コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!


2019/07/02

Image

名前: A

留学期間: 4週間

留学コース: general ESL

件名: CBOA

Q.どのような理由でフィリピン留学や学校を決めましたか?
費用を安く抑えながらも中身の詰まった留学をしたいという思いから、セブ留学を決めました。学校に関してはこだわりがなかったのでインターネットで様々見比べました。最終的な決め手はオーシャンビューの部屋とホームページの雰囲気だった様な気がします。

Q.学校についていかがでしたか?(食事・施設・講師やスタッフの対応等…)
食事は、思っていたよりも美味しかったです(笑)。でも、胃の弱い人は注意が必要かと思います。割と強いと思っていた私でさえ毎日一度はお腹が痛くなっていたので、途中から生野菜やフルーツをやめました、、。飲み水や衛生は考えられているとはいえ、水道水で洗っているものはやっぱり刺激が強いです。
学校や寮の施設は全体的に清掃が行き届いていて快適でした。冷房の近くの部屋に入ると冷えでお腹が痛くなったりするので、温度調整できる服装が好ましいです。
先生たちは若い人が多くて最初はびっくりしました。たとえ若くても知識や経験のある先生が多くて、説得力のある授業を展開してくれる先生が多かったです。友達みたいに仲良くなれた先生もいます。授業時間はもちろん、休憩時間におしゃべりしたり歌ったり、授業の後にご飯を食べに行ったりっていう思い出もできてすごく楽しかったです。とはいえ、中にはハズレの先生もいますし、相性次第でもあります。泣きながら授業を受けてる人がいるという話も聞きました。相性が悪いと毎日お互いにストレスフルな45分を過ごすことになるので、無理に耐えることなく先生変更を願い出てもいいかもしれません。私の唯一の後悔です。

Q.実際に留学してみてフィリピンに対する感想は?
治安的衛生的な面では、海外初心者にはちょっとしんどいかもしれません。私も最初は現地のローカル感にビビってしまい、1人で両替に行くのすら躊躇しました。初日はトライシクルのキャッチやストリートドッグ、これが家?って思ってしまう様な建物にいちいち恐怖を感じて、ちょっと先のスーパーに行くのにすっごく神経を使いました。そんな私に出歩く勇気を与えてくれたのはTシャツ、短パンにビーチサンダルっていうスタイルです笑。少しでも観光客感を消そうと思って、現地の人っぽい格好を目指しました。といっても、防犯意識さえ持っていれば大丈夫だと思います。賃金や国としての貧困度合いを考えると手放しに喜ぶことはできませんが、やっぱり物価は安くて、ネイルサロンやマッサージなども楽しめました。マリバゴから離れてボホール島に行ったりアイランドホッピングに行ったりしたら、ザ・南国の景色にも出会えて、いろんな側面を見たことでフィリピンが一層好きになりました。

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor