Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

SMEAGスパルタ(Sparta)

1日12時間の英語授業を提供するセブ島スパルタ語学学校!短期留学で英語力アップ!

SMEAG Sparta Banner

セブSMEAGスパルタ校はSMEAGで運営する3つのキャンパスの中で最初に開校した英語スクールです。スパルタ校の特徴としては開校当時からのベテラン講師が多く在籍し、ESL教育に長けている事、英語のみ使用するEOPルールを徹底している事、いろいろな規定を設け、学習雰囲気を阻害する要素を排除している事、1日トータル630分の圧倒的ボリュームの授業量などが挙げられます。

区分

SMEAG Sparta

SMEAG Classic

SMEAG Capital

位置

Talamban
(ショッピングモールまで20分)
Mabolo
(ショッピングモールまで5分)
Guadalupe
(ショッピングモールまで5分)

コース

Intensive ESL IELTS TOEIC, TOEFL, Business, ESL

特徴

内部寮及びプレミアム寮 IELTS公式試験会場及びリソースセンター TOEIC, TOEFL公式試験会場

SMEAGスパルタ校は、英語基礎を徹底的に固めたい方、短期間で集中学習したい方におすすめの語学学校です。コースはIntensive ESL-1、Intensive ESL-2、Cambridge PET、Cambridge FCEがあります。

留学プログラムの運営スタイルは、留学の楽しみや思い出には一切触れず、学習量の多さと運営ノウハウ、教育システムによって迅速に英語能力を向上させることに焦点を合わせています。朝早くから夜20時35分まで授業とプログラムが行われますが、キャンパスの雰囲気は静かで秩序があります。そして月~木曜日までは外出禁止です。(卒業生の評価と雰囲気は同じセブにあるEVと似ています。)

SMEAGスパルタ校は内部寮以外に「プレミアム寮」という外部寮を運営しています。講師と共に生活しながら24時間英語漬けの生活を送ることができます。1日の授業が終わってから、講師との自然な会話を通して英語を身につけられる環境です。

学校名 SMEAG Sparta
住所 Minoza st., Brgy, Tibago, Talamban, Cebu 6000
設立年度 2006年
定員 330名
承認関連 TESDA及び教育庁の正式認可
運営留学プログラム ESL Intensive
講師 150名(フィリピン)、2名(アメリカ)
日本人スタッフ 1名
日本人の割合 30~40%
学校施設 ロビー、視聴覚室、図書館、マンツーマン講義室、 グループ講義室、休憩室
寮の施設 シャワー、温水器、冷蔵庫、タンス、机、ベッドなど(プレミアム寮は電子レンジ、台所があります。ただし、電子レンジを使用する事は可能ですがガスや火を使う炊事は出来ません)
その他の施設 プール、ジム、インターネットルーム、カフェテリア

 / 1
留学訪問記:英語使用環境を徹底させるセブ島SMEAGスパルタ
2014/01/19

留学訪問記:英語使用環境を徹底させるセブ島SMEAGスパルタ 英語オンリーポリシーのセブSMEAGスパルタキャンパス こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。1月中旬にセブのSMEAGスパルタキャンパスを再訪いたしました。昨年の夏以来です。 前回の訪問からわずか5ヶ月しかたっておりませんが、変われば変わるものだというのが今回訪問の印象です。SMEAGは教育システム改革をしっかりと進めておりました。 ■ まず一番変わったのがEOP(英語のみ使用環境)の徹底です。 上記左の写真がなんだかおわかりになりますか?前日母国語を使って見つかった人達のリストです。彼らは罰金として各自100ペソ支払います。8名ですから800ペソです。セブのタクシー初乗りが40ペソ。庶民目線では高め設定のマクドナルドのエッグマーフィンセットが107ペソ。100ペソ(約230円)は決して安い金額ではありません。集まったお金は慈善団体に寄付されます。 右の帽子は英語以外の言葉を使っても許される特別アイテムです。英語初級者で込み入った話や相談ができない方は限定的にこの帽子を着用します。この帽子を着用しない限り生徒はもちろんの事、マネージャーや講師、学校関係者はすべて英語使用となります。外部からの電話ももちろんすべて英語対応です。 英語圏であるフィリピンの英語学校で英語使用環境を徹底させるのは一見当然のように思えますが、現実は違います。講師たちは現地の言葉を使いがちです。セブではセブアノ語、マニラではタガログ語、イロイロではイロン語などです。学生も自国の言葉を自国の学生と使います。普段の生活の中での細々とした一シーン、一シーンを徹底管理するのは非常に体力が必要となってきます。ですから宣伝ではEOPを掲げながらも実生活では徹底されていないというのが現実です。 私が記憶する限りEOPを徹底管理している学校と言えばバギオのPINESチャピスキャンパス、同じくバギオのHELP Martins キャンパス、マニラのC21、そしてセブのSMEAGスパルタキャンパスくらいです。 左上の写真はスパルタキャンパス野外廊下です。夜12時を過ぎると左右のポールにテープが張られます。テープは自室と自習室間を誘導しています。テープからはみ出してキャンパス内の他の敷地に出るとイエローカード1です。イエローカード5で退学となります。 どこの学校でもそうですが、夜中になるとキャンパスのあちらこちらでカップルが密会していたり、5~6人が集まって井戸端会議を行ったりしています。このテープを張る事により学生は夜中は寝るか自習室で勉強するかのチョイスしか選択肢はなくなりました。 右の写真はスパルタキャンパス名物の講師と同居するプレミアム寮です。学校とプレミアム寮は200~300mくらい離れていますが、校舎とプレミアム寮を行き来するシャトルバスが一日100回くらい運行されますので不便はありません。歩いても大した移動距離ではありません。 プレミアム寮の1階は畳12畳くらいの広々としたリビングと炊事場、講師の部屋があり、2階には学生の2人部屋、3人部屋などがあります。夜9時になるとテイータイムという講師との勉強会が開かれます。こちらの規制などもメインキャンパス同様で、プレミアム各寮前の広場で夜中に学生同士で集まってだべってたりしているのを巡回のガードに見つかるとイェローカード1が発行されます。楽しくないと言えばそれまでですが、本業である学業推進という尺度では非常に効果的です。 SMEAGはスパルタ、キャピタル、クラシックと3つのキャンパスがあり、それぞれ違う顔を持っていますが、受講できる授業総数が一日660分と非常に多い事と正規授業以外の特別授業やオプション授業が充実している共通点があります。 SMEAGの基本授業構成は正規授業90分マンツーマン2時間+グループ授業1時間です。内容はスピーキング、リスニング、リーデイングなど他の学校のESLと内容はあまり変わりません。 ですがそれ以外に強烈な朝と夜の特別授業とユニークなオプションクラスがあります。 朝90分、夜120分の強制特別授業の科目はいろいろありますがまずStepUpという授業からはじめます。単語30個と英語表現20個を毎日覚えます。週末に試験があります。それを4週間パスし続ければこのクラスから抜けられます。通称脱出クラスと呼ばれています。身に付く物が多いためパス後も居残り続ける人は結構いるそうです。 ここを脱出すると次はパターンイングリッシュというクラスを取ります。主に英語表現と文法を習います。きちんとした文章を書けるような訓練です。今は1クラスしかないですが、クラス別で2つに分けるそうです。 その後はアメリカドラマ、CNN、ケンブリッジコース(FCE)、TOEIC、IELTSなどの概要コースに入ります。 強制特別授業はスパルタ以外の2キャンパスでは4週間で終わります。ですがスパルタキャンパスでは卒業までずーっと続きます。 正規授業の合間にはスピーキングを中心としたオプションクラスがあります。2時間受講可能です。 特に人気なのはPronounciation(発音)とSpeakUpという授業です。SpeakUpはテーマを設定し、討論するクラスです。ここまで登ると初級者レベルではなくなります。 オプションクラスにビジネスコースや映画視聴などもありますが、それらはキャピタルとクラシックのみ実施されています。 左上の写真はスパルタキャンパスの前の道路です。スパルタキャンパスはタランバンというセブの中心地から車で20~30分の郊外にあります。治安は安全です。右の写真はプレミアム寮の目の前にあるイタリアンレストランです。ここは複合施設となっており、その他ギリシャ人が経営するコーヒー専門店、韓国料理屋、トレーニングジム、マッサージ店などが並んでおります。 ■ まとめ SMEAGスパルタキャンパスはどんな方に向いているか。。。 この学校は初級者が多いです。日本人も訪問時9人と大きい学校の割りにかなり少ないです。スパルタはセミスパルタと違いスピーキング力アップに特化するというよりは、英語の全般力を上げていくプログラムです。しかしながらEOPの徹底や講師との共同生活はこういったスパルタの不足部分を補うには十分だと判断いたします。 日本人は少ないですし、母国語は一切使えないので厳しくストレスのたまる毎日となりますが、初心者が短期間に何かをつかもうとするのであればそれくらいの覚悟がなければならないでしょう。 校舎の内部寮とプレミアム寮どちらがいいかと聞かれますと個人的にはプレミアム寮がいいと答えております。部屋や建物が新しい、キャンパスと少し離れているので気分転換ができる、値段があまり変わらない、講師と同居できるなどが理由です。 それとこのスパルタキャンパスはフィリピンでは唯一正規でケンブリッジコースを開設しています。ESLである程度実力をつけたがIELTSはまだ難しいという方にはケンブリッジのPETコースを推薦いたします。ESLとIELTSをつなぐ中間的な役割を担います。ケンブリッジ検定を本格的に習いたい方にももちろんお勧めの学校となります。 最後になりますがSMEAGスパルタキャンパスは『逃げ道』を提供しております。スパルタキャンパスがもし合わなければ、他の同系キャンパスへ移動可能です。規則があまり厳しくないクラシックやキャピタルへ中途引越ししてもキャンセル料金なども発生いたしません。個人的にはいさぎよしとは思いませんが、スパルタにはいきたいがやり通せるか自信がないという方には安心材料ですね。

セブSMEAG 1,2,3キャンパス比較
2013/05/23

セブSMEAG 1,2,3キャンパス比較 ■ 臨機応変な生活環境を提供するSMEAGスパルタ SMEAGスパルタキャンパスでは平日外出が規制され一日10時間以上の集中英語授業が行われます。毎週土曜日にWeekly Testが実行され、成績チェックシステム管理下に学生の英語力向上幅とレベルがグラフで表示されています。 外出不可で英語使用ばかりのキャンパスでストレスを解消させるため、立派なプール、バトミントンコート、バスケットコート等の運動及び余暇施設が完備されています。それとフィリピンの英語学校では部屋でインターネットがつながる所がほとんどないのですが、SMEAGは部屋でもつながり、全体的によくつながる事でも定評があります。ネット重視の方にはSMEAGが特におすすめです。 またSMEAGの運営はとてもユニークでスパルタに入ってみたもののやっぱり厳しすぎたと思った方はSMEAGのキャピタルキャンパスやクラシックキャンパスに転校できます。当然コースも変更です。 内部宿所は女性宿所と男性宿所が完全分離され、異性の寄宿舎訪問が完全不可能となっています。 人気講師と共に生活し放課後も英語漬け生活を堪能できるプレミアム寄宿舎はSMEAGが他と差別化した自慢できるシステムと言えるでしょう。 ■ 気ままなスタイルならSMEAGキャピタル SMEAGキャピタルキャンパスはセブ中心地から車で10分くらい離れたカタルーペに所在します。周辺環境はセブの他地域より綺麗でいろいろな場所にアクセスが便利な立地です。6階建ての建物には1階がコーヒーショップ、コンビニエンスストア(午前零時まで営業)や他のショップ、食堂と洗濯室があります。6階には自習室、TVルーム、フィットネス室があります。自習室は当然ながら常時エアコンが稼働しています。TVルームには学生達が集まり、夜遅くまで話し合ったりくつろいだりしています。フィットネス室ではランニングマシーンや卓球台などもあります。 SMEAGキャピタルキャンパスは立派な付帯施設などのスケールメリットを享受できる快適なキャンパスと言っていいでしょう。だからと言って規定がないわけではありません。最低限の罰則はありますが、他に比べ規制がかなりぬるいです。この学校は国際色も豊かなので韓国、中東、中国、ベトナムの学生たちが周辺の観光スポットへ週末に遊びに行ったりします。勉強一本槍の方にキャピタルキャンパスは不向きかもしれません。しかしかけがいのない経験や思い出をたくさん作りたい方や規定や規制に縛られずマイペースで勉強をしたい方に向いています。 ■ ESLからIELTS高得点まで一直線のSMEAGクラシック 約300名定員規模のSMEAGクラシックキャンパスはIELTS専門校ですが希望者はESLコースを受講できます。IELTSコースを受講したいが最初の短期間はESLで肩慣らしをしたい、IELTSコースを受けるにふさわしい実力をつけたいと思う方はGeneral ESL コースを選択いたします。 付帯施設の良さで見るとクラシックキャンパスはフィリピン全土でトップクラスです。広々とした空間にゴルフ練習場や多様な帯域施設があり、運動好きにはたまらない施設です。 平日は外出禁止時間(午後11時~午前5時)以外外出可能です。学校周辺の治安は良く、車5分でSM、アヤラショッピングモールに行けます。

「セブスパルタ語学学校比較」 SMEAG vs EV
2012/11/02

「セブスパルタ語学学校比較」 SMEAG vs EV セブでスパルタ留学するならどっち!? セブでスパルタ留学を計画しているほとんどの方は、SMEAGとEVを考えていらっしゃると言っても過言ではありません。SMEAGは授業量が多くて、EVは細かなマネージメントが特徴です。2つの学校はスパルタコースの学校の中では認知度と評判があっていつも比較されている有名な学校です。 英語学校 SMEAG Sparta EV Academy 位置 セブのタランバン(Talamban) セブの クエンコアベニュー(Cuenco Avenue) 地域環境 主要道路から離れていて静かな雰囲気が作られています。セブの中心街までは車で約20分の距離です。 セブ中心街から5分の距離にありますが、静かです。キャンパスが森林の中にあるので、全体的に雰囲気はいいです。 運営コース ESL Intensive ESL Sparta 授業編成 正規授業3時間(マンツーマン2時間、1:4授業1時間)、特別授業2時間、スパルタ授業2時間 - 一日で総660分の授業 正規授業9時間(マンツーマン3時間、グループ6時間)、特別授業2時間 授業単位 90分 50分 運営方式 スパルタ スパルタ 講師 約150名、ネーティブ2名 約100名、ネーティブ2名 講師レベル 中上級 中上級 テスト& フィードバック 講師によって毎日、または週2~3回のテストを実施しています。レッドダイアリー(Red Diary)というノートで自分の間違ったところを講師から修正してもらいます。 毎日の朝6時15分に単語テストを実施しています。夜8時には文章パターンのテストを実施します。 学生定員 約215名 約200名 学生国籍&年齢 韓国、日本、中国の順番です。日本の割合は約30%です。30歳未満の方が多いです。 韓国、日本の順番です。日本人の割合は約15%です。27歳未満の方が多いです。 日本人スタッフ 1名 1名 学校施設 プール(大)、ジム、バスケットボールコート、カフェテリア、屋外休憩空間 […]

セブ島SMEAGはTOEIC、IELTS公式試験センター
2012/08/06

セブ島SMEAGはTOEIC、IELTS公式試験センター フィリピン最大規模の語学学校セブSMEAG取材レビュー こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。8月1日にフィリピン語学学校で学生収容規模最大数を誇るSMEAG(クラシック、スパルタ、キャピタルキャンパス)を訪問いたしました。 ■SMEAGが他の学校に対し誇れるものが2つあります。 ① TOEIC、IELTSの公式試験センターとなっている。 ② 多彩で定期的なボランテイア活動を月2回実行している。 TOEIC、IELTS公式試験センターについて SMEAGにはクラシックキャンパスにIELTS公式センターがあり、キャピタルキャンパスにはTOEIC公式センターがあります。SMEAG学生にとって普段模擬試験を受けている同じ場所で同じ時間に本試験を受けられるのは非常に有利な条件です。他の学校の学生は受験のため毎回SMEAGを訪れます。 ボランテイア活動について 現在フィリピンの多くの語学学校がウェブ上で課外活動の一環としてボランテイアを宣伝していますが、定期的に行なっている学校はあまりありません。その中で面白い活動を展開しているのがSMEAGです。SMEAGでは毎月平均2回にわたり、学校のペンキ塗り、孤児院訪問、マングローブの植樹、古着バザー、医療奉仕活動や地元の人々とのゲーム大会など幅広い活動を行なっています。ボランテイア志望の方には狙い目の学校です。 ■ SMEAG クラシックを行く クラシックキャンパスでは昼食をごちそうになりました。 ご覧の通りご飯、とりの揚げ物、キャベツとにんじんのみじん切りサラダ、大根の甘酢漬け、キムチ、汁とバナナです。酢漬けは日本の味そのものでした。揚げ物も食感がよくお世辞抜きでおいしかったです。ほとんどの日本人がおいしく食べられるのではないかと思います。 事務所最上階にはジムがあり、ゴルフ打ちっぱなしネットや各種トレーニング器具が置いてあります。フィリピン人ジムトレーナーが常駐しています。指導は無料です。 ■ SMEAG スパルタを行く さてスパルタキャンパスと言えば名物のプレミアム寮です。プレミアム寮はスパルタ校舎の外部寮で住み込みの講師と一緒に生活できる、24時間英語を使用することができる学生寮です。 新築タウンハウスのユニット毎にリビングとキッチンがあり、2階は学生寄宿舎となっております。ユニット内は英語以外禁止ゾーンとなっており、正規授業後も同泊しているフィリピン人講師から英語の指導を受ける事ができます。左の写真は1階リビングです。その他講師の個室があります。右は2人部屋の風景です。事前許可も取らず勝手に人の部屋に乗り込んで、図々しくも写真を撮って、ウェブにまで公開させてもらい、本当に本当に本当に本当にごめんなさい。 SMEAGはグループ授業で定評がありますが、無料のオプションクラスもユニークです。左の写真にあるのがオプションクラスのメニューですがスピーキング強化クラスのオンパレードです。 パワースピーキング、アメリカンアクセントトレーニング、ケンブリッジスピーキング、スピークアップ、サバイバルイングリッシュなど無料でたくさんのスピーキング授業を受けられるのは大いなるメリットです。 時間もばらばらで午前や午後の早い時間など授業の空き時間に受講できます。ほとんどの学校ではオプション授業が夜集中的に平行して行なわれるので、夜の時間を確保したい、あるいはより多くの授業を受けたい学生にとっては心憎い気配りですね。 SMEAG各キャンパスには看護師が常駐しています。看護師以外にも病人ケガ人用の車両が常に1台確保されています。写真はクラシックキャンパスの専属看護師さんです。仮病を使ってでも治療を受けたいほどの美少女だったのでついついシャッターを切ってしまいました。公私混同ごめんなさい。 ■ SMEAG キャピタルを行く 大型学校の最大のメリットはそのスケールメリットにあります。付帯施設の良さは他を圧倒いたします。 キャピタルキャンパス1階にはコーヒーショップ、バー、雑貨コーナーなどがあります。キャンパス内でお酒を出している学校はこことベイサイドイングリッシュプレミアムリゾートキャンパス以外僕は知りません。まぐろやサーモンの刺身、スーパードライ等もメニューにあります。フィリピンでは18歳から飲酒合法です。 ■ まとめ SMEAGには韓国人、日本人ばかりでなく、中国人、台湾人、ロシア人と多国籍の割合が他の学校より高いです。卒業生は毎年4,000人にのぼり、SMEAG卒業生の多くは一緒に学習したパッチメートたちと連絡を介して卒業生の情報交換システムや交流システムを持つなどネットワークを形成しつつあると聞いております。 SMEAGに向いているのは大人数だから受けられる恩恵を享受したい方々ですね。小規模で誰もが仲良しになれるアットホームな環境を望む方には向いておりません。キャピタルとクラシックは都心に位置し、スパルタは郊外にあります。

 / 1
セブ留学SMEAGスパルタ*Thank you for SMEAGスパルタキャンパス♡
2015/06/03

セブ留学SMEAGスパルタ*Thank you for SMEAGスパルタキャンパス♡

こんにちはHanaです(*^_^*) あ~!! ついにこの日がやってきてしまった・・・ お別れするのは名残り惜しい・・・
ということで今回は最後に学校周辺のお世話になったお店と 私の愛すべきスパルタ生活について集大成!? 学校から徒歩圏内で行けるお店をランキングでご紹介します。 まずはランキング <第1位 学校の売店> 誰もが必ず利用するということで校内ですが・・・第1位 アイスクリーム? 暑い日には必ず食べてました。25~35ペソ(63~88円)くらいです。 韓国のアイスクリームしかないです。 お勧めはフルーツ系でメローナというメロン味のシャーベットが1番好きでした。 大人気で品切れがほとんどなので・・・ 巡り会えたら必ず購入。 チョコレート系は日本のと比べるとクオリティーが低い・・・ けどまあまあ、そこは我慢しましょう。 ジュースやカップラーメンやスナックなどジャムまで揃います。 どん兵衛もありますが・・・ お高いので、韓国のカップラーメンで我慢する生徒がほとんどです(笑) ちなみに、どん兵衛は1個120ペソ(300円)くらいです(涙) 韓国製品の方が安いので韓国製品やフィリピン製品でしのぎましょう。
続いて<第2位 出前>
これまたお店じゃなくてすみません・・・ 校内のガードハウスで夜の10時まで出前を取ることができます。 PIZZAは2店舗あり人気があります。 韓国チキンのヤンニョンチキン(甘辛ダレを絡めたフライドチキン) 唐揚げ、醤油味のフライドチキン 個人的には醤油味と別メニューのネギを頼んで一緒に食べるのが好きでした。 ただしこのチキンは結構お値段が高く(フィリピンにしては)たまにしか頼めませんでした。 あとは韓国料理のキンパやヌードル ジョリビーというフィリピンで大人気のマクドナルドのようなハンバーガーショップ 300~1000ペソ(750~2500円)で注文ができるので 平日はみんなでシェアしてプールサイドやシアタールームでパーティ♪ というのが結構多かったです。
<第3位 デジバン>
何度かご紹介しておりますが、SME生徒がこよなく愛するサムギョプサルのお店です。 350ペソ(875円)くらいでなんと肉と野菜が食べ放題のお店です。 冷麺 ムルレンミョン(辛くない)が美味しいと韓国人にも評判です。 特に男子学生にはたまらんお店となっています。 私も大好きで卒業式などのイベント時には必ずと言っていいほど利用しています。 ただし食べ終わった後には、服やバッグなど・・・ サムギョプサル パフュームと呼ばれておりますのでご注意下さい(笑) Wi-Fi利用可 写真 4
第4位 ブドン (ベーカリー) こちらはなんと、ここでしか買えないパンです。 24時間営業で、1つ2ペソ(5円)くらいですが、焼きたて時には日本のクオリティー並の美味しさで 感動すること間違いなし。必ず買ってみて頂きたい1品です。 CEBUでここだけ!! プレミアムドミトリーの側ですが、かなり解りずらいです。 最初は誰かについて行きましょう。 先生や生徒に聞いたら教えてくれるので、確認して買いに行ってください(笑)
<第5位 MUETAI (マッサージショップ)
グランドモール少し手前にあるマッサージショップです。 他のお店より少しお安い設定料金ですが、さらに学割も効いちゃうためお得です。 おすすめはタイマッサージ60分180ペソ(450円)くらいと破格のお値段です。 オイルマッサージ90分も350ペソ(875円)と他よりはお安い設定となっています。 他店が90分オイルマッサージで450~600ペソ(1125~1500円)くらいと考えるとお得です。 雰囲気は特別素敵なこともなく、初めて行くと真っ暗なビルの中で受付も電気なしとちょっとビビります(笑) 怪しいお店ではないのでご安心を!! 私の個人的感想として60分がお勧めです。90分だと後半だらけて来るので最後が何だかよく解らない・・・ みたいな印象を受けることが多いです。 <第6位 ベンジャミン向かいにあるコンビニエンスストア> 外にテーブルと椅子とTVまであります。 購入したものをここで頂けるので格安で飲みたい時は最高です。 ただのコンビニなので特筆事項はないですが、こらはフィリピンの先生たちにも大人気。 しばしば遭遇することがあります(笑) グイグイのWi-Fi利用可
<第7位 ベンジャミン> こちらはフィリピン料理が味わえるバーとなっていて、お酒も飲めるので こちらも卒業式など毎週末、SME生徒でごった返しております。 赤を貴重とした店構えとオープンカフェな感じがいいですね。 Wi-fi利用可
第8位 Angels バーガー ご近所のビル街にあるハンバーガーショップ 1個買うと2個くれるという1+1システムを導入(笑) 安いのでたまに買ってしまいます。 味は想像通りです。安いですから。 参考までにお隣にパン屋さんもあります。 <第9位 スナックベリー> Angelsバーガーのあるビル街にあるバーです。 値段もやすくてタコスが美味しいと評判のお店です。 こちらも週末にはSMEの生徒で賑わっています。
<第10位 グイグイ> ベンジャミン向かいのコンビニ横の韓国料理屋さんです。 サムギョプサルは高いので韓国定食などを食べる時に利用します。 ちょっと値段が高いのでたま~に利用する感じでしょうか。 Wi-Fi利用可
とまあ本当に数々の思い出があり過ぎて語り尽くせないのですが
最後にスパルタキャンパスの環境について述べるとすれば・・・ 郊外にあると言われるスパルタキャンパスですが徒歩圏内に薬局、コンビニ、郵便局 飲食店など沢山あるので、生活にはまったく困ることはありません。 もっとも週末以外は外出禁止なので金曜の夜~日曜の夜までの利用となりますが楽しく生活できますよ♪ あとは先生と生徒と生徒の距離感がとっても近く、一体感を感じる事が出来る学校です。 誰もが親身になって面倒を見てくれますし、困ったことがあれば誰にでも相談することができます。
ちなみに・・・ガードの方や掃除の方、修理の人や売店の店員さんや配膳や調理、事務の方まで皆気さくなメンバーです。
会えば声を掛けてくれるし、いつでも笑顔です。
私はESL2というコースだったので大半が1:1クラスで日常会話を中心に学んで来ました。 もちろんMorningスパルタ、Eveningスパルタも金曜の夜~日曜の朝までを除いて毎日参加していました。 当初の目標はクラッシックキャンパスでIELTSの勉強をするための最低レベル日常会話が出来る程度というくらい・・・ 最初のレベル分けが1M→最終レベル2Mとレベルの低い話ではありますが・・・ 目標を達成する事が出来たので本当に満足しています。 ある程度のレベルのある方でもケンブリッジコースもあるので大丈夫かと思いますが やはりお勧めは初級者IELTS~5.5くらいの方が向いてるのではないでしょうか。
EOP(English only policy)も大変なこともありましたが、お互いに解り合おうとする姿勢をみんながもっているので 沢山の国籍の異なる友達を作ることができました。つたない会話でもお互いに意思を汲み取り、 共有できる素晴らしい経験を得ることができたので不便さよりも良い思い出の方が多いくらいです。 スケジュールはタイトで大変ではありますが、その分Offの日の充実っぷりは半端なく・・・ みんなで楽しもう!!ってノリがたまらないCrazyでHappyな3ヶ月を過ごす事ができました。 この学校を選んで良かったと、心から思っています。 全く話せない、頭の悪い私でもみんながサポートしてくれたお陰で目標を達成する事ができました。
本当に転校するのが寂しくて、何度も変更を考えましたがその際にも 「目標を達成するためには向こうに行って頑張ってきなさい!!もしどうしてもダメだったら、いつでも戻って来なさい」 とありがたいアドバイスを沢山の先生や生徒のみんなから頂きました。 沢山の素晴らしい経験とサポート、励ましや沢山の仲間たち 感謝以外の言葉が見つからないくらい全てのものに感謝しています。
どこにいても最終的には自分の努力次第で伸び率は変わってくると思います。 慣れない環境でくじけずに頑張って行くために学校選びは大切なキーワードになることは間違いありません。 自分のレベルと目標、何を求めるのかを考えて慎重に学校を決めることが より良い留学生活の第1歩になるということを選択の参考にして頂ければ幸いです。 Thank you for SME AG Sparta Campus!! I’ll never forget this wonderful experience・・・
セブ留学SMEAGスパルタ*卒業について☆
2015/06/02

セブ留学SMEAGスパルタ*卒業について☆

こんにちはHanaです。 本日はセブ島SMEAGスパルタ学校のGraduateについてどんな感じかお伝えします。 昨日My Classmateが卒業となりましたのでその様子についてです。
2週間くらいの方から半年を超える方まで様々ですが1番多いのが3ヶ月程度の滞在な気がします。
本当に時間の過ぎるのがあっと言うまで、気がつけばもう卒業って感じになるんでしょうけど なんだかんだ密度の濃い時間を共有しているので、仲間意識が芽生えるといいますか・・・ 旅立ちはやっぱり寂しいものですね。 ほとんどの生徒が、英語圏への留学の手始めにフィリピン留学を選んでいるようなので 3ヶ月~4ヶ月という生徒が圧倒的に多いのも納得です。 今回KoreanのArronが卒業とのことでTeacher&Other classmateで何をしようか考えまして、 CEBUロゴTシャツをみんなでお揃いで購入することになりました。 卒業当日プレゼントをすることになったのですが、こっそりお揃いのTシャツを着てサプライズにしようということに決定!!
当日授業が始まった時にTシャツをプレゼント、1度トイレで着替えてくるように促し、
戻ってきたところで、みんながお揃いのTシャツを着て待っている・・・って内容です。 グループクラスというのは1:4で構成されていますが、私のクラスは英語レベルの低いクラスということもあって、かなりアットホームな雰囲気です。みんな本当に仲良しです。 クラスによって授業内容も異なるため、ハイレベルなクラスはかなりお勉強重視のようです。 どちらがいいかは微妙なところですが、合わない場合はクラス変更も可能なのでご安心を(笑) という訳で・・・サプライズは大成功(*^_^*) みんなでこの日は1日お揃いTシャツで過ごしました。 他の生徒達も羨ましがるほど~仲良しなクラスです。 当の本人はかなりシャイなので、卒業式はブラウスを羽織っておりましたけど・・・ 卒業式らしきものが夕方6時頃~7時頃まで行われます。 ほぼ毎週のように金曜に開催されますが、当日卒業する生徒達が英語でスピーチをして Teacherとの最後のお別れを惜しみつつ証明書をもらいます。 グランドで開催されるので他の生徒もギャラリーとして周りで鑑賞することができます。 クラスメイトやルームメイトの旅立ちをみんなで祝福します。
卒業する生徒はTeacherに手紙を書いたり、プレゼントを送ったりすることが多いです。
写真やデコレートをしてかなり豪華なメッセージを手作りします。 Teacherはその手紙を壁一面に貼ってお部屋を飾っています。 人気のあるTeacherかどうかひと目でわかるので、選択する際の目安にもなるのではないでしょうか? やる気のあるTeacherは生徒を大切にしているのでこういったところにも多々現れるのかと感じます。 もちろん新しい先生の中にも良い先生はいると思うのですべてがこの限りでは ないと思いますけど・・・参考までに。 通常の学校生活とは異なり、短期間での出入りとなりますが貴重な経験を共有してるため感慨深いものがあります。 自分の時に上手にスピーチなんて出来るのか・・・不安もありますけど。 今回は卒業式の後、みんなで近所の韓国料理サムギョプサルを食べに行きました。 豚バラ肉の焼肉が食べ放題350P(900円弱)という素敵なお店です。 皆それぞれClassmateやBatchmateの卒業日には近所でラストパーティをすることがほとんどです。
 
ただしTeacharが参加するのは希なことのようです。
まず証明書類を記入し学校の許可を得る必要があるというのが1点と、けして裕福ではないお国柄 Teacherの賃金も想像を超えて安いようです。 留学生相手の飲食店やモールなどはそこそこのお値段なので、現地の人が気軽に行けることは少ないみたいです。 中でもTeacherは恵まれた職業のようではありますが、Tシャツ代と飲食代は結構なものだったと思います。 残りのメンバーも2週間後、4週間後、6週間後でいなくなるのでこの5人では最後のパーティです。 本当に良い思い出になりましたし感謝ですね。 金曜日は夜7~10時までが外出可能となっているので、本日はあちらこちらでラストパーティーが繰り広げられておりました。 パーティに参加していると、時間の速さを実感し己の語学力の進歩が少し不安になってきます。 3ヶ月の伸び率もやはり人それぞれなのですが、ちゃんと勉強しなくてはと身につまされる思いです。 ・・・とはいえ毎週のお誘いを断れないのも事実でして・・・もうしばらく悩める日々が続きます(笑)
セブ留学SMEAGスパルタ*愛すべきセブSMEAGスパルタLife♡
2015/06/01

セブ留学SMEAGスパルタ*愛すべきセブSMEAGスパルタLife♡

こんにちはHanaです。 早いものであっという間に3ヶ月が過ぎ、 いよいよ私のスパルタ生活も終了となります。 今日はまとめと称して、SME AGスパルタキャンパスの近隣情報3ヶ月間で私が感じた 愛すべきスパルタ生活についてお話したいと思います(*^_^*) まず学校の周辺環境ですが、クラッシックキャンパスやキャピタルキャンパスが セブシティの中心地に立地してるのとは裏腹に・・・ 我がスパルタキャンパスは少々山の方!?ちょっぴり郊外にございます。 セブで最も大きく有名なAyalaモールからはタクシーで20~30分くらいの距離にあり、 おおよその目安で120~140ペソ(300~350円)くらいといったところでしょうか。 お金を引き出すのに利用するCityBankもこちらにあるため、かなりの確率で利用することになるでしょう。
映画館で有名なこれまた人気のSMモールも130~150ペソ(325~375)くらいでしょうか。 こちらもタクシーで30~40分くらいの距離にあります。
ITパーク(コールセンターの入ったビジネス街)こちらは裕福な外国人などが利用することが多いため
ガードマンが在中していることもあり、比較的安全と言われている地域です。 タクシーで15~25分くらいの距離にあり、100~120ペソ(250~300円)くらい。 沢山のレストランがあるのでよく利用します。 韓国料理、フィリピン料理、日本料理、イタリアンなど何でも揃っております。 写真はMoon cafeという多国籍料理!?のお店です。
カントリーモールというモールがタクシーで15~20分くらいで80~100ペソ
(200~250円)くらいです。 スーパーマーケットと小さな食べ物屋さんが数件、写真の現像ができるため近くて便利です。 クオリティーはAyalaやSMには劣るため簡単に用事を済ませたい場合に利用してました。 ちなみにこの周辺にはインターネットカフェやボーリング場、 マッサージショップなどもあるため ちょっとした娯楽には最適です。
グランドモールは学校から一番近いモールとなっていて徒歩で15~20分くらい。 タクシーで5~10分、60~70ペソ(150~175円)くらいでしょう。 日用品などはこちらで全て揃えることができますが、レストランがないため外食には向きません。
*交通状況や為替の影響もあるので、あくまでも参考までに* 交通手段は基本的にはTAXIを利用します。学校の前で拾う事が多いですが 週末には沢山の生徒がTAXI待ちをしてるため、人数が少ない場合は声をかけて相乗りします。 割勘ですのでなるべく4人で乗るのが賢い方法です。 あと日中はジプニーというバスのような乗物を利用することもあります。 こちらは8~9ペソ(20~22円)くらいと破格にお安くなっっております。
外観もカラフルで色々なタイプのものがあり、異国情緒漂い興味深い乗り物ですが・・・
とっても危険なため日中で空いている時のみ、単独ではなく数人で乗るのが良いと思います。 女性はアクセサリー男性も時計など高価なものは外しバッグなどは胸前で抱えるようにしましょう。 外国人はひったくりとスリのカモです。 沢山の生徒が被害にあっていますので、 学校側ではタクシーでの移動を勧めているようです。
夕方以降は特に危険とのことで、現地のフィリピーノでさえ女性1人では利用しないとのことで アクセサリーなど外して乗るなど警戒しているそうです。 夜間は強盗なども多発しておりHoldされた場合にはすべてを差し出せとのことでした(汗) 殺されるなどの事件は少ないようですが要求に答えなければ命の保証はないとのことです。 とはいえ安さと外観が可愛くて興味をそそるため、私は日中のみ2人以上で空いてるジプニーのみ乗車していました。 ちなみに車内での会話は英語で話しましょう。母国語で話すと目立ちますので標的になりますから・・・ ジプニーの全面に看板が掲げてあり数字とアルファベットが書いてあります。 ちなみに学校からAyalaモール、カントリーモール、グランドモールへは62Bか62C 学校の前から乗ることができ、お兄さんがAyala、Ayalaと声をかけて来るので すぐにわかります。
帰りはAyalaからが04 L、グランドモールからは13 IなどTalamban PitOsと書いたジプニーに乗ります。 何度も言いますが危険ですので、大抵の移動はTAXIがいいでしょう。 ただしTAXIも必ずしも安全ではないため、道端でTAXIを拾うことは避けたほうが無難です。 モールやパーク内には必ずTAXI乗場がありますし、外国人が遊びに行くマッサージショップや飲食店には 必ずガードマンがいるので、私たちが利用するタクシーのナンバーなどを控えてくれます。
追加請求や女性の場合はセクハラなど被害にあってる生徒のほとんどが、 道端で拾ったTAXIの中で被害に遭っています。 追加請求については拒否すればいいだけの事ですが、女性1~2人のみで乗車した場合には どこかに連れ去られてしまう恐怖もあるため拒否できなかったという話もよく聞きます。 少人数での乗車の場合には必ず男性を含めること、 女性のみの場合は3人以上での乗車が安心だと思います。 ・・・とかなり脅かしてるようですが用心に越したことはないということです。 毎週末沢山の生徒がモールに出向くため、 TAXI乗場でTalamban Malbilと伝えると大体たどり着くことができますし SMEはかなり有名なのでフレンドリーで優しい運転手さんも沢山いますから、 用心しつつフィリピンカルチャーを楽しんじゃって下さい。
注意点としては週末はTAXI乗場が大変込み合うので長蛇の列となります。 門限に送れないために余裕のある行動をお勧めします。 通常は20~30分の距離であっても1時間半前から最低でも1時間前には TAXI乗り場に並ぶようにしてくださいね。 とまあこんな感じで余裕のある週末は近くのIslandに旅行に出かけ、 何もない週末はモール巡りと外食や、マッサージなど 平日に外出禁止の影響もあり週末は遊びまっくてしまうというスパイラル・・・ 勉強すべきと思いつつもついうっかり遊び過ぎてしまっておりました。 もちろん己の意志の弱さということにはなりますが、 素晴らしい沢山の経験と共に沢山のお金を浪費した事は言うまでもありません(笑) 良い子の皆様、ご利用は計画的に(*^_^*)
セブ留学SMEAGスパルタ*ロングホリデー
2015/05/24

セブ留学SMEAGスパルタ*ロングホリデー

こんにちはSMGAGスパルタのHanaです。こちらに来てから1ヶ月が経とうとしています。 本当にあっと言うまで・・・遊んで終わってしまうのでは?と不安が募っております(笑) という訳で、今回はLong Holidayの過ごし方について(*^_^*) そうです、先週は17日~20日までがEaster(キリスト教の復活祭)とのことで 4日間のLong Holidayでありました♪ こちらはフィリピン国民の多くがキリスト教徒で重要な意味を持つ日だそうです。 お店やレストラン等もお休みとなるため、ほとんどの学生が近所の島へ小旅行に出かけるとのこと。 もちろん我らバッチメイトもお出かけです。せっかく4日間もあるので遠くへ行きたいと思ったんですが この時期はかなり混み合うとのことで、予約が取れず・・・ あえなく1泊2日のMalapascua Islandに決定!! Koreanメイトが予約を取ってくれたので、私はついて行くのみ♪ Koreanエージェントが学校まで送迎してくれるので安心です。 やはり韓国系の語学学校が多いため、レジャーはかなり充実しています。 旅費3400ペソ+持込飲食代他400ペソ(日本円で1万円しないくらいでしょうか) 外国人プライスというのかレジャーや飲食については・・・それほど物価が安いとは感じません。 おそらくエージェントなど通さなければもっと安く済むんでしょうけど、そこは安全第一ということで納得です。 ほぼ毎週末、遊び歩いておりますが(笑)海は今回が初!!ってことでテンションMAXです。 本当に行って良かった~CEBUに来て良かった~!! ・・・と思うくらいの海の色のキレイさと星の近さに感動しました。 最近何故か写真のアップができず・・・載せれなかったらごめんなさい(>_<) 1日目はシュノーケリングとサムギョプサルPartyで盛り上がりました。 船に乗ってビュースポットへ行きシュノーケリング♪海のキレイさ半端ない!! ポストカードを見てるみたいにグリーンとブルーのコントラストと白い砂。 夜はナイトショーを見ながらビュッフェを食べつつ・・・ 持ち込んだサムギョプサルでPartyです。 星があまりにも近くてビックリ(°д°) みんなで浜辺で将来について語りあったり 本当に楽しい時間を過ごすことができました。 2日目はオートバイの後ろに乗せてもらって島を1週するツアーで満喫。 勉強ももちろん大切ですが、せっかくなのでこういう経験も味わうべきですね。 是非、おすすめします。おそらくどこの島へ行っても感動が待ってるはず☆ ただ、台風の影響が残る場所もあり、色々考えさせられることも。 オートバイガイドのリーダーらしき人の後ろに乗ったので、実際のカルチャーにも触れ 勉強になりました。 こんな時は自分のつたない英語力にフラストレーションを感じてしまいます。 もっと伝えたいことをきちんと伝える事ができれば、もっともっと世界が 小旅行を満喫して、残りの2日はご近所でランチやディナーを楽みました。 本当は残りの2日を自習すべく予定でしたが・・・(´д`) そんな訳でまたスパルタの現実に戻っていくのです(笑)
セブ留学SMEAGスパルタ*本授業☆
2015/05/24

セブ留学SMEAGスパルタ*本授業☆

本日は前回の続きでSMEAG 本授業の3rd~5thまでを紹介しますね(*^_^*) 3rdクラスは13:00~14:30 昼食後に始まります。 Teacher:Marlie 1:1Listening/Speaking クラスです。 この先生はこちらでは珍しく、とても控えめな性格です。 他のTeacherはどちらかというとのりが良く、向こうからガンガン話しかけてくるのですが・・・ 彼女はこちらからの問いかけに答えてくれる感じです。 最初はあまり会話が弾まず途切れることもあったので戸惑いましたが、 こちらから積極的に話しかけると、とても丁寧に答えてくれます。 こちらも最初はトークから始まります。彼女は自分の話をガンガンするタイプではないので 私が気になるフィリピンの生活や環境など色々なカルチャーについて話しをしてもらいます。 これが結構、興味深くて楽しいです。 それからこの授業ではテキストに沿ってレコーダーから流れてくる音声を聞き取り 穴埋め問題を解いたり、質問に答えたりします。 Listeningスキルが低く何度もリピートしてもらう事がありますが 根気よく付き合ってくれます。 続いて 4thクラス14:40~16:10 Power Speaking 1:多数のグループレッスンになります。 こちらの授業は任意のため、出てもでなくても良いものになります。 かなりの生徒はここで休憩(昼寝)をしたり自習をするため休んだりします。 私も最初は参加しましたが、最近はこの授業には出席していません。 グループレッスンが語学力的に不安なことと、体力的なこともあり欠席しています。 この時間に次に備えてお昼寝しています。時々自習もしたりしますが・・・(笑) このレッスンのTeacherもとても気さくで、廊下ですれ違う度に出席を促されますが・・・ もう少し慣れてきた頃に再び挑戦してみようかと思っています。 そして最後が5thクラス16:20~17:50 ELS 2 Speaking クラスです。 Teacher:Jonabeth 1:1となっています。 私はこのTeacherが大好きです。 明るくて、楽しくて、親切。かなり永く教えてるとのことで安心感もあります。 レベルに合わせてプリントを持ってきたり様々な内容の授業でとても楽しいです。 ここでもお菓子や食物をよくもらいます。 彼女曰くフィリピンカルチャーを学んで欲しいとのこと。 私もジャパニーズ文化を提供すべくお菓子やカップラーメンを食べたりしてます(笑) ちなみに教室の向かいが1rdクラスのTeacherの部屋のため、時々みんなで雑談会になることも。 クラスの内容はTeacherによって、全く異なりガチガチに勉強をするクラスもあります。 どちらが良いかは、とっても微妙で・・・楽しさをとるか伸び率を取るべきか・・・ 悩めるとこです。 私はとりあえず日常会話を学びたいのもあって、こっちが向いてるのかな?? と楽しんでおりますが もちろん変更も可能なので生徒によっては思い通りのクラスが見つかるまで変更するという人もいます。 他の生徒の話しを聞いて情報を集めることも有力な方法となります。 入学後2週間経つと変更が可能になるのでご安心を!!
セブ留学SMEAGスパルタ*Teacherの変更について
2015/05/23

セブ留学SMEAGスパルタ*Teacherの変更について

こんにちはHanaです(*^_^*) 今回はTeacherの変更についてのお話です。 学校生活をスタートしてから2週間経つとTeacherの変更が可能となります。 (注)Warningのない場合に限るので、授業を欠席したり何かの理由でWarningを受けてしまった場合にはさらに2週間Teacherの変更はできなくなりますのでご注意を!!
Teacherの変更をする場合には次の手順が必要となります。
(1)まずはTeacherの変更を決断 この決断は日本人には中々難しいようです。 数週間勉強を共にして、しかも大抵のTeacherはいい人です。 親しくなれば親しくなるほど、決断は難しくなるようです。 韓国人は勉強に対してかなりストイックなので大多数の生徒が変更を躊躇しないようです。 性格よりも授業内容を厳しく評価してるように感じます。 ポイントとしては授業内容が自分の求めている内容に沿っているか否か。 もし沿っていないのであれば、まずは打診してみる。 変更の意欲があり改善が見込まれるようなら、敢えて変更をしなくてもいいかも知れません。 性格は良く楽しいが、授業内容が・・・厳しすぎる・・・etc など変更理由は人各々違います。 注意して欲しいのは変更したからといって、必ずしもいい結果になるとは限らないということです 変更前の方が良かった・・・なんてことにならないためにも、選択は慎重にする必要があるでしょう。 同じTeacherでも変更をせずにかなりのレベルアップをしてる生徒もいるので何とも言えないところです。 私の場合は、Speaking/ListeningのTeacherの変更を最初に決断しました。 理由としては彼女はとてもいい人でしたが、性格がおとなしく、おしゃべりでないということ。 Reading/Writingであれば良かったのかも知れませんが、 SpeakingのTeacherとしては少し物足りなさを感じていました。 こちらから質問をすれば親身答えてくれますし、丁寧に教えてくれるのですが 私から話しかけない時には、無言の時間ができてしまう・・・ 性格が良いだけにかなり悩みましたが、2ヶ月が経った頃に変更を決意しました。 私の場合、キャンパスの変更が決まっていたため、テストのスコアをあげる必要があったからです。 そのあと突如、ESL2 Speaking Teacherが休校することとなり、こちらも変更を余儀なくされました。 とても親しくしていたTeacherだけにとても残念でした(>_<) 時間割を変更すれば、変更せずに残すこともできたのですが 他の時間の内容を変更したくなかったので苦渋の決断です。
(2)決断をしたあとは→新しいTeacher探し これはとにかく人に尋ねるべし!! 毎週木曜に申請書を提出することが出来るのですが、前日に空きのあるTeacherが掲示板に張り出されます。ここで自分の変更したいクラス(時間)に空きのあるTeacherをチェック!! 多い時には5~6名、ひどい時は1~2名しかいないこともあります。
他の生徒にとにかく知ってるTeacherがいるか確認。
見つけたら授業内容、態度、性格などを聞いてみて、自分に合うかどうかを考えます。 人には良くても自分に合わないこともあるし、その逆もしかり。 何人かに聞いてみるのがいいと思います。 ちなみにTeacherが助言をすることは禁止されているようですので、質問は生徒にのみしてくださいね。 第1希望~第3希望まで記入する必要がありますので3人は目星をつけましょう!! 私の場合はSA:Teacher(担任のようなもの)事前に申告したのですが、選択肢があまりにも少なく2名だったため変更は可能だけれどお勧めできないと言われてしまい・・・1週見送り、次の週に再度変更をしました。 3~4ヶ月滞在の生徒が多いので、ポイントとしては卒業生の多い週の翌週が狙い目です。
Teacherの空きが出るということもあって、通常は人気のあるTeacherは空きがないため選択することができないですが この週は人気のTeacherをゲット出来る確率が上がります。 もちろん人気のTeacherは競争率も激しいので、早めに決断し早めに申請書を提出しましょう。 抽選だとの話しですが、実際は早いもの勝ちではないかとのウワサもありますので・・・(笑) 私はバッチメイトのTeacherに空きが出たため1人はこちらを選択。Speaking/Listeningは決定。 もう1人は2名しか選択枠がなく、情報もほとんどなかったため困り果てたのですが・・・ 希望としてはSpeakingを重要視していたため、元々Reading/WritingのTeacherの科目変更を依頼しました。 なぜなら元の私のReading/WritingのTeacherがとってもおしゃべりだったのでSpeakingに向いてるな~との判断です。 ということで、よく解らない謎のTeacherをR/Wに選択。とりあえず真面目だって噂のみ確認できましたが・・・ 結果は正解だったと思っています。
(3)Teacherが決まったら申請用紙をSA:Teacherから受け取り、変更前のTeacherとSAのサインをもらいます。
SAのサインは問題ないですが、変更するTeacherのサインは結構もらいづらいです(汗) 変更理由を記入しないといけないからです。 もちろん変更されて嬉しいTeacherなんていないので、申し訳ない気持ちになっちゃいます。 ・・・ので小心者の方へのポイントアドバイス Power Speaking(選択授業)の時間を合わせて変更する!! Power Speakingは出ても出なくてもいい授業のため変更のサインが必要ありません。 私の場合は3時間目が変更したいTeacher、4時間目がPower Speakingだったのでこちらを入れ替える作戦にしました。 (もともとの希望もあったのですが、LUNCHタイムとPower Speakingの授業をくっつけると自分の時間が長くなるため)
ということで・・・「どうしてもPower Speaking を3時間目にしたいので変更することにしたと」 ちょっと厳しい言い訳ですが(笑) こちらの理由と5時間目のESL2 SpeakingについてはTeacherの理由のため問題なくサインをゲット。 木曜に申請を出して通過した場合、翌週の月曜日から新しいTeacherへ変更となります。 ・・・ということは・・・そうです。「あなたを変更します」と最後通告した後、金曜に授業を受けなくてはならないのです。 最後の授業はやっぱりどうしても気まずくなりがちですし、もちろん変更後もキャンパスで何度も顔を合わせることになりますので 替えられたTeacherはとても傷ついてしまうということも考えた上で、なるべく穏便な変更理由にすることをお勧めします。
(4)最後にSAに申請用紙を手渡しアカデミックオフィスに提出してもらいます。 SAについてはサインをもらいチェックしてもらうだけなんですが、ここでのポイントとしては 先程もお伝えしましたが、第3希望まで記入し競争となるため少しでも速く提出するということです。 毎週木曜日の9時~18時が最終期限ですが、 流れとしては前日までに新しいTeacherを決め→SAに報告しておく→ 翌朝1番にSAに申請用紙をもらい→変更するTeacherのサインをもらう→ SAにチェックとサインをもらい、そのままSAを連れてアカデミックオフィスまで行き届出を見届ける 結果、私は全て希望が叶い 新しいTeacherにも満足できています。 変更前のTeacherとも、もちろん会えば挨拶を交わしますし、 それほど気まずくならなかったので本当に良かったと思っています。 1度変更後は2週間変更ができなくなりますが、2週間後には再度変更ができるので 自分に合ったTeacherを見つけることが可能です。もちろん変更しないで済むのであれば1番ではありますが、 どうしても変更しなければならない場合の参考にしてもらえればと思います。
(5)金曜日に変更後のTeacherと部屋と時間割を確認!! 木曜の夜~金曜の朝にかけて掲示板に変更後の時間割と部屋が張り出されます。 変更に間違いがないか、希望のTeacherに変更できてるかをチェックし 部屋番号も確認しておきましょう。 私は1度目の変更で4時間目の変更のつもりが、5時間目のTeacherを選択してしまって大変でした。 変える予定のないTeacherが勝手に変更となってしまっていたのです。 理由の欄や変更後の希望時間などは合っていたのに、新Teacher名のみで変更がかかってしまうというハプニングでした。 結局は早くに気づいたため再度変更をしなおすということで1週間待たされることになりましたが もし金曜に気づかずに、月曜日になっていたら・・・ ということもありますので、金曜日の早い時間に必ず確認しましょう!! アカデミックオフィスは18時迄なので、過ぎてしまうと土日を挟んで月曜までどうすることもできませんから。
自分の目的を達成するために最大限のサポートをしてもらいたいと願うのであれば、多少ストイックに考えることも必要なのかも知れません。
もちろん留学の目的に合わせて選択することができるので、楽しさで選ぶのか厳しさを求めるのかは人各々かと思います。 そういった意味ではTeacherの数も多いマンモス校というのは選択肢も広がるのでより良い環境を作ることができるのではないでしょうか? そして語学力アップのために1番大切なのは、自分自身の考え方と努力であるということは言うまでもありません(笑)
セブ留学SMEAGスパルタ*Progressテスト(レベル分けテスト)について
2015/05/23

セブ留学SMEAGスパルタ*Progressテスト(レベル分けテスト)について

2014年5月24日 こんにちはHanaです(*^_^*) 今回はちょっと真面目に・・・Progressテストについてお話しようと思います。 そうです、いつも遊んでばかりいる訳ではないのです。 平日はそこそこ真面目にお勉強しております。 ある程度のレベルの方には、あまり参考にならないかも知れませんが・・・ まったく英語が苦手だけれど、留学してみようかと考えてる方のお役に立てれば幸いです(笑)
ちなみにですが、私のSMEAGに来る前のレベルについてですが、既に立派な!?社会人となって
数十年・・・ほとんど学生時代にも勉強をした記憶はなく・・・覚えている訳もなく・・・ 2年程前から中学生の英語のお勉強を始めましてアルファベットからのスタート・・・ Be動詞ってこんな感じ、接続詞ってなんだっけ?・・・というレベルです。 くもん式の中学生英語3年間をどうにか噛み砕いて、なんとなくノリで来てしまったという 本当に真面目に勉強している方には申し訳のないレベルです(>_<)
TOEICの事は周りにも受験してる方がいたので知ってました。IELTSについては来る前にネットで知った程度です。
本当に今となっては無謀としか言い様もないのですが、全く話せなくても大丈夫!! なんて広告を間に受けて とにかく何も解らぬまま、こっちに来れば何とかなるかな~と思ってました。 実際どうなんだというと、何とかなります。一応は・・・欲しいもの欲しいと言えて 嫌なもの嫌と言えて・・・(ここは語学力というよりは性格が大きいかも) とりあえず言葉はほとんど通じてなくても、お友達は作れます。 これができれば生活するにはそれほど困りません。 (周りのみんなには迷惑かかってます・・・本当にごめんなさい) 来ることは簡単ですが、覚悟は必要だと思います。 日本である程度の基礎と下準備をお勧めします。
日本人は話す事が苦手らしく、会話については私とほとんど変わらない方も沢山います。
ただし大抵の方はある程度の基礎があるためテストの点数が良いです。文法やボキャブラリーも豊富です。 大学生の方たちは特にそうですが、理解力もあり Listening力もあります。 こうなると後が楽です。恐らく同じ3ヶ月でも違いが出ると思います。 私は今更ボキャブラリーを必死で増やしてるため、時間がとにかくない。 他の人が違う勉強をしている間も、無駄な時間を費やすことになります。 限られた時間を有効に使うためにも基礎とボキャブラリーを出来るだけ多く持って来ることが語学力アップの近道だと思います。
以前にも軽く触れておりますが、Progressテスト(レベル分けテスト)についてです。 皆さんがSMEAGスパルタに入校当日にIELTSの試験を受けることになります。 第一回目のIELTSテストは私はほとんど白紙の状態でした。 最初のレベル分けはIELTS 2 で1Mでした(笑)
ある程度の予想はして来ましたが、実際に点数でみると本当にひどい・・・
まず問題の意味も解らない・・・何を書けば良いのかも解らない・・・とりあえず勘で書けるとこだけ記入しました。 留学したことを後悔しました・・・早過ぎただろう・・・こんなんで本当にやっていけるのか・・・ 以下がレベル分けのおおよその目安です。 ただし全てのテスト結果が同じにならないこともあるので、参考までにと考える方がいいでしょう。 別な機会にIELTSやTOEICについても詳しくお伝えしようと思いますが 必ずしもすべてのテスト結果が表に当てはまる訳ではないので・・・ 私の場合IELTSのスコアを伸ばしたいと考えていますが、実際にはIELTSは2.5となかなか厳しい状況です。 レベル 1L /1M /1H / 2L / 2M /2H / 3L / 3M / 3H / 4L/ 4M/ 4H / 5L / 5M / 5H IELTS   1.5 / 2 / 3 / 3.5 / 4 / 4.5 / 5 / 5.5 / 6 / 6.5 / 7 / 7.5 / 8 / 8.5 / 9 TOEIC ~250 /310 /370 / 430 /500/ 560 / 620/ 680 /740 / 800 /870/ 920 / 960/ 960~ 私の入学日3月24日のクラス分けは1M (IELTS 2 ) Listening 1 Reading 1 Writing 2 Speaking 3 その後2度のProgressテストを受けています。、 4月16日1度目の結果が 1H(Progress)  Listening 1H Reading 2L Writing 1M Speaking 1H 5月17日2度目の結果が 2L(Progress) Listening 1H Reading 2M Writing 1H Speaking 2M
Progressテストの内容についてですが、TOEICやIELTSよりは易しく感じます。 (ほとんどの生徒の意見です) まずはじめにListeningが行われるのですが、IELTSよりはTOEICに近い気がしますが 会話を聞いて絵を選択する3択問題や会話を聞いて穴埋めをする形式です。 2度問題が繰り返されるので易しく感じるのかも知れません。
Readingについては問題文が何を示してるかを問う問題や、
TOEICに比べると割と短めの文章問題(Readingの後4択)穴埋め問題などです。 Writingは文字数内でお題に関して書く形式のものです。 Speakingは、お題が与えられ2人組になって質問者と回答者を話し合いで決め、 3分間与えられるので会話を作ってディスカッションするというものです。 発音が重視されてるとの噂ですが本当のところはよくわかりません。 組む相手によっても点数が左右される可能性が高いと思います。 私のように会話がたどたどしいと、ディスカッションも必然的にたどたどしくなってしまいますから。
私は6月13日にスパルタについては終了しクラッシックキャンパスへ移動予定ですが
最後のProgressテストで2Mにすることをここでの目標としています。 最終的にセブでの目標が3Mなのでもう少し頑張らないといけないな~と思っていますが これだけ遊び歩いてるので、まあ仕方ないかといったところです。 基礎のある方はもう少し伸び率もいいのではないかと思います。 3か月という限られた時間の中で少しでも実力を伸ばしたいと考えるのであれば やはり下準備とこちらへ来てからの努力も不可欠であると思います。
セブ留学SMEAGスパルタ*休日Oslob
2015/05/23

セブ留学SMEAGスパルタ*休日Oslob

こんにちはHanaです。本日はBreak☆休日の過ごし方ということで・・・ 毎週土曜に開催される様々なテスト(TOEICやらIELTSやら)をかいくぐって到来する待ちにまったHolyday!! まずは第1弾ってことで・・・1日目の紹介です(^_^)
こちらでは、テストがないBreak休日に合わせてほとんどの生徒が旅行に出かけております(*^_^*) フィリピンには数多くの島が存在するため、様々な観光Islandがあります。 2~3時間くらいで行ける場所が多いので、1泊2日の小旅行が非常に人気を集めております。 今回はジンベイザメと泳ぎたいというバッチメイトのたっての希望により Islandではなく、South CebuのOslobに行くことになりました。 Cebuは縦に長く伸びている形状のIslandですので、 我がSMEスパルタキャンパスのあるNorth Cebuからは3時間程度の距離となっています。
バッチメイトばかりでの行動が大半ですが、時々は別の友達との思い出作りも必要ということで・・・
今回の旅は台湾5名、日本6名、韓国は1名の交流となっております。 まず10名が先に出発、残り2名はテストがあるため後から合流となりました。 ちなみに今回はTaiwaneseの主催となりまして、私たちJapaneseはまたも後について行くのみ♪ 本当にありがたいことですが、他国の生徒は積極的といいますかリーダーシップが優れております(^_^) Japaneseの割合が女5名男1名との状況もありますが、いつも頼りになります。 そして他国の生徒はジェントルマンといいますか、ことごとく優しいです。 もちろん日本の生徒が優しくないということではないですが、シャイな国民性の影響か あからさまに優しさをアピールできる他国に1歩リードを許している状況です。 他の学校はどうなのか解りませんが、 SME AGスパルタは本当に皆優しくて仲間意識もとても強く感じます。 普段ストイックに規制されてる影響なのかも知れません(笑) という訳で今回はなんとエージェントを使わずに、パブリックバスでの旅となっています♪
土曜日の朝6:30AM SMEスパルタキャンパスを出発 7:00AM SMEキャピタルキャンパスでお友達を拾ってNorth バスターミナルへ 7:15AM North バスターミナルに到着 売店で買い物後、待つこと30分・・・ 8:00AM North バスターミナルを出発 思っていたよりも快適な社内でした。クーラーも効いているし途中でおやつや食物を売りに来たりします。 11:00頃に海水浴場へ到着 海水浴場でLUNCH予定が・・・ 海の家らしきところが3件くらい・・・パラソルとチェアーの有料貸出あり 夕方6時までのフリーで1名100P×10名=1000P 今回1~2時間の滞在なので価格交渉人数分は必要ないため 4席2時間で200Pで交渉成立
早速、海へGO!!ちなみにこの海水浴場は葉っぱなどがかなり浮いていて、あまりキレイじゃなかったです(笑)
浮き輪を膨らませていると現地の海水浴客の子がポンプを持ってきてくれたり、 他の海水浴客のLechon(豚の丸焼き)Partyが始まったので写真を撮っていたところ、 切り分けてお裾分けを頂いたりと 普段なかなか味わうことのできない貴重な体験ができました!! 2時間ほどで海水浴場を後にし、再びバスで1時間~ついにOslobへ到着!! ちなみにバス停はなくバスが通ったら手を降って止めます。 今回は海水浴場までが120P、海水浴場からOslobまでが48Pでした。 本当はバスを降りてホテルまで歩いて数分の予定でしたが、ホテルが見当たらない・・・ モーターバイクのお兄さん達が寄ってきて乗れ乗れ言ってきます。 ホテルの確認をしたところバイクで20分ほどの距離とのこで歩くには厳しい・・・ タクシーも通りそうもないので、モーターバイクでの移動となりました。 ちなみにこのバイクセブシティなど至るところにいるのですが、観光地はそこそこのお値段を言ってきます。 後で異なる金額を請求されるなんてことも、しばしばあるので注意が必要です。 普通のバイクに3人乗りでノーヘルと日本では考えられない状況下での運行ですので、リスクは十分考慮の上利用することが大切です。 今回は1名50Pと少しふっかけられておりますが、タクシーも通りそうにもないしこちらを利用。 とはいえ風を受けて走るのはかなり気持ちいいので私は結構好きなんです。これ(笑)
15:00PM そんなこんなで、無事に!?本日の宿に到着・・・可愛いい・・・
こじんまりとしたゲストハウスと言うのでしょうか(*^_^*) 新しく建ったばかりのようでとってもキレイでした。 今回は女子部屋3名、3名、2名と男子4名のお部屋割りです。 タオルをお花型や白鳥型に作っていたり、日本人には馴染みやすいサービスを感じました。
お庭にもライティングやデコレートが施され、とても快適な空間でした。
お食事は別料金でしたが、これも美味しくて大満足!!ただしTaiwaneseには塩っぱすぎると不評でした。 売店にカップヌードルやスナックなども置いてあり、のんびり過ごす事ができました。
そして夜はトランプと今回はお酒なしの健全な旅になりましたよ(笑)
 / 2
なぜSMEAGスパルタ校を選ぶのか??
2017/02/16

なぜSMEAGスパルタ校を選ぶのか??

セブ地域の語学学校の中で、朝と夜に非正規授業(特別/オプション授業)の 参加が義務付けられている学校はSMEAGスパルタとCG、EVとなります。 スパルタ式語学学校とは言ってもCIJスパルタ校、CPIなどは正規授業のみが義務付けられております。   SMEAGスパルタ校は、義務的に受けないければいけない授業が多く、厳しすぎるとお考えになるお客様が多くいらっしゃいます。 しかし、卒業生に確認したところ、そんなことはないとの意見を多く頂いております。 もちろん、毎日のテスト、正規のスパルタ授業、オプション授業への参加は義務であります。 ただし、【Intensive ESL-1コース】では授業の途中に空き時間が多く、 休憩や自分の時間を作ることができるため、思ったよりは辛くないとのことです。   また、このキャンパスの特徴は、講師達と共に同じ屋根の下で暮らし(同じ部屋ではありません)、 英語を使用する機会を多く得られる【外部寮選択が可能である】という点でございます。 本当の意味で24時間英語漬けに出来る環境がSMEAGスパルタ校にはありますので、 通常の学校と比べ比較的に効率的に英語力向上が望めます。 外部寮を選択される学生の割合は高くないのですが、講師との生活はフィリピン留学で 多くのメリットが得られることは明らかでございます。  
セブ SMEAG 2017年祝日カレンダー
2016/12/21

セブ SMEAG 2017年祝日カレンダー

下記に2017年のSMEAG Capital / classic / Sparta 校の公休日を案内します。 祝祭日はフィリピンおよびセブ地域の祝祭日を基準と致しました。
フィリピンでは予定になかった休日を、突然公示をすることがあります。 したがって短期でフィリピンに英語留学をされる予定の方は、フィリピン英語スクール入学前に必ず担当のフィリピン英語留学カウンセラー)に、祝祭日の確認をしていただきますようにお願いいたします。
SMEAGスパルタ 初日のスケジュール
2016/12/06

SMEAGスパルタ 初日のスケジュール

SMEAGスパルタキャンパスにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。
【初日(月曜日)スケジュール】

時間

内容

7:30 ~ 8:30 朝食
8:30 ~ 12:00 レベルチェックテスト
12:00 ~ 13:00 SA(担任)講師と面会、キャンパスツアー及び昼食
13:00 ~ 16:20 オリエンテーション: SMEAGの具体的な説明
16:30 ~ 22:00 アヤラモールにてお買い物及び両替
※注意事項 1.学校の門限に遅れた場合、入口は施錠されてしまいます。門限から5:00までは出入り禁止のため、校内に入ることができません。時間にはかなり余裕をもって行動して下さい。タクシーが捕まらなかった、道を間違えた等の言い訳は一切受け付けられないのでご注意ください。特に急な雨の時などはタクシーが1時間ほど捕まらないこともあります。 2.遅くともショッピングモールを21時には出るようにしてください。 3.通常スパルタキャンパスは月曜日から木曜日まで外出禁止です(金曜日・土曜日は門限22:00、日曜日は21:00)。  
SMEAG Sparta Cambridge (PET、FCE) 2016年 公式試験日程
2016/09/21

SMEAG Sparta Cambridge (PET、FCE) 2016年 公式試験日程

  SMEAGスパルタ校は、フィリピンのCambridge公式試験会場に選ばれております。普段から使っている場所でCambridge公式試験を受けることができますので、他の会場で受けるよりも緊張しなくてすむかもしれません。 この度、SMEAGスパルタ校より、2016年Cambridge 公式試験の日程の詳細が届きましたのでご案内させて頂きます。   【Cambridge 試験日】 2016年7/28、8/25、9/29、10/27、11/24、12/22   【申し込み方法】 パスポート、Cambridge公式試験料、証明写真をAELC センター1 オフィスにて申し込むことで簡単に申し込みが完了致します。遅くとも希望の試験日より5~6週間前には申請する必要があります。   【受験料】 PET : 3740ペソ FCE : 5315ペソ
SMEAG 2016/2017 年始年末スケジュール
2016/09/19

SMEAG 2016/2017 年始年末スケジュール

  CEBU SMEAGより、年始年末スケジュールに関する最新情報を得ましたので、お知らせいたします。2016/2017年の年始年末スケジュールとなっております。   【休講日】 2016年 12月23日(金) 12月30日(金)   *現時点では上記に記載させて頂いた祝日等(休校日)の為の補講や保証はありませんので、ご理解頂けると幸いです。フィリピンの祝日は変動する事がありますのでご了承ください。
【SMEAG Sparta校プチ訪問記♪】スパルタ環境で本格英語
2016/09/16

【SMEAG Sparta校プチ訪問記♪】スパルタ環境で本格英語

  こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。本日はセブ郊外に位置するスパルタ式の英語学校SMEAGに訪問させて頂く機会に恵まれました。 SMEAGスパルタ校はセブで珍しいスパルタ校です。平日は外出が禁止されている上にEOP制度(母国語禁止ルール)が厳しく管理されています。従って、授業以外の時間帯も半強制的に英語を使用する環境に身を置く事になります。 dsc07490 また、講師の方と一緒に過ごす事となる外部寮を選んでいただければ、本当の意味での24時間英語漬けの生活を味わう事が出来ます。厳しめの環境にはなりますが短期間で効率的に英語力の飛躍をご希望の方(特に初心者)には、SMEAGスパルタ校はおすすめです。
SMEAGスパルタ校コース選びのTIP
2016/09/01

SMEAGスパルタ校コース選びのTIP

  SMEAGスパルタ校は、ESL1、ESL2の2つのESLコースを運営しています。 下記、コース選びのTIPをご紹介致します。   【ESL1】 ■構成:マンツーマン4コマ+小グループ2コマ=計6コマ ■おすすめ対象: ―はじめての留学の方 ―ご自分で「英語が超苦手」もしくは「超初心者」と思う方 ―しっかりしたスパルタ学校に行きたいが、「ついていけるか」が心配な方   ■おすすめ理由: ―留学生活が英語初心者にストレスにならない適度な授業量 はじめての留学で、英語が苦手な方は、まずは英語学習に慣れて行く必要があります。入学直後は、単語暗記はもちろん予習・復習をどのように進めれば良いのかが分からないため、色々試行錯誤しながら自分に合った学習方法を見つけることが重要です。「義務参加」の授業数は適度、「リズム作り」ができるコースでおすすめします。 ―規則は厳しく、授業の中身は柔軟に SMEAGスパルタは、特に初心者レベルの学生からの「講師」に対する満足度が高い英語スクールです。校内規則を厳しく管理する一方、先生が在学留学生一人ひとりに合わせて楽しく授業を進めることが上手です。1:1授業は、留学生に合わせすぎると雑談ぼくなってしまう、合わせないと淡々と進められる感じがして冷たく感じることも。学生が言いたい事を引き出しながら、授業に結び付けることが上手な先生が多く、先生への満足度が高いため、ついていけるかの心配は必要ありません。 【ESL2】 ■構成:マンツーマン6コマ+小グループ2コマ=計6コマ ■おすすめ対象: ―大学の授業や受験、TOEICの独学などで英語学習にある程度慣れている方 ―8週未満の短期期留学の方   ■おすすめ理由: スコアに関係なく、自力でTOEICなど学習した経験がある方は、ESL1は少し物足りない可能性があります。また、弱点分野強化が2コマ含まれているので短期間で効率よく話す時間を確保し、レベルアップにつなげることができます。 smeagtaiga21
CEBU SMEAG 2016年授業日&休校日
2016/05/05

CEBU SMEAG 2016年授業日&休校日

セブSMEAG校では、一部のフィリピンの祝日でも授業が行われます。 下記URLより休校日の閲覧、カレンダーのダウンロードができます。 https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDVUsyR01EREE4NHM/view
セブSMEAG 留学ガイドブック更新
2016/01/13

セブSMEAG 留学ガイドブック更新

2016年度セブSMEAG校の新しいハンドブックがアップされました。 3つのキャンパス共通です。 SMEAGに留学される方はプリントして目を通してください。 ページ下のパンフレットコーナーから閲覧できます。
SMEAG 2016年 TOEICコース案内
2015/11/27

SMEAG 2016年 TOEICコース案内

CEBU SMEAGの2016年度TOEICコースについて
TOEICコース詳細、入学日、セブ島TOEIC公認テスト日

https://drive.google.com/file/d/0B_FpQ_8s9CsDT0tCWWRQRzhLdEU/view?usp=sharing
 / 1

よく読まれている留学体験記

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析 こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。 フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。     1年3万人以上が英語留学に行くフィリピンですが、欧米への英語留学に比べるとまだそれほど知られていないのも事実。 「格安留学を調べていて、フィリピン英語留学を初めて知りました」、 「フィリピン英語留学に行ってきた友だちに聞いて初めてしりました」など、 フィリピンで英語留学をすることについてまだまだ違和感を感じる方々が多いようです。   一昔前は費用が高額、期間が長期、遠いなどの制約で誰にでもできるものではなかった『英語留学』。 そのの常識を覆したのがフィリピン英語留学です。しかし、フィリピン人英語講師、フィリピンという国の英語についてイメージがわかないかたも多いかと思います。   そこで今回はフィルイングリッシュのシニア留学カウンセラー梶野章より、フィリピンの英語、フィリピン人の英語はどうなのかというテーマでインタビューし、Q&A形式でまとめました。   留学カウンセラー梶野章の簡単紹介    フィルイングリッシュ統括責任者・共同代表。 東京都出身。アメリカミズーリ州セントラルメソジスト大学英文科卒。 英語留学カウンセラーとして過去4年間に2,200名のお客様を日本からフィリピン語学学校に送客。   Q:そもそも、何でフィリピンに英語留学にいくのですか? A:もちろん留学費用が安いというのもあります。別々の友人の娘さん3人が現在カナダの高校に通っていますが年間の費用は1名が900万円、もう1名が700万円、もう一名が600万円と聞きました。フィリピンですと200万円はかからないでしょう。それと飛行機の移動時間もフィリピンは4時間30分、欧米は12時間。移動するのも一苦労です。   ただ『留学費用が安い事』が一番の理由ではないと思います。 結果を出しているという事がすべてでしょう。フィリピン英語留学ですと12週間あれば英語初級者が日常生活で困らないほどの英会話力を、ほとんどの受講者が身に付ける事ができます。あちこちで披露されるフィリピン英語留学での成果と自慢話が人を呼び日本人のフィリピン留学生の数は2010年に年間4,000名から2015年にその約9倍にあたる35,000人にまで膨れ上がりました。      >>>フィリピン英語留学4週の費用まとめを見る   Q:フィリピン人はなぜ英語が話せるんですか? A:フィリピンは多言語民族です。フィリピン国内に172の言語が存在します。タガログ語をしゃべるマニラっ子とセブアナ語を話すセブっ子では言語が違うので意思疎通ができません。そこで共通語として英語が公用語となりました。   フィリピンでは幼稚園から大学まですべて英語の教科書が使われます。授業内では基本(幼稚園、小学校低学年を除く)オール英語で進行いたします。高校を卒業したものであれば基本日常生活で英語のコミュニケーションには困らなくなります。   △フィリピン、バギオ地域の幼稚園。英語科目ではない授業でも英語で行われる。   Q:フィリピン英語留学で英語はホントに伸びますか? A:欧米諸国にもフィリピン同様様々な英語学校があります。ですがフィリピンにあって欧米諸国にないものが二つあります。手頃な価格で集中的に受講できる『マンツーマン授業システム』とカリキュラム通りに学生のレベルが上がるかどうかをチェックする『管理システム』です。   △フィリピン人講師とのマンツーマン授業の様子。セブ島セブブルーオーシャン校   人間それぞれ適正がありますのでその人にあったオーダーメイドの授業内容を1対1で進行させていく指導方法は極めて有効です。学生は受身で聞き流すだけの姿勢が許されないシステムに組み込まれます。   もう一つは学校が一つになって学生の英語レベル進化を確認相談しながら前に進むシステム。毎週のミニテスト、月間のレベルテスト、毎授業毎の宿題など先生はすべてチェックし、進歩が遅れている学生に対しては手段をこうじます。放課後が自由放任主義の欧米学校よりもはるかにきつい規律と規則とノルマと罰則が存在するという事です。   アメリカでは語学学校に1~2年滞在しているにも関わらず英単語を一つ二つ発してなんとかコミュニケーションするレベルの日本人がゴロゴロいます。実際に見ました。フィリピン留学生では希少価値の存在です。   Q:フィリピン英語留学でどんな事が学べますか? A:フィリピン英語教育で強い部分は二つ。 『英語の基礎固め』と『英語試験対策』。   フィリピンで12週勉強すれば日常英会話力がつくという話はだいぶ知れ渡ってきましたが、コミュニケーション力だけにとどまりません。12週間まじめに勉強すれば英語の基礎がしっかり備わるという付加価値がついてきますのでどの英語検定試験にも突入できる英語基盤が出来上がります。   英語の基礎がある人間がフィリピンの英語検定が強い語学学校で学べば、4週平均でTOEICは70~100点、TOEFL10~13点、IELTS(初期段階)0.5点のペースで上がって行きます。 […]

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由 フィリピン留学最安値、しかし費用だけじゃないイロイロ留学の魅力   フィリピン留学の隠れスポットイロイロ留学。イロイロ留学のほとんどの語学学校は日本でマーケティングをせず、口コミだけで日本人留学生を受け入れてきました。日本事務所や日本語パンフレット、ウェブサイトもない語学学校がほとんどです。それでもイロイロを経験した日本人留学生からの口コミが広がり、日本人留学生が70%以上に達したこともあります。   最近はイロイロ留学も、より多くの日本人にイロイロ留学の魅力を伝えるため語学学校のブサイトやブログ、パンフレットなど情報配信をしているところもあります。日本人留学生をサポートするスタッフを配置する、辛いもの中心の献立を一新するなど留学環境の整備もどんどん良くなっています。   そんなイロイロ留学。『これが決め手だった!』という卒業生たち声をフィルイングリッシュスタッフがまとめました。   検証済み!イロイロ留学がおすすめの5つの理由 学費が安い 物価が安い レベルの高いフィリピン人英語講師 レベルの高いフィリピン人講師陣! アットホームな留学環境     1.学費が安い もともとフィリピン留学は格安の費用とマンツーマン授業で英語力を伸ばすものとして人気になりました。しかし、フィリピンの中でも地域による費用の違いはあります。それは、利便性が良く土地、地域の物価にもよるものです。   例えば、フィリピン留学で一番人気のセブ島留学の平均学費が1ヵ月(4週)で約14~16万に比べ、イロイロ留学の平均学費は約10~12万円と割安。語学学校によっては4週10万以下で留学可能な超格安の留学先もあります。特にフィリピン留学最廉価の1つWe Academy校に関しては、4週10万以下で留学できるコースがある上に、講師の質が高いと評判です。 >>>イロイロ留学人気校We Academyの詳細はこちら     2.物価が安い   イロイロはフィリピンの地方都市です。ちなみにフィリピン国内で大きい順でいうと首都のマニラ、その次が一番人気の留学先セブ島、そしてミンダナオ島にあるダバオです。中小規模の地方都市イロイロは大都市と比較すると約2~3割ほど物価が安い。   生活物価が安いのは留学生にもお得。留学先で出会った友人や講師と外食した時にかかる食事代は高くとも一人でだいたい150~250ペソ(約320~550円)ほどです。なんと、お酒代なども含めてです。留学生が留学中に1度以上は行くフィリピンのマッサージショップでの費用は1時間約200ペソ(約420円)で受ける事が出来ます。   ※イロイロでも和食レストラン、韓国レストランなどはローカルの物価より高いです。   3.レベルの高いフィリピン人講師陣   イロイロの各語学学校の大きい自慢の1つは、レベルの高い講師陣。1つの語学学校に在籍年数3年以上の講師も珍しくありません。学園都市として認知度が高いイロイロでは、他地域と比べ語学学校側が特別な事をしなくとも高レベルの講師が勝手に集まってきます。そして、イロイロ地域の語学学校は規模が小さい分、講師達への管理がしっかりと行き届いています。そのような理由で長い間1つの学校に滞在し続けるベテラン講師が多いのです。   4.アットホームな留学環境   フィリピンだけではありませんが、地方都市は大都市と比べ地元の人がフレンドリーで学校施設はアットホームなところが多い傾向にあります。イロイロ地域もフィリピンの大都市とは異なり、アットホームな語学学校が多い。語学学校スタッフ、セキュリティガード、講師陣まで全員が暖かく学生のケアを行うのが当たり前の雰囲気のところばかりです。週末には講師と生徒みんなが一緒になって外出する事も珍しくないです。留学生活で授業の中ではもちろんフィリピン人講師と人間的に仲良くなる留学生がほとんどというのもイロイロ留学の特徴です。   5.留学生の希望に合わせるカスタマイズ式   語学学校が一人ひとりの留学生の希望に合わせてカリキュラムを組むことは容易ではありません。特に規模が大きい語学学校、スパルタ式の語学学校はその傾向が強く、語学学校独自のカリキュラムに沿って英語学習をしていくことになります。   フィリピン留学はマンツーマン授業が中心ということもあり、他の国に比べるとカスタマイズ式カリキュラムを提供する語学学校が非常に多いです。特にイロイロ留学の多くの語学学校では、学生から授業に対しての要望に可能な限り対応します。例えば、通常のESLコース(一般英会話)を学びながらも1~2コマはTOEIC科目を受講したい、ビジネス英語を学びたいなどの要望も受け入れてくれます。全ての授業をスピーキングにしたいなどのワガママも叶える事が出来るのがイロイロ留学の魅力です。   ※コース混合の割合、対応可能科目は語学学校によって異なります。詳細は担当カウンセラーまでお問い合わせ下さい。 >>>イロイロ留学のおすすめ語学学校一覧に戻る   おすすめの留学コンテンツ セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る […]

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由   フィリピン留学といえばセブ島留学が有名ですが、実はじわじわ人気上昇中のバギオ留学。 フィリピン留学を知ったばかりの人にとっては、バギオ留学が何のことかよくわからないのではないでしょうか。 バギオはフィリピンの地域名のことで、フィリピン留学業界では、フィリピンの各地域で留学することをそのまま〇〇留学と呼ぶ傾向にあり、セブ島留学、バギオ留学、クラーク留学、その他バコロド留学、ダバオ留学の順番に人気があります。 特にセブ島留学とバギオ留学は、フィリピン留学業界ではライバルといっても過言ではないくらいの人気を争っています。   「なぜセブ島留学ではなく、わざわざバギオ留学に行くの?」   そんな風に疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 フィリピン留学のエージェントに相談すると、“結果にコミットする”ならバギオ留学に行きなさいと言われます。   “結果にコミットするバギオ留学!?”   どこかで聞いたことのあるフレーズですね。笑 今回は、その謎と人気の秘訣を探るべく、バギオ留学のメリットとデメリットを明らかにし、バギオ留学とセブ島留学の違いをまとめてみました。   バギオ留学≠スパルタ留学 バギオ留学は朝から晩まで勉強漬けのスパルタ留学、英語試験のハイスコアをとろうする本気でガリ勉の人しか集まらないんじゃ・・・ちょっと怖い・・・と思われている人もいると思いますが、実は意外なことにバギオ留学=スパルタ留学ではないんです。バギオにも平日外出が可能な留学生の自主性を尊重するセミスパルタタイプの語学学校は存在します。   それ以外にも、英語初心者だから英語勉強の日本語サポートがほしい、ワーホリ対策コースでしっかりと準備してオーストラリアで働きたい、ネイティブ講師の英語に触れたいなど、さまざまなニーズに合ったコースを運営して、且つスパルタタイプではない語学学校もあります。   バギオ留学が激アツな8つの理由 なぜ今バギオ留学が注目を浴びているのでしょうか。その理由8つを下にまとめました。 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結 娯楽、遊ぶ場所が少ない=誘惑がない 真剣な留学生が多い 真剣で、レベルの高い英語講師 涼しい気候でのフィリピン留学 治安が抜群に良い 留学費用が安い 物価が安い   1. 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結   もともとバギオはフィリピンの中でも有名大学が多く集まる学園都市として有名でした。そこに作られたのが、韓国人の親が子供を勉強するためだけに送り込む語学学校です。韓国の教育熱心な文化から出来たスパルタ語学学校が、「一定の期間で必ず英語力を上達させる、成果を出させる」という実績から他国の留学生にも受け入れられ、今日に至りました。   また、バギオにはスパルタ語学学校だけでなく、IELTS、TOEIC、TOEFLの試験対策に特化した語学学校も多数存在しています。試験対策に特化したコースは、一般的に専門性の高い知識や指導法が必要であり、全ての語学学校で運営出来るわけではありません。しかし、バギオは教育水準が高く優秀な人材が多いことから、そういった試験対策コースを運営できる語学学校が多いのです。   バギオ地域のスパルタ学校では朝6時30分から7時に正規授業が開始されます。一部は選択制、学校によっては義務参加となっており、出欠管理も徹底しています。正規授業はだいたい17時~18時に終わり、夕食後にはその日学んだことを復習するための自習時間があります。自習時間も出欠チェックをしている語学学校が多く、その日の授業で学んだことの復習を怠ることなく見直す勉強の習慣をつけることができます。 このように朝から晩までの学習スケジュール、自習時間が設定されているので時間を無駄にしたり遠回りすることなく、まっすぐレベルアップに向けて学習することができます。 ■ バギオ留学 スパルタ留学おすすめ校 ■ バギオ留学 テスト対策・ビジネス英語おすすめ校 ■ バギオ留学 中級レベル以上専門校   2.遊ぶ場所が少ない=誘惑が少ない   フィリピン留学に限ったことではないのですが、留学で失敗する留学生の特徴は、日本と違う環境で開放的になり、遊びに走ってしまうことです。 […]