Phone Icon
03-6869-5003 / 5004
訪問予約 03-6869-5002
Quick Email
お急ぎメール

2017年 フィリピンの祝日について

2017年のフィリピンの休日をお知らせいたします。
フィリピンの休日は授業は休校となりますのでご了承くださいませ。
ただ、C&C校では4週間18日の授業数を保証しております。
滞在期間中に祝日が多く18日に満たない場合、その日数分滞在を延長するか、帰国後のオンラインクラスを受講するかの選択が可能となります。

イロイロ留学体験談:We Academyでのフィリピン留学を終えた3名の体験談

 

留学コース: ESL Cコース(マンツーマン4時間. グループクラス2時間)
留学期間: 5ヶ月(2016/09/10~2017/01/28)
名前; Hayato Minami

 

I stayed here for 20 weeks.When I came here, I thought this environment is totally different from Japan. And I also thought I can’t live such a place more than 4 months. However, I’ve accustomed this poor situation and I could enjoy in itself.

 

This city is better than any philippine’s city. Because we can walk outside even if it’s at night. Then about this school. The level of teachers is so high, I think, but it’s the only situation that you could have prepared at least grammar before you come tothis school. If so you can draw fully teachers’ skill.

 

About room.If you have good expectation about room, I recommend you that you should throw away that imagination right now.Summery.If you have adaptability and undaunted spirit, you can cut your way through this hardship.

 

 

僕は20週間WE Academyにお世話になりました。

 

イロイロに着いて、まず発展途上国やなぁと思いました。日本との環境が違いすぎて大丈夫かという心配から全てが始まりました。こんな僕でもこの環境に適応しつつ20週間という留学期間をそれなりに過ごすことができました。イロイロは夜でも危険なところに行かなければ普通に外を歩けます。それくらい治安は良いと思います。他の都市ではそうはいかないそうですが、、。

 

そして、このWE Academyについて。先生たちのレベルはとても高いと思います。ただ、勘違いをしないでほしいのが留学に来れば英語が喋れるようになるというわけではないということです。留学前にしっかりと最低限文法事項くらいは一通り勉強してきたほうがいいです。あと、リスニングの勉強もしていれば先生たちが何を言っているのか理解しやすくなると思います。先生たちの能力が高いからこそ、それを最大限利用できるかどうかは前準備にかかっていると思います。

 

生活環境には本当に期待しないでください。セブンイレブンはもはや日本のそれとは全く違います。部屋は昆虫博物館さながら、たくさんの生物と触れ合えます。お菓子の放置は蟻好き以外はしないほうがいいです。総合すると、適応力とやる気で20週間はなんとかなります。

 


 

コース: ESL Aコース(マンツーマン3時間. グループクラス2時間)
留学期間: 1ヶ月(2016/01/08~2017/02/04)
名前; Uji Nobutaka

 

 

昨年の7月に引き続き2回目です。
私は70歳。体力の事もあるし、田舎にいる両親の事も気になるので、
前回は3週間、今回は4週間と短期にしました。
「今更なぜ英語を」と人から言われますが、英語を通じて世の中の事を知り、
いろんな文化、習慣、考え方を学んでいるだけです。
なかなか急には上達しませんが、若い人の様に資格をとったり仕事に活かす訳ではありません。
多少とも認知症の予防になればと思っています。
年金生活なので費用が安い英語スクールが良いと思いWe Academyを選びました。

 

スタッフの方は親切だし、先生も熱心です。
先生は各留学生の目的を聞き、能力を定めた上で、その人にあった指導をしてくれます。
運動不足にはならない様にと、朝夕はできるだけ散歩をします。
そして人々の生活を観察します。
花壇の除草、木陰の麻雀、闘鶏、大家族、走り回る子供達、、、貧しいがみんな元気です。
色あせた戦後の情景が浮かんできます。
街中で見聞きした事について先生と話すのが楽しみです。
当地のことについて徐々に知識が深まってゆきます。

 

日本の事もよく話題になります。
先生の中には家族や親戚の誰かが日本にいる人もいます。
日本人が知らない様な日本の歴史について知っている先生もいます。
夜間の大学院で法律の勉強をしている若い女の先生は、将来日本に行く事を計画しており、なんでも質問してきます。
少子高齢化、核家族、晩婚、母子家庭、介護、女性の社会進出、、、、この先生は日本の現状を聞くだけではなく「貴方はどう思うか。」と意見を求めてきます。
日ごろから新聞を読む時も、問題意識をもって読む様になります。

 

私はフィリピンの社会構造や週間、麻薬や新大統領についての評価を聞き、日本の報道との違いについて考えるのが好きです。
私の年代になると、同窓会や会社のOB会の話題はたいてい腰痛、関節痛、尿酸値、血糖値、、、などと限られてきます。
また年金、相続、孫の話などが多くなります。
ところがここでは、いろんな事が話題になります。

 

「地球温暖化についてどう思うか。」「歴史を学ぶことは重要か。なぜか。」「世の中の人が英語を話す様になったら世界は平和になるか。」「友達は一生変えるべきではないか。その時の状況に応じて変えるべきか」「もう一度生まれ変わったらどう生きるか」

 

今更人生はやり直せないが、もっと年輩者や上司の意見を聞くべきだったと言うと先生が同感だと言いました。

 

ある時、オーストラリアの先生が言いました。
「もし動物になるとしたら何になりたいか」犬や猫などペットになれば、働かなくても食べていけると思いました。
先生は「EAGLE(鷲)」になりたいと言いました。
理由;その容姿は威風堂々として威厳があり捕食動物で食物連鎖の頂上に立ち、その実力と気品は誰もが敬愛。空高く飛翔して物事を多角的にとらえ翼の限りどこまでも飛んで見聞を求める。この様な存在に憧れない者はいようか。

 

この様な会話をしていると日頃の雑事も忘れ、ストレスもなくなり、いつまでも元気で、意外と長生きするかもしれない。その時にはEAGLEの様に行きたいものです。

 


 

コース: ESL Bコース (マンツーマン4時間. グループクラス1時間)
留学期間: 3週間 (2017/01/07~01/27)
名前 :Shohei Kirihara

 

 

留学先を検討していた際にエージェントの方が、費用が安くてフィリピン英語講師の方の質が高い良い英語スクールとしてWe Academyさんを紹介してくださり入校を決めました。
費用が他の英語スクールに比べて安い事もあり、入学するまで本当にきちんと授業を受けれるのか心配でしたが、その不安はすぐに払拭されました。
WE Academyの講師の方々は私の3週間という短い留学期間を考慮に入れて授業を進めてくださり、また授業中や授業外の時間もフレンドリーに話しかけてくださるので、たくさん話す機会を設ける事ができました。

 

他の英語スクールに通った経験がないので私の主観にはなりますが、WE Academyの講師の方々の質はエージェントの方のおっしゃる通り本当に高いと思います。

一方的に受ける授業ではなく、自身が発する機会を授業中にたくさんいただけたのでマンツーマンや少人数授業のメリットを最大限享受できたと思っております。
また、スタッフの方々は人当たりが良く、こちらの要求に対する対応も迅速に行ってくださったので助かりました。

 

現在We Academyには外国人マネージャーとして、日本人と韓国人のマネージャーがいますが、とても優しい方々なので何でも気軽に相談できる環境だったと思います。
部屋に関してはキレイとは言えないかもしれませんが、一種間に2回きちんと掃除をしてくれますし、セキュリティーの方もいらっしゃるので安心して生活する事が出来ました。
食事もバランスを考えて下さり毎日野菜を採る事ができたので満足しています。
韓国料理の割合が多かったですが、韓国料理が好きで味も美味しかったのでご飯の時間が楽しみでした。

 

We Academyにはイロイロという知柄からか分かりませんが、先生方やスタッフの方、留学生の皆さんもとても穏やかな人が多く、毎日WE Academyの方々といるのがとても楽しかったです。
WE Academyの友達とお祭りや街のレストランなどにも行く事ができ、短い期間ではありましたが、たくさんの友達ができ、かけがえのない時間を過ごせました。
落ち着いた環境とアットホームな雰囲気の中で学びたい方にとてもお勧めしたい英語スクールです。
ありがとうございました。

 

We Academyがより過ごしやすい環境へ!

「低価格で優秀な先生の授業が受けられる」が自慢のWe Academy!
ドミトリーのリフォームを行い、学生様がより満足できる環境となりました。
学生様から、学校での様子についてのお話しも頂いております!

DREAM 初日のスケジュール

Dreamにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」英語留学となるよう準備を進めましょう。

 

【初日スケジュール】
1)DREAMへ午前に到着した場合

時間

内容

6:30 ~ 7:00 朝食
7:00 ~ 12:00 休憩
12:00 ~ 13:00 昼食
13:00 ~ 16:00 レベル分けテスト
16:00 ~ 17:30 オリエンテーション及び授業時間割配布
18:00 ~ 19:00 夕食
19:00 ~ 21:00 お買い物及び両替(※マネージャー同行)

※午前中にDREAMへ到着した場合、午後よりスケジュール開始となります。

 

2)DREAMへ午後以降に到着した場合

時間

内容

6:30 ~ 7:00 朝食
7:00 ~ 8:00 休憩
8:00 ~ 11:00 レベル分けテスト
11:00 ~ 12:00 オリエンテーション
12:00 ~ 13:00 昼食
13:00 ~ 17:00 授業開始(一時的な時間割)
17:00 ~ 18:00 休憩
18:00 ~ 19:00 夕食
19:00 ~ 21:00 お買い物及び両替(※マネージャー同行)

※午後または夜にDREAMへ到着した場合、翌日よりスケジュール開始となります。

We Academy 初日のスケジュール

We Academyにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。

 

 

【初日のスケジュール】

時間

内容

7:00 ~ 8:00

朝食

8:00~8:50

休憩

8:50~ 9:40

レベルテスト(ライティング)

9:50~10:00

スピーキングテスト

10:00 ~11:00

オリエンテーション

11:00~12:00

休憩

12:00 ~13:00

昼食

13:00 ~ 15:00

シティーツアー(お買い物、両替)

15:00~17:00

休憩

17:00~18:00

夕食

 

※希望者は、初日からフリーナイトクラス(17:30~19:00)に参加する事が出来ます。(参加希望者が3人以上募った場合)

C&C Academy 初日のスケジュール

C&C Academyにおける新入生スケジュールです。以下のスケジュールをご理解いただき、より充実した「特別な」留学となるよう準備を進めましょう。

 

ほとんどの生徒様が土曜日、または日曜日に宿泊施設へ入寮します。イロイロ空港にてピックアップが行っており、平日(月〜木)にも入寮可能となっております。以下は土曜日または、日曜日におけるスクール到着後目安の初日のスケジュールです。

 

【オリエンテーションスケジュール】

時間 内容
土曜日 / 日曜日 ・オリエンテーション

・レベル分けテスト

(※入学前に受験をしていない場合)

・お買い物

※当日にてモール滞在時間を決定します。

月曜日 ・授業の進行

(※1. 入学前、または土曜日、日曜日に受験していただくレベル分けテストを持参する。)

(※2. 入学より1週間は講師適応期間のため、講師変更が可能。)

 

【レベル分けテストに関する事項】

レベルテストは2段階のステップがあります。

-1次目に入学前に文法テストをオンラインで受験していただきます。入学申請後、スクール側よりオンライン受験に関する詳細をメールにてお知らせいたします。

– 2次目は月曜日のバディー教師の講義時間にスピーキング、リスニング、語彙、発音のテストが実施されます。

イロイロWe Academy 英語講師について

イロイロWe Academyのスペシャルニュースです。
英語講師の平均的な経歴が10年くらいのベテランが多数!
実力派講師紹介!

iloilo_we_academy201609

イロイロWe Academyニュース 2016.9

イロイロWe Academyの9月ニュースレーター
(最初の日本語が変ですが変換中に、文字化けしたと思います。ご理解ください。)

月に1度英語レべルテスト: JOB INTERVIEWなど
英会話力アップのためのEOPルール実施中!平日8時から5時まで
日本人留学生YOKOさんの体験レビュー
留学生の国籍比率
imgwe_academy_nws_letter_09231

imgwe_academy_nws_letter_09232

imgwe_academy_nws_letter_09233

イロイロ留学C&C*番外編セブのおすすめスポット

こんにちは!イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。

今回は、番外編として、セブのおすすめスポットを紹介します。

 

・ セブのおすすめスポット

「Royal Concourse」

Ayalaモールの近くにあるビュッフェです。ランチもディナーもひとり238ペソです。日本の食べ放題みたいな感じでした。

「Larsian BBQ」

庶民感すごくて躊躇しがちですが、店員(オネエ)が親切で、しかもかなりかなり美味しくて最高です。あと安い。二回食べに行きました。

「Tree Shade Spa」

3年前にも行って、すごく良かったのでまた行きました。今回はTOEIC試験会場近くに支店が出来ていたのでテスト前日に行きました。60分間の全身オイルマッサージが360ペソ(学生証を持って行きましょう)

「Carbon Market」

巨大な野外マーケットです。フィリピン初心者には恐怖かもしれません。行くなら午前中に、最低限の荷物でどうぞ。

 

「Colon Street」

フィリピンで最も古く短い道路らしいのですが、どこが?って感じでした。まあ記念にどうぞ。

 

「Sky Experience Adventure」

高層ビルの屋上で出来るスカイアクティビティ。値段もそんな高くないので(200ペソ〜)、上空からセブを見下ろしたければどうぞ。

 

「Tops」

山の上の方にあります。ここまではタクシーで行くしかありません。夜だと夜景が見れてオススメなので、5時とかに向かうといいです。

「Captain A’s Seafood Grill」

Boodle fightっていうフィリピン伝統の軍隊式食事方法を体験できます(イロイロでも出来る)。大きなバナナの葉に直接食事が置かれていて、素手で食べます。(もちろんスプーン・フォークで食べることもできます。)

・ セブのおすすめお土産

「Golden Sana Banana Chips」

こんなに美味しいバナナチップなかなかないですよ。私的には世界一。3年ぶりの遭遇につい大量購入。フィリピン人の口にもかなり合うようで、チューター通販で買ってた笑 ちなみに300gで100ペソ、500gで165ペソくらいです。売ってる場所によって多少値段違います。SMのジプニー乗り場の近くのエントランス付近が最安でした。

 

「Peter Paul Virgin Coconuts Oil」

このココナッツオイルめっちゃ良いらしいです(ネット情報)。私はSMのスーバーで買いました。250mLで165ペソくらい。日本では同じ商品が2000円するそうです。これを毎日リプトンに入れて飲んでるんですが、すごいですね。効果抜群です(何にとは言いませんがトイレ的な何か笑)。

 

フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。

イロイロ留学C&C*公式TOEIC受験2

こんにちは!

イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyです。

前回の続き、TOEIC受験までの流れについてお伝えします。

 

◯ホテル予約

申込と交通手段が確定したら宿泊場所を確保しなきゃですね!
フィリピンのTOEICは日本と違って、午前中(しかも7時半集合)なので前泊が必須になっています。
そこで、試験前日に私が本気でおすすめしたいホテルは…
「S Hotel and Residences」です。
一部屋一泊たったの1350ペソで、新築みたいに綺麗なホテルです。
しかもなんと、試験会場であるSMEAGキャピタルキャンパスまで徒歩3分程。
当日の交通渋滞のことも考えなくていいので、非常にいいと思います。
私のお気に入りポイントは、シャワーとトイレの間にガラスの壁が設置されていること!
どこからどこまでも綺麗で、部屋も広くて、人も親切で満足です。
あと徒歩圏内にガイサノモールがあるので飲み物とか、もろもろ買えますよ。
ジョリビーもチョーキングもピザ屋さんも。

ちなみに、ホテルまでポートからジプニーでも行けます。

セブのジプニーは、アルファベットと数字でルートが決められています。
ポート近くからホテル(試験会場)近くまでは、「06B」が一番良いと思います。
料金は7ペソで、お金を払うときと降りるときに言う言葉はイロイロと同じです。
ただ、セブでは降りるときにコインでカンカンまたは天井をノックするのが主流でした。

<補足>

テスト後の宿泊場所。
もし土曜の夜の船でイロイロに帰るなら宿泊する必要がありません。
私はセブにもう2泊しました。
TOEICの会場はGuadalupeというちょっと中心部から離れているところにあるので、連泊はあまり好ましくないと思います。

2泊目:Quest Hotel Cebu
プールバーとかついてるようなゴージャスなホテルです。
日本でこんなところに泊まったら3万とかしそうですね…
想像以上にすごかったです。
ちなみに一部屋一泊7500ペソ…のところ、3406ペソでとりました!(^^)/
場所は、アヤラモールというセブで2番目?に大きいショッピングモールの目の前です。

3泊目:Richmond Plaza Hotel
二泊目のホテルめっちゃ良かったんですが、贅沢しすぎなので、3泊目は少し控え目に。
まあまあって感じですね。
二泊目のインパクトがすごすぎて、記憶にありません(実際、私寝落ちしてました…10時くらいに…)

◯試験当日

受験票のようなもの(メールで来る)には試験時間が「8:00-10:30」って書いてあるのですが、
ちゃんと読んでいくと、30分前には到着しないと行けないみたいです。
また、済みから済みまで受験票を読むと、「サンダル禁止・短パン禁止」って書いてありました。
なので、私は長ズボンとスニーカーを履いて、7:20に到着しました。
ですが…みんな短パンでサンダルやないかーーーーい!しかも何時間待たせるねんーー!!
って感じになりました。
でも決まりを守ってれば何の問題も起きないはずなので後悔はありません(長ズボン暑かったし重かったけど)

試験会場についたら、受付して、荷物預けて(消しゴムしか持ち込みできない)
ひたすら待って待って待って…
ようやくテスト始まって、終わってから時計見たら…なんと12時!!笑
1時間半も遅れちゃってたんですね。

まあそんなこんなでTOEIC終わりました。
結果は一週間後に来るはずなので、本来ならもう届いてるはずなんですが
今、台風が来るとか来ないとかで天気めちゃくちゃ悪くて遅延してます。
おそらく明日来ると思うのでウキウキわくわく!笑
結果が良くても悪くても、テストの結果もらうの好きなんですよね。

TOEICって他の人のスコアも影響してくるじゃないですか。
フィリピン人(たぶんどっかのチューター)もたくさん受けてたので平均点あがるので不安です。
でも日本とは違ってフィリピンは旧TOEICなので、そっちが得意な人は是非受けてみてください。

会場のSMEAG

以上でTOEICについては終わりです。

フィリピン イロイロ留学C&C学生レポーターのLillyでした。

次回は番外編です。。

よく読まれている留学体験記

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析

フィリピン英語留学ってアリ?専門家らから見たメリット・デメリット徹底分析 こんにちは。フィルイングリッシュ留学カウンセラーの佐藤です。 フィルイングリッシュでは、個別留学カウンセリングをメインに、月100名ほど、春・夏休みのピーク時は月150名ほどの日本人留学生のフィリピン留学をサポートしています。     1年3万人以上が英語留学に行くフィリピンですが、欧米への英語留学に比べるとまだそれほど知られていないのも事実。 「格安留学を調べていて、フィリピン英語留学を初めて知りました」、 「フィリピン英語留学に行ってきた友だちに聞いて初めてしりました」など、 フィリピンで英語留学をすることについてまだまだ違和感を感じる方々が多いようです。   一昔前は費用が高額、期間が長期、遠いなどの制約で誰にでもできるものではなかった『英語留学』。 そのの常識を覆したのがフィリピン英語留学です。しかし、フィリピン人英語講師、フィリピンという国の英語についてイメージがわかないかたも多いかと思います。   そこで今回はフィルイングリッシュのシニア留学カウンセラー梶野章より、フィリピンの英語、フィリピン人の英語はどうなのかというテーマでインタビューし、Q&A形式でまとめました。   留学カウンセラー梶野章の簡単紹介    フィルイングリッシュ統括責任者・共同代表。 東京都出身。アメリカミズーリ州セントラルメソジスト大学英文科卒。 英語留学カウンセラーとして過去4年間に2,200名のお客様を日本からフィリピン語学学校に送客。   Q:そもそも、何でフィリピンに英語留学にいくのですか? A:もちろん留学費用が安いというのもあります。別々の友人の娘さん3人が現在カナダの高校に通っていますが年間の費用は1名が900万円、もう1名が700万円、もう一名が600万円と聞きました。フィリピンですと200万円はかからないでしょう。それと飛行機の移動時間もフィリピンは4時間30分、欧米は12時間。移動するのも一苦労です。   ただ『留学費用が安い事』が一番の理由ではないと思います。 結果を出しているという事がすべてでしょう。フィリピン英語留学ですと12週間あれば英語初級者が日常生活で困らないほどの英会話力を、ほとんどの受講者が身に付ける事ができます。あちこちで披露されるフィリピン英語留学での成果と自慢話が人を呼び日本人のフィリピン留学生の数は2010年に年間4,000名から2015年にその約9倍にあたる35,000人にまで膨れ上がりました。      >>>フィリピン英語留学4週の費用まとめを見る   Q:フィリピン人はなぜ英語が話せるんですか? A:フィリピンは多言語民族です。フィリピン国内に172の言語が存在します。タガログ語をしゃべるマニラっ子とセブアナ語を話すセブっ子では言語が違うので意思疎通ができません。そこで共通語として英語が公用語となりました。   フィリピンでは幼稚園から大学まですべて英語の教科書が使われます。授業内では基本(幼稚園、小学校低学年を除く)オール英語で進行いたします。高校を卒業したものであれば基本日常生活で英語のコミュニケーションには困らなくなります。   △フィリピン、バギオ地域の幼稚園。英語科目ではない授業でも英語で行われる。   Q:フィリピン英語留学で英語はホントに伸びますか? A:欧米諸国にもフィリピン同様様々な英語学校があります。ですがフィリピンにあって欧米諸国にないものが二つあります。手頃な価格で集中的に受講できる『マンツーマン授業システム』とカリキュラム通りに学生のレベルが上がるかどうかをチェックする『管理システム』です。   △フィリピン人講師とのマンツーマン授業の様子。セブ島セブブルーオーシャン校   人間それぞれ適正がありますのでその人にあったオーダーメイドの授業内容を1対1で進行させていく指導方法は極めて有効です。学生は受身で聞き流すだけの姿勢が許されないシステムに組み込まれます。   もう一つは学校が一つになって学生の英語レベル進化を確認相談しながら前に進むシステム。毎週のミニテスト、月間のレベルテスト、毎授業毎の宿題など先生はすべてチェックし、進歩が遅れている学生に対しては手段をこうじます。放課後が自由放任主義の欧米学校よりもはるかにきつい規律と規則とノルマと罰則が存在するという事です。   アメリカでは語学学校に1~2年滞在しているにも関わらず英単語を一つ二つ発してなんとかコミュニケーションするレベルの日本人がゴロゴロいます。実際に見ました。フィリピン留学生では希少価値の存在です。   Q:フィリピン英語留学でどんな事が学べますか? A:フィリピン英語教育で強い部分は二つ。 『英語の基礎固め』と『英語試験対策』。   フィリピンで12週勉強すれば日常英会話力がつくという話はだいぶ知れ渡ってきましたが、コミュニケーション力だけにとどまりません。12週間まじめに勉強すれば英語の基礎がしっかり備わるという付加価値がついてきますのでどの英語検定試験にも突入できる英語基盤が出来上がります。   英語の基礎がある人間がフィリピンの英語検定が強い語学学校で学べば、4週平均でTOEICは70~100点、TOEFL10~13点、IELTS(初期段階)0.5点のペースで上がって行きます。 […]

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由

【イロイロ留学】イロイロ留学がおすすめの5つの理由 フィリピン留学最安値、しかし費用だけじゃないイロイロ留学の魅力   フィリピン留学の隠れスポットイロイロ留学。イロイロ留学のほとんどの語学学校は日本でマーケティングをせず、口コミだけで日本人留学生を受け入れてきました。日本事務所や日本語パンフレット、ウェブサイトもない語学学校がほとんどです。それでもイロイロを経験した日本人留学生からの口コミが広がり、日本人留学生が70%以上に達したこともあります。   最近はイロイロ留学も、より多くの日本人にイロイロ留学の魅力を伝えるため語学学校のブサイトやブログ、パンフレットなど情報配信をしているところもあります。日本人留学生をサポートするスタッフを配置する、辛いもの中心の献立を一新するなど留学環境の整備もどんどん良くなっています。   そんなイロイロ留学。『これが決め手だった!』という卒業生たち声をフィルイングリッシュスタッフがまとめました。   検証済み!イロイロ留学がおすすめの5つの理由 学費が安い 物価が安い レベルの高いフィリピン人英語講師 レベルの高いフィリピン人講師陣! アットホームな留学環境     1.学費が安い もともとフィリピン留学は格安の費用とマンツーマン授業で英語力を伸ばすものとして人気になりました。しかし、フィリピンの中でも地域による費用の違いはあります。それは、利便性が良く土地、地域の物価にもよるものです。   例えば、フィリピン留学で一番人気のセブ島留学の平均学費が1ヵ月(4週)で約14~16万に比べ、イロイロ留学の平均学費は約10~12万円と割安。語学学校によっては4週10万以下で留学可能な超格安の留学先もあります。特にフィリピン留学最廉価の1つWe Academy校に関しては、4週10万以下で留学できるコースがある上に、講師の質が高いと評判です。 >>>イロイロ留学人気校We Academyの詳細はこちら     2.物価が安い   イロイロはフィリピンの地方都市です。ちなみにフィリピン国内で大きい順でいうと首都のマニラ、その次が一番人気の留学先セブ島、そしてミンダナオ島にあるダバオです。中小規模の地方都市イロイロは大都市と比較すると約2~3割ほど物価が安い。   生活物価が安いのは留学生にもお得。留学先で出会った友人や講師と外食した時にかかる食事代は高くとも一人でだいたい150~250ペソ(約320~550円)ほどです。なんと、お酒代なども含めてです。留学生が留学中に1度以上は行くフィリピンのマッサージショップでの費用は1時間約200ペソ(約420円)で受ける事が出来ます。   ※イロイロでも和食レストラン、韓国レストランなどはローカルの物価より高いです。   3.レベルの高いフィリピン人講師陣   イロイロの各語学学校の大きい自慢の1つは、レベルの高い講師陣。1つの語学学校に在籍年数3年以上の講師も珍しくありません。学園都市として認知度が高いイロイロでは、他地域と比べ語学学校側が特別な事をしなくとも高レベルの講師が勝手に集まってきます。そして、イロイロ地域の語学学校は規模が小さい分、講師達への管理がしっかりと行き届いています。そのような理由で長い間1つの学校に滞在し続けるベテラン講師が多いのです。   4.アットホームな留学環境   フィリピンだけではありませんが、地方都市は大都市と比べ地元の人がフレンドリーで学校施設はアットホームなところが多い傾向にあります。イロイロ地域もフィリピンの大都市とは異なり、アットホームな語学学校が多い。語学学校スタッフ、セキュリティガード、講師陣まで全員が暖かく学生のケアを行うのが当たり前の雰囲気のところばかりです。週末には講師と生徒みんなが一緒になって外出する事も珍しくないです。留学生活で授業の中ではもちろんフィリピン人講師と人間的に仲良くなる留学生がほとんどというのもイロイロ留学の特徴です。   5.留学生の希望に合わせるカスタマイズ式   語学学校が一人ひとりの留学生の希望に合わせてカリキュラムを組むことは容易ではありません。特に規模が大きい語学学校、スパルタ式の語学学校はその傾向が強く、語学学校独自のカリキュラムに沿って英語学習をしていくことになります。   フィリピン留学はマンツーマン授業が中心ということもあり、他の国に比べるとカスタマイズ式カリキュラムを提供する語学学校が非常に多いです。特にイロイロ留学の多くの語学学校では、学生から授業に対しての要望に可能な限り対応します。例えば、通常のESLコース(一般英会話)を学びながらも1~2コマはTOEIC科目を受講したい、ビジネス英語を学びたいなどの要望も受け入れてくれます。全ての授業をスピーキングにしたいなどのワガママも叶える事が出来るのがイロイロ留学の魅力です。   ※コース混合の割合、対応可能科目は語学学校によって異なります。詳細は担当カウンセラーまでお問い合わせ下さい。 >>>イロイロ留学のおすすめ語学学校一覧に戻る   おすすめの留学コンテンツ セブ島留学:名実ともにフィリピン最大の留学地域 セブ島には様々タイプの語学学校があり、選択肢の幅が広いです。多くの日本人留学生、観光客、在住者がいるので初めての海外留学、東南アジアの方でも安心して留学できます。 >>セブ島留学を見る […]

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由

【バギオ留学】結果にコミット!バギオ留学が激アツな8つの理由   フィリピン留学といえばセブ島留学が有名ですが、実はじわじわ人気上昇中のバギオ留学。 フィリピン留学を知ったばかりの人にとっては、バギオ留学が何のことかよくわからないのではないでしょうか。 バギオはフィリピンの地域名のことで、フィリピン留学業界では、フィリピンの各地域で留学することをそのまま〇〇留学と呼ぶ傾向にあり、セブ島留学、バギオ留学、クラーク留学、その他バコロド留学、ダバオ留学の順番に人気があります。 特にセブ島留学とバギオ留学は、フィリピン留学業界ではライバルといっても過言ではないくらいの人気を争っています。   「なぜセブ島留学ではなく、わざわざバギオ留学に行くの?」   そんな風に疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 フィリピン留学のエージェントに相談すると、“結果にコミットする”ならバギオ留学に行きなさいと言われます。   “結果にコミットするバギオ留学!?”   どこかで聞いたことのあるフレーズですね。笑 今回は、その謎と人気の秘訣を探るべく、バギオ留学のメリットとデメリットを明らかにし、バギオ留学とセブ島留学の違いをまとめてみました。   バギオ留学≠スパルタ留学 バギオ留学は朝から晩まで勉強漬けのスパルタ留学、英語試験のハイスコアをとろうする本気でガリ勉の人しか集まらないんじゃ・・・ちょっと怖い・・・と思われている人もいると思いますが、実は意外なことにバギオ留学=スパルタ留学ではないんです。バギオにも平日外出が可能な留学生の自主性を尊重するセミスパルタタイプの語学学校は存在します。   それ以外にも、英語初心者だから英語勉強の日本語サポートがほしい、ワーホリ対策コースでしっかりと準備してオーストラリアで働きたい、ネイティブ講師の英語に触れたいなど、さまざまなニーズに合ったコースを運営して、且つスパルタタイプではない語学学校もあります。   バギオ留学が激アツな8つの理由 なぜ今バギオ留学が注目を浴びているのでしょうか。その理由8つを下にまとめました。 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結 娯楽、遊ぶ場所が少ない=誘惑がない 真剣な留学生が多い 真剣で、レベルの高い英語講師 涼しい気候でのフィリピン留学 治安が抜群に良い 留学費用が安い 物価が安い   1. 朝から晩まで英語漬けのスパルタ校が終結   もともとバギオはフィリピンの中でも有名大学が多く集まる学園都市として有名でした。そこに作られたのが、韓国人の親が子供を勉強するためだけに送り込む語学学校です。韓国の教育熱心な文化から出来たスパルタ語学学校が、「一定の期間で必ず英語力を上達させる、成果を出させる」という実績から他国の留学生にも受け入れられ、今日に至りました。   また、バギオにはスパルタ語学学校だけでなく、IELTS、TOEIC、TOEFLの試験対策に特化した語学学校も多数存在しています。試験対策に特化したコースは、一般的に専門性の高い知識や指導法が必要であり、全ての語学学校で運営出来るわけではありません。しかし、バギオは教育水準が高く優秀な人材が多いことから、そういった試験対策コースを運営できる語学学校が多いのです。   バギオ地域のスパルタ学校では朝6時30分から7時に正規授業が開始されます。一部は選択制、学校によっては義務参加となっており、出欠管理も徹底しています。正規授業はだいたい17時~18時に終わり、夕食後にはその日学んだことを復習するための自習時間があります。自習時間も出欠チェックをしている語学学校が多く、その日の授業で学んだことの復習を怠ることなく見直す勉強の習慣をつけることができます。 このように朝から晩までの学習スケジュール、自習時間が設定されているので時間を無駄にしたり遠回りすることなく、まっすぐレベルアップに向けて学習することができます。 ■ バギオ留学 スパルタ留学おすすめ校 ■ バギオ留学 テスト対策・ビジネス英語おすすめ校 ■ バギオ留学 中級レベル以上専門校   2.遊ぶ場所が少ない=誘惑が少ない   フィリピン留学に限ったことではないのですが、留学で失敗する留学生の特徴は、日本と違う環境で開放的になり、遊びに走ってしまうことです。 […]