コロナに関する最新情報とフィリピン留学学習日程に関してはこちらを!

スパルタとセミスパルタどちらが人気?

今回は、多くのお客様からお問い合わせのある内容を記事にしたいと思います!

セミスパルタとスパルタどちらが良いのか?どちらが人気なのか?という質問を頂きますが、それは実際に留学する方の学習スタイルや目的・期間によるので一概に返答するのが難しいところです…

では実際あなたにはどちらのスタイルが適しているのでしょうか?プログラムの違いについてご紹介致します!

セミスパルタ スパルタ
基本的な違い ・平日外出が自由(門限あり)
・正規授業以外のオプションは任意参加
・月~木曜日は外出禁止
・学校ルール(ペナルティ)が厳しい
雰囲気 比較的自由で出席と門限以外は自律性を尊重する 厳しい規定や強制事項がセミスパルタに比べ多く学習量も多めで生活に制限が掛けられる
授業 ・正規授業6~7時間
・オプションクラス1~2時間(任意)
・正規授業7~9時間
・正規授業以外にテスト・自習・オプションクラスなどの参加が義務
対象 ・スピーキング中心で学習したい方
・長期の方
・学習量少な目、または多めでもいいが自分の自由時間や復習できる時間も重要視する方
・短期間で基礎をしっかりと身に着けたい方
・学校の規定に沿って強制的に学習に取り組むような体制が整っている方が良い方
・本気で学習だけに集中したい方
留学期間 制限なし。長期の方におすすめ 16週以下の方。長期の方は学校変更を推奨
サービス 教師の変更や要求事項への処理が速い 教師変更は週に1回セミスパルタに比べ規定が多いため多少処理も遅れる
共通事項 校内での飲酒・異性の部屋へ立ち入る・門限破り・授業無断欠席などはペナルティ対象
その他 学費の返金に関してはスパルタ / セミスパルタの違いはない

セミスパルタとスパルタと言ってもその内容は学校の運営によって更に細分化されます。

スパルタ校①:典型的なスパルタで、平日外出不可のうえ、正規授業以外に単語テストやエッセイ提出、自習やオプションクラスの参加義務など学習量が多い【参考学校:CGスパルタ,SMEAGスパルタ】

スパルタ校②:平日外出不可だが上記のような強制事項が少なく正規授業後の自由時間が多く確保できる【参考学校:CPI,PINES】

セミスパルタ校①:平日外出可能だが正規授業以外に単語テストや義務自習があったり課題が多く出されたりと1日のスケジュールがタイトだが夕食以降は自由【参考学校:CIA,MONOL】

セミスパルタ校②:平日外出可能で正規授業以外は強制事項がなく自由【参考学校:CELLAUNI, CIP】

 

大きく分けると以上のように区分されます。個人個人によって学習スタイルは様々であり、『平日も外出したいけど学習量は多めにしっかりしたい』という方や、『スパルタが良いけどテストや提出物が多すぎると復習に時間をかけれなそう…』という方など様々なお客様のスタイルに合わせて同じスパルタとセミスパルタの学校の中でも選定は変わります。

 

☝フィリピン留学はスパルタ・セミスパルタ以外に【自律型】のタイプもあります!

上記のように全ては学生の自律性を尊重し何をしてもOKな学校もあります。学校の学習雰囲気作りの維持が難しく、学業の成果があまり出ないなどの理由によりQQなど一部の学校ではセミスパルタへ運営方式を変更しました。

ゆっくり休暇メインで留学を楽しみたい方やカップルで留学を考えている方には適していますが、学業を重視する方には不向きだと言えます。

スパルタとセミスパルタどちらが人気? | One on One Class

学費の違いは?
結論から言うと二つのタイプの学費の差はほとんどありません。

学費は地域・施設・認知度などで決定され、スパルタとセミスパルタでは左右されません。例えばセブエリアはバギオやバコロドなど他の地域に比べて平均的に学費が高いです。また、人気がある学校や施設が優れている学校の学費も平均以上です。

※いくつかの学校では高額なマーケティングでお客様の心理を利用しようとする傾向もあるので【学費が高い=良い学校】と認識しないようご注意ください。

大まかな内容ですが、通常はスパルタ校の方が授業数が2~3時間多いです。しかし学費がほぼ変わらないのはなぜでしょうか?その理由はグループレッスンの学生数がとマンツーマンの授業数が関係します。

スパルタ校ですと1人の教師に4~10人の学生に対し、セミスパルタですと2~8人が割り当てられます。また、マンツーマンの数がスパルタは全体の授業数の5~6割に対し、セミスパルタは6~8割を占めます。その分スパルタでは、グループ授業が多いことと1つのクラスに対する学生数が多いことから、全体的な授業数が多くても人件費が掛かりすぎていないため費用はセミスパルタとあまり変わらないということが分かります。

ちなみに上記のことからスピーキングに特化したい方がマンツーマン多めのセミスパルタを選択する理由ともなります。

スパルタ校でもグループ授業の学生の割り当て人数が少ない学校もあります。バギオのPINES・HELP、セブのEV・CGスパルタなどは4~5人の小グループで編成しています。ただその分他のスパルタ校に比べると学費も比較的上がります。

EV Hall Way

One on One Class

スパルタ校は規則に縛られ自律性は全く尊重されないのか?
10年前はほとんどのスパルタ校では『学校の規定に違反する者は即時退校』という措置があり、いくつかの学校ではこれを濫用していました。しかし、2020年現在では学校も考えを改め、よほどの秩序を乱す行動以外は、管理者が学生とちゃんと今後について話し合い本来の学習の目的へ軌道修正します。

最近では強度の高いスパルタを希望する方も減ってきており、セブのスパルタで代表的なEVやCPILSでも大幅なプログラムの改変を行ないテストやペナルティなど以前に比べ強度は緩和されました。バギオのPINESやHELPも学生の心理を反映し変化しております。

結論として2020年現在ではスパルタ校の規定はそれほど厳しくないです。ルールや学習量は多いですが、ちゃんと授業に出席し通常の生活をしていれば規則に縛られているという感じではなくスパルタ校でも適応できるでしょう。

スパルタ校に興味があるけど不安な方へ
スパルタ校でも強度が低い学校であるCPIやHELPクラーク校、または留学中にスパルタからセミスパルタに変更が可能なEV・TALK・CNNなどご参考ください!

スパルタとセミスパルタどちらが人気?

現地費用を節約するにはどちらが良い?
現地での支出に関しては平日外出可能なセミスパルタの学生の方が高い傾向です。特にセブ地域だと学校からどこに行くにもアクセスしやすいため、ショッピングモールやカフェ・レストランなど気軽に行きがちです。他の地域であればナイトライフ関連のお店が少なく物価も安いためセミスパルタ校でも支出は抑えることが可能です。

結果的に月のお小遣い平均は、セミスパルタ校の学生で月3~4万円、スパルタ校の学生ですと2~3万円の利用額で差が出ます。詳しくは以下をご覧ください。

関連記事

部屋にセーフティーボックスはありますか?

学校によって異なりますが、設置する学校が増えています。

EVCPICIJスパルタの学校は以前から設置されており、サイズは折り畳みの財布が入るくらいの大きさで、財布や現金のみの保管となります

最近では寮の廊下に監視カメラを設置し、部屋への立ち入りを厳重に管理してます。その為、寮内での盗難事件等は減っており、安心して過ごせるようになりました。

寮内にセーフティーボックスの設置がない場合は、マネージャーや学校オフィスに管理を依頼することも可能です。

部屋にセーフティーボックスはありますか? | Phil English

ルームメイトの割り当ては選べる?

お客様からよく「外国人の方と部屋を一緒にしてください」と要望を頂きます。
海外で生活をするから、部屋でも英語が使える環境にしたい気持ちはわかります。
そんな方々のために、フィリピン語学の部屋割りルールについて紹介いたします。
フィリピン留学では、寮生活をしながら英語を学びます。毎日語りあったり一緒に外出したり、ルームメイトが留学の充実度を左右すると言っても過言ではありません。
フィリピンの語学学校の寮は、1人部屋から6人部屋まであります。学校によっては最大3名までだったりします。学校側は原則として、異なる国籍者をルームメイトとして割り当てます。また、年齢も近い方同士がなるように配慮しています。

国籍割振りの概要

  • 2人部屋:それぞれ異なる国籍
  • 3~4人部屋:同じ国籍が最大2名
  • 6人部屋:同じ国籍最大3名

これは絶対ではありませんが、2018年から学校側が上記のように合わせようとしています。

最近、フィリピン留学に来る生徒は日本、韓国、台湾、ベトナム、中国の方々です。モンゴルやヨーロッパ、ロシアなどの学生は極めて少ないのが現状です。また、日本人は以前に比べて少なくなっており、日本資本学校以外の日本人の在籍率が25%を超える学校はほとんどありません。(セブ島の一部学校では、日本人の在籍率を35%維持)台湾や韓国国籍の学生の割合が最も高くなります。
もし、3~4人部屋を選択された場合は、台湾人、韓国人がルームメイトになる可能性が高いです。
ほとんどの留学生は、学校規則を守りルームメイトを尊重しながら生活をしています。トラブルなどはほとんど起こらないですが、万が一不愉快な思いをされた場合は弊社まで連絡をお願いします。その際、学校側と協議して部屋の変更などの処置をするように要望いたします。
また、事情により特定の国籍者とルームメイトを望まない場合、事前に相談して頂くと学校側と協議をさせていただきます。

その他以下の質問をよく頂きます。

  • 同じ年齢くらいの人と一緒にしてください!
  • 〇〇人と一緒にしてください!

学校へお客様のご希望はお伝えしますが、シーズンや空室状況により希望を叶えるのは難しいです。前述した通り、学校側も国籍の組み合わせが異なるよう努めてはいますが年齢まではコントロールするのが難しいのでご希望に沿えない可能性があります。

私たちは、皆さんの留学生活が充実したものになるようにできる限りのことをサポートいたします。悩みや要望がございましたらお気軽にご相談ください。

オプションクラスについて

フィリピンの語学学校で提供されている授業は、

大きく分けて正規授業とオプション授業があります。

正規授業は、マンツーマンや少人数で行われます。

オプション授業は無料で行われ、またクラス分けがなく集団で講義を受けます。

今回は、オプションクラスについて詳しく説明します。

オプションクラスの歴史

2000年の初めに、正規の授業に真面目に取り組む学生へのボーナスとして

授業を無料で提供したのが始まりです。現在でも「無料提供」は変わっておらず、

英語レベルによってクラス分けをしたり、出席の確認などもありません。

あくまで、学校が無料で開講している授業なので、場合によっては開かれないこともあります。

参加資格

特にありません。参加したい気持ちがあれば、可能です。

授業時間

正規授業を開始する前の午前7時~午前9時、正規授業が終了した午後5時~午後8時

授業内容

リスニング、英文法、語彙など受講生が多くても問題ない内容となります。

おおよその人数としては15~20人程度。

授業は8週間単位で行われ、各クルーごとに新しい科目が始まります。

そのため、クルーの途中から参加することはできません。

例えば、5月1日からTOEIC&IELTS Vocabulary授業が行われた場合、

5月15日に入学した生徒は参加することはできません。

一風変わったオプションクラスを開講している学校もあります。

料理教室やギター、スキューバダイビングなど、

少人数で学生が楽しみながら英語を学べる場を提供しています。

講師

学校の人気のある講師が行います。

オプション授業の補講

通常はありません。

セブの語学学校では、祝日でもオプション授業が行われます。

注意点

オプション授業は、クラス分けテストがないため英語初級から上級まで

同じ授業を受けることになります。授業の難易度が合わない可能性もあります。

強制参加ではないので、出欠確認はありません。

授業へ参加する強い意志が必要になります。

最後に、オプション授業は正規授業の補助的な授業なので、

オプション授業をみて学校を選択することはおすすめしません。

オプション授業へ参加される場合は、強い学習意欲をもって取り組んでください。

学校へ直接学費を支払う方法について

個人的な事情により、学校に直接学費を納入希望される方がいらっしゃいます。

学費を学校へ納入する方法は2つあります。

①海外送金を利用して、学校の口座に直接送金する方法

②入学後、学校の事務所に直接現金で支払いをする方法

弊社で学校を決定後、直接学校へ学費を納めることができます。
ただし、その場合にはいくつかの注意点があります。

  1. 弊社の割引やキャンペーンが適応されず、パンフレットに載っている正規の授業料を支払う

  2. 学校によっては、事務所での支払いができないこともある。また支払える場合は、弊社に支払いスケジュールを報告。ドルまたは円での支払いは、当日の為替で金額が変動することがある。

※フィリピン留学学校の半数以上が、入学2週間前までに学費の振り込みを要求します。学校側としても、入学直前にキャンセルされた場合の被害を最小限に抑えたいと考えているからです。複数の学校では、入金が確認できないと入学許可書を発行しないこともあります。

学校へ直接支払いたいとご検討されている方は、いつでもお問い合わせください。細かく説明させていただきます。

最後に、フィルイングリッシュ(PHIL ENGLISH)では、業界初の学費後払い制度を実施しています。お客様の学費を弊社が立て替えて学校へ支払い、入学後に弊社へ学費の支払いを行います。学費納入から入学まで期間が空いていて不安という方におすすめです。後払い制度に関しては、以下からご覧ください。

https://phil-english.com/news/payment/

ジュニア留学 ~何歳から入学できますか?~

小さな子供を抱える親御さんは、幼い時から様々な経験をさせたいと考えているかもしれません。
留学もその1つ。そこで、今回はジュニア留学の年齢についてご紹介いたします。
まず、ジュニア留学とは、15歳以下の子供が留学することを意味します。
フィリピンのジュニア留学は大きく分けて3種類。
親子留学(family course)、ジュニア単独留学(junior solo)、英語キャンプ(English camp)
各コースの入学年齢は以下の通りです。

コース 内容 入学年齢 留学期間 開始日
親子留学 保護者同伴の留学 7歳~15歳 1週間~8週間 毎週入学可能
ジュニア単独留学 子どもが1人で留学 13歳~15歳 1週間~長期 毎週入学可能
英語キャンプ 長期休暇を利用して各学校で開催 7歳~15歳 4週間、6週間 6月,7月,12月

指定日入学

注意点

  • いくつかの語学学校では、ジュニア単独留学の受け入れを12歳から行っています。ただ、おすすめはしません。
  • ジュニア単独留学の入学時に、保護者が学校まで付き添うことができます。その場合、1日~3日ほど学校の寮で 滞在ができます。学校の寮利用については、学校によって異なりますので、弊社までお問い合わせください。
  • 7歳未満の親子留学の場合、学校側の同意が必要となります。年齢が若い場合、長時間授業を聞くことができないので、別途費用が掛かります。
  • 親子留学は、6月、7月、12月、1月に行われます。特に6月、7月は入学希望者が殺到するため、入学人数を制限いたします。6月、7月に親子留学を希望する方は、5~6ヶ月前に入学申請をおすすめします。

ジュニア留学 安全管理について

ジュニア留学とは、15歳以下の子供の留学を指します。ほとんどの学校では、16歳から大人コースに参加できます。(学校によって、17歳以上のところもあります。)
ジュニア留学は大きく分けて3つの種類。保護者が同伴する「親子留学(family course)」、子供が1人で留学する「ジュニア単独留学(Junior solo)」、長期休暇に開催される「英語キャンプ(English Camp)」があります。ジュニア単独留学と英語キャンプでは、子供たちの安全管理等は学校が行います。

学校ごとに違いはありますが、安全管理の大まかな概要です。

 

平日:月曜日~金曜日

起床から就寝までの生活全般を管理します。授業の出席、態度、課題提出などを確認し、問題がある場合には、保護者またはエージェント(当社)に連絡します。
また、食事をしっかり取れているか、他の学生と仲良くやっているかなども見ています。学校マネージャー、講師、プールなどの安全管理員などの学校関係者は、子供たちの行動を常に監視しています。

  • lジュニア単独留学の場合は、管理費用として別途かかる場合があります。(学校によって費用は異なります)
  • l 親子同伴の留学の場合は、子供の管理は保護者が行います。 l 平日外出がないスパルタ学校でも、親子留学の場合は外出可能です。

 

土曜日、日曜日、祝日

金曜日の夜から日曜日(祝日)の夕方まで外出ができます。ただし、学校の承認を得てからの外出となります。 また、14歳以上であれば、他の学生と外出が可能で、13歳以下は、現地マネージャーなどの管理者と一緒に外出となります。

  • lジュニア単独留学は、保護者が外出に同意しないと学校から外へ出ることはできません。
  • l週末、祝日ともに学校には、管理者が勤務しています。

 

その他

  • l フィリピン到着空港出迎えから帰国時の空港出迎えまで、学校が担当します。
  • l 万が一病気になった場合は、病院へ搬送し医療処置を受けることができます。
  • l英語キャンプの場合は、当社スタッフが一緒に学校に滞在し、生活や学習管理を行います。
  • l保護者との電話は、放課後6時 ~8時頃に行う。(保護者からの要望があれば、いつでも通話はできます。) l 緊急の問題などが発生した場合は、当社がすぐに保護者と連絡を取ります。

学校が倒産した時の保証はありますか?

学校が倒産した時の保証はありますか

フィリピン語学学校が破産の時には、留学エージェントであれば、お客様に対し残りの留学期間の全額の学費を返金をする必要があります。ただし、航空券問題や個人のスケジュールなどの理由で他の語学学校に転校を希望する場合は、すぐにご案内する責任があります。

実際弊社でも、過去5年間の間で語学学校が倒産したケースがあり、該当するお客様には、お客様が望まれる方向でご案内させて頂きました。

加えて、語学学校が倒産したケースとは別に、財政上の問題よる労働デモや治安上の不安に対して外務省による避難勧告が発令された場合にも、フィルイングリッシュは自主的に残額の学費全額返金規定を用意しております。

フィリピン留学では、お客様の海外渡航に対する不安を少しでも取り除き、実際にトラブルが発生した際には「幅広いサポートと保証」を行うということがフィルイングリッシュが掲げる顧客サービス理念です。

フィルイングリッシュ独自の安心サポート制度の詳細については、下記のURLをご参考にしてください。

>>>フィルイングリッシュの安心サポート制度

近年、噂になるダバオの治安について

近年、噂になるダバオの治安について

最近になり、よく耳にするダバオの治安についてですが、実際にはどうなのか?お客様からの多く寄せられるお問い合わせに弊社、フィルイングリッシュがお答えさせて頂きます。

1  現在のダバオは厳しい管理体制と警備のもと、緊張感ある雰囲気で市民は暮らしているのでしょうか?
 それとも去年と変わりはないのでしょうか?
A.  実際のところ、昨年といたって変わったところはございません。市民の皆さんも変わりなく生活していらっしゃいます。夜間でも問題なくお出かけやショッピングをしております。ただし、以前と比べて、空港・役所・ショッピングモールなどでの警備は強化して行っています。

2  外国人によるダバオへの出入国の自粛の動きは増えてますか?
A.   日本人のダバオへの入国はとても少なくなりました。統計結果では昨年と比べて50%も減少したとの結果並びに、留学予定の方のキャンセル率も高くなりました。ただ、ダバオの実情を知られている留学経験者の方の中で再度留学をされる方もいらっしゃいますのでダバオに行かれること自体に不安はございません。

3  今、ダバオの危険は高くなっていますか?それとも変わりないですか?
A. ダバオの危険については断言する事は出来ません。今お伝えできる事は、前と変わらない日常が続いているとのことです。

4  万が一ダバオ留学中に退避勧告が出た場合、支払った授業料はどうなりますか?
A. 日本大使館より退避勧告がだた場合、学校の対応に関わらず、弊社が残りの期間の授業料を全額返金する事を保証します。
現時点でお伝えできますことは、以前と変わらない生活がダバオでは続いているという事です。ただし、ニュースなどで流れる過激派組織による活動には懸念と心配があるのは事実です。

英語スクールCGの紹介はこちら

フィリピン ダバオ留学でおすすめの語学学校 フィリピン ダバオ留学でおすすめの語学学校 

フィリピンの真珠と呼ばれるダバオは、マニラ、セブ島に続き、フ ィリピン地域で3番目に大きい都市で、フィリピンの商業の中心と 言われています。誰でも一度ダバオに行けば移住したいという気持 ちになるというほど、澄んだ空気と水があります。また温暖な気候と程良い雨量に恵まれているため、ドリアンなど多 くのフルーツの産地としても有名です。ダバオにある英語学校は定 員50~100人ほどの小規模運営です。

>>>ダバオ留学オススメ語学学校一覧

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor