フィリピン留学は二度手間になるので最初からネイティブ指導がいいという主張について


授業を指導するネイティブ講師のイラスト

qiestion:フィリピンでなるべくネイティブから授業をたくさん受けたいです。ウェブ上を見ますとフィリピン留学してもネイティブに通じないという記事がありました。二度手間になってしまいますので最初からネイティブマンツーマンをフィリピンでうけられる学校を探したいです。

フィリピン英語でネイティブに通じます!

フィリピンの語学学校で英語を学んでもネイティブに通じないというのは乱暴な論調ですね。
この理屈で行きますとフィリピン人の英語は世界で通じないという事になってしまいます。
フィリピン人口の十分の1程度は海外に出稼ぎに行きます。世界で彼らが積極的に雇用される一番大きな理由のひとつは英語が通じるからです。言語のコミュニケーションで不具合がないので彼らを積極的に雇い入れます。
フィリピンでは現在アメリカの会社を代行するコールセンタービジネスが盛んです。アメリカ人の消費者は相手がアメリカのオペレーターだと思って問い合わせや質問をしています。ですが実際に対応しているのはフィリピン国内の事務所にいるフィリピン人女性たちです。ネイティブと変わりない英語力と会話力を持っているからこそ成り立つ職種です。
今は日本でも有名になったフィリピン留学ですが、日本からだけでなくアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどで学習される現役日本人留学生が英語学習のためにフィリピンに渡航するケースが目立ちます。この現象は欧米諸国に実際住んでいる人たちが英語が母国語の国よりフィリピンのほうが英語力が伸びると感じているからです。
フィリピンで英語は公用語ですが母国語以外の第二言語です。言語能力に差がでますし、あまりうまくない人もいます。語学学校の講師ではなく、このような英語があまりできない特定の人たちを基準としてフィリピン語学学校全体の英語力を論じているのであればうがった見方と言わざるを得ません。

セブにあるコールセンター

フィリピンセブ島にあるコールセンター。欧米資本の企業が多く、顧客は欧米人がほとんどです。

英語学習は二段階ある

英語学習は大まかに2段階に分かれます。第一段階は最も基本的な英語を学習する事。英語の基礎をしっかり整えれば世界で英語を第二言語としてコミュニケーションツールとして使っていく方たちとの交流はもちろんの事、ネイティブたちとの会話もできます。

但しこの段階でネイティブの使う豊富な表現力や独特の言い回しのレベルまでは到達できておりません。

ですがこの水準でもネイティブが使う英語を使えなくてもネイティブと十分英語でコミュニケーションはとれます。それでよしと判断して留学をやめても問題ありません。
その次のステップとしてはネイティブに近い流暢な英語を目指す事。 上司がネイティブだったり、顧客が欧米人中心だったり、欧米企業に働いている場合にはある程度相手の英語に合わせなければなりません。
ネイティブ英語至上主義を信じてやまないかたくななネイティブも残念ながらたくさん存在いたします。

フィリピン留学の基本学習は英語の基礎固めや英語試験検定対策ですが、集中的なネイティブ英語訓練を受ける事も可能です。

フィリピンのどこでネイティブ授業を受けられるか

フィリピンのセブ、マニラ、バギオなどいくつかの地域の語学学校ではネイティブ講師を在籍させております。
但しネイティブ講師の集中的な指導を受けられる環境はマニラ北90kmにあるアンヘレス・クラーク地域に限定されます。この地域には大きな欧米人居住圏があるので、ネイティブ講師を確保しやすいという環境があるからです。講師もアメリカ人だけでなくイギリス人、カナダ人、オーストラリア人、ニュージーランド人など様々です。彼らから集中的にマンツーマン授業を受けられます。

セブや他地方にもネイティブ在籍の学校はいくつかございますが、学生指導というよりは講師自体の指導をメインに行っております。人数も多くありません。校内のフィリピン人講師を指導したりグループ授業で学生を指導する事がメインです。

写真はクラーク留学院というアンヘレスのネイティブ専門語学学校でアメリカ人講師からマンツーマンレッスンを受ける日本人生徒

フィリピンで最初からネイティブ英語に入るのはおすすめしない

冒頭でウェブ上でフィリピン人から英語を習うのは2度手間になるので最初からネイティブ指導がいいと主張する人たちがいると紹介いたしました。実際『フィリピン人の英語力』というキーワードを叩けばそのような主旨の記事をたくさん見つけられます。
最初からネイティブのみの指導をうけるのも立派な方法です。但しフィリピン留学で英語初級者がフィリピン人講師をスキップしてそのままネイティブに指導してもらう方法はおすすめいたしません。
リスクが大きいからです。ネイティブはまずそれほど親切丁寧ではありません。自分の普段着の英語を使います。スピードも速いです。初級者はぶちあたる壁が最初から高いという事です。当然挫折する人も出てきます。
フィリピン講師は発音もネイティブほどきれいな人が多いわけではないですし、かっこいいアメリカ的表現を使うわけでもありません。(フィリピン人英語をこき下ろす記事の中にはフィリピン人はアメリカ英語を全然知らないというものがありますが、それは違います。テレビや映画などでアメリカ英語はフィリピンに氾濫しています。)
ですがなるべく学生のレベルに合わせて教えようとします。我慢強いと言っていいでしょう。
最初は単語のキャッチボールです。それが慣れてくると短い文章のやりとりになります。そしてある程度長い文章ができる会話へと移行します。
自分のつたない英語でも相手に伝わるという楽しさから入るのでモチベーションが上がっていきます。英語学習が楽しくなってくるので失敗挫折する人たちが少ないです。

こういう人は最初からネイティブでもOK

英語レベル中級者、上級者で一段階上のネイティブ英語も学びたい。このような方はフィリピンでもそのままネイティブ講師の集中指導を受けられる学校に行かれてよろしいかと思われます。
それと接客などで今すぐネイティブと英語で簡単な意思疎通が必要な方。ハードルは高いですが、それでも仕事の役に立つと思います。

英語の基礎固めは欧米よりフィリピン

英語には基礎段階とネイティブレベルまで引き上げる段階があると説明させていただきました。
より重要なのは前者です。基礎段階ができると英語を第二言語として使用する人々やネイティブともある程度コミュニケーションをとれるようになるのでここまで来れば英語を放棄する事はなくなります。あとは努力して伸ばすのみです。

フィリピン留学に欧米諸国の日本人現役留学生が直接留学する事は少なくありません。欧米留学失敗例でアメリカの語学学校に1年いたが英会話もろくにできないという相談者の愚痴を聞く事もあります。
フィリピン語学学校に1年滞在して英会話ができない人はほとんど見た事がありません。
これは講師1名生徒1名のマンツーマン授業、朝から晩まで決まったスケジュールの実施、
学校ルール順守と門限の徹底、校舎寄宿舎ワンセット型の学習しやすい環境が整っているかからです。
フィリピン留学では欧米留学でよく見られる失敗例がほとんど見られないのが美点です。長期留学すれば皆ある程度のレベルまで英語を引き上げる事ができます。
但しある程度英語力があり、英語を使って何かを学ぶという場合には断然欧米留学です。フィリピンとでは教育レベルが違います。あるいは英語力中級者が欧米諸国にわたって英語を学ぶというのは強く推奨できます。


Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku