Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

We Academy

学習環境と上質な施設が整備される安全都市イロイロのWe Academy

イロイロ We Academy

We Academy(ウィーアカデミー、WE International Language School)は2003年フィリピンのイロイロ市に設立され10年以上の歴史を持つ草分け的フィリピンランゲージスクールで運営スタイルは平日外出可能なセミスパルタです。イロイロ地域はセブ、クラーク、マニラなどに比べ学費が廉価な特徴がありますが、We Academyは学費が安いにもかかわらず、教育のレベルが他のフィリピン優秀校に負けないくらい高い所にその美点があります。We Academyマネージメントは講師陣との連帯を深める目的の教育法人を設立し、講師達も株主として参加していただく一方で、講師としては平均より高めの賃金設定を行っております。実際講師達のWe Academyに対する愛着心は高く勤務者のほとんどが5年以上のベテランです。We Academyの延長率は50%とほぼ驚異的です。在学留学生、卒業生の満足度も高く、スクールマネージメンは教育、生活、サービスでの満足度を一番重視しております。

講師陣は8段階のテストにパスした優秀な講師たちで構成されております。寄宿舎は去年できた新築でWi-Fiが使用可能で、少人数のアットホームな雰囲気で勉強できます。

また毎日(月~木)ネイティブ講師による1時間30分のグループ授業が行われ、オプションとしてオーストラリア人とのマンツーマンレッスンも可能です。
フィリピンのほとんどのスクールが校内での調理を禁止していますが、We Academyは留学生の食堂での調理を認めています。非常に珍しいケースです。 周辺には世界的なマンゴーの産地のギマラス島や手つかずの自然が残る無人島のサンドバビーチがあり、車から5時間距離に世界的な観光名所であるボラカイがあります。

学校名 We Academy
住所 MC Arthur' Drive Tabuc Suba, Jaro, Iloilo City, Philippines
設立年度 2003年
定員 60名
承認関連 TESDA及び教育庁正式認可
運営留学プログラム ESL A,B,C / Semi Sparta D
講師 約30名(ネイティブ講師1名:オーストラリア)
日本人スタッフ 1名
日本人の割合 40~55%
学校施設 マンツーマン教室、グループ教室、自習室、カフェ
寮の施設 ジャワー、温水器、冷蔵庫、服入れ、本棚机、椅子、ベッド、寮内Wi-Fi、扇風機、流し台、テレビ
その他の施設 売店、スポーツジム、食堂のキッチンで調理可能、ガス、レンジ使用可能、ゴルフ練習場

We Academy モンゴル人留学生による体験談
2016/10/22

We Academy モンゴル人留学生による体験談 先々週の日曜日に、3ヶ月の留学を経たモンゴル人のHanaさんのレビューをお届けします(^^) コース: ESL Bコース(マンツーマン4時間. グループクラス1時間) 留学期間: 3ヵ月 名前 :Tserenkhand English name: Hana 1なぜこの学校を選択したか。 私の仲の良い友達もイロイロで以前留学したことがあり、その人から先生や学校の情報を聞いたり、価格が安いのが背中を押して、この学校を選択しました。 2. We Academyを選んで良かったと思う理由 三ヶ月間留学しましたが、友達にも先生にも恵まれた事です。先生たちはとても親切で、英語がなかなか出てこなかった私を常にサポートしてくれ、勉強に集中する事ができました。そしてほぼ毎週末その週に卒業する学生たちのために、いわゆるお別れ会のような皆で食事に行く機会がありました。この会は他の生徒と仲良くなれる機会になり、どれも良い思い出になっています。 3生活の中で不便だった点 生活環境は、予想していたより良くなかったです。 雨季だったので、天気がとても気まぐれなうえ、その割には暑かったです。それでも夏季に比べれば良いのかもしれませんが、 天気のせいで疲れも溜まりやすく慣れるのに時間がかかりました。 他の学生たちはわかりませんが、私の場合は勉強する際に調べ物をする事が多かったので、WIFIの繋がりが悪かったのが、非常に不便でイライラする事が多かったです。そして校内にいる猫が食堂を出入りしたり、食事をしている際も寄ってきたり等あり、猫が苦手な私にとってすごく不快でした。校長に話して出来るだけそういうことが起こらないよう防いでもらいました。 しかし、私がいた三ヶ月の間にも少しづつ学校の施設は良い方に改善されていました。例えば、食堂にテレビが設置されたり、自習室の机が大きく使い勝手が良いものに変わったり、校舎のペンキの色が綺麗に塗りなおしたりなどです。 校長自らがセキュリティーガードの人と、校舎を綺麗に塗りなおしていた姿が記憶に強く残っています。 4. いま最も印象に残っている記憶 先週、スクールアクティビィティーとして行われたスペリング大会です。最近の出来事というのもあり、それを一番に思い出しました。皆が良い時間を過ごしたと思います 5. 最後に伝えたい事 私は他の学校はどんな風なのか全く分かりませんが、ここを選んで本当に良かったと思います。不便な点も勿論ありましたが、今たくさんの思い出を思い浮かべると、ここを離れるのが信じられないくらい寂しいです。 こちらは、YUSUさんからのレビューをお届けします(^^) コース: ESL Cコース(マンツーマン4時間. グループクラス2時間) 留学期間: 3ヵ月 名前 : James YUSU We Academyで3ヶ月過ごして思った事は、この学校を選んで本当に良かったと言うことです。 私の場合、安さと治安の良さがこの学校を選んだ決め手になりました。 正直、古い建物を利用している為、日本と比べれば劣る所もありますが、何かこまったっ時は日本人マネージャに相談すれば直ぐに対応してくれました。 治安に関しても、週末の夜によく外出していましたが、危険な目にあった事はありませんでした。 そして何よりこの学校の良い所は、先生の質の高さです。どの先生も熱心に教えてくれます。授業内容も自分の希望にあわせて変更が出来ました。 私の場合、グラマーを中心ににライティング、リスニング、スピーキングなど幅広く学びましたが、他の生徒の中にはTOEICやTOEFLなどに特化したカリキュラムを受講している人もいました。 先生の中には、もともと医師や看護師だった人もいて非常に心強かったです。 学校の近くには、コンビニやスーパーもあり困る事はありませんでした。 車で10分程の所には、大型のショッピングモールもあり、よく訪れていました。 […]

 / 3
留学訪問記:格安でハイレベルな英語授業のイロイロWe Academy
2015/12/08

留学訪問記:格安でハイレベルな英語授業のイロイロWe Academy     どうせなら自分だけの特別なフィリピン英語留学体験をしよう!!ここはあえてフィリピン・イロイロへGO!!   こんにちは。フィルイングリッシュ阿部と申します。この度フィリピン・イロイロWe Academyに長期訪問させて頂く機会に恵まれました。弊社が扱っているフィリピン英語留学スクールの中でも非常に学費が廉価な英語スクールの一つであるフィリピン・イロイロWe Academyの今をお伝えします。   【フィリピン・イロイロ地域の特徴】 We Academyのあるフィリピン・イロイロ市はルソン、ビサイヤ、ミンダナオと大きく三つに区分されるフィリピンの中で、セブに近い中央部のビサイヤ諸島に属し、マ ニラやダバオとは少し違う独自の雰囲気を持っています。イメージ的にはセブっぽい土地柄だけど、リゾート地としては開発されていない田舎の地方都市、と 言った感じですかね。そんなフィリピン・イロイロ市は俗に「愛の町」と呼ばれていて、マニラ等の大都市と比べるとのんびりとしていて治安が良いのが特徴です。ちなみに 「愛の街」と呼ばれているように、イロイロの女性は綺麗だとかなんだとか言われているそうで・・・・。   イロイロの人は基本的には人柄もいい感じです。フィリピン在住の日本人の方が「イロイロだとタクシーに乗っても運転主と揉めないからいいよ。マニラだといつも料金で一悶着あるんだ」と言っていました。どことなく暖かい方が多いような気がします。   現在フィリピン留学における二大メジャースポットはセブとバギオになりますが、これらと比べてイロイロ、バコロド等は日本人留学生にはあまり知られていない地域に当たるかもしれません。筆者は知人に「パナイ(島)のイロイロに行くんだ」と伝えたところ、 「はん ”ぱない“ ほど “色々” な所にいくの?」と笑われました。皆さんは「イロイロ」と聞いて何か連想するものはありますか。     フィリピン観 光スポットとしてはセブのように有名ではないフィリピン・イロイロですが、だからこそあえてイロイロに行ってみるというのも大変面白い選択肢です。「普通のフィリピン留学生と同じ所に行ってもつ まらない。多くの日本人留学生が訪れていない場所に行きたい!」と言う少し斜め上の情熱をお持ちのフィリピン英語留学予定者にとっては、マイナーなイロイロもそれはそれで楽しいですよ。   【学校の立地】 We Academy本校者、学生寮の立地ですが交通の便の良いところに建てられており、何かと便利でした。We Academy正面の道路は主要道路の一つなので、簡単にジプニーを捕まえることが出 来ますし、徒歩圏内にハロプラザと言うパークがって、そのパークの停留所から様々な方面へジプニーが発着しています。この近辺では多くのジプニーがハロプ ラザを通過するので、最悪この場所を押さえておけば、大体何処へも行けますし、帰ってくることも出来るようです。   近場で済ませようと思え ば、徒歩2,3分のところに24時間営業のクイックスマート(コンビニ)があり、徒歩4,5分のところにはスーパーマーケットもあるので、特に用事やフィリピン・イロイロ市観光 がなければ、ほぼ全て徒歩圏内で済ませることも可能です。もうちょっと大きな買い物をしたい場合はジプニーに10~15分程乗って行けば、SM Cityでお買い物もできます。   写真左: We Academy正面にある道路、写真右: ハロプラザの目印になるハロチャーチのベルタワー   【寮・校舎の設備】 We Academyの寮は二か所ありまして、本校舎の二階部分がその一つ、もう一つは徒歩一分のところにある外部寮です。それぞれメリット、デメリットがあ り、本校舎二階の寮は、いちいち外に出なくていいので雨が降った時は大変便利です(イロイロ市は排水設備がそれほど強くないので、スコール時にはどうして も水たまりが発生します)。その反面シャワーが自室についているのは外部寮のみとなっています。生徒数や空き室状況に左右されるので入学当初に寮 を選択するシステムは原則無いようです。   Wi-Fi環境は可も無く不可も無くと言ったところでしょうか。この度長期留学させて頂いたので すが、その間に外部寮でネット不通になるトラブルが起きました。ですが、We […]

留学訪問記:格安留学の穴場イロイロWe Academy
2014/10/04

留学訪問記:格安留学の穴場イロイロWe Academy フィリピン格安留学の穴場、講師のレベルはピカイチ 来年APECが開かれるためイロイロでは大掛かりな工事が行われています。セブのような観光地ではありませんが、これを期に地域の発展を期待して「これから発展するイロイロ」と人々は口を揃えます。 2014年9月初旬、初めてWE Academyを訪問しました。フィルイングリッシュの高橋です。フィリピンの短期留学校を結構訪ねてきた私ですが、この学校は初めてでした。取引のあるエージェントも少ないと聞いています。その理由はインセンティブの少なさ故です。しかし学校の評判は良い方だったので今回訪問させていただきました。   We Academyの校舎。古い建物でしたが清潔に管理され全体的に落ち着いた雰囲気のキャンパスでした。 道路に近かったが煤煙と騒音は少なかった。校内にはクリーニングルーム、バドミントンコート、野外休憩所などがある。   We Academy校は2003年開校の小規模学校です。学生が少ない時には25人、多くても50人は超えないそうです。セブ、クラーク、バギオなどの大型校はもちろん、同じイロイロ地域のDREAM, MK, C&Cなどと比べても規模は極めて小さいです。良く言えば「家族のような学校」と言えるでしょう。キャンパスは静けさの中に真剣さと素朴さが入り混じっている印象です。建物と施設の様子が学生と講師たちの姿と相まって過不足をを感じないといったところでしょうか。 私の初印象がそのまま、校長先生のイメージだと言えました。決してめだとうとせず、黙々と自分の仕事をこなすタイプの方でした。自分は何もしていないと言いながらも学校に真っ先に出勤し一番後に帰る人でした。 もっと廉価で学生たちが留学できるようにしたいとする一方で、安くとも他よりももっと教育水準を高めたいと学校長らしい欲を見せる彼は、良い学校とは広報よりも現地でいかに多くの学生たちが延長してくれるかが判断の基準となるべきだと熱く語ってくれました。そういう姿勢が続く限りこの学校は、広報は地味でも顧客の関心と期待は安定すると思われます。   マンツーマン講義室の様子。左側が外観、右側は講師と学生が並ぶ格好の授業風景。   ■学校施設 We Academyは校舎と外部の寄宿舎からなっています。校舎は古いですが清潔に管理されていました。校舎は2階建てで、1回に講義室とオフィス(共用パソコン2台)、食堂があり2階に校内寄宿舎(男性用)と自習室があります。校舎の裏手には簡単な運動器具やバドミントンコートがありました。 新入生は学校から徒歩1~2分のところにある学校外郭の寄宿舎に入ることになりますが、入学後2人部屋利用者に限り校内寄宿舎の1人部屋に変更できるそうです。ただし校内寄宿舎はトイレとシャワールームが共同使用なので現地で直接見て判断したほうがよさそうです。外の寄宿舎はガードマンが2人、管理人も常駐しているため治安上の問題は起きないようです。 Wi-Fiは他校と比べて繋がりが良い方と言えます。部屋にはエアコンや温水シャワーも備え付けられていますが、ベッドのマットレスは一部古いため、気になる方は管理人に言って変えてもらうほうがよさそうです。 マンツーマン講義室は学生と講師が横並びになるスタイルでセブ地域のEV校と似ていました。   外部の宿舎の外観。新入生は外部の寄宿舎の1人部屋か2人部屋に入る。   校内寄宿舎は男子専用。共同トイレとシャワールームが若干不便。   ■英語コースについて We AcademyはESL専門校です。教科目はスピーキング、発音、リスニング、ライティング、作文、ボキャブラリーなどを扱っており英語の実力がつくに連れてTOEIC, TOEFL, IELTS, ビジネス科目の選択も可能です。マンツーマン授業は一日3時間から6時間まであるが選択によりESL A, B, C, Dコースに分かれている。グループ授業は3~4人の小グループで、一日2~3時間割り当てられている。学費も4週基準で8万円から11万円と安いほうです。 16週以上の長期留学を希望する場合廉価なコースを選択し、現地でグループ授業をマンツーマン授業に変更する方もいるようです(変更費用4週当り2,000ペソ)   弊社スタッフが在学生のインタビューを敢行したところ、日本人学生はもとより、中国、台湾の学生たちも講師についてとコース運営について満足していると答えた。最近はマンツーマン授業のうち2時間程度はTOEICやビジネスを選択する傾向があるようだ。   ■英語講師 ほとんどの在学生は講師に対して満足していました。在職講師の大部分は正規講師歴5年以上ということですがそこには、講師の待遇を保証するための学校長の涙ぐましい努力が込められているようです。講師たちの平均賃金はフィリピンの大都市に比べても、50%ほど高く講師たちの帰属意識を高めるために We Academyの教育法人化の時シニア講師たちを株主に参与させるなどの処置を取ったといいます。学校訪問の3日間、講師たちの自信にあふれた表情とプロ意識を感じることができました。他校ではほとんどの場合、オフィスや管理者の指示によって動いていますが、この学校では講師たち自らが動くという印象を強く感じました。真摯な授業中の態度はもちろん、授業前の準備や授業外の時間でもどうにかして学生たちの英語能力を高めようとする姿勢がみてとれました。オフィスではこのような講師たちをバックアップする形でサポートしているようです。   頼もしい同校の講師たち。 ■勉学雰囲気 講師が主導して学校の雰囲気が英語学習一色で埋まっている感じでした。他校ではよく見かけた、講師同士がフィリピンの言葉で会話する姿を動向では目にすることがありませんでした。 学生の国籍比率は日本人が40~60%、中国、台湾が50%前後、韓国その他が5%でルームメートも外国人同士で組まれるため、学生同士も英語使用率が高いようです。 セブ地域の学校ではBuddy […]

留学訪問記:ハイレベルなイロイロWeAcademyで格安留学を
2014/01/19

留学訪問記:ハイレベルなイロイロWeAcademyで格安留学を 安全都市イロイロでベストコストパフォーマンス校と言えばWe Academy こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。本日は極めて治安がいい安全都市イロイロの語学学校の中で、施設の綺麗さと廉価な学費、コストパフォーマンスの高さで名高いWe Academyを紹介いたします。 大学数が43校ある学園都市イロイロには6~7の語学学校があります。イロイロの語学学校やそこに集まる学生、そしてイロイロの地域性の特徴としては、①英語学校としての歴史が古い。皆フィリピン語学学校創生期からの老舗で教育プログラムがしっかりしている、②教育都市な割りに語学学校が非常に少ないので良質な講師を確保しやすい、③人々が親切なので地域住民と心を開いた交流が出来る、④まじめでよく勉強する学生が集まりやすい、⑤街がおだやかで、治安の心配をする必要がマニラやセブに比べほとんどない、⑥ほぼすべての語学学校が現地有名大学と提携しているので大学の施設を利用できたり、大学の授業を受講可能、⑦近郊にフィリピン最高の観光地として名高いボラカイやエメラルド色の海があり、週末もマリンスポーツを満喫できる等が挙げられます。 それに加えWe Academyは立地が少しへんぴな所にありがちなイロイロの語学学校の中ではアクセスがよく、学費が廉価で、空き時間とスケジュールが合えばネイテイブアメリカン講師とのマンツーマンレッスンを無料で受講できたりします。 We Academyはイロイロの地方幹線道路沿いに所在いたします。イロイロの中心地であるショッピングモールSMへジプニー(個人バス)で5分~10分、イロイロ最大の繁華街(といっても大して大きくないですけど。5分もあれば見て回れます。)のスモールビルまでジプニーで10分~15分です。ちなみにDREAMはこの幹線道路をちょこっと中に入った徒歩5分くらいのところにあります。 We Academyの校舎は老巧化が進んでおりますが、学習に差し障る程度ではありません。現在2階を改修工事中でした。寄宿舎は校舎うらての徒歩1分くらいにありますが、こちらは新築で非常に綺麗です。 朝は毎食洋式だそうです。トースト、卵焼き、焼きそば、マンゴージュース、コーヒー。昼ごはんは中華風チャオメン、チーズの春巻き風、煮卵、辛くないあっさりわかめスープ、キムチです。ご飯の感じは日本の物に近いです。おかずもおいしく思えました。人にもよりますが、私ならここで留学しても食事の問題はクリアです。 講師の皆さんは発音も綺麗ですが、お顔も綺麗でした。校長によればTOEIC600以上の中級レベルの学生は全体の4割はいるとの事です。国籍比率で分けると、日本人は45%と多めです。3名の日本人学生と話をしましたが学校に特に不満はないそうです。おすすめはマンツーマン6時間、グループ2時間のSemi Sparta Dです。この分量で2人部屋4週正規学費104,000円ですので、コストパフォーマンスは高いです。その他この学校はTOEICとTOEFLに力を入れています。日本語べらべらの韓国の在学生と会いました。英語初心者から20週プランでスタートして19週目TOEIC950点を獲得したそうです。もともと語学センスがある学生だとは思いますが、それだけのプログラムも備わっているという事でしょう。出会った時は最後の20週目でした。 自習室は24時間開放です。 新築という事もあり、寄宿舎は非常に綺麗です。ネット環境もいいです。イロイロ地域はWe Academyだけでなく全般的によくつながります。(他のフィリピンの語学学校に比べいいという事であって、日本のように快適というわけではありません。) 校舎裏の簡易ジム。来年ジム室を作るそうです。WeAcademyの目の前に高校がありそこのプールを有料で利用できます。学校から徒歩5分のところに大型スーパーもあり生活も便利です。学校ではジュースやコーラなどソフトドリンク類を販売しています。 ■ まとめ We Academyでは講師採用の際、TOEIC Reading TESTを95問出し、90点以上獲得した志願者のみ採用しているそうです。合格者は30人に1名の割合。語学学校が少なく、大学が多いイロイロだから出来る贅沢な選択です。 イロイロは治安がよく夜の街のようなものもほとんどないので、一生懸命勉強したい方にはおすすめの環境です。 勉強にあきれば、周辺にビーチやマリンスポーツなどの観光名所がたくさんあります。校長が小旅行スポットをいっぱい知っています。

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して
2013/02/15

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して フィルインリッシュ顧客担当統括梶野章と申します。 フィリピン留学を考える方のほとんどが1)マンツーマン授業の効果、2)欧米留学に比べ費用が安い、3)それと想像以上の学校側のサポートを期待していると思います。 さてそれでは皆様方がフィリピン留学情報を求めた場合そのニュースソースは何になりますか?おそらくヤフーやグーグル検索で紹介される留学エージェントの紹介内容やブログなどではないでしょうか。 現在ウェブ上ではフィリピン留学関連コンテンツやブログが氾濫しております。でも知っておられますか?皆様が接するほとんどの文章は留学エージェントが『検閲』したり、管理したりしているという事実を。実際フィリピン留学校のホームページ90%以上をエージェントが管理しています。従って皆様が接するほとんどの情報は『清書された文章』あるいは『エージェントが望む内容の文章』なのです。 当たり前の事ですが学校とエージェントは至極ビジネス的な関係を形成します。学校の全セールス権限を付与されるエージェントもあれば、エージェントの社長が実は学校長だという驚くべき話もあります。実際学校に行ってみると提供を受けた内容とかけ離れていたという声をよく聞きます。猜疑心を持って注意深く情報をつかみ相談を受けたとしても全体像が『エージェントがお客に来てもらうために加筆した情報』なので結局その方向に流されます。 『○○学校の講師たちは本当にすばらしい!』等の卒業生のブログは見ることがあっても悪口を書いているブログはあまり見ません。ほとんどの場合エージェントが直接あるいは間接的に誘導する学校についていきます。 それでは一体このような状況がフィリピン留学を長期的な目で見た場合プラスになっているのでしょうか?僕はマイナスだと思っています。短期で見れば問題点をありのままに指摘すればその学校が改善させ、発展させる手助けとなります。(もちろん指摘された学校は嫌がりますが)長期で見れば学生たちによりフィリピン留学市場が良い方向に発展すると思います。 数週間前僕は面白いホームページを見つけました。いくつかの学校に対する冷静な診断と評価、改善点などを掲載しています。否定的な文に慣れていないので始めはちょっと戸惑いましたが、このような体験談は留学する方々に本当に必要だと思います。詳細はこちら http://englishcebu.com/mango.html をご覧下さいませ。 正直に告白しますが僕もたくさんのフィリピン学校長と顔見知りであり、よくその学校に入れてくれと頼まれたりします。しかし顧客一人一人には事実をきっちり伝えないといけないと思っております。それは僕が留学エージェントという仕事が『お客様のよりよき近未来』と繋がっていると思っているからです。 最近あるお客様から『特定の学校への営業もせず、問い合わせた学校の長点、欠点をきちっと伝えてくれてありがとう』と言われました。僕はこの言葉を千金にも値する貴重なものと捉えこれからもそのようなお褒めの言葉をいただくよう頑張るつもりです。もちろん僕より優れたエージェントはいくらでもいます。皆がお客様に対し現実を客観的評判と事実を持って伝えていただくと期待しております。

 / 1
 / 1
 / 0
We Academy 初日のスケジュール
2016/12/04

We Academy 初日のスケジュール

We Academyにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。    

【初日のスケジュール】

時間

内容

7:00 ~ 8:00

朝食

8:00~8:50

休憩

8:50~ 9:40

レベルテスト(ライティング)

9:50~10:00

スピーキングテスト

10:00 ~11:00

オリエンテーション

11:00~12:00

休憩

12:00 ~13:00

昼食

13:00 ~ 15:00

シティーツアー(お買い物、両替)

15:00~17:00

休憩

17:00~18:00

夕食
  ※希望者は、初日からフリーナイトクラス(17:30~19:00)に参加する事が出来ます。(参加希望者が3人以上募った場合)
We Academy 訪問記(どの様な学生向け?)
2016/04/29

We Academy 訪問記(どの様な学生向け?)

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。本日(2016/4/28)に弊社が扱っているフィリピン英語スクールの中で最も安価な費用で留学が可能な英語スクールWe Academyに訪問させて頂く機会に恵まれました。   We Academyは通常の英語スクールとは異なりアットホームな環境の中でレベルの高い留学カリキュラムを学生に提供している英語スクールです。施設面や食事面に関しては、弊社が扱っているフィリピン英語スクールの中でも最も低いクオリティの学校ですが、講師陣の質および学習環境に関しては定評がある為にリピーターが多いスクールです。   留学生ケアに関しても非常に定評のあるスクールです。弊社を通して現在、通われている留学生にインタビューをさせて頂きましたところ、日本人マネージャーの方が留学生の困った時は親身に話を聞いてくれたり対応をしてくれるとの事です。   we_academy_1   We Academyは格安な費用で留学をしたい方で、尚且つ、講師陣の質や学習環境のレベルの高さを求める方におすすめです。ただし、施設面や食事面に繊細な方には向いていませんで注意です!
We Academyの新設ジムのご紹介
2015/12/01

We Academyの新設ジムのご紹介

【We Academy】校舎裏新設ジム設置のご案内 11月30日よりWe Academyの校舎裏に新設のジムがOPENしました。 決して大きなジムではありませんが、バーベル挙げ、フィットネスバイク、サンドバッグ、卓球台、バスケットゴール、その他エクササイズ器具と非常にバラエティに富んだ造りになっています。 日頃の勉強疲れを発散する際に大変便利な新設ジムのご紹介でした。 we_academy_gym (1)
英語だけ使うEOPルール We Academy
2015/07/25

英語だけ使うEOPルール We Academy

このたびWe Academyでは新しいルールができました。月曜日から金曜日の8時から5時までは英語を使わないと罰金という制度です。先生もマネージャーもヘルパーももし英語以外を話したら10ペソ払わないといけません。 これから24時間英語だけ使うように強化していくそうです。   f75c3ca11b7    
We Academy 国立大学でのTESOLプログラム受講について
2014/12/12

We Academy 国立大学でのTESOLプログラム受講について

We Academyに留学中、週末土曜日を利用して、学校近くの国立大学West Visayas Universityで開催されるTESOLプログラム(国際的な英語講師養成プログラム)に参加することができます。 TESOLプログラムの受講には、一般的に約1,500〜2,000ドル(約180,000~240,000円)の費用が掛かりますが、We AcademyとWest Visayas Universityの提携により、We Academy学生は安価な授業料でTESOLプログラムを受講することが可能です。   - 場所:イロイロWest Visayas University - 教育期間:毎週土曜日の午前8時から午後5時(毎日8時間、4週間コースでの運営) - 開始日:毎月第1土曜日。年8回開講 - 入学条件:インタビュー試験および筆記試験 - 費用:授業料8,000ペソ(約21,000円)。登録金1,000ペソ(約3,000円)   なお、プログラム終了後には、West Visayas UniversityよりTESOLプログラム修了証が発行されます。 プログラム受講に際して、入学時に必要となる英語レベルおよび詳細情報については、現地到着後、We Academyが直接ご案内致します。
 / 1

よく読まれている留学体験記

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析 こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。 フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。     1年3万人以上が英語留学に行くフィリピンですが、欧米への英語留学に比べるとまだそれほど知られていないのも事実。 「格安留学を調べていて、フィリピン英語留学を初めて知りました」、 「フィリピン英語留学に行ってきた友だちに聞いて初めてしりました」など、 フィリピンで英語留学をすることについてまだまだ違和感を感じる方々が多いようです。   一昔前は費用が高額、期間が長期、遠いなどの制約で誰にでもできるものではなかった『英語留学』。 そのの常識を覆したのがフィリピン英語留学です。しかし、フィリピン人英語講師、フィリピンという国の英語についてイメージがわかないかたも多いかと思います。   そこで今回はフィルイングリッシュのシニア留学カウンセラー梶野章より、フィリピンの英語、フィリピン人の英語はどうなのかというテーマでインタビューし、Q&A形式でまとめました。   留学カウンセラー梶野章の簡単紹介    フィルイングリッシュ統括責任者・共同代表。 東京都出身。アメリカミズーリ州セントラルメソジスト大学英文科卒。 英語留学カウンセラーとして過去4年間に2,200名のお客様を日本からフィリピン語学学校に送客。   Q:そもそも、何でフィリピンに英語留学にいくのですか? A:もちろん留学費用が安いというのもあります。別々の友人の娘さん3人が現在カナダの高校に通っていますが年間の費用は1名が900万円、もう1名が700万円、もう一名が600万円と聞きました。フィリピンですと200万円はかからないでしょう。それと飛行機の移動時間もフィリピンは4時間30分、欧米は12時間。移動するのも一苦労です。   ただ『留学費用が安い事』が一番の理由ではないと思います。 結果を出しているという事がすべてでしょう。フィリピン英語留学ですと12週間あれば英語初級者が日常生活で困らないほどの英会話力を、ほとんどの受講者が身に付ける事ができます。あちこちで披露されるフィリピン英語留学での成果と自慢話が人を呼び日本人のフィリピン留学生の数は2010年に年間4,000名から2015年にその約9倍にあたる35,000人にまで膨れ上がりました。      >>>フィリピン英語留学4週の費用まとめを見る   Q:フィリピン人はなぜ英語が話せるんですか? A:フィリピンは多言語民族です。フィリピン国内に172の言語が存在します。タガログ語をしゃべるマニラっ子とセブアナ語を話すセブっ子では言語が違うので意思疎通ができません。そこで共通語として英語が公用語となりました。   フィリピンでは幼稚園から大学まですべて英語の教科書が使われます。授業内では基本(幼稚園、小学校低学年を除く)オール英語で進行いたします。高校を卒業したものであれば基本日常生活で英語のコミュニケーションには困らなくなります。   △フィリピン、バギオ地域の幼稚園。英語科目ではない授業でも英語で行われる。   Q:フィリピン英語留学で英語はホントに伸びますか? A:欧米諸国にもフィリピン同様様々な英語学校があります。ですがフィリピンにあって欧米諸国にないものが二つあります。手頃な価格で集中的に受講できる『マンツーマン授業システム』とカリキュラム通りに学生のレベルが上がるかどうかをチェックする『管理システム』です。   △フィリピン人講師とのマンツーマン授業の様子。セブ島セブブルーオーシャン校   人間それぞれ適正がありますのでその人にあったオーダーメイドの授業内容を1対1で進行させていく指導方法は極めて有効です。学生は受身で聞き流すだけの姿勢が許されないシステムに組み込まれます。   もう一つは学校が一つになって学生の英語レベル進化を確認相談しながら前に進むシステム。毎週のミニテスト、月間のレベルテスト、毎授業毎の宿題など先生はすべてチェックし、進歩が遅れている学生に対しては手段をこうじます。放課後が自由放任主義の欧米学校よりもはるかにきつい規律と規則とノルマと罰則が存在するという事です。   アメリカでは語学学校に1~2年滞在しているにも関わらず英単語を一つ二つ発してなんとかコミュニケーションするレベルの日本人がゴロゴロいます。実際に見ました。フィリピン留学生では希少価値の存在です。   Q:フィリピン英語留学でどんな事が学べますか? A:フィリピン英語教育で強い部分は二つ。 『英語の基礎固め』と『英語試験対策』。   フィリピンで12週勉強すれば日常英会話力がつくという話はだいぶ知れ渡ってきましたが、コミュニケーション力だけにとどまりません。12週間まじめに勉強すれば英語の基礎がしっかり備わるという付加価値がついてきますのでどの英語検定試験にも突入できる英語基盤が出来上がります。   英語の基礎がある人間がフィリピンの英語検定が強い語学学校で学べば、4週平均でTOEICは70~100点、TOEFL10~13点、IELTS(初期段階)0.5点のペースで上がって行きます。 […]

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由 フィリピン留学最安値、しかし費用だけじゃないイロイロ留学の魅力   フィリピン留学の隠れスポットイロイロ留学。イロイロ留学のほとんどの語学学校は日本でマーケティングをせず、口コミだけで日本人留学生を受け入れてきました。日本事務所や日本語パンフレット、ウェブサイトもない語学学校がほとんどです。それでもイロイロを経験した日本人留学生からの口コミが広がり、日本人留学生が70%以上に達したこともあります。   最近はイロイロ留学も、より多くの日本人にイロイロ留学の魅力を伝えるため語学学校のブサイトやブログ、パンフレットなど情報配信をしているところもあります。日本人留学生をサポートするスタッフを配置する、辛いもの中心の献立を一新するなど留学環境の整備もどんどん良くなっています。   そんなイロイロ留学。『これが決め手だった!』という卒業生たち声をフィルイングリッシュスタッフがまとめました。   検証済み!イロイロ留学がおすすめの5つの理由 学費が安い 物価が安い レベルの高いフィリピン人英語講師 レベルの高いフィリピン人講師陣! アットホームな留学環境     1.学費が安い もともとフィリピン留学は格安の費用とマンツーマン授業で英語力を伸ばすものとして人気になりました。しかし、フィリピンの中でも地域による費用の違いはあります。それは、利便性が良く土地、地域の物価にもよるものです。   例えば、フィリピン留学で一番人気のセブ島留学の平均学費が1ヵ月(4週)で約14~16万に比べ、イロイロ留学の平均学費は約10~12万円と割安。語学学校によっては4週10万以下で留学可能な超格安の留学先もあります。特にフィリピン留学最廉価の1つWe Academy校に関しては、4週10万以下で留学できるコースがある上に、講師の質が高いと評判です。 >>>イロイロ留学人気校We Academyの詳細はこちら     2.物価が安い   イロイロはフィリピンの地方都市です。ちなみにフィリピン国内で大きい順でいうと首都のマニラ、その次が一番人気の留学先セブ島、そしてミンダナオ島にあるダバオです。中小規模の地方都市イロイロは大都市と比較すると約2~3割ほど物価が安い。   生活物価が安いのは留学生にもお得。留学先で出会った友人や講師と外食した時にかかる食事代は高くとも一人でだいたい150~250ペソ(約320~550円)ほどです。なんと、お酒代なども含めてです。留学生が留学中に1度以上は行くフィリピンのマッサージショップでの費用は1時間約200ペソ(約420円)で受ける事が出来ます。   ※イロイロでも和食レストラン、韓国レストランなどはローカルの物価より高いです。   3.レベルの高いフィリピン人講師陣   イロイロの各語学学校の大きい自慢の1つは、レベルの高い講師陣。1つの語学学校に在籍年数3年以上の講師も珍しくありません。学園都市として認知度が高いイロイロでは、他地域と比べ語学学校側が特別な事をしなくとも高レベルの講師が勝手に集まってきます。そして、イロイロ地域の語学学校は規模が小さい分、講師達への管理がしっかりと行き届いています。そのような理由で長い間1つの学校に滞在し続けるベテラン講師が多いのです。   4.アットホームな留学環境   フィリピンだけではありませんが、地方都市は大都市と比べ地元の人がフレンドリーで学校施設はアットホームなところが多い傾向にあります。イロイロ地域もフィリピンの大都市とは異なり、アットホームな語学学校が多い。語学学校スタッフ、セキュリティガード、講師陣まで全員が暖かく学生のケアを行うのが当たり前の雰囲気のところばかりです。週末には講師と生徒みんなが一緒になって外出する事も珍しくないです。留学生活で授業の中ではもちろんフィリピン人講師と人間的に仲良くなる留学生がほとんどというのもイロイロ留学の特徴です。   5.留学生の希望に合わせるカスタマイズ式   語学学校が一人ひとりの留学生の希望に合わせてカリキュラムを組むことは容易ではありません。特に規模が大きい語学学校、スパルタ式の語学学校はその傾向が強く、語学学校独自のカリキュラムに沿って英語学習をしていくことになります。   フィリピン留学はマンツーマン授業が中心ということもあり、他の国に比べるとカスタマイズ式カリキュラムを提供する語学学校が非常に多いです。特にイロイロ留学の多くの語学学校では、学生から授業に対しての要望に可能な限り対応します。例えば、通常のESLコース(一般英会話)を学びながらも1~2コマはTOEIC科目を受講したい、ビジネス英語を学びたいなどの要望も受け入れてくれます。全ての授業をスピーキングにしたいなどのワガママも叶える事が出来るのがイロイロ留学の魅力です。   ※コース混合の割合、対応可能科目は語学学校によって異なります。詳細は担当カウンセラーまでお問い合わせ下さい。 >>>イロイロ留学のおすすめ語学学校一覧に戻る   おすすめの留学コンテンツ セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る […]

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由   フィリピン留学といえばセブ島留学が有名ですが、実はじわじわ人気上昇中のバギオ留学。 フィリピン留学を知ったばかりの人にとっては、バギオ留学が何のことかよくわからないのではないでしょうか。 バギオはフィリピンの地域名のことで、フィリピン留学業界では、フィリピンの各地域で留学することをそのまま〇〇留学と呼ぶ傾向にあり、セブ島留学、バギオ留学、クラーク留学、その他バコロド留学、ダバオ留学の順番に人気があります。 特にセブ島留学とバギオ留学は、フィリピン留学業界ではライバルといっても過言ではないくらいの人気を争っています。   「なぜセブ島留学ではなく、わざわざバギオ留学に行くの?」   そんな風に疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 フィリピン留学のエージェントに相談すると、“結果にコミットする”ならバギオ留学に行きなさいと言われます。   “結果にコミットするバギオ留学!?”   どこかで聞いたことのあるフレーズですね。笑 今回は、その謎と人気の秘訣を探るべく、バギオ留学のメリットとデメリットを明らかにし、バギオ留学とセブ島留学の違いをまとめてみました。   バギオ留学≠スパルタ留学 バギオ留学は朝から晩まで勉強漬けのスパルタ留学、英語試験のハイスコアをとろうする本気でガリ勉の人しか集まらないんじゃ・・・ちょっと怖い・・・と思われている人もいると思いますが、実は意外なことにバギオ留学=スパルタ留学ではないんです。バギオにも平日外出が可能な留学生の自主性を尊重するセミスパルタタイプの語学学校は存在します。   それ以外にも、英語初心者だから英語勉強の日本語サポートがほしい、ワーホリ対策コースでしっかりと準備してオーストラリアで働きたい、ネイティブ講師の英語に触れたいなど、さまざまなニーズに合ったコースを運営して、且つスパルタタイプではない語学学校もあります。   バギオ留学が激アツな8つの理由 なぜ今バギオ留学が注目を浴びているのでしょうか。その理由8つを下にまとめました。 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結 娯楽、遊ぶ場所が少ない=誘惑がない 真剣な留学生が多い 真剣で、レベルの高い英語講師 涼しい気候でのフィリピン留学 治安が抜群に良い 留学費用が安い 物価が安い   1. 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結   もともとバギオはフィリピンの中でも有名大学が多く集まる学園都市として有名でした。そこに作られたのが、韓国人の親が子供を勉強するためだけに送り込む語学学校です。韓国の教育熱心な文化から出来たスパルタ語学学校が、「一定の期間で必ず英語力を上達させる、成果を出させる」という実績から他国の留学生にも受け入れられ、今日に至りました。   また、バギオにはスパルタ語学学校だけでなく、IELTS、TOEIC、TOEFLの試験対策に特化した語学学校も多数存在しています。試験対策に特化したコースは、一般的に専門性の高い知識や指導法が必要であり、全ての語学学校で運営出来るわけではありません。しかし、バギオは教育水準が高く優秀な人材が多いことから、そういった試験対策コースを運営できる語学学校が多いのです。   バギオ地域のスパルタ学校では朝6時30分から7時に正規授業が開始されます。一部は選択制、学校によっては義務参加となっており、出欠管理も徹底しています。正規授業はだいたい17時~18時に終わり、夕食後にはその日学んだことを復習するための自習時間があります。自習時間も出欠チェックをしている語学学校が多く、その日の授業で学んだことの復習を怠ることなく見直す勉強の習慣をつけることができます。 このように朝から晩までの学習スケジュール、自習時間が設定されているので時間を無駄にしたり遠回りすることなく、まっすぐレベルアップに向けて学習することができます。 ■ バギオ留学 スパルタ留学おすすめ校 ■ バギオ留学 テスト対策・ビジネス英語おすすめ校 ■ バギオ留学 中級レベル以上専門校   2.遊ぶ場所が少ない=誘惑が少ない   フィリピン留学に限ったことではないのですが、留学で失敗する留学生の特徴は、日本と違う環境で開放的になり、遊びに走ってしまうことです。 […]