お電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6869-5003, 5004

お急ぎメール

フィリピン留学でのIELTS(フィリピン英語学校の競争力)

SMEAG ClassicのIELTSテストセンター

こんにちは。フィリピン留学の専門エージェントのフィルイングリッシュです。
2年程前からIELTSに関するお問い合わせは爆発的に増えました。最近はTOEIC留学を上回る雰囲気です。

IELTSの人気が高くなった理由は何でしょうか?その理由は色々あると思いますが、大きく二つに分けられます。まず、IELTSの提携先に対する信頼度です。IELTSの提携先はIDPとイギリス文化院の二ヵ所です。イギリス政府の積極的な支援に支えられ、いち早くIELTSを定着させることに成功しました。そのため、教育資料に対する評価、語学校の支援、テストの公正さが確保することが出来ました。もう一つの理由は、IELTSではIELTSで高得点を取れる人は実際に英語が上手だという点です。「公認英語スコアと英語の実力は比例する」ということはよく言われていることですが、実際はそうではないです。TOEIC、TOEFLで高得点を獲得した人が実際の英語講義や外国人とのミュニケーションを上手く出来るとは限りません。IELTSの教育内容は「実用英語にフォーカス」が合わせています。学ぶ内容が全て実生活で使うことができる内容です。

IELTSのこの二つの特徴によって、企業、就職、入学などで最も信頼性のある英語公式試験になりました。2017年末頃からは世界有数の大学入学でもTOEFLよりIELTS点数を提出する人が増えている状況です。
フィリピン留学でもIELTSを学ぼうとしている方が増えてきました。

それでは、今日はフィリピン留学のIELTSコースを調べてみましょう。

今や否定できないIELTS時代!

SMEAG CapitalでのIELTS試験

公式英語試験としてIELTS信頼度はますます高まっており、海外大学、就職、さらにワーキングホリデーの現場でも基本的にIELTS点数を要求されます。万一、皆様が海外就職もしくは海外滞在を予定されたらIELTS勉強をするのが現実的な選択です。例えIELTSで高得点を獲得出来なくても、必ず役立つからです。

IELTS主管先がイギリス文化院とIDP二ヵ所で、イギリス政府の支援の下で徹底な審議を受けています。簡単に言いますと、毎月IELTS公式試験はIDPで一回、イギリス文化院で一回実施されると理解すればいいでしょう。以前はイギリス文化院によるテストが多少簡単という話もありましたが、2017年からはイギリス政府によって両主管先が同レベルにするよう、より細かく管理されています。今はIDPを選択してもイギリス文化院を選択してもテストの内容を問題は違っても難易度は同一な点をご承知下さい。もちろん、両テストは差別を受けず、世界どこでも認められています。

申しあげたとおりに、IELTSの人気は高まっています。主管先の運営指計は普遍的です。誰でも気軽にIELTSを学べるようにしています。実際、IELTSは英語初心者でも学習することが可能です。また、他のテストのように公正さを是非に巻き込まないため、現在は世界有数の企業や名門大学、国際学校で認められるに至りました。英語勉強をしながら、向上した実力を公式点数で見せているということは重要な意味だと言えます。教室であるいはビジネスミーティングや喫茶店で英語使用能力、あるいはチャットまでもIELTSは英語能力として認められています。IELTSは「実用英語能力」であり、IELTSの点数が実際英語実力を反映してくれます。このように信頼度と客観性でIELTSを認めているとろが増えてきてます。オーストラリア、カナダ、イギリスで非英語圏の人が就職するためにはIELTS点数が基本的に要求されています。

TOEIC、TOEFLの公正さの是非は絶えず、Cambridgeテストは魅力的ですが、普遍的ではないです。今後10年以上は英語公式試験部門でIELTSの人気と公正さに続くものはないというのが現実です。
今やIELTSの時代であることは明らかに見えます!

フィリピン英語学校のIELTS競争力

SMEAG Classicのグループクラス

IELTS学習で最も人気のあるのはフィリピン留学市場です。2016年以来でフィリピン語学市場は海外英語留学でIELTS部門で先頭を走っています。フィリピンのセブ、マニラ、クラークにはIELTS勉強のために台湾、韓国、ベトナム、日本からの学生たちがたくさん来ています。IELTS勉強のためにオーストラリア、イギリスへ行くのは昔の話になっており、今はオーストラリアまたはイギリスでIELTSの勉強をしてフィリピンに勉強し直しに来るのも少なくない話です。
では、なぜフィリピン語学市場がIELTS部門で先頭を走っているのでしょうか?

第一にIELTSテスト方式とフィリピンの英語教育システムが似ているところです。ご存知のように欧米圏と違い、フィリピン語学市場はマンツーマン授業が中心です。IELTSのスピーキングテストは面接官とマンツーマン方式でインタビューテストをします。IELTSスピーキングは選定されたテーマに合わせて論理的で流暢に話さなければなりません。マンツーマン授業を運営するフィリピン語学学校の教育方式と通じます。また、個人の弱点や要望をマンツーマン授業を通じて特別にケアすることも可能です。フィリピン留学生のほとんどはIELTSでスピーキングの部分で特に高得点を獲得することは広く知られた事実です。

SMEAG Classicのマンツーマン授業

さらにフィリピン語学学校のIELTS講師養成の為の努力です。IELTSを学ぶ方は趣味として英語を学ぼうという方はいません。より良い職に就くためなど真剣な理由で英語を学んでおり、そのため、講師を評価する目がとても厳しいです。IELTSを教える講師のスキルや専門性が足りないなら、学生に無視されるのは当たり前のことだと思います。フィリピン語学学校の中でIELTSで認知度がある学校なら、講師たちの平均経歴は少なくとも3年以上です。保有公式点数もIELTS7.5以上です。専門講師と共に皆様が望む授業方式でマンツーマン授業が進められたら、きっと良い結果にたどり着けるはずです。

SMEAG Classicの英語講師

また、フィリピン語学学校は結果として言います。フィリピン語学市場のIELTS部門が急速に成長した最も大きい理由は「急速にIELTS点数が向上」という結果を出しているからです。英語初心者として入学しても4~8週後にIELTSコース卒業後、高得点を獲得する生徒を見る事は珍しくないないです。学習者ごとに差はありますが、一カ月に0.5点向上(IELTS5.0以下)高得点は8週に0.5点向上となっています。このように大幅に点数の向上が望める背景には専門講師、学校側の支援、学生の情熱など多様な要因があると思いますが、フィリピン語学学校の「授業+寮+食事」の一体型学校運営も大きな役割をしていると思います。通学する時間や食堂を探す時間の無駄なく学校で学習に集中することが出来る点もIELTS点数向上の理由だと言えます。

四番目、IELTS主管先の支援です。TOEIC、 TOEFL試験主管先がETSであれば、IELTS主管先はIDPとイギリス文化院です。二ヵ所は全てイギリス、オーストラリア政府の管理下にあります。フィリピンでも主管先の多くの支援がある事を感じられます。フィリピンのどの地域に行ってもIELTS公式試験は毎月開催され、受験方法も簡単です。また、イギリス文化院での受験情報と教育資料の提供も多くなって来ています。

SMEAG Classicの模擬試験クラス

五番目、格安な費用です。フィリピン留学の魅力は何といっても格安な留学費用です。安く良質の英語教育を行えるというのが最も大きい長所であり、このため、フィリピン語学市場が急速に成長しました。欧米圏留学費用の60~70%くらいで留学出来ます。
ただし、2017年から一部学校の学費が高すぎるという点は懸念すべきことです。学費値上げの理由がIELTS専門講師の為の投資などではなくIELTS市場が人気になってきているという理由に基づいているためです。格安のIELTS学校を選ぶために留学エージェントに相談することも良い方法だと思います。

IELTSテスト対策!入門から 7.5点獲得までのガイドライン

IELTSとは非英語圏の人間が英語圏で生活するのに必要な英語力を計る検定試験の一つです。IELTSは創設からの歴史は浅いですが、その実用性と審査基準の公正さから世界各地で急速に普及され、国際英語力認定基準の大きな柱となりつつあります。今海外での就職採用基準ならIELTSという時代が到来したと言っても過言ではありません。

>>>フィリピン英語留学体験談一覧

  • 初心者IELTS 6.0保証 24週で初心者からIELTS 6.0

よく読まれている留学体験記

フィルイングリッシュ-Best Schools フィルイングリッシュ-FAQ