留学前のキャンセル費用は ?

留学前のキャンセル費用は ?

原則的に学校の返金規定に沿ってキャンセル料は発生します。
ほとんどの学校では、入学予定日の30日前までのキャンセル申請であればペナルティは発生しません。すでに授業料をお支払いいただいていた場合でも100%払い戻し致します。

30日を割るとペナルティとして入学金(約13,000円)は返金不可となります。その他学校によって返金規定は異なりますが、大体2週間を割ると授業料の1・2週間分 + 入学金がペナルティとなります。もちろん授業料をまだ支払っていない場合でもこちらのペナルティは支払っていただくこととなります。

また、中には入学希望日の1カ月前に急いで学校を決め、登録したにもかかわらず結局予定が合わなかったなどの理由でギリギリにキャンセルするケースもあります。バタバタと決めてお客様に最も適した学校に行けず後悔したりスケジュールが合わないということもありますので学校選定と登録は余裕を持って行うようにしてください。キャンセルの可能性がある方は相談の時点で学校の返金規定を確認しておきましょう。

 

留学期間中の期間変更と費用について

留学期間中の期間変更と費用について

期間延長と支払いはエージェントを通して行ないます。延長の際は弊社にご通知ください。同じ部屋が使えない可能性や空室がなくなることも想定されますのでご決断後なるべく早くご連絡くださいませ。延長費は通知頂いてから1週間以内にお支払いいただきます(ギリギリに申請の方は延長期間に入るまでにはお支払い頂きます)現地での期間延長はエージェント割引ができない旨ご了承ください。また、延長の場合は長期割引は適用されません。
お客様から期間変更の通知を頂きましたら学校の返金規定に基づき返金額をお知らせいたします。学校により留学後の返金規定は異なりますが、基本通知頂いてからの残期間に基づいて算出されます。残期間が4週間を割っている場合はほとんどの学校では返金はありませんのでご注意ください。留学前から変更の可能性がある方、または長期の方はカウンセラーに相談の時点でキャンセル規定をご確認ください。

 

留学開始日や期間の変更はいつまで可能?

留学開始日や期間の変更はいつまで可能?

一部の学校を除いて基本的に開始日変更はいつまでという規定はないのでいつでも可能です。変更に伴う手数料も発生することもありません(キャンセルの場合は異なるので、予定が未確定の方は事前にキャンセル規定をカウンセラーまでご確認ください)

ただし、希望としましては変更したい場合は開始日の4週間以上前までに申請をして頂くようお願いいたします。ぎりぎりでも可能ではありますが、それはまず空室があることが前提です。ぎりぎりになるほど空室も埋まり、ご希望の部屋タイプだけでなくそもそものご希望プランの期間滞在することができなくなる可能性が高いです。もちろん航空券も高くなります。

また、ぎりぎりの変更ですと学校も他の学生様の受け入れが難しくなったり、入学許可書やピックアップの再手配などバタバタ行なうこととなります。
お互いに余裕が持てるようなるべく早めの申請をお願いいたします。

▼関連記事

》》留学前のキャンセル費用は?

》》留学期間中の期間変更と費用について

 

学費の支払いはいつまでですか?

学費の支払いはいつまでですか?

授業料の支払いに関しては、原則、登録いただいた後入学許可書が発行されてから1週間以内と弊社では定めております(入学許可書は登録後3日以内には発行されます)
もちろん絶対ではないので、相談いただければ変更いたします。期日より遅れてもキャンセルになるということはございません。ただし希望入学日前にぎりぎり登録された方は出国までに急いで入金して頂く必要がございますので、日付に余裕を持って登録されることをおすすめします。

また、『今は海外にいるから今すぐ支払えない』『早く登録したいけど入学日はまだ先だから入金はギリギリにしたい』などの様々な要望にお応えして、弊社では入学後3日以内までにお支払い頂く【学費後払い制度】を設けております。

お客様のご都合に合わせて臨機応変に対応致しますのでお気軽にご相談くださいませ。


》》学費後払い制度についてはこちら

フィリピン留学の洗濯サービスについて

フィリピン留学の特徴は、 授業料と生活費がセットでの料金になっていること。
授業料の中には、食事、清掃、 洗濯などのサービス費用も含まれています。
(欧米圏の留学では、授業料だけで、 食事や宿泊費などは別途払わなければいけない。)
そのため、学生は時間を有効に使うことができ、 勉強に集中することができます。

今回は、洗濯サービスについて詳しく説明いたします。

洗濯は基本的に無料です。
通常週2回、指定された場所に洗濯物を出せば、 翌日または2日後に乾燥した状態で戻ってきます。
洗濯の状況は良く、語学学校へ苦情などは入っていないそうです。
ここで一つ注意点があります。

注意点

  • 洗濯物の量が一定基準を超えると有料になる

(6~7㎏超えると費用を請求する学校がいくつかあります。)

 

洗濯サービスが有料の学校もあります。
2018年から『セブ ブルーオーシャン』『CELLA』『PINES』『CEGAなどが、
洗濯設備を改装したタイミングで有料へ移行しました。
洗濯を依頼するときに約100ペソ(約200円)を支払い、 乾燥まで行ってくれます。
※ 傾向として2019年~2020年にかけて、 洗濯サービスを有料に切り替える学校が増える可能性があります。

もう一点重要な情報として、色移りや縮みやすい生地の物、 高価な服は洗濯に出す事をおすすめしません。
学校へ入学するときに署名する「留学生活約定書」には、「 洗濯サービスで服が破損しても、学校は責任を負わない」 という項目があります。
洗濯に出してダメージを受ける事は極めてまれですが、 万が一の時に弁償はしてくれません。
大切な洋服は、個人で洗濯して頂くことをおすすめします。( 学校によって洗濯機が設置されていない場合もあります。)

直接学校に現金で支払う事は出来ますか?

現在、オーストラリア滞在中です。オーストラリアから直接、フィリピンの語学学校に行く予定ですが、学費を現金で直接支払いたいと思います。オーストラリアドル(AUD)で直接入金してもいいでしょうか?

現金で直接学費を支払うことはいくつかのフィリピン語学学校で可能で、実際には、約80%語学学校で直払いができます!また、オーストラリア、カナダ、米ドルなどの貨幣の種類に関係なく現金でのお支払いを受け入れています。ただし、支払いの前に学校側に連絡して為替レートを確認してもらう作業が必要となります。

反対に約20%の語学学校は、現金で直接学費を支払うことを受け入れておりません。2国籍以上の資本で運営している語学学校や株式会社経営のプライベートスクールがそうです。代表例としては、セブ島のSMEAG、CPIが当てはまります。 これらの語学学校は、学費入金の信用性とエージェントととの契約の維持のために、登録されたエージェントの口座を通してのみ学費の支払いを受け入れています。そのため、直払いを希望する場合はご留学予定の語学学校で受け入れているかどうかをカウンセラーに事前に確認してください。

弊社、フィルイングリッシュでは、お客様からの学費のお支払い方法として、上記の他に [学費後払い制度]も行っております。もし海外滞在しながらフィリピン留学を検討されるお客様は、留学費用の支払いの猶予期間の延長もすることも選択肢の1つとしてあります。詳細については弊社カウンセラーまでお問い合わせください。

>>>学費後払い制度の詳細を見る

航空券と旅行者保険について

日本国パスポート

語学学校から入学許可書が発行されましたら

フィリピン行きの航空券、旅行者保険の加入に進みます。

航空券手配の際には、語学学校の指定ピックアップ日(入寮日)及び退寮日に合わせて購入する必要があります。

旅行者保険は義務ではありませんが、渡航前の加入を強くおすすめしております。

>>>出入国・航空券に関する質問まとめ

>>>フィリピン留学に行くときの保険について

両方の手続きはお客様ご自身での手配もしくはフィルイングリッシュ提携代理店への依頼が可能です。

以下の情報を提携代理店「CAN TOUR(キャンツアー)」にお送りすることで、お見積り発行及び代行お手続きが可能です。


航空券及び旅行者保険の代行担当


  • 営業所名:CAN TOUR(キャンツアー)
  • 担当:青木克洋(海外旅行営業部 総合旅行業務取扱管理者)
  • E-mail:aoki@cantour.co.jp

送付が必要なお客様情報


  1. お名前:
  2. ローマ字(パスポート通り):
  3. 性別:
  4. 生年月日:
  5. お電話番号:
  6. Email:
  7. 住所:
  8. 出国・帰国日:
  9. ご利用空港:
  10. その他の希望事項など:

※航空券はLCCを含む航空会社から最適最安値のものをご案内致します。

※旅行者保険は、3か月以内の留学の場合は格安TRAVEL SAFETY PLAN、その他メジャーな保険会社を合わせてご紹介致します。

※ご希望の航空会社、保険会社がございましたらお気軽にお申し付けください。ない場合は、担当の者より最適なものを選定させて頂きます。

留学期間の延長を考えていますが、学校事務所に直接言うのでしょうか。

cebu_genius_school_students

現地で留学期間の延長を考えているのですが、学校事務所に直接言うのでしょうか。
また、手持ちのお金で延長分の授業料を支払えないのですが、帰国してからの支払いは可能でしょうか。

【お手続きについて】

留学生活に満足され、留学期間の延長をご検討頂き誠にありがとうございます。延長の手続きは学校事務所または弊社までお知らせ下さいませ。

留学期間の延長手続きは、新規申し込みと同様、一切の手数料など発生致しません。なお、下記事項のご確認を頂ければ延長分の御見積書を発行させて頂きます。

■延長希望期間(週単位)
■部屋タイプ
■ご希望のコース

【お支払について】

フィリピン滞在の理由で日本円の学費お支払が難しい場合、弊社後払い制度のご利用が可能です。

弊社後払い制度ご利用は、お客様の留学費用を弊社が一時的に建て替えるものです。
延長分のお支払は留学終了後、1週間以内に弊社指定口座までお願いしております。

本サービスご利用に関しては弊社カウンセラーが詳細をご案内致しますので【オンライン相談】までお問合せ下さい。

15歳未満の方の留学に必要なWEG申請について

clark_aelc_junior04

フィリピン国籍以外の15歳未満の未成年者は、有効な査証を有しても、単独または親(離婚している場合は親権者)の付き添い無しにフィリピンへ渡航する場合、Waiver of Exclusion Ground(WEG)が必要です。

フィリピン到着時、入国管理局に「扶養・保証に関する同意宣誓供述書 (Affidavit of Support and Guarantee with Consent) を提出し、WEG申請を行います。

これを申請するにあたり、上記の未成年者の父母または親権を持つ方は、未成年者の単独渡航、もしくは同行者との渡航、その他に滞在先を記した、同意宣誓供述書をフィリピン大使館にて申請して下さい。

フィリピン入国管理局は現在、一人あたり3,120ペソのWEG申請料を徴収しています。

15歳未満の未成年者のフィリピン単身渡航について

フィリピン大使館HP案内

http://tokyo.philembassy.net/ja/consular-section/services/visa/waiver-of-exclusion-ground-weg/

親子留学・ジュニア留学プラン親子留学・ジュニア留学プラン

近年、親子留学のお問い合わせ、そして実際に留学に行かれる方が増えています。
お子様一人で外国に留学に行かせることが心配で、親が一緒についていくというケースは以前にもありました。しかし、フィリピン親子留学の最大のメリットは、お子様だけでなく、ご両親も同じ時間帯に授業を受けることが可能という点です。子育てをしながら留学に行ける機会は殆どないのが現状です。お子様の英語学習だけではなく、ご両親の英語学習にも焦点をあてているのがフィリピン親子留学なのです。

>>>親子留学・ジュニア留学プランの詳細を見る

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijap@phil-english.com
Line : philengvictor