1ロール支給されます。
また、ドライヤーはレンタルができますので、忘れた方はレンタルしましょう。ですが、そこまで安くはないので、長期でフィリピン留学をするという人はご自身で購入された方が安いかと思います。
価格↓ ローカルドライヤー 200ペソ/1week イオンドライヤー 500ペソ/1week ※それぞれ借りるときには保証金が必要です。

Wi-Fi

Wi-Fiは、カフェスペース・自習室・各部屋・レセプションエリアで自由に使用できます。逆に、ランドリーエリア・マンツーマンレッスン・グループレッスンの教室では使用することができません。

ネット環境は??

実際、Wi-Fiの速度はいかがなものなのだろうか、と気になったので、 いろんな場所で携帯とパソコンをそれぞれWi-Fiに繋いで作業をしてみました。
結果↓↓ カフェスペース → GOOD 自習室 → GOOD 各部屋 → BAD レセプションエリア → GOOD
各部屋の階ごとにWi-Fiがあるのですが、どれもあまりうまく繋がりませんでした。私は5階だったのですが、6階のWi-Fiが割とスムーズに作業できたかと思います。
そのほかの場所ではしっかり繋がりました^^

校舎

マンツーマンブース

たくさんのブースが並んでおり、先生によってブースが異なります。
ブースの中も先生によってテイストが異なります。 色々な先生がいて楽しめるかと思います^^

グループレッスン教室

ここでは2~4名でグループレッスンを行います。

自習スペース

自習室は、シーフロント校の中でも特に静かな場所です。 Wi-Fi環境も整っているため、パソコンを使いたい人にも人気です。

カフェテリア

留学生からフィリピン人教師までいろいろな人が集う場所です。 QQカフェが併設されており、ジュースやコーヒー、スナックなどが購入できます。
手書きなので少し見にくいですが、メニューです^^↓↓ シーフロント校は、衛生面を重要に考えているため、 留学生の口に入る水は全て校内にある浄水設備で作られています。

ジム

QQ Englishの留学生専用のジムとスタジオです。 日本のジムにも引けを取らないほどトレーニングマシンが充実しています!また、専任トレーナーもいるので、自分だけのトレーニングメニューを作ってもらうこともできます。私も週3でジムに通っています^^

ズンバダンススタジオ

始まる前は静かですが、一旦始まると音楽に合わせながら踊るので、 すっっごくうるさいです。笑
あまりに激しいのでぶれました。

プール

授業後など空き時間で自由に泳ぐことができます。

ショップ

日用品や学習用品を購入することができます!

日本人カウンター

日本語を話すスタッフが常駐してくれています。

ビリヤード台

ここでは他の留学生やフィリピン講師の人とコミュニケーションをとることができます^^

ランドリーエリア

ここで24時間使用することが可能です。

カウンターデスク

ここではアウトドアアクティビティを申し込むことができます。

テラス

2階にあるテラスは完全土足禁止です。 裸足で芝生を楽しめます。

24時間体制の警備

シーフロント校のゲートと中央レセプションには24時間体制でガードマンが常駐してくれています。いつもご苦労様です! シーフロント校のゲート
中央レセプション
せっかくのフィリピン留学なので、リゾートも取り入れたい! という方にとってシーフロント校はとても居心地がいいです^^ キャンパスの目の前のビーチです。
それではまた!
フィリピン留学レポーターQQ English Mizuki でした!
セブ留学QQ Englishシーフロント*初日のオリエンテーションについて
2017/04/07

セブ留学QQ Englishシーフロント*初日のオリエンテーションについて

ご挨拶

みなさま、こんにちわ! フィリピン留学QQ EnglishシーフロントレポーターのMizukiです^^
いよいよ今日からフィリピン留学が始まります!
初日の流れは以下になります。
レベルチェックテスト ↓ オリエンテーション ↓ 両替所 ↓ 昼食 ↓ カランメソッドオリエンテーション ↓ 施設案内 ↓ 授業 ↓ ウェルカムパーティー ↓ パッチメイト飲み会

オリエンテーション

・初日のスケジュール

・レベルチェックテスト

朝の8時50分にスタディールームに集合し、まずはレベルチェックテストの説明です。 このレベルチェックテストは、授業を受ける前に必ず受けなければいけないテストで、 結果を踏まえた上で適正なカリキュラムを受講することが可能です。
テストはTOEICの問題形式と(Part1、Part2、Part5)、別途でライティングとスピーキングのテストがありました。リスニング&リーディングのテストで15分間、ライティングで15分間と合計30分間のテストです。
いったんリスニング、リーディング、ライティングのテストが回収され、そのあとはオリエンテーションを行いながら随時三人ずつ呼ばれてスピーキングのテストを10分ほど行います。
オリエンテーションの風景です。

・オリエンテーション詳細

ここでは以下のことを説明してくれました。
1、アカデミー概要と規則 2、レッスンのスケジュール 3、フィリピン留学の規定 4、滞在規定 5、スタッフ紹介 6、周辺マップ
アカデミーの一般的な規則全般の話と、安全についての注意喚起をしてくれました。 セブ島はリゾート地で有名ですが、同時にまだまだインフラが整っていないところが多く、 危険があるところも多いです。
また、フィリピンでは麻薬関連の罪が重いので、間違って持っていただけで終身刑を受けることもあるそうです。ないとは思いますが、これからフィリピン留学を考えている、またはフィリピン留学する方は気を付けてください。
またこのオリエンテーションの時に、自分が受けたいコースを選択します。
私はカランメソッドが2コマ受講できる 「No.84」 のコースにしました^^

・両替所

アカデミーの説明とスピーキングが全て終わり、 そのままアカデミーから徒歩5分ほどの両替所にみんなで行きました^^
ここの両替所はスーパーマーケットに隣接しているので、 両替が終わった人から随時スーパーでお買い物ができます^^
日本から持ってくるのを忘れたものはここである程度買えます。 ※ドライヤーは売っていませんので、長期滞在の方はあらかじめ用意することをおすすめします。

・昼食

お買い物のあとはみんなでアカデミーへ戻り昼食です。 種類が豊富で迷いましたが、今日のメニューは下記です。
パン サラダ ミソスープ ナスとひき肉の辛味噌あえ

カランメソッドオリエンテーション

昼食後はQQ English 限定勉強方法である「カランメソッド」のオリエンテーションです。 このカランメソッドの授業を受けたくて、QQ English を選ぶ生徒さんもたくさんいるそうです。

・カランメソッドとは?

英語脳(英語に対するパターン認識と処理スピード)を徹底して訓練する学習法です。
カランメソッドのレッスンでは、先生の質問に対して生徒が瞬時に答えることを繰り返すのに加え、先生が通常より速く喋らなければならないという決まりがあります。先生のガイドにより強制的に瞬時に答えていくことで、母国語で翻訳するプロセスを強制的にストップさせるそうです。
明日からのカランメソッドが楽しみです^^

・施設案内

施設案内では以下の場所を3チームに分かれて案内してもらいました。
フロント 食堂 カフェ スタディールーム ランドリー ジム オープンスペース ズンバスタジオ 場所の写真は次回以降の記事にまとめて書かせていただきます^^
以上でオリエンテーションは終了です。 みなさんお疲れ様でした!

初授業

続いて、記念すべき最初の授業をしてくれたのはジェイソンです。 彼は主にスピーキングの授業を担当しています。
初めての授業ということで緊張していたのですが、 ジェイソンが明るく面白い人だったのでとても楽しく授業を受けることができました。 ありがとうジェイソン!
※ 4/4からの正式な授業もジェイソンが担当してくれることになりました^^

ウェルカムパーティー

授業が終わり、18時からは4/3スタートのパッチメイト総勢35名(何人かいない人もいました。)で、ウェルカムパーティー!!

・舞台に立って自己紹介

手を挙げた人から自己紹介をしていきます。 残ったら注目を浴びそうだったので、そそくさと早めに済ましました。笑
ちなみに写真で自己紹介しているのは、私のルームメイトで台湾人のkayです。 フィリピン留学は初めてだそうで、私もセブへの留学は同じく初めてなので気が合いそうです^^
自己紹介が終わり、ビンゴ大会スタートです。
このマス目の紙にパッチメイトの名前を聞いて、うめていきます。
初めての人ばかりなので、みんなで自己紹介をしながら名前をサクサクうめていきます^^
ビンゴ用紙の完成です^^
司会の人がランダムに名前を呼んでいき、そろったらビンゴです!
ちなみに、
ぶっちぎりの1位でビンゴ賞をいただきました。笑
ありがとうございます!
ウェルカムパーティーの後はパッチメイトのみんなで近くのお店に飲みにいきました^^ パッチメイトの国際比ですが、 35人中4人が台湾人、1名がロシア人で残りの30人が日本人でした。
今回の新入生は日本人が7割以上を占めた結果になりました。

テスト後の授業の割り当て

翌日には時間割が出ました。
AチームとBチームに分かれており、それぞれスタート時間が異なります。Aチームは朝の8時からスタートし、16時50分に授業が終わります。 ※スタンダードプランの場合です。
Bチームは朝の9時からスタートし、17時50分に授業が終わります。
ちなみに私はAチームでした^^ どうしてもという場合は、受付の人にお願いをすると変えてくれるそうです。
今回はここまで! 次回の記事も楽しみにしていて下さい^^
フィリピン留学QQ Englishシーフロント: Mizuki でした!
セブ留学QQ Englishシーフロント*出発!成田空港からの道のり
2017/04/06

セブ留学QQ Englishシーフロント*出発!成田空港からの道のり

ご挨拶

みなさま、こんにちわ! フィリピン留学QQ EnglishシーフロントレポーターのMizukiです^^
いよいよ本日より私のフィリピン留学が始まります! 語学留学は大学2年生ぶりなので、かなり緊張気味です。汗

LCC航空券

フィリピンまでの航空券は格安LCCバニラエア航空にて手配しました^^ LCCに初めて乗ったのですが、なかなか乗り心地がいいです♪

値段

バニラエア航空 成田ーセブ往復(直通)で、47,540円でした! 今回、航空券を取るのが出発間際になってしまったので通常よりも少し高い値段となってしまいました。汗

フィリピンまでLCCをご利用の方へ注意

LCCに乗ったことのある方は大丈夫だと思うのですが、初めての方にぜひ注意してください。

到着時間

成田空港から出発の場合、LCC専用の第3ターミナルから出発となるのですが、これがすごく遠い。 特に電車で来る場合は、普段の到着時間よりも余裕を持って30分以上は早めに着いていた方が良いかと思います。
私はこれを知らずにいつも通りの時間できてしまったので、走るはめになってしまいました。涙
ここから500mあります。笑
ちなみに、高速バスなら直接行けますのでオススメです。あと、第2ターミナルより無料シャトルバスが出ているのですが、歩いたほうが早いです(笑)

預け荷物

今回私はバニラエアでセブまで行ったのですが、20kgまでの荷物でしたら預けるのは無料です。それを超えてしまうと超過料金を取られてしまうので、気をつけてください。

セブ島に到着!

さて。 順調なフライトのおかげで時間通りに到着することができました!
と言いたいところでしたが、笑 出発が30分ほど遅れ、なおかつ逆風が凄かったため合計1時間30分ほどの遅れで到着いたしました。
ダッシュでお迎えの車を探しに!!
初めてのセブということもあり、空港内の勝手がわからなかったので、ピックアップの人を見つけられるかどうかそわそわしていたのですが、、、
余裕で見つかりました。ひと安心です。遅れてすみません。

セブ空港からキャンパスまで

空港から車で約30分、 QQ English シーフロント校に到着です! 夜についたので暗いです(^-^;
正門です。

ついにアカデミーに到着!

夜遅いにもかかわらず、暖かくお出迎えしていただき、 簡単なオリエンテーションを行い、いよいよお部屋へ! オリエンテーション風景
お部屋(左下がわたしのベッドです)
夜なのでちょっと暗いですが、清潔感があって素敵です!! 窓からは海が見えるそうなので、また明るいときにご紹介したいと思います。
さて。 これから8週間のフィリピン留学が始まりますので、せっかくなので改めまして私の英語レベルと目標を紹介させていただければと思います。

現在の英語レベル

TOEICの点数でいうと《650点》

まず、私の英語レベルですが、海外旅行レベルは何か問題が発生しなければそこそこ問題ないかなという感じで、また、特定された環境下のもとならなんとか海外出張にも行けるかなというレベルです。(自己紹介で書かせていただいたような海外出張ケースは無理でした。(涙))

・TOEICのレベルについて

実際、TOEIC 650点って一体どの程度のレベルなのか気になったので、調べてみました。 TOEIC公式ランクでは、650点はCランク(470点~729点)に属しており、《日常生活のニーズを充足し、限定された範囲では業務上のコミュニケーションができる》と定義されています。
今でこそ650点あるのですが、実は少し前まで240点でした。(笑)

フィリピン留学目標

せっかく8週間ものフィリピン留学チャンスを得たので、しっかりとした目標を定めたいと思います。 数値化されていて分かりやすいので、今回はTOEICの点数を目標値として設定します^^ 私は自己学習(ほぼ気合)でTOEICを410点ほどアップさせることに成功しています。今度はプロ監修のもとで学習するので、あと150点アップさせ、トータル《800点》を目指したいと思います!!
それでは、英語学習を頑張ります!みなさんまた!
フィリピン留学QQ Englishシーフロント: Mizuki
 / 2
QQイングリッシュの魅力
2017/03/03

QQイングリッシュの魅力

セブには日本人資本の学校の中でも特に魅力的な学校があります。セブの中心街のマクハマタマカン前にあるQQイングリッシュです。
QQイングリッシュは、日本人向けオンライン英語講座ナンバーワンシェアを誇る、フィリピンでも有名な学校です。
今日はQQイングリッシュの特徴をポイントごとに紹介していきます。
【便利な立地と施設】 QQ English ITパーク校は、セブの中心部であるIT Parkに在ります。 IT Parkにはスターバックス、ボスコーヒー、カサベルデなどの有名店や外資系企業、コールセンターが集まっています。治安は、セブの中で最も安全です。校舎が入っているIT Parkのスカイライス(skyrise4)の設備は、セブの語学学校の中でもトップクラスで、ヨーロッパやアメリカの英語スクールと比べても見劣りしません。
【自由な英語スクール】 フィリピンのほとんどの学校が夜中に外出することを禁止して、週末に外泊するとなれば許可証をもらわなければなりません。しかし、QQイングリッシュには、そのようなルールはありません。QQイングリシュ英語スクールは勉強と同じくらい、外に出てフィリピン文化と触れ合ったり、異国の人々と交流したりすることも大切だと考えているからです。また、放課後は近くのホテルでプールとフィットネスセンターを無料で利用できます。 (QQ IT Park場合、近くにあるウォーターフロントホテルでプール、フィットネスセンター、ヨガ、エアロビクスを利用可能。QQ Seafront場合は近くにあるホテルでプールとフィットネス器具を利用可能)
【魅力的な二つのキャンパス】 QQイングリシュはセブに二つのキャンパスを持っています。一つはIT Parkにあるキャンパス、もう一つはSeafrontのキャンパスです。二つのキャンパスとも、マンツーマン中心の学習カリキュラムや門限を作らないなど同じ部分もあります。しかし、IT Parkの方ではセブ中心の繁華街のにぎやかさを味わえるのに対して、Seafrontの方ではフィリピン文化交流と特別なレクリエーションを楽しむことができます。もし、両方の金パスで留学できるのであれば、Seafrontでセブの有名なビーチや自然を楽しんだ後、IT Parkでセブの都心の快適な生活を過ごされることをオススメします。
【レベルの高いフィリピン人講師陣とマンツーマン中心の学習カリキュラム】 フィリピン英語スクールの花はなんといっても「マンツーマン授業」です。オーダーメイドで作られる学習カリキュラムは、初心者で英語を勉強される方でも安心して勉強に取り組むことができます。欧米のグループレッスンに比べて4倍以上のスピードで英語上達するという結果も証明されています。そして、マンツーマン授業で英語の上達を左右する一番のキーポイントが「フィリピン人講師のクオリティ」です。フィリピン人講師の実力にあまり違いはないと思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。フィリピン人講師のレベルはエリアによって異なり、校長の意志に基づいて大きな差を見せたりします。実際に2016年からセブエリアの「フィリピン人講師のクオリティ」が落ちています。最近、フィリピン政府が公立学校の教師の大幅な人員増加とオンライン英語講座の需要の増加で実力のあるフィリピン人講師が英語スクールをやめ、公立学校の教師とオンライン英語講座の講師に転職するというケースが増えています。公立学校とオンライン英語講座の収入は、英語スクールに比べて約40%以上も高く、英語スクールの収入は今までほとんど変化がありません。
しかし、QQイングリッシュの「フィリピン人教師のクオリティ」はセブでもトップクラスです。理由は簡単で、QQイングリッシュの講師陣は全員がオンライン英語講座の先生だからです。そして、QQイングリッシュはマンツーマン授業中心の学習カリキュラムを立てているため“マンツーマン授業のクオリティが低かった”、“英語の上達が感じられない”などの評価を留学生の方々から受けてしまうと、英語スクールの評判を落とすことになってしまいます。そのため、QQイングリッシュはフィリピン人講師のクオリティを保つために給料については惜しまずに講師の方々にお渡ししています。また、参考までにQQイングリッシュのフィリピン人講師はTESOLの資格を保有することが条件となっております。
【その他】 ここまで、QQイングリッシュの魅力を紹介してきましたが、マイナスポイントもあります。 一つはQQ IT Parkキャンパスの外部ホテルのクオリティです。トイレ・シャワーが共有あることやその他の設備で見劣りすることがあります。もう一つは在学生の80%以上が日本人ということです。そのため英語スクール・ホテル内での英語の使用量には限界があります。
QQ English Seafront 初日のスケジュール
2016/12/02

QQ English Seafront 初日のスケジュール

QQ English Seafront校における新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。  

【初日のスケジュール】

曜日

時間

内容

日曜日

  セブ・マクタン空港にてスタッフと合流後寄宿舎へ向かいます。

月曜日

8 : 30 ・シャトルバスにて寮設備からキャンバスへ移動 ・朝食
9 : 00 レベル分けテスト
11 : 10 オリエンテーション
12 : 30 昼食
14 : 00 授業開始
18 : 00 新入生歓迎会
18 : 30 修了

火曜日

  通常授業開始
QQ English 2016/2017 年始年末スケジュール
2016/09/19

QQ 2016/2017 年始年末スケジュール

セブQQ Englishより、2016/2017年の年始年末スケジュールに関する最新情報を得ましたので、お知らせいたします。   【QQ English 年始年末スケジュール】 【休講日】2016年12月30日(金)   ※上記の休講日は祝日追加料金(1日3,500円)がかかります。 *現時点では上記に記載させて頂いた祝日等(休校日)の為の補講や保証はありませんので、ご理解頂けると幸いです。フィリピンの祝日は変動する事がありますのでご了承ください。
QQシーフロント校プチ訪問記 (どの様な学生向けか?)
2016/09/08

QQシーフロント校プチ訪問記 (どの様な学生向けか?)

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。本日は多くのリゾート地が立ち並ぶセブ・マクタン島に位置する英語スクールQQ シーフロント校に訪問させて頂く機会に恵まれました。   QQ シーフロント校では、9月に入ってから日本人留学生の比率が非常に多きくなりました。5割以上は日本人が占めているとの事です。   英語学校QQ シーフロント校では、毎週火曜日の12:00~19:00にEOPデー(母国語禁止デー)を設けております。キャンバス内にいる間は、母国語の使用が禁止になります。また、生徒が母国語を使用しないように選ばれた生徒4人がイングリッシュポリスとなり校内を見回ります。   dsc06665   QQ シーフロント校では毎週火曜日にEOPデーを設ける事で留学生達の英語を使用する環境を増やし、英語学習へのモチベーションをキープしたいが為のEOPデーとの事です。
QQ English 秋の1週間無料留学キャンペーン
2016/08/18

QQ English 秋の1週間無料留学キャンペーン

QQ Englishで昨年も実施しご好評を頂いた1週間無料キャンペーンを今年も実施いたします。

キャンペーン詳細

4週間以上のお申し込みで、1週間追加無料プレゼント!!

申込期間

2016/08/17(水)~2016/11/30(水)

対象者

2016/10/02(日)~2016/12/12(月)の期間に入学される方

対象プラン

ホテル滞在プラン以外の全プラン・部屋タイプが対象

注意事項

1、入学前のお申し込み時に4週間以上のお申し込みをされた方に限ります。(現地で延長された方 は対象に なりません)
2、1週間無料となるのは授業料、宿泊費のみになります。(食費、現地費用等は含みません。)
3、当留学キャンペーンはお一人様1回のみとなります。
4、他キャンペーンと併用できません。
5、留学キャンペーンは予告なく変更・終了することがありますので予めご了承くださいませ。
QQシーフロント校留学1週目のスケジュール及び退寮日の注意点
2016/05/01

QQシーフロント校留学1週目のスケジュール及び退寮日の注意点

日本人の留学生だけでなく様々な国から多くの留学生が留学にくる英語スクールQQ Englishシーフロント校から留学1週目のスケジュール及び退寮日の注意点のご連絡を頂きましたので、記載させて頂きます。なお、QQ Englishの入寮日は毎週日曜日で退寮日は留学最終週の土曜日の午前中になっておりますのでご注意ください。
日曜日 セブ空港到着後、現地スタッフと合流して宿舎へ
月曜日 08:30 朝食 09:00 レベルチェックテスト (Listning,Reading,Speaking,Writing)# 持ち物は筆記具、パスポート、証明写真 11:10 スクールオリエンテーション、留学カリキュラム説明 12:30 昼食 14:00 授業スタート 18:00 親睦会(スタート) 18:00 親睦会(終了)
火曜~金曜 火曜日の朝に渡される授業スケジュールに沿って授業を受講する。 #水曜日までに現地費用をお支払いください
#留学最終週の退寮日(土曜日)にはご自身でセブ空港に向かう必要がありますのでご注意ください。その際はタクシーをご利用頂く事となります。(約150ペソ・15分程度) 上記のスケジュールの件で質問等ありましたら弊社の留学カウンセラーにお問い合わせ頂けると幸いです。
QQ English シーフロント校を紹介します。
2016/04/19

QQ English シーフロント校を紹介します。

QQ Englishシーフロント校は、マクタン島の高級ホテルを改築したリゾートスタイルの語学スクールです。校舎は、白をベースとし、明るく清潔感と開放感があり、学業の疲れを優しく癒してくれます。リゾート型スクールとしては最大級を誇る250人までの生徒を収容可能です。   シーフロント校と留学生寮は同じ建物内にあります。校舎と寮が同じ場所にあるため、朝起きてすぐに授業に出ることができます。留学生寮には各部屋毎にシャワー室(温水設備有り)、トイレ、エアコン、セキュリティボックス等が完備されています。   シーフロント校は先生も同じ校舎の寮に住んでいます。放課後は先生と交流することができ、授業外でも先生に英語の学習の相談に乗ってもらえたりできます。
 / 1

よく読まれている留学体験記

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析 こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。 フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。     1年3万人以上が英語留学に行くフィリピンですが、欧米への英語留学に比べるとまだそれほど知られていないのも事実。 「格安留学を調べていて、フィリピン英語留学を初めて知りました」、 「フィリピン英語留学に行ってきた友だちに聞いて初めてしりました」など、 フィリピンで英語留学をすることについてまだまだ違和感を感じる方々が多いようです。   一昔前は費用が高額、期間が長期、遠いなどの制約で誰にでもできるものではなかった『英語留学』。 そのの常識を覆したのがフィリピン英語留学です。しかし、フィリピン人英語講師、フィリピンという国の英語についてイメージがわかないかたも多いかと思います。   そこで今回はフィルイングリッシュのシニア留学カウンセラー梶野章より、フィリピンの英語、フィリピン人の英語はどうなのかというテーマでインタビューし、Q&A形式でまとめました。   留学カウンセラー梶野章の簡単紹介    フィルイングリッシュ統括責任者・共同代表。 東京都出身。アメリカミズーリ州セントラルメソジスト大学英文科卒。 英語留学カウンセラーとして過去4年間に2,200名のお客様を日本からフィリピン語学学校に送客。   Q:そもそも、何でフィリピンに英語留学にいくのですか? A:もちろん留学費用が安いというのもあります。別々の友人の娘さん3人が現在カナダの高校に通っていますが年間の費用は1名が900万円、もう1名が700万円、もう一名が600万円と聞きました。フィリピンですと200万円はかからないでしょう。それと飛行機の移動時間もフィリピンは4時間30分、欧米は12時間。移動するのも一苦労です。   ただ『留学費用が安い事』が一番の理由ではないと思います。 結果を出しているという事がすべてでしょう。フィリピン英語留学ですと12週間あれば英語初級者が日常生活で困らないほどの英会話力を、ほとんどの受講者が身に付ける事ができます。あちこちで披露されるフィリピン英語留学での成果と自慢話が人を呼び日本人のフィリピン留学生の数は2010年に年間4,000名から2015年にその約9倍にあたる35,000人にまで膨れ上がりました。      >>>フィリピン英語留学4週の費用まとめを見る   Q:フィリピン人はなぜ英語が話せるんですか? A:フィリピンは多言語民族です。フィリピン国内に172の言語が存在します。タガログ語をしゃべるマニラっ子とセブアナ語を話すセブっ子では言語が違うので意思疎通ができません。そこで共通語として英語が公用語となりました。   フィリピンでは幼稚園から大学まですべて英語の教科書が使われます。授業内では基本(幼稚園、小学校低学年を除く)オール英語で進行いたします。高校を卒業したものであれば基本日常生活で英語のコミュニケーションには困らなくなります。   △フィリピン、バギオ地域の幼稚園。英語科目ではない授業でも英語で行われる。   Q:フィリピン英語留学で英語はホントに伸びますか? A:欧米諸国にもフィリピン同様様々な英語学校があります。ですがフィリピンにあって欧米諸国にないものが二つあります。手頃な価格で集中的に受講できる『マンツーマン授業システム』とカリキュラム通りに学生のレベルが上がるかどうかをチェックする『管理システム』です。   △フィリピン人講師とのマンツーマン授業の様子。セブ島セブブルーオーシャン校   人間それぞれ適正がありますのでその人にあったオーダーメイドの授業内容を1対1で進行させていく指導方法は極めて有効です。学生は受身で聞き流すだけの姿勢が許されないシステムに組み込まれます。   もう一つは学校が一つになって学生の英語レベル進化を確認相談しながら前に進むシステム。毎週のミニテスト、月間のレベルテスト、毎授業毎の宿題など先生はすべてチェックし、進歩が遅れている学生に対しては手段をこうじます。放課後が自由放任主義の欧米学校よりもはるかにきつい規律と規則とノルマと罰則が存在するという事です。   アメリカでは語学学校に1~2年滞在しているにも関わらず英単語を一つ二つ発してなんとかコミュニケーションするレベルの日本人がゴロゴロいます。実際に見ました。フィリピン留学生では希少価値の存在です。   Q:フィリピン英語留学でどんな事が学べますか? A:フィリピン英語教育で強い部分は二つ。 『英語の基礎固め』と『英語試験対策』。   フィリピンで12週勉強すれば日常英会話力がつくという話はだいぶ知れ渡ってきましたが、コミュニケーション力だけにとどまりません。12週間まじめに勉強すれば英語の基礎がしっかり備わるという付加価値がついてきますのでどの英語検定試験にも突入できる英語基盤が出来上がります。   英語の基礎がある人間がフィリピンの英語検定が強い語学学校で学べば、4週平均でTOEICは70~100点、TOEFL10~13点、IELTS(初期段階)0.5点のペースで上がって行きます。 […]

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由 フィリピン留学最安値、しかし費用だけじゃないイロイロ留学の魅力   フィリピン留学の隠れスポットイロイロ留学。イロイロ留学のほとんどの語学学校は日本でマーケティングをせず、口コミだけで日本人留学生を受け入れてきました。日本事務所や日本語パンフレット、ウェブサイトもない語学学校がほとんどです。それでもイロイロを経験した日本人留学生からの口コミが広がり、日本人留学生が70%以上に達したこともあります。   最近はイロイロ留学も、より多くの日本人にイロイロ留学の魅力を伝えるため語学学校のブサイトやブログ、パンフレットなど情報配信をしているところもあります。日本人留学生をサポートするスタッフを配置する、辛いもの中心の献立を一新するなど留学環境の整備もどんどん良くなっています。   そんなイロイロ留学。『これが決め手だった!』という卒業生たち声をフィルイングリッシュスタッフがまとめました。   検証済み!イロイロ留学がおすすめの5つの理由 学費が安い 物価が安い レベルの高いフィリピン人英語講師 レベルの高いフィリピン人講師陣! アットホームな留学環境     1.学費が安い もともとフィリピン留学は格安の費用とマンツーマン授業で英語力を伸ばすものとして人気になりました。しかし、フィリピンの中でも地域による費用の違いはあります。それは、利便性が良く土地、地域の物価にもよるものです。   例えば、フィリピン留学で一番人気のセブ島留学の平均学費が1ヵ月(4週)で約14~16万に比べ、イロイロ留学の平均学費は約10~12万円と割安。語学学校によっては4週10万以下で留学可能な超格安の留学先もあります。特にフィリピン留学最廉価の1つWe Academy校に関しては、4週10万以下で留学できるコースがある上に、講師の質が高いと評判です。 >>>イロイロ留学人気校We Academyの詳細はこちら     2.物価が安い   イロイロはフィリピンの地方都市です。ちなみにフィリピン国内で大きい順でいうと首都のマニラ、その次が一番人気の留学先セブ島、そしてミンダナオ島にあるダバオです。中小規模の地方都市イロイロは大都市と比較すると約2~3割ほど物価が安い。   生活物価が安いのは留学生にもお得。留学先で出会った友人や講師と外食した時にかかる食事代は高くとも一人でだいたい150~250ペソ(約320~550円)ほどです。なんと、お酒代なども含めてです。留学生が留学中に1度以上は行くフィリピンのマッサージショップでの費用は1時間約200ペソ(約420円)で受ける事が出来ます。   ※イロイロでも和食レストラン、韓国レストランなどはローカルの物価より高いです。   3.レベルの高いフィリピン人講師陣   イロイロの各語学学校の大きい自慢の1つは、レベルの高い講師陣。1つの語学学校に在籍年数3年以上の講師も珍しくありません。学園都市として認知度が高いイロイロでは、他地域と比べ語学学校側が特別な事をしなくとも高レベルの講師が勝手に集まってきます。そして、イロイロ地域の語学学校は規模が小さい分、講師達への管理がしっかりと行き届いています。そのような理由で長い間1つの学校に滞在し続けるベテラン講師が多いのです。   4.アットホームな留学環境   フィリピンだけではありませんが、地方都市は大都市と比べ地元の人がフレンドリーで学校施設はアットホームなところが多い傾向にあります。イロイロ地域もフィリピンの大都市とは異なり、アットホームな語学学校が多い。語学学校スタッフ、セキュリティガード、講師陣まで全員が暖かく学生のケアを行うのが当たり前の雰囲気のところばかりです。週末には講師と生徒みんなが一緒になって外出する事も珍しくないです。留学生活で授業の中ではもちろんフィリピン人講師と人間的に仲良くなる留学生がほとんどというのもイロイロ留学の特徴です。   5.留学生の希望に合わせるカスタマイズ式   語学学校が一人ひとりの留学生の希望に合わせてカリキュラムを組むことは容易ではありません。特に規模が大きい語学学校、スパルタ式の語学学校はその傾向が強く、語学学校独自のカリキュラムに沿って英語学習をしていくことになります。   フィリピン留学はマンツーマン授業が中心ということもあり、他の国に比べるとカスタマイズ式カリキュラムを提供する語学学校が非常に多いです。特にイロイロ留学の多くの語学学校では、学生から授業に対しての要望に可能な限り対応します。例えば、通常のESLコース(一般英会話)を学びながらも1~2コマはTOEIC科目を受講したい、ビジネス英語を学びたいなどの要望も受け入れてくれます。全ての授業をスピーキングにしたいなどのワガママも叶える事が出来るのがイロイロ留学の魅力です。   ※コース混合の割合、対応可能科目は語学学校によって異なります。詳細は担当カウンセラーまでお問い合わせ下さい。 >>>イロイロ留学のおすすめ語学学校一覧に戻る   おすすめの留学コンテンツ セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る […]

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由   フィリピン留学といえばセブ島留学が有名ですが、実はじわじわ人気上昇中のバギオ留学。 フィリピン留学を知ったばかりの人にとっては、バギオ留学が何のことかよくわからないのではないでしょうか。 バギオはフィリピンの地域名のことで、フィリピン留学業界では、フィリピンの各地域で留学することをそのまま〇〇留学と呼ぶ傾向にあり、セブ島留学、バギオ留学、クラーク留学、その他バコロド留学、ダバオ留学の順番に人気があります。 特にセブ島留学とバギオ留学は、フィリピン留学業界ではライバルといっても過言ではないくらいの人気を争っています。   「なぜセブ島留学ではなく、わざわざバギオ留学に行くの?」   そんな風に疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 フィリピン留学のエージェントに相談すると、“結果にコミットする”ならバギオ留学に行きなさいと言われます。   “結果にコミットするバギオ留学!?”   どこかで聞いたことのあるフレーズですね。笑 今回は、その謎と人気の秘訣を探るべく、バギオ留学のメリットとデメリットを明らかにし、バギオ留学とセブ島留学の違いをまとめてみました。   バギオ留学≠スパルタ留学 バギオ留学は朝から晩まで勉強漬けのスパルタ留学、英語試験のハイスコアをとろうする本気でガリ勉の人しか集まらないんじゃ・・・ちょっと怖い・・・と思われている人もいると思いますが、実は意外なことにバギオ留学=スパルタ留学ではないんです。バギオにも平日外出が可能な留学生の自主性を尊重するセミスパルタタイプの語学学校は存在します。   それ以外にも、英語初心者だから英語勉強の日本語サポートがほしい、ワーホリ対策コースでしっかりと準備してオーストラリアで働きたい、ネイティブ講師の英語に触れたいなど、さまざまなニーズに合ったコースを運営して、且つスパルタタイプではない語学学校もあります。   バギオ留学が激アツな8つの理由 なぜ今バギオ留学が注目を浴びているのでしょうか。その理由8つを下にまとめました。 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結 娯楽、遊ぶ場所が少ない=誘惑がない 真剣な留学生が多い 真剣で、レベルの高い英語講師 涼しい気候でのフィリピン留学 治安が抜群に良い 留学費用が安い 物価が安い   1. 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結   もともとバギオはフィリピンの中でも有名大学が多く集まる学園都市として有名でした。そこに作られたのが、韓国人の親が子供を勉強するためだけに送り込む語学学校です。韓国の教育熱心な文化から出来たスパルタ語学学校が、「一定の期間で必ず英語力を上達させる、成果を出させる」という実績から他国の留学生にも受け入れられ、今日に至りました。   また、バギオにはスパルタ語学学校だけでなく、IELTS、TOEIC、TOEFLの試験対策に特化した語学学校も多数存在しています。試験対策に特化したコースは、一般的に専門性の高い知識や指導法が必要であり、全ての語学学校で運営出来るわけではありません。しかし、バギオは教育水準が高く優秀な人材が多いことから、そういった試験対策コースを運営できる語学学校が多いのです。   バギオ地域のスパルタ学校では朝6時30分から7時に正規授業が開始されます。一部は選択制、学校によっては義務参加となっており、出欠管理も徹底しています。正規授業はだいたい17時~18時に終わり、夕食後にはその日学んだことを復習するための自習時間があります。自習時間も出欠チェックをしている語学学校が多く、その日の授業で学んだことの復習を怠ることなく見直す勉強の習慣をつけることができます。 このように朝から晩までの学習スケジュール、自習時間が設定されているので時間を無駄にしたり遠回りすることなく、まっすぐレベルアップに向けて学習することができます。 ■ バギオ留学 スパルタ留学おすすめ校 ■ バギオ留学 テスト対策・ビジネス英語おすすめ校 ■ バギオ留学 中級レベル以上専門校   2.遊ぶ場所が少ない=誘惑が少ない   フィリピン留学に限ったことではないのですが、留学で失敗する留学生の特徴は、日本と違う環境で開放的になり、遊びに走ってしまうことです。 […]