お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール
2017/08/01

フィリピンのクレジットカード事情は?

フィリピンでクレジットカードは実用的でない

廃棄処分のクレジットカードの山

日本やアメリカ、ヨーロッパではクレジットカードがあれば大型スーパーから小売店までほとんどのお店で決算できます。ですがフィリピンでのクレジットカードはいつでもキャッシュレスの便利な存在にはなっておりません。

SMの小売店では使用できなかった

Noマークのバッテン印を腕で作るおじさん

フィリピンでもクレジットカードとパスポートの提示があれば店頭で商品を購入できると言われています。
実際にフィリピンの最大大手ショッピングモールSMの携帯電話販売代理店でフィルイングリッシュの現地留学カウンセラーがI Phoneを購入するため試してみました。お店からの答えは『No』でした。たとえパスポートを提示してもらっても外国人とのクレジットカード決済は受け付けていないとの説明でした。

マニラのSMメガモール△ショッピングモールの面積としては世界3位を誇るマニラのSMメガモール。

SMと言えばフィリピンを代表する中流層、上流層向けのショッピングモール。フィリピン国内ではだれでも知っているSMでさえカードを使えないお店があるくらいです。外国人のクレジットカードは一般のお店ではほとんど使うことができません。

◆パスポートを持ち歩きたくない

お金持ち層や外国人をターゲットにした高級店を探せば外国人でもカードを使える店舗が結構あるはずです。但し気がかりになるのはクレジットカード使用の際のパスポートの提示義務があることです。パスポートとクレジットカードは海外滞在中絶対に紛失したくない最重要アイテムです。パスポートを外国で紛失してしまうと日本大使館や領事館などで再発行の面倒な手続きをしなければならず、いろいろと大変です。小さな買い物のためにこの二つを同時に持ち歩く事はなるべく避けたいです。フィリピンはスリが日本より多い国であり、実際スリによりパスポートやクレジットカード、財布、スマートフォン等を盗難された日本人被害者は(フィルイングリッシュの現地スタッフ2名も含む)おられます。

日本国パスポート

◆語学学校現地費用精算でクレジットカードは使えない

フィリピン留学の際に現地で必要になるまとまったお金の使用用途は2種類。まずは滞在中の外食、買い物、小旅行などにあてるお小遣い。大体平均は4週につき2万円~4万円です。
フィリピン留学の際に現地で一番大きな支出のひとつに学校に直接支払う現地費用がありますが学校側はクレジットカードによる支払いを受けておらず現金決済となります。
現地費用とはフィリピン語学学校に入学した際に支払う現地でかかる費用です。光熱費、テキスト代、ビザ更新費、SSP(フィリピン政府が発行する特別学生認可証)取得費などです。相場としては4週滞在で3万円、12週滞在で8万円程度です。こちらはフィリピン留学の学費(食費、寄宿舎滞在費、授業料、清掃費、クリーニング費)には含まれておりません。

セブのCPIという学校

◆それでもクレジットカードを持っていったほうがいい

フィリピンのお店であまり使える機会が少ないクレジットカードですがそれでもフィリピンに持っていったほうがいいです。何か現地でトラブルになった際に心強い味方となるからです。航空券の購入、ホテルの予約、超高級レストランでの食事、現金の一時借入などで重宝いたします。日本系列の現地旅行会社もフィリピン国内ツアーでクレジットカードの支払いを受け付けております。(但し4~6%の手数料が上乗せされます。)

クレジットカードの使い込みで苦労する男性

それとクレジットカードの中には三井住友カードのように3ヶ月などの一定期間海外旅行中の保険をカバーしてくれるものもあります。フィリピンのお持ち込みを推奨いたします。但し無くしたら面倒ですので入国、出国以外は基本部屋から持ち出さないほうがよろしいかと思われます。

困った時の新生銀行頼み

フィリピン旅行者や留学生は日本円をフィリピンに持ち込み現地でその都度両替していく方法を一般的に選びます。
但し長期留学や滞在などで多額の現金持ち込まざるを得ない方もいらっしゃいます。
多額の現金の持ち込みを避けたい方は新生銀行の国際キャッシュカードを取得される事を推奨いたします。
日本にはみずほ、りそな、三菱UFJなど様々な銀行がありますがフィリピンで民間レベルのサービスは実施しておりません。
日本の口座にある貯金をフィリピンのキャッシングマシーンを使って直接フィリピンペソに引き出せる物は新生銀行の国際キャッシュカードのみだからです。(2017年7月現在。)

新生銀行支店の正面玄関

ビザやアメリカンエクスプレスなどのクレジットカードでもフィリピンペソを引き出せますが1回の引き出し上限額が低く設定されており、1回毎に手数料が発生し、引き出しではなくローン扱いとなり金利も発生いたしますのでおすすめできません。
フィリピンにあまり現金の持ち込みをされたくない方は渡航前に最寄りの新生銀行で口座を開設され、国際キャッシュカードを取得される事をおすすめいたします。

  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ