お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

2018/01/21

学校名:セブブルーオーシャン

留学期間:2017年9月から24週間
コース:IELTSコース

 

セブブルーオーシャンのIELTSコースは、Academicと Generalの それぞれBasic、Low Intermediate、High Intermediateの3段階のレベルしかありません。IELTS準備段階者向けといった感じです。セブブルーオーシャンのレベルテストで、レベル3以上であることがIELTSコースの受講条件です(レベル3は初級と中級の間くらいだと思います)。IELTS 6.5以上を目指すのであれば、他の学校を選んだ方が良いと思います。IELTSのベテランの先生も少なく、先生のレベル差はかなりあります。

幸い、私は以前PINESチャピス校にいたことと、明確な目標があった為、先生には私のリクエストを全て承諾していただいています。そのため、それなりに満足していますが、通常それは難しいです。(なのでそれは内密にお願いします。)

IELTSコースを受講している生徒は1割かそれ以下です。短期滞在の人が多いので、テキストはそれぞれの段階で一冊ずつあるだけです。テキストの内容はフィリピンの語学学校によくあるように何処かからコピーしてきたようなものの寄せ集めだったり、コピーが曲がっていたり一部消えていて読めなかったり、間違いも多くいです。よくそんなにひどいものをそれなりの値段で販売できるな〜と感心します。(今、新しいのを作っているそうですが、PINESチャピス校の新しい教科書も間違いが所々ありました。それほど良いテキストでもないので、日本で購入して持参する方が良いかもしれません。ベテランの先生は自分でパワーポイントを使って教材を作成していました。といってもIELTSの指導で有名なサイモン先生のHPからコピーしていただけですが。私もサイモン先生のHPは参考にしていたので、すぐ気づきました。)

月に2回水曜日か木曜日の午後にIELTS形式のテストがあります。(Writing60分、Reading60分、Listening40分、Speaking15分。) それも忘れられたり(二週間に一度なのに最初の月は一度しかなかったので月に一度かと思っていたら、その二週間後の朝突然、午後テストだと言われてその時、月に二回あるのだと知りました。)テストが間違っていたり(AcademicなのにGeneralだったり、レベルが間違っていたり、とてもいい加減です)。

結果は数日後スコアの書かれた用紙のみ渡されますが、答え合わせはありません。
授業は基本マンツーマン5時間グループ2時間ですが、グループを組む同レベルの生徒がいないとマンツーマン6時間か、別のレベルのクラスと一緒にさせられるみたいです。
(私は最初からマンツーマン6時間を希望していたので問題ありませんでしたが、そのことでもめている生徒がいました。)

—基本のカリキュラム—
・Wiring Task1
・Wiring Task2
・Reading
・Speaking
・ESL(希望の課目を選べます)
・listening(グループ2〜3人)
・listening(グループ2〜3人)

ライティングは授業中にブレーンストーミングをして、書くのは宿題になることが多いです。宿題はそれなりに出るので時間に追われます。

以上、簡単ではありますが、ご報告いたします。結論を申しますと以前アドバイス頂いた通り、本気でIELTSや英語の勉強をしたい人にセブブルーオシャンは向いていないと思います。ほとんどの生徒は観光、合コン気分であまり勉強せず、ずっと母国語を話していてうるさいし、今の時期は韓国人ファミリーも多く、「楽しみながら英語に親しみたい初心者向けの学校」だと思います。学校側はこれからどんどんIELTSを強化していくと言ってはいますが、、、

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ