学費後払いサービスについて

学費後払いサービスについて

フィルイングリッシュでは、留学費に不安を抱えているお客様に安心して頂けるよう業界初の【学費後払い制度】を提供しています。 留学後払い制度とは弊社がお客様の留学費用を事前に立て替えさせて頂くサービスです。学費は入学後3日以内までに入金して頂ければ手数料はかかりません。

このサービスのご利用方法は非常に簡単でどんなお客様にでも適用致します。 留学のご相談時に「学費後払いの利用」と弊社にお伝え頂ければすぐにご利用できます(お客様のクレジット情報は必要ございません)

※いくつかの学校では学費後払い制度をご利用頂けません。セブエリアでは、お客様都合で入学前2週間以内にキャンセが合った場合、弊社に多大なるペナルティが課せられるからです。後払い制度を検討する方は学校選定の際に併せてお問い合わせ下さいませ。

■ 学費後払いサービスの流れ

①入学お申し込み・学費後払いサービス申込み依頼

②必要書類フォーム/パスポート顔写真のコピーをフィルイングリッシュに送付

③入学許可書の発行後1週間以内に入学申込代金のお支払い(15,000円)

④出国・入学

⑤入学後3日以内に残りの学費をお支払い(入学申込代金15,000円を除いた留学費)

■ その他の事項

  1. 学校側に後払いの利用についてはお伝えしませんので、学校から特別視されることなどは絶対にございません。もちろん、授業の内容は変わらず他の生徒様と同じものを提供させていただきます。
  2. 学費後払い制度ご利用のお客様も弊社が提供しているキャンペーンや学費割引を並行してご利用して頂けます。
  3. 後払い制度をご利用した場合でも手数料は一切かかりません。入学申込金15,000円お振込後、お支払いして頂く金額は入学申込金を除いた留学費用のみでございます。
  4. 留学をキャンセルした場合お預かりした入学申込代金15,000円は返金致しません。ご注意ください。

海外留学に対する些細な心配や不安についても耳を傾け、解決策を提示できるエージェントとして全力でサポートさせていただきます。

現場で実践!ワーキングホリデー準備コース

現場で実践!ワーキングホリデー準備コース ワーキングホリデーを今後控えている、もしくは検討しているけど実際英語環境でうまくやっていけるのか自信がない…そんな方達の為にバギオのA&Jではワーキングホリデー準備コースを提供しています。 【授業+OJT】がセットとなっており、有名レストランで現地スタッフと同じ待遇で実際に業務を行なうプログラムです。100%英語で同僚からレクチャーを受け、顧客対応をします。日本語でサポートしてくれる人はいないので、実際にワーキングホリデーに行ったときの環境と同じような体験ができます。 本コースが開始してから3年が過ぎました。A&Jのワーキングホリデーコースを経験した後、オーストラリアやイギリスで活動をしている方達より、フィリピンでの経験が大きな助けになったという声も頂いております。フィリピン留学では、ワーキングホリデーという名で他の学校でも関連コースを運営していますが、実習が強化されたA&Jのコースは特に注目です。 長期留学を検討している方であればESLやIELTSを勉強した後、実践で当コースへ移行することもおすすめです。 期間 8週 / 12週 正規授業 マンツーマン5コマ, 少グループ1コマ(ネイティブ) 実習 19~22時(金), 8~11時(土) 8週で20時間, 12週で40時間の実習 業務内容 顧客対応, 注文など プログラム特徴 *初級者からでも問題ない授業進行で、学生のレベルに合わせて段階的に会話中心のカリキュラムで進行 *教師の質が良いバギオで【マンツーマン中心の授業+実践】が比較的廉価で可能 A&Jの詳細はこちら ▼ワーキングホリデー関連校 ☑NILS【New campus】 ≫中級以上の方注目!豊富な実習受け入れ先で毎日実践 ※ただいまNewcampusはHP作成中です。公式HPより詳細をご確認ください。https://www.nilsph.com/plan/new_ojt/ ☑CIA ≫ワーキングホリデー直前の方注目!すぐに働くことを想定したカリキュラム  

>> More
絶対安心型の進化【学費後払い制度】導入

フィルイングリッシュでは、安心して便利なフィリピン留学の為のサービスを重視しています。最近ではコロナバイウイルスが原因で海外留学の懸念と心配事が多いことは事実でございます。

>> More
祝日も授業を提供するExpresserコース

特にイースターや年末年始は1週間の中でも2・3日祝日が含まれるので、この期間にフィリピン留学を検討中の方であればExpresserコースで間違いありません!

>> More

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor