お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

フィリピン英語学校、ESLコースの評価方法は正しい?

フィリピン英語学校で最も多くの生徒さん達に選ばれるコースは断然ESLです。English as a Secondary Languageの略字であるESLは現在、「母国語としていない人を対象にした一般英語コース」という意味になっています。

フィリピン英語学校で最も多くの生徒さん達に選ばれるコースは断然ESLです。English as a Secondary Languageの略字であるESLは現在、「母国語としていない人を対象にした一般英語コース」という意味になっています。

一般的に英語は大きくSpeaking・Listening・Reading・Writingの4つの技能に分けられます。もっと追加すれば、Vocabulary・Grammar・Pronunciationなどがあります。学校によってこれをバランスよく学習するようにしたり、ある学校ではスピーキング中心に授業編成をしたりします。スピーキング中心にすると自分でも英語が上達する速度を早く感じたりしますが、中上級者以上のレベルになるためには基礎をしっかりと固めなければならないため、長期的に英語学習をお考えの方には初めての留学ではバランスの良い英語学習をお勧めします。

フィリピン留学で最も人気の都市であるセブとバギオの多くの学校は、初心者に「バランスの良いカリキュラム」を提供しています。各学校、レベル分けと評価方法、レベルに応じた教材がありますが、問題は「英語評価の客観性が100%学習者を満足させない」ところにあります。
私自身もセブの語学学校で学生マネージャーと副学校長をさせて頂いた経験がありますが、生徒達の実際の英語レベルを正確に診断し、正確に評価し、的確なアドバイスをすることは容易ではありません。しっかりとした方法で生徒達のレベルをチェックし、評価しなければ、生徒達の信頼を得られない上に生徒達の留学生活を駄目にしてしまうかもしれません。

本日はセブ語学学校のSMEAGグループを紹介させて頂きます。

SMEAGはセブに3つのキャンパスを運営する、名実共にフィリピン最大級の語学学校です。この学校は、2018年からESL教育で教育資料・テスト・評価・フィードバック(相談)など、多くの部分でCambridgeプログラムが導入されます。Cambridgeはアメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリスでIELTSと共に国際公式英語試験として最高水準の信頼を置かれているプログラムです。30年を超える歴史を持つCambridgeは学習者の4技能別のレベルによって、学ぶ内容、客観的な評価、そしてそこから学習カリキュラムが決定されます。

SMEAGで運営されている全てのマンツーマン授業は、Cambridgeのモデルと資料を応用し、授業進行状況とテスト評価はCambridgeによって判断されます。一方であまりに体系的すぎ、堅苦しい授業になるのを避けるため、一部のグループ授業にはCambridgeプログラムは導入されていません。

Cambridgeプログラム導入によって、学校側の運営上の利益はかなり減ってしまうでしょうが、学習者達は学校側の評価システムが100%正しいと感じれるだろうと思います。結局、SMEGAはESL教育において未来を先取りしたのだろうと思います。

今回はSMEAGをたくさん褒めてしまいましたね(笑)SMEAGが更なる飛躍をとげているように、他の語学学校にも良い変化があるよう願っております。

フィリピン英語学校、ESLコースの評価方法は正しい-1SMEAG キャピタル

週平日外出禁止のインテンシブプログラムが行われているスパルタキャンパス、IELTS対策専門学校であるクラシックキャンパス、最後に綺麗で洗練された設備とあまり厳しい校則を設けていないキャピタルキャンパスです。

>>>SMEAGキャピタル 学校詳細を見る

Sフィリピン英語学校、ESLコースの評価方法は正しい-2 class=SMEAG スパルタ

SMEAGスパルタ校の特徴としては開校当時からのベテラン講師が多く在籍し、ESL教育に長けている事、英語のみ使用するEOPルールを徹底している事、いろいろな規定を設け、学習雰囲気を阻害する要素を排除している事、1日トータル630分の圧倒的ボリュームの授業量などが挙げられます。

>>>SMEAG スパルタ 学校詳細を見る

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ