コロナウイルスに関するフィリピン政府と学校の最新情報を毎日更新中!

IELTS専門学校のCNS2 – マネージャーへ独占インタビューを敢行いたしました!

IELTS専門学校の CNS2

こんにちはフィルイングリッシュです。
CNS2はインターネット上で名前の知れた有名な学校ではありませんが、IELTS試験対策の専門学校として、特に教育面と講師のクオリティといった面で非常に高いレベルを誇っている学校です。

以下の質問は、お客様が疑問に思うであろう事柄、内容を長年培ってきた留学カウンセリングの経験から選びました。実際にはいくつかの質問の答えは弊社も把握しておりますが、学校側へ改めてお伺いいたしましたので、学校からの生の声として留学を検討されるすべての方の参考となれば幸いです。


qiestion     まず始めに、簡単な学校紹介をお願いします。

answer CNSⅡはフィリピンで初のIELTS専門の語学学校です。IELTSをどうすれば効率よく攻略できるのかといった、IELTSの分野で専門知識を蓄積してきたCNSⅡは、現在では名実共にフィリピンで最高のIELTS専門学校と呼ばれています。実際に、過去12年間もの間に沢山の留学生が希望する目標スコアを達成しており、これらの結果がCNSⅡを国内だけでなく、日本、中国、台湾そしてベトナムへとその名前を知らしめることに繋がりました。

IELTS専門学校のCNS2

CNS2は、教師の質が高いIELTS専門学校です。 特に、IELTSの講師はすば抜けています。

セブのIELTS専門学校であるSMEAGクラシック卒業生も、教師の質が非常に高いPINESチャピス校の卒業生もCNS2教師陣は最高の講師だと認めています。CNS2を選ぶほとんどの方がこの2つの理由からこの学校を選択しています。

qiestion CNS2のメリットとは?他校と比較してより優れている点を教えて下さい。

answer CNS2は50人ほどの定員で少数精鋭をモットーに運営しており、IELTS試験に集中できるよう学生一人一人が自身のレベルや得意不得意に合わせてオーダーメイドしながら勉強に取り組めるよう工夫しています。
また、キャリアの長い教師が多く在籍している点も強みです。

qiestion 運営されているコースはIELTS入門、IELTS A、IELTS B、IELTS C、IELTSスコア保証コースがあることと存じますが、最も人気のコースはどれですか?

answer 生徒がご自身の要望に応じて自由に科目を変更することができる、IELTS(A / B / C)コースを選択される割合が高いです。

qiestion 以前のCNS2はIELTS

answer 6.5以上の取得を望める、ハイレベルな生徒に特に定評があった学校ですが、人気になるにつれて現在は入学生のレベルが下がっていることと存じます。一般的に入学生の英語レベルはどのぐらいなのでしょうか?そして入学後にはどの程度平均的にスコアが向上していますか?
最近は英語圏の国への永住権を目的とした学生だけでなく、英語圏の国での留学を目的とした学生が多くなり、入学者のレベルは多様化しているのが現実です。入学生の英語のレベルは、IELTSスコアで4.0から7.0までの範囲が一番多いですが、スコアの低い学生の場合は4週間あたりで平均1.0スコアの改善が見込め、すでに高得点を所持する学生の場合は0.5〜1.0のスコア向上が一般的です。

qiestion 教師の方々の数と平均勤続年数を教えてもらえますか?

answer 教師の数は通常35〜40人で、平均5年以上のキャリアを持っております。その中でも10年以上のIELTS指導歴を持つベテランの先生が多数在籍しています。

qiestion 一日の正規授業が7時間。その後に特別授業が1時間と義務自習2時間でプログラムが構成されておりますが、朝から就寝までの一日のスケジュールを教えてもらえますか?より詳細に教えていただければ幸いです。

answer 一日のスケジュールは以下の通りです。

07:20〜07:30 リスニング
07:30〜07:50 朝食
08:30〜12:20 午前の授業(1:1&Group class)
12:20〜12:50 ランチ
13:30〜18:20 午後の授業(1:1 & Group Class)
18:20〜18:50 夕食
19:50〜22:20 義務自習
22:20〜 自習や就寝

qiestion IELTS Cコースの入学資格はTOEIC基準では550点前後、IELTSスコアで4.0だと存じますが、このスコアに満たない英語レベルの学生はIELTS入門コースを受講しなければならないのでしょうか?その後、通常の入門コースへ移るには大体何週間後ぐらいになりますか?

answer 英語のレベルが足りないと思われる学生さんは、まずはIELTSの入門コースを4〜8週間ほど受講することをおすすめいたします。入門コースで勉強しても希望があればいつでもコース変更が可能です。通常のIELTSコースに入ったとしても、先生が生徒のレベルテストや週間テストの結果を参考にレベルを合わせてレッスンをしてくれるので、学生さんはしっかりとIELTSを学ぶことが可能です。

qiestion IELTS 3.0〜3.5程度(TOEIC目安450点前)の英語レベルがあり、IELTS 6.0、もしくは6.5スコアを取得するためには、それぞれどの程度の留学期間が必要ですか?

answer 学生に応じて異なりますが、ESLまたはIELTSの勉強経験があり、3.0〜3.5程度の実力がある学生さんの場合でも、少なくとも6ヶ月の留学期間は必要になると思います。

qiestion ディープな質問ですが、IELTSを初めて勉強する方、またはIELTS 3.0〜3.5レベルの方のためにIELTS教育で最も重要な点は、どのような点ですか?

answer IELTS入門者を教育するために最も重要な点は、IELTS公式試験がどのように行われるかを理解させることと、IELTSの試験タイプを理解することです。 3.0〜3.5の学生はIELTSにおいて何も情報がない白紙の状態から始めるのと同じです。英語を話すことは、学生の考えと語彙力を表現する方法であり、また言い方に慣れるまで時間もかかります。そのために基礎の英語勉強は必須です。

qiestion 続いての質問ですが、IELTS 5.0〜5.5対象者が6.0または6.5の取得のための教育で最も重要な点は何でしょうか?

answer IELTS 5.0〜5.5のレベルの実力を備えた学生が考慮すべき最も重要な点は、勉強を続けることと、ブレーンストーミング、そして英語力を成熟させることです。同じ教材を繰り返し行うことにより、自然に身体に染みこませていく事が最も重要です。しっかりとした理解と技術の習得なしに色々な種類の教本や教材を使用宇していく方法はあまりお勧めしません。

qiestion IELTS公式試験を控えた学生のために、必要な場合は模擬Speakingテストなどをいつでも受講できることと存じますが、こうした無料サービスには他にどのようなものがありますか?

answer 公認試験を控えた学生だけでなく、学生が求める場合は模擬Speaking Testをいつでも行うことが可能です。それだけでなく、毎週金曜日の週単位のテスト(実際の試験と同じ形式で行われ、難易度は実際の試験よりも少し高い)を実施することにより、学生がIELTSにより馴染むことが可能であり、自身の足りない部分を把握しながら学習の方針を都度見直せるよう支援しています。

qiestion CNS2は少数精鋭の学校の為、学生一人一人の学習状況の管理に秀でています。学生個人の進捗管理ファイルがあるということも聞いております。いくつかの点を管理し、学生の措置はどのように行わのですか?

answer 基本的には、学生の入学レベルテストから毎週行われる週間テストの結果を記録し、保管されたSpeaking録音データやテスト結果を活用し、今後の学習の方向について相談を行っています。また、特定のパートが苦手な学生に対しては、カウンセリングを通じてグループレッスンも変更が可能です。

IELTS専門学校のCNS2

1人1席の自習室。ほとんどの学生が深夜11時まで、ここで放課後の時間を過ごします。ここでは勉強したり、インターネットで調べごとやYoutubeを見たりしてプライベートな時間を過ごしています。

qiestion 学生の国籍比率はどうなっておりますか?

answer 現在国籍別(ベトナム、台湾、韓国、日本、中国)の学生数は国ごとに同じ(平均20%前後)程度の学生が在籍しています。

qiestion 管理者(マネージャー)は、それぞれの国別に在籍しておりますか?そして勉強面や生活面で不便、不満な点がある場合はどのようにすれば良いですか?

answer 国別に学生マネージャーがおり、なにか問題がある場合は各国の学生マネージャーやゼネラルマネージャーにいつでも連絡して相談することができます。

qiestion 食事はどのようなメニューが提供されておりますか?

answer 韓国料理がメインとなりますが、各国生徒の好みを加味した料理を提供するよう心掛けております。

qiestion 平日外出できないスパルタプログラムを運営されている学校ですが、週末の外出はいつからできますか?外泊時の申請手続きについても教えて下さい。

answer 週末外出は、

  金曜日:10:20 PM~土曜日04:00 AM

  土曜日:08:00 AM~日曜日04:00 AM

  日曜日:08:00 AM~日曜日09:00 PMまで可能でございます。

基本的にはバギオ市内での外泊は許可されておらず、バギオ市以外の外泊の場合は週末までにマネージャーから事前に許可を得る事で可能となります。

qiestion 学生は週末や休日には主にどのような場所に行くでしょうか?旅行も行っていますか?

answer 主な学生さんは、週末や休日を利用してバギオの観光地(マインズビュー、キャンプジョンヘイ、市内のショッピングなど)を訪れています。留学が終わる最後の週末にはバギオ周辺観光地(サンペ、ビガン)などに旅行へ行ったりもしています。

qiestion 学校への入学は基本的に2週間毎かと存じますが、指定日以外の日でも入学は可能ですか?またその場合は授業編成等に問題は生じませんか?

answer 特別な事情がある場合に限り、月曜日にも入学することを認めています。授業編成には問題はありませんが、ピックアップコストは多少高くなります。

IELTS専門学校のCNS2

CNS2の寮は施設があまり良くないことで有名です。最近、寮の設備を改善しているらしいですがCNS2の寮は改装したようには見えません。CNS2の生徒は基本的に自由時間は学校の自習室で過ごしています。

qiestion CNS2はどのような方に適した学校ですか?

answer 体系的なカリキュラムの中で目標スコアを必ず達成したいという学生と、様々なアクティビティに加え勉強にとことん集中したい方に適しています。

qiestion 卒業生が認めるCNS2だけの強みは何ですか?また、やや不足している部分は何ですか?

answer CNS2だけの強みは、学習環境やIELTS教育に特化した講師陣です。 CNS2学生のほとんどはスコアが切実に必要な学生であるため、義務自習が終わってからも図書館で夜明けまで勉強する学生がたくさんいます。在学生たちにインタビューをすると、多くの学生がこれに影響を受けて勉強を熱心にすることができたと言っています。また、ほとんどの講師がIELTS教育における豊富な知識と長年の経験を持ち、満足のいく授業と成果を得ることができたと言ってくれています。

以上となります。
インタビューにご協力くださりありがとうございました。

IELTS専門学校のCNS2

今年の8月末、学校訪問した際にCNS2の校長アントン(Anton)さんとスタッフ達との記念写真。アントンさんはとても親切で寛大な校長として評判です。

学校紹介ページはこちら

Phil English 東京事務所
住所:東京都新宿区北新宿4-1-9長田屋ビル2階
電話相談: 03-6869-5004, 6869-3020
E-mail : info@phil-english.com
Line : 2012phil     Skype : phryugaku

[⻄⽇本事務所]
住 所 : 山口県下関市安岡町3-8-2
E-mail : nishijpn@phil-english.com
Line : philengvictor