Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

JIC

セブ中心街の良い施設で多めのマンツーマン英会話!留学生の意見を柔軟に反映する授業

JIC Cebu

CEBU JICは2002年開校し、2009年に現在のセブのマボロ(Mabolo)地域に移転しました。5階建ての校舎兼寮一体型のスクールは、清潔で希望性の高い新築のホテルを使用しております。閑静な住宅地に位置し、SMモールやアヤラモール、ITパーク等のセブの有名なショッピングモールや中心地も徒歩圏内と、立地も非常に良いです。

ESL中心としたマンツーマン授業主体の多様なコースを運営しており、その中から自分の英語レベルに相応しいコースを選択することが出来ます。マンツーマン授業では学習者が希望する科目を柔軟に選択することが可能です。講師と在学留学生間の親密度が高く、主に会話を通して授業を行うことができます。その他、学習者の意見をよく反映するスクール運営、出席率が低い学生は特別な管理、5年以上の経歴がある講師が多いことはCebu JICの特徴だと言えます。

最近セブ地域のフィリピン英語スクールでは、学習雰囲気を高める為、より校内規則を厳しくする傾向がありますが、JICは留学生の自律性を尊重しております。

学校名

Cebu JIC Language Center, Inc.

住所

Limbong St. Corner C-mina、Mabolo、Cebu City

設立年度

2002年

定員

130~150名

承認関連

TESDA及び教育庁の正式認可

運営留学プログラム

ESL、BUSINESS、TOEIC、Junior

講師

40名(フィリピン)、1名(カナダ)

日本人スタッフ

2名

日本人の割合

25~35%

学校施設(5階建て)

1階オフィス、フロント、ロビー、カフェテリア、ジム、プール / 2階自習室、アカデミックオフィス、教室 / 3~5階寮(3階男性寮、4階家族・カップル寮、5階女性寮)

寮の施設

1~6人部屋、冷蔵庫、机、ベッド、温水シャワー、箪笥、Wi-Fi利用可能 (Wi-Fi専用回線を設置しているため快適に利用可能)

その他の施設

自習室(24時間利用)、プール、バスケットボール場、バドミントン場、カフェテリア、ジムなど

セブ留学プログラム解剖:JICのESLコース
2014/12/23

セブ留学プログラム解剖:JICのESLコース 英語コース・アトナミー・シリーズ:コスパの高い JIC CEBU まずは下の写真をご覧ください。 一見どこにもあるような学校講師のありふれた写真に見えます。しかしこの写真の中には注目に値する事実が隠されております。写真の主人公達をキャリア別で区分けするとその秘密が露呈されます。 セブJICの在籍講師数は53名(カナダ人講師を含む)。キャリア別で見ますと講師歴10年以上が8名、5年以上が12名、2年以上が15名。2年以下が17名。2年以上の先生の比率は7割近いです。 フィリピン留学業界の先生は大きく2つに分類されます。講師経験2年以上のレギュラーティーチャーと2年以下の非レギュラーティーチャーです。給与にも差があります。そしてレギュラーティーチャーになれる前に学校を辞める人が多いです。 フィリピン語学学校のスタンダードで見た場合ひとつの学校のレギュラー組の比率は3~5割。残りが非レギュラー組です。JICのキャリア統計はこの比率を逆転させています。10年以上のキャリア先生在籍数8人という数字も恐らくバギオのHELP以外探せないでしょう。レギュラー組の半数以上は5年組、10年組です。圧倒的過半数をベテランレギュラーが占め、学校と新任講師を支えている事。これがこの学校のお宝であり、財産となります。 実際この学校で3人の講師のマンツーマン、グループ授業を体験し、ヘッドティーチャーと2時間にわたり話し合いました。全員発音が非常に綺麗で、話す内容も無駄がなかったです。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。セブのJICは創設14年とフィリピンで最古参学校の一つです。経験豊かな講師軍団を率いて一体どんな指導を展開しているのかそのカリキュラムと授業内容を解剖するため同学校を2015年12月初旬に訪問いたしました。 1.基本カリキュラムの枠組み コース名 正規授業 特別/オプション授業 Super Basic ESL マンツーマン授業5時限、グループ2時限 1時限 Public ESL マンツーマン授業4時限、グループ3時限 1時限 Power ESL マンツーマン授業5時限、グループ3時限 1時限 Private Power ESL マンツーマン授業7時限、グループ1時限 1時限 JICは4つのESLコースで分類されます。科目のカテゴリーは同じです。コースの違いはマンツーマン授業とグループ授業の時間数の違いです。学校が提示するモデルカリキュラムを選択する事も可能ですし、学生が都合に合わせて自分だけの科目スケジュールを編成する事も可能です。(左上は初級者、超初級者向けのSuper Basic ESL標準モデルコースで使われる教科書です。) 2.カリキュラム枠組み カテゴリー 内容 単語試験 毎日25個の単語テスト。単語テストを受講しない場合簡単な作文の提出義務が発生します。(3つのレベルに区分け) マンツーマン授業 Speaking, Listening, Reading, Writing, Vocabulary,  Grammar グループ授業 TOEIC(R/C, L/C), TOEIC Speaking, Screen, Composition, […]

セブ留学訪問記:手頃な留学費用で充実した指導のJIC
2014/01/20

セブ留学訪問記:手頃な留学費用で充実した指導のJIC バリアフリーとボランティア活動とマンツーマン授業数が自慢のJIC CEBU 訪問レビュー 近年のセブ留学はボリュームの多いマンツーマン授業数やそこそこ綺麗な施設はほぼ当たり前の前提条件となっており、それら以外で他の学校とどのように差別化されているか、どのような付加価値が供与されているのかを重視する時代に移行しているように思えます。 セブで講師がしっかりしていて、値段が手頃で、マンツーマン授業が多くて、立地の利便性がよく、規則がゆるめの学校をお探しならJICが有力候補だと思います。ですがこの学校の本当の良さは人に対する優しさかもしれません。他の学校で見られないいろいろな仕掛けがありますがそれらは人に対する配慮をベースに組み立てられているように感じました。 こんにちは。フィルイングリッシュ梶野章と申します。セブ留学と言えどある程度有名になったのはほんの数年前。セブ語学学校の創世記は約15年くらい前ですが、その時代からの草分け的存在がJICとなります。この学校の魅力について探索してきました。 フィリピンの長者番付一番は大型ショッピングモールチェーンSMのオーナー。JICはセブの中心地にあるSMマボロ(写真左上)の前の大通りを8分歩き(梶野実測)、横道に入り50mくらい進むとあります(写真右下)。お隣さんはセブでは有名なマボロ教会。 正門を通ると駐車場バスケットコート、ストローバンガロー、プールなどがあります。それほど広くはありません。 JIC CEBUの講師は全員正規職員です。60名います。その内58名は大学卒です。又20名は10年以上のキャリアを持つベテラン。アルバイト講師のいない老舗伝統校です。 人気コースはマンツーマン授業5時間、グループ2時間、オプション授業1時間のSuper Basic ESLコースです。スピーキング、ライティング、リスニング、リーディングが基本柱となりますが、学生の希望で自由自在に科目を編成できる『マッチ式』を採用しております。特化コースとしてはTOEICとビジネスコースがあります。ですが希望により2時間ほどビジネスやTOEIC科目を受講も可能です。但しこのようなアレンジは英語中級者向けですのでご注意を。 最初に感心したのはホィールチェアの学生。(写真左)そこで気づきました。この学校は基本段差のないバリアフリーという事を。この学校は5階建ての校舎寄宿舎一体型ビルですがエレベーターは大きめでホィールチェアが楽に入るサイズです。1階には男女別の大きなトイレもあります。訪問中JICで滞在中の日本人シニアご夫妻を見かけました。 図書室に入っていると女性講師が1名待機しておりました。朝8時から夕方5時まで図書室にいてそこで勉強している学生がわからない事があれば無料で教えてくれます。ご苦労様です。このようなシステムはバギオの学校も行っておりますが有料です。 1階に学生生活相談デスクがあります。売店ではありません。夜11時まで運営されているとの事。ご苦労様です。貴重品を預かる個別金庫もここにあります。フィリピンの語学学校は貴重品は自分で管理する学校が結構多いです。お疲れ様です。 1階には事務所、学生相談デスク、休憩および雑談用のソファーセット、食堂のほかジムや売店があります。両方とも夜11時までだそうです。売店で100ペソ(270円)でインスタントラーメン(調理済み)を注文できます。JICの日本人マネージャー古市さんは現在なんとか100ペソでそばなどの軽食を学生に提供できないか考案中だそうです。ご自愛くださいませ。 フィリピンのそこら中にあるサリサリ(フィリピン人小売雑貨店、昭和の駄菓子屋風)は夜10時で大体閉まりますから夜11時までの売店営業はありがたいです。教科書の他タバコ、ソフトドリンク、お菓子、アイスクリーム等があります。 食事は基本韓国料理ですが、日本人生徒への配慮もあり、日本風の食事も出るそうです。私の食事は肉団子の甘煮つけと野菜中心のメニューでした。私の口には合いました。あまり辛くないし。ごちそうさまでした。JICは訪問時ほぼ定員満了状態。学生定員は100名で6割が韓国人、3割が日本人、1割が中国台湾人といったところでした。 部屋のスタイルは1人部屋から4人部屋まであります。広さは普通。狭くはないです。大きな窓が印象的でした。各部屋に電話がついていてビザなどのデリバリーが届けば知らせてくれます。ルーターが各フロアに4個づつついています。私愛用のI Pad AirでのチェックではWifiの環境は良かったです。 フィリピン語学学校は一般的に大体月1回のボランティア活動を募集いたします。養老院や孤児院訪問、貧しい人たちへの食事供給など。ですがJICでは毎週となりにあるマボロチャーチで開催されるボランティア活動へ募集をかけています。参加費は無料。労働時間は3時間程度。学校は人員派遣とは別途に毎回飲料200ボトルなどなんらかの寄贈を行っているそうです。 ■ 以下JIC女性マネージャー古市さんのコメントです。 『誰にでもできる簡単な配膳や食器洗いの作業です。 ボランティアに参加する事で地元の人との交流が生まれ、昨年は地元の方とクリスマスパーティーを一緒に行いました。 ボランティア団体の方は、英語が出来るので英会話を楽しむ良い機会になります。 参加した生徒で希望者には、参加証明書(certificate)を発行いたします。 私とルーカス理事や彼の家族は、なるべく毎週参加しています。 正直行くのが億劫な日もありますが、私たちが続ける事で毎週少人数ですがボランティアに参加する生徒が増えており、続けていくことの大切さを実感しております。 私達は、生徒達に英語を使う機会を提供、そしてボランティア活動での充実感、人とふれあう事の楽しさを知ってもらい、体験してもらいたいと考えております。 参加した生徒のほとんどが、久しぶりに働いて気持ちかった!!!! あの人の言っていることが理解出来た!!!! 自分の英語力は上がっているんだ。 と実感し、学習へやる気にも繋がっています。』 Thank you for your great trouble. ■ まとめ 創立13年ですからJICは老舗中の老舗伝統校です。イメージとしては何か格式ばったように感じますが校則はゆるめで学生の自主性を重んじます。初級者から上級者、若年層からシニアまで受け入れ体制の幅は広いです。学費設定廉価。

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して
2013/02/15

ネットの『フィリピン留学英語学校情報』に対して フィルインリッシュ顧客担当統括梶野章と申します。 フィリピン留学を考える方のほとんどが1)マンツーマン授業の効果、2)欧米留学に比べ費用が安い、3)それと想像以上の学校側のサポートを期待していると思います。 さてそれでは皆様方がフィリピン留学情報を求めた場合そのニュースソースは何になりますか?おそらくヤフーやグーグル検索で紹介される留学エージェントの紹介内容やブログなどではないでしょうか。 現在ウェブ上ではフィリピン留学関連コンテンツやブログが氾濫しております。でも知っておられますか?皆様が接するほとんどの文章は留学エージェントが『検閲』したり、管理したりしているという事実を。実際フィリピン留学校のホームページ90%以上をエージェントが管理しています。従って皆様が接するほとんどの情報は『清書された文章』あるいは『エージェントが望む内容の文章』なのです。 当たり前の事ですが学校とエージェントは至極ビジネス的な関係を形成します。学校の全セールス権限を付与されるエージェントもあれば、エージェントの社長が実は学校長だという驚くべき話もあります。実際学校に行ってみると提供を受けた内容とかけ離れていたという声をよく聞きます。猜疑心を持って注意深く情報をつかみ相談を受けたとしても全体像が『エージェントがお客に来てもらうために加筆した情報』なので結局その方向に流されます。 『○○学校の講師たちは本当にすばらしい!』等の卒業生のブログは見ることがあっても悪口を書いているブログはあまり見ません。ほとんどの場合エージェントが直接あるいは間接的に誘導する学校についていきます。 それでは一体このような状況がフィリピン留学を長期的な目で見た場合プラスになっているのでしょうか?僕はマイナスだと思っています。短期で見れば問題点をありのままに指摘すればその学校が改善させ、発展させる手助けとなります。(もちろん指摘された学校は嫌がりますが)長期で見れば学生たちによりフィリピン留学市場が良い方向に発展すると思います。 数週間前僕は面白いホームページを見つけました。いくつかの学校に対する冷静な診断と評価、改善点などを掲載しています。否定的な文に慣れていないので始めはちょっと戸惑いましたが、このような体験談は留学する方々に本当に必要だと思います。詳細はこちら http://englishcebu.com/mango.html をご覧下さいませ。 正直に告白しますが僕もたくさんのフィリピン学校長と顔見知りであり、よくその学校に入れてくれと頼まれたりします。しかし顧客一人一人には事実をきっちり伝えないといけないと思っております。それは僕が留学エージェントという仕事が『お客様のよりよき近未来』と繋がっていると思っているからです。 最近あるお客様から『特定の学校への営業もせず、問い合わせた学校の長点、欠点をきちっと伝えてくれてありがとう』と言われました。僕はこの言葉を千金にも値する貴重なものと捉えこれからもそのようなお褒めの言葉をいただくよう頑張るつもりです。もちろん僕より優れたエージェントはいくらでもいます。皆がお客様に対し現実を客観的評判と事実を持って伝えていただくと期待しております。

  / 1
  / 1
セブ留学JIC*卒業式
2016/08/05

セブ留学JIC*卒業式

こんにちは! フィリピン留学JIC学生レポーターのNONです(*^_^*)
語学学校で、英語を学ぶことはもっとも重要な目的ですが、 もっとも意義のあることは、限られた時間のなかで 人と交流をもつ、ということだと、ここにきて私は感じました。
ブログにて、JICで出会った世界一周中の日本人について 書きました。 是非読んでください。 http://ohta6322.hateblo.jp/entry/2016/05/16/204548
世界一周の途中や初めに、語学学校へ行くという選択は とても役にたつな、と思います。 世界一周中は、節約のためにドミトリーへの滞在が多いでしょうし そうなると自然と外国人の方との交流が生まれます。 そこで英語が全然話せないとなるとかなりもったいない!
卒業後はオーストラリアやカナダでワーキングホリデーを 計画しているという友達も多いです。 英語ができれば仕事の選択肢も増えますし、 それにより収入もかなり違ってくるのです。 セブ島留学で自己投資をしておいた方が案外リターンが大きいのかも。
 
外国の友人がたくさんできる、というのは勉強にとって すごくいい刺激で、有難い存在です。 それと同じくらい海外でできる日本の友人も わたしにとって大きな存在です。 JIC英語スクールは比較的に年齢層が高く、社会人経験がある人がほとんどで 22歳のわたしは年少組です。 周りの人は先輩で、いつもいいアドバイスを与えてくれます。
当たり前ですが、ここに来た人はみんな、必ずここを出ていきます。

JICでは、毎週木曜日のランチ後の5限目に、卒業式が行われます。

毎週、誰かがいなくなるというのはさびしいことですが 卒業式はいつもハッピーで、笑顔に溢れています。

卒業生は、ヘッドティーチャーに紹介され みんなの前でスピーチを読み上げます。

このスピーチ、もちろん英語なので JICで学んだスピーキング・発音・イントネーションの 成果がみれます! (わたしもそろそろスピーチの準備を始めなきゃ・・) 逆にオーディエンスはリスニングの勉強になっていいですね。

スピーチは全員必須ですが、それに加えて パフォーマンスを披露することも可能です。

パフォーマンスをみることは卒業式の大きなたのしみのひとつ!

先生たちとダンスを披露したり、

先生のギターの生演奏で歌ったり、

一時期、ブームとなった カップス を披露したり、

ベトナム人でベトナムの歌を大合唱したり、 セクシーダンスで会場を盛り上げたり

自作のJICラップを披露した卒業生も!

最高にクールでした!
そんなわたしも、先週はだいすきな友人が卒業ということで きゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」のダンスに参加しました・・! 緊張した!
▲センターは台湾人の女の子! 彼女はダンスをみたことも聞いたこともなかったので 毎朝部屋でダンスの練習をしていました。健気さに感動。
歌やダンスがパフォーマンスの王道ですが そのほとんどが英語の音楽。 意味を理解してもらえるのは良い点ですが、 「つけまつける」を披露した後に、 「これはなんてアーテイスト!?」「かわいい!」と日本のカルチャーに 興味をもってもらえたことがとてもうれしかったです。 「彼女は日本のカワイイカルチャーの代表者のひとりで ワールドツアーも成功させている凄い人なんだよ!」と 得意げに紹介しておきました。

全員のスピーチをパフォーマンス後は 卒業証書の授与と記念撮影タイム。

卒業証書には、レベルテストでのレベルも印字されています。
友人の卒業証書を目にすると 頑張ってレベルをあげたいな・・!と気持ちが高まります。
わたしの卒業式はなにをしてやろう!と
どきどきわくわくです(*^_^*)
フィリピン留学JIC学生レポーターのNONでした!
セブ留学JIC*フィリピン留学の先輩にインタビュー!その2
2016/08/04

セブ留学JIC*フィリピン留学の先輩にインタビュー!その2

フィリピン留学JIC学生レポーターのNONです!

前回に引き続き、インタビュー記事をお届けです♪

前回の記事とあわせてどうぞ^^*

N:平日は勉強に精を出して、休日はどんなふうに過ごしていましたか?

M:4ヶ月の間に、5回も週末旅行に出かけました!色々な島へ、手軽に旅行に行けるとこもフィリピン留学の良いところですよね。船の渡航費も、信じられないくらい安い。色々な島のビーチで過ごしました。島によって、水の色や透明度、砂浜の質感も違って、面白かったです。

N:うわー、いいな!イロイロではどんなふうに過ごしましたか?

M:イロイロ、思っていたよりも、便利な島でした。もっと田舎だと思って選んだのに(笑)。ショッピングや食事には、全く困りません。毎週末、どこかで留学生のお別れパーティーをしていました。でも、遊ぶところはあまりありませんでした。学校が仲介をしてくれて、ボランティア活動には参加しました。クリスマスやお正月の時期で、現地のこどもたちが英語でカードを書くので、それのお手伝いをしました。

N:現地の人と交流がもてて、英語にも触れられて、一石二鳥ですね!フィリピンの文化で気になったものはありましたか?

M:旅行で、世界遺産に指定されている教会を訪れたときに、丁度、結婚式が執り行われていたんです。
img_7565
N:ええ!素敵!
M:式の段取りに、参列者入場、というのがあって、びっくりしました。

N:参列者入場?新郎新婦が迎えるのですか?

M:いえ、参列者が入場して、そのあとに新婦が入場、っていう流れでした。あと、参列者は、男性が白い服、女性がピンクの服を着ていました。

N:まるで、みんながブライズメイドのよう…。異国のライフイベントに参加できたって凄く貴重ですね。旅行にもたくさん出かけた、ということですが、結構、お金を…?

M:それが、そんなに遣ってないんです。4カ月で15万弱くらい。物価が安いですから。

N:本当に遣っていませんね!お金の管理はどうしていましたか?

M:学校側が預かってくれていたので安心でした。平日は、コンビニでアイスを買う、ぐらいしか遣うことがなかったので、持ち歩いていたのは100ペソくらいです。そもそも、日本から現金は殆ど持っていっていなくて、クレジットカードで現地引き落としをするつもりでした。それが、フィリピンに行ってから、引き落とせないことが発覚して…。

N:ど、どうしてですか!?

M:カードの設定を誤っていたみたいです。焦りました。本当に少額しか用意していなかったんです!すぐにフィルイングリッシュの担当してくださった方に相談をして…。

N:それで?解決しましたか?

M:はい。担当の方が、両親との仲介をしてくださって、送金してもらいました。それで、無事に5回も旅行に行けました(笑)。

N:良かった!カードの設定は、出発前にきちんと確認しないとだめですね。

M:痛感しました。フィルイングリッシュさんにエージェントをお願いしてよかったな、ってことも。親切に対応してくださって有り難かったです。

N:MOYOの今後の予定は?

M:お金を貯めて、また海外へ行きたいと思っています。フィリピン留学が本当に楽しかったので、またフィリピン留学もしたい!今度は、セブ島に行くのもいいかな、と思っています。

N:私もこれから留学をスタートする身ですが、これからフィリピン留学にチャレンジする人へ、アドバイスをお願いします。

M:やっぱり、留学前に語彙力は伸ばしておくべき。コミュニケーションはリズムが大事です。言葉が出てこないと、考える間が出来てしまうので。とにかく、単語をぱっと引き出せて、リズムをつくっていくことが大事

N:分かりました!今日はありがとうございました!

M:はーい!留学たのしんできてね♪
フィリピン留学経験者にお話を聞くことができて とっても為になりました。 わくわくがますます増しました!!
次回の記事はいよいよ、セブ島 JICcebu よりお届けです♪ おたのしみに(●^o^●)
NON ∵個人ブログhttp://ohta6322.hateblo.jp/archive
セブ留学JIC*フィリピン留学の先輩にインタビュー!その1
2016/08/03

セブ留学JIC*フィリピン留学の先輩にインタビュー!その1

  こんにちは! フィリピン留学JIC学生レポーターのNONです^^*
いよいよ週末は出発の日!どきどき~!
そこで今回は、留学を前に、フィリピン留学の先輩にインタビューを敢行したので その模様を2回にわたりお届けします♪

【イロイロのWeAcademyでフィリピン留学:MOYOのインタビュー】

NON(以下、N): こんにちは!今日はよろしくお願いします!
MOYO(以下、M): はーい。この間まで、イロイロのWeAcademy英語スクールで4ヶ月間のフィリピン留学をしていました、MOYOです。

N:では、早速、いろいろ聞いていこうかと思います!

MOYOがわたしに留学エージェントのフィルイングリッシュさんを紹介してくれたわけだけど、

MOYOは、どうやってフィルイングリッシュさんを知ったのですか?

M:まず初めに、安くて、マンツーマンレッスンの多さからフィリピン留学を決めました。 フィリピンっていっても、色々と地域があるよね。 私は島の生まれで、なるべく地元に近い雰囲気の所で勉強ができたら、 ストレスとかも感じずに過ごせるかな、と思って。 それで、郊外なんだけど、比較的治安も良いイロイロを選び、WeAcademyを見つけました。 ここが、フィリピン留学エージェントに仲介をしてもらわないと入学ができない学校だったんです。 それで、仲介してくれるエージェントを探していたら、フィルイングリッシュさんに辿り着きました。

N:私は、フィルイングリッシュさんに出会ってから学校選びだったけれど

MOYOは逆だったんですね。

M:フィルイングリッシュさんのサイトってすごく見やすいから、学校は決まっていたけれど、   他と比較しやすくて、ますますここに入学したいって気持ちが高まりました。

N:洋服はどのくらい持って行きましたか?

丁度、荷造りに勤しんでいるところなのですが、ついつい荷物が増えてしまって…。
M:洋服は、
  • トップスが4着
  • ボトムが4着
  • 運動着とパジャマを一式づつ
持って行きました。

N:え!!そのくらいで足りるんですか?

現地で買い足したりとか?

M:週に4回も洗濯をしてもらえるので、問題なかったです。 アートワークというお店があって、そこで売っているお土産Tシャツが可愛くて、友達とお揃いで買ったりはしました。 あと、海に入る予定、なかったんですけど、結局、現地で買っちゃいました(笑)。 あ、イロイロはそうでもなかったのですが、やっぱりエアコンで、温度差が激しいことがあるので、羽織はマストです。 洋服以外だと、学校内で、教材をいれて持ち運ぶためのトートバッグは買い足しました。 あると便利です。

N:なるほど。シャンプーとかは?

M:それはフィリピンで現地調達。 小分けのパックになったものが10個1セットで、100円くらいで売っていて、それを買っていました。 持ち運びできた方が、週末にお出かけするのに困りません。

N:じゃあ、荷物って結構少なめ…?

M:一週間用サイズのキャリーバッグだったんですけど、もうスッカスカ! 帰りの方がお土産で荷物も増えちゃうので、それで丁度良かったです。

N:フィリピンでの生活はどうでしたか?

M:すごく楽しくて!もう一度行きたい! 30人から40人くらいの学校だったので、みんな仲良しでした。 大体、韓国人と日本人が半々くらいで、台湾人は数人。 食事は韓国の物が中心。 私、辛いのはあまり得意ではないのですが、そんなに苦ではなかったです。 でも、やっぱりキムチはたくさんでてました(笑)。

N:お部屋は?

M:私は、一人部屋にしていました。 その方が気楽かなと思って。 数人で、っていうのも楽しそうですが、生活のリズムが合わないと大変かなと思います。

N:授業時間はどのくらいありましたか?

M:マンツーマン4時間 グループレッスン1時間の、計5時間です。 その方が、復習も自習もちゃんとできて、ノンストレスで勉強に励むことができました。 学校には運動する場所も設けられていて、みんなで卓球をして息抜きを楽しみました。
N:う…私、8時間…。
M:それは…がんばって!!!

N:1日5時間、4ヶ月間、勉強を進めてみて、英語の上達は実感できましたか?

M:私、実は商業高校に通っていたので、英語をちゃんと習ったのは中学までだったんです。 なので、フィリピン留学スタートした頃は、もう、全然。 それがいまでは、日常会話は出来るようになったので、すごい進歩だと思います。 授業時間以外にも、先生が積極的に話しかけてくれて、私もそれに答えようと頑張るので、毎日が勉強でした。

N:フィリピン留学を終えて、日本に戻ってきてからの勉強は捗っていますか?

M:毎日、単語の勉強をしていて、たまにTOEICの長文問題を解いています。 あと、留学先で出会った友達とは、英語で近況報告をしていて、 いまでも交流は続いているので、それもとっても良い勉強です。 フィリピン留学前に比べたら、格段と日々の生活の中で英語に触れる機会が多くなっているので、 これからも頑張っていきたいと思っています。
今回は、
  • 学校選び

  • 持ち物

  • 勉強

について聞きました! 次回は
  • 休日の過ごし方

  • お金のこと

など…おたのしみに(^u^)☆
NON ∵個人ブログhttp://ohta6322.hateblo.jp/archive   セブ島留学JIC学生レポーター:NON    
セブ留学JIC*わたしの英語の成長
2016/06/05

セブ留学JIC*わたしの英語の成長

  こんにちは(●^o^●) フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONです!
先週末は、フィリピンで過ごすことのできる最後の週末だったので バンタヤン島に旅行にいってきました!(卒業旅行!わー!)
天国でした。
海はとても穏やかで澄んでいて、とても綺麗で 真っ白な砂浜で、他の旅行客とビーチバレーを楽しみ、 バイクに乗って地元のマーケットまで買い物に出掛け、 ホテルのキッチンでディナーをつくり、 ビーチでキャンプファイヤーを囲み、 船でバージンアイランドまで行きのんびり過ごしました。
2ヶ月間のなかで、様々なところへ出かけましたが バンタヤン島を1番におすすめしたいです。 強く、強く、おすすめしたい! 生きながら天国に行ってみてください。
さて、以前卒業式について レポートでお伝えした通り、 わたしの卒業式も木曜日に行われました。
この日は15人近くの留学生が卒業を控えており、 さらにパフォーマンス数がかなり多く楽しい会となりました。
わたしも最後の思い出にと、歌とラインダンスに挑戦!
使用した曲は『What’s I’ve looking for
卒業生は最後の週の時間を自由に使うことが可能なので (通常は、授業時間の外出は禁止です。 また、80パーセント以上欠席をすると マンツーマン授業を減らされるというペナリティーも) 何時間かを練習にあてて用意しました! 歌は間違えてしまったものの(;O;)、ダンスは大成功。 思い出を最後にひとつ増やすことができとてもうれしかったです。
さて、卒業式といえば卒業証書。

卒業証書といえば、レベルテストの結果!

卒業証書には、卒業前に最後に受けたテスト結果で決められたレベルが 印字されています。
わたしの最終レベルは・・・
INTERMEDIATE!!!
以下がわたしのテストの結果です。

【入学時のレベルテスト】

リスニング  10/20点 グラマー    7/25点 リーディング  7/15点 ライティング  4/10点 スピーキング 12/30点 合計     40/100点

【最後のレベルテスト】

リスニング  13/20点 グラマー    9/25点 リーディング 13/15点 ライティング  6/10点 スピーキング 19/30点 合計     60/100点
それぞれの分野が得点アップしたことで 全体として20点アップ
レベルは10点ごとにレベル分けがされているので Uper Basic から Intermediate になりました(●^o^●)
▲テスト結果が返ってきた日。 真っ先に先生に報告して泣いて喜びました。 先生たちも自分の生徒の感想をそわそわしながら待っています。
テストからも英語力の成長は分かりますが 日常生活での実感もあり、それはわたしにとっての確かな自信になっています。
最初の週は先生や友達の言うことが理解できないことがあり 自分の発言を頭の中で文章を組み立ててからしか発言することができませんでした。
いまでは、先生の言うことは9割は理解できます。 友達の場合、人によって訛りがひどく理解が困難なことがありますが 日本人や発音の綺麗な韓国人の英語は理解するのに容易いです
スピーキングに関しては、 頭で一旦文章を組み立てる必要がなくなりました。 グラマーの間違いはたくさんあるものの、 基本的な文章の枠組みと日常会話の英単語を使っての会話にはすっかり慣れています。
最後の授業の日、『SPEAK YOUR MIND』を使っての授業中に 突然自分の英語力の成長をじみじみと感じ、嬉しくて 「ねえ、今、わたし英語を話しているよね?」と先生に尋ねると 笑われました。
わたしの問題は発音とイントネーションだったのですが、 文章を頭のなかで作る という作業が省くことが可能になったことにより リズムが生まれ、自然な英会話にすこしづつですが近づいています。 これは慣れが一番だと思うので、この状態を日本でも保てるように JICで出会ったともだちと互いに英語で話す機会を たくさん設けていきたいと思っています。
JICは都会のど真ん中ではありませんが SMモールやいくつかのレストランに囲まれ程良く娯楽を生活に取り入れることができ リフレッシュと勉強のバランスがうまくとれて 2ヶ月間ストレスなく集中し、たのしみながら勉強に取り組めました。 また、忘れられない出会いもたくさんありました。
JIC 英語スクールをわたしに勧めてくれた 留学エージェントのフィルイングリッシュさんにこころから感謝しています。 こんなにもわたしにぴったりな学校を、たくさんのなかから推薦してくれたなんて 今思えばすごいことです。
留学は、決して安くない自己投資。 とことん満足するにはプロの意見も必要不可欠と改めて思いました。
 
NON 個人ブログ▼http://ohta6322.hateblo.jp/archive   フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONでした!
セブ留学JIC*教科書について
2016/06/05

セブ留学JIC*教科書について

  こんにちは(●^o^●) フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONです!
JICでの2ヶ月間の語学留学を終えて、本日 無事に帰国いたしました
▲卒業式はパフォーマンス盛りだくさんの楽しいものとなりました♪
それとともにレポーター活動の期間も終了ですが、 まだ皆さんにお伝えしたい情報がありますので もうしばらくお付き合いいただければうれしいですっ!

さて、今回は教科書についてのレポートです。

マンツーマンクラスは基本的に自由で 先生と話し合い、内容を決めていきます。
それによって教科書も変わるわけです。
教科書は1冊250ペソから450ペソほど。 私は、3冊購入し、2冊は友達とシェア、その他に 友達がいらなくなったものを譲ってもらい使用することもありました。
また、私は2カ月の滞在で、全てを最後までとうせるか分からなかったので (フリートークが盛り上がり教科書を開かない日もあるのです!) 1冊を前半と後半に分け、ふたりの先生に対して1冊を使いまわしていました。
 
今回はわたしが実際に使用していたなかから 2冊をご紹介します。

まず、1冊目『TALK TALK TALK

教科書のタイトルの通り、 とにかく話せ!話しまくれ!と嗾けてくるような教科書です(笑)
6ページづつにテーマがあり、 短いストーリーと、
▲この回では「どのように自分の夢を表現するか」についての例文が。
更にたくさんの質問が用意されています。
▲ How to が使われた例文を疑問形に変換する練習をします! そのほかにも WHAT ,WHY,WHEN...回によって 学習する疑問形は変わります。
それらの質問にも、ひとつの文法が決まって使用されていて それの使い方を知るために たくさんの質問が用意されているわけです。
ページを追うごとに、質問の難易度はあがり なかには、短い例文を応用して自分が質問を用意する回もあります。
こちらの教科書はベーシックから中級までたくさんの人が使用していて ほとんど皆もっている教科書。 実用性が高く、先生とお互いのことを知るのにもぴったり。

2冊目は『SPEAK YOUR MIND

こちらは少しベーシックには難しく 予習必須の1冊です。
▲このページは携帯電話が与える影響について。
テーマに沿って、例文が用意されており、 それに対しての質問、 更にテーマに関する自分自身に向けられる質問が用意されています。
テーマは喫煙、ダイエット、幸せ、お金…などなど。 社会的テーマや家族のことなどに対して 自分を表現することになるので、実用的な英単語の新規獲得にはもってこい。
さらに、こちらの教科書、全ての質問に対して 例文回答が掲載されています。
授業で、例文回答まで扱う余裕はなかったのでとばしてはいましたが リーディングの勉強になるので自習にも使えます。
教科書の種類はとにかくたくさん! 今回ご紹介した2冊はわたしのおすすめです。
入学して1週目にそれぞれの先生とどのように学習を進めるか決めていくと思うので それと同時に 先に入学していた人に積極的におすすめを聞きましょう!
自分に合う教科書を知ることが成長の大きな鍵です。
NON 個人ブログ▼http://ohta6322.hateblo.jp/archive   フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONでした!
セブ留学JIC*先生へインタビュー!
2016/05/26

セブ留学JIC*先生へインタビュー!

こんにちは! フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONです(*^_^*)

今回は、わたしのマンツーマン授業の先生であるLODYに インタビューをした模様をお届けします♪

LODYは五週目からわたしの4限目を担当している先生です。

年はわたしと同じく今年で23歳! (JICには若い先生がたくさんいらっしゃいます。 大学を卒業したての19歳の先生も珍しくありません。) いつもにこにこ、とっても優しい先生なのです。
私;どのくらいの期間、先生をしていますか。
先生;わたしはJICが2校目で、トータルで7ヶ月間、学校で教えています。
私;先生を目指したのはいつのことですか。
先生;大学を選ぶときに、教育を学ぶ道を選びました。本当は看護師になりたかったんですけど、色々と問題があって、そちらには進学できませんでした。叔母の勧めで、教育について学ぶことにしました。そのなかでも、わたしの専攻は幼児教育です。幼児教育は全ての科目を勉強するので大変でしたね。でも、こどもたちは本当に可愛くて、先生、先生って。この道を選んで良かったなって思いました。
私;日本でも、小学校ではひとりの先生が全ての教科を教えています。同じなんですね。JICの留学生はほとんどが大人ですが、どちらに教える方がすきですか。
 
先生;どちらも違った楽しさがあるので、選べないです。
私;先生になってからいままで、困難はありましたか。
先生;うーん・・ないです(笑)
私;それはよかった(笑)JICでうれしかったことはなんですか。
 
先生;先月、オフィスに突然呼ばれて、身に覚えがなかったので、すごく不安に思いながら行きました。そしたら、ケーキを用意してくれていたんです!これには驚きました。
私;先生に対しても優しい学校なんですね。留学生との出来事ではどうですか。
先生;わたしが教えたことをきちんと理解してくれたって実感できたときが一番うれしいです。
私;先生は生徒とどんなことを勉強していますか。
先生;色々です。ベトナムの子とは、発音矯正を。韓国の子とは、リーディング。でもほとんどの生徒とスピーキングをしています。おしゃべりがすきなんです。
私;もし、わたしが、マンツーマンクラスを変えようかと迷っているとします。そんなわたしに先生自身をおすすめしてください!
 
先生;わたしはいつでもベストを尽くして、あなたと一緒に勉強します。わたしのクラスを選んでください。・・・恥ずかしい。
私;JICをおすすめするとしたら、どのようなポイントをあげますか。
 
先生;優秀な先生がたくさんいるところです。
私;英語が全く分からない状態でここへやってきた留学生に、どのようなに指導しますか。
 
先生;文法からはいっても、難しいかと思うので・・・まずは日常的に使う単語を根気強く何度も繰り返して、実際のものとその単語がつながるようにたくさんの例文を与えます。それで英語に慣れてもらいます。
私;では、日本で、英語を勉強したいけど全く分からないという人にはどのようなアドバイスを送りますか。
先生;とにかく生活の中で英語に触れる機会をたくさんもつこと。映画を観て、洋楽を聴いて、本を読んでみて・・・最初はそれが大事だと思います。
私;ありがとうございました!
JICには個性的な先生がたくさんいます(*^_^*) どの先生との授業も違った良さがあってとてもたのしいです。 卒業後も先生とは友達としてずっと関係を保てたらな、と思います。 セブ留学は語学力の成長だけが魅力じゃありません。 留学エージェントのフィルイングリッシュのサイトは、すてきなたくさんの出会いに繋がっています。
NON 個人ブログ▼http://ohta6322.hateblo.jp/archive   フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONでした(*^_^*)
セブ留学JIC*レベルテストについて
2016/05/26

セブ留学JIC*レベルテストについて

こんにちは!
フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONです(*^_^*)
セブは6月から雨季となりますが(日本と一緒!) その訪れを感じさせるかのごとく 最近、雨が続いていて、ちょっぴりげんなりしています( ..)
涼しくなるのは嬉しいことですが 恒例のズンバがお休みになってしまうのはとってもさびしい! わたしがいる間すこしでも 晴れの日が多ければいいなあ、と願っています。
img_7685
▲ズンバは毎週駐車場で行われます。

さて!きょうはJIC全留学生にとってのビッグイベントがありました! そう!月に一度のレベルテストです!!!!

毎日毎日、英語と触れ合っているので 成長していることは間違いないのですが 自分ではなかなか実感することが難しく時には不安になります。
その不安をぶつけるのがレベルテスト!!!
 
前回のレベルテストでは、点数はあがっていたものの、 レベル自体はあがっていなくて すごくへこんでしまったので 今回は緊張感をもって臨みました。
JICのレベルテストでは、 スピーキング リスニング ライティング リーディング グラマー 英語に必要な全てのスキルが問われます。
img_0853
JICは留学生が約100人のスクールなので 留学生は午前の部と午後の部に分けられてテストを受けます。
当日、スケジュールが張り出されるので それに従ってテストを受けます。
img_0852
はじめにリスニング。 その後にグラマー、リーディング、ライティングの問題が続きます。 時間配分に気を付けなければいけません! 「ライティングにたどりつけなかった・・」という人は結構います。
 
このテスト、形式は入学時に受けるレベルテストと同じで TOEICに似ています。 問題の難易度はその都度変わりますが 全体的に難しめで 70点以上獲得できれば確実にトップ3にはいれます。
この時間内で、ひとりひとりスピーキングのテストをするのは難しいので スピーキングのみ、マンツーマンクラスで実施されます。
レベルテストの前後の日に、ヘッドティーチャーが 突然、マンツーマンクラスにやってきます。 (このスケジュールを知ることはできません)
そして、そのときのマンツーマンの先生へヘッドティーチャーから 問題が書かれた紙が手渡され、 わたしたちはマンツーマンの先生から出題される形になります。 (前回は、ヘッドティーチャーからでしたが、今回から形式が変わりました)
問題は3問。 これは、ペーパーテストと違い、レベルによって問題が変わります。
今回、わたしはつぎの3つの問題を与えられました。 ●あなたが新しい仕事をみつけるとしたら、なにがいいですか。 ●あなたは雇われたいですか、それとも個人で働きたいですか。 ●あなたは外国で働きたいですか。
問題は2回だけ読み上げられます。 制限は特にないので、自分の思ったことをそのまま言います。
他の人はコンピューターについてや、携帯電話の契約についた 問題がだされたそうです・・む、むずかしい・・・!
全てのテストが終わって数日して 点数の紙を受け取ることができます。
それと同時に、今回のテストで高得点を獲得したトップ10の名前も 貼りだされるのです!
名前があった人は皆から口々に賞賛されていました。 わたしもいつか・・!とは思いつつ、これが最後のレベルテストだったので( ..)
数日後、果たして、泣いているのか、笑っているのか、 乞うご期待!
img_0999-1
▲テスト後のお出かけは一段とたのしいです(●^o^●) 先生と一緒に!
NON 個人ブログ▼http://ohta6322.hateblo.jp/archive   フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONでした(*^_^*)
セブ留学JIC*ボキャブラリーテストとイベントについて
2016/05/22

セブ留学JIC*ボキャブラリーテストとイベントについて

こんにちは!
フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONです(*^_^*)
そういえば、昨晩はすごい雨でした。 バケツをひっくり返した、というよりも、学校が滝の中に突っ込んだかのような雨。 雨季はまだなので晴れの日ばかりで、久しぶりの大雨に驚きました。 今朝は、すこしですが地震も感じました。 丁度、わたしがセブへきた最初の週に熊本震災がありました。 これを読んでいる方の中にも被災された方がいらっしゃるのでしょうか。 フィリピンも、日本も、安全であることを願わずにいられません。
さて、JIC英語スクールでは、朝食を7時から8時の間に摂ることが可能です。
  わたしは、毎朝7時には食堂に行って、15分後には図書館に座っています。 なぜかというと、毎朝7時30分からボキャブラリーテストがあるからです!
 
ボキャブラリーテストのレベルは3段階。 自分のレベルに合わせて、挑戦します。 わたしは最近、初級から中級にレベルアップしました!嬉しい~!
▲初級のテスト。選択肢は簡単だけれど・・・
テストはボキャブラリーのテキストブックをもとにつくられていて 全部で25問。 問題が、その単語の意味となっていて、 正直、その単語よりもずっと、問題分で使われる単語の方が難しい! 毎日たくさん間違えて、何度も意味を確認しなおし、 確実に理解して点がとれるものを増やしていきます。
▲教科書のページはこんな感じ。
▲後半になるほど単語の難易度はアップ!
ひとりひとり、マンツーマンの先生のなかにボキャブラリー担当の先生が決まっていて その先生の授業時間にテストは返却されます。 間違っているところを確認したり、単語を使ってセンテンスつくりをしたり、 例文を繰り返し読むことで、発音の確認をしたり・・・。
わたしは、最初の頃は、答え合わせ後に音読をして発音を確認していましたが ボキャブラリーは暗記分野で自分で勉強できる、と2週目で結論付け いまは、答え合わせのみ先生にお願いし、それ以外の時間はスピーキングにあてています。 それも自分次第です♪
ボキャブラリーテストでの成果を試す新しいイベントが 先々週にJIC英語スクールに登場しました!
 
その名も「Spelling Bee」!!!!
先生が発音した単語を聞き取って、いち早く正しいスペリングを ホワイトボードに書けたチームがポイントを獲得し、 そのポイント数で競う、というシンプルなもの。
せっかくだから、思い出づくりにいいよね、ということで 友人と挑戦したところ・・
なんと優勝!!! 初代チャンピオンです!!!わー!!!
ふたり1組でエントリー。 出場は全部で12組、それが2パートに分かれて対決しました。
今回が初めての開催でしたが、今後も続いていくようです。 次はだれが、どこの国の留学生が優勝するのかたのしみ!
JICで定期的に行われるイベントといえば、ズンバ!!! 週に2回、月曜日と水曜日の放課後に、駐車場で行われます。
これがとってもいい息抜きになるんです。 動きは簡単だけれど、かなりハードなダンスを1時間みっちりするので 終わったころには汗でびしょびしょです。
ズンバのお手本は、JICの先生。 とってもかっこいい! 授業以外で交流をもてる良い機会でもあります。
NON 個人ブログ▼http://ohta6322.hateblo.jp/archive   フィリピン セブ留学JIC学生レポーターのNONでした。
  / 3
JICセブはこのような方に好まれます
2017/05/11

JICセブはこのような方に好まれます

洗練された講師陣から指導を受けたい方

JICの講師陣は7割以上が2年以上のベテランです。講師歴2年以内のキャリアが中心のフィリピン語学学校の中でCIJのキャリア構成は出色です。初級者はもちろんの事上級者も安心して安定した指導レベルの授業を受けられます。

スピーキング力を強化されたい方

JICのカリキュラムはマンツーマン授業中心でスピーキング力アップを強調いたします。受講科目内容の変更は柔軟で、留学生は講師やマネージメントと学習方向性などを相談し、自分が強化したい科目でプログラムを構成できます。

ボランティアを楽しみたい方

JICの隣にあるマボロ教会毎週日曜日ボランティア活動を主催しております。参加自由ですがJICのマネージメントや学生がよく参加します。その他土曜日にマネージメントと学生で小旅行に出かける定期イベントがあります。アウトドアを好む方、活発な方にむいております。

セブで廉価な留学を実現されたい方

JICは基本学費が安い学校ですが6人部屋ですと恐らくセブでは最廉価に属します。セブで良質で廉価な留学を実現されたい方に推薦できます。

快適なWeb環境をお求めになりたい方

セブはWebインフラ状況があまり整ってない地域です。全般的につながりはよくありませんが、JICはたくさんのルーターを配置作動する工夫をしているのでネット環境は悪くありません。  

留意点

どちらかというとスピーキング力アップに強い学校です。英語の基礎を鍛えて英語の全体力を上げる方向性ではありません。  
JIC 最新ニュース
2017/05/02

JIC 最新ニュース

セブにあるJIC語学スクールでは、「学生を拘束せず、自律学習の雰囲気を導く」という運営方式をとっています。門限(平日23時まで)と通常の授業だけは厳守し、その他の部分は、他の留学生の勉強と生活を妨げないのであれば、あまり問題視していません。そのため、JICを選択する多くの方は、個人的な時間と拘束のない留学を希望する方ばかりです。
今回の訪問でも、JICの方針は、それが維持されていることを確認してきました。学校の雰囲気をより良くするために、いくつか努力している部分も見受けられました。本記事にてここ最近のJICのニュースをお伝えします。
まず始めに、出席率の監視が強化されていた点です。各フロアごとにWatcherがというスタッフが配置され、指定された授業開始後に教師や学生が不必要な移動をしていないか見張っていました。また授業開始のベルが鳴ってから5分以内には、講師も生徒も教室に入室する必要があります。ベルが鳴ってから5分以内に入室しない講師や学生にはペナルティが設けられます。学校側が正規の授業は規則正しくしようという雰囲気が感じられました。

Watcher(管理スタッフ)

フィリピン留学の業界では何年か前までは、授業中の教師が時計を頻繁に見たり、トイレに頻繁に行為などが見受けられ、フィリピン留学全体に悪いイメージを植え付けていたが事実でした。ただし、現在のJIC語学スクールでは、正規の授業への監視を強化しています。Watcher(上記の写真)は授業が無い教師が引き受け、授業中の学生、教師のトイレ移動などを最大限自制して的確な授業管理をしています。また、トイレに行く教師はノートに記入しなければならず、何度もトイレに行く様な教師は、Watcherと相談する必要がまずはあります。
次に、毎日の単語のテストは義務的に参加しなければいけません。午後19時30分から30分間行われます。
次に、自習室は24時間開放しており、学生は空いている時間や、夕食後に主に利用しています。一部の学生は早朝4~5時から利用する場合もあります。
自習室の全ての席は自由席となっておりますが、使用する際は必ず学生証を取り付ける必要があります。また、外出する学生は、IDを警備室に渡す必要があります。尚且つ、図書室を利用し、退出する場合は自分の荷物を持って出なくてはいけません。
次に、小グループグラスのTEDの講義が新設されました。TEDの授業は有名人の短い訴える力のあるスピーチを抜き取り、これに対して議論する授業です。
TEDの講義の様子。カナダの教師が行い、英語中級者から参加可能です。
JICはキャリア講師層が厚いことで有名です。過去5年間 JICの教師に対して不満を感じた学生はほとんどいないくらいです。施設はそれほど最新ではないですが、安価な授業料で質の良い授業を受けられることは利点です。
次に、安定したインターネット環境を提供しています。インターネットの専用回線を学生に提供する学校は、セブ地域ではJIC、SMEAG。クラークではCIP。バギオではMONOLだけです。
次に宿泊施設は6人部屋が最も早く埋まってしまいます。JICの4、6人部屋はセブのエリアでは手頃な価格で留学が可能なので、6人部屋のタイプが最も早く予約されます。
部屋を見せて欲しくて、現在使用している部屋に突然入らせていただきました。取材した部屋は男の2人部屋です。飾らないそのままの姿です。風がよく入ってきて、エアコンなしで、扇風機のみの生活が可能という印象を受けました。
清掃業務を担当する10年のベテランのAurin。清潔に誠心誠意掃除をしており、特に女子生徒からは卒業時に感謝の手紙を沢山受け取っているようです。
最近の日本人の割合は、35%ですが、6~7月には25%台に減る予定だそうです。今年は25%をそのまま維持する予定で、その他の国籍は、韓国35~40%、台湾10%、ベトナム5~10%です。学生ケアを行う日本人マネージャーは、現在2人います。今後も良いサポートと更なる発展を期待できるかと思います。
学生に自由を、英語スクールはサポートを!(セブJIC最新ニュース)
2017/02/26

学生に自由を、英語スクールはサポートを!(セブJIC最新ニュース)

  セブ・JIC英語スクールのサービスや学習プログラムに今のところ目立った変化はありません。JICは“学生に自由なルールと時間を与え、英語スクール側はそのサポートをする”というポリシーがあります。最近、セブエリアの英語スクールが学習強度を高めるために長時間の義務学習や厳しいルールをおくようになりましたが、JICはポリシーを今も変えずに運営をしています。   ただし、留学生に全く英語学習をさせないというわけではありません。JITはあくまでも、サポートをすることにポイントをおき、留学生の方が自ら進んで英語学習をすることを支えてくれます。そのために、英語スクールの環境作りやアフターケアに力を入れているのです。最近、JICには学生達が独自に3つのグループを作りました。   1つ目のグループは、「EOPグループ」です。英語だけを使って留学生活をすることを目標にしたメンバーが集まっています。JIC英語スクールはそんな彼らのために、IDを作りEOPのメンバーが英語を使っているかどうか、監視をしてくれます。   2つ目のグループは、「基礎英語グループ」です。日本人の留学生の方がメインで活動されており、英語レベルの高い学生が交代で基礎文法の講義を行なっています。JIC側から許可をもらえば教室の貸し出しも行っております。   3つ目のグループは、「勉強会グループ」です。放課後の時間を利用して、JICのフィリピン人講師と留学生が一緒になって英語について深く研究したり、学習方法をお互いにシェアしたりしています。   学生の自主的な活動をサポートすることが、JICの学習プログラムの大きな魅力ではないでしょうか。   厳しいルールを学校側が作り、留学生が守ることができなかったら、ペナルティーを与える、最近のフィリピン英語スクールにはそんな雰囲気が漂っています。しかし、その中でも、JICは学生に自由を与え、留学生自ら勉強していくというスタイルを維持しています。   このスタイルをJICが維持できるのは、YUMIマネージャーの存在が大きいと思います。ここ3年間、YUMIマネージャーの留学生に対しての熱心なサポートは多くの学生の心に響き、留学期間の延長や再入学といった留学生が後をたちません。YUMIさんがいるからJICに入学を決めたという方は少なくはないでしょう。   皆さんの英語スクール選びの参考までに、最近のJICにおける留学生の国籍割合をお伝えします。韓国人留学生が約50%、日本人留学生は約25〜30%、ベトナム/台湾/中国人留学生が約20%在籍しています。この割合はほぼ平均的なフィリピン英語スクールといえるでしょう。   最後にJIC英語スクールの周辺情報です。放課後にお出かけをされるなら、最も近いSMショッピングモール(徒歩7分)、ITパーク、アヤラショッピングモールなどがあります。最近の留学生の皆さんのトレンドは、ショッピングモールではなく、おいしいレストランを探しながら散歩することだそうです。JICはセブのど真ん中に位置しているので、どこ行くにもアクセスが便利です。タクシーに乗って10分で、ほとんどの場所にアクセスできます。      
JIC Cebu初日のスケジュール
2016/10/29

JIC Cebu初日のスケジュール

JIC Cebu における新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。   【月曜日オリエンテーションスケジュール】
時間 内容
8:00 ~ レベル分けテスト (文法、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)
10:00 ~ 12:00 オリエンテーション:学校規定、留学に関する情報
12:00 ~ 昼食
13:00 ~ 授業開始

※新入生が10人以下の場合には、13時より通常の授業を開始させていただきます。 ※新入生が10人以上の場合には、授業開始時刻に変更がある場合がございます。

【火曜日オリエンテーションスケジュール】

時間 内容
7:00 ~ 8:00 朝食
7:30 ~ 7:50 単語テスト
8:00 ~ 授業開始
JIC 6人部屋解禁!!
2016/04/01

JIC 6人部屋解禁!!

セブに位置する英語学校の中で最も安価な学費で留学が可能な学校の一つである英語学校JICの最新情報をお伝えいたします。JICに関しては、留学生へのサポート力や講師の質もよく多くの卒業生達が満足して卒業していきました。 そんな、費用だけでなく総合的な評価でも定評のあるJICにて5月中句から、6人部屋が解禁される事が発表されました。今までは4人部屋タイプが最も安価な費用でしたが6人部屋が解禁される事により更にお得な費用でJICに留学する事が可能となりました。 上記の件でご質問や詳細等をお聞きしたい場合は、弊社留学カウンセラーにお問い合わせ頂けると幸いです。
JIC 初日の日程
2015/08/13

JIC 初日の日程

[留学最初の週の月曜日の日程]

*2015年8月からフィリピン英語スクールJICに留学した後の初日(月曜日)の日程が変更されました。内容は以下の通りです。 1、初日のオリエンテーション終了後に現地費用であるSSP、VISA、ACR-ICard等のお支払の為に円やドルをオフィスで両替しそのままオフィスでお支払して頂きます。 2、銀行に行く必要のある学生は13時からCITI BANKに現地スタッフがご案内してくれいます。 3、以前まではアヤラモール(ショッピングモール)で行っていたビザ関連の取得の為に必要になる写真撮影を学校で100ペソにて行う事が出来る様になりました。また、以前まではアヤラモールでご購入する必要があったティッシュ、コップ、ビーチサンダル等の生活必需品は学校の売店で購入可能になりました。 4.1~2週間の短期留学生は月曜日の午前中にレベルテストと簡単なオリエンテーションを受ける事に寄り午後から正規授業に参加する事も出来ます。(ただし、担当のカウンセラーに月曜日から授業を受講したい事をお伝えして頂く様にお願いいたします。) 月曜日のスケジュール詳細 07:00 - 08:00 朝食 08:00 - 09:50 Level test ( reading ,listening,speaking ) 10:00 - 11:30 オリエンテーション 11:30 - 12:00 お支払い ( SSP,VISA、ACR ) 12:00 - 13:00 昼食 13:00 - 14:00 City Bank 14:00 - 14:50 写真撮影 および 自己紹介 (講師1) 15:00 - 15:50 授業 ( 講師2) 16:00 - 16:50 授業 ( 講師3) 17:00 - 17:50 ズンバアクティビティ ( 任意 ) 17:30 - 18:30 夕食
JIC プチ訪問記♪
2015/05/23

JIC プチ訪問記♪

こんにちは、フィルイングリッシュの高居です。弊社フィルイングリッシュのスタッフは先日にセブ市内にあり、生徒の学習自由度が高い英語教育学習施設として有名なJICに訪問させて頂く機会に恵まれました。以下プチ訪問記になります。 JICは、フィリピンセブの中でもの中でも最も安価な学費で留学が出来るスクールの一つでもあります。ただ学費が安価なだけでなく英語初心者の方に向いているバラエティ溢れる数々のコースと5年以上滞在している多くのベテラン講師が提供する高レベルの授業が在籍している留学生達に非常に人気です。 訪問した際の印象としては、在籍している学生のと講師陣の仲が良い為か生徒達は授業中だけでなく休憩時間に際も気軽に授業内容や勉強方法などに関して気軽に質問をしているのを何度か見かける程です。また講師の方からも学生に何か質問があればいつでも聞きに来てくださいと普段から留学生達には伝えてるとの事です。 毎朝行われるボキャブラリーテストや多少タイトなカリキュラムの為、生徒の自由を尊重しながらも、レベルの高い学習雰囲気を提供している珍しい英語教育学習施設です。 安価な学費で学習自由度と講師陣のレベルの高さを求める場合は、JICがおすすめとなっております   e382b3e383a1e383b3e38388e794a81 e382b3e383a1e383b3e38388e794a84 授業様子&訪問時の校長先生と日本人マネージャーとの写真
JIC ライブラリマネージャー運営
2013/12/30

JIC ライブラリマネージャー運営

セブのJICは、自習室の効果的な運営のために「ライブラリマネージャー」制度を運営しています。平日の午前8時から午後5時まで、自習室の学習雰囲気作り、監視をしています。また、自習の際に分からないことがあったら、監視している講師に直接質問することも出来ます。
dsc079061
  / 1

よく読まれている留学体験記

・【フィリピン留学卒業生コラム】 フィリピン留学で人生が変わった人たち

【フィリピン留学卒業生コラム】 フィリピン留学で人生が変わった人たち 記事作成日:2017年6月20日 「フィリピン留学に行くと人生が変わる」 これはフィリピン留学に行った人たちがひそかに口にすることです。 どーも、フィルイングリッシュの卒業生の千田です。 前回は「フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!!」で衝撃デビューを飾らせていただきました。(衝撃かどうかはまったくの主観なのでご了承ください) フィリピン留学に行く人の目的は様々。 ちょっと英語がしゃべれるようになりたい 「交換留学前のTOEFL、IELTSの点数ゲット」 「就職活動でTOEIC800点が必要」 「外資系に就職したい」 「海外で活躍したい」 「世界中を旅行したい」 「外国人の彼女がほしい」 こんな感じで「英語の向上」をベースに人生を変えようとしている人が多いと思います。 もちろん、旅行がてら行くという人も増えていることでしょう。 今回は、フィリピン留学のもっと深いところに切り込みます。 そう、フィリピン留学はもっと深いんです(笑) それが今回のメッセージです。 もっとわかりやすく言えば、英語の向上だけがフィリピン留学ではないということです。 僕の周りにいる人のフィリピン留学で人生が変わった人たちの体験談をもとにして、 フィリピン留学で人生がどう変わるのかをまとめてみました! フィリピン留学の体験談は浅すぎる! すみません、いきなり批判的で。 フィリピン留学の体験談を見ていると、 「TOEICが300点伸びました!」とか、 「交換留学できました!」とか、 「○○の語学学校はカリキュラムがしっかりしていました!」 「ご飯が美味しかったです。」 英語伸びました系、英語学習系の体験談が多いわけです。 もちろん、それはそれで素晴らしい体験談に違いはないですし、 フィリピン留学の体験談を読む人は、まずは「どの程度英語が伸びるのか」「学校はしっかりしているのか」に興味を持つであろうことを考えると、役に立つ読み物ではあるはずです。 しかし、僕はここに一石を投じたい! 浅い!と言いたいのです。 英語の向上はスキルの話であって、大事なのは留学でその人の人生がどう変わったのかを知りたいですよね。 繰り返しますが、英語の向上はフィリピン留学の一部分に過ぎないです。 こういう留学体験談を投稿している人も、もっと良い体験をしてるはずです。 でも自分の人生がどう変わったかなんて体験談で言うのは、恥ずかしいことだという風潮があるらしく、あまり表に出てきてないだけなんですね。 フィリピン留学の実態! 本当の体験談 実際、フィリピン留学に行った人の生の声を聞くと、 もっとエグーイ、いや深いでしたね、 そう深い話が出てくるんです。 それを紹介したいんですね。 本当に深いかは保証できませんが、僕の知人の例から挙げましょう。 彼らの特徴は、もともとは英語がそこまでできるわけでもなく、とりわけ優秀でもなかったということです。 そして勘違いして頂きたくないのが、「僕の知人がすごいぜ!」ということを言いたいわけではなく、こういう事例がフィリピン留学のスタンダードであり、それが真実であるということを伝えたいということですね。 世界を飛び回るボランティア人 フィリピン留学当初は英語がほとんど話せかったY君。 大学生だったのでフィリピン留学前にある程度の文法と単語の知識は持っていましたが。。 でもフィリピン留学を何度も繰り返し(いくつもの学校を渡り歩き)、英語を必死に勉強していました。 留学後には、ボランティアとしてフィリピンの公立学校で英語の先生体験をするなど、世界をまたいでボランティアを行う青年へと成長を遂げました。 ちょうど今週来た報告だと、英語とITの教育を展開する会社に就職が決まったとの事。 大学での専攻とは関係なく、というよりそれを乗り越えた夢につながったのです。 彼のような人が社会を変えていくんでしょうね。 […]

・フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!!

フィリピン英語留学前に、日本でやっておきたかった英語勉強5選!! 「日本での英語勉強は何をしたら良いのだろう?」 フィリピン英語留学に行くことが決まった、もしくは検討している人であれば、必ず考えることではないでしょうか。 はじめまして、僕は3年前にフィリピン留学を経験したフィルイングリッシュの卒業生、千田と申します。 簡単に本記事に関する僕の情報をまとめますと、 職業:大学生 フィリピン留学前の英語レベル:おそらくTOEIC500点レベル? 英語留学経験:無し 得意:英文法、英単語の知識は比較的持ってる方 苦手:スピーキング、リスニング こんな感じの超普通の大学生の英語レベルでした。 フィリピン英語留学に行ってみて、実際に勉強しておけばよかったことがたくさんありました。 周りの友人ももっと日本で英語の勉強をしておけばよかったと後悔している人も多かったのが印象的でした。 英語の勉強ってほんとにいろんな方法があって何をすればよいかわからないですよね。 これからフィリピン留学に行く人には、そんな後悔をしてほしくないので、今回は冒頭の問いに対して実際の体験談と周りの声を踏まえて、フィリピンに行く前に日本でやっておきたかった英語勉強について共有していきたいと思います。 目次 1. フィリピン英語留学で苦労したこと 2. 英語の基礎体力を作る 3. 英単語 4. 英文法 5. 英語脳を作る 6. リスニング 7. 瞬間英作文 8. オンライン英会話 9. 英語勉強の計画を立てて、後悔のない英語留学を! フィリピン英語留学で苦労したこと フィリピンに行ったばかりの頃、僕自身2週間は苦労しました。 それ以降はもう楽しくて仕方なかったのですが、苦労した原因を探ると、 英語が聞き取れない→圧倒的なリスニング力不足と、 英語が出てこない→英語のアウトプット不足 が原因だとわかりました。 フィリピンでの英語授業は基本的にフィリピン人講師による、全てが英語で行われます。 使う教材も英語、説明も英語。 つまり、英語がある程度は、わかる、聞ける、話せる状態でないと、 マンツーマン授業でフィリピン人の先生が何を言っているかわからない グループ授業で生徒が言っていることがわからない 教材に書いてあることがわからない 自分の言いたいことが全く伝わらず授業が進まない といったことが起きてしまうわけです。 ※もちろんアルファベットからの超初心者クラスもありますが、 折角受験英語まで勉強した経験がある方には下準備にちょっと時間をかけるだけで効果が全然違ってくるんです! 僕の場合、TOEIC500点程度の英単語・英文法は知っていたので、教材の内容や授業の内容自体は理解できたのですが、 先生が言っていること、生徒が言っていること、これが2週間は掴めずにいました。 伝えられることも、単語の羅列がほとんどで、ネイティブの赤ちゃんレベルだったわけです。 どうなることやら…と焦っていたのですが、2週間後には、耳が英語に慣れたせいかだんだんと聞き取れるようになりました。 また同じタイミングで、英文法が瞬時に頭でつながるようになり、英語を聞いて意味で理解し英語で返せるようになってきました。 […]

・【バコロド留学】良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ

【バコロド留学】良く遊び、良く学ぶ留学生の集まるバコロド留学のすすめ   こんにちは。フィルイングリッシュの留学カウンセラー高居です。 私はフィリピン留学の中でも非常にレアなところ、バコロド、イロイロにある語学学校を定期的訪問し、これらの地域への留学を考えている方々のカウンセリングを担当しています。   セブ島、マニラのようなメジャーなところを避け、バコロド留学を検討されている方は、良い意味で個性が強い方、アクティブな方が多いです。また、バコロド留学が選ばれる理由は、英語力に加え本当の意味でのローカルなフィリピンを経験したい方、旅人、日本人が少ない地域を好む方が集まる留学先でもあります。   しかし、バコロド地域はネット上の情報が非常に少なく、バコロドの語学学校を取り扱いしていないエージェントも多いです。そこで本コラムでは、バコロド留学のおすすめ理由、おすすめ対象についてご紹介致します。   バコロド留学がおすすめの5つの理由 1, 留学費用が安い!!   バコロドの語学学校の多くは10~11万、もしくは10万以下で1ヵ月(4週の学費)の留学が可能です。尚且つ、ただ安いだけでなく豊富なマンツーマン授業でカリキュラムが構成されている語学学校がほとんどです。留学先として人気の高いセブ島では平均学費が14~16万。他の国への英語留学に比べたら十分格安ではありますが、セブ島に比べてもバコロド留学は格安な学費設定となります。さらに格安な費用で英語留学したい方におすすめです。 バコロド地域の語学学校の中でも特に人気の高い留学先であるILPでは、コースによって10万以下で留学が出来ますしオールマンツーマンで構成されているカリキュラムが定番です。 >>>バコロド留学人気校ILPの詳細はこちら    2, 安定したフィリピン人講師のレベル!!!   バコロド地域の各語学学校に在籍する講師陣のレベルは、比較的バラツキがなく安定したレベルを保っている傾向にあります。バコロド地域がちょっとした学園都市であること、コールセンター産業が盛んになっている事により、安定したレベルの講師陣を雇いやすい為かと思われます。特にコールセンターで働いた経験のあるフィリピン人講師に関しては、英語の発音、会話の専門トレーニングを受けており、英語レベルが非常に高いのでスピーキング力向上を望む留学生にはうってつけです。   3, 自分のペースで英語を学べる!   大都市とは異なるアットホームな環境が特徴の語学学校が多いバコロド。語学学校だけではなく、地域全体がゆったりとした和やかな空気を醸し出しています。平日の授業終わりには講師や他の学生達と外食や飲みに行くのは当たり前であり、お休みの日には旅行に出かけたりなどもします。授業で学んだ事をプライベートの日常でいっぱい使用出来る環境があります。   そのような特徴から、バコロドには常に机の前で英語勉強を強制的に集中させられるようなスパルタ式の語学学校はりません。自分のベースで楽しく英語を学ぶ事を望む方に向いています。   4, 日本人の留学生が少ないバコロド   日本人にとってバコロド地域は留学先としてマイナーな地域の為に、他地域と比べて日本人留学生が少ないです。語学学校にもよりますが日本人率が学生全体の1割も満たない場合もあります。その様な環境だからこそ外国人の友人を作りやすいですし、何より半強制的に日本語を使用せず英語を使用する事となるので、英語コミュニケーション力を鍛える場としては最高の環境です。   5, ワーキングホリデー前の留学先としておすすめのバコロド留学   実は不思議な事に、他地域に比べてもバコロド留学後、欧米へのワーキングホリデーに行く留学生がたくさんいます。欧米でのワーキングホリデーでお金がかかる為に、フィリピン留学では費用を抑えたいと考えれる方が多いのです。また、語学学校やインターンシップ先に縛られず自由に英語を学んで旅をしたい方々にバコロドが魅力的な選択肢だったと思います。   格安な上に実践的なスピーキング力を鍛える事が出来るバコロド留学は、ワーホリ前の学生さんには本当におすすめです。また、現地にて同じくワーホリを検討している在学生達からワーホリに関しての情報交換もできます。   バコロド留学はこんな方におすすめ 1.アットホームな環境でフィリピン留学したい!!   バコロド地域にほとんど語学学校が十数人から二十数人程の小規模で運営されています。そのため、留学生1人1人に手厚いサポートが可能で、留学生ケアに関して多くの卒業生のお褒めの言葉を戴いております。   また、小さなコミュニティーのため、先生も留学生も学生マネージャーの方もお互いの名前や顔をすぐに覚えやすい。気さくな土地柄と相まって留学生同士や、留学生とフィリピン英語講師の絆が作りやすいです。留学中の悩み事や学習相談などがスタッフや講師に話しやすいので、自分から話しかけることが苦手な方でも温かく受け入れてくれます。大規模の語学学校では受けられない英語学習にプラス@したサービスを求める方には是非おすすめ致します。   2, 豊富なマンツーマン授業を求めるならバコロド留学!!   バコロドの語学学校では、カリキュラムがオールマンツーマン授業、または8~9割マンツーマン授業という個人指導を重点に置いた構成となっています。 通常、すべての授業をマンツーマンで受けようとすると、欧米では中古車が買えるぐらいの費用は掛かりますし、フィリピンの他地域でもスタンダードコースよりは割高な学費設定となってしまいます。しかし、バコロドでは1カ月10~12万以内で提供する留学先がざらにあります。   マンツーマン授業は従来のグループ授業での一番の欠点だった分からないところが分からないまま進むということが全くありません。自分のペースで理解できるまで何度でも聞き返すことができます。つまり、授業を自分でカスタマイズして進めることができるという贅沢な学習カリキュラムなのです。そのマンツーマン授業をすべてのクラスで尚且つ10~12万で提供できるのはフィリピンでもバコロドとイロイロ地域のみです。   3.スピーキングに特化!! […]

・バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ

バギオ留学を生き残れ!本気留学の為のおすすめ観光スポットまとめ フィリピンの中でスパルタ式の語学学校が多いことで有名なバギオ。セブ島やマニラなどの大都市と比べ娯楽が少なく、フィリピンの中でも英語学習に集中したい真面目な留学生がバギオには多く集まる傾向があります。 ただ、いくらバギオで英語勉強を頑張っても週末くらいは適度に気分転換をしたいですよね。今回はバギオで週末楽しめるスポットをご紹介しようと思います。 目次 バギオでショッピングを楽しむ バギオで外食を楽しむ バギオの自然に癒される バギオのおすすめ日帰り旅行先 バギオのおすすめ週末旅行先 1.バギオでショッピングを楽しむ バギオSMモール(SM City Baguio) フィリピン全国チェーンの大型ショッピングモールであるSMモールのバギオ店。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものは全て揃っているのでとっても便利です。SMモールはフィリピン各地域にありますが、どの地域であっても留学生の多くは週末をここで過ごします。 住所:Luneta Hill Drive | Upper Session Road, Baguio, Luzon, Philippines ピュアゴールド(Pure Gold) SMモールよりも規模が小さく価格設定が安めの、フィリピン全土にあるスーパーマーケット。日用品などはほとんど問題なくそろえることが出来ます。フィリピン人も多く利用するため、フィリピンのローカルな雰囲気を感じられるので留学生にも人気です。 バギオナイトマーケット 毎日夜20時頃からオープンするバギオのナイトマーケット。フィリピンや外国から集まった古着や骨董品、B級のグルメが楽しめます。モールよりも数倍安く、本物か定かではないブランド品など、掘り出し物もあり、活気あるディープなフィリピンを味わうことが出来ます。元々はフィリピンの超ローカルな市場ですが、最近はバギオにいる留学生の中にも観光スポットとして人気です。人が多いのでスリに注意しましょう。 2.バギオで外食を楽しむ 日本食レストラン「CHAYA」 日本人の奥様とフィリピン人の旦那さんが経営するバギオで一番有名な日本食レストラン。海鮮丼や手巻き寿司、ざるそば、すき焼きなど日本と同じクオリティの日本食が味わえます。WI-FI、コンセントあり。 フィリピンで日本食を頻繁に食べるとかなりの出費になるので、月に数回の贅沢で行くのがおすすめ。バギオ留学中でも美味しい日本食が食べられる場所があるのは、かなり安心ですよ♪ 住所:72 Legarda Rd, Brgy. Campo Sioco, Baguio, 2600 Benguet 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み) ステーキ屋「TSOKOLATERIA」 バギオでもリーズナブルな価格で、ボリュームのあるフィリピン風のステーキを楽しめるレストラン。肉類以外にもアフタヌーンティーセットやデザート類、ドリンク類も充実。バギオメインストリートであるセッションロード沿いにあるのでアクセスも便利でお勧めです。フィリピンでガッツリ肉を食べたくなったらココ! 住所:Igorot Stairs, Upper Session Rd, Baguio, Benguet, 2600 営業時間:10:00~21:00(年末年始休み) 隠れ家カフェ「OH […]

・セブ島留学がいま激アツな5つの理由

セブ島留学がいま激アツな5つの理由 <この記事は2017年5月26日に更新されました> セブ島留学という言葉はフィリピン留学と同じくらい認知度が高くなりました。 フィリピン留学は地域ごとにメリットやデメリットが異なりますが、その中で多くの人々を魅了しているのがセブ島留学です。セブ島は留学だけでなく観光地としても有名で、欧米人観光客やアジア人留学生で溢れている都市です。 フィリピン留学の中でも、セブ島留学が今“激アツ”と言われる理由とは何なのでしょうか。 それを探るべく、セブ島留学の5つの理由という観点から、セブ島留学の魅力やメリット、さらにはセブ島留学のデメリットまで包み隠さず明らかにしたいと思います。 セブ島留学の激アツな理由は、次の5つです。 メリハリのある学習スタイル 安心できる環境 料金が安い 便利である 多様性がある 理由1:メリハリのある学習スタイル フィリピン英語留学といえば、韓国式の厳しいスタイルとともに発展してきましたバギオ留学では、いまだに平日外出NGのスパルタ式のスタイルが、根強い人気を誇っています。 >>バギオ留学の魅力はこちら 一方で最近のセブ島留学は、リゾート地であることに加えて、平日外出OKなセミスパルタの学校が増えてきている影響もあり、厳しすぎずゆるすぎない、セブ島独自の「メリハリのある学習スタイル」を確立しつつあります。 メリハリのある英語学習は、日本人にとても合ったスタイルで、英語漬けになりながらも無理しすぎず息抜きも兼ねながら、モチベーションを長く保っていけるのが特徴です。 セブ島では良く学び、よく勉強し、よく遊ぶ事ができますが、おおまかにどのようなメリハリ留学ができるのでしょうか。 セブ島留学でのメリハリのある学習スタイルを以下の6つにまとめました。 セブ島留学の代名詞、マンツーマン授業 学んだ英語がすぐ実践できるセブ島留学 スパルタ・セミスパ関係なくメリハリ留学はできる セブ島の2つの顔、シティー&リゾート 世界一語学学校の選択肢が多いセブ島 短期留学で結果を求めるならセブ島留学 6つの理由の詳細については、【セブ島留学は驚くほど日本人の学習スタイルに適している!? 】にまとめてあります。 メリハリ留学の注意点 自己管理が必要 セブ島留学に行くと、日本ではあまり経験することのできない開放感があります。気分もメンタルも盛り上げる上に、充実に遊べる自然や施設、夜遊びも整っていますから誘惑に負けてしまうと遊びに走る恐れがあります。 一部ではありますが、セブ島の留学生の中には本来の目的を忘れてしまい、恋愛、旅行、お酒にハマってしまう人もいます。 その意味でも語学学校選びは大事です。スパルタかセミスパルタか、自己管理力が強い人に合うか弱い人に合うか規則はどれほど厳しいかをしっかりチェックする必要がありますね。 語学学校の選び方は各々の性格や目標によって変わってきます。 フィルイングリッシュでは、留学の目的や目標、個々人の悩みや弱みに合わせ留学プラン作成及び留学中のサポートを無料で手伝いしています。 >>>LINE@から訪問まで、フィリピン留学相談の種類を選ぶ 理由2:安心できる環境 英語留学のために海外に行くとき、まず前提となるのは「治安面で安心できる」ことです。 もし留学先が、治安が悪いと英語勉強ところじゃなくなりますよね。また、日本人が一人もいない環境であれば、不安ですし情報収集も難しくなります。 セブ島留学の治安はどうでしょうか。 セブ島留学は実際行ってきた日本人が多いため、「たぶん大丈夫かな」という認識と、「東南アジアだから危ないでしょう」という認識があるかと思います。 フィルイングリッシュは、フィリピン現地で留学サポートデスクを運営しており、カウンセラーのフィリピン在住歴平均は7年となります。フィリピン留学専門のフィルイングリッシュが思うセブ島留学が安心できる理由は以下の3つです。 セブ島≒L.A同レベル?実はセブ島の治安はそれほど悪くない セブ島には日本人留学生が多い フィリピン人が平和である ということから安心できる環境で留学生活を送ることができるのです。 安心留学の注意点 セブ島に英語の勉強を目的として留学している人が大きな事件に巻き込まれる可能性は非常に低いです。 ですが、スリや盗難のような軽犯罪はまだまだ多く発生しています。 それらを回避するためには以下のことに気をつけてください。 かばんを前にかける かばんや荷物は自分の手元から離さない 日本の財布は持ち歩かない、小銭入れを使う 財布を持ち歩く場合は、前ポケットもしくはかばんに入れる 派手なブランド物を身につけない セブ島の治安に関する詳細については、【セブ島留学は危険?セブ島の治安は実はそんな悪くなかった話 […]