お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

フィリピン留学・セブ留学と言えどフィリピンの英語留学先はセブ島を中心にフィリピン全土の7都市に集中しております。このコーナーでは語学スクールを地域別でまとめ、その地域のもつ特性等についてご説明いたします。

フィリピン英語学校レビュー もっと見る

フィリピン語学学校には様々なタイプがあり周辺環境や学術的力点は各々異なります。このコーナーはフィルイングリッシュ留学カウンセラーによる訪問先フィリピン英語スクールの分析解析記事集です。取材テーマは英語留学スクールの全般的な様子、在籍留学生への取材、周辺環境、学術内容概要などを全体的にまとめた『留学訪問記』と学校の教科カリキュラム、実際の授業展開や学習実績など学術面に特化して深く掘り下げた『留学プログラム解剖』の二つに分かれます。

フィリピン留学プラン もっと見る

フィリピン留学で英語を学ぶ目的は様々です。限られた留学期間、 留学費用で最大の効果を出すには、まず語学学校選びが大事。『 フィリピン留学プラン』コーナーでは、 留学プランの立て方から目的別おすすめ語学学校まで20以上のプ ランをご紹介します。 迷ったら今月のベスト留学プランからチェックしましょう。

スピーキング集中8~12週
 
フィリピン短期留学
 
優れた施設/女性留学
 
おすすめスパルタ語学学校
 
ネイティブ英会話おすすめ学校
 
TOEIC,IELTS,TOEFLテスト対策
 

フィリピン留学体験談 もっと見る

フィリピン留学卒業生から聞く英語留学の感想、辛口評価、 おすすめ情報が満載。フィリピン留学体験談コーナーでは、 卒業前の留学生のインタビューを取り、 留学を検討されている皆さまにお届けしています。 フィリピン全国の語学学校からの体験談は250件以上、 毎週更新! 行きたい語学学校のリアルな感想を是非チェックしてみて下さい。

MONOL New!

【バギオ留学体験談】MONOLで留学した2人の山口大学生

E-Room New!

【バコロド留学体験談】E-Roomsで留学をした4人の体験談

PINES Chapis New!

【バギオ留学体験談】 PINESチャピスキャンパス電撃インタビュー!

学校関係者インタビュー もっと見る

フィリピンの語学学校では留学生の英語力向上のために様々な国籍 のスタッフが留学生サポートをしています。 フィルイングリッシュの留学カウンセラーは定期的にフィリピン全 国の語学学校を取材し、英語教育の管理者、講師、校長、 そして日本人留学生をサポートする日本人スタッフのインタビュー をしています。

AELC 1

クラークAELCのベテランジャーナリストの英語講師にインタビュー

WALES

バギオWALES、ベトナム人学生のマネージメントに関するインタビュー

QQ English ITパーク校

QQenglish、素晴らしい講師陣、スタッフ、運営システム

カウンセラーアドバイス もっと見る

フィリピン留学カウンセリング事例の一部をご紹介します。 実際にフィリピン留学を検討中の方から頂いた質問にフィルイング リッシュのベテラン留学カウンセラーが回答するQ&A形式。 フィリピン英語留学に関する疑問ならどれほど細かいお問い合わせ でもすっきりした解決案を出します。

バギオのHELP語学学校でIELTSスコア7.0取得したい

現在お客様は初級ですのですぐにIELTSを受講するのではなく、ESLコースを8週間先に受講する事を勧めします。本格的にIELTSコースを受講するための基盤を作る期間と思...


夏休みを利用した高校生のフィリピン留学にお勧めの学校

夏休みを利用した留学を検討されている17歳(高校生) の留学希望者さまからお見積もり依頼を頂きました。 3週間の留学で予算は現地でかかる費用等も含めて上限20万円...


PINESチャピスでスピーキングを伸ばしたいです

PINESチャピスで2〜3週間でスピーキングをのばしたいのですが。 現在のレベルは、TOEFL80点で、教師のクオリティと勉学の雰囲気を重視しています。バギオPINESチャピス...


フィリピン留学コラム もっと見る

フィリピン留学をもっと豊かに、もっと楽しくするための情報満載。フィリピン国内のおすすめ旅先から格安で周辺国への旅。グルメやローカルのお店などフィリピン留学専門カウンセラーからの記事をまとめました。学生目線から見たフィリピン留学の魅力、卒業生コラムも人気です!

New![ELSA]-学校資料レビュー

[ELSA]-学校資料レビュー (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております) 以前の記事で触れたように、ELSAはリゾート地のような学校なので、ここの施設はそれと比べてもかなり良いところです。 1.寮について 寮は、古いものと新しいものの2種類の寮で構成されています。 古い寮:学校から独立した寮となっています。もしあなたがベトナムのリゾート地に行ったのなら、ELSAはホテルのプライベートルームのように感じるでしょう。寮には5つのベットが備わっています。 生徒は服や持ち物を整頓するための3つの大型キャビネットと、小さな家具と、1人あたりに十分な大きさのテーブルが用意されています。トイレにはバスタブとシャワーがついてます。エアコンはありますが、フィリピンの電気代は非常に高額なのでエアコンを使いたい場合はルームメイトの全員の同意が必要です。 電気代が超過した場合は私たちが超過した電気代を払わなければいけないのでエアコンはあまり使わないようにして、ベトナムから小さな扇風機を持ってきて使っていました。 新しい寮:ベトナムのモーテルのような新しい建物です。 しかし、新しい寮は女子学生専用なので私は利用することができません。この寮は新築のホテルみたいなので、品質は男性や家族専用の古い寮より優れています。 2.ダイニングルーム レストランはかなり広々としていて風通しがいです。 狭くなく自由に使えるのでとても良い感じです。 3.マンツーマン教室 ELSAのマンツーマン教室は、私たちがホームページでよく紹介してるマンツーマン教室と同じなのであまり印象的ではありません。 website philenglish.net 4.グループ教室 グループ教室はミーティングルームと似ていますが、マンツーマン教室よりは広いです。 5.ガーデンヤード 私はこの庭にとても感心しています。 ゆったりとした広々としたリゾート地のようです。 静かで勉強に集中しやすい環境となっています。 木々はきれいに整えられ、湖沼は道路が科学的に大胆に飾られています。 6.学生支援エリア 学校のロビーにあり、24時間営業しています。 問題がある場合は、ここでスタッフに相談してください。 また、ここでベトナムの経営者話すことができます。 – Purpleは非常にかわいい親切な女の子で、いつでも生徒をサポートしてくれます。 7.図書館、自習室 自習室は広くないので、混雑したときにはダイニングルームを使用しています。 しかし、ELSAには自習室が多くないことがわかったので私は図書館をとても快適に使っています。 8.清掃/洗濯スケジュール 清掃や洗濯は週に2回行われます。 ハウスキーピングの場合:1週間前に申請する必要があります。たとえば、翌週に洗濯したい場合今週中に申請する必要があります。清掃は週に2回あり、2つのグループに別れて行います。第1グループは月曜日と木曜日に。第2グループは火曜日と金曜日に清掃を行います。 洗濯について:部屋の清掃と同じですが、事前に登録する必要はありません。いつでも利用できて、洗剤と洗濯物を入れて洗濯機に入れる必要があります。スタッフが自動的に洗濯物を取ってあなたの部屋に持ってきて乾燥させます。服を紛失したくない場合は注意してください。 食料品店:ダイニングルームの隣にあり24時間営業しています。ビールを含めてここでは何でも買うことができます(ビールは学校に持参することはできませんが、食料雑貨店で買うことができます)。スナック、インスタントラーメン、アイスクリーム、飲み物なども買うことができます… 9.プール ELSAのスイミングプールはかなり大きく綺麗です。 私は普段1日に2回、午前9時と午前6時に泳ぎに行きます。疲れたときは私は一日一回しか泳ぎません。 10.スポーツエリア バレーボールコート、バドミントンコート、スイミングプールの隣にバーベキューができるスペースがあります。 学校から必要な道具を借りる生徒はほとんどいません。 私はベトナムから旅行をしていて、バドミントンや卓球をすることに決めた場合は事前に必要なラケットなど用意して使います。 11.学校の食事について。 厳しめに言うと、学校の食事は一般的なレベルだと思います。 私は野菜や魚を食べたいのですが、ここの食事では野菜や魚がほとんどありません。ときどき肉料理が提供されます。様々なスタイルの料理が提供されます。 学校の詳細: https://philenglish.net/school/truong-anh-ngu-elsa/ 提供元:フィルイングリッシュ

New!PINES チャピス校 バギオ市街の歩き方

パインスインターナショナルアカデミー・チャピス校 バギオの歩き方(バギオ市街について) こんにちは!フィリピン留学学生レポーターのKoukiです! いきなりですが、フィリピンの都市で思い浮かぶ都市はどこでしょう? やはりマニラ、セブなどの大都市でしょう。大半の方が、「バギオ?どこにあるのだろう、小さい街だろう。」というのが率直なイメージでしょう。 私もフィリピン留学を考えるまで、バギオという街を知りませんでした。 本日はPIAがあるバギオという街を紹介しようと思います。 バギオはフィリピンの首都マニラのあるルソン島に位置しており、マニラからバスで6時間程の場所に位置しています。 街は標高約1500mにあり、フィリピン人中にも避暑地としても人気のある都市です。バギオは人口30万人ほどの中規模都市であり、マニラ、セブ、ダバオの様な大都市ではありませんが、後述のSMモールもある為、留学生活をしていて不便な事はありません。 また、それほど大きな街ではないので、フィリピンの中でも治安の良いことで知られています。外出機会が限られる留学生活を送る学生にとって大きすぎず小さすぎず、コンパクトで生活しやすい都市だと思います。 私が普段バギオのダウンタウンでよく利用するお店、施設を紹介しようと思います。 SMモールバギオ やはり先ずは何と言ってもSMモールははずせないでしょう。 SMモールはフィリピン全土に50以上の拠点を構える大型ショッピングセンターです。ここには食料品から服屋、電化製品などなんでも揃っており、携帯修理店や、映画館などもあります。日本から持ってくるのを忘れた物、使い切った、失くしてしまった場合でもここに来れば大抵のものは手に入れられます。 セッションロード バギオダウンタウンの目抜き通りです。 ニューヨークでいう5番街、パリでいうシャンゼリゼ通りみたいなものです!(たぶん! 通りにはファーストフード店、スターバックスなどの喫茶店、洒落たバーが並び、着飾った若者たちが闊歩する町並みはさながら表参道の様です。(それは言い過ぎました!) バギオに着いたらまずここを散策してみると良いでしょう。 バーナムパーク バギオダウンタウンの中心にある大きな公園で、バギオ市民の憩いの場です。 週末には多くの家族連れや若いカップル達が集まり、休日を楽しんでいます。 敷地内には大きな池があり、(正式には湖らしい…)スワンボートを100ペソほどで乗ることができます。 ここではゆったりとした時間を過ごせるので、勉強に疲れたときに散歩してみるとリフレッシュできますよ! バギオ大聖堂 フィリピンは東南アジアで唯一のキリスト教国で、国民の9割程がキリスト教徒だそうです。 バギオ大聖堂はセッションロードのほど近くにあり、ミサのある日曜日の夕方には多くのキリスト教徒が集まります。 ここではPIAのフィリピン人講師をよく見かけます。 日本ではあまり教会に行く事はなかったので、身近に異文化を経験できるのは興味深いですね。 フィリピンの喫煙事情 ここで一旦フィリピンの喫煙事情について説明しようと思います。(非喫煙者の方すみません!)フィリピンでは2017年から公共の場での喫煙が全面的に禁止されてました。これはかなり厳しいもので、路上喫煙が警察に見つかると1000ペソの罰金を支払わなければ行けません。その為、バギオ市内で路上喫煙してる人を見かける事はまずありません。さらに困ったことに街の中には喫煙所がほとんどありませんし、喫茶店も全面禁煙の店が多いです。しかしセッションロード沿いに一箇所だけ喫煙所があるのを見つけました!少しわかりづらいのですが、セッションロードの登り坂向かって右側にVolanteという店があるのですが、その手前の階段を下ると灰皿があります。私の周りでも数名警察に罰金を払っている友人がいるので、喫煙者の方は、路上喫煙はせずに指定の喫煙所で喫煙するようにしましょう。 交通事情について PIAチャピス校はバギオ中心部からおよそ徒歩30分弱の場所に位置しています。歩けない事はないですが、フィリピンは交通機関の料金が非常に安いです。 タクシー:初乗り料金35ペソ(約70円) 初乗り料金は日本の10分の1程度です。 マニラなどの大都市のタクシーは悪質なドライバーも多い様ですが、バギオのタクシーは問題なくメーターを使ってくれて明朗会計です。 チャピス校からセッションロードまで、混み具合にもよりますが、80ペソ程度で行くことができます。急いでる時や友人と移動するはタクシーの利用が便利です。 フィリピンは日本に比べてタクシーが安いし走っている台数が圧倒的に多い! ジープニー:料金8.5ペソ フィリピンならではの乗り物で、乗合のトラックの様なものです。 距離に関係なく、1度の乗車で8.5ペソ(20円弱)で乗車することができます。 チャピス校はマルコスハイウェイという通りに面していて、ダウンタウン方面へは乗り換えなしで向かうことができます。 その為、一人で行動する時お金の節約のためにジープニーを利用する様にしています。 ただ、大抵は乗客でぎゅうぎゅうになるので、貴重品の管理には気をつけましょう レストランについて バギオには多くの語学学校がある為、数多くの日本料理店、韓国料理店があります。 その中でも学生に人気のあるレストランを紹介します。 日本料理店 ・chaya:チャピス校のあるマルコスハイウェイからレガルダロードに入ったところ。 味はとても美味しいが、価格が少し高い。   ・NARUTO:セッションロードからも歩いて行ける場所。タクシーで行くなら「シティホール」と伝えれば近くまで行けます。価格も安めで美味しい日本料理が食べられます。   韓国料理店 ・PEARL:サムギョプサルのお店、韓国人の友人も韓国のサムギョプサルと遜色ないと言ってました。僕の友達は3ヶ月で6回行くくらいハマっていました。 […]

New!ELSA 学校での思い出と友人について

ELSA 学校での思い出と友人について (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております) 1. ELSAの学生の国籍比率について ELSAでは現在、韓国人、日本人、台湾人、ベトナム人の4カ国のみが勉強しています。 私はベトナムのスタッフに依頼しました。時には中国、タイ、モンゴルなどの学生も入って来てくれましたが、その数は重要ではありません。 韓国、日本、台湾の生徒しかいないことが問題なのです。 ここの学生の割合は、韓国が約40%、台湾が約40%、日本が15%、残りの5%は他の国です。 このコースのいいところは、ここには台湾人の学生がたくさんいることです。 その数は韓国人学生の数を上回っています。 ELSAの韓国人学生は年齢層の高い家族留学が多いので、若者と遊ぶ機会は少ないです。 台湾人の学生がいたら、学校内で良い関係を築きましょう。台湾の留学生はとても勉強に役立ちます。台湾人の頭のいい学生と英語のコミュニケーションをとることは英語の発音などを改善するのに役立ちます。 ベトナムの学生がELSAのような国際的な環境で勉強することにより英語力を向上させることができます。 当たり前ですが、ここで孤立したくなければ多くの友人をつくる必要があります。ここには様々な国籍の学生がいるので、もしあなたの国の文化や食べ物に聞かれたら英語で答えてあげればそれだけで英語の練習に役立ちます。また、それぞれの国には独自の英語の発音スタイルがあるのでそれを聴き慣れることでコミュニケーションをとるのに役立ちます。また、ベトナムの留学生が少ないからといってベトナム語の存在を忘れることはほとんどありません。 では、このような国際的な環境の良いところは何でしょうか? ケンと違って台湾人のルームメイトはとてもフレンドリーです。 彼は、ELSAは台湾人が非常に多くて英語に集中できないと不満を漏らしました。 だから私は毎晩彼と一緒に台湾やベトナムのことについて話しました。2人で英語で話す練習をしました。 私はグループ授業を受けているのですが、4人中3人が韓国人で、1人がベトナム人です。韓国人同士だけで話していて非常に退屈な授業でした。同時に、私は彼らと話す機会があまりありませんでした。 2.国籍ごとの情報 日本人について:ほとんどの日本人学生はとても静かで、他の人のプライバシーを尊重しています。なので、教室は非常に静かで他の人に迷惑がかからないようにしているので勉強に集中しやすいです。 日本人の学生と対話するためには静かにしなければなりません。彼らが近づいてきたら日本人の正確について訪ねてみるとよいでしょう。そうでない場合はこっちから自分の国について話しかけてみましょう。日本人の多くが恥ずかしがりやさんです。 韓国人学生について:韓国人はなかなか厄介です。韓国人はお金持ちの人が多いですが、生徒自身はとても良い人です。韓国人学生は台湾人に比べて人数が少ないので、彼らはフレンドリーで他の韓国人が多くいる学校とは多少異なります。もし、韓国人が好きなら話しかけてまず友達になりましょう。韓国人は食べることが大好きなので美味しい場所をたくさん知っています。あなたの旅行経験や韓国学生と一緒に行きたいとこについて話してみましょう。 台湾人学生について:私は彼らがが大好きです。フレンドリーでとても新設なので。私自身もベトナム人ですが、約7人の台湾人の友人と韓国人の家族がいます。 台湾人は活発に活動しています。どこかへ行くと一緒に外食したり外出したりするようよく誘われる。エクササイズをしたり、キャンパスの周りを歩いたり…一般的に、彼らはとてもフレンドリーで、あなたは彼らをよく扱い、彼らは幸せになれます。一般的に、彼らはとてもフレンドリーなのですぐ仲良くなれると思います。 3.ルームメイトについて ケンの友達兼、新しいルームメイト。彼と同じ台湾出身の男性です。 彼の英語はあまり上手くなかったので、最初はお互いにコミュニケーションを取ることが難しかったです。しかし、ここで勉強してから一ヶ月経ってから徐々にお互にコミュニケーションを取ることができました。彼はアメリカのコーヒー(砂糖なしのコーヒー)が好きです。 私はベトナムからコーヒーを持ってきていました。彼は自分でコーヒーを作るくらいコーヒーが好きです。 私は毎晩ケンと泳いだり、ここで台湾の女の子について話ています。彼は毎晩図書館に行っていました。 4.ELSAでの思い出 1番目:フィリピンで台湾人の友人と記念にマッサージに行きました。 最初の1週間は非常に大変だったので、台湾の友人たちは安くて評判の学校の近くにあるマッサージに行きました。 私も一緒に行きました。しかし、私はマッサージに行くこと自体はあまり気乗りしていませんでした。 ベトナムでのマッサージルームは比較的リラックスできます。 アロマオイルと楽しいメロディアスな音楽が流れています。 しかし、フィリピンのマッサージはとても退屈です。 私は楽しさよりもストレスを感じました。 しかし、台湾の友人はかなりこの場所を気に入って、彼らは来週にも行く予定を建てていました。私はそれ以来行っていません。 2番目:私はELSAで1週間留学した後、ELSAから4時間離れた場所にOSLOBと呼ばれているフィリピンの人気観光スポットにいきました。私たちは2日間ここの島に訪れ、お風呂に入ったり、ここの滝を探索したり、様々な活動をしました。 私はすべての場所がとても綺麗に感じて、この場所は私に多くの楽しみを与えてくれました。しかし、2日間外の気温は高くとても晴れていたので日曜日に学校に戻ったときには疲れ果てていました。数日後に少しでも学習に影響を与えます。 あなたが長い間太陽の下で外出していない場合は、外に出かけることをおすすめします。 あなたが健康であれば、問題はありません。外で多くの経験をしましょう。 5.友人とのトラブル 私は4年間集団生活をしてきましたが今まで一度もトラブルを起こしたことはありません。嫌いな人がいるなら関わらないほうがいいです。だからこそ私は今までトラブルを起こしたことはありません。 (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております)

セブ CPI 留学のまとめ

セブ留学CPI*まとめ こんにちは!学生レポートのNATSUKOです! 4週間のCPIでの留学が終わりました! 4週間本当にあっという間でした。 今回は、CPIについてのまとめや私の英語力がどうなったかについてお話します。 【CPIについて】 ●施設 施設の紹介でもお話しましたが、なんといってもその施設の快適さです。 CPIは、2015年に設立された新しい学校なので、他のどの学校よりも清潔ではないかと思います(*^-^*) 備品も新しいものが多く、ストレス無く英語学習に集中できた点がよかったです。 ●講師 CPIの英語講師は、私自身はユニークな講師が多いと感じ、どの講師とも相性がよかったです! 1度だけ授業中ずっとお菓子を食べていた講師がいたので変更しましたが、変更は簡単でした。ちなみに授業中でしたが時間は3時だったのでおやつの時間だったのでしょうか?基本的に南の島なので、授業に問題がなければあまり気にしない方がよいです。 講師は皆フレンドリーで、教室の外でも気軽に声をかけることもできますし、気さくに対応してくれました(^^♪ また、授業中はわかるまでとことん指導をしてもらい、感謝の気持ちで一杯です。 授業終了直後の様子です! ●マネージャー CPIには日本人マネージャーが2人いて、どんな些細なことも、親切に、かつ迅速に対応して頂きました。ありがとうございました。 また、帰国後のちょっとしたハプニングにも対応して頂き最後まで丁寧な対応でした。 【英語力について】 私はTOEICのコースを受講していたので、項目ごとに振り返っていきます。 ●TOEIC READING 授業では模擬試験をひたすら解き続けました。その結果、読むスピードが以前に比べ早くなったように感じましたが、点数としては、この項目についてはあまり伸びませんでした。 これは模擬試験だけなので、INPUTが少なかったので、復習することによって点数はあがると思います。 ただ現地ではREADINGの復習する時間が取れませんでした。 ●TOEIC LISTENING こちらもREADING同様模擬試験を繰り返し解きました。 CNNの特別授業を受講していたこともあり、だんだん耳が英語に慣れてきて、わずかながら点数はアップしました。 ●TOEIC WRITING TOEIC GRAMMARという授業で、文法を一からやり直した成果が出て、入学時の倍近く得点が上がりました。 また、授業を受ける中でたくさん辞書を引くことによって、語彙力が上がり、入学時のテストでは表せなかった表現も書き表せるようになりました。 ●TOEIC SPEAKING 入学時のテストは普段英語を使う機会がないので、多少緊張しました。 しかし、卒業する頃には、英語を使うことに何の抵抗もなくなっており、卒業時の試験にて全く緊張することなく英語を話すことができている自分に驚きました(笑) 【最後に】 今までの記事を読んで下さった皆さま、ありがとうございました。 フィリピンのセブはすばらしいところでした。 また、フィルイングリッシュのスタッフの皆さま、CPIのマネージャー、講師の皆さま 今回の留学に関わって下さった皆様に感謝で一杯です。 大変お世話になり、ありがとうございました。( v^-゚)Thanks♪ それではまたお会いできる日を楽しみにしています! 以上、学生レポートのNATSUKOでした!

セブ EV フィリピン国内旅行

フィリピン留学EV My Best Trip マラパスクアとカランガマン こんにちは!フィリピン留学 学生レポーターのNanaです。 先日EVアカデミーを無事に卒業しました。これで2ヶ月の留学生活が終わったのですが、ちょうどフィリピンの祝日にあたったので、卒業後に友達と旅行に行ってきました。 そこで訪れたマラパスクアとカランガマンという島がとてつもなく素晴らしいところだったので、今回ご紹介させていただきます。 【マラパスクア、カランガマンとは】 マラパスクアはフィリピンの島のひとつで、セブ島の最北端に位置し、セブ島から船で2時間くらいで行けます。東西に1km、南北に2.5kmの小さな島です。 一方カランガマンはマラパスクアから南に船で2時間のくらいのところに位置します。1時間もあれば一周できてしまうとても小さな島です。 どちらも素敵なところなのでセットで訪れる観光客が多いです。 ちなみにあまり知られていないところなので、落ち着いていてとてもゆったりとした雰囲気です。どちらかというとヨーロッパ系の観光客が多くいました。 私たちは2泊3日の予定を組み留学生11人の団体で訪れました。 ちなみにメンバーはほぼ台湾人。日本人はわたし1人だったので、旅行中も英語しか使わず、良い練習になりました。 【1日目 マラパスクアに到着】 朝6時に学校を出発。11人もいるので運転手付きの2台のバンを借りてセブ最北端のマヤへ向かいます。車で約3時間くらい。フィリピンの人は運転がかなり荒いので乗り心地はとても良くありません。ただとばしてくれたおかげで思ったよりは早く着きました。 バスで行く方法もありますが、とても時間がかかるそうなので、人数が多ければレンタルバンをおすすめします。 マヤに着いたらそこから船に乗ってマラパスクアへ向かいます。 小さな船なのでそれなりに揺れました。心配な方は酔い止めの薬があると安心です。 そしてマラパスクアに到着。青い海とヤシの木、とても良い雰囲気です。 その後はビーチで昼食をとった後、夕日を見に他のビーチへ。 小さな島なので歩いて移動することができとても便利です。 夕食もビーチの近くで食べ、その後お酒を飲んでみんなでワイワイしました。 きれいな景色とおいしいお酒、最高ですね。 【2日目 カランガマンへ】 2日目は朝早く起きて船に乗り、カランガマンへ。ずっと来たかった場所だったので朝からハイテンション! そして到着… 本当に綺麗です!天国かと思いました。 海が綺麗過ぎて現実ではないと思ってしまうくらいです。 とにかく泳ごう!となりまして、思う存分きれいな海を楽しみました。 素敵な写真も沢山撮れちゃいます。 かなり日差しが強く、日焼けした肌が痛すぎて苦労した友達も沢山いたので、日焼け対策は必須です。かなり眩しいのでサングラスも必須です。 とにかく思いっきりきれいな海を楽しんだ2日目でした。 この後マラパスクアに戻り夕食を食べた後またみんなでお酒を飲んで楽しみました。 【3日目 マラパスクア散策】 どうしても朝日が見たかったわたしは、朝早く起きて朝日を見にビーチへ行ってきました。 曇り天気でみれるか不安でしたが、何とか朝日を拝むことができました。 日本にいると時間に追われて朝日なんてなかなか見れませんが、たまにはゆっくりと時間をとるのもいいですね。 そのあとはモーターバイクをレンタルしてマラパスクア散策。 道がとても狭いマラパスクアでは車ではなくモーターバイクで移動します。 これがまたエキサイティングでとても楽しかったです。 どのビーチも素敵で、泳いでいる子供達にも沢山出会いました。 現地の人たちはとてもフレンドリーな人が多いです。現地の人との交流も旅の楽しさのひとつでもあります。 そしてあっという間に帰りの時間。できることならもう少し滞在したいところですが、わたしは日本に帰らなくてはならないので、泣く泣く島を後にしました。 船に乗ってセブ島へ向かい、そこからまたバンにのって学校へ向かいます。 渋滞が心配でしたが思ったよりも早く帰ることができました。 帰りも運転手の方がとばしてくれたからかもしれません。 無事に学校に到着し、3日間の旅は終了しました。 【1番の思い出になった旅】 留学中に沢山のところを訪れましたが、この旅が1番の思い出になりました。 特にきれいな海と、ゆったりとした雰囲気に癒される素敵な場所です。 日本ではあまり有名ではないですが、本当にオススメの場所なので、セブに留学する方、旅行に行く方、是非検討してみてください。 お読みいただきありがとうございました。 フィリピン留学 EV 学生レポーターNana

[ELSA]-学校資料レビュー
[ELSA]-学校資料レビュー (こちらの記事はフィルイングリッシュのベトナム支社をご利用頂いたお客様の感想を翻訳しております) 以前の記事で触れたように、ELSAはリゾート地のような学校なので、ここの施設はそれと比べてもかなり良いところです。 1.寮について 寮は、古いものと新しいものの2種類の寮で構成されています。 古い寮:学校から独立した寮となっています。もしあなたがベトナムのリゾート地に行ったのなら、ELSAはホテルのプライベートルームのように感じるでしょう。寮には5つのベットが備わっています。 生徒は服や持ち物を整頓するための3つの大型キャビネットと、小さな家具と、1人あたりに十分な大きさのテーブルが用意されています。トイレにはバスタブとシャワーがついてます。エアコンはありますが、フィリピンの電気代は非常に高額なのでエアコンを使いたい場合はルームメイトの全員の同意が必要です。 電気代が超過した場合は私たちが超過した電気代を払わなければいけないのでエアコンはあまり使わないようにして、ベトナムから小さな扇風機を持ってきて使っていました。 新しい寮:ベトナムのモーテルのような新しい建物です。 しかし、新しい寮は女子学生専用なので私は利用することができません。この寮は新築のホテルみたいなので、品質は男性や家族専用の古い寮より優れています。 2.ダイニングルーム レストランはかなり広々としていて風通しがいです。 狭くなく自由に使えるのでとても良い感じです。 3.マンツーマン教室 ELSAのマンツーマン教室は、私たちがホームページでよく紹介してるマンツーマン教室と同じなのであまり印象的ではありません。 website philenglish.net 4.グループ教室 グループ教室はミーティングルームと似ていますが、マンツーマン教室よりは広いです。 5.ガーデンヤード 私はこの庭にとても感心しています。 ゆったりとした広々としたリゾート地のようです。 静かで勉強に集中しやすい環境となっています。 木々はきれいに整えられ、湖沼は道路が科学的に大胆に飾られています。 6.学生支援エリア 学校のロビーにあり、24時間営業しています。 問題がある場合は、ここでスタッフに相談してください。 また、ここでベトナムの経営者話すことができます。 – Purpleは非常にかわいい親切な女の子で、いつでも生徒をサポートしてくれます。 7.図書館、自習室 自習室は広くないので、混雑したときにはダイニングルームを使用しています。 しかし、ELSAには自習室が多くないことがわかったので私は図書館をとても快適に使っています。 8.清掃/洗濯スケジュール 清掃や洗濯は週に2回行われます。 ハウスキーピングの場合:1週間前に申請する必要があります。たとえば、翌週に洗濯したい場合今週中に申請する必要があります。清掃は週に2回あり、2つのグループに別れて行います。第1グループは月曜日と木曜日に。第2グループは火曜日と金曜日に清掃を行います。 洗濯について:部屋の清掃と同じですが、事前に登録する必要はありません。いつでも利用できて、洗剤と洗濯物を入れて洗濯機に入れる必要があります。スタッフが自動的に洗濯物を取ってあなたの部屋に持ってきて乾燥させます。服を紛失したくない場合は注意してください。 食料品店:ダイニングルームの隣にあり24時間営業しています。ビールを含めてここでは何でも買うことができます(ビールは学校に持参することはできませんが、食料雑貨店で買うことができます)。スナック、インスタントラーメン、アイスクリーム、飲み物なども買うことができます… 9.プール ELSAのスイミングプールはかなり大きく綺麗です。 私は普段1日に2回、午前9時と午前6時に泳ぎに行きます。疲れたときは私は一日一回しか泳ぎません。 10.スポーツエリア バレーボールコート、バドミントンコート、スイミングプールの隣にバーベキューができるスペースがあります。 学校から必要な道具を借りる生徒はほとんどいません。 私はベトナムから旅行をしていて、バドミントンや卓球をすることに決めた場合は事前に必要なラケットなど用意して使います。 11.学校の食事について。 厳しめに言うと、学校の食事は一般的なレベルだと思います。 私は野菜や魚を食べたいのですが、ここの食事では野菜や魚がほとんどありません。ときどき肉料理が提供されます。様々なスタイルの料理が提供されます。 学校の詳細: https://philenglish.net/school/truong-anh-ngu-elsa/ 提供元:フィルイングリッシュ