お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

10月のベスト語学学校

フィリピン留学おすすめ語学学校の特徴!
英語講師のレベルによる学校評価

過去5年間に75学校を500回以上訪問

ベスト語学学校

フィリピン留学先にいる講師陣の通信簿(学校別ベスト講師陣ランク表)

フィリピン専門留学エージェントとして正確な情報をお客様に提供する事は最も重要な業務の一つと考えております。
弊社は2014年から現在に至るまで3年の間にフィリピン各地域の70数校を述べ450回にわたり訪問し、語学学校の実態調査を実施してきました。
査定のポイントはマネージメントの秀逸さ、カリキュラムの精錬度、便利で安全な立地、豪華な施設等いろいろなありますが、講師陣のレベル部分を最も重視いたします。
ベスト語学学校調査はTOEIC900点以上の実力派留学カウンセラーやアメリカ大学卒業のシニアカウンセラーにより実行され、直接訪問による見聞調査、卒業生、在学生たちとのインタビュー、メールでの評価、学校関係者の同業他校の講師レベル評価(学校関係者は他校の講師レベルをよく把握しております。)をランキングのベースといたします。

以下講師陣のレベル部分を最も重視する基準で選びました6月のベスト校ランキングとなります。

以下、フィリピン英語学校の講師陣ベスト校です。

英語講師の平均レベルとランキング

  1. PINESチャピス, HELPマーティンス, MONOL (IELTSコース)
  2. CNS2, HELPロンロン, PINESメイン, MONOL
  3. QQ English, CPILS, セブ ブルーオーシャン (CBOA), CNN
  4. EV, CPI, CIP, HELPクラーク, Philinter, SMEAGクラシック, SMEAGキャピタル
  5. WALES, TALK, We Academy, AELC, セブスタディ(Cebu Study), CG

※上記順位は在校生や卒業生の評価のみに基づいており、常時変動することがあります。

学校名 QQ English IT Park [学校詳細を見る] QQ English IT Park ベスト語学学校
場所 セブ(Cebu)
運営方式 門限なしの自由スタイル。
定員 250~300名
人気コース ESL(ライト,スタンダード), Business
推薦対象 1, 2週 短期留学から 8~12週 ESL留学
選定理由及び特徴

QQイングリッシュの一番の特徴は良質な講師陣。QQの講師は全員正規講師でありTESOLという外国人に英語を教える国際資格保有者。給与もスタンダードより高いので良質な講師が集まりやすい環境。
■ アウトプットを重視いたします。QQイングリッシュが他校と差別化されるのはとにかく学生に喋らせるよう工夫している事。イギリス生まれのカランメソッド改良版をカリキュラム導入し、スタンダードコースを受講される学生は1コマのカランメソッドマンツーマン授業を受講します。内容は学生にしゃべらせる、しゃべらせる、しゃべらせるです。英会話習得やスピーキングが弱い方に特に有効な学校です。
祝祭日も授業実施。フィリピン語学学校はフィリピンの旗日に合わせて学校を休業いたしますが、QQは休まず授業を提供いたします。ビッグホリデーで講師が集まらずどうしても授業が提供できない場合には14コマのオンライン授業を無料提供いたします。
■ QQイングリッシュの校舎が所在する位置はセブシティで最も盛んなビジネス繁華街であるITパーク内部です。お店が多く昼も夜も人通りが多いので利便性は抜群です。 校舎のクォリティで申し上げるのであればEV、CPIなどセブトップレベルに値します。
■ 日本人の口に合うヒュージョン料理を提供。
学生のメインは日本人ですので日本人に受け入れやすいフージョン料理が提供されます。

入学時留意点

– 日曜日入寮(セブ空港到着)、土曜日退寮。
– 校則やペナルティがない語学学校。QQイングリッシュは門限がなく、授業を欠席してもペナルティがない自由度の高い学校です。自由を好み自己コントロールできる方に特に推奨。
– 会話重視のカリキュラム運営。IELTS、TOEICなどの希望者は入門レベルの方に推薦。
– 外部ホテル利用の場合にはWaterfrontよりZerenityホテルのほうがコストパフォーマンスが高い。
– 在学生の国籍比率は日本人6~7割。

寸評

講師全員の正規職員制度の実施。TESOLを通じた体系的な講師教育指導の実施。相場より高い給与による上質の講師確保および安定した定着率。 講師レベルの高さが光る語学学校というのが第一の特徴です。
その他消費者にとって好ましいと思われる仕掛けをいろいろ用意されている語学学校とも言えます。
以下は他の語学学校とQQが差別化される点です。
フィリピン祭日の授業実施。
ウォーターフロントホテル(IT パーク正面玄関前に位置するセブ最高級ホテル)のジム施設をQQ学生が無料利用可能。
卒業後に提供される平均20コマのオンラインマンツーマン授業(フィリピン現地指導講師と日本でオンラインを通して再会できる楽しいおまけがついております。)

学校名 セブ ブルーオーシャン (CBOA) [学校詳細を見る] セブ ブルーオーシャン (CBOA) ベスト語学学校
場所 セブ(Cebu)マクタン島
運営方式 セミスパルタ。海に面したリゾートホテルの敷地内に新築の教室棟、学生寮はホテル使用
定員 150名
人気コース General ESL, Intensive ESL,Business
推薦対象 留学期間2週から16週。英語レベル初級から中級、ビジネスレベル。
選定理由及び特徴

15年歴史の名門スパルタ学校PINESが運営するセミスパルタ・セブキャンパス。検証済みの英語カリキュラム、学習面の満足度が最も高い学校の一つ。
■ フィリピンでトップランキングを誇る優秀な講師陣をバギオPINESから選抜。PINES講師のクオリティー高い授業をセブで受けられる。
豪華で充実した施設。オーシャンビューのホテルルームを学生寮として使用、プライベートビーチ、敷地内に3つのプールなどバカンス気分にひたれるオアシス型キャンパス

入学時留意点

* 2週ごとの土曜日または日曜日がピックアップ指定日となっております。(指定ピックアップ日以外に入学を希望される方は、事前にカウンセラーにお問い合わせください。)* 1人部屋の数には限りがありますので、比較的 お申し込みを早急に締め切らせていただく場合がございます。外部ホテルの1人部屋を希望される場合は、最低でも3ヶ月前予約が必須となります。

* 4週以下の短期留学を希望される方にはIntensive ESLまたはPremium ESLコースを推奨しております。Premium ESLコースはTOEIC、IELTS、Businessコースの科目を選択することが可能です。

寸評

セブ ブルーオーシャン (CBOA)の母体はフィリピンを代表する名門校PINES。、セブブルーオーシャン講師陣のメインはバギオからの選抜引越し組みですので英語上級者学生でも安心してまかせられます。バギオPINESはがちがちのスパルタですが、セブブルーオーシャンはマンツーマン授業中心のカリキュラムで平日放課後は外出自由のセミスパルタ。学校は学生の意志を尊重するセミスパルタ。
校舎はリゾートホテルの中にあり、寄宿舎はホテルルームとなります。目の前にはプライベートビーチとゴージャスなプール。ホテル正門前には繁華街が隣のリゾートホテルまで続き生活の利便性で困る事はありません。日本でイメージするセブのきれいな海のイメージはセブブルーオーシャン界隈を指します。
放課後の特別クラス(選択制)では、英語でギターを習ったりZUMBA(エアロビクスと似ているダンス)を踊ったりする事が可能です。又放課後2時間ほど図書室に講師が配属されているので自習時間中わからない事があればその場で先生に聞けます。

学校名 SMEAG クラシック [学校詳細を見る] SMEAG クラシック ベスト語学学校
場所 セブ(Cebu)
運営方式 セミスパルタ。IELTS専門学校、校舎寄宿舎一体型
定員 150名
人気コース IELTS, IELTS点数保証, General ESL-2
推薦対象 留学期間は1週から16週。IELTS入門から6.5以上の高得点を目標とする方
選定理由及び特徴

British Council認可のIELTS公式試験センター。毎月IELTS正規試験をキャンパス内で受験可能。
■ IELTS専門学校ですが英語初級レベルからIELTSコースまで受講可能。
セブ地域のIELTSを扱う学校の中でコース運営と講師陣、そして学習環境を見た場合信頼度が高い。
■ セブ中心地に位置し、学校周辺の治安がいい。
■ ゴルフ練習場、野外休憩スペース、フィットネス施設等付帯施設が特に立派。

入学時留意点

週単位入学可能。毎週土曜日、日曜日入学。セブ空港到着後学校がピックアップ。 校内でIELTS公式試験受験可能。(月1回、Academic Module限定)4週以下の短期留学をされる方は日本でIELTS試験を申し込んでおいて、現地で受験する方法を推奨。

・12週登録した方は学校側でIELTS公認試験費用全額支援(1回)
・英語水準が初級やIELTSを初めて接する方は、カウンセリングを通じてGeneral ESLコースまたはIELTS入門コースを一定期間受講後、IELTS正規コースを受講することを推薦します。

寸評

SMEAG Classic校はセブで唯一のBritish Council指定IELTS公式試験センターであり、授業資料提供を受けるリソースセンター(Resource Center)であります。毎月校内での正規受験が可能なので、緊張感を抑え、慣れた場所でリラックスして試験に臨む事ができます。
セブでIELTSを教える学校はCPILS、CPI、セブ ブルーオーシャン (CBOA)、EV、PHILINTER、CELLAがありますが、その中でSMEAG Classicのコース運営ノウハウが頭一つ出て優秀と判断します。いくらESL、TOEICの運営がうまくても、IELTSのような特化したコースは別の測定尺度が必要です。IELTSコース在学生、卒業生の満足度はSMEAGが抜きん出ています。

学校名 CPI [学校詳細を見る] CPI ベスト語学学校
場所 セブ島(Cebu)
運営方式 月〜木曜日外出不可のスパルタルールがある一方、放課後に義務自習や義務参加のナイトクラスが少なくセミスパルタな一面もある。
定員 200名
人気コース General English, Intensive English, IELTS Intensive, Rapid Progress
推薦対象 初級〜中級レベルの方、治安を重視し、清潔で快適なセブ留学を希望する方。1〜16週間でお考えの方。
選定理由及び特徴

セブCPIの最大の利点は、「圧倒的な施設クオリティ」です。学校、宿泊施設、設備の部分で洗練され清潔な施設環境が提供されます。(2018年1月現在、フィリピンでは、EVに加えCPIの施設が最高峰です)
■「ホテル式サービス」を目指します。CPIの校内は非常に清潔です。また、学生のお問い合わせや要望にに対し真摯に対応しています。きれいな施設+ホテル式サービス+週末アクティビティー、CPIには女子学生の割合が高くなっています。
■スピーキング中心のカリキュラムが運営。ほとんどのスパルタタイプの学校は、教科の変更やスピーキング中心の授業編成が不可能だが、CPIは可能です。

入学時留意点

* 入学は毎週可能です。毎週土、日曜日入室、退室は土曜日です。
* CPIと取引できるエージェントの数は制限されています。CPIの情報提供と登録手続きは、日本で7〜8個のエージェントのみが可能です。(2018年1月現在、韓国の2つ、ベトナム1つ、台湾5個)
* 1週か2週での短期留学者のためのRapidコース希望する方は、ご希望の科目や授業内容を登録時にお伝えください。

寸評

平日は勉強だけに集中して、週末には外出や旅行をしプライベートも充実させたい方は、「スパルタ」タイプの学校を選択しています。スパルタ学校の他の利点としては、より良い治安を確保することができるという点です。滅多にありませんが頻繁に外出するとそれっだけトラブルに巻き込まれる確率も高くなります。スパルタ学校は「安全なセブ留学+平日はしっかり勉強」といったスタイルに最も適しています。
セブCPIは平日外出不可のスパルタタイプの学校に属します。しかし、校長は「私達は決してスパルタ学校ではない」と言っています。
「スパルタの学校は、点呼、義務自習、さまざまな強制規定などがあり、多くのクラスを提供するために、スピーキング中心のカリキュラムを提供しませんが、CPIは異なり
”私たちは、スピーキング中心のカリキュラムを運営し、レベルに応じて科目が編成され、学習者の希望に応じて科目変更が容易です。また、放課後にはクラブ活動やオプションクラス、自由時間なども多く、比較的厳しい規定が少ない」です。
CPI校長の言葉のように、CPIはスパルタと半スパルタの境界線上にあります。安全な留学生活のために平日外出は不可の規定があるので、学校全体の雰囲気は、スパルタの学校と言えます。

学校名 CIP [学校詳細を見る] CIP ベスト語学学校
場所 クラーク(Clark)
運営方式 セミスパルタ。学校寄宿舎一体型
定員 100名
人気コース Intensive C, Intensive A, IELTS, TOEIC,Business
推薦対象 留学期間1週以上16週以下。英語レベル初級から中高級まで対応可能
選定理由及び特徴

ネイティブスピーカーによる英語環境提供 (学生9名に対し1名のネイティブ)
■ 一日マンツーマン5時間進行。講師のレベルが優秀で、マネージャーの応対が迅速。
■ 『生きた』英語と正確な発音をアメリカ人やイギリス人等のネイティブから直接指導を受けられる。文法的には間違っていないが実際には使われていない表現がたまにありがちなフィリピン講師の慢性的弱点を克服。
■ セキュリティ常駐の集団団地に所在。外とつながる各門には24時間警備体制の監視所がある。 (学校の表と施設内部にもセキュリティ常駐、監視カメラ設置)

入学時留意点

毎週入学可能(日曜日入寮、土曜日退寮)マニラ又はクラーク空港にて学校スタッフがピックアップ(到着時間制限なし)。初級者は問題ないですが、ABCしかわからない超初心者には不適合。
* マンツー マン授業でネイティブ教師の国籍を入学前に要請することができる。 担当相談員に要問い合わせ

寸評

フィリピンでネイティブスピーカーを中心とした学校は4~5校ありますが、その中ダントツで検証されている学校。自然な英語環境、多様な国籍比率、妥当な学費、よく手入れされている寄宿舎施設、日本人を意識した食事メニュー等全般レベルで評価が高い。
特にアメリカ、イギリス、カナダからのネイティブ講師たちの人数が多いのでフィリピン講師達も自然と刺激や影響を受け、キャンパス全体の英語環境がいい。セミスパルタなので自主性は尊重されますが、勉強を怠けたり、日本語を使用したりすると罰則が適用される事もあり。

学校名 MONOL [学校詳細を見る] MONOL ベスト語学学校
場所 バギオ(Baguio)
運営方式 ほぼスパルタ式運営。欠席、遅刻がない学生は午後5時から9時まで外出可能
定員 350名
人気コース Essential ESL、IELTS、講師とルームシェアする3+1部屋タイプ
推薦対象 留学期間8週から24週。超初心者専門のコース運営(Foundational ESL)、スピーキング特化コース運営。一般英語の基礎固め+IELTS、IELTS特化コース。
選定理由及び特徴

徹底的なカリキュラム型学校。レベル別でクリアしなければならない「教育コンテンツ」、「課題内容」がしっかり管理されており、フリートーキングや雑談になるクラスはない。
IELTSの実績でフィリピントップレベルのCNSIIに匹敵するほどIELTSコースのクオリティーが高い。CNSIIが小規模で個別の学生管理が優秀、MONOL学校は大型でIELTS学生管理のシステムが優秀。
女子留学におすすめ。校内にジム、ヨガ室、サウナ施設、バドミントンコートなど付帯施設が豊富で、机に向かう時間以外に出来ることの選択肢が多い。<>ヨガ、ゴルフなどの施設は放課後の17時~21時に無料のクラス提供。また、女性に嬉しいサラダ食べ放題を毎日提供。

入学時留意点

■2週に1回の指定日に入学可能。2週以上留学必須。
■バギオ地域は日本の秋(10月)ほどの気候。トロピカルな気候ではない。
■限りなくスパルタに近いセミスパルタ。授業内容においてフリートーキングや自由な授業を求める方に不向き。平日、一部の外出は可能であっても、外出する学生はほとんどいない。

寸評

MONOL学校は、PINES、HELPと共にバギオ地域3大名門校と評価しています。理由は次の通りです。まず、本格的に日本人留学生の受入を開始した2015年から先月までESL
・IELTSともに英語力向上においてしっかり結果を出している点、そして学習面
・講師に対するクレームはほとんどない点、また、日本人正社員の採用後、日本人スタッフのサポートに対する満足度が高い点からです。
教育のクオリティーに加え、講師とルームシェアする3+1部屋、校内母国語禁止ルールの徹底で学生の英語使用を最大限にするための努力をしています。

学校名 PINES チャピス [学校詳細を見る] PINES チャピス ベスト語学学校
場所 バギオ(Baguio)
運営方式 スパルタ。ESL(中級上級者向け)運営, TOEIC, IELTS特化コース
定員 150名
人気コース ESL, IELTS, TOEIC,TOEFL
推薦対象 留学期間4~16週。入学レベル中級~中上級(ESL, TOEFL, IELTS, OPIcコース)、TOEICコースは中初級から入学可能
選定理由及び特徴

中上級者用キャンパスとして学習雰囲気が非常に高い。英語レベルが高く、勉強熱心な生徒が多い。在学生の国籍比率が適切で、自然に英語を使用できる環境が提供されている。
PINES学校のベスト講師陣が勤務し、講師レベルと満足度で信頼感あり。(毎月実施される評価で一定レベルに達する者のみチャピスに配属。)
■ 綿密なレベル管理と優秀なカリキュラム運営。
■ 校舎寄宿舎一体型の綺麗な新築建物。

入学時留意点

■ 毎月指定日入学。マニラ空港でピックアップ(留学終了日にマニラ空港までバスで有料見送りサービス)
■ バギオの気候は日本の秋の気候と似ているのですごしやすい。4月から10月まで雨季。
■ 入学前事前インタビュー実施。スカイプおよび電話上で会話、発音、語彙テスト。一般的にTOEIC基準750点以上の方は入学可能。- 一般英語であるESLコース(Power ESL,Intensive ESL,Premium ESL 7)、TOEFL、IELTSコースはPINES学校レベル6から入学可能 (1~10まで合計10段階レベル).
– レベルテストを通過することが出来なかった場合、44~8週はクイサン校で勉強。その後チャピスに移動。

寸評

PINESの英語中級以上の学生のみ入学できるキャンパスです。 講師の評判の高さは有名です。 一定レベル以上の学生が集まるので学習環境と英語使用環境が整っています。 住宅団地に学校が位置するので徒歩でたどり着ける大きなお店などがない不便さはありますが、綺麗な建物と安全な治安、熱い学習雰囲気を考慮した場合、厳しいスパルタと言えど4~12週は集中力が途切れず学業に専念できるキャンパスだと判断いたします。

学校名 HELPマーティンス [学校詳細を見る] HELPマーティンス ベスト語学学校
場所 バギオ(Baguio)
運営方式 スパルタ
定員 120名
人気コース ESL、IELTS、TOEFL、TOEIC
推薦対象 留学期間4週から16週。英語初級レベルから中上級
選定理由及び特徴

平日24時間のEOP(English Only Policy)の徹底。英語使用の雰囲気はフィリピン英語学校の中でも最優秀。
■ 厳格な講師採用システムによって選ばれた講師陣で、半数以上が講師経験5年以上。安定して高水準の授業を提供
■初心者の場合には、初心者専門キャンパスのHELPロンロン校で約8週間ほど学習した後にマーティン校に転校する事が出来ます。中上級者専門キャンパスである為にマーティンス校の学生達の英語学習へのモチベーションは高いです。
■ 平日外出禁止だが、ビレッジ内なら外出可能

入学時留意点

・入学は月2回でピックアップは日曜日
・入学申請後にSkypeによる事前インタビューを実地。TOEIC基準で650点、IELTS基準で4.0~4.5程度のレベルが求められます。なお、入学申請前に事前インタビューを受講する事も可能(弊社カウンセラーまでお問い合わせください。)

寸評

多くの学校で有口無行になっている24時間English Only Policy(EOP)を徹底して守っている数少ない学校の一つです。学校の雰囲気全体が母国語の排除と真剣に勉強する雰囲気につつまれており、学生も本気で能力の向上を目指すがゆえに厳しい環境のこの学校をあえて選びます。
* 英語中上級専門学校はPINESチャピスとHELPマーティンスが唯一だが、PINESの教師と施設面に良い点数を与えるとすれば、HELPマーティンは教師と在学生の学業の雰囲気に対して良い点数を与えることができる。
また、毎朝のMRC授業で一日をスタートし、夜間のオプションクラス2時間を合わせると1日8時間の質の高い授業がうけられます。教師陣は厳しい採用システムと長年の経験、コース分けされた専任教師制度によって高水準の授業が期待でき英語中級者からテストコースなどの点数取得のためのコースまで安心してお客様に勧められるスパルタ学校。

学校名 We Academy [学校詳細を見る] We Academy ベスト語学学校
場所 イロイロ(Iloilo)
運営方式 セミスパルタ。 放課後外出、週末外出外泊可能
定員 100名
人気コース ESL A,B,Cコース、Semi Sparta Dコース
推薦対象 留学期間4-24週。特に8~16週での入学者が多い。初級者から上級者まで対応。
選定理由及び特徴

■ 英語初級者から上級者まで対応可能の優秀な講師陣。
ESL専門学校ですがTOEICやTOEFL科目をESLマンツーマン授業に組み入れられるレアなサービスを提供。
非常に廉価な価格でネイティブスピーカーから1時間マンツーマンレッスン受講可能。
■ フィリピンで1番2番といわれるほど街の治安がいい。
■ ニュージーランドの短期大学との連動研修で学位取得可能

入学時留意点

マニラからイロイロまでの国内線移動などもあるため留学は4週単位以上からを推奨。毎週土曜日、日曜日入学。(個人の事情がある場合、平日入学も可能)イロイロ空港到着後学校がピックアップ。
Wi-Fiは特に不便はないという環境です。ですが快適というほどではありません。

寸評

恐らくフィルイングリッシュが紹介している語学学校では学費が一番廉価です。ですが講師の質は大変よいです。寄宿舎は新しく清潔です。ネット環境も悪くありません。コストパフォーマンスの非常に高い学校と言えます。
ですが本当の宝物はそのような付帯条件ではなく学生達がかもしだす勉学雰囲気かもしれません。ストイックな学生が多く集まる傾向にある学校です。日本人が多く30-40%ほどいますが日本人同士で話すときも英語以外使わない人もいます。治安は女性が夜一人で外出しても問題ないと言われるほど安全です。街は40数校の大学が集まる学園都市です。近くにダイビングスポットなどはありませんが車で5時間くらいの所にフィリピン屈指の観光リゾートであるボラカイがあります。留学生が一度は訪れる定番スポットです。
学費が良心的なので12週や16週などじっくり腰を据えて勉強されたい初心者の方に特に向いています。We Academyはフィリピン人講師達を株主として学校経営に参加させております。珍しいケースです。先生達が学校をよくしよう、学生に実力が身につくよう一生懸命奉仕しようと思わせる仕掛けがあります。

セブ語学学校の日本人マネージャー

2018年訪問学校リスト

9月(セブ地域) CG Banilad, CIEC, PHILINTER, FELLA Sparta, CELLAプレミアム, CELLA UNI
8月(セブ, クラーク, バギオ地域) CIP, AELC, AELC Junior, GS, WALES, PINESメイン, PINESチャピス, TALKヤンコー, CNS2, MONOL, A&J, BECI, BECI the Café, CPI, ZA English Mabolo, CIA, CPILS, EV, QQ English ITパーク, QQ English シーフロント, セブ ブルーオーシャン (CBOA)
6月(セブ地域) フィルイングリッシュ日本、ベトナム、セブ地域を訪問 CPILS、PHILINTER、CPI、CIJクラシック、 CIJスパルタ、CIJクラシック、CIES、セブスタディ、 CIA、ENGLISH FELLAを訪問。(CIA、ENGLISH FELLAは、ベトナムチームのみ訪問、 ベトナムチームは2018年度の親子留学及び英語キャンプ契約の 為に訪問)
5月(クラーク地域) フィルイングリッシュシュ日本、中国、クラーク地域を訪問 We Academy Clark、CIP、AELC、AELCジュニアセンター、 GS、HELPクラークを訪問
* フィルイングリッシュ中国と企業や大学関連側でセブ地域の学校を 視察。 CPI、CPILS、CELLA UNI、SMEAGスパルタなど。
4月(バギオ地域) フィルイングリッシュ中国、バギオ地域を訪問
MONOL、PINESチャピス校、HELPロンロン校、 HELPマーティンス校、A&J、TALKヤンコー校、 CNS2など。
3月(セブ、バギオ地域) フィルイングリッシュベトナム、中国、セブ/バギオ地域を訪問
*セブ語学学校協会(CALA)とバギオ語学学校協会( BESA)から招待を受けたセブ、バギオ地域の学校を全て訪問。
2月(セブエリア) フィルイングリッシュ日本、セブ地域を訪問
*筑波大学関係者とセブ地域の学校を訪問。 CPI、EV、QQイングリッシュ、セブブルーオーシャン、 CELLA UNIなど。
1月(セブ地域) CPILS, CG Banilad, SMEAGキャピタル, SMEAGスパルタ, SMEAGクラシック, Philinter, IMS Ayala, IMS Banilad, CIJクラシック, CPI, EV, セブ ブルーオーシャン(CBOA), CELLAクラシック, CELLA UNI, CIA, UV ESL, ZA Academy

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ