Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

E&G

壮大な大自然と治安のいい大都会のユニゾンを成すダバオのE&G

ダバオE&G語学学校

2006年設立したフィリピンの南部、ダバオシティに位置しているE&G(イーアンドジー)は海の前に位置するフィリピン英語留学スクールです。キャンバスのテラスから海を見渡せる美しい景観は、多様な年代の方からE&Gが支持される理由の1つです。放課後や休日にはキャンバス周辺の熱帯雨林とE&Gの正面にあるリゾートアイランドで散歩をしながら学業と休養を共にすることができます。またさまざまな自然災害や治安の心配がなく勉強に集中したい留学生にも最適といえます。

全体的な留学プログラムの運営方法はセミスパルタで授業後の外出が自由です。しかし、出席やテストへの参加、寮内の他人の部屋への出入り禁止などは厳重に統制されています。多くの留学生は1日8時間の正規授業と3時間の選択性義務自習で、総学習時間は11時間に及びます。このような環境と共に体系的なレベル別E&Gカリキュラムとセミスパルタ式の英語学習留学システムは留学生の英語能力向上を最大限に高めます。授業の形態と運営方法はセブの英語スクールから影響されたところもありますが、授業量は少し多い方です。

おすすめコースはTOEIC 850点保証コースです。入学時のスコアが何点であっても850点を保証するというコースです。(入学時のレベルにより、期間は異なる) この他ジュニアコースやフィリピン最高のゴルフ場を利用したゴルフコース、現地ホテルと提携したインターンシップコースにも定評があります。

E&Gはダバオ唯一のTOEIC公認センターとして、E&G内でTOEIC受験が可能です。

正式名称 E&G
住所 Mary knoll Rd.、Lanang、Davao City
設立年度 2006年
定員 100名
承認関連 PWC大学アフィリエイト言語センター、TESDA及び教育庁の正式認可、ダバオTOEIC公認試験センター
運営留学プログラム ESL、TOEIC、IELTS、Golf、ジュニア、Business、インターンシップ
講師 60名(フィリピン)
日本人スタッフ 1名
日本人留学生の割合 40~45%
校内施設 マンツーマン講義室、グループ講義室、図書館、屋外休憩室
寮の施設 鏡、シャワー、温水器、冷蔵庫、エアコン、タンス、机、ベッド(質が優秀)、サイドテーブル、インターネット
その他の施設 プール、ゴルフ練習場、屋外カフェテリア

留学訪問記:ダバオE&Gで期待以上の留学を
2014/09/14

留学訪問記:ダバオE&Gで期待以上の留学を ダバオのTOEIC試験センター E&G英語学校 こんにちは。フィルイングリッシュの高橋です。2014年8月末にダバオの英語短期留学校E&Gを訪問しました。E&Gは10余年前に開校した時から注目されてきた学校で、今回学校側の好意で三日間滞在しながらの訪問記となりました。 E&G学校の校舎から入口門に向って撮った全景写真。右側が3人部屋寄宿舎。全体的に樹木が多く、海の景色とともにフィリピンの味わいを感じられる学校である。 アシュリー室長とともに学舎の2階から眺めると海がまじかに感じられた。 フィリピン留学というと勉強以外の部分では、浜辺、マリンスポーツ、熱帯果実、人懐っこい地元民がとっさに浮かびます。しかしながら、浜辺と学校のイメージがマッチする学校は多くはありません。多くの学校が「海岸に位置している」と謳ってはいますが。セブのマクタン島にあるBaysideプレミアムキャンパス、ジーニアス、そして同校こそが海岸沿いの学校だと言えるでしょう。 E&Gはミンダナオ島のダバオにあります。ダバオという都市はフィリピン英語学校がある都市の中でマニラ、セブに次いで大きな都市です。周知のごとくミンダナオでは、30年以上の長きにわたって、紛争が続いてきました。日本の外務省では今もこのミンダナオ地域に対しては全体的に「渡航延期勧告」、「渡航の是非検討」地域に指定しています。しかしながらダバオに限っては、現在は治安が安定していると言えます。ダバオ市長の主導のもと25年前から治安の確保に努めてきたことが実を結んだのでしょう。あくまでも個人的な感触ですが、ダバオはセブやマニラとは比較にならないほど安全だと思います。(参考までに私の触としてはスービック、クラーク、ダバオが最も治安が良く、続いてバコロド、イロイロ、バキオなどが治安が良いと思います) 開校初期から安全な地域でフィリピンの情緒と英語学習を同時に経験してもらうことを目指してきたE&Gです。3年前からはトイックコースに集中して、それまでのESL専門校という枠から脱皮しようとしています。学校としては当然、英語学習とプログラムに関してクローズアップしてもらいたいようでしたが、学校情報を扱うエイジェントの立場としてはどうしてもE&Gの他校にない特徴を紹介せざるを得ません。それは学校のそこかしこに感じられる潮風や気楽な(ストレスフリー)留学環境ではないかと思います。 ■ 学校施設 E&Gはダバオ空港から車で20分の所にあります。海岸との距離は50mほどしかなく海岸にはサマール島への船着き場があります。ダバオに留学した場合、一度くらいはリゾート地のサマール島で水上レジャーを楽しむのもいいと思います。ただし海岸で水泳はちょっと無理です。放課後にでも海岸沿いのカフェ(学校の隣)でコーヒーやビールでも飲みながら海を眺めるのも一興でしょう。 学校の敷地は比較的広く、学舎と寄宿舎がL字型に建ってます。隣の棟が4年前に新築した寄宿舎です。新築寄宿舎には2人部屋と3人部屋が割り当てられています。旧寄宿舎に1人部屋と2人部屋があるのですが、旧と言っても現在リニューアル工事が行われていて、新寄宿舎と大差がなくなる予定です。参考までに寄宿舎の部屋の広さと状態はフィリピンの学校の中では中上級と言えます。特に海岸が見える部屋は人気ですぐに埋まるそうです。 L字型の学舎と寄宿舎。1、2階に教室。2、3階に旧寄宿舎だが現在はリニューアル中。 新築寄宿舎と呼ばれている建物。最近屋上にフェンスが取り付けられた。主に3人部屋で(時たま2人部屋として利用)ベランダもある。2階が女性で、1階が男性用宿舎。WI-FIは不安定。 新築寄宿舎の部屋内部。部屋のエアコンは静かで部屋の大きさやデスク、ベッド、ロッカーなどの設備はまあまあ。 その他の施設としては空き地を利用したバトミントン場や簡易ゴルフ練習場もあります。(状態が良いとは言えませんが)学校正門前にプールもありますが学校の設備ではないので有料です。 自習は学舎の1階食堂を利用できます。無線LANは寄宿舎でも可能ですが不安定なのでこちらのほうが良さそうです。 現在リニューアル中の2人部屋。展望の良い部屋から先に埋まりそう。 食堂。夕方には自習室に様変わりする。Wi-Fi環境が良い場所である。放課後50%が外出、残りは自習していると聞く。 ■コース運営 E&Gは大まかには、ESLプログラム(Comprehensive, Intensive ESLコース)とトイックコース、そしてゴルフと英語を学ぶ English+Golfコースがあります。 総合ESLコース(Comprehensive ESL)と集中ESLコース( Intensive ESL)の差は単純にマンツーマン授業が一時限多いだけです。ただ現地で追加変更するより入学時に最初から申請したほうが安く上がります。夜間オプションや強制自習はありません。ESLコースを選ぶほとんどの学生は初級から中級水準で、留学期間は2週間~16週間です。 TOEICコースを希望する学生は最初からよりも現地でESLコースを受けながらコース変更をする場合が多いようです。E&Gはダバオ地域で唯一のETS指定TOEIC公認試験センターです。毎月2週目くらいに公認試験が行われ、それによる在学生選好度が変わります。学生のレベル別にTOEIC650点、760点、920点コースに分かれことになってます。しかし実際にはTOEICの在学生が15人ほどなので、学校側は個別に対応する形で授業編成をしています。学校側も、半年前からTOEICコースの指導講師たちのレベルを高めるために尽力しています。今後が期待されますね。 ゴルフコース(English+Golf)はほとんどが2~4週間受講者です。学校側はダバオで一番のゴルフ場を利用していて「採算が合わない」とこぼしていましたが、私の印象としては学生にとってもちょっと高い気がします。ゴルフ愛好者でないのなら総合ESLコースを受けながら週末にゴルフを楽しむほうがいいのではないでしょうか。 TOEICコースのリスニング授業。 TOEIC公認試験後の成績表は郵便で送られてくる。希望により日本への郵送も可能(別途費用が必要)当然だが、試験成績は日本でも認められる。 ■講師の水準 在学生の約70%以上はESLプログラムの受講生なので、講師たちの構成もそれに準じてます。講師の中で優秀な講師を優先的にTOEIC専門講師として配置しています。TOEIC専門講師は約10人くらいで保有している公認点数は最低でも920点。980点の講師もいます。トイック専門講師と言ってもESLコースの学生の中でレベルの高い学生に対しては直接ESLの授業を行ってます。 学生数が60人以下の学校の共通点は一般的に学生と講師の親密度が高いということです。御多分に漏れずE&Gも休憩時間や放課後に授業内容に関する質問や雑談を楽しむ姿があちらこちらで目撃できました。 平均教師レベルはBです。(ベテラン講師のレベルは高いのですが、新任講師の比率が高いため平均点が下がりました。すみません^^;;) 午後5時からの講師トレーニング。 TOEIC専用講義室で試験を行っていた。 ■勉学雰囲気 E&Gには「英語のみ使用ルール(EOP)」や「強制自習」がありません。セブ地域のセミスパルタ校よりも自由度が高いと言えます。 テストの場合も模擬TOEIC試験が学生によって週2回から4週当たり1回とばらつきがあります。 毎週金曜日の放課後にプレゼンテーションがあり、申請者に限り一日40余の単語を暗記し、金曜日にテストするということもやっているそうです。 ある意味で、この学校の勉学雰囲気は「英語のみ使用」とか「必ず~しなさい」ということよりも自然に英語を使う雰囲気作りから始まっていると思います。 E&Gではまだ自然な英語使用雰囲気においては不十分です。しかしながら、3か月ほど前に訪問した時に比べると明らかに進歩していました。その点に関しては拍手を送りたいです。 この学校は、英語の勉強をしながらも個人の時間が十分で自律を楽しみたい方にピッタリでしょう。 学舎のオフィス前での一コマ。授業中の疑問点をぶつける学生の姿と、冗談を言い合う教師と学生の姿。見ているこちらもほほえましい。 ■国籍比率 在学生の国籍比率をみると主に、日本人が5,6割を占めてます。日本人比率が高いと言えますが、学校側もグループ授業で国籍比率を調整したり、ルームメイトを外国人にするなど苦心しているそうです。 年齢層も親子での留学や60代まで多様である。最も多い比率はやはり20代後半から30代前半でした。 ■食事 食事は主に韓国食でした。辛い料理も出ますが、大体日本人の舌に合わせた味付けにしようとしていました。子供のためには別メニューもでました。 しかし大人の場合の偏食や、菜食主義者への対応はできないとのことでした。 土曜日お昼のメニューです。韓国のキムパですが日本人にもなじみのある人気メニューですね。美味しかったです。 ■アクティビティーと旅行 フィリピンで3番目の大都市らしくダバオ中心のショッピングモールや商店は期待以上に多様で設備も立派でした。外出する時の道路も他よりもきれいだと感じました。和食店や中華料理店もクオリティーが高かったです。値段はセブに比べて15%くらい安い感じでした。 […]

留学訪問記:ダバオE&Gで英語とゴルフ
2014/01/19

留学訪問記:ダバオE&Gで英語とゴルフ ゴルフも楽しめるダバオのTOEIC試験会場 E&G語学学校 ダバオ特集第3弾として9月初旬訪れた学校の中からE&Gを紹介いたします。 ■ E&Gが好ましいと思われる点は、 ① 学費がものすごく廉価な割りに教育レベルが高い。 ② 目の前に海があるので大自然の息吹を感じながら贅沢な時間をすごせる。 ③ 学習雰囲気が熱い。 ④ 寄宿舎が新築で快適な空間がある。 ⑤ 講師のレベルが高いので、中初級者でも対応可。 ⑥ 科目を学生が自由に選択、学習できる。 ⑦ 午前マンツーマン授業を受け、午後に近郊のゴルフ場でフィールドを回る正規コースがある。 ⑧ ダバオで唯一のTOEIC公認センターとして認定されているので校舎内でTOEIC本試験を受講できる。 到着口を出ると横断歩道があり、渡ったところにE&G韓国人室長アシュリーさんがお出向かいにきてくれました。日本語通訳を目指していたという事だけあって、日本語はほぼネイテイブです。彼女以外では寒水さんという九州男児の日本人マネージャーがいます。 朝の風景です。左はキャンパスから眺めた海、右は学校正面入り口です。 実際にフィリピン人講師によるマンツーマン授業1時間、グループ授業に1時間参加してみました。2人の先生のレベルは文句ないです。発音も表現もほぼ完璧でした。講師はほぼ全員正職員です。4週間の厳しい試験期間に振り落とされなかった者のみ講師になれます。 E&Gは平日夜19時から22時自習時間を設けています。参加は任意ですが、参加意思を表示するとさぼった場合罰則として金曜日の夜の外出許可が取り消されます。参加意向を示すのは何のメリットもなさそうですが、ほぼ全員自習に参加します。写真右は意思表示をなされなかった方ですが、食堂で自習時間独自に勉強しています。 朝、昼、晩と食事をいただきました。辛め主体ですね。ご飯はいままでフィリピンのあらゆるところで食べたものの中で一番おいしい米でした。フィリピンのキムチは全体的にまずいです。作り立てでもすぐすっぱくなります。しかしダバオのキムチはおいしいです。気候が合うんでしょうね。 E&Gに名物講師がいます。アメリカ人講師のアルビン先生です。とにかく声がでかい!人の3倍くらいの声を張り上げます。『梶野!おまえの発音と英語表現法はなっとらん!わしの下で12週鍛えれば完璧に治してやる!特別に無料だ!』と言われましたが、やんわりとお断りしました。アルビン先生はCIPでヘッドテイーチャーを務めたほどの実力者。ダバオでのんびり隠居生活でも楽しんでいるのかと思いきやとんでもなかったです。写真は食事前の無料クラスの風景です。日本人学生相手に自論を力説していました。アルビンさんとのマンツーマン授業も追加料金で可能です。 一方右側の写真は屋外打ちっぱなしゴルフ練習場。近隣に住むレッスンプロを無料クラスの時間に呼んでものすごく廉価な値段で毎日レッスンを受けるのも可能です。使用料無料です。英会話+ゴルフコースを取らなくても、周辺には4~5の18ホールゴルフ場があります。一番有名なのはPALOS(パロス)ゴルフ場です。フィリピンのクラークにあるMIMOSAゴルフ場と並び同国では一番いいゴルフ場として知られています。PALOSの費用は他のゴルフ場よりは高めで2,500~3,000ペソ(6,250円~8,000円)です。グリーン、カート、キャデイーフィーも含まれています。 補足ですがE&GとはEnglish&Golfという意味です。 マンツーマンレッスンでは携帯電話を使った英語表現を習っているようです。右はオプションクラスのメニュー。パターン英語、ビジネス英語、サバイバル英語など11科目と多様です。好印象を受けます。 新築寄宿舎は1階男性、2階女性です。ネット環境ですがつながりにくいです。G-mailはだめでした。2階に泊まっていた当社社員鈴村によるとラインは問題がなかったと言っていました。食堂近くのWi-Fiが強いゾーンではG-mailの送信問題なかったです。 この日は当社お客様であるAyaさんのお別れ会です。E&Gで16週の研修を終えたAyaさんは初心者からスタートさせ無事英語でコミュニケーションが取れるようになって帰国する事となりました。お別れ会にはアルビン先生をはじめ合計14人の有志が集まりました。場所はE&Gから徒歩30秒にある『ガーデンバイザベイ』です。右下が朝の写真です。ガーデンバイザベイにはプールもあり、学生がよく利用します。 E&Gの隣にウオーターフロント インシュラーホテルという高級リゾートホテルがあり、そこから小船に乗ると5分くらいで対岸のサマール島に行けます。サマール島にはパラダイスビーチ、ケマビーチなど様々なスポットがあり、ジェットスキー、カヌー、バナナボートからダイビングまでマリンスポーツを楽しめる事ができます。 ■ まとめ フィリピンの語学学校でコストパフォーマンスが一番高い学校はどこかと問われるとE&GとILPだと答えています。正当な勉強派ならE&G、講師と友達感覚で放課後も楽しんで英語を身につけるならILPです。ですが講師のレベルやコース運営力はE&Gが優秀だと判断いたします。週末の遊び所もダバオは満載です。(次はバコロドとイロイロを訪問予定です。

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して
2013/02/15

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して フィルインリッシュ顧客担当統括梶野章と申します。 フィリピン留学を考える方のほとんどが1)マンツーマン授業の効果、2)欧米留学に比べ費用が安い、3)それと想像以上の学校側のサポートを期待していると思います。 さてそれでは皆様方がフィリピン留学情報を求めた場合そのニュースソースは何になりますか?おそらくヤフーやグーグル検索で紹介される留学エージェントの紹介内容やブログなどではないでしょうか。 現在ウェブ上ではフィリピン留学関連コンテンツやブログが氾濫しております。でも知っておられますか?皆様が接するほとんどの文章は留学エージェントが『検閲』したり、管理したりしているという事実を。実際フィリピン留学校のホームページ90%以上をエージェントが管理しています。従って皆様が接するほとんどの情報は『清書された文章』あるいは『エージェントが望む内容の文章』なのです。 当たり前の事ですが学校とエージェントは至極ビジネス的な関係を形成します。学校の全セールス権限を付与されるエージェントもあれば、エージェントの社長が実は学校長だという驚くべき話もあります。実際学校に行ってみると提供を受けた内容とかけ離れていたという声をよく聞きます。猜疑心を持って注意深く情報をつかみ相談を受けたとしても全体像が『エージェントがお客に来てもらうために加筆した情報』なので結局その方向に流されます。 『○○学校の講師たちは本当にすばらしい!』等の卒業生のブログは見ることがあっても悪口を書いているブログはあまり見ません。ほとんどの場合エージェントが直接あるいは間接的に誘導する学校についていきます。 それでは一体このような状況がフィリピン留学を長期的な目で見た場合プラスになっているのでしょうか?僕はマイナスだと思っています。短期で見れば問題点をありのままに指摘すればその学校が改善させ、発展させる手助けとなります。(もちろん指摘された学校は嫌がりますが)長期で見れば学生たちによりフィリピン留学市場が良い方向に発展すると思います。 数週間前僕は面白いホームページを見つけました。いくつかの学校に対する冷静な診断と評価、改善点などを掲載しています。否定的な文に慣れていないので始めはちょっと戸惑いましたが、このような体験談は留学する方々に本当に必要だと思います。詳細はこちら http://englishcebu.com/mango.html をご覧下さいませ。 正直に告白しますが僕もたくさんのフィリピン学校長と顔見知りであり、よくその学校に入れてくれと頼まれたりします。しかし顧客一人一人には事実をきっちり伝えないといけないと思っております。それは僕が留学エージェントという仕事が『お客様のよりよき近未来』と繋がっていると思っているからです。 最近あるお客様から『特定の学校への営業もせず、問い合わせた学校の長点、欠点をきちっと伝えてくれてありがとう』と言われました。僕はこの言葉を千金にも値する貴重なものと捉えこれからもそのようなお褒めの言葉をいただくよう頑張るつもりです。もちろん僕より優れたエージェントはいくらでもいます。皆がお客様に対し現実を客観的評判と事実を持って伝えていただくと期待しております。

 / 1
ダバオ留学E&G*2ヶ月を振り返って
2015/07/15

ダバオ留学E&G*2ヶ月を振り返って

皆様こんばんは! ダバオ留学E&G学生レポーターのYukaです。ついに7/16にE&Gを卒業、17日、18日と休日を楽しんで本日日本に無事に帰国しました。フィリピン留学2ヶ月を振り返ってみるとあっという間の濃い時間でした。 という事で、

フィリピン留学生活や英語の上達など振り返ってみたいと思います。

私がフィリピンに来る前に掲げていた目標は以下の通りです。

☆目標:TOEIC840点, 海外ドラマを字幕なしで理解出来る様になる,スピーキング力の向上!友人を作って沢山コミュニケーションを取る。そして無事に帰国する。
☆TOIECについてはまだ受けてないので分からないのですが、これから受けようと考えています。
☆海外ドラマを字幕なしで理解出来る様になる:これについては、見る映画によります。こちらに来て色々と映画館で映画を観ましたが、正直アニメ以外の映画は話すスピードが速く理解するのは厳しいです。アニメになると子供向けにシンプルな英語で話す事が多いので、割と理解出来る様になったと思います。
☆スピーキング力の向上:スピーキング力は渡航前に比べると確実に上達したと思います。来た当初は文の構造や文法を無視して話していた事が多かったのですが、中盤から文法を意識して話す事が出来る様になりました(まだまだミスは多いですが、、)担当の先生も「前より上達したよ!」と嬉しい言葉をかけてくれました。
☆友人を沢山作る:日本人、ベトナム人、韓国人、中国人と色んな国の友達が出来ました。英語の上達だけでなく、皆、様々な世代、色々なバックグラウンドを持っているので話していてとても刺激的でした。皆で夜遅くまで外で風に当たりながら将来の事や他愛も無い話をしたのは凄く良い思い出です。とても楽しかった!

E&Gについて

E&Gは決して大きな学校では無いですが、その分生徒同士や先生との距離がとても近いです。先生とカラオケに行く事もありますし、生徒同士もとても仲が良いです。私はこの学校にして本当に良かったと思っています。また、生徒の意識もとても高いので、平日はしっかり勉強、週末はしっかり遊ぶと良いメリハリをつける事が出来たと思っています。先生もとても熱心に教えてくれます。 また学校のロケーションもとても大きなポイントです。海が目の前にあるのでとても気持ちが良いです。いつも海風が吹いています。勉強に疲れた時は海まで散歩に行く事も出来ますし、朝日を浴びたり、夜は南十字星を見る事も出来ました。
正直始めは馴染めるか不安でしたが、今振り返ってみるととても楽しく充実した2ヶ月間でした。私はこの2ヶ月の事を一生忘れないと思います。 毎日8時間の授業のおかげで英語に対してもモチベーションが上がりました。これからも勉強は継続していきたいと思います。やはり一番の宝物は沢山の大切な友達、先生と出会えた事です。やはり人との出会いは何にも代えがたい物だと思いました。 またダバオの都市についても、とても安全で安心して日々を過ごす事が出来ました。人々は優しく、ご飯、フルーツは美味しくて街も綺麗でとても素敵な街だと思いました。フィリピンの治安に不安を抱いている方には強くダバオをお勧めしたいと思います。
私もいつかダバオをもう一度訪れてみたいと思います!本当に今回フィリピンに留学して良かったです。 最後にこの様な貴重な機会を与えて下さったフィルイングリッシュさん、本当にありがとうございました。 そしてつたない記事を読んで頂いてありがとうございました。
  フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka  
ダバオ留学E&G*学校の規則について
2015/07/14

ダバオ留学E&G*学校の規則について

こんばんは! ダバオ留学E&GレポーターのYukaです。最近は毎日晴天の日が続いているダバオです。 E&Gは海の目の前の学校なので、特に晴れた日は海風が吹いてとても気持ちが良いです♪
ダバオに来て一番驚いた事は夜がとても涼しい事です。海風の影響か凄く過ごしやすいです♪
さて!

本日は学校の規則についてレポートしたいと思います。

門限について

セルフスタディを取っている生徒以外は月曜日から木曜日は22:00まで外出が可能です。 金曜日は1:30まで、土曜日は1:30、日曜日は22:00まで外出が可能です。 門限を破るとペナルティとして次週の外出が不可になります。
また、外出する際はガードマンに報告してから出かけます。

授業、講師の変更について

授業は一コマ50分、休憩は10分です。 講師の変更は木曜日までにヘッドティチャーまたはマネージャーに相談して翌週の月曜日から変更する事が出来ます。

掃除、洗濯について

掃除、洗濯は一週間に三回、シーツも出せば洗ってくれます。雨の日が続いた際はなかなか乾かないので洗濯物が戻ってくるのが遅い事もありますが、、基本は月曜日に出すと火曜日の夜には受け取る事が出来ます。

寮生活について

寮内でのアルコールの持ち込み、飲酒、喫煙は禁止されています。異性間の部屋の出入りも禁止されています。

カフェテリア、共有スペースについて

カフェテリア、共有スペースはAM1:00まで利用出来ます。夕食後は勉強していたり、生徒同士で喋ったり皆自由に過ごしています。 母国語を喋っても特に問題は無いです。
基本的にE&Gはセミスパルタなのでそこまで規則は厳しくありません。生徒の自主性に任せている印象があります。そのおかげで私達はのびのびと勉強、遊びを自分のペースで楽しむ事が出来ます。
さて私のフィリピン留学生活も残り5日となりました。凄く寂しいですが次回はまとめの回として感想などをお届け出来たらと思います! 写真はE&Gの目の前のビーチです。昼休みはここで休憩するのがお勧めです♪
  フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka
ダバオ留学E&G*食事について
2015/07/09

ダバオ留学E&G*食事について

こんにちは! ダバオ留学E&G学生レポーターのYukaです。とうとう私のダバオでのフィリピン留学生活が後10日になってしまいました(><)本当に早いなーーと感じます。寂しいですが日々を大切に過ごしていきたいと思います(*^_^*)
さて!

本日は大事な「食事」についてレポートしたいと思います。

E&Gはオーナーが韓国人なので韓国料理がよく食事に並びます。たまに凄く辛い事もあり辛いのが苦手な私は頑張って食べてますが、笑 そこを除けば基本的には凄く美味しいです♪ただ少し日本の感覚と比べると塩辛いかもしれません。 マンゴーやパパイヤなどのフルーツなどが出る事も多く、他校から来た友達は「ここが 一番ご飯が美味しい!」と言ってました。 特にフルーツは甘くて美味しいです♪

一週間の献立はこんな感じです。

月曜日:朝食 ごはん、ツナサラダ、肉じゃが、スープ 昼食 海鮮風ビビンパ 夕食 ごはん、野菜の醤油痛め、アスパラガスの和え物、スパイシー具だくさんスープ
火曜日:朝食 食パン、パンプキンスープ、サラダ、バナナ、目玉焼き 昼食 チャーハン、スープ、バナナ 夕食: スパイシーチキン&ポテト、パイナップル、かきたま汁
水曜日: 朝食: ごはん、野菜炒め、スープ 昼食: 名前入りオムライス 夕食: ご飯、フライドチキン、スープ、野菜炒め
木曜日: 朝食: ごはん、卵焼き、玉ねぎカレー炒め、スープ、 昼食: 海鮮丼、スープ、マンゴー 夕食:ごはん、プルコギ、スープ、
金曜日: 朝食:食パン、パンプキンスープ、サラダ、バナナ、目玉焼き 昼食:ビビンパ、スープ、マンゴー 夕食:ごはん、ナスの甘辛炒め、サラダ、スープ
オムライスの日は生徒一人一人の名前を書いてくれます♪あと週末は麺類が出る事が多くとても美味しいです☆
キッチンスタッフの皆さんはとても優しくて、自分でフルーツを買ってカットが必要な時は頼めば剥いてくれたりします♪またアレルギーなどがある場合は事前に言えば、特別にメニューを作ってくれたりします。
総合的にご飯には凄く満足しています♪美味しいご飯のおかげで今日も勉強を頑張れています(*^_^*)   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka
ダバオ留学E&G*お勧めレストランについて
2015/07/06

ダバオ留学E&G*お勧めレストランについて

こんばんは! ダバオ留学E&G学生レポーターのYukaです。つい最近は親子留学の方が入学してきました♪小さな子供は凄くエネルギッシュで可愛くて早くも皆の人気者です☆今日は夕ご飯後に皆でバスケットをして遊びました♪英語も凄くペラペラなので見習いたい所です。。笑
さて!

本日はダバオE&G近辺のお勧めレストランをご紹介したいと思います。

ダバオでフィリピン留学がはじまり早6週間。色んなレストランを先生や友達から紹介して貰って皆で行ってきました♪学校近辺は美味しいレストランが沢山あります☆
一つ目は学校から歩いて行ける距離にある「マンマ・マリア」こちらはイタリアンピッツァのお店で出来立ての美味しいピザを食べる事が出来ます。このレストランの一番の売りは大きさです!絶対大人数で行く事をお勧めします!!!
生地から作ってくれます♪作っている所を見る事も出来ます。 そして出来上がったピザがこちらです☆
とても大きいです。フレーバーも4種類選べるので皆で楽しく食べる事が出来ますよ。一番大きいサイズを頼む場合は7人くらいはいた方がいいです。
さて次はフィリピンのチェーン店「Penong’s」をご紹介します。安くて美味しいフィリピン料理を食べたい時は是非行って見て下さい♪先生方や地元のフィリピン人でいつも賑わっているお店です。何店舗もありますが学校から一番近い所だとジプニーで15分程です。
このセットはバーベキューポークかチキンか選ぶ事が出来て、ご飯とスープがついています。大体300円くらいです。このお店の一番の売りはご飯がUnlimited(食べ放題)な事です。お代わりを何杯しても大丈夫です♪そしてこのセット以外にもキニラオ(ツナのお刺身と野菜をお酢であえたもの。とても日本人好みの味です♪)やフィリピン風焼きそばなど地元フィリピン料理をお手軽に楽しむ事が出来ます。
最後は美味しくて2回も行ってしまったシーフードレストラン「Boiling」です。学校からはジプニーで25分くらいです。
こちらの売りは看板にもある様にShrimps(海老)です!なんとビニール袋に入って出てきます♪笑
ソースはガーリック&スパイシーでやみつきになる味です!ビールに良く合います笑 ソースをご飯に付けて食べるのもお勧めです☆
海老は皮を剥かずにそのまま食べても大丈夫です♪♪
他にも韓国レストランや日本食レストラン、ビュッフェなども学校近辺で楽しむ事が出来ます(*^_^*) 皆、週末美味しいご飯を食べる為に勉強を頑張っています!笑 ダバオE&Gに来る際は是非、トライしてみて下さい!私もまだまだ色々トライしてみたいと思います♪   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka  
ダバオ留学E&G*学習環境、国籍別比率について
2015/07/02

ダバオ留学E&G*学習環境、国籍別比率について

こんばんは! ダバオ留学E&G学生レポータ―のYukaです(^_-)今日もダバオは快晴でした♪少し前まで雨が続いていたので凄く嬉しいです☆

さて本日はE&Gの現在の国籍別比率、学習環境などについて正直にレポートしたいと思います。

私は5月末からE&Gでフィリピン留学していますが、先週までは、留学生のほとんどが日本人でした。90%は日本人、中国人1名、韓国人6人、ベトナム人1人という国籍比率でした。 日本人は多かったですが、生徒全員が仲が良いので他国出身の生徒とも積極的にコミュニケーションを取りますし、正直そんなにデメリットには感じませんでした(^_^)ただ、やはり日本人同士でいると日本語を喋ってしまう事は多かったです。
ただ今週から韓国のホリデーシーズンの影響か韓国の学生が一気に増えて賑やかになりました!また中国人の生徒も新しく入ってきました♪ヘッドティチャーに話を聞くとこれからどんどん韓国の留学生が入学してくる予定との事です。そしてベトナム人の留学生もこれから増える予定との事です。 現在は全校生徒の数は44名です。韓国人と日本人の割合が今後半々になる予定です。
やはり他国出身の生徒が増えると必然的に英語でコミュニケーションを取る様になるので、以前よりも休憩時間などに英語を使う機会は増えた気がします。

グループ授業での英語使用環境について

基本的にグループ授業は英語オンリーで進んでいきます。たまにどうしても分からない時など日本人生徒同士で「この意味ってこうだよね、、?」といった感じの日本語を使う事はありますが、皆、必要最小限にとどめています。

学習環境について

E&Gはセミスパルタの学校です。月曜日から木曜日までの夜7時から10時までセルフスタディタイムというものがあり、こちらを選択している留学生はその時間自習室で勉強をします(外出は出来ません。)韓国人の生徒はセルフスタディタイムは強制です。 日本人の留学生は選ぶ事が出来ます。現在は数名の日本人生徒がこのセルフスタディタイムを取っていて、その他の生徒は自室かダイニングルームで勉強しています。 宿題も結構出る事が多いので平日に遊びに出る事はあまりないです。平日しっかり勉強して金曜日からは楽しむといったスタイルです。この様な環境なので凄く勉強に集中出来ます。

毎週金曜日のボキャブラリーテストについて

希望制ですが毎週金曜日のお昼に日本人向けのボキャブラリーテストを受ける事が出来ます。留学生によって問題数は異なりますが最低80問、最高で240問の単語テストです。このテストに合格する事が出来ないと土日のどちらかが外出禁止になるので、皆一生懸命勉強しています。希望制ですがほとんどの留学生がこのテストを取っています。 私も160問のテストにチャレンジしています。覚えた単語は授業で出てくる事も多いので為になっていると思います(*^_^*)
私の感想としてはE&Gの生徒は凄く英語の勉強への意識が高いので、日々刺激を貰っています。凄く勉強に集中出来る環境です。 写真はダイニングルームで勉強している友人の様子です。
では本日はこの辺で!   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka  
ダバオ留学E&G*フィリピン留学中の息抜き お菓子編
2015/06/30

ダバオ留学E&G*フィリピン留学中の息抜き お菓子編

おはようございます♪最近天気の悪かったダバオですが今日は久々に朝から晴天です(^^)やっぱりお天気だと天気が良いですね☆★☆ ダバオでのフィリピン留学生活も残すところ3週間になりました。。!は、早い。。一日一日をしっかり過ごしていきたいと思います♪

さて本日は忙しいフィリピン留学生活の息抜きお菓子♪についてレポートしたいと思います。

毎日8時間勉強しているので小腹が空く事もしばしば。 そんな時は近くのスーパーに行ってお菓子を買います☆とても安いので、ほぼ毎日行く事も、、笑 その中でもいくつかお気に入りのお菓子をご紹介してみたいと思います☆

まずはこちらMagicシリーズ!

クラッカーにチョコレートが挟まっているもので、フレーバーもチョコレート、ホワイトチョコレート、ストロベリー、キャラメルなど沢山出ています。私のお気に入りはこの写真のホワイトチョコレートです☆大きい袋と小さい袋のものがあり小さい袋(約10個くらい入っています)が40ペソ、大きい袋でも60ペソ程です♪大体皆買い貯めをして休憩時間などに食べています☆

次はこちら!ミニスナックシリーズ

こちらは一つ約5ペソと破格の値段です。袋は小さくて手のひらサイズなのですが、このサイズがちょっと小腹が減った時にぴったりです☆
他にも沢山種類があるので、是非お気に入りを見つけてみて下さい(*^_^*)
そして10ペソで沢山入っていてお得なお菓子がこちら!一袋がちょうどおつまみに良いサイズです♪ HAPPYっていう名前も可愛いですよね♪色んなフレーバーを選ぶ事が出来ます。

最後にドリンクシリーズ

左は水に溶かして飲むタイプで一袋で1リットルのトロピカルジュースを作る事が出来ます。この他にも色んな種類の粉があってお土産にも良さそうです!
右はフィリピンではポピュラーな粉ミルクです!日本だと赤ちゃんの飲み物という感じですが、こちらでは大人も粉ミルクを飲みます。水に溶かしても良し、お湯に溶かしても良し。私はお湯に溶かして飲んでいます。ホットミルクの味と同じでとても美味しいです♪こちらは一袋1杯分です。
お菓子が本当に安いフィリピン、、ついつい手が伸びてしまいます。体重の事を考えると恐ろしいですが、、笑 これからもお菓子を食べて英語の勉強をしっかり頑張りたいと思います(^_-)
では今回はこの辺で☆ フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka  
ダバオ留学E&G*学生マネージャーインタビュー
2015/06/25

ダバオ留学E&G*学生マネージャーインタビュー

こんばんは! ダバオ留学E&GレポーターのYukaです♪6月も気付けば残り5日!フィリピンに来てから時間の進み方がとても早く感じます。 気づけばフィリピン留学生活も折り返し、、残りのフィリピン留学生活も精一杯楽しみたいです♪

さて、本日は私達留学生のフィリピン留学生活を支えてくれている学生マネージャーをご紹介します。

日本人学生マネージャーのLouieさんは私達と同じ様に授業を受けながら、学生マネージャーの仕事をしています。 そんなLouieさんに学生マネージャーの仕事についてインタビューしてみました。

学生マネージャーになったきっかけは何ですか?

―元々学生としてE&Gにフィリピン留学していました。その時にマネージャ―に誘われた事がきっかけです。

一日の業務を教えて下さい。

―沢山ありますが、主に留学生の空港ピックアップ、オリエンテーション、ブログ更新、各エージェントへのメール対応、書類作成、そして留学生のケアです。

学生マネージャーをやっていて大変な事は何ですか?

―学生の本音を引き出す事です。特に日本人は本音をなかなか言わなかったりするのでどれだけ本音を引き出せるか日々考えています。 またオフィスと学生、学生と先生の架け橋になれる様に努力しています。

この仕事をやっていて良かったこと、楽しい事を教えて下さい。

―学生と一緒に長い時間過ごす事が出来る事です。E&Gは年齢も国籍も様々な人が留学しているので、沢山のそういった人達と関われる事がとても楽しいです。また韓国人の生徒からは韓国語を学ぶ事も出来ます♪笑

○これからE&Gへフィリピン留学を考えている留学生へメッセージをお願いします。

―E&Gは数多くある学校の中でフィリピン一のロケーションです。こんなに海が近くにある学校は他に無いです!そしてドミトリーがとても綺麗で充実しています。また安価な学費が魅力です。 「楽しみながら英語を学べるのはココしか無い!!」
Louieさんはとてもフレンドリーで話しやすくて皆の人気者です♪ダバオに詳しいので何を聞いても答えてくれます。 Louieさんのおかげで私達日本人学生は安心して毎日生活を送れています(^^)
  フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka
ダバオ留学E&G*日本人留学生インタビュー
2015/06/23

ダバオ留学E&G*日本人留学生インタビュー

こんばんは!レイニーシーズンが到来していまいち天気の良くないダバオです。でも気温はぐっと下がって過ごしやすいので、先生達の中にはこの気候が好き~という人もいます!日本から来ている私達にとっては晴天の日が恋しい所ですが、、☆
さて!

今日はE&Gで共に勉強を頑張っている日本人生徒にインタビューしてみました!

実際の生の声をお届けします♪

フィリピン留学の期間

2ヶ月

○フィリピン留学を決めたきっかけ

―もともと海外留学に興味があり、友人の姉からフィリピン留学を勧められた事がきっかけです。最初はマニラ、セブ、バギオ、ダバオを勧められました。

その中でもダバオにしたきっかけは何ですか?

―雨期が無く、台風も来ないと聞いたからです。

ダバオの中でE&Gを選んだ理由は?

韓国資本の学校なので、日本人が少ないと思ったのと、寮の部屋がとても綺麗だったからです♪

実際にE&Gに来てみてどうでしたか?

―I am so satisfied! とっても満足しています。先生は皆明るく良い人ばかりです!授業も文法がやりたい場合はマンツーマンの先生に言って内容を変えて貰う事が出来たり、自分の好みにアレンジ出来る所が凄く良いと思います。
また留学生も週末遊ぶときはしっかり遊んで平日は自主的にしっかり勉強する雰囲気が出来ているので、とてもメリハリがあります。 授業も文法がやりたい場合はマンツーマンの先生に言って内容を変えて貰う事が出来たり、自分の好みにアレンジ出来る所が凄く良いと思います。

ダバオの街はどうですか?

―適度に田舎と都会がMIXしていてとても過ごしやすいです♪

フィリピン留学する前と今とで英語力は変わりましたか?

―私はE&Gに入学してから1ヶ月と1週間が経った所ですが、英語で喋る事に抵抗がなくなりました。 今はフィリピン留学生活が楽しくて日本に帰りたくない気持ちです。笑

最後に現在フィリピン留学を考えている人へメッセージをお願いします。

―本当に英語が上手になりたいなら、フィリピン留学前に日本で基本的な勉強(文法など)をしておけば、後悔せずにすみます!ダバオE&Gは先生も留学生も仲が良く勉強に集中出来る環境なのでとてもお勧めです!
忙しい中インタビューと写真掲載を快く承諾してくれたKathさんありがとうございました♪(写真右側がKathさんです☆)
では今回はこの辺で!   フィリピン留学E&Gレポーター:Yuka
 / 2
E&G最新ニュース
2017/02/28

E&G最新ニュース

フィリピン女子大学との交渉成立!! これにより、E&Gはフィリピン女子大学のアフィリエイト語学センターとしての地位を付与されました。 フィリピン女子大学はホテルやレストランマネージメント専攻で有名でありますが、フィリピン大統領Duterte氏の息子と娘の母校であることでも知られています。   今回の交渉では、フィリピン女子大学とE&Gがお互いに協力しあうことにより、学業プログラム・学生交換などの活動が盛んに行われ、お互いの可能性を高め合うとのこと、同意し合いました。    
E&G 4人部屋のお取り扱いを一時停止します
2017/02/25

E&G 4人部屋のお取り扱いを一時停止します

ダバオE&G語学学校の4人部屋がリノベーション工事を開始しました。   工事が終了するまでは4人部屋のお申込みができないため、リーズナブルな3人部屋がおすすめです。  

2017年ダバオTOEIC試験日程
2017/02/07

2017年ダバオTOEIC試験日程

英語スクールE&Gは、ダバオ地域の唯一の公式TOEICセンターです。

月に一度、TOEIC公認試験が実施されます。 2017年の試験日程は以下の様になっております。   2017年 1月14日(土)、2月11日、3月18日、4月22日、5月20日、6月17日、7月22日、8月19日、9月16日、 10月14日、11月11日、12月9日   場所:E&G内のTOEIC試験専用教室   申し込み期限:試験実地日の2週間前までに行う必要があります。 (E&Gに在学中の場合は、E&Gスタッフが代行します)   費用:2,000ペソ(現金払いのみ)   *試験を受けてから約7〜10日後にテスト結果が渡されます。もし、スクール卒業までには間に合わない場合はテスト結果を日本の住所に郵送して頂く事も可能です。その際は別途で郵送費用をご負担して頂く必要がありますのでご注意ください。  
E&G 初日のスケジュール
2016/12/06

E&G 初日のスケジュール

E&Gにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。
【初日スケジュール】

時間

内容

7:00 ~ 7:50 朝食
8:00 ~ 10:00 レベル分けテスト
10:00 ~ 11:00 オリエンテーション
12:00 ~ 12:50 昼食
13:00 ~ 15:30 お買い物及び両替
18:00 ~ 18:50 夕食
※1. 新入生の人数次第で13時からのスケジュールが変動する可能性があります。 ※2. 平日午前中にE&Gへ到着した場合には、上記午前までのスケジュールに従っていただき、午後より授業を行けていただきます。 ※3. 平日午後にE&Gへ到着した場合には、上記午後のスケジュールに従っていただきます。
E&G 英語留学スクールのニュースまとめ
2016/04/12

E&G 英語留学スクールのニュースまとめ

ダバオのTOEIC公式試験会場 E&G 英語留学スクールのニュース ダバオについて!ダバオ紹介資料はこちら!   4月ニュース IELTSコース開設。TOEICスコア保証コースについて http://goo.gl/1okWzF   3月ニュース 2月から毎週土曜日にTOEIC模擬テスト実施。 よくある質問:平日入学する方へ。入寮と退寮、延泊について http://goo.gl/qcDaLu   2月ニュースまとめ 英語講師のトレーニングについて 講義室改装、最新バージョンの新しい英語教材使用、英語レベルテストについて http://goo.gl/D9riIs
ダバオE&G 1ヶ月10万円以下の費用で留学
2016/02/18

ダバオE&G 1ヶ月10万円以下の費用で留学

キャンペーン掲示板に載っている1カ月10万円以下で留学可能な評判のいいフィリピン英語留学スクールにダバオE&Gが追加されました。 E&Gは4人部屋を円建てのSP価格で提供しております。
 / 1

よく読まれている留学体験記

セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話

セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話     フィリピン留学専門エージセントフィルイングリッシュです。 留学のカウンセリングをしていて、セブ島留学を調べ始めた方からこのような質問を頂く事があります。   「セブ島って危険そう」 「東南アジアって治安悪いでしょ!」 「日本人が殺されたニュースを聞いた」   など、セブ島=危険というイメージを持っている人もなかにはいます。 しかし、それは東南アジア/セブ島に対する先入観、誤解が大きいと思います。   本記事では現在のセブ島が安心留学できる留学先であることについてお話します。 前提としては、セブ島と日本と同レベルで安全、治安が良いという訳ではありません。日本は世界トップレベルで安全な国です。どの地域・国に英語留学をしても日本と同レベルに安全なところは非常に少ない事が前提となります。 ご参考までにフィルイングリッシュの留学カウンセラーの平均フィリピン在住期間は7年です。   セブ島留学が安心できる理由は3つあります。 実はセブ島の治安はそれほど悪くない 日本人留学生が多い フィリピン人が平和である   セブ島≒L.A同レベル? セブ島の治安はそれほど悪くない     フィリピンやセブ島というと、「ドゥテルテで政権が不安定だ」、「日本人が銃で殺された事件を見たよ」といった治安に関する不安がやはり多いです。 もちろん日本に比べれば、危険に晒される可能性は高いです。   しかしイメージに反して、セブ島留学で実際に日本人留学生が巻き込まれたという事件は少ないのが事実です。 セブ島滞在で、ちゃんと語学学校の門限規則を守っていれば、留学生が事件に巻き込まれる恐れはほとんどないです。留学生が遭う犯罪は、殺人のような事件ではなく、スリや盗難に合うといった程度の事件です。 以下はセブ島とロサンジェルスの犯罪についてのデーターです。ほぼ同レベルであることが分かります。     以下はロサンジェルスと東京の犯罪についてのデーターです。     犯罪についてのデーターによると、 セブ島とL.Aは昼間一人で歩いてての安産度は「高い」、東京は「非常に高い」。※1 セブ島とL.Aを夜一人で歩く場合の安全度は「普通」、東京の安全度は「非常に高い」。※ 東京は昼も夜も非常に安全な街ですが、海外の都市ではセブ島であってもロサンジェルスであっても 適度の緊張が必要ですね。   セブ島の治安は、アメリカのL.A以外にもニューヨーク、ロンドンなど他の都市ともそれほど大きい違いはないことを考えると、セブ島って以外と安全な留学先に思えませんか?   ※1出典:Numbeoオンラインデータベース セブ島とL.Aの治安比較:https://goo.gl/CyOV1Z   日本人留学生が多い     フィリピン留学・セブ島留学に行く日本人留学生は2010年の4,000人ほどから2015年には35,000人で約9倍の急速な増加を遂げています。 その中で日本人の半数以上がセブ島留学を選択しているので日本人留学生の増加は言うまでもなく比例しています。   またセブ島のシティーエリア・リゾートエリアは割と狭い地域なので、日本人と出くわす機会が多く、体感としても日本人留学生を多く感じるでしょう。 […]

セブ島留学がますます便利に! 海外初心者はセブ島留学に行くべき?

セブ島留学がますます便利に! 海外初心者はセブ島留学に行くべき?     あなたの周りにもセブ島留学に行く人が増えていませんか? セブ島留学が人気の理由の一つとして、英語留学をする上でとても便利であることが挙げられます。   そのため海外初心者でも、気軽に行くことができるようになっています。 セブ島留学は、なにが、どのように便利なのでしょうか?   日本から近く、セブ行の直行便が多い 巨大ショッピングモールやスーパーがたくさんある 日本食レストランが多い セブ島関連の情報を仕入れやすい   日本から近く、セブ行の直行便が多い   セブ島へは日本各地から直行便が出ていて乗り換え不要で現地まで行くことができます。 所要時間は、東京-セブ島で4時間、大阪-セブ島で5時間程度と近いです。   料金も格安航空券(LCC)であれば、期間によって大きく変動はしますが、片道20,000円~40,000円あたりで、直行便を用意している会社も多々あり、   フィリピン航空 (区間:東京-セブ島、大阪-セブ島、名古屋-セブ島など) バニラエア航空 (区間:東京-セブ島) セブパシフィック航空 (区間:東京-セブ島、大阪-セブ島、福岡-セブ島) その他 全日空   など多数出ているので、それぞれの会社を比較してチェックすることをおすすめします。 航空券の料金比較はスカイスキャナーというサイトが使えます♪   またセブパシフィックではプロモーションを実施しており、往復で10,000円などと破格の価格でチケットを入手できたりします。 プロモーション情報は、セブパシフィックの公式Twitterでリアルタイムな情報を確認することができます。 ※フィルイングリッシュよりお申込後、セブ行往復航空券のお見積書発行、ご予約の代行も可能です。   巨大ショッピングモールやスーパーがたくさんある     「セブ島のショッピングなんてしょぼいでしょ。」 そう思った方は、セブ島を見くびっています(笑) セブ島のショッピングモールやスーパーでは、基本的に規模がかなりでかいです。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものはほとんど済ませるスタイルですね。   セブ島のショッピングモールは以下のように多数あります。   SMシティーセブ アヤラセンター・セブ ガイサノ・アイランドモール ロビンソン・ガレリア・セブ   その他中小規模のスーパーはほとんどの語学学校から徒歩圏内にあり、日常の買い物に困る事はありません。コンビニは、やや現地化されたセブンイレブンが一番多く、最近はきれいな日本スタイルファミリーマートが増えています。   日本食レストランが多い     日本人にとって海外渡航で意外と大きい悩みが食の問題ですよね。 特に住み込むのであれば、食が合わないことは、留学生活に多大な影響をもたらすでしょう。 […]

セブ島留学が超グローバル!? 多様性を受け入れる留学のすすめ

セブ島留学が超グローバル!? 多様性を受け入れる留学のすすめ     セブ島留学は格安留学というイメージがありますが、実は人生の価値観が変わるほどの威力を持った留学でもあります。   フィルイングリッシュが「人生を変えるフィリピン留学」と言っているのは、大げさなことではなく、セブ島留学自体がとても魅力的な環境であるからです。 魅力的な環境を生み出している大きな要素は、セブ島留学の多様性にあります。   急成長する発展途上国の都市セブ島 アジア人留学生と学校内で交流できる 欧米人の観光客が多い フィリピン人の価値観に触れることができる セブ島に集まる日本人が面白い   1.急成長する発展途上国の都市セブ島     セブ島は、リゾート地としてだいぶ発展してきました。そのため、一般的な都市型の発展途上国のイメージとは少し離れてきてはいるものの、途上国のエネルギーが感じられる街です。特にセブ島のシティーエリア(リゾート地ではない方)は、あちらこちらで新しい高層ビル、ホテルなどの工事が行われており、1ヶ月でも変化が著しい活気あふれる都市です。   街も目まぐるしく変わりますし、フィリピン人の圧倒的な支持を集めているドゥテルテが大統領に就任してから、発展と共に治安や犯罪の管理にも力を入れているので、更に健全で元気になっているように見えます。   途上国の経済発展を間近で感じることは、すでに先進国になっている今日の日本では見ることが出来ません今のセブ島の都市風景は日本の若い世代やビジネスマンにも良い刺激になるでしょう。   アジア人留学生と学校内で交流できる     アジアの英語留学先としては、セブ島留学が間違いなく知名度・人気・実績どれをとってもNo.1です。 そのため、日本人、韓国人、中国人、ベトナム人、などアジア各国から英語を学ぶ目的で留学生が訪れます。   フィリピンの語学学校は基本的には校内の寮生活のため、彼らアジア人留学生と同じ屋根をともにして、深く関わっていきます。 アジア人同士の交流が深くできる留学生活だからこそ、お互いの国の文化や価値観を知り、友人が増えていくことは言うまでもないでしょう。   欧米人の観光客が多い     セブ島はアジアの中では数少ない「英語が公用語のリゾート地」です。セブ島の他、パラワン、ボホール島などのフィリピンのリゾートは観光地としても有名で欧米からの観光客がたくさん訪れています。 語学学校内で直接関わってくる話ではなないですが、外出した際に、セブ島の街の至る所に多くの欧米人観光客がいます。セブ島に旅行で訪れている欧米系の人は、英語で声をかけたり小話をはじめると、気軽に実践英会話ができます。 欧米の文化、価値観に接すること、教科書無しのネイティブとの英語ミュニケーションは留学生に大きい刺激になります。ちなみに、アメリカ・カナダ以外のドイツ、イタリアなどの欧米人は平均的にとても流暢な英語を話します。   フィリピン人の価値観に触れることができる     フィリピン人と日本人は相性が良いです。彼らは基本的にとても明るくフレンドリーな性格の持ち主のため、話やすいという特徴があります。最近流行りのオンライン英会話の英語教師は90%以上フィリピン人講師が担当していて、日本人学習者に大変人気を集めています。 またキリスト教の信仰もあり、道徳・倫理に関するこだわりが強い人が多いです。 しかし、現在の日本人との価値観と彼らのそれは、全く違う部分があったりします。現代日本人にはあまりないフィリピン人の特徴は、例えば、   クリスマスには、すべての会社が休みになり、家族・親戚と最優先で過ごす スーパーでは良くダンシングタイムが入り、従業員を中心に皆が踊りだす 仕事よりも家族・恋人を優先にする傾向が非常に強い   など他にもあげればきりがありませんが、こういった価値観は私たちに気づきを与えてくれます。 フィリピン人の価値観からインスピレーションを受けて、人生を豊かに変えていった日本人が多くいるのはこれらが理由です。   セブ島に集まる日本人が面白い […]

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析 こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。 フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。 1年3万人以上が英語留学に行くフィリピンですが、欧米への英語留学に比べるとまだそれほど知られていないのも事実。 「格安留学を調べていて、フィリピン英語留学を初めて知りました」、 「フィリピン英語留学に行ってきた友だちに聞いて初めてしりました」など、 フィリピンで英語留学をすることについてまだまだ違和感を感じる方々が多いようです。 一昔前は費用が高額、期間が長期、遠いなどの制約で誰にでもできるものではなかった『英語留学』。 そのの常識を覆したのがフィリピン英語留学です。しかし、フィリピン人英語講師、フィリピンという国の英語についてイメージがわかないかたも多いかと思います。 そこで今回はフィルイングリッシュのシニア留学カウンセラー梶野章より、フィリピンの英語、フィリピン人の英語はどうなのかというテーマでインタビューし、Q&A形式でまとめました。 留学カウンセラー梶野章の簡単紹介  フィルイングリッシュ統括責任者・共同代表。 東京都出身。アメリカミズーリ州セントラルメソジスト大学英文科卒。 英語留学カウンセラーとして過去4年間に2,200名のお客様を日本からフィリピン語学学校に送客。 Q:そもそも、何でフィリピンに英語留学にいくのですか? A:もちろん留学費用が安いというのもあります。別々の友人の娘さん3人が現在カナダの高校に通っていますが年間の費用は1名が900万円、もう1名が700万円、もう一名が600万円と聞きました。フィリピンですと200万円はかからないでしょう。それと飛行機の移動時間もフィリピンは4時間30分、欧米は12時間。移動するのも一苦労です。 ただ『留学費用が安い事』が一番の理由ではないと思います。 結果を出しているという事がすべてでしょう。フィリピン英語留学ですと12週間あれば英語初級者が日常生活で困らないほどの英会話力を、ほとんどの受講者が身に付ける事ができます。あちこちで披露されるフィリピン英語留学での成果と自慢話が人を呼び日本人のフィリピン留学生の数は2010年に年間4,000名から2015年にその約9倍にあたる35,000人にまで膨れ上がりました。  >>>フィリピン英語留学4週の費用まとめを見る Q:フィリピン人はなぜ英語が話せるんですか? A:フィリピンは多言語民族です。フィリピン国内に172の言語が存在します。タガログ語をしゃべるマニラっ子とセブアナ語を話すセブっ子では言語が違うので意思疎通ができません。そこで共通語として英語が公用語となりました。 フィリピンでは幼稚園から大学まですべて英語の教科書が使われます。授業内では基本(幼稚園、小学校低学年を除く)オール英語で進行いたします。高校を卒業したものであれば基本日常生活で英語のコミュニケーションには困らなくなります。 △フィリピン、バギオ地域の幼稚園。英語科目ではない授業でも英語で行われる。 Q:フィリピン英語留学で英語はホントに伸びますか? A:欧米諸国にもフィリピン同様様々な英語学校があります。ですがフィリピンにあって欧米諸国にないものが二つあります。手頃な価格で集中的に受講できる『マンツーマン授業システム』とカリキュラム通りに学生のレベルが上がるかどうかをチェックする『管理システム』です。 △フィリピン人講師とのマンツーマン授業の様子。セブ島セブブルーオーシャン校 人間それぞれ適正がありますのでその人にあったオーダーメイドの授業内容を1対1で進行させていく指導方法は極めて有効です。学生は受身で聞き流すだけの姿勢が許されないシステムに組み込まれます。 もう一つは学校が一つになって学生の英語レベル進化を確認相談しながら前に進むシステム。毎週のミニテスト、月間のレベルテスト、毎授業毎の宿題など先生はすべてチェックし、進歩が遅れている学生に対しては手段をこうじます。放課後が自由放任主義の欧米学校よりもはるかにきつい規律と規則とノルマと罰則が存在するという事です。 アメリカでは語学学校に1~2年滞在しているにも関わらず英単語を一つ二つ発してなんとかコミュニケーションするレベルの日本人がゴロゴロいます。実際に見ました。フィリピン留学生では希少価値の存在です。 Q:フィリピン英語留学でどんな事が学べますか? A:フィリピン英語教育で強い部分は二つ。 『英語の基礎固め』と『英語試験対策』。 フィリピンで12週勉強すれば日常英会話力がつくという話はだいぶ知れ渡ってきましたが、コミュニケーション力だけにとどまりません。12週間まじめに勉強すれば英語の基礎がしっかり備わるという付加価値がついてきますのでどの英語検定試験にも突入できる英語基盤が出来上がります。 英語の基礎がある人間がフィリピンの英語検定が強い語学学校で学べば、4週平均でTOEICは70~100点、TOEFL10~13点、IELTS(初期段階)0.5点のペースで上がって行きます。 △IELTS専門のSMEAGクラシック校の教材。フィリピンの英語学校は英語試験対策が得意。 フィリピンではこのくらいの期間にこのくらいのカリキュラムをこなせばこのくらい伸びるという計算がついているからです。語学学校の点数上昇バックアップ体制、試験対策データ班、過去の経験から累積された試験対策カリキュラム、試験情報に精通した講師の存在など、他国の留学では見られない有利な条件がそろっております。 実際アメリカやイギリス、オーストラリアなどから試験対策目的でフィリピンに引越し留学される方が年々増加しております。 又英語力は高いがスピーキング力がめっぽう弱い方やスピーキング部門やライティング部門など自宅の自習では補えない部分をピンポイントで強化される短期集中型の英語留学も増加しております。 >>>2週以下、超短期留学おすすめ校一覧を見る  >>>英会話マスタープランを見る Q:フィリピン人の英語は訛りがあるという話もあります。間違えた英語が身についてしまうと心配される方もいらっしゃいますが。。。 A:フィリピン英語留学というとなまりを槍玉に挙げる人が私の周りにもいます。フィリピン人の場合、生まれ育った時に身に付いたタガログ語やセブアナ語の発音やアクセントを引きずるケースです。 例えば日本語では『リ』という言葉は一つですが英語では『Ri』と『Li』に区分されます。日本人にしてみれば似たように思えますが、明確な差があり、ネイティブは一瞬で聞き分けます。それとBとVの区分け、語尾のN(例えばJapan(=ジャパン)の発音がジャパングになるなど)が弱い傾向にあります。こういうのがなまりです。 △英語スピーキングに特化したコースを運営するセブ島CPI校の講師陣 フィリピン人英語講師の中にもこもっているような英語を使う人をたまに見かけます。講師たるもの綺麗な発音で指導される事が望ましいですが、問題視するほどひどい程度ではなく、すこし耳に違和感があるくらいの感じです。槍玉にあげられるほどの元凶には思えません。 そもそも英語圏の中に千差万別のなまりがあります。アメリカ英語とイギリス英語は明確にアクセントが違います。私が東京四谷にある英会話学校に通っていた時のアメリカ人先生は『イギリス英語は大富豪奥様の「上流階級」言葉のようにくすぐったく聞こえる』とこき下ろしていました。 又同じ国内でも地域によって英語のアクセントやイントネーションが違います。私のいたミズーリ州は標準に近いと言われますが、南側に下ってルイジアナ州あたりの南部にいきますと発音もイントネーションもかなり違ってきます。 △各国の英語の特徴を教育するフィリピン講師トレーニング資料の一部。バギオTALK校 イギリス人やオーストラリア人は地方によっては『テイ』を『タイ』と発音したります。オーストラリア人がトゥデイ(Today)をトゥダイと発した時には思わず『Speak English(英語で話せ)』と言いたくなりました。 フィリピン人の中になまりのある人間も存在しますが、度合いが強いものではなく許容範囲くらいに思えます。ただなまりの問題を事前トレーニングで徹底クリアさせている語学学校もありますので、こだわりのある方に対してはそのような語学学校を紹介する事もできます。 以下、フィルイングリッシュ取材チームが撮影したビデオ。実際フィリピン語学学校で英語を教えている先生たちのスピーキングコース紹介の動画です。普通の英語ですが、日本人に聞き取りやすいと思います。ご参考下さい。 △フィリピン英語留学3か月で英会話マスターを目指す!   △フィリピン英語留学の代表、セブ島留学の紹介動画 ナレーションはネイティブ、学生インタビューが含まれています) […]