お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

「終了」★TOEIC、IELTSコース奨学金プログラム

TOEIC・IELTS留学

TOEIC,IELTSスコア取得 + フィリピン留学成功 + 経済的支援(奨学金)も保証

フィルイングリッシュは、この度、特定の学校のTOEIC、IELTSコースに対して奨学金プログラムを実施致します。本奨学金プログラムは、お客様の初めてのフィリピン留学生活を成功させるためと同時に経済的支援を図るための奨学金プログラムです。
本プログラムは、毎月人数を制限して承っております。また、多くの学生が奨学金を獲得できるように、奨学金支給(奨学金支給規定スコア)の条件をあまり高くしておりません。

 

対象者及び締切

1) TOEIC、IELTS 入門者または中級者レベル (TOEIC 780点以下。IELTS 5.0以下の方のみ)
2) 留学期間:8週間または12週間留学のどちらかを選択する必要があります。
3) 毎月各校7名のみ奨学金プログラムに申し込み可能(対象学校下記参照)
4) 締切:2016年12月31日

 

奨学金支給の条件

1) 留学期間の間、全体出席率を85%以上にすること。※学校規定違反により、学校を退学になった場合は、自動的に奨学金プログラムは無効となります。
2) TOEICまたはIELTSの奨学金規定スコアを取得した後、お客様が留学中に学んだことや、体験したことについてのレポート作成してもらい、弊社まで提出する必要があります。(A4:1枚、写真付き)
3) 留学期間内に以下の奨学金規定スコアを取得した場合のみ、奨学金が支給されます。

留学期間

TOEIC 奨学金支給規定スコア

IELTS 奨学金支給規定スコア

8週間

入学時スコアより100点以上の向上 入学時スコアより1.0以上の向上

12週間

入学時スコアより150点以上の向上 入学スコアより1.5以上の向上

*上記の奨学金支給規定スコアは、フィリピン留学をされた75%以上の卒業生が達成されたスコアになっております。本奨学金プログラムをできる限り、多くのお客様にご利用して頂くために弊社はこの奨学金支給規定スコア設定したこと、ご理解頂けると幸いです。
*入学時スコアは、各学校に入学され最初に学校で受けるTOEIC/IELTS模擬試験のスコアになります。

 

奨学金内訳

留学期間

奨学金

8週間

60,000

12週間

90,000

1) 留学期間内に奨学金支給規定スコアを取得した場合のみ、上記に記した額が支給されます。また、奨学金支給規定スコアは、学校で行われております模擬試験または公式試験のスコアが適用されます。
2) 奨学金は、奨学金支給規定スコア取得の確認後、1週間以内に支給致します。

 

対象学校

◆TALK ENE

コース:Intensive TOEIC

scholarship-talk1日6時間のマンツーマン授業、月曜~木曜のTOEIC語彙テスト1時間とTOEIC模擬試験2時間、計9時間のプログラム運営。特に夜8時から2時間実施されるTOEIC模擬試験については、試験終了後当日中に採点およびスコア換算を実施し、その後の自発的な自習および翌日のマンツーマン授業4時間を利用してのレビューを徹底(*残り2時間はESL科目にも変更可能)。この完成されたシステムによりTOEIC点数上昇の早さはフィリピン英語学校の中で最も早いです。8週間の留学で平均150~200点以上のアップ率が観察されています。早急にTOEICスコアを向上させる必要のある方や確実なスコアアップを望む方に推奨する学校です。

模擬試験/本試験: 月曜~木曜20:00から模擬試験(TOEIC)実施。
公式試験はアンヘレスAELC Center1 またはマニラで受験可能。
入学時の留意点: ノートパソコン持参必須。授業遅刻や欠席の罰金の適用がありますので、学校の規定必読。

→TALK ENE 奨学金プログラム体験談はこちら!


「参照」TALK ENEセンターTOEICコースレポート

過去一年間(2016年1月現在)のTALKアカデミーでTOEICコースを履修したお客様の年齢構成及び留学期間、 毎日行うTOEIC模試のスコア推移、TOEICコース生徒の1日などTALKからいただいたTOEICコースに関するデータです。
detail
baguio_talk_toeic_score

→TALK ENE 奨学金プログラム体験談はこちら!

◆CNS2

コース:IELTS A, B, C

scholarship-cns2IELTS専門校の先駆者的存在で、2006年の開校以来、安定的なコース運営がなされており、在籍5年以上のキャリアをもつ講師数が多いです。学生の学習雰囲気はフィリピン英語学校の中で最も高く、試験情報の共有も含め、IELTS 6.5以上を高得点を目指される方は、同じくIELTS専門校であるSMEAG Classicと合わせて検討されるべき学校です。CNS2の大きな特徴としては、IELTS高得点獲得に全てのリソースを投資している点があげられます。学校も学生もその1点に目標を集中しているため、学習雰囲気は非常に良好です。IELTS学習のためだけに行く学校との認識が必要。学習負担が強いため、8~12週間までの留学期間が一般的。現地延長を決断される方も多いです。

模擬試験/本試験: 毎週金曜20:30に模擬試験(IELTS)実施。
バギオ地域は月平均1~2回の頻度でIELTS公式試験を受験可能(試験会場はHELP Martinsおよびその他指定テスト会場)。
入学時の留意点: 平日放課後の義務自習、授業時間内の寮エリアの出入り禁止、電話使用の禁止など、他のスパルタ学校と比べて、強制力が非常に強いです。老朽化が進んでいるため、施設水準は決して高いものではないです。ノートパソコンとUSBの持込みをおすすめ。

「参照」CNS2 IELTSコース生徒のスコア推移
CNS2でIELTS対策コースを受講した留学生の試験成績表を見る!
‘If you don’t know where you are going, you’ll end up some place else.’
You have to find your goal and you can find it in CNS2.

detail
baguio_cns2_ielts_flow

 

奨学金プログラムの流れ

奨学金プログラムの相談・お問い合わせ  ⇒ 見積書発行  ⇒ プログラム申請書の提出  ⇒ 書類審査後、承認通知  ⇒ 学校入学予約  ⇒ 学費のお支払い(後払い制度も利用可能)⇒ 留学開始(規定の留学期間) ⇒ 奨学金規定スコアを取得後、奨学金支給

※ 見積書発行の際は、奨学金プログラム適用の見積書と一般割引見積書の2種類を発行致します。

 

その他の事項

・学校で実施されている模擬試験は、実際の公式試験の難易度と似ています。また各公認試験は、毎月1~2回、指定の場所にて実施されています。また、各公式試験は実施される7日前(TOEIC)または、14日前(IELTS)までにお申し込みする必要があります。もちろん、フィリピンで取得する公式試験のスコアは日本でも認められてますのでご安心下さい。
・各学校の指定入学日を確認する必要があります。
・現在の英語レベルが初級者でTOEIC、IELTSコースにすぐに入学されることが難しいとされる場合、一般ESLコースで4~8週間を他の学校で履修した後でも、本奨学金プログラムに申請することは可能ですのでご安心下さいませ。
・本奨学金プログラムは、8週間、12週間留学のみが適用されます。また、12週間以上留学を検討される際は、現地で延長する必要があります。
・本奨学金プログラムの利用者も、一般の方と同様に弊社の学費後払い制度または、分割払い制度がご利用可能です。
・奨学金プログラムにて留学中に留学期間の延長を申請したい場合は、奨学金プログラムの適用はありません。延長の際の留学期間に関しては通常の留学となります。
・本推奨金プログラムと他のイベント/キャンペーンの割引は併用出来ません。

 

 

  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ