絶対安心型の進化【学費後払い制度】導入

絶対安心型の進化【学費後払い制度】導入 | 安全保障の留学と書かれたフィルイングリッシュ特性イラスト | Phil English

以下は時流に合わせてフィルイングリッシュが改変させた後払い制度進化バージョンの骨子となります。

  • 学費支払いは現地の学校の到着後という原則は同じ。ただし支払い猶予期間を到着後3日から7日へと引き延ばす。
  • キャンセル費用が発生しないキャンセル通知の期限を従来のスタート1か月前から2週間前へと引き延ばす。
  • 登録申請する際に発生する1万5千円の入学登録金が徴収されない。結果入学登録申請してスタート日2週間前にキャンセル通知をしたとしてもお客様と弊社の間で一切の金銭のやりとりは発生しません。
  • 進化型学費後払い制度はコロナ・ウィルスの鎮静化により早期終了し、従来に後払い制度に戻る場合がございます。

フィルイングリッシュが誇る唯一無二の後払い制度

世の中未来を予測する事が難しい事があります。過去にお金を任せていた企業が倒産し消費者が莫大な損失をこうむった例はいくつもあります。古くは茅場町の大手証券会社、近年では渋谷の有名な格安旅行会社。
ネームバリューや会社ブランドも会社倒産という事実の前では過去の遺物に変化します。
フィリピン留学は入学する前に学校やエージェントに多額の学費を預託しなければなりません。長期ですと100万円を超える事もあります。
このようなマネーフロープロセスに不安をおぼえる方がいらっしゃるのは最もな事です。送金から入学までの期間も離れています。
ここでフィルイングリッシュが考えた不安解消案が学費後払い制度の導入です。
ご本人様が学校到着後に現場を確認チェックしてから送金するシンプルで確実なシステムです。
現在フィリピン留学業界で後払い制度を実行展開しているのはフィルイングリッシュ一社のみです。

時流に合わせた新『後払い制度』バージョン導入

最近世界を騒がせているのが中国の武漢で発生したコロナ・ウィルスの存在。地球全体にどのように拡散していくのか、どのように鎮静化していくのか世界中のひとたちが見守っています。
2020年2月上旬の統計によりますとフィリピン国内のコロナ・ウィルス感染者は3名。全員中国国籍の方です。中国大陸はもちろんの事日本やシンガポールなど他のアジアの国の感染者数よりはだいぶ少ないです。
ただ横浜沖のクルーズ船のような不確実性要素を懸念されフィリピン留学に踏み込めないでいる方も大勢いらっしゃいます。
そこでフィルイングリッシュは新たに後払いシステム進化バージョンを導入いたしました。
進化バージョンでは入学申込金15,000円の支払い決まりを一時撤廃し、ペナルティなしのキャンセル通知日時を従来の出発から30日以上前の期限から出発の2週間前までの期限に大幅短縮。

学費後払い制度の改訂

現在 変更後(2020年2月11日)
    ①登録金15,000円は入学前に納付し残額は入学後3日以内に納付
    ②入学前にキャンセルした場合、15,000円の返金はなく、学校の規定でキャンセル料が発生
    https://phil-english.com/guarantee/
    ①入学申込金を含む学費全額を学校到着7日以内に納付(出国前に一切納付不要)
    ②突然のキャンセルでもキャンセル料は発生なし(渡航の2週間前まで通知の場合)

期間:2020年4月30日登録者まで(2020年2月11日以前の登録者は適用外)

進化バージョン導入の利便性

進化バージョン導入の意義は出発ぎりぎりまで情勢を見極められる事。コロナ・ウィルスが鎮静に向かっているのか拡大に向かっているのかを判断してフィリピン留学の参加有無を判断できます。
入学申請をすれば通常入学登録金1万~1万5千円を学校が請求いたします。中には5万円を要求する学校もあります。こちらをフィルイングリッシュは無料にいたします。
入学1か月を切ると200~300㌦の追加ペナルティが多くの場合発生いたします。こちらもフィルイングリッシュは無料にいたします。
入学2週間前ですとさらに追加が発生する場合もあります。こちらもフィルイングリッシュは無料にいたします。
フィルイングリッシュをご利用されれば出発の2週間前までキャンセルペナルティのリスクから解放されます。

注意事項

  • 期間:2020年4月30日登録者まで(2020年2月11日以前の登録者は適用外)。但しウィルス鎮静化により早期に進化サービスが終了され従来の後払い制度にシフト移行する場合がございます。
  • 出発前2週間を切った際のペナルティ金額については学校の規定に従います。キャンセル通知は出発2週間前までにお願いいたします。
  • セブのCEGA、IMS、CIA、スービックのKey Stoneへの入学は学費後払いシステムをご利用できません。上記3校は出発前2週間前の通知でもキャンセル料金が発生いたします。
  • バギオのPINES、セブのセブブルーオーシャンは後払いシステムをご利用できますが、出発前2週間前の通知でもキャンセル料金が発生いたします。

 

現場で実践!ワーキングホリデー準備コース

現場で実践!ワーキングホリデー準備コース ワーキングホリデーを今後控えている、もしくは検討しているけど実際英語環境でうまくやっていけるのか自信がない…そんな方達の為にバギオのA&Jではワーキングホリデー準備コースを提供しています。 【授業+OJT】がセットとなっており、有名レストランで現地スタッフと同じ待遇で実際に業務を行なうプログラムです。100%英語で同僚からレクチャーを受け、顧客対応をします。日本語でサポートしてくれる人はいないので、実際にワーキングホリデーに行ったときの環境と同じような体験ができます。 本コースが開始してから3年が過ぎました。A&Jのワーキングホリデーコースを経験した後、オーストラリアやイギリスで活動をしている方達より、フィリピンでの経験が大きな助けになったという声も頂いております。フィリピン留学では、ワーキングホリデーという名で他の学校でも関連コースを運営していますが、実習が強化されたA&Jのコースは特に注目です。 長期留学を検討している方であればESLやIELTSを勉強した後、実践で当コースへ移行することもおすすめです。 期間 8週 / 12週 正規授業 マンツーマン5コマ, 少グループ1コマ(ネイティブ) 実習 19~22時(金), 8~11時(土) 8週で20時間, 12週で40時間の実習 業務内容 顧客対応, 注文など プログラム特徴 *初級者からでも問題ない授業進行で、学生のレベルに合わせて段階的に会話中心のカリキュラムで進行 *教師の質が良いバギオで【マンツーマン中心の授業+実践】が比較的廉価で可能 A&Jの詳細はこちら ▼ワーキングホリデー関連校 ☑NILS【New campus】 ≫中級以上の方注目!豊富な実習受け入れ先で毎日実践 ※ただいまNewcampusはHP作成中です。公式HPより詳細をご確認ください。https://www.nilsph.com/plan/new_ojt/ ☑CIA ≫ワーキングホリデー直前の方注目!すぐに働くことを想定したカリキュラム  

>> More
絶対安心型の進化【学費後払い制度】導入

フィルイングリッシュでは、安心して便利なフィリピン留学の為のサービスを重視しています。最近ではコロナバイウイルスが原因で海外留学の懸念と心配事が多いことは事実でございます。

>> More
祝日も授業を提供するExpresserコース

特にイースターや年末年始は1週間の中でも2・3日祝日が含まれるので、この期間にフィリピン留学を検討中の方であればExpresserコースで間違いありません!

>> More

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor