コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!

2019/12/27

ネイティブ1:1があるフィリピン留学2ヶ月費用比較

ドル+時間=Total Costの計算式が書かれたイラスト

対象学校および受講コースの内容

対象学校受講コース内容比較
学校名 場所 コース名 ネイティブ
マンツーマン
授業数
フィリピン人
マンツーマン
授業数
ネイティブ
グループ数
フィリピン
小グループ数
オプション
クラス数
CIJ
プレミアム
セブ Intensive Native 1時間 4時間 2時間 1時間 1時間
CIP クラーク ESL Standard 1時間 4時間 1時間 1時間 2時間
Hana Academy クラーク General ESL 1時間 3時間 2時間 1時間

2ヶ月留学にかかる基本費用

フィリピン留学にかかる最も基本の費用は学費、現地費用、航空券代の3項目です。

学費

学費に含まれるものは滞在中の入学登録金、授業料、寄宿舎滞在費、滞在中の3食食費、お部屋の掃除代、洗濯代などです。

2ヶ月留学費用比較
学校名 コース名 部屋タイプ 期間 場所 学費+入学金 現地費用 費用合計
CIJプレミアム Intensive Native 4人部屋 8週 セブ 301,400円 49,300円 350,700円
CIP ESL Standard 3人部屋 8週 クラーク 304,600円 51,600円 356,200円
Hana Academy General ESL 3人部屋 8週 クラーク 261,300円 55,400円 316,700円

お部屋は各校で一番安い最多人数部屋を選びました。

  • フィリピン語学学校は就学単位を週単位で区切られているため2ヶ月留学は8週、日数にして56日~57日の研修となります。
  • フィリピン語学学校は学費の基軸通貨をドル、現地費用の基軸通貨をフィリピンペソとしています。為替レートは2019年12月現在の交換率を適用。
  • 円高が進む場合、学費は上記提示金額より安くなり、円安が進む場合高くなります。
  • 日本人経営など円通貨を基本支払い軸とする語学学校では為替レート変動の影響を受けません。
  • 学費には授業料、食費、寄宿舎滞在費、掃除、洗濯代(一部語学学校は有料)が含まれております。
  • 上記学費には各学校が認めているエージェント割引上限額がすでに適用されております。
  • 現地費用はビザ更新費、光熱費、ピックアップ費用など学業以外で発生する経費。現地費用はペソ通貨で学校スタッフに直接支払います。

航空券費用

日本からフィリピンに入国される際には必ず日本への帰国チケットかフィリピンから第三国に出国するチケットを保有しておかなければなりません。これは規則です。

日本とマニラ、セブを結ぶ往復航空券はLCC航空会社であるジェットスターやセブパシフィックを利用する際には3~4万円です。但し年末年始や7月、8月、ゴールデンウィークなどの繁忙期には2~3倍に跳ね上がりますので注意が必要です。

航空券費用
日本とマニラ往復 日本とセブ往復
40,000円 40,000円

2ヶ月学費+現地費用+航空券+エージェント割引の合計金額

学費+現地費用+航空券の合算費用内訳および合計
学校名 コース名 部屋タイプ 期間 学費 現地費用 航空券費用 合計
CIJプレミアム Intensive Native 4人部屋 8週 301,400円 49,300円 40,000円 390,700円
CIP ESL Standard 3人部屋 8週 304,600円 51,600円 40,000円 396,200円
Hana Academy General ESL 3人部屋 8週 261,300円 55,400円 40,000円 356,700円

総費用に含まれないその他雑費

帰りの空港までの移動費用

語学学校の研修し、帰国のため最寄り空港までもどる際、学校からのお見送りはございません。学校から空港までの移動費用が発生いたします。
CIJプレミアムを含むセブシティに所在する語学学校からセブ・マクタン空港までのタクシー運賃は約300ペソ(約660円)。学校に頼めば提携タクシー会社を紹介してもらえますが、割高になります。
クラーク・アンヘレス地域では繁華街中心地に構えるSMクラークショッピングモールからマニラ国際空港への直行バスがでています。2019年12月現在のバス運賃は380ペソ(約800円)。

海外旅行保険費用

フィリピン留学における海外保険の加入非加入は義務ではなく、任意です。
三井住友カードやVisa付きのエポスカード等一部クレジットカードは3か月海外旅行保険付帯機能がついております。こちらを代わりに利用される方も多いです。
海外旅行保険料は通常1ヶ月1万円程度です。

お小遣い

お小遣いの平均は4週で3万円程度です。4万円の方、2万円の方もいらっしゃいます。
フィリピン国内を小旅行される場合には余分に費用がかかります。

寄宿舎保証金の活用

現地費用の中には寄宿舎保証金が含まれています。金額にして3,000ペソ(約6,600円)を徴収する学校が多いです。寄宿舎保証金は退寮時にお部屋に損傷がなければそのまま返してもらえます。このお金を帰りの空港までの移動費用やお土産代として計算してよいと思います。

各学校紹介

CIJプレミアム

フィリピン留学、1ヶ月費用比較 | CIJプレミアム

CIJクラシックはフィリピン語学学校の中では最も施設が立派な学校の一つです。セレブ、ゴージャス、リッチなどの言葉が似合いそうな高級施設の中に寄宿舎と講義ルームがあります。
外国にいても居住関係で違和感を感じさせない学校です。
CIJプレミアム学校詳細を見る
CIP

フィリピン留学、2ヶ月費用比較 | クラーク ( Clark ) CIP

CIPは14名から15名のネイティブスピーカー講師が勤務しており、国籍はアメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人など多様です。ネイティブマンツーマン指導システムをフィリピンで初めて取り入れた元祖。オールネイティブマンツーマンなど集中ネイティブコースも選べます。
CIP学校詳細を見る
HANA Academy

フィリピン留学、2ヶ月費用比較 | HANA Academy

Hana Academyは10名前後のネイティブ講師が在籍しております。こちらもCIP同様ネイティブマンツーマンのみの集中コース受講可能です。CIPに比べ規則はそれほど厳しくありません。学校周辺にショッピングセンターや日本レストランが並んでいるので徒歩圏の立地は非常に便利です。
Hana Academy詳細を見る

上記価格よりさらに安くなる!?

フィリピン留学、1ヶ月費用比較 | スマートフォンを見てよろこぶ女性

多くのフィリピン語学学校は一年の間に半年ほど学校独自の割引キャンペーンを実施します。フィルイングリッシュも1年の間に8ヶ月ほどお得キャンペーンを展開いたします。
キャンペーン適用時期に留学されれば上記価格よりさらに廉価な金額でフィリピン留学を実現できます。詳しくはお問い合わせくださいませ。

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor