Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

C&C

学習環境と上質な施設が整備される安全都市イロイロのC&C

イロイロC&C Academy

フィリピン留学の成功に必要な条件として安定した治安、質の高い講師、落ち着いた環境で勉強できる綺麗な設備、皆が勉強に励む学習環境等が挙げられます。そしてこのような条件をクリアしているのがイロイロのC&Cアカデミーです。 フィリピンで深夜でも女性が一人で歩ける町と言えばダバオとイロイロです。治安をあまり気にせず町を自由に歩け回れるのは日本を遠く離れた外国の留学先を決める重要な要素の一つでしょう。

これは近隣地域のバコロドにもいえるのですがイロイロの人たちは基本的に親切で気さくですぐに仲良くなれます。マニラやセブといった大都市ではあまり味わう事の出来ない地域住民との心の交流がフィリピン中部地方のイロイロやバコロドにはあります。
しかし決して田舎の過疎地ではなく6車線道路などが整備され、2015年に同地で開催されたAPECを皮切りに建設ラッシュが続いています。

C&Cのメリットを挙げるとすれば建物や寄宿舎が新しく綺麗なばかりでなく、付帯施設も同じ敷地内にあるホテルと共用なので空いている時間にゴージャスなプールやカフェテリアなども利用できる事、24時間利用可能Wifi接続図書室、2時間の強制自習時間など勉学環境が整っている事等です。

イロイロは典型的な学園都市で大学数が43校とバギオ地方(36校)を大学数で上回る一方で留学英語スクールが6~7校と非常に少ないので良質な講師を確保しやすいというメリットがあります。

もうひとつ重要なポイントですがお米ともち米をうまく配分させ、日本人が好む食感に近いご飯を提供しております。

学校名 C&C Academy (Chance & Challenge Language Academy)
住所 Punta Villa Resort, Sto Nino Sur, Arevalo, Iloilo City 5000, Philippines
設立年度 2003年
定員 250人
承認関連 TESDA 及び教育庁正式認可
留学カリキュラム・コース ESL、TOEIC、IELTSコース。それぞれOriginal、Intensive、Nativeに分かれる
講師 フィリピン講師100名前後、アメリカ人講師4~6名
日本人スタッフ 1人
日本人の割合 約30%
学校施設 ロビー、24時間自習室、マンツーマン講義室(170室)、グループ講義室(27室)、休憩室、食堂、OT教室など
寮施設 部屋でWi-fi可能。 シャワー、温水器、冷蔵庫、クローゼット、 机、イス、ベッド、テレビ、エアコン、ウォーターサーバーなど
附帯施設 プール、ダンスホール、チャペル、レストラン、売店、ホテル、バスケットボールコート、結婚式場、ビリヤードなど

  / 0
イロイロ留学訪問記:ホテル並みの施設でスパルタ並の集中学習するC&C
2014/01/19

イロイロ留学訪問記:ホテル並みの施設でスパルタ並の集中学習するC&C こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章ともうします。11月上旬にフィリピン中部イロイロと隣町であるバコロドの語学学校を回ってきました。 今回は治安がすこぶる安全な都市イロイロでゴージャスな施設と集中プログラムを誇るC&C(Chance & Challenge)をご案内させていただきます。 イロイロの地方幹線道路を横に入ると60~70mくらい長く延びる遊びの部分があり、その先にはC&Cが属する高級複合施設プンタビラ玄関口があります。24時間監視所を通り抜けると高級ホテル、結婚式場、コンベンションセンター、そしてお城のようにそびえたつ真っ白なC&Cがあります。 放課後夜8時から10時まで実施される強制自習まで2時間くらいの外出自由休憩インターバルがあります。ですがほとんどだれも外出しないようです。ホテルの付帯施設であるプールやバー、カフェテリア等は無料で利用可能です。学生達に聞いてみると週末もほとんど外出しないのでお金を使わないと言っていました。C&Cに限らずイロイロの学校に集まる日本人学生はまじめで勤勉な方が多いようです。電気代がもったいないので図書室でそのまま生活しているという学生もいらっしゃいました。 フィリピン中部地域イロイロ、バコロドの語学学校の中でゴージャスな施設以外にもC&Cが差別化される点がもう一つあります。ネイテイブスピーカーが4~5人在籍しているので選択によりネイテイブのマンツーマン授業を受講可能です。中部地方にネイテイブが在籍している語学学校はそう多くありません。その他、韓国語マンツーマン、中国語マンツーマンなども選択できます。 メインコースはマンツーマン4時間、グループ3時間、夜の強制自習2時間のESL Original,マンツーマンを1時間追加したESL Intensive、IELTS,TOEIC等の特化コース、ネイテイブマンツーマンが入るアメリカンコース等があります。このプログラムに夜の強制自習時間を加えるとほぼスパルタのような日程です。 休憩時間に日本人が3名階段の所でたむろしていたので学校について聞いてみたところ3名とも満足度は非常に高かったです。 国籍比率バランスは日本人25%、韓国人45%、中国、台湾人30%でした。 部屋、建物とも非常に綺麗で清潔です。綺麗好きな日本人も満足できるのではないかと思います。ベランダ付きとベランダ無しの部屋を選べます。ベランダ付きがよさそうに思えますが南向きなので日差しが強すぎて電気代がかかるという声がありました。 夕食をご馳走になりました。肉じゃがと卵焼き、大根のぶつ切り、キムチ、真っ赤な辛いスープでした。ご飯の食感は日本のものに近いです。真っ赤なスープは別にして結構おいしかったです。実はこの日バコロドに行く予定でしたが台風30号ハイエンの接近のおかげで船も飛行機もすべてキャンセルされ、急遽C&Cに泊まらせていただきました。ありがとうございます。 プンタビラ前の幹線道路には地域のお店が立ち並んでいます。その内一軒のお店の中に入ると海が見えました。セブンアップ500mlで15ペソ(35円)。同じものをマニラ空港の駐車場の中にぽつんと立つ掘っ立て小屋みたいな出店で注文したら50ペソ(115円)でした。 ちょこっと気晴らしには最高にいいですね。 ■ まとめ 体裁はセミスパルタですが体系はほぼスパルタに近いです。しかしセミスパルタ特有のマッチ式で自由自在に科目を選べるのは利点です。それと気晴らしにちょっと表にでられるという点もいいです。あまり上から頭を押さえつけられずそれでも学習雰囲気が整っている学校だと思います。

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して
2013/02/15

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して フィルインリッシュ顧客担当統括梶野章と申します。 フィリピン留学を考える方のほとんどが1)マンツーマン授業の効果、2)欧米留学に比べ費用が安い、3)それと想像以上の学校側のサポートを期待していると思います。 さてそれでは皆様方がフィリピン留学情報を求めた場合そのニュースソースは何になりますか?おそらくヤフーやグーグル検索で紹介される留学エージェントの紹介内容やブログなどではないでしょうか。 現在ウェブ上ではフィリピン留学関連コンテンツやブログが氾濫しております。でも知っておられますか?皆様が接するほとんどの文章は留学エージェントが『検閲』したり、管理したりしているという事実を。実際フィリピン留学校のホームページ90%以上をエージェントが管理しています。従って皆様が接するほとんどの情報は『清書された文章』あるいは『エージェントが望む内容の文章』なのです。 当たり前の事ですが学校とエージェントは至極ビジネス的な関係を形成します。学校の全セールス権限を付与されるエージェントもあれば、エージェントの社長が実は学校長だという驚くべき話もあります。実際学校に行ってみると提供を受けた内容とかけ離れていたという声をよく聞きます。猜疑心を持って注意深く情報をつかみ相談を受けたとしても全体像が『エージェントがお客に来てもらうために加筆した情報』なので結局その方向に流されます。 『○○学校の講師たちは本当にすばらしい!』等の卒業生のブログは見ることがあっても悪口を書いているブログはあまり見ません。ほとんどの場合エージェントが直接あるいは間接的に誘導する学校についていきます。 それでは一体このような状況がフィリピン留学を長期的な目で見た場合プラスになっているのでしょうか?僕はマイナスだと思っています。短期で見れば問題点をありのままに指摘すればその学校が改善させ、発展させる手助けとなります。(もちろん指摘された学校は嫌がりますが)長期で見れば学生たちによりフィリピン留学市場が良い方向に発展すると思います。 数週間前僕は面白いホームページを見つけました。いくつかの学校に対する冷静な診断と評価、改善点などを掲載しています。否定的な文に慣れていないので始めはちょっと戸惑いましたが、このような体験談は留学する方々に本当に必要だと思います。詳細はこちら http://englishcebu.com/mango.html をご覧下さいませ。 正直に告白しますが僕もたくさんのフィリピン学校長と顔見知りであり、よくその学校に入れてくれと頼まれたりします。しかし顧客一人一人には事実をきっちり伝えないといけないと思っております。それは僕が留学エージェントという仕事が『お客様のよりよき近未来』と繋がっていると思っているからです。 最近あるお客様から『特定の学校への営業もせず、問い合わせた学校の長点、欠点をきちっと伝えてくれてありがとう』と言われました。僕はこの言葉を千金にも値する貴重なものと捉えこれからもそのようなお褒めの言葉をいただくよう頑張るつもりです。もちろん僕より優れたエージェントはいくらでもいます。皆がお客様に対し現実を客観的評判と事実を持って伝えていただくと期待しております。

  / 1
  / 1
イロイロ留学C&C*番外編セブのおすすめスポット
2016/09/15

イロイロ留学C&C*番外編セブのおすすめスポット

こんにちは!イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 今回は、番外編として、セブのおすすめスポットを紹介します。  

・ セブのおすすめスポット

「Royal Concourse」

Ayalaモールの近くにあるビュッフェです。ランチもディナーもひとり238ペソです。日本の食べ放題みたいな感じでした。

「Larsian BBQ」

庶民感すごくて躊躇しがちですが、店員(オネエ)が親切で、しかもかなりかなり美味しくて最高です。あと安い。二回食べに行きました。

「Tree Shade Spa」

3年前にも行って、すごく良かったのでまた行きました。今回はTOEIC試験会場近くに支店が出来ていたのでテスト前日に行きました。60分間の全身オイルマッサージが360ペソ(学生証を持って行きましょう)

「Carbon Market」

巨大な野外マーケットです。フィリピン初心者には恐怖かもしれません。行くなら午前中に、最低限の荷物でどうぞ。  

「Colon Street」

フィリピンで最も古く短い道路らしいのですが、どこが?って感じでした。まあ記念にどうぞ。  

「Sky Experience Adventure」

高層ビルの屋上で出来るスカイアクティビティ。値段もそんな高くないので(200ペソ〜)、上空からセブを見下ろしたければどうぞ。  

「Tops」

山の上の方にあります。ここまではタクシーで行くしかありません。夜だと夜景が見れてオススメなので、5時とかに向かうといいです。

「Captain A’s Seafood Grill」

Boodle fightっていうフィリピン伝統の軍隊式食事方法を体験できます(イロイロでも出来る)。大きなバナナの葉に直接食事が置かれていて、素手で食べます。(もちろんスプーン・フォークで食べることもできます。)

・ セブのおすすめお土産

「Golden Sana Banana Chips」

こんなに美味しいバナナチップなかなかないですよ。私的には世界一。3年ぶりの遭遇につい大量購入。フィリピン人の口にもかなり合うようで、チューター通販で買ってた笑 ちなみに300gで100ペソ、500gで165ペソくらいです。売ってる場所によって多少値段違います。SMのジプニー乗り場の近くのエントランス付近が最安でした。  

「Peter Paul Virgin Coconuts Oil」

このココナッツオイルめっちゃ良いらしいです(ネット情報)。私はSMのスーバーで買いました。250mLで165ペソくらい。日本では同じ商品が2000円するそうです。これを毎日リプトンに入れて飲んでるんですが、すごいですね。効果抜群です(何にとは言いませんがトイレ的な何か笑)。   フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。
イロイロ留学C&C*公式TOEIC受験2
2016/09/13

イロイロ留学C&C*公式TOEIC受験2

こんにちは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。

前回の続き、TOEIC受験までの流れについてお伝えします。

 

◯ホテル予約

申込と交通手段が確定したら宿泊場所を確保しなきゃですね! フィリピンのTOEICは日本と違って、午前中(しかも7時半集合)なので前泊が必須になっています。 そこで、試験前日に私が本気でおすすめしたいホテルは… 「S Hotel and Residences」です。 一部屋一泊たったの1350ペソで、新築みたいに綺麗なホテルです。 しかもなんと、試験会場であるSMEAGキャピタルキャンパスまで徒歩3分程。 当日の交通渋滞のことも考えなくていいので、非常にいいと思います。 私のお気に入りポイントは、シャワーとトイレの間にガラスの壁が設置されていること! どこからどこまでも綺麗で、部屋も広くて、人も親切で満足です。 あと徒歩圏内にガイサノモールがあるので飲み物とか、もろもろ買えますよ。 ジョリビーもチョーキングもピザ屋さんも。
ちなみに、ホテルまでポートからジプニーでも行けます。
セブのジプニーは、アルファベットと数字でルートが決められています。 ポート近くからホテル(試験会場)近くまでは、「06B」が一番良いと思います。 料金は7ペソで、お金を払うときと降りるときに言う言葉はイロイロと同じです。 ただ、セブでは降りるときにコインでカンカンまたは天井をノックするのが主流でした。

<補足>

テスト後の宿泊場所。 もし土曜の夜の船でイロイロに帰るなら宿泊する必要がありません。 私はセブにもう2泊しました。 TOEICの会場はGuadalupeというちょっと中心部から離れているところにあるので、連泊はあまり好ましくないと思います。
2泊目:Quest Hotel Cebu プールバーとかついてるようなゴージャスなホテルです。 日本でこんなところに泊まったら3万とかしそうですね… 想像以上にすごかったです。 ちなみに一部屋一泊7500ペソ…のところ、3406ペソでとりました!(^^)/ 場所は、アヤラモールというセブで2番目?に大きいショッピングモールの目の前です。
3泊目:Richmond Plaza Hotel 二泊目のホテルめっちゃ良かったんですが、贅沢しすぎなので、3泊目は少し控え目に。 まあまあって感じですね。 二泊目のインパクトがすごすぎて、記憶にありません(実際、私寝落ちしてました…10時くらいに…)

◯試験当日

受験票のようなもの(メールで来る)には試験時間が「8:00-10:30」って書いてあるのですが、 ちゃんと読んでいくと、30分前には到着しないと行けないみたいです。 また、済みから済みまで受験票を読むと、「サンダル禁止・短パン禁止」って書いてありました。 なので、私は長ズボンとスニーカーを履いて、7:20に到着しました。 ですが…みんな短パンでサンダルやないかーーーーい!しかも何時間待たせるねんーー!! って感じになりました。 でも決まりを守ってれば何の問題も起きないはずなので後悔はありません(長ズボン暑かったし重かったけど)
試験会場についたら、受付して、荷物預けて(消しゴムしか持ち込みできない) ひたすら待って待って待って… ようやくテスト始まって、終わってから時計見たら…なんと12時!!笑 1時間半も遅れちゃってたんですね。
まあそんなこんなでTOEIC終わりました。 結果は一週間後に来るはずなので、本来ならもう届いてるはずなんですが 今、台風が来るとか来ないとかで天気めちゃくちゃ悪くて遅延してます。 おそらく明日来ると思うのでウキウキわくわく!笑 結果が良くても悪くても、テストの結果もらうの好きなんですよね。
TOEICって他の人のスコアも影響してくるじゃないですか。 フィリピン人(たぶんどっかのチューター)もたくさん受けてたので平均点あがるので不安です。 でも日本とは違ってフィリピンは旧TOEICなので、そっちが得意な人は是非受けてみてください。
会場のSMEAG
以上でTOEICについては終わりです。 フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。 次回は番外編です。。
イロイロ留学C&C*公式TOEIC受験
2016/08/14

イロイロ留学C&C*公式TOEIC受験

お久しぶりです。イロイロ留学C&C学生レポートのLillyです。 もうこっちに来て22週間が経ちました。 あと2週間くらいでここC&Cともお別れです…
TOEICコースが終わってからESLに戻りまして、楽しい日々を取り戻しました!笑 やっぱりTOEICはプレッシャーがすごくて…
TOEICコースの成果を確認するために、8月6日にTOEIC公式試験を受けてきました。 残念ながらイロイロでは公式試験が開催されないので、セブまで行く必要がありました。 (ごくたまにC&Cでも開催されます。理由は省略。)

今回はフィリピンでのTOEICについて書いていきます。(時系列)

◯TOEIC申込

日本の場合は、2ヶ月くらい前に申込をしないといけないと思いますが、フィリピンでは10日前くらいまで受け付けています。 噂によると、試験日程が変更になる可能性があるらしいので、直前の申込の方がいいかもしれないらしいです。 ちなみに私は、2週間くらい前に準備して、全ての工程が終わったのは〆切日でした。
申込方法に関しては「フィリピン TOEIC」とかで検索していただければわかりやすい日本語の解説があるので、そちらを参考にしてください。 受験料を支払うために、銀行に行って振込をする必要があるのですが、振込の出来る銀行はBDOかBPIです。 でも銀行は基本的に平日の夕方4時までとかしか空いていないので行けないですよね… 土日もやってる銀行はSMにあるBDOなんですが、長蛇の列らしいのです。
そこで私が見つけたのが…ダウンタウンのBDO!! ジプニーでロビンソンの辺りまで行って、少し歩くと中華街があるんですが、そこです。 週末もやってます!(ネットで調べても出てこなかったんですが、歩いてたら見つけました)
インターネット申込をして、銀行振込をしたら、オデットに証明写真と銀行でもらった控えを渡せば完了です。 TOEIC直前の水曜日にTOEICからメールが届きます。 (フィリピンあるあるで、たまに届かないらしい)

◯セブまでの道のり

申込が完了したら交通手段の確保ですね。手段としては基本的に 1、飛行機 2、船 のどっちかです。 船とバスの組み合わせもありますが、乗り換えが面倒なのでオススメしません。
私は、船で行きました!12時間かけて!笑 船なんて利用する外国人いませんでしたよ、みんなフィリピン人。 でも、たったの880ペソです。しかもイロイロ出発が夜7時なので寝てれば着きます。 もちろんベッドで寝れるし、エアコンありです。 (エアコンなしは800ペソ)
私は木曜日夜7時のCokalinogという会社の船に乗り、 金曜日の朝7時前のセブに到着しました。
帰りも同様に船を使ったんですが、気をつけなければいけないのが、日曜日は船がないこと。 なので、土曜日の夜か月曜日の夜に帰るか、飛行機を使うかです。 私は、月曜日の夜6時のTrans-Asiaという会社の船を利用し、火曜日の朝6時にイロイロに到着…するはずでした。 が、天候が悪すぎて、船がかなり遅れたので実際着いたのは10時30分頃でした。
Cokaliong
Trans-Asia

<補足>

船のチケットを買う方法。 もちろんポートで買えます。でも直前まで何も持ってないのは不安ですよね。 だからといってわざわざポートまで買いに行くのも面倒ですよね。 実は、SMで買えます。 SMのジプニー乗り場の手前にあるSM外のトラベルセンターです。 クレジットカードは使えないので、現金を持参しましょう。

<補足>

イロイロの港まで行く方法。 セブに行く船がいるのは「Iloilo Domestic Port」です。(ギマラスとは違います) ここまではジプニー2ライドで行くことができます。 まずはいつも通り、Punta Villaからジプニーに乗ります(10ペソ)。 Robinsonsのちょっと手前のMarymart mallとSM delgadoの近くの交差点で降ります。 そしたらSM delgadoの方に歩いて行って、交差点に到着したら、 「JAHO CPU」というジプニーに乗ります(5ペソ)。 ポートの目の前に着くので、ラクラクですよ。
イロイロ留学C&C学生レポートのLillyでした。
次回に続く。
イロイロ留学C&C*食事について
2016/06/27

イロイロ留学C&C*食事について

こんばんは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 ついに7週目に突入しまして、ESLコースは残り1週間ちょいになりました。

今回は食事について書いていきます!

学校選びで食事ってかなり重要なポイントだと思いますが、 安心してください、まずくないですから(もうコレ流行ってないのかな…笑)

・朝食について

朝食は基本的に毎日同じです!!笑 だけど私は朝食が一番好きです。
食パン、おかゆ、ハム、ソーセージ、たまご、スイカ、千切りキャベツ、キュウリ が基本的にあって、たまにスイカがなかったり、キュウリがなかったりします。 あとたまにバナナが出たり、ジャガイモを薄く切って揚げたものが出たりします! 私はいつも食パンにハム、ソーセージ、たまごを挟んで食べてます。 食パンは鉄板で焼いてくれているのでカリッとしていておいしいです!! おかゆも付け合わせの小魚(を辛みそであえたもの)を投入して食べると美味しいです。朝から満足です。 ちなみに朝食の時間は07:30~08:00の30分間で、私は8~9時の授業がないので07:45くらいに行ってゆっくり食べてます。
朝食。

・昼食と夕食について

昼食・夕食はおかず2-3品、スイカ、キムチ、ライス、スープ をベースにおかずとスープが毎回変わります。
おかずは、骨付きチキンを辛いソースで味付けしたものやチヂミみたいなもの、チキンカツ、肉じゃがみたいなもの、 餃子みたいなもの、ジャガイモをクラムチャウダー味にしたもの、酢豚、ビビンバなど、ぜんぶ美味しいです! フィリピン人が作っているので、「〜みたいなもの」って表現になってしまいましたけど、安心してください。 特に、じゃがいも料理には外れがなくて、本当に本当に美味しいです! ただ、豚肉が嫌いな人は高確率でメインのおかずがなくなります(笑) ちなみに、毎回キムチが出るんですが、ココのキムチ私は嫌いです!笑
私の好きなおかずランキング 1. クラムチャウダー味のじゃがいも 2. 酢豚 3. チキンカツ(串に刺さっているほう)
 昼食1 (餃子みたいなやつ。このたまごスープ本当に美味しい!)
 昼食2 (このチキンカツ本当に美味しい!!)
 昼食3 (真ん中の鶏肉、出現度高め。いつもじゃがいも多くもらってます笑)
 夕食1 (この日はなんかしょぼい)
 夕食2 (左上の酢豚本当に美味しい!!!)
 夕食3 (左上のお肉辛すぎて毎回鼻汗すごくなる笑)
こんな感じで美味しく頂いています。 よっぽど好き嫌いがない限り大丈夫だと思います。 想像より美味しいのでふりかけもみそ汁も持ってきたのに消費できてません…
ちなみに今朝体重をはかったら…変わってませんでした…痩せたと思っていたのにな…
ともかく、食事は心配しなくて大丈夫だと思います。 他の日本人留学生数人にも聞いてみましたが、みんな美味しいって言っているので!
以上、食事について
フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。
イロイロ留学C&C*現地費用について
2016/05/04

イロイロ留学C&C*現地費用について

こんばんは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです! 皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はこっちに来てから既に8週間が経とうとしています。 まだまだ帰りませんけどね〜 来週からTOEICコースにチェンジします!!目指せオーバー900点!!
そういえば昨日は、授業を2コマ休んでImmigration officeに行ってきました。 初回だけ行かなきゃいけないらしい。 何したかと言うと,写真撮影と指紋登録。 もちろん学校のマネージャーが連れてってくれるので(手数料払ってるしね)簡単です。 場所はロビンソンの近くのところでした。こんなところ。
気をつけなければならないことは、靴と長ズボンを履き、袖のある服を着ることです。
ぶっちゃけなんでもいけそうな雰囲気あったけど(笑)
そんなこんなで、今回は現地での費用について書いていきます。 実際、日本で支払う学費と滞在費以外に結構かかるので参考になればと思います。 まあトータルしても安いんですけどね。
まず、フィリピンに到着してすぐに支払わなければならないのが SSP(Special Study Permit):フィリピンで勉強するための許可のようなもの。6000ペソ(+C&Cの場合、申請代行手数料300ペソ) ACR-I(Alien Certificate of Registration Identity):外国人登録証。59日以上の滞在者のみ。3000ペソ(+300ペソ) Visa:一ヶ月以上滞在する人のみ。滞在期間によって料金は異なる。(+300ペソ) これがマジで高い… 寮保証金:50ドル 送迎費用:50ドル 学制証:300ペソ 買い物手数料:300ペソ(自分で行ければたったの28ペソ?)
ドル表記のものもペソで支払いできるので、ドルの用意は必要ありません。 ちなみに私は20週間の滞在で30000ペソ近く払った気がします(書類見つけたら正確に記載します)
その後かかる費用は、教科書と電気代です。 教科書は最初に1300ペソくらいで、約1ヶ月は買う必要ありません。 リーディングとボキャブラリーは薄い教科書なので、終わったら買い足す感じです。(それぞれ200-300ペソ) 8週間の滞在なら2000ペソを予算としておけばいいでしょう。
電気代に関しては、本当に人次第って感じです。 電気代は、翌月の5日くらいにマネージャーから紙が渡されて、それを持ってセクレタリーに行き、支払うシステムです。
ちなみに先月はこんな感じでした。
このとき私はルームメートがいなかったので、クーラーをつけずに生活していました。
ただ、冷蔵庫を使っていたので少し高めになったんだと思います。 クーラーなしで汗かきながら耐えてたのに、あんまり安くなくてがっかりしたのを覚えています…
そして今月はこんな感じでした。
この部屋では冷蔵庫を使わずに、22~翌7時半まで27度設定で冷房をつけた結果です。
やっぱりルームメートいると安いね! 私は4人部屋に滞在しているので、実際に4人集まったら相当安くなるんだろうなって思ってます。 清潔感ある人カモン!!って感じです。 (以前、韓国人と同室だったけど汚すぎて部屋変えた笑)
これでも電気代高いと思うけど、他の人はまさかの2500ペソとか取られてます。 休み時間(1時間)に部屋戻ってクーラーつけてるらしいです…そりゃ高いわ…笑
ついでに現地の外食費用について書いていきます。 簡単に言うと…一食350ペソあれば超豪華に食事できます笑 普通の食事なら150ペソで十分です。
・チキンバーベキュー + ライス(おかわり自由) 105ペソ ・ハンバーガー(小さめ) 30ペソ ・ハンバーガー(大きい) 150ペソ ・C&C近くのレストラン(高級) 350ペソ ・日本食ビュッフェ 350ペソ ・サムギョプサル 350ペソ ・コーラ(200 mL、敷地内売店) 10ペソ ・コンビニのソフトクリーム 15ペソ ・マンゴーシェイク(敷地内売店) 35ペソ ・クッキー(1回では食べれない量、敷地内売店) 10ペソ
こんな感じです。敷地内の売店が何気便利だと最近ようやく気づきました笑 お昼休みにコーラ買いに行ったりしてます。今はクッキー食べてます。
イロイロは物価が安いのでオススメですよ〜 高いのは電気代だけ!物価こんなに違うのに電気代は日本以上だしね…
少しは参考になったでしょうか。 それでは、自習してきます!
フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした!
イロイロ留学C&C*休日の過ごし方
2016/05/01

イロイロ留学C&C*休日の過ごし方

(一回書いたのにアップできなかった…2回目…)
こんばんは。 イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです! 相変わらずこっちは猛暑です。焼けるような暑さ。 日本の気温ってどれくらいなんでしょうか… まあ前置きは置いといて…

今回は、休日の過ごし方について紹介していきます。

C&Cでは金曜の夜から日曜の20時まで外出可能(強制自習がない)です!! で、休日に何をするかというと……ぶっちゃけないです(笑) なので私は週末になるといつも「ああ、お金払ってもいいから授業受けたい…」って思ってます。 部屋のクーラーつけっぱなしにすると電気代がすごいことになるのでライブラリーにいるんですが 自習する気分にもならなくて、とても退屈なので、いつも出かけます。 でも後で(水曜くらいに)後悔するんですよね、予習進めておけば良かったって…笑

休日やることをあげるとすれば

1. 旅行 2. 買い物 3. 休憩 4. 勉強 ですかね。

まず、旅行に関してですが、

イロイロからフェリーですぐのところにあるギマラスは割とオススメです! 私は3月に一回だけ行ったことがあるんですが、なんと言っても「行きやすくて安い」。 フェリーポートまでジプニーで2ライド(14ペソ?)からのフェリー14ペソ!! フェリーが14ペソってヤバいですよね(笑)元取れてるのか?! ギマラスはこの辺の人たちの遊び場って感じなのでボラカイとか観光地に比べて安いです。 ギマラスについたらリゾート(たくさんあるので好きなところへ)までジプニーを貸し切っていくと良いです。 なので7-8人とかで行くと割り勘したら安いのでいいかもしれません。 ギマラスなら日帰りで行けるので気軽に休日にいけますよ!予算は700ペソ(7人で行って)
また、3連休を利用したり、1日欠席したりすればもっと遠くへ旅行に行けます。 有名どころと言えばボラカイですかね、私は言ったことないんですけど。ただ高いらしいです。 でもせっかくイロイロに来たからにはボラカイは行かないと損な感じです。 日本から行くとなると行き方がいろいろめんどくさそうなので…
ボラカイの代わりと言ってはなんですけど、ギガンテスも良いかもしれません。 3000ペソあればC&Cから往復交通費もアクティビティーも宿泊(3食つき)も出来ます! ただし、ネットは通じないので携帯依存症の人はやめておきましょう(笑)
昨日はチューター(教わってないけど)のホームタウンに招待していただいて、 1時間半くらいかけて小旅行してきました。 ジプニー(2ライド)でTicud terminalというバンのターミナルに向かって そこからバンでDumangasというところに行きました。(30ペソ) 着いたらトライシクルに乗って(15ペソ)、お家へ。
こんな風に実家にまで呼んでくれるチューターがいるのがC&Cの良いところ! とにかくみんなフレンドリー!しかも習ってないのにね。
フェニスタということで、みんなでランチ!シドニー(チューター)のお母さんありがとう。美味しかった!
ココナッツのサラダ。甘くてハロハロと同じ味がしたのでデザート感覚で食べた!
チューターたくさんと家族留学の家族(Korean)と私

次に、買い物について

買い物はイロイロスーパーマートorロビンソンorSMですね。 詳しくは前の記事に書いてあります。
食料はイロイロスーパーマート、文房具や衣服はロビンソンorSMって感じです。 毎週、新入生とマネージャーがSMに学校のバンで行くので私はいつも便乗してます(笑) 今日はバンでSM行って、その後、ジプニー(1ライド)でロビンソン行って、友達と合流してご飯とアイス食べて帰ってきました! ちなみに今日食べたのは Joe's Chicken ってところで、Mang Inasalと酷似してる(むしろ同じ)店です。 みんなMang Inasalより美味しいって言うけど、正直違いわかりませんでした(笑)どっちもおいしい! 値段もほぼ同じ105ペソ(ライスおかわり自由)なのでいいですよ〜
鶏の足です。こっちの言葉では、Paa(パア)といいます。
そのあとは、Qunix martというコンビニでソフトクリーム(15ペソ!!)を食べて今に至ります。 本当は4種類あるんですが、ここはフィリピン…無条件でバニラだった。
ちなみにセブンのアイスは18ペソね。 すばらしくないですか?この物価。しかも最近レート良いですしね!!
濃厚でおいしかった
最近ひとりで出かけるのにハマってます。 ひとりだと自由にゆっくり買い物できますし、質問スキルもリスニングスキルも明らかに上がってるの実感できますしね。

そして休憩について

私が休憩してたのは病気のときだけかな。 電気代高いからクーラーずっとつけてられないから部屋でゴロゴロできないし ライブラリーで椅子つなげて寝るのまだ恥ずかしいし(大学ではいつもこのスタイル)。

最後に勉強について

土日は絶好の勉強日和ですよね!ライブラリーは涼しいし、土日は静かだし。 でもなぜか出来ないんですよ…いつも「明日は一日中勉強するぞ」って思ってるんですけどね。 フィリピンだからでしょうか笑 (確実に自分の性格) ただ、来週からTOEICコースに変わるので本気度あがる予定です。 しかもなんと!!!今週はTOEICコースひとりしか留学生がいないんですよ(日本人男子) で、再来週が私とその人のふたりです! なのでTOEICコースに変えるのがめっちゃいいタイミングなんです!! オデットというTOEICのボスを独占できるので!!超絶嬉しいっす!!!!!
上に述べたとおり今日は買い物に行きまして、たくさん買っちゃいましたね… まあ安いから問題ないんですけどね!Tシャツ3枚とショートパンツとビーチサンダルと文具などで1000ペソも使ってない。 あとついに、SMのポイントカード作っちゃいました笑 発行に150ペソかかるんですが、このカード持ってるとディカウントがあるんですよ!300ペソが200ペソとかね。 とりあえずこれで、ここに住む準備はできました。あとはフィリピン人の彼氏を作って…嘘です。
そんな感じで休日は過ごしています。みなさんはちゃんと勉強しましょうね…
では、強制自習なので勉強します。
フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした!
イロイロ留学C&C*学校の規則について
2016/04/29

イロイロ留学C&C*学校の規則について

こんばんは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 猫が嫌いな私ですが…C&Cには猫が住み着いていまして…つい最近さらに増えました…笑 また別の猫さんが妊娠中です…もうそろそろ生まれそう…
今日は月末のレベルテストがありました。2回目です〜 テストの出来は…微妙です(^^;)笑 来月からTOEICコースなので全力で挑むはずだったんですが… リスニングの機器が不調で、途中の10個近く聞き取れず…なのにやり直しなく…って感じです…
さて、前置きが長くなりましたが…今回は学校の規則について紹介していきます!

◯テストについて

1. Weekly test

授業内でチューターから出題されます。ESLコースの授業はSpeaking, Reading, Vocabulary, Buddy(Grammar+Writing)のマンツーマンがあります。私の場合、BuddyとVocabularyでのみWeekly testが実施されています。人によってはReadingでもテストをする人もいるみたいなので、チューターによるのかなって感じです。Speakingの授業では基本的にテストはないと思います。テストとはいっても、その週に勉強したところからの出題なので、勉強すればいい点数取れます。特にVocabularyは覚えないといけないので、暗記嫌いな私にとって非常に良い刺激になっています。私のVocabularyのチューターは私にのみスパルタなので、毎週めっちゃ頑張って覚えてます。彼女は私の実力を考えた上でのスパルタなので、それに応えようとやる気がみなぎります。 グループ授業でもたまにテストが行われますが、余裕です。ちなみにグループはInteractive, Speech(Pronounciation), Grammar, Conversationがあって、そこから3コマです。私はInteractive, Speech, Grammarを取っています。

2. Monthly test (通称: Level test)

月末の金曜日に一日かけて行われるテストです。午前中に模擬TOEICを受けて、午後からライティングとインタビューです。良い成績を取った人は表彰されます(先月、表彰されました)。ライティングは、ライブラリーの自分の席で書いて提出なので、時間もたくさんあるし余裕です。インタビューは生徒6-10人1グループにチューター3人が審査員としていて、ひとりひとり違う質問に答えていく感じです。審査員は、文法, 発音, 語彙力, リスニング力を審査しています。みんなのインタビューが終わったら、一旦部屋を出て、ひとりひとり呼ばれ、評価を言われます。めっちゃほめてくれます。 各グループから1人ずつベストスピーカー候補が選出され、後日、候補者と複数のチューターでファイナルインタビューが行われます。めっちゃこわかったです(笑)オデットというTOEICコースのボスやマネージャー数人などが真顔で質問してくるんですもの… とりあえず、レベルテストは多分みんな嫌いなんじゃないかなって私は思っています。ちなみに欠席すると保証金返ってきません。

◯プレゼンテーションについて

毎週水曜日の授業後に開かれます。発表者は、その週もしくはその次の週に帰る人です。テーマは決まっていないので、自分で決めることが出来ます。自分の国の紹介や過去に旅行した場所の紹介、イロイロで経験したこと、自分の好きなもの(ゴディバ, ゲーム等)の紹介など様々です。プレゼンテーションを行わなかった場合、保証金(100ペソ?500ペソ?100ドル?)の返還はありません。また、卒業証書ももらえません。そんな堅苦しいプレゼンテーションではないので気軽に発表できるし、英語のプレゼンってなかなかやる機会ないので(私は大学院でやってますが…)良い経験になると思いますよ!

◯ルール (重要!!)

1. 無断欠席

病気や旅行などのためにマネージャーに言った場合は大丈夫ですが、何も言わずに欠席するとアウトです。3回以上無断欠席をすると警告がつきます。今のところ警告もらっている人は見てません。ちなみに20分遅刻すると欠席と同じ扱いなので気をつけねばなりません。特に8~9時の授業!ゆっくり朝ご飯食べてたらアウトです。

2. 自習

C&Cでは日曜-木曜の20~22時が強制自習です。自習前30分から指紋認証でログインを行い、22~24時の間に指紋認証でログアウトをしなければなりません。これを3回以上忘れてしまうと警告です。実際、私は20~22時だけではなく基本的にいつも勉強しているので指紋認証がめっちゃ邪魔で仕方ありません(笑) 18時から勉強していても19時半過ぎに一旦外に出て、指紋認証をしなければなりません。そして指紋認証の時間がたまに狂ってて、23時45分にログアウトしに行ったのに、既に0:10とかで焦りました。速攻マネージャーにメッセージ送りましたよ…

3. 外出許可

月に2回まで発行可能です。これは、自習をせずに済む届けです。どうしても行きたい場所があるときに使います。事業後から自習まで3時間しかないので、遠くに買い物だったり、食事だったりに行きたい場合は出しましょう。ただし、24時に門が閉まるので、それまでに帰ってこなければなりません。(ぶっちゃけちゃうと、門は閉まらないので、誰かの送迎会がある日はみんな余裕で2時とかに帰ってきます。私は24時にジプニー乗って最寄りのセブンイレブンにアイス食べに行きました笑) しかし、チューターいわく…韓国のミドルスクールがキャンプに来る時期(6月)は厳しくなるらしい。

4. 寮について

規則としては、23時以降に騒音を立てた場合警告, 異性の部屋に入ったら警告ってことになっています。あくまでも建前上…笑 私はいい子なので守ってますが(破る理由もないしね)、異性の部屋に入っている人ふつうにいます。うるさくする人はいないのでちゃんと寝れます。うるさいのは鶏だけ。ただ、廊下に防犯カメラついてるので、気をつけたほうがいいですよ! あと、寮内での飲酒と自炊は禁止されています。リゾート内のプールサイドでは飲酒可能なので、あくまでも寮内で騒ぐなってことだと思います。自炊禁止は単純に防災の観点かな。カップラーメンとかはもちろん大丈夫ですよ。 寮の鍵をなくすと100ペソかかります。

5. 旅行について

宿泊を伴う旅行をする場合、たとえHolidayであっても届けが必要となります。これを提出せずに旅行に行った場合は退学になるそうです。まあ出さない理由も見当たらないので、普通に出しましょう。名前や部屋、どこに行くかなど簡単なフォームです。ただし、レベルテストの日の旅行は禁止されています。

◯洗濯、掃除について

1. 洗濯

規則には週に2回って書いてあるんですが、毎日してくれます。朝7時過ぎに廊下のカゴに入れておけば、夕方には戻ってきます。なので最悪タオル一枚でもなんとかなりますよ!今まで自分のものが戻ってこなかったことはないです。友人は何回か戻ってこなかったみたいだけど、運が悪いんですかね(笑)

2. 掃除

実際いつされているのかわからないんですが、平日は毎日されているような気がします。シーツの交換は2週間に1回だったかな。とりあえず、綺麗に保たれているので心配ないですよ!
こんな感じで、規則はゆるいので自由に生活できます。ただ、遊んでしまってはココに来た意味がないので、自分でしっかり管理することが大切だと思います。もし強制されないと無理って人ならスパルタ校をおすすめします。
とりあえずC&Cはすてきな英語スクールです!日本に帰れそうにありません(笑)あと13週間ありますけどね! それでは、また。
フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。
イロイロ留学C&C*講師について
2016/04/23

イロイロ留学C&C*講師について

こんにちは! イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。 日本は地震が続いているようですね… こっちにいるとあまりリアルな情報が得られないので把握しきれていませんが、フィリピン人の先生が知っているくらいなのでかなり大きな被害がでているのではないかと思っております…はやく元の生活に近づけますように。 そして私の皮膚も元に戻りますように…日焼けしすぎてすごいことになっています…

今回は、担当講師(チューター)について書いていきます!(時間割順)

1. ウェスリー (男, 28歳)

2つのグループ授業でお世話になっています。1つはInteractive group class、もう1つはSpeech group classです。 Interactiveでは、アメリカ人がよく使う表現だったり、◯◯(良い人とかコレは難しいとか)を表現するときに使う言い回しだったりを教えてもらっています。 彼はとってもとっても留学生思いで、みんなから信頼されています! 顔はイケメンです、割と本気で。甘い顔してます(笑)たまにふざけて甘いこと言ってきます(笑)あとよく冗談言ってます。 授業中は、説明した後に留学生(7人)みんなに「OK??」「Any questions??」って聞いてくれて、質問もしやすいし、理解できてなさそうならまた説明してくれるのでいい人だなあって思っています。

2. ソル (女, 22歳)

彼女は私のBuddy tutorという担任の先生のような人で、科目はWritingとGrammarです。 Writingは毎日の課題であるtopic(ESLコースは強制)のチェックをしてもらっています。 Grammarは自分で予習してって気になったところだけ聞いてます。 ソルは私の一番のお気に入りのチューターで、ふざけて毎日いちゃいちゃしてます(笑) いろんな相談したり、ソルの彼氏(日本で働いてる)の話聞いたり、楽しく勉強してます。 休み時間はだいたいソルの部屋でリリー(同じ名前のチューター)とリチェル(習ってないけど)とお話してます。 こんな感じでとってもフレンドリーなのですごく楽しいです!

3. カルメル (女、推定35歳)

彼女はGrammar group classでお世話になっています。 授業時間が昼食後の1~2時なので、私は早めに教室に行って自習しているんですが、カルメルも毎回少し早く来るので、お話したり、文法の質問したりしています。 カルメルの授業の範囲でない質問をいつもしてますが、的確にスピーディーに答えてくれて非常に助かっています。 文法のグループ授業ははっきり言って、周りのレベルが低すぎるため、超絶ひまな時が多いですが、彼女は教科書に載っていないこととかも教えてくれるので、授業受ける価値があるなあって思っています。 彼女もみんなの理解度を考えながら授業してくれる良い先生です! 口癖は「Correct!!」と「Let's proceed 〜〜」です(笑)

4. シイラ (女、推定40歳)

彼女にはReadingの授業をしてもらっています。 彼女めっちゃクール!!だけどたまにおちゃめ!プーさんが好きらしいです(笑) いつもは基本的に雑談はせず、ひたすら勉強してます。たまに「By the way 〜〜」って感じで雑談しますが。 科目的に彼女から教わることがあまりないのですが、文中のイディオムの説明してもらって、私とシイラそれぞれ例文を作ったりしながら進めています。

5. エルメラ (女、推定50歳)

完全にC&Cでの私の母です(笑) 彼女にはVocabularyを担当してもらっています。 彼女は私の実力をかってくれていて、ストイックに授業をしてくれます。 口癖は「You will be a TOEIC student!!!」で、この学校のTOEICコースは厳しいらしいので、私が駄々こねているといつも脅してきます(笑) 授業の進め方は、教科書の語彙を例文を使いながら説明してもらう感じで、たまに私が例文を読んで発音チェックもしてもらっています。 毎週のテストが地味に厳しいので徐々に語彙増えてってます。

6. リリー(女、31歳)

彼女はC&Cでの私のねえさんです。口癖は「Oh my goodness!!」 科目はSpeakingです。進め方は、教科書に沿いつつ、雑談も交えつつって感じです。 彼女もソルと同じく、とても仲良しのチューターで、授業後に遊びに行ったりします!! 最初はただ名前が同じってだけでソルに紹介されたんですが、習ってなかったのに廊下で話しかけてくれたり、キャラも最高だったりで途中で彼女にチューター変更しました。 本当に変えてよかったなって思っています!!

最後に、リチェル(女、21歳)

彼女には習ってないんですが、休み時間お話するメンバーです! ソルとリリーとリチェルがとっても仲良しで、そこにいつも入れてもらっています。 昨日は4人でロビンソンに行って買い物と夕食、セブンイレブンでソフトクリームを食べて帰ってきました!
こんな感じで、どのチューターも最高です! 習ってないチューターともよく話すんですが、みんな本当にいいひとです。 なんといってもチューターと留学生の距離が近いのがC&Cスクールのいいところだと思います。 合わないチューターもいると思いますが、すぐに変更できますし、心配無用です!(私も変えたし)
以上、担当講師について。
フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。
  / 3
C&C Academy 初日のスケジュール
2016/11/01

C&C Academy 初日のスケジュール

C&C Academyにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。   ほとんどの生徒様が土曜日、または日曜日に宿泊施設へ入寮します。イロイロ空港にてピックアップが行っており、平日(月〜木)にも入寮可能となっております。以下は土曜日または、日曜日におけるスクール到着後目安の初日のスケジュールです。   【オリエンテーションスケジュール】
時間 内容
土曜日 / 日曜日 ・オリエンテーション ・レベル分けテスト (※入学前に受験をしていない場合) ・お買い物 ※当日にてモール滞在時間を決定します。
月曜日 ・授業の進行 (※1. 入学前、または土曜日、日曜日に受験していただくレベル分けテストを持参する。) (※2. 入学より1週間は講師適応期間のため、講師変更が可能。)
  【レベル分けテストに関する事項】 レベルテストは2段階のステップがあります。 -1次目に入学前に文法テストをオンラインで受験していただきます。入学申請後、スクール側よりオンライン受験に関する詳細をメールにてお知らせいたします。 - 2次目は月曜日のバディー教師の講義時間にスピーキング、リスニング、語彙、発音のテストが実施されます。
C&C 訪問記(どの様な学生向け?)
2016/04/30

C&C 訪問記(どの様な学生向け?)

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。私達、イロイロ留学英語スクール訪問チームは弊社が扱っている英語学校の中で最もTOEICの実績が高い留学英語スクールの一つであるC&Cに訪問させて頂く機会に恵まれました。   C&Cは、イロイロだけでなくアメリカ、ニュージーランドや多くの国にて展開している大規模な英語スクールとなります。イロイロ市内から約30分程した場所に位置するC&Cは、リゾート地に位置している珍しいタイプの英語スクールです。従って、休日は勉強で疲れた癒しをプールやバーにて癒す事が出来ます。   5月からTOEIC本試験の内容が日本や韓国では多少、変更する為にC&Cでは既に新しい留学カリキュラム作りに励んでいる上に新しいTOEIC試験に向け講師陣達のトレーニングも徹底的に行っているとの事です。   c26c_1   C&Cは、TOEIC対策を真剣に行いたい方でも休日は思いっきり疲れを癒したり遊びたい人におすすめの英語スクールです。在籍しているスタッフ陣も留学生ケアに力を入れていますので何か困った事がありましたらいつでも頼りにする事が出来ます。
ILOILO C&C 留学キャンペーンお知らせ♪
2015/12/25

ILOILO C&C 留学キャンペーンお知らせ♪

ILOILO C&Cの留学キャンペーン 留学期間: 2016年2月15日~6月15日、8月15日~12月15日(毎年実施)  

<留学キャンペーン詳細>

1.4週以上の申し込み 【ボラカイ旅行】 2泊3日ボラカイリゾート宿泊券+朝食無料、出発日と部屋はC&Cで指定   ・災害時にはキャンセルもございます。 ・2週間前の予約は必須、予約後の変更はできません。 ・交通費などの諸費用は自己負担 (1人当たり往復約1,000ペソ)   【登録費の割引】 ※ボラカイ旅行をご利用頂かない場合のみ、$100を割引   2.8週以上の申し込み 【無料授業】 授業料+宿泊、食事代を無料 ・8週間:1週間の無料クラス ・12週間:2週間の無料クラス ・16週間:3週間の無料クラス ・20週間:4週間の無料クラス   【Skypeのオンライン英会話】 ・週3回、20分間を無料(8週間) ・テストの結果を提供 ・フィリピン英語についての疑問を解消   --------------------------------------------   留学キャンペーン1、2はは同時にお申し込みできます。 留学キャンペーン1の【ボラカイ旅行】と【登録費の割引】は同時お申し込みができませんのでご了承下さい。  
C&C ボラカイ旅行サポート
2015/05/07

C&C ボラカイ旅行サポート

ボラカイ島はフィリピン最大の旅行先であり、真っ青なビーチと白い砂浜で有名な国際的にも人気の高いリゾート地です。イロイロへ留学する方は、一度はボラカイへ旅行に行くと言われています。今回、ボラカイ旅行サポートのイベントが行われます。 対象:2015年6月15日(月)まで入学申請および留学開始される8週間以上の留学期間ご登録のお客様 内容:ボラカイ2泊3日の旅行をプロモ価格でサポート - 2泊3日ホテルの宿泊費 + 朝食提供 - ホテルの部屋の割り振りは催行人員に応じてスクール側が割り当てます。最大で4人部屋。 - 毎月第1および第3金曜日出発 *交通費(車レンタル代)およびホッピングツアー代は個人負担となります。利用するホテルは、ビーチのすぐ前に位置します。 c26c_e3839ce383a9e382abe382a4e69785e8a18ce382b5e3839de383bce383881    
  / 1

よく読まれている留学体験記

・【フィリピン留学卒業生コラム】 フィリピン留学で人生が変わった人たち

【フィリピン留学卒業生コラム】 フィリピン留学で人生が変わった人たち 記事作成日:2017年6月20日 「フィリピン留学に行くと人生が変わる」 これはフィリピン留学に行った人たちがひそかに口にすることです。 どーも、フィルイングリッシュの卒業生の千田です。 前回は「フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!!」で衝撃デビューを飾らせていただきました。(衝撃かどうかはまったくの主観なのでご了承ください) フィリピン留学に行く人の目的は様々。 ちょっと英語がしゃべれるようになりたい 「交換留学前のTOEFL、IELTSの点数ゲット」 「就職活動でTOEIC800点が必要」 「外資系に就職したい」 「海外で活躍したい」 「世界中を旅行したい」 「外国人の彼女がほしい」 こんな感じで「英語の向上」をベースに人生を変えようとしている人が多いと思います。 もちろん、旅行がてら行くという人も増えていることでしょう。 今回は、フィリピン留学のもっと深いところに切り込みます。 そう、フィリピン留学はもっと深いんです(笑) それが今回のメッセージです。 もっとわかりやすく言えば、英語の向上だけがフィリピン留学ではないということです。 僕の周りにいる人のフィリピン留学で人生が変わった人たちの体験談をもとにして、 フィリピン留学で人生がどう変わるのかをまとめてみました! フィリピン留学の体験談は浅すぎる! すみません、いきなり批判的で。 フィリピン留学の体験談を見ていると、 「TOEICが300点伸びました!」とか、 「交換留学できました!」とか、 「○○の語学学校はカリキュラムがしっかりしていました!」 「ご飯が美味しかったです。」 英語伸びました系、英語学習系の体験談が多いわけです。 もちろん、それはそれで素晴らしい体験談に違いはないですし、 フィリピン留学の体験談を読む人は、まずは「どの程度英語が伸びるのか」「学校はしっかりしているのか」に興味を持つであろうことを考えると、役に立つ読み物ではあるはずです。 しかし、僕はここに一石を投じたい! 浅い!と言いたいのです。 英語の向上はスキルの話であって、大事なのは留学でその人の人生がどう変わったのかを知りたいですよね。 繰り返しますが、英語の向上はフィリピン留学の一部分に過ぎないです。 こういう留学体験談を投稿している人も、もっと良い体験をしてるはずです。 でも自分の人生がどう変わったかなんて体験談で言うのは、恥ずかしいことだという風潮があるらしく、あまり表に出てきてないだけなんですね。 フィリピン留学の実態! 本当の体験談 実際、フィリピン留学に行った人の生の声を聞くと、 もっとエグーイ、いや深いでしたね、 そう深い話が出てくるんです。 それを紹介したいんですね。 本当に深いかは保証できませんが、僕の知人の例から挙げましょう。 彼らの特徴は、もともとは英語がそこまでできるわけでもなく、とりわけ優秀でもなかったということです。 そして勘違いして頂きたくないのが、「僕の知人がすごいぜ!」ということを言いたいわけではなく、こういう事例がフィリピン留学のスタンダードであり、それが真実であるということを伝えたいということですね。 世界を飛び回るボランティア人 フィリピン留学当初は英語がほとんど話せかったY君。 大学生だったのでフィリピン留学前にある程度の文法と単語の知識は持っていましたが。。 でもフィリピン留学を何度も繰り返し(いくつもの学校を渡り歩き)、英語を必死に勉強していました。 留学後には、ボランティアとしてフィリピンの公立学校で英語の先生体験をするなど、世界をまたいでボランティアを行う青年へと成長を遂げました。 ちょうど今週来た報告だと、英語とITの教育を展開する会社に就職が決まったとの事。 大学での専攻とは関係なく、というよりそれを乗り越えた夢につながったのです。 彼のような人が社会を変えていくんでしょうね。 […]

・フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!!

フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!! 「日本での英語勉強は何をしたら良いのだろう?」 フィリピン英語留学に行くことが決まった、もしくは検討している人であれば、必ず考えることではないでしょうか。 はじめまして、僕は3年前にフィリピン留学を経験したフィルイングリッシュの卒業生、千田と申します。 簡単に本記事に関する僕の情報をまとめますと、 職業:大学生 フィリピン留学前の英語レベル:おそらくTOEIC500点レベル? 英語留学経験:無し 得意:英文法、英単語の知識は比較的持ってる方 苦手:スピーキング、リスニング こんな感じの超普通の大学生の英語レベルでした。 フィリピン英語留学に行ってみて、実際に勉強しておけばよかったことがたくさんありました。 周りの友人ももっと日本で英語の勉強をしておけばよかったと後悔している人も多かったのが印象的でした。 英語の勉強ってほんとにいろんな方法があって何をすればよいかわからないですよね。 これからフィリピン留学に行く人には、そんな後悔をしてほしくないので、今回は冒頭の問いに対して実際の体験談と周りの声を踏まえて、フィリピンに行く前に日本でやっておきたかった英語勉強について共有していきたいと思います。 目次 1. フィリピン英語留学で苦労したこと 2. 英語の基礎体力を作る 3. 英単語 4. 英文法 5. 英語脳を作る 6. リスニング 7. 瞬間英作文 8. オンライン英会話 9. 英語勉強の計画を立てて、後悔のない英語留学を! フィリピン英語留学で苦労したこと フィリピンに行ったばかりの頃、僕自身2週間は苦労しました。 それ以降はもう楽しくて仕方なかったのですが、苦労した原因を探ると、 英語が聞き取れない→圧倒的なリスニング力不足と、 英語が出てこない→英語のアウトプット不足 が原因だとわかりました。 フィリピンでの英語授業は基本的にフィリピン人講師による、全てが英語で行われます。 使う教材も英語、説明も英語。 つまり、英語がある程度は、わかる、聞ける、話せる状態でないと、 マンツーマン授業でフィリピン人の先生が何を言っているかわからない グループ授業で生徒が言っていることがわからない 教材に書いてあることがわからない 自分の言いたいことが全く伝わらず授業が進まない といったことが起きてしまうわけです。 ※もちろんアルファベットからの超初心者クラスもありますが、 折角受験英語まで勉強した経験がある方には下準備にちょっと時間をかけるだけで効果が全然違ってくるんです! 僕の場合、TOEIC500点程度の英単語・英文法は知っていたので、教材の内容や授業の内容自体は理解できたのですが、 先生が言っていること、生徒が言っていること、これが2週間は掴めずにいました。 伝えられることも、単語の羅列がほとんどで、ネイティブの赤ちゃんレベルだったわけです。 どうなることやら…と焦っていたのですが、2週間後には、耳が英語に慣れたせいかだんだんと聞き取れるようになりました。 また同じタイミングで、英文法が瞬時に頭でつながるようになり、英語を聞いて意味で理解し英語で返せるようになってきました。 […]

・【バコロド留学】良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ

【バコロド留学】良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ   こんにちは。フィルイングリッシュの留学カウンセラー高居です。 私はフィリピン留学の中でも非常にレアなところ、バコロド、イロイロにある語学学校を定期的訪問し、これらの地域への留学を考えている方々のカウンセリングを担当しています。   セブ島、マニラのようなメジャーなところを避け、バコロド留学を検討されている方は、良い意味で個性が強い方、アクティブな方が多いです。また、バコロド留学が選ばれる理由は、英語力に加え本当の意味でのローカルなフィリピンを経験したい方、旅人、日本人が少ない地域を好む方が集まる留学先でもあります。   しかし、バコロド地域はネット上の情報が非常に少なく、バコロドの語学学校を取り扱いしていないエージェントも多いです。そこで本コラムでは、バコロド留学のおすすめ理由、おすすめ対象についてご紹介致します。   バコロド留学がおすすめの5つの理由 1, 留学費用が安い!!   バコロドの語学学校の多くは10~11万、もしくは10万以下で1ヵ月(4週の学費)の留学が可能です。尚且つ、ただ安いだけでなく豊富なマンツーマン授業でカリキュラムが構成されている語学学校がほとんどです。留学先として人気の高いセブ島では平均学費が14~16万。他の国への英語留学に比べたら十分格安ではありますが、セブ島に比べてもバコロド留学は格安な学費設定となります。さらに格安な費用で英語留学したい方におすすめです。 バコロド地域の語学学校の中でも特に人気の高い留学先であるILPでは、コースによって10万以下で留学が出来ますしオールマンツーマンで構成されているカリキュラムが定番です。 >>>バコロド留学人気校ILPの詳細はこちら    2, 安定したフィリピン人講師のレベル!!!   バコロド地域の各語学学校に在籍する講師陣のレベルは、比較的バラツキがなく安定したレベルを保っている傾向にあります。バコロド地域がちょっとした学園都市であること、コールセンター産業が盛んになっている事により、安定したレベルの講師陣を雇いやすい為かと思われます。特にコールセンターで働いた経験のあるフィリピン人講師に関しては、英語の発音、会話の専門トレーニングを受けており、英語レベルが非常に高いのでスピーキング力向上を望む留学生にはうってつけです。   3, 自分のペースで英語を学べる!   大都市とは異なるアットホームな環境が特徴の語学学校が多いバコロド。語学学校だけではなく、地域全体がゆったりとした和やかな空気を醸し出しています。平日の授業終わりには講師や他の学生達と外食や飲みに行くのは当たり前であり、お休みの日には旅行に出かけたりなどもします。授業で学んだ事をプライベートの日常でいっぱい使用出来る環境があります。   そのような特徴から、バコロドには常に机の前で英語勉強を強制的に集中させられるようなスパルタ式の語学学校はりません。自分のベースで楽しく英語を学ぶ事を望む方に向いています。   4, 日本人の留学生が少ないバコロド   日本人にとってバコロド地域は留学先としてマイナーな地域の為に、他地域と比べて日本人留学生が少ないです。語学学校にもよりますが日本人率が学生全体の1割も満たない場合もあります。その様な環境だからこそ外国人の友人を作りやすいですし、何より半強制的に日本語を使用せず英語を使用する事となるので、英語コミュニケーション力を鍛える場としては最高の環境です。   5, ワーキングホリデー前の留学先としておすすめのバコロド留学   実は不思議な事に、他地域に比べてもバコロド留学後、欧米へのワーキングホリデーに行く留学生がたくさんいます。欧米でのワーキングホリデーでお金がかかる為に、フィリピン留学では費用を抑えたいと考えれる方が多いのです。また、語学学校やインターンシップ先に縛られず自由に英語を学んで旅をしたい方々にバコロドが魅力的な選択肢だったと思います。   格安な上に実践的なスピーキング力を鍛える事が出来るバコロド留学は、ワーホリ前の学生さんには本当におすすめです。また、現地にて同じくワーホリを検討している在学生達からワーホリに関しての情報交換もできます。   バコロド留学はこんな方におすすめ 1.アットホームな環境でフィリピン留学したい!!   バコロド地域にほとんど語学学校が十数人から二十数人程の小規模で運営されています。そのため、留学生1人1人に手厚いサポートが可能で、留学生ケアに関して多くの卒業生のお褒めの言葉を戴いております。   また、小さなコミュニティーのため、先生も留学生も学生マネージャーの方もお互いの名前や顔をすぐに覚えやすい。気さくな土地柄と相まって留学生同士や、留学生とフィリピン英語講師の絆が作りやすいです。留学中の悩み事や学習相談などがスタッフや講師に話しやすいので、自分から話しかけることが苦手な方でも温かく受け入れてくれます。大規模の語学学校では受けられない英語学習にプラス@したサービスを求める方には是非おすすめ致します。   2, 豊富なマンツーマン授業を求めるならバコロド留学!!   バコロドの語学学校では、カリキュラムがオールマンツーマン授業、または8~9割マンツーマン授業という個人指導を重点に置いた構成となっています。 通常、すべての授業をマンツーマンで受けようとすると、欧米では中古車が買えるぐらいの費用は掛かりますし、フィリピンの他地域でもスタンダードコースよりは割高な学費設定となってしまいます。しかし、バコロドでは1カ月10~12万以内で提供する留学先がざらにあります。   マンツーマン授業は従来のグループ授業での一番の欠点だった分からないところが分からないまま進むということが全くありません。自分のペースで理解できるまで何度でも聞き返すことができます。つまり、授業を自分でカスタマイズして進めることができるという贅沢な学習カリキュラムなのです。そのマンツーマン授業をすべてのクラスで尚且つ10~12万で提供できるのはフィリピンでもバコロドとイロイロ地域のみです。   3.スピーキングに特化!! […]

・バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ

バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ フィリピンの中でスパルタ式の語学学校が多いことで有名なバギオ。セブ島やマニラなどの大都市と比べ娯楽が少なく、フィリピンの中でも英語学習に集中したい真面目な留学生がバギオには多く集まる傾向があります。 ただ、いくらバギオで英語勉強を頑張っても週末くらいは適度に気分転換をしたいですよね。今回はバギオで週末楽しめるスポットをご紹介しようと思います。 目次 バギオでショッピングを楽しむ バギオで外食を楽しむ バギオの自然に癒される バギオのおすすめ日帰り旅行先 バギオのおすすめ週末旅行先 1.バギオでショッピングを楽しむ バギオSMモール(SM City Baguio) フィリピン全国チェーンの大型ショッピングモールであるSMモールのバギオ店。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものは全て揃っているのでとっても便利です。SMモールはフィリピン各地域にありますが、どの地域であっても留学生の多くは週末をここで過ごします。 住所:Luneta Hill Drive | Upper Session Road, Baguio, Luzon, Philippines ピュアゴールド(Pure Gold) SMモールよりも規模が小さく価格設定が安めの、フィリピン全土にあるスーパーマーケット。日用品などはほとんど問題なくそろえることが出来ます。フィリピン人も多く利用するため、フィリピンのローカルな雰囲気を感じられるので留学生にも人気です。 バギオナイトマーケット 毎日夜20時頃からオープンするバギオのナイトマーケット。フィリピンや外国から集まった古着や骨董品、B級のグルメが楽しめます。モールよりも数倍安く、本物か定かではないブランド品など、掘り出し物もあり、活気あるディープなフィリピンを味わうことが出来ます。元々はフィリピンの超ローカルな市場ですが、最近はバギオにいる留学生の中にも観光スポットとして人気です。人が多いのでスリに注意しましょう。 2.バギオで外食を楽しむ 日本食レストラン「CHAYA」 日本人の奥様とフィリピン人の旦那さんが経営するバギオで一番有名な日本食レストラン。海鮮丼や手巻き寿司、ざるそば、すき焼きなど日本と同じクオリティの日本食が味わえます。WI-FI、コンセントあり。 フィリピンで日本食を頻繁に食べるとかなりの出費になるので、月に数回の贅沢で行くのがおすすめ。バギオ留学中でも美味しい日本食が食べられる場所があるのは、かなり安心ですよ♪ 住所:72 Legarda Rd, Brgy. Campo Sioco, Baguio, 2600 Benguet 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み) ステーキ屋「TSOKOLATERIA」 バギオでもリーズナブルな価格で、ボリュームのあるフィリピン風のステーキを楽しめるレストラン。肉類以外にもアフタヌーンティーセットやデザート類、ドリンク類も充実。バギオメインストリートであるセッションロード沿いにあるのでアクセスも便利でお勧めです。フィリピンでガッツリ肉を食べたくなったらココ! 住所:Igorot Stairs, Upper Session Rd, Baguio, Benguet, 2600 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み) 隠れ家カフェ「OH […]

・セブ島留学がいま激アツな5つの理由

セブ島留学がいま激アツな5つの理由 <この記事は2017年5月26日に更新されました> セブ島留学という言葉はフィリピン留学と同じくらい認知度が高くなりました。 フィリピン留学は地域ごとにメリットやデメリットが異なりますが、その中で多くの人々を魅了しているのがセブ島留学です。セブ島は留学だけでなく観光地としても有名で、欧米人観光客やアジア人留学生で溢れている都市です。 フィリピン留学の中でも、セブ島留学が今“激アツ”と言われる理由とは何なのでしょうか。 それを探るべく、セブ島留学の5つの理由という観点から、セブ島留学の魅力やメリット、さらにはセブ島留学のデメリットまで包み隠さず明らかにしたいと思います。 セブ島留学の激アツな理由は、次の5つです。 メリハリのある学習スタイル 安心できる環境 料金が安い 便利である 多様性がある 理由1:メリハリのある学習スタイル フィリピン英語留学といえば、韓国式の厳しいスタイルとともに発展してきましたバギオ留学では、いまだに平日外出NGのスパルタ式のスタイルが、根強い人気を誇っています。 >>バギオ留学の魅力はこちら 一方で最近のセブ島留学は、リゾート地であることに加えて、平日外出OKなセミスパルタの学校が増えてきている影響もあり、厳しすぎずゆるすぎない、セブ島独自の「メリハリのある学習スタイル」を確立しつつあります。 メリハリのある英語学習は、日本人にとても合ったスタイルで、英語漬けになりながらも無理しすぎず息抜きも兼ねながら、モチベーションを長く保っていけるのが特徴です。 セブ島では良く学び、よく勉強し、よく遊ぶ事ができますが、おおまかにどのようなメリハリ留学ができるのでしょうか。 セブ島留学でのメリハリのある学習スタイルを以下の6つにまとめました。 セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業 学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 スパルタ・セミスパ関係なくメリハリ留学はできる セブ島の2つの顔、シティー&リゾート 世界一語学学校の選択肢が多いセブ島 短期留学で結果を求めるならセブ島留学 6つの理由の詳細については、【セブ島留学は驚くほど日本人の学習スタイルに適している!? 】にまとめてあります。 メリハリ留学の注意点 自己管理が必要 セブ島留学に行くと、日本ではあまり経験することのできない開放感があります。気分もメンタルも盛り上げる上に、充実に遊べる自然や施設、夜遊びも整っていますから誘惑に負けてしまうと遊びに走る恐れがあります。 一部ではありますが、セブ島の留学生の中には本来の目的を忘れてしまい、恋愛、旅行、お酒にハマってしまう人もいます。 その意味でも語学学校選びは大事です。スパルタかセミスパルタか、自己管理力が強い人に合うか弱い人に合うか規則はどれほど厳しいかをしっかりチェックする必要がありますね。 語学学校の選び方は各々の性格や目標によって変わってきます。 フィルイングリッシュでは、留学の目的や目標、個々人の悩みや弱みに合わせ留学プラン作成及び留学中のサポートを無料で手伝いしています。 >>>LINE@から訪問まで、フィリピン留学相談の種類を選ぶ 理由2:安心できる環境 英語留学のために海外に行くとき、まず前提となるのは「治安面で安心できる」ことです。 もし留学先が、治安が悪いと英語勉強ところじゃなくなりますよね。また、日本人が一人もいない環境であれば、不安ですし情報収集も難しくなります。 セブ島留学の治安はどうでしょうか。 セブ島留学は実際行ってきた日本人が多いため、「たぶん大丈夫かな」という認識と、「東南アジアだから危ないでしょう」という認識があるかと思います。 フィルイングリッシュは、フィリピン現地で留学サポートデスクを運営しており、カウンセラーのフィリピン在住歴平均は7年となります。フィリピン留学専門のフィルイングリッシュが思うセブ島留学が安心できる理由は以下の3つです。 セブ島≒L.A同レベル?実はセブ島の治安はそれほど悪くない セブ島には日本人留学生が多い フィリピン人が平和である ということから安心できる環境で留学生活を送ることができるのです。 安心留学の注意点 セブ島に英語の勉強を目的として留学している人が大きな事件に巻き込まれる可能性は非常に低いです。 ですが、スリや盗難のような軽犯罪はまだまだ多く発生しています。 それらを回避するためには以下のことに気をつけてください。 かばんを前にかける かばんや荷物は自分の手元から離さない 日本の財布は持ち歩かない、小銭入れを使う 財布を持ち歩く場合は、前ポケットもしくはかばんに入れる 派手なブランド物を身につけない セブ島の治安に関する詳細については、【セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話 […]