CGバニラッド校留学体験記

[学校] CG Banilad Campus
[期間] ー
[コース] ー
[名前] 匿名

私は社会人4年目、22才でフィリピン・セブ留学に行きました。
私は高校生の時から、海外ドラマや洋楽が好きで聞いていました。英語が分かるようになったり話せたら、もっと歌詞の内容が理解できて楽しいだろうなとは思っていましたが、机に向かって勉強というのが嫌いで英語について興味は持っていましたが勉強せず、学校の授業から4年離れて英語力はほぼOでした。
ある日、私は英語と日本語に堪能なフランス人の男性と出会い、彼は英語が話せる事で色々な国の人と簡単にコミュニケーションが取れていて、英語で自分の見る世界や考え方、可能性が大きく広がる事を強く感じて留学を決めました。
沢山留学先の国を検索していて欧米は航空券や物価、学費が高いのに1日の授業数は少なくて大体は大人数で行うグループ授業のイメージ。その反対にフィリピンでは全ての費用が少なくて済むのに授業数は多くメインは1対1.私は英語力がほぼま無かったので大人数での授業では理解出来なかった問題に対して質問する事は私にとって難しい事だと考えフィリピンに決めました。
フィリピンに着いてからは環境の違いや不安で泣いていました。
というのも最初の3日間だけで、最初に出来た友達の友達というような感じであっという間に沢山の友たちが出来て夕食へ行ったり、他の島に旅行へ行ったり。フィリピンには約7,000の島があって本当にどの島へ行っても海や景色は綺麗で驚きました。旅行中も会話は英語ですが、お互いに文法などは気にせず、分からない単語は同じ意味で分かる単語を他に探し合って会話していたので、通じなくて困ったり苦に感じることはあまりありませんでした。
先生も同じで何度でも理解出来なかった部分は教えてくれるし、1対1なので、お互いの文化の事や家族の話としてどの先生とも仲良くなれて良い関係だったなと思います。
学校生活では、私は日本人の友達を作らなかった事、他の国の人とのルームシェアをした事がやって良かった事だと思います。
私が選んだのは韓国人経営の学校で生徒もほとんどが韓国人だったので、いつも一緒にカフェで勉強したり、買い物に出掛けたり沢山の時間英語を使えたのは英語力を伸ばすのにとても良かったと実感しています。
フィリピンに来てすぐの頃は全く先生の話す内容が理解出来ずに、話す言葉も正直文になってるのかも曖昧な言葉で話していてこの先 成長するのかと不安になる事もありましたが、今では話す内容が理解出来るようになって、自分の言葉もより詳しく説明出来るようになりました。
英語に自信が持てたので、次はカナダでワーキングホリデーをするという新しいチャレンジを作る事が出来、本当にフィリピン留学へ行って良かったと改めて思います。

BECI the Café – Sparta / IELTS / Speed ESL 学生体験

[名前] LOUIS
[学校] BECI MAINキャンパス
[コース] SPARTA
[期間] 4週間

BECI the Café - Sparta / IELTS / Speed ESL 学生体験

BECIの環境は集中して勉強するのに非常に適していると思ったのとバギオ地域の気候は私にとても合っていると思ったからです。また、友人がBECIにいたので選びました。

私は友達を作ることが大好きです。BECIには様々な国からたくさんの生徒が勉強に来ているので、宅関野友達をたくさん作ることが出来ます。そして、自分の視野を広げることが出来ます。また、フィリピン人の先生と友達になることができました。週末に先生と出かけたのですが、フィリピンの文化を学ぶ芝らしい機会で、とても良い経験でした。。英語を学ぶためにBECIへ行く洗濯をしたことを幸せに思います。

もしあなたが海外で英語を学習したいけど、行く勇気を持てていないとするなら、そんなに心配する必要ないと伝えます。すぐに行動に移して、後悔しないでください。留学はあなたが考えているよりも面白いものです。多くの外国人に出会うことができ、各国の文化を知ることが出来ます。最も重要なことは、フィリピンに行くことで英語上達させることが出来ることです。サポートが必要な場合は、学生マネージャーがいるのでどんな時も助けてくれます。BECIにはいいところがたくさんありますので、ためらわず進んでください!


[名前] PO
[学校] BECI MAINキャンパス
[コース] IELTS
[期間] 12週間

BECI the Café - Sparta / IELTS / Speed ESL 学生体験

まず、気候面からセブではなくバギオを選びました。バギオ留学なら勉強に集中できると聞いたのも決め手の一つです。その後、エージェントに快適な環境で勉強したいという希望を伝えたところ、雰囲気が良く勉強するのに最適なラウンジを完備しているBECIを勧められました。

BECIの先生は素晴らしかったです。質問がるときは、授業中だけでなく空き時間でも対応してくれました。新しい先生の場合でも、教育システムがありヘッドティーチャーによりしっかり特訓されているので心配いりませんでした。IELTSや一部のコースは平日に外出することが出来ないので、勉強に集中することが出来ます。IELTSは他のコースより厳しいですが、やりがいがあると思います。このコースを選択するとより多くのことが学べ、英語スキルを向上させることが出来ます。

天気が良いまたは暑すぎない場所をお考えの方にはBECIをお勧めします。バギオの気温は過ごしやすく空気も新鮮です。また、質の高い先生方から英語を学ぶことが出来ます。どの先生もとても親切で優しいので、友達だと思っています。されにBECIでは、美しい環境と魅力的なラウンジを楽しむことが出来ます。BECIを選んだことを硬化しないでしょうし、きっと良い思い出を作ることが出来るはずです。


[名前] Aichan
[学校] BECI メインキャンパス
[コース] SPEED ESL
[期間] 12週間

BECI the Café - Sparta / IELTS / Speed ESL 学生体験

生徒の国籍割合を見た時に、日本人の割合が比較的低く多国籍だったため、様々な国籍の友達を作ることや英語を話す機会が他の学校より多いと思ったからです。

生活面については、食事が韓国料理ばかりで日本食が食べたくなり飽きるときもありましたが、留学前に想像していた食事よりも美味しく、また野菜も多くて良かったです。授業に関しては、マンツーマンのクラスでは、先生が積極的に自分の英語学習に対しての希望や困りごとなど相談に乗ってくれるので、集中的に苦手な分野を勉強したので、自分に合った授業を受けることが出来ました。

日本人は日本人同士で固まってしまいがちで、もちろん日本人の友達を作るのもいいと思いますが、なるべく積極的に多国籍の友達を作って英語でコミュニケーションを取ることが大事です。また勉強に関しては、最初の頃はテキストやノートを取るだけでしたが、このままではスピーキングが伸びないと思い、自分でなるべく声に出すことを心がけるようになりました。もっと前からやっていたら良かったと思います。

SPEED ESL学生体験

[名前] Mia
[学校] BECI the Caféキャンパス
[コース] SPEED ESL
[期間] 12週間

BECI the Café - SPEED ESL学生体験

英語を勉強するだけでなく、様々な国の文化も勉強できると思ったからです。BECIには、英語を学ぶために様々な国から学生が集まっています。また、暑いのが苦手なのでバギオの気候がとても適していると思いました。

BECIは完璧だと思っています、コースはとても柔軟性があり、熱心で優秀な先生が教えてくれます。質問があるときにはいつでも聞くことができ、私は先生が大好きです。種瀬tに関して不満はありません。Wi-fiはとても強く、ネットサーフィンやビデオ通話も途切れることなくつなげることが出来ます。

英語を学びたい・上達させたいと考えているならば、BECIは素晴らしい場所だと思います。レディースキャンパスでは、静かな場所で学習することができ、また食事も美味しいので心配することはありません。ぜひ、BECIで勉強しましょう!


[名前] ALICIA
[学校] BECI the Caféキャンパス
[コース] SPEED ESL
[期間] 12週間

BECI the Café - SPEED ESL学生体験

フィリピン留学を決意してから学校を探し始めましたが、BECIが一番興味のある学校でした。その後エージェントと相談し、学校やバギオ地域について詳しく教えてもらいました。はじめBECIの写真を見た時、キャンパスがすごく綺麗だと思いました。また、ビジネスイングリッシュクラスに興味を持ちました。授業ではプレゼンテーションのスキル向上に役立つだけでなく、英語面接にも役立ちます。私は台湾戻った時に、新しい仕事を見つけるのに便利だと思います。

BECIは勉強するのにとても良い雰囲気です。来た当初は、他の学生や先生と英語でコミュニケーションを取ることがすごく怖かったですが、先生は忍耐力と専門性を持っているので、私のスピーキング能力を向上させてくれました。そのため、今では英語を話すことに抵抗はなくなり、コミュニケーションを取ることに自信を持っています。

私はBECIでの生活がとても好きなので、大変満足しています。

バギオはフィリピンの中でも気候が快適な場所です。講師陣はとても忍耐強く、親切な方ばかり。問題が起きた際には、先生やスタッフが解決のために最善を尽くします。週末には、スクールトリップもあり安心して旅行することが出来ます。寮の最上階には勉強できるラウンジがあり、バギオの綺麗な日の出や夕日、時には虹を見ることが出来ます。

 

[学校] CNS2
[名前] Leo
[期間] 12週間

私の名前はレオで台湾の台北出身です。フィリピンで初めて英語の勉強をしています。

IELTSは他の公認試験と違って論理的思考能力も必要となりますので、大幅に英語スキルをアップできると考えました。また、海外へ進学するためにIELTSのスコアが必要となります。

講師陣は熱心かつ責任をもって指導しています。ほとんどの学生が勉強に励んでいるので、学校には真剣な雰囲気が漂っています。私は積極的に勉強する方ではありませんが、雰囲気のおかげでやる気を引き起こしてくれます。今は、自分の目標を達成するために全力で勉強に励んでいます。

IELTSの目標スコアを取得できたら、留学をします。また、そのまま英語の勉強を継続します。

英語のスキルは、一気にではないが確実に向上していることに気づきました、そして、先週のウィークリーテストでは高得点を取ることが出来ました。大きな進歩で爽快でした。

スピーキングクラスです。他の学生の意見を聞くことで、新しい価値観を学ぶことが出来ます。一緒に考えることは英語力向上において効果的です。

Teacher Janiceで、とても親しみやすく親切です。スピーキングクラスでは、常に学生にやる気を与えてくれ、先生のおかげで自信を持って英語を話すことが出来ます。また、スピーキングに使うボキャブラリーもたくさん学びました。

集中して自習をすることとたくさん問題を解くことです。特に自習は絶対です。

地元の方はとてもフレンドリーで親切な方ばかり。天候は他の地域と比べて暑くありません。フィリピン料理はとても魅力的です。

多くの生徒と仲良くなって、楽しみながら学習する方がいいと思います。ブレインストーミングやアイディアを得るために、文法書や参考書を持参すると良いでしょう!


[学校] CNS2
[名前] Sandra
[期間] 12週間

台湾桃園出身のサンドラと申します。歌とギターを演奏することが趣味です。フィリピンで勉強をする為にきましたが、とても新鮮な気持ちです。

イギリスで修士号を取得したいと考えていて、入学にはIELTSのスコアが必要なため始めました。

エージェントがIELTSに強い学校として、CNS2を推薦してくれました。また、他の学校に比べて授業料が安く、経験方な講師陣が揃っているところも決め手の一つです。

一度台湾へ戻りイギリスの入試申請を行ったあと、IELTSの公式試験を受験します。

最初バギオに到着した時は、寒さになれていなかったのでとても寒く感じました。その後は、温かい服を着ていたのでとても快適に過ごすことが出来ました。最初の授業では、神経質になっていましたが、今では講師や他の国の学生との会話を楽しむことが出来ています。いつも私たちのために美味しい食事を準備してくださるハウスキーパーにとても感謝しています。

ライティングスキルです。すべての授業でライティングスキルと文章構成を学ぶことが出来ます。これは自分のエッセイを書くよりも効果的です。講師は文法の間違いを直接訂正してくれ、常に湧き出てくる質問に答えてくれます。

ライティングのRelyn先生です。彼女はきちんと説明をしてくれます。文章構成の説明は非常に論理的で、これまでIELTSパート1のエッセイを書いたことはありませんでした。彼女がボキャブラリーや文法をしっかりと指導してくれたおかげで、今では20分以内にパート1を書くことが出来ます。

文法書や参考書など、英語学習のヒントになるような教材を持ち込むことです。風邪薬や日常的に使っている家電、お菓子など持ってくることをおすすめします。

CNS2 – 英語の恐怖に打ち勝つ / IELTS

【学校】 CNS2
【名前】 Tin
【期間】 12週間
【タイトル】 英語の恐怖に打ち勝つ

~CNS2について~

Q1.自己紹介お願いします。

私は台湾出身のTinと申します。年齢は24歳です。

Q2.なぜIELTSの勉強を始めたのですか?

大学院入学のためと、自分自身の英語力を向上させるためです。

Q3.どうやってCNS2を知りましたか?また、なぜCNS2を選んだのですか?

インターネットで情報を知りました。充実した教育プログラムや質の高い講師陣が揃っていると多くの人が言っていました。

Q4.CNS2の学習環境はいかがですか?

生徒一人一人に自習机が準備されているので、授業がない時間はいつでも自習室で勉強することが出来ます。講師陣は専門的でありながら、生徒たちの勉強や健康にとても気を使ってくれます。

Q5.CNS2での留学を終えた後のプランを教えて下さい。

CNS2を卒業した後は、仕事を見つけることとIELTSの公式試験を台湾で受けるつもりです。

~IELTS COURSEについて~

Q6.最後の3週間勉強して、どう感じましたか?

毎日忙しいスケージュールでしたが、この期間で大きく成長することが出来ました。

Q7.どの授業が一番英語力を向上させましたか?

私の場合は、マンツーマンのスピーキング授業が一番役立ちました。先生は間違った文法や発音、文章を訂正し、たくさんのアドバイスをくれました。また英語スキルを向上させるために、私の弱点をしっかり教えてくれました。

Q8.どのの科目が一番の弱点でしたか?また、こくふくするためにどうしましたか?

リスニングが一番難しい科目でした。そのため、毎日リスニングのトレーニングを行い、特に書き取りのトレーニングは役立ちました。

Q9.最近、リーディングで高得点を取ったようですが、秘訣を教えて下さい。

最初に、ボキャブラリーとIELTSの幅広いテクニックを持っていることが重要だと思っています。次に、IELTSの質問に慣れることで、素早く答えられるようになります。最後に弱点を把握して、改善することが大切です。

Q10.これからCNS2で勉強した方へ、留学生活を成功させるためにどんな準備が必要でしょうか?

質問などがあった時は、恐れずに講師に尋ねることと勉強、自主学習に全力で取り組むことです。また、モチベーションと勇気を維持することを自分自身で行わなければなりません。ただし、適度に休息をとることも重要です。

Q10.アドバイスをお願いします。

定期的に心を落ち着かせて英語の勉強に励むことが大切です。また、友達には心を開くことと敬意を払い、礼儀正しく接すること、先生と教材を最大限に活用し、恥ずかしがらないことです。


[学校]CNS2
[名前]AKI
[期間]11週間
[コース]IELTS

私の名前はAkiです。出身は日本で、CNS2のIELTSコースで勉強を始めて3ヵ月となります。

私はカナダの大学へ進学を考えていますが、その為にIELTSスコア6.0が必要となります。

私がフィリピン語学学校を検索している時に、多くの方がIELTSの勉強はここが良いとオススメしていたのを見ました。また、留学費用が他の学校と比べて比較的安かったため決めました。

卒業後は、カナダの大学入試へチャレンジする予定です。

ここで生活している間は、いつも時間が過ぎるのが早いと感じていました。特に最後の3週間は、公式のIELTS試験に向けて準備をしていたので、ストレスとじれったさを感じていました。

ライティングとグループスピーキング授業です。

ライティングは、自分自身で勉強するのに一番難しい科目で、私は経験豊富な講師を持つことが出来て良かったです。この留学を通して、ライティングスキルが一番上がったと思います。

Teacher DINOがベスト講師です。彼は信頼でき、また生徒に教える最高なスキルと熱心さを兼ね備えています。
Teacher Melodyは論理的にスピーキングを教えてくれました。私の考えをどのように組み立てて伝えるかを学びました。ありがとうございました。

バギオは質の高い学生が集まるので、英語を学ぶ環境として良い場所です。ほとんどの生徒がハイレベルの英語を身につけています。そのうえ、自己学習をしっかり行う方ばかりなので、私もモチベーションを維持することが出来ました。

モチベーションを維持することと単語を覚えること(ボキャブラリーを増やすことで、CNS2での学習がより効果的なものになります。)

留学を成功させるためには、自主学習がとても重要です。講師は助けてくれますが、そこで止まってはいけません。英語のスキルを習得するためには、他の人よりもたくさん勉強しないといけません。信用できる友達を作ることで、あなたの勉強を励ましてくれます。加えて、留学生活では様々なことが起こります。その時は必ず自分の意見を主張してください。そうしないと何も変えることはできません。

MONOL – Regular ESL / IELTS コース

[学校]MONOL
[コース]Regular ESL
[期間]4週間
[名前]匿名

バギオは気候が良いと聞きました。暑い地域が苦手なのと、入り組んだ土地でありながら街として機能しているというところに興味があり、兄と一緒にきました。

授業や講師、同室の先生に対して不満は全くないです、むしろ良い人たちですね。授業中にわからない英単語を見つけたときに辞書を使っていいよと言ってくれて、こちらとしても非常に講師を受け入れやすいので助かりました。

モノルでの生活は英語を学ぶ場所としていろいろなものが充実していると思います。ルームティーチャーや同室の留学生は宿題の分からない問題を教えてくれて、授業ではその日の課題の話題に冗談や雑談で例文を使ってくれて笑いの絶えないものでした。そのおかげでこちらもより勉学に励もうという意識になりました。宿題自体も少なくなく多くなく、簡単すぎず難しすぎずといった生徒のレベルに合わせてくれています。土日は外に出かけられてよりいろいろな英語を聞けたのでためになりました。

MONOL - Regular ESL コース


[学校] MONOL
[期間] 4週間
[コース] IELTS
[名前] 匿名

両親の勧めでMONOLに留学することになりました。

グループ授業は進みがよく、教材を最後まで理解することができました。マンツーマン授業も一問ずつ丁寧に指導をしてくれました。
フィリピン人講師は生徒に対して友好的で話しやすく、どのクラスも雰囲気がとてもよかったです。わからないところがあれば時間をかけて理解できるまで説明をしてくれました。

講師の発音は聞き取りやすく話してくれて理解しやすく、僕の小さなミス(発音・文法)も無視せず、ひとつひとつ指摘してくれました。

部屋自体は特に問題なく生活できましたが、冷蔵庫が4人で使用するには小さかったです。Wi-Fiが弱く、4人部屋だと物足りなく感じました。僕は未成年(17歳)ということもあって仕方のないことだけど、18歳未満の外出制限で休日しか外出できなかったのが厳しかったです。

学校では問題なく快適に過ごすことができ、どの授業にも集中できる環境が整っていました。施設もWi-Fi以外は大した問題なく、ルームティーチャーもルームメイトもフレンドリーで、外出に同伴してくれたり色々な場面で手助けしてくれました。英語力は特にスピーキングがとても上達したと感じます。ライティングはグラフの読み取り方や文法、リーディング・リスニングは単語や文の言い換えを習うことができ、以前よりも英語力が伸びました。

MONOL - IELTS コース

WE Academy – 学生体験 ESL Dコース

[学校] We Academy
[期間] 5ヶ月
[コース] ESL Dコース(マンツーマン6時間. グループクラス2時間)
[名前] Kevin

Q1. 簡単な自己紹介をお願いします。

私は日本人、大学4年生の紅林祥です。大学の単位を全て取ってからここに来ました。

Q2. 英語を勉強している理由はなんですか?

カナダでワーホリをする為に英語を勉強しています。最終的には世界一周したいと考えています。

Q3. ここに来る以前はどの位英語を勉強していましたか?

実は大学では英語を一切勉強しておらず、むしろ避けていました。なので、中学3年間と高校3年間の計6年間、英語に携わっていた事になります。当時から英語に対する苦手意識は強く、成績は常に最下位でした。

Q4. 自分の英語のスキルは伸びたと実感していますか?

はい!ここにきて自分の中で成長を感じている点は、自分の喋りたい事を相手に的確に伝えられる様になったという事です。ここへくる以前はひたすら“YES”か“NO”あるいは一つや二つの単語を使ってしかとれなかったコミュニケーションが、今では名詞節、形容詞節、副詞節を使った長く複雑な文が作れるようになりました。

Q5. 留学するにあったて勉強のスケジュールはたてましたか?

はい、最初の3か月はひたすら基礎を固めました。1日8コマあってので、勉強量に関しては申し分なかったです。そして最後の2か月はIELTSやTOEICに焦点を当てて勉強しました。この二つは模擬テストを隔週で受けることができ、点数も出るので非常に良い動機づけになりました。

Q6. イロイロ市に関してどう思いますか?またここでの留学を検討している人にお勧めできますか?

都市過ぎず、田舎過ぎず、治安に関してはとても良いと感じています。また近くにギマラス島というプライベートビーチが沢山ある小さな島や、SMシティー、ガイサノモール、ロビンソンモールなど大きなモールが点在しているので息抜きも出来ます。

Q7. 現地の人とは普段コミュニケーションをとれていますか?

彼らは基本的に英語を喋れるので(若ければ若いほど)英語を実践的に使うことのできる良い機会でした。彼らは日本人も中国人も、全員韓国人だと思っているので“アンニョン!”(こんにちは!)と言われても怒らないで下さい!

Q8. 最後にWe Academyで留学を検討している方にメッセージをお願いします。

良い意味でも悪い意味でも、周りに勉強の邪魔になる娯楽がないので勉強にとても集中しやすいです。でももし来るなら1つや2つ新しい趣味を作ることをお勧めします。私は、ウクレレとズンバがこっちで新しい趣味になりました。また先生たちもとてもフレンドリーで恥ずかしがり屋の人でもすぐに打ち解けられると思います。食事は日本料理屋だけでなく、フレンチ、イタリアン、中華料理などバラエティーに富んだレストランが沢山あるので休日には友達と食事に出かける事もできます。

WE Academy - 学生体験 ESL Dコース

【CG Sparta】留学体験

【タイトル】CGへ留学して
【学校】CG Sparta校
【留学期間】8週間
【年齢】22歳
【性別】男性
【名前】HOWARD

Q1.CGはスパルタ学校ですが、実際イメージしていたスパルタとは何が違いましたか。

勉強時間やルールに関しては、勉強に集中できるという点において、非常に参考になった。
ただ一方で単語テスト後の自習に関しては、環境面として課題があると思う。個人的にはあの時間を有意義に使うことができたと考えているが、寝ている人もいるし、比較的自由な時間であったと考える。無理矢理勉強してものびないと思うし(そもそもしていない学生も多くいるが)、時間面でのスパルタは実践できていたが、その時間全てが質の高い環境では無かったと思う。

Q2.実際 CGに留学して良かったと思いますか?また、どのようによかったですか?

非常に良かった。そもそも費用対効果が高く、他の国とは異なりマンツーマンが多いという点は大きなメリットであり、同期間他国に留学した友人と比較しても、語学は上達したと思う。
また日本人の学生が少なく、また韓国人の優秀な学生とのコミュニケーションの場が日常的にあるので、生活の中でも英語を上達させることができたと思う。

Q3.また、実際セブに留学して どれぐらい英語が伸びたと実感しましたか?

TOEICの点数に関しては、入学前が730点、帰国後は850程度。ただそもそもの目的は数値的な向上を目指すことではなく、自分の頭にインプットされている単語・文法をいかにアウトプットとして文章にしていくかを目標にしていたので、その点は大きく向上したと思う。

Q4. セブでの留学がどのように役立ちましたか?

セブから帰国して2週間後、シンガポールにて約2週間、現地企業にてインターンシップに参加しました。基礎的なコミュニケーションに関しては問題を感じることはありませんでしたが、専門的な単語等に関しては、苦労しました。ただホームステイ先の家族やインターン先の上司からは、2ヶ月しか学んでいないとは思えないと言われたり、セブで英語を学んだことは大変役に立ったと考えています。

Q5.今後 CGにて語学留学をされようと思ってる方に 経験者によるアドバイスをするとしたら?

積極的におすすめをします。特に日本人にとっては、自分次第では英語しかない環境に身をおくことができるので非常に良い環境であると思います。しかし、基礎的な能力がかける生徒にとっては、マンツーマンで文法を学んだり、インプットに時間をさいたりしなければいけないのは無駄なので、日本である程度の勉強をしてから行くことをおすすめします。細かい点で言えば、ふりかけやみそ汁等を持参することをアドバイスとして最後に送りたいと思います。


【タイトル】1か月のCG生活を終えて
【学校】CG Sparta校
【名前】匿名

私は今回大学の夏季休暇を利用してセブ島留学に行くことを決めました。CGを留学先として選んだ理由はたくさんありますが、大きなものとしては、

などがあります。
実際にCGに入学してみて、①に関しては、マンツーマンでは自分のやりたい勉強にフォーカスして勉強することができたので大変満足しています。フィリピン人の先生も非常にフレンドリーで毎日楽しく勉強ができました。ただ、授業にテーマがないとただ先生とおしゃべりして終わってしまうということが時々ありました。スピーキングの練習とポジティブにとらえることもできますが、マンツーマンではあらかじめ自分が勉強したいことを明確にしておくことが大事だと感じました。

グループクラスは少人数なので、ほかの学生と仲良くなるのによい時間でした。ディベートのクラスをとっていたのですが、人数が少ないので発言を求められる機会も多く、最初は戸惑っていましたが、そのおかげで英語を話すことに対する抵抗はだいぶ少なくなったと思います。また、ほかの国から来た学生の意見には、その国の文化や考え方の違いがあって興味深かったです。
②に関しては、私の場合、ルームメイトが韓国人だったので日常生活の中でも常に英語を話す環境に置かれていました。日中の時間もEOPがあったので滞在中にできる限り英語を話すようにしていました。ただ、休日や食事の時間などは母国語を話すことができたのでちょうどいい具合に息抜きができていました。

休日にはいろいろなところに出かけることができました。カモテス、ボホール島、オスロブなどに旅行に行きましたが、どこも日本ではなかなかできない経験ができました。ショッピングモールもたくさんあり、よく出かけていました。ただ、リゾート以外の街中は発展途上国の雰囲気そのものだったので、テレビで見るようなきれいな島を想像しているとちょっと衝撃を受けそうな感じです。
今回、外国に旅行以外で生活するのは私にとって初めての経験でした。学校では英語だけでなく、貴重な海外の友達を作ることができました。オフィスでは日本語で丁寧に対応してくれたので、不便や不安を感じることもあまりなかったです。もちろん、フィリピンなので食事や設備等で最高とは言えないものも多くありましたが、それを補って余りあるぐらい楽しい貴重な時間を過ごせました。

学生体験 – Power Speaking 4

[学校] CELLA UNI
[コース] Power Speaking 4
[期間] 10週間
[名前] FURUKAWA HARUNA

私はCELLAでPower speaking4を10週間受講しました。私は現在大学4年生で就職活動はすでに終えました。大学3年生のうちに単位を全て取り終わり4年時は大学に通わなくてもいい状況でした。以前から3年のうちに単位を全て取り、4年は留学の資金をアルバイトで貯めフィリピン留学に行くという計画を立てていたので、セブ留学を決めました。まず留学先をフィリピンに決めた理由は他の国に比べ費用が安く、マンツーマンクラスが多いからです。以前オーストラリアに3週間短期留学をした経験があります。フィリピンとはまた違った雰囲気で忘れられない思い出です。しかし航空券や授業料が高くもう一度いくことはできないと思いました。また、今回は国よりも長期滞在がしたかったので、長期留学ができて比較的費用の安いフィリピンを選びました。その中でもCELLAを選んだ理由は、韓国人経営という点です。

オーストラリアに留学した際に、丁度春休みの期間でたくさんの日本人がクラスメイトにいました。そのため授業やホストファミリーとの会話以外は日本語を使っていました。今回の留学では海外の友達と時間を過ごしたいと思い韓国人経営で日本人生徒の少ないCELLA校を選びました。また私は大学で第2言語として韓国語を学んでおり、韓国語を話したり聞いたりする機会があればとも考えました。

CELLA校に来た初日からたくさんの友達を作ることができました。学校の寮は共同生活になり友達が作り易い環境でした。しかし、異なる国の方と暮らすことは様々なトラブルがおきたりストレスを感じてしまうのではないかと考えました。しかし、私のルームメイトは優しく、親しみやすくその不安はありませんでした。

また、私が望んだ海外の友人と過ごしたいという期待通りでした。部屋には日本人がいなかったのでコミュニケーションをする際は常に英語を使う環境だったのも良かったです。仲良くなった友人とは、今後旅行に行く約束もしました。

CELLAの授業について、常に先生との会話を楽しむことができました。特にマンツーマンクラスでは、テキストをもとに難しい内容の会話をするだけではなく、時にはフリートーキングで友達の話や悩み事などをし盛り上がることもありました。

毎日、先生との会話を楽しむために授業に行く!という感覚でした。マンツーマンクラスでは、自分がやりたいことを伝えることもできたので良かったです。

授業後は、時間があれば自習を行いました。ただ、私はスピーキング力を伸ばしたいと思っていたので積極的に外国の友人とショッピングやご飯、旅行に行き英語での会話を楽しみました。

学校の施設については、インターネット環境が良くなく不便だと感じたりもしましたがそれ以外の学校内や部屋に不便を感じたことは学校に相談することで改善してくださいました。

CELLA校で本当に良い思い出を作ることができました。CELLAを選んで良かったです。

CELLA Uni - Power Speaking

CELLA Uni - Power Speaking


[学校]CELLA UNI
[コース]Power Speaking4
[期間]12週間
[名前]KANAKO GOMI

私は、パワースピーキング4を三か月受講しました。マンツーマンとグループレッスンを4:4の割合で受講するコースなので1番バランスの取れている基本のコースです。

海外留学を思い立ったきっかけは、私の仲の良い友人が海外旅行に行ったり、海外留学経験があることです。友人の中には海外に住んでいる人もいて、その影響が大きかったです。また、仕事をしていた際に海外からの多くの旅行者を接客したり友人の家族が外国からの移住者だったりしているため、語学力を身に着けておきたいと思ったからです。

私が学校を選ぶときに1番重視したことは、日本人が割合少ない学校ということでした。日本人が多い場合は英語力が身に付きにくいと友人からアドバイスをもらったので、多国籍の生徒が多い学校を選びました。その他、学費・コース・環境も重視しました。CELLAの施設(Uniキャンパス)が新しいことや近くにモールがあることや週末に気分転換程度で海などに行くことができる立地環境が私にとって魅力的でした。

学校の先生については、コミュニケーションをよくとってくれる先生が多い印象でした。話しやすく相談もしやすいと思いました。個人的には、Laiza、Chammy、Abbyは話していて授業を楽しめる内容が多く、毎日楽しく授業を受けることができました。授業の内容に関しては、Maricelが話をしていて日本人と似た感覚があり、正確かつ細かいことまで教えてもらいました。

英語力に関しては、自己学習をしっかりしていたことと、仲良くなった友人が韓国人であったため、授業以外でも英語を話す機会が多く、そのことが一番英語力のアップに繋がりました。

生活面では、渡航前に想像していたより過ごしやすい環境でした。寮は4人部屋での共同生活だったのでコミュニケーションやスキンシップが大切だと思います。

留学生活全体を通して思ったことは、想像していたよりも食事が美味しかったこと、安全がしっかり確保されていたことです。フィリピンでの生活についてオリエンテーション時に色々と注意喚起してくれたので助かりかりました。(狂犬病や地元の人とのコミュニケーションで注意する箇所をしっかり教わりました)。留学前は、様々なトラブルを想像していましたので、安全に生活できる環境が整っていたことは嬉しかったです。でも、日本食とお風呂が恋しかったです。

今後は、CELLAで身に着けた英語力を日本での職探しに繋げていきたいと思っています。多国籍の生徒が多くアットホームなCELLAは、英語を身に着けたい、挑戦してみたいという方にはとってもお勧めです。

CELLA Uni - Power Speaking

フィルイングリッシュで
最新のフィリピン留学情報を
ご確認ください!

Facebook

Youtube