お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

みなさんこんにちは!私はFeiyingで勉強しているWunnaです。2019年1月7日にセブにあるCGバニラッドキャンパスを訪問しました。私達はこのキャンパスに滞在し、

便利な立地

Cebu CG English Schoolには2つのキャンパスがあります。1つは厳格なスパルタキャンパス、もう一つはセミスパルタのBanilladキャンパスです。 CG Baniladは私たちが3番目に訪ねた学校ですが、他の学校に比べとても便利な環境だと実感しました。

2年以上前、私が最初にCebu English Schoolを訪問した時、私は同じ地域の別の学校に住んでいたので、今回この周辺について詳しく知る事ができました。

学校から徒歩2分以内にマッサージ・カフェ・韓国と日本のレストランがあり、コンビニ・銀行・StreetcapeとBTCの2つのビジネスセンター(レストラン、ジム、美容室など)まで徒歩5分です。Gaisano Country Mall(地元の大型ショッピングモール)やチェーンフード店までも徒歩10分以内で行けます。

成人留学生や海外で勉強する家族にとって、CG Baniladの場所はとても便利です。

食品品質の向上

これまで、韓国資本の学校について話を聞いた時、食事についていくつか懸念がありました。しかし、今回の訪問で私はセブのほとんどの学校の食事の質が進歩を遂げている事を知りました。

CPI、EV、CPILS、I.Breezeなど多くのセブの語学学校が同じ会社からシェフを雇っていると言われています。これらのシェフは食事の種類と味を確実にするために統一されたトレーニングを受けています。確かに数週間の訪問で、様々な学校で食事をしてみて、以前に比べビュッフェスタイルに形式も変わり味も格段と上がっていることに驚きました。

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

2階建ての食堂

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

主菜餐台

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

豊富なメイン料理

この日のランチは、野菜・肉・タンパク質と10種類以上のメインコースがあり、内容もとても充実していました。ビュッフェスタイルなので自分に合うものや量を選べることは嬉しいですね。

食事が可能な時間は11時30分~13時と長いので、生徒達はピークを避けて食事をするようにしており混雑していると感じる事はありませんでした。
夜ご飯はほとんどの生徒が外食するので、学校の食事は比較的簡単な物を提供します。

全ての学校がライフサービスに注意を払い、生徒の満足度を向上させようと努力しています。しかし、食事の面ではまだ改善すべき点はいくつかあると思いますが、CG Baniladは食事に関しては心配する事はないと言えるでしょう。

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

ランチのサラダビュッフェ

快適な生活環境

スパルタ学校では寮にWIFIがなく、ネットワーク環境のところに移動する必要がある学校もありますが、CG Baniladには寮と学校に設置されているので快適に過ごせます。ネットワークのスピードも悪くはありません。

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

学校的泳池

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

2人部屋

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

部屋のエアコンは壁掛け式の新しいタイプで騒音がなく、睡眠に影響しません。まだ全ての学校で対応しているわけではないので、敏感な方には大事なポイントです。
CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

寮内

部屋は綺麗で日当たりも良く明るいです。CGBaniladはもともとは他の学校だったので数年間使用していましたが、以前より改善されて綺麗になりました。

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

プールに面している喫煙エリア

自然に溢れるCG Baniladのキャンパス環境は、石畳みやパームツリーが目に入り、贅沢な装飾も過度な装飾も無くシンプルです。いくつかの寮と教室がレストランを囲み、他の寮は少し離れた場所に位置します。学校には3つの大きな休憩スペースがあり、学生達は暇な時間に集まってコミュニケーションを取ったり勉強をしたりしています。セブの今の平均気温は約27~29度で野外で涼しい風を感じながら青空を眺められてとてもリラックスできます。

総合英語ESLコース

CG Baniladキャンパスは主にESLコースに重点を置きます。スパルタキャンパスではIELTSに焦点を当てています。Baniladキャンパスでは大人用のESLコースが4つあり、15歳以上のジュニアも選択できます。

 

コース名 クラス配置
General ESL マンツーマン4時間+小グループ2時間
Intensive ESL マンツーマン5時間+小グループ1時間
Power ESL マンツーマン6時間
Semi-Sparta マンツーマン4時間+小グループ2時間+エッセイ1時間

CG のグループ授業は1:4の構成で、他の学校に比べ少人数で、授業の質を保証できます。

マンツーマン授業

スピーキング&リスニング、ライティング&リーディング、発音、語彙、サバイバルなどを進行します。

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

マンツーマン教室

1:4のグループクラス

入学時のレベルによりクラスの内容は変動します。

  1. Daily Expression & Survival English:実生活で起こりうる内容をテーマとし、ロールプレイングの様な形で日常会話を学ぶ。
  2. Debate & Argumentation:英語の表現を正確に理解し使用する事が目的で、自身の考えを話し合う為に毎日新しいトピックを設定する。
  3. Public Speaking & Speech Communication:人前で話す為の力をつける。観客を惹きつけるための文章の構成、話方
  4. Creative Writing:独自の想像力に基づき、正しいライティングスキルを身に付ける
  5. Oral Conversation & Listening:教材に加えて、様々な表現を日常会話で使用します
  6. Global Business English(ネイティブ教師):ビジネス英語だけでなく、生徒の将来の雇用に役立つような実践的な内容
  7. American English Conversation(ネイティブ教師):日常生活で使える英語の表現を理解する為に、文法と単語の使用に重点を置く。
  8. CNN:ニュースを聞き、文章の内容を正しく理解する。
  9. Media:映画やテレビシリーズを見ながら、様々な生活シーンで役立つ英語の表現を身に付ける。
  10. Forms of Listening:繰り返し効果的なリスニングを通して、文章の構成を理解し、正確なメッセージの内容を伝える事ができる。
  11. Supplementary English:一般的な動詞・前置詞・関連語など簡単なプレゼンテーションに使用する方法を学ぶ。
  12. Fundamental Guide To Effective Writing:文章パターンを理解させ、読解速度と文章作成の方法を習得。
  13. OPIC :このコースはOPIC試験前の生徒の為の準備コース

上記のグループレッスンは、生徒の入学時のテストにより内容が決まりますが、授業を変更したい場合は毎週水曜日にオフィスで申し込みをすると次週から変更可能です。

CEBU 語学学校 CG Banilad ~ 快適で便利な学習環境

独立した自習室

選択コース

1.選択授業

新入生は毎週のブリーフィングセッションで選択科目を申し込むことができ、
それ以外の生徒は、毎月テスト日の午後2時から指定された場所で選択科目を申し込むことができます。

科目を選択した後、毎月1日から翌月までに3回欠席すると、自動的に選択科目の参加資格がなくなり、次の申請日まで授業に出席する事ができなくなります。また、授業を続けたい場合は月末にもう一度申し込む必要があります。

2.選択科目

生徒のレベルに応じて、文法・TOEICリスニングおよびIELTSリスニングと異なる内容が提供されます。TOEICリスニングとIELTSリスニングは、中級以上のレベルの方を対象としています。

いかがでしたでしょうか?CGバニラッドは、上記の点を総合して快適で便利な立地で英語の基礎からしっかり勉強できる学校です。勉強以外にも休暇を楽しみつつリラックスしながら勉強したい方はおすすめの学校です。

語学学校GSクラーク訪問記——安心・安全なジュニア単身留学

こんにちは、フィルイングリッシュWunnaです。
今回、私は同僚と一緒にクラーク中心に位置する語学学校GSを訪問しました。

校門から見ると、環境の良さに感嘆しました。キャンパスの中には大きな樹木が沢山あり、周りがグリーンシエードに覆われて、プールのブルーと混じり合い幻想的でした。クラスのない時間は、キャンパス内を散歩してクラスメイトと気楽に交流することも楽しみの一つになるでしょう。

毎回学校を訪問する際に私たちが様々な角度から学校情況を視察している理由として、皆さんの学校選定の際に、詳しい学校の特徴を明らかにし参考にしていただくためです。

今回、学校のコース手配担当先生、学生マネジャー、ジュニア生徒を取材し、GSはファミリー留学・ジュニア単身留学に適した学校か視察してきました。

コース手配先生へ取材(Supervisor:April)

ジュニアキャンプ、ファミリー留学、ジュニア単身留学について詳しくご紹介して頂きました。

ジュニアキャンプについて

今年の冬季休暇に、韓国とベトナムに冬季キャンププランを設けました。毎年キャンプには30~50名の生徒が参加します。

冬季ジュニアキャンプ日程

  • マンツーマン4時間:Listening、Reading、Writing、Pronunciation
  • 小グループ2時間:Conversation、Debateとネイティブクラス
  • アクティビティ1時間:ゴルフ練習、ギター、水泳など(正規授業の間に行われます)
  • ナイトアクティビティ2時間:Speech、Music、Movie、Gameなど
  • 数学1時間:冬季キャンプ担当先生が手配する
  • Vocabulary/essay1時間:Vocabulary学習、Vocabularyテスト

冬季キャンプのアクティビティコースは、様々な方法で英語を学ぶ興味を引き起こし、能力とレベルを高めます。そして、アクティビティやゲームなどを通して学生たちの協力、責任感などを育てます。

ファミリーコースについて

子供の入学年齢は5歳です。学校側の条件として、子供はある程度の独立性を持ち、自分で講師と一緒に習うことができることが要求されます。

ファミリーコースの日程はESLと同じです

  • マンツーマン4時間: Listening、Pronunciation、Reading、Writing
  • 小グループ2時間:Conversation、Debateとネイティブクラス(英語レベルの高さが要求される)

*ファミリーコースは、冬季キャンプに比べアクティビティは少ないですが、週末に学校が開催するアウトサイドアクティビティに参加できます。
(クラークフォークビレッジ、ウォーターパーク、乗馬、スイングライダーなど)

子供の年齢が低い場合、学習内容は主にゲーム、会話、創作、学習カードなどです。教師が様々な方法で子供に英語を学ぶ興味を引き起こさせます。

ファミリーコースでは保護者達から様々な要求があります。例えば、朝あまり早起きしたくない、昼は仮眠時間が欲しい、自分のコース時間は子供と同じかなど…。しかしGSでは保護者達が事前に要求を伝えると必ず満足していただけます。

また、保護者達が教師と子供の授業内容について相談し、特定の能力をアップする必要がある場合、授業内容の変更を伝えれば弱い科目に対して強化することができます。

GS最大の特徴は、生活や学習について生徒のニーズに柔軟に対応できることです。

ジュニア単身留学について

ジュニア単身留学の入学年齢は10歳以上で、ある程度のセルフケア能力が必要です。通常一人の生徒につき先生が1名付き、子供と一緒にクアドラプルルームに住んで、24時間一緒に生活し、学習・健康などのケアと監視をしています。常に一緒に行動を共にし、生徒の利点欠点を分析するので、単身留学でも心配ありません。

GSでは一年中ジュニア単身留学を受け付けています。コースはESLコースと同じです

  • マンツーマン4時間:Listening、Pronunciation、Reading、Writing
  • 小グループ2時間:Conversation、Debateとネイティブクラス(英語レベルの高さが要求される)
  • Self-development activities:ゴルフ、水泳
  • 自習:英語日記

ジュニアIELTSコースの生徒へ取材

名前:Ezio(男、15歳),Isabel(女、16歳)
コース:IELTS
留学周期:4週
部屋タイプ:4人

Ezio:こんにちは。私たちは中国天津にあるインターナショナルスクールの学生です。海外留学でIELTSの成績は非常に重要ですが、国内の英語環境が良くないため、両親と相談をして学校へ休暇許可を取り、IELTSを勉強をする為フィリピンに来ました。

フィルイングリッシュ:ではなぜGSクラークを選択されたのでしょうか。どのようにここまで来ましたか?

Ezio:友人が以前GSで勉強していて勧めてくれました。国内からマニラを経由してバスでクラークまで来ました。

フィルイングリッシュ:コースでは何を選択していますか?また、コースのスケジュールに関してどう感じていますか?

Ezio:マンツーマン4時間・小グループ3時間でその内ネイティブグループが1時間があります。先程写真を撮っていただいたコースはネイティブグループです。コーススケジュールについては合理的だと思います。プライベートな時間も確保できるので、宿題をして授業の内容を復習するようにしています。

フィルイングリッシュ:先生についてがいかがでしょうか?

Ezio:先生によって差があります。IELTSコースなら、毎週水曜日に先生の交換を申請できます。今日は文法の先生の交換申請をしました。

フィルイングリッシュ:入学時、IELTS得点は何点でしたか?2週間経ってレベルが高くなったと感じますか?

Ezio:入学時、IELTS得点は3.5ぐらいでしたが、今は4.0に上がったと感じます。今回4週間で申請しましたが、次回は長期留学をする予定です。

フィルイングリッシュ:学校の設備、環境、食事などについていかがでしょうか?

Ezio:学校環境は良く、静かでのんびり過ごしています。食事は毎日5品の料理とスープが準備されていて美味しいです。

フィルイングリッシュ:ありがとうございます。学業で成果が得られることを応援しています‼

その他のGS紹介

1.ネイティブ先生:Stephen
EzioさんとIsabelさんを取材した後、先ほどのグループクラスの教師Stephenさんのお話も聞くことができました。
8年半働いていて、その期間不快なことはなく、学校の管理と運営が素晴らしいので
ずっとここにいると熱意を伝えてくれました。同時に『GSにきた生徒にはきっと満足のいく授業とサービスを提供します』と答えてくれました。

2.韓国のジュニア学生
IELTS学生をインタビユーする際、プールで遊ぶ子供たちが気になり、インタビュー後そこへ行くと、子供たちが私に社交的に挨拶をして、どこから来たの?と聞いてきました。

彼らは平均年齢12歳で、保護者と一緒に留学に来ている子や単身で来ていることが会話から分かりました。

写真の一番左の男の子は単身留学で、今回GSに2度目の留学であり6週間の滞在予定です。彼は先生1人と他のジュニア生徒2名と一緒に住んでおり、外出の際は必ず大人と一緒に出掛けるので、両親は学校の生活などについて全然心配ないと話しくれました。子供たちは学校のルールなどをしっかり覚えていて学校生活に既に慣れていました。

このように高い安全性が保証されていて勉強と生活環境がよく、学生に対する管理をきちんとしている学校はファミリー留学、ジュニア単身留学に適していると考えます。
現在、フィリピン語学留学を考えているようであれば、GSは子供のために良い学校だと言えるでしょう。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

こんにちは、フィルイングリッシュです。

フィリピンで留学先を選ぶときは、おそらく不安が多くあるかと思います。最適な学校とは、教師やカリキュラムの質、施設や食事の質、ユーティリティ、費用などの面であなたに適していなければなりません。Webページのコンテンツだけでは学校の細かい情報を正確に伝えられないという問題がある為、弊社では無料相談を行っています。多くの疑問に無料でお応えしておりますので、是非ご活用下さい。

一般的に、セブでスパルタの学校、優れた施設、おいしい料理、一流のお客様サービスをご希望の場合、CPIをお勧めいたします。

セブは南の女王と呼ばれるフィリピンの有名な観光都市です。その結果、セブ州の学校はセミスパルタ式で運営する傾向があり、学生は勉強しながら同時に休暇や観光も楽しむことができます。だからCPIのような純粋なスパルタ式で運営している学校は本当に稀です。CPIは施設やサービス面に多額の投資を行い、スパルタ校のイメージ(退屈、窮屈)を排除しています。

今回私達はこのCPIへ来ておりますが、これはフィルイングリッシュの定期的な学校訪問に基づく3度目の訪問となります。私たちはあなたにとって有益な沢山の情報を配信しています。 留学をより実りあるものにしたい方に是非お読み頂きたく存じます。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

フィルイングリッシュレポーター(左)、ベトナム人マネージャー:Cara(右)


1. 先進的な施設、リゾート式経営…全てがCPIブランドを創造


もしあなたが沢山のフィリピンにある語学学校へ行った事があるのであれば、必ず分かってくれるはずです。ここまで施設が綺麗な学校はフィリピン中探してもここCPIかEVぐらいだと。もしEVについても興味が湧いた方は、今回の訪問ではEVにも行っておりますので良ければご参照ください。この記事ではCPIについて触れていきます。

スパルタ式の語学学校では平日のが外出は基本禁止されており、CPIも例外ではありません。そこでCPIはどうすれば放課後に生徒をより退屈にさせないかを考えてきました。まずCPIは学校内にオリンピック規格の豪華なプールを設けました。これはフィリピン中のプールを持つ学校の中で最も大きいです。またこのプールは深さを調節してあり、子供から大人までどなたでも水泳を楽しむことができるよう工夫が施されており、ダイビングエリアまであります。放課後、綺麗に清掃されたプールサイドで外国の友人たちと会話を楽しむも良いです。ただ、もし泳ぎたいのであれば、水着を着用することが義務付けられております。またゴーグルを持ち込むことも推奨されています。またプールに食べ物を持ち込むことは衛生上許可されていません。プールをご利用になられる際は上記の点にご注意ください。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

スイミングプールは2階の庭の端にあります

プールのほかに、ジムも施設が付帯しており、卓球などもできます。こちらの施設は7:00から23:00まで毎日自由に使用することができます。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

ジムエリア

宿泊施設について少しお話します。CPIは非常に質の高い部屋を用意しており、勉強机、高品質マットレスにベッド、冷蔵後などが完備されています。A、Bタイプに分けられますが、Aタイプはより安価な金額で提供されています。レイアウトは変わりませんが、AタイプのベッドはBタイプのお部屋より若干小さく、エアコンが最新のものが備え付けれらています。一般的に小さなお子様連れのご家族はBタイプを選択しますが、一人で勉強しにきてい方たちはそこまで部屋タイプは気にしなくとも問題ありません。さらに、CPIは、6人用の女性専用ルームも運営しています。このタイプの部屋は極僅かでいてとても人気なので、少なくとも3ヶ月前までには登録を済ませる必要があります。CPI自体、台湾、韓国、日本、ベトナムなどの多くの学生が選択する人気校ですので、1ヶ月前などではほぼ間違えなく入学できないでしょう。CPIで留学を希望される場合はできるだけ早くフィルイングリッシュまでご連絡くださいませ。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

6人部屋はとても広々とした部屋ですが、残念ながら生徒が使用中の為中を撮影することはできませんでした。

CPIに関する一つ目のポイントはwifiです。学校のオフィス、カフェテリア、ミニカフェを除いて、無線LANを利用できるエリアはありません。3G/4Gを使用している場合、電波も不安定です。Wi-Fiを使用する必要がある場合は、上記の場所へ移動する必要があります。これは一見すると不便なことですが、良い面もあります。インターネットを制限することで、学生はネットサーフィンやSNSに集中することを避けられます。自国での日常生活でインターネットが使えなければ相当不便ですが、留学中でより多くのことを学ぶためには、絶対的に自分で勉強する時間が必要なのです。

食事に関しては、毎日提供される料理の数が多様で、ビュッフェ形式でたくさんの料理を好きに食べることができます。また、CPIの食事に関する生徒の満足度は70〜80%と、フィリピン留学の中では異常なほど高い数値をキープしています。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

自分の食べたい料理を好きなだけ食べることができます


2. スパルタ式なのに強制感を感じさせない


スパルタン式を選択する際に恐ろしいのは、その厳しさを完全に理解しておらず、その環境に適応するまでに2〜3週間かかってしまうことです。多くの場合、厳格なスパルタ校は25歳未満の人に適しています。逆に、社会人の方や高齢の方などは、受け入れやすいように精神的な準備が必要です。CPIはSparta式ですが、Spartaのレベルとしてみると70%程度と比較的軽めです。学生は平日の外出は不可ですが、他のいくつかのスパルタ校の様な、義務的な試験や自習はありません。入学して最初の4週間だけは一日1時間程度の夜間自習を受けなければなりませんが、これは一刻も早く英語に慣れて最大限留学の効果を高めるためのルールです。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

学校の教室はガラス張りで清潔で清潔です

あなたは、CPIが必ずしもスパルタスパルタしていないことを不思議に思うかもしれません。ですが、CPIは最高品質の施設を備えた学校であり、もしそのような綺麗でしっかりとしたリゾートのような学校で勉強したいのであれば、CPIは最適な学校です。CPIは生活面、勉強面であなたを満足させることができるでしょう。また、幼い子供や十代の若者にもCPIは適しています。


3. さまざまな年齢やレベルに適した様々なコース


CPIには多種多様なコースがあり、一般英語(ESL)コース、IELTS、TOEIC、TOEFL、ビジネス英語、ジュニアキャンプ、サマーキャンプ、ファミリーコース(子供と一緒に学ぶ親)など、すべてのレベルの方に適しています。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

マンツーマン授業

CPIのコースを以下にまとめました:

コース マンツーマン 小グループクラス 大グループクラス
General English 4 2 1
Intensive English 5 2 1 (ネイティブ)
Rapid Progress 30/60 6 3
Preparatory TOEIC / IELTS/ TOEFL 4 2 1
General TOEIC/ IELTS/ TOEFL 4 2 2 (Mock test)
Intensive TOEIC / IELTS/ TOEFL 5 2 2 (Mock test)
IELTS Guarantee 5 2 2 (Mock test)
Business Bridge 4 2 1
Business General 4 2 1
Junior English 5 1 1 (ネイティブ)
Summer Camp 6月から7月までのサマーシーズンには、特別なスケジュールで7歳から15歳までの子供を対象として、勉強と多くの課外活動や観光を組み合わせたサマーキャンプが開催されています。最高品質の留学を保証するため、CPIでは一度のサマーキャンプにつき子供の登録者数を25~30人までに制限しています。本プログラムの詳細についてはフィルイングリッシュまでお問い合わせくださいませ。

CPIは、上記の公式クラスに加えて、3つのカテゴリーを持ついくつかのクラス(朝と夜)を提供しています。

Special Study: このコースでは、CNNニュースを用いたリスニング演習を行い、ハイレベルな語彙を学ぶことができます。午前6時50分から午前7時20分に行われます。また、ネイティブスピーカーとの発音クラスを17:25から18:15まで開催しており、このクラスでは綺麗な発音と自然なコミュニケーション(アメリカの標準的なアクセントを含む)を学ぶことができます。その他、19:25〜22:30の間に特別講演プログラム(SSP)というクラスを選択することもできます。これは、学校のカフェテリアでさまざまな話題について先生と楽しく話すことができるので、私の好きなクラスの1つです。私は今回の訪問時にSSPの雰囲気を目の当たりにしてきましたが、非常に活気があり、笑いも絶えませんでした。上記のいずれのクラスにも参加しない場合は、自習クラスで勉強することもできます。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

CPIの小グループクラス

Special Activity: 毎週月曜日の夕方19:25から20:20まではジムでZumbaダンスに参加することもできます。

Special Club: 勉強以外にも、上記したZumbaダンス、ギタークラブ、料理、芸術などのクラブ活動に加わることもできます。これらのクラブに関する情報は、学校掲示板に掲載されております。

コースによっては、毎日のスケジュールは異なってくるかもしれませんが、そこまでの違いはありません。


3. 学校の強み:ESL(一般英語)、IELTS、ジュニア英語


上記のコースのうち、一般英語、一般IELTS、ジュニア英語は、多くの学生がCPIで選ぶ3つの人気コースです。これらのコースは1:1クラスの時間が多く、スキルを習得するのに役立ちます。特に、ジュニア英語クラスにもネイティブスピーカーとのグループがあり、発音を練習する子供にとって非常に有効的です。

3ヶ月未満の学生の多くは、ESLまたはIELTSの2つのコースのいずれかを選択します。また、3~6ヶ月の留学ではESLとIELTSの組み合わせが人気です。学習期間がより多く、学生は基礎を得るのに1〜2ヶ月しか必要ではなく、IELTS 、TOEIC、TOEFLなど、場合によっては最大で約3ヶ月かかる場合もあります。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

模擬IELTSテストの様子

15歳未満の学生は両親と一緒に勉強します。時期により子どもの数は異なりますが、たとえば私が学校に通っていたときには約70人のジュニアがCPIを卒業しました。親御さんが子供に勉強を強いたりご飯を作ったりする必要がありませんので、親御さんの負担は減ると思います。

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

ジュニア生徒の授業前の自習


毎年の英語キャンプは多くの親御さんによってサポートされています


若者のために常に提供されているジュニアイングリッシュに加え、サマーキャンプもCPIの人気プログラムとなっています。洗練された施設と経験豊富な育児サービスを提供するCPIのサマーキャンプには、毎年多くの韓国、台湾、中国、ベトナムの子どもたちが参加しています。

サマーキャンププログラムには、大人向けプログラムと比較して3つの大きな違いがあります。

  • 内容は、週末の課外活動、観光、ピクニック、クルーズなどと組み合わさり豊富に用意されています。毎日、公式の授業のほかに泳ぎ、料理、楽しむことを学び、夏の素晴らしい思い出作りにも貢献しています。
  • 学校では、ベビーシッターはすべてのアクティビティに細心の注意を払うようにしています。上記したように、CPIは30人以上の子どもたちをサマーキャンプも受け入れたことはなく、子供一人一人に最高のサービスを提供しています。

現在、CPIはサマーキャンプ2019に関する情報はまだ公開していませんが、以下のリンクでより詳細にプランを確認することができます: https://phil-english.com/school/cebu-cpi/

CPI語学学校訪問記 環境との差別化のための相違

CPIサマーキャンプ

最後に:

CPIは施設の面で最高品質であるだけでなく、特にIELTS、TOEIC、TOEFLの準備コースなど、質の高いトレーニングでも最高のものを目指しています。その費用は、平均より多少高くなっておりますが、だからこそ学生に常に快適な学習環境を提供でき、食事は栄養豊かで健康的なのです。私の意見では金銭的に問題がないのであれば、CPIは絶対に選択する価値のある学校だと思います。

さらに、スパルタ校の中では厳しすぎず、放課後に仕事をしている方や、自分の時間を自由に使いたい方にも適しています。この学校はとても人気なので、留学をお考えの際は少なくとも3ヶ月前には弊社までお問い合わせの上、ご予約をお勧め致します。

最後までご覧くださりありがとうございました。


カランメソッド、R.E.M.Sによる迅速なスピーキングスキルの向上を約束

カランメソッ

こんにちは、フィルイングリッシュです。

QQイングリッシュはフィリピン最大の語学学校の一つであり、セブ本島にあるセブシティとセブシティから橋でつながっているマクタン島の各々キャンパスを構えます。セブのビジネス特別産業地区であるIT Parkの中に位置するIT Park校およびマクタンのリゾート地区に位置するSea Front校です。両校は世界各国から集まる様々な留学生に直接教育指導するだけに留まらず、オンラインレッスンを通して世界中の学生たちにマンツーマンレッスンを提供しております。

QQイングリッシュの特徴はスピーキング力アップを強調するマンツーマン主体のプログラムと自由な校風です。
QQイングリッシュの授業はとことん学生にしゃべらせる事を追及します。しゃべる事を慣れさせる事により学生たちに英語の恐怖心を取り除かせる指導です。
QQイングリッシュの校風は自由です。放課後は強制授業などはなく、門限なども特に設置されておりません。自分のペースで勉強なされたい方に向いています。

本日はIT Park校の概要とQQイングリッシュが推し進める教育プログラムについて簡単にご説明いたします。


QQ ENGLISH IT PARK校の優れている点


1. セブシティの中心地にあり、何をするにも便利な立地


上記の通り、QQイングリッシュITパークは、多くの企業本部や大規模なテクノロジー企業が位置するセブ市内の中心に位置します。学校の周りには、多くのレストラン、カフェがあり(学校のすぐ下には、Civetと呼ばれる有名なカフェがあります。 )、コンビニエンスストアまではわずか5-10分です。有名なショッピングセンターのアヤラモールも徒歩で行くことができます。また、QQイングリッシュ ITパークのカフェテリアには、建設中の大型の建物が見えます。これは、市内で2番目となるアヤラモールです。したがって、将来的には、QQ イングリッシュ IT Parkの学生は、あらゆる種類のサービスを、すぐ近くで楽しむことができるようになります。今でもすでに不便はありませんが、更に利便性が向上するでしょう。

カランメソッ

CIVET Coffee

2. 校舎建物はセキュリティチェックが徹底


外出先から学校へ戻る際は、スカイライズ4とドライバーに知らせてください。QQイングリッシュITパークは、この建物の中にあります。

スカイライズ4に出入りする人は皆、鞄、ハンドバッグの中身を確認されます。その後、エレベーターで上層階へ移動する前に、フロントデスクのスタッフに訪問先を尋ねられ、身分証明書の提出を求められます。それを預ける代わりに彼らは訪問者用のプラカードを渡してくれます。ここの生徒でない限り、これらのステップを無視することはできません。(学校の学生は学校から発行されたIDカードを持っています)さらに、CCTV(防犯カメラ)も多く付いています。更にQQイングリッシュには独自のセキュリティスタッフもいます。したがって、セキュリティについては抜け目なく対策が講じてあり、安心して留学生活を送ることができます。

カランメソッ

スカイライズ4

3. ビュッフェスタイルのおいしい食事を提供


私たちがQQイングリッシュ到着したのは午後2時頃でしたが、カフェテリアでは学生に食事を提供していたのには驚きでした。普通の学校の食事提供時間はこんなに長くはありません。さらに、食事のメニューは非常に多様で、各項目にはフラグが付けられており、何処の国の料理がも表示されています。

カランメソッ

ダイニングエリア

カランメソッ

ダイニングは学生がリラックスして会話することのできる場所でもあります。

4. 特定のコースごとに継続的に訓練されたハイレベルな教員


QQイングリッシュではハイシーズンでされも臨時講師を雇っていない珍しい学校の1つです。学校のモットーは、少なくとも2ヶ月間は正式な授業に当たる前に訓練を行い、講師の質を高めることです。また、QQイングリッシュではフィリピン最大のオンライン英語教育システムを所有しているため、数百人のフィリピン人教師の活動を維持することができます。教師は常に自身のクラスを持っています。現在、QQイングリッシュはタイムゾーンの違いにかかわらず、異なる国の学生のための1日あたり最大5,000のオンラインレッスンを受け入れることができます。フィルイングリッシュはQQイングリッシュの正規登録エージェントです。2つの無料トライアルクラスを受けたい場合は弊社までお問い合わせください。

カランメソッ

QQイングリッシュのオンライン教室

教師の訓練プロセスについて、公式クラスの前にすべての教師が受けなければならない3つの重要なステップを皆さんにお伝えしたいと思います。

プロフェッショナルトレーニング: インタビューと模擬授業に合格した後、候補者は指導スキルとその指導分野の深い知識を含むプロフェッショナルトレーニングフェーズに移ります。 ESLの教師は一般的なリスニング、スピーキング、リーディング、ライティングのスキルに集中し、IELTS、TOEIC、ビジネス英語の教師はコースに関連する分野で訓練を受けます。言語能力を評価するモックテスト。通常、6.5以上を達成した教師は、認定試験やビジネス英語コースを受け持つことができます

文化訓練:この段階では、候補者は各国の文化を学びます。この訓練は各国の訓練生がそれぞれ担当することになります。教師は、個々の学生に対しどのような接し、何について言及してはいけないのかといったことを学び、すべての繊細な問題を避ける術を学びます。

ティーチングスタイル: 日本の管理職がしっかりと管理しています。ご存知のように、日本の仕事振りや文化は世界全体が学ばなければならない模範ともいえます。QQイングリッシュでは、教師も訓練を受けます。服装から、挨拶、同僚や研修生への態度…これらを日本人によって管理され、教師がより洗練されていき、より良い学校を創ることに一役買っています。


カランメソッドとは何ですか??


⇒ QQイングリッシュのカランメソッド紹介ページはコチラ

QQ イングリッシュは現在、スピーキング力を向上させるためのプログラムとしてイギリスで生まれたカランメソッドをカリキュラムに取り入れております。英国カラン協会の認可を受けた学校としてカラン協会本部の教育資格のあるスタッフから直接指導を受けております。

一方、カランメソッドで補えない部分をカバーするためQQ独自で開発したREMSという指導方法を部分的に取り入れております。

カランメソッドは継続的にしゃべらせ英語を慣れさせる訓練を実行し、REMSは反射神経を鍛え、文法や発音も矯正していきます。

1. カランメソッドとは


ステップ1: 講師が写真や絵を見せます。そこには、ペン、テーブル、椅子など身の回りにある様々なアイテムが表示されており、それについて先生がまず説明し、生徒はそれを3回繰り返します。

ステップ2: 先生は写真について質問します。例:教師は「これは何ですか」と尋ねます。2回答えられなかった場合、教師は「椅子です」と答えます。教師が写真の中の別の物をさしてる間に生徒はその答えを模倣し暗記します。

ステップ3:教師は写真内の各項目を改めて指し示し、2度、これはなんですか?と問います。そして生徒は素早く回答しなければなりません。また、ステップ2で与えられた模範となる回答を直ちに使用する必要があります。これは母国語で考えていると間に合わない為、英語で考え英語で答えることの訓練になります。もし間違ってしまった場合は教師は再度正しい答えを教えてくれます。

カランメソッ

カランメソッドカリキュラム

2. カランメソッドを学ぶ理由


上記の例は、カランメソッドの最も簡単なレベルです。実際、この方法は12のユニットと12のレベルに分かれています。各ユニットをこなしていくにつれて質問の複雑さが増していきます。カランメソッドのモットーは、教室での静寂を最小限に抑えることです。あなたの脳は常にフル回転で集中しなければなりません。ほぼすべての教室で私は教師と生徒が水分をたくさん用意しているのを目撃しています。

カランメソッ

1:1クラス

あなたが最初にカランメソッドを受講する時、サンプルがあまりにも簡単で退屈に感じることでしょう。しかし、教科書の全12レベルに従って進めて行けば、自然と反射神経、語彙などが鍛えられていきます。

この方法は、学習者がまだ低いレベルであっても勉強を始めることができる上、強力な文法や英語の基盤を持っていても弱点を改善することに役立ちます。あなたのための会話を素早く行います。


1. R.E.M.Sとは何ですか?カランメソッドとの違いは?


R.E.M.Sとは


カランメソッドがQQイングリッシュが英国から購入したメソッドであるなら、REMSはAudio Lingual(舌音)メソッドとDirectメソッドの組み合わせに基づいて学校が独自に開発したプログラムです。

Audio Lingual(舌音)メソッド:一般的な構造の繰り返しであり、生徒の応答が限りなく自然になるまでチェックとテストを行います。この方法は、生徒の発音を改善し語彙を広げますが、使用する文法は限られています。

Directメソッド:この方法はスピーキングに焦点を当てていますが、発音には焦点を当てていません。使用する文章や文法、単語などについて細かくチェックし、仕事、旅行、趣味等日常生活に関連するトピックを用います。教師は生徒が新しい単語の意味を理解するために時折絵を使用することもあり、楽しく興味深いレッスンを行っています。

これらの2つの方法を組み合わせることで、反射神経、文法、語彙、発音などの問題をすべて改善することに成功しています。このコースを受講することにより以下の事柄が期待出来ます。

  • 正確に発音し、発音時に舌、歯、唇の位置を理解する。
  • 生徒が英語で考えるスキルを練習する機会を創る。
  • コミュニケーション、会話でのリスニングとスピーキングスキルの向上

カランメソッ

グループクラス

2. カランメソッドとの比較


基本的にこれらのメソッドは非常に似ていますが、主な違いはカランメソッドでテンプレート的な答えを用意しつつ、REMSで生徒が文章を自分自身で作ることも学べることです。

カランは受け身なメソッドです。模範となる答えが用意されており、それを瞬間的に喋れるようになるまで頭に叩き込みます。しかしREMSの場合は生徒が自らの考えを自らの言葉で答えなければならない為、これらを組み合わせて学んでいく事はとても有効的と言えるでしょう。現在、学校ではカランメソッドを教える事のできる講師は約100人在籍しておりますが、R.E.M.Sメソッドは最近開発されたばかりなので、教師の数はカランメソッドと比べて10分の1程度しかおりません。そのため登録したい場合は、早めに申請をするか、ローシーズンに留学する必要があります。将来的には、R.E.M.Sメソッドもいつでも学生のニーズに応えて提供できるよう教師のトレーニングを順次行っていく予定です。


どのようにしてカランメソッドとR.E.M.Sを学べばいいのか


現在、QQイングリッシュでは、Light ESL、Standard ESL、TOEIC、IELTS、Businessなど様々なコースを提供しています。スタンダードESLコースを受講する場合は、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング、文法、科目選択科目を含む、1:1の6つのクラスがあります。 カランメソッドまたはR.E.M.Sを学びたい場合は、このクラスで登録することができます。他の科目を勉強したい場合は、ビジネス英語、TOEIC、IELTSまたは発音を選択できます。夕方には、映画を見たり、音楽を聴き、スペルを聞くなどの活動を通して、英語を練習する特別な2つのクラスもあります。

最後に:

QQ English IT Parkは、便利なロケーションと優れた設備、専門的な教師のカランメソッドとREMSがカリキュラムに含まれており、リスニングスキルを向上させたい方に向いています。

放課後は生徒の自由にすることができる為、自律している18歳以上の方に適していると思います。18歳未満の場合は、弊社までコースの詳しい説明やアドバイス、勉強に適した環境等についてお問い合わせ頂ければ幸いです。


[A&J語学学校訪問記] – 学校案内から留学費用、コースの内容まで一挙にご紹介します !!

学校案内から留学費用、コースの内容まで一挙にご紹介します

こんにちは!フィルイングリッシュです。

MONOLへの訪問の後、私たちはA&J語学学校に訪れました。この学校の規模は小さく、皆さんとてもフレンドリーで家族のような温かい雰囲気でした。

もし費用を抑えてフィリピンで格安留学をしたいならバギオの学校が適しています。また、バギオで留学するならTALKヤンコーやA&Jなどがおすすめです。この二つの学校はどちらも小規模であり、授業料が安価となっています。前回の記事ではTALKヤンコーキャンパスをご紹介しましたが、今回はA&Jについてご紹介いたします。

A&JではESL、IELTS、TOEIC、TOEFL、ワーキングホリデーなどの様々なコースを提供していますが、ほとんどの生徒がESLコースを選択しています。本日はこのコースに関する情報をお届けします。


A&J 語学学校について


あまり宣伝にお金をかけていない為、多くの方はご存知ないかもしれませんが、この学校はバギオで10年以上に渡り運営されている老舗の語学学校です。2008年から今に至るまで、学校は生徒に安定したサービスを提供するため、あえて生徒の定員を50人と定めています。学校スタッフのサポートが全ての生徒へ行き届くよう日頃から努力しています。

学校案内から留学費用、コースの内容まで一挙にご紹介します

カフェテリアの様子

私が訪問したとき、カフェテリアの壁はオレンジ色に塗り替えられていました。明るくなってとてもいいですね。家具なども装飾されていました…こちら、学校の改装後の写真となります。

学校案内から留学費用、コースの内容まで一挙にご紹介します

ジムには基本的な設備が備わっていました

A&Jはセミスパルタカリキュラムで運営されているので校則はそこまで厳しくありません。放課後に出かけたい方やプライベートの時間を大事にしたい方にもおすすめでございます。


A&Jの利点


各学校にはそれぞれのニーズに合った学校独自の利点があります。 ここではA&JのESLコースについて3つの大きな利点をご紹介いたします。

1. 生徒のニーズに合った柔軟なESLカリキュラム

A&Jはフィリピンで最も柔軟なカリキュラムを提供している語学学校です。 このコースは、生徒のさまざまなレベルと目標を想定して設計されていて、特にリスニングとスピーキングには重点を置いています。生徒はマンツーマン授業でカリキュラムを変更したい場合は学校に要求することができます。 たとえば、ベトナム人生徒のPersieさんはスピーキングに重点を置い毎日6コマのマンツーマン授業を受けています。生徒が望むなら、生徒のレベルに合わせてESLとIELTSの勉強をするこができます。

さらに、生徒の英語力、圧力、要望に合わせて授業数を変更することができます。 ESLコースでは、POWER ESL、INTENSIVE ESL、NATIVE ESL、CRAZY ESLの4つのコースを提供しています。 以下の表をご参考にして頂けますと幸いです。

コース マンツーマン授業 マンツーマン授業(ネイティブ) グループ 選択授業
POWER ESL 4 2 2コマ(ネイティブ講師のマンツーマン授業とグループ授業を含む)
INTENSIVE ESL 6
NATIVE ESL 5 1
CRAZY ESL 8

A&JのESLコース

2. ESLでネイティブス講師とのマンツーマン授業

A&Jにはネイティブ講師のジョン先生がいます。 彼はA&Jの寮の副主任でもあります。

上記のESL統計表によると学校ではフィリピン教師によるマンツーマン授業とネイティブESLコースのネイティブ講師によるマンツーマン授業を提供しています。 フィリピン人講師と文法やライティングを勉強し、ネイティブ講師との授業ではスピーキングと発音の勉強をすることができます。 設立当初からジョン先生は学校に在籍しているので、日本、韓国、ベトナム、中国などの様々な国籍の学生に発音を教えてきており、長年の教育ノウハウが活かされています。

3. 手頃な学費の理由

参考までに、ESLコースの授業料は120000円~140,000円ぐらいです。 実際、バギオでネイティブ講師のマンツーマン授業がない他の学校と比較するとこの授業料はかなり安いです。

A&Jはお求めやすい授業料で留学を提供しています

  • 4週間の留学で、21,000円の奨学金
  • 8週間の留学で、60,000円の奨学金+空港送迎費(5,000円)が無料
  • 8週間の留学で、120,000円の奨学金
  • 16週間の留学で、21,000円の奨学金
  • 20週間の留学で、200,000円の奨学金
  • 24週間の留学で、240,000円の奨学金

この奨学金のおかげで授業料は大幅に割引されます。たとえば、12週間のPower ESLコースを申込み120,000円の割引を適用した場合、8週間分の授業料で留学することができます。 非常に経済的です。 奨学金の詳細については、Phil Englishにお問い合わせいただくか弊社ホームページをご確認ください。

https://phil-english.com/school/baguio-anj/

4. 小規模の学校だからこそできる徹底した学生サポート

A&Jは常時定員を50人までと定めてるので、ほとんどの学生がお互いのことを知っています。何よりも、学校スタッフは非常に積極的なので生徒のサポートとケアをしっかりしてくれます。問題があれば迅速に解決してくれます。

このような小規模な学校では、生徒同士の距離感がとても近いのでコミュニケーションがとりやすいという利点があります。コミュニケーションは英語力向上にも繋がってきます。


ESLコースに関する情報


ほとんどの学生がESLコースを選んでいるので、本日はこのコースについて紹介したいと思います。 IELTS、TOEIC、TOEFL、ワーキングホリデーなどの他のコースの詳細については下記リンクをご確認ください。

https://phil-english.com/school/baguio-anj/


1. マンツーマン授業の内容

学校案内から留学費用、コースの内容まで一挙にご紹介します

フィリピン講師によるマンツーマン授業の様子

基本的にESLコースのマンツーマン授業には、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、発音などの科目が含まれています。学生の苦手な科目に合わせて授業数を調整します。 Power ESLコースに在籍する学生の場合、4コマのマンツーマン授業はデフォルトなので4コマ分授業を受けられます。 ネイティブESLコースでは基本的にネイティブ講師のシラバスで発音やスピーキングを学習します。 Intenisve ESLコースとCrazy ESLコースでは、科目を自由に変更することができます。 学校で使用される一般的な教科書には、インターチェンジ、トークトークトーク、アクティブリスニングなど様々な種類がございます。

学校案内から留学費用、コースの内容まで一挙にご紹介します

学校が用意している教科書の写真

Power ESL、Native ESL、Intensive ESLは厳しい授業に耐えることできる人に向いています。ESLコースが若い生徒に適しているのは基本的に短期間しか留学ができないためです。長期間ESLコースを選択していた人もいましたが、カリキュラムが合わなかったのか1ヶ月でやめてしまったそうです。マンツーマン授業を1コマ追加したい場合は追加費用を払えば授業数を増やすことができます。(フィリピン講師の場合は月4,000ペソ、ネイティブ講師の場合は月8,000ペソかかります。)

2. グループ授業について

学校案内から留学費用、コースの内容まで一挙にご紹介します

ジョン先生によるグループ授業の様子

現在、ESLコースではPower ESLのみが発音と文法の科目を取り扱っていて2つのグループ授業によって構成されています。
参加者はレベル別に分けられ、4~6人の学生のグループで授業を行います。グループレッスン授業では、日常英会話、英語力の向上、友人や教師とのコミュニケーションに重点を置いてます。 おそらくこれが、ほとんどの学生がPower ESLを選択している理由です。グループ授業を追加したい場合は、追加授業料(月2000ペソ)を支払えばグループ授業を1コマ追加で受けられます。


3. 選択科目の内容

選択授業は、フィリピン講師の場合は19:00〜19:50(夕食前)、ネイティブ講師の場合は7:20〜18:20(夕食後)の2つの時間帯に別れて行われています。 ネイティブ講師の授業ではさまざまなトピックについて議論します。ベトナムの学生マネージャーのルーカスの話によると、この授業はすぐ定員がいいっぱいになるそうです。なぜなら、ジョンのトピックはとても面白く様々な国籍の学生とコミュニケーションが取れるからです。その他の授業は、スピーキング、グループディスカッションなどがあります。

学校案内から留学費用、コースの内容まで一挙にご紹介します

ベトナム人生徒と一緒に撮影した写真


4. テストについて – レベル確認テスト

A&Jでは入学最初の月曜日の11時から生徒の英語力を計るためにレベル確認テストを行います。 テストは4つの科目(Listening, Reading, Vocabulary, Grammar, Speaking)で構成されています。テストの結果によって生徒は次のようにレベル分けされます。

 

1-20 Beginner 61-80 Intermediate
21-40 High Beginner 81-90 High Intermediate
41-60 Low Intermediate 91-100 Advance

Bi・Monthly Test(2週に1回) 、Post・Test(4週に1階回)

学生の現在の実力を図る為のテスト。担任講師が学生のためにオリジナルで作成。各レベルにおける最低限必要な知識、スキルを評価。誤答については授業内で復習し、理解度を高める。テスト科目は生徒の学習科目により異なる。

Vocabulary Test(単語テスト)

4週で1サイクルするプログラム。毎回約70語の単語をテストし、得点を毎日記録。参加者の中で、毎週最も得点率の高い学生には副賞(200ペソ)を授与。※テストを欠席した場合、ペナルティが課せられます。(体調不良等は除く)

IELTS Mock Test

IELTSコース申請者は、毎月第3週目に模擬テストを実施します。

学校案内から留学費用、コースの内容まで一挙にご紹介します

自習室の様子。毎月ここでテストが行われてます。


気を付けなければならないA&Jの規則


1. 門限について

日曜から木曜の門限は21時半です。なお、金曜、土曜、次の日が休みとなる場合は門限がありません。 22時よりマネージャーが各部屋に伺い、在室チェックを行います。在室確認時、必ず各自の宿泊施設内にいるようにしてください。他の部屋にいた場合は本人同様、その部屋の方も罰則の対象になりますのでご注意ください。なお、1階、3階等で自主学習をしている方もこの時間には自室に戻るようにしてください。何らかの理由でチェックを受けることが出来なかった場合や、事情があって門限に遅れた場合、学院にいるマネージャーまで必ず直接お知らせください。門限を破ったり、チェックを受けなった場合、罰則が適用されます。

2. 洗濯とお部屋の掃除について

学校は週に3回、部屋の清掃を行います。 洗濯は週2~3回できます。生徒は自分で洗濯物を洗濯カゴに入れて10時~14時の間に部屋の前に置いとけば学校スタッフが洗濯してくれます。 2日後に生徒は洗濯物を受け取れます。

3. 禁止事項

異性間でのお部屋への出入り:午後22時以降、異性間の部屋の出入りを禁止しています。 出入りが禁止しされている時間以外であっても、お部屋等の密室空間に男女二人きりでいることが発覚した場合には、内容に関係なく処罰の対象になります。

迷惑行為:学校マネージャー、ヘルパー、講師、その他スタッフへの暴力、暴言、嫌がらせや大声で怒鳴るなど、名誉毀損にあたる行為は退学処分の対象となります。また、ナイトクラス授業中などに他の生徒様の学習を妨げる行為もお止めください。生徒間で喧嘩、トラブルを起こした場合も処分の対象となります。

まとめ:

A&Jのカリキュラムは生徒に合わせて柔軟に変更でき、授業料がとても安いので経済的です。特に、学校から奨学金が出る点は高く評価できるのではないでしょうか。基本的な英語力がある方にも初心者の方にもA&Jはおすすめできる学校です。可能であれば、ベテランのネイティブ教師が担当しているネイティブESLコースに挑戦してみてください。このコースは、発音の向上にとても役立ちます。

本日の記事はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

次回は、バギオで最も綺麗な学校を訪問します♪


ZA English Mabolo校マネージャーにインタビュー

ZA English Mabolo校マネージャーにインタビュー

フィルイングリッシュ ベトナム及びチャイナのスタッフとベトナム人マネージャーのアレックスさん(左から2番目)

こんにちは、フィルイングリッシュです!

ZA English Mabolo校は新しくできたキャンパスですが、新規参入した学校ではありません。ずっと昔からセブの有名な名門ビサヤ大学の医学部と同じ敷地の中で経営してきたESLのUV校の分校です。

UV校は日本経営の学校で、優れた学問とインターンシッププログラムでフィリピン留学業界では有名です。インターンシッププログラムでは、学生は8〜12週間の間学校で英語を学び、その後4週間(期間は延長できる場合もあります)をホテル、レストラン、医療大学、マクタン国際空港など実践的な仕事に就く形となります。このプログラムでは英語を練習するのに役立つだけでなく、海外で就労するという貴重な経験をする機会を得る事ができます。もしあなたが外国の企業に就職することや、海外で生活することを考えているのであれば、このプログラムは必ずあなたの役に立つことでしょう。

次にZA English Mabolo校について話しましょう。 上記のように、 ZA Englishは UV ESLの分校ですので、ほとんどのプログラムは似ていますが、選択する前に留意すべき点がいくつかあります。

この訪問の間、私たちはアレックスというベトナム人マネージャーへインタビューする機会を得ました。是非ご覧ください!

qiestion: こんにちはアレックスさん、まずは自己紹介をお願いできますか?

answer: こんにちは、アレックスと申します。私たちのUV ESLとMabolo校での仕事は、生徒が学校に到着した初日から、学生に関する全ての問題を把握、解決すること、もう一つは生徒と学校の間の架け橋となることです。私は2016年8月から現在まで2つのキャンパスで2年以上働いています。特に、2018年にZA English Mabolo校が設立されました。今日、ZA English Mabolo校に関連する情報を共有できることはとても素晴らしいことだと思っています。

qiestion: あなたはUV ESLとZA English Mabolo校についてどのように思いますか?また、UV校との違いは何ですか?

answer: まず、これら2つの学校の共通点について話しましょう。両方の施設は日本人の経営者が共同所有しているため、2つの学校の運営方法は似ています。学生だけでなく、学校のスタッフや教師にも規則が多くあります。学生に専門的な学習環境を提供するために、一定の規則に従わなければならないのです。教職員は豊富な指導経験を持ち、そのほとんどは大学生などの若者ではありません。同時に、両方のキャンパスで、日本、中国、ベトナムなどの学生の学習と生活の問題をサポートする各国スタッフがいます。一般ESL、セミインテンシブ、IELTS、TOEIC、TOEFL、およびグローバルインターンシップのコースは、両方のキャンパスで同じカリキュラムを持っています。

ZA English Mabolo校マネージャーにインタビュー

ベトナム人学生の1:1クラス

次に、異なる点について述べます。

設備に関しては、UV ESLがVisayas大学の一部である為、学生は大学キャンパスで勉強することができます。反対にZA English Mabolo校は学校で敷地を所有しています。カリキュラムの面では、UV ESLはネイティブ英語教師の指導の下、TOEIC、ビジネス英語を学ぶ事が可能です(カリフォルニア州出身の教員で、米国の標準的なアクセントを持っています)。これはUV ESLにだけの特徴であり、Mabolo校では提供していません。また、Mabolo校は5〜15歳の若い生徒のためにジュニア英語クラスと、1日の1:1が7つある2つのクラスを組み合わせたESLコースを準備しています。英語能力の低い学生や、短期間にスキルを上達させたい人には、UV ESLよりも適していると言えます。

qiestion: 様々な視点で見た時、どちらのキャンパスがどのような方に適していると思いますか?

answer: UV ESLは、地元の有名な医学学校のキャンパス内に位置している為、生徒はフィリピン人大学生と交流する機会を得られる利点がありますが、施設は幾分古いです。ビジネス英語や大学の講義に参加したい方や、学習に集中したい場合はUV ESLが合っていると思います。

Mabolo校では、屋内スイミングプール、ジム、卓球、映画館、快適な庭、広々とした設備など、より便利なサービスを提供しています。勉強勉強していない校風を望む方や、授業後にはリラックスして自分のペースで勉強したい方に適しています。特に、ZA Englishの環境は、ジュニア英語コースで勉強したり、ファミリーで留学しにきている家族にとても適しています。たとえば、昨年の夏に、Mabolo校では約80名の子供が英語を勉強しに訪れていました。また、それらのほとんどは安全面などを考慮して保護者を伴います。

ZA English Mabolo校マネージャーにインタビュー

映画館

ZA English Mabolo校マネージャーにインタビュー

屋内スイミングプール

qiestion: 留学初日の流れを教えてください。

answer: 留学した最初の週の月曜日には、朝8時20分に新入生全員が集まり、テストを受講します。その後、それぞれの選択しているコースに応じて時間割を渡されます。テストを受ける時はペンとノートを持ってきてください。このテストは、8:30〜11:30までで4つの科目で構成されています。

その後終、休憩して12時から13時20分までの間に昼食を済ませます。1:30からは学校の規則等いくつかのガイドラインを説明され、そのまま各国のマネージャーは同じ国の学生達を連れて校内を案内していきます。その際、生徒は学校内で連絡を取る事の出来るグループラインに入る事を推奨されます。学校からの連絡は個別連絡ではなく、グループラインと学校内の掲示板にされます。最後に、15時半頃からみんなでショッピングモールへ向かいお金の両替や生活必需品を買い揃えます。

その間、講師達は試験結果を確認し、結果に応じてクラス分けを行います。スケジュール、コースは主任教師によって決定されますが、もしカリキュラムや講師が合っていないと感じた場合は木曜日に要望を提出すると、来週の初めから変更が適用されることとなります。

qiestion: 過去2〜3年間、フィリピンのサマースクールやジュニア向け英語コースはベトナムや韓国、日本のご両親の間で非常に人気があります。Mabolo校の子供たち向けの英語コースについて詳細に教えてください。

answer: 施設が整っており魅力的なことから、Mabolo校は子供や家族に本当に適しています。それは設立したばかりにも関わらず、日本、中国、ベトナムなどの両親の関心は非常に高いです。事実、学校の規模は最大200人ですが、ピークシーズンでも180人から190人までの学生しか受け入れず、すべての学生に最高のサービス品質を提供するよう努めています。

ZA English Mabolo校マネージャーにインタビュー

幼稚園の子供のための遊び場

ジュニア英語コースでは、7〜14歳までの生徒が1日に8〜10コマものクラス(1:1、グループクラス)が提供されます。各レッスンの時間は50分です。 1:1の学習スタイルは英語力を高めたい全ての学生にとって非常に効果的です。Mabolo校では、それぞれの教師が同時に2コースのリスニングを担当します。これには、スピーキングとライティングが伴います。したがって、子供たちは2人の教師から4コマ分の1:1授業を受けることになります。これはリスニングとスピーキングスキルが密接に関連している為、同じ講師が担当してバランスよくスキルアップさせていくことを目的としています。他の全ての学校では、一人ひとり別の講師がそれぞれの科目を担当していますが、Mabolo校では、2人の教師が各100分間連続して授業を行うため、生徒の英語力を伸びすことに貢献しています。リーディングは、語彙を補足するのことにとても役立ちます、

1:1のクラスで使用される教科書は、レディングジュース、リーディングアドバンテージ、スペクトラムライティング、リスニングジュース、インパクトジュース、スピーキングアップ、ティーントークなどがあります。

ZA English Mabolo校マネージャーにインタビュー

ジュニア生徒が英語のテストを受けています

ZA English Mabolo校マネージャーにインタビュー

ジュニア英語コースの教材

生徒は1:6の小グループクラスを2つ持っています。主にスピーキング、ディベートなどでさまざまなトピックを話し合って会話能力を高めています。

最後に、2つ1:12の大グループクラスがあり、勉強というよりかは遊びに近いですが、その間も自然と英語でコミュニケーションを取る為、役に立ちます。退屈したり勉強疲れを回避する役割の他、教師や友人との交流するのに役立ちます。このクラスでは多くの子供の興味をそそるアクティビティが容易されています。その中には、スピーチコンテストなどもあります。

ZA English Mabolo校マネージャーにインタビュー

ジュニア英語コーススケジュール

勉強だけでなく、毎週水曜日や土曜日のボランティア(600ペソ)など、多くの課外活動を行っています。 マクタン島、セブ市観光、有名な博物館(1,300-1,500ペソ)、島クルーズ(2,500ペソ)など魅力的なアクティビティが満載です。

qiestion: 生徒のために、特にジュニア英語コースに通う子どもを持つ家族の信頼を得るためには、カリキュラムのほかに、セキュリティをしっかりする必要があると思います。安全を確保するためにどのような対策を講じていますか?

answer: Mabolo校は、生徒にとって最も安全な学習環境を提供し、維持することに重点を置いています。そのために、生徒には異性の生徒の部屋への立ち入りや、校内へアルコールを持ち込むことは禁止しています。また、門限時間を必ず遵守するようお願いしております。
学校側では、CCTV(防犯カメラ)が備え付いており、 24時間常駐の警備員も雇用しています。同時に、学校は15歳未満のジュニア生徒の一人外出を禁止しています。対象のジュニア生徒は、18歳以上の留学生またはオフィススタッフ、保護者の同伴がある場合にのみ許可されます。

実際のところ、イングランド、オーストラリア、アメリカなどの大きな国でも、セキュリティ上必ず問題があります。なのでフィリピンが100%安全だとは言えませんが、私は2年以上ここにいて、これまで一度もセキュリティ上の問題に遭遇していません。ですが常に、人で混雑している場所に行く際はあまり大金を持って行かない、貴重な宝石や高価なモバイル機器を持ち歩かないなど最低限のことには注意を払っています。これは、フィリピンに限らず海外に行く人全員が最低限行うべきことです。しかし、安心してください。ほとんどのフィリピン人はフレンドリーで親切ですよ^^。

qiestion: 最後に、フィリピンに来て英語を上達させるためのアドバイスはありますか?

answer: 私は英語を上達させるためには、まず全員が決意を持って勉強する必要があると思います。 そういう方であれば、例えどんな環境でもきっと上達するでしょう。あとは各国それぞれに発音の弱点があります。日本人は全体的に強弱が弱く、RとLサウンドが苦手ですし、ベトナム人は Th、sh、chのサウンドが苦手です。発音は一朝一夕で良くなるものではありませんので、日々練習し、積極的にコミュニケーションをとるなど意識する必要があります。鏡の前で大声で練習するのも良いでしょう。

qiestion: 私たちの為に時間を作ってくださってありがとうございました。貴校の益々の発展をお祈り申し上げます。

answer: フィルイングリッシュに感謝します。ZA English Mabolo校を訪問していただきありがとうございました。

詳細は学校ホームページをご覧ください。


[TALK語学学校訪問記] この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

こんにちは、フィルイングリッシュです。

フィルイングリッシュでは英語を学びたい方と語学学校の架け橋となる為、常にリサーチしてた上でおすすめの学校を紹介しております。私達の使命は、より良い留学生活を皆様へ提供するために各お客様のニーズに最も適した学校を紹介することです。

フィリピン留学と言えばセブ島のイメージがありますが、実際にはフィリピン各地のいろいろな場所に語学学校エリアが点在いたします。その中でも近年注目を集めているのはルソン島北にあるバギオ地域です。学費が控えめで良質な語学学校が多いという評価が広まっており日本からの留学生も増えております。

本日ご紹介いたしますのはバギオ地域の “TALKヤンコ―という学校です。


初級者がTOEICハイスコアを獲得できるキャンパス合併


この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

2018年10月にTALK系列のENEセンターとヤンコーの二つの学校がひとつになりました。合併先はヤンコーキャンパスです。キャンパス統一によりTALKの規模は120人定員に拡大。

TALKENEセンターはTOEIC指導で非常に定評がありフィリピン留学業界の中でかなり有名です。

TALKヤンコーキャンパスはスピーキング力に力点を置きながらも全体的な英語力を育て上げる指導をメインとするスパルタ教育実施学校です。

ふたつのキャンパスが一つになった事によりオールインワンパッケージで英語初級者が英語の基礎を固めTOEIC高得点を獲得できる運営システムを整えました。


ネイティブ指導による会話力アップとTOEICスコアアップの同時進行


 5人のネイティブ講師が生徒の発音を手助けしてくれます。

この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

ネイティブ講師による発音授業の様子

TALKヤンコーには4~5人のネイティブ講師が常駐いたしております。ある程度まとまった人数のネイティブ講師を抱えている学校は珍しいです。その他はクラークのCIP、AELC、クラーク留学院、セブのCPILSくらいしか思い浮かびあがりません。

ある程度英語が出来てスピーキング力をさらにアップしたい、同時にTOEICの点数も確保しておきたい留学希望者に有効です。TALKヤンコーのネイティブ先生たちは主に発音矯正と英語の表現方法を指導いたします。


徹底されたEOP(Spoken English only)


少し意外に思えるかもしれませんがフィリピン語学学校でEOP(英語のみ使用ルール)を実施している学校はバギオのPINESチャピス、HELPマーティンス、MONOL、マニラのCNN、C21、セブのCIJクラシックなど全体の一握りです。そしてTALKヤンコーもEOP少数派学校の一つに数えられます。

学校スタッフが常時監視しているのでヤンコーキャンパスにいる限り英語を使わなければなりません。24時間英語漬け可能な学校です。

この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

写真に映ってる赤い線は、生徒がこの腺の中にいるとき英語だけしか話すことができません。家族や友達に母国語を使って電話する場合はこの線から外に出る必要があります。


外部寮の様子


TALKはキャンパスを合併すると同時に学校の外に新しい寮をオープンしました。この寮はフィリピンの大統領が所有している別荘の近くに位置していることから、周辺環境の良さがお分かりいただけるかと存じます。

この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

外部寮(プレミアム寮)の3人部屋。毛布とベッドは外国から輸入したもの使っています。

この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

外部寮(プレミアム寮)のリビング。テレビとソファが見えます。

その他、冷蔵庫、テーブル、ダイニングルーム、豪華な浴室などが備わっています。更に、この学校では無料でお米、卵、キムチ、フルーツ、サンドイッチなどを提供しています。生徒が食材を使い切ると追加で補給してくれます。

この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

キッチンには電子レンジなど様々な電気調理器具が備わっています。

この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

冷蔵庫の中には常にミネラルウォーター、キムチ、卵が完備されてます。

この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

寮内のユニットバス

毎日、寮と学校間を専用シャトルバスが午前6時~午後の10時の間で無料で運行しています。これなら移動面でも心配ありません。

⇒ 学校外に寮があるメリット: 学校内の寮と学校外の寮の費用はそんなに変わらないのにも関わらず、学校内の寮に比べて豪華で快適にお過ごし頂けます。この寮の最大の利点は遅刻防止ができることです。シャトルバスは決まった時間でのみ運行しているので1本でも乗り過ごしてしまうと遅刻が確定してしまいます。なので、生徒さんは余裕を持った行動を心がけてるので朝はきっちり朝食を摂っています。(学校内の寮に滞在してる人たちは朝食を抜かす傾向があります。)

⇒ デメリット: 休日、学校外の寮ではあまりリラックスできないという点です。私からするとデメリットよりメリットの方が多いように感じられます。


コースと費用の詳細


1. 生徒がセミスパルタとスパルタカリキュラムを選ぶことができる
ヤンコ―キャンパスは平日放課後に外出可能なセミスパルタシステムと外出不可のスパルタシステムの両方を提供しており、生徒がどちらかを選べる事ができます。

スパルタコースを選ぶ場合にはよるの単語テストとライティングテストに義務参加しなければなりません。

但し最初にスパルタコースを選択されたとしても途中でセミスパルタコースに切り替える事も可能です。

スパルタ セミスパルタ
月曜~木曜 外出不可。※週末は外出可。 外出可、門限は22時まで。
金曜、土曜 門限はありません。 門限はありません。
日曜日 月門限は22時まで。 門限は22時まで。
夜間オプションクラス 参加は義務ではありません。 参加は義務ではありません。
単語テスト/ライティング 1~2時間の義務参加。
テスト 単語テスト/ライティングテスト

2. 毎日模擬試験があるTOEICコース:
TA.LKはTOEIC部門で驚異的なスコア伸び率をTOEICコース受講学生たちに確保させている事で有名となりましたが、成功の秘密は毎日の模擬試験にあります。

この学校では毎晩19時から19時30分までTOEIC単語試験を実施し、引き続き20時から22時まで本番と同じ時間配分のTOEICを実施します。月曜日から金曜日まで毎晩です。毎日自分の弱点を浮き彫りにさせ補強していく。試験対策学習としては非常に効果的です。


コースと費用の詳細


ENEとYangcoの2つの施設の合併により、TALKは顧客のニーズに合わせることができる様々なコースを提供できるようになりました。

マンツーマン授業(GVPH) マンツーマン授業(GVBN) 小グループ授業(GVPH) 1対2授業(GVBN) グループ授業(GVBN) 単語orライティングテスト 模擬テスト 自習
ESL 421 4 2 1 1
ESL 521 5 2 1 1
ESL 621 6 1 1 1
POWER SPEAKING 5 2 1 1
IELTS Intensive 6 1 1 2 1
IELTS Guarantee 5 1 1 1 2 1
TOEIC Intensive 6 1 1 2
TOEIC Guarentee 6 1 1 2
JOB READY 5 2 1 1

(*) スパルタコースでは単語テストまたはライティングテストのどちらかを選択する必要があります。セミスパルタの生徒はテストを受ける必要はありません。

1. ESLコース(4人部屋):120,000円から
ESLコースではリスニング、リーディング、スピーキング、ライティング、文法、発音、ディスカッションなどのコースを提供しています。ディスカッションは4人1組で行われ、発音授業はネイティブ講師と6人1組のグループ授業です。 それ以外の科目はフィリピン講師とのマンツーマン授業となります。

ESLコースを選択してる生徒の約60%が1日7時間のESL421を選択しています。なので生徒さんは違う授業を受けたい場合、他のコースに変更することができます。1日7コマの授業の後に夜間の義務自習やテストにも参加しなければなりません。


この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

フィリピン人講師のマンツーマン授業の様子

ESL521は勉強に集中したい方におすすめのコースです。1日8コマを提供しており、8週間の短期留学にはこの521コースが適しています。

1日6コマのマンツーマン授業を提供しているESL611は英語初心者の方やリスニングが苦手な方に適しています。英語初心者向けのコースなのでリスニングのグループ授業にマンツーマン授業が追加されています。リスニング力を高めれば自信を持ってコミュニケーションに取ることができます。

正規授業に加え、映画授業、サバイバルイングリッシュ、ジョブレディ、スピーチコミュニケーション、発音訓練などの様々な夜間オプション授業があります。また、スパルタコースの生徒に単語テストとライティングテストがあります。 セミスパルタの生徒は夜間オプション授業への参加は義務ではありません。

2. パワースピーチコース(4人部屋):130,000円から

パワースピーチコースは、生徒のリスニングスキルを高めるために英会話に焦点を当てた特別なコースです。 このコースは、基本的な基礎と文法を勉強したい生徒におすすめです。

  • 5コマのマンツーマン授業:能動的英会話、日常英語、文法、読解
  • 2コマのグループ授業:リスニングとディスカッション
  • ネイティブ講師による1対2の授業:発音
  • 2コマの夜間オプション授業:映画クラス、サバイバル英語、ジョブレディ、スピーチコミュニケーション、発音矯正などなど。
  • 1時間の単語テストとライティングテスト。 (スパルタの学生は2つのうち1つを選択し、セミスパルタの学生は参加する必要はありません)
  • 1時間の夜間自習 (スパルタの生徒は強制参加、セミスパルタの生徒は参加する必要はありません)

このコースへの申込は基礎的な英語力がある方またはIELTS、TOEICのスコアを持ってる方に限られています。 留学期間が4~8週間の方におすすめです。 最近申込者が多く、英語力が短期間で向上する良いコースです。

3. IELTSコース(4人部屋):120,000円から
IELTSプログラムは、IELTS IntensiveとIELTS Guarantee(IELTS Guarantee)の2つのコースから構成されています。 このコースの強みはマンツーマン授業です(一部の学校では1~4コマの授業が提供されます)。本番の試験に慣れるために模擬試験を毎日行っています。特に、IELTSではネイティブ講師によるマンツーマン授業でスピーチや発音のスキルを向上させるのにとても役立ちます。ほとんどのIELTS受験者がスピーキングが苦手なのでこれは非常に重要なことだと私は思っています。

この夏フィリピンで留学するなら最も経済的な語学学校TALKで是非

フィリピン人講師によるグループ授業の様子

TALKのIELTSコースの特徴は生徒へ最高の授業を提供するために生徒を10人までしか受け入れてないことです。そのおかげで、TALKの全コースの参加者は目標のスコアを達成しています。

IELTSコースの内容とIELTSスコア保証制度

  • マンツーマン授業(5時間): IELTS Speaking, IELTS Writing Task 1, Task2, IELTS Readingなど科目変更可能。
  • ネイティブマンツーマン(1時間): IELTS Speaking
  • 小グループ授業(1時間): Listening Test review – 単語テスト(19:00~19:50)
  • IELTS模擬テスト(20:00~20:50): 模擬試験の課題は曜日毎に分野別で設定されております。月曜日はTask2, 火曜日は Listening、 水曜日はTask2, 木曜日はListening, 金曜日はTask2。

TALK English Language CollegeでIELTSコースに参加できる学生の条件、規則、および特徴は次のとおりです。は自習に参加義務。

入学資格 留学期間
IELTS 5.5点保証 IELTS 4.0点以上の点数保有 12週
IELTS 5.5点保証 IELTS 5.0点以上の点数保有
IELTS 6.5点保証 IELTS 6.0点以上の点数保有

4. TOIECコースについて:150,000円から(4人部屋)

  • マンツーマン授業6時間の構成は前日のTOEIC模擬テストレビューおよび学術的学習としてTOEIC R/C 2時間、TOEIC L/C 2時間で合計4時間、残りの2時間は留学生の自由選択(入学時はTOEIC SpeakingもしくはESL Speakingが選択されています)です。毎日夕食後のTOEIC単語テスト、TOEIC模擬テストは強制参加。
  • マンツーマン授業(6時間): TOEIC Reading, TOEIC Listening, TOEIC Speaking
  • 単語テスト(19:00~19:50): 義務参加
  • TOEIC模擬テスト(20:00~21:50): 2時間. 義務参加

TOEIC点数保証コース (600,800,900)
12週留学が原則で、TOEIC600,800,900点保証コースが運営されております。保証コースの入学日は指定されていません。通常コースの留学生と同じ入学指定日になります。受講内容は Intensive TOEICと同じです。

入学資格 留学期間
TOEIC 600点保証 TOEIC300点または同等の英語レベル 12週
TOEIC 800点保証 2年以内のTOEIC公式スコア、500点以上の保持者
TOEIC 900点保証 2年以内のTOEIC公式スコア、700点以上の保持者

5. Job Ready Programコース: 150,000円から(4人部屋)

就職、ビジネス、ワーキングホリデーを想定したコースで4週以上の期間を推薦。長期ENEセンター留学生は最後の4週でこのコースを受講する傾向があります。

マンツーマン授業の中で2時間分はホテルインターンシッププログラムに変更できます。Crown Regency Hotelというバギオのホテルでロビーおよびフロント業務にインターンホテルマンとして従事いたします。

マンツーマン授業(5時間): ビジネス関連会話科目3時間。履歴書、レジュメおよびEメール文書作成学習。リスニング1時間。
フィリピン人講師による小グループ授業(2時間): Discussion, Listening
ネイティブ 1:2(1時間): Pronunciation
単語テスト及びナイトクラス: 学習スタイル(スパルタ、非スパルタ)により自由出席と義務出席に分かれます。

また、この学校ではトルコ、韓国、日本、台湾、ベトナム、サウジアラビアなど様々な国籍の学生が留学しにきてることが分かりました。TALKは学生の国籍比率の多様化を目指しているそうです。これからもTALKでは多国籍環境を作り出すため、異なる国籍の学生の誘致に力を入れていくとのことでした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

もし本校に少しでも興味が湧きましたら、まずはお気軽にフィルイングリッシュの留学カウンセラーまでお問い合わせ下さい!どんな疑問にも必ずお答えするフィリピン留学の専門家ができる限り貴方の留学をサポートさせて頂きます!

[MONOL語学学校訪問記] 初心者からIELTS 6.0を取得できる学校 – MONOL!

 

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校 – MONOL

こんにちは、フィルイングリッシュです。

突然ですが、皆さんはIELTS試験についてご存知でしょうか?これは、世界のほとんどの国で認められている英語能力試験です。そしてIELTSは、米国、カナダ、英国、オーストラリアの大学への入学要件にもなっている他、海外で働く際の要件として6.0以上のスコアを求められるケースが多いです。IELTSスコアが高ければ高いほど、世界中の有名な学校から魅力的な奨学金を受ける権利を得たり、高い給与を得るチャンスが広がります。したがって、IEL​​TSはあなたの成功への扉を開く助けとなることは間違いありません。

これらの事実から、IEL​​TSはフィリピンの多くの英語学校で教えられています。そして、今日訪問しているMONOL では、IELTSコース、初心者用のコース、MONOLでのみ利用可能な新しいコース等を様々なコースを用意しており、その中でも最新の情報をお届いたします!是非最後までお読みください。


MONOLについて


MONOLについてご存知でない方の為にご紹介いたします。学校の正式名称はMonol International Education Instituteです。歴史が古く、バギオのタクシー運転手にモノルと伝えて通じないことはほぼないほど有名な学校です。

また、MONOLには広々とした庭、ジム、ヨガルーム、サウナなど施設面に優れています。そしてビュッフェ式のおいしいご飯には野菜が毎回出され、立地的にも閑静なエリアにあります。バギオはフィリピンの中でも涼しい気候の為、MONOLへ留学される際は、長ズボン、長袖、ジャケット、靴下をお忘れなく!

学校は主に2つのコースに分かれています:ESLとPOST ESLです。POST ESLには、IELTS、TOIEC、ビジネス英語、LEAP英語試験対策コースが含まれています。これまで学校はIELTSプログラムにおいて8年間もの間、たくさんの経験を積んできました。IELTSスコアを効率よく上げたい方はまずはMONOLを一度検討してみて下さい。


なぜMONOLは信用に足る学校なのか?

1. 経験豊富なIELTS教師、全員がバンドスコア7.0以上を持っている。

各学校にはそれぞれ強みがありますが、MONOLの強みは全体的な教師品質です。

今回の学校訪問の最中、私たちは以前フィルイングリッシュのベトナム支店でセミナーを開いてくれたMr.Elmer(エルマー)さんにお会いしました。8年もの間MONOLで勤務し続けている彼は、今ではただの講師ではなく、ヘッドティーチャーになっていました。彼のキャリアの成功を心から祝福したいと思います。エルマーさんはMONOLで働く講師に多くの指導に関する有益な情報を与えると同時に、講師の採用から研修などを担当しています。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校 – MONOL

Elmerさんへのインタビュー写真。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

エルマー氏は語ってくれました: “正式に学校の従業員になれば、教師はESLの1:1クラスを教えることから始めます。安定してきた段階で、彼らはいくつかのグループクラスを受け持つことになります。次に、彼らはメインで1:4クラスを担当することになりますが、このステップから彼らは文法、発音、そして様々なテーマで授業することにより訓練されていきます。これらのステップをクリアして、ようやくPOST ESLコースを教えることができるかどうかの土台に立つことができます。また併せてTOEICテストで規定の点数を取り(850〜900点)、尚且つ彼らはIELTSの試験でも最終的に各科目ごと7.0以上を取得しなければなりません。。テストで目標スコアに及ばなかった場合、取れるまでトレーニングとテストを続けていきます。

LEAP英語コースについては、指導する教師はMONOLの中でもトップクラスの講師です。生徒の意向を最大限叶える為、担当講師は授業をどのような構成にしていくかを各教科の講師と共有します。

(*以下に新しくできたLEAP英語コースについて紹介します)

ご覧のように、Monolは講師を募集、育成するに当たり厳しい基準を設けており、4年制の大学を卒業していることを大前提としています。デモクラス、IELTS、TOEIC、ビジネス、LEAP英語を担当する教師は、より多くの訓練プロセスと必要条件を満たす必要があります。 MONOLは、教師の外部雇用はしておらず、上記の手順を踏んでいない教師はMONOLには1人もおりません。募集プロセスとトレーニングは時間がかかりますが、その分講師のクオリティの差を限りなく減らし、留学生にとって最高の授業を提供します。

2. 施設の優れた設備、生徒の生活に役立つ充実した多くのサービス

バギオの特定の学校はMONOLのように多くの利点をもっています。 例えば、レベルによってキャンパスを分けているPines Main、PINES Chapis、HELP Long Long、HELP Martinsなどはそれぞれのレベルに合わせた適切な学習が可能です。またバギオ全体に言えることとして、教師の質が高いことは有名な話です。最も美しい校舎を持つと言われているのはBECIです。 MONOLは学生のための施設やサービスの面で優れた点をいくつも持っています。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

ジムでジョギングする学生

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

ヨガエリア

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

スチームルーム(サウナ)

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

カフェテリア

まず第一に、MONOLは定員が約350名の大規模な学校ですので、学校は学生とスタッフの管理に常に注意を払っています。たとえば、指紋スキャナを使用して教師や研修生を評価する…各国の生徒を支援する担当者がそれぞれ1〜2人あり、各生徒にもそれぞれ担当教師がつきす。相談や苦情などのプロセスも明確化されています。

それに加えて、学校には広々としたキャンパス、バスケットボールコート、ジム、学校の後にリラックスできるヨガルームなどが付帯しています。 80ペソで美味しいドリンクを購入することのできるカフェテリアもあります。私たちはミルクティー、ホットチョコレートを試してみましたが、とてもおいしかったです。カフェテリアでは5名ずつのグループで使える無料のサウナもあります。

アクティビティ 曜日 時間 ルール
GYM 月曜~金曜日 24時間/日(15:00〜
24:00はコーチが在籍)
登録は不要
YOGA 火曜日、水曜
日、木曜日
17:00 – 21:00
(1日1時間)
4週間毎に登録します。キャンセルする場合は、
翌週からキャンセルとなります。
GOLF 月曜日~金曜日 17:00 – 21:00
(1日1時間)
Zumba/Pilate 月曜日~金曜日 17:00-18:00 、20:00-
21:00 (1日1時間)

スポーツ関連

月曜日、水曜日、金曜日に週3回の部屋の掃除が行われます。学校はまた、毎週火曜日と木曜日にベッドのシーツを交換します。ハウスキーピングの際は、必ず室内にいる必要があります。週の他の日にも掃除をお願いしたい場合は、クリーニングオプションを要望する事が可能です。ランドリーも無料です。衣服の数に制限はありません(一部の学校は週に7kgなど制限されています…)。通常、午後2時から午後5時の間に出し、2日後に回収します。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

また学生は、午前7時から午後21時までの間に自分で洗濯することも可能です。

3. 厳しい勉強環境な反面、比較的快適な学校生活

これまでのMONOLは100%スパルタモデルで運営していた為、規律やルールなどは非常に厳しいものでした。しかし、Semi Spartaとして登録することにより、通常の授業時間終了後には外出が可能となりました。これにより学生自身に自主義務はなくなり、あくまで学校のルールに違反した学生を対象として義務自習を運用することになりました。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

ダイニングエリア

さらに、EOPポリシーはキャンパス全体に適用されます。昼食時でも講師やマネージャーに母国語を使っているところを見られたら違反として捕まることになります。

出席ルールも非常に明確で、15分以上遅れて到着すると欠席とみなされます。もし病気の場合は医療スタッフが病気を確認して証明書を書いてくれますので、医療事務所に行ってください。

Sparta Semi Sparta
自習 3時間30分/1日。具体的には:
19:00 – 20:00:リーディング。
20:00 – 20:30:10個の新し
いボキャブラリーを学習。
20:30 – 20:50:上記単語の
テスト及び質問。
21:00 – 22:30または22:00
– 23:30:宿題や翌日の準備。
義務なし。1:1ルームや寮で自習することができます。
また、19:00〜21:00の間、TOEIC Speaking、
IELTS Speaking、Job Interviewなどの選
択科目を受講できます。また、必要に応じて、学生は
監督なしでSpartanのカリキュラムを無料で受けることもできます。
外出 月〜木曜日:不可。 正規授業の後なら可。
目的 学生は勉強に焦点を当てる必要があり、若者は様々な欲を自制する必要があります。 放課後に個人的な時間が必要な方、高齢者の方、比較的自由な留学を希望される方におすすめです。

初級者からIELTS 6.0取得までの道のり


MONOLのIELTSプログラムは、海外の大学/短大で勉強したり、英語を母国語とする国に居住する学生を対象としています。学生の要望により、IELTS GeneralとIELTS Academicの両方を提供することができます。ただし、IELTSコースに参加するには、少なくともスコア4.0を取得できるレベルに達していることが条件です。それに満たない初心者の方については以下でご説明いたします?

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

IELTSのカリキュラムは、世界的に有名な資料から集められており、カラー印刷されています

IELTS 4.0の実力が無い場合は2つの選択肢があります:

ESLコースから始める:3つの1:1レッスンと2つのグループレッスンで構成されていますが、受講者のペースに応じて学習のスピードは調整されます。学生の疲労を防ぐために、適切なレベルに応じたクラス分けを行います。もし非常に低いレベルから始めるのであれば、本コースを4-8週間受けることが望ましいでしょう。4〜8週間後、IELTSコースに入学するために申し分ない知識があるかどうかを判断するため、4科目の模擬試験を行います。

体験コース:そうは言っても早くIELTSを勉強した方には、学校はIELTSコースの1:1の授業を5コマ分受講してみることをお勧めしています(グループクラスは無し)。このコースでは、教師はあなたの弱点に着目して毎日改善していきます。あなたは自身のレベルを気にする必要はありません。4.0レベルに到達した後、通常のIELTSコースへ移る事が可能です。このように学校は、生徒が初心者の場合でも選択肢を提示しています。しかし、初心者の方がIELTSを学ぶことは並大抵の辛さではないことは明白ですので、ここでの努力はとても大変であることに留意してください。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

1: 1 授業

一方で、すでに6.0~6.5スコアを所持しているレベルの高い生徒の受講も可能です。こうした方の場合グループクラスでは周囲のレベルが低く感じて退屈になってしまう可能性がある為、1日5レッスンを取ることをお勧めします。

MONOLが提供するIELTSコースの授業編成については当社HPをご覧くださいませ。

⇒ https://phil-english.com/school/baguio-monol/

IELTSを教える他の学校は1:1授業をメインに編成していますが、MONOLではグループクラスもしっかりと運営しています。Elmerが私に教えてくれた理由の内の1つは、「インタラクティブラーニング」という方法の取り入れです。

MONOLに来ると、通常IELTSの学生は自身のスコアに着目します。もちろん、スコアは非常に重要であり、1:1授業は素早くスコアを引き上げることのできる可能性がありますが、それだけでは十分ではありません。スコアだけがあなたの将来を作るわけではありません。多くの学生は偏った攻略方法やテクニックを暗記しますが、それでは本当の意味で英語が上達しているとは言い難いからです。

また、リスニングは1:1授業では勉強する必要のない科目です。それよりもリーディングやライティングを授業で取り入れるべきでしょう。この2つのスキルを実践する過程で、グループクラスでは、クラスメイトの発言から多くのアイデアを得ることができます。

例:ライティングのトピックを議論するときは、あなたの250文字という短くはない文書を書くためにたくさんの情報や価値観が必要になります。さらに、それを発表する際には、自分のミスだけでなく、他人のミスも学ぶ事ができます。グループクラスでこうしたことを考えるのは、1:1で講師と考えるよりも効果的です。

スピーキングに関しては1:1クラスの方がよいでしょう。

LEAP英語プログラム – MONOL独自のプログラム

この訪問の最後に、2018年2月からMONOLによって開始されたLEAP英語コースの詳細な内容を伺いました。学生からはとても好評だと言います。

私が知る限り、このプログラムが非常に興味深く、本当に学生のためを思っているのだと感じました。 LEAP Englishには1日1時間の5つの授業と、学習の進歩確認および科目の変更、相談をする2つのセッションがあります。LEAP Englishには2つのタイプがあります:

設計されたプログラム: 学生が必要としているものと興味のあるものに基づいて設計されます。例えば、以下のDavidさんはこのコースに登録した初めての日本人ですが、HRに興味を持っているのであればIELTSと発音が必要ですね。学校はDavidさんのすべての要素を含むプログラムをデザインします。

以下は、Davidさんの基本情報、要望、要件を記録するためのフォームです。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

最初のページでは、デビッドは自身の個人的な情報や希望、願望を記入しています。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

次のページでは、彼が教師を選ぶことが許されているという最も重要なことが分ります。これは、本コースを選択した生徒の特権とも言えるものです。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

最後のページ、署名をして締めくくられます。

情報が完成したら、これからDavidさんの為に適切なプログラムを組み立てていきます。その過程で担当講師(人気、実力のある講師でメンターと呼ばれる一般講師の上司的な存在)を指名することができます。MONOLには12人のメンターがいます。受講生はこれらの12人のうち1人を指名することができます。もちろんその他に指名したい教師がいればそちらを指定することもできます。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

これは実際にDavidさんが彼の担当講師に提案した内容です。審査と同意の後、Davidさんが署名しています。

初心者からIELTS 6.0を取得できる学校

Davidさんのカリキュラムの一部です

このコースは、フィリピンの英語教育における革命と言われており、MONOLはそのフラッグシップとなっています。

どうしても特定の講師を受講したい学生に適しています。また本コースは発音の勉強、英語全般、文法、IELTS等すべてのことを学ぶ事ができます。

参加者は、カリキュラムを自由に構成できる他、ミックス形式のMix Curriculumに参加することもできます。 MONOLが教えているコースの組み合わせです。

例:IELTS WritingとESLプログラムの発音とビジネス英語プログラムのプレゼンテーションを同時に組み合わせるなど。

いずれにしても、生徒は柔軟に勉強する科目を変えることができます。それは本当に新しく魅力的ですね。私も学びに行きたいぐらいです!

注意点:
– このコースは、MONOLで勉強している学生のみ参加することが可能です。希望するコース変更の2週間前に申請してください。あなたがMONOLで勉強していて、本コースに興味を持っているなら、いつかコースを変更する時が来るでしょう。
– このコースを希望する方はより詳細な個人評価と学習準備のため、別途$ 100を支払う必要があります。

最後に:

MONOLへの訪問はとても楽しいものでした。学校はしっかりとした学習環境を維持するだけでなく、学生の留学生活をより快適にするために多くのことを改善しています。さらに、教師の訓練や募集に関するプロセスについても深く理解することができた上、どのようにして6.0を達成するのかといいた学習に関する情報も共有することができました。

しかし、学校のカリキュラムや講師がいかに良くても、最終的にはあなたの努力の度合いにより目標に到達できるかどうかは変わってきます。どのようにして目標を達成すれば良いのか、どのように生活していくべきか… MONOLはやる気のある生徒のためならその疑問を全て解決します。

最後までお読みいただきありがとうございました。もし少しでも興味を持っていただけたらお気軽にフィルイングリッシュまでお問い合わせください。

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

パインスメインキャンパス訪問記 ~低コスト、高品質の名門語学学校~

 

パインスメインキャンパス訪問記

 

こんにちは、フィルイングリッシュです!

 

前回のWALES語学学校の訪問記事でお伝えしたように、今日は新築キャンパスへ移転したばかりのPINESメインキャンパスの最新情報をお届けしたいと思います。PINESはここバギオエリアに古くから開校しており、フィリピン留学においてとても有名な語学学校です。つい数ヵ月前にPINESクイサンキャンパスはその名前をPINESメインに変更しました。この移転に伴い、学校の運営方法に関してもいくつか変更が加えられたため、フィルイングリッシュによる今回の訪問の目的はPINESの新キャンパスの最新情報を提供することです。

 

人々はしばしば、高価なものほど品質が良く、信頼性が高いと考えるでしょう。しかし、フィリピンの留学市場ではそうとは限りません。フィリピンではオーストラリア、シンガポール、米国などと比較して留学費用ははるかに安いと言えますが、その効果は実証されています。顧客から相談を受けた際、私たちは常に最も有効な情報を提供するため、個人のニーズと判断材料を伺います。たとえば、大都市で勉強して良いサービスを受けることができ、休暇中の旅行のような感覚で勉強したい方には、セブエリアの学校をお選びいただくことをお勧めします。あなたがお金を節約したい場合や、勉強だけに集中したい場合、我々はバギオ留学をお勧めしています。この記事では、学校の評判、費用、そしてPINESの魅力などについて触れていきたいと思います。


以前のクイサン校と比較して、何が改善されましたか?


まず、PINES Mainと旧クイサンの変更した点をお伝えしたいと思います。

 

1. 場所について

2018年5月より、PINESクイサンはPINESメインに名称を変更し、バギオ市のIgnacio Villamor Streetに移転しました。 セッションロードの中心から、PINES Mainまでは約20〜30分ほどの距離にあります。

 

旧クイサンよりも中心から離れていますが、学校の周りの雰囲気はとても落ち着いており、緑の多いエリアで学校の近くにレストランやカフェもあります。

 

Albergo Hotel

Albergo Hotelは学校のすぐ近くにあり、レストランやカフェが入っています。

 

 

2. 学校の外観について

学校の外観について

PINESクイサンと比較すると、PINES Mainはより近代的な外観となっています。ガラス張りの校舎からは外を眺めることができます。この後、PINESメインの施設写真をお送りします。

 

まず、2階に1:1の教室、小さな教室、大きな教室、ジム、ランドリールーム、オンライン教室、TOEIC / IELTSテストルーム、寮があります。

 

 

2階フロアマップ

2階フロアマップ

 

パインスメインキャンパス訪問記

3階フロアマップ

主に教室と寮があります。

 

パインスメインキャンパス訪問記

4階フロアマップ

 

各フロアにトイレ、無線LANエリアがあります。
PINES Mainで撮影した写真を以下の通りご紹介致します!

 

 

パインスメインキャンパス訪問記

フロントデスク…フィリピンスタッフや学生マネージャーを配置し、生徒の持つ悩みや問題を解決する場所。

 

パインスメインキャンパス訪問記

カフェテリア…食堂として使われる他、自習や授業の合間に一休みするなど多目的に使われる場所。お洒落なガラス張りの窓からは太陽の日差しがたっぷりと注ぎ込みます。

 

パインスメインキャンパス訪問記

カフェテリアに併設されているコーヒーやジュース、焼き立てのパンなどを購入できるミニ売店。生徒からはチョコパンやポンデリングが好評とのこと。

 

パインスメインキャンパス訪問記

上記はドリンクの価格表です。便利で高品質ですが、金額は高めです(笑)

 

パインスメインキャンパス訪問記

ジム…設備が整っていて、午前6時から午後24時まで生徒向けに開放されています。

 

パインスメインキャンパス訪問記

保健室…風邪を引いた時や体調が悪い時は専属のナースに診てもらえます。

 

パインスメインキャンパス訪問記

4人部屋…個人の生活空間はプライバシーを保っています。

 

パインスメインキャンパス訪問記

寮の机とベッドです。ベッドの下に机、物入れ、除湿機があり、全部屋共通です。

 

パインスメインキャンパス訪問記

独立したトイレとバスルーム。

 

パインスメインキャンパス訪問記

こちらはバスルームです。

 

 

3. 食事について

今回の移転で食事に関してはとても大きな変化がありました。他の学校と比較して、食事の質は大幅に改善されたのです。毎回の食事には、米、メイン料理、スープ、キムチ、塩辛キュウリ、ヨーグルト、デザートフルーツなどが提供されています。

 

授業時間は朝7時から夜20時まで、昼食は12時20分から13時20分までです。(3階の学生は12時20分より前に食べることができます。)夕食時間は18時10分から19時10分(3階は18時10分より前、4階は18時30分より前)。大規模学校なのできちんと順番を守らないと生徒がごった返して大変なことになります。

 

また、ランチとディナーの時間帯には、外出することもできますが、指定された時間に戻って来なければならないのと、平日にアルコール飲料を飲むことはできません。昼休みは1時間しかないので学校から離れすぎないようにすることをお勧めします。タクシーを使う場合、運転手にAlbergo Hotelと言えば通じます。雨の日はタクシーを拾うのが難しいこともあるので、出かける際は気を付けましょう。

 

 

パインスメインキャンパス訪問記

カフェテリアのスタッフがデザートを準備しています。

 

パインスメインキャンパス訪問記

トレイ、箸、スプーンを取り、順番にご飯をよそっていきます。

 


パインスメインキャンパス訪問記

生徒と同じ経験をする為、フィルイングリッシュもお昼ご飯を頂きました。米、チキン、スパイシーなホットキムチ、ピリ辛キュウリ、ジャガイモとスープ、新鮮な果物と学校の食事にしては申し分ないです。特に学校はスパイシーとそうでないものを用意しており、栄養をしっかり考えた構成で提供されています。

 

食事の間、私はベトナム人学生から話を聞くことができました。彼女は学校の食べ物が以前と比べてとてもおいしくなったと教えてくれました。

 

 

4. 運転の仕組みについて

PINESは、メインとチャピスの両キャンパスのルールを一部変更しました。学生はSpartaとSemi Spartaを選択することができます。しかしSemi Spartaを選択した場合でも他校と比べると厳しいルールが課せられています。放課後、彼らは週に2回のみ外出(18:00~22:00)を許可されていますが、もし門限までに帰宅していない場合は即座に警告文書が発行され、これを繰り返すと強制退学となります。これはしっかりした学習環境の規律を確保する為です。

 

Semi Spartaに登録している学生は自習や夜間のクラスへの参加は義務ではありません。一方で、スパルタの生徒は週末にのみ出かけることができますが、平日は毎晩オプションクラスと義務自習へ参加しなければなりません。毎晩21時にスパルタ生徒は1階へ行き警備員に顔を見せる必要があり、一度でも欠席すると、学生は週末に1時間の自習か、100ペソの罰金が科せられます。

 

最初の週にはSpartaまたはSemi Spartaを変更することができます。

 

 

5. 試験について

現在、学校は2つのテスト(OPTとMPT)を提供しています。

 

OPTは、2週間(中期)ごとに行われる参加自由のテストです。希望の場合は、事前に登録する必要があります。試験の内容は、レベル別に分類されています。

  • Level 1 – Level 3: Speaking, Reading, Listening
  • Level 4以上: Writing, Speaking, Listening

 

Speaking Listening Writing Reading
Refresher
(Level 1-3)
1:1でテスト 水曜日
19:30〜21:00
水曜日
19:30〜21:00
Bridging
(Level 4-6)
1:1でテスト 水曜日
19:30〜21:00
水曜日
19:30〜21:00

OPTテストに合格した学生は、レベル調整などを行います。

 

パインスメインキャンパス訪問記

OPTテストの内容

 

MPTは毎月のテストであり、すべての生徒が参加しなければなりません。テストは4つのスキルで構成され、レベル1〜レベル3は各教師の内容に従ってチェックされます。より高いレベルのWritingセクションは、IELTS Writingのタスク2と非常によく似ていますが、長文を書く必要はありません。

 

 

6. その他の変更

 

洗濯: 両方のキャンパスに共通する洗濯に関連した一般的な規則は、各生徒の洗濯物の最大量が7kgであることです。洗濯は1回50ペソ。洗濯して乾燥も含めると、1回の洗濯は100ペソとなります。多くの生徒はお金を節約するため、他の友人と一緒に洗濯物を出し、お金を割っています。男性は月曜日、水曜日、金曜日に服を洗濯し、女性は火曜日、木曜日、金曜日に洗濯することができます。ランドリールームは月曜日から土曜日の10:00から19:00まで営業しています。 (土曜日のみ10:00〜17:00)

 

パインスメインキャンパス訪問記

最新の洗濯機が備え付けられています。

 

洗濯する際は衣服の数を事前に確認し、高価な衣服は洗濯しないよう注意してください。また服を受け取る際は出した際にチェックしたフォームを必ずチェックしてください。洗濯料を徴収することについては学生から不満の声も出ていますが、学校はより最新式の洗濯機を取り揃え、各個人でクリーニング出すよりも安価な費用でそれを提供しています。

 

パインスメインキャンパス訪問記

生徒番号と服をチェックしましょう。

EOP (母国語禁止ルール): 生徒は、カフェテリアを除き、キャンパス内で100%英語を使用しなければなりません。指定されている場所で英語を話していない場合は罰金が科せられます。4回以上捕まってしまった場合は週末に8時間の自習が課せられます。

 

パインスメインキャンパス訪問記

 

 

友達の部屋に行く: 以前からPINESでは異性の生徒の部屋に入ることを許可していませんでしたが、この規則はより厳しくなっています。あなたがもし誰かの部屋に入った場合、週末に自習8時間を科せられ、悪質な場合は退学処分となります。

 

パインスメインキャンパス訪問記

学校の掲示板には他の多くの校則が常時掲示されています

 

 


宿泊費を含め月額1,180〜1,310ドルのPINES Mainで勉強しましょう!!


上記のような留学生の生活環境の改善により、PINESは費用も安価で設備、講師共に良質な学校であると確信しています。

 

パインスメインキャンパス訪問記

1対1のクラスでは小規模なゲームを行っていました。

 

パインスメインキャンパス訪問記

小規模な教室、PINES Mainで最大4人参加のグループクラス

 

学校で提供されるコースには、Power ESL、Intensive ESL、プレミアムESL、TOEIC、TOEIC、Pre-TOEIC、Pre-IELTSなどがあります。PINESメインはバギオ市の公式IELTSテスト会場に指定されていることもあり、将来的にはIELTS(General / Academic)とTOEFLのコースも実装を予定しています。 コースの詳細はこちらからご覧いただけます

 

コース 1:1クラス グループクラス オプションクラス
POWER ESL 4 4 3 (朝の授業1回+自習
を含む2つの夜間クラス)
INTENSIVE ESL 5 2
PREMIUM ESL 7 0
PRE IELTS 4 4
PRE TOEIC 4 4

PINES Mainの主なコース表

 

パインスメインキャンパス訪問記

両方のキャンパスの選択科目に関する情報

 

新入生: 生徒は、グループA(学期の最初の日に到着する学生)とグループB(3週目の最初の日に到着する学生)で分けられます。 グループAの学生は、午前7時20分から正午12時までのオリエンテーションの後、ファーストクラスに登録する必要があります。 グループBの学生は、午前7時20分から正午12時まで、オリエンテーションクラスに登録されます。 両方のグループの新入生はすべて、22:00〜22:30から義務的なリーディングクラスに参加する必要があります。

 

Morning Class: 午前7時から午後7時50分まで、Listening and ディクテーション(リスニングの書き取り)はウォームアップコースとして、リスニングスキルを向上させます。トピックは通常、アメリカ人の日常生活を模したシチュエーションとなります。

 

Evening Class: 20:00〜20:50には、動画鑑賞(英語字幕)、Power Speaking Class(英語字幕)、Power Speaking Classスピーチ、発音などに関連する科目が行われます。ベーシックギタークラス(英語の歌でギターを学ぶ)やボキャブラリーマスター(ボキャブラリーを学ぶ)、集中リスニング(TEDトーク、CNN、BBC、CBS)から履歴書の書き方(外国企業へ応募する方に適しています)、実践的な英語(Practical English Class)まで様々あります。

 

上記のクラスはすべて無料です。その結果、PINES Mainの授業料は、宿泊費(航空運賃と現地手数料を除く)を含め、月額1,180ドルから1,310ドルまでが上限となります。

 

最後に:
フィル・イングリッシュは常にお客様に最適な学校をご紹介し、最もリーズナブルな価格で提供します!お客様の財政負担を最小限に抑え、留学を実現させることが当社のモットーです。高品質な設備、おいしい食事、講師の高い質を維持しながら安価な料金で留学を提供しているPINESは、フィリピン留学業界において他の学校に挑戦とも言える生き残りをかけたレースをけしかけました。これはすべての留学生に利益をもたらすレースとなるでしょう。常に移り変わるフィリピン留学についてあなたはどうお感じですか?

 

もし留学を検討されているのであれば、まずはフィルイングリッシュまでご相談下さい!

 

学校訪問記をご覧いただきありがとうございました。また次の学校でお会いましょう〜!

 

 

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ