お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

フィリピン留学・セブ留学と言えどフィリピンの英語留学先はセブ島を中心にフィリピン全土の7都市に集中しております。このコーナーでは語学スクールを地域別でまとめ、その地域のもつ特性等についてご説明いたします。

フィリピン英語学校レビュー もっと見る

フィリピン語学学校には様々なタイプがあり周辺環境や学術的力点は各々異なります。このコーナーはフィルイングリッシュ留学カウンセラーによる訪問先フィリピン英語スクールの分析解析記事集です。取材テーマは英語留学スクールの全般的な様子、在籍留学生への取材、周辺環境、学術内容概要などを全体的にまとめた『留学訪問記』と学校の教科カリキュラム、実際の授業展開や学習実績など学術面に特化して深く掘り下げた『留学プログラム解剖』の二つに分かれます。

フィリピン留学プラン もっと見る

フィリピン留学で英語を学ぶ目的は様々です。限られた留学期間、 留学費用で最大の効果を出すには、まず語学学校選びが大事。『 フィリピン留学プラン』コーナーでは、 留学プランの立て方から目的別おすすめ語学学校まで20以上のプ ランをご紹介します。 迷ったら今月のベスト留学プランからチェックしましょう。

スピーキング集中8~12週
 
フィリピン短期留学
 
優れた施設/女性留学
 
おすすめスパルタ語学学校
 
ネイティブ英会話おすすめ学校
 
TOEIC,IELTS,TOEFLテスト対策
 

フィリピン留学体験談 もっと見る

フィリピン留学卒業生から聞く英語留学の感想、辛口評価、 おすすめ情報が満載。フィリピン留学体験談コーナーでは、 卒業前の留学生のインタビューを取り、 留学を検討されている皆さまにお届けしています。 フィリピン全国の語学学校からの体験談は250件以上、 毎週更新! 行きたい語学学校のリアルな感想を是非チェックしてみて下さい。

PINES Chapis New!

【バギオ留学体験談】PINESチャピスでIELTS7.0取得

MONOL

【バギオ留学体験談】MONOLのオプショナルクラスについて

MONOL

【バギオ留学体験談】MONOLで留学した3人の山口大学生

学校関係者インタビュー もっと見る

フィリピンの語学学校では留学生の英語力向上のために様々な国籍 のスタッフが留学生サポートをしています。 フィルイングリッシュの留学カウンセラーは定期的にフィリピン全 国の語学学校を取材し、英語教育の管理者、講師、校長、 そして日本人留学生をサポートする日本人スタッフのインタビュー をしています。

AELC 1

クラークAELCのベテランジャーナリストの英語講師にインタビュー

WALES

バギオWALES、ベトナム人学生のマネージメントに関するインタビュー

QQ English ITパーク校

QQenglish、素晴らしい講師陣、スタッフ、運営システム

カウンセラーアドバイス もっと見る

フィリピン留学カウンセリング事例の一部をご紹介します。 実際にフィリピン留学を検討中の方から頂いた質問にフィルイング リッシュのベテラン留学カウンセラーが回答するQ&A形式。 フィリピン英語留学に関する疑問ならどれほど細かいお問い合わせ でもすっきりした解決案を出します。

バギオのHELP語学学校でIELTSスコア7.0取得したい

現在お客様は初級ですのですぐにIELTSを受講するのではなく、ESLコースを8週間先に受講する事を勧めします。本格的にIELTSコースを受講するための基盤を作る期間と思...


夏休みを利用した高校生のフィリピン留学にお勧めの学校

夏休みを利用した留学を検討されている17歳(高校生) の留学希望者さまからお見積もり依頼を頂きました。 3週間の留学で予算は現地でかかる費用等も含めて上限20万円...


PINESチャピスでスピーキングを伸ばしたいです

PINESチャピスで2〜3週間でスピーキングをのばしたいのですが。 現在のレベルは、TOEFL80点で、教師のクオリティと勉学の雰囲気を重視しています。バギオPINESチャピス...


フィリピン留学コラム もっと見る

フィリピン留学をもっと豊かに、もっと楽しくするための情報満載。フィリピン国内のおすすめ旅先から格安で周辺国への旅。グルメやローカルのお店などフィリピン留学専門カウンセラーからの記事をまとめました。学生目線から見たフィリピン留学の魅力、卒業生コラムも人気です!

New!CGスパルタ – フィリピンへ行く前の準備について

CGスパルタ – フィリピンへ行く前の準備について (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております) 出発前の準備: •適切な勉強時間 •精神的、肉体的、知的なもの フィリピンでの留学を成功させるためには出発前に出来る限り準備することが肝心です。特に、留学先が違う国で、生活の一部もしくは全てが変わる場合は、健康面、精神面、そしてその国についての知識が必要だと思います。 始めに健康の為に準備しておくことが必要:健康についてアドバイスさせて頂きますと、毎日の運動の計画を立てることが第一だと思います。仕事と勉強をどのくらい調整できるかによって、理想とする状態にもっていくまでに1ヶ月以上かかることもあります。長期間の留学に備え健康を保つため、食事や運動を含む明確な計画を立てるべきだと考えられます。 セブの天気について:セブ市とベトナムはほぼ同じような気候ですが、海岸沿いの都市であるため、天気は時々不安定になります。例としては、朝に急な雨が降ったり、とても強い日差しだったり、夕暮れ時の突然の雨等です。急な気温の変化はインフルエンザや喉の痛み、鼻水などを引き起こす可能性があります…生死に関わる様な深刻な病ではありませんが、あなたの学習に影響を及ぼすでしょう。可能であれば、勉強後はできるだけ早く休みを取り、リラックスしてから運動して常に良い健康状態を保つことが重要です。念のため、風邪、発熱、鼻水、頭痛、腹痛などの一般的に罹りやすい病気に対しては薬を準備しておくことをおすすめいたします。フィリピンの薬価は非常に高価ですので、女性の場合は個人の身体に合わせてより多くの薬を持参した方が良いでしょう。 運動の前にはリラックスすることが望ましいですが、学校でリラックスすることができるのでご安心ください。本校には生徒向けのリラックスプログラムや美味しい食事、楽しい友人がいて、学校の近くで必要なものも購入することができます。主な目的はは学ぶことなので、まずは勉強をする上で自分の目標を設定する必要があります。あなた自身のことを明確にするには、ストレスをかけないよう気を付けてください。常にリラックスして自信を持ってこの留学を終えることが目標です。もしあなたが誰かと一緒に留学している、もしくは同じコースで勉強している場合は必要に応じてお互いに連絡を取り合うことをおすすめします。言語の同じ友人はより安心することができ、時としてそれは貴方の助けとなるでしょう。そして一緒に成長しましょう。 あなたの留学の目的及び選択したコースにより異なりますが、情報を集める事と留学カウンセラーに渡航前に何を準備すれば良いか相談することをおすすめします。もしあなたが英語によるコミュニケーション力をたかめる目的でESLコースを選択するのであれば、たくさんの参考書や教科書を用意する必要はありません。CGスパルタでの勉強を容易にするため、筆記用具やカラーペン等の勉強道具を用意すれば良いと思います。またこれらの勉強道具は学校の近くにある小さなスーパーマーケットでも購入することができます。ですが、あなたの好みに応じて前もって準備するものは決めてください。勉強用の本の代わりに辞書や短い小説などを持って行くと、同様に英語を勉強する上でタメになると思います。CGはあなたの英語学習を良い物にすることを保証してくれます。また、入学するとすぐにテストを受けることになりますが、その結果は専門教師によって細かくチェックされ、それぞれのレベルに適したレベルのクラスへと配置されることになります。そして入学後は毎日単語を勉強し、月間テスト(正確には毎月最終週)でチェックされます。 留学前に多くの人が考慮しなければならない最も重要な問題の1つは、留学期間です。初心者の方には、3ヶ月のコースが最適かもしれません。CGスパルタのコミュニケーションコースは、英語で会話する習慣とスピーキング力を上げる事ができるよう作られています。徐々にレベルと語彙を向上させていきます。3ヶ月間あなたは習慣にできるよう練習しなければなりません。もし途中で止めれてしまえば、それは諦めたことと同義になると思います。良い習慣はCGスパルタの講師があなたのために毎日鍛えてくれます。 もしご自身の英語力に自信がなければ、事前に基本的な質問リストやどの強化を重点的に学びたいか等をまとめて作っておいて、授業が始まったら先生に見てもらいましょう。CGスパルタのマンツーマンクラスの先生を変更するのはとても簡単です。またここの先生達は若いのでとても話しやすく、あなたのミス、発音等の問題を正すことに尽力してくれることでしょう。 あなたのことを少しでも共有してくれれば、それはあなたの助けになると思います。フィリピンは英語を練習する上で非常に良い場所です。もしあなたが自分の時間をと勉強と出費を上手くコントロールできればそれは素晴らしい経験になります。あなたの共有がより多くの経験を得る助けになり、もっと興味深い留学になることを望んでいます。 次の記事“CGスパルタ校の評価テストについて”をお読みいただければ更にこの学校のことが理解できると思います。

ELSA 放課後のアクティビティ

[ELSA] – 放課後のアクティビティ (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております) ELSAはリゾートスタイルの学校なので、放課後にはストレスを和らげ、バランスを取り戻すのに役立つ活動がたくさんできます。 放課後のスケジュールは次のとおりです。 月曜日から金曜日までの放課後 授業は17時05分から始まります。夕食は毎日17時から始まるのでカフェテリアに移動します。 夕食を食べるのには30分から45分かかります。 夕食後は多くのアクティビティの中から選ぶことができます。 -生徒は非常にきれいで美しいキャンパスの周りを散歩することができます。ELSAの生徒にとっては食後のウォーキングは最適で、歩きながら話すことでコミュニケ―ションスキルも上がっていきます。 私は毎晩30分歩いています。 あなたがウォーキングが好きではない場合は、あなたは座りながら子供たちがプールのプールで泳ぐのを見ることができます。涼しい水面に浮かぶことでセブの夏の暑さを解消することもできます。 最も効果的に疲れを取り払う方法は、冷たい水に浸かることです。 私は毎日21時に泳ぎに行きます。 私は体を鍛えるために泳いでいるので、多くの食事を必要としています。 ここの生徒の何人かは、食事の後でも水泳をしています。 – 散歩しない場合は、友達を誘ってバレーボール、バドミントン、卓球などができます。または男性の方でしたら筋肉のトレーニングをすることができます。 スポーツをしたい場合は、学校でラケットや必要な物をレンタルする必要があります。 -幸いなことに、台湾でヨガ教師だった生徒がいたので、授業の後ヨガを教えてもらいました。もちろん、それは無料でした。 -また、キャンパスから歩いたところに学校の近くの海や川を見ることができます。 ELSAにいる恋人は、静かな場所を求めてしばしば学校の裏側にある海や川にいきます。 日曜日のアクティビティ 週末2日間の外出は自由ですので、セブ島や多くの美しいビーチなど、どこにでも行くことができます。 毎週金曜日の夜から外出することができます。 しかし、学校には外出時にいくつかの特別な規則を設けています。 門限は24時間までですので24時を過ぎると外泊としてカウントされます。 外泊する際は事前にオフィスで外泊の申請をする必要がります。申請書には 行先、到着時間、所要時間など詳細に書かされます。 24時前に返ってきた場合は、ログインして保護をチェックします。 もちろん「ゲートパス」と「学生証」を持って来る必要があります。 週末には、学生たちが自分のツアーを企画して、学校近くの観光地に出かけます。 Bolho、Oslob、Camotes、Bantayan … 1回の旅行で約2,000円~4,000円の費用がかかります。 美しい景色、海に加え、フィリピンの食べ物や色んな体験ができるので週末の旅行は非常に楽しいです。 しかし、外出後は日焼けや風邪になりやすいです。ですので旅行する場合は、ベトナムからいくつかの薬を持ってくる必要があります。 私はオンラインで仕事をしなければならないので、週末にはショッピングモモールに行って必要なものを買います。 あなたができる幾つかのこと Oslob 私の最初の旅行はセブでした。 日本、韓国、台湾、ベトナムの4つの国籍からなる9人で行きました。 我々はOslobに案内してくれるツアーガイドを雇いました。 旅行の費用は約4100ペソ(約200万vn)です。 ガイドさんはとても面白いのでフィリピン人はラッキーです。 ELSAから車(12席のベトナムツアー車)でOslobへの移動には4時間かかりました。 しかし、途中で我々は探索するためにいくつかの場所で止まりました。 まず最初にビーチに立ち寄って60分近く泳ぎました。 ビーチはとても素敵で、水は澄んでいてとても熱かったです。 その後、私たちはすぐにカワサンに移動しました。セブ島の小さなジャングルに隠れた美しい滝です。 私はこの場所がとても好きです。なぜなら空気は新鮮で心地よく涼しいからです。 美しい緑色の滝。 あなたは泳ぐことができ、滝の上から飛び降りることができます…多くの人々がここに来て、カワサンの野生の美しさを感じています。 しかし、海での入浴とは違って、川の水温は少し冷たいので身体が冷える恐れがあり10〜15分しか泳ぐことができません。 […]

PINES チャピス校 の食事とお勧めローカルフード

パインスインターナショナルアカデミー チャピス校校内での食事について 新緑のさわやかな季節となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。 フィリピン留学学生レポーターのkoukiです。 早いもので私の留学生活も残すところ1週間となりました。 同時期に卒業する学生達も帰国の準備を始めており、いよいよ帰国が近づいているんだな、と実感します。 さて、今回のレポートでは皆さんも気になるであろうPIAでの食事について紹介します。 PIAでは、平日は3食、週末は2食、地下にあるカフェテリアで食事をします。 現在まで3ヶ月弱はほぼ毎日カフェテリアで食事をとっていますが、飽きもこないで楽しめていると思います。 ただ料理のメニューを羅列するのも面白みに欠けるので、今回は私の独断と偏見で各料理について点数をつけながら(10点満点)ご紹介させていただきたく思います。 (例に漏れず、今回も個人的な主観を大いに含む内容になると思います!) 朝食について 冒頭にも書きましたが、私はPIAの食事に概ね満足してます。 しかし、朝食については改善してほしいなと思う点があります。 それはバリュエーションです。朝食の基本構成は以下の通りです。 ・お粥 :3点 ・生野菜(レタス・トマト・きゅうりなど):6点 ・食パン:6点 ・ツナ:8点 ・目玉焼き、卵焼き:6点 ・ジュースorコーヒー:9点 ・ご飯(なんと日本の物に近い!):9点 基本こんな感じです…。 朝食に点数つけるの難しいですね。笑 というのも味については皆さんの想像通りの味です。笑 ただお粥の味付けは私の好みではないので3点とします! 朝にコーヒーを出してくれるのは嬉しいですね。 基本はこのメニューなので、さすがに3ヶ月続くと正直飽きます。 たまに生徒がふりかけを持っているのを目にします。SMモールでも入手可能なので、あまり変わり映えしない朝食のお供に購入してみてはいかがでしょう。 昼食・夕食について 朝食と打って変わってバリエーション豊かで味も美味しいです! PIAは韓国資本の学校で韓国人の生徒が多いです。(特に今の時期は圧倒的に韓国人生徒が多い印象です。)その為、メインメニューはスパイシーかノンスパイシーを選ぶ事が出来ます。 ただ、私としてはスパイシーメニューもそれほど辛く感じずに、美味しく食べられると思います。気分によって異なる味付けを選べるのも嬉しいところですね! 昼食夕食はバリュエーションが豊富なので、突然ですが、私の周りの友人にアンケートを取ったので、人気メニューをランキング形式でお伝えします。 第3位 ビビンパ 8点 昼食に出る人気メニューの一つです。日本人学生から圧倒的な人気を誇ります。 このメニューについても辛口ソースと醤油ベースのソースを選べます。 ただ、韓国人生徒にはやはり本場の味を知っているためか、あまり人気がありません。私からすればすごく美味しいんですけどね…。 第2位 カツ丼(通称:謎肉) 9点 これは本当にご飯がすすみます。ただ、なんというメニューか知りませんでしたので、日本人生徒の間では謎肉と呼ばれていました。 先ほど食堂の従業員に確認したところ、どうもこれはカツ丼らしいです。笑 カツ丼かどうかと聞かれると日本人の私としては違和感を感じますが、とにかくご飯によく合います。 第1位 カレー 10点 栄えある第一位に選ばれたのは皆さん大好きカレーです。 これは間違いないですね。日本のカレーと遜色ありません。 前述の通りお米も日本の物と変わりないので、食べているときは自分は日本にいるんじゃないかと錯覚に陥ります。(これは言い過ぎました) 夕食がカレーの時はテンションが上がりすぎてついつい食べ過ぎてしまいます。 日本人だけでなく韓国人、その他の国籍の学生からも支持を集めた文句無しの人気メニューです。 ※番外編 いくらPIAの食事が美味しいと言っても、留学中毎日食べていると他の物を食べたくなる時もあります。そんな時にオススメの食べ物がいくつかあります。 パンシット 毎日朝の2限と3限の終わりに20分間の休憩があります。 この時間帯に校舎の前に地元の人たちが学生・フィリピン人講師向けに飲食物の販売を行います。 その中でも私のオススメがパンシットです。これはフィリピン風のビーフンで味付けもかなり日本人好みです。 そのまま食べても美味しいのですが、これにカラマンシー(フィリピン風すだち)という柑橘系の果物を振りかけて、さらに唐辛子とフライドガーリックを混ぜた調味料を加えると本当に美味しいです。 […]

セブ CPI 留学のまとめ

セブ留学CPI*まとめ こんにちは!学生レポートのNATSUKOです! 4週間のCPIでの留学が終わりました! 4週間本当にあっという間でした。 今回は、CPIについてのまとめや私の英語力がどうなったかについてお話します。 【CPIについて】 ●施設 施設の紹介でもお話しましたが、なんといってもその施設の快適さです。 CPIは、2015年に設立された新しい学校なので、他のどの学校よりも清潔ではないかと思います(*^-^*) 備品も新しいものが多く、ストレス無く英語学習に集中できた点がよかったです。 ●講師 CPIの英語講師は、私自身はユニークな講師が多いと感じ、どの講師とも相性がよかったです! 1度だけ授業中ずっとお菓子を食べていた講師がいたので変更しましたが、変更は簡単でした。ちなみに授業中でしたが時間は3時だったのでおやつの時間だったのでしょうか?基本的に南の島なので、授業に問題がなければあまり気にしない方がよいです。 講師は皆フレンドリーで、教室の外でも気軽に声をかけることもできますし、気さくに対応してくれました(^^♪ また、授業中はわかるまでとことん指導をしてもらい、感謝の気持ちで一杯です。 授業終了直後の様子です! ●マネージャー CPIには日本人マネージャーが2人いて、どんな些細なことも、親切に、かつ迅速に対応して頂きました。ありがとうございました。 また、帰国後のちょっとしたハプニングにも対応して頂き最後まで丁寧な対応でした。 【英語力について】 私はTOEICのコースを受講していたので、項目ごとに振り返っていきます。 ●TOEIC READING 授業では模擬試験をひたすら解き続けました。その結果、読むスピードが以前に比べ早くなったように感じましたが、点数としては、この項目についてはあまり伸びませんでした。 これは模擬試験だけなので、INPUTが少なかったので、復習することによって点数はあがると思います。 ただ現地ではREADINGの復習する時間が取れませんでした。 ●TOEIC LISTENING こちらもREADING同様模擬試験を繰り返し解きました。 CNNの特別授業を受講していたこともあり、だんだん耳が英語に慣れてきて、わずかながら点数はアップしました。 ●TOEIC WRITING TOEIC GRAMMARという授業で、文法を一からやり直した成果が出て、入学時の倍近く得点が上がりました。 また、授業を受ける中でたくさん辞書を引くことによって、語彙力が上がり、入学時のテストでは表せなかった表現も書き表せるようになりました。 ●TOEIC SPEAKING 入学時のテストは普段英語を使う機会がないので、多少緊張しました。 しかし、卒業する頃には、英語を使うことに何の抵抗もなくなっており、卒業時の試験にて全く緊張することなく英語を話すことができている自分に驚きました(笑) 【最後に】 今までの記事を読んで下さった皆さま、ありがとうございました。 フィリピンのセブはすばらしいところでした。 また、フィルイングリッシュのスタッフの皆さま、CPIのマネージャー、講師の皆さま 今回の留学に関わって下さった皆様に感謝で一杯です。 大変お世話になり、ありがとうございました。( v^-゚)Thanks♪ それではまたお会いできる日を楽しみにしています! 以上、学生レポートのNATSUKOでした!

セブ EV フィリピン国内旅行

フィリピン留学EV My Best Trip マラパスクアとカランガマン こんにちは!フィリピン留学 学生レポーターのNanaです。 先日EVアカデミーを無事に卒業しました。これで2ヶ月の留学生活が終わったのですが、ちょうどフィリピンの祝日にあたったので、卒業後に友達と旅行に行ってきました。 そこで訪れたマラパスクアとカランガマンという島がとてつもなく素晴らしいところだったので、今回ご紹介させていただきます。 【マラパスクア、カランガマンとは】 マラパスクアはフィリピンの島のひとつで、セブ島の最北端に位置し、セブ島から船で2時間くらいで行けます。東西に1km、南北に2.5kmの小さな島です。 一方カランガマンはマラパスクアから南に船で2時間のくらいのところに位置します。1時間もあれば一周できてしまうとても小さな島です。 どちらも素敵なところなのでセットで訪れる観光客が多いです。 ちなみにあまり知られていないところなので、落ち着いていてとてもゆったりとした雰囲気です。どちらかというとヨーロッパ系の観光客が多くいました。 私たちは2泊3日の予定を組み留学生11人の団体で訪れました。 ちなみにメンバーはほぼ台湾人。日本人はわたし1人だったので、旅行中も英語しか使わず、良い練習になりました。 【1日目 マラパスクアに到着】 朝6時に学校を出発。11人もいるので運転手付きの2台のバンを借りてセブ最北端のマヤへ向かいます。車で約3時間くらい。フィリピンの人は運転がかなり荒いので乗り心地はとても良くありません。ただとばしてくれたおかげで思ったよりは早く着きました。 バスで行く方法もありますが、とても時間がかかるそうなので、人数が多ければレンタルバンをおすすめします。 マヤに着いたらそこから船に乗ってマラパスクアへ向かいます。 小さな船なのでそれなりに揺れました。心配な方は酔い止めの薬があると安心です。 そしてマラパスクアに到着。青い海とヤシの木、とても良い雰囲気です。 その後はビーチで昼食をとった後、夕日を見に他のビーチへ。 小さな島なので歩いて移動することができとても便利です。 夕食もビーチの近くで食べ、その後お酒を飲んでみんなでワイワイしました。 きれいな景色とおいしいお酒、最高ですね。 【2日目 カランガマンへ】 2日目は朝早く起きて船に乗り、カランガマンへ。ずっと来たかった場所だったので朝からハイテンション! そして到着… 本当に綺麗です!天国かと思いました。 海が綺麗過ぎて現実ではないと思ってしまうくらいです。 とにかく泳ごう!となりまして、思う存分きれいな海を楽しみました。 素敵な写真も沢山撮れちゃいます。 かなり日差しが強く、日焼けした肌が痛すぎて苦労した友達も沢山いたので、日焼け対策は必須です。かなり眩しいのでサングラスも必須です。 とにかく思いっきりきれいな海を楽しんだ2日目でした。 この後マラパスクアに戻り夕食を食べた後またみんなでお酒を飲んで楽しみました。 【3日目 マラパスクア散策】 どうしても朝日が見たかったわたしは、朝早く起きて朝日を見にビーチへ行ってきました。 曇り天気でみれるか不安でしたが、何とか朝日を拝むことができました。 日本にいると時間に追われて朝日なんてなかなか見れませんが、たまにはゆっくりと時間をとるのもいいですね。 そのあとはモーターバイクをレンタルしてマラパスクア散策。 道がとても狭いマラパスクアでは車ではなくモーターバイクで移動します。 これがまたエキサイティングでとても楽しかったです。 どのビーチも素敵で、泳いでいる子供達にも沢山出会いました。 現地の人たちはとてもフレンドリーな人が多いです。現地の人との交流も旅の楽しさのひとつでもあります。 そしてあっという間に帰りの時間。できることならもう少し滞在したいところですが、わたしは日本に帰らなくてはならないので、泣く泣く島を後にしました。 船に乗ってセブ島へ向かい、そこからまたバンにのって学校へ向かいます。 渋滞が心配でしたが思ったよりも早く帰ることができました。 帰りも運転手の方がとばしてくれたからかもしれません。 無事に学校に到着し、3日間の旅は終了しました。 【1番の思い出になった旅】 留学中に沢山のところを訪れましたが、この旅が1番の思い出になりました。 特にきれいな海と、ゆったりとした雰囲気に癒される素敵な場所です。 日本ではあまり有名ではないですが、本当にオススメの場所なので、セブに留学する方、旅行に行く方、是非検討してみてください。 お読みいただきありがとうございました。 フィリピン留学 EV 学生レポーターNana

セブ EV で出来た友達

ここに来てできた外国人のお友達 EVは韓国資本の為韓国人が多いと以前書きましたが、三月に入って、日本が今大学生の春休み期間に入り、すごく日本人の割合が増えました。 私が入った時期は、まだ韓国人の生徒が圧倒的に多かったので、仲良くなるチャンスが多かったので、外国語を話すチャンスがあってタイミング的にはよかったのかな?と思います。 最初は喋れないから、友達できない。とか思っていましたが、そんな必要は一切ありませんでした。 とりあえず、笑顔で挨拶だけはきちんとする。最初は向こうがしてくれる質問に、答えるだけだった私。それでも私の英語力を理解してくれて、コミュニケーションを取ろうとしてくれた友人達。 姿勢って本当に大事だと思います。英語わからなくても、単語しか発せなくても、とりあえず話しかける。相手の話を全力で聞こうとする。分からなかったら素直にもう一度話してと頼む。いつまでも私が理解するまで待ってくれた友人たちに感謝しかありません。 月曜日から木曜日までほとんど外出せず、勉強しかない毎日。それでも話のネタは尽きない。お互いの文化を教えあったり、 日本から持って行ったお菓子やインスタントヌードルをプレゼントしたり、向こうの国の食べ物にトライしたり。 学校のカフェテリアで最後の思い出に辛くて有名な불닭볶음면(ブルダックポックンミョン。にチャレンジしました。 辛いのに強い韓国人でも辛くて食べられないらしく、「死にたいの?」「明日トイレから出れないよ」とか脅しの言葉を受けながら、みんなでシェアしながらやっとの思いで完食したり。 불닭볶음면は、辛いの度合いを超えていて、唇は腫れて、のどが焼けるような痛みでした。二度とトライしません。笑 四人部屋でルームメイトが3人いて、韓国人、台湾人、日本人で全員年上のお姉さんたちで、たくさんお世話になりました。長期留学のお姉さんたちは、やっぱりみんな覚悟決めて留学に来ていて、外国で生活するというストレスに耐えながら、毎日、毎日勉強しても思ったような結果が出ないこともあり、誰かが限界をむかえて爆発しそうな時は、部屋のみんなでラーメンをシェアしながら、泣き叫んで不平不満を、言い合ったり。お互いがお互いの大変さを理解しカバーし助け合っていて、自分もその一人でいれることがうれしかったです。 ここに来て、いろんな国籍、さまざまな年代の人と話す機会がたくさんあり、視野が広かった事を実感します。 私とは、全ての面において経験値が違うみなさんがしてくれる話はいつも刺激的で、もっと自分を制限せずに生きたいし、試していきたいと思う毎日です。 私は、お友達のみんなより年下だったから、たくさんのお兄さんお姉さんたちに助けてもらってました。この留学で沢山のお兄さんとお姉さん、友達が出来たことが間違いなく一番の収穫です。 私が1日の中で好きだった時間は深夜、自習が終わったあと韓国人のお友達たちとのおしゃべりの時間でした。 次の日も朝早いけど、そんなことよりも1ヶ月しかないこの時間を無駄にしたくなくて、何時間も毎日お話して、毎日睡眠時間削って、笑いあってた時間です。 お互いの国の文化を教えたり、留学前のこと、留学後のこと、くだらない話、日本語を教えたり、韓国語を教えてもらったり、たくさんのことを話していました★ 英語力も鍛えられるし、一石二鳥の時間だったと思います。 毎週金曜は徒歩十分の所にあるBBQ BOSSという居酒屋さんに通ってました。 近くの学校の生徒もいて毎週友達が増えていきました笑 お酒の力を借りてトークすると、また違った雰囲気で楽しめたりして。でも門限があるからと、みんなで時間を確かめながら過ごすのは、もうこの歳ではなかなか体験できない貴重な体験だったとおもいます。門限は大変でしたが、修学旅行気分の毎日も、それはそれでなかなか良かったり……? 年齢も違う、国籍も違う、同じ学校で英語を勉強してる同士たち。 セブ留学を終えたら、外国人の友達はカナダに留学に行ったり、オーストラリアやニュージーランドにワーキングホリデーに行く人も多いです。 学生だから遠い距離のところに遊びに行くことは難しいかもしれませんが友人たちがワーホリや留学を終えたら、また会おうと約束しました。 [一年後、韓国で会いましょう] を合言葉にさよならをしました。 私は日本に帰って、大学生活に戻りますが、まだ外国で修行する友人たちに負けないように、英語の勉強を続けて、約束の2019年にはもっともっと思っている事を伝えられるように努力していきたいと思います。