お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

★「セット価格で勝負」24週でIELTS 6.0人材を作るキャンペーン

フィリピンIELTS留学

フィリピンIELTS留学チャンス!IELTSスコア 6.0取得をサポートします。

IELTS主催機関の公式ホームページ(https://www.ielts.org)でIELTS 6.0以上の人材を求める企業のリストを検索したところ200数社の企業の名前が現れました。6.0で受け入れ可能な大学を見ると6,000校を上回ります。募集先はアジア、ヨーロッパ、中東、アメリカに及びます。

外国に行って見て回るだけでなく、仕事についたり、高度教育をうけたり、移民として永住するためにはIELTSの点数は必要不可欠な条件になってきています。世界の受け入れ口は6.5かそれ以上がより幅が広いですが6.0でも企業や大学で募集需要はたくさんあります。まずは6.0を獲得し仕事や学校を探すのもよし、あるいは6.0を第一段階ととらえ、そこから12週以内で獲得できると予想される6.5の道へ進むのもよしです。

フィルイングリッシュは本日より『24週で英語初級者をIELTS 6.0に作り上げるキャンペーン』を実施いたします。協力していただける学校はセブのCPIとバギオのMONOLとなります。

英語初級者を何が何でも24週で6.0点(オーバーオール)を保有者に作り上げるために、学校にもこのコース専用の特別プログラムで協力していただきます。

登録期間

2017年9月30日(入学開始日は2018年3月31日まで)

対象者

■英語初心者で24週間の留学を行いIELTS 6.0取得希望者(24週IELTS 6.0保証)
■必要に応じて学校側のスカイプインタビューを受け受講可能な確認する必要あり(現在の英語力がIELTS3.0またはTOEIC350点以下の場合)

キャンペーンコラボ学校の割引特典

学校

特典1

特典2

バギオMONOL

約80,000~100,000円の学費割引

公式IELTS受験料支援
(20,000円相当)

バギオ CNS2

セブ CPI

留学期間及びコース編成

留学期間:24週
コース編成:初級の場合一般的にIELTS入門コースあるいはESLコースで8週ほど学習され、その後にIELTSコースに移行いたします。但し、入学後に学校の判断でコース期間が変更される場合がございます。

例)ESL 8週 + IELTS 16 / IELTS Preparatory 8週 + IELTS General 16

IELTSスコアアップ

本コース受講に対する学校の特別対策

■毎日2時間以上の分量の宿題提出
■本コース受講生の特別模擬テスト実施(試験スケジュールと方法は学校が決定)
※本コース受講者は平日外出禁止の措置がとられ、義務自習及び学校指定プログラムに参加します。ただし、CELLA UNIでは平日外出が可能。
※その他カリキュラムは一般IELTSコースやIELTS保証コースと同じです。

保証内容及び注意点

■保証内容:IELTS 6.0点/24週(Academic、Generalどちらでも)

IELTS 6.0点獲得の基準は公式IELTS試験あるいは学校が実施する模擬試験結果いずれかといたします。
・学校の模擬試験は本試験よりも難易度を高く設定しているので模擬試験で6.0を取れれば通常は本試験で6.0を獲得できます。
・24週の期間中に見事6.0点を獲得できても設定期間である24週の滞在は認可されます。
・本コース受講者の本試験日程はスタートから20週~23週の間に設定されます。IELTS試験費用1回分は免除となります。(フィルイングリッシュ負担)
本コースの受講者が24週を超えて6.0点を獲得できなかった場合には、学校に残ってIELTSコースを継続受講できます。その場合、学費はフィルイングリッシュが負担いたします。但し、延長期間分の寄宿舎滞在費、現地費用、本試験受験料は受講者に負担していただきます。
・延長期間は4週を区切りに設定され、本試験あるいは模擬試験6.0点の結果とともに終了となります(但し4週区切り期間は点数取得後も滞在可能)。
・本コースの受講者は期間中出席率95%以上、課題提出率95%以上、模擬テスト受験率95%以上の条件を満たされなければなりません。この条件をクリアできない場合でも24週の学習は保証されますが、延長特典権利は消失いたします。

「セット価格で勝負」24週でIELTS 6.0人材を作るキャンペーン-1

その他留意点

・本コースと他のキャンペーンとの併用適用はございません。
・本コース受講者は学費後払い制度をご利用できません。

キャンペーンコラボ学校詳細

「セット価格で勝負」24週でIELTS 6.0人材を作るキャンペーン-2

学校名

MONOL[学校詳細を見る]

コース名 IELTS
・詳細はこちら!
授業編成 IELTS (マンツーマン3時間、小グループ5時間、特別授業3時間30分)
カリキュラムが秀逸な事で評価の高い学校。少数人数限定のグループ授業5時間でIELTSリーディング、スピーキング、リスニング、ライティングTask1、ライティングTask2をすべてカバーいたします。正規マンツーマン授業3時間では学生が強化したいIELTS科目を指定して決める事ができます。最初の4週はIELTS試験の出題傾向、くせ、点数を落とさないための要点などスキル部分をメインにカリキュラムが進み、5週目からは模擬試験が授業内容の中心となります。

MONOLはスパルタ式のカリキュラムですが、夕方5時から9時まで平日外出が許されているセミスパルタです。施設がきれいでWi-fi環境がよく、学費が比較的廉価なのでコストパフォーマンスに優れています。

「セット価格で勝負」24週でIELTS 6.0人材を作るキャンペーン-2

学校名

CPI[学校詳細を見る]

コース名 IELTS General、IELTS Intensive
・詳細はこちら!
授業編成 IELTS General(マンツーマン4時間、小グループ2時間、模擬テスト2時間)

IELTS Intensive (マンツーマン5時間、小グループ2時間、模擬テスト2時間)

CPIはマンツーマン4時間(Intensiveコースでは5時間)授業でIELTSの4つのセクションであるリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングをすべてカバーいたします。その他に毎日各セクションごとの模擬試験が2時間(1時間の模擬試験+1時間のレビュー)が実施されます。火曜日から木曜日の夜は2時間のモニタリング付き自習時間があり、そこで模擬試験でわからなかった問題などを当直講師に直接聞いて教えてもらう事ができます。
この学校は施設がホテル並みに立派で食事もホテル並みに豪勢ですので体調を管理しやすいです。平日外出禁止のスパルタ。講師陣の質、カリキュラム、豪華な施設、ビュッフェ式の食事等などの総合的な評価が高い上に卒業生の満足度も高いです。
「セット価格で勝負」24週でIELTS 6.0人材を作るキャンペーン-3 学校名

CNS2[学校詳細を見る]

コース名 IELTS
・詳細はこちら!
授業編成 IELTS(マンツーマン4時間、小グループ3時間、特別授業1時間)
CNS2はIELTSを学習される学生の目標スコアごとにPre、A、B、Cと受講カリキュラムが分かれております。CNS2はIELTSの各分野(Writing、Listening、Speaking、Reading)で最善の学習方法を提供しており、特にスピーキングに関してはグループ授業でできる学習(ブレインストーミング)とマンツーマン授業でできる学習(テストパートの対処)で勉強方法を分けています。学生たちの学習の目的を明確化することで、どう英語を鍛えるかを理解した上でIELTSを学ぶことが出来ます。

CNS2はIELTS専門校として最もIELTSの実績を出している学校です。CNS2に在籍している講師はスコアを8.0以上持たれている方も多く学習指導の質はフィリピン語学学校の中でも圧倒的です。

IELTS概要とIELTS 6.0に要求される英語レベル

IELTS(アイエルツ:International English Language Testing System)はアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド等英語圏国家の学校入学、就職、移民のための英語使用能力を評価する試験です。試験方法としては英語のスピーキング、リスニング、ライティング、リーディング4つの分野で個別に試験を行い、その総合点数(オーバーオール)とセクション別点数(イーチ)で評価します。

リスニング部門は出題テープを聴き、答えを書き込むスタイルの試験です。返答方式は穴埋め、複数例題からの正しい答えの選択(マルティプルチョイス)がメインです。40問の出題がなされ、40問中23点正解で6.0です。

リーディング部門は書籍、新聞記事、雑誌などから3つの文献が提示され文献関連の40問の質問が出されます。40問中23点正解で6.0です(Generalは30問)。文献ジャンルは社会、政治、歴史、科学、化学、IT、芸術など多岐にわたります。

スピーキング部門は試験官との対面方式で実施され試験官が提示する3つのパートの質問に答えていきます。即興のプレゼンテーションや反射的な対応力が要求されます。質問に沿って一定時間しゃべる事ができる事、自分の主張と関連したボキャブラリーを使用できる事、単調な文とやや複雑な文の使い分けができる事、相手が理解できる発音を身につけている事などができていれば6.0を獲得出来ると言われています。

ライティング部門(アカデミック)はTask1とTask2の二つのセクションに分かれ、Task1ではグラフ、表、図表の描写・説明を求められる技術系、Task2では出されたテーマに対して自分の考えを求められる創作系となります。Task1と2の採点割合は1対2。Task1は決まった表現を憶えて実践で活用できれば6点以上の高い点数を取れます。Task2では、論理的なエッセイ作成能力、文章の一貫性と論理性、幅広く適切な語彙の使用、文法的知識と構文力が検証されます。4つの試験部門では一番点数が取りにくいセクションです。

関連記事IELTSの時代が来た!

お問い合わせ

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ