お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2017/08/01

フィリピン留学エージェント利用のメリット

お客様と相談する留学エージェント

フィリピン英語留学に留学する場合学校に直接申請されるよりエージェントを通したほうが様々な恩恵を受けられます。情報面、金銭面、サービス面など。本稿ではエージェント利用で享受できる様々なメリットや特典を具体的に説明いたします。

目次

1 エージェント割引により直接学校入学申請より留学費用を抑えられる
1.1 直接登録とエージェント登録の差額
1.2 エージェント学費割引の仕組み
1.3 学費割引が適用できない学校も存在する
1.4 学費割引を適用されても現地で待遇差別を受ける事はない
2 留学エージェントは情報量が多く、お客様の希望に近い学校をいくつか紹介してくれる。
3 留学エージェントは留学前の複雑な手続きを代行してくれる
4 留学エージェントはフィリピン現地トラブルの際にサポートしてくれる
4.1 睡眠薬窃盗の例
4.2 ルームメートとのトラブルの例
5 最後に

エージェント割引により直接学校入学申請より留学費用を抑えられる

I love Saving Moneyと書かれたバッジ

直接登録とエージェント登録の差額


フィリピン留学業界では留学エージェントは消費者に対し学費割引を適用できますが、語学学校は適用できないルールになっております。従って学校に直接申し込むよりエージェントを通したほうが支出を抑えるメリットがあります。エージェントを利用する、しないで4週で2~3万円、12週で7~10万円支出に差がでる場合もございます。


エージェント学費割引の仕組み


留学エージェントはお客様を紹介登録する事によりフィリピン各語学学校からコミッション(紹介手数料)をいただきます。その紹介手数料の中から割引という名目で利益の一部をお客様に還元いたします。これが学費割引の正体です。フィリピン留学全般の宣伝をしてくれるエージェント保護のため学校は直接登録を行う場合割引を行わない事が一般的なルールとなっております。


学費割引が適用できない学校も存在する


一部フィリピン語学学校の中にはエージェントの学費割引を認めないところもございます。このような場合には学校の意向を尊重し、エージェントは学費割引を実施いたしません。ですが全体的には少数です。それと割引を一切行わないエージェントもございます。

Noのダメだしをする女性


学費割引を適用されても現地で待遇差別を受ける事はない


学費割引の適用を受けてもそうでなくても語学学校で享受する学術プログラムやサービスに一切の差はございません。皆同一です。

たとえばエージェントAが13万円の学費に対して2万の割引をし、エージェントBは一切割引を行わなかったといたします。コミッションを差し引いて学校に支払われる学費を仮に9万円といたします。エージェントAもエージェントBも学校に支払う金額は同じ9万円ですので待遇の差はありえないという理屈になります。

留学エージェントは情報量が多く、お客様の希望に合う学校をいくつか紹介してくれる。

留学エージェントは紹介した学校に対してウェブより正確な情報をもっているケースが多いです。それは現在学校に通われているお客様、少し前まで学校に通われていたお客様の感想や報告(時には不平)を受けている場合が多いからです。ウェブ上で半年前に良いと書かれていた学校でも現在はそうでない場合もあり、その逆のパターンもあります。またウェブ投稿者のコメントが学校の全体像と違っているケースもございます。

エージェントカウンセラーは今持っている情報をベースにしてお客様の希望、予算枠、条件に合わせた学校をいくつか紹介いたしますので学校選びで失敗する確率が下がりますし、学校選びや手続きを効率的に行えるメリットがございます。

>>>人気の留学プラン一覧を見る

留学エージェントは留学前の複雑な手続きを代行してくれる

フィリピン留学を実行される場合海外送金、空港からのピックアップサービス、保険予約代行、航空券の購入、語学学校マネージメントとの英語でのやりとりなど海外旅行に不慣れな方には面倒な手続きがございます。留学エージェントを利用しますとそれらをすべて無料で代行していただけるメリットがあります。

>>>フィリピン留学の流れを見る

留学エージェントはフィリピン現地トラブルの際にサポートしてくれる

写真はフィルイングリッシュのフィリピンサポートセンター。

多くのフィリピン留学エージェントは現地での日本人スタッフによるサポートセンターを運営しております。

現地サポートセンターはフィリピン滞在中に起こりうるトラブルに対しても迅速にサポートしてもらえるメリットがございます。

以下は最近あった事例です。


睡眠薬窃盗の例


過去英語中級者の方で学校に行く前にマニラに滞在し、地元民と親しく交流しているうちに飲料に睡眠薬を入れられ昏睡状態のすきに所持金をすべて奪われるという事件が発生いたしました。

フィルイングリッシュ現地サポートセンターは被害にあったお客様と電話やメールのやりとりを通し、お客様に怪我などはなく当座のお金以外に困った点がないという事を把握しましたので留学期間中の生活費と航空券を一時的に用立てし、日本帰国後に返金していただきました。


ルームメートとのトラブルの例


二人部屋でのトラブルです。お客様からクレームが入りルームメートとうまくいっていないのとのメールをいただきました。

ルームメートAさんの言い分:私の持ち物を勝手に触る。小さい事で小言を言う。

ルームメートBさんの言い分:2人部屋なのにあちこちに自分の持ち物をほったらかしで置いているので整理して区分けした。文句を言ったのは部屋を出る時に誰もいない部屋にエアコンをつけっぱなしにしているから。電気代は2人で割って支払うのでこういう事をされては困る。

フィルイングリッシュ現地サポートセンターは学校と相談してルームメートAさんを他の同じグレードの部屋に即日移動させました。

うまくいったようでその後クレームを頂いておりません。

最後に

Focus on Qualityと書かれている写真

留学エージェントを通してフィリピン留学されたほうが学校に直接申請されるより様々な特典を受けられる事を上記でご説明させていただきました。

ですがエージェント利用の最大のメリットはまったく知らない渡航先情報を専門家から親切丁寧に教えてもらえる事と渡航前に学習面でどんな準備をしていくかも相談できる事でしょう。

留学カウンセラー達はフィリピンでの在住歴が長いフィリピン通であり、その多くは英語の達人たちです。学校選択だけでなく多方面でいろいろなアドバイスをしてもらえる頼もしいサポーター、アドバイサーとなります。

  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ