Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

バギオ留学MONOL*先生とルームメイトについて

Hello!!

フィリピン留学MONOL学生レポーターKANAです。

最近は朝から雨がずっと降っています!!わたしの友達も何人か体調崩したりして気候にやられております。気温はずっときた時から涼しいぐらいで寒すぎず、暑すぎず…^_^

さて!2ヶ月目のターム始まりました!!そして、今日も金曜日なので模擬テスト受けてきました。なんやかんやいって5回目なんですよね…オフィシャルテストで失敗しないためのトレーニングといっても、すっごい緊張します。笑

他の留学生の子達は金曜日は早く終わるしただテスト受けるだけだから楽〜って言うのですが、まだ私は慣れていないのでしょう…笑

 

本日はMONOL英語スクールのIELTSの先生とルームメイトについてお伝えします。

 

IELTSの先生について】

IELTSの先生たちを少しご紹介します〜!!

1タームでもってもらった先生は2ターム目当たる確率少ないと聞いていたのですが、私の場合8時間中3人同じ先生でした!!笑

でも科目は違います。スピーキングの先生だった人がリーディングの先生になったり、リーディングの先生がライティングの先生になったり…最初は違和感ありましたが、どの先生も全ての教科を的確に教えてくれます。さらに、MONOLではIELTSの先生になるのが最も難しいとされており、試験も受けなければいけないし、何よりもIELTSに対しての戦略をし熟知しておかないといけません。なので、先生になって1年未満の人は1人もいません。最初はISLで教えて経験を積んでから移ってくる人たちばかりです。中にはベテランの先生たちもたくさんいます。

本当にIELTSに力を入れている語学学校の一つだと思います。

最初からIELTSのスコアを取るための語学学校として選んだこと、すごい良かったな〜とおもいます。

来週に先生とお出かけ予定なので、写真と一緒に投稿いたします〜!!!!!

 

【ルームメイト】

ルームメイトをご紹介します〜!!!
わたしは今、6人部屋で生活しております〜!でもずっと4人です 笑

私がきた時は5人だったのですが、日本人の女の子が1人帰国してからは新しいルームメイト来ていません。なので快適にすごしております〜〜!

一応同じ国籍が2人以上重ならないように分けられています。

 

 

 

←ルームメイトの1人が帰国だったので、フェラレルパーティーとして、サムギョプサルを食べに行ってきました〜!!実は明日もここのサムギョプサルを食べにいく予定です。

また、詳しく場所とお店の名前とのせますね〜!!

 

どこのルームメイトも仲良しだとおもうのですが、本当に私はこのメンバーで良かったなと改めておもいます。一緒に生活を共にする仲間なので、相性ってすごく大事なんですが、この部屋のメンバーはだいたい同じ生活習慣なので、夜も12時過ぎには消灯し、朝もそんなに早い人もいません。生活習慣がほぼ一緒だと本当にリラックスできますよね!気も使わないですし。

あ、国籍は中国人1人、韓国人1人、日本人2人の比率です。でも、
来週に韓国の人と中国の人…帰国しちゃいます。本当と悲しいです。

 

 

←左の子は日本人です!真ん中のフェイは来週帰国です(泣)右は私。

 

これはこの前鼻に人を描いて流行りのnose danceをしてました!笑

 

たった1ヶ月、2ヶ月しか一緒に居ていないけど、同じ部屋っていうだけでやはり一番近い存在になります。ご飯行ったり出掛けたりできるのもあと少しなので、毎日大切に過ごします〜!

海外に出てすごく思うのは、出会いもたくさんあるけどその分お別れもたくさん経験します。IELTSの勉強だけできたらいいや!と思ってこの語学学校に来たのですが、やっぱり周りにたくさん刺激を受けました。みんなここにくる目的も時期も違うけど、それぞれ強い意志をもって英語を学びに来ています。

私のルームメイトの人たちは本当にhard workなので、いつも英語の勉強をしています。その姿に私も刺激され勉強を続けてこれています。たまに自分の中でなんで勉強してるのか分からなくなったり、もうやめてしまいたい!とか、テスト悪くて落ち込んだりしていると、本当に彼女たちに励まされてきました。そんな素敵な人たちに出会えて本当に良かったです!!

 

…となぜかシンミリなってしまいました。笑

そんな大好きな私のルームメイトでした!笑

 

フィリピン留学MONOL学生レポーターKANAでした。

バギオ留学MONOL*IELTS

Hello!!!!

フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです。

明日から新しい先生と新しい教科書と!!!新しいグループで授業が始まります。前にももってもらってた先生もいるし、初めてみた名前の先生も!とりあえず少しワクワクしております^^

最近のバギオシティーは雨ばっかりです!完全に来てしまいました。Rain シーズン…

先生方曰く、、、8月、9月台風シーズンがかなり大変みたいです。

停電もかなり頻繁にあるみたいで、、、フィリピンにきて実際に私も何度か停電に遭遇しましたが、やはり普通の大雨でも起こります。すぐに回復されるからいいのですが、日本ではそんなに頻繁に起こらないので最初びっくりしました。

台風シーズン渡航をお考えの皆様お気をつけください!ただ停電するだけだと先生も言っておりました!!!

IELTSを勉強してる人たち】

1ヶ月MONOLで過ごしてきて、色んな人になぜIELTSを勉強しようとおもったのか?やスコアをとった後どーしたいのか等を聞く機会が多かったので少しご紹介いたします。

私みたいに、留学をする目的を最初からIELTSのスコア6.5獲得!!と目標を決めてるタイプの留学生と、ESLで英語を何ヶ月か勉強してから残りの半分をIELTSコースで試す!!とか、残りの1ヶ月だけ!!とか色んな人たちが居ます。

だいたい移動してきた人たちの目的は

→今の英語のスキルを飛躍的に伸ばしたい!

→自分の英語のレベル、現状を数字で確認したい!

→どんなものなのか試してみたい

と、スコアを気にせずにレベルアップを意識して移動してくる人たちも居ました。そういう方たちは大体アカデミックの方ではなく、ジェネナルのコースを受けてる傾向があるとおもいます。前にもお伝えしましたが、アカデミックコースは大学進学等を目指す方向けになります。また、中には、最初からきたかったけど、先にESLで基礎をやってから変更してきた人たちも居ます。

アカデミックコースの中の方には

→マレーシアの大学進学

→オーストラリアの大学院

→海外で看護婦を!!!

という志の方達もいました〜〜!!だいたい大学にもよるのですが、6.0以上が必要となってくるので、数字に追われる生活をしています。(←私も含めて)

【私の現状】

毎週金曜に行われるmonk testで一応スコアがはっきり提示されます。

1ヶ月が終わって

  • speaking 5.0 •listening. 5.5 •reading 5.5 • writing 6.0

が一番最近のスコアになります!OFFICIALテストの方がもう少し緩いみたいなので多少、公式とは一異なりますが、一応ご参考になればとおもい、載せておきますね。

Speaking は

一つ前に6.0をいただいたのですが、今回はオフトピックをしてしまい…この結果に(笑)

listening は

何回やってもこの結果…spelling のミスが足を引っ張っている現状です。

Reading は

多少トピックによってバラツキがあるような気がします。

Writing は

テストを重ねるごとに上がっています!書き方を覚えるが一番大事かとおもいます!!!

全然満足できる結果ではないので、もう少し本腰入れて英語を勉強していきたいとおもいます。

1ヶ月目より2ヶ月目!慣れからくる怠けにならないように、せっかくきてるので時間を無駄にしないように取り組みます!!!

息抜きの場】

とはいっても、私も息抜きはします!ON OFFハッキリしています!なので、先週の金曜日!素敵なお店に飲みにいってきました〜!!!

★Baguio Craft Brewery★

ルームメイトの留学生からオススメされ、先生から情報をあつめて!絶対行くと決めていた場所の一つ!!!ここ、ビールがタップで飲めるんです!たくさんの種類のビール!!!

あとは、ポークリブ!めっちゃくちゃ美味しかったです!!


←ポークリブ!!キャンパスから16分!タクシーですぐです。私たちのタクシーの運転手さんは迷ってしまいましたが…笑

←色んな種類のビール!試飲ももちろんできます!!!

素敵な夜を過ごせました〜〜!★

フィリピン留学MONOL学生レポーター KANAでした。

バギオ留学MONOL*Night market

Hello!! 1ヶ月が終わりました〜!!!

フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです。

毎日勉強漬けの生活も徐々に慣れてきました!(笑)はたして…improveしているのかは謎ですが…してると信じたいです。笑

さて、本日はナイトマーケットの話からお話しま〜す

【ナイトマーケット】

 バギオシティーにはナイトマーケットが毎日開催されています!9:00p.mからだいたい1:00ごろまでやってるみたいですが!門限があるので、私たちはなるべく早く行って早く帰りました!

なぜなら!!!!人が混み合いすぎて、帰りのタクシーをひろうのに30分以上かかるんです!!

なるべく時間に余裕をもって帰宅することをお勧めします。SMモールから帰るときのタクシーを2時間以上も待ったことあるので…

タクシーはたくさん走ってるのですが、利用者が多くなかなか空車がつかまらないのです!!さてさて、ナイトマーケットにて、私たちはお揃いのブレスレットを購入いたしました!

←10分以内で仕上げてくれました〜!!!もう、すごくお気に入りです!1つ購入だと40pesoなんですが、3つで100pesoだったので3人でちょうどわけました★

日本円で3つで250円ですよ!!絶対帰りにお土産としてたくさん買ってかえろうと思います。あとは、ナイトマーケットで変わった食べ物が食べれるとか…わたしは挑戦したことがないのですが………..

←バロットです。孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵です!!!

すごくフィリピンではたくさん売っているところ見ますが、わたしは挑戦できませんでした。笑

機会があれば…笑

【娯楽】

モノールでは英語の勉強と娯楽を楽しんでいる人たちがたくさんいます!!ヨガやボクシングなどのプログラムもそうですが、夕方はバスケットコートでいろんなスポーツをしてリラックス人たちがたくさんいます。あとはビリヤードや卓球、ダーツなどもすることができます!!!勉強がんばるために、オンオフの切り替えをハッキリすることって大事ですよね。


←スポーツしているときだけ、母国語の言葉話すこと許可されているので思う存分遊べます。笑笑

こんな感じで私も息抜きをしつつ、英語の勉強に励んでいます。

さて、来週の月曜日から新しい教科書と新しい先生になります!!!MONOLでは4週間に1度先生が変わります!きっとIELTS 以外の留学生もそうだとおもいますが、先生によって教え方もことなりますし、使う英語も変わるので、また自分のスキルアップにいかせたらいいな!とおもいます。

あとは、先生と留学生が仲良くなりすぎて、授業のメリハリが無くなるのを防ぐため!だとかも聞きました。徹底して留学生の学力アップを考えてくれてる。と改めて感じました!!

ちなみに、オフィシャルのIELTS テストを一度フィリピンにいる間に受けようと計画をしています。6月24日にあるみたいなので、挑戦してみようかとおもいます。はっきりと自分の現状を知るのに良い機会かと…それまでに6.5取れるように頑張ります。

フィリピン バギオ留学MONOL学生レポーターのKANAでした。

バギオTOEIC留学体験談:TALK ENEセンターの奨学金プログラム

フィルイングリッシュの奨学金キャンペーンを利用し、TOEICスコア395点から635点に上げ、12万円の奨学金を受け取った藤岡さんの体験談をご紹介します。

TALK ENEについて

フィリピン、バギオにある TALK ENE英語スクールでは毎日の模擬試験、単語テストを行います。ここがこの語学学校の一番の売りです。模擬試験は韓国語の解説で日本人は復習がしづらかったのですが最近になって日本語の模試が導入され、数が増えてきました。また、マンツーマン授業では先生の質が高い人とそうでない人がいますが先生の変更なども無料で可能なので自分の要望に柔軟に対応してくれる点が魅力です。

TOEICの学習について

TALK ENEで受けた最初のテストが395点でした。最終的に取れた最高点が760点でした。フィリピンで受けたオフィシャルのテストが635点でした。パート4をすべてミスマークするアクシデントに見舞われながらも点数が向上してよかったです。履歴書にもようやく記入できるスコアなので、今回の留学に意義を見出すことができました。

大学生になって初めて受験したTOEIC IPのスコアが180点だったのですが自分でも高得点が狙えるポテンシャルを持っているということが分かったので自信につながりました。私が受けたフィリピンでのTOEIC試験会場はホテルだったので非常にきれいで音質もよく聞き取れました。また、試験会場には鉛筆や腕時計といった日本では持ち込み可能なものがフィリピンでは持ち込みすることができません。また、試験説明に関しても日本より長く、拘束時間が長いです。よって、前もってトイレに行くことをお勧めします。TALK ENEでは周りの留学生の意識が高く、毎日の模試を競い合う仲間がいるとモチベーションを高く保ちながら英語の勉強をすることができ、充実した日々を送ることができます。

毎日のTOEIC テストを受けられる環境、そして毎日の単語テスト、そして6時間のマンツーマン授業を受けられるのは世界中で探してもここだけだはないでしょうか? 毎日のテストは大変ですが必ず継続すると結果は出てきます。日本ではなかなか体験できないTOEIC 漬けの日々をいかがでしょうか?

バギオでの生活

フィリピンでの生活については土日が休みなので友達とお酒を飲みに行ったり、お土産を買いに行きました。物価が非常に安い分、日本ではできないようなことも気安く挑戦できます。また、治安が悪い面も少なからずあるので出かけるときはスリなどに気を付けたほうが良いです。実際に韓国人の方が携帯をスリにあっていました。さらに、サンフェルナンドでは銃で撃たれそうになった留学生もいましたので団体行動での行動をお勧めします。

 

 

バギオ留学MONOL*スクールトリップと学校周辺について

Hello!!フェリピン留学4週間目を迎えようとしている

フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです。

本当に毎日雨が続いてるんですが!

昨日はスクールトリップでone hundreds Island にいってきました〜〜今日は学校周辺のお店も紹介しますね^ ^

【スクールトリップ】

Monol英語スクールはすごく標高の高い場所にあるので、天気がすぐに悪くなったりするのですが、少し離れるとそれはそれは!フィリピンらしい、常夏を味わうことができました!!

朝の5時半にスクールの門の前に集合してバスで4.5時間ぐらい移動して目的地へ!!!

本当に暑くて…半袖でも暑くて…(笑)学校のスタッフの方もついてきてくれるので、シュノーケルの装備も、靴も、ボートのチャーターもすべてやってくれます!私たち留学生はバスの中で待ってお金払うだけです!笑

バスの往復が500pesoだったので日本円で約1250円ぐらい??その後も450pesoでボートなどすべて込みだったので2250円ぐらいですね!日本じゃ考えられないくらい安いです!!アクティビティが各250pesoで、わたしはバナナボートに参加しました!!

すっごい楽しかったですよ!なってたって…私達のチームのバナナボートまさかの全員落下したんでね…(笑)最後の最後にみんな海へ放り出されました。

海が綺麗だし、現地の人もすごいフレンドリーで、一緒に仲良くなって遊んだりしました〜〜!!現地の言葉(タガログ語)も教えてもらいましたよ!さっそく学校に戻って先生に使ってみたいとおもいます〜〜!

だいたい5時ごろにボートでもどってきてシャーワー室(水しか出ない)ところで10pesoほど払って、、、またみんなでバスに乗りこんで学校までもどってきました!

すっごい楽しめました〜〜!話したことない人とかとも話せたし!なんせ、日頃の英語勉強の発散ができました!!!
2週に1度トリップあるので、また興味のあるところが行き先になったら参加してみようかと思います〜〜!!!!!

←one hundred islands

【学校の周辺】

歩いて20分ほどのとこのにあるお店!!majic oven!ここはパスタなのが食べれるとこのなのですが、わたしも友達にオススメされていってきました!!スムージーがめっちゃ美味しい!テイクアウトもできるみたいなのですが、わたしは友達と夜ご飯を食べにいってきました〜〜!monolのご飯に飽きたら是非行ってみて下さい!美味しかったです!!


←外観もオシャレでした。あと、wifiも無料で使えますよ!!

このお店をこえたところに、pure gold という、スーパーがあります!!!品揃えが良くてシティーツアーで初日行ったSMモールよりも安いし、人が少ないので、わたしはたまに運動がてら歩いてこのスーパーに買い物に行っています!!タクシーを使って行っても片道50pesoぐらいなので、たくさん買い物をしたときはタクシーを利用しています!!

外国のスーパーって日本と雰囲気が本当に異なるので商品をみているだけでも楽しいんです!しかもフィリピンはすごく安いので、気になる商品はとことん挑戦できるので、色々お菓子など試していこうとおもいます。意外と日本のお菓子コアラのマーチなども売っていたりするので、なんか不思議ですよね〜〜―そのスーパーの隣が日本のダイソーみたいなお店がありました!行ったことはないのですが、日本円で200円くらいかと…!!シャンプー等も2つ買うと1つ半額!とかdiscount が何かしら多いイメージがあります。消費者からしたら嬉しいですよね〜〜!!お土産をここのスーパーで買って帰る留学生さんも多数いると聞きました〜!!

もっと週末に外に出かけていろいろ探検していきたいと思います〜〜!!

次はナイトマーケットにも行って来たのでその紹介もしていきたいとおもいますー!

フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAでした。

バギオ留学MONOL*学校の行事について

Hello!!!でフィリピン留学3週間目の金曜日を迎えました!

フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです!!

前の記事でお伝えしたとおり、IELTS コースの留学生たちは毎週金曜日に模擬テストがあります。

ちなみにわたしは小さい時からテストという響きに弱く…3度目の今日ですらまだ緊張しています。

【私の現状】

最初の自己紹介でかかせていただきましたが、今の状態をあらためて〜★

正直、本当に辛いです。(笑) 勉強してすぐに結果が出ればいいのですが…それもなかなか。。知らない単語ばっかり毎日出て来て授業に追いつくのに必死な状態。でも、時間を無駄にしてるとかは一切思いません!!むしろ新しいことを覚えるのが好きなタイプなので、毎日が新鮮に感じられ、尚且つ少しでも理解できるようになるとすごく嬉しい単純なやつです。笑

とはいえ、IELTSのオフィシャルテストですこしでもいい点数とりたいですよね…ここにきて、毎日壁にぶち当たりすぎて本当にのびてるのか…心配ですが、勉強はすればするほど身につくと信じているので、継続してやっていきたいとおもいます。

学校の周りを紹介しようと思ってたのですが、、明日スクールトリップでbeachにいくのでそれも含めて次に紹介いたします〜!!!

【学校の行事01】

先日のmonol英語スクールの決まり覚えていますか??私たちの学校はENGLISH ONLY POLICY のため、もし母国語を使うとペナルティーが発生します!!そのペナルティーの消費の仕方なのですが、セルフスタディーで消化するか…それど罰金払うか…笑

その罰金が集まると1ヶ月に1回とか2ヶ月に1回の頻度でpenalty party が行われます〜!!笑

わたしはまだもらってないから、ただ参加するだけだったのですが…

ご飯とジュースが山盛り!!ワイワイ楽しめます。

←こんな感じです。各テーブルに2種類の食べ物が!それもかなりの量wwwパーティのこと知らなくて夜ご飯ちゃんと食べたからあんまり食べれなくて残念でした笑

【学校行事02

Monol英語スクールには2週間に1度新しい留学生が来る!とお伝えしましたが、入学式があるということは、卒業式もあるんです!!ただし。IELTS の学生は参加できません。最後の金曜日までテストとテスト返しと見直しで1日が終わります。(笑)

先週ルームメイトの1人が卒業式だったので、その内容を聞いたところ…午前中はテストをして…午後からみんなでゲームをしたり、いろんな出し物があったりと楽しそうな催し物があるみたいです。実際午後の授業中、楽しそうな声や音が聞こえてきました。残念ながらわたしは参加できないみたいです…ううう。参加してみたかったです。

school trips

2週間に1度土日にmonolのバスを使ってだいたい25名先着で旅行に行けます!!

料金もそんなに高くないし、出発と到着が学校だから安心ですよね〜!!

いつもこんな感じで貼り出されます。まさかの明日は5時半に出発です…毎日一応勉強してるので、自分へのご褒美として楽しんできます〜★

次回こそキャンパスの外の様子をお伝えします〜

フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAでした!!

バギオMONOL留学体験談:スパルタプログラムで朝から晩まで11時間の英語勉強

Ryo(男性20代)
コース: Regular ESL
お部屋:6人部屋
期間:12週

EOPがあることでMONOLを選びました。実際にバギオに来てみるととても過ごしやすく、満足です。また、バギオは世界遺産への中継点としても立地が良く、休日も楽しむこともできます。

私はMONOLでは、Regular ESLコースを受講していました。理由は、他のコースよりも多くの授業を受けられる点と基礎をしっかり固めたいと考えたためです。MONOLでは、オプションクラス、グラマークラスも追加で受講できるので、自身に合った勉強ができる点はとても良かったと思います。悪かった点は、テキストがオリジナルなので、間違えている箇所もあるということです。

私は先生には恵まれていたと感じていて良かったです。人によっては合う、合わないがあるとは思いますが、もし自分に合わない場合には先生を変えてくれるので、自身に合う方法を選ぶことで充実した生活を送れると感じました。発音に関してはそれほど気にはなりません。

学校の規則に関しては特に意識したことはありませんでした。ペナルティも一度ももらうことはなかったです。門限にだけ注意すれば普通に楽しい生活を送れます。
私は3カ月でMONOLの施設を十分に活用していました。特によかったのは、ジムが毎日無料で使える、ランドリーや部屋の掃除があるから勉強に集中できました。私は、生活リズムをつくること、体作り、英語力の向上を主に意識して生活を送っていたので、この3カ月でしっかり基礎をかためることができたのかなと感じています。不満があるとすれば、Wi-Fiのスピードが日本に比べて遅いことです。

私は最初の1か月、勉強に集中したかったため、スパルタプログラム(平日義務自習)に参加しました。そのおかげで、MONOLでの勉強のリズムを作ると同時に英語力を伸ばすことができたと思います。基本的に朝から晩まで約11時間は勉強していました。私の場合、他の生徒に比べて英語力が不足していたため、最大限時間を作り勉強しました。3カ月目にはストレスなく英会話ができるようにはなりましたが、まだまだ細かい発音や文法に問題があるので、今後の課題に向けて、この英語学習の習慣を継続してひとつひとつクリアしていこうと思います。目的をもって勉強すれば、いい結果を必ず得ることができる、MONOLは学習に集中できる環境です。

なぜMONOLをおすすめ出来るのか?

➀学術指導レベルが高いから

MONOLはPINES、HELPと並びフィリピンで学術レベルが最も高いとされるバギオの三大名門校のひとつです。講師は基本大学卒業生となります。在学生、卒業生のMONOLに対する評価と満足度は高く学術指導面での不平不満がほとんど出ません。

➁カリキュラムで勝負しているから

MONOLの教科目はすべて連動しています。リーディング科目を受講しても他の講師が担当するスピーキング科目で同じ表現や語彙が同じ進度で出現いたします。『カリキュラムならMONOL』と言われるほど洗練されており、どのくらい勉強すればどのくらい伸びるか緻密に計算されております。

➂頭に残りやすい復習重視型指導だから

MONOLESLプログラムのテキストはオリジナルテキストとオリジナルテキストに対する復習テキスト2冊を使います。昼間にならった事を夜復習テキストで繰り返します。頭に長く残りやすい体系的システムです。

➃ESL+試験対策のオールインワン教育が可能だから

ESLだけでなくIELTS、TOEIC、ビジネスなど専門コースも評判なので英語初級者が卒業時には何らかの公認英語資格を持ち帰る事も可能です。

➄施設が綺麗で、Wifiがよくつながり、学費が安いのでコストパフォーマンスが優秀だから

MONOLの施設は綺麗です。ゴルフ練習場やヨガフロア、トレーニングジム、サウナ、軽食コーナーなど付帯施設も充実しております。お部屋にもWifiが通っておりよくつながりやすい環境です。学費はフィリピン留学業界では低め設定であり、6人部屋を選ぶ場合には恐らく業界最廉価です。

➅治安の心配をしなくていいから

バギオはフィリピンでは最も安全な都市のひとつです。凶悪犯罪などの心配はほとんどありません。

留意点

授業欠席などに対するルールが厳しく、罰則なども適用されます。自由な時間や自主性を重んじる方には向いてないかもしれません。
MONOLの教育プログラムは英語全体力を引き上げる指導です。試験対策には理想的ですがスピーキング向上だけに特化した方には向いておりません。

バギオTOEIC留学体験談:TALK Academy ENEセンターの奨学金プログラム

フィルイングリッシュの奨学金キャンペーンを利用し、TOEICスコア385点から900点に上げ、12万円の奨学金を受け取った城所さんの体験談をご紹介します。

 

TALK ENEの留学生活について

私は、TALK ENEの初日にある入学テストで模擬TOEICテスト385点という結果を出して一ヶ月、驚くことに公式試験で900点を取ることができました。はじめのうちは先生と話すことさえままならず不安と緊張の毎日でしたが、こうして目標点に到達することができたのは本当にTALK E&Eアカデミーの手厚いサポートのおかげです。TALK E&Eの雰囲気はTOEIC勉強に本気で打ち込みたい人にとって最適です。韓国資本の英語スクールですが食事は十分な栄養バランスも摂れ、日本人の好みを考慮されており、水回りや勉強の設備に関しても非の打ち所がありません。私の拙い英語も先生やスタッフの方々は親身になって理解しようと努めて下さって、安心して留学生活を送っています。現地で病気にかかった際や所持品を紛失した際にも皆さん迅速な対応をして下さって、とても頼りになりました。

 

TALKENEの学習カリキュラム

TALK ENEの学習カリキュラムはTOEICに完全に専念した作りになっています。TALKの学習カリキュラムの以下の3つのポイントです。1つ目は、毎日の模擬テストです。毎日その日の終わりにTOEICの模擬テストが2時間開催されます。模擬テストのお陰で、先生と留学生がお互いに弱点を把握することが出来ますし、TOEIC特有の時間制限に対応することが出来ます。2つ目は、TOEIC 900点以上の講師による授業です。TALK ENEで勤務するフィリピン人講師はTOEIC900点以上を所持していることが当然のステータスになっています。毎日の模擬テストで見えた自分の弱みをレベルの高い講師陣がマンツーマン授業で徹底解説してくれる、この洗練された循環で留学生のTOEICスコアをメキメキと上昇させます。3つ目は、TOEIC学習に特化した授業要領です。模擬テストだけではなくTOEICによく出てくる単語のテストやTOEICリスニング、ライティングに重点を置いたマンツーマン授業並びにグループ授業は初心者だからこそ学習の吸収率がとても高いです。この学習カリキュラムだからこそ385点から900点に上がったのもまぐれではありません。

TOEIC学習にむけて+@取り組んだこと

TOEICの勉強を始めた初日、目標点達成のために、まずは毎日行う3つの決め事を自分自身に課しました。毎日朝食を食べること、計20分以上の日光浴をすること、計20分以上のリズム運動をすることです。人間の脳には生体リズムをコントロールする体内時計がありますが、朝の太陽の光によって脳からセロトニンが分泌されます。このセロトニンは集中やハッピーのためのガソリンのようなもので、勉強時においては必要不可欠な神経伝達物質です。また、記憶は睡眠時に整理されますが、睡眠の質を作用するメラトニンには、太陽光を目にしてから15時間前後経過しないと分泌されないという性質があります。TALK E&Eは平日の外出が原則禁止なので、意図的に屋上やベランダに行かなければ充分な量の太陽光を浴びることができません。リズム運動もまたセロトニンを促す要因の一つですが、このリズム運動には「咀嚼 (食べ物のスムーズな消化)」も含まれるため、朝食をしっかり食べることで一時限目からしっかりと集中して授業に臨むことができました。

 

バギオ留学の思い出

最後に、TALK E&Eアカデミーで学んだ一番重要なことは、人との繋がりの大切さです。この英語スクールでは敬意を持って真剣に授業に取り組めば、フィリピン人講師もそれ以上の対応で留学生に教えて下さりますし、一つ屋根の下で共に英語を勉強する友人達とはお互いのやる気を鼓舞し合っています。TOEICのスコアではもちろん、休憩時間にはピンポン、週末にはバスケやバドミントンなどのスポーツで競い合いました。また教育都市バギオでは多様な人種が集まっており、それぞれ国籍の異なる留学生が各国の料理をふるまってもてなすパーティを催したり、現地に在住するネイティブスピーカーと交流したりと、国籍を超えた友好関係を築くことができます。本番の試験では、問題一つ一つをまるで先生やスタッフ、そして友人たちと一緒に解いているかのようでした。TALK E&E、そしてバギオや旅先で出会った皆さんのおかげでこの一ヶ月は楽しかっただけでなく、実りある素晴らしい日々だったと心の底から自信を持って言う事ができます。ありがとうございました。

 

TALK ENEについて

TALK ENEはTOEIC留学において他の留学スクールを寄せ付けない程、TOEIC実績を起こしてきたバギオのTOEIC専門スクールです。TOEIC初心者の方でも、十分に高得点を狙える環境が揃っている英語スクールだといえます。今回紹介したのはTOEIC300点後半の方が900点まで取得するという特別なケースでしたが、基本的には2ヶ月の留学でTOEIC300点の方は700点へ、500点の方は900点を取得するということが現実的に可能な英語スクールです。もし、日本でのキャリアアップのためにTOEICのスコアが必要となる方はバギオにあるTALK ENEは自信を持ってお勧めできる留学スクールでございます。

 

バギオ留学MONOL*キャンパスについて

Hello!!

今日でフィリピン留学2週間が経ちました

フィリピン留学MONOL学生レポーターのKANAです!!

monol英語スクールに新しい留学生さんたちが来られてました〜。私たちが来た2週間前の留学生が異常に多く…日本人だけでも25人ぐらいいたのですが、今回はどうやら4.5人の方が来られたみたいです。

さて、昨日今日と土日でholidays を過ごしているのですが、実は明日もLabor Dayのため語学学校がお休みです。勤労感謝の日ですね!!そんなこんなで3日間お休みなのですが何人かの留学生さんは自分たちで車借りて乗り合わせて1泊の旅行にいってるみたいですが、私は語学学校の近くのモールや、ナイトマーケットに行ったりして過ごしています。

さて、本日はMONOLのキャンパスについて〜

【校舎の作り】

Rooftop→ビリヤード、卓球、洗濯機等

4F-2F→男性寮

GF(グランドフロア)→男性、女性寮

B1.B2→女性寮

B4→ダイニングルーム

B5.B6→ジェネラルESLのマンツーマン、グループクラス

B7→IELTS,TOEIC 専用のクラス

B8.B9→ランドリー、ヨガルーム等

ざっくり言うとこのような感じに分かれています。14階建てでかなり大きめのつくりになっています。私は今、B2の6人部屋にいて、IELTSコースなので毎日B7まで降りて英語の授業を聞いています。同じ建物内に寮と食堂と授業のクラスがあるので、始まる5分前にクラスに向かっても全然間に合うのですごく便利ですね〜!!

←部屋の廊下です。比較的綺麗な方かと…ほぼ毎日?クリーナーさんが掃除してくれてるはずです。(笑)
あとは、24時まで使えて、インストラクターも常在しているジムや、ちょっとしたカフェサウナ等もmonolにはございます。わたしらカフェ行ったことないんですが…なかなかおいしいらしいです☆

【お水とトイレ事情】

お水はほとんどの階にウォーターサーバーが設置されていて、お湯と水が両方でる仕組みになっています。お湯がなかなか熱く、紅茶とかにも使えますし、あとはカップラーメンも作れるぐらいだそうです。わたしはまだカップラーメンには手をつけておりませんが。紅茶は毎日リラックスするために飲んでいます★ちなみに、耐熱じゃないボトルにお湯を入れて、ボトルが縮こまってきまって両親指がやけどしました。笑

また、トイレはご存知かと思いますが、日本が最高です。どこの国に行っても思うのですが、トイレってやはり臭いと嫌ですよね。でもフィリピンではトイレットペーパーを流すことができないので、隣に置いてあるゴミ箱に捨てるんです。最初すごく嫌だったんですが、これも慣れていきます。お部屋のクリーンもやってくれるのですが。だいたい週に2回ぐらい…これも予約制なので結構大変なんです(笑)

←階段のところにこのように設置されています。なくなると横ので補充するのですが。結構重いので男の方にやってもらいましょう。(笑)

とくに、お水がくさいと感じたこともないですし、歯みがきぐらいなら部屋のトイレの水でゆすいでも今のところ問題ございません!!

←バスケットコート。ここではバスケだけでなく、バトミントンもしてる留学生さんたちがたくさんいます。スポーツをしているときは母国語がOKなので、日本語もチラチラ聞こえてきます〜☆

一応MONOL英語スクールには怪我したときや、しんどくなったときなどにすぐに行けるクリックもキャンパス内にはあるので、すごく便利です!私も実は2回も利用しています。笑

来週は学校の周りについてすこしのっけていきたいとおもいます〜。

フィリピン留学MONOL学生レポーターKANAでした。

よく読まれている留学体験記

セブ島留学がますます便利に! 海外初心者はセブ島留学に行くべき?

セブ島留学がますます便利に! 海外初心者はセブ島留学に行くべき?     あなたの周りにもセブ島留学に行く人が増えていませんか? セブ島留学が人気の理由の一つとして、英語留学をする上でとても便利であることが挙げられます。   そのため海外初心者でも、気軽に行くことができるようになっています。 セブ島留学は、なにが、どのように便利なのでしょうか?   日本から近く、セブ行の直行便が多い 巨大ショッピングモールやスーパーがたくさんある 日本食レストランが多い セブ島関連の情報を仕入れやすい   日本から近く、セブ行の直行便が多い   セブ島へは日本各地から直行便が出ていて乗り換え不要で現地まで行くことができます。 所要時間は、東京-セブ島で4時間、大阪-セブ島で5時間程度と近いです。   料金も格安航空券(LCC)であれば、期間によって大きく変動はしますが、片道20,000円~40,000円あたりで、直行便を用意している会社も多々あり、   フィリピン航空 (区間:東京-セブ島、大阪-セブ島、名古屋-セブ島など) バニラエア航空 (区間:東京-セブ島) セブパシフィック航空 (区間:東京-セブ島、大阪-セブ島、福岡-セブ島) その他 全日空   など多数出ているので、それぞれの会社を比較してチェックすることをおすすめします。 航空券の料金比較はスカイスキャナーというサイトが使えます♪   またセブパシフィックではプロモーションを実施しており、往復で10,000円などと破格の価格でチケットを入手できたりします。 プロモーション情報は、セブパシフィックの公式Twitterでリアルタイムな情報を確認することができます。 ※フィルイングリッシュよりお申込後、セブ行往復航空券のお見積書発行、ご予約の代行も可能です。   巨大ショッピングモールやスーパーがたくさんある     「セブ島のショッピングなんてしょぼいでしょ。」 そう思った方は、セブ島を見くびっています(笑) セブ島のショッピングモールやスーパーでは、基本的に規模がかなりでかいです。1つの建物の中でファッション、食品、日用生活品、レストラン、銀行/換金所と必要なものはほとんど済ませるスタイルですね。   セブ島のショッピングモールは以下のように多数あります。   SMシティーセブ アヤラセンター・セブ ガイサノ・アイランドモール ロビンソン・ガレリア・セブ   その他中小規模のスーパーはほとんどの語学学校から徒歩圏内にあり、日常の買い物に困る事はありません。コンビニは、やや現地化されたセブンイレブンが一番多く、最近はきれいな日本スタイルファミリーマートが増えています。   日本食レストランが多い     日本人にとって海外渡航で意外と大きい悩みが食の問題ですよね。 特に住み込むのであれば、食が合わないことは、留学生活に多大な影響をもたらすでしょう。 […]

セブ島留学が超グローバル!? 多様性を受け入れる留学のすすめ

セブ島留学が超グローバル!? 多様性を受け入れる留学のすすめ     セブ島留学は格安留学というイメージがありますが、実は人生の価値観が変わるほどの威力を持った留学でもあります。   フィルイングリッシュが「人生を変えるフィリピン留学」と言っているのは、大げさなことではなく、セブ島留学自体がとても魅力的な環境であるからです。 魅力的な環境を生み出している大きな要素は、セブ島留学の多様性にあります。   発展途上国のため、国自体の変化も早い     セブ島は、リゾート地としてだいぶ発展してきていて、一般的な発展途上国のイメージとは離れてきてはいるものの、まだまだ発展していく余地がある活気に溢れた地域なのです。   街も目まぐるしく変わりますし、ドゥテルテが大統領に就任してから政権も大きく変わるなど、発展しながらどんどん変化していっています。 それが多様化にもつながっています。   経済の発展を間近で感じることは、先進国である日本人には刺激的なことで、ビジネス感覚としても必要な感覚です。   アジア人と学校内で交流できる     アジアの英語留学先としては、セブ島留学が間違いなく知名度・人気・実績どれをとってもNo.1です。 そのため、日本人、韓国人、中国人、ベトナム人、ロシア人などアジア各国から留学生が訪れます。   語学学校は基本的には寮生活のため、彼らアジア人と同じ屋根をともにして、深く関わっていきます。 その環境下にいれば、お互いの国の文化や価値観を知り、友人が増えていくことは言うまでもないでしょう。   欧米人の観光客が多い     語学学校内で直接関わってくる話ではなないですが、外出した際に、セブ島の街の至る所に多くの欧米人観光客がいます。   彼らも出会いを求めてきていることもあり、気さくに話すことができます。   欧米の文化、価値観、ネイティブとの英会話など欧米人とコミュニケーションを取ることが実践的な英語学習としてとても重要なことです。   フィリピン人の価値観に触れることができる   フィリピン人と日本人は相性が良く、彼らは基本的にとても明るい性格の持ち主のため、話やすいという特徴があります。 またキリスト教の信仰もあり、誠実な人々だと言えるでしょう。 しかし、現在の日本人との価値観と彼らのそれは、全く違う部分があったりします。   例えば   クリスマスには、すべての会社が休みになり、家族と最優先で過ごす スーパーではダンシングタイムがあり、従業員を中心に皆が踊りだす 仕事よりも家族・恋人を優先にする   など他にもあげればきりがありませんが、こういった価値観は私たちに気づきを与えてくれます。 フィリピン人の価値観からインスピレーションを受けて、人生を豊かに変えていった日本人が多くいるのはこれらが理由です。   異なる目的、年齢の日本人が多い セブ島に来ている日本人は、面白い人が多いです。   […]

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析 こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。 フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。 1年3万人以上が英語留学に行くフィリピンですが、欧米への英語留学に比べるとまだそれほど知られていないのも事実。 「格安留学を調べていて、フィリピン英語留学を初めて知りました」、 「フィリピン英語留学に行ってきた友だちに聞いて初めてしりました」など、 フィリピンで英語留学をすることについてまだまだ違和感を感じる方々が多いようです。 一昔前は費用が高額、期間が長期、遠いなどの制約で誰にでもできるものではなかった『英語留学』。 そのの常識を覆したのがフィリピン英語留学です。しかし、フィリピン人英語講師、フィリピンという国の英語についてイメージがわかないかたも多いかと思います。 そこで今回はフィルイングリッシュのシニア留学カウンセラー梶野章より、フィリピンの英語、フィリピン人の英語はどうなのかというテーマでインタビューし、Q&A形式でまとめました。 留学カウンセラー梶野章の簡単紹介  フィルイングリッシュ統括責任者・共同代表。 東京都出身。アメリカミズーリ州セントラルメソジスト大学英文科卒。 英語留学カウンセラーとして過去4年間に2,200名のお客様を日本からフィリピン語学学校に送客。 Q:そもそも、何でフィリピンに英語留学にいくのですか? A:もちろん留学費用が安いというのもあります。別々の友人の娘さん3人が現在カナダの高校に通っていますが年間の費用は1名が900万円、もう1名が700万円、もう一名が600万円と聞きました。フィリピンですと200万円はかからないでしょう。それと飛行機の移動時間もフィリピンは4時間30分、欧米は12時間。移動するのも一苦労です。 ただ『留学費用が安い事』が一番の理由ではないと思います。 結果を出しているという事がすべてでしょう。フィリピン英語留学ですと12週間あれば英語初級者が日常生活で困らないほどの英会話力を、ほとんどの受講者が身に付ける事ができます。あちこちで披露されるフィリピン英語留学での成果と自慢話が人を呼び日本人のフィリピン留学生の数は2010年に年間4,000名から2015年にその約9倍にあたる35,000人にまで膨れ上がりました。  >>>フィリピン英語留学4週の費用まとめを見る Q:フィリピン人はなぜ英語が話せるんですか? A:フィリピンは多言語民族です。フィリピン国内に172の言語が存在します。タガログ語をしゃべるマニラっ子とセブアナ語を話すセブっ子では言語が違うので意思疎通ができません。そこで共通語として英語が公用語となりました。 フィリピンでは幼稚園から大学まですべて英語の教科書が使われます。授業内では基本(幼稚園、小学校低学年を除く)オール英語で進行いたします。高校を卒業したものであれば基本日常生活で英語のコミュニケーションには困らなくなります。 △フィリピン、バギオ地域の幼稚園。英語科目ではない授業でも英語で行われる。 Q:フィリピン英語留学で英語はホントに伸びますか? A:欧米諸国にもフィリピン同様様々な英語学校があります。ですがフィリピンにあって欧米諸国にないものが二つあります。手頃な価格で集中的に受講できる『マンツーマン授業システム』とカリキュラム通りに学生のレベルが上がるかどうかをチェックする『管理システム』です。 △フィリピン人講師とのマンツーマン授業の様子。セブ島セブブルーオーシャン校 人間それぞれ適正がありますのでその人にあったオーダーメイドの授業内容を1対1で進行させていく指導方法は極めて有効です。学生は受身で聞き流すだけの姿勢が許されないシステムに組み込まれます。 もう一つは学校が一つになって学生の英語レベル進化を確認相談しながら前に進むシステム。毎週のミニテスト、月間のレベルテスト、毎授業毎の宿題など先生はすべてチェックし、進歩が遅れている学生に対しては手段をこうじます。放課後が自由放任主義の欧米学校よりもはるかにきつい規律と規則とノルマと罰則が存在するという事です。 アメリカでは語学学校に1~2年滞在しているにも関わらず英単語を一つ二つ発してなんとかコミュニケーションするレベルの日本人がゴロゴロいます。実際に見ました。フィリピン留学生では希少価値の存在です。 Q:フィリピン英語留学でどんな事が学べますか? A:フィリピン英語教育で強い部分は二つ。 『英語の基礎固め』と『英語試験対策』。 フィリピンで12週勉強すれば日常英会話力がつくという話はだいぶ知れ渡ってきましたが、コミュニケーション力だけにとどまりません。12週間まじめに勉強すれば英語の基礎がしっかり備わるという付加価値がついてきますのでどの英語検定試験にも突入できる英語基盤が出来上がります。 英語の基礎がある人間がフィリピンの英語検定が強い語学学校で学べば、4週平均でTOEICは70~100点、TOEFL10~13点、IELTS(初期段階)0.5点のペースで上がって行きます。 △IELTS専門のSMEAGクラシック校の教材。フィリピンの英語学校は英語試験対策が得意。 フィリピンではこのくらいの期間にこのくらいのカリキュラムをこなせばこのくらい伸びるという計算がついているからです。語学学校の点数上昇バックアップ体制、試験対策データ班、過去の経験から累積された試験対策カリキュラム、試験情報に精通した講師の存在など、他国の留学では見られない有利な条件がそろっております。 実際アメリカやイギリス、オーストラリアなどから試験対策目的でフィリピンに引越し留学される方が年々増加しております。 又英語力は高いがスピーキング力がめっぽう弱い方やスピーキング部門やライティング部門など自宅の自習では補えない部分をピンポイントで強化される短期集中型の英語留学も増加しております。 >>>2週以下、超短期留学おすすめ校一覧を見る  >>>英会話マスタープランを見る Q:フィリピン人の英語は訛りがあるという話もあります。間違えた英語が身についてしまうと心配される方もいらっしゃいますが。。。 A:フィリピン英語留学というとなまりを槍玉に挙げる人が私の周りにもいます。フィリピン人の場合、生まれ育った時に身に付いたタガログ語やセブアナ語の発音やアクセントを引きずるケースです。 例えば日本語では『リ』という言葉は一つですが英語では『Ri』と『Li』に区分されます。日本人にしてみれば似たように思えますが、明確な差があり、ネイティブは一瞬で聞き分けます。それとBとVの区分け、語尾のN(例えばJapan(=ジャパン)の発音がジャパングになるなど)が弱い傾向にあります。こういうのがなまりです。 △英語スピーキングに特化したコースを運営するセブ島CPI校の講師陣 フィリピン人英語講師の中にもこもっているような英語を使う人をたまに見かけます。講師たるもの綺麗な発音で指導される事が望ましいですが、問題視するほどひどい程度ではなく、すこし耳に違和感があるくらいの感じです。槍玉にあげられるほどの元凶には思えません。 そもそも英語圏の中に千差万別のなまりがあります。アメリカ英語とイギリス英語は明確にアクセントが違います。私が東京四谷にある英会話学校に通っていた時のアメリカ人先生は『イギリス英語は大富豪奥様の「上流階級」言葉のようにくすぐったく聞こえる』とこき下ろしていました。 又同じ国内でも地域によって英語のアクセントやイントネーションが違います。私のいたミズーリ州は標準に近いと言われますが、南側に下ってルイジアナ州あたりの南部にいきますと発音もイントネーションもかなり違ってきます。 △各国の英語の特徴を教育するフィリピン講師トレーニング資料の一部。バギオTALK校 イギリス人やオーストラリア人は地方によっては『テイ』を『タイ』と発音したります。オーストラリア人がトゥデイ(Today)をトゥダイと発した時には思わず『Speak English(英語で話せ)』と言いたくなりました。 フィリピン人の中になまりのある人間も存在しますが、度合いが強いものではなく許容範囲くらいに思えます。ただなまりの問題を事前トレーニングで徹底クリアさせている語学学校もありますので、こだわりのある方に対してはそのような語学学校を紹介する事もできます。 以下、フィルイングリッシュ取材チームが撮影したビデオ。実際フィリピン語学学校で英語を教えている先生たちのスピーキングコース紹介の動画です。普通の英語ですが、日本人に聞き取りやすいと思います。ご参考下さい。 △フィリピン英語留学3か月で英会話マスターを目指す!   △フィリピン英語留学の代表、セブ島留学の紹介動画 ナレーションはネイティブ、学生インタビューが含まれています) […]

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由 フィリピン留学最安値、しかし費用だけじゃないイロイロ留学の魅力   フィリピン留学の隠れスポットイロイロ留学。イロイロ留学のほとんどの語学学校は日本でマーケティングをせず、口コミだけで日本人留学生を受け入れてきました。日本事務所や日本語パンフレット、ウェブサイトもない語学学校がほとんどです。それでもイロイロを経験した日本人留学生からの口コミが広がり、日本人留学生が70%以上に達したこともあります。   最近はイロイロ留学も、より多くの日本人にイロイロ留学の魅力を伝えるため語学学校のブサイトやブログ、パンフレットなど情報配信をしているところもあります。日本人留学生をサポートするスタッフを配置する、辛いもの中心の献立を一新するなど留学環境の整備もどんどん良くなっています。   そんなイロイロ留学。『これが決め手だった!』という卒業生たち声をフィルイングリッシュスタッフがまとめました。   検証済み!イロイロ留学がおすすめの5つの理由 学費が安い 物価が安い レベルの高いフィリピン人英語講師 レベルの高いフィリピン人講師陣! アットホームな留学環境     1.学費が安い もともとフィリピン留学は格安の費用とマンツーマン授業で英語力を伸ばすものとして人気になりました。しかし、フィリピンの中でも地域による費用の違いはあります。それは、利便性が良く土地、地域の物価にもよるものです。   例えば、フィリピン留学で一番人気のセブ島留学の平均学費が1ヵ月(4週)で約14~16万に比べ、イロイロ留学の平均学費は約10~12万円と割安。語学学校によっては4週10万以下で留学可能な超格安の留学先もあります。特にフィリピン留学最廉価の1つWe Academy校に関しては、4週10万以下で留学できるコースがある上に、講師の質が高いと評判です。 >>>イロイロ留学人気校We Academyの詳細はこちら     2.物価が安い   イロイロはフィリピンの地方都市です。ちなみにフィリピン国内で大きい順でいうと首都のマニラ、その次が一番人気の留学先セブ島、そしてミンダナオ島にあるダバオです。中小規模の地方都市イロイロは大都市と比較すると約2~3割ほど物価が安い。   生活物価が安いのは留学生にもお得。留学先で出会った友人や講師と外食した時にかかる食事代は高くとも一人でだいたい150~250ペソ(約320~550円)ほどです。なんと、お酒代なども含めてです。留学生が留学中に1度以上は行くフィリピンのマッサージショップでの費用は1時間約200ペソ(約420円)で受ける事が出来ます。   ※イロイロでも和食レストラン、韓国レストランなどはローカルの物価より高いです。   3.レベルの高いフィリピン人講師陣   イロイロの各語学学校の大きい自慢の1つは、レベルの高い講師陣。1つの語学学校に在籍年数3年以上の講師も珍しくありません。学園都市として認知度が高いイロイロでは、他地域と比べ語学学校側が特別な事をしなくとも高レベルの講師が勝手に集まってきます。そして、イロイロ地域の語学学校は規模が小さい分、講師達への管理がしっかりと行き届いています。そのような理由で長い間1つの学校に滞在し続けるベテラン講師が多いのです。   4.アットホームな留学環境   フィリピンだけではありませんが、地方都市は大都市と比べ地元の人がフレンドリーで学校施設はアットホームなところが多い傾向にあります。イロイロ地域もフィリピンの大都市とは異なり、アットホームな語学学校が多い。語学学校スタッフ、セキュリティガード、講師陣まで全員が暖かく学生のケアを行うのが当たり前の雰囲気のところばかりです。週末には講師と生徒みんなが一緒になって外出する事も珍しくないです。留学生活で授業の中ではもちろんフィリピン人講師と人間的に仲良くなる留学生がほとんどというのもイロイロ留学の特徴です。   5.留学生の希望に合わせるカスタマイズ式   語学学校が一人ひとりの留学生の希望に合わせてカリキュラムを組むことは容易ではありません。特に規模が大きい語学学校、スパルタ式の語学学校はその傾向が強く、語学学校独自のカリキュラムに沿って英語学習をしていくことになります。   フィリピン留学はマンツーマン授業が中心ということもあり、他の国に比べるとカスタマイズ式カリキュラムを提供する語学学校が非常に多いです。特にイロイロ留学の多くの語学学校では、学生から授業に対しての要望に可能な限り対応します。例えば、通常のESLコース(一般英会話)を学びながらも1~2コマはTOEIC科目を受講したい、ビジネス英語を学びたいなどの要望も受け入れてくれます。全ての授業をスピーキングにしたいなどのワガママも叶える事が出来るのがイロイロ留学の魅力です。   ※コース混合の割合、対応可能科目は語学学校によって異なります。詳細は担当カウンセラーまでお問い合わせ下さい。 >>>イロイロ留学のおすすめ語学学校一覧に戻る   おすすめの留学コンテンツ セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る […]