2019/11/21

学校と寮の設備や生活 2020年最新版

フィリピン留学では校舎と寄宿舎がセットになっている場合がほとんどです。通学が主流になっている欧米留学との大きな違いの一つです。

フィリピン語学学校の中にはアパートやホテルからの通学を認める所もありますが、全体の5%に満たないくらいで、費用も割高になります。

ここでは一般的にどの学校でもあるお部屋のタイプや付帯設備、また、学校によっての違いをご紹介致します。

1. 部屋の構成と設備

▲ CELLA UNI | CEBU

フィリピンの語学学校は基本的に1~6人部屋に分かれます。4人部屋以上になると2段ベッドを使用する学校が増えてきます。4人部屋は2段ベッドでも下記の2種類に分かれます。ほとんどの学校は2段ベッドで机が別に設置されている左下のタイプです。

ベッド・エアコン・クローゼット・机と椅子・スタンドライト(学校による)その他、バギオ地域は雨が多いため除湿器が各部屋に設置されています。
*冷蔵庫とWifiは学校により各部屋または各階やユニットで共有

トイレとシャワールームは基本各部屋に設置されています。上記のようにトイレとシャワーが分かれているところと一緒のタイプがあります。一部の学校では部屋は別だけどトイレ・シャワーを違う部屋の学生と共有するところもあります。

学校と寮の設備や生活
▲ TALK | BAGUIO

一部の学校ではリビングとキッチン、トイレ・シャワーを共有するコンドミニアムタイプがあります。調理をしたい方や自分の空間を確保しながらも他国の人と共同生活をしたい方にはおすすめです。

学校と寮の設備や生活
▲ QQ English | CEBU

一部の学校ではホテルを寮として提供しています。割高にはなりますが、授業の後は完全にプライベートの時間を作りたい方や施設や景観にこだわりたい方におすすめです。

2. 付帯施設と設備

学校と寮の設備や生活

校内でもコーヒー・タピオカや軽食を販売するカフェテリアや、売店を設けており、スパルタで平日外出できない学校でも憩いの場を提供しています。売店では、ラーメン・お菓子・ジュース・アイス・タバコ・SIMカード・生理用品など販売しています。

学校と寮の設備や生活
▲ HELP long long |BAGUIO

                                                                                                                 

学校によってはマンツーマンの教室を放課後自習室として使うことを許可している学校もあり、発音などの練習もできます。

学校と寮の設備や生活 Clinic

緊急時の為にクリニックも設けており、スタッフが常駐しています。クリニックで対応できない場合は病院まで同行します。(クリニックは全ての学校には設けていません)

学校と寮の設備や生活
▲ EGIホテル:セブブルーオーシャン, Geniusの学生達はこちらを自由に利用可

基本的にセブとクラーク地域の学校はプールが付いていますが、その他の地域はないところが多いです。希望の方は事前にご確認ください。

学校と寮の設備や生活 Gym
▲ MONOL | BAGUIO

多くの学校にはジムが設置されています。中にはトレーナーがいる学校もあります。

学校と寮の設備や生活 - Gym

オプションクラスでは英語の授業だけでなく、体を使ったズンバやヨガなどを行なっている学校もあります。

学校と寮の設備や生活
▲ ゴルフ:SMEAGクラシック 体育館:CIP

その他に、サウナ・マッサージ・ゴルフ・バスケ・バレー・バドミントン・卓球・ビリヤードの場も学校により設けています。

3. サービス

学校と寮の設備や生活 Foodcourt
▲ I. BLEEZE |CEBU

留学生たちは決まった時間に決まった場所で1日3食の食事を取ります。

食事は基本ビュッフェスタイルでお代わり自由ですが学校によって品数がかなり違います。日本・韓国・中国・フィリピンのフュージョン式です。

洗濯物は基本週2~3回の指定日に学校へ委託します。当日~3日以内に乾燥までされて戻ってきます。学校によってはキロ単位で費用が別途かかるところもあります。下着は基本自身で手洗いして頂きます。色移りや縮みなど起こることもあるので、大事な衣類は個人で管理しましょう(学校によって個人で洗濯できるよう有料のランドリーも設けています)

清掃も週に1~3回はお部屋の掃除からごみ捨てシーツ交換までしてくれます。

どの学校もウォーターサーバーが設置されており、お水とお湯は24時間使用できますので普段飲み物を購入する必要はありません。

学校と寮の設備や生活 Jeepney

学校によっては週末ショッピングセンターやシティまで学校専用のシャトルバスやジプニーを無料で運営しています。安全で交通費も浮いてラッキーです!また、学校と寮が離れている学校も送迎の専用車を用意しています。

4.授業後の過ごし方

セミスパルタ:正規授業後は自由な時間がたっぷりあります。オプションクラスに参加、学校でスポーツを楽しんだり自分のペースでゆっくり復習、または友達と外出してリフレッシュなど時間を有意義に使えます。

学校と寮の設備や生活 - オプションクラスの様子CIP
▲ オプションクラスの様子CIP

スパルタ:平日は外出不可となっており、正規授業の後は学校により、義務自習やテスト、エッセイの提出などが毎日義務となります。正規授業でも宿題が各教師から与えられるので学習量はかなり多めです。義務課題の後に自分なりに復習などをしていると1日はあっという間でみっちり勉強漬けになれます。

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku